検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 自然科学系 > 生物科学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用理数コース > 生物科学講座 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会創生学科 > 環境共生コース >
徳島大学 > 総合科学教育部 > 地域科学専攻 > 環境共生分野 >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 理工学専攻 > 自然科学コース(創成科学研究科) > 生物科学講座(創成科学研究科) >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004011 生物の代謝酵素を利用した環境に優しい 次世代地盤改良技術「バイオグラウト」の開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

遺伝学 (Genetics)

研究テーマ

適応進化の遺伝学的研究 (キイロショウジョウバエ, 適応進化のメカニズム, 重複遺伝子群, 協調進化, GC含量) (ショウジョウバエを材料に用いて生物の適応進化のメカニズムをDNAなどの分子のレベルで解明する研究をおこなっている.重複遺伝子としてはヒストン遺伝子群,シトクロムP-450遺伝子群を解析し,特に遺伝子ファミリーの協調進化のメカニズムが生物の適応進化にどのように係わっているかに注目して研究している.塩基置換のパターン,コドンの偏った利用,GC含量の変化などを調べてそのメカニズムを明らかにし,生物の適応進化の分子レベルでの解明をめざしている.)

著書・論文

著書:

1. 松尾 義則, 三宅 端, 西郷 薫, 柴 忠義, 上田 龍 :
13章,In vitro パッケージング/遺伝子ライブラリー/プラークハイブリダイゼーション,
講談社サイエンティフィク, 東京, 1984年9月.

学術論文(審査論文):

