検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

分子薬理学 (Molecular Pharmacology)

研究テーマ

ヒスタミン

著書・論文

著書:

1. 福井 裕行, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
抗アレルギー天然物医薬,苦参の有効成分,(-)マーキアインの分子薬理機構,
公益社団法人 日本薬理学会, 2016年3月.
(DOI: 10.1254/fpj.147.148,   PubMed: 26960774,   CiNii: 130005131662)
2. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto, Yoshiaki Kitamura, Yoshiki Kashiwada and Noriaki Takeda :
Histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.,
Springer Science, NewYork, 2016.
3. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Clinical significance of histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.,
Springer Science, NewYork, 2016.
4. 福井 裕行 :
オータコイド,
丸善出版, 東京都, 2012年11月.
5. 福井 裕行 :
消化器系治療薬,
丸善出版, 東京都, 2012年11月.
6. 福井 裕行 :
免疫作用薬.最新薬理学,第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理,pp415-431, 2012.,
株式会社 廣川書店, 2012年1月.
7. 福井 裕行 :
局所麻酔薬,最新薬理学,第3章 末梢神経薬理.pp131-134, 2012.,
株式会社 廣川書店, 2012年1月.
8. 福井 裕行 :
抗アレルギー薬.最新薬理学.第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理, pp. 432-453 , 2012,
2012年1月.
9. 福井 裕行 :
アドレナリン作動薬.最新薬理学,第3章 末梢神経薬理, pp. 102-130 , 2012,
株式会社 廣川書店, 2012年1月.
10. 福井 裕行 :
インバースアゴニストとしての抗ヒスタミン薬の作用 (動画) .メディアバンガード, 2011,
2011年.
11. 福井 裕行 :
花粉症の初期療法に求められる第2世代抗ヒスタミン薬- Inverse Agonist 作用から初期療法を考える-(動画).メディカルパブリッシャー, 2011,
2011年.
12. 福井 裕行 :
花粉症の初期療法を抗ヒスタミン薬の Inverse Agonist 作用から考える. All-Ex 特別号, 2011,
2011年.
13. 福井 裕行 :
免疫作用薬.最新薬理学,第9章 免疫・アレルギー・炎症薬理,pp.415-431,2011,
2011年.
14. 福井 裕行 :
免疫,
2010年.
15. 福井 裕行 :
皮膚疾患,
2010年.
16. 水口 博之, 福井 裕行 :
小青竜湯によるアレルギー性鼻炎モデルラットの症状抑制とヒスタミンシグナル遺伝子発現抑制作用,
世論時報社, 2010年.
17. Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi :
Histamine H1 Receptor Gene Expression Mechanism as a Novel Therapeutic Target of Allergy.,
Springer, Oct. 2010.
18. 水口 博之, 福井 裕行 :
消化管薬理学,
2009年.
19. 水口 博之, 福井 裕行 :
ヒスタミン,セロトニン,麦角アルカロイド,平滑筋作用薬,
2009年.
20. 福井 裕行 :
薬と疾病 Ⅱ 薬物治療(1), --- 第17章 皮膚疾患 ---,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2005年10月.
21. 福井 裕行 :
薬理学 ー医薬品の作用, --- 第1章 薬物の作用機序 ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2005年.
22. 堀尾 修平, 福井 裕行 :
薬理学ー医薬品の作用ー, --- 第5章 抗アレルギー薬,第6章 抗炎症薬 ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2005年.
23. R Ishikawa, K Kanayama, M Ogawa, K Saeki, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Involvement of protein kinase C in regulation of histamine HI receptor expression in U373 astrocytoma cells,
Elsevier, Amsterdam, 2001.
24. Maki Ogawa, Shuhei Horio, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Studies of histamine HI receptor down-regulation using mutant receptors lacking putative phosphorylation sites,
Elsevier, Amsterdam, 2001.
25. 福井 裕行, 堀尾 修平 :
ヒスタミンH1 受容体の分子薬理学,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2000年7月.
26. 渡邉 建彦, 福井 裕行 :
ヒスタミン受容体,
南山堂, 1998年.
27. 福井 裕行 :
ヒスタミン受容体,
株式会社 医学書院, 東京, 1998年.
28. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の分子レベルの研究,
臨床薬理研究振興財団, 1998年.
29. 福井 裕行 :
ヒスタミン受容体の分子生物学,
スタンダード・マッキンタイヤ, 1998年.
30. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体のリガンド認識機構,
九州大学出版会, 1998年.
31. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の構造と機能,
メディカルジャーナル, 1998年.
32. 福井 裕行 :
生体の科学,神経系に作用する薬物マニュアル, --- ヒスタミン受容体 ---,
株式会社 医学書院, 東京, 1998年.
33. 渡邉 建彦, 福井 裕行 :
薬物受容体---細胞膜にある受容体の基礎知識---, --- ヒスタミン受容体 ---,
株式会社 南山堂, 東京, 1998年.
34. 福井 裕行 :
ヒスタミン,
メディカルビュー社, 1996年.
35. 福井 裕行, 稲垣 直之 :
培養グリア細胞,
羊土社, 1996年.
36. Hiroyuki Fukui and Yoshiyuki Horio :
Regulation of the histamine H1 receptor signaling by protein kinase C.,
Japan Science Society Press, Tokyo, 1996.
37. 福井 裕行, 竹村 基彦 :
Ca拮抗薬:レセプターの分子構造と薬理,
南山堂, 1994年.
38. Hiroyuki Fukui and Kazuhiko Yanai :
Histamine receptors,
Elsevier, Amsterdam, 1993.
39. Hiroyuki Fukui, Masakatsu Yamashita, Kazushige Sugama, Yoshiyuki Horio, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Seiji Ito :
Molecular biology of histamine H1 receptors,
Prous Science, Barcelona, 1992.
40. 水口 博之, 福井 裕行 :
シナプトソーム,
株式会社 東京化学同人, 東京, 1992年.

学術論文(審査論文):

