RTF for Microsoft Word, Excel(xls) for Microsoft Excel, Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel
期間: 2009.4〜2016.3

2009年度(平成21年度)

article.{@.date="20090400 20100399" @.organization=\E{186615}}

2009年度(平成21年度) / 著書

1) 三山 峻司, 松村 信夫, 泉 克幸 : ロースクール演習・知的財産法, 法学書院, 東京, 2009年4月.
2) 東 潮 : 高句麗王陵研究, 韓国東北亞歴史財団, 2009年4月.
3) John Polimeni, Kozo Mayumi, Mario Giampietro and Blake Alcott : The Myth of Resource Efficiency, --- The Jevons Paradox ---, Earthscan, London, Jun. 2009.
4) 安藤 信義, 鳥羽 耕史 : 新藤兼人監督に贈る, --- ガラスのかけらの痛み―新藤兼人監督の原爆映画― ---, ガリ版の灯を守る会, 明石市, 2009年6月.
5) 清水 真人 : 金融商品取引法実務ハンドブック(中曽根玲子・田中襄一・菅原貴与志・松嶋隆弘編)―「適時開示」, 財経詳報社, 2009年6月.
6) 高綱 博文, 菊池 敏夫, 邵 迎建, 等 : 建国前後の上海, --- 『正気の歌』から『文天祥』へ ---, 研文出版, 東京, 2009年6月.
7) 阿波学会紀要編集委員会(編), 石田 啓祐, 山本 裕史, 飯山 直樹, 木下 覚, 山城 孝, 東條 秀徳, 吉田 正隆, 吉田 一夫, 徳山 豊, 坂東 治男, 富島 啓次, 川添 和義, 井河 明子, 黒崎 仁資, 岡山 真知子, 稲飯 幸生, 立石 恵嗣, 羽山 久男, 澤田 順子, 橘 禎男, 高橋 晋一, 磯本 宏紀, 仙波 光明, 豊田 哲也, 新 孝一, 筆頭他共著者89名 : 美馬市美馬町 総合学術調査報告, 徳島県立図書館, 徳島, 2009年7月.
8) 浜野 龍夫 : 川エビから水辺の小わざへ,そして環境マネジメントへ (河川文化を語る講演集その29), 日本河川協会, 東京, 2009年7月.
9) Mario Giampietro and Kozo Mayumi : The Biofuel Delusion, --- The Fallacy of Large Scale Agro-Biofuels Production ---, The Earthscan, London, Aug. 2009.
10) 照本 勝紹, 鳥羽 耕史 : 太宰治資料展 照本勝紹コレクション, --- 太宰治と徳島 ---, 徳島県立文学書道館, 徳島, 2009年8月.
11) 長谷川 修一, 矢田部 龍一, 望月 秋利, 西山 賢一, 山本 浩司 : 四国地域の地盤情報データベースの構築と各沖積地盤の特性, 国際圧入学会, 高松, 2009年9月.
12) 吉田 浩 : シリーズ現代の産業・労働 現代社会論への社会学的接近 担当箇所第2章,近代化論と産業・労働社会学59-88頁,文献解説マルクス&エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』, 学文社, 東京, 2009年9月.
13) 掛井 秀一 : 創発的環境 = 物理 × サイバー × ・・・, 2009年9月.
14) 岸江 信介, 中井 精一, 鳥谷 善史 : 大阪のことば地図, 和泉書院, 2009年9月.
15) 岩崎 稔, 上野 千鶴子, 北田 暁大, 小森 陽一, 成田 龍一, 内海 愛子, 加納 実紀代, 早乙女 勝元, 鳥羽 耕史, 藤目 ゆき, 丸川 哲史, 道場 親信, 屋嘉比 収, 吉見 俊哉, 井上 ひさし, 金 石範, 無着 成恭 : 戦後日本スタディーズ1 40・50年代, --- サークル詩・記録・アヴァンギャルド 一九五〇年代文学の振幅,『山びこ学校』から戦後日本を読む ---, 紀伊國屋書店, 東京, 2009年9月.
16) 山口 裕之 : 認知哲学, --- 心と脳のエピステモロジー ---, 新曜社, 2009年9月.
17) 中川 秀幸 : 薬毒物分析辞典(編集:高取健彦,黒岩幸雄,Anthony T. Tu,山本郁男), --- ウニレクチン ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 2009年9月.
18) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : Competitive facility location with random demands, American Institute of Physics, Oct. 2009.
19) 堤 和博 : 和歌を力に生きる, --- 道綱母と蜻蛉日記 ---, 新典社, 東京, 2009年10月.
20) 鳥羽 耕史 : 『綜合文化』 解説・総目次・索引, 不二出版, 東京, 2009年10月.
21) Sarkar Deepayan, 石田 基広, 石田 和枝 : Rグラフィックス自由自在, シュプリンガー ジャパン, 東京, 2009年11月.
22) 宮崎 隆義 : 英文学の地平―テクスト・人間・文化―, --- 『貴婦人の群れ』における語りと時間の問題 ---, 音羽書房鶴見書店, 東京, 2009年11月.
23) 小島 美子, 髙橋 晋一 : 祭・芸能・行事大辞典, 朝倉書店, 東京, 2009年11月.
24) 岡田 光弘, 平 英美, 樫田 美雄 : 医療コミュニケーション―実証研究への多面的アプローチ 藤崎 和彦 (著), 橋本 英樹 (著), 医療コミュニケーション研究会 (編集), --- 第2章 会話分析から見た医療コミュニケーション ---, 株式会社 篠原出版新社, 東京, 2009年12月.
25) 松隈 洋, 笠原 一人, 依岡 隆児 : 建築家 本野精吾展―モダンデザインの先駆者―, 京都工芸繊維大学美術工芸資料館, 京都, 2010年1月.
26) 早渕 隆人(編), 石田 啓祐 : 阿波遍路道 ー鶴林寺道・太龍寺道・いわや道ー, --- 鶴林寺参詣道の丁石 (付.太龍寺参詣道の丁石) ---, 徳島県教育委員会文化財課, 徳島, 2010年1月.
27) 坂本 忠雄, 丸川 哲史, 栗原 裕一郎, 角田 光代, 重松 清, 小林 照幸, 島尾 伸三, 開高 健, アンヌ バヤール=坂井, 鳥羽 耕史, 糸井 重里, 森 雅樹, 長野 重一, 佐々木 基一, 荻 昌弘, 小松 左京, 根本 きこ, 山口 瞳, 武田 百合子, 西園寺 公一, 田中 祐三, 矢崎 泰久, 開高 道子, 中根 隆行, 吉武 力生, 倉数 茂, 淺野 卓夫, 金子 遊, 町屋 春子 : KAWADE夢ムック 文藝別冊 開高健 生誕80年記念総特集, --- 紙と真実 開高健の知的探求について,開高健作品ガイド ノンフィクション ---, 河出書房新社, 東京, 2010年1月.
28) 佐藤 充宏, 浜井 俊洋 : 子どもの個性と特徴に応じた指導と支援のあり方∼得意不得意・好き嫌い・障がいの有無を超えた運動あそびとスポーツ∼, 財団法人徳島県スポーツ振興財団徳島県広域スポーツセンター, 徳島, 2010年2月.
29) 中嶋 信 : 集落再生と日本の未来, 自治体研究社, 東京, 2010年2月.
30) 姜 進, 晏 妮, 邵 迎建, 等 : 娯悦大衆 民国上海女性文化解読, --- 従表演女性到女性表演 ---, 上海辞書出版社, 上海, 2010年2月.
31) フェアユース研究会, 泉 克幸 : 著作権・フェアユースの最新動向ーー法改正への提言, 第一法規出版 株式会社, 東京, 2010年3月.
32) タイラー ウィリアム・J, 鈴木 貞美, 日高 昭二, 竹内 清己, 山口 俊雄, 安原 義博, ローゼンバウム ロマン, 水谷 真紀, 安西 晋二, コルベイ スティーブ, ポルティエ ヴァンサン, 鳥羽 耕史, 重松 恵美, 吉川 宜時, 池内 紀, カールソン マッツ, ウィートマン ヘレン, 李 忠奎, 渡辺 喜一郎 : 石川淳と戦後日本 日文研叢書45, --- 石川淳と演劇:「千田是也演出のために」の射程 ---, 国際日本文化研究センター, 京都, 2010年3月.
33) Heiberger Richard, 石田 基広, 石田 和枝 : Excel で R 自由自在, シュプリンガー ジャパン, 東京, 2010年3月.
34) 上勝町, 髙橋 晋一 : 重要文化的景観 樫原の棚田ガイドブック, 上勝町, 徳島, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 堤 和博 : 「若き御心(心地)に」考, --- 『蜻蛉日記』上巻の侍女の言葉 ---, 解釈, Vol.55, No.3.4, 45-53, 2009年.
2) 宮内 宏哉, 中西 貞博, 山本 孝, 河合 潤 : 実験室系X線吸収分光分析装置を用いる土壌及びプラスチック中クロムの価数評価, 分析化学, Vol.58, No.4, 321-325, 2009年.
3) Toru Hasunuma : Improved book-embeddings of incomplete hypercubes, Discrete Applied Mathematics, Vol.157, No.7, 1423-1431, 2009.
4) Mario Giampietro, Kozo Mayumi and Jesus Ramos-Martin : Multi-scale integrated analysis of societal and ecosystem metabolism (MuSIASEM), --- Theoretical concepts and basic rationale ---, Energy, Vol.34, No.3, 313-322, 2009.
5) Katharine Farrell and Kozo Mayumi : Time horizons and electricity futures, --- an application of Nicholas Georgescu-Roegen's general theory of economic production ---, Energy, Vol.34, No.3, 301-307, 2009.
6) Hiromitsu Terao, M Thorsten Gesing, Hideta Ishihara, Yoshihiro Furukawa and Thimme B. Gowda : Bis(guanidinium) tetraiodidomercurate(II), Acta Crystallographica. Section E, Structure Reports Online, Vol.E65, No.5, m503, 2009.
7) 加藤 寛, 宮井 宏之, 内海 千種, 藤井 千太, 大澤 智子 : 集団交通災害後の心理的影響と介入, 精神神經學雜誌, Vol.111, No.4, 411-416, 2009年.
8) 西村 孝史 : 雇用区分の決定要因と転換の壁, Works Review, Vol.4, 140-153, 2009年.
9) Akio Kinazaki, Yoko Sakanashi, Tomohiro Oyama, Haruka Shibagaki, Kohei Yamashita, Erika Hashimoto, Yumiko Nishimura, Shiro Ishida, Yoshiro Okano and Yasuo Oyama : Micromolar Zn2+ potentiates the cytotoxic action of submicromolar econazole in rat thymocytes: Possible disturbance of intracellular Ca2+ and Zn2+ homeostasis, Toxicology In Vitro, Vol.23, No.4, 610-616, 2009.
10) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : Facility location problems with random demands in a competitive environment, IAENG International Journal of Applied Mathematics, Vol.39, No.2, 122-127, 2009.
11) 衣川 仁 : Mikael S. Adolphson,The Teeth and Claws of the Buddha:Monastic Warriors and Sohei in Japanese History,Honolulu:University of Hawai'i Press,2007.xvi+212pp., 日本仏教綜合研究, No.7, 89-95, 2009年.
12) 境 泉洋, 坂野 雄二 : ひきこもり状態にある人の親のストレス反応に影響を与える認知的要因, 行動療法研究, Vol.35, No.2, 133-143, 2009年.
13) Takashi Yamamoto, Shigehisa Mori, Tetsuya Shishido, Jun Kawai and Tsunehiro Tanaka : Pore-size dependence of the acidic property of mesoporous silica FSM-16, Topics in Catalysis, Vol.52, No.6-7, 657-663, 2009.
14) H. Miyauchi, Takashi Yamamoto, R. Chitrakar, Y. Makita, Z. Wang, J. Kawai and T. Hirotsu : Phosphate adsorption site on zirconium ion modified MgAl-layered double hydroxides, Topics in Catalysis, Vol.52, No.6-7, 714-723, 2009.
15) Tatsuo Hamano : Spatial variation of quantitative color traits in green and black types of sea cucumber Apostichopus japonicus (Stichopodidae) using image processing, Fisheries Science, Vol.75, No.3, 601-610, 2009.
16) 浜野 龍夫 : 両側回遊型甲殻類の生態に着目した生息空間連続性評価手法の開発, 土木学会河川部会 河川技術論文集, Vol.15, 31-36, 2009年.
17) Tatsuo Hamano : Seasonal distribution pattern of adult sea cucumber Apostichopus japonicus (Stichopodidae) in Yoshimi Bay, western Yamaguchi Prefecture, Japan, Fisheries Science, Vol.75, No.3, 585-591, 2009.
18) Aya Fujimoto, Yoko Sakanashi, Hiroko Matusi, Toshihisa Oyama, Yumiko Nishimura, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytometric analysis of cytotoxicity of polyphenols and related phenolics to rat thymocytes: Potent cytotoxicity of resveratrol to normal cells, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.104, No.6, 455-462, 2009.
19) Nobuhito Nagai : Histoire municipale en France, --- l'exemple de la région parisienne ---, Bulletin de la Société historique de Suresnes, Vol.XI, No.53, 46-59, 2009.
20) Toshiya Masuda, Aya Fujimoto, Yasuo Oyama, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Structures of cytotoxic products from Fe-catalyzed oxidation of sesamol in ethanol, Tetrahedron Letters, Vol.50, No.27, 3905-3908, 2009.
21) Wolfgang Herbert : Ein heisses (Schlacht)"Feld":, Minikomi. Informationen des Akademischen Arbeitskreises Japan, Vol.2009, No.77, 24-31, 2009.
22) Erika Hashimoto, Toshihisa Oyama, Keisuke Oyama, Yumiko Nishimura, Tomohiro Oyama, Toshiko Ueha-Ishibashi, Yoshiro Okano and Yasuo Oyama : Increase in intracellular Zn2+ concentration by thimerosal in rat thymocytes: Intracellular Zn2+ release induced by oxidative stress, Toxicology In Vitro, Vol.23, No.6, 1092-1099, 2009.
23) Hiroko Matsui, Yoko Sakanashi, Yumiko Nishimura, Takuya Kawanai, Yasuo Oyama, Shiro Ishida and Yoshiro Okano : Effects of Zn2+ chelators, DTPA and TPEN, and ZnCl2 on the cells treated with hydrogen peroxide: a flow-cytometric study using rat thymocytes, Natural Science Research, Vol.23, No.2, 13-19, 2009.
24) 邵 迎建 : 家破国碎思家国, --- 四十年代的上海話劇与``五四''精神 ---, 解放軍芸術学院学報, Vol.3, 16-27, 2009年.
25) 髙橋 晋一 : 美馬市美馬町の神社祭礼, 阿波学会紀要, No.55, 213-219, 2009年.
26) 有馬 卓也 : 水戸志士の咆哮, --- 狂挙をささえるもの ---, 書法漢學研究, No.5, 24-38, 2009年.
27) 平井 松午 : 城下町のGIS分析, 情報処理学会研究報告 2009-CH-83(人文科学とコンピュータ), No.83, 143-158, 2009年.
28) Liping Mi, Xiangyang Liu, Fuji Ren and Hideo Araki : Characteristics of Event-related Potentials in Recognition Processes of Japanese Kanji and Sentences for Chinese Bilinguals, Journal of Physiological Anthropology, Vol.28, No.4, 191-197, 2009.
29) Hiromitsu Terao, Yoshihiko Kai, M. Thorsten Gesing, Hideta Ishihara, Yoshihiro Furukawa and Thimme B. Gowda : 127I NQR, 1H NMR and crystal structure of a novel compound, guanidinium heptaiodomercurate(II) [C(NH2)3]3Hg2I7, Journal of Molecular Structure, Vol.932, No.1-3, 61-66, 2009.
30) Thimme B. Gowda, Sabine Foro, Hiromitsu Terao and Hartmut Fuess : Ethylenediammonium tetrabromidomercurate(II) monohydrate, Acta Crystallographica. Section E, Structure Reports Online, Vol.65, No.8, m946, 2009.
31) 葭森 健介 : 回顧近代日本的魏晋南北朝文化史研究, 中国魏晋南北朝史国際学術研討曁中国魏晋南北朝史学会第9届年会論文集, 13-17, 2009年.
32) Toshihisa Oyama, Keisuke Oyama, Takuya Kawanai, Tomohiro Oyama, Erika Hashimoto, Masaya Satoh and Yasuo Oyama : Tri-n-butyltin increases intracellular Zn2+ concentration by decreasing cellular thiol content in rat thymocytes, Toxicology, Vol.262, No.3, 245-249, 2009.
33) Hiroyuki Deguchi, D. Nawa, Hashimoto Y., Seushi Takagi, M. Mito, M. Hagiwara and Kuniyuki Koyama : Transport Propwerties of a Josephson-Coupled Network in a Superconductive Ceramic of YBa2Cu4O8, Journal of Physics: Conference Series, Vol.150, No.5, 052043-1-052043-4, 2009.
34) S. Tominaga, Y. Komorida, M. Mito, Hiroyuki Deguchi, Seushi Takagi, Kuniyuki Koyama and M. Hamada : AC susceptibility measurements on ceramic YBa2Cu3O7-y superconductor in the GPa region, Journal of Physics: Conference Series, Vol.150, No.5, 052271-1-052271-4, 2009.
35) M. Hagiwara, R. Kitada, T. Shima, K. Nishio, H. Deguchi, Kuniyuki Koyama and M. Matsuura : Superconductive Transition and the Intergrain Effects of Mixture Ceramic Systems Synthesized using Citrate Pyrolysis Precursor Method, Journal of Physics: Conference Series, Vol.150, 052065-1-052065-4, 2009.
36) Toru Hasunuma, Toshimasa Ishii, Hirotaka Ono and Yushi Uno : An O(n1.75) algorithm for L(2,1)-labeling of trees, Theoretical Computer Science, Vol.410, No.38-40, 3702-3710, 2009.
37) Niro Takemasa, Shinya Ohnishi, Makiko Tsuji, Tomoko Shikata and Kumio Yokoigawa : Screening and Analysis of Spices with Ability to Suppress Verocytotoxin Production by Escherichia coli O157, Journal of Food Science, Vol.74, No.8, 461-466, 2009.
38) 境 泉洋, 滝沢 瑞枝, 中村 光 : 子どものひきこもり状態に対する親の否定的評価とストレス反応の関連, カウンセリング研究, Vol.42, No.3, 207-217, 2009年.
39) 堤 和博 : 『一条摂政御集』「とよかげ」の部のテーマ設定, 古代中世文学論考刊行会編『古代中世文学論考第23集』, 153-186, 2009年.
40) Keisuke Ishida, Yasuyuki Tsujino, Takeshi Kozai, Tadashi Sato and Francis Hirsch : Direct correlation of radiolarian Kilinora spiralis Zone with the Late Jurassic ammonite faunal succession in the Kurisaka Formation, Kurosegawa Terrane, SW Japan, Science in China. Series D, Earth sciences, Vol.52, No.12, 1910-1923, 2009.
41) 長井 伸仁 : 都市の入移民と文化, --- 19世紀パリの事例から考える ---, 史潮, No.66, 47-56, 2009年.
42) Kozo Mayumi : Nicholas Georgescu-Roegen (1906-1994), --- His Bioeconomics Approach to Development and Change ---, Development and Change, Vol.40, No.6, 1235-1254, 2009.
43) John Gowdy, Mario Giampietro, Jesus Ramos-Martin and Kozo Mayumi : Incorporating Biophysical Foundations in a Hierarchical Model of Societal Metabolism, Post Keynesian and Ecological Economics (Ric Holt, Clive Spash & Steven Pressman, Editors), 203-220, 2009.
44) Takashi Yamamoto, Sakae Takenaka, Tsunehiro Tanaka and Toshihide Baba : Stability of silver cluster in zeolite A and Y catalysts, Journal of Physics: Conference Series, Vol.190, No.1, 012171, 2009.
45) 宮井 宏之, 内海 千種, 加藤 寛 : 兵庫県こころのケアセンター診療所における受診患者の援助要請についての検討, 心的トラウマ研究, Vol.5, No.5, 57-64, 2009年.
46) 内海 千種, 宮井 宏之, 加藤 寛 : 大規模交通災害負傷者の健康被害(第3報)事故後3年半における調査協力者の現状, 心的トラウマ研究, No.5, 41-50, 2009年.
47) Azad Abul Kalam Md., Kosuke Kato, Hideki Katagiri, Takeshi Uno and Masatoshi Sakawa : Interactive fuzzy programming for multiobjective two-level nonlinear integer programming problems through genetic algorithms, Scientiae Mathematicae Japonicae, Vol.70, No.3, 299-316, 2009.
48) Ryuji Yorioka : Günter Grass nach der Wende., --- Zu seinem Schatten-Motiv. ---, Neue Beiträge zur Germanistik, Vol.8, No.1, 45-62, 2009.
49) Kuniko Nagasaka, Hideyuki Nakagawa, Fumihiko Satoh, Takefumi Hosotani, Kumio Yokoigawa, Hitomi Sakai, Haruhiko Sakuraba, Toshihisa Ohshima, Mitsuko Shinohara and Kiyoshi Ohura : A novel cytotoxic protein, Karatoxin, from the dorsal spines of the the redfin velvetfihi, Hypodytes rubripinnis, Toxin Reviews, Vol.28, No.4, 260-265, 2009.
50) Shintaro Nakayama, E Matsumoto, T Suzuki, T Yamagata, H Akimune, M Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, M.B Greenfield, H Hashimoto, R Hayami, H Ikemizu, K Kawase, T Kudoh, H Nakanishi, T Oota, K Sagara, M Tanaka and M Yosoi : Isovector dipole resonances of 4He and Neutrino Heating in Supernova, AIP Conference Proceedings, Vol.1238, 280-285, 2009.
51) A Okamaoto, T Yamagata, H Akimune, M Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, B M Greenfield, K Hara, K.Y Hara, H Hashimoto, R Hayami, H Hirabayashi, K Kawase, M Kishimoto, K Nakanishi, Shintaro Nakayama, M Tanaka, H Utsunomiya, N Warashina and M Yosoi : Evidence for α-Cluster Condensation in the 02+ state at Ex=7.654 MeV in 12C via the (p,p') Reaction at 300 MeV, AIP Conference Proceedings, Vol.1238, 294-296, 2009.
52) Takuya Kawanai, Masaya Satoh, Koji Murao and Yasuo Oyama : Methylmercury elicits intracellular Zn2+ release in rat thymocytes: Its relation to methylmercury-induced decrease in cellular thiol content, Toxicology Letters, Vol.191, No.2-3, 231-235, 2009.
53) 石田 和之, 岡 重徳, 斎賀 明彦 : 歯科大学の所在と歯科医師数・歯科診療所数の関係, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.44, No.3(99), 152-159, 2009年.
54) 宮内 宏哉, 山本 孝, 北垣 寛, 中村 知彦, 中西 貞博, 河合 潤 : 実験室系X線吸収分光分析装置を用いたクロメート皮膜中クロムの価数評価及びX線光電子スペクトルとの比較, 鉄と鋼, Vol.95, No.12, 864-869, 2009年.
55) Tatsuo Hamano : Laboratory observations of habitat selection in aestivating and active adult sea cucumber Apostichopus japonicus, Fisheries Science, Vol.75, No.5, 1097-1102, 2009.
56) 樫田 美雄, 高森 明, 氏家 靖浩, 山本 智子, 山本 真由美 : 特別支援教育と発達障害-その構造と論理の批判的検討-, 臨床心理学研究, Vol.46, No.3, 2-18, 2009年.
57) 三好 德和, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発, 有機合成化学協会誌, Vol.67, No.12, 1274-1281, 2009年.
58) 石田 啓祐, 中尾 賢一, 香西 武 : 徳島県産国会議事堂大理石の研究, --- ーその3.衆参両院における石材使用の比較ー ---, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.23, No.3, 31-45, 2009年.
59) Hitomi Kyogoku, Yasuaki Yamaguchi, Momoyo Miyano-Ono, Ayano Yamaguchi and Takanori Satoh : Protein Expression Analysis in Temparature-adaptated Mutant Strains of Moderately thermophile Geobacillus stearothermophilus, Natural Science Research, Vol.23, No.3, 87-95, 2009.
60) Takuro Matsuda, Hideaki Kumahara, Shigeru Obara, Akira Kiyonaga, Munehiro Shindo and Hiroaki Tanaka : The First Heart Sound Immediately after Exercise as an Index of Exercise Stress, International Journal of Sport and Health Science, Vol.6, 213-218, 2009.
61) 髙橋 晋一 : 『東京人類学会雑誌』と四国の民俗研究, 四国民俗, No.42, 68-76, 2009年.
62) Y. Kameda, Hiroyasu Ejiri, Ken-Ichi Fushimi, Ryuta Hazama, H. Ito, K. Imagawa, H. Kawasuso, Norihiko Koori, E. Matsumoto, Shintaro Nakayama, T. Shima and K. Yasuda : Dark matter search by means of thin NaI(Tl) scintillator array, RADIATION DETECTORS AND THEIR USES Proceedings of the 23rd Workshop on Radiation Detectors and Their Uses, Vol.2009-12, 61-70, 2009.
63) Shin-ichi Katayama, Toru Nakahara, Ali Syed Inaya Shah, Mohammad Khalid and Sareer Badhah : Orbit of quadratic irrationals molulo p by the modular group, Journal of Research, Vol.25, No.1, 1-5, 2009.
64) Naoto Higuchi : Migrant Networks across Borders?, --- Testing the Case of Brazilian Entrepreneurs in Japan ---, Journal of Identity and Migration Studies, Vol.4, No.1, 2010.
65) 柏木 桂子, 藤原 好恒, 坂尾 智美, 古野 伸明, 柳澤 誠, 花田 秀樹, 谷本 能文, 山下 雅道, 渡部 稔, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 内藤 富夫, 鈴木 賢一, 柏木 昭彦 : 両生類の生活環における強磁場の影響ー初期発生の形態学的および分子生物学的解析ー, Space Utilization Research, Vol.26, 232-235, 2010年.
66) Kouichi Murakami : On the Fundamental Matrix of Linear Systems with Variable Coefficients, Journal of Pure and Applied Mathematics: Advances and Applications, Vol.3, No.1, 123-136, 2010.
67) Kouichi Murakami : Note on the uniqueness of the sink in symbiosis system, Journal of Mathematical Sciences: Advances and Applications, Vol.4, No.2, 421-428, 2010.
68) 境 泉洋, 坂野 雄二 : ひきこもり状態にある人の親に対する行動論的集団心理教育の効果, 行動療法研究, Vol.36, No.3, 223-232, 2010年.
69) Masayuki Maki, Tadashi Yamashiro, Ikumi Dohzono and Kazuo Suzuki : Molecular phylogeny of Isodon (Lamiaceae) in Japan using chloroplast DNA sequences: recent rapid radiations or ancient introgressive hybridization?, Plant Species Biology, Vol.25, No.3, 240-248, 2010.
70) Maki Masayuki, Kokubugata Goro and Tadashi Yamashiro : Lack of allozyme diversity in populations of the endangered perennial Senecio scandens (Asteraceae) in Japan: comparison with a population in Taiwan, Vol.58, No.1, 39-42, 2010.
71) S. Umehara, T. Kishimoto, I. Ogawa, K. Matsuoka, G. Ito, K. Yasuda, H. Kakubata, M. Miyashita, M. Nomachi, S. Ajimura, Y. Tamagawa, Ken-Ichi Fushimi, R. Hazama, H. Ohsumi, K. Okada, S. Yoshida and Y. Fujii : Study of Double Beta Decay of 48Ca by CANDLES, AIP Conference Proceedings, Vol.1235, 287-293, 2010.
72) Ikuko Ogata, Takuya Kawanai, Erika Hashimoto, Yumiko Nishimura, Hakaru Seo and Yasuo Oyama : Bisabololoxide A, one of main constituents in chamomile extract, induces apoptosis in rat thymocytes, Archives of Toxicology, Vol.84, No.1, 45-52, 2010.
73) Yumiko Nishimura and Yasuo Oyama : Cytotoxic actions of lidocaine at sublethal concentrations: A model in vitro experiment using rat thymocytes, Natural Science Research, Vol.24, No.1, 1-5, 2010.
74) 田中 智行 : 『金瓶梅』第三十九回の構成, 東方學, No.119, 58-72, 2010年.
75) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Search for anomalous top-gluon couplings at LHC revisited, The European Physical Journal C - Particles and Fields, Vol.65, No.1-2, 127-135, 2010.
76) Ken-Ichi Fushimi, Y. Kameda, K. Harada, Shintaro Nakayama, Hiroyasu Ejiri, T. Shima, K. Yasuda, Ryuta Hazama and K. Imagawa : MOON for Double-Beta Decays and Neutrino Nuclear Responses, Journal of Physics: Conference Series, Vol.203, 012064, 2010.
77) Ken-Ichi Fushimi, Y. Kameda, K. Harada, Shintaro Nakayama, Hiroyasu Ejiri, T. Shima, K. Yasuda, S. Umehara, Ryuta Hazama and K. Imagawa : Dark matter search by means of segmented scintillator (PICO-LON), Journal of Physics: Conference Series, Vol.203, No.1, 012046, 2010.
78) I. Ogawa, T. Kishimoto, S. Umehara, G. Ito, K. Yasuda, M. Wada, K. Matsuoka, Masagaru Noumachi, Ken-Ichi Fushimi, Ryuta Hazama, H. Ohsumi, K. Okada, Y. Tamagawa and S. Yoshida : Study of 48Ca double beta decay with CANDLES, Journal of Physics: Conference Series, Vol.203, No.1, 012073, 2010.
79) Mark David Glucina and Kozo Mayumi : Connecting Thermodynamics and Economics, --- well lit roads and burned bridges ---, Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1185, No.Ecological Economics Reviews, 11-29, 2010.
80) Toshiya Masuda, Someya Tatsushi and Aya Fujimoto : Phenolic Inhibitors of Chemical and Enzymatic Oxidation in the Leaves of Myrica rubura, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.74, No.1, 212-215, 2010.
81) Meredith Anne Stephens : Speaking Japanese in Japan: Issues for English Speakers, Babel, Vol.44:2, 33-38, 2010.
82) Ko-ichi Magishi, Kiyohito Nagata, Yoshinori Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite NdOs4P12, Journal of Physics: Conference Series, Vol.200, No.1, 012110-1-012110-4, 2010.
83) Tomohiro Oyama, Keisuke Oyama, Toshihisa Oyama, Shiro Ishida, Yoshiro Okano and Yasuo Oyama : Zinc at clinically-relevant concentrations potentiates the cytotoxicity of polysorbate 80, a nonionic surfactant, Toxicology In Vitro, Vol.24, No.3, 737-744, 2010.
84) Hajime Miura and Nao Okumura : A novel approach to evaluate the vessel function determined by near infrared spectroscopy, Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.662, No.Oxygen Transport to Tissue XXXI, 467-471, 2010.
85) 弘 栄介, 山本 孝, 河合 潤 : 焦電結晶の小型高エネルギーX線源への応用, X線分析の進歩, Vol.41, 195-200, 2010年.
86) 山本 知央, 宮内 宏哉, 山本 孝, 河合 潤 : 蛍光X線スペクトルのケミカルシフトを用いた鉄鋼スラグ中Alの化学状態分析, X線分析の進歩, Vol.41, 177-183, 2010年.
87) 山本 真由美, 長積 仁, 大橋 眞, 金丸 芳, 寺嶋 吉保, 長宗 雅美 : 特別支援教育における学生ボランティアの活用の試み, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.6, 102-107, 2010年.
88) 大橋 眞, 齊藤 隆仁 : 北欧とドイツの生涯学習と,徳島大学の「地域社会人を活用した教養教育」から見えてくる視点とは, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 66-71, 2010年.
89) 大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁 : 地域社会に学ぶ体験型学習∼第7回国際珍島学会と韓国の地域から学ぶことの意義∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 72-77, 2010年.
90) 大橋 眞, 光永 雅子, 中恵 真理子, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁 : 高等教育と生涯教育を考えるInternational Conference-地域社会人を活用した教養教育の一環としての日韓中交流-, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 78-84, 2010年.
91) 光永 雅子, 中恵 真理子, 齊藤 隆仁, 的場 一将, 大橋 眞 : 自主的な学びを目指す「学びのコミュニティー」活動-学生・社会人・教員で創る生涯学習の形-, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 102-109, 2010年.
92) 嵯峨山 和美, 齊藤 隆仁 : 持続可能な開発のための高等教育(HESD)へ向けて(Higher Education for Sustainable Development)∼地域社会人とともにつくるアクティブラーニング∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.7, No.7, 110-119, 2010年.
93) 大橋 眞, 岸江 信介, 光永 雅子, 中恵 真理子, 富永 朝己, 宮武 秀考, 齊藤 隆仁 : 学際的分野における学士課程構築を視野に入れた授業評価アンケートとその活用, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 120-130, 2010年.
94) Ken-Ichi Fushimi, Hiroyasu Ejiri, K. Harada, Ryuta Hazama, K. Imagawa, Y. Kameda, E. Matsumoto, Shintaro Nakayama and T. Shima : PICO-LON Project for Cosmic Dark Matter, AIP Conference Proceedings, Vol.1269, 333-335, 2010.
95) 依岡 隆児 : 日本の近代とハイマート(郷土/故郷)概念, 国際シンポジウム35 東アジア近代における概念と知の再編成, Vol.35, 249-261, 2010年.
96) 佐藤 高則, 佐山 哲雄, 谷 啓二, 中原 由加里, 藤本 順子, 渡部 稔 : 高大連携による高校生への生命科学体験型講座の実施報告, --- ∼SPPおよびSSHを例として∼ ---, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 173-186, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : 不確実性を伴う競合施設配置問題に対するタブー探索法に基づく近似解法, 数理解析研究所講究録, Vol.1636, 185-192, 2009年.
2) 岸江 信介 : 3 おもしれーこっせん, これが九州方言の底力!, 24-27, 2009年.
3) 岸江 信介 : 15 起きているのに起きたか, これが九州方言の底力!, 74-78, 2009年.
4) 岸江 信介 : 21 患者さんをお前呼ばわり?, これが九州方言の底力!, 100-103, 2009年.
5) 岸江 信介 : 注意喚起時における言語行動の地域差と場面差-テキストマイニングによる分析を中心に, 言語, Vol.38, No.4, 24-31, 2009年.
6) 泉 克幸 : パソコン用基本ソフトのOEM販売契約に付された「非係争条項」, 平成20年度重要判例解説, 287-289, 2009年.
7) 泉 克幸 : 商品形態模倣行為と善意取得者保護, 速報・判例解説, Vol.4(2009 4), 201-204, 2009年.
8) 西村 孝史, 守島 基博 : 企業内労働市場の分化とその規定要因, 日本労働研究雑誌, Vol.51, No.5, 20-33, 2009年.
9) 近藤 直司, 小林 真理子, 宮沢 久江, 宇留賀 正二, 小宮山 さとみ, 中嶋 真人, 中嶋 彩, 岩崎 弘子, 境 泉洋, 今村 亨, 萩原 和子 : 発達障害と社会的ひきこもり, 障害者問題研究, Vol.37, No.1, 21-29, 2009年.
10) 泉 克幸 : 間接侵害の限界と競争政策, 日本工業所有権法学会年報, No.32, 253-271, 2009年.
11) 泉 克幸 : 裁判傍聴記の著作物性の判断, --- ライブドア裁判傍聴記事件[知的財産高裁平成20.7.17判決] ---, 知財管理, Vol.59, No.6, 689-700, 2009年.
12) 清水 真人 : 勧誘内閣府令違反による委任状勧誘と株主総会決議取消事由の有無(東京地判平成17年7月7日判時1915号150頁), 早稲田法学, Vol.84, No.4, 111-121, 2009年.
13) 大熊 一正, 日置 善郎 : ハドロン衝突型加速器による非標準トップ-グルオン結合の探索, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.23, No.2, 19-28, 2009年.
14) 小原 繁, 松田 拓朗, 高橋 将記, Peter H. Brubaker, 田中 宏暁 : 運動時心弛緩時間変動の3次回帰式による年齢および体力水準による相違の比較検討, 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.109, No.123, 33-37, 2009年.
15) 西山 賢一, 石田 啓祐, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 森永 宏, 森江 孝志, 橋本 寿夫, 伊藤 嘉将, 山崎 健太 : 美馬市美馬町の地質と古生物, --- -和泉層群,鮮新∼更新統,ならびに地すべり地形- ---, 阿波学会紀要, No.55, 1-12, 2009年.
16) 山本 裕史, 田村 生弥, 香月 翔太, 平田 佳子, 新田 和代, 本多 勇太, 加藤 潤, 池幡 佳織, 関澤 純, 中村 友紀, 大谷 壮介, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 美馬市美馬町の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.55, 13-22, 2009年.
17) Wolfgang Herbert : Vom Strafmal zur Koerperkunst - Kleine Geschichte der Taetowierung., Francoise Hauser (Hg.): Reise nach Japan. Kulturkompass fuers Handgepaeck, 139-149, 2009.
18) Wolfgang Herbert : Das Gangstersyndikat Yamaguchi-gumi - Ein Blick in die Unterwelt., Francoise Hauser (Hg.): Reise nach Japan. Kulturkompass fuers Handgepaeck, 194-207, 2009.
19) 掛井 秀一 : ICTを利用したアダプティブデザインの可能性, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, 996-998, 2009年.
20) 上野 加代子 : 家庭内ケア労働者の国際移動, 『家族社会学研究』, Vol.21, No.2, 195-200, 2009年.
21) 清水 真人 : プロ向け市場に関する法的枠組みの検討, 早稲田大学GCOE企業と法創造, Vol.6, No.1, 193-208, 2009年.
22) 平井 松午 : 古地図高精細画像データの活用とGIS分析, 情報の科学と技術, Vol.59, No.11, 551-556, 2009年.
23) 田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 第46回環境工学研究フォーラム講演集, Vol.46, 53-55, 2009年.
24) 佐藤 充宏, 近藤 光男, 香山 卓也, 佐藤 信二 : 徳島県における総合型地域スポーツクラブの利用が住民の健康に及ぼす効果に関する研究, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 1-10, 2009年.
25) Kosuke Ono : On decay properties of solutions for the Vlasov--Poisson system, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.43, No.0, 25-30, 2009.
26) 原田 雪子, 石田 弓, 内海 千種 : 心理面接における動的家族画・家族イメージ法の活用-課題の非構造的・半構造的特徴に注目して-, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 23-41, 2009年.
27) 仁尾 友紀, 石田 弓, 内海 千種 : 大学生の携帯メール依存について-友人関係における不安との関連-, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 73-90, 2009年.
28) 山路 彩子, 石田 弓, 内海 千種 : 「動物コラージュ技法」の臨床的有用性の検討-リラックス効果と自己理解促進効果の観点から-, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 91-107, 2009年.
29) 桂 修治 : コンピタンス指向の言語教育 - ドイツの教育標準がひらく展望とその問題点 -, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 15-38, 2009年.
30) 泉 克幸 : 公衆送信権と電子掲示板, 著作権判例百選〔第4版〕, 94-95, 2009年.
31) 村田 明広, 山崎 亮輔, 前川 寛和 : 四国中央部笹ヶ谷地域における秩父帯北帯の地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.23, 65-76, 2009年.
32) Shin-ichi Katayama and Takuya Doi : A remark on partitions and triangles, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.43, 1-7, 2009.
33) Shin-ichi Katayama and Arata Kuroki : A variation of Takagi's proof for quadratic reciprocity laws for Jacobi symbols, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.43, 9-23, 2009.
34) 山本 真由美, 瀬部 あゆみ, 島 治伸 : 学生ボランティアに対する派遣校教師の評価, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.17, 109-128, 2009年.
35) 石川 榮作 : R.ヴァーグナーにおけるトリスタンとジークフりート, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 1-24, 2009年.
36) 東 潮 : 東潮「鳥居龍蔵のアジア踏査行-中国西南・大興安嶺・黒龍江(アムール川)・樺太(サハリン-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, No.17, 65-164, 2009年.
37) 座喜 純 : 植民地主義による変容-エジプトにおけるムスリム同胞団の躍進とサイイド・クトゥブ思想の深化-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.17, 165-175, 2009年.
38) 中島 浩二 : カテゴリ情報とジャンル情報を利用したBNCコーパス検索システム開発のための予備的考察, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 25-35, 2009年.
39) 山田 仁子 : カテゴリー分類が引き起こす認識の変化 ー英語の色彩語彙yellowの場合ー, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 75-82, 2009年.
40) 堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻46∼48番の贈答歌を中心とした記事, --- 道綱母にとっての和歌,兼家との贈答歌 ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 1-17, 2009年.
41) 有馬 卓也 : 岡本韋庵『千島日誌』翻刻, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, 63-198, 2009年.
42) 平川 沙織, 松本 美菜子, 境 泉洋 : 職業性ストレスにおける家族機能とソーシャルサポートの関連, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 15-26, 2010年.
43) 池渕 舞, 石田 弓, 岸 潤, 曽根 三郎, 境 泉洋 : 身体疾患をもつ患者への心理的ケアについて : 入院中のステロイド治療患者を対象として, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 27-46, 2010年.
44) 高橋 奈央, 大野 あき子, 境 泉洋 : 青年の社会的逸脱行為傾向と空虚感・認知的歪曲の関連, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 59-70, 2010年.
45) 武田 知也, 細尾 綾子, 境 泉洋 : 自動思考及び生理的変化における嫉妬と怒りの差異の検討, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 71-86, 2010年.
46) 荒武 達朗 : 内地農民と台湾東部移民村 : 『台湾総督府文書』の分析を中心に, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, No.0, 1-56, 2010年.
47) 武田 知也, 細尾 綾子, 境 泉洋 : 自動思考及び生理的変化における嫉妬と怒りの差異の検討., 徳島大学人間科学研究, Vol.18, 71-86, 2010年.
48) 東 潮 : 高句麗の考古学史, 月刊考古学ジャーナル, No.596, 18-21, 2010年.
49) Naoto Higuchi, Midori Ito, Shunsuke Tanabe and Mitsutu Matsutani : Explaining Japan's Lack of Green Parties, --- A Social-Milieu Approach ---, Social Science Research University of Tokushima, Vol.23, No.23, 73-105, 2010.
50) 樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 : 改革派知事の16年, --- 高知・橋本県政は何を変えたのか ---, 徳島大学社会科学研究, No.23, 2010年.
51) 直井 義典 : 添付の際の償金請求権に関する一考察(三), 徳島大学社会科学研究, Vol.23, 1-81, 2010年.
52) 矢部 拓也 : 中心市街地の衰退と再生のメカニズム : ジェーン・ジェコブズの都市理論による滋賀県長浜市の中心市街地再生の事例分析, 徳島大学社会科学研究, Vol.23, No.0, 151-168, 2010年.
53) 樫田 美雄, 山本 智子, 氏家 靖浩 : 発達障害にビデオエスノグラフィーは挑戦する〈第1部〉, 臨床心理学研究, Vol.47, No.3, 16-21, 2010年.
54) 氏家 靖浩, 山本 智子, 樫田 美雄 : 発達障害にビデオエスノグラフィーは挑戦する〈第2部〉, 臨床心理学研究, Vol.47, No.3, 21-26, 2010年.
55) 水島 多喜男 : 『資本論』第3巻8章,9章の検討:剰余価値率の取扱いと転化問題をめぐって, 徳島大学社会科学研究, Vol.23, No.23, 129-149, 2010年.
56) 西村 孝史, 金 マリナ : 企業内労働市場の分化と分断, 徳島大学社会科学研究, Vol.23, 31-50, 2010年.
57) 西村 孝史, 金 マリナ : 企業内ソーシャル・キャピタルの形成要因, --- 「社交意識と互酬・贈与の実態に関する調査」の再分析 ---, 徳島大学社会科学研究, Vol.23, 51-71, 2010年.
58) 泉 克幸 : 非係争条項に対する独占禁止法上の評価について, 徳島大学社会科学研究, No.23, 185-199, 2010年.
59) 中塚 朋子, 櫻井 裕子, 山内 美月, 樫田 美雄 : 写真鑑賞場面における相互行為分析―地域の歴史写真集を介した夫婦のコミュニケーション, 徳島大学社会科学研究, No.23, 1-29, 2010年.
60) 樋口 直人 : 「多文化共生」再考, アジア太平洋研究センター年報, No.7, 3-10, 2010年.
61) 相澤 直樹, 内海 千種, 中村 有吾, 牧田 潔, 石橋 正浩, 岩切 昌宏 : 近赤外線分光法(NIRS)による前頭葉血流動態の測定に関する文献的検討-認知課題を中心に-, 学校危機とメンタルケア, Vol.2, 59-72, 2010年.
62) 道場 親信, 鳥羽 耕史 : 証言と資料・文学雑誌『人民文学』の時代, --- 元発行責任者・柴崎公三郎氏へのインタビュー ---, 和光大学現代人間学部紀要, No.3, 209-237, 2010年.
63) 髙橋 晋一 : 地域遺産をいかに継承するか, --- 民俗芸能を伝える工夫 ---, 新世紀男女共同社会へのメッセージ, No.9, 123-125, 2010年.
64) 髙橋 晋一 : 地神芝居のこと, 徳島地域文化研究, No.8, 32-35, 2010年.
65) 髙橋 晋一 : 民俗学者としての鳥居龍蔵, --- 徳島の民俗研究を中心として ---, 徳島地域文化研究, No.8, 58-65, 2010年.
66) 髙橋 晋一 : 「鬼」の末裔たち, --- 県南山間地域の事例より ---, 徳島地域文化研究, No.8, 74-78, 2010年.
67) 髙橋 晋一, 多田 昌司 : 徳島県の獅子舞一覧, 徳島地域文化研究, No.8, 79-85, 2010年.
68) 髙橋 晋一 : 徳島市の獅子舞(2), 徳島地域文化研究, No.8, 86-97, 2010年.
69) 髙橋 晋一 : 美馬市美馬町の祭りと民俗芸能(1), 徳島地域文化研究, No.8, 98-124, 2010年.
70) 髙橋 晋一 : 阿波市吉野町の祭りと民俗芸能, 徳島地域文化研究, No.8, 125-166, 2010年.
71) 髙橋 晋一 : 海部郡美波町西河内・玉木八幡神社祭礼, 徳島地域文化研究, No.8, 167-176, 2010年.
72) 髙橋 晋一 : 阿南市新野町山間地域の地神祭, --- 民間地神祭の一祖型 ---, 徳島地域文化研究, No.8, 177-183, 2010年.
73) 髙橋 晋一 : 美馬市穴吹町舞中島の石造文化財, 徳島地域文化研究, No.8, 184-189, 2010年.
74) 田中 智行 : 龍谷大学図書館蔵『玄奘三蔵渡天由来縁起』翻刻(二), 徳島大学国語国文学, No.23, 1-20, 2010年.
75) 有馬 卓也 : 岡本韋庵『日本維新人物志』訳註抄(一), 徳島大学国語国文学, No.23, 21-41, 2010年.
76) 中村 有吾, 石橋 正浩, 相澤 直樹, 内海 千種, 牧田 潔, 岩切 昌宏 : ロールシャッハ・テストの反応過程における認知・神経心理学的検討(Ⅰ)-情報処理モデルの観点から-, 学校危機とメンタルケア, Vol.2, 47-58, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 学術レター

