RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2004.10〜2014.3

2004年度(平成16年度)

article.{@.date="20041000 20050399" @.organization=\E{121190}}

2004年度(平成16年度) / 著書

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2004年度(平成16年度) / 学術レター

1) Takuji Kousaka, Yoshihito Yasuhara, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Experimental Realization of Controlling Chaos in the Periodically Switched Nonlinear Circuit, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.14, No.10, 3655-3660, 2004.

2004年度(平成16年度) / 総説・解説

(なし)

2004年度(平成16年度) / 国際会議

1) YUE MA, Takuji Kousaka, Chi K. Tse and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Analyzing Switched Dynamical Systems, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2004, 59-62, Fukuoka, Nov. 2004.
2) YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of Bifurcation in DC/DC PWM Switching Converters, Proceedings of 8th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision 2004, 1421-1426, Kunming, Dec. 2004.
3) Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Proc. of 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 491-494, Honolulu, Mar. 2005.
4) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Spatio-Temporal Complex Behavior in Inhibitory Modified BVP Neurons Connected by Gap-Junction, Proc. NCSP2005, 29-32, Honolulu, Mar. 2005.
5) Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : A New Scheme for Construction of 3D Bifurcation Diagrams, Proc. of NCSP2005, 65-68, Honolulu, Mar. 2005.
6) Yusuke Nishiuchi, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : On Synchronization in Cross Coupled BVP Oscillators, Proc. NCSP2005, 109-112, Honolulu, Mar. 2005.

2004年度(平成16年度) / 国内講演発表

1) 吉永 哲哉, 津元 国親, 飯田 仁, 川上 博 : サーカディアンリズムの結合振動子モデルと時計遺伝子モデルの分岐解析, 生体医工学, Vol.42, No.2, 178, 2004年11月.
2) 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における不安定周期運動の安定化可能領域についての考察, 電気学会全国大会講演論文集, Vol.3, 37, 2005年3月.

2004年度(平成16年度) / 作品等

(なし)

2004年度(平成16年度) / その他・研究会

1) 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 電気シナプスと抑制性シナプスによって結合される 変形BVPニューロンモデルにみられる同期現象について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.84, 49-54, 2004年11月.
2) 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : ニュートンホモトピー法を応用した3次元分岐局面の構成法について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004, No.91, 15-20, 2005年1月.
3) 飯田 仁, 吉永 哲哉, 川上 博 : サーカディアン振動子モデルにみられる同期化リズムの等位相差集合の解析, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2004-89, 5-8, 2005年1月.

2004年度(平成16年度) / 報告書

(なし)

2005年度(平成17年度)

article.{@.date="20050400 20060399" @.organization=\E{121190}}

2005年度(平成17年度) / 著書

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Munehisa Sekikawa, Naohiko Inaba, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Collapse of duck solution in a circuit driven by an extremely small periodic force, Electronics and Communications in Japan, Part 3 : Fundamental Electronic Science, Vol.88, No.4, 51-59, 2005.
2) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga and Hiroshi Kawakami : Bifurcation of synchronization phenomena observed in a coupled neuron model for circadian clock rhythms, Systems and Computers in Japan, Vol.36, No.8, 1-14, 2005.
3) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Bifurcation analysis of a piecewise smooth system with non-linear characteristics, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.33, No.4, 263-279, 2005.
4) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : Connecting border collision with saddle-node bifurcation in switched dynamical systems, IEEE Transactions on Circuits and Systems II: Express Briefs, Vol.52, No.9, 581-585, 2005.
5) Kunichika Tsumoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations in Morris-Lecar neuron model, Neurocomputing, Vol.69, No.4-6, 293-316, 2006.
6) Takuji Kousaka, Tetsushi Ueta, YUE MA and Hiroshi Kawakami : Control of chaos in a piecewise smooth nonlinear system, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 1019-1025, 2006.
7) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Stable torus and its bifurcation phenomena in a Three-Dimensional Autonomous Circuit, Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, No.4, 941-951, 2006.
8) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : General Consideration for Modeling and Bifurcation Analysis of Switched Dynamical Systems, International Journal of Circuit Theory and Applications, Vol.28, No.3, 2006.
9) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in a mathematical model for circadian oscillations of clock genes, Journal of Theoretical Biology, Vol.239, No.1, 101-122, 2006.
10) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9, 2006年.

