検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域薬科学部門生命薬学系薬物治療学
徳島大学薬科学教育部薬学専攻
徳島大学薬学部薬学科生命医療薬学講座薬物治療学
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

臨床薬理学 (Clinical Pharmacology)

研究テーマ

血栓症の病態生理機能解析と薬物療法に関する研究, 薬物間相互作用の機序解明と予測法に関する研究, 薬効·安全性評価システムに関する研究, 薬物動態モニタリングシステムに関する研究 (血栓症, 薬物療法, 臨床薬物動態, 薬効評価) (薬物治療をキーワードに,生体での薬の作用·動態に焦点を当てた研究を行っている,いわば''病気と薬の教室''である.主な研究テーマは1)モデル動物を用いた薬効評価を基に,虚血再還流障害や梗塞,血管肥厚の発症·進展に関与する生体内因子の役割解明と新しい薬物療法戦略の確立,2)医薬品の適正使用への貢献を目指す育薬研究として,薬物間相互作用の機序解明と薬物使用状況や薬物動態の特徴を評価できるトータル薬物モニタリングシステムの構築を行っている.)

著書・論文

著書:

1. 滝口 祥令 :
図解薬害・副作用学 改訂2版 血液・造血系に作用する薬,
株式会社 南山堂, 2017年9月.
2. 滝口 祥令 :
図解 薬害・副作用学,
株式会社 南山堂, 東京, 2013年8月.
3. 植松 俊彦, 滝口 祥令, 丹羽 雅之 :
新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進⑤ 薬理学,
株式会社 メヂカルフレンド社, 2011年12月.
4. 滝口 祥令 :
心臓・血管系疾患,
株式会社 南山堂, 東京, 2005年4月.
5. 滝口 祥令 :
医学大事典,
株式会社 医学書院, 2003年3月.
6. 滝口 祥令 :
免疫·アレルギー疾患と治療薬,
医薬ジャーナル社, 大阪, 1999年8月.
7. 滝口 祥令 :
心臓·血管系疾患,
株式会社 南山堂, 東京, 1999年.
8. Yoshiharu Takiguchi and Toshihiko Uematsu :
Thrombosis model with photochemical reaction in femoral artery.,
Churchill-Livingstone, Jan. 1994.
9. Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada and Atsuhiro Mizuno :
Evaluation of antithrombotic drugs:Platelet inhibition and anticoagulants.,
Churchill-Livingstone, Jan. 1994.
10. 滝口 祥令, 中島 光好 :
薬理学からみた動脈硬化ー抗動脈硬化薬とはー,
株式会社 メジカルビュー社, 1993年.
11. 滝口 祥令, 中島 光好 :
交感神経抑制薬とは何かー交感神経抑制薬の種類と薬理作用の特長,
メディカルレビュー社, 1989年.

学術論文(審査論文):