1) John Polimeni, Kozo Mayumi, Mario Giampietro and Blake Alcott : Rejoinder from the authors, Sustainability: Science, Practice, and Policy, Vol.5, No.1, 52-54, 2009.
2) Wolfgang Herbert : Die letzte Gaststätte:, --- Ehrenamtlich im Hospiz ---, V - Vorarlberger Zeitschrift für Literatur, Vol.09, No.22/23, 118-130, 2009.
3) 平井 松午 : 「古地図・絵図所在情報データベース」への期待, 東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信, No.46, 10-12, 2009年.
4) ヘルベルト ウォルフガング : 西洋哲学に於ける死生観.二月例会報告, 兵庫・生と死を考える会会報, Vol.2009, No.45, 6-9, 2009年.
5) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(6), --- ミドルクラスのハビトゥスと周辺的労働力という現実の間・F一家の場合 ---, 茨城大学社会科学科論集, No.4, 2009年.
6) Norikazu Miyoshi, Tsuyoshi Matsuo, Mariko Mori, Aki Matsui, Makoto Kikuchi, Makoto Wada and Masahiko Hayashi : A New Synthetic Method for Para Alkylation of Benzoic Acids Using Metallic Strontium and Alkyl Iodide, Chemistry Letters, Vol.38, No.10, 996-997, 2009.
7) Norikazu Miyoshi, Tadashi Kohno, Makoto Wada, S. Matsunaga, I. Mizota and Makoto Shimizu : Reductive Self-coupling Reaction of Imines and Aldehydes Induced by Strontium Metal, Chemistry Letters, Vol.38, No.10, 984-985, 2009.
8) 中島 浩二 : 音 ー デジタルとアナログの狭間で, 広報, No.16, 26-29, 2009年.
9) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : デカセギと家族(8), --- 兄弟の成功物語・H一家の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.23, 2010年.
10) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(7), --- 独立への2つの道・G一家の場合 ---, 茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.5, 2010年.
11) 樋口 直人 : 滞日経験を生かす外国人労働者, 東アジアへの視点, Vol.21, No.1, 2010年.
12) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : デカセギと家族(9), --- ライフコース上のそれぞれの帰結・I一家の場合 ---, 茨城大学地域総合研究所年報, No.43, 2010年.
13) 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 「高校生の大学研究室への体験入学形学習プログラム」実施報告(第2報), 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 28-29, 2010年.
14) 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 嵯峨山 和美, 中恵 真理子, 光永 雅子 : 社会人ボランティアを活用した教養教育, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 18-19, 2010年.

