検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

薬学 (Pharmacy)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- NitrosonifedipineはangiotensinⅡによるマウス血管リモデリングを抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
2.木宿 昌俊, 森 剛志, 田島 壮一郎, 板東 篤史, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(2),
社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年7月.
3.小笠原 聡子, 桐野 靖, 米田 良子, 元林 有紀, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(2),
社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年5月.
4.中村 敏己, 山下 祐紀雄, 西迫 寛隆, 下岡 幸恵, 西谷 典子, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
最近の文献情報より 新しいがん治療に向けて(1),
社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年3月.
5.阿部 真治, 塩田 直青子, 田中 裕子, 廣永 有沙, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生 :
最近の文献情報より 脳・精神疾患の最前線(1),
社団法人 日本病院薬剤師会, 東京, 2007年1月.
6.石澤 啓介, 水口 和生, :
南山堂医学大辞典 改訂19版,
株式会社 南山堂, 東京, 2006年3月.
7.清水 一郎, 庄野 文章, 西岡 安彦, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 :
徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況,
日本医療薬学会, 東京, 2003年.

学術論文(審査論文):

1.Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa :
Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer,
The Annals of Pharmacotherapy, Vol.49, No.4, 398-404, 2015.
(DOI: 10.1177/1060028014566446,   PubMed: 25565405,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
2.Licht Miyamoto, Yuko Yagi, Aya Hatano, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita and Koichiro Tsuchiya :
Spontaneously hyperactive MEK-Erk pathway mediates paradoxical facilitation of cell proliferation in mild hypoxia,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1850, No.4, 640-646, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2014.12.006,   PubMed: 25497211,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
3.Takeshi Soeki, Kunihiko Koshiba, Toshiyuki Niki, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro, Kazuo Minakuchi, I Kishimoto, Kenji Kangawa and Masataka Sata :
Effect of ghrelin on autonomic activity in healthy volunteers.,
Peptides, Vol.62, 1-5, 2014.
(DOI: 10.1016/j.peptides.2014.09.015,   PubMed: 25265271,   Thomson Reuters: Web of Science™)
4.Hirofumi Shibata, Kazuyoshi Kawazoe, Shibata Takahiro, Fushitani Shuji, Watanabe Miho, Takagai Tomoko, Nagao Tamiko, Mami Azuma and Kazuo Minakuchi :
Investigation of the Cleanliness of Hospital Environmental Surfaces by Adenosine Triphosphate Bioluminescence Assay,
Japanese Journal of Infection Prevention and Control, Vol.29, No.6, 417-423, 2014.
(DOI: 10.4058/jsei.29.417,   CiNii: 40020275060)
5.Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Takumi Sakurada, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Risk Factors for Early-Onset Peripheral Neuropathy Caused by Vincristine in Patients With a First Administration of R-CHOP or R-CHOP-Like Chemotherapy,
Journal of Clinical Medicine Research, Vol.6, No.4, 252-260, 2014.
(DOI: 10.14740/jocmr1856w,   PubMed: 24883150)
6.Miho Watanabe, Soichiro Tajima, Rumi Katashima, Toshiko Miyamoto, Makiko Yamagami, Kazuo Minakuchi and Hiroaki Yanagawa :
Serious adverse events and compensation in registration trials: a review of data from a Japanese university hospital.,
BMC Research Notes, Vol.7, 245, 2014.
(DOI: 10.1186/1756-0500-7-245,   PubMed: 24742228)
7.Kensaku Aki, Kazuyoshi Kawazoe, Azusa Izumi, Tomoki Tada, Kazuo Minakuchi and Eiji Hosoi :
Direct Determination of ABO Blood Group Genotypes from Whole Blood Using PCR-Amplification of Specific Alleles Method,
American Journal of BioScience, Vol.2, 49-55, 2014.
(DOI: 10.11648/j.ajbio.20140202.15)
8.Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi :
Identification of the Risk Factors Associated with Hypocalcemia Induced by Denosumab,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.10, 1622-1626, 2013.
(DOI: 10.1248/bpb.b13-00496,   PubMed: 23934346,   CiNii: 130003361547,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
9.Shinji Abe, Yuki Morita, Mika Kato Kaneko, Masaki Hanibuchi, Yuta Tsujimoto, Hisatsugu Goto, Souji Kakiuchi, Yoshinori Aono, Jun Huang, Seidai Sato, Masatoshi Kishuku, Yuki Taniguchi, Mami Azuma, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshitaka Sekido, Seiji Yano, Shin-ichi Akiyama, Saburo Sone, Kazuo Minakuchi, Yukinari Kato and Yasuhiko Nishioka :
A novel targeting therapy of malignant mesothelioma using anti-podoplanin antibody,
The Journal of Immunology, Vol.190, No.12, 6239-6249, 2013.
(DOI: 10.4049/jimmunol.1300448,   PubMed: 23690472,   Thomson Reuters: Web of Science™)
10.Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
(DOI: 10.1007/s00210-012-0810-7,   PubMed: 23149861,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
11.Yasushi Kirino, Masako Sei, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Youichi Sato :
Plasma dipeptidyl peptidase 4 activity correlates with body mass index and the plasma adiponectin concentration in healthy young people,
Endocrine Journal, Vol.59, No.10, 949-953, 2012.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ12-0158,   PubMed: 22785237,   Thomson Reuters: Web of Science™)
12.庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 :
新規開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格への影響,
臨床検査, Vol.56, No.7, 803-805, 2012年.
(CiNii: 40019359903)
13.西谷 典子, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 瀧口 益史, 川添 和義, 吉原 新一, 水口 和生 :
細菌感染症患者におけるスタチンの多面的効果,
四国医学雑誌, Vol.68, No.1,2, 29-34, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 97534,   CiNii: 40019338779)
14.Kazuyoshi Kawazoe, Kana Ota, Mayuko Okamoto, Youichi Sato and Kazuo Minakuchi :
Anti-obesity effects of Schisandra chinensis fruit water extract in rats fed a high-fat diet,
Journal of Traditional Medicines, Vol.29, No.3, 143-148, 2012.
(CiNii: 40019399771)
15.庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 :
DPIにより誘導されるヒト培養HepG2細胞死のDNA構造の解明,
臨床検査, Vol.56, No.3, 331-334, 2012年.
(CiNii: 40019203591)
16.Hirofumi Shibata, Nishitani Noriko, Yaohara Sayuri, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Simvastatin represses translocation of Pseudomonas aeruginosa across Madin-Darby canine kidney cell monolayers,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 186-191, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106020,   DOI: 10.2152/jmi.59.186,   PubMed: 22450007)
17.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00033.2011,   PubMed: 21917632,   Thomson Reuters: Web of Science™)
18.Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakamura, Soichiro Tajima, Hirotaka Nishisako, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.131, No.8, 1251-1257, 2011.
(DOI: 10.1248/yakushi.131.1251,   PubMed: 21804330,   CiNii: 130001075915,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
19.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pharmacology in health food: Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 466-470, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R38FM,   PubMed: 21436601)
20.Hirotaka Nishisako, Toshitaka Ikehara, Tairoh Shiraishi, Yuki Minami, Ichinose Hiromi Sasaki, Hitoshi Houchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
Effects of a 1.5 T time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic media.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 95-105, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 111307,   DOI: 10.2152/jmi.58.95,   PubMed: 21372493)
21.Naoto Okada, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Kazuyoshi Kawazoe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi :
Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation.,
Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011.
(DOI: 10.1016/j.pep.2011.01.011,   PubMed: 21277373,   Thomson Reuters: Web of Science™)
22.Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Altered dipeptidyl peptidase 4 activity during the progression of hyperinsulinemic obesity and islet atrophy in spontaneously late-stage type 2 diabetic rats.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.300, No.2, 372-379, 2011.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00319.2010,   PubMed: 21139073,   Thomson Reuters: Web of Science™)
23.Youichi Sato, Sakura Kosioka, Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Shinji Abe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Role of dipeptidyl peptidase IV (DPP4) in the development of dyslipidemia: DPP4 contributes to the steroid metabolism pathway.,
Life Sciences, Vol.88, No.1-2, 43-49, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2010.10.019,   PubMed: 21047519)
24.Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotake, Houchi Hitoshi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Miyamoto Hiroshi :
EFFECTS OF EXPOSURE TO TIME-VARYING 1.5 T MAGNETIC FIELD ON VOLUME REGULATION OF BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS,
Proceedings of The Bioelectromagnetics Society 32nd Annual Meeting, 37, 2010.
25.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010.
(DOI: 10.1093/ndt/gfp520,   PubMed: 19812233,   Thomson Reuters: Web of Science™)
26.下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 島原 由美子, 川添 和義, 黒田 𣳾弘, 芳地 一, 水口 和生 :
脳低温療法時におけるミダゾラムの適正投与に向けて,
TDM研究, Vol.27, No.1, 33-38, 2010年.
27.Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration,