1. N Nagoda, A Fukuda, Y Nakashima and Yoshinori Matsuo :
Molecular characterization and evolution of the repeating units of histone genes in Drosophila americana: coexistence of quartet and quintet units in a genome,
Insect Molecular Biology, Vol.14, No.6, 713-717, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1365-2583.2005.00603.x,   PubMed: 16313572)
2. Yoshinori Matsuo, Mitsuru Kakita, Tsunenori Shimizu, Masami Emoto, Mariya Nagai, Miyo Takeguchi, Yuuki Hosono, Nahoko Kume, Toshikatsu Ozawa, Mayuko Ueda and Bhuiyan Islam Md.Shaidul :
Divergence and heterogeneity of the histone gene repeating units in the Drosophila melanogaster species subgroup.,
Genes & Genetic Systems, Vol.78, No.5, 383-389, 2003.
(DOI: 10.1266/ggs.78.383,   PubMed: 14676429,   CiNii: 10011827303)
3. Mitsuru Kakita, Tsunenori Shimizu, Masami Emoto, Mariya Nagai, Miyo Takeguchi, Yuuki Hosono, Nahoko Kume, Toshikatsu Ozawa, Mayuko Ueda, Islam Md. Shaidul Bhuiyan and Yoshinori Matsuo :
Divergence and heterogeneity of the histone gene repeating units in the Drosophila melanogaster species subgroup.,
Genes & Genetic Systems, Vol.78, No.5, 383-389, 2003.
4. Yoshinori Matsuo :
Evolution of the GC content of the histone 3 gene in seven Drosophila species.,
Genes & Genetic Systems, Vol.78, No.4, 309-318, 2003.
(DOI: 10.1266/ggs.78.309,   PubMed: 14532710)
5. Kazunobu Tsunemoto and Yoshinori Matsuo :
Molecular evolutionary analysis of a histone gene repeating unit from Drosophila simulans.,
Genes & Genetic Systems, Vol.76, No.6, 355-361, 2001.
(DOI: 10.1266/ggs.76.355,   PubMed: 11922104)
6. Yoshinori Matsuo :
Molecular evolution of the histone 3 multigene family in the Drosophila melanogaster species subgroup,
Molecular Phylogenetics and Evolution, Vol.16, No.3, 339-343, 2000.
(DOI: 10.1006/mpev.2000.0810,   PubMed: 10991787)
7. Yoshinori Matsuo :
Evolutionary change of codon usage for the histone gene family in Drosophila melanogaster and Drosophila hydei.,
Molecular Phylogenetics and Evolution, Vol.15, No.2, 283-291, 2000.
(DOI: 10.1006/mpev.1999.0749,   PubMed: 10837157)
8. Yoshinori Matsuo, Nobuyuki Inomata and Tsuneyuki Yamazaki :
Evolution of the amylase isozymes in the Drosophila melanogaster species subgroup.,
Biochemical Genetics, Vol.37, No.9-10, 289-300, 1999.
9. Junichi Fujimoto, chie Kanou, Yozo Eguchi and Yoshinori Matsuo :
Adaptation to a starch environment and regulation of α-amylase in Drosophila.,
Biochemical Genetics, Vol.37, No.1-2, 53-62, 1999.
10. Yozo Eguchi and Yoshinori Matsuo :
Divergence of the regulation of α-amylase activity in Drosophila melanogaster, Drosophila funebris and Drosophila saltans.,
Biochemical Genetics, Vol.37, No.1-2, 41-52, 1999.
11. Yoshinori Matsuo, Yutaka Tsuneoka, Yoshiyuki Ichikawa and Yasuhiro Watanabe :
Genetic analysis of the CYP2D6 gene in patients with Parkinson' disease.,
Metabolism, Vol.47, 94-96, 1998.
12. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic factors on the second and third chromosomes responsible for the variation of amylase activity and inducibility in Drosophila melanogaster,
Genetical Research, Vol.70, No.2, 97-103, 1997.
(DOI: 10.1017/S0016672397002887,   PubMed: 9449186)
13. Yoshinori Matsuo, Aizo Furukawa, Yutaka Tsuneoka, J. Ono and Yoshiyuki Ichikawa :
Characterization of the ferredoxin gene transcripts in bovine liver and brain.,
The International Journal of Biochemistry, Vol.25, No.7, 1065-1071, 1997.
(PubMed: 8365547)
14. 松尾 義則, 岩橋 和彦 :
アルコール関連障害とアルコール依存症 アルコール代謝関連酵素ー検査法ー遺伝子構造解析法(Review),
日本臨牀(特別号), Vol.55, 674-680, 1997年.
15. Yoshinori Matsuo :
Molecular evolution of the paired gene in Drosophila,Cloning and characterization of the partial paired gene from Drosophila willistoni,
Biochemical Genetics, Vol.34, 415-420, 1996.
16. Yutaka Tsuneoka, Kouji Fukushima, Yoshinori Matsuo, Yoshiyuki Ichikawa and Yasuhiro Watanabe :
Genotype analysis of the CYP2C19 gene in the Japanese population,
Life Sciences, Vol.59, No.20, 1711-1715, 1996.
17. Kazuhiko Iwahashi, Eisaku Okuyama, Aizo Furukawa, Kazuhiko Nakamura, Ryosuke Miyatake, Yoshinori Matsuo and Yoshiyuki Ichikawa :
Novel 2-point linked mutations in the 5'-flanking region of human CYP2C18,
Clinica Chimica Acta, Vol.252, No.2, 197-199, 1996.
(DOI: 10.1016/0009-8981(96)06345-0,   PubMed: 8853566,   Elsevier: Scopus)
18. Yutaka Tuneoka, Yoshinori Matsuo, Eisaku Okuyama, Yasuhiro Watanabe and Yoshiyuki Ichikawa :
Genetic analysis of the cytochrome P-450IIC18(CYP2C18)gene and a novel member of the CYP2C subfamily,
FEBS Letters, Vol.384, 281-284, 1996.
19. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Nakamura, Eisaku Okuyama, Yasuhoko Watanabe and Yoshiyuki Ichikawa :
Characterstics of Japanese alcoholics with the atypical aldehyde dehydrogenase 2*2. Acomparison of the genotypes of ALDH2,ADH2,ADH3,and cytochrome P-4502E1 between alcoholics and nonalcoholics.,
Alcohol.Clin.Exp.Res., Vol.20, 52-55, 1996.
20. Kazuhiko Nakamura, Kazuhiko Iwahashi, Yoshinori Matsuo, Ryosuke Miyatake, Yoshiyuki Ichikawa and Hirohi Suwaki :
Characteristics of Japanese alcoholics with the atypical aldehyde dehydrogenase 2*2.I.Acomparison of the genotypes of ALDH2,ADH2,ADH3,and cytochrome P-4502E1 between alcoholics and nonalcoholics.,
Alcoholism, Clinical and Experimental Research, Vol.20, No.1, 52-55, 1996.
(PubMed: 8651462)
21. Kazuhiko Iwahashi, Yoshinori Matsuo, Hiroshi Suwaki, Kazuhiko Nakamura and Yoshiyuki Ichikawa :
CYP2E1 and ALDH2 genotypes and alcohol dependence in Japanese,
Alcoholism Clin.Exp.Res., Vol.19, 564-566, 1995.
22. Ryosuke Miyatake, Hirohi Suwaki, Kazuhiko Nakamura, Yoshinori Matsuo and Kazuhiko Iwahashi :
CYP2E1 genotypes and serum LAP in Japanese Alcoholics,