2009年度(平成21年度) / 総説・解説

1) 樋口 直人 : 日系人の大量失業, --- 「もうひとつの派遣切り」の教訓 ---, DEAR News, No.138, 2-4, 2009年4月.
2) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第25講)地方公共団体の資産・債務管理と固定資産税(上), 税, Vol.64, No.4, 274-293, 2009年4月.
3) 依岡 隆児 : 読書のススメ(97), --- ルイス・セプルベダ「カモメに飛ぶことを教えた猫」 ---, 徳島新聞, 2009年4月.
4) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第26講)地方公共団体の資産・債務管理と固定資産評価(下), 税, Vol.64, No.5, 126-146, 2009年5月.
5) 寺本 忠司, 武政 二郎, 横井川 久己男 : 食品企業における自主細菌検査の基本技術, 月刊HACCP, Vol.15, No.5, 20-31, 2009年5月.
6) 依岡 隆児 : 読書のススメ(98), --- レイ・ブラッドベリ「華氏451度」 ---, 徳島新聞, 2009年5月.
7) 有馬 卓也 : 甦る 大坂懐徳堂, 東方, No.339, 26-28, 2009年5月.
8) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第27講)宅地等に係る負担調整措置, 税, Vol.64, No.6, 128-148, 2009年6月.
9) 依岡 隆児 : 読書のススメ(99), --- 村上春樹「羊をめぐる冒険」 ---, 徳島新聞, 2009年6月.
10) 鳥羽 耕史 : 岡本太郎の徳島体験〈上〉, --- 阿波踊り見物 ---, 徳島新聞, No.23429, 13, 2009年6月.
11) 鳥羽 耕史 : 岡本太郎の徳島体験〈下〉, --- 人形浄瑠璃に関心 ---, 徳島新聞, No.23430, 12, 2009年6月.
12) 荒木 秀夫, 鶯 春夫 : 感覚と運動 -体性感覚と認知運動療法,そしてコオーディネーション-, 月刊スポーツメディスン, Vol.21, No.5, 12-20, 2009年6月.
13) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第28講)固定資産税における土地評価と土壌汚染, 税, Vol.64, No.7, 86-107, 2009年7月.
14) 鳥羽 耕史 : 安部公房と北海道の荒野, 郷土誌あさひかわ, Vol.50, No.3, 40-41, 2009年7月.
15) 依岡 隆児 : 読書のススメ(100), --- いしいしんじ「四とそれ以上の国」 ---, 徳島新聞, 2009年7月.
16) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第29講)固定資産税における税負担への配慮と税負担軽減措置のあり方, 税, Vol.64, No.8, 46-64, 2009年8月.
17) 山本 孝 : 焦電結晶を利用した質量分析, ぶんせき, 430, 2009年8月.
18) 依岡 隆児 : 読書のススメ(101), --- ベルンハルト・シュリンク「朗読者」 ---, 徳島新聞, 2009年8月.
19) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第30講)宅地に係る固定資産税の実効税率を変化させる要因について, 税, Vol.64, No.9, 62-79, 2009年9月.
20) 依岡 隆児 : 読書のススメ(102), --- 賀川豊彦「空中征服」 ---, 徳島新聞, 2009年9月.
21) 鳥羽 耕史 : 太宰治と花田清輝, --- 県立図書館で「生誕100年展」 ---, 徳島新聞, No.23541, 12, 2009年9月.
22) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第31講)復興財政と固定資産税, 税, Vol.64, No.10, 160-175, 2009年10月.
23) 依岡 隆児 : 読書のススメ(103), --- 吉本ばなな「アムリタ」 ---, 徳島新聞, 2009年10月.
24) 西村 孝史 : 「個人を期待する方向に動かす有効な運用方法とは」, Works, Vol.96, 22-25, 2009年10月.
25) 西村 孝史 : 「若手にキャリアを考えさせる場づくりと支援体制を整備」, Works, Vol.96, 32, 2009年10月.
26) 西村 孝史 : 「コミットを促し,理念型モチベーションを高める」, Works, Vol.96, 35, 2009年10月.
27) 西村 孝史 : 「技術という視点で一貫性が取れたインセンティブシステム」, Works, Vol.96, 29, 2009年10月.
28) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第32講)固定資産税による財源確保の限界と可能性, 税, Vol.64, No.11, 126-155, 2009年11月.
29) 依岡 隆児 : 読書のススメ(104), --- 夏目漱石「三四郎」 ---, 徳島新聞, 2009年11月.
30) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第33講)固定資産税の公平性に関する議論, 税, Vol.64, No.12, 86-105, 2009年12月.
31) 依岡 隆児 : 読書のススメ(105), --- ジュースキント「ゾマーさんのこと」 ---, 徳島新聞, 2009年12月.
32) 鳥羽 耕史 : 合同研究会の経緯と成果, 原爆文学研究, No.8, 210-212, 2009年12月.
33) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第34講)景気の変化と固定資産税の関係―税収の所得弾力性―, 税, Vol.65, No.1, 108-126, 2010年1月.
34) 依岡 隆児 : 読書のススメ(106), --- 茨木のり子「汲む―Y.Y.に―」 ---, 徳島新聞, 2010年1月.
35) 長井 伸仁 : 書評:高澤紀恵著『近世パリに生きる―ソシアビリテと秩序―』岩波書店,2008年, 社会経済史学, Vol.75, No.5, 99-101, 2010年1月.
36) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第35講)固定資産税における分離課税の考え方, 税, Vol.65, No.2, 190-210, 2010年2月.
37) 依岡 隆児 : 読書のススメ(107), --- 松本清張「或る『小倉日記』伝」 ---, 徳島新聞, 2010年2月.
38) 石川 榮作 : ジークフリート伝説のルーツを探る, リヒャルト・ワーグナー楽劇「ニーベルングの指環」第2日『ジークフリート』, 25-28, 2010年2月.
39) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第36講)財産税におけるタックス・キャップの意義と効果, 税, Vol.65, No.3, 77-100, 2010年3月.
40) 依岡 隆児 : 読書のススメ(108), --- ジョン・カーリン「インビクダス 負けざる者たち」 ---, 徳島新聞, 2010年3月.
41) 髙橋 晋一 : 地域遺産 徳島の祭(写真解説), 新世紀男女共同社会へのメッセージ, No.9, 5-15, 2010年3月.
42) 髙橋 晋一 : 新刊紹介:「『八万町の昔を探ろう』から地域をプロデュースするプロジェクト」実行委員会編『八万町の昔を探ろう ガイドブック』, 徳島地域文化研究, No.8, 228-231, 2010年3月.
43) 髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係新聞記事一覧(2009年1月∼12月), 徳島地域文化研究, No.8, 200-215, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 国際会議

1) 邵 迎建 : 家破国砕思家国, --- 四十年代の話劇及び「五四」精神 ---, 「五四与中国現当代文学」国際シンポジュウム, 中国北京, 2009年4月.
2) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : Risk management in competitive facility location models with random demands: a versatile tabu search approach for competitive facility location problems, Proceedings of International Conference on Planning and Design 2009, Vol.CD-ROM, May 2009.
3) Masaki Takahashi, Hideki Matoba, Masayuki Satake, Toshio Tanaka, Mayumi Kaneyasu and Shigeru Obara : Effect of jogging training on oxidative stress responses and antioxidant capacity in middle-aged persons, --- 2009 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.41, No.5 Suupl, S568, Seattle, May 2009.
4) Hajime Miura and Yoshinori Takahashi : Effects of 12 weeks of group training on arterial stiffness in elderly hypertensives, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.41, No.5, S245, Seatle (USA), May 2009.
5) Hajime Miura and Saori Maruoka : Effect of vigorous physical activity on arterial stiffness in high school boys, European College of Sports Science, Oslo (Norway), Jun. 2009.
6) Naoto Higuchi : The Consequence of Labor Market Flexibilization, --- Economic Crisis and Mass Unemployment of Latin Americans in Japan ---, Side Event to the 11th United Nations Human Rights Council, Geneva, Jun. 2009.
7) Naoto Higuchi : Predicament of Brazilian Children in Japan, --- Economic Crisis as the Coup de Grace ---, Side Event to the 11th United Nations Human Rights Council, Geneva, Jun. 2009.
8) 邵 迎建 : 国際ラウンドテーブル:上海都市空間の中の演劇,映像, 東京, 2009年6月.
9) Naoto Higuchi and Nanako Inaba : Migrant Workers Enchanted with Consumer Society, --- Transnationalism, Global Consumer Culture and Migrant Families in Bangladesh ---, Graduate Conference on Migration and Social Theory, Trento, Jun. 2009.
10) Koichi Tanaka : Regional structure based on the international flight network of low cost carriers in Asia, --- A comparison with full service carriers ---, Proceedings of the 13th Air Transportation Research Society World Conference, Abu Dhabi, Jun. 2009.
11) Hidekazu Kakei, Tomonori SANO, Toshihiko Sako and Hiroomi SATO : A Study on the Adaptive Guidance-system and the Evacuation Experiments for Simulation Model, 4th International Symposium on Human Behaviour in Fire Conference Proceedings, 591-596, Jul. 2009.
12) Naoto Higuchi, Midori Ito, Shunsuke Tanabe and Mitsutu Matsutani : Explaining Japan's Lack of Green Parties, --- A Social-Milieu Approach ---, 15th World Congress of Political Science, Jul. 2009.
13) Hitoko Yamada : Colors as ad hoc concepts, 11th International Pragmatics Conference, Melbourne, Jul. 2009.
14) Ko-ichi Magishi, Kiyohito Nagata, Yoshinori Iwahashi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite NdOs4P12, International Conference on Magnetism (ICM2009), Karlsruhe, Jul. 2009.
15) Hideki Matoba, Masayuki Satake, Shigeru Obara and Toshio Tanaka : Running training markedly reduces serum TNF-alpha level in middle-aged and elderly runners, --- The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009) ---, The Journal of Physiological Sciences, Vol.59, No.Suppl., 357, Kyoto, Jul. 2009.
16) Takashi Yamamoto : Unified concept on the chemical variation of pre-edge structure, The 14th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, Camerino, Jul. 2009.
17) Takashi Yamamoto, Sakae Takenaka, Tsunehiro Tanaka and Toshihide Baba : Chemical state analysis of silver exchanged zeolite catalysts by X-ray absorption and UV-Vis spectroscopies, The 14th International Conference on X-ray Absorption Fine Structure, Camerino, Jul. 2009.
18) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : A multi-dimensionalization of competitive facility location problems, Proceedings of the 6th International Symposium on Management Engineering, Vol.CD-ROM, Dalian, Aug. 2009.
19) Shogo Hirai : Historical GIS of Sumoto Castle Town in the 17-19th Century, Awaji Province, Japan: Landuse and Structure, 14th International Conference of Historical Geographers, Kyoto, Aug. 2009.
20) Keisuke Ishida, Miho Yoshioka, Francis Hirsch and Takeshi Kozai : The Tsunomine Complex:, --- from oceanic-plate to latest Jurassic recycle of accreted materials in southernmost Chichibu Superbelt, SW Japan ---, Abstracts and Field Guide of the 8th Symposium of IGCP 506 "Marine and non-marine Jurassic: Global correlation and major geological events", University of Bucharest, 28 August - 3 September 2009, Romania, 16, Bucharest (Romania), Aug. 2009.
21) Keisuke Ishida, Yasuyuki Tsujino, Takeshi Kozai, Tadashi Sato and Francis Hirsch : The age of radiolarian Kilinora spiralis Zone:, --- direct correlation with Late Jurassic ammonite faunal succession in the Todoro section of the Kurisaka Formation, SW Japan ---, Abstracts and Field Guide of the 8th Symposium of IGCP 506 "Marine and non-marine Jurassic: Global correlation and major geological events", University of Bucharest, 28 August - 3 September 2009, Romania, 17, Bucharest (Romania), Aug. 2009.
22) 石田 和之 : 日本都市再開発事業的最近動向, 中国上海世博会論伝・2009中国第六届草原文化百家論伝『城市発展与草原文明』,中華人民共和国内蒙古自治区呼和浩特市, 2009年9月.
23) 邵 迎建 : 没有思想的思想, --- 論李長声的``知日''話語 ---, 「『沒有主義』?文本與語境脈絡,思想與意識型態的交會」國際學術研討會, 台北, 2009年9月.
24) Azhim Azran, Ueno A., Tanaka M., Utsunomiya Yoshiki, Masatake Akutagawa, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Evaluation on Envelope Waveforms of Velocity in Common Carotid Artery: Age-, Gender- and Regular Exercise-related Effect, Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.25, No.4, 1075-1078, Munich, Sep. 2009.
25) Yoshiki Utsunomiya, Azhim Azran, Asato Suzuki, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Kazuo Yoshizaki, Shigeru Obara, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Influence of Respiration on Variability of Peak Systolic Blood Flow Velocity in Common Carotid Artery: Preliminary Study, Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.25, No.7, 796-799, Munich, Sep. 2009.
26) Toru Hasunuma, Toshimasa Ishii, Hirotaka Ono and Yushi Uno : A linear time algorithm for L(2,1)-labeling of trees, Proceedings of the 17th Annual European Symposium on Algorithms (ESA 2009), Lecture Notes in Computer Science vol. 5757, pp. 35-46., Copenhagen, Denmark, Sep. 2009.
27) K. Magishi, H. Sugawara, T. Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterdite Superconductors MPt4Ge12 (M = Sr, Ba), M2S-IX, Tokyo, Sep. 2009.
28) M. Hagiwara, T. Shima, S. Tanaka and Kuniyuki Koyama : Anomalous behaviors in resistivity and magnetization of reduction-treated multi phase ceramics of Pr124/Pr123 and inhomogeneous Pr247, M2S-IX, Tokyo, Sep. 2009.
29) Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Naoshi Ohta, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite Superconductors MPt4Ge12 (M= Sr, Ba), 9th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S-IX), M2S-IX, 新宿, Sep. 2009.
30) Fumiya Kanetake, Hidekazu Mukuda, Yoshio Kitaoka, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Kohei M. Itoh and Eugene E. Haller : Superconducting State of Filled Skutterudite RPt4Ge12 (R = La, Pr): 73Ge-NQR Studies, 9th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S-IX), M2S-IX, 新宿, Sep. 2009.
31) H. Deguchi, Y. Hashimoto, T. Shoho, M. Mito, S. Takagi, Kuniyuki Koyama and Hagiwara M. : Linear and nonlinear resistivity of YBa2Cu43O7-δ ceramics at chiral-glass transition, M2S-IX, Tokyo, Sep. 2009.
32) Keisuke Ishida, Shigeyuki Suzuki, Graciano Jr.P. Yumul and Carla B. Dimalanta : Radiolarians from the Dingalan Formation, Central East Luzon, Philippine Mobile Belt, The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, 79-80, Nanjing (China), Sep. 2009.
33) Keisuke Ishida, Yasuyuki Tsujino, Takeshi Kozai, Tadashi Sato and Francis Hirsch : The direct correlation of Kilinora spiralis Zone with the Upper Jurassic ammonite faunal succession in the Kurisaka Formation, southern Kurosegawa Terrane, East Shikoku, SW Japan, The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, 81-82, Nanjing (China), Sep. 2009.
34) Naoto Higuchi : Mass Unemployment of Japanese Latin Americans as a Man-made Disaster, --- The Consequence of Labour Market Flexibilisation under the Economic Crisis in Japan ---, COMPAS Annual Conference 2009: New Times? Economic Crisis, Geo-political Transformation and the Emergent Migration Order, Oxford, Sep. 2009.
35) Kazuyoshi Nakata, Masatoshi Denda, Kunihiko Amano, Junji Miwa and Tatsuo Hamano : Habitat utilization of amphidromous freshwater shrimps (Atyidae) in agricultural channels around the Furu River, Aichi, central Japan in relation to the irrigation system, The Crustacean Society Summer Meeting & the 47th Annual Meeting of Carcinological Society of Japan, Sep. 2009.
36) 鳥羽 耕史 : 1950年代の「記録」, --- ダムと基地の問題を中心に ---, 第3回国際会議 日本近現代思想史を書き直す―移動と越境の視座から, 仙台, 2009年9月.
37) Naoto Higuchi : Toward a Comparative Analysis of Migration Networks and Migration Systems,, International Summer School on Migrants' Network, Bochum, Oct. 2009.
38) Ryoju Nakata, S Sugimoto, Hideo Araki and Takao Hanabusa : Education for Human Behavior Science in High School-College Partnership Programs Associated with Super Science High School, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009), 312-313, Busan, Oct. 2009.
39) 邵 迎建 : 日中戦争期の上海話劇研究(1937-1945), --- 『申報』の広告及びオーラル·ウ ィシ ュアル叙述を中心に ---, 「中国現代文学新史料の発掘と研究」国際シンポジュウ, 中国北京, 2009年11月.
40) Makoto Hagiwara, Tatsuo Shima, R. Kitada, H. Deguchi and Kuniyuki Koyama : Intergrain Ordering Processes of YBa2Cu4O8 and Related Complex Ceramic Systems, ISS2009, Tsukuba, Nov. 2009.
41) Shintaro Nakayama : Isovector dipole resonances in 4He and neutrino-heating in supernova, Tours Symposium on Nuclear Physics and Astrophysics VII (TOURS2009)), Kobe, Nov. 2009.
42) Hiroshi Yamamoto, Kei-ichiro Kagota, Yoshiko Hirata and Ikumi Tamura : Evaluation of Nutrient and Micropollutant Removal Efficiency by Water Lettuce (Pistia stratiotes), Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
43) Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Masayo Nishida, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Hiroshi Yamamoto : Occurrence and ecotoxicological assessment of triclosan in a small urban stream with no sewage service coverage, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
44) Yoshiko Hirata, Hiroshi Yamamoto, Ikumi Tamura, Jun Sekizawa, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura, Yoshihiro Kagami and Norihisa Tatarazako : Ecological Risk Assessment of Major UV Filters Using Various Aquatic Organisms, Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North America 30th Annual Meeting, New Orleans, Nov. 2009.
45) Naoto Higuchi, Mitsutu Matsutani, Takuya YABE and Ryosuke Takaki : Local Parties under the Presidency System, --- The Rise of Nonpartisan Governors and Local Parties in Japan ---, International Symposium on Independent Local Lists and Local Parties Challengers from Bottom Up? A comparative Perspective on the Emergence and Success of Minor Political Organisations and Their Impact on Party Systems, Halle, Nov. 2009.
46) Kazuyuki Ishida : The Growth and Stability of the Local Tax Revenue in Japan, The ACE(All China Economics) International Conference 2009, Hong Kong, Dec. 2009.
47) Motohiro Sakai and S Nonaka : Effectiveness of Cognitive Behavioral Intervention for Japanese Adolescents and Young Adults with "HIKIKOMORI" (Acute Social Withdrawal), 6st World Congress of Behavioural and Cognitive Therapy 2010, 102, 2010.
48) S Nonaka and Motohiro Sakai : The Relationship between Help-seeking Behavior of ``HIKIKOMORI''(Acute Social Withdrawal) persons and Social Skills of the Parents, 2010.
49) S Nonaka and Motohiro Sakai : Family Relationship and Help-seeking Behavior of Individuals with Hikikomori (Acute Social Withdrawal), 6st World Congress of Behavioural and Cognitive Therapy 2010, 98, 2010.
50) Takashi Yamamoto : Surface acidity of hexagonally ordered mesoporous silica FSM-16, 11th International Symposium on Eco-materials Processing and Design, Sakai, Jan. 2010.
51) Naoto Higuchi and Mitsutu Matsutani : Support for a Radical Right Politician in Japan, --- Converging to European Politics? ---, Seminar of European Research Center on Migration and Ethnic Relations, Utrecht, Feb. 2010.
52) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Probing non-standard top-gluon couplings at hadron colliders, KEK Theory Meeting (KEK-PH2010) on Particle Physics Phenomenology, Tsukuba, Feb. 2010.
53) Kouichi Murakami and Tadayuki Hara : Limit set in a system of ordinary differential equations with two time delays, Japan-Korea Joint Workshop on Dynamical Systems and Related Topics, Pusan, Mar. 2010.
54) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : Competitive facilities location problems with fuzzy random demand, Proceedings Books of International MultiConference of Engineering and Computer Scientists 2010, 1985-1990, Hong Kong, Mar. 2010.
55) Naoto Higuchi and Mitsutu Matsutani : The Radical Right in Japan, --- The Radical Right in Japan: Converging to European Radical Rights? ---, 5th Annual Conference of Portuguese Political Science Association, Aveiro, Mar. 2010.
56) Wolfgang Herbert : Ehrenamtlich im Hospiz:, --- Palliativpflege und Sterbebegleitung in Japan. ---, Universität Wien, Institut für Ostasienwissenschaften, Mar. 2010.
57) Shintaro Nakayama : Isovector dipole resonances in 4He and neutrino-heating in supernova explosion, The 10th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of the Galaxies (OMEG10), Osaka, Mar. 2010.
58) Koji Toba : Pavlov, Marx, and Surrealism, --- Abe Kobo's Objects in His Metamorphosis Stories ---, Association for Asian Studies Annual Meeting, Philadelphia, Mar. 2010.