1. Tatsuya Fujii, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaroh Okamoto, Nanae Sanada, Takuya Yamada, Manabu Sugiyama, Shotaro Michinaga, Mika Kitayama, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of irradiation with narrowband-ultraviolet B on up-regulation of histamine H1 receptor mRNA and induction of apoptosis in HeLa cells and nasal mucosa of rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.138, No.1, 54-62, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112928,   DOI: 10.1016/j.jphs.2018.08.011,   PubMed: 30301597)
2. Aurpita Shaha, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Hiromichi Fujino, Masami Yabumoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Receptor and Interleukin-9 Gene Expressions Responsible for the Pathogenesis of the Allergic Rhinitis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.9, 1440-1447, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00325,   PubMed: 30175778)
3. Rezwanul Islam, Hiroyuki Mizuguchi, Aurpita Shaha, Kohei Nishida, Masami Yabumoto, Hisashi Ikeda, Hiromichi Fujino, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effect of wild grape on the signaling of histamine H1 receptor gene expression responsible for the pathogenesis of allergic rhinitis.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 242-250, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112246,   DOI: 10.2152/jmi.65.242,   PubMed: 30282868)
4. Kiyotake Yamamoto, Hiroyuki Mizuguchi, Natsumi Tokashiki, Makoto Kobayashi, Motoyuki Tamaki, Youichi Sato, Hiroyuki Fukui and Aiko Yamauchi :
Protein kinase C- signaling regulates glucagon secretion from pancreatic islets,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 122-128, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111099,   DOI: 10.2152/jmi.64.122,   PubMed: 28373608)
5. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaro Okamoto, Mika Kitayama, Tatsuya Fujii, Akira Fujioka, Toshio Matsushita, Takashi Mukai, Yoshiaki Kubo, Nobuo Kubo, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Irradiation with narrowband-ultraviolet B suppresses phorbol ester-induced up-regulation of H1 receptor mRNA in HeLa cells,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.136, No.4, 409-413, 2016.
(DOI: 10.3109/00016489.2015.1129555,   PubMed: 26824787)
6. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Takashi Amoh, Satoshi Ogino, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake, Hiroyuki Fukui and Yoshiki Kashiwada :
Anti-bacterial and anti-inflammatory effects of ethanol extract from Houttuynia cordata poultice.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2016.
(DOI: 10.1080/09168451.2016.1151339,   PubMed: 27023331)
7. Hiroyuki Mizuguchi, AK Das, Kazutaka Maeyama, S Dev, M Shahriar, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Antihistamines suppress upregulation of histidine decarboxylase gene expression with potencies different from their binding affinities for histamine H1 receptor in toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.130, No.4, 212-218, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113027,   DOI: 10.1016/j.jphs.2016.02.002,   PubMed: 26980430,   Elsevier: Scopus)
8. Hiroyuki Mizuguchi, N Orimoto, T Kadota, T Kominami, AK Das, A Sawada, M Tamada, K Miyagi, T Adachi, M Matsumoto, T Kosaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suplatast tosilate alleviates nasal symptoms through the suppression of nuclear factor of activated T-cells-mediated IL-9 gene expression in toluene-2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.130, No.3, 151-158, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113026,   DOI: 10.1016/j.jphs.2015.12.008,   PubMed: 26874672)
9. Manik Chandra Shill, Hiroyuki Mizuguchi, Sanmoy Karmakar, Takuya Kadota, Pulok K. Mukherjee, Yoshiki Kashiwada, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
A novel benzofuran, 4-methoxybenzofuran-5-carboxamide, from Tephrosia purpurea suppressed histamine H1 receptor gene expression through a protein kinase C--dependent signaling pathway.,
International Immunopharmacology, Vol.30, 18-26, 2016.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2015.11.021,   PubMed: 26619301,   Elsevier: Scopus)
10. Yoshiaki Kitamura, H Nakagawa, Tatsuya Fujii, T Sakoda, T Enomoto, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of antihistamine on up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis induced by controlled cedar pollen challenge in an environmental exposure unit.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.129, No.3, 183-187, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109692,   DOI: 10.1016/j.jphs.2015.10.007,   PubMed: 26598006)
11. C M Shill, AK Das, T Itou, S Karmakar, PK Mukherjee, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiki Kashiwada, Hiroyuki Fukui and Hisao Nemoto :
The isolation and synthesis of a novel benzofuran compound from Tephrosia purpurea, and the synthesis of several related derivatives, which suppress histamine H1 receptor gene expression.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.23, No.21, 6869-6874, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2015.09.049,   PubMed: 26476665)
12. Yuki Nariai, Hiroyuki Mizuguchi, T Ogasawara, H Nagai, Y Sasaki, Y Okamoto, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Disruption of Heat Shock Protein 90 (Hsp90)-Protein Kinase Cδ (PKCδ) Interaction by (-)-Maackiain Suppresses Histamine H1 Receptor Gene Transcription in HeLa Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.290, No.45, 27393-27402, 2015.
(DOI: 10.1074/jbc.M115.657023,   PubMed: 26391399)
13. Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Maackiain is a novel antiallergic compound that suppresses transcriptional upregulation of the histamine H1 receptor and interleukin-4 genes.,
Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.5, e00166, 2015.
(DOI: 10.1002/prp2.166,   PubMed: 26516579)
14. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の分子機構とその制御,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.107, No.4, 261-270, 2014年.
(DOI: 10.5631/jibirin.107.261,   CiNii: 130003395637,   Elsevier: Scopus)
15. Wakana Kuroda, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Miyamoto, Bukasa Kalubi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Combination of leukotoriene receptor antagonist with antihistamine has an additive suppressive effect on the up-regulation of H1-receptor mRNA in the nasal mucosa of toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rat.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.122, No.1, 55-58, 2013.
(DOI: 10.1254/jphs.12250SC,   PubMed: 23615224,   Elsevier: Scopus)
16. Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Baba, Shohei Ono, Tomohiro Nakano, Qian Zhang, Yohei Sasaki, Makoto Kobayashi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 signaling pathway in HeLa cells.,
International Immunopharmacology, Vol.15, No.2, 232-239, 2013.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2012.12.030,   PubMed: 23333628)
17. Hiroyuki Mizuguchi, Miyagi Kohei, Terao Takuma, Sakamoto Noriko, Yamawaki Yosuke, Adachi Tsubasa, Ono S., Sasaki Y., Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
PMA-induced dissociation of Ku86 from the promoter causes transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor.,
Scientific Reports, Vol.2, 916, 2012.
(DOI: 10.1038/srep00916,   PubMed: 23209876)
18. Hayato Umehara, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Identification of a histaminergic circuit in the caudal hypothalamus: An evidence for functional heterogeneity of histaminergic neurons.,
Neurochemistry International, Vol.61, No.6, 942-947, 2012.
(DOI: 10.1016/j.neuint.2012.05.022,   PubMed: 22677810)
19. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hirotaka Ogishi, Wakana Kuroda, Masashi Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Preseasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses IL-5 but not IL-33 mRNA expression in the nasal mucosa of patients with seasonal allergic rhinitis caused by Japanese cedar pollen.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.132, No.4, 434-438, 2012.
(DOI: 10.3109/00016489.2011.644804,   PubMed: 22216765)
20. Lipi Sarkar, N Bhuvaneswari, Samir K. Samanta, Md Nurul Islam, Tuhinadri Sen, Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi and Sanmoy Karmakar :
A report on anti-oedemogenic activity of Byttneria herbacea roots--possible involvement of histamine receptor (type I).,
Journal of Ethnopharmacology, Vol.140, No.2, 443-446, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jep.2012.01.013,   PubMed: 22301446)
21. Hiroyuki Mizuguchi, Ono Shohei, Hattori Masashi and Hiroyuki Fukui :
Inverse agonistic activity of antihistamines and suppression of histamine H1 receptor gene expression.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.118, No.1, 117-121, 2012.
(DOI: 10.1254/jphs.11177SC,   PubMed: 22186623)
22. Mohammed Islam Nurul, Hiroyuki Mizuguchi, Masum Shahriar, Pichairajan Venkatesh, Kazutaka Maeyama, K Pulok Mukherjee, Masashi Hattori, Kabir Mohamed Sahabuddin Choudhuri, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Albizia lebbeck suppresses histamine signaling by the inhibition of histamine H1 receptor and histidine decarboxylase gene transcriptions.,
International Immunopharmacology, Vol.11, No.11, 1766-1772, 2011.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2011.07.003,   PubMed: 21782040)
23. Hiroyuki Mizuguchi, Takuma Terao, Mika Kitai, Mitsuhiro Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Involvement of protein kinase Cdelta/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-ribose) polymerase-1 (PARP-1) signaling pathway in histamine-induced up-regulation of histamine H1 receptor gene expression in HeLa cells.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.286, No.35, 30542-30551, 2011.
(DOI: 10.1074/jbc.M111.253104,   PubMed: 21730054)
24. Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, Asish Kumar Das, Yoshinobu Baba and Hiroyuki Fukui :
Transcriptional microarray analysis reveals suppression of histamine signaling by Kujin alleviates allergic symptoms through down-regulation of FAT10 expression.,
International Immunopharmacology, Vol.11, No.10, 1504-1509, 2011.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2011.05.004,   PubMed: 21601015)
25. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義,
薬学雑誌, Vol.131, No.2, 171-178, 2011年.
(DOI: 10.1248/yakushi.131.171,   CiNii: 130000451446)
26. Hayato Umehara, Hiroyuki Mizuguchi, N Mizukawa, M Matsumoto, Noriaki Takeda, E Senba and Hiroyuki Fukui :
Innervation of histamine neurons in the caudal part of the arcuate nucleus of hypothalamus and their activation in response to food deprivation under scheduled feeding.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.32, No.10, 733-736, 2010.
(DOI: 10.1358/mf.2010.32.10.1545781,   PubMed: 21225009)
27. Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Y Kondo, W Kuroda, H Yoshida, Y Miyamoto, M Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Preseasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expression of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.32, No.10, 745-748, 2010.
(DOI: 10.1358/mf.2010.32.10.1533687,   PubMed: 21225011)
28. P Venkatesh, PK Mukherjee, D Mukherjee, A Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi :
Potential of Baliospermum montanum against compound 48/80-induced systemic anaphylaxis.,
Pharmaceutical Biology, Vol.48, No.11, 1213-1217, 2010.
(DOI: 10.3109/13880201003677827,   PubMed: 20818926)
29. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討,
日本鼻科学会会誌, Vol.49, No.3, 375, 2010年.
30. Shigeru Hishinuma, Hiroshi Komazaki, Hiroyuki Fukui and Masaru Shoji :
Ubiquitin/proteasome-dependent down-regulation following clathrin-mediated internalization of histamine H1-receptors in Chinese hamster ovary cells.,
Journal of Neurochemistry, Vol.113, No.4, 990-1001, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.2010.06669.x,   PubMed: 20236220)
31. Pichairajan Venkatesh, K Pulok Mukherjee, Satheesh Nanjappan Kumar, Arun Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi and Nurul Islam :
Anti-allergic activity of standardized extract of Albizia lebbeck with reference to catechin as a phytomarker.,
Immunopharmacology and Immunotoxicology, Vol.32, No.2, 272-276, 2010.
(DOI: 10.3109/08923970903305481,   PubMed: 20109037)
32. Shuhei Horio, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Interleukin-4 up-regulates histamine H1 receptors by activation of H1 receptor gene transcription.,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.381, No.4, 305-313, 2010.
(DOI: 10.1007/s00210-010-0491-z,   PubMed: 20112007)
33. Kumar Asish Das, Hiroyuki Mizuguchi, Madoka Kodama, Shrabanti Dev, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Chiyo Matsushita, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Sho-seiryu-to suppresses histamine signaling at the transcriptional level in TDI-sensitized nasal allergy model rats.,
Allergology International, Vol.58, No.1, 81-88, 2009.
(DOI: 10.2332/allergolint.O-07-526,   PubMed: 19050374)
34. P Venkatesh, K Pulok Mukherjee, N Satheesh Kumar, K Neelesh Nema, A Bandyopadhyay, Hiroyuki Fukui and Hiroyuki Mizuguchi :
Mast cell stabilization and antihistaminic potentials of Curculigo orchioides rhizomes.,
Journal of Ethnopharmacology, Vol.126, No.3, 434-436, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jep.2009.09.019,   PubMed: 19781614)
35. Masum Shahriar, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama, Yoshiaki Kitamura, Naoki Orimoto, Shuhei Horio, Hayato Umehara, Masashi Hattori, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suplatast tosilate inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcriptions.,
The Journal of Immunology, Vol.183, No.3, 2133-2141, 2009.
(DOI: 10.4049/jimmunol.0901058,   PubMed: 19596986)
36. Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Kazutaka Maeyama, Shiho Horinaga, Shuhei Kato, Misaki Tamada, Masashi Hattori, Hayato Umehara and Hiroyuki Fukui :
Kujin suppresses histamine signaling at the transcriptional level in toluene 2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.4, 606-617, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.09003FP,   PubMed: 19352071)
37. Gou Satou, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Hayato Umehara, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of hypergravity on histamine H1 receptor mRNA expression in hypothalamus and brainstem of rats: implications for development of motion sickness,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.129, No.1, 45-51, 2009.
(DOI: 10.1080/00016480802008173,   PubMed: 18607976)
38. Hiroyuki Mizuguchi, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Hayato Umehara, Wakana Kuroda, Yoshiyuki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Repeated pre-treatment with antihistamines suppresses [corrected] transcriptional up-regulations of histamine H(1) receptor and interleukin-4 genes in toluene-2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.108, No.4, 480-486, 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.08222FP,   PubMed: 19075512)
39. Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui :
Evaluation of efficacy and sedative profiles of H(1) antihistamines by large-scale surveillance using the visual analogue scale (VAS).,
Allergology International, Vol.57, No.3, 257-263, 2008.
(DOI: 10.2332/allergolint.O-07-525,   PubMed: 18566547)
40. Shrabanti Dev, Hiroyuki Mizuguchi, K Asish Das, Chiyo Matsushita, Kazutaka Maeyama, Hayato Umehara, Takayuki Ohtoshi, Jun Kojima, Kiyotaka Nishida, Kunihiko Takahashi and Hiroyuki Fukui :
Suppression of histamine signaling by probiotic Lac-B: a possible mechanism of its anti-allergic effect.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.107, No.2, 159-166, 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.08028FP,   PubMed: 18544899)
41. 北村 嘉章, 黒田 若奈, K DasAsish, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻過敏症モデルおけるヒスタミンH1受容体発現上昇機構とその制御について,
頭頚部自律神経, Vol.22, 24-26, 2008年.
42. Norimasa Izumi, Hiroyuki Mizuguchi, Hayato Umehara, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui :
Disease dependent incidence of sedation of H1 antihistamines found by large-scale surveillance using visual analogue scale (VAS).,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.30, No.3, 225-230, 2008.
(DOI: 10.1358/mf.2008.30.3.1186087,   PubMed: 18597008)
43. Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Hayato Umehara, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Down-regulation of histamine H1 receptors by beta2-adrenoceptor-mediated inhibition of H1 receptor gene transcription.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.60, No.6, 747-752, 2008.
(DOI: 10.1211/jpp.60.6.0010,   PubMed: 18498711)
44. K Asish Das, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Yoshiaki Kitamura, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Stimulation of histamine H1 receptor up-regulates histamine H1 receptor itself through activation of receptor gene transcription.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.103, No.4, 374-382, 2007.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0061411,   PubMed: 17409634)
45. Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Heterologous up-regulation of the histamine H1 receptor by M3 muscarinic receptor-mediated activation of H1-receptor gene transcription.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.59, No.6, 843-848, 2007.
(DOI: 10.1211/jpp.59.6.0010,   PubMed: 17637176)
46. Kazuto Matsuyama, Tatsuya Ichikawa, Yuichi Nitta, Yoshio Ikoma, Kazutaka Ishimura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Localized expression of histamine H1 receptors in syncytiotrophoblast cells of human placenta.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.3, 331-337, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060862,   PubMed: 17099293)
47. Yoshiaki Kitamura, K Asish Das, Takayuki Shimamura, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Yousuke Wakayama, Bukasa Kalubi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Dexamethasone suppresses histamine synthesis by repressing both transcription and activity of HDC in allergic rats.,
Allergology International, Vol.55, No.3, 279-286, 2006.
(DOI: 10.2332/allergolint.55.279,   PubMed: 17075268,   Elsevier: Scopus)
48. Katsuhiro Miyoshi, Kumar Asish Das, Katsumi Fujimoto, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Recent advances in molecular pharmacology of the histamine systems: regulation of histamine H1 receptor signaling by changing its expression level.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.101, No.1, 3-6, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FMJ06001X2,   PubMed: 16648669)
49. Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Homologous and Heterologous Phosphorylations of Human Histamine H1 Receptor in Intact Cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.4, 474-482, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.FPJ04031X,   PubMed: 15599091,   CiNii: 10014076047)
50. Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Yousuke Wakayama, Norimasa Izumi, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor down-regulation mediated by M3 muscarinic acetylcholine receptor subtype.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 426-434, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.FPJ04012X,   PubMed: 15286428,   CiNii: 10014165813)
51. Naoyuki Matsuda, Subrina Jesmin, Yoshika Takahashi, Eiichiro Hatta, Masanobu Kobayashi, Kazuto Matsuyama, Nozomi Kawakami, Ichiro Sakuma, Satoshi Gando, Hiroyuki Fukui, Yuichi Hattori and Roberto Levi :
Histamine H1 and H2 Receptor Gene and Protein Levels Are Differentially Expressed in the Hearts of Rodents and Humans,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.309, No.2, 786-795, 2004.
(DOI: 10.1124/jpet.103.063065,   PubMed: 14752062)
52. Shuhei Horio, Maki Ogawa, Nozomi Kawakami, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Identification of amino acid residues responsible for agonist-induced down-regulation of histamine H1 receptors.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.94, No.4, 410-419, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.94.410,   PubMed: 15107581,   CiNii: 130000073832)
53. Nozomi Kawakami, Katsuhiro Miyoshi, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Beta2-adrenergic receptor-mediated histamine H1 receptor down-regulation: another possible advantage of b2 agonists in asthmatic therapy.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.94, No.4, 449-458, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.94.449,   PubMed: 15107586)
54. Shuhei Horio, Toshiyuki Kato, Maki Ogawa, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Two threonine residues and two serine residues in the second and third intracellular loops are both involved in histamine H1 receptor downregulation.,
FEBS Letters, Vol.573, No.1-3, 226-230, 2004.
(DOI: 10.1016/j.febslet.2004.07.072,   PubMed: 15328002)
55. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, Takayuki Shimamura, Bukasa Kalubi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effect of glucocorticoid on upregulation of histamine H1 receptor mRNA in nasal mucosa of rats sensitized by exposure to toluene diisocyanate.,
Acta Oto-Laryngologica, Vol.124, No.9, 1053-1058, 2004.
(DOI: 10.1080/00016480410022525,   PubMed: 15513549)
56. Nozomi Kawakami, Katsuhiro Miyoshi, Shuhei Horio, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi and Hiroyuki Fukui :
Direct phosphorylation of histamine H1 receptor by various protein kinases in vitro.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.25, No.9, 685-693, 2003.
(DOI: 10.1358/mf.2003.25.9.793335,   PubMed: 14685295)
57. Naoyuki Matsuda, Yuichi Hattori, Xiao-Hong Zhang, Hiroyuki Fukui, Osamu Kemmotsu and Satoshi Gando :
Contractions to histamine in pulmonary and mesenteric arteries from endotoxemic rabbits: modulation by vascular expressions of inducible nitric-oxide synthase and histamine H1-receptors.,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.307, No.1, 175-181, 2003.
(DOI: 10.1124/jpet.103.054163,   PubMed: 12954799)
58. Katsuhiro Miyoshi, Nozomi Kawakami, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Inhibition of histamine H1 receptor downregulation by KT5823, a protein kinase G inhibitor.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.25, No.5, 343-347, 2003.
(DOI: 10.1358/mf.2003.25.5.769654,   PubMed: 12851655)
59. S Fukuda, K Midoro, M Yamasaki, M Gyoten, Y Kawano, Hiroyuki Fukui, Y Ashida and H Nagaya :
Characteristics of the antihistamine effect of TAK-427, a novel imidazopyridazine derivative,
Inflammation Research, Vol.52, No.5, 206-214, 2003.
(DOI: 10.1007/s000110300073,   PubMed: 12813625)
60. 久山 哲廣, 篠原 靖幸, 福井 裕行 :
Expression mechanisms of inducible type nitric oxide synthase gene via interleukin-1 receptor signaling,
日本薬理学雑誌, Vol.120, No.1, 76-78, 2002年.
(PubMed: 12491786,   Elsevier: Scopus)
61. Tetsuhiro Hisayama, Tatsuhiro Onki and Hiroyuki Fukui :
Involvement of MAP kinase in expression of inducible nitric oxide synthase gene by proinflammatory cytokine interleukin-1.,
Folia Pharmacologica Japonica, Vol.118, No.1, 94-98, 2001.
62. Hitoshi Kashiba, Hiroyuki Fukui and Emiko Senba :
Histamine H1 receptor mRNA is expressed in capsaicin-insensitive sensory neurons with neuropeptide Y-immunoreactivity in guinea pigs,
Brain Research, Vol.901, No.1-2, 85-93, 2001.
(DOI: 10.1016/S0006-8993(01)02287-9,   PubMed: 11368954)
63. Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Inhibition of oxotremorine-induced desensitization of guinea-pig ileal longitudinal muscle in Ca2+-free conditions.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.53, No.2, 249-254, 2001.
(DOI: 10.1211/0022357011775271,   PubMed: 11273023,   Elsevier: Scopus)
64. J Kojima, H Katoh, T Taniguchi, H Kawai, Hiroyuki Fukui, A Ohnishi and K Onodera :
Usefulness and safety of theophylline injection form (Theodrip(R)) for the treatment of acute asthma,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.22, No.4, 247-252, 2000.
(DOI: 10.1358/mf.2000.22.4.584458,   PubMed: 10939036,   Elsevier: Scopus)
65. Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Yuki Suzaki, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Tetsuhiro Hisayama, Hiroyuki Fukui and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31) on human mesangial cell proliferation,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.84, No.2, 146-155, 2000.
66. Tetsuhiro Hisayama, Mika Inomoto, Yukari Hioki and Hiroyuki Fukui :
Identification of PKC isozymes and effect of knockdown of PKC alpha by antisense oligodeoxynucleotide on iNOS expression via interleukin-1 receptor in vascular smooth muscle cells.,
Folia Pharmacologica Japonica, Vol.114, No.1, 86-91, 1999.
67. Takashi Nakasaki, Keisuke Masuyama, Hiroyuki Fukui, Satoshi Ogino, Masao Eura, Yasuhiro Samejima, Takeru Ishikawa and Eiji Yumoto :
Effects of PAF on histamine H1 receptor mRNA expression in rat trigeminal ganglia,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.58, No.1, 29-41, 1999.
(DOI: 10.1016/S0090-6980(99)00021-0,   PubMed: 10482285)
68. Katsumi Fujimoto, Kazumi Ohta, Kenji Kangawa, Ushio Kikkawa, Satoshi Ogino and Hiroyuki Fukui :
Identification of Protein Kinase C Phosphorylation Sites Involved in Phorbol Ester-Induced Desensitization of the Histamine H1 Receptor,
Molecular Pharmacology, Vol.55, No.4, 735-742, 1999.
(PubMed: 10101032)
69. Hitoshi Kashiba, Hiroyuki Fukui, Yoshihiro Morikawa and Emiko Senba :
Gene expression of histamine H1 receptor in guinea pig primary sensory neurons: a relationship between H1 receptor mRNA-expressing neurons and peptidergic neurons,
Brain Research. Molecular Brain Research, Vol.66, No.1-2, 24-34, 1999.
(DOI: 10.1016/S0169-328X(98)00346-5,   PubMed: 10095074)
70. Minnamaija Lintunen, Tina Sallmen, Kaj Karlstedt, Hiroyuki Fukui, Krister S. Eriksson and Pertti Panula :
Postnatal expression of H1receptor mRNA in the rat brain: correlation to L-histidine decarboxylase expression and local upregulation in limbic seizures,
The European Journal of Neuroscience, Vol.10, No.7, 2287-2301, 1998.
(DOI: 10.1046/j.1460-9568.1998.00240.x,   PubMed: 9749757)
71. Anu Kinnunen, Minnamaija Lintunen, Kaj Karlstedt, Hiroyuki Fukui and Pertti Panula :
In situ detection of H1-receptor mRNA and absence of apoptosis in the transient histamine system of the embryonic rat brain,
The Journal of Comparative Neurology, Vol.394, No.1, 127-137, 1998.
(DOI: 10.1002/(SICI)1096-9861(19980427)394:1<127::AID-CNE10>3.0.CO;2-L,   PubMed: 9550146)
72. Hiromi Nonaka, Shizuo Otaki, Etsuo Ohshima, Motomichi Kono, Hiroshi Kase, Kazumi Ohta, Hiroyuki Fukui and Michio Ichimura :
Unique binding pocket for KW-4679 in the histamine H1 receptor,
European Journal of Pharmacology, Vol.345, No.1, 111-117, 1998.
(DOI: 10.1016/S0014-2999(97)01620-8,   PubMed: 9593602)
73. Y Ohuchi, Kazuhiko Yanai, Eiko Sakurai, Hiroyuki Fukui, T Yanagisawa and Takehiko Watanabe :
Histamine-induced calcium mobilization in single cultured cells expressing histamine H1 receptors: a relationship between its sensitivity and the density of H1 receptors,
International Journal of Molecular Medicine, Vol.1, No.2, 355-360, 1998.
74. MJ Smit, H Timmerman, JC Hijzelendoorn, Hiroyuki Fukui and R Leurs :
Regulation of the human histamine H1 receptor stably expressed in Chinese hamster ovary cells,
British Journal of Pharmacology, Vol.117, No.6, 1071-1080, 1996.
75. K Toyoshima, I Imamura, S Doi, T Inoue, I Takamatsu, N Murayama, M Kameda, M Hayashida and Hiroyuki Fukui :
Plasma diamine oxidase activity in asthmatic children,
Allergology International, Vol.45, 141-143, 1996.
76. Yoshiji Miyazaki, Yasuhisa Shinomura, Yoshifumi Higashimoto, Ikuo Imamura, Hiroyuki Fukui, Toyohiko Aoki, Yasuyuki Okuda, Tsuyoshi Narita, Koichi Miwa, Itsuo Miyazaki and Yuji Matsuzawa :
Mobilization of gastric histamine during repeated administration of a proton potassium adenosine triphosphatase inhibitor in intact and antrectomized rats,
Regulatory Peptides, Vol.58, No.1-2, 47-54, 1995.
(DOI: 10.1016/0167-0115(95)00059-K,   PubMed: 8570859)
77. Shinya Kondo, Yasuhisa Shinomura, S Kanayama, Yoshifumi Higashimoto, T Kiyohara, Y Yasunaga, S Kitamura, H Ueyama, Ikuo Imamura, Hiroyuki Fukui and Yuji Matsuzawa :
Helicobacter pylori Increases Gene Expression of Hepatocyte Growth Factor in Human Gastric Mucosa,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.210, No.3, 960-965, 1995.
(DOI: 10.1006/bbrc.1995.1750)
78. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Ye Qi Liu, Nai Ping Wang, Hideyuki Hayashi, Kenji Kangawa, Tateaki Wakamiya, Rob Leurs, Tetsuo Shiba and Hisayuki Matsuo :
Purification and characterization of [3H]mepyramine (histamine H1 antagonist)-binding protein from rat liver: a highly homologous protein with cytochrome P450 2D,
The Journal of Biochemistry, Vol.117, No.5, 993-998, 1995.
79. Shinya Kondo, Ikuo Imamura, Yasuhisa Shinomura, Yuji Matsuzawa and Hiroyuki Fukui :
Determination of histidine decarboxylase mRNA in various rat tissues by the polymerase chain reaction,
Inflammation Research, Vol.44, No.3, 111-115, 1995.
80. Toyoko Hiroi, Norihisa Ohishi, Susumu Imaoka, Yoshiyasu Yabusaki, Hiroyuki Fukui and Yoshihiko Funae :
Mepyramine, a histamine H1 receptor antagonist, inhibits the metabolic activity of rat and human P450 2D forms,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.272, No.2, 939-944, 1995.
81. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, YeQi Liu, NaiPing Wang, Hideyuki Hayashi, Kenji Kangawa, Tateaki Wakamiya, Rob Leurs, Tetsuo Shiba and Hisayuki Matsuo :
Purification and characterization of [3H]mepyramine (histamine H1 antagonist)-binding protein from rat liver: a highly homologous protein with cytochrome P450 2D.,
The Journal of Biochemistry, Vol.117, No.5, 993-998, 1995.
82. Hiroki Kondou, Naoyuki Inagaki and Hiroyuki Fukui :
Formation of inositol phosphates mediated by M3 muscarinic receptors in type-1 and type-2 astrocytes from neonatal rat cerebral cortex.,
Neuroscience Letters, Vol.180, No.2, 131-134, 1994.
(DOI: 10.1016/0304-3940(94)90504-5,   PubMed: 7700565)
83. T Takagishi, Y Sasaguri, R Nakano, N Arima, A Tanimoto, Hiroyuki Fukui and M Morimatsu :
Expression of the histamine H1 receptor gene in relation to atherosclerosis,
The American Journal of Pathology, Vol.146, No.4, 981-988, 1994.
84. S Kondo, Y Shinomura, S Kanayama, S Kawabata, Y Miyazaki, I Imamura, Hiroyuki Fukui and Y Matsuzawa :
Interleukin-1β inhibits gastric histamine secretion and synthesis in the rat.,
American Journal of Physiology, Vol.267, G966-G971, 1994.
85. AY Choi, Hiroyuki Fukui and RL Perlman :
Glucocorticoids enhance histamine-evoked catecholamine secretion from bovine chromaffin cells.,
Journal of Neurochemistry, Vol.64, 206-212, 1994.
86. Ye-Qi Liu, Yoshiyuki Horio, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Does [3H]mepyramine binding site represent the histamine H1 receptor? Re-examination of the histamine H1 receptor with quinine.,
Journal of Pharmacology et Experimental Therapeutics, Vol.268, 959-964, 1994.
87. Kazumi Ohta, Hideyuki Hayashi, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Kagamiyama, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Site-directed mutagenesis of the histamine H1 receptor: roles of aspartic acid107, asparagine198 and threonine194.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.203, No.2, 1096-1101, 1994.
88. Hiroyuki Mizuguchi, Ikuo Imamura, Motohoko Takemura and Hiroyuki Fukui :
Purification and characterization of diamine oxidase (histaminase) from rat small intestine.,
The Journal of Biochemistry, Vol.116, No.3, 631-635, 1994.
89. Hiroyuki Fukui, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Kazuichi Sakamoto, Yoshiyuki Horio, Setsuo Takai, Kiyomi Yamada and Seiji Ito :
Molecular cloning of the human histamine H1 receptor gene.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.201, No.2, 894-901, 1994.
90. Hiroyuki Mizuguchi, Seiji Ito, VI Shevchenko, Yasuyuki Nagasawa, Masakatsu Yamashita, Ikuo Imamura, Yoshiyuki Horio, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Expression and characterization of the bovine histamine H1 receptor in cDNA-transfected C6 astroglioma cells.,
The Journal of Biochemistry, Vol.115, No.6, 1155-1161, 1994.
91. Motohiko Takemura, Ikuo Imamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Atsushi Yamatodani :
Tissue distribution of histamine N-methyltransferase-like immunoreactivity in rodents.,
Life Sciences, Vol.54, No.15, 1059-1071, 1994.
92. T Tsujinaka, S Iijima, Y Kido, T Homma, C Ebisui, K Kan, I Imamura, Hiroyuki Fukui and T Mori :
Role of nucleosides and nucleotide mixture in intestinal mucosal growth under total parenteral nutrition.,
Nutrition, Vol.9, No.6, 532-535, 1993.
(PubMed: 8111144)
93. PA Iredale, Hiroyuki Fukui and SJ Hill :
High stable expression of the bovine histamine H1-receptor coupled to [Ca2+]i mobilization in CHO-K1 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.195, No.3, 1294-1300, 1993.
(PubMed: 8216261)
94. Yoshiyuki Horio, Yasutake Mori, I Higuchi, Katsumi Fujimoto, Seiji Ito and Hiroyuki Fukui :
Molecular cloning of guinea-pig histamine H1 receptor gene.,
The Journal of Biochemistry, Vol.114, No.3, 408-414, 1993.
(PubMed: 8282735)
95. Katsumi Fujimoto, Yoshiyuki Horio, Kazushige Sugama, Seiji Ito, Y-Q Liu and Hiroyuki Fukui :
Genomic cloning of the rat histamine H1 receptor.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.190, No.1, 294-301, 1993.
(DOI: 10.1006/bbrc.1993.1045,   PubMed: 7678492)
96. Yoshiyuki Abe, Satoshi Ogino, Morihiro Irifune, Ikuo Imamura, Hiroyuki Fukui, Hiroshi Wada and Tohru Matsunaga :
Histamine content, synthesis and degradation in human nasal mucosa.,
Clinical Experimental Allergy, Vol.23, 132-136, 1993.
97. Yoshiyuki Abe, Satoshi Ogino, Morihiro Irifune, Ikuo Imamura, Y-Q Liu, Hiroyuki Fukui and Tohru Matsunaga :
Histamine content, synthesis and degradation on nasal mucosa and lung of guinea-pig treated with toluene diisocyanate (TDI).,
Clinical Experimental Allergy, Vol.23, 512-517, 1993.
98. S Ogino, Y Abe, M Irifune, T Harada, I Imamura, Hiroyuki Fukui and T Matsunaga :
Molecular cloning of guinea-pig histamine H1 receptor gene.,
Otology Rhinology Laryngology, Vol.102, 152-156, 1993.
99. S Kondo, Y Shinomura, S Kanayama, S Kawabata, Y Miyazaki, I Imamura, Hiroyuki Fukui, H Wada and Y Matsuzawa :
Somatostatin inhibits gastrin-induced histamine secretion and synthesis in the rat.,
Vol.48, 373-380, 1993.
100. Ramon Cacabelos, H Niigawa, Atsushi Yamatodani, Hiroyuki Fukui, T Nishimura and Hiroshi Wada :
Vasopressin-induced changes in brain histamine and H-1 receptors.,
Experimental Clinical Endocrinology, Vol.11, 37-44, 1992.
101. Yoshiyuki Abe, Noriaki Takeda, Morihiro Irifune, Satoshi Ogino, B Kalubi, Ikuo Imamura, Hiroyuki Fukui, Hiroshi Wada and Tohru Matsunaga :
Effect of capsaicin desensitization on nasal allergy-like symptoms and histamine release in the nose induced by toluene diisocyanate in guinea pigs.,
Acta Otolaryngolica (Stockholm), Vol.112, 703-709, 1992.
102. Seiji Ito, Kazushige Sugama, Naoyuki Inagaki, Hiroyuki Fukui, H Giles, Hiroshi Wada and Osamu Hayaishi :
Type-1 and type-2 astrocytes are distinct targets for prostaglandins D2, E2 and F2α.,
Glia, Vol.6, No.1, 67-74, 1992.
(DOI: 10.1002/glia.440060109,   PubMed: 1324890)
103. YeQi Liu, Yoshiyuki Horio, Hiroyuki Mizuguchi, Katsumi Fujimoto, Ikuo Imamura, Yoshiyuki Abe and Hiroyuki Fukui :
Re-examination of [3H]mepyramine binding assay for histamine H1 receptor using quinine.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.189, No.1, 378-384, 1992.
104. Motohiko Takemura, Tatsuya Tanaka, Yoshitaka Taguchi, Ikuo Imamura, Hiroyuki Mizuguchi, Masao Kuroda and Hiroyuki Fukui :
Histamine N-methyltransferase from rat kidney. Cloning, nucleotide sequence, and expression in Escherichia coli cells.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.267, No.22, 15687-15691, 1992.
105. Masakatsu Yamashita, Hiroyuki Fukui, Kazushige Sugama, Yoshiyuki Horio, Seiji Ito, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroshi Wada :
Expression cloning of a cDNA encoding the bovine histamine H1 receptor.,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.88, No.24, 11515-11519, 1991.
106. Hiroaki Kiyokawa, Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Akiharu Kubo, Norio Kono, Seiichiro Tarui and Hiroshi Wada :
Adenosine induces System A amino acid transport in cultured rat hepatocytes.,
The Journal of Biochemistry, Vol.110, No.1, 9-11, 1991.
107. Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Hiroshi Wada :
Presynaptic localization of histamine H3-receptors in rat brain.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.177, No.3, 907-912, 1991.
108. Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui, Masami Yabumoto and Hiroshi Wada :
Synaptic and extra-synaptic distribution of histamine H1-receptors in rat and guinea pig brains.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.174, No.2, 1043-1047, 1991.
109. Hiroyuki Mizuguchi, Masami Yabumoto, Ikuo Imamura, Hiroyuki Fukui and Hiroshi Wada :
Immuno-cross-reactivity of histidine and dopa decarboxylases.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.173, No.3, 1299-1303, 1990.