2005年度(平成17年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2005年度(平成17年度) / 学術レター

1) Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Chaos in cross-coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.15, No.10, 3359-3366, 2005.

2005年度(平成17年度) / 総説・解説

(なし)

2005年度(平成17年度) / 国際会議

1) YUE MA, Chi K. Tse, Takuji Kousaka and Hiroshi Kawakami : A Subtle Link in Switched Dynamical Systems: Saddle-Node Bifurcation Meets Border Collision, Proceedings of The 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, 6050-6053, Kobe, May 2005.
2) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Modified BVP Neurons Connected by Inhibitory and Electrical Coupling, Proc. ISCAS2005, 6058-6061, Kobe, May 2005.
3) Kunichika Tsumoto, Tetsuya Yoshinaga, Hitoshi Iida, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation Analyses in a Circadian Oscillator Model of Clock Genes, Abstract book of International Workshop on Gene-Protein Dynamics of Circadian Clocks, 89-130, Tokyo, Sep. 2005.
4) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in Class 1 neuron models interconnected by inhibitory and electrical synapses, Proc. of NOLTA'05, Vol.1, 317-320, Bruges, Oct. 2005.
5) Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka and Hiroshi Kawakami : Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing, 207-210, Honolulu, Mar. 2006.
6) Toshiyuki Kumano, Masaaki Mizumoto, Yusuke Nishiuchi, Kunichika Tsumoto, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Development of an ODE solver orienting a bifurcation analysis package, Proc. of NCSP'06, 297-300, Honolulu, Mar. 2006.
7) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation phenomena of capacitive coupled BVP oscillators, Proc. of NCSP2006, 243-246, Honolulu, Mar. 2006.
8) Hiroki Yoshii, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization and stereolithography system of bifurcation sets, Proc. of NCSP2006, 361-364, Honolulu, Mar. 2006.
9) Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Proc. of NCSP2006, 325-328, Honolulu, Mar. 2006.
10) Kimiyasu Shiotsu, Tetsuya Kobayashi, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara and Hiroshi Kawakami : Bifurcations of periodic solutions in the forced genetic toggle switch system, Proc. of NCSP2006, 251-254, Honolulu, Mar. 2006.

2005年度(平成17年度) / 国内講演発表

1) 吉永 哲哉, 飯田 仁, 津元 国親, 川上 博 : 時計遺伝子リズムに基づくサーカディアンモデルの解析, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, 114-118, 2005年9月.
2) 今倉 禄浩, 上田 哲史, 川上 博 : Brusselator にみられるカオス現象, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
3) 好井 浩喜, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : Homotopy法をもちいた分岐局面の自動追跡, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2005年9月.
4) 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博 : 倒立振子における力学系の対称性を利用した不安定周期運動の安定化制御器設計法, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 103, 2005年9月.
5) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 変形BVP発振器でみられる引力圏境消失について, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 10, 2005年10月.
6) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタ内の軌道履歴の視覚化, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 12, 2005年10月.
7) 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博 : 2次元ニューロンモデルの発火特性とその分類, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 5, 2005年10月.
8) 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : 遺伝子スイッチモデルの強制系に見られる周期解とその分岐現象, 平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 4, 2005年10月.
9) 的場 みぎわ : コラージュ療法を利用した学生相談の一事例, 日本箱庭療法学会第19回大会, 2005年10月.
10) 三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博 : シラバス科目間の関連性を用いた学習経路検索支援, 教育システム情報学会研究報告, Vol.20, No.4, 7-12, 2005年11月.

2005年度(平成17年度) / 作品等

(なし)

2005年度(平成17年度) / その他・研究会

1) Hirokazu Komatsu, Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcational classification for type-I and II activities in a forced planar H-R model, Int. Symp. Complexity Modelling and its Applications, Nov. 2005.
2) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : カオスアトラクタの写像履歴の視覚化を用いた情報抽出, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.107, 55-60, 2006年1月.
3) 好井 浩喜, 上田 哲史, 川上 博 : 非線形力学系における3次元分岐構造の自動追跡, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.103, 55-60, 2006年1月.
4) 小松 広和, 辻 繁樹, 上田 哲史, 川上 博, 合原 一幸 : 2次元H-R神経細胞モデルにおけるType-IおよびType-II特性とその外力応答, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.113, 87-92, 2006年1月.
5) 塩津 公康, 上田 哲史, 辻 繁樹, 川上 博, 合原 一幸 : 遺伝子スイッチモデルに見られる分岐現象, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2005, No.114, 93-98, 2006年1月.