2009年度(平成21年度) / 国内講演発表

1) 佐藤 征弥 : イチゴ重要病害診断のための病原菌検出用PCRプライマー, 新技術説明会, 2009年4月.
2) 井村 裕吉, 岩角 至子, 中根 美奈, 從野 かおり, 藤本 憲市, 濱田 治良 : モニタ上に示された単純図形の明暗知覚についてー調整法を用いた明暗知覚の検討ー, 日本放射線技術学会第65回総会学術大会予稿集, 104, 2009年4月.
3) 堤 和博 : 和歌から物語へ,和歌から日記へ, --- 『豊蔭』『本院侍従集』『蜻蛉日記』続考 ---, 和歌文学会関西例会第99回例会(於・大阪大学), 2009年4月.
4) Yuta Tagami, Yuki Okamoto, Takeshi Nishiyama and Minoru Watanabe : Application of RNAi technology to Xenopus beta-catenin gene, 日本発生生物学会第42回大会 発表要旨集, 125, May 2009.
5) 阿部 智恵子, 樫田 美雄 : キャリア転換を促す要因について-医師を目指す看護師へのインタビューを通して, 第35回日本保健医療社会学会大会, 2009年5月.
6) 依岡 隆児 : 日本の近代とハイマート―ドイツからの影響を中心に―, 2009年5月.
7) 山本 孝, 原田 博規, 河合 潤, 山本 保, 高村 禅 : ハンディ液体電極プラズマ発光分析装置による日用品からの浸出液の分析, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
8) 宮内 宏哉, 中西 貞博, 山本 孝, 河合 潤 : 実験室系XAFSを用いた環境試料中クロムの価数評価, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
9) 中江 保一, 弘 栄介, 山本 孝, 河合 潤 : 焦電結晶を用いたイオン・電子源の開発と電流制御, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
10) 井上 雄貴, 山本 知央, 山本 孝, 河合 潤 : 二結晶蛍光X線分光法によるEXEFS測定とAl配位数分析, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
11) 松谷 広, 山本 孝, 河合 潤 : ソープションポンプを用いた四重極小型質量分析装置, 第70回分析化学討論会, 2009年5月.
12) 髙橋 晋一 : 徳島県の地神信仰, --- 研究史と今後の研究課題 ---, 徳島地域文化研究会例会, 2009年5月.
13) Taku Aoki, Tomomi Maemura, Yuiko Hanno, Hayata Sakai, Hiroto Itoh, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : Contribution of Trp residues to lipocalin function of E.coli yodA protein, The 9th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 71, May 2009.
14) Yuiko Hanno, Tomomi Maemura, Hiroto Itoh, Hayata Sakai, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : Effect of substitutions of tetrameric type amino acids on the conformational stability of E.coli nucleoside diphosphate kinase., The 9th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 104, May 2009.
15) 松田 春菜, 浜野 龍夫, 長澤 和也 : 2種のカシパン類に寄生するハナゴウナ科貝類の同定および生態学的知見について, 第18回四国貝類談話会, 2009年5月.
16) 浜野 龍夫 : 徳島の指定希少野生生物ークチキレムシオイ,その選定と保護について, 第18回四国貝類談話会, 2009年5月.
17) 大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 香川 順子, 廣渡 修一 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる知の循環型社会実現を目指して―, 日本高等教育学会第12回要旨集禄, Vol.12, 218-221, 2009年5月.
18) 有馬 卓也 : 明治の漢学者 有井進斎, 中四国地区中国学会平成21年度大会, 2009年5月.
19) 星野 由美, 三浦 哉 : 口腔筋機能療法が咬筋の酸素動態に及ぼす影響, 日本歯科衛生学会, 2009年6月.
20) 河原崎 貴光 : capture, 日本映像学会第35回大会, 2009年6月.
21) 西村 孝史 : HRMが企業内の社会関係資本形成に与える影響, 2009年度組織学会研究発表大会, 2009年6月.
22) 山本 裕史 : PPCPsの生態・環境リスク評価における課題と展望∼総毒性評価の観点から, 第18回環境化学討論会ナイトミーティング, 2009年6月.
23) 中田 和義, 中西 哲, 傳田 正利, 天野 邦彦, 小林 草平, 藤原 正季, 浜野 龍夫 : 両側回遊型甲殻類の生態に着目した生息空間連続性評価手法の開発, 2009年度河川技術に関するシンポジウム, 2009年6月.
24) 宇野 剛史, 片桐 英樹 : フロー需要の不確実性を考慮した競合施設配置モデル, 第25回ファジィシステムシンポジウム, Vol.CD-ROM, 2009年7月.
25) 宇野 剛史 : 競合性に着目した施設配置問題に対する意思決定モデルとその解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「ソフトコンピューティングと最適化」研究部会第1回研究集会, 2009年7月.
26) 髙橋 晋一 : 徳島県の祭りと芸能, 平成21年度徳島大学公開講座「阿波学会:徳島再発見講座-徳島の自然と文化を語る」, 2009年7月.
27) 山本 裕史 : 医薬品の環境リスク評価∼国内外の動向, 第36回トキシコロジー学会学術年会ランチョンセミナー, 2009年7月.
28) 石原 秀太, 中島 道夫, 寺尾 博充, 堀内 敬三, Pal Raj Sharama : 三ハロゲノ水銀(Ⅱ)酸5-ニトロベンゾイミダゾリウムの構造と相転移, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009年7月.
29) 髙橋 晋一 : 徳島県西部地域の民俗文化, 徳島県教育委員会主催講座「発見!ふるさとの伝統文化」, 2009年7月.
30) 石田 和之, 岡 重徳, 斎賀 明彦 : 歯学部の所在と歯科医師数・歯科診療所数の関係(ポスター), 第50回日本歯科医療管理学会総会・学術大会(日本歯科医師会館), 2009年7月.
31) 髙橋 晋一 : 阿波踊りの文化史, 平成21年度(第33回)阿南市成人大学講座, 2009年7月.
32) 平井 松午 : 城下町のGIS分析, 人文地理学会第115回歴史地理研究部会(情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会共催)シンポジウム「Historical GISの地平」, 2009年7月.
33) 田中 智行 : 『金瓶梅』第三十九回の構成, 徳島大学国語国文学会第四十回研究会, 2009年7月.
34) 齊藤 隆仁 : 徳島大学における高大接続の取組み, 日本物理学会中国支部・四国支部 応用物理学会中国四国支部 日本物理教育学会中国四国支部 学術講演会予稿集, 2009年8月.
35) 中田 領樹, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 藤田 慎平, 杉本 多余 : SSHを基盤とした高大連携による人間行動科学教育, 平成21年度工学・工業教育研究講演会講演論文集, 50-51, 2009年8月.
36) 宇野 剛史 : 競合環境下での不確実性を伴う施設配置問題に対する解法アプローチ, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「不確実性下の意思決定モデリング」研究部会第3回研究会及び国際数理科学協会2009年度年会「確率モデルと最適化」研究部会研究集会(共催), 2009年8月.
37) 濱田 治良 : 複合図形による良さ判断に対する減算効果の検討, 日本心理学会第73回大会発表論文集, 563, 2009年8月.
38) 掛井 秀一, 花田 愛 : コミュニケーションを活性化する大学研究室(環境)の在り方に関する研究 その1 空間ニーズに関するアンケート調査, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.E-1, 459-460, 2009年8月.
39) 横井川 久己男 : 電子レンジのマイクロ波が大腸菌O157に及ぼす影響, 日本家政学会第61回大会, 124, 2009年8月.
40) 三浦 哉, 高橋 良徳 : 日内変動,一過性運動および性周期が血流依存性血管拡張反応に及ぼす影響, 体力科学, Vol.58, No.6, 722, 2009年9月.
41) 高橋 良徳, 三浦 哉 : 定期的な運動が高血圧症高齢者の脈波伝搬速度に及ぼす影響, 体力科学, Vol.58, No.6, 762, 2009年9月.
42) 田中 智行 : 『玄奘三蔵渡天由来縁起』について―説教台本になった『西遊記』―, 中国古典小説研究会2009年度大会, 2009年9月.
43) 宇都宮 芳希, アズラン アズヒム, 鈴木 安里, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 田中 弘之, 小原 繁, 木内 陽介 : 血流速度テレメトリーシステムを用いた頸動脈の血流計測, 電気学会電子·情報·システム部門大会論文集, No.MC8-3, 812-816, 2009年9月.
44) 鈴木 茂之, 石田 啓祐 : フィリピン ルソン島始新統Dingalan層の堆積場とフィピン島弧発達のテクトニクス, 日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.116, 69, 2009年9月.
45) 三上 禎次, 石田 啓祐, 鈴木 茂之, Hirsch Francis : 三畳紀後期カーニアン・ノーリアンのコノドント化石群集とその古地理変遷, --- 丹波帯地福谷と秩父帯久井谷の例 ---, 日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.116, 46, 2009年9月.
46) 髙橋 晋一 : 《資料紹介》徳島市川内町宮島・金刀比羅神社祭礼絵巻, 徳島地域文化研究会例会, 2009年9月.
47) 村田 明広, 山崎 亮輔, 前川 寛和 : 四国中央部,御荷鉾緑色岩類-秩父帯北帯の地質構造, 日本地質学会学術大会, Vol.116, 72, 2009年9月.
48) 大熊 一正, 日置 善郎 : LHCにおける非標準トップ-グルオン結合の探索, 日本物理学会秋季大会, 2009年9月.
49) 泉 克幸 : 特許ライセンス契約とその限界, 日本工業所有権法学会2009年度大会, 2009年9月.
50) 山本 裕史 : WETの実用事例∼徳島県の生活排水を主とした事業所排水に対する予備的検討, 第13回日本水環境学会シンポジウム, 47-48, 2009年9月.
51) 佐藤 征弥, 古橋 有佳, 吉田 明子, 吉村 圭司, 藤本 康太, Abdul Hameed : パキスタンの汚染地域から分離されたラン藻類Synechocystisのクロミウム耐性について, 日本植物学会第73回大会, 2009年9月.
52) 真岸 孝一, 永田 聖仁, 岩橋 由典, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : NdOs4P12のNMR Ⅱ, 日本物理学会講演概要集, Vol.64, No.2, 419, 2009年9月.
53) 江戸 梢, 中川 秀幸, 酒井 仁美, 中西 あさみ, 菅脇 拓真, 櫻庭 春彦, 篠原 光子, 大浦 清 : ラッパウニの体腔液に由来するレクチンの部分精製, 生化学, Vol.81, No.9, 343, 2009年9月.
54) 宇都宮 芳希, 港 雅広, 鈴木 安里, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 田中 弘之, 小原 繁, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 周波数解析を用いた体位変化による心拍と総頸動脈の最大血流速度の変化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2009年9月.
55) 港 雅広, 鈴木 安里, 宇都宮 芳希, 芥川 正武, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 田中 弘之, 木内 陽介 : 自転車エルゴメータを用いた運動中頚動脈血流速度の測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 226, 2009年9月.
56) 髙橋 晋一 : 世界の巡礼と四国遍路, 第27回郷土文化講座「四国の遍路文化」, 2009年9月.
57) 正賓 竜也, 橋本 雄一郎, 韓 輝, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBa2Cu4O8超伝導セラミクスのグレイン間転移における線形・非線形抵抗, 日本物理学会講演概要集, Vol.64, No.2, 482, 2009年9月.
58) 齊藤 隆仁 : 徳島大学における高大接続教育, 日本物理学会2009年秋季大会, 2009年9月.
59) 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 兼安 真弓, 小原 繁 : 中高年者における低強度の持久性トレーニングが血中の酵素的抗酸化能力に及ぼす影響, --- 第64回日本体力医学会(新潟) ---, 体力科学, Vol.58, No.6, 708, 2009年9月.
60) 矢田 光一, 高橋 将記, 的場 秀樹 : ラットのレジスタンストレーニンが抗酸化能力に及ぼす影響, --- 第64回日本体力医学会(新潟) ---, 体力科学, Vol.58, No.6, 896, 2009年9月.
61) 渡部 稔, 西山 剛司 : RNAi法によりbeta-catenin遺伝子の機能を抑制されたアフリカツメガエル初期胚の解析, 第3回日本ツメガエル研究集会 要旨集, 25, 2009年10月.
62) 秋山 純, 藤本 彩, 山田 和毅, 武田 美雄, 前川 智美, 曽根 良昭, 中島 勝幸, 通 元夫, 増田 俊哉 : 抗酸化性フェノール酸類の脂質抗酸化反応生成物の単離と構造, 第51回天然有機化合物討論会, 2009年10月.
63) 中田 和義, 天野 邦彦, 傳田 正利, 三輪 準二, 浜野 龍夫 : 河川横断構造物における両側回遊種ミゾレヌマエビの遡上行動パターン, 2009年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会, 2009年10月.
64) 弘 栄介, 中江 保一, 山本 孝, 河合 潤 : 焦電結晶を用いた小型高エネルギーX線源の開発, 第53回日本学術会議材料工学連合講演会, 2009年10月.
65) 逵 牧子, 武政 二郎, 横井川 久己男 : マイクロ波照射による温度制御の下で生育した大腸菌O157の特徴, 第30回日本食品微生物学会学術総会, 97, 2009年10月.
66) 梅迫 誠一, 百武 晃宏, 加藤 孝広, 武政 二郎, 横井川 久己男 : 培地調製を簡略化した「プチットカンピロ(プレストン)」の評価, 第30回日本食品微生物学会学術総会, 53, 2009年10月.
67) Hiroto Itoh, Hayata Sakai, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : Effect of substitutions of hexameric type amino acids on the conformational stability of Geobacillus stearothermophilus nucleoside diphosphate kinase., The 82nd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Vol.81, No.9, 3P137, Oct. 2009.
68) Haruka Shibagaki, Hiroto Itoh, Hayata Sakai, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga and Takanori Satoh : Contribution of C-terminal amino acids to the conformational stability of Geobacillus stearothermophilus nucleoside diphosphate kinase(2)., The 82nd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Vol.81, No.9, 3P138, Oct. 2009.
69) 佐藤 高則, 山城 考, 西山 賢一, 石田 啓祐, Haruka Shibagaki : Oxidase activity of Cu,Fe-resistant bacteria isolated from Shirataki copper mine., 第82回日本生化学会年会プログラム·要旨集, Vol.81, No.9, 3P233, 2009年10月.
70) 逵 牧子, 武政 二郎, 横井川 久己男 : 食品に混入した大腸菌O157に対するマイクロ波の影響, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
71) 若林 裕樹, 浜野 龍夫 : 清流・海部川の頭首工における多様な生物が遡上可能な魚道の設計, 農業農村工学会中国四国支部第64回講演会, 2009年10月.
72) 逵 牧子, 武政 二郎, 横井川 久己男 : マイクロ波照射培養による大腸菌O157のベロ毒素生産性の変動, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部2009年度合同沖縄大会, 138, 2009年10月.
73) 浜野 龍夫 : 山口県の内水面漁業生態系を保全修復するための堰堤データベースの構築, 日本水産増殖学会第8回大会, 2009年10月.
74) 山口 裕之 : コンディヤックの視覚論, --- 「知覚の成立」の議論は一体何を論じているのか? ---, 哲学会大会, 2009年11月.
75) 弘 栄介, 中江 保一, 山本 孝, 河合 潤 : 焦電結晶の小型高エネルギーX線源への応用, 第45回X線分析研究討論会, 2009年11月.
76) 山本 孝 : 軟X線XAFSによる多孔質材料の評価, 触媒学会第19回キャラクタリゼーション講習会, 2009年11月.
77) 髙橋 晋一 : 巡礼の文化人類学, --- 四国遍路から聖地巡礼まで ---, 「まなびの森」講演会, 2009年11月.
78) 石田 基広 : Rによるテキストマイニング入門, 統計数理研究所公開講座, 2009年11月.
79) 佐藤 征弥, 和田 洋佳, 葭森 健介, 平井 松午 : 江戸時代の絵図からわかる眉山, 徳島生物学会第123回総会, 2009年11月.
80) 藤永 真大, 石﨑 友梨, 佐藤 征弥, 広田 恵介 : PCR法によるイチゴ病害診断の実用化に向けた取り組み, 徳島生物学会第123回総会, 2009年11月.
81) 田村 生弥, 新田 和代, 駕田 啓一郎, 中尾 佑子, 今井 昭二, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 関澤 純, 山本 裕史 : 多機能生態系支援コンクリートによる水質浄化効果の評価, 土木学会環境工学委員会第46回環境工学研究フォーラム, 2009年11月.
82) 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 古谷 俊介, 桑原 義典, 西谷 弘, 川口 佳彦, 木下 悠亮, 中山 信太郎 : I-125シード型標準線源を用いるがん治療用密封小線源の自動定量測定, 日本放射線安全管理学会, 2009年12月.
83) 木下 悠亮, 中山 信太郎, 伏見 賢一, 桑折 範彦, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 川口 佳彦, 桑原 義典, 古谷 俊介, 黒崎 裕 : がん治療用125Iシード放射能自動測定システムの性能評価, 日本放射線安全管理学会, 2009年12月.
84) 桑原 義典, 古谷 俊介, 前澤 博, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 川口 佳彦, 黒崎 裕, 木下 悠亮, 中山 信太郎 : がん治療用I-125シード放射能自動測定システムの開発, 日本放射線安全管理学会第8回学術大会, 2009年12月.
85) 西山 剛司, 渡部 稔 : RNAi法によりbeta-catenin遺伝子の機能を抑制されたアフリカツメガエル初期胚の解析, 第32回日本分子生物学会年会 プログラム, 182, 2009年12月.
86) 浜野 龍夫 : 魚道・河川構造物, 平成21年度第2回日本水産学会水産増殖懇話会, 2009年12月.
87) 髙橋 晋一 : 阿波市の祭りと芸能, 平成21年度阿波学会総合学術調査発表会, 2009年12月.
88) 石田 基広 : RExcelによる統計解析, 統計数理研究所研究報告会, 2009年12月.
89) 大熊 一正, 日置 善郎 : Non-standard top-gluon couplings at Tevatron and LHC, 研究会「四国セミナー」, 2009年12月.
90) 石破 利彦, 大熊 一正, 日置 善郎, 藤井 健司 : Non-standard top-gluon couplings at Tevatron and LHC, --- Flavor-changing interaction and single top-quark production at Tevatron ---, 研究会「四国セミナー」, 2009年12月.
91) 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの影のモチーフについて, 2009年12月.
92) 片山 真一 : 2次体の類数問題について, ガロア理論とその周辺 金沢2009, 2009年12月.
93) 矢部 拓也 : 地域再生のメカニズム ――北川フラム氏の芸術による農村再生と高松・長浜での都市再生の比較, 2009年度地域社会学会第1回研究例会, 2009年.
94) 野中 俊介, 大野 あき子, 境 泉洋 : ひきこもり状態にある人の受療促進プログラムの効果:親を対象とした集団認知行動療法, 日本行動療法学会第36回大会発表論文集, 206-207, 2010年.
95) 高橋 奈央, 大野 あき子, 境 泉洋 : 青年の社会的逸脱行為傾向と空虚感・認知的歪曲の関連, 日本行動療法学会第36回大会発表論文集, 338-339, 2010年.
96) 武田 知也, 細尾 綾子, 境 泉洋 : 嫉妬と怒りを喚起した際の嫉妬・怒りを感じる程度,自動思考および生理的変化の関連の検討, 日本行動療法学会第36回大会発表論文集, 450-451, 2010年.
97) 平川 沙織, 松本 美菜子, 境 泉洋 : 職業性ストレスにおける家族機能とソーシャルサポートの関連, 日本行動療法学会第36回大会発表論文集, 452-453, 2010年.
98) 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 稲垣 明浩, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立動作時における予測的な脳血流量,総頸動脈血流速度の変化, 日本生理学雑誌, Vol.72, No.4, 126-127, 2010年.
99) Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow precede standing movement, The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S92, 2010.
100) 柏木 啓子, 藤原 好恒, 板尾 智美, 古野 伸明, 柳澤 誠, 花田 秀樹, 谷本 能文, 山下 雅道, 渡部 稔, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 内藤 富夫, 鈴木 賢一, 柏木 昭彦 : 両生類の生活環に対する強磁場の影響ー初期発生の形態学的および分子生物学的解析ー, 第26回宇宙利用シンポジウム, 2010年1月.
101) 片山 真一 : RDタイプの実2次体のある種の分布と類数問題, Workshop in Number Theory in Saga 2010, 2010年1月.
102) Wolfgang Herbert : Hospizwesen und Palliativpflege in Japan., OAG - Deutsche Gesellschaft fuer Natur- und Voelkerkunde Ostasiens. Zweigstelle Kobe, Jan. 2010.
103) 山本 孝 : X線吸収分光法による固体酸触媒の構造解析, 日本化学会中国四国支部 徳島地区化学講演会, 2010年1月.
104) 田中 文乃, 横井川 久己男 : 大腸菌O157のベロ毒素生産に対するオートインデューサーの影響, 日本農芸化学会中四国支部第26回講演会, 13, 2010年1月.
105) 髙橋 晋一 : 四国遍路の民俗, 平成21年度オンリーワンとくしま学講座, 2010年1月.
106) 髙橋 晋一 : 神阪京華僑口述記録の意義と方法, --- 記録集第2号『聞き書き・関西華僑のライフヒストリー』の発刊について ---, シンポジウム 神阪京華僑口述記録の意義と方法, 2010年1月.
107) 髙橋 晋一 : 阿波の祭りと芸能, 第33回建国記念の日奉祝祭記念講演, 2010年2月.
108) Hideyuki Nakagawa, Hitomi Sakai, Kozue Edo, Mitsuko Shinohara and Kiyoshi Ohura : Partial purification of lectin components of coelomic fluid from the sea urchin, Toxopneustes pileolus, Journal Pharamacological Sicences, Vol.112, No.Suppl. 1, 166, Feb. 2010.
109) 髙橋 晋一 : 遍路の民俗学, --- 遍路宿いまむかし ---, 平成21年度徳島大学公開講座「空海と歩く-四国土佐遍路2010」, 2010年2月.
110) 田中 耕市 : 歴史空間情報を活かした地域の再発見, 第三回四国GISシンポジウム, 2010年2月.
111) 西山 賢一 : 急崖での岩盤崩壊の発生プロセスとその地質的背景, 社団法人土木学会第3期第12回斜面工学研究小委員会・話題提供講演, 2010年3月.
112) 樫田 美雄, 氏家 靖浩, 山本 智子, ほか : A君の合理性と教室の秩序-自閉症スペクトラムと思われる小学生をめぐる相互行為分析-, 第21回日本発達心理学会大会, 2010年3月.
113) 内海 千種 : 学校事故事件における遺族の精神健康について~調査協力者の現状より~, 第9回日本トラウマティック・ストレス学会, 2010年3月.
114) 宮脇 克実, 杉木 理佳, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-Ⅲの関連, 日本発達心理学会第21回大会, 661, 2010年3月.
115) 宮脇 克実, 杉木 理佳, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-Ⅲの関連, 日本発達心理学会第21回大会, 2010年3月.
116) 小原 繁, 高橋 将記, 佐竹 昌之, 前田 健一, 的場 秀樹 : 中高年男女の10kmジョギングでの疲労感と酸化ストレス, ランニング学研究, 2010年3月.
117) 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 「高校生の大学研究室への体験入学形学習プログラム」実施報告(第2報), 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス 発表抄録集, 28-29, 2010年3月.
118) 齊藤 隆仁, 佐藤 高則, 大橋 眞, 嵯峨山 和美, 中恵 真理子, 光永 雅子 : 社会人ボランティアを活用した教養教育, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 18-19, 2010年3月.
119) 嵯峨山 和美, 齊藤 隆仁 : 社会人活用した意義ある学習体験を提供する授業設計と省察, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 22-23, 2010年3月.
120) 的場 一将, 森岡 芳洋, 堤 和博, 齊藤 隆仁 : 学生企画 学びのコミュニティー``Hatoba''の取り組み, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 24-25, 2010年3月.
121) 齊藤 隆仁 : 徳島大学における入学前教育の試行, 平成21年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 32-33, 2010年3月.
122) 髙橋 晋一 : 受け手から見たお遍路振興への着眼点, 建設業新分野進出支援セミナー(徳島県主催), 2010年3月.
123) 樋口 友乃 : ヴラジーミル・ナボコフの『プニン』における時間と空間, 徳島大学英語英文学会, 2010年3月.
124) 山本 裕史 : PPCPsの環境リスク評価における課題, 第51回日本環境化学会講演会, 2010年3月.
125) 三好 德和, 幸野 正志, 和田 眞, 松永 星, 溝田 巧, 清水 真 : 金属ストロンチウムを用いるイミン及びアルデヒドのピナコールカップリング, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 3F7-51, 2010年3月.
126) 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : リン酸シリカゲルを触媒とするRitter反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-044, 2010年3月.
127) 菊池 淳, 渡辺 崇史, 三好 德和, 和田 眞 : シリカゲル担持鉄触媒の調製とスチレン類の二量化反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-170, 2010年3月.
128) 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : THP中で進行するストロンチウムを用いる簡便な第3級アルコール合成法の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-165, 2010年3月.
129) 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステル合成法の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-166, 2010年3月.
130) 三好 德和, 松尾 強, 森 真理子, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる安息香酸類へのp-アルキル化反応について, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, 2H21, 2010年3月.
131) 三好 德和 : 高校の化学教育と大学における高大接続科目・基礎科目・教養科目との連携について, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, 1MO01, 2010年3月.
132) 加藤 潤, 西田 昌代, 田村 生弥, 平田 佳子, 比恵島 彬仁, 山本 敦史, 山本 裕史 : 防腐剤パラベン類の河川および底質中の動態と生態リスクの総合的評価, 第44回日本水環境学会年会, 3, 2010年3月.
133) 平田 佳子, 山本 裕史, 田村 生弥, 池幡 佳織, 西田 昌代, 関澤 純, 亀田 豊, 木村 久美子, 鏡 良弘, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の水生・底生生物に対する慢性影響と下水道未整備地域における生態リスク評価, 第44回日本水環境学会年会, 111, 2010年3月.
134) 池幡 佳織, 田村 生弥, 平田 佳子, 安部 香緒里, 鑪迫 典久, 中村 友紀, 山本 裕史 : 徳島県内事業場排水と放流先(ミキシングゾーン)を対象とした総排水毒性(WET)試験の先行的検討, 第44回日本水環境学会年会, 210, 2010年3月.
135) 安部 香緒里, 池幡 佳織, 平田 佳子, 田村 生弥, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 水生生物3種を用いた生活排水の総排水毒性(WET)試験, 第44回日本水環境学会年会, 646, 2010年3月.
136) 比恵島 彬仁, 田村 生弥, 加藤 潤, 駕田 啓一郎, 上月 康則, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 山本 裕史 : 石炭灰固化体を用いた生態系支援コンクリートによる水質浄化作用の実験的検討, 第44回日本水環境学会年会, 581, 2010年3月.
137) 駕田 啓一郎, 田村 生弥, 比恵島 彬仁, 上月 康則, 山本 裕史 : 熱帯産外来種ボタンウキクサを用いた高負荷排水処理支援効果の検討, 第44回日本水環境学会年会, 584, 2010年3月.
138) 西田 昌代, 本多 勇太, 田村 生弥, 平田 佳子, 山本 裕史 : 疎水性が高い生活関連汚染物質の底棲生物ユスリカに対する毒性影響と収着メカニズムの実験的検討, 第44回日本水環境学会年会, 555, 2010年3月.
139) 髙橋 晋一 : 遍路旅いまむかし, --- 四国遍路と宿泊施設 ---, 第5回シルバー大学院OB会のつどい記念講演, 2010年3月.
140) 中田 和義, 傳田 正利, 天野 邦彦, 三輪 準二, 浜野 龍夫 : 農業水路における両側回遊種ミゾレヌマエビの生息場所利用, 日本生態学会第57回大会, 2010年3月.
141) 韓 輝, 正賓 竜也, 芦田 拓弥, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBa2Cu4O8超伝導セラミクスのカイラルグラス相における磁気メモリ効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.1, 569, 2010年3月.
142) 金武 史弥, 椋田 秀和, 北岡 良雄, 真岸 孝一, 菅原 仁, 伊藤 公平, Eugene E. Haller : スクッテルダイトRPt4Ge12 (R = La, Pr) の超伝導状態: 73Ge-NQR/NMR, 日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.1, 527, 2010年3月.
143) 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 金武 史弥, 椋田 秀和, 北岡 良雄 : MPt4Ge12のNMR(M = Sr, Ba), 日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.1, 611, 2010年3月.
144) 大熊 一正, 日置 善郎 : LHC実験における非標準的なトップ-グルーオン結合の観測可能性, 日本物理学会年次大会, 2010年3月.
145) 長井 伸仁 : 都市の移民と文化, --- 19世紀後半のパリにおける地方出身者の事例 ---, 日仏歴史学会, 2010年3月.
146) 田中 耕市 : 東京大都市圏における国際空港へのアクセシビリティの変化, --- 東京国際空港の拡張と成田国際空港へのアクセス改善に伴う ---, 2010年度日本地理学会春季学術大会, 2010年3月.
147) 古田 昇, 平井 松午 : 吉野川流域における水害防備竹林の地形環境, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.
148) 平井 松午, 古田 昇 : 吉野川流域における竹林景観の変化-美馬市舞中島の事例-, 日本地理学会 2010年度春季学術大会(於 法政大学), 2010年3月.
149) 武政 二郎, 逵 牧子, 田中 文乃, 横井川 久己男 : 大腸菌O157の個体表面への付着性, 日本農芸化学会2010年度大会, 68, 2010年3月.
150) 新開 愛美, 藤本 彩, 小山 保夫, 前川 智美, 曽根 良昭, 増田 俊哉 : セサモールダイマーの構造とその細胞毒性の評価ー抗酸化フェノール物質の酸化生成物の構造と機能III, 2010年度大会講演要旨集, 149, 2010年3月.
151) 藤本 彩, 新開 愛美, 前川 知美, 曽根 良昭, 増田 俊哉 : ロスマリン酸酸化物の構造と増強されたチロシナーゼ阻害活性 抗酸化フェノールの酸化生成物の構造と機能II, 2010年度大会講演要旨集, 149, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 作品等

1) 平木 美鶴 : 木版画作品「HEARTとプリン」, 第2回Guanlan 国際版画ビエンナーレ展, 2009年5月.
2) 河原崎 貴光 : orange/balloon/room, 名古屋芸術大学 Art&Design Center ''mediaselect 2009'', 2009年6月.
3) 宮澤 一人 : 木管五重奏のためのフリップ=フロップ・ヴァリエーション, 長井記念ホール(徳島大学薬学部), 2009年11月.
4) 平木 美鶴 : 木版画作品「ベンチと暖雪」, PRINT COMPOSITION 2010/多摩美術大学版画の40年展, 2010年1月.
5) Takamitsu Kawarasaki : cut,paste(Kommen sie nach hause 11), Mar. 2010.
6) 河原崎 貴光 : cut, paste, Kommen sie nach hause 10, 2010年3月.
7) 平木 美鶴 : 暖雪(2010.2) 木版画, 社団法人日本版画協会, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / その他・研究会