1. Naoshi Yamazaki, Keisuke Kanazawa, Maria Kimura, Hironobu Ike, Makiko Shinomiya, Shouko Tanaka, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for rescue from exon 7 skipping caused by 5-splice site mutation of human cathepsin A gene,
Gene, Vol.677, 41-48, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111998,   DOI: 10.1016/j.gene.2018.07.030,   PubMed: 30010039,   Elsevier: Scopus)
2. Shimokawa Yoshihiko, Yoda Noriaki, Kondo Satoshi, Yamamura Yoshiya, Yoshiharu Takiguchi and Umehara Ken :
Inhibitory Potential of Twenty Five Anti-tuberculosis Drugs on CYP Activities in Human Liver Microsomes,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.9, 1425-1429, 2015.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00313,   PubMed: 26094899,   Elsevier: Scopus)
3. Takenori Yamamoto, Mika Ito, Keita Kageyama, Kana Kuwahara, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Mastoparan peptide causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific membrane proteins but by interacting with the phospholipid phase.,
The FEBS Journal, Vol.281, No.17, 3933-3944, 2014.
(DOI: 10.1111/febs.12930,   PubMed: 25039402)
4. Takuya Hada, Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Kazuto Ohkura, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Yasuo Shinohara :
Comparison of the catalytic activities of three isozymes of carnitine palmitoyltransferase 1 expressed in COS7 cells,
Applied Biochemistry and Biotechnology, Vol.172, No.3, 1486-1496, 2014.
(DOI: 10.1007/s12010-013-0619-y,   PubMed: 24222496,   Elsevier: Scopus)
5. Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa :
Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 113344,   DOI: 10.1016/j.bmc.2013.06.023,   PubMed: 23871495)
6. 滝口 祥令 :
実務実習における教育評価法プログラムの現状と課題,
薬学雑誌, Vol.132, No.2, 365-368, 2012年.
(DOI: 10.1248/yakushi.132.365,   CiNii: 130001872035)
7. S. Nishibayashi, K. Hattori, T. Hirano, K. Uehara, Y. Nakano, M. Aihara, Y. Yamada, M. Muraguchi, F. Iwata and Yoshiharu Takiguchi :
Functional and structural changes in end-stage kidney disease due to glomerulonephritis induced by the recombinant alpha3(IV)NC1 domain.,
Experimental Animals, Vol.59, No.2, 157-170, 2010.
(DOI: 10.1538/expanim.59.157,   PubMed: 20484849)
8. H. Kawazoe, H. Dobashi, T. Kameda, K. Susaki, K. Kittaka, M. Tokuda, N. Fukuoka, Yoshiharu Takiguchi and H. Houchi :
Prospective study to assess the optimal blood concentration of tacrolimus in Japanese patients with rheumatoid arthritis,
Journal of Health Science, Vol.55, No.3, 435-440, 2009.
(DOI: 10.1248/jhs.55.435)
9. Hitoshi Kawazoe, kyoko Takaoka, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti, K Negayama, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Yoshiharu Takiguchi :
Comparison of antibacterial activity of fluoroquinolones with their sucralfate-complexes against clinically-isolated bacteria,
Journal of Health Science, Vol.55, No.5, 790-795, 2009.
(DOI: 10.1248/jhs.55.790,   CiNii: 130000127968)
10. Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Shinichiro Kaji, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada :
Different effect of acute treatment with rosiglitazone on rat myocardial ischemia/reperfusion injury by administration method.,
European Journal of Pharmacology, Vol.589, No.1-3, 215-219, 2008.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2008.05.005,   PubMed: 18571644)
11. Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada :
Comparison of the protective effect of N-acetylcysteine by different treatments on rat myocardial ischemia-reperfusion injury.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.4, 571-577, 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0071664,   PubMed: 18385540)
12. 河添 仁, 滝口 祥令, 井上 達也, 山口 佳津騎, 田中 裕章, 加藤 雅人, 辻 繁子, 二宮 昌樹, 福岡 憲泰, 大西 宏明, 石田 俊彦, 芳地 一 :
同種造血幹細胞移植患者における多剤耐性緑膿菌による感染症治療,
薬学雑誌, Vol.128, No.4, 657-661, 2008年.
(DOI: 10.1248/yakushi.128.657,   CiNii: 110006656204)
13. 川添 仁, 滝口 祥令, 田中 裕章, 二宮 昌樹, 福岡 憲泰, 大西 宏明, 石田 俊彦, 芳地 一 :
同種造血幹細胞移植患者におけるニューキノロン系抗菌薬による内因性感染の予防効果, --- 骨髄移植,末梢血幹細胞移植,臍帯血移植の比較 ---,
薬学雑誌, Vol.127, No.8, 1301-1307, 2007年.
(DOI: 10.1248/yakushi.127.1301,   PubMed: 17666884)
14. Hitoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi, Hiroaki Tanaka, Chiaki Doi, Noriyasu Fukuoka, Nobuhiro Kanaji, Shuji Bandoh, Toshihiko Ishida and Hitoshi Houchi :
Preventive effects of low-dose dexamethasone for delayed adverse events induced by carboplatin-based combination chemotherapy,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.127, No.6, 1001-1006, 2007.
(DOI: 10.1248/yakushi.127.1001,   PubMed: 17541251)
15. Hitoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi, Hiroaki Tanaka, Noriyasu Fukuoka, Hiroaki Ohnishi, Toshihiko Ishida and Hitoshi Houchi :
Change of the blood concentration of tacrolimus after the switch from fluconazole to variconazole in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.12, 2528-2531, 2006.
(DOI: 10.1248/bpb.29.2528,   PubMed: 17142996)
16. 川添 仁, 久保 智美, 飯原 なおみ, 土居 智明, 奥條 真紀子, 福岡 憲泰, 藤本 さとし, 金地 伸拓, 坂東 修二, 石田 俊彦, 滝口 祥令, 芳地 一 :
患者参加型癌化学療法副作用モニタリング, --- 患者の治療参加と情報の共有化 ---,
薬学雑誌, Vol.126, No.8, 629-642, 2006年.
(DOI: 10.1248/yakushi.126.629,   CiNii: 110006154974)
17. Otsuka Toshihiro, Keisuke Izumi, Itsuo Tokunaga, Takako Gotohda, Ipposhi Kaneshige, Yoshiharu Takiguchi, Kaneda Shinya, Nobuo Satake, Takamasa Ohnishi, Seiki Tashiro and Mitsuo Shimada :
Prevention of lethal hepatic injury in Long-Evans Cinnamon(LEC) rats by D-galactosamine hydrochloride,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1-2, 81-86, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110791,   DOI: 10.2152/jmi.53.81,   PubMed: 16537999,   Elsevier: Scopus)
18. 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 大西 秀樹, 兼松 康久, 玉置 俊晃, Ronald Mason, 滝口 祥令 :
ラジカル認識抗体を用いた酸化ストレス由来プロテインラジカル検出法,
日本薬理学雑誌, Vol.126, No.4, 246-249, 2005年.
