RTF for Microsoft Word, Excel for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2006.4〜2012.3

2006年度(平成18年度)

article.{@.date="20060400 20070399" @.organization=\E{140219}}

2006年度(平成18年度) / 著書

1)上田 隆, 大橋 一友, 炭原 加代, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年度出題基準別助産師国家試験対策模擬問題, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2006年6月.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Mari Haku, Keiko Takebayashi and Toshiko Tomiyasu : Factors associated with the discontinuation of breastfeeding until 3 months after delivery, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 12-17, 2006.
2)梶原 恭子, 富安 俊子, 田中 千絵, 井手 信 : 看護学生の妊婦に対するイメージの検討, 母性衛生, Vol.47, No.4, 563-570, 2007年.

2006年度(平成18年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2006年度(平成18年度) / 学術レター

(なし)

2006年度(平成18年度) / 総説・解説

1)葉久 真理 : 助産師教育の現状と将来展望, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 211-217, 2007年1月.

2006年度(平成18年度) / 国際会議

(なし)

2006年度(平成18年度) / 国内講演発表

1)竹林 桂子, 富安 俊子, 葉久 真理 : 教育課程の相違による助産に必要な看護技術の習得状況, --- 助産学実習前と実習終了時の比較から ---, 日本助産学会誌, Vol.20, No.3, 55, 2007年3月.

2006年度(平成18年度) / 作品等

(なし)

2006年度(平成18年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 前田 和寿, 三谷 龍史, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2007年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2006年7月.

2006年度(平成18年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳育児予測スケールの開発とその有用性の検証, 平成17∼18年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書, 1-62, 2007年3月.

2007年度(平成19年度)

article.{@.date="20070400 20080399" @.organization=\E{140219}}

2007年度(平成19年度) / 著書

1)大橋 一友, 竹内 美恵子, 上田 隆, 炭原 加代, 竹林 桂子, 富松 拓治, 富安 俊子, 葉久 真理, 日隅 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年出題基準別助産師国家試験予想問題集, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年7月.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (審査論文)

1)Toshiko Tomiyasu, Keiko Takebayashi, Mari Haku, Kyouko Kajihara and Fortin Eric : Anxieties and Care Needs of Fathers with Multiple-Birth Children, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 28-32, 2007.
2)Sawako Kinouchi, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Hongwei Song, Satsuki Sumitani, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori : FKBP5, SERT and COMT mRNA expressions in the peripheral leukocytes during menstruation cycle in healthy reproductive females., Neuroscience Letters, Vol.434, No.1, 124-128, 2008.

2007年度(平成19年度) / 学術論文 (紀要その他)

(なし)

2007年度(平成19年度) / 学術レター

(なし)

2007年度(平成19年度) / 総説・解説

1)Mari Haku : Breastfeeding: factors associated with the continuation of breastfeeding, the current situation in Japan, and recommendations for further research, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3,4, 224-234, Aug. 2007.

2007年度(平成19年度) / 国際会議

(なし)

2007年度(平成19年度) / 国内講演発表

(なし)

2007年度(平成19年度) / 作品等

(なし)

2007年度(平成19年度) / その他・研究会

1)葉久 真理, 大橋 一友, 炭原 加代, 竹林 桂子, 冨松 拓治, 富安 俊子, 上田 隆, 日隈 ふみ子, 柳吉 桂子, 山口 雅子 : 2008年 出題基準別助産婦国家試験問題, 2007年7月.

2007年度(平成19年度) / 報告書

1)葉久 真理, 竹林 桂子 : 母乳外来における褥婦への母乳育児支援の有用性の検証, 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 2008年.