1) 樋口 直人 : 共感共苦と人間理性の間, --- ダーバンレビュー会議報告 ---, Migrant's-ネット, No.120, 2009年5月.
2) 浜野 龍夫 : 河川生態系を復元し地域をおこす「水辺の小わざ」について, 高津川漁業振興協議会講演会, 2009年5月.
3) 樋口 直人 : 日系人派遣切り, --- 失業をスキルアップの機会に ---, 朝日新聞, 2009年5月.
4) 直井 義典 : ドイツ・フランスにおける物上代位論の展開, 比較法研究, No.70, 226, 2009年6月.
5) Naoto Higuchi : Language is key for Japanese-South Americans, Herald Asahi, Jun. 2009.
6) 樋口 直人 : 「移住者と貧困」をめぐる基本視角, --- 相対的貧困・潜在能力・脆弱性 ---, Migrant's-ネット, No.120, 18-19, 2009年6月.
7) 髙橋 晋一 : 民俗文化研究の「役割」, --- 地域の価値 再発見の手助けを ---, 産経新聞, 7, 2009年6月.
8) 樋口 直人 : いまは移住者の人権を語るのに最悪の時期である, --- 第11回国連人権理事会報告 ---, Migrant's-ネット, No.121, 2009年7月.
9) 出口 博之, 正賓 竜也, 韓 輝, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスのカイラルグラス相における線形・非線形抵抗, 第4回トピカルミーティング「フラストレートとカイラリティ」, 6, 2009年7月.
10) 萩原 亮, 北田 亮平, 出口 博之, 小山 晋之 : YBa2Cu4O8 と関連複合系超伝導セラミクスのグレイン間秩序化過程, 第4回トピカルミーティング「フラストレートとカイラリティ」, 5, 2009年7月.
11) 真岸 孝一, 菅原 仁, 太田 尚志, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : NMR Measurements of Filled Skutterdites MPt4Ge12 (M = Sr, Ba, La), 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 「重い電子系の形成と秩序化」 第2回研究会, 2009年8月.
12) 金武 史弥, 椋田 秀和, 北岡 良雄, 菅原 仁, 真岸 孝一, 伊藤 公平, Eugene E. Haller : Superconducting State of Filled Skutterudite RPt4Ge12 (R = La, Pr): 73Ge-NQR Studies, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 「重い電子系の形成と秩序化」 第2回研究会, 2009年8月.
13) 浜野 龍夫 : 沿岸および河川の生物の生態について, 山口湾の生物資源回復に関する研究会.第10回研究ワークショップ, 2009年8月.
14) 浜野 龍夫 : 徳島県の水産・漁業について, 平成21年度徳島県高等学校教育研究大会, 2009年8月.
15) 浜野 龍夫 : 徳島県の沿岸水産資源を増やすリサイクル魚礁, 徳島県立科学技術高校特別授業, 2009年9月.
16) 浜野 龍夫 : 海岸の生物群集とその解析方法 - 類似度とクラスター分析, 徳島県立富岡西高校勉強会, 2009年9月.
17) 浜野 龍夫 : 生きものの視点からの現実的な川づくり - 水辺の小わざ, 建設コンサルタンツ協会中国支部河川部会講演会, 2009年10月.
18) 三浦 哉, 高橋 良徳 : 近赤外分光装置を用いた動脈機能の測定評価の可能性, 第16回医用近赤外線分光法研究会, 2009年10月.
19) 星野 由美, 三浦 哉 : 硬度の異なる被検食咀嚼時の咬筋における酸素動態の特性, 第16回医用近赤外線分光法研究会, 2009年10月.
20) 樋口 直人 : 南米日系人のデカセギと子どもの教育, --- 地球の両側から考える ---, Migrant's-ネット, No.124, 23-24, 2009年11月.
21) 山本 孝 : XAFS, 近畿化学協会触媒・表面部会 ナノ材料の表面分析講習, 2009年11月.
22) 浜野 龍夫 : 水産生物を増やす現実的な川づくり - 水辺の小わざ, 栽培漁業推進技術講習会・日本水産資源保護協会巡回教室, 2009年11月.
23) 小山 晋之, 出口 博之, 萩原 亮 : 超伝導セラミックスのグレイン間転移における線形・非線形抵抗, 物構研シンポジウム'09, 38(A-22)-38, 2009年11月.
24) 浜野 龍夫 : 水産資源を増やす「水辺の小わざ」-既設人工構造物に対する安価で効率的な改善策について -, 日本水産資源保護協会巡回教室, 2009年11月.
25) 出口 博之, 正賓 竜也, 韓 輝, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスのグラス転移における線形・非線形抵抗, 物性科学領域横断研究会 凝縮系科学の最前線, 2009年11月.
26) 樋口 直人 : 経済危機は移住者に何をもたらしたのか, --- 経済危機と移民に関する会議報告 ---, Migrant's-ネット, No.125, 2009年12月.
27) 今井 晋哉 : ドイツ初期労働者運動における連帯の射程, 2009年12月.
28) 樋口 直人 : 日本・スペイン・チェコにおける「帰国支援」制度, --- 米国・移民政策研究所の資料から ---, Migrant's-ネット, No.127, 2010年1月.
29) 平井 松午 : 礒永和貴報告と尾崎久美子報告によせて, 歴史地理学, Vol.52, No.1, 53-55, 2010年1月.
30) 髙橋 晋一 : 正月の民俗学, よしの川, No.45, 1, 2010年1月.
31) 山本 孝 : 固体触媒試料のXANES/EXAFS解析, SPring-8講習会「産業利用に役立つXAFSによる先端材料の局所状態解析2010」, 2010年1月.
32) 萩原 亮, 島 龍夫, 出口 博之, 小山 晋之 : YBa2Cu4O8 および関連複合系セラミクスのグレイン間秩序化過程, 平成21年度成果報告会, P3, 2010年1月.
33) 出口 博之, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスのカイラルグラス相における磁気メモリ効果, 平成21年度成果報告会, P21, 2010年1月.
34) 佐藤 高則 : 特殊環境微生物のタンパク質・酵素・ペプチドの構造―機能相関と有効利用に関する研究, 徳島大学知財本部講演会, 2010年1月.
35) 樋口 直人 : 排外主義・人種主義を欧州と東アジアで考える, Migrant's-ネット, No.127, 3-4, 2010年3月.
36) 渡部 稔, 山城 考, 佐藤 高則, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第2報), 平成21年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島,発表抄録集, 28-29, 2010年3月.
37) 浜野 龍夫 : 志摩の海はナマコでよみがえる! - 竹林礁・リサイクル網礁による里うみづくり, 志摩市議員・漁業関係者研修会, 2010年3月.
38) 藤田 雅文, 田中 弘之, 佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 小西 努, 元木 啓之, 佐藤 一郎, 谷川 健二, 佐野 義行, 高原 清秀, 松田 雄史, 佐藤 玲子 : 子どもの体力向上支援プラン, --- ∼子どもの体力向上に向けて∼ ---, 1-5, 2010年3月.
39) 佐藤 充宏, 佐竹 昌之, 元木 啓之, 寺井 孝文, 田中 伸幸, 鈴江 真弓, 徳永 直, 木村 和幸, 佐藤 一郎, 横田 勝, 堀岡 敬二, 佐藤 玲子 : 徳島県小学校・中学校体力つくり運動プログラム, 徳島県教育委員会 体育健康課, 2010年3月.

2009年度(平成21年度) / 報告書

1) 西山 賢一, 北村 真一, 村田 明広 : 2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.20, 57-65, 宮崎, 2009年4月.
2) 髙橋 晋一, 髙橋 晋一 : 徳島県南地域の体験型観光, --- その現状と課題 ---, 徳島大学総合科学部文化人類学研究室報告9, 1-114, 徳島, 2009年5月.
3) 上勝町教育委員会, 髙橋 晋一 : 樫原の棚田 文化的景観保存計画, --- 第2章第3節第6項 ---, 92-99, 徳島, 2009年5月.
4) 神戸華僑歴史博物館, 髙橋 晋一 : シンポジウム・神阪京華僑口述記録の意義と方法 記録集, --- 記録集第1号『聞き書き・関西華僑のライフヒストリー』の発刊について ---, No.3, 22-23, 神戸, 2009年9月.
5) 樋口 直人 : 南米からのデカセギ・これまでの20年とこれからの20年, 検証・多文化共生:地域は変わったか, 名古屋, 2009年11月.
6) 神阪京華僑口述記録研究会, 髙橋 晋一 : 聞き書き・関西華僑のライフヒストリー, No.2, 神戸, 2009年12月.
7) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : 移民自営業者によるニッチ形成と産業構造, --- 横浜市鶴見区における南米系電設業者の進出を事例として ---, 村田学術振興財団2010年報告書, 京都, 2010年.
8) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : 日系人労働者は非正規就労からいかにして脱出できるのか, --- その条件と帰結に関する研究 ---, 全労済協会公募委託研究報告書, 東京, 2010年.
9) 境 泉洋, 野中 俊介, 大野 あき子 : 「引きこもり」の実態に関する調査報告書⑦:全国引きこもりKHJ親の会における実態, 2010年.
10) 岸江 信介, 清水 勇吉, 岡部 修典 : 足摺半島のことば, 1-207, 2010年2月.
11) 平井 松午 : 吉野川中流域・舞中島における洪水の歴史と生活-GISを用いた地域分析-, 2010年2月.
12) 西山 賢一, 北村 真一, 村田 明広 : 2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, 徳島大学環境防災研究センター年報, Vol.5, 19-28, 2010年3月.
13) 西山 賢一 : 福井洞窟の地形・地質と風化程度の評価, 佐世保の洞窟遺跡II,佐世保市文化財調査報告書第3集, 29-34, 2010年3月.
14) 西山 賢一 : 2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.21, 59-69, 2010年3月.
15) 堤 和博, 仙波 光明, 岸江 信介, 岡部 修典, 清水 勇吉, 坂東 正康, 村田 真実 : 2009年度日本語力テスト実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 159-172, 徳島, 2010年3月.
16) 堤 和博 : 全学共通教育FD講演会・討論会∼プロの講談師・落語家との討論∼, --- 2009年度全学共通教育センター部局FD事業実施報告 ---, 大学教育研究ジャーナル, No.7, 200-205, 徳島, 2010年3月.
17) 樫田 美雄 : 教室のビデオエスノグラフィー:自閉症スペクトラムと思われる小学生を巡る相互行為分析, シンポジウム「エスノメソドロジーのフロンティア-ケアと教育の現場から」報告書, 2-5, 2010年3月.
18) Kayoko Ueno and : Strategies of Resistance among Filipina and Indonesian Domestic Workers in Singapore, --- Global Reconfiguration of Human Reproduction ---, Asian Gender under Construction: GlobaOchiai, Emiko (ed.) Reconfiguration of Human Reproduction, 121-140, Mar. 2010.
19) 石田 啓祐, 菅原 康夫, 辻 佳伸, 藤川 智之, 南部 武 : 萩原2号墓発掘調査報告書, --- 指定史跡等保存活用事業埋蔵文化財発掘調査報告書 II ---, 1-70, 徳島, 2010年3月.
20) 石田 啓祐, 菅原 康夫, 辻 佳伸, 藤川 智之 : 萩原2号墓発掘調査報告書, 指定史跡等保存活用事業埋蔵文化財発掘調査報告書 II, 1-70, 徳島(日本国), 2010年3月.
21) 木村 和彦, 佐藤 充宏, 米谷 正造 : 基本的な動きづくりや体力つくりに関する実践事例研究, 平成21年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅳ 子どもの発達段階に応じた体力向上プログラムの開発事業, 111-121, 2010年3月.

2010年度(平成22年度)