(DOI: 10.1254/fpj.126.246,   PubMed: 16327204)
19. Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa :
Oxygen radical photo-induced by ferric nitrilotriacetate complex,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1725, No.1, 111-119, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2005.05.001,   PubMed: 15950386)
20. Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Nitrite is an alternative source of NO in vivo,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
(DOI: 10.1152/ajpheart.00525.2004,   PubMed: 15626692)
21. Koichiro Tsuchiya, Yoshiharu Takiguchi, Masumi Okamoto, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Malfunction of vascular control in lifestyle-related diseases : formation of systemic hemoglobin-nitric oxide Complex(HbNO) From Dietary Nitrite,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.4, 395-400, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.FMJ04006X3,   PubMed: 15599101)
22. 小林 睦, 滝口 祥令, 横田 雅之, 北田 徳昭, 関戸 聡子, 西山 裕美, 黒田 和夫 :
経皮的冠動脈形成術(PTCA)施行後の慢性期再狭窄に対するNicorandil投与の影響 -Retrospective解析より,
臨床薬理, Vol.34, No.2, 49-51, 2003年.
(DOI: 10.3999/jscpt.34.2_49,   CiNii: 50000797910,   Elsevier: Scopus)
23. Yoshiharu Takiguchi, Rie Ishihara, Mayumi Torii, Rinya Kato, Shin Kamihara and Toshihiko Uematsu :
Hair analysis of flecainide for assessing the individual drug-taking behavior.,
European Journal of Clinical Pharmacology, Vol.58, No.2, 99-101, 2002.
(DOI: 10.1007/s00228-002-0450-9,   PubMed: 12012140)
24. Mayumi Torii, Yoshiharu Takiguchi, Miyako Izumi, Tokuya Fukushima and Masayuki Yokota :
Carbapenem antibiotics inhibit valproic acid transport in Caco-2 cell monolayers.,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.233, No.1-2, 253-256, 2002.
(DOI: 10.1016/S0378-5173(01)00916-4,   PubMed: 11897429)
25. Yoshiharu Takiguchi, Rie Ishihara, Rinya Kato, Shin Kamihara, Masayuki Yokota and Toshihiko Uemastu :
Measurement of flecainide in hair as an index of drug exposure.,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.90, No.11, 1891-1896, 2001.
(DOI: 10.1002/jps.1138,   PubMed: 11745746,   Elsevier: Scopus)
26. Seiko Ida, Masayuki Yokota, Makoto Ueoka, Kenji Kiyoi and Yoshiharu Takiguchi :
Mild to severe lithium-induced nephropathy models and urine N-acetyl-β-d-glucosaminidase in rats.,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.23, No.8, 445-448, 2001.
(DOI: 10.1358/mf.2001.23.8.662132,   PubMed: 11838319,   Elsevier: Scopus)
27. Mayumi Torii, Yoshiharu Takiguchi, Fumiko Saito, Miyako Izumi and Masayuki Yokota :
Inhibition by carbapenem antibiotic imipenem of intestinal absorption of valproic acid in rats.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.53, No.6, 823-829, 2001.
(DOI: 10.1211/0022357011776171,   PubMed: 11428658,   Elsevier: Scopus)
28. Hiroyuki Matsuno, Osamu Kozawa, Masayuki Niwa, Akira Abe, Yoshiharu Takiguchi and Toshihiko Uematsu :
Characterization of simple and reproducible vascular stenosis model in hypercholesterolemic hamsters.,
Lipids, Vol.36, No.5, 453-460, 2001.
(DOI: 10.1007/s11745-001-0742-4,   PubMed: 11432456)
29. Hiroshi Yoshioka, Seiko Ida, Masayuki Yokotra, Ayako Nishimoto, Sachiko Shibata, Akiko Sugawara and Yoshiharu Takiguchi :
Effects of litium on the pharmacokinetics of valproate in rats.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.52, No.3, 297-301, 2000.
(PubMed: 10757417,   Elsevier: Scopus)
30. Seiko Ida, Masayuki Yokota, Hiroshi Yoshioka and Yoshiharu Takiguchi :
Single exposure to gasoline or ether reduces cytochrom P-450 activities without affecting UDP-glucuronosyltransferase activity in rat liver.,
Journal of Occupational Health, Vol.42, 84-85, 2000.
(DOI: 10.1539/joh.42.84,   Elsevier: Scopus)
31. Yoshikazu Matsumura, Masayuki Yokota, Hiroshi Yoshioka, Sachiko Shibata, Seiko Ida and Yoshiharu Takiguchi :
Acute effects of griseofulvin on the pharmacokinetics of warfarin in rats.,
The Journal of International Medical Research, Vol.27, No.4, 167-175, 1999.
(DOI: 10.1177/030006059902700402,   PubMed: 10599028,   Elsevier: Scopus)
32. Hiroyuki Matsuno, Osamu Kozawa, Masayuki Niwa, Kumiko Tanabe, Katsuhiko Ichimaru, Yoshiharu Takiguchi, Masayuki Yokota, Hideharu Hayashi and Toshihiko Uematsu :
Multiple inhibition of platelet activation by aurintricarboxylic acid prevents vascular stenosis after endothelial injury in hamster carotid artery.,
Thromb.Haemost., Vol.79, 865-871, 1998.
33. Osamu Kozawa, Toshihiko Uematsu, Hiroyuki Matsuno, Masayuki Niwa, Yoshiharu Takiguchi, Syouzou Matsumonot, Masahiko Minamoto, Yoshito Niida, Masahiro Yokokawa, Satoru Nagashima and Mitsutaka Kanamaru :
Pharmacokinetics and safety of a new parenteral carbapenem antibiotic, biapenem (L-627), in eldery subjects.,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.42, 1433-1436, 1998.
34. Masamitsu Shimazawa, Yoshiharu Takiguchi, Kazuo Umemura, Kazunao Kondo and Mitsuyoshi Nakashima :
Antithrombotic effects in a rat model of aspirin-insensitive arterial thrombosis of desethyl KBT-3022, the main active metabolite of a new antiplatelet agent, KBT-3022.,
European Journal of Pharmacology, Vol.328, 183-189, 1997.
35. Masamitu Shimazawa, Yoshiharu Takiguchi, Kazuo Umemura and Mitsuyoshi Nakashima :
Antithrombotic effects of KBT-3022, a novel antiplatelet agent, in an arterial thrombosis model in the guinea-pig.,
Drug Develop.Res., Vol.40, 217-222, 1997.
36. Yoshiharu Takiguchi and Keizo Sogabe :
The selective endothelin ETA receptor antagonist FR139317 inhibits neointimal thickening in the rat.,
European Journal of Pharmacology, Vol.309, No.1, 59-62, 1996.
37. Koichiro Wada, Kazuo Umemura, Hiroshi Nishiyama, Abby R Saniabadi, Yoshiharu Takiguchi, Minoru Nakano and Mitsuyoshi Nakashima :
A chemiluminescent detection of superoxide radical produced by adherent leucocyte to the subendothelium following thrombolysis: studies with a photochemically induced thrombosis model in the guinea pig femoral artery.,