2005年度(平成17年度) / 報告書

(なし)

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{121190}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1) 川上 博, 島本 隆, 西尾 芳文 : 例題と課題で学ぶ電気回路, --- 線形回路の定常解析 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2006年10月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Bifurcation analysis of current coupled BVP oscillators, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 837-850, 2007.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

1) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Hiroshi Fujii and Kazuyuki Aihara : Bifurcations in two-dimensional Hindmarsh-Rose type model, International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.17, No.3, 985-998, 2007.

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国際会議

1) Toshiyuki Kumano, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Pattern Emergence in Strange Attractor by Directions of Mappings, Proc. of ISCAS2006, 2737-2740, Island of Kos, Greece, May 2006.
2) Shigeki Tsuji, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami and Kazuyuki Aihara : Dependence of Synchronous Activities in Coupled Inhibitory Neurons upon Excitability Classes, Proc. of NOLTA2006, Bologna, Italy, Sep. 2006.
3) Yasuo Miyoshi, Takahiro Oie, Hiroshi Kawakami, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano : e-Syllabus System Supporting the Discovery of Learning Paths, Proceedings of E-Learn 2006, 784-789, Honolulu, Oct. 2006.

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation and Chaos in Simplification Circuit of v-i Coupled BVP Oscillators, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-4, 300, 2006年9月.
2) 塩津 公康, 上田 哲史, Tetsuya Kobayashi, 辻 繁樹, 合原 一幸, 川上 博 : On bistability of forced gene toggle switch, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-5, 301, 2006年9月.
3) 熊野 聡促, 上田 哲史, 川上 博 : A detection of repelles by applied computation for basin of attractions, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-2, 298, 2006年9月.
4) 水本 匡昭, 上田 哲史, 川上 博 : Bifurcation analysis of modified Duffing-van der Pol equation, 平成18年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-3, 299, 2006年9月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

(なし)

2006年度(平成18年度) / 報告書

(なし)

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{121190}}

2007年度(平成19年度) / 著書

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 的場 みぎわ : アパシー学生に対するコラージュ技法の適用事例, 箱庭療法学研究, Vol.20, No.1, 47-59, 2007年.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

(なし)

2007年度(平成19年度) / 国際会議

1) Yusuke Nishiuchi, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Structure of Capacitive Coupled BVP, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
2) Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, Proc. NDES2007, 90-93, Tokushima, Jul. 2007.
3) Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Visualization of unstable periodic points embedded in chaotic attractors by the directional coloring, Proc. NOMA'07, 25-28, Toulouse, Dec. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

1) Masaaki Mizumoto, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcation Analysis of Duffing-Rayleigh Equation, 平成19年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.17-58, 388, Sep. 2007.
2) 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報)-ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, 39-40, 2008年2月.
3) 岡田 愛, 的場 みぎわ, 多田 敏子, 北村 清一郎, 小山 晋之 : 大学生のメンタルヘルスの実態(2報) 心理的反応の実態より, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 41-42, 2008年2月.
4) 的場 みぎわ, 多田 敏子, 岡田 愛 : 大学生のメンタルヘルスの実態(1報) ソーシャルサポートより, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 39-40, 2008年2月.

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

(なし)

2007年度(平成19年度) / 報告書

(なし)

2008年度(平成20年度)

article.{@.date="20080400 20090399" @.organization=\E{121190}}

2008年度(平成20年度) / 著書

1) 川上 博, 島本 隆 : 電気回路の基礎数学, --- 連立方程式・複素数・微分方程式 ---, 株式会社 コロナ社, 東京, 2008年10月.

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2008年度(平成20年度) / 学術レター

(なし)

2008年度(平成20年度) / 総説・解説

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国際会議

(なし)

2008年度(平成20年度) / 国内講演発表

(なし)

2008年度(平成20年度) / 作品等

(なし)

2008年度(平成20年度) / その他・研究会

1) 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博 : 特異な応答における Basin Boundary 構造の消失と数値演算誤差について, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2008, No.29, 53-56, 2008年7月.