article.{@.date="20100400 20110399" @.organization=\E{186615}}

2010年度(平成22年度) / 著書

1) 樫田 美雄 : 串田 秀也・好井 裕明編『エスノメソドロジーを学ぶ人のために』 第7章 病院に行く-医療場面のコミュニケーション分析-, 世界思想社, 京都, 2010年4月.
2) 樫田 美雄 : 串田 秀也・好井 裕明編『エスノメソドロジーを学ぶ人のために』 第8章 施設で暮らす, 世界思想社, 京都, 2010年4月.
3) タイラー ウィリアム・J, 鈴木 貞美, 日高 昭二, 竹内 清己, 山口 俊雄, 安原 義博, ローゼンバウム ロマン, 水谷 真紀, 安西 晋二, コルベイ スティーブ, ポルティエ ヴァンサン, 鳥羽 耕史, 重松 恵美, 吉川 宜時, 池内 紀, カールソン マッツ, ウィートマン ヘレン, 李 忠奎, 渡辺 喜一郎 : 石川淳と戦後日本 日文研叢書, --- 石川淳と演劇:「千田是也演出のために」の射程 ---, 国際日本文化研究センター, 京都, 2010年4月.
4) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざー安価に川のネットワークを (古川 彰·高橋勇夫編「アユが育てる川仕事」の第15章), 築地書館, 東京, 2010年6月.
5) 根岸 哲, 泉 克幸 : 経済法〔第5版〕, --- 第3章第3節 知的財産権と独禁法 ---, 株式会社 法律文化社, 京都, 2010年6月.
6) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : A Stackelberg location problem on a tree network with fuzzy random demands, Springer-Verlag, Jul. 2010.
7) 加藤 哲郎, 今井 晋哉, 神山 伸弘, 斉藤 吉弘, 中澤 高師, 飯島 伸彦, 鵜飼 健史, 白井 聡, 岡本 和彦, 小野 百合子, 中川 圭 : 差異のデモクラシー, --- 政治を問い直す 2 ---, 日本経済評論社, 東京, 2010年7月.
8) 桑原 恵 : 国学思想に見るジェンダー ∼ケガレとムスビをめぐって∼, 明石書店, 2010年7月.
9) 宮崎 隆義 : 英語教育への新たな挑戦―英語教師の視点から―, --- 英語教育における「物語」の活用例として―「物語」の意味付けとハーディの短篇分析例― ---, 英宝社, 東京, 2010年7月.
10) 山口 裕之, 檜垣 立哉, 村瀬 鋼, 川崎 惣一, 谷口 薫, 村松 正隆 : 哲学という地図, --- 松永哲学を読む ---, 勁草書房, 2010年8月.
11) 堤 和博 : 紫式部・定家を動かした物語, --- 謙徳公の書いた豊蔭物語 ---, 新典社, 東京, 2010年9月.
12) イブン イスハーク, 座喜 純, 岡島 稔 : 預言者の生涯 第一巻, ブイツーソリューション, 名古屋, 2010年9月.
13) 好井 裕明, 宮内 洋, 樋口 直人 : <当事者>をめぐる社会学:調査での出会いを通して, --- あなたも当事者である:再帰的当事者論の方へ ---, 北大路書房, 京都, 2010年10月.
14) 西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部 : 中国四国地方の応用地質学, 日本応用地質学会中国四国支部, 2010年10月.
15) 齊藤 隆仁 : 基礎物理学実験テキスト, 徳島大学生協, 2010年10月.
16) Takeshi Uno, Katagiri Hideki and Kato Kosuke : Competitive facility location with fuzzy random demands, American Institute of Physics, Oct. 2010.
17) 山口 裕之 : 哲学の立ち位置, 東信堂, 東京, 2010年10月.
18) 一般社会法人 日本応用地質学会 中四国支部(編), 石田 啓祐 : 中四国地方の応用地質学, --- Column 10 国会議事堂の大理石:文化財の''発掘'' -徳島県産大理石を例に; Column 11「ドイツ兵の慰霊碑」-和泉層群砂岩石材に進行する建立後の風化の影響-; Column 12 600年を経て健在 -四国八十八カ所遍路道の花崗岩製丁石- ---, 高浜印刷, 島根(日本国), 2010年10月.
19) 有馬 卓也 : 概説中国思想史, ミネルヴァ書房, 京都, 2010年10月.
20) 行實 鉄平, 佐藤 充宏, 伊勢 達郎, 岡山 千賀子 : 徳島県キッズスポーツインストラクター(上級)テキスト・ワークブック, 財団法人 徳島県スポーツ振興財団, 2010年11月.
21) Wolfgang Herbert : Foreign Workers and Law Enforcement in Japan, --- Routledge Library Editions: Japan Volume 7 ---, Routledge, New York, Nov. 2010.
22) 衣川 仁 : 僧兵=祈りと暴力の力, 講談社, 2010年11月.
23) ヘルベルト ウォルフガング, 彫常二代目 : 文身 II/彫常 II, --- 龍・観音 ---, Huber Verlag, Mannheim, 2010年11月.
24) 石田 基広 : <<R>>を用いた統計解析基礎講座, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2010年11月.
25) アルバート J, 石田 基広, 石田 和枝 : Rで学ぶベイズ統計学入門, シュプリンガー ジャパン, 東京, 2010年11月.
26) ジュール A., イエノウ E., ミースターズ E., 石田 基広, 石田 和枝 : R初心者のためのABC, シュプリンガー ジャパン, 東京, 2010年12月.
27) 依岡 隆児 : 読書のススメ∼四国から,グローカルに, 徳島新聞社, 徳島, 2010年12月.
28) 石川 統, 黒岩 常祥, 塩見 正衛, 松本 忠夫, 守 隆夫, 八杉 貞雄, 山本 正幸, 中川 秀幸, 他800名 : 生物学辞典, 株式会社 東京化学同人, 東京, 2010年12月.
29) 石川 統, 他6名編集, 中川 秀幸, 他800名 : ウニ毒,魚毒, 株式会社 東京化学同人, 2010年12月.
30) 森岡 芳洋 : [入門]ことばの世界, 大修館, 東京, 2010年12月.
31) 天沢 退二郎, 金子 務, 鈴木 貞美, 鳥羽 耕史 : 宮澤賢治イーハトヴ学事典, --- 安部公房 ---, 弘文堂, 東京, 2010年12月.
32) 鈴木 貞美, 天沢 退二郎, 金子 務, 依岡 隆児 : 宮澤賢治 イーハトヴ事典, 弘文堂, 東京, 2010年12月.
33) ロビン・エッカースレイ(著), 松野 弘(監訳), 栗栖 聡 : 緑の国家,第4章,第5章,第6章, 岩波書店, 東京, 2010年12月.
34) 境 泉洋 : 認知行動療法事典, 日本評論社, 2010年12月.
35) 東 潮, 菊池 俊彦 : 北東アジアの歴史と文化, 北海道大学出版会, 札幌, 2010年12月.
36) 鳥羽 耕史 : 1950年代, --- 「記録」の時代 ---, 河出書房新社, 東京, 2010年12月.
37) 境 泉洋 : 齋藤万比古(編) ひきこもりに出会ったら―こころの医療と支援― 第一章 ひきこもり概念の形成史, 株式会社 中外医学社, 2011年.
38) 河原崎 貴光, 徳島大学 河原崎ゼミ : 横断領域表現研究室記録誌, 自費出版, 徳島, 2011年1月.
39) 貴司山治研究会, 中川 成美, 伊藤 純, 浦西 和彦, 森 久男, 鳥羽 耕史, 安岡 健一, 白井 かおり, 和田 崇, 池田 啓悟, 鳥木 圭太, 内藤 由直, 友田 義行, 村田 裕和, 雨宮 幸明, 泉谷 瞬, 秋吉 大輔, 秦 功一 : 貴司山治研究, --- 〈「貴司山治全日記DVD版」別冊〉 ---, 不二出版, 東京, 2011年1月.
40) イブン イスハーク, 座喜 純, 岡島 稔 : 預言者の生涯 第二巻, ブイツーソリューション, 名古屋, 2011年2月.
41) 清水 真人 : 信託法制の展望(新井誠・神田秀樹・木南敦編)―「米国投資会社制度と信託法制」, 日本評論社, 2011年3月.
42) 岸江 信介 : 看板・標識物にみられる禁止表現の言語景観, 桂書房, 富山, 2011年3月.
43) 鈴木 貞美編著, 依岡 隆児 : 『Japan To-day』研究, --- 戦時期『文藝春秋』の海外発信 ---, 国際日本文化研究センター, 京都, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Erika Hashimoto, Kaori Kimura, Takuya Kawanai, Yumiko Nishimura and Yasuo Oyama : Nitroprusside increases intracellular Zn2+ concentration without affecting cellular thiol content: A model experiment using rat thymocytes and FluoZin-3, Natural Science Research, Vol.24, No.2, 6-11, 2010.
2) Akira Ohbuchi, Takeshi Harui and Takao Kato : Quitient Curve of Smooth Plane Curves with Automorphism, Kodai Mathematical Journal, Vol.33, No.1, 164-172, 2010.
3) S. Kunimura, S. Hatakeyama, N. Sasaki, Takashi Yamamoto and J. Kawai : Portable TXRF Spectrometer with 10-11g Detection Limit and Portable XRF Spectromicroscope with Sub-mm Spatial Resolution, AIP Conference Proceedings, Vol.1221, 24-29, 2010.
4) 葭森 健介 : 東亜世界的形成与中国皇権-以六朝時期為重点, 南京師大学報(社会科学版), Vol.2010, No.4, 70-78, 2010年.
5) A Okamaoto, T Yamagata, H Akimune, M Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, B M Greenfield, K Hara, K.Y Hara, H Hashimoto, R Hayami, K Kawase, M Kishimoto, K Nakanishi, Shintaro Nakayama, M Tanaka, H Utsunomiya and M Yosoi : Proton inelastic scattering to the dilute alpha-cluster condensed 02+ state at Ex=7.654 MeV in 12C, Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.81, No.5, 054604-1-054604-5, 2010.
6) Tatsuo Hamano : Natural growth of juveniles of the sea cucumber Apostichopus japonicus: studying juveniles in the intertidal habitat in Hirao Bay, eastern Yamaguchi Prefecture, Japan, Fisheries Science, Vol.76, No.4, 585-593, 2010.
7) 矢部 拓也 : 何が再生されたのか?--エリアマネジメントからみた,北川フラム氏の芸術による中山間村再生と長浜・高松・ヤングスタウンでの地域再生の比較 (特集 地方から見た地域再生の現実), 地域社会学会年報, Vol.22, No.0, 63-82, 2010年.
8) M. Takaoka, T. Fujimori, A. Shiono, Takashi Yamamoto, N. Takeda, K. Oshita, T. Uruga, Y. Sun and T. Tanaka : Formation of chlorinated aromatics in model fly ashes using various copper compounds, Chemosphere, Vol.80, No.2, 144-149, 2010.
9) 西村 孝史 : 売上減少期の人事施策変更が職場モラールに与える影響, Works Review, Vol.5, 126-137, 2010年.
10) 三浦 哉, 高橋 良徳, 北畠 義典 : 定期的なグループトレーニングが中高齢者の脈波伝搬速度に及ぼす影響, 日本公衆衛生雑誌, Vol.57, No.4, 271-290, 2010年.
11) 浜野 龍夫 : 河川ー農業水路ネットワークにおける両側回遊型甲殻類の個体群存続可能性評価手法, 土木学会河川部会 河川技術論文集, Vol.16, 465-470, 2010年.
12) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Simultaneous multi-frequency observation of the unknown redshift blazar PG 1553+113 in March-April 2008, Astronomy & Astrophysics, Vol.515, No.A76, 1-5, 2010.
13) 堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻49∼52番の二組の贈答歌を中心とした場面の考察, --- 道綱母にとっての和歌から実際面を探る ---, 国文学攷, No.206, 2010年.
14) Fumiya Kanetake, Hidekazu Mukuda, Yoshio Kitaoka, Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Kohei M. Itoh and Eugene E. Haller : Superconducting Characteristics of Filled-Skutterudites LaPt4Ge12 and PrPt4Ge12 : 73Ge-NQR/NMR Studies, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.79, No.6, 063702-1-063702-4, 2010.
15) Toshiya Masuda, Jun Akiyama, Aya Fujimoto, Satoshi Yamauchi, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Antioxidation Reaction Mechanism Studies of Phenolic Lignans, Identification of Antioxidation Products of Secoisolariciresinol from Lipid Oxidation, Food Chemistry, Vol.123, No.2, 442-450, 2010.
16) Kozo Mayumi and Mario Giampietro : Dimensions and Logarithmic Function in Economics: A Short Critical Analysis, Ecological Economics, Vol.69, No.8, 1604-1609, 2010.
17) 樋口 直人 : 経済危機と在日日系南米人, --- 何が大量失業・帰国をもたらしたのか ---, 大原社会問題研究所雑誌, No.622, 50-66, 2010年.
18) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : MAGIC observation of the GRB 080430 afterglow, Astronomy & Astrophysics, Vol.517, No.A5, 1-6, 2010.
19) 東 潮 : 東アジア古代の王権・王陵・境域, 人間文化研究機構連携展示アジアの境界を越えて, 178-185, 2010年.
20) Takuya Kawanai, Soya Harada, Chiharu Kubota, Erika Hashimoto and Yasuo Oyama : ZnCl2 and vitamin C, known as antioxidants, differently potentiate the cytotoxicity of H2O2 in rat thymocytes: Cytometric analysis using forward and side scatters, Natural Science Research, Vol.24, No.3, 12-19, 2010.
21) 石田 啓祐, 西山 賢一, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 森江 孝志, 東明 省三 : 阿波市の地質と地形 -とくに「阿波の土柱」の成因と景観保全-, 阿波学会紀要, No.56, 1-12, 2010年.
22) Olivier Tassy, Delphine Dauga, Fabrice Daian, Daniel Sobral, François Robin, Pierre Khoueiry, David Salgado, Vanessa Fox, Danièle Caillol, Renaud Schiappa, Baptiste Laporte, Anne Rios, Guillaume Luxardi, Takehiro Kusakabe, Jean-Stéphane Joly, Sébastien Darras, Lionel Christiaen, Magali Contensin, Hélène Auger, Clément Lamy, Clare Hudson, Ute Rothbächer, Michael J. Gilchrist, Kazuhiro W. Makabe, Kohji Hotta, Shigeki Fujiwara, Nori Satoh, Yutaka Satou and Patrick Lemaire : The ANISEED database: digital representation, formalization, and elucidation of a chordate developmental program., Genome Research, Vol.20, No.10, 1459-1468, 2010.
23) 髙橋 晋一 : 阿波市の祭りと民俗芸能, 阿波学会紀要, No.56, 185-191, 2010年.
24) 樋口 直人 : 都市エスニシティ研究の再構築に向けて, --- 都市社会学者は何を見ないできたのか ---, 年報社会学論集, No.23, 153-164, 2010年.
25) 西山 賢一, 横田 修一郎 : 熊本県,天草上島の古第三系砂岩に分布するタフォニの形状, 応用地質, Vol.51, No.3, 122-129, 2010年.
26) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : A Facility Location for Fuzzy Random Demands in a Competitive Environment, IAENG International Journal of Applied Mathematics, Vol.40, No.3, 172-177, 2010.
27) Mitsuko Shinohara, Kuniko Nagasaka, Hideyuki Nakagawa, Kozue Edo, Hitomi Sakai, Koji Kato, Futoshi Iwaki, Kiyoshi Ohura and Haruhiko Sakuraba : A novel chemoattractant lectin, Karatoxin, from the dorsal spines of the small scorpionfish Hypodytes rubripinnis, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.113, No.4, 414-417, 2010.
28) Hiroko Matsui, Tomohiro Oyama, Yoshiro Okano, Erika Hashimoto, Takuya Kawanai and Yasuo Oyama : Low micromolar zinc exerts cytotoxic action under H2O2-induced oxidative stress: Excessive increase in intracellular Zn2+ concentration, Toxicology, Vol.276, No.1, 27-32, 2010.
29) Tatsuo Hamano : Effects of habitat fragmentation on the amphidromous freshwater shrimp Caridina leucosticta (Decapoda, Atyidae) in a rice paddy drainage channel, Crustaceana, Vol.83, No.(9), 1125-1133, 2010.
30) 樋口 直人 : 在日外国人のエスニック・ビジネス, --- 国籍間比較の試み ---, アジア太平洋レビュー, No.7, 2-16, 2010年.
31) Tohru Naito : Regional Agglomeration and Transfer of Pollution Reduction Technology under the Presence of Transboundary Pollution, Regional Science Policy & Practice, Vol.2, No.2, 157-175, 2010.
32) 井戸 慶治 : 初期ティークにおける芸術の自律性の思想, シェリング年報, No.18, 63-73, 2010年.
33) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Magic Constraints on -ray Emission from Cygnus X-3, The Astrophysical Journal, Vol.721, No.1, 843-855, 2010.
34) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : MAGIC TeV gamma-ray observations of Markarian 421 during multiwavelength campaigns in 2006, Astronomy & Astrophysics, Vol.519, No.A32, 1-10, 2010.
35) 伏見 賢一, 依岡 隆児, 石田 和之, 岡部 修典, 後藤 強, 西沢 裕爾, 小田 大輔, 徳島大学天文部アストロラーブ : 「市内中心部で星空観望会∼徳島市内の天体観望会と街の活性化∼」, 「天文教育」, Vol.22, No.5, 49-51, 2010年.
36) Asuka Yamashiro, Tadashi Yamashiro, Baba Minoru, Endo Akira and Mahito Kamada : Species identification based on the faecal DNA samples of the Japanese serow (Capricornis crispus), Conservation Genetics Resources, Vol.2, No.1, 409-414, 2010.
37) 松田 拓朗, 坂井 洋子, 平尾 紀子, 清永 明, 小原 繁, 田中 宏暁 : オーディオ機器を利用した心音測定システムの開発と第一心音振幅の屈曲点による運動処方の有効性, 健康支援, Vol.12, No.1, 23-28, 2010年.
38) 井戸 慶治 : ヴァッケンローダーにおける芸術家と社会, ドイツ文学論集, No.43, 5, 2010年.
39) 長岡 信治, 西山 賢一, 井上 弦 : 過去200万年における宮崎平野の地層形成と陸化プロセス-海面変化とテクトニクスに関連して-, 地学雑誌, Vol.119, No.4, 632-667, 2010年.
40) Tatsuo Hamano : Redescriptions and attachment modes of Hypermastus peronellicola and H. tokunagai (Prosobranchia: Eulimidae), ectoparasites on sand dollars (Echinodermata: Clypeasteroida) in Japanese waters, Venus, Vol.69, No.1-2, 25-39, 2010.
41) 松田 春菜, 浜野 龍夫, 長澤 和也 : ハスノハカシパン個体群における寄生性巻貝トクナガヤドリニナの分布様式, Venus, Vol.69, No.1-2, 59-70, 2010年.
42) Makoto Hagiwara, Tatsuo Shima, R. Kitada, H. Deguchi and Kuniyuki Koyama : Intergrain Ordering Processes of YBa2Cu4O8 and Related Complex Ceramic Systems, Physica C: Superconductivity, Vol.470, No.20, 1052-1055, 2010.
43) Toshiya Masuda, Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Mitsuhiro Nakamura, Yasuo Oyama, Tomomi Maekawa and Yoshiaki Sone : Identification of cytotoxic dimers in oxidation product from sesamol, a potent antioxidant of sesame oil, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.20, 10880-10885, 2010.
44) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Detection of Very High Energy γ-ray Emission from the Perseus Cluster Head-Tail Galaxy IC 310 by the MAGIC Telescopes, The Astrophysical Journal Letters, Vol.723, No.2, L207-L212, 2010.
45) 内海 千種, 宮井 宏之, 加藤 寛 : 大規模交通災害がもたらした心身への影響の推移-負傷者を対象とした3年間の面接調査より, 心的トラウマ研究, Vol.6, 21-32, 2010年.
46) 宮井 宏之, 内海 千種, 大和田 攝子, 加藤 寛 : 阪神・淡路大震災15年後における遺族の精神健康について, 心的トラウマ研究, Vol.6, 53-62, 2010年.
47) 大和田 攝子, 宮井 宏之, 内海 千種, 加藤 寛 : がんによる死別が遺族に与える心理的影響の評価, 心的トラウマ研究, Vol.6, 1-10, 2010年.
48) Kayoko Ueno : Identity Management among Indonesian and Filipina Migrant Domestic Workers in Singapore, International Journal of Japanese Sociology, Vol.19, No.1, 82-97, 2010.
49) 邵 迎建 : 芸人浮彫―石揮, --- 視覚叙事中的抗戦時期話劇 ---, 『抗戦文化研究』, Vol.4, 191-205, 2010年.
50) 鳥羽 耕史 : 小松左京『日本沈没』とその波紋, --- 高度成長の終焉から「J回帰」まで ---, 日本文学, Vol.59, No.11, 14-26, 2010年.
51) Hirokazu Miyoshi, Yuko Kazumori and Shintaro Nakayama : Preparation of 3H-ATP-incorporated silica nanoparticles and its diffusive release, Journal of Non-Crystalline Solids, Vol.356, No.50-51, 2889-2895, 2010.
52) R. Arnold, C. Augier, J. Baker, A.S. Barabash, A. Basharina-Freshville, M. Bongrand, V. Brudanin, A.J. Caffrey, S. Cebrián, A. Chapon8, E. Chauveau, T. Dafni, F.F. Deppisch, J. Diaz, D. Durand, V. Egorov, J.J. Evans, R. Flack, Ken-Ichi Fushimi and I. García Irastorza : Probing new physics models of neutrinoless double beta decay with SuperNEMO, The European Physical Journal C - Particles and Fields, Vol.70, No.4, 927-943, 2010.
53) 山本 裕史, 安部 香緒里, 池幡 佳織, 安田 侑右, 田村 生弥, 中村 友紀, 鑪迫 典久 : 徳島県内の下水処理施設放流水を対象にしたWET試験, 環境工学論文集, Vol.47, 727-734, 2010年.
54) 大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁, 廣渡 修一 : 大学教育ボランティアを活用した教養教育―地域に知の循環型社会の構築を目指す新しい形の生涯学習―, 日本生涯教育学会年報, No.31, 83-96, 2010年.
55) H. Deguchi, Y. Hashimoto, T. Shoho, M. Mito, S. Takagi, Kuniyuki Koyama and M. Hagiwara : Linear and nonlinear resistivity of YBa2Cu43O7-δ ceramics at chiral-glass transition, Physica C: Superconductivity, Vol.470, No.Supplement 1, S834-S835, 2010.
56) M. Hagiwara, T. Shima, S. Tanaka and Kuniyuki Koyama : Anomalous behaviors in resistivity and magnetization of reduction-treated multi phase ceramics of Pr124/Pr123 and inhomogeneous Pr247, Physica C: Superconductivity, Vol.470, No.Supplement 1, S65-S67, 2010.
57) Aya Fujimoto, Yoshimi Shingai, Mitsuhiro Nakamura, Tomomi Maekawa, Yoshiaki Sone and Toshiya Masuda : A novel ring-expanded product with enhanced tyrosinase inhibitory activity from classical Fe-catalyzed oxidation of rosmarinic acid, a potent antioxidative Lamiaceae polyphenol, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.20, No.24, 7393-7396, 2010.
58) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors, MAGIC Collaboraion) : Observations of the Blazar 3C 66A with the Magic Telescopes in Stereoscopic Mode, The Astrophysical Journal, Vol.726, No.2, 58-63, 2010.
59) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : MAGIC Upper Limits for Two Milagro-detected Bright Fermi Sources in the Region of SNR G65.1+0.6, The Astrophysical Journal, Vol.725, No.2, 1629-1632, 2010.
60) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Search for an extended VHE γ-ray emission from Mrk 421 and Mrk 501 with the MAGIC Telescope, Astronomy & Astrophysics, Vol.524, No.77, 2010.
61) 葭森 健介 : 中国史における中世について, 研究論集, Vol.8, 137-148, 2010年.
62) Ken-Ichi Fushimi, K HARADA, Shintaro Nakayama, Hiroyasu Ejiri and 他6名 : SEARCH FOR COSMIC DARK MATTER BY MEANS OF THIN AND WIDE AREA NaI(Tl) ARRAY, "RADIATION DETECTORS AND THEIR USES", Proceedings of the 24th Workshop on Radiation Detectors and Their Uses, Vol.2010-10, 99-106, 2010.
63) Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Naoshi Ohta, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : NMR Study of Filled Skutterudite Superconductors MPt4Ge12 (M= Sr, Ba), Physica C: Superconductivity, Vol.470, No.Supplement 1, S552-S553, 2010.
64) Fumiya Kanetake, Hidekazu Mukuda, Yoshio Kitaoka, Hitoshi Sugawara, Ko-ichi Magishi, Kohei M. Itoh and Eugene E. Haller : Superconducting State of Filled Skutterudite RPt4Ge12 (M = La, Pr): 73Ge-NQR Studies, Physica C: Superconductivity, Vol.470, No.Supplement 1, S703-S704, 2010.
65) Fukuda Stephens Steve Meredith and Meredith Anne Stephens : An examination of effective instructional strategies for EFL compositions by Japanese EFL university students: An exploratory study, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.18, No.0, 89-113, 2010.
66) 山本 孝, 黒谷 功, 山下 歩美, 河合 潤, 今井 昭二 : 四国山岳地帯土壌浸出水のハンディ液体電極プラズマ発光分析装置を用いる分析, 分析化学, Vol.59, No.12, 1125-1131, 2010年.
67) 邵 迎建 : 従『正気歌』到『文天祥』, --- 抗日戦争時期的上海影劇 ---, 『現代中文学刊』, Vol.6, 58-67, 2010年.
68) Aya Fujimoto, Yoshimi Shingai, Toshihisa Oyama, Takuya Kawanai, Erika Hashimoto, Kazuki Koizumi, Kaori Kimura, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Apoptosis-inducing action of two products from oxidation of sesamol, an antioxidative constituent of sesame oil: a possible cytotoxicity of oxidized antioxidant, Toxicology In Vitro, Vol.24, No.6, 1720-1726, 2010.
69) Akira Ohbuchi, Kei Miura and Takeshi Takahashi : Automorphisms of a nonsingular curve on a rational surface of Picard number three, Far East Journal of Mathematical Sciences, Vol.47, No.1, 109-119, 2010.
70) 田村 生弥, 新田 和代, 平田 佳子, 山本 敦史, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未整備地域を流れる小河川における生活関連汚染物質の動態解明と濃度簡易予測モデルの構築, --- 徳島市冷田川を例として ---, 環境化学, Vol.20, No.4, 339-349, 2010年.
71) Keisuke Ishida, Hisao Hashimoto, Tetsuji Yamasaki, Ysuyuki Tsujino and Kozai Takeshi : Significance of the direct correlation of ammonite and radiolarian zones in the Izumi Group for integrated biostratigraphy of Late Cretaceous NW paleo-Pacific region, Natural Science Research, Vol.24, No.4, 27-31, 2010.
72) 森江 孝志, 西山 賢一, 古澤 明, 石田 啓祐, 中尾 賢一 : 四国東部,吉野川谷に分布する土柱層から見出されたテフラ, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, No.4, 65-73, 2010年.
73) 辻野 泰之, 石田 啓祐, 和田 秀美, 平山 正則 : 四国東部・徳島県牟岐町の四万十帯より新たに発見された後期白亜紀アンモナイト, 地質学雑誌, Vol.116, No.12, 680-685, 2010年.
74) Tohru Naito : Urban-rural Migration, Unemployment, and Privatization: A synthesis of Harris-Todaro Model and a Mixed Duopoly, Letters in Spatial and Resource Sciences, Vol.5, No.2, 85-94, 2011.
75) 坂口 由貴子, 阪間 稔, 伏見 賢一, 中山 信太郎 : 徳島における福島第一原子力発電所事故に伴う大気中人工放射性核種の測定, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, No.4, 39-45, 2011年.
76) Keisuke Ishida and Francis Hirsch : The Triassic conodonts of the NW Malayan Kodiang Limestone revisited: Taxonomy and paleogeographic significance, Gondwana Research, Vol.19, No.1, 22-36, 2011.
77) Keisuke Ishida, Shigeyuki Suzuki, Graciano Jr.P. Yumul and Dimalanta B. Carla : Middle Eocene low-paleolatitude radiolarian evidence for the Cabog Formation, Central East Luzon, Philippine Mobile Belt, Gondwana Research, Vol.19, No.1, 61-71, 2011.
78) Takeshi Kozai, Lydia Perelis-Grossowicz, Annachiara Bartolini, Chotima Yamee, Jose Sandoval, Francis Hirsch, Keisuke Ishida, Thasinee Charoentitirat, Assanee Meesook and Jean Guex : New palaeontological investigations in the Jurassic of western Thailand, Gondwana Research, Vol.19, No.1, 37-46, 2011.
79) Ken-Ichi Fushimi and Super NEMO 他92名 : Spectral modeling of scintillator for the NEMO-3 and SuperNEMO detectors, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment, Vol.A625, No.1, 20-28, 2011.
80) Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Feed-forward changes in carotid blood flow velocity during active standing., Neuroscience Letters, Vol.487, No.2, 240-245, 2011.
81) 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : 過重力によって生じたアフリカツメガエル初期胚の頭部形成異常の解析 II, Space Utilization Research, Vol.27, 198-200, 2011年.
82) Soya Harada, Chiharu Kubota, Natsuho Kitano, Takuya Kawanai, Kazuki Koizumi, Yasuo Oyama, Akio Kinazaki, Shiro Ishida and Yoshiro Okano : NOR-3, a donor of nitric oxide, increases intracellular Zn2+ concentration and decreases cellular thiol content: A model experiment using rat thymocytes, FluoZin-3, and 5-chloromethylfluorescein, Natural Science Research, Vol.25, No.1, 1-6, 2011.
83) A. Abdo, Reiko Orito and et al (450 coauthors) : Insights into the High-energy γ-ray Emission of Markarian 501 from Extensive Multifrequency Observations in the Fermi Era, The Astrophysical Journal, Vol.727, No.2, 129-155, 2011.
84) 西山 賢一, 北村 真一, 長岡 信治, 高谷 精二, 鈴木 恵三 : 2005年台風14号豪雨で発生した宮崎県槻之河内地すべりの活動履歴, 日本地すべり学会誌, Vol.48, No.1, 39-44, 2011年.
85) 今井 昭二, 黒谷 功, 伊東 聡史, 山本 孝, 山本 裕史 : 四国・高知県梶が森山頂の冬期降雨,降雪,樹氷および雨氷の鉛とカドミウム濃度, 分析化学, Vol.60, No.2, 179-190, 2011年.
86) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Addendum to: Search for anomalous top-gluon couplings at LHC revisited, The European Physical Journal C - Particles and Fields, Vol.71, No.2, 1535-1-1535-2, 2011.
87) Takashi Yamamoto, F. Nanbu, T. Tanaka and J. Kawai : Quantitative Chemical State Analysis of Supported Vanadium Oxide Catalysts by High Resolution Vanadium K-alpha Spectroscopy, Analytical Chemistry, Vol.83, No.5, 1681-1687, 2011.
88) Tadashi Yamashiro and Kobayashi Tomiki : Genetic diversity in the threatened local endemic plant Arisaema minus (Araceae), Acta Phytotaxonomica et Geobotanica (APG), Vol.61, No.3, 117-122, 2011.
89) 邵 迎建 : 女装・時装・更衣記・愛, --- 張愛玲与恩師許地山 ---, 『新文学史料』, Vol.1, 48-57, 2011年.
90) 鳥羽 耕史 : 『人民文学』論, --- 「党派的」な「文学雑誌」の意義 ---, 社会文学, No.33, 28-44, 2011年.
91) V.A. Acciari, Reiko Orito and et al (230 coauthors) : Spectral Energy Distribution of Markarian 501: Quiescent State Versus Extreme Outburst, The Astrophysical Journal, Vol.729, No.1, 2-11, 2011.
92) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Magic Discovery of Very High Energy Emission from the FSRQ PKS 1222+21, The Astrophysical Journal Letters, Vol.730, No.1, L8, 2011.
93) 山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 山下 和秀, 佐田 知沙, 今井 昭二, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄シリカ触媒のXAFS法による構造解析, X線分析の進歩, Vol.42, 237-248, 2011年.
94) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Gamma-ray Excess from a Stacked Sample of High- and Intermediate-frequency Peaked Blazars Observed with the MAGIC Telescope, The Astrophysical Journal, Vol.729, No.2, 115-125, 2011.
95) Kazuyuki Ishida : The Growth and Stability of the Local Tax Revenue in Japan, Public Budgeting & Finance, Vol.31, No.3, 56-75, 2011.
96) Daniele Belanger, Kayoko Ueno, Khuat Thu Hong and Emiko Ochiai : From Foreign Trainees to Unauthorized Workers: VIetnamese Migratn Workers in Japan, Asian and Pacific Migration Journal, Vol.20, No.1, 31-53, 2011.
97) NISHIMURA Kazuki, YOSHIOKA Akira, TAKAHARA Terumasa, SEKI Kazutoshi and Shigeru Obara : Relationship among first heart sound amplitude, double product and cardiac parasympathetic nervous system modulation during graded exercise, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.16, No.4, 117-122, 2011.
98) 大橋 眞, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : 徳島大学「地域社会人を活用した教養教育の視点からの開発途上国をモデルとした環境教育プログラムの可能性, 大学教育研究ジャーナル, Vol.8, 76-81, 2011年.
99) 大橋 眞, 光永 雅子, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : 日本とモンゴルの大学教育改革を考える国際会議「International Conference on Global Trends in Educational Culture」の成果と課題, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 82-90, 2011年.
100) 光永 雅子, 大橋 眞, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : グローバル化時代に即した環境教育プログラム開発を目的とした体験型異文化交流, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 91-100, 2011年.
101) Meredith Anne Stephens and Blight Richard : Error Analysis of Dictation Exercises, Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, Ehime University, Vol.9, 15-23, 2011.
102) 堤 和博 : 「さ夜ふけてかくやしぐれのふりは出づ」兼家に対する道綱母, --- 『蜻蛉日記』上巻57番歌の場面 ---, 『日本古典文学研究の新展開』, 153-176, 2011年.
103) 髙橋 晋一 : 祭りの標識考, --- 「オハケ」類似のしつらえをめぐって ---, 四国民俗, Vol.0, No.43, 1-7, 2011年.
104) 王 敏東, 葉 淑恵, 仙波 光明 : 新聞に見られる「カルチャーショック」, 徳島大学国語国文学, No.24, 139-154, 2011年.
105) 高橋 将記, 鈴木 克彦, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 坂本 静夫, 小原 繁 : 中等度強度以下の持久性運動が血中の活性酸素生成および白血球活性化マーカーに及ぼす影響, 日本補完代替医療学会誌, Vol.8, No.1, 25-28, 2011年.
106) 山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について ∼特別支援コーディネータの立場から∼, 大学教育研究ジャーナル, Vol.0, No.8, 113-121, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 田中 耕市 : GISを援用したミクロスケールにおける東京23区の高齢化分析, --- 地域メッシュ統計5次メッシュデータを活用して ---, 統計, Vol.61, No.4, 23-30, 2010年.
2) 泉 克幸 : 真正商品の並行輸入と商標権侵害――コンバース事件, L&T, No.47, 47-55, 2010年.
3) 長井 伸仁 : プロソポグラフィとミクロの社会史, --- フランス近現代史研究の動向から ---, 思想, No.1032, 143-159, 2010年.
4) 泉 克幸 : 商標権侵害と並行輸入の抗弁ーー「同一人性の要件」および「品質管理性の要件」, 速報・判例解説, Vol.6(2010 4), 271-274, 2010年.
5) 泉 克幸 : 原盤権の共同の取引拒絶と意思の連絡〔着うた事件〕, 経済法判例・審決百選, 106-107, 2010年.
6) 西山 賢一 : 2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.6, 19-28, 2010年.
7) 泉 克幸 : 競争政策の実現と特許ライセンス契約の限界, 日本工業所有権法学会年報, No.33, 99-116, 2010年.
8) 西村 孝史 : ローソン 「お店」としてのコンビニから「企業」としてのコンビニへ, 一橋ビジネスレビュー, Vol.58, No.1, 102-118, 2010年.
9) 中嶋 信 : 集落再生の論理と運動, 信州自治研, No.221, 2-6, 2010年.
10) 仙波 光明, 村田 真実 : 阿波市阿波町の方言, 総合学術調査報告阿波市「阿波町・吉野町」 阿波学会紀要第56号, No.57, 169-174, 2010年.
11) 山本 裕史, 浜野 龍夫, 田村 生弥, 平田 佳子, 加藤 潤, 池幡 佳織, 駕田 啓一郎, 西田 昌代, 安部 香緒里, 比恵島 彬仁, 中村 友紀, 一色 圭佑, 山中 亮一, 上月 康則 : 阿波市の河川と池沼の水質, 阿波学会紀要, Vol.56, 13-24, 2010年.
12) 石田 和之 : 不動産PERからみた香港住宅市場の動向, 土地総合研究, Vol.18, No.3, 69-80, 2010年.
13) 髙橋 晋一 : 山車のかたちにみる文化交流の歴史, 儀礼文化ニュース, No.175, 4-5, 2010年.
14) 大熊 一正, 日置 善郎 : パートン衝突でのトップクォーク対生成・崩壊における終状態レプトン運動量分布と非標準トップ相互作用, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, No.4, 33-46, 2010年.
15) 樫田 美雄 : 書評 西阪仰著『分散する身体-エスノメソドロジー的相互行為分析の展開』, 社会学評論, Vol.61, No.2, 220-221, 2010年.
16) 西山 賢一, 廣田 甫, 竹中 優太, 岡田 憲治 : 2004年台風21号豪雨により香川県西讃地域で発生した斜面崩壊の地質・地形的特徴, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, 75-85, 2010年.
17) 泉 克幸 : 着うた提供事業における原盤権の利用許諾拒否と共同の取引拒絶, 速報判例解説(法セミ増刊), Vol.7(2010 10), 281-284, 2010年.
18) 井戸 慶治 : ドイツ兵捕虜と「武士道」, --- ―ドイツ側からの「武士道」への言及について― ---, 青島ドイツ兵俘虜収容所研究, No.8, 2010年.
19) 鍋島 克輔, 中村 弥生, 田島 慎一 : パラメータ付き零次元代数的局所コホモロジーを用いたパラメトリック・スタンダード基底計算について, 数理解析研究所講究録, Vol.1814, No.0, 43-53, 2010年.
20) Hajime Miura and Hideki Matoba : Effects of short term group training on arterial stiffness in older hypertensive women, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.16, No.2, 48, 2010.
21) 依岡 隆児 : クルト・マイスナーの『四国奇談実説 古狸合戦』∼その背景と意義, --- ドイツとの関係から ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 37∼52, 2010年.
22) 米 麗英, 岸江 信介 : 2010年上海における言語景観について, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 165-181, 2010年.
23) 米田 憲市, 「臨床教育場面の経験的比較研究」研究チーム, 樫田 美雄 : 法科大学院の法曹養成課程からキャリア開発まで-鹿児島大学法科大学院の取組み-, 臨床法学セミナー, No.9, 83-95, 2010年.
24) 原水 民樹 : 平治物語における混態・とりあわせ, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 1-33, 2010年.
25) 宮澤 一人, 宇野 文夫(神戸学院大学人文学部) : ジェルジ・リゲティ《メロディーエン》第2部分前半の分析, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, 71-96, 2010年.
26) 高橋 将記, 久保 早哉香, 的場 秀樹, 小原 繁 : 難消化性デキストリン摂取が軽運動時における糖・脂質代謝に及ぼす影響, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, No.4, 21-26, 2010年.
27) 田島 俊郎 : あざむかれた人びとの日, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, No.1, 53-73, 2010年.
28) 髙橋 晋一 : 新しい「開かれた祭り」へ, --- 徳島市眉山町・天神祭の取り組みから ---, 新世紀男女共同社会へのメッセージ, No.10, 101-103, 2010年.
29) Ruishi Kuwabara : On a classical-quantum correspondence for mechanics in a gauge field, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.44, 33-46, 2010.
30) 鳥羽 耕史 : 『生活と文学』総目次, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 35-59, 2010年.
31) 有馬 卓也 : 『千島日誌』に見える岡本韋庵の北方移民論, 徳島大学総合科学部言語文化研究, No.18, 61-89, 2010年.
32) 山内 暁彦 : 『ケンジントン公園のピーター・パン』における諷刺, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 17-36, 2010年.
33) Eisaku Ishikawa : Siegfrieds Mord im Nibelungenlied und Kiyororis Tod in der Heike-Geschichte, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.18, 75-88, 2010.
34) 宮崎 隆義 : 不釣り合いな結婚の生態(8):「運命と青い外套」の場合―「共感の通路」を求めて―, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 1-15, 2010年.
35) 村田 明広, 犬房 陽一, 前川 寛和 : 四国中央部~西部,上土居地域と町村地域における御荷鉾緑色岩類の地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.24, 55-64, 2010年.
36) Shin-ichi Katayama and Takuya Doi : On partitions and k-polygons, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.44, 13-25, 2010.
37) 長谷川 芙美, 佐藤 健二 : 社交不安障害傾向者における注意操作の影響 : 赤面不安を対象にして, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, 1-14, 2010年.
38) 森 名月, 山本 真由美 : 大学生の児童虐待に対する認識と親の養育態度との関連, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 47-57, 2010年.
39) 山本 真由美, 津島 知彦 : 学習支援ボランティアの派遣校に対する評価, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.18, No.0, 87-103, 2010年.
40) 石田 三千雄 : ラヴァーター観相学の構想とその問題点, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, 97-112, 2010年.
41) 豊田 哲也 : 世帯所得の地域格差と世帯規模の関係-地域別集計データを用いた等価所得の推定-, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, 113-124, 2010年.
42) 蔡 玉琳, 王 敏東, 仙波 光明 : 「気」が句頭に位置する慣用句について ―慣用句教材を編纂する手がかりとしての一考察―, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 143-164, 2010年.
43) 樫田 美雄 : 周辺への/周辺からの社会学-社会学の新しい基盤としての市民教育ニーズと専門職教育ニーズ, 社会学評論, Vol.61, No.3, 235-256, 2010年.
44) 樫田 美雄, 下夷 美幸 : 特集によせて (<特集> 周辺への/周辺からの社会学), 社会学評論, Vol.61, No.3, 232-234, 2010年.
45) 山田 仁子 : カテゴリーを形成する2種類のベクトル, --- 「真(ま)+ 色彩語彙表現」の分析 ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 115-130, 2010年.
46) 行實 鉄平 : 地域におけるアダプテッドスポーツイベントの参加者評価, 久留米大学健康·スポーツ科学センター研究紀要, Vol.vol.18, 59-72, 2010年.
47) 駒屋 雄高, 吉野 菜穂子, 福森 崇貴 : ロールシャッハ法の学びに関する調査報告, 教育人間科学部紀要, Vol.2, No.0, 123-132, 2011年.
48) 岩崎 初美, 石田 弓, 原 幸一 : TAT物語にみられる対人不安の表れ方の特徴について : 自己肯定意識との関連から, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, No.0, 11-29, 2011年.
49) 横瀬 洋輔, 武田 知也, 境 泉洋 : ネガティブな反すう傾向と怒りの関連-怒りの認知,感情,行動に関する検討., 徳島大学人間科学研究, Vol.19, 73-85, 2011年.
50) 境 泉洋, 永井 洋子, Greenwood : 英国における臨床心理専門職養成 : Improving Access to Psychological Therapies (IAPT) Program, 徳島大学臨床相談室紀要, Vol.2, No.7, 2011年.
51) 泉 克幸 : 多摩談合新井組ほか事件高裁判決, NBL, Vol.945(2011.1.15), 47-53, 2011年.
52) 樋口 直人 : 経済危機後の在日南米人人口の推移, --- 入管データの検討を通して ---, 徳島大学社会科学研究, No.24, 139-157, 2011年.
53) 中西 純司, 行實 鉄平, 村田 真一 : 「新しい公共」を担う総合型地域スポーツクラブの課題と展望, 福岡教育大学紀要, Vol.60, No.5, 77-92, 2011年.
54) 斉藤 雅彦, 樫田 美雄 : 医療化する家庭・家庭化する医療-在宅医療のエスノメソドロジー-, 徳島大学社会科学研究, No.24, 13-56, 2011年.
55) 矢部 拓也 : 「都市再生における日米中のまちづくり組織の比較研究」, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.0, 159-178, 2011年.
56) 山口 裕之 : コンディヤックの視覚論, --- 「知覚の成立」の議論は一体何を論じているのか? ---, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, No.18, 57-70, 2011年.
57) 李 和中, 東 暁, 石田 和之 : 地方政府の「善治」レベルに対する公衆認知の主成分分析:武漢市政府を調査対象として, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 179-188, 2011年.
58) 大島 誠, 石田 和之 : 自治体病院の経営に他会計繰入金や政策医療が与える影響についてのパネルデータ分析, 徳島大学社会科学研究, Vol.24, No.24, 1-12, 2011年.
59) Wolfgang Herbert : Der letzte Umzug. Notizen aus dem Hospizalltag, OAG Notizen, Vol.2011, No.2, 10-26, 2011.
60) 東 潮 : 蛇行状鉄器再考, 勝部明生先生喜寿記念論文集, 216-225, 2011年.
61) 清水 真人 : 米国州会社法における事業再編の展開とSECの関与(1), 徳島大学社会科学研究, No.24, 57-124, 2011年.
62) 大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : 在日外国人の仕事, --- 2000年国勢調査データの分析から ---, 茨城大学地域総合研究所年報, No.44, 27-42, 2011年.
63) 大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : 家族・ジェンダーからみる在日外国人, --- 2000年国勢調査データの分析から ---, 茨城大学地域総合研究所年報, No.44, 11-25, 2011年.
64) 大曲 由起子, 高谷 幸, 鍛治 致, 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : 在学率と通学率から見る在日外国人青少年の教育, --- 2000年国勢調査データの分析から ---, アジア太平洋研究センター年報, No.8, 31-38, 2011年.
65) 樋口 直人 : 東アジア地政学と外国人参政権, --- 日本版デニズンシップをめぐるアポリア ---, 社会志林, Vol.57, No.4, 2011年.
66) 日置 善郎, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 田中 さやか, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2010年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.8, 172-191, 2011年.
67) 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : 確率需要を伴う競合施設配置問題に対する4つの基準を同時に考慮したタブー探索アプローチ, 数理解析研究所講究録, Vol.1734, No.0, 77-84, 2011年.
68) 山本 智子, 氏家 靖浩, 樫田 美雄 : 「場面」が異なることで見える「コミュニケーション特性」の違い-アスペルガー症候群と診断されたSくんの事例から-, 社会学論集, No.18, 51-65, 2011年.
69) 東 潮 : キトラ・高松塚壁画をめぐる古代の歴史環境-唐・新羅・日本の国際環境, 慶北大学校考古人類学科30周年記念考古学論叢, 1149-1257, 2011年.
70) 髙橋 晋一 : 徳島市の獅子舞(3), 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 22-34, 2011年.
71) 髙橋 晋一, 関 眞由子 : 地神祭祀の地域性, --- 那賀郡那賀町鷲敷・相生地区の事例から ---, 徳島地域文化研究, No.9, 35-50, 2011年.
72) 髙橋 晋一 : 遍路が伝えた芸能, --- 板野郡板野町大坂の「奴踊り」 ---, 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 64-68, 2011年.
73) 髙橋 晋一 : 美馬市美馬町の祭りと民俗芸能(2), 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 69-90, 2011年.
74) 髙橋 晋一 : 那賀町木頭地区(旧那賀郡木頭村)の祭りと民俗芸能(1), 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 91-117, 2011年.
75) 髙橋 晋一 : 当家の竹矢来, --- 三好市の事例二例 ---, 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 118-124, 2011年.
76) 髙橋 晋一 : ヤブランの霊力, --- 吉野川市川島町川島・川島神社の輪抜けの事例から ---, 徳島地域文化研究, Vol.0, No.9, 125-127, 2011年.
77) 田中 智行 : 龍谷大学図書館蔵『玄奘三蔵渡天由来縁起』翻刻(三), 徳島大学国語国文学, No.24, 1-28, 2011年.
78) 有馬 卓也 : 岡本韋庵関係資料(三), 徳島大学国語国文学, No.24, 29-54, 2011年.
79) 下津 紗貴, 佐藤 健二, 佐藤 容子 : 児童の不安症状と向社会的スキル, 非機能的態度の関連, 宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター研究紀要, Vol.19, 23-28, 2011年.
80) 米 麗英, 岸江 信介 : シャンハイの日本人居住地における言語景観, 徳島大学国語国文学, No.24, 2011年.