Atherosclerosis, Vol.122, No.2, 217-224, 1996.
(DOI: 10.1016/0021-9150(95)05752-8,   PubMed: 8769684)
38. Yoshiharu Takiguchi, Masamitsu Shimazawa and Mitsuyoshi Nakashima :
A comparative study of the antithrombotic effect of aurintricarboxylic acid on arterial thrombosis in rats and guinea-pigs,
British Journal of Pharmacology, Vol.118, No.7, 1633-1638, 1996.
39. Yoshiharu Takiguchi, Fumitoshi Asai, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Comparison of antithrombotic effects of GPIIb-IIIa receptor antagonist and TXA2 receptor antagonist in the guinea-pig thrombosis model:Possible role of TXA2 in reocclusion after thrombolysis.,
Thromb.Haemostas., Vol.73, 683-688, 1995.
40. Yoshiharu Takiguchi, Tomoko Nagano, Masahiko Ikeda and Mitsuyoshi Nakashima :
Early administration of YT-146, an adenosine A2 receptor agonist, inhibits neointimal thickening after rat femoral artery endothelium injury.,
European Journal of Pharmacology, Vol.281, 205-207, 1995.
41. Yoshiharu Takiguchi, Fumitoshi Asai, Koichiro Wada, Hideya Hayashi and Mitsuyoshi nakashima :
Antithrombotic effect of a novel recombinant hirudin analogue, CX-397, in a rat arterial thrombosis model.,
British Journal of Pharmacology, Vol.116, 3056-3060, 1995.
42. 中島 光好, 小菅 和仁, 梅村 和夫, 滝口 祥令, 近藤 一直, 水野 淳宏, 植松 俊彦, 渡辺 祐二 :
(3),
日本化学療法学会雑誌, Vol.43, 647-654, 1995年.
43. Hiroshi Nishiyama, kazuo Umemura, Abby.R Saniabadi, Yoshiharu Takiguchi, Toshihiko Uematsu and Mitsuyoshi Nakashima :
Enhancement of thrombolytic efficacy of tissue-type plasminogen activator by adjuvants in the guinea pig thrombosis model.,
European Journal of Pharmacology, Vol.264, 191-198, 1994.
44. Koichiro Wada, Abby.R Saniabadi, Kazuo Umemura, Yoshiharu Takiguchi and Mitsuyoshi Nakasima :
UV-dependent quinolone-induced human erythrocyte membrane lipid peroxidation:Studies on the phototoxicity of Y-26611, a new quinolone derivative.,
Pharmacology and Toxicology, Vol.74, 240-243, 1994.
45. Hiroyuki Matsuno, Toshihiko Uematsu, Kazuo Umemura, Yoshiharu Takiguchi, Yoshihiro Asai and Mitsuyoshi Nakashima :
A simple and reproducible cerebral thrombosis model in rats induced by a photochemical reaction and the effect of a plasminogen-plasminogen activator chimera in this model.,
Journal of Pharmacological and Toxicological Methods, Vol.29, No.3, 165-173, 1993.
(DOI: 10.1016/1056-8719(93)90068-P,   PubMed: 8364230,   Elsevier: Scopus)
46. Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Hemodynamic effects on thrombogenesis and platelet aggregation in spontaneously hypertensive rats.,
Clin.Exp.Hypertension, Vol.15, 197-208, 1993.
47. Yoshihiro Hirata, Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada, Hiroyuki Matsuno, Kazuo Umemura, Toshihiko Uematsu and Mitsuyoshi Nakashima :
Roles of platelet-activating factor, thromboxane A2, ADP and thrombin in thrombogenesis in the guinea pig.,
European Journal of Pharmacology, Vol.231, 421-425, 1993.
48. Koichiro Wada, Yoshiharu Takiguchi and Mitsuyoshi Nakashima :
Changes in platelet aggregation in whole blood, plasma and washed platelets in streptozotocin-induced diabetic rats: Time-dependent change in the antiaggregatory activity of diabetic rat plasma.,
Platelets, Vol.4, No.5, 280-284, 1993.
(DOI: 10.3109/09537109309013229,   PubMed: 21043752)
49. Yoshinori Hirata, Kazuo Umemura, Yoshiharu Takiguchi, Toshihiko Uematsu and Mitsuyoshi Nakashima :
A thrombosis model for evaluating thrombolytic agents in the guinea-pig:comparison of t-PA, scu-PA and a novel thrombolytic agent, staphylokinase, on thrombolytic activity.,
Blood Coagulat.Fibrinol., Vol.4, 569-575, 1993.
50. Yoshiharu Takiguchi, Yoshihiro Hirata, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Arterial thrombosis model with photochemical reaction in guinea-pig and its property.,
Thrombosis Research, Vol.67, No.4, 435-445, 1992.
(DOI: 10.1016/0049-3848(92)90273-D,   PubMed: 1412222)
51. hiroyuki Matsuno, Toshihiko Uematsu, Kazuo Umemura, Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Effects of vapiprost, a novel thromboxane receptor antagonist, on thrombus formation and vascular patency after thrombolysis by tissue-type plasminogen activator.,
British Journal of Pharmacology, Vol.106, 533-538, 1992.
52. Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Comparison of the inhibitory effects of the TXA2 receptor antagonist, vapiprost, and other antiplatelet drugs on arterial thrombosis in rats:Possible role of TXA2.,
Thromb.Haemostas., Vol.68, 460-463, 1992.
53. Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada and Mitsuyoshi Nakashima :
Effect of aldose reductase inhibitor on the inhibition of platelet aggregation induced by diabetic rat plasma.,
European Journal of Pharmacology, Vol.215, 289-291, 1992.
54. R.P Hof, Yoshiharu Takiguchi, J Nussberger, A Hof, M Klay, T Peters, R Zelis and H.R Brunner :
Baroreflex and atrial natriuretic factor concentration correlate with myocardial infarct size and predict early death in rabbits:Implications for drug studies.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.18, No.3, 361-368, 1991.
(PubMed: 1720836)
55. Yoshiharu Takiguchi, Koichiro Wada, Hiroyuki Matsuno and Mitsuyoshi Nakashima :
Effect of diabetes on photochemically induced thrombosis in femoral artery and platelet aggregation in rats.,
Thrombosis Research, Vol.63, No.4, 445-456, 1991.
(DOI: 10.1016/0049-3848(91)90231-K,   PubMed: 1754997)
56. Yi-Ting Wang, Yoshiharu Takiguchi, Toshihiko Uemastu and Mitsuyoshi Nakashima :
Augmented responsiveness to sympathetic nerve stimulation of isolated vas deferens of diabetic rats.,
Arch.Int.Pharmacodyn., Vol.309, 160-169, 1991.
57. Kazuo Umemura, Yoshiharu Takiguchi and Mitsuyoshi Nakashima :
Altered effect of arachidonic acid on inner ear blood flow in rats with streptozotocin-induced diabetes.,
Ann.Otol.Rhinol.Laryngol., Vol.100, 389-393, 1991.