The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0469,   PubMed: 19460854)
28.伏谷 秀治, 柴田 洋文, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生 :
抗菌薬,抗がん剤による薬物療法における乳酸菌生菌製剤の併用状況,
医療薬学, Vol.35, No.5, 360-367, 2009年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.35.360,   CiNii: 10025973465)
29.川添 和義, 坂本 久美子, 伏谷 秀治, 阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 水口 和生 :
現役薬剤師を対象とした漢方薬意識調査, --- ―効果的な漢方教育の実現に向けて― ---,
医療薬学, Vol.35, No.5, 351-359, 2009年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.35.351,   CiNii: 10025973455)
30.Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Youichi Sato, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Increased Plasma Dipeptidyl Peptidase IV (DPP IV) Activity and Decreased DPP IV Activity of Visceral But Not Subcutaneous Adipose Tissue in Impaired Glucose Tolerance Rats Induced by High-Fat or High-Sucrose Diet,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.3, 463-467, 2009.
(DOI: 10.1248/bpb.32.463,   PubMed: 19252296,   Thomson Reuters: Web of Science™)
31.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.08236FP,   PubMed: 19202317,   Thomson Reuters: Web of Science™)
32.Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Interrelationship of dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) with the development of diabetes, dyslipidaemia and nephropathy: A streptozotocin-induced model using wild-type and DPP IV-deficient rats,
The Journal of Endocrinology, Vol.200, No.1, 53-61, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0424,   PubMed: 18931022)
33.Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060342,   PubMed: 16990703)
34.生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.31.279,   CiNii: 110001240344)
35.Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Ki Ho Park, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto :
Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in Ca2+ release induced by cytosolic Ca2+ in cultured pheochromocytoma cells,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1724, No.1-2, 8-16, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2005.03.008,   PubMed: 15890451,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
36.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki :
Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells,
Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
(DOI: 10.1291/hypres.27.433,   PubMed: 15253109)
37.Mami Azuma, Hitoshi Houchi, Hirotaka Nishisako, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuhiko Teraoka, Toshitaka Ikehara, Takenori Kusumi and Kazuo Minakuchi :
Inhibitory action of novel arginine derivative on catecholamine secretion evoked by acetylcholine from cultured bovine adrenal chromaffin cells,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.42, No.Suppl. 1, S15-S18, 2003.
(DOI: 10.1097/00005344-200312001-00005,   PubMed: 14871022,   Thomson Reuters: Web of Science™)
38.福島 真理, 鳥井 真由美, 胡田 順子, 東 満美, 細井 英司, 濱野 修一, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生 :
シクロオキシゲナーゼII阻害薬のヒト血小板凝集に及ぼす影響,
臨床薬理, Vol.34, No.1, 69-70, 2003年.
39.Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Yukio Yamashita, Shinji Abe, Koichiro Tsuchiya, Yumiko Satoh, Yasuhiro Kuroda, Kazuya Horike, Masashi Kano, Yoshio Fukuta, Takashi Kitaichi, Takaki Hori, Yutaka Masuda, Tetsuya Kitagawa, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Determination of plasma concentrations of endothelin-1(1-31) and endothelin-1 in healthy subjects and patients with atherosclerosis.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.41, No.suppl.1, S83-S87, 2003.
(PubMed: 12688403,   Thomson Reuters: Web of Science™)
40.Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Mami Azuma, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto :
Effects of Time-Varying Strong Magnetic Fields on Rerease of Cytosolic Free Ca2+ from Intracellular Stores in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells,
Bioelectromagnetics, Vol.23, No.7, 505-515, 2002.
(DOI: 10.1002/bem.10043,   PubMed: 12224054,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
41.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Eiko Takishita, Yutaka Nakaya, Kazuhiro Kishi, Yousuke Ebina, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effects of losartan in combination with or without exercise on insulin resistance in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.,
European Journal of Pharmacology, Vol.430, No.2-3, 359-367, 2001.
(DOI: 10.1016/S0014-2999(01)01405-4,   PubMed: 11711055,   Elsevier: Scopus)
42.Yuichi Ozawa, Hitoshi Houchi, Kazuhiko Teraoka, Mami Azuma, Takehiro Kamimura, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Long-term regulation of catecholamine formation by ouabain in cultured bovine adrenal cromaffin cells.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.36, No.suppl.2, S15-S18, 2000.
(DOI: 10.1097/00005344-200000006-00005,   PubMed: 11206714,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
43.Ozawa Yuichi, Masanori Yoshizumi, Yasushi Fukuta, Daisuke Inui, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Dopamine Clearance During Dopamine Infusion in Infants and Children After Cardiac Surgery,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.34, No.Supplement 4, S85-S89, 1999.
44.Takabumi Umeda, Mami Azuma, Hitoshi Houchi, Toshitaka Ikehara, Fumiaki Shono, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Stimulatory effect of enkephalines on calcium efflux from bovine adrenal chromaffin cells in culture.,
Life Sciences, Vol.65, No.21, PL247-252, 1999.
45.Hitoshi Houchi, Mami Azuma, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Possible role of bradykinin on stimulus-secretion coupling in adrenal chromaffin cells,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.1-2, 1-9, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 22088,   PubMed: 10408151)
46.Koichiro Tsuchiya, Jiang Jin-Jie, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Kenji Fukuzawa and P.Mason Ronald :
Nitric oxide-forming reactions of the water-soluble nitric oxide spin-trapping agent, MGD.,
Free Rad. Biol. Med., Vol.27, 347-355, 1999.
47.Yuichi Ozawa, Masanori Yoshizumi, Daisuke Inui, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Plasma levels of free and sulfoconjugated catecholamines in patients with atherosclerosis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.22, 657-659, 1999.
48.Hitoshi Houchi, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Masao Hirose, Tetsuya Kitagawa, Toshihida Kujime, Eiji Shimizu, Yasuharu Niwa, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endothelin-1 stimulates sodium-dependent calcium efflux from bovine adrenal chromaffin cells in culture.,
British Journal of Pharmacology, Vol.125, No.1, 55-60, 1998.
49.Toshiataka Ikehara, Park Ho Ki, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Masayuki Shono, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto :
Effects of a time-varying strong magnetic field on transient increase in cytosolic free-Ca2+ induced by bradykinin in cultured bovine adrenal chromaffin cells.,
FEBS Letters, Vol.435, 229-232, 1998.
50.Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa, Yuichi Ozawa, Kasutoshi Tano, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Changes in plasma free and sulfoconjugated catecholamines during the perioperative period of cardiac surgery:Effect of continuous infusion of dopamine.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.21, 787-791, 1998.
51.Masanori Yoshizumi, Hitoshi Houchi, Yasuo Ishimura, Masao HIrose, Tetsuya Kitagawa, Koichiro Tsustiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effect of evodiamine on catecholamine secretion from bovine adrenal medulla.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.44, No.1,2, 79-82, 1997.
(徳島大学機関リポジトリ: 111645,   PubMed: 9395722)
52.Hitoshi Houchi, Masanori Yoshizumi, Kazuo Minakuchi, Yasuko Ishimura, Kyoji Morita, Toshiaki Tamaki and Motoo Oka :
Potentiation of histamine-induced catecholamine secretion by ouabain in cultured bovine adrenal chromaffin cells is dependent on calcium and sodium influx.,
Life Sciences, Vol.60, No.23, 2051-2058, 1997.
53.Kazuo Minakuchi, Hitoshi Houchi, Masanori Yoshizumi, Yasuko Ishimura, Kyoji Morita, Masumitsu Takasugi, Motoo Oka and Toshiaki Tamaki :
Serotonin increases Na+-dependent Ca2+ efflux from bovin sdrenal chromaffin cells in culture.,
Neuroscience Letters, Vol.223, 17-20, 1997.
54.Masanori Yoshizumi, Hitoshi Houchi, T Tuchiya, Kazuo Minakuchi, Kazuya Horike, Tetsuya Kitagawa, Itsuo Katoh and Toshiaki Tamaki :
Atrial natriuretic peptide stimulates Na+-dependent Ca2+ effulux from freshly isolated adult rat cardiomyocytes.,
FEBS Letters, Vol.419, No.2,3, 255-258, 1997.
55.野村 昌弘, 吉栖 正典, 石村 泰子, 増田 裕, 水口 和生, 中屋 豊, 大内 武, 加藤 逸夫, 岡 源郎, 日比野 敏行, 三好 由貴子, 若槻 哲三, 大木 崇, 伊東 進 :
マラソン前後における血中遊離型および硫酸抱合型カテコラミンの変動,
心臓, Vol.25, No.Suppl 2, 97-99, 1993年.
(DOI: 10.11281/shinzo1969.25.Supplement2_97,   CiNii: 130004413038)
56.Masanori Yoshizumi, Yutaka Nakaya, Toshiyuki Hibino, Masahiro Nomura, Kazuo Minakuchi, Tetsuya Kitagawa, Itsuo Katoh, Takeshi Ohuchi and Motoo Oka :
Changes in plasma free and sulfoconjugated catecholamines before and after acute physical exercise:Experimental and clinical studies.,
Life Sciences, Vol.51, No.3, 227-234, 1992.