2010年度(平成22年度) / 学術レター

1) Meredith Anne Stephens : Review of 'An Alien from their own language', Bilingual Japan, Vol.19, No.1, 13-14, 2010.
2) Meredith Anne Stephens : The primacy of extensive listening, English Language Teaching Journal, Vol.65, No.3, 311-313, 2010.
3) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(10), --- ポスト花卉栽培の生業をめぐる苦悩・J一家の場合 ---, 茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.9, 2010年.
4) 桑原 恵 : 国学思想・農書に見る江戸時代の女性観, 新世紀男女共生社会へのメッセージ, Vol.Vol.10, 80-88, 2010年.
5) 豊田 哲也, 石田 基広, 小野 公輔, 掛井 秀一, 佐藤 高則, 佐藤 充宏, 内藤 徹, 西山 賢一, 村上 公一, 真岸 孝一, 矢部 拓也, 行實 鉄平, 川野 卓二, 吉田 博, 田中 さやか : 学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究, 平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島 発表抄録集, 16-17, 2011年.
6) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : デカセギと家族(11), --- 日本で育った子どもの日本への帰還・K一家の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.24, 189-202, 2011年.
7) Wolfgang Herbert : Buchvorstellung II: Adelstein Jake: Tokyo Vice., --- An American Reporter on the Police Beat in Japan. New York: Pantheon Books 2009 ---, OAG Notizen, Vol.2011, No.2, 29-37, 2011.
8) Meredith Anne Stephens : Response to Gil: The double danger of English as a global language, English Today, Vol.27, No.1, 35-37, 2011.

2010年度(平成22年度) / 総説・解説

1) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第37講)間接税としてのレイトと物税としての固定資産税, 税, Vol.65, No.4, 252-271, 2010年4月.
2) 依岡 隆児 : 読書のススメ(109), --- マリアス・ジャンセン「坂本龍馬と明治維新」 ---, 徳島新聞, 2010年4月.
3) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第38講)資産保有税における課税標準の選択∼資本価格と賃貸価格∼, 税, Vol.65, No.5, 94-115, 2010年5月.
4) 荒武 達朗 : 中国 近代 (2009年の歴史学界--回顧と展望) -- (東アジア), 史学雑誌, Vol.119, No.5, 825-832, 2010年5月.
5) 日置 善郎 : 自然界の究極構造, --- 原子から素粒子へ ---, 数理科学, Vol.48, No.5, 54-59, 2010年5月.
6) 依岡 隆児 : 読書のススメ(110), --- 山口昌男「学問の春 〈知と遊〉の10講義」 ---, 徳島新聞, 2010年5月.
7) 鳥羽 耕史 : 書評 竹内栄美子著『戦後日本,中野重治という良心』, 日本近代文学, No.82, 329-332, 2010年5月.
8) 日本社会学会, 樋口 直人 : 社会学事典, --- 社会変動論 ---, 2010年6月.
9) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第39講)地域主権時代における固定資産税のあり方, 税, Vol.65, No.6, 86-110, 2010年6月.
10) 依岡 隆児 : 読書のススメ(111), --- マーク・トウェイン「ハックルベリ・フィンの冒険」 ---, 徳島新聞, 2010年6月.
11) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第40講)固定資産税の税務行政における今日的課題, 税, Vol.65, No.7, 46-67, 2010年7月.
12) 鳥羽 耕史 : 『綜合文化』と花田清輝の芸術運動, 社会評論, No.162, 8-10, 2010年7月.
13) 依岡 隆児 : 読書のススメ(112), --- 庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」 ---, 徳島新聞, 2010年7月.
14) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第41講)大都市財政における固定資産税, 税, Vol.65, No.8, 82-103, 2010年8月.
15) 依岡 隆児 : 読書のススメ(113), --- 笠井新也「阿波の狸の話」 ---, 徳島新聞, 2010年8月.
16) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第42講)財産税におけるサーキット・ブレーカーの考え方, 税, Vol.65, No.9, 66-88, 2010年9月.
17) 鳥羽 耕史 : 書評 呉美姃著『安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって』, 昭和文学研究, No.61, 135-137, 2010年9月.
18) 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発, 化学工業, Vol.61, No.9, 35-38, 2010年9月.
19) 依岡 隆児 : 読書のススメ(114), --- 井上ひさし「本の運命」 ---, 徳島新聞, 2010年9月.
20) 長井 伸仁 : 書評:松田祐子著『主婦になったパリのブルジョワ女性たち―100年前の新聞・雑誌から読み解く―』大阪大学出版会,2009, 西洋史学, No.238, 79-81, 2010年9月.
21) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第43講)土地に係わる固定資産税における「適正な評価」の意義, 税, Vol.65, No.10, 104-124, 2010年10月.
22) 三浦 哉 : 第18回日本運動生理学会大会傍聴記, 体育の科学, Vol.60, No.10, 721-724, 2010年10月.
23) 依岡 隆児 : 読書のススメ(115), --- 川喜田二郎「創造性とは何か」 ---, 徳島新聞, 2010年10月.
24) 東 潮 : 『三国志』東夷伝と天下観, 邪馬台国九州と近畿, No.44, 64-71, 2010年10月.
25) 石川 榮作 : トリスタン伝説の系譜, --- ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』の独創性 ---, ワーグナー作曲『トリスタントイゾルデ』, 24-27, 2010年10月.
26) 石田 和之 : 香港レイトの仕組みと考え方, 資産評価情報, Vol.179, No.2010.11, 2-13, 2010年11月.
27) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第44講)地方財政の自主性における固定資産税の役割, 税, Vol.65, No.11, 82-100, 2010年11月.
28) 依岡 隆児 : 読書のススメ(116), --- ダニエル・ペナック「ペナック先生の愉快な読書法」 ---, 徳島新聞, 2010年11月.
29) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第45講)固定資産税の神話と現実, 税, Vol.65, No.12, 67-87, 2010年12月.
30) 依岡 隆児 : 読書のススメ(117), --- 辰濃和男「四国遍路」 ---, 徳島新聞, 2010年12月.
31) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第46講)不交付団体の税収構造と固定資産税, 税, Vol.66, No.1, 62-83, 2011年1月.
32) 依岡 隆児 : 読書のススメ(118), --- 渡辺政隆「一粒の柿の種」 ---, 徳島新聞, 2011年1月.
33) 鳥羽 耕史 : 二十一世紀のガリ版刷『原爆詩集』, --- 平和運動と「海賊版」 ---, 本の手帳, No.10, 46-49, 2011年1月.
34) 樋口 直人 : 経済危機と在日南米系コミュニティ, --- 何をなすべきか ---, ビジネス・レーバー・トレンド, Vol.2011, No.2, 11-15, 2011年2月.
35) 依岡 隆児 : 読書のススメ(119), --- 藤沢周平「ふるさとへ廻る六部は」 ---, 徳島新聞, 2011年2月.
36) 髙橋 晋一 : 徳島県指定民俗文化財 西由岐のうちわ踊り, 財団法人徳島県文化振興財団 映像記録事業, 2011年2月.
37) 樋口 直人 : 在日ブラジル人の大量失業と帰国, 外国人・民族的マイノリティ人権白書2011, 2011年3月.
38) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第47講)家屋評価における「㎡単価方式」の意義と限界, 税, Vol.66, No.3, 74-94, 2011年3月.
39) 江場 宏美, 高山 透, 永谷 広久, 中野 和彦, 林 久史, 原田 雅章, 前尾 修司, 松林 信行, 森 良弘, 山本 孝 : 2010年X線分析関連文献総合報告, X線分析の進歩, Vol.42, 17-43, 2011年3月.
40) 依岡 隆児 : 読書のススメ(120), --- アン・リンドバーグ「海からの贈物」 ---, 徳島新聞, 2011年3月.
41) 髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係新聞記事一覧(2010年1月∼12月), 徳島地域文化研究, No.9, 147-161, 2011年3月.
42) 髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係文献目録(2009年1月∼2010年12月), 徳島地域文化研究, No.9, 134-146, 2011年3月.
43) 長井 伸仁 : 書評:B.マルシャン著,羽貝正美訳,『パリの肖像 19-20世紀』,日本経済評論社,2010年, 図書新聞, No.3007, 5, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 国際会議

1) Hideki Matoba, Koichi Yada and Takashi Kitaura : Effect of resistance training on oxidative stress and antioxidant capacity n rats, --- 2010 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.42, No.5 Suupl, 296, Baltimore, May 2010.
2) Kazuyoshi Nakata, Kunihiko Amano, Masatoshi Denda, Junji Miwa and Tatsuo Hamano : Habitat utilization of the amphidromous freshwater shrimp Caridina leucosticta in agricultural drainage channels connected to the Furu River, Aichi, central Japan, International Workshop on Ecosystem-Science & -Engineering Approach toward Conservation of Bio-Diversity, Nagoya, May 2010.
3) Satoshi Ito, Keiko Okuda, Isao Kurotani and Shoji Imai : Chemical Characteristics of Snow Collected in Shikoku Island, Proceedings on "2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment", 129-130, Tokushima, Japan, May 2010.
4) Isao Kurotani, Keiji Miki, Hidetoshi Ujihara and Shoji Imai : New Parameter of Surface Fractal Structure for CH4-adsorption of Activated Carbon with Au atom-probe, Proceedings on "2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment", 197-198, Tokushima, Japan, May 2010.
5) Shoji Imai : Analytical Atomic Spectrometric Determination of Pb, Cd and Heavy metals (Fe, Co, Ni, Cu) in Sea Water, River Water, Tap Water and Environment Sample with GFAAS, Proceedings on "2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment", 127-128, Tokushima, Japan, May 2010.
6) Masaya Satoh : The big and old trees of Japan and Korean Peninsula, 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, Komatsushima, May 2010.
7) Koichi Yada and Hideki Matoba : Effect of resistance training on oxidative stress and antioxidant capacity in rats blood and tissues, --- 2nd International On-Board Symposium: human Health, Energy and Environment ---, Komatushima, May 2010.
8) Hideki Matoba : Invited Talk: Health promoting effects of resistance training, 2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, Komatushima, May 2010.
9) Hajime Miura and Saori Maruoka : Effects of physical activity on arterial stiffness in teenagers, 2nd International on-board symposium: Human health, energy and environment, May 2010.
10) Hajime Miura, Sumitaka Mori and Junko Hiroe : Upper arm exercise at 60%VO2max may not improve arterial stiffness, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.42, No.5, S444, Baltimore (USA), May 2010.
11) Hajime Miura, Sumitaka Mori and Junko Hiroe : Upper arm exercise at 60%VO2max may not improve arterial stiffness, 58th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Baltimore (USA), May 2010.
12) Tohru Naito : Regional Agglomeration and Transfer of Pollution Technology under the presence of Transboundary Pollution, Western Economic Association International 85th annual meeting, Jun. 2010.
13) Katsusuke Nabeshima and Hiroshi Yoshida : Derivation of resonant conditions with CGS, International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA10), Volore, Albania, Jun. 2010.
14) Katsusuke Nabeshima, Yayoi Nakamura and Shinichi Tajima : Using Algebraic Local Cohomology with Parameters, International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA 10), Volore, Albania, Jun. 2010.
15) Hiroshi Yamamoto, Jun Kato, Masayo Nishida, Yoshiko Hirata, Shota Katsuki, Yoshinori Fujimine and Atsushi Yamamoto : Detection of parabens from river water and sediment, --- Implication of the necessity of integrated ecological risk assessment ---, SETAC Asia/Pacific 2010, Guanzhou, China, Jun. 2010.
16) Ikumi Tamura, Masayo Nishida, Yoshiko Hirata, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Hiroshi Yamamoto : Sorption of personal care products on river sediment and toxic effects on benthic organisms Chironomus yoshimatsui, SETAC Asia/Pacific 2010, Guanzhou, China, Jun. 2010.
17) Wolfgang Herbert : Die Transformation des Prekariats:, --- Fallbeispiel Kamagasaki ---, Goethe-Universitaet Frankfurt am Main, Japanologie, Jun. 2010.
18) K Nakata, M Denda, J Miwa and Tatsuo Hamano : Migration patterns of the amphidromous freshwater shrimp Caridina leucosticta (Atyidae) on river control structures, 7th International Crustacean Congress, Qingdao, China, Jun. 2010.
19) Koichi Tanaka : Change of accessibility to international airports in the Tokyo Metropolitan Area, Proceedings of the 14th Air Transportation Research Society World Conference, Porto, Jul. 2010.
20) Yoshio Kashida, Yasuhiro Ujiie and Tomoko Yamamoto : Lived Experience of Developmental Disorder :The clarification, ISA RC 15 Session 3A Health, Illness and Embodiment, Jul. 2010.
21) Yoshio Kashida, Yamamoto Tomoko and Ujiie Yasuhiro : Lived Experience of Developmental Disorder :The clarification of two institutional orders by Video-based ethnography, ISA RC 15 Session 3A Health, Illness and Embodiment, 232, Jul. 2010.
22) Toru Hasunuma, Toshimasa Ishii, Hirotaka Ono and Yushi Uno : The (2,1)-total labeling number of outerplanar graphs is at mot Δ+2, Proceedings of 21th International Workshop on Combinatorial Algorithms (IWOCA 2010), Lecture Notes in Computer Science, Vol.6460, 103-107, London, Jul. 2010.
23) Tohru Naito : Environmental Policy and Firm Agglomeration underMixed Duopoly, Institutions and National Competitiveness 2, Aug. 2010.
24) 葭森 健介 : 中国史における中世について, 第8回日中共同学術討論会, 2010年8月.
25) Takahito Saito : Active learning in higher education, International conference on higher education based on intercultural communications between PNG and Japan, Goroka, PNG, Aug. 2010.
26) Kiyoshi Ohura, Mitsuko Shinohara, Hideyuki Nakagawa and Kozue Edo : A novel chemoattractant protein, Karatoxin, from the dorsal spines of the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis, XX1st International Symposium on Medicinal Chemistry, Vol.21, 124, Copenhagen, Sep. 2010.
27) Takahito Saito : Science and technology and mission of higher education, Global Trend in Education Development: International Collaboration and Traditional Culture, Ulaanbaatar, Mongol, Sep. 2010.
28) Takanori Satoh, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga, Masami Toyoshima and Haruka Shibagaki : Utilization of Extremophilic Bacteria and Their Enzymes as Bioresource., HSUM and Tokushima University Joint Research Conference,and 1st International Conference on Mongoloid Cultures., 13-29, Ulaanbaatar, Mongolia, Sep. 2010.
29) 邵 迎建 : 吼えろ,中国, 「融合,共同,互動」国際シンポジュウム, 中国瀋陽, 2010年9月.
30) Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Fumiya Kanetake, Hidekazu Mukuda, Yoshio Kitaoka, Kohei M. Itoh and Eugene E. Haller : 73Ge NQR study of superconducting skutterudites MPt4Ge12 (M = Sr, Ba), International Conference on Heavy Electrons 2010 (ICHE2010), ICHE2010, Tokyo, Sep. 2010.
31) Ikumi Tamura, Masayo Nishida, Jun Kato, Yoshiko Hirata, Yusuke Yasuda, Saori Yoneda, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura, Norihisa Tatarazako and Hiroshi Yamamoto : Environmental Fate and Ecological Risk of Triclosan and Other Antifungal Agents, IWA World Water Congress 2010, Montreal, Sep. 2010.
32) Hiroshi Yamamoto, Keiichiro Kagota, Akihito Hiejima, Ikumi Tamura, Hirofumi Kassai, Toshio Yamada, Yutaka Kameda and Motohiro Tanaka : Removal Efficiency of Nutrients and PPCPs by Solidified Coal Ash and Water Lettuce, IWA World Water Congress 2010, Montreal, Sep. 2010.
33) 邵 迎建 : 女装・時装・更衣記・愛, --- 張愛玲と恩師許地山 ---, 「伝奇・性別・系譜 張愛玲誕生九十周年」国際シンポジュウム, 香港, 2010年9月.
34) Keisuke Ishida, Yuki Nakazawa, Takeshi Kozai and Yasuyuki Tsujino : Early Aptian radiolarian fauna from the Nankai Group, SW Japan: biochronostratigraphy and paleobiogeography, Proceedings of the IGCP 507 Symposium on Paleocrimates in Asia during the Cretaceous, 31-33, Yogyakarta (Indonesia), Oct. 2010.
35) Hisao Hashimoto, Keisuke Ishida, Yasuyuki Tsujino and Takeshi Kozai : Upper Cretaceous ammonite and radiolarian zonal correlation in the Izumi Group, SW Japan: review for the integrated biostratigraphy of the NW Pacific region, Proceedings of the IGCP 507 Symposium on Paleocrimates in Asia during the Cretaceous, 40-48, Yogyakarta (Indonesia), Oct. 2010.
36) Koji Toba : Uniqueness of ``Kiroku(Reportage/Documentary)'' and Circle Movement in 1950s, --- The Environment surrounded Haneda Sumiko's A Class for Women in a Village, Iwanami Film Production, 1957 ---, Workshop "IMAGES: Documenting Political", New York, Oct. 2010.
37) Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Saori Yoneda, Kaori Ikebata, Ikumi Tamura, Norihide Nakada, Kumiko Kimura, Yutaka Kameda and Norihisa Tatarazako : Short-term chronic toxicity tests applied to ambient water sampled in urban streams of Tokushima, Japan, --- potential contribution of PPCPs ---, SETAC North America 31st Annual Meeting, Portland, Nov. 2010.
38) Jun Kato, Masayo Nishida, Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Atsushi Yamamoto, Norihisa Tatarazako and Hiroshi Yamamoto : Determination of the concentrations of parabens in river waters and sediments, --- Perspectives of ecological risk for aquatic and benthic organisms ---, SETAC North America 31st Annual Meeting, Portland, Nov. 2010.
39) Kaori Ikebata, Kaori Abe, Yusuke Yasuda, Saori Yoneda, Yuki Nakamura, Norihisa Tatarazako and Hiroshi Yamamoto : Short-term Chronic Toxicity Tests on Industrial Wastewater in Tokushima, Japan, --- Possibility of Toxicity Reduction Evaluation ---, SETAC North America 31st Annual Meeting, Portland, Nov. 2010.
40) Keisuke Ishida, Yuki Nakazawa, Takeshi Kozai and Yasuyuki Tsujino : Radiolarian paleobiogeographic correlation for the Lower Cretaceous Nankai Group, Southern Kurosegawa Terrane, SW Japan, Proceedings of the 6th Symposium of the IGCP 516 "Geological Anatomy of East and South Asia", 49-50, Kuala Lumpur (Malaysia), Nov. 2010.
41) Keisuke Ishida and Francis Hirsch : Middle and Late Triassic Conodont apparatus from Peninsular Malaya and North-Western Thailand, Proceedings of the 6th Symposium of the IGCP 516 "Geological Anatomy of East and South Asia", 53-54, Kuala Lumpur (Malaysia)., Nov. 2010.
42) Nobuhito Nagai : Impossible Liberty, --- Japanese historians facing with the modernization ---, Philosophical Researches on the Phenomenon of liberty: an interdisciplinary dialogue, Moscow, Nov. 2010.
43) Wolfgang Herbert : Gotô Tadamasa: vom Schlägertyp zum Mönch - Blick auf die Yakuza-Welt angesichts einer exemplarischen Gangsterkarriere., --- Japan im Wandel: Aufstieg, Strukturen und Probleme einer Wirtschaftsgroßmacht. ---, Studientagung 24.-26. November 2010, Katholische Akademie Trier, Nov. 2010.
44) Wolfgang Herbert : Yakuza, Wirtschaft, Polizei und Öffentlichkeit: wie Japan mit seiner Organisierten Kriminalität und sozialer Ausgrenzung umgeht., --- Japan im Wandel: Aufstieg, Strukturen und Probleme einer Wirtschaftsgroßmacht. ---, Studientagung 24.-26. November 2010, Katholische Akademie Trier, Nov. 2010.
45) Kumio Yokoigawa, Makiko Tsuji and Nirou Takemasa : Attachment of Escherichia coli O157 to abiotic surfaces, PacifiChem2010, Honolulu, Dec. 2010.
46) Toru Hasunuma, Toshimasa Ishii, Hirotaka Ono and Yushi Uno : The (p,q)-total labeling problem for trees, Proceedings of 21th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2010), Lecture Notes in Computer Science, Vol.6507, 49-60, Jeju Island, Korea, Dec. 2010.
47) Takanori Satoh : 35th anniversary International Conference "Chemistry in Medicine" at the chemistry and Biochemistry department, HSUM, 20-21, Ulaanbaatar, Mongolia, Dec. 2010.
48) Kawasaki Naoki and Takaki Fukumori : Psychological cost of avoiding reality is loss of self-esteem and sense of authenticity., Paper presented at the 12th Annual Meeting of Society of Personality and Social Psychology, 2011.
49) H. Deguchi, T. Ashida, T. Shoho, Y. Kato, M. Mito, S. Takagi, M. Hagiwara and Kuniyuki Koyama : Magnetic Memory Effects in a Chiral-Glass Phase of a Superconductive Ceramic YBa2Cu4O8, ICFCM, Sendai, Jan. 2011.
50) M. Hagiwara, A. Fujii, T. Shima, H. Deguchi, T. Shoho, Kuniyuki Koyama and : Anomalous Behavior of Linear Resistivity in the Vanishing Process along the Intergrain Ordering of Weak-Sintered Ceramic Superconductor YBa2Cu4O8, ICFCM, Sendai, Jan. 2011.
51) Kuniyuki Koyama, R. Nakashima, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, T. Shima, M. Hagiwara and : Superconducting Behaviurs in Reduction-Treated Mixtures of Fine Pr124 and Pr123 Ceramics, ICFCM, Sendai, Jan. 2011.
52) Takanori Satoh : Prospects for Regional Sciences by Learning Cultures and Histories of Ainu, Proceedings of 3rd International Conference in Higher Education and Lifelong Learning"Educational program renewals by employment of ethnic biography of pacific region", 10-11, Tokushima, Jan. 2011.
53) H. Deguchi, T. Shoho, Y. Kato, T. Ashida, M. Mito, S. Takagi, M. Hagiwara and Kuniyuki Koyama : Nonlinear Resistivity in a d-Wave Superconductor YBa2Cu4O8 of Sub-Micron Scale Grains, nanoPHYS'11, Tokyo, Jan. 2011.
54) Takeshi Uno, Hideki Katagiri and Kosuke Kato : Stackelberg location on a tree network with fuzzy random quantities demanded, Proceedings Books of International MultiConference of Engineering and Computer Scientists 2011, 1395-1398, Hong Kong, Mar. 2011.
55) Takamitsu Kawarasaki : The Distance from Existence, International Forum on Emerging Visuals Visual Experience in Urban/Cyber Space, Bangkok, Mar. 2011.
56) Donald Sturge : Art and Culture Exchange, --- Using Child Art for Education and Community Involvement ---, Proceedings of INTED 2011 Conference, Mar. 2011.
57) Takamitsu Kawarasaki : The Distance from Existence, International Forum on Emerging Visuals ''Visual Experience in Urban/Cyber Space'', Bangkok, Mar. 2011.
58) Hitoko Yamada : Ad hoc categories in contexts: A study of color expressions in Japanese, Meaning, Context & Cognition 2011, Lodz, Poland, Mar. 2011.