2008年度(平成20年度) / 報告書

(なし)

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{121190}}

2009年度(平成21年度) / 著書

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta and Hiroshi Kawakami : Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems. Series A: Mathematical Analysis, Vol.16, No.6, 811-824, 2009.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2009年度(平成21年度) / 学術レター

(なし)

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国際会議

(なし)

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 的場 みぎわ, 岡田 愛 : 学生相談におけるグループワーク, 日本心理臨床学会第28回大会, 2009年9月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

(なし)

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

(なし)

2009年度(平成21年度) / 報告書

(なし)

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{121190}}

2010年度(平成22年度) / 著書

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2010年度(平成22年度) / 学術レター

(なし)

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国際会議

(なし)

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

(なし)

2010年度(平成22年度) / 作品等

(なし)

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

(なし)

2010年度(平成22年度) / 報告書

(なし)

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{121190}}

2011年度(平成23年度) / 著書

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2011年度(平成23年度) / 学術レター

(なし)

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国際会議

(なし)

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 井ノ崎 敦子 : 対人関係で悩む広汎性発達障害のある学生への支援―恋愛における支援のあり方についての検討―, 日本学生相談学会第29回大会発表論文集, 102, 2011年5月.
2) 井ノ崎 敦子 : 高校生対象のデートDV予防教育プログラムに関する一研究(2)―性暴力予防に焦点を当てた予防教育プログラムの開発とその効果の検討―, 日本心理学会第75回大会論文集, 1285, 2011年9月.

2011年度(平成23年度) / 作品等

(なし)

2011年度(平成23年度) / その他・研究会

(なし)

2011年度(平成23年度) / 報告書

(なし)

2012年度(平成24年度)

article.{@.date="20120400 20130399" @.organization=\E{121190}}

2012年度(平成24年度) / 著書

1) 井ノ崎 敦子 : 性暴力が子どもの発達に与える影響, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2012年度(平成24年度) / 学術レター

(なし)

2012年度(平成24年度) / 総説・解説

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国際会議

(なし)

2012年度(平成24年度) / 国内講演発表

1) 井ノ崎 敦子 : DV被害女性のための心理教育グループの効果に関する研究(2)―事前・事後調査による心理的変化による検討―, 日本心理臨床学会第31回大会論文集(愛知), 2012年9月.
2) 井ノ崎 敦子 : 進路選択に悩む大学生へのカウンセリング効果に関する研究―樹木画テストにみられる変化の検討を通して―, 日本描画テスト・描画療法学会第22回大会論文集(東京), 2012年9月.
3) 井ノ崎 敦子 : DV被害者のためのサポートグループの開発と効果について-当事者同士の支え合いと心理教育の意義-, 日本子ども虐待防止学会第18回学術集会(高知), 2012年12月.
4) 井ノ崎 敦子 : 青年期におけるトラウマの影響ー学生相談現場からー, 日本発達心理学会第22回大会論文集, 2013年3月.

2012年度(平成24年度) / 作品等

(なし)

2012年度(平成24年度) / その他・研究会

1) 井ノ崎 敦子 : DVにおける心理的虐待への対応―DV被害者の早期発見,支援,効果―, 第1回子どもの心の問題発症予防研究会(徳島), 2012年9月.

2012年度(平成24年度) / 報告書

(なし)

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{121190}}

2013年度(平成25年度) / 著書

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国際会議

(なし)

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 井ノ崎 敦子, 赤坂 和哉 : 学生相談室における臨床心理実習の意義:グループ活動における実習効果の検討, 日本学生相談学会(第31回大会), 2013年5月.
2) 井ノ崎 敦子 : 子ども虐待の予防, 第16回日本地域看護学会学術集会論文集, 2013年8月.
3) 大辻 隆夫(京都女子大学), 井ノ崎 敦子 : 保育カウンセリングにおけるイヌバラ法ー歯学部学生に対する試みー, 全国保育士養成協議会第52回研究大会論文集, 2013年9月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 井ノ崎 敦子 : 「認知修正期」の養育支援, 第4回子どもの心の問題発症予防研究会/子ども虐待予防フォーラム(代表者:二宮恒夫), 2013年7月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)