学術論文(紀要・その他):

1.川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 佐々木 久子, 大道 由佳, 栗本 慎一郎, 篠崎 陽介, 柴山 恵美子, 関田 倫彦, 金子 礼, 洲山 佳寛, 高岸 佐和, 中野 芙佐子, 平田 藍, 宮崎 祐樹, 田島 壮一郎, 櫻田 巧, 中川 博之, 田岡 寛之, 足立 麻美, 柴田 高洋, 岡田 直人, 継岡 知美, 淵上 美由紀, 小中 健, 今林 潔, 今林 優佳, 高石 喜久, 水口 和生 :
つるぎ町一宇地区の民間薬調査,
阿波学会紀要, No.57, 89-98, 2011年.
2.水口 和生, 雨宮 美智子, 大坪 健司, 小口 敏夫, 賀勢 泰子, 門林 宗男, 川勝 一雄, 川添 和義, 木平 健治, 京谷 庄二郎, 弦間 貴秀, 西岡 豊, 早狩 誠, 平賀 元, 宮下 精一郎 :
病院薬剤部・薬局の整備,構造,機能基準の改定に関する研究(最終報告),
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.45, No.8, 1001-1004, 2009年.
3.川添 和義, 水口 和生 :
NSAIDSがアスピリンの抗血小板作用に与える影響の検討,
治療学, Vol.41, No.12, 95-98, 2007年.
4.川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 田中 直伸, 岡坂 衛, 石田 俊介, 鎌倉 孝法, 佐藤 昌俊, 橋田 千佳, 西迫 寛隆, 田島 壮一郎, 森 剛志, 鈴木 恭子, 橋田 和佳, 部屋 衣美子, 高田 千絵, 遠藤 友香, 金 尚永, 田岡 寛之, 西村 和也, 高石 喜久, 水口 和生 :
三好市東祖谷地区の民間薬調査,
阿波学会紀要, No.53, 87-98, 2007年.
5.南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 :
副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響,
日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年.

学術レター:

1.庄野 文章, 西岡 安彦, 清水 一郎, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 :
徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況,
医療薬学, Vol.29, No.5, 611-615, 2003年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.29.611,   CiNii: 110001166740)

総説・解説:

1.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する,
腎とフリーラジカル, Vol.11, 78-81, 2013年1月.
2.石澤 啓介, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
医療人としての薬剤師育成教育の実践, --- ∼米国の薬学教育ならび日本の医学教育から学ぶ∼ ---,
医薬ジャーナル, Vol.43, No.3, 871-874, 2007年3月.
3.石澤 啓介, 水口 和生 :
栄養管理における薬剤師の役割, --- 大学病院における栄養サポートチーム(NST)活動 ---,
調剤と情報, Vol.11, No.1, 95-100, 2005年1月.
4.石澤 啓介, 水口 和生 :
大学病院におけるNST活動と薬剤師,
薬事新報, Vol.2332, 902-905, 2004年10月.
5.石澤 啓介, 芳地 一, 水口 和生 :
大学病院における栄養支援チーム(NST)と薬剤師,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.40, No.10, 1245-1248, 2004年10月.
(CiNii: 80016906565)
6.西岡 安彦, 中川 達夫, 水口 和生, 曽根 三郎 :
難治性固形癌に対する癌抗原ペプチドパルス樹状細胞を用いた癌ワクチン療法 - トランスレーショナルリサーチとしての展開 -,
四国医学雑誌, Vol.59, No.6, 280-286, 2003年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 39620)
7.竹川 佳宏, 森 健一, 水口 和生, 清水 寛 :
徳島大学医学部における東洋医学教育について,
四国医学雑誌, Vol.59, No.1-2, 74-78, 2003年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110591)
8.西岡 安彦, 中川 達夫, 水口 和生, 曽根 三郎 :
難治性固形癌に対する癌抗原ペプチドパルス樹上細胞を用いた癌ワクチン療法ートランスレーショナルリサーチとしての展開ー,
四国医学雑誌, Vol.69, No.6, 280-286, 2003年.