総説・解説:

1. 滝口 祥令, 佐藤 智恵美, 土屋 浩一郎 :
効果的な実務実習に向けたアクティブ・ラーニングの取り組み,
医薬ジャーナル, Vol.51, No.11, 133-137, 2015年11月.
2. 滝口 祥令, 植松 俊彦 :
新薬の老年者への適用(17)アルツハイマー型痴呆治療薬,
老年消化器病, Vol.12, 181-183, 2000年.
3. Toshihiko Uematsu and Yoshiharu Takiguchi :
Pharmacokinetic and-dynamic aspects of active agents against anti-biotic-resistant gram-positive cocci,
Recent Res.Devel.Antimicrob.Agents & Chemother., Vol.4, 55-62, 2000.
4. 滝口 祥令, 植松 俊彦 :
新薬の老年者への適用(18)SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬,
老年消化器病, Vol.12, 281-283, 2000年.
5. 滝口 祥令, 植松 俊彦 :
毛髪中のカフェインは肝機能の指標 -連載「毛髪による薬歴·病歴管理--毛髪一本でここまで分かる」-,
治療, Vol.79, 1747, 1997年.
6. 滝口 祥令, 中島 光好 :
病気とくすり:狭心症治療薬,
薬局, Vol.45, 197-200, 1994年.
7. 滝口 祥令, 中島 光好 :
新しい作用機序の薬:Kチャネル開口薬,
日本病院薬剤師会雑誌, Vol.30, 429-432, 1994年.
8. 中島 光好, 梅村 和夫, 滝口 祥令 :
創薬のための新しい病態モデル,
日本薬理学雑誌, Vol.102, 191-199, 1993年.
9. 滝口 祥令, 中島 光好 :
注目の新薬:カドララジン,
現代医療, Vol.24, No.7, 1975-1979, 1992年7月.
10. 滝口 祥令, 中島 光好 :
薬理学からみた動脈硬化ー抗動脈硬化薬とはー,
月刊「循環」, Vol.12, 17-20, 1991年.
11. 滝口 祥令 :
アスピリンの抗血小板療法ーaspirin dilemmaへのアプローチー,
医学のあゆみ, Vol.155, 103, 1990年.
12. 滝口 祥令, 中島 光好 :
カリウム保持性利尿薬.,
医学のあゆみ, Vol.153, 951-955, 1990年.
13. 滝口 祥令, 中島 光好 :
薬理作用に対する前臨床試験,
薬局, Vol.39, 1563-1568, 1988年.