学術論文(紀要・その他):

1. 見尾 光庸, 小駒 益弘, 福井 裕行, 竹田 篤 :
ナノ粒子による炎症性伝達物質吸着を利用した炎症制御の研究,
ケミカルエンジニヤリング, Vol.55, No.8, 603-608, 2010年.
(CiNii: 40017239607)
2. Yuki Murata, Ayako Miyoshi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Up-regulation of histamine H1 receptors in an allergic rat nasal mucosa model,
Inflammation Research, Vol.53, No.Suppl 1, S11-S12, 2004.
(DOI: 10.1007/s00011-003-0304-7,   PubMed: 15054595)
3. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, K Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Increase in the level of histidine decarboxylase mRNA expression in nasal mucosa of rats sensitized by toluene diisocyanate,
Inflammation Research, Vol.53, No.Suppl 1, S13-S14, 2004.
(DOI: 10.1007/s00011-003-0305-6,   PubMed: 15054596)

総説・解説:

1. 福井 裕行 :
薬理作用から見た抗ヒスタミン薬治療の意義,
新薬と臨床, Vol.61, No.8, 1553-1558, 2012年8月.
2. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構,
臨床免疫·アレルギー科, Vol.57, No.1, 45-51, 2012年1月.
(CiNii: 40019192474)
3. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
初期療法はなぜ有効なのか?,
JOHNS, Vol.28, No.1, 55-58, 2012年1月.
4. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する初期療法 (特集 遺伝子解析からアレルギー疾患の治療戦略を考える),
小児科, Vol.52, No.6, 853-858, 2011年5月.
(CiNii: 40018848757)
5. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スプラタストのヒスタミンシグナルの抑制を介した抗アレルギー作用,
頭頚部自律神経, Vol.25, 33-35, 2011年4月.
6. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構の病理学的意義,
日本薬理学雑誌, Vol.135, No.4, 153-157, 2010年4月.
(DOI: 10.1254/fpj.135.153,   PubMed: 20410658)
7. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進のアレルギーにおける意義,
アレルギーの臨床, Vol.29, No.9, 814-817, 2009年9月.
8. 福井 裕行 :
ヒスタミン受容体の種類と情報伝達機構,
生体の科学, Vol.60, No.5, 438-439, 2009年5月.
9. 福井 裕行 :
新しいヒスタミンH1受容体機能,
鼻アレルギーフロンティア, Vol.9, No.2, 30-34, 2009年2月.
10. Hiroyuki Fukui :
Progress in allergy signal research on mast cells: up-regulation of histamine signal-related gene expression in allergy model rats.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.3, 325-331, Mar. 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.FM0070184,   PubMed: 18360087)
11. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義,
薬学雑誌, Vol.127, No.1, 15-25, 2007年.
(DOI: 10.1248/yakushi.127.15,   PubMed: 17202781)
12. 福井 裕行 :

分子細胞生物学辞典, 2007年.
13. 福井 裕行 :
アレルギー疾患関連遺伝子としてのヒスタミンH1受容体遺伝子,
アレルギー科, Vol.21, No.5, 425-432, 2006年5月.
14. Hiroyuki Fukui :
Review of some molecular and physiological studies of histamine H1 receptor function.,
Inflammation Research, Vol.54, No.Supplement 1, 52-53, Apr. 2005.
(DOI: 10.1007/s00011-004-0424-8,   PubMed: 15928833)
15. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の発現調節機構とその意義,
日本薬理学雑誌, Vol.125, No.5, 245-250, 2005年.
(DOI: 10.1254/fpj.125.245,   PubMed: 15997159)
16. 福井 裕行 :
神経ペプチドとヒスタミンH1受容体,
アレルギー科, Vol.12, 365-371, 2001年.
17. 福井 裕行, 堀尾 修平 :
ヒスタミンH1受容体の分子薬理学,
別刷・医学のあゆみ, 19-22, 2000年.
18. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体のリガンド認識と活性化機構,
医学のあゆみ, Vol.188, 169-172, 1999年.
19. 福井 裕行 :
脳とヒスタミン,
脳21, Vol.2, 67-75, 1999年.
20. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体のリガンド認識と受容体活性化機構,
日本薬理学雑誌, Vol.113, 289-297, 1999年.
21. 福井 裕行 :
グリアのもつレセプター,
Clinical Neuroscience, Vol.17, 1000-1004, 1999年.
22. 福井 裕行 :
痒みのヒスタミンレセプター,
アレルギーの臨床, Vol.18, 423-427, 1998年.
23. 福井 裕行 :
グリア細胞におけるCa++波,
蛋白質 核酸 酵素, Vol.43, 1855-1862, 1998年.
24. 福井 裕行 :
ヒスタミンの作用発現とレセプター,
医学のあゆみ, Vol.187, 672-673, 1998年.
25. 福井 裕行 :
ヒスタミンレセプター,
THE LUNG perspectives, Vol.5, 71-76, 1997年.
26. 福井 裕行 :
PPI, PG 系抗潰瘍薬 治療計画のための薬理学,
臨床と薬物治療, Vol.16, 469-472, 1997年.
27. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子の構造とプロモーター転写活性による up-regulation 機構,
日本臨床, Vol.54, 389-395, 1996年.
28. 福井 裕行 :
ヒスタミンレセプター,
炎症と免疫, Vol.2, 356-357, 1994年.
29. 福井 裕行, 今村 育男 :
ホルモンと生理活性物質 3)ヒスタミン,
臨床検査, Vol.38, 266-267, 1994年.

国際会議:

1. Seiichiro Kamimura, Yoshiaki Kitamura, Sanada Nanae, Okamoto Kentaro, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Irradiation with narrow-band-ultraviolet B suppresses up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of rat model of allergic rhinitis,
World Histamine Symposium 2018, Jul. 2018.
2. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Takako Esu, Shiho Naniwa, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Molecular mechanism of PMA-induced up-regulation of interleukin-33 gene expression,
16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery, Mar. 2016.
3. Tatsuya Fujii, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Narrow-band-ultraviolet-B-irradiatio n suppresses phorbol ester-induced u p-regulation of histamine H1 recepto r mRNA in HeLa cells without inducti on of apoptosis,
13th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Tokyo, Dec. 2015.
4. Yoshiaki Kitamura, Hideyuki Nakagawa, Tatsuya Fujii, Sakoda Takema, Enomoto Tadao, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of Antihistamine On Histamine H1 Receptor Gene Expression In Nasal Mucosa Of Patients With Pollinosis Induced By The Artificial Exposure Of Cedar Pollen.,
44th Annual Meeting of the European Histamine Research Society, May 2015.
5. Takuya Kadota, Hiroyuki Mizuguchi, Shougo Haraikawa, Moe Nawata and Hiroyuki Fukui :
Quercetin attenuates catalepsy in MPTP-induced mice model of Parkinson diseases.,
2nd International Congress of Society for Ethnopharmacology, Feb. 2015.
6. Tomohiro Nakano, Hiroyuki Mizuguchi, Masashi Hattori and Hiroyuki Fukui :
Molecular mechanism of action of quercetin; Inhibition of PKCd activation to suppress transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor gene expression.,
2nd International Congress of Society for Ethnopharmacology, Feb. 2015.
7. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Improvement of symptoms with correalative suppression of allergic disease-sensitive gene expression.,
The 43rd European Histamine Research Society Annual Meeting, May 2014.
8. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura and Noriaki Takeda :
Clinical significance of histamine H1 receptor-PKC delta-HSP90 signaling in allergic symptoms.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting, Lodz, Poland, May 2013.
9. Michioki Maki, Hiroyuki Mizuguchi, Ohgishi Hirotaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Exploring transcriptional network causally associated with pollinosis by tokuene-2,4-diisocyanate-sensitized rats.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting, Lodz, Poland, May 2013.
10. Nakano Tomohiro, Hiroyuki Mizuguchi, Hattori Masashi, Baba Yuko, Ono Shohei, Zhang Qian, Sasaki Youhei, Kobayashi Makoto, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Quercetin inhibits transcriptional up-regulation of histamine h1 receptor via suppressing protein kinase C-/extracellular signal-regulated kinase/poly(ADP-rebose)polymelase-1 signaling pathway in HeLa cells.,
42nd European Histamine Research Society Annual Meeting., Lodz, Poland, May 2013.
11. Hiroyuki Fukui :
Anti-allergic mechanism of antihistamines. Invited speaker.,
The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Naha, Dec. 2012.
12. Hiroyuki Fukui :
Anti-allergic mechanism of antihistamines.,
The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Dec. 2012.
13. Hiroyuki Mizuguchi, Masashi Hattori, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Macrophage-derived protein kinase C- is a key molecule for pancreatic -cell destruction in streptozotocin-induced diabetes.,
The 2nd Kinshukai International Symposium Inflammatory Bowel Diseases: Science, safety, and clinical vcare in IBD., Osaka, Oct. 2012.
14. Hiroyuki Fukui :
Herbal formulations for gene correstion related to allergic diseases.,
Lecture, Panacea - 5th Natural products Expo India, Feb. 2012.
15. Hiroyuki Fukui :
Allergic disease sensitive gene.,
Lecture, 2nd International Seminar on Recent Development in Pharmaceutical Education and Research, Feb. 2012.
16. Yamamoto Sayaka, Hiroyuki Mizuguchi, Nurul Mohammed Islam, Shahriar Masum, Venkatesh Pichairajan, Kazutaka Maeyama, Mukherjee K. Pulok, Hattori Masashi, Choudhuri Sahabuddin Kabir Mohamed, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Albizia Lebbeck alleviated allergy symptom by inhibiting histamine signaling at the transcriptional level.,
12th International Congress of Ethnopharmacology, Sicience City, Kolkata, India, Feb. 2012.
17. Hiroyuki Fukui :
Suppression of allergic disease sensitive gene expression by Maackiain, a novel lead for the therapeutics of allergy.,
Plenary Lecture, 12th International Congress of Ethnopharmacology, Feb. 2012.
18. Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Chiyo Matsushita, Hitoshi Niino, Yuko Sagesaka, Keisuke Masuyama and Hiroyuki Fukui :
Identification of anti- pollenosis compound in tea extract that suppresses gene expression of histamine H1 receptor (H1R). 12 th International Congress of Ethnopharmacology India 2012 March,
12th International Congress of Ethnopharmacology, Kolkata, India, Feb. 2012.
19. Hiroyuki Fukui :
Expected pharmacist who graduate University of Tokushima. --- a personal opinion ---,
日米合同会議 医療の現場と直結した薬剤師・薬学研究者養成教育の実践, 徳島大学長井記念ホール,徳島市, Jan. 2012.
20. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kondo Yuto, Kuroda Wakana, Yoshida Haruko, Miyamoto Yuko, Hattori Masashi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Pre-seasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expressions of H1 receptor and IL-5 mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis.,
11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kobe, Dec. 2011.
21. Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Y. Kondo, Wakana Kuroda, H. Yoshida, Y. Miyamoto, M. Hattori, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
The effect of preseasonal prophylactic treatment with antihistamines on nasal symptoms and histamine H1 reseptor expression in the nasal mucosa of patients,
14th International Rhinologic Society. 30th International Symposium on Infection and Allergy of the Nose, Tokyo, Sep. 2011.
22. Hiroyuki Fukui :
Histamine H 1 receptor functions in CNS and peripheral tissues. 故ニーレンバーグ先生追悼シンポジウム,
第 54 回日本神経化学会大会, 山代温泉 瑠璃光,加賀市, Sep. 2011.
23. Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Cross-talk between histamine signaling and allergic cytokine signaling in nasal mucosa of allergy rhinitis model rats.,
The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
24. Haruka Yoshida, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Pre-seasonal prophylactic treatment with antihistamines suppresses nasal symptoms and expression of histamine H1 receptor mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis.,
The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
25. Takuma Terao, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Transcriptional regulation of histamine H1 receptor gene and its significance on therapeutics for allergic diseases.,
The second decennial meeting between the University of Tokushima and Seoul National University on pharmaceutical sciences., Dec. 2010.
26. Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene.,
International Conference on Folk and Herbal Medicine, Nov. 2010.
27. Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, W Kuroda and Noriaki Takeda :
Histamine H1 receptor gene as an allergic rhinitis sensitive gene.,
14th International Congress of Immunology, Aug. 2010.
28. Haruka Yoshida, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Cell-type dependent altered kinetics of transcriptional up-regulation of histamine H1 receptor gene.,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
29. Misaki Tamada, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Cross-talk between histamine and interleukin-4 in rat nasal mucosa.,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
30. Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Mitsuko Makino, Yasuo Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Identification of apigenin as an anti-allergic compound from Equisetum arvense that inhibits up-regulation of histamine H1 receptor gene expression.,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
31. Hayato Umehara, Nami Mizukawa, Mai Matsumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda, Emiko Senba and Hiroyuki Fukui :
Exclusive Induction of c-Fos in the Caudal Part of the Arcuate Nucleus of Hypothalamus by deprivation of food: Involvement of Histaminergic Neurons.,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
32. T Kanayama, Hiroyuki Mizuguchi, S Kato, Kazutaka Maeyama and Hiroyuki Fukui :
Effect of Kujin on Histamine Signaling and Allergic Symptoms.,
2nd International On-Boad Symposium: Health, Energy, and Enviroment, May 2010.
33. Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene.,
International Conference on Integrative & Personalized Medicine and 42nd Annual Conference of the Indian Pharmacological Society (IPSCON-2009), Dec. 2009.
34. Hiroyuki Fukui :
Herbal medicines targeting gene expression mechanism of histamine H1 receptor, an allergic disease-sensitive gene.,
INSA Platinum Jubilee International Symposium, Nov. 2009.
35. Gou Satou, Hayato Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kazunori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of Hypergravity on the Expression of Histamine H1-receptor mRNA in the Rat Brain,
XXV Bárány Society Meeting, Kyoto, Apr. 2008.
36. Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-sensitive gene,
59th Indian Pharmaceutical Congress, Varanasi, India, Dec. 2007.
37. Hiroyuki Fukui :
Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation in nasal mucosa of allergy model rats by prolonged pretreatment of antihistamines.,
XXXVI Annual Meeting of European Histamine Research Society, Florence, Italy, May 2007.
38. Hiroyuki Fukui :
Elevation of histamine H1 receptor mRNA level in hypothalamus of starved rats.,
19th Congress of ECNP (European College of Neuropsychopharmacology), Paris, France, Sep. 2006.
39. Hiroyuki Fukui :
Up-regulation of histamine H1 receptors in nasal mucosa of allergy model rats and elucidation of the mechanism.,
15th World Congress of Pharmacology, Beijing, China, Jul. 2006.
40. Hiroyuki Fukui, Asish-K Das, Yosuke Yamawaki, Sachiho Yoshimura and Ryoko Mishima :
Histamine H1 receptor-mediated activation of histamine H1 receptor gene expression.,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
41. Yoshiaki Kitamura, Masaya Hatano, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suppression of histamine H1 receptor mRNA elevation by early treatment of antihistamines.,
RCAI-JSI International Symposium on Immunology 2006, Yokohama, Jun. 2006.
42. Gou Satou, H. Umehara, Arata Horii, Atsuhiko Uno, Yoshiaki Kitamura, Kaznori Sekine, Koichi Tamura, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Effects of hypergravity on the expression of H1-receptor mRNA in the rat hypothalamus,
24TH Barany Society Meeting, Uppsala, Sweden, Jun. 2006.
43. Shuhei Horio, Sachiho Yoshimura, Asish-K Das, Ryoko Mishima and Hiroyuki Fukui :
Histamine-induced up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in cultured HeLa cells. Involvement of protein kinase C activation.,
Neuroscience 2005 SfN 35th Annual Meeting, Washington DC, USA, Nov. 2005.
44. Hiroyuki Fukui, Katsuhiro Miyoshi and Shuhei Horio :
Regulation of histamine H1 receptor mRNA level by muscarinic and beta-adrenergic receptor stimulation in U373 astrocytoma cells.,
Neuroscience 2005 SfN 35th Annual Meeting, Washington DC, USA, Nov. 2005.
45. Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Sachiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Kazutaka Maeyama and Noriaki Takeda :
Elevation of histamine H1 receptor mRNA and histidine decarboxylase mRNA in nasal mucosa of allergy model rats.,
World Allergy Congress 2005, Munich, Germany, Jun. 2005.
46. Hiroyuki Fukui, Shiho Horinaga, Sachiho Yoshimura, Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Histamine H1 receptor gene as an allergic disease-related gene.,
Experimental Biology 2005, San Diego, CA, USA, Apr. 2005.
47. Hiroyuki Fukui :
Studies of histamine H1 receptor functions at molecular and physiological levels.,
XXXIII meeting of European Histamine Research Society, Cologne, Germany, May 2004.
48. Hiroyuki Fukui, Sachiho Yoshimura, Ryoko Mishima and Katsuhiro Miyoshi :
Histamine H1 receptor-mediated histamine H1 receptor gene expression.,
XXXIII meeting of European Histamine Research Society, Cologne, Germany, May 2004.
49. Yoshiaki Kiramura, Yuki Murata, Ayako Miyoshi, Shuhei Horio, Atsushi Yamatodani, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Up-regulation of histmaine H1 receptors in nasal nucosa of allergy model rats,
33rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, New Orleans, New Orleans, Nov. 2003.
50. Yuki Murata, Yoshiaki Kitamura, Kyoko Kumagai, Misato Motomura, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Increase in histidine decarboxylase mRNA expression in neurogenic inflammation,
33rd Annual Meeting of Society for Neuroscience, New Orleans, Nov. 2003.
51. Yuki Murata, Ayako Miyoshi, Yoshiaki Kitamura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Up-regulation of histamine H1 receptors in allergic model rat nasal mucosa.,
XXXII Meeting of the European Histamine Research Society, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 2003.
52. Kazuto Matsuyama, Tatsuya Ichikawa, Kazunori Ishimura, Shuhei Horio and Hiroyuki Fukui :
Expression of histamine H1 receptors in placenta.,
XXXII Meeting of the European Histamine Research Society, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 2003.
53. Shuhei Horio, Maki Ogawa, Toshiyuki Kato, Katsumi Fujimoto and Hiroyuki Fukui :
Identification of possible phosphorylation sites of human histamine H1 receptors and their role in agonist-induced receptor trafficking.,
XXXII Meeting of the European Histamine Research Society, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 2003.
54. Yoshiaki Kitamura, Ayako Miyoshi, Yuki Murata, Shuhei Horio, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Increased the level of histidine decarboxylase mRNA expression in nasal mucosa of rats sensitized,
32nd Annual Meeting of the European Histamine Research Society, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 2003.