Life Sciences, Vol.56, No.13, 1121-1126, 1995.
23. 中村 和彦, 州脇 寛, 松尾 義則, 市川 佳幸, 宮武 良輔, 岩橋 和彦 :
アルコール依存症とALDH2,ADH2,ADH3,P-4502E1との関連について,
アルコール研究と薬物依存, Vol.30, 33-42, 1995年.
24. Kazuhiko Iwahashi, Ryosuke Miyatake, Yutaka Tsuneoka, Yoshinori Matsuo, Yoshiyuki Ichikawa, Kiyoshi Hosokawa, Keiko Sato and Toshiyuki Hayabara :
A novel cytochrome P-450IID6(CYPIID6) mutant gene associated with multiple system atrophy,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.58, No.2, 263-264, 1995.
(DOI: 10.1136/jnnp.58.2.263,   PubMed: 7876880,   Elsevier: Scopus)
25. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Iwahashi, Kazuhiko Nakamura, Hiroshi Suwaki and Yoshiyuki Ichikawa :
Relationship between genetic polymorphism of CYP2E1 and ALDH2, and possible susceptibility to alcoholism.,
Vol.29, 639-642, 1994.
26. Yoshinori Matsuo, shozo yokoyama, Rebecca Ramsbotham and Ruth Yokoyama :
Molecular characterization of a class IV human alcohol dehydrogenase gene(ADH7),
FEBS Letters, Vol.351, No.3, 411-415, 1994.
27. 松尾 義則, 宮武 良輔, 州脇 寛, 木下 博之, 飴野 清, 井尻 厳, 石川 安範 :
エタノールおよびアルデヒドの代謝速度論的研究ーALDH2およびCYP2E1の遺伝子多型がアルコール代謝に及ぼす影響.,
アルコール研究と薬物依存, Vol.29, 190-194, 1994年.
28. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 中村 和彦, 州脇 寛, 高城 健司, 宮武 良輔, 早原 敏之, 細川 清 :
抗てんかん薬PHTの代謝と神経系への副作用.,
Neurosciences, Vol.20, 181-184, 1994年.
29. 松尾 義則, 中村 和彦, 岩橋 和彦, 州脇 寛, 宮武 良輔, 市川 佳幸 :
非活性型アルデヒド脱水素酵素ALDH22を有するアルコール依存症の特徴ー他のアルコール代謝酵素との関連についてー.,
アルコール研究と薬物依存, Vol.29, 52-58, 1994年.
30. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Iwahashi, Hiroshi Suwaki, yoshiyuki Ichikawa and Kiyoshi Hosokawa :
Correspondence of increased debrisoquine 4 monooxygenase activity with seizure-susceptibility in Mongolian gerbils.,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.121, No.1, 18-21, 1994.
(DOI: 10.1016/0022-510X(94)90150-3,   PubMed: 8133306,   Elsevier: Scopus)
31. Yoshinori Matsuo, Mitsuru Orishiki, Mikio Nishioka and Yoshiyuki Ichikawa :
In vitro administration of H2 blockers, cimetidine and ranitidine, reduced the contents of the cytochrome P-450IID(CYP2D) subfamily and their activities in rat liver microsomes.,
Int.J.Biochem., Vol.26, 751-758, 1994.
32. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Nakamura, Kazuhiko Iwahashi, Kiyoshi Hosokawa and Hiroshi Suwahashi :
Presence of P-450 D subfamily in DA rat and bovine brains.,
Association Neurosciences., Vol.19, 73-80, 1993.
33. 松尾 義則, 常岡 豊, 岩橋 和彦, 竹内 博明, 鈴木 二郎, 市川 佳幸 :
シトクロームP-450ⅡD6の多型とパーキンソン病,
細胞工学, Vol.12, 924-927, 1993年.
34. Yoshinori Matsuo, Shuhei Tomita, Maki Tsujita, Toshitsugu Yubisui and Yoshiyuki Ichikawa :
Identification of a microsomal retinoic acid synthase as a microsomal cytochrome P-450-linked monooxygenase system.,
The International Journal of Biochemistry, Vol.25, No.12, 1775-1784, 1993.
(PubMed: 8138015)
35. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Nakamura, Kazuhiko Iwahashi, Hiroshi Suwaki and Yoshiyuki Ichikawa :
Improved methods for genotype determination at the ALDH2 locus using PCR by introducing the MBOII recognition site or conducting secondary PCR.,
Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.31, No.3, 439-445, 1993.
36. Yoshinori Matsuo, K. Taki, Kazuhiko Iwahashi, Hiroshi Suwaki and Kiyoshi Hosokawa :
Side effects of phenytoin and the drug metabolism by cytochrome P-450 in DA rats.,
Association Neurosciences., Vol.19, 173-181, 1993.
37. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 中村 和彦, 高城 健司, 久郷 敏明, 早原 敏之, 細川 清, 州脇 寛 :
抗てんかん薬の代謝と神経系への副作用,
神経化学, Vol.32, 280-281, 1993年.
38. 松尾 義則, 中村 和彦, 岩橋 和彦, 州脇 寛, 市川 佳幸, 細川 清, 市川 正浩, 三船 和史 :
ALDH2のgenotypeの簡便な決定とアルコール依存症の特徴について.,
神経化学, Vol.32, 68-69, 1993年.
39. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 中村 和彦, 州脇 寛, 折野 耕造 :
フラッシング反応と飲酒パターンに及ぼすALDH2とCYP2E1の遺伝的多型,
アルコール研究と薬物依存, Vol.28, 395-399, 1993年.
40. Yoshinori Matsuo, Yutaka Tsuneoka, Kazuhiko Iwahashi, H Takeuchi and Yoshiyuki Ichikawa :
A novel cytochrome P-450 D6 mutant gene associated with Parkinson's disease.,
The Journal of Biochemistry, Vol.114, No.2, 263-266, 1993.
41. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 細川 清, 中村 和彦, 早原 敏之, 州脇 寛 :
シトクロームP-450db1における向精神薬代謝と薬物相互作用,
精神神経薬理, Vol.15, 541-545, 1993年.
42. Yoshinori Matsuo, Aizo Furukawa, Yutaka Tsuneoka, Junichiro Ono and Yoshiyuki Ichikawa :
Characterization of the ferredoxin gene transcripts in bovine liver and brain.,
Int.J.Biochem, Vol.25, 1065-1071, 1993.
43. Yoshinori Matsuo, K. Taki, Kazuhiko Iwahashi, Yoshiyuki Ichikawa, T. Kugoh, Hiroshi Suwaki and Kiyoshi Hosokawa :
Side effects of phenytoin related to the xenobiotics metabolism by cytochrome P-450-linked monooxygenase of liver microsomes in Dark Agouti rats.,
The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology, Vol.47, No.2, 295-297, 1993.
(PubMed: 8271570)
44. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 中村 和彦, 常岡 豊, 久郷 敏明, 早原 敏之, 州脇 寛, 細川 清 :
シトクロームP-450db1の脳内分布,
日本脳研究会, Vol.19, 57-60, 1993年.
45. Yoshinori Matsuo, K Kurokohchi, H Yoneyama, Mikio Nishioka and Yoshiyuki Ichikawa :
Interleukin 2-induction of cytochrome P450-linked monooxygenase systems of rat liver microsomes.,
Biochemical Pharmacology, Vol.45, No.3, 585-592, 1993.
(DOI: 10.1016/0006-2952(93)90131-F,   PubMed: 8442758)
46. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Iwahashi, Yutaka Tuneoka, Yoshiyuki Ichikawa, Kiyoshi Hosokawa and Hiroshi Suwaki :
Histamine and l-methyI-6,7-dihydroxy-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline are competitive inhibitors of debrisoquine 4-monooxygenase in rat liver.,
Arch.Toxicol., Vol.67, 514-516, 1993.
47. Yoshinori Matsuo, K Kurokohchi, H Yoneyama, Mikio Nishioka and Yoshiyuki Ichikawa :