国際会議:

1. Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
The 43rd FEBS Congress, Praha, Jul. 2018.
2. Yoshiharu Takiguchi :
Yoshiharu Takiguchi, Shin-ichi Tani, Keisuke Furuta, Naoshi Yamazaki. Implication of endogenous lysophosphatidic acid in intimal thickening in rat injured artery.Implication of endogenous lysophosphatidic acid in intimal thickening in rat injured artery. 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,
Kyoto, Jul. 2018.
3. Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA,
2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016.
4. Shima Sawako, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Yoshiharu Takiguchi :
Induction of mitochondrial permeability transition by dequalinium,
40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
5. Kuwahara Kana, Harada Kazuki, Yamagoshi Ryohei, Yoshiharu Takiguchi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Effects of employment of distinct strategies to capture antibody on antibody delivery into cultured cells,
40th FEBS Congress, Berlin, Jul. 2015.
6. Takenori Yamamoto, Ito Mika, Kageyama Keita, Kuwahara Kana, Kikuji Yamashita, Yoshiharu Takiguchi, Seiichiro Kitamura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Mastoparan causes mitochondrial permeability transition not by interacting with specific proteins, but by interacting with the phospholipid phase,
The American Society for Cell Biology 2014, Philadelphia, Dec. 2014.
7. Noriko Saito-Tarashima, Kojima Takamitsu, Hashimoto Yosuke, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Kiwada, Tatsuhiro Ishida, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
A novel approach of gene suppression using an intelligent shRNA expressing device (iRed),
9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Naples(Italy), Oct. 2013.
8. Y. Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Noriaki Minakawa :
Gene silencing by 2'-modified-4'-thio oligonucleotides via U1i machinery,
第39回国際核酸化学シンポジウム, Nov. 2012.
9. Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi :
Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells,
13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
10. Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo,
International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
11. Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Hideki Ohnishi, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Mason P. Ronald and Yoshiharu Takiguchi :
Immunochemical Dection of Thioredoxin-Derived Radicals Formed by Reaction with Hydrogen Peroxide,
EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
12. Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa :
Oxygen Radicals Photo-induced by Ferric Nitrilotriacetate(FE-NTA) Complex,
EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.