国内講演発表:

1. 中野 誠一, 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体とIL-33遺伝子発現亢進に対する小青竜湯の抑制効果,
第58回日本鼻科学会, 2019年10月.
2. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
阿波番茶のNFATシグナル抑制作用,および,アレルギー性鼻炎症状改善作用,
第36回和漢医薬学会学術大会, 2019年9月.
3. 水口 博之, 中野 誠一, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
U373細胞におけるヒスタミン刺激に伴うヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進シグナル,
第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年6月.
4. 北村 嘉章, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
鼻過敏症を改善させる阿波番茶有効成分の薬理機構,
第68回日本アレルギー学会学術大会, 2019年5月.
5. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVB照射のHeLa細胞およびTDIアレルギー性鼻炎モデルラットのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進への影響,
第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2019年2月.
6. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
プロテインキナーゼCσシグナルの抑制によるヒスタミンH1受容体とIL-33遺伝子発現亢進の抑制効果,
第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2019年2月.
7. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバ ンドUVBがアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状とヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第57回日本鼻科学会, 2018年9月.
8. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻副鼻腔乳頭腫の腫瘍マーカーとしての血中SCC抗原の検討,
第57回日本鼻科学会, 2018年9月.
9. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBのアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状と鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第67回日本アレルギー学会学術大会, 2018年6月.
10. 藤井 達也, 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状とH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会, 2018年5月.
11. 神村 盛一郎, 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVB光線療法のアレルギー性鼻炎モデルラットの鼻症状と鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現に対する効果,
第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2018年2月.
12. 北村 嘉章, 神村 盛一郎, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スプラタストのNFATシグナルを介したIL-9遺伝子発現抑制効果,
第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2018年2月.
13. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
小青竜湯によるヒスタミンH1受容体遺伝子,及び,IL-33遺伝子発現抑制作用,
第33回日本耳鼻咽喉科漢方研究会, 2017年10月.
14. 湧川 朝治, 平松 美春, 永峰 賢一, 田辺 英矢, 篠原 啓子, 沢田 英司, 藤野 裕道, 福井 裕行, 水口 博之 :
レンコンに含まれる花粉症発症抑制成分の単離,
第131回日本薬理学会近畿部会(名古屋), 2017年6月.
15. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞およびTDIアレルギー性鼻炎モデルラットのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える影響,
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2017年4月.
16. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎患者の鼻粘膜のIL-33遺伝子発現と小青竜湯の抑制効果,
第35回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2017年4月.
17. 山本 清威, 水口 博之, 渡嘉敷 夏海, 小林 誠, 佐藤 陽一, 藤野 裕道, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に関与するPKCアイソザイムの同定,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
18. 伊藤 智平, Hiroyuki Mizuguchi, 中野 友寛, 西田 浩平, 北村 紀子, 神沼 修, 内田 勝幸, Hiromichi Fujino and Hiroyuki Fukui :
阿波番茶由来ピロガロールはカルシニューリン/NFATシグナルを抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
19. 中野 友寛, 水口 博之, 伊藤 智平, 北村 紀子, 神沼 修, 内田 勝幸, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
阿波番茶に見出された抗アレルギー成分ピロガロールのNFATシグナル抑制機構,
第20回日本ヒスタミン学会(倉敷), 2016年11月.
20. 江洲 貴子, 水口 博之, 浪花 志帆, 小西 由貴, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
小青龍湯によるアレルギー性鼻炎疾患感受性遺伝子発現抑制,
第20回日本ヒスタミン学会(倉敷), 2016年11月.
21. 小笠原 健泰, 水口 博之, 給田 愛結美, 河井 真季子, 岡島 菜津希, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
苦参由来抗アレルギー化合物(-)マーキアインのステロイドシグナルへの影響,
第130回日本薬理学会近畿部会(京都), 2016年11月.
22. 古南 隆光, 水口 博之, 門田 卓也, 澤田 明歩, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
スプラタストによるNFATシグナルを介した鼻過敏症症状改善効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本薬剤師会中国四国支部大会(岡山), 2016年11月.
23. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 山田 拓也, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 藤野 裕道, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
2016感染・免疫クラスター・ミニリトリート(徳島), 2016年10月.
24. Yoshiaki Kitamura, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui and Noriaki Takeda :
Low dose irradiation with narrowband-ultraviolet B suppresses phorbol ester-induced up-regulation of histamine H1 receptor mRNA in HeLa cells without induction of apoptosis,
第65回日本アレルギー学会学術大会, Jun. 2016.
25. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に対するquercetinの効果,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
26. 水口 博之, 門田 卓也, 折本 直樹, Kumar Asish Das, 澤田 明歩, 古南 隆光, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬とスプラタスト併用による鼻過敏症症状軽減効果,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
27. Takuya Kadota, Hiroyuki Mizuguchi, 折本 直樹, Kumar Asish Das, 澤田 明歩, 古南 隆光, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
スプラタストと抗ヒスタミン薬の併用投与は鼻過敏症アレルギーモデルラットにおいてそれぞれの薬物の単独投与よりも著しく症状を軽減させる,
第89回日本薬理学会年会, Mar. 2016.
28. Erika Izumi, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
ストレプトゾトシン誘発性糖尿病モデルマウスにおけるヒートショックタンパク90阻害薬セラストロールの糖尿病性腎症に対する影響,
第89回日本薬理学会年会, Mar. 2016.
29. Chika Kawata, Hiroyuki Mizuguchi, 湧川 朝治, 武田 真由子, 永峰 賢一, 田辺 英矢, 篠原 啓子, 澤田 英司 and Hiroyuki Fukui :
レンコンに含まれる抗アレルギー活性の分布と品種依存性,
第89回日本薬理学会年会, Mar. 2016.
30. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
HaLa細胞のPMA刺激によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進とナローバンドUVBによる抑制,
第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2016年2月.
31. 北村 嘉章, 藤井 達也, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉暴露がスギ花粉症患者の鼻粘膜のヒスチジン脱炭酸酵素とサイトカイン遺伝子発現におよぼす影響,
第34回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2016年2月.
32. 水口 博之, 山本 沙弥香, 江洲 貴子, 浪花 志帆, 奈邉 健, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss 3T3細胞におけるPMA刺激に伴うIL-33遺伝子発現亢進機構,
第38回日本分子生物学会年会,第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
33. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制の分子機構,
第128回 日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
34. 岡本 健太郎, 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第19回 日本ヒスタミン学会, 2015年11月.
35. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
PKCδシグナル抑制化合物によるグルカゴン分泌抑制効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月.
36. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
低用量のナローバンドUVBはヒスタミンH1受容体遺伝子発現をアポトーシスを誘導することなく抑制する,
第54回日本鼻科学会, 2015年10月.
37. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
マウス線維芽細胞におけるIL―33遺伝子発現亢進機構,
第116回日本耳鼻咽喉科学会, 2015年5月.
38. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
低用量のナローバンドUVBはヒスタミンH1受容体遺伝子発現を波長特異的,用量依存的,可逆的に抑制する,
第116回日本耳鼻咽喉科学会, 2015年5月.
39. 武田 真由子, 水口 博之, 川田 知加, 湧川 朝治, 永峰 賢一, 田辺 英矢, 沢田 英司, 篠原 啓子, 福井 裕行 :
レンコンに含まれる抗アレルギー活性の分布と品種 依存性,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
40. 江洲 貴子, 水口 博之, 米本 卓弥, 藤井 達也, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
小青竜湯による IL-33 遺伝子発現の抑制,
第88回日本薬理学会年会, 2015年3月.
41. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制効果の波長特異性,要領依存性,可逆性の検討,
第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2015年2月.
42. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構とその抑制,
第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2015年2月.
43. 藤井 達也, 北村 嘉章, 島谷 美映, 武田 憲昭, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBによるHaLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の抑制効果の検討,
日本耳鼻咽喉科学会第40回四国四県地方部会連合学会, 2014年12月.
44. 泉 枝里香, 水口 博之, 馬場 祐子, 福井 裕行 :
ストレプトゾトシン誘発糖尿病性腎症に対するHSP90阻害剤の効果とそのメカニズム,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
45. Shill Chandra Manik, Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Isolation of novel anti-allergic compound from Tephrosia purpurea in an activity guided manner and chemical synthesis of the compound.,
第126回日本薬理学会近畿部会, Oct. 2014.
46. 水口 博之, 藤井 達也, 北山 美香, 北村 嘉章, 久保 伸夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
HeLa細胞におけるナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現の抑制,
第87回日本生化学会大会, 2014年10月.
47. Shill Chandra Manik, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto and Hiroyuki Fukui :
Isolation of a novel anti-allergic compound from Tephrosia purpurea and chemical synthesis of the compound.,
第18回日本ヒスタミン学会, Oct. 2014.
48. 福井 裕行, 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎 :
パーキンソンモデル動物に対する天然物由来タンパク キナーゼCδ抑制薬投与によるカタレプシー改善作用,
第36回日本生物科学的精神医学会・第57回日本神経化学会・合同年会, 2014年9月.
49. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBによるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制効果の波長依存性,用量依存性についての検討,
第53回日本鼻科学会, 2014年9月.
50. 福井 裕行, 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎 :
ケルセチンによるパーキンソン病モデルマウスのCatalepsy症状改善,
第31回和漢医薬学会学術大会, 2014年8月.
51. 縄田 萌, 水口 博之, 原井川 晶悟, 笠原 二郎, 福井 裕行 :
タンパクキナーゼCδシグナルを標的とするパーキンソン病治療戦略,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
52. 藤井 達也, 北村 嘉章, 水口 博之, 久保 伸夫, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に対する効果,
第115回日本耳鼻咽喉科学会, 2014年5月.
53. 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗アレルギー化学物質,ケルセチンの薬理機構,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
54. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 江洲 貴子, 北村 嘉章, 奈邉 健, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss 3T3 細胞におけるイオノマイシン刺激に伴うインターロイキン-33遺伝子発現亢進の分子機構,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
55. 馬場 祐子, 水口 博之, 泉 枝里香, 福井 裕行 :
ヒートショックタンパク90阻害薬セラストロールのタンパクキナーゼCδシグナル抑制を介したストレプトゾトシン誘発糖尿病性腎症発症に対する保護効果,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
56. 藤井 達也, 北村 嘉章, 島谷 美映, 武田 憲昭, 水口 博之, 福井 裕行 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進に与える抑制効果,
日本耳鼻咽喉科学会第71回徳島県地方部会, 2014年3月.
57. 馬場 祐子, Hiroyuki Mizuguchi, 泉 枝里香 and Hiroyuki Fukui :
Protective effect of celastrol, a heat shock protein 90 inhibitor on streptozotocin-induced diabetic nephropathy via suppressing protein kinase C-δ signaling.,
第87回 日本薬理学会年会, Mar. 2014.
58. 山本 沙弥香, Hiroyuki Mizuguchi, 松井 恒樹, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Molecular mechanism of PMA-induced up-regulation of interleukin-33 gene expression in Swiss 3T3 cells.,
第87回 日本薬理学会年会, Mar. 2014.
59. 北村 嘉章, 藤井 達也, 水口 博之, 久保 伸夫, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ナローバンドUVBがHeLa細胞のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に与える影響,
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月.
60. 藤井 達也, 北村 嘉章, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
花粉曝露による花粉症患者の鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進 に対する抗ヒスタミン薬の効果,
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2014年2月.
61. 北村 嘉章, 藤井 達也, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉暴露によるスギ花粉症患者鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進に対する抗ヒスタミン薬の効果,
第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013年11月.
62. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンHi受容体拮抗薬はほんとうにinverse agonistか?,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
63. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
64. 道沖 麻希, 水口 博之, 関口 諒, 福井 裕行 :
NALTにおけるヒスタミンH1受容体発現細胞,
第17回日本ヒスタミン学会, 2013年11月.
65. 北山 美香, 水口 博之, 北村 嘉章, 藤井 達也, 関田 泰子, 久保 宣明, 久保 伸夫, 柏田 良樹, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
HeLa細胞におけるナローバンドUVBのヒスタミンH1受容体遺伝子発現への影響,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
66. 山本 沙弥香, 水口 博之, 松井 恒樹, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
Swiss3T3細胞におけるIL-33遺伝子発現亢進機構,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中四国支部学術大会, 2013年10月.
67. 藤井 達也, 中川 英幸, 北村 嘉章, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
花粉暴露が花粉症患者の鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
第52回日本鼻科学会, 2013年9月.
68. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
天然物由来抗アレルギー化合物ケルセチンの分子薬理機構,
第30回和漢医薬学会学術大会, 2013年8月.
69. 藤井 達也, 中川 英幸, 北村 嘉章, 硲田 猛真, 榎本 雅夫, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉曝露がスギ花粉症患者鼻粘膜ヒスタミンH1受容体遺伝子発現におよぼす影響,
第31回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2013年8月.
70. 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ケルセチンの分子薬理機構と抗アレルギー作用,
第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月.
71. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善機構,
第112回日本皮膚科学会総会, 2013年6月.
72. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミン受容体の役割,
第25回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2013年5月.
73. Das K. Asish and Hiroyuki Fukui :
PKCδ-ERKシグナル抑制性アユルベーダ医薬品及びウナニ医薬由来抗糖尿病治療薬の開発,
東京生化学研究会 平成24年度研究発表会, Mar. 2013.
74. 水口 博之, 服部 将史, 馬場 祐子, 張 倩, 小林 誠, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
タンパクキナーゼCδシグナル抑制化合物ケルセチンのストレプトゾトシン誘発β細胞破壊に対する効果,
日本薬学会 第133回年会, 2013年3月.
75. 服部 将史, Hiroyuki Mizuguchi, 馬場 祐子, 小野 将平, 張 倩, 小林 誠, Naozumi Ishimaru, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Effect of quercetin on streptozotocin-induced diabetic mice.,
第86回日本薬理学会年会, Mar. 2013.
76. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬の初期療法とH1受容体遺伝子発現への効果,
第31回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2013年2月.
77. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善機構,