Effects of interleukin 1α on the activities and gene expressions of the cytochrome P450 D subfamily.,
Biochemical Pharmacology, Vol.44, No.8, 1669-1674, 1992.
48. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 常岡 豊, 中村 和彦, 白杵 豊之, 久郷 敏明, 早原 敏之, 州脇 寛 :
シトクロムP-450db1の脳内活性,
神経化学, Vol.31, 122-123, 1992年.
49. Yoshinori Matsuo, Yutaka Tsuneoka, R Higuchi and Yoshiyuki Ichikawa :
Characterization of the cytochrome P-450 D subfamily in bovine liver:Nucleotide sequences and microheterogeneity.,
European Journal of Biochemistry, Vol.208, 739-746, 1992.
50. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Iwahashi and Yoshiyuki Ichikawa :
Debrisoquine 4-monooxygenase and bufuralol 1'- monooxygenase activities in bovine and rabbit tissues.,
Biochemical Pharmacology, Vol.43, 1911-1919, 1992.
51. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Iwahashi, Yishinori Kawai and Yoshiyuki Ichikawa :
Analysis of the transcripts of cytochrome P-450 D gene subfamily in bovine adrenal gland.,
Histochemistry, Vol.97, No.4, 319-322, 1992.
52. Yoshinori Matsuo, Maki Tsujita, Kazuhiko Mizoguchi and Yoshiyuki Ichikawa :
Expression cloning of a sheep adreno-ferredoxin using the polymerase chain reaction.,
FEBS Letters, Vol.301, No.2, 132-136, 1992.
53. Yoshinori Matsuo, Shozo Yokoyama, Sumathi Rajasekharan and Ruth Yokoyama :
Molecular structure of the human alcohol dehydrogenase 3 gene.,
Jpn.J.Genet., Vol.67, No.2, 167-171, 1992.
54. Yoshinori Matsuo, Chiharu Shimizu, Syuhei Tomita, Akira Miyatake and Yoshiyuki Ichikawa :
Determination of the amino acid sequence of adreno-ferredoxin from sheep adrenocortical mitochondria.,
The International Journal of Biochemistry, Vol.24, No.2, 281-288, 1992.
(PubMed: 1733794)
55. Yoshinori Matsuo, Syuhei Tomita, Yutaka Tsuneoka, Aizo Furukawa and Yoshiyuki Ichikawa :
Molecular cloning and nucleotide sequences of bovine hepato-ferredoxin cDNA:Identical primary structures of hepato-and adreno-ferredoxins.,
Int.J.Biochem., Vol.24, 289-295, 1992.
56. Yoshinori Matsuo and Shozo Yokoyama :
Cloning and sequencing of a processed pseudogene derived from a human class alcohol dehydrogenase gene.,
American Journal of Human Genetics, Vol.46, 85-91, 1990.
57. Yoshinori Matsuo, Ruth Yokoyama and Shozo Yokoyama :
The genes for human alchol dehydrogenase β1 and β2 differ by only one nucletide.,
European Journal of Biochemistry, Vol.183, 317-320, 1989.
58. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Nucleotide variation and divergence in the histone multigene family in Drosophila melanogster.,
Genetics, Vol.122, 87-97, 1989.
59. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
tRNA derived insertion element in histone gene repeating unit of Drosophila melanogaster.,
Nucleic Acids Research, Vol.17, 225-238, 1989.
60. Yoshinori Matsuo and Shozo Yokoyama :
Molecular structure of the human alcohol dehydrogenase 1 gene.,
FEBS Letters, Vol.243, 57-60, 1989.
61. Yoshinori Matsuo, H. C. Langley, E. A. Shrimpton, Tsuneyuki Yamazaki, Naohiko Miyashita and F. C. Aquadro :
Naturally occurring variation in the restriction map of the Amy region of Drosophila melanogaster.,
Genetics, Vol.119, 619-629, 1988.
62. Yoshinori Matsuo, Wataru Kugimiya, Youichi Kadokami and Kaoru Saigo :
Nucleotide sequence of a retrotransposon 297 isolated from Drosophila simulans.,
Nucleic Acids Research, Vol.14, 9521-9522, 1986.
63. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic analysis of natural populations of Drosophila melanogaster in Japan. .Differential regulation of duplicated amylase loci and degree of dominance of amylase activity in different environments.,
Jpn.J.Genet., Vol.61, 543-558, 1986.
64. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic analysis of natural populations of Drosophila melanogaster in Japan. .Natural selection on the inducibility,but not on the structural genes,of amylase loci.,
Genetics, Vol.108, 879-896, 1984.
65. Kaoru Saigo, Wataru Kugimiya, Yoshinori Matsuo, Satoshi Inoue, Katuji Yoshioka and Shunji Yuki :
Identification of the coding sequence for a reverse transcriptase-like enzyme in a transposable genetic element in Drosophila melanogaster.,
Nature, Vol.312, No.5995, 659-661, 1984.
(DOI: 10.1038/312659a0,   PubMed: 6209583)
66. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic analysis of natural populations of Drosophila melanogaster in Japan. .Genetic variability of inducing factors of amylase and fitness.,
Genetics., Vol.108, 223-235, 1984.
67. Yoshinori Matsuo, Masano Iwano, Kazue Hattori, Kaoru Saigo, Terumi Mukai and Tsuneyuki Yamazaki :
Cloning of P-elements from P-and Q-strains in natural populations of Drosophila melanogaster in Japan.,
Jpn.J.Genet., Vol.59, 403-409, 1984.
68. 松尾 義則, 山崎 常行 :
二倍体動物(ショウジョウバエ)および半数体植物(蛇苔)における遺伝的変異と進化,
病態生理, Vol.3, 517-520, 1984年.
69. Yoshinori Matsuo, Tsuneyuki Yamazaki, Yasuhisa Inoue and Yasubumi Matsuo :
Genetic analysis of natural populations of Drosophila melanogaster in Japan. .Protein polymorphism,lethal gene,sterility gene,inversion polymorphism and linkage disequilibrium.,
Jpn.J.Genet., Vol.59, 33-49, 1984.
70. Tsuneyuki Yamazaki, Sinichi Kusakabe, Hidenori Tachida, Motoshi Ichinose, Hiroshi Yoshimaru, Yoshinori Matsuo and Terumi Mukai :
Reexamination of diversifying selection of polymorphic allozymes genes by using population cages in Drosophila melanogaster.,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.80, No.18, 5789-5792, 1983.
71. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic variability and selection for inducibility at the amylase locus in Drosophila melanogaster.,
Jpn.J.Genet., Vol.58, 383-386, 1983.