国際会議:

1.Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide and Kazuo Minakuchi :
Evaluation of risk factors for hypocalcemia induced by denosumab,
48th ASHP Midyear Clinical Meeting, Orlando, Dec. 2013.
2.Yuya Horinouchi, Fiona A. Summers, Marilyn Ehrenshaft, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki, Kazuo Minakuchi and Ronald P. Mason :
Cytotoxity evaluation of environmental chemicals via free radical detection using newly technique immuno-spin trapping, In-Cell Western and confocal microscopy,
49th Congress of the European Societies of Toxicology (EUROTOX), Sep. 2013.
3.Takumi Sakurada, K. Miyako, Yuya Horinouchi, Kazuhiko Teraoka, T. Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
NITROSONIFEDIPINE, A PHOTODEGRADATION PRODUCT OF NIFEDIPINE, SUPPRESS THE PROGRESSION OF DIABETIC NEPHROPATHY WITH THE ENDOTHELIAL DYSFUNCTION,
11th EACPT Congress, Aug. 2013.
4.Fushitani Shuji, Hirofumi Shibata, Shibata Takahiro, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Involvement of outpatients as a source of supply in nosocomial transmission of MRSA,
13th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection (Abstract book), 289, Beijing, Oct. 2012.
5.Yasuhiko Nishioka, Shinji Abe, Yuki Morita, Mika K Kaneko, Masaki Hanibuchi, Hisatsugu Goto, Souji Kakiuchi, Yoshinori Aono, Jun Huang, Atsushi Mitsuhashi, Seidai Sato, Kazuo Minakuchi and Yukinari Kato :
Antitumor effects of anti-podoplanin antibody NZ-1 against malignant mesothelioma,
14th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society, Brisbane, Sep. 2012.
6.Konaka Ken, Moriyama Kouta, Sue Kazuyoshi, Mizoguchi Tetsuya, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Effect of kakkonto on a vascular endothelial model (HUVEC),
24th FAPA Congress 2012, Denpasar, Jul. 2012.
7.Yasuhiko Nishioka, Shinji Abe, Mika K Kaneko, Yoshinori Aono, Jun Huang, Hisatsugu Goto, Masatoshi Kishuku, Masaki Hanibuchi, Saburo Sone, Kazuo Minakuchi and Yukinari Kato :
Antitumor effects of anti-podoplanin antibody NZ-1 against malignant mesothelioma via ADCC,
ATS 2012 International Conference, San Francisco, May 2012.
8.Ikuta Kenji, Ise Natsuko, Shimooka Yukie, Katagiri Yuki, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Pharmaceutical and economical role of clinical phamacist in emergency and critical care medicine,
46th ASHP Midyear Clinical Meeting and Exhibition, New Orleans, Dec. 2011.
9.Masaki Hanibuchi, Shinji Abe, Masatoshi Kishuku, Souji Kakiuchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato and Yasuhiko Nishioka :
Targeted therapy for mesothelioma using anti-podoplanin antibody NZ-1 via ADCC,
5th EORTC-NCI-ASCO Annual Meeting on 'Molecular Markers in Cancer', Brussels, Belgium, Oct. 2011.
10.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibition of Adipocyte Hypertrophy by Deferoxiamine Diabetic KKAy mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
11.Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakmura, Tsuyoshi Mori, Ken Konaka, Soichiro Tajima, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi and Kazuo Minakuchi :
Correlation between development of hypertension and efficay in metastatic colorectal cancer patients treated with bevacizumab,
Abstracts of 10th Congress of the Europian Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.109, No.S1, 57, Budapest, Jun. 2011.
12.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
IRON DERIVATION AMELIORATES GLUCOSE TOLERANCE THROUGH REDUCTION OF OXIDATIVE STRESS AND INFLAMMATION IN DIABETIC KKAY MICE,
2010 American Physiological Society Conference Inflammation, Immunity and Cardiovascular Disease, Aug. 2010.
13.Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010.
14.Souichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Kyoto, Apr. 2010.
15.Takeshi Mori, Nishisako Hirotaka, Nakamura Toshimi, Yuya Horinouchi, Sakurada Takumi, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Prediction of adverse effects based on cluster analysis by demography and clinical factor in the outpatients treated with cancer chemotherapy,
15th Anniversary Congress of EAHP, Niece, Mar. 2010.
16.Kirino Yasushi, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide, Kazuyoshi Kawazoe, Tetsuro Ohmori and Kazuo Minakuchi :
Analysis of body weight gain in patients treated with the second-generation antipsychotic drugs in Tokushima University Hospital,
15th Anniversary Congress of EAHP, Niece, Mar. 2010.
17.Nishisako Hirotaka, Mori Takeshi, Mori Toshimi, Kirino Yasushi, Miki Yukiyo, Abe Shinji, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Adverse effect monitoring in the ourpatients under anticancer chemotherapy: Prediction of adverse effects by demography and clinical factor of the patients by means of cluster analysis.,
44th ASHP Midyear Clincal Meeting & Exhibition, Las Vegas, Dec. 2009.
18.Shuji Fushitani, Hirofumi Shibata, Takahiro Shibata, Takafumi Umeda, Kazuyoshi Kawazoe, Fumiaki Shono and Kazuo Minakuchi :
Profiles and distribution of airborne fungi in Tokushima University Hospital,
The 4th International Congress of the Asia Pacific Society of Infection Control, Macau, Jul. 2009.
19.Kawano Wataru, Hirofumi Shibata, Hikichi Kaori, Masanori Higuti, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Tomihiko Higuti :
Antiviral Effect of Octyl Gallate,
11th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases, 0, Taipei, Dec. 2008.
20.Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
21.Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
22.Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
23.Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Orino, Dorjsuren Narantungalag, Kunihisa Yamaguchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on cell migration induced by insulin-like growth factor-1 in vascular smooth muscle cells,
The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics, Québec City, Jul. 2008.
24.Toshitaka Ikehara, Shiraishi Tairho, Nishisako Hirotaka, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
EFFECTS OF TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON REGULATORY VOLUME DECREASE IN BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS,
The Bioelectromagnetics Society 30th Annual Meeting, 368-369, San Diego, Jan. 2008.
25.Toshitaka Ikehara, Nishisako Hirotaka, Shiraishi Tairoh, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
Effects of a time-varying magnetic field on bovine adrenal chromaffin cells.,
Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 117-118, Harbin, Jan. 2008.
26.Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Hirotaka Nishisako, Natsuko Ise, Keisuke Ishizawa, Toshihide Kujime, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Dosase adjustment and monitoring the side effects of the anticancer drug in Tokushima University Dental Hospital,
42nd ASHP Midyear Clinical Meeting & Exhibition, Las Vegas, Dec. 2007.
27.Toshitaka Ikehara, Yuki Minami, Shiota Naoko, Hisao Yamaguchi, Masayuki Shono, Mitsuo Kitamura, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
EFFECTS OF A TIME-VARYING MAGNETIC FIELD ON CELL VOLUME REGULATION OF CULTURED BOVINE ADRENAL CHROMAFFIN CELLS,
Abstract Book The Bioelectromaginetics Society 29th Annual Meeting, 375-376, Kanazawa, Jun. 2007.
28.Shinji Abe, Shimooka Yukie, Kujime Toshihide, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
A sinple method for prevention of adverse effects in double filtration plasmapheresis (DFPP),
Pharmaceutical Sciences World Congress 2007, Amsterdam, Apr. 2007.
29.Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells,
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
30.Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells,
第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
31.Hitoshi Houchi, Mami Azuma, M. Torii, T. Umeda, M. Mizuta, K. Teraoka and Kazuo Minakuchi :
Inhibitory action of cilostazol, A phosphodiesterase inhibitor, on catecholamine secretion from cultured bovine adrenal chromaffin cells,
Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2004.