第31回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2013年2月.
78. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略,
平成24年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業)(免疫アレルギー疾患分野)研究報告会, 2013年1月.
79. 福井 裕行 :
鼻過敏症治療のための新しい病理機構解明,
関西耳鼻咽喉科アレルギー研究会, 2012年12月.
80. 水口 博之, 宮城 恒平, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 吉村 好之, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の分子機構,
第85回日本生化学会年会, 2012年12月.
81. Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Heat shock protein 90 is a novel therapeutic target for allergic diseases.,
第41回日本免疫学会学術集会, Dec. 2012.
82. 宮城 恒平, 水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体発現シグナルにおけるKu86の関与,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
83. 水口 博之, 成相 祐希, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参由来抗アレルギー性化合物マーキアインの標的タンパク質の同定,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤 師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月.
84. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
抗アレルギー和漢薬苦参由来PKCσシグナル抑制薬,(-)マーキアインの分子薬理機構,
第62回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2012年11月.
85. 福井 裕行 :
疾患感受性遺伝子発現の亢進抑制によるアレルギー疾患治療戦略,
第64回日本皮膚科学会西南支部学術大会, 2012年10月.
86. 福井 裕行 :
抗アレルギー漢方薬,苦参の分子薬理機構,
第28回日本耳鼻咽喉科漢方研究会学術集会, 2012年10月.
87. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬のインバース・アゴニスト作用の意義,
高知皮膚科医会, 2012年10月.
88. 福井 裕行 :
新規病理機構解明に基づく徳島県産食品による高度アレルギー疾患改善戦略,
食品開発展2012, 2012年10月.
89. 大岸 弘敬, 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若菜, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第16回日本ヒスタミン学会, 2012年10月.
90. 水口 博之, 福井 裕行 :
HeLa細胞におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節,
第16回日本ヒスタミン学会, 2012年10月.
91. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻噴霧ステロイド薬のヒスタミンH1受容体遺伝子発現への効果,
第51回日本鼻科学会, 2012年9月.
92. 服部 将史, 水口 博之, 馬場 祐子, 張 倩, 小林 誠, 小野 将平, 石丸 直澄, 福井 裕行 :
プロテインキナーゼC(PKC)-δシグナル抑制効果をもつ新規抗糖尿病薬開発及び糖尿病発症メカニズムの解明,
第11回 次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2012, 2012年9月.
93. 福井 裕行, 水口 博之, 北村 嘉章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 武田 憲昭 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患症状改善に関する薬理機構,
第63回日本薬理学会北部会, 2012年9月.
94. 福井 裕行, 成相 祐希, 水口 博之, 武田 憲昭 :
苦参由来ヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制物質,マーキアインの分子薬理機構,
第29回和漢医薬学会学術大会, 2012年8月.
95. 福井 裕行 :
アレルギー疾患治療戦略の新しい取り組み,
徳島大学研究者との集い, 2012年7月.
96. 水口 博之, 福井 裕行 :
天然物由来抗アレルギー化合物を用いた細胞内創薬ターゲットの探索,
第31回分子病理学研究会, 2012年6月.
97. 小野 将平, 水口 博之, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現に対する抗ヒスタミン薬インバースアゴニスト活性の影響,
第121 回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
98. 堀尾 修平, 北池 秀次, 箕越 靖彦, 小林 和人, 上山 敬司, 福井 裕行 :
マウス視床下部室傍核のヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的死滅による摂食亢進と体重増加,
第89回日本生理学会大会, 2012年3月.
99. 菅原 健太, 菱沼 滋, 福井 裕行, 庄司 優 :
ヒスタミンH1受容体に対する薬物の熱力学的結合特性の解析,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
100. 永井 浩章, 水口 博之, 成相 祐希, 吉村 好之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ApigeninはHSP90に作用してH1R遺伝子発現を抑制する,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
101. 成相 祐希, Hiroyuki Mizuguchi, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Yoshihisa Takaishi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Identification of the target molecule of the new anti-allergic compound, maackiain from Kujin,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
102. Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Exploring the drug targets using natural resources-derived anti-allergic compounds that suppress up-regulation of allergic diseases sensitive gene expression,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
103. 水口 博之, Dev Shrabanti, Das K Asish, 馬場 嘉信, 福井 裕行 :
和漢薬苦参はヒスタミンシグナル抑制を介したFAT10/NF-κBシグナルの抑制により抗アレルギー作用を示す,
日本薬学会 第132回年会, 2012年3月.
104. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対する鼻噴霧ステロイド薬のH1受容体遺伝子発現への効果,
第30回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2012年2月.
105. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略,
平成23年度厚生労働省科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(免疫アレルギー分野)研究報告会, 2012年1月.
106. 福井 裕行 :
アレルギー疾患症状発現の病理機構と創薬ターゲット,
第126回日本薬学会中国四国支部例会, 2012年1月.
107. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬を用いたスギ花粉症初期療法におけるH1受容体とサイトカイン遺伝子発現の検討,
第50回日本鼻科学会, 2011年12月.
108. 福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第61回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
109. 福井 裕行, 北村 嘉章, 水口 博之, 黒田 若奈, 武田 憲昭 :
アレルギー性鼻炎の研究の進歩 花粉症におけるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第 61 回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011年11月.
110. 水口 博之, S. Dev, Asish K Das, 馬場 嘉信, 福井 裕行 :
和漢薬苦参は FAT10 遺伝子発現の抑制を介してアレルギー症状を緩和する.,
第120回日本薬理学会近畿部会, 2011年11月.
111. 成相 祐希, 水口 博之, 永井 浩章, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参由来新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・合成および作用機序に関する研究,
第 50 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
112. 福井 裕行, 水口 博之 :
Allergic disease sensitive gene group in pollinosis.,
第 40 回日本免疫学会総会・学術集会 2011年 12月, 2011年11月.
113. 福井 裕行 :
疾患感受性遺伝子の発現抑制によるアレルギー疾患治療戦略.特別講演,,
第15回日本ヒスタミン学会, 2011年10月.
114. 寺尾 拓馬, 水口 博之, 池田 光広, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミン H 1受容体遺伝子発現メカニズムの解明,
第15回日本ヒスタミン学会, 2011年10月.
115. 水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 吉村 好之, 藤本 勝巳, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
HeLa細胞におけるヒスタミンもしくはPMA刺激に伴うヒスタミンH1受容体の転写亢進の分子機構,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
116. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 永井 浩章, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分 maackiain の単離・同定およびその性質について,
第15回活性アミンに関するシンポジウム, 2011年8月.
117. 福井 裕行, 金山 知代, 加藤 周平, 成相 祐希, 馬場 祐子, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久 :
苦参由来 IL-4 遺伝子発現抑制物質,
第28回和漢医薬学会学術大会, 2011年8月.
118. 梅原 隼人, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
条件給餌下の食餌剥奪によるラットの視床下部弓状核尾側におけるc-Fos発現に関与するヒスタミン神経細胞群の同定,
第119回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
119. 梅原 隼人, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
条件給餌下の食餌剥奪によるラットの視床下部弓状核尾側における c- Fos 発現に関与するヒスタミン神経細胞群の同定,
第 119 回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
120. 堀尾 修平, 北池 秀次, 志内 哲也, 箕越 靖彦, 三宝 誠, 平林 敬浩, 八木 健, 甲斐 信行, 上山 敬司, 福井 裕行 :
視床下部ヒスタミンH1受容体発現ニューロンの選択的破壊を利用した摂食調節機構の研究,
第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会, 2011年3月.
121. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬の薬理機構,
徳島臨床皮膚科医会, 2011年3月.
122. 梅原 隼人, 水口 博之, 水川 奈己, 松本 麻依, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
視床下部弓状核尾側部位の調節に関わるヒスタミン神経細胞群の同定,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
123. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について (Isolation and characterization of new anti-allergenic compound, maackiain from Kujin),
日本薬学会年会, 2011年3月.
124. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬のアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
125. 水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 吉村 好之, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
Ku86 represses PMA-induced up-regulation of histamine H1 receptor gene expression in HeLa cells.,
第84回日本薬理学会年会, 2011年3月.
126. 水口 博之, 福井 裕行 :
PKC as a target molecule of natural resources-derived anti-allergic compounds that suppress up-regulation of allergic diseases sensitive gene expression.,
第84回日本薬理学会年会, 2011年3月.
127. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子群,
島根県医師会薬剤師会学術講演会, 2011年2月.
128. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬の薬理機構,
徳島県薬剤師会講演会, 2011年2月.
129. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子であるヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制作用を持つ天然物を用いる治療戦略,
平成22年度厚生労働省科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(免疫アレルギー分野)研究報告会, 2011年1月.
130. 成相 祐希, 水口 博之, 金山 知代, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
苦参から見出された新規抗アレルギー成分maackiainの単離・同定およびその性質について,
2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
131. 寺尾 拓馬, 水口 博之, 吉村 好之, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明,
2010感染免疫クラスター・ミニリトリート, 2011年1月.
132. 福井 裕行 :
疾患感受性遺伝子発現抑制を介するアレルギー疾患治療薬の開発,
つなぐしくみ 新技術説明会, 2011年1月.
133. 水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
和漢薬苦参に見いだされたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定,
BMB2010,第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
134. 水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
和漢薬苦参に見出されたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定,
BMB2010, 2010年12月.
135. 福井 裕行, 水口 博之 :
苦参に含まれる遺伝子発現抑制物質,
第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月.
136. 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の亢進メカニズムと花粉症初期療法の分子機構,
第60回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2010年11月.
137. 水口 博之, 玉田 美咲, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
鼻過敏症ラット鼻粘膜におけるヒスタミンシグナルとサイトカインシグナルのクロストーク,
日本薬理学会第118回近畿部会, 2010年11月.
138. 福井 裕行 :
疾患感受性遺伝子発現機構を標的とする新規アレルギー疾患治療薬の開発,
第15回東京アレルギーシンポジウム, 2010年11月.
139. 梅原 隼人, 水川 奈己, 松本 麻依, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵実子, 福井 裕行 :
視床下部におけるヒスタミン神経系の新規標的部位の同定,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月.
140. 福井 裕行, 大岸 弘敬, 近藤 勇人, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 水口 博之, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体シグナルにより調節を受けるアレルギー疾患感受性遺伝子群,
第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
141. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現を標的とする新規抗アレルギー成分の単離と同定,
第14回日本ヒスタミン学会, 2010年10月.
142. Hayato Umehara, N Mizukawa, M Matsumoto, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda, E Senba and Hiroyuki Fukui :
Exclusive expression of c-Fos in the caudal part of the arcuate of hypothalamus; Involvement of histaminergic neurons.,
Neuro2010, Sep. 2010.
143. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定,
第27回和漢医薬学会, 2010年8月.
144. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬の鼻過敏症治療における分子薬理学,
第49回日本鼻科学会総会, 2010年8月.
145. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症における初期療法の作用機序の検討,
第49回日本鼻科学会, 2010年8月.
146. 金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参に含まれるアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質の単離と同定,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
147. 梅原 隼人, 水川 奈己, 松本 麻依, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
食餌はく奪による視床下部弓状核尾側に限局したc-Fos発現とヒスタミン神経系の関与,
第117回日本薬理学会 近畿部会, 2010年7月.
148. 大岸 弘敬, 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症患者鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体シグナルに依存したアレルギー性疾患関連遺伝子の同定,
第117回日本薬理学会 近畿部会, 2010年7月.
149. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質,
第9回国際バイオEXPO, 2010年7月.
150. 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞に対する反応性亢進効果,
第111回日本耳鼻咽喉科学会, 2010年5月.
151. 福井 裕行, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭 :
疾患感受性遺伝子発現亢進機構研究と新規治療薬開発のためのアレルギー性鼻炎モデルラット,
第22回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2010年5月.
152. 服部 将史, 阿部 京介, 田中 佑加, 松下 知世, 藤本 康雄, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ツクシ及びスギナに含まれるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制物質の同定,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
153. 玉田 美咲, 水口 博之, 石丸 直澄, 北村 嘉章, 林 良夫, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ラット鼻粘膜におけるヒスタミンとインターロイキン -4 のクロストーク,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
154. 梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 武田 憲昭, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
食餌剥奪による視床下部弓状核尾側の神経活性化におけるヒスタミン神経の関与,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
155. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構のアレルギー疾患における病理学的意義,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
156. 水口 博之, 寺尾 拓馬, 坂本 典子, 吉村 好之, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
ポリ(ADP)リボースポリメラーゼはHeLa細胞におけるPMA刺激に伴うヒスタミンH1受容体の転写亢進に関与する,
第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
157. 水口 博之, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
花粉症患者において抗ヒスタミン薬の初期療法はヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現を抑制する,
第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
158. 北村 嘉章, 黒田 若奈, 近藤 雄人, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対するヒスタミンH1受容体拮抗薬による,
第28 回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
159. 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スフィンゴシン1リン酸の肥満細胞の反応性に対する影響,
第28回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2010年2月.
160. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬はなぜ効くか?,
第67回鹿児島県耳鼻咽喉科学術集会, 2010年2月.
161. Hiroyuki Mizuguchi and Hiroyuki Fukui :
Suplatast inhibits histamine signaling by direct and indirect down-regulation of histamine H1 receptor gene expression through suppression of histidine decarboxylase and IL-4 gene transcription.,