国内講演発表:

1. 高橋 里奈, 植田 百花, 小出 華永, 川合 真央, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
イントロンやエクソン内の配列と結合する改変U1 snRNAによるCTSAエクソン7スプライス異常の修復,
第58回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
2. 奥村 俊樹, 山﨑 尚志, 高石 誠太郎, 宮城 さくら, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1A mRNAにおけるA-to-I RNA編集の意義の解明,
第58回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
3. 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1A mRNAの3'-UTRにおけるA-to-I RNA編集,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
4. 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
Exon specific U1 snRNAによる CTSAエクソン7スプライス異常の修復,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
5. 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソンスキップ修復の試み,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
6. 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
Exon specific U1 snRNAを用いたCTSAエクソン7スキッピングの修復,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
7. 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1A mRNAの3'-UTR中の逆向きAlu配列はADARによってRNA編集を受ける,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
8. 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソン7スキップの修復,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
9. 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 月本 準, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第59回日本生化学会 中国四国支部例会, 2018年5月.
10. 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1a mRNA 3'-UTR中の逆向きAlu配列はA-to-I RNA編集を受ける,
2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
11. 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1a mRNAの3 '-UTRに存在する逆向きAlu配列とRNA編集,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
12. 齋藤 朱里, 四宮 槙子, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ヒトカテプシンAエクソン7スキッピングにおける3 'スプライスサイトの関与,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
13. 山村 桃子, 高田 元太, 冨永 和也, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ヒトカテプシンAスプライス異常修復を目指したトランススプライシング法の確立,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
14. 井上 真緒, 高田 元太, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAスプライシング異常修復の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
15. 木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
16. 滝口 祥令 :
シンポジウム「先導的薬剤師養成にめけた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発(H22-H27年度)の中四国国立3大学における実施状況と新事業の展開に向けて」,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
17. 木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
18. 滝口 祥令 :
シンポジウム 先導的薬剤師養成にめけた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 「教育評価手法プログラム及びトランスレーショナルリサーチ・臨床試験プログラム」,
2016年3月.
19. 滝口 祥令, 下川 義彦, 依田 典明, 近藤 聡志, 山村 佳也, 梅原 健 :
結核治療薬の肝CYP酵素阻害活性に関する網羅的検討,
第36回日本臨床薬理学会学術総会, 2015年12月.
20. 三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
21. 木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
22. 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
23. 伊藤 優希, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
Carnitine palmitoyltransferase 1アイソフォームのSDS-PAGE移動度に違いをもたらす領域の同定,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
24. 金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復,
遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
25. 島 佐和子, 山本 武範, 榎本 麻里子, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
デカリニウムはミトコンドリアに透過性遷移を誘起する,
日本薬学会年会, 2015年3月.
26. 伊藤 優希, 井上 真緒, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
CPTⅠタンパク質のアイソフォーム間におけるSDS-PAGE移動度の違い,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
27. 田中 翔子, 金澤 慶祐, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
28. 三木 和也, 山﨑 尚志, 吉良 太孝, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
ナノ核酸デバイスを用いたsiRNAオフターゲット効果の抑制,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
29. 朝倉 有紀, 三木 和也, 木村 麻里安, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
30. 伊藤 美香, 山本 武範, 懸山 啓太, 桑原 かな, 山下 菊治, 滝口 祥令, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Mastoparanはミトコンドリアのリン脂質膜に作用して透過性遷移を誘導する,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
31. 池 啓伸, 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 滝口 祥令, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の修復,
第87回日本生化学会, 2014年10月.
32. 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
33. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
34. 懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ミトコンドリア透過性遷移におけるシクロフィリンDの挙動解析,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
35. 山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
36. 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
37. 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現制御,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
38. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
39. 門田 美香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
40. 石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
41. 柳沢 未来, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 :
CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い,
第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
42. 阿萬 明, 朝倉 有紀, 南川 典昭, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 :
改変U1snRNAによる遺伝子発現抑制,
第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
43. 懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
透過性遷移を誘起したミトコンドリアにおけるシクロフィリンDの挙動の解析,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
44. 滝口 祥令 :
実務実習における教育評価法プログラムの開発に向けてー現状と課題ー シンポジウム:先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
45. 菊地 優作, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 南川 典昭 :
2'-F-4'-チオヌクレオシドを含むキメラ型オリゴマーの合成と性質,
日本薬学会第132年会(札幌), 2012年3月.
46. 石戸 健, 中本 淳子, 淺木 千佳, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
リゾフォスファチジン酸の血管肥厚形成への関与,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
47. 新田 芳久, 塩田 祐子, 下川 義彦, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
毛髪を用いた肝CYP3A4代謝活性評価に関する基礎的検討,
第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
48. 中本 淳子, 板東 由佳, 淺木 千佳, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与,
第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
49. 小島 孝充, 丸山 豪斗, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 松田 彰, 南川 典昭 :
PCRによる4'-チオDNAの合成,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム, 2011年9月.
50. 滝口 祥令 :
実務実習における教育評価法プログラムの現状と課題ーシンポジウム:先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
51. 西林 政治, 平野 隆弘, 上原 憲二, 服部 克次, 中野 善正, 相原 美紀, 山田 能久, 村口 正宏, 岩田 房子, 滝口 祥令 :
ラットⅣ型コラーゲンの組換えNC1抗原感作誘発糸球体腎炎モデルの作製と腎不全進行の機序に関する基礎的研究,
第118回日本薬理学会近畿部会, 2010年11月.
52. 塩田 祐子, 新田 芳久, 下川 義彦, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
毛髪を用いた肝CYP3A4活性評価に関する基礎的研究,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月.
53. 梶 真一朗, 中本 淳子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
PPAR-αおよびγ活性化による心筋虚血再灌流障害抑制効果の比較,
第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
54. 梶 真一朗, 中本 淳子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
心筋虚血再灌流障害に対するPPAR-γ及びPPAR-α活性化効果の比較,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
55. 田澤 綾香, 木下 綾子, 森 咲子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
サリチル酸系薬物の吸収に及ぼすカルバペネム系抗生物質の影響,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
56. 德村 彰, 上田 香織, 足立 美香, 竹永 葉月, 盛重 淳一, 堤 敏彦, 滝口 祥令 :
哺乳類体液におけるリゾホスファチジン酸レベルの調節機構ーシンポジウム「生理活性リゾリン脂質研究Update」,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
57. 梶 真一朗, 竹永 葉月, 山﨑 尚志, 德村 彰, 滝口 祥令 :
リゾホスファチジン酸の心筋虚血再灌流障害への影響,
第82回 日本薬理学会年会, 2009年3月.
58. 梶 真一朗, 一丸 智司, 阿部 真博, 滝口 祥令 :
心筋虚血再灌流障害に対するPPAR-γ活性化療法の効果,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
59. 竹永 葉月, 梶真 一朗, 松田 彩佳, 德村 彰, 滝口 祥令 :
心筋虚血再灌流障害における脂質メディエーターリゾホスファチジン酸の生理的役割,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月.
60. 東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 :
徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
61. 田岡 千明, 土屋 浩一郎, 神谷 昌樹, 根本 尚夫, 石澤 啓介, 山口 邦久, 滝口 祥令, 玉置 俊晃 :
水溶性Fenofibrate製剤の作成と中性脂肪低下作用の検討,
第111回 日本薬理学会近畿部会, 81, 2007年6月.
62. 神谷 昌樹, 中本 亜樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 :
高脂血症治療薬・フェノフィブラートのBGL Modificationによる中性脂肪低下効果の検討,
日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, 2007年3月.
63. 石上 まみ, 池平 しのぶ, 三好 真紀, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令, 高石 喜久 :
竹粉末のロペラミン誘発便秘改善作用,
第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
64. 大久保 美佐緒, 河野 美代, 東 満美, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生, 田村 祥祐, 仁木 稔, 元木 宏, 玉田 正夫, 山内 あい子, 滝口 祥令, 木原 勝, 原谷 明 :
薬学部学生の薬局実務実習についての意識調査∼薬局薬剤師および学生の立場から∼,
第36回日本薬剤師会学術大会, 2003年10月.
65. 福山 充俊, 嵩原 裕夫, 石橋 広樹, 田代 征記, 滝口 祥令, 岩野 淳子, 山内 あい子 :
小児における血中セレン濃度の検討-第1報新生児について-,
第15回日本静脈経腸栄養学会, 1999年2月.
66. 山内 あい子, 滝口 祥令, 横田 雅之, 木原 勝, 久次米 俊秀, 寺岡 和彦, 水口 和生, 高杉 益充 :
徳島大学大学院薬学研究科医療薬学専攻における初年度臨床薬学実習の評価,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
67. 横田 雅之, 木原 勝, 滝口 祥令, 山内 あい子 :
学部および大学院における医療薬学教育の実践-実習カリキュラムと学生対象アンケート調査の結果-,
日本薬学会第117年会, 1997年3月.