国内講演発表:

1.小中 健, 森 剛志, 柴田 高洋, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
バニツムマブによる低マグネシウム血症の発現状況と治療成功期間に関する検討,
第26回日本医療薬学会年会要旨集, 386, 2014年9月.
2.石田 俊介, 前田 和輝, 伏谷 秀治, 渡邉 美穂, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
徳島大学病院薬剤部におけるかなりツール作成による副作用情報収集の効率化,
第25回日本医療薬学会年会要旨集, 258, 2014年9月.
3.岡田 直人, 花房 剛志, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 水口 和生 :
R-CHOP療法及びR-CHOP-like療法におけるビンクリスチン誘発早期末梢神経障害の危険因子の同定,
第24回日本医療薬学会年会要旨集, 181, 2014年9月.
4.櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 :
ペメトレキセド治療における皮疹に対するデキサメタゾン投与量の検討,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
5.伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 川添 和義, 桐野 靖, 石田 俊介, 水口 和生 :
ハイリスク薬チェックにおけるファイルメーカーProの活用,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
6.花房 剛志, 須江 和由, 森山 耕太, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
加味逍遙散及び芍薬甘草湯がpaclitaxelによる末梢神経障害モデル細胞に与える影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
7.阿部 真治, 木宿 昌俊, 中瀬 真理, 佐藤 智恵美, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 :
悪性胸膜中皮腫移植マウスに対するNZ-1およびラットNK細胞併用投与の抗腫瘍効果,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
8.小中 健, 花房 剛志, 森山 耕太, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 :
血管内皮細胞におけるビンカロイドの細胞障害に対するエフェドラの影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
9.牧原 汐里, 宮﨑 渚, 多田 智紀, 大星 航, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系分化誘導細胞を用いた抗血小板薬の評価,
第37回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
10.柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 東 満美, 川添 和義, 水口 和生 :
MRSA院内伝播の要因としての外来患者の可能性について,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
11.岡田 直人, 川添 和義, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 水口 和生 :
デノスマブによる低カルシウム血症の発現リスクを予測する因子の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
12.小中 健, 柴田 高洋, 森 剛志, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
当院におけるホスアプレピタントによる血管痛への取り組み,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
13.松本 直貴, 多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 廣瀬 政雄, 岡田 直人, 川添 和義, 細井 英司, 水口 和生 :
ヒト巨核球系細胞株CMKを用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤評価の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
14.須江 和由, 森山 耕太, 花房 剛志, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
漢方製剤のPC12細胞神経突起進展に及ぼす影響,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
15.三上 拓也, 佐藤 陽一, 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
高脂肪食ラットに及ぼすリンゴ酸の影響,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
16.佐藤 友香, 小林 小春, 中瀬 真理, 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 柴田 洋文, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生, 東 満美 :
実務実習におけるセーフティマネジメント教材の作成と検討∼薬学実務実習生の調剤ミスをなくすために∼,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
17.岡田 直人, 森 剛志, 小中 健, 川添 和義, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 水口 和生 :
デスノマブによる低カルシウム血症の発現に関与する因子の探索,
第23回医療薬学会年会, 2013年9月.
18.多田 智紀, 松本 直貴, 安藝 健作, 大星 航, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた抗血小板薬アスピリンの薬剤評価の検討,
第8回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2013年8月.
19.岡田 直人, 河野 渉, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
デノスマブによる低カルシウム血症に対する予防投与の有用性,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
20.石田 俊介, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
抗菌薬適正使用のための使用状況管理ツールの構築,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
21.阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 :
新規ヒト・キメラ型抗ポドプラニン抗体の悪性胸膜中皮腫に対する選択性の検討,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
22.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
23.田島 壮一郎, 池田 康将, 榎本 英明, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄制限食によってdb/dbマウスの糖尿病性腎症進展は抑制される,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
24.庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生 :
開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格変化の影響,
第246回徳島医学会学術集会, 2013年2月.
25.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生 :
機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定,
第85回生化学会, 2012年12月.
26.堀家 由貴, 谷井 菜緒子, 多田 智紀, 泉 あずさ, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価の検討,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
27.谷井 菜緒子, 堀家 由貴, 泉 あずさ, 多田 智紀, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
長期ストレス状態における免疫系への影響,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
28.田島 壮一郎, 櫻田 巧, 柿内 聡司, 上松 卓, 片島 るみ, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和生 :
UGT1A1遺伝子のヘテロ接合体(*6または*28)を持つイリノテカン投与患者における治療安全性ならびに継続性に関する検討,
第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月.
29.佐原 理沙, 村上 明希, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト腸管上皮細胞において生薬抽出物がCYP3A4の安定性に与える影響,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
30.森山 耕太, 須江 和由, 小中 健, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 :
葛根湯が血管内皮細胞のCa濃度に与える影響,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
31.小中 健, 森 剛志, 柴田 高洋, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
肺がんにおけるタキサン系抗がん剤に誘発された末梢神経障害に対するプレガバリンの使用実績と有効性の評価,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
32.田島 壮一郎, 阿部 真治, 楊河 宏章, 大和 志保, 天羽 亜美, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 渡邊 美穂, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生 :
薬学生実務実習における臨床研究・治験教育の導入と評価,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
33.阿部 真治, 伊勢 夏子, 生田 賢治, 岡田 直人, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生 :
病院実務実習における救急・集中治療領域での徳島大学薬学部教員の取り組み,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
34.谷口 友紀, 阿部 真治, 木宿 昌俊, 東 満美, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 :
ADCCを介したヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体の悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果の検討,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
35.埴淵 昌毅, 阿部 真治, 加藤 幸成, 金子 美華, 木宿 昌俊, 川添 和義, 黄 俊, 三橋 惇志, 水口 和生, 西岡 安彦 :
抗ポドプラニン抗体NZ-1の悪性胸膜中皮腫に対する抗体依存性細胞障害活性と抗腫瘍効果,
第53回日本肺癌学会総会, 2012年11月.
36.阿部 真治, 伊勢 夏子, 生田 賢治, 岡田 直人, 里吉 良子, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生 :
薬学部教員による救急・集中治療領域における実務実習指導の取り組み,
第22回日本医療薬学会, 2012年10月.
37.西岡 安彦, 阿部 真治, 木宿 昌俊, 川添 和義, 黄 俊, 埴淵 昌毅, 水口 和生, 曽根 三郎, 加藤 幸成 :
悪性胸膜中皮腫に対するラット-ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の抗腫瘍効果,
第71回日本癌学会学術総会, 2012年9月.
38.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響,
第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2012年9月.
39.加藤 幸成, 阿部 真治, 水口 和生, 西岡 安彦 :
ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体による転移抑制機序の解明,
第16回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2012年6月.
40.西岡 安彦, 阿部 真治, 加藤 幸成, 木宿 昌俊, 川添 和義, 黄 俊, 埴淵 昌毅, 水口 和生, 曽根 三郎 :
悪性胸膜中皮腫に対するヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の抗腫瘍効果,
第16回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2012年6月.