学術論文(紀要・その他):

1. 松尾 義則 :
ショウジョウバエホメオボックス遺伝子の進化,
生体の科学, Vol.49, 531-541, 1998年.

総説・解説:

1. Yoshinori Matsuo :
Genomic structure and evolution of the histone gene family in Drosophila,
Current Topics in Genetics, Vol.2, 1-14, 2006.

国際会議:

1. Yoshinori Matsuo :
Genetic factors responsible for the variation of amylase activity and inducibility in Drosophila melanogaster,
Fukuoka International Symposium of Population Genetics, Fukuoka, Aug. 1998.
2. Yoshinori Matsuo, Shuhei Tomita, Maki Tujita, Shigetoshi Miura, Toshiji Yubisuki and Yoshiyuki Ichikawa :
Identification of a microsomal retinoic acid synthase as a microsomal cytochrome P-450-linked monooxygenase system.,
10th International Symposium on Microsomes&Drug Oxidations, Toront,Canada, Jul. 1994.
3. Yoshinori Matsuo, Maki Tujita, Shuhei Tomita, Shigetoshi Miura and Yoshiyuki Ichikawa :
Physicochemical properties of retinal oxidase purified from rabbit hepatic cytosol.,
International Symposium on Flavins and Flavoproteins, Berlin,Germany, 1994.
4. Yoshinori Matsuo, Mitsuru Orishiki, Mikio Nishioka, Yutaka Tuneoka and yoshiyuki Ichikawa :
Human CYP2D6 gene in chronic liver disease.,
Basel Liver Week,Falk Symposium No.70, Basel,Swizerland, Oct. 1992.

国内講演発表:

1. 松尾 義則, 福田 晶子, 中島 祐子, 名古田 のぞみ :
D.americanaにおけるH1遺伝子を欠くヒストン遺伝子繰り返しユニットの解析,
日本遺伝学会第75回大会(東北大学), 2003年9月.
2. 松尾 義則 :
ショウジョウバエ遺伝子のコドン3番目におけるGC含量の進化とgenome-wideな要因の影響ーヒストン遺伝子の解析を中心として,
日本進化学会第5回大会(九州大学理学部), 2003年8月.
3. 松尾 義則, 垣田 満, 清水 常典, 竹口 美代, 細野 裕希 :
Drosophila melanogaster species subgroupのヒストン遺伝子繰り返しユニットの解析:D.sechellia,D.mauritiana,D.teissieri,D.orena.,
日本遺伝学会第74回大会(九州大学), 2002年10月.
4. 垣田 満, 清水 恒典, 竹口 美代, 細野 裕希, 松尾 義則 :
Drosophila melanogaster species subgroupのヒストン遺伝子繰り返しユニットの解析:D.sechellia,D.mauritiana,D.teissieri,D.orena.,
第74回日本遺伝学会, 2002年10月.
5. 松尾 義則, 江本 雅美, 永井 マリヤ, 植田 真由子, 小澤 利勝 :
Drosophila melanogaster species subgroup のヒストン遺伝子繰り返しユニットの解析:D.yakuba,D.erecta.,
第73回日本遺伝学会(お茶の水女子大学), 2001年10月.
6. 江本 雅美, 永井 マリア, 植田 真由子, 小沢 利且, 松尾 義則 :
Drosophila melanogaster species subgroupのヒストン遺伝子繰り返しユニットの解析:D.yakuba, D.erecta.,
第73回日本遺伝学会, 2001年10月.
7. 松尾 義則 :
ショウジョウバエの種間にみられるコドン使用頻度の違いと種に対するゲノム圧の解析,
第72回日本遺伝学会(京都大学), 2000年11月.
8. 松尾 義則 :
ショウジョウバエの種間にみられるコドン使用頻度の違いと種に対するゲノム圧の解析,
第72回日本遺伝学会, 2000年11月.
9. 松尾 義則, 常本 和伸 :
Drosophila simulans のヒストン遺伝子繰り返しユニットの分子進化学的解析,
第2回日本進化学会(東京大学), 2000年10月.
10. 常本 和伸, 松尾 義則 :
Drosophila simulansのヒストン遺伝子繰り返しユニットの分子進化学的解析,
第2回日本進化学会, 2000年10月.
11. 松尾 義則 :
ショウジョウバエのヒストン3遺伝子ファミリーのクローニングと分子進化,
第71回日本遺伝学会, 1999年9月.
12. 松尾 義則 :
ショウジョウバエのヒストン3遺伝子ファミリーのクローニングと分子進化,
第71回日本遺伝学会(広島大学理学部), 1999年9月.
13. 松尾 義則, 堂本 和伸, 小澤 利且, 植田 真由子, 江本 雅美, 永井 マリヤ :
キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の近縁種におけるヒストン遺伝子の解析,
日本動物学会中国四国支部大会(高知女子大), 1999年5月.
14. 松尾 義則 :
Drosophila melanogaster species subgroup におけるヒストン遺伝子群の分子進化,
日本動物学会中国四国支部大会(高知女子大), 1999年5月.
15. 常本 和伸, 小沢 利且, 植田 真由子, 江本 雅美, 永井 マリア, 松尾 義則 :
キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の近縁種におけるヒストン遺伝子の解析,
日本動物学会中国四国支部大会, 1999年5月.
16. 松尾 義則 :
Drosophila melanogaster species subgroupにおけるヒストン遺伝子群の分子進化,
日本動物学会中国四国支部大会, 1999年5月.
17. 松尾 義則 :
キイロショウジョウバエ近縁8種におけるヒストン3遺伝子ファミリーの分子進化,
70回日本遺伝学会, 1998年9月.
18. 松尾 義則 :
キイロショウジョウバエ近縁八種におけるヒストン3遺伝子ファミリーの分子進化,
第70回日本遺伝学会(北海道大学理学部), 1998年9月.
19. Yoshinori Matsuo and Tsuneyuki Yamazaki :
Genetic factors responsible for the variation of amylase activity and inducibility in Drosophila melanogaster,
Fukuoka International Symposium of Population Genetics(Kyushu University), Aug. 1998.
20. 松尾 義則 :
D.melanogasterおよびD.hydeiにおけるヒストン3とヒストン4遺伝子ファミリーのコドン使用と分子進化,
第69回日本遺伝学会(横浜市立大学), 1997年11月.
21. 松尾 義則, 森嵜 一好 :
キイロショウジョウバエにおける薬物代謝型P450遺伝子のmRNA の発現解析,
日本動物学会中国四国支部大会(愛媛大学理学部), 1997年5月.
22. 松尾 義則, 江口 陽三 :
ショウジョウバエの発生段階におけるアミラーゼ遺伝子発現調節の解析,
日本動物学会中国四国支部大会(愛媛大学理学部), 1997年5月.
23. 松尾 義則 :
ショウジョウバエにおけるアミラーゼ酵素活性とスターチ環境への適応,
日本動物学会中国四国支部大会(愛媛大学理学部), 1997年5月.
24. 松尾 義則, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエのアミラーゼ酵素活性と誘発能に影響を及ぼす第2および第3染色体上の遺伝因子の効果,
第68回日本遺伝学会(椙山女学園大), 1996年10月.
25. 松尾 義則 :