その他・研究会:

1. Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
FEBS Open Bio, Vol.8, No.Supplement 1, ShT.35-1, Jul. 2018.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 生体内における亜硝酸由来NO生成因子の解明 (研究課題/領域番号: 18590235 )
  • 腎虚血-再潅流時の腎臓内亜硝酸由来NO産生の病態生理学的役割の解明 (研究課題/領域番号: 16590196 )
  • 細胞接着分子を標的とした血管肥厚薬物療法の開発 (研究課題/領域番号: 12672217 )
  • 血管肥厚に対する白血球接着阻害療法の有効性に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 10672151 )
  • 血栓および血管肥厚形成における細胞接着分子の役割解明と薬物療法の確立 (研究課題/領域番号: 08672613 )
  • チロシンカイネース阻害作用に基づく新しいタイプの抗リュウマチ薬の開発研究 (研究課題/領域番号: 08557136 )
  • アデノシンの血管肥厚抑制作用に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 07672459 )
  • 血小板の血栓形成因子としての役割解明と抗血小板薬治療法の確立 (研究課題/領域番号: 05671896 )
  • 病態モデルにおける血栓形成成因の薬理学的解明 (研究課題/領域番号: 03671097 )
  • 患者群での薬動力学パラメータ算出と個別化による個人薬物投与設計に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 61480440 )
  • 研究者番号(40163349)による検索