41.阿部 真治, 加藤 幸成, 金子 美華, 木宿 昌俊, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生, 曽根 三郎, 西岡 安彦 :
悪性胸膜中皮腫に対する抗ポドプラニン抗体NZ-1の抗腫瘍効果に関する検討,
第52回日本呼吸器学会学術講演会, 2012年4月.
42.Jun Huang, Shinji Abe, Yuki Morita, Shuji Ozaki, Masatoshi Kishuku, Kazuo Minakuchi, Masaki Hanibuchi, Toshio Matsumoto, Saburo Sone and Yasuhiko Nishioka :
Antibody-dependent cellular cytotoxicity against mesothelioma cells mediated by anti-HM 1.24 antibodies,
第52回日本呼吸器学会学術講演会, Apr. 2012.
43.小中 健, 村上 明希, 小山 智史, 西迫 寛隆, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
内皮系細胞における葛根湯成分の影響,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
44.阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 里吉 良子, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 :
肺癌における新規癌抗原OFA-iLRP発現の検討,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
45.足立 麻美, 桐野 靖, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生 :
抗菌薬の薬学的管理の重要性∼リネゾリド適正使用に向けて∼,
日本薬学会第132年会, 2012年2月.
46.柴田 高洋, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 長尾 多美子, 川添 和義, 水口 和生 :
当大学病院における注射薬搬送カートのATP拭き取り調査と細菌調査,
第27回日本環境感染学会総会 抄録集, Vol.27 Supplement, 318, 2012年2月.
47.岸田 真季, 倍味 宏行, 山本 歩実, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
精油による自律神経系及び免疫系への影響,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
48.山本 歩実, 岸田 真季, 倍味 宏行, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の血液培養細胞を用いた解析,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
49.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 水口 和生, 篠原 康雄 :
機能未同定のタンパク質TMEM45Bに見られた熱凝集と熱凝集を引き起こすアミノ酸領域の同定,
第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月.
50.堀ノ内 裕也, 中村 敏己, 櫻田 巧, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
ベバシズマブ投与大腸がん患者における早期高血圧の効果予測因子として の意義,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
51.柴田 高洋, 伏谷 秀治, 中川 博之, 長尾 多美子, 柴田 洋文, 川添 和義, 水口 和生 :
院内感染制御を目的とした注射薬搬送カートのATP拭き取り調査と細菌 調査,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
52.岡田 直人, 廣瀬 由記子, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
サリドマイド及びレナリドマイド服用患者に対する薬剤師の介入,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
53.八木 祐子, 土屋 浩一郎, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト結腸癌由来Caco-2細胞における抗癌剤耐性に及ぼす酸素分圧の影響,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
54.阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 加藤 幸成, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生 :
ポドプラニンを標的とした悪性胸膜中皮腫に対する新規抗体療法の検討,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
55.谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αはangiotensinⅡ誘発血管リモデリングの形成に関与する,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
56.櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 宮本 理人, 木平 孝高, 土屋 浩一郎, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
マウス血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
57.小中 健, 宮谷 綾, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
正常ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)に対する漢方薬成分の影響,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
58.岡本 茉佑子, 佐藤 陽一, 三上 拓也, 川添 和義, 水口 和生 :
五味子水抽出物の新規生理活性に関する研究,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
59.宮谷 綾, 小中 健, 庄野 正行, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞に対する葛根湯構成生薬の影響,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
60.伊勢 夏子, 下岡 幸恵, 生田 賢治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
持続的血液濾過透析施行患者に対するテイコプラニンの投与設計,
第5回 日本腎と薬剤研究会学術大会, 2011年9月.
61.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
肥満の脂肪組織における鉄の役割,
第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2011年9月.
62.岡田 直人, 廣瀬 由記子, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
サリドマイド及びレナリドマイドにおける副作用モニタリングの重要性,
医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2011年7月.
63.谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 久次米 敏秀, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
動脈硬化におけるhypoxia-inducible factor-1αの新規治療標的分子としての可能性,
医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2011年7月.
64.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
65.今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討,
日本薬学会第131回年会, 2011年3月.
66.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 水口 和生 :
TMEM45Bのthermal aggregationに関与するアミノ酸配列の同定,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
67.堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
68.阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
徳島大学病院における病院実務実習カリキュラムとその成果,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
69.田島 壮一郎, 寺岡 和彦, 片島 るみ, 宮本 登志子, 川添 和義, 久次米 敏秀, 森田 奈緒美, 水口 和生, 原田 雅史, 楊河 宏章 :
自主臨床研究におけるCRC の役割 ―放射性薬剤の品質試験について―,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
70.西谷 典子, 伏谷 秀治, 川添 和義, 瀧口 益史, 水口 和生, 吉原 新 :
肺炎および敗血症患者におけるスタチン服用の有無と予後の関連性,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
71.渡邉 美穂, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生 :
病院施設のATP拭き取り検査と細菌汚染状況調査,
第26回 日本環境感染学会総会, 2011年2月.
72.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
73.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
74.猪井 紅美子, 平田 有紀奈, 安藝 健作, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 細井 英司, 川添 和義, 水口 和生 :
ストレス条件下における免疫パラメータの変動,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
75.平田 有紀奈, 猪井 紅美子, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司, 谷口 友紀, 川添 和義, 水口 和生 :
血小板モデル細胞を用いた薬剤評価測定系の確立,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
76.奥村 千恵子, 杉村 真由美, 阿部 真治, 米田 良子, 上村 卓広, 溝口 徹也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生, 東 満美, 高石 喜久 :
「病院実務実習」における指導薬剤師と薬学部実務家教員の連携,
第31回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2010年12月.
77.石澤 啓介, 中西 智子, 柴田 洋文, 阿部 真治, 杉村 真由美, 奥村 千恵子, 吉村 好之, 佐藤 陽一, 新垣 尚捷, 川添 和義, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
徳島大学における薬学部・薬剤部連携による病院実務実習の実践,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
78.西迫 寛隆, 米田 良子, 上村 卓広, 溝口 徹也, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
徳島大学病院におけるオピオイド製剤使用状況調査と適正使用における薬剤師の働き,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
79.堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
血圧上昇を指標としたベバシツマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
80.渡邉 美穂, 柴田 洋文, 上松 卓, 伏谷 秀治, 阿部 真治, 川添 和義, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
病院施設のATP拭き取り検査と細菌汚染状況調査,
第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
81.堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
分子標的治療薬ベバシズマブによる血圧上昇について ∼発現状況調査ならびに効果予測の検討∼,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
82.太田 佳那, 佐藤 陽一, 岡本 茉佑子, 阿部 真治, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 勢井 雅子, 川添 和義, 水口 和生 :
五味子水抽出物の新規作用に関する検討,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