第39回日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009.
162. Shrabanti Dev, 水口 博之, Asish Kumar Das, 前山 一隆, 堀長 志穂, 加藤 周平, 玉田 美咲, 服部 将史, 梅原 隼人, 福井 裕行 :
苦参エキスによる鼻過敏症モデルラットの症状改善とアレルギー疾患感受性候補遺伝子発現抑制,
第62回日本薬理学会西南部会, 2009年11月.
163. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬を用いたスギ花粉症初期療法の作用機序の検討,
第116回日本薬理学会近畿部会, 2009年11月.
164. 近藤 勇人, 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
スギ花粉症に対する抗ヒスタミン薬を用いた初期療法の作用機序の検討,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
165. 福井 裕行, 梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子 :
視床下部弓状核尾側でのc-Fos 発現におけるヒスタミン神経の関与,
第62回日本自律神経学会総会, 2009年11月.
166. 福井 裕行 :
アレルギー疾患感受性遺伝子発現機構を標的とする食品,
JST 第3回技術シーズ発表会in四国, 2009年11月.
167. 水口 博之, 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬を用いた花粉症初期療法におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現の意義,
第59回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2009年10月.
168. 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
肥満細胞の反応性に対するスフィンゴシン1リン酸の役割,
第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
169. 黒田 若奈, 近藤 勇人, 北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
スギ花粉症に対するH1受容体拮抗薬を用いた初期療法の作用機序の検討,
第48回日本鼻科学会, 2009年10月.
170. 水口 博之, Masum Shahriar, Kazutaka Maeyama, 北村 嘉章, Naoki Orimoto, 堀尾 修平, 梅原 隼人, Masashi Hattori, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素及びIL-4遺伝子発現抑制を介してヒスタミンH1受容体遺伝子発現を抑制する,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
171. 水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
鼻過敏症に対する抗ヒスタミン薬初期療法によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現抑制と症状改善,
第13回日本ヒスタミン学会, 2009年10月.
172. 梅原 隼人, 水川 奈己, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 福井 裕行 :
食餌剥奪による視床下部弓状核尾側ニューロンの活性化におけるhistamine神経の関与,
第13回日本ヒスタミン学会, 2009年10月.
173. 福井 裕行, Shrabanti Dev, 水口 博之, Kumar Asish Das, 前山 一隆, 堀長 志穂, 加藤 周平, 玉田 美咲, 服部 将史, 梅原 隼人 :
鼻過敏症モデルラットの症状および遺伝子発現亢進に対する苦参の改善作用,
第26回和漢医薬学会学術大会, 2009年8月.
174. 福井 裕行 :
アレルギー性鼻炎におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進の意義,
第14回 那須ティーチイン学術集会, 2009年8月.
175. Shahriar Masum, 水口 博之, 前山 一隆, 北村 嘉章, 折本 直樹, 堀尾 修平, 梅原 隼人, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
トシル酸スプラタストはヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子,IL-4遺伝子,及び,ヒスタミンH1受容体遺伝子の発現抑制を介してヒスタミンシグナルを抑制する,
第115回日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
176. 黒田 若奈, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDI によるラット鼻粘膜H1 受容体up―regulation に対する効果,
第47回日本鼻科学会, 2008年9月.
177. 福井 裕行 :
アレルギー性鼻炎感受性遺伝子としてのヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
178. 黒田 若奈, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-reglationに対する効果:鼻過敏症モデル動物を用いた研究,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第65回学術講演会, 2008年3月.
179. 水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
PMA-induced transcription of histamine H1 receptor gene in HeLa cells is controlled by multiple transcription factors.,
第81回日本薬理学会年会, 2008年3月.
180. 梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
食餌剥奪による視床下部c-Fos発現亢進,
第17回神経行動薬理若手研究者の集い, 2008年3月.
181. 黒田 若奈, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ロイコトリエン受容体拮抗薬のTDIによるラット鼻粘膜H1受容体up-regulationに対する効果,
第26回日本耳鼻咽喉科学会免疫アレルギー学会, 2008年2月.
182. 福井 裕行 :
ヒスタミン受容体とアレルギー疾患,
第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2008年2月.
183. 松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 :
乳酸菌によるアレルギー性鼻炎改善作用,
第11回日本ヒスタミン学会, 2007年12月.
184. 水口 博之, 坂本 典子, 山脇 洋輔, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明,
第80回日本生化学会大会, 2007年12月.
185. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体刺激によるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進機構,
第35回薬物活性シンポジウム, 2007年11月.
186. 坂本 典子, 山脇 洋輔, 水口 博之, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節機構の解明,
第112回日本薬理学会近畿部会, 2007年11月.
187. 梅原 隼人, 水川 奈己, 佐藤 豪, 水口 博之, 森川 吉博, 仙波 恵美子, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
食餌制限による視床下部c-Fos発現調節,
第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
188. 宮本 裕子, 黒田 若奈, 水口 博之, 藤本 勝巳, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
細胞依存的ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の経時変化,
第112回日本薬理学会 近畿部会, 2007年11月.
189. 松下 知世, Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小嶋 純, 福井 裕行 :
乳酸菌を用いた鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制効果およびアレルギー性鼻炎患者の症状抑制効果の検討,
第46回日本薬学会・日本病院薬剤師会・日本薬剤師会中国四国学術大会, 2007年11月.
190. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬によるヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子発現抑制を介する新規治療戦略,
第57回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2007年11月.
191. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
過重力刺激がラットの脳内のヒスタミンH1受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
第66回めまい平衡医学会, 2007年11月.
192. 福井 裕行, 小島 純, 前山 一隆 :
鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギー疾患関連遺伝子発現亢進及び鼻炎症状に対する乳酸菌の抑制作用,
第24回和漢医薬学会, 2007年9月.
193. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 宮本 裕子, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体,IL-4遺伝子発現の抑制:TDIモデル動物による研究,
第46回日本鼻科学会, 2007年9月.
194. Shrabanti Dev, Asish-K Das, 前山 一隆, 大利 隆行, 西田 清隆, 水口 博之, 小島 純, 福井 裕行 :
乳酸菌による鼻過敏症モデルラットのアレルギー疾患関連遺伝子発現抑制と花粉症患者の症状抑制,
第111回日本薬理学会近畿部会, 2007年6月.
195. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬の早期投与によるアレルギー疾患関連遺伝子抑制,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
196. 福井 裕行 :
アレルギーモデルラットにおけるヒスタミンシグナル関連遺伝子発現,
日本薬学会第127年会,シンポジウム, 2007年3月.
197. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Kumar Asish Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬早期投与によるトルエン2 4-ジイソシアネート誘発H1受容体およびインターロイキン-4遺伝子発現上昇への抑制効果,
第80回日本薬理学会年会, 2007年3月.
198. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の分子薬理学と創薬,
第80回日本薬理学会年会,シンポジウム, 2007年3月.
199. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるアレルギー関連遺伝子発現抑制,
第10回日本ヒスタミン研究会, 2006年12月.
200. Masum Shahriar, Shiho Horinaga, Asish-K Das, Shrabanti Dev, Masaya Hatano, Hiroyuki Mizuguchi, Kazutaka Maeyama and Hiroyuki Fukui :
Suppression of histamine signaling-related mRNA elevation by suplatast tosilate in TDI allergy model rat.,
第10回日本ヒスタミン研究会, Dec. 2006.
201. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shahriar, 水口 博之, 福井 裕行 :
Suppression of allergic disease-related gene expression by early treatment of antihistamines in nasal mucosa of allergy model rats.,
第36回日本免疫学会総会・学術大会, 2006年12月.
202. Asish-K Das, Kazutaka Maeyama, Shrabanti Dev, Masum Shahriar, Masaya Hatano, Chiyo Matsushita, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Suppression of HDC gene expression by histamine H1 receptor antagonists: A new therapeutic target against allergic rhinitis.,
第110回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2006.
203. 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬早期投与によるアレルギーモデルラット鼻粘膜のヒスタミンH1受容体mRNA上昇に対する抑制作用,
第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
204. 福井 裕行 :
鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体遺伝子発現亢進とその機構,
第56回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2006年11月.
205. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 北村 嘉章, 関根 和教, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ラット視床下部のヒスタミンH1受容体mRNA発現に対する過重力の影響,
第65回日本めまい平衡医学会, 2006年11月.
206. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, Asish-K Das, Shrabanti Dev, 水口 博之, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体とインターロイキン4遺伝子発現抑制,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
207. 福井 裕行 :
鼻過敏症モデルラットのアレルギー炎症におけるヒスタミンシグナル増加機構,
第34回薬物活性シンポジウム, 2006年9月.
208. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制:TDIモデル動物を用いた研究,
第45回日本鼻科学会, 2006年9月.
209. 佐藤 豪, 梅原 隼人, 水川 奈己, 堀井 新, 宇野 敦彦, 関根 和教, 北村 嘉章, 田村 公一, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
過重力負荷ラットの視床下部におけるヒスタミンH1受容体mRNA発現の変化,
第24回頭頸部自律神経研究会, 2006年8月.
210. 福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 :
鼻過敏症モデルラット鼻粘膜におけるアレルギーサイトカイン遺伝子発現亢進に対する和漢薬の抑制作用,
第23回和漢医薬学会大会, 2006年8月.
211. 黒田 若奈, 秦野 昌弥, 北村 嘉章, 福井 裕行, 武田 憲昭 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬の初期療法による鼻粘膜H1受容体mRNA発現の抑制 TDIモデル動物を用いた研究,
第32回四国四県地方部会連合学会, 2006年6月.
212. 秦野 昌弥, 松下 知世, Masum Shariar, 黒田 若菜, 北村 嘉章, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体拮抗薬早期投与によるH1受容体遺伝子発現抑制,
第109回日本薬理学会近畿部会, 2006年6月.
213. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の意義,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
214. 福井 裕行 :
アレルギーにおけるヒスタミンシグナル遺伝子発現とその調節,
第79回日本薬理学会年会, 2006年3月.
215. Hiroyuki Fukui :
Elevation of histamine H1 receptor mRNA in nasal mucosa of allergy model rats.,
第35回日本免疫学会総会, Dec. 2005.
216. 山脇 洋輔, Asish-K Das, 吉村 祥穂, 三好 勝洋, 三島 涼子, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の同種および異種遺伝子発現,
第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
217. 秦野 昌弥, Asish-K Das, 北村 嘉章, 村田 有希, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
グルココルチコイドのヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子転写の抑制によるヒスタミン合成の抑制,
第9回日本ヒスタミン研究会, 2005年12月.
218. 泉 憲政, 角谷 千恵子, 荻野 敏, 福井 裕行 :
VASを用いた各種抗ヒスタミンH1受容体拮抗薬における効果および副作用の大規模聞き取り調査,
第26回日本臨床薬理学会年会, 2005年11月.
219. 福井 裕行 :
アレルギー疾患治療薬の新しい標的を求めて,
第2回徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部公開シンポジウム, 2005年11月.
220. 山脇 洋輔, Asish-K Das, 吉村 祥穂, 三好 勝洋, 三島 涼子, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の同種及び異種遺伝子発現,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
221. Asish-K Das, Yoshiaki Kitamura, Yuki Murata, Kazutaka Maeyama, Noriaki Takeda and Hiroyuki Fukui :
Glucocorticoid suppresses histamine synthesis through repression of Histidine Decarboxylase gene transcription in allergic rats.,
第108回日本薬理学会近畿部会, Nov. 2005.
222. 福井 裕行 :
自律神経伝達物質受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節,
第58回日本自律神経学会, 2005年11月.
223. 福井 裕行 :
自律神経伝達物質受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節,
第55回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2005年11月.
224. 福井 裕行 :
アレルギー関連遺伝子としてのヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の研究,
第55回日本アレルギー学会秋季学術大会, 2005年11月.
225. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体遺伝子発現の自律神経受容体を介する調節,
第33回薬物活性シンポジウム, 2005年9月.
226. 福井 裕行 :
自律神経受容体を介するヒスタミンH1受容体遺伝子発現,
第48回日本神経化学会大会, 2005年9月.
227. 福井 裕行 :
疾患遺伝子発現機構を標的とするアレルギー疾患治療薬の開発,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年9月.
228. 福井 裕行, 川添 和義, 高石 喜久 :
鼻過敏症モデルラットのヒスタミンH1受容体とヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現亢進とそれに対する和漢薬の抑制作用,
第22回和漢医薬学会大会, 2005年8月.
229. 福井 裕行, 三好 勝洋, 堀尾 修平 :
M3ムスカリン受容体および β2アドレナリン受容体を介したヒスタミンH1受容体遺伝子発現調節,
第28回日本神経科学大会, 2005年7月.
230. 福井 裕行 :
アレルギー疾患におけるヒスタミンシグナル遺伝子発現,
第6回中四国耳鼻咽喉科アレルギー疾患研究会, 2005年7月.
231. 堀長 志帆, 吉村 祥穂, 児玉 まどか, 村田 有希, 北村 嘉章, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
アレルギー治療薬のヒスタミンH1受容体mRNA上昇及びヒスチジン脱炭酸酵素mRNA上昇に対する影響,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
232. 錦織 充, 熊谷 恭子, 吉村 祥穂, 梅原 隼人, 前山 一隆, Walter Schunack, 福井 裕行 :
絶食ラットにおけるヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現,
第78回日本薬理学会年会, 2005年3月.
233. 三好 勝洋, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体発現レベル変化によるヒスタミンシグナル調節機構,
第78回日本薬理学会年会, 2005年3月.
234. 堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響,
第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
235. 新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 :
胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会),
日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月.
236. 松山 和渡, 新田 雄一, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 :
ヒト及びラット胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現,
日本薬学会第124年会要旨集, Vol.4, 62, 2004年3月.
237. 泉 憲政, 角谷 千恵子, 荻野 敏, 福井 裕行 :
VASを用いた各種ヒスタミンH1拮抗薬の効果および副作用による比較,
日本薬学会第124回年会, 2004年3月.
238. 三好 勝洋, 河上 希, 児玉 まどか, 堀尾 修平, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の同種および異種リン酸化,
日本薬学会第124回年会, 2004年3月.
239. 福井 裕行, 河上 希, 三好 勝洋, 児玉 まどか, 堀尾 修平 :
β2アドレナリン受容体刺激に誘発されるヒスタミンH1受容 体ダウン調節,
第77回日本薬理学会年会, 2004年3月.
240. 三島 涼子, 藤本 勝巳, 廣川 貴次, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1拮抗薬のinverse agonist作用,
第77回日本薬理学会年会, 2004年3月.
241. 三好 勝洋, 川上 希, 横内 初美, 堀尾 修平, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体のヘテロダウンレギュレーションとリン酸化,
第77回日本薬理学会年会, 2004年3月.
242. 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受 容体の発現調節機構とその意義,
第77回日本薬理学会年会, 2004年3月.
243. 村田 有希, 北村 嘉章, 三好 綾子, 神農 智子, 前山 一隆, 武田 憲昭, 福井 裕行 :
神経性鼻炎アレルギーモデルラット鼻粘膜におけるヒスタミンH1受容体およびヒスチジン脱炭酸酵素の遺伝子発現とアレルギー疾患治療薬の影響,
第13回神経行動薬理若手研究者の集い, 2004年3月.
244. 新田 雄一, 松山 和渡, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 :
ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会),
ファルマシア, Vol.39, No.10, 1017, 2003年11月.
245. 松山 和渡, 市川 竜也, 新田 雄一, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 :
ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の検出(第104回日本薬理学会近畿部会),
日本薬理学雑誌, Vol.123, No.2, 40P, 2003年11月.