生物の適応進化と遺伝的変異,
日本動物学会中国·四国地区大会47回大会シンポジウム(徳島大学), 1995年5月.
26. 松尾 義則 :
生物の進化と分子の進化,
徳島生物学会第94回特別講演(徳島大学), 1994年11月.
27. 松尾 義則, 宮武 良輔, 岩橋 和彦, 州脇 寛, 中村 和彦, 市川 佳幸, 折野 耕造 :
アルコール依存症におけるCYP2E1の遺伝子型と血中LAP,
日本アルコール医学会, 1994年.
28. 松尾 義則, 常岡 豊, 市川 佳幸, 中村 道子, 鈴木 二郎 :
薬物代謝酵素シトクロームP-450ⅡD6およびP-450ⅡC 18遺伝子の多型とパーキンソン病との関連性,
行動遺伝学会研究会第2回大会, 1994年.
29. 松尾 義則, 常岡 豊, 鈴木 二郎, 市川 佳幸 :
シトクロムP-450ⅡC遺伝子の多型と疾患,
日本分子生物学会第16回大会, 1993年12月.
30. 松尾 義則, 常岡 豊, 大井 勝代, 岩橋 和彦, 市川 佳幸 :
ヒトのシトクロムP-450ⅡC遺伝子変異の検索,
日本分子生物学会第16回大会, 1993年12月.
31. Yoshinori Matsuo, Yutaka Tuneoka and Yoshiyuki Itikawa :
Association of the cytochrome P-450 D6(CYP2D6) gene polymorphism with some diseases.,
日本薬理学会66回大会, Mar. 1993.
32. Yoshinori Matsuo, Maki Tujita, syuhei Tomita, Shigetoshi Miura and Yoshiyuki Ichikawa :
Physicochemical properties of retinal oxidase (cytosolic retinoic acid synthase)from rabbit hepatic cytosol.,
Eleventh International Symposium on Flavins and Flavoproteins, 1993.
33. 松尾 義則, 常岡 豊, 折敷 満, 西岡 幹夫, 鈴木 二郎, 市川 佳幸 :
肝疾患における薬物代謝酵素シトクロムP-450ⅡC遺伝子の解析,
日本肝臓学会東部会28回大会, 1993年.
34. 松尾 義則, 折敷 満, 市川 佳幸, 西岡 幹夫 :
H2ブロッカー投与によるラット肝ミクロゾーム中シトクロムP-450ⅡD活性抑制について,
日本肝臓学会西部会28回大会, 1993年.
35. 松尾 義則, 常岡 豊, 岩橋 和彦, 市川 佳幸, 竹内 博明 :
遺伝子病としてのパーキンソン病ーシトクロームP-450ⅡD6(CYP2D6)変異遺伝子の解析,
日本神経学会総会15回大会, 1993年.
36. Yoshinori Matsuo, kazuhiko Iwaki, kazuhiko Nakamura, Toshiaki Kugo, Toshiyuki Hayabara, Kiyoshi Hosokawa and Hiroshi Suwaki :
The relationship between the side effects of phenytoin and cytochrome P-450db 1 in DA rats.,
生物学的精神医学会15回大会, 1993.
37. 松尾 義則, 常岡 豊, 岩橋 和彦, 竹内 博明, 市川 佳幸 :
パーキンソン病発症に関わる新しいシトクロームP-450ⅡD6(CYP2D6)変異遺伝子の解析,
日本分子生物学会第15回大会, 1992年12月.
38. 松尾 義則, 常岡 豊, 川口 仁, 前田 昌純, 市川 佳幸 :
肺癌患者のシトクロムP-450ⅡD6(CYP2D6)遺伝子の解析,
日本肺癌学会33回大会, 1992年11月.
39. 松尾 義則, 富田 修平, 辻田 麻紀, 指吸 俊次, 井柳 堯, 市川 佳幸 :
ミクロソーム型レチノイン酸合成酵素としてのシトクロムP-450依存性モノオキシゲナーゼ,
日本生化学学会第65回大会, 1992年10月.
40. 松尾 義則, 常岡 豊, 梅岡 秀一, 岩橋 和彦, 折敷 満, 西岡 幹夫, 市川 佳幸 :
肝臓,肺の悪性疾患およびパーキンソン病患者のシトクロムP-450ⅡD6(CYP2D6)遺伝子の解析,
日本生化学会第65回大会, 1992年10月.
41. 松尾 義則, 辻田 麻紀, 溝口 和博, 市川 佳幸 :
ヒツジのアドレノフェレドキシンの発現クローニング,
日本生化学会第65回大会, 1992年10月.
42. 松尾 義則, 常岡 豊, 市川 佳幸 :
肝細胞癌患者ゲノムDNAのシトクロムP-450ⅡD6(CYP2D6)遺伝子の分子生物学的解析,
日本肝臓学会総会28回大会, 1992年6月.
43. 松尾 義則, 折敷 満, 西岡 幹夫, 常岡 豊, 市川 佳幸 :
慢性肝疾患患者におけるゲノムDNAのシトクロームP-450ⅡD6(CYP2D6)遺伝子の解析,
日本肝臓学会西部会27回大会, 1992年.
44. 松尾 義則, 中村 和彦, 岩橋 和彦, 常岡 豊, 早原 敏之, 州脇 寛, 細川 清 :
シトクロームP ー450db1の脳内活性,
日本脳研究会19回大会, 1992年.
45. 松尾 義則, 岩崎 和彦, 常岡 豊, 中村 和彦, 早原 敏之, 州脇 寛, 細川 清 :
シトクロームP-450db1の脳内活性,
日本神経化学学会35回大会, 1992年.
46. 松尾 義則, 高城 健司, 岩橋 和彦, 州脇 寛, 細川 清 :
Phenytoinによる小脳失調の発生機序に関する酵素化学的考察,
てんかん学会26回大会, 1992年.
47. Yoshinori Matsuo, Kazuhiko Nakamura, Toshiaki kugo, Toshiyuki Hayabara, Kiyoshi Hosokawa and Hiroshi Suwaki :
Cytochrome P-450db1 activity in bovine brain.,
生物学的精神医学会14回大会, 1992.
48. 松尾 義則, 富田 修平, 市川 佳幸 :