83.大上 知妃呂, 佐原 理沙, 田島 壮一郎, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト腸管上皮細胞における薬物代謝酵素CYP3A4 に対する生薬の影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
84.木宿 昌俊, 阿部 真治, 森田 結貴, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 西岡 安彦, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 :
成熟樹状細胞由来sVEGFR-1 の腫瘍血管新生に及ぼす影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
85.森田 結貴, 阿部 真治, 木宿 昌俊, 西岡 安彦, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 :
HM1.24 を標的とした悪性胸膜中皮腫に対する抗体療法の開発,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
86.富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
87.下岡 幸恵, 生田 賢治, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
集学治療病棟専任薬剤師によるテイコプラニン処方設計へのリアルタイム血中濃度測定を介した薬学的支援,
第4回日本腎と薬剤研究会学術大会2010, 2010年10月.
88.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討,
第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2010年9月.
89.Toshitaka Ikehara, 西迫 寛隆, 白石 泰郎, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, 庄野 正行, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
Effects of time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic medium.,
第87回日本生理学会大会, May 2010.
90.柴田 高博, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 渡邉 美穂, 東 満美, 庄野 文章, 水口 和生 :
病院環境における浮遊真菌の実態調査,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
91.田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討,
第83回 日本薬理学会, 2010年3月.
92.Toshitaka Ikehara, Hirotaka Nishisako, Tairoh Shiraishi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto :
Effects of time-varying magnetic field on cell volume regulation of bovine adrenal chromaffin cells in hyposmotic medium,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S106, 2010.
(Thomson Reuters: Web of Science™)
93.仁木 朋加, 足立 麻衣, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討2 ∼カルモジュリン(CaM)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
94.足立 麻衣, 仁木 朋加, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討1∼プロテインキナーゼC(PKC)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
95.富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響,
第30回日本臨床薬理学会年会, 2009年12月.
96.真部 裕一, 安藝 健作, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
バルプロ酸Naのヒト血小板機能に対する抑制作用,
第54回日本輸血·細胞治療学会中国·四国地方会, 2009年11月.
97.柴田 高洋, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 渡邉 美穂, 川添 和義, 庄野 文章, 水口 和生, 新垣 尚捷 :
徳島大学病院病棟における浮遊真菌調査について,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
98.八百原 さゆり, 西谷 典子, 川添 和義, 水口 和生, 新垣 尚捷, 柴田 洋文 :
スタチン系薬剤が緑膿菌のトランスロケーションに及ぼす影響,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
99.森 剛志, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
外来乳がん化学療法におけるクラスター解析を用いた副作用予測の試み,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
100.阿部 真治, 西岡 安彦, 木宿 昌俊, 中野 沙織, 森田 結貴, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 :
特異的癌抗原MAGE-3を標的とした癌免疫療法の検討,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
101.真部 裕一, 川添 和義, 阿部 真治, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
バルプロ酸ナトリウムによる血小板凝集抑制メカニズムについての検討,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
102.下岡 幸恵, 生田 賢治, 上村 卓広, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
集学治療病棟専任薬剤師による薬剤管理業務,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
103.元林 有紀, 野口 悠高, 梅田 貴文, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
糖尿病性網膜症患者に対する服薬指導 ∼ベバシズマブ使用患者を中心に∼,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
104.桐野 靖, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 大森 哲郎, 水口 和生 :
徳島大学病院における非定型抗精神病薬の体重増加についての解析,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
105.富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 山﨑 有希子, 木平 孝高, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン代謝物はアンジオテンシンⅡ誘発血管平滑筋細胞遊走を抑制する,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
106.山﨑 有希子, 石澤 啓介, 富永 えりか, 谷口 順平, 櫻田 巧, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞遊走・増殖における細胞内鉄の関与,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
107.腰岡 桜, 佐藤 陽一, 桐野 靖, 紙本 尚幸, 阿部 真治, 川添 和義, 中堀 豊, 水口 和生 :
DPP4欠損ラットを用いた1型糖尿病誘発モデルにおける脂質代謝異常発症のメカニズム解明,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
108.阿部 有里子, 宮谷 綾, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞の漢方薬成分に対する応答,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
109.平松 由佳子, 阿古目 健志, 阿部 真治, 川添 和義, 寺尾 純二, 水口 和生 :
漢方薬の品質変化と剤型との関連性,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
110.中野 沙織, 阿部 真治, 森田 結貴, 木宿 昌俊, 西岡 安彦, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 :
新規癌抗原OFA-iLRPを標的とした肺癌に対する免疫療法の開発,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
111.東谷 香奈, 大上 知妃呂, 野口 悠高, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
Caco-2細胞に発現したCYP3A4に及ぼす生薬抽出物の影響,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
112.阿部 有里子, 宮谷 綾, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞に対する葛根湯の影響,
第26回 和漢医薬学会学術大会, Vol.26, No.Supplement, 100, 2009年8月.
113.日野出 晴美, 東 満美, 菊石 美也子, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生 :
「徳島大学薬学部病院実務実習テキスト」の作成とその活用についての調査,
日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
114.山口 佳津騎, 福岡 憲泰, 鈴木 聖, 谷 久美子, 田中 裕章, 元木 貴大, 朝倉 正登, 新田 正道, 川添 和義, 水口 和生 :
薬学部学生のがん治療に対する意識調査,
日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
115.田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
116.伏谷 秀治, 柴田 洋文, 柴田 高洋, 川添 和義, 安倍 正博, 阿部 真治, 樋口 富彦, 庄野 文章, 水口 和生 :
徳島大学病院病棟における環境中の浮遊真菌調査について,
第24回日本環境感染学会総会, 2009年2月.
117.岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基 :
薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価,
医療情報学連合大会論文集28回, 2008年11月.
118.廣永 有沙, 石澤 啓介, 山崎 有希子, 野瀬 文乃, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
オルメサルタンはPDGF誘導メサンギウム細胞遊走をAT1受容体非依存的に抑制する,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 189, 2008年11月.
119.田中 亜紀, 香川 恵子, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 :
栄養学的指標に基づく漢方薬の医薬品としての品質評価,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 164, 2008年11月.
120.河野 渉, 引地 香織, 柴田 洋文, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 樋口 富彦 :
銀翹散のin vitro抗インフルエンザウイルス活性につて,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 97, 2008年11月.
121.白石 泰郎, 西迫 寛隆, 池原 敏孝, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞におけるアクチンと細胞容積調節機能に及ぼす変動磁界の影響,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 84, 2008年11月.
122.紙本 尚幸, 桐野 靖, 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 :
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットモデルにおけるDipptidyl pdptidase 4と脂質代謝異常の関連性について,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 83, 2008年11月.
123.東 満美, 日野出 晴美, 三木 あかね, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
学生の体験に基づくリスクマネージメント実習の試み,
第18回日本医療薬学会年会, 276, 2008年9月.
124.寺岡 和彦, 中村 敏己, 梅田 貴文, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
調剤インシデント発生状況から見た調剤過誤防止対策の評価,