作品:

1. 福井 裕行 :
ヒスタミンH2受容体,
Medical Tribune, Vol.39, 34, 2006年.
2. 福井 裕行 :
消化管薬理学,
カッツング 薬理学 原書9版, 1141-1176, 2005年3月.
3. 福井 裕行 :
ヒスタミン,セロトニン, 麦角アルカロイド,
カッツング 薬理学 原書9版, 279-306, 2005年3月.
4. 福井 裕行, 荻野 敏, 秀 道広 :
抗ヒスタミン薬 up to date 基礎から臨床まで ∼塩酸セチリジンを中心として∼,
Medical Tribune, Vol.6, 20-21, 2004年.

その他・研究会:

1. 福井 裕行 :
阿波晩茶は疾患感受性遺伝子の発現抑制により,アレルギー疾患の症状を改善させる.,
四国食品健康フォーラム 2011, 2011年10月.
2. 秀 道広, 川内 秀之, 佐藤 伸一, 福井 裕行 :
抗ヒスタミン薬の多様な作用と臨床的意義,
皮膚アレルギーフロンティア, Vol.8, No.3, 72-77, 2010年8月.
3. 金山 幸治, 石川 留美, 小川 真紀, 佐伯 久美子, 堀尾 修平, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体量とシグナル伝達の相関性およびプロテインキナーゼCによる受容体 up-regulation,
Therapeutic Research, Vol.22, S19-S22, 2001年.
4. 中川 美和子, 堀尾 修平, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
リコンビナントヒスタミンH1受容体発現 CHO 細胞におけるH1受容体の Internalization 発現機構,
Therapeutic Research, Vol.21, S41-S45, 2000年.
5. 藤本 勝巳, 大田 和美, 寒川 賢治, 吉川 潮, 荻野 敏, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の蛋白キナーゼCによるリン酸化部位の同定と受容体脱感作,
Vol.20, S18-S23, 1999年.
6. 大田 和美, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
ヒスタミンH1受容体の活性化機構,
Terapeutic Research, Vol.19, S208-S210, 1998年.
7. 藤本 勝巳, 坂本 和一, 伊藤 誠二, 荻野 敏, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子プロモーター領域の解析,
Therapeutic Research, Vol.18, 45-50, 1997年.
8. 大田 和美, 藤本 勝巳, 福井 裕行 :
ヒトヒスタミンH1受容体のリガンド認識機構,
Therapeutic Research, Vol.17, 147-151, 1996年.
9. 藤本 勝巳, 劉 業奇, 水口 博之, 堀尾 嘉幸, 坂本 和一, 伊藤 誠二, 福井 裕行 :
ホルボールエステルおよび糖質コルチコイドによるヒトヒスタミンH1受容体遺伝子転写活性の調節,
Therapeutic Researc, Vol.16, 181-188, 1995年.
10. 福井 裕行, 藤本 勝巳, 水口 博之, 劉 業奇, 坂本 和一 :
ヒトヒスタミンH1受容体遺伝子のクローニングとホルボールエステルによるヒト H1 受容体情報伝達の長期的および短期的調節,
Therapeutic Research, Vol.15, 218-228, 1994年.

特許:

1. 福井 裕行, 竹田 篤, 小駒 益弘, 見尾 光庸, 前山 一隆 : 有機物質直接吸着超微粒子およびその複合体, 特願2008-074548, .
2. 福井 裕行, 武田 憲昭, 水口 博之 : 鼻過敏症予防・治療剤, (2013年9月), 特許第2013-173722号.
3. 内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法, (2016年3月), 特許第PCT/JP2016/57701号 (2016年).
4. 福井 裕行, 水口 博之, 永峰 賢一 : レンコン節部の抽出物を含有する抗アレルギー剤, (2015年9月), 特許第2015-174921号 (2015年).
5. 内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法, (2015年3月), 特許第2015-048286号 (2015年).
6. 武田 憲昭, 福井 裕行, 水口 博之, 久保 伸夫 : 鼻炎の予防治療装置, (2013年7月), 特許第2013-149012号.
7. 福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭 : 鼻過敏症予防・治療剤, (2011年2月), 特許第2012-040703号.
8. 福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭 : 抗アレルギー組成物,抗アレルギー物質セット,及び抗アレルギー物質セットの製造方法, (2011年1月), 特許第2011-011472号.
9. 福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭 : 鼻粘膜検体内部標準遺伝子, (2010年11月), 特許第2010-258476号.
10. 福井 裕行, 高石 喜久, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫 : アレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制物質, 特願2009-284069 (2009年12月), 特許第PCT/KR2010/008995号 (2009年12月).
11. 福井 裕行, 小嶋 純, 西田 清隆 : 抗ヒスタミン作用を有する医薬, 特願PCT/JP2006/325862 (2006年12月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • IL-33発現抑制によるアレルギー性鼻炎の好酸球性炎症の抑制:ダニ動物モデル研究 (研究課題/領域番号: 20K09693 )
  • インターロイキン-33をターゲットとした難治性アトピー疾患の制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 26460108 )
  • アユルベーダ医薬の機能に基づくアレルギー疾患治療戦略 (研究課題/領域番号: 26305004 )
  • 血中好酸球増多に相関するIL-33遺伝子発現亢進の天然物由来抑制薬の同定 (研究課題/領域番号: 24659474 )
  • Gq蛋白質共役型受容体の細胞内選別輸送機構に関する研究 (研究課題/領域番号: 23590119 )
  • 視床下部弓状核尾側のヒスタミンH1受容体を介する摂食調節機構 (研究課題/領域番号: 21659058 )
  • 前庭性嘔吐反射中枢の機能地図の解明:動物モデルを用いた研究 (研究課題/領域番号: 19591975 )
  • ヒスタミンH_1受容体遺伝子発現機構を標的とする新規アレルギー治療法 (研究課題/領域番号: 18390167 )
  • 空間識異常をコードするシグナルの形成と標的ネットワークの解明 (研究課題/領域番号: 17390462 )
  • 遺伝子改変動物を用いたヒスタミンH1受容体の中枢における機能の解明 (研究課題/領域番号: 13672289 )
  • リボザイムによる蛋白キナーゼアイソザイム発現抑制とヒスタミンH1受容体機能調節 (研究課題/領域番号: 12557231 )
  • 特定領域研究(B)「遺伝子改変動物を用いたヒスタミンの新規機能の発見」申請準備 (研究課題/領域番号: 11897001 )
  • 炎症性サイトカインによる誘導型NO合成酵素mRNAの転写とその分解抑制系の解明 (研究課題/領域番号: 11672172 )
  • 蛋白キナーゼの標的としての受容体とシグナルのクロストーク (研究課題/領域番号: 10169240 )
  • 3次元ポジトロンエミッショントモグラフィーを用いたヒト脳の神経伝達の研究 (研究課題/領域番号: 08044235 )
  • ヒスタミンH_1受容体遺伝子の転写機構の研究 (研究課題/領域番号: 07670105 )
  • 新たなヒスタミンH_1受容体サブタイプの同定 (研究課題/領域番号: 07557194 )
  • 中枢ヒスタミン神経機能研究の新たな展開 (研究課題/領域番号: 05044147 )
  • 情報伝達物質を介したニューロン-2型アストロサイト情報伝達の研究 (研究課題/領域番号: 04670116 )
  • ヒスタミンH_1-受容体蛋白cDNAのクローニング (研究課題/領域番号: 03670102 )
  • 脳内神経伝達物質としてのヒスタミンに関する研究 (研究課題/領域番号: 63480120 )
  • ヒスチジシーモノADPリボシル化の生理的役割 (研究課題/領域番号: 61570123 )
  • 電位依存性カルシウムチャンネルの分子レベルでの研究 (研究課題/領域番号: 61215019 )
  • 視床下部-下垂体系の神経内分泌機構におけるヒスタミンの役割に関する研究 (研究課題/領域番号: 60480135 )
  • 神経伝達物質としてヒスタミンの役割 (研究課題/領域番号: 60440030 )
  • 電位依存性カルシウムチヤンネルの分子レベルでの研究 (研究課題/領域番号: 60223019 )
  • 神経伝達物質としてのヒスタミン:その合成と分解酵素の蛍光抗体法と受容体の精製 (研究課題/領域番号: 59480132 )
  • 研究者番号(90112052)による検索