レチノイドの酸化反応に関与するミクロソーム型シトクロムP-450モノオキシゲナーゼ系,
レチノイドシンポジウム第3回, 1991年12月.
49. 松尾 義則, 常岡 豊, 樋口 亮太, 市川 佳幸 :
ウシ肝臓ミクロソームのシトクロムP-450ⅡDcDNAの構造解析とパーキンソン病への臨床応用,
日本分子生物学会第14回大会, 1991年12月.
50. 松尾 義則, 古川 愛造, 常岡 豊, 小野 純一郎, 溝口 和博, 市川 佳幸 :
ウシの肝臓フェレドキシンcDNAの解析,
日本分子生物学会第14回大会, 1991年12月.
51. 松尾 義則, 岩橋 和彦, 河合 良訓, 市川 佳幸 :
シトクロームPー450ⅡDsubfamilyの解析:debrisoquine 4-hydroxylase及びbufuralol 1'-hydroxylaseの組織分布,
日本生化学会第64回大会, 1991年10月.
52. 松尾 義則, 三浦 成敏, 宮武 明, 市川 佳幸 :
アドレノドキシンC-末端アミノ酸残基の多様性,
日本生化学学会第64回大会, 1991年10月.
53. 松尾 義則, 常岡 豊, 市川 佳幸 :
ウシ肝臓ミクロソームのシトクロムP-450ⅡDcDNAの構造解析とmicroheterogeneity,
日本生化学会第64回大会, 1991年10月.
54. 松尾 義則, 米山 弘人, 黒河内 和貴, 西岡 幹夫, 市川 佳幸 :
インターロイキン1-αのラット肝ミクロソームの薬物代謝活性に及ぼす影響について,
日本生化学会第64回大会, 1991年10月.
55. 松尾 義則, 市川 佳幸 :
ウシの肝臓で発現しているフェレドキシン(ヘパトレドキシン)cDNAのクローニング,
日本生化学会第63回大会, 1990年9月.
56. Yoshinori Matsuo and Shozo Yokoyama :
Molecular structure of human alcohol dehydrogenase genes.,
日本生化学会第62回大会, Nov. 1989.
57. 松尾 義則, 山崎 常行, 松木 理恵, 仁田坂 英二, 岩野 政雄, 広瀬 泰子 :
キイロショウジョウバエの熱ショック耐性の遺伝的変異.,
日本遺伝学会57回大会, 1985年10月.
58. 松尾 義則, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエのヒストン遺伝子の遺伝的変異と進化 Ⅰ.染色体内の遺伝的変異.,
日本遺伝学会57回大会, 1985年10月.
59. 松尾 義則, 釘宮 渉, 服部 和枝, 門上 洋一, 西郷 薫, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエとその近縁種におけるCopia様因子297の解析.,
日本遺伝学会56回大会, 1984年11月.
60. 松尾 義則, 井上 郁子, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエのアミラーゼ誘発能に対する自然選択.,
日本動物学会九州地区大会37回大会, 1984年5月.
61. 松尾 義則, 釘宮 渉, 服部 和枝, 門上 洋一, 西郷 薫, 山崎 常行 :
塩基特異的挿入を行うDrosophilaのCopia様因子297の分子進化.,
日本動物学会九州地区大会37回大会, 1984年5月.
62. 松尾 義則, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエにおけるアミラーゼ重複遺伝子座の遺伝的調節.,
日本遺伝学会55回大会(於東北大学), 1983年10月.
63. 松尾 義則, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエの適応度におよぼすアミラーゼ遺伝子調節因子の影響.,
日本遺伝学会54回大会(於九州大学), 1982年10月.
64. 松尾 義則, 山崎 常行 :
アミラーゼおよびアルコール脱水素酵素遺伝子座におけるアイソザイム多型と適応度.,
日本遺伝学会54回大会(於九州大学), 1982年10月.
65. 松尾 義則, 山崎 常行 :
キイロショウジョウバエの適応度におよぼすアミラーゼ活性の影響.,
日本動物学会九州地区大会35回大会(於琉球大学), 1982年5月.
66. 松尾 義則, 山崎 常行 :
日本のキイロショウジョウバエの自然集団における連鎖不平衡.,
日本動物学会九州地区大会34回大会(於佐賀大学), 1981年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ショウジョウバエのヒストン遺伝子における協調進化のメカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 15570186 )
  • 超分子ヘモグロビンの形成と適応進化 (研究課題/領域番号: 14540629 )
  • ショウジョウバエ近縁種のシトクロムP-450遺伝子群の構造解析と発現調節の研究 (研究課題/領域番号: 07640821 )
  • 薬物代謝型シトクロムP-450の変異遺伝子と疾患 (研究課題/領域番号: 06770087 )
  • 適応進化のメカニズムに関する分子集団遺伝学的研究 (研究課題/領域番号: 06304002 )
  • シトクロムP-450IIDの発現と疾患 (研究課題/領域番号: 05770082 )
  • レチノイン酸合成酵素であるシトクロムP-450モノオキシゲナーゼ系の特性 (研究課題/領域番号: 05670147 )
  • レチノイン酸合成酵素であるシトクロムP-450モノオキシゲナーゼ系の研究 (研究課題/領域番号: 04670164 )
  • シトクロムPー450の酵素化学的性質とシトクロムPー450の臓器特性 (研究課題/領域番号: 02217209 )
  • シトクロムP-450の酵素化学的並びに臓器特性 (研究課題/領域番号: 01635505 )
  • ミトコンドリア型シトクロムPー450依存性オキシゲナ-ゼ系の組織特性と生理機能 (研究課題/領域番号: 01570160 )
  • 研究者番号(80219401)による検索