第18回日本医療薬学会年会, 273, 2008年9月.
125.川添 和義, 坂本 久美子, 伏谷 秀治, 水口 和生 :
現役薬剤師に対する漢方薬意識調査, --- 漢方教育における医学部と薬学部のギャップを埋めるために ---,
第18回日本医療薬学会年会, 275, 2008年9月.
126.柴田 高洋, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 川添 和義, 阿倍 正博, 樋口 富彦, 水口 和生, 庄野 文章 :
徳島大学病院病棟内における浮遊菌調査,
第18回日本医療薬学会年会, 246, 2008年9月.
127.白石 泰郎, 藤原 智弘, 川添 和義, 西迫 寛隆, 水口 和生 :
抗がん剤の細胞毒性を抑制する漢方薬の探索研究,
日本薬学会年会, 2008年3月.
128.紙本 尚幸, 桐野 靖, 佐藤 陽一, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 :
高カロリー食付加動物モデルを用いた,血中dipeptidyl peptidase 4(DPP4)活性と肥満ならびに耐糖能異常との関連性について,
日本薬学会年会, 2008年3月.
129.田中 亜紀, 川添 和義, 二川 健, 寺尾 純二, 水口 和生 :
栄養学的指標に基づく漢方薬の評価研究,
日本薬学会年会, 2008年3月.
130.森 剛志, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 三木 幸代, 山口 美代子, 梅田 貴文, 東 満美, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
外来がん化学療法における副作用の集積・解析・フィードバック,
第25回 徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2007年12月.
131.田中 麻衣, 板東 美和, 細井 英司, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸ナトリウムの影響,
第31回徳島県医学検査学会, 2007年12月.
132.川添 和義, 川内 陽子, 伏谷 秀治, 森川 富昭, 岡田 達也, 森口 博基, 水口 和生 :
ホームページを利用したオンデマンド型院内医薬品情報配信システムの構築と評価,
第27回 医療情報学連合大会論文集, 1142-1143, 2007年11月.
133.川添 和義, 水口 和生, 苛原 稔 :
健康食品,漢方薬,そして薬, --- 「補完代替医療・おくすり相談室」の事例から学ぶこと ---,
第46回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 31, 2007年11月.
134.道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 158, 2007年11月.
135.阿部 真治, 木宿 昌俊, 西岡 安彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 曽根 三郎, 水口 和生 :
肺癌に対する腫瘍特異的免疫療法の検討,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 148, 2007年11月.
136.西迫 寛隆, 池原 敏孝, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞におけるアクチンと細胞容積調節機能に及ぼす変動磁界の影響,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 119, 2007年11月.
137.西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 山口 美代子, 森 剛志, 梅田 貴文, 東 満美, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
外来がん化学療法における副作用の集積・解析に基づいたレジメン別パンフレットの改善,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
138.下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伏谷 秀治, 山口 治隆, 阿部 真治, 川添 和義, 西村 匡司, 水口 和生 :
腎機能障害患者におけるテイコプラニン連日投与方法に関する検討,
TDM研究, Vol.24, No.3, s123, 2007年7月.
139.溝口 徹也, 伏谷 秀治, 鳥井 真由美, 下岡 幸恵, 森 剛志, 川添 和義, 水口 和生 :
リネゾリド適応追加による抗MRSA薬使用状況の変化,
医療薬学フォーラム2007, 278, 2007年7月.
140.中村 敏己, 西迫 寛隆, 森 剛志, 田島 壮一郎, 梅田 貴文, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
全診療科を対象としたレジメン管理とチェックシステムの構築,
医療薬学フォーラム2007, 158, 2007年7月.
141.山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
142.杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
143.小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 :
フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼,
第30回徳島県医学検査学会, 2006年12月.
144.阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 川添 和義, 水口 和生 :
米国における薬剤師育成の現状,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 204, 2006年10月.
145.白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
146.黒川 ふみ, 阿部 真治, 鳥井 真由美, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
アスピリンとNSAIDs併用における相互作用 ∼ヒト血小板凝集能に及ぼす影響∼,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 138, 2006年10月.
147.松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
148.平 広範, 石澤 啓介, 廣永 有沙, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
血管内皮細胞障害におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の保護効果,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 102, 2006年10月.
149.南 有紀, 塩田 直青子, 池原 敏孝, 庄野 正行, 石澤 啓介, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 阿部 真治, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 :
ウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす変動磁界の影響,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 76, 2006年10月.
150.白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼谷 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
日本薬学会・日本病院薬剤師会第45回中国四国支部学術大会, 2006年10月.
151.中村 敏己, 東 満美, 梅田 貴文, 西迫 寛隆, 桐野 靖, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 :
がん化学療法チームによるセーフティマネジメント,
第16回 日本医療薬学会年会, 2006年10月.
152.川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価,
第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
153.安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 :
ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果,
第29回徳島県医学検査学会抄録集, 27, 2005年12月.
154.西迫 寛隆, 石澤 啓介, 溝口 徹也, 桐野 靖, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 :
結核病棟薬剤管理指導におけるワークシートの活用とNSTとの連携,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 190, 2005年11月.
155.富永 樹, 黒川 ふみ, 石澤 啓介, 鳥井 真由美, 大山 真由美, 胡田 順子, 濱野 修一, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
アスピリンと非ステロイド性消炎鎮痛薬のヒト血小板凝集能へ及ぼす併用効果,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 136, 2005年11月.
156.三木 智重子, 石澤 啓介, 松村 敏彦, 木宿 昌俊, 川添 和義, 水口 和生 :
アルドステロンはBig MAP kinase 1 (BMK1)活性化を介してラット平滑筋細胞を増殖させる,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 115, 2005年11月.
157.佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 :
牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 126, 2005年11月.
158.井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 安田 裕美, 板東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 :
抗血小板薬におけるヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の抑制,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
159.杉本 理香, 石澤 啓介, 平 広範, 勝部 紗和子, 桐野 靖, 川添 和義, 水口 和生 :
ラットメサンギウム細胞の遊走および増殖に対するアディポネクチンの作用とそのメカニズム,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 124, 2005年11月.
160.河野 美代, 東 満美, 田村 祥祐, 加地 充, 井上 信裕, 元木 宏, 玉田 正夫, 水口 和生, 南 博 :
新体制薬局実務実習に向けての徳島県薬剤師会の取り組み,
第38回 日本薬剤師会学術大会, 2005年10月.
161.生田 雅子, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 木原 勝 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
162.大久保 美佐緒, 河野 美代, 東 満美, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生, 田村 祥祐, 仁木 稔, 元木 宏, 玉田 正夫, 山内 あい子, 滝口 祥令, 木原 勝, 原谷 明 :
薬学部学生の薬局実務実習についての意識調査∼薬局薬剤師および学生の立場から∼,
第36回日本薬剤師会学術大会, 2003年10月.
163.西岡 安彦, 中川 達夫, 楊河 宏章, 水口 和生, 曽根 三郎 :
難治性固形癌に対するMAGE-3ペプチドパルス成熟樹状細胞を用いた癌免疫療法の第I相臨床試験,
第3回トランスレーショナルリサーチワークショップ, 2003年9月.
164.山内 あい子, 滝口 祥令, 横田 雅之, 木原 勝, 久次米 俊秀, 寺岡 和彦, 水口 和生, 高杉 益充 :
徳島大学大学院薬学研究科医療薬学専攻における初年度臨床薬学実習の評価,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
165.合田 真規, 山内 あい子, 木原 勝, 土屋 浩一郎, 水口 和生 :
徳島大·医·病院におけるIVH処方設計支援ソフトを使用してみて,
第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1997年11月.

その他・研究会:

1.水口 和生, 石澤 啓介 :
Interview 薬剤業務の周辺,
カレントファーマシー, Vol.22, 5-6, 2004年12月.
2.水口 和生, 石澤 啓介 :
適切な栄養療法をサポートする NSTにおける薬剤師の役割,
GSKファーマシストジャーナル, Vol.7, 4-6, 2004年11月.

報告書:

1.水口 和生, 森口 博基, 芳地 一, 片山 貴文 :
徳島大学病院における医療情報の電子化状況について,
医薬品等医療技術リスク評価研究事業 平成15年度研究報告, 2004年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 脳低温療法施行患者における鎮静薬の体内動態とその適正投与に向けて (研究課題/領域番号: 16590113 )
  • 興奮性細胞におけるカルシウム排出の生理的意義と薬物によるその制御 (研究課題/領域番号: 10672150 )
  • 研究者番号(30284326)による検索