2010年度(平成22年度) / 国内講演発表

1) 松田 春菜, 浜野 龍夫, 長澤 和也 : 宿主から一旦離れたハナゴウナ科貝類はどのように宿主を再び見つけるか?, 日本貝類学会平成22年度大会, 2010年4月.
2) 西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 地球惑星科学関連学会2010年大会予稿集, 2010年5月.
3) 逵 牧子, 寺本 忠司, 横井川 久己男 : ペトリフイルムACプレートを用いる乳酸菌数測定の評価, 日本家政学会第62回大会講演要旨集, Vol.62, 13, 2010年5月.
4) 矢部 拓也 : 都市再生における日米中のまちづくり会社の比較研究, 地域社会学会第35回大会, 2010年5月.
5) 髙橋 晋一 : 徳島地域文化研究』8号講評会 総評, 徳島地域文化研究会例会, 2010年5月.
6) 柴垣 明佳, 伊藤 寛人, 酒井 勇太, 遠藤 陽介, 松永 亜也佳, 影治 孝政, 佐藤 高則 : Geobacillus stearothermophilus nucleoside diphosphate kinaseの高次構造安定性に寄与する部位の探索, 第51回日本生化学会中国・四国支部例会要旨集, 50, 2010年5月.
7) 藤永 真大, 石﨑 友梨, 広田 恵介, 佐藤 征弥 : 糸状菌感染に起因するイチゴ重要病害のマルチプライマーPCRによる診断, 平成22年度生物系三学会中国四国支部合同大会, 2010年5月.
8) 伊藤 聡史, 黒谷 功, 山本 孝, 今井 昭二 : 徳島県剣山・高知県梶ケ森における降雪の化学的特徴-その2:亜高山帯での水平分布, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
9) 奥田 桂子, 黒谷 功, 伊藤 聡史, 山本 孝, 今井 昭二 : 四国の河川(吉野川,四万十川,仁淀川,物部川,安田川など)の源流における無機成分の水平分布, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
10) 黒谷 功, 山本 孝, 米谷 明, 今井 昭二 : 黒鉛炉原子吸光法における金の原子化エネルギーへのナノ細孔の影響, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
11) 今井 昭二, 山本 哲司, 池田 昌彦 : タングステン炉電熱気化―フレーム原子吸光法―その1-, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
12) 佐藤 征弥, 姜 憲, 瀬田 勝哉 : 日本と朝鮮半島の巨樹の比較 – 樹種,習俗・伝承について –, 平成22年度生物系三学会中国四国支部合同大会, 2010年5月.
13) 山本 孝, 黒谷 功, 河合 潤, 今井 昭二 : 四国山岳地帯土壌浸出水のハンディ液体電極プラズマ発光分析装置を用いる分析, 第71回分析化学討論会, 2010年5月.
14) Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki : Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow preceds standing movement., 第87回日本生理学会大会, May 2010.
15) 田中 弘之, アズラン アズヒム, 小原 繁, 木内 陽介, 宇都山 登, 宮本 博司 : 膝関節等速性筋運動の運動強度が頸動脈血流速度に及ぼす影響, 体力科学/第65回日本体力医学会中国・四国地方会抄録集, Vol.59, No.4, 441, 2010年5月.
16) 西村 孝史, 村上 恭一, 佐野 格 : 人事アクションのリスク-職場を元気にする人事アクション・職場をダメにする人事アクション-, Works Symposium 2010, 2010年5月.
17) 齊藤 隆仁 : 徳島大学における「共創型学習」, 第58回 中国・四国地区大学教育研究会, 15, 2010年5月.
18) 植月 茉梨亜, 河野 光, 佐野 雅史, 河野 良作, 浜野 龍夫 : 徳島県沿岸の貝類組成と徳島県版海産RDB種について, 四国貝類談話会, 2010年5月.
19) 山本 真由美 : 学習障害,ASDへの個別支援, 神戸市教育委員会, 2010年5月.
20) 鍋島 克輔, 吉田 寛 : CGSを用いた共振条件導出, 第19回日本数式処理学会大会, 名古屋大学, 2010年6月.
21) 大和田 攝子, 加山 寿也, 城下 安代, 大和田 康二, 宮井 宏之, 内海 千種, 上山 桂, 東 一, 加藤 寛 : がんによる死別が遺族に与える心理的影響の評価―複雑性悲嘆の実態と遺族ケア利用, 第15回日本緩和医療学会学術大会, 2010年6月.
22) 加山 寿也, 城下 安代, 大和田 康二, 大和田 攝子, 宮井 宏之, 内海 千種, 上山 桂, 東 一, 加藤 寛 : がんにより死別した遺族の「最も辛かったこと」の分析, 第15回日本緩和医療学会学術大会, 2010年6月.
23) 中田 和義, 傳田 正利, 三輪 準二, 天野 邦彦, 浜野 龍夫 : 河川-農業水路ネットワークにおける両側回遊型甲殻類の個体群存続可能性評価手法の開発, 2010年度河川技術に関するシンポジウム, 2010年6月.
24) 山本 真由美 : 子どものコミュニケーション能力の向上をめざして, 人権・同和教育連絡協議会, No.55, 2010年6月.
25) Haruka Shibagaki, Hayata Sakai, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga, Hiroto Itoh and Takanori Satoh : Contribution of C-terminal three amino acids to the conformational stability of Geobacillus stearothermophilus nucleoside diphosphate kinase., The 10th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 123, Jun. 2010.
26) Hayata Sakai, Hiroto Itoh, Yousuke Endoh, Ayaka Matsunaga, Takamasa Kageji, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : Contribution of hexamer-conserved residues to the conformational stability of Geobacillus stearothermophilus nucleoside diphosphate kinase., The 10th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 124, Jun. 2010.
27) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : アルゼンチンから日本へのデカセギを考える, --- (2)日系アルゼンチン人の移住と世帯戦略 ---, 関東社会学会, 2010年6月.
28) 松谷 満, 樋口 直人 : 欧州と日本の極右の収斂?, --- 日本版極右としての石原慎太郎の支持基盤をめぐって ---, 関東社会学会, 2010年6月.
29) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : アルゼンチンから日本へのデカセギを考える, --- (1)求職をめぐる人的資本と社会関係資本の分析 ---, 関東社会学会, 2010年6月.
30) 山本 真由美 : 乳児期からの人間関係が将来的にどう影響するか, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年6月.
31) 山本 裕史 : 医薬品・パーソナルケア製品の環境リスク評価と管理, --- 現状と課題,展望について ---, 第19回環境化学討論会ナイトミーティング, 2010年6月.
32) 池幡 佳織, 安部 香緒里, 平田 佳子, 鑪迫 典久, 中村 友紀, 山本 裕史 : 徳島県内の一般事業場排水を対象とした総排水毒性(WET)試験, 第19回環境化学討論会, 752-753, 2010年6月.
33) 田村 生弥, 西田 昌代, 平田 佳子, 木村 久美子, 亀田 豊, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 紫外線吸収剤の底生生物セスジユスリカに対する毒性影響評価, 第19回環境化学討論会, 580-581, 2010年6月.
34) 西田 昌代, 本多 勇太, 田村 生弥, 平田 佳子, 山本 裕史 : パーソナルケア製品の土壌・底質への収着メカニズムと構成成分の寄与に関する考察, 第19回環境化学討論会, 586-587, 2010年6月.
35) 加藤 潤, 平田 佳子, 西田 昌代, 田村 生弥, 香月 翔太, 山本 敦史, 山本 裕史 : 防腐剤パラベン類の汚染実態調査と水棲・底棲生物を用いた生態リスク評価, 第19回環境化学討論会, 180-181, 2010年6月.
36) 山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立阿波農業高等学校, 2010年6月.
37) 有馬 卓也 : 『淮南萬畢術』について, 徳島大学国語国文学会第42回研究会, 2010年7月.
38) 石田 三千雄 : ラヴァーターにおける顔の記号学, --- ラヴァーター観相学の背景とその射程 ---, 日本シェリング協会第19回大会, 2010年7月.
39) 山本 真由美 : 「ともに学ぶ」高校生活応援モデル事業に係る校内研修会, 徳島県立勝浦高等学校, 2010年7月.
40) 髙橋 晋一 : 世界の巡礼と四国遍路, 小松島のふるさと講座, 2010年7月.
41) 髙橋 晋一 : 四国遍路の民俗学, 平成22年度社会教育主事講習, 2010年7月.
42) 三浦 哉, 的場 秀樹 : 短期間のトレーニングがⅠ度高血圧高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響, 第18回日本運動生理学会大会, 2010年7月.
43) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざ, シンポジウム 小さな自然再生のすすめ, 2010年7月.
44) 山本 孝 : 固体酸触媒のXAFSによるキャラクタリゼーション, 第48回触媒研究懇談会, 2010年7月.
45) 髙橋 晋一 : 門付芸のフォークロア, 平成22年度四国部落史協議会大会, 2010年8月.
46) 山本 真由美 : LD等の事例研修と通常学級における特別支援教育, 神戸市教育委員会, 2010年8月.
47) 西山 賢一, 長岡 信治, 高谷 精二, 鈴木 恵三, 北村 真一 : 宮崎県鰐塚山地に分布する斜面および段丘堆積物のテフラによる編年, 日本地質学会第117年学術大会講演要旨, 155, 2010年9月.
48) 鍋島 克輔 : ブーリアン・グレブナー基底, JST CREST 「現代社会の産業とグレブナ-基底の調和」 若手研究集会, 神戸大学, 2010年9月.
49) 横井川 久己男, 麻野 亜耶佳, 石本 麻衣子, 武政 二郎, 逵 牧子 : 大腸菌O157の調理器具に対する付着性の抑制, 日本農芸化学会中四国支部大会講演要旨集, 48, 2010年9月.
50) 藤本 健太, 寺田 賢治, 吉田 敦也 : 混雑状況下における人数計測, 第15回知能メカトロニクスワークショップ, No.A2, 2010年9月.
51) 山本 真由美 : 支援を必要とする子どもへの理解を深めるために, 保育士・家庭支援推進保育士研修会, 2010年9月.
52) 田村 生弥, 駕田 啓一郎, 加藤 潤, 米多 佐織, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 防菌防カビ剤の水生生物および底生生物に対する毒性影響評価, 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 12, 2010年9月.
53) 池幡 佳織, 田村 生弥, 安部 香緒里, 安田 侑右, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 徳島県内事業所排水に対するWET試験と放流先河川水におけるリスク評価, 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 13, 2010年9月.
54) 駕田 啓一郎, 田村 生弥, 池幡 佳織, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 人用医薬品類の魚類胚および初期発達に及ぼす毒性影響, 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 2010年9月.
55) 山本 裕史, 平田 佳子, 駕田 啓一郎, 田村 生弥, 木村 久美子, 亀田 豊, 鑪迫 典久 : 紫外線吸収剤の生態リスク初期評価, 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 2010年9月.
56) 石田 基広 : RMeCabとRCaBoChaによるテキストマイニング, 統計連合学会連合大会講演報告集, 292-293, 2010年9月.
57) 行實 鉄平 : 総合型地域スポーツクラブの範域に関する実証的研究∼特に,地理的条件と運営参加内容による関係性に着目して∼, 日本体育学会第61回大会予稿集, 174, 2010年9月.
58) 山本 裕史 : 環境中PPCPsの生態リスク評価, --- その現状と課題・展望について ---, 第13回日本水環境学会シンポジウム, 91-92, 2010年9月.
59) 山本 真由美 : 児童精神発達について, はぐくみ支援アカデミー, 2010年9月.
60) 田村 生弥, 安田 侑右, 米多 佐織, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : PPCPsの生態リスク評価と環境水へのWET試験適用の可能性, 第13回日本水環境学会シンポジウム, 242, 2010年9月.
61) 手嶋 政廣, 折戸 玲子, CTA-Japan Consortium(約50名) : CTA報告1:全体報告, 日本物理学会秋季大会, 2010年9月.
62) 齋藤 浩二, 折戸 玲子, 櫛田 淳子, 齋藤 隆之, 高見 一, 手嶋 政廣, 林田 将明, 宮本 寛子, 他MAGIC Collaboration : MAGIC報告XXII:FermiとのGeV-TeV領域観測による遠方AGNの研究, 日本物理学会秋季大会, 2010年9月.
63) 伏見 賢一, 原田 克哉, 中山 信太郎, 折戸 玲子, 嶋 達志, 江尻 宏泰, 硲 隆太, 今川 恭四郎, 松本 絵里佳 : 積層型シンチレーターPICO-LONによる宇宙暗黒物質探索, 日本物理学会秋季大会, 2010年9月.
64) 折戸 玲子, CTA-Japan Consortium : CTA報告4:CTA焦点面検出器の開発, 日本物理学会秋季大会, 2010年9月.
65) 三浦 哉 : 男子大学生の身体活動量が血管内皮機能に及ぼす影響, 第61回日本体育学会大会, 134, 2010年9月.
66) 大熊 一正, 日置 善郎 : ハドロン衝突におけるトップの半レプトン崩壊と非標準相互作用, 日本物理学会秋季大会, 2010年9月.
67) 石田 啓祐, 香西 武, ヒルシュ フランシス : 秩父南帯のジュラ紀-白亜紀前期付加コンプレックスと被覆層:四国東部の津乃峰亜帯を例として, 日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.118, 46, 2010年9月.
68) 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : ファジィランダム需要を伴うネットワーク上のStackelberg配置問題, 第26回ファジィシステムシンポジウム, Vol.CD-ROM, 252-255, 2010年9月.
69) 黒河 洋平, 竹内 政樹, 大渕 朗, 田中 秀治 : 振幅変調多重化フロー分析法の原理と応用. 塩化物イオン, 鉄イオンの定量, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
70) 三浦 哉 : FMD検査による運動時の血管内皮機能評価の試み, 運動と循環研究会, 2010年9月.
71) 黒谷 功, 山本 孝, 米谷 明, 今井 昭二 : カーボンナノチューブに吸着したAuの原子化機構に関する研究, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
72) 伊藤 聡史, 黒谷 功, 山本 孝, 今井 昭二 : 四国の亜高山帯(梶が森山頂)における冬期降雨と気象の関連性に関する研究, 日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
73) 三浦 哉, 高橋 良徳 : 男子高校生の身体活動量が動脈スティフネスに及ぼす影響, 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
74) 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 : 変形性膝関節症患者における歩行時の下腿部の酸素動態の特性, 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
75) 佐川 英理, 三浦 哉, 後藤 強 : 異なる加圧による血流制限下での抵抗性運動時の酸素動態の特性, 第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
76) 佐川 英理, 三浦 哉 : 血流制限下での一過性抵抗運動時の酸素動態の特性, 第21回徳島県理学療法士学会, 2010年9月.
77) 田中 智行 : 張竹坡の『金瓶梅』批評について, 平成22年度四国東洋学研究者会議, 2010年9月.
78) 依岡 隆児 : 長与善郎「観光国 満洲」について, Japan To-dayシンポジウム, 2010年9月.
79) 濱田 治良 : 対称変換群に基づく複合図形の複雑さ, 日本心理学会第74回大会発表論文集, Vol.74, 2010年9月.
80) 相澤 直樹, 内海 千種, 牧田 潔, 石橋 正浩 : NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化に関する予備的検討(1), 第74回日本心理学会大会, 2010年9月.
81) 石橋 正浩, 相澤 直樹, 内海 千種, 牧田 潔 : NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化に関する予備的検討(2), 第74回日本心理学会大会, 2010年9月.
82) 真岸 孝一, 菅原 仁, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 金武 史弥, 椋田 秀和, 北岡 良雄, 伊藤 公平, Haller E. Eugene : MPt4Ge12 (M = Sr, Ba, La, Pr) の73Ge-NQR, 日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.2, 528, 2010年9月.
83) 正寶 達也, 加藤 康大, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBa2Cu4 O8超伝導セラミックスのグラス転移における線形・非線形抵抗, 日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.2, 483, 2010年9月.
84) 青山 弘毅, 小原 繁, 田中 弘之, 北岡 和義, 平尾 友二, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 稲垣 明浩, 小中 信典, 吉﨑 和男, 木内 陽介 : 頚動脈血流速度パターンの折れ線近似を用いた評価, 第33回日本生体医工学会中国四国支部大会, 22, 2010年9月.
85) 港 雅広, 鈴木 安里, 青山 弘毅, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 平尾 友二, 吉﨑 和男, 小原 繁, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 : 携帯型血流計におけるドプラ信号識別回路の改良, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 206, 2010年9月.
86) 大渕 朗 : 二重被覆である曲線のワイアシュトラス点, 2010年9月.
87) 新開 愛美, 藤本 彩, 中村 光裕, 増田 俊哉, 小山 保夫 : ペルオキシ結合を有する特異なセサモール酸化ダイマーの構造ー酸化生成物の構造と機能IV, 日本農芸化学会中四国支部第28回講演会, 62, 2010年9月.
88) 藤本 彩, 新開 愛美, 中村 光裕, 増田 俊哉 : 抗酸化反応物に基づいたシソ科ハーブポリフェノールの抗酸化機構の解析, 第52回天然有機化合物討論会講演要旨集, 475-480, 2010年9月.
89) 矢田 光一, 的場 秀樹 : ビタミンC投与が持久的トレーニング効果に及ぼす影響, --- 第65回日本体力医学会(千葉) ---, 体力科学, Vol.59, No.6, 644, 2010年9月.
90) 相川 悠貴, 兼安 真弓, 矢田 光一, 高橋 将記, 飯野 祥之, 的場 秀樹, 眞竹 昭宏 : 糖代謝異常の発現に対する田七人参摂取と自発的走, --- 第65回日本体力医学会(千葉) ---, 体力科学, Vol.59, No.6, 642, 2010年9月.
91) 高橋 将記, 鈴木 克彦, 的場 秀樹, 坂本 静男, 小原 繁 : 異なる強度の持久性運動負荷が酸化ストレス指標に及ぼす影響, --- 第65回日本体力医学会(千葉) ---, 体力科学, Vol.59, No.6, 711, 2010年9月.
92) 春日 規克, 竹倉 宏明, 北浦 孝, 的場 秀樹 : スポーツ科学における骨格筋の研究の動向と今後の方向性, --- 第65回日本体力医学会(千葉) ワークショップ ---, 体力科学, Vol.59, No.6, 2010年9月.
93) 西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会, 291-292, 2010年10月.
94) 西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部豊島石研究グループ : 文化遺産・産業遺産としての讃州豊島石, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 343-344, 2010年10月.
95) 西山 賢一, 日本応用地質学会中国四国支部H21山口災害調査団 : 「平成21年中国・九州北部豪雨」で発生した土石流災害調査報告, 日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 345-346, 2010年10月.
96) 平井 松午 : 家譜史料データベースを活用した城下町のGIS分析-徳島藩洲本城下町を例に-, 日本地理学会 2010年度秋季学術大会シンポジウム「GISをめぐる近年の研究動向」(名古屋大学), 2010年10月.
97) 江戸 梢, 橋本 多美子, 酒井 仁美, 中川 秀幸 : ラッパウニ科のウニに由来する糖結合性タンパク質の性質について, 第57回日本家政学会中国・四国支部研究発表要旨集, 13, 2010年10月.
98) 伊ヶ崎 大理, 内藤 徹 : Industrial Pollution and Economies of Agglomeration, 日本地域学会第47回年次大会, 2010年10月.
99) 有馬 卓也 : 岡本韋庵の思想, 日本中国学会第62回大会, 2010年10月.
100) 山本 真由美 : 児童館職員研修会, 徳島県児童館連絡協議会, 2010年10月.
101) 山本 孝, 菊池 淳, 岡田 咲紀, 佐田 知沙, 三好 德和, 和田 眞 : スチレン類二量化に有効な鉄―ケイ素複合酸化物触媒のXAFS解析, 第46回X線分析研究討論会, 2010年10月.
102) 山本 真由美 : 地域が子どもを育てるために, 徳島県特別支援教育研究大会, 2010年10月.
103) 吉田 友紀子, 岸江 信介, 佐藤 陽一, 中堀 豊, 井本 逸勢 : 集団遺伝学の立場から見た日本語音調成立についての考察, 日本人類遺伝学会第55回大会, 2010年10月.
104) 樋口 直人 : 『移住者と貧困』をめぐる基本視角, --- 潜在能力の平等のために ---, 多言語・多文化社会研究全国フォーラム, 2010年11月.
105) 鍛治 致, 樋口 直人 : 進学格差をめぐる国籍間比較, --- 実態把握と分析 ---, 多言語・多文化社会研究全国フォーラム, 2010年11月.
106) 的場 秀樹, 矢田 光一 : Effect of vitamin C supplementation on endurance training-induced changes of metabolic enzyme acxtivity in rats, --- 第18回日本運動生理学会大会(鹿児島大学) ---, Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.16, No.2, 43, 2010年11月.
107) 樋口 直人 : 現代地方政治変動論, --- (4)脱クライエンテリズム期における日本社会党の末路 ---, 日本社会学会, 2010年11月.
108) 矢部 拓也 : 現代地方政治変動論―(3)脱クライエンタリズムと新自由主義の間, --- 無党派知事とまちづくり ---, 第83回日本社会学会, 2010年11月.
109) 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 1L-15, 2010年11月.
110) 宇野 剛史 : ファジィランダム需要を伴う競合施設配置問題の研究, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中国四国支部平成22年度定例シンポジウム, 2010年11月.
111) 池幡 佳織, 安部 香緒里, 安田 侑右, 平田 佳子, 田村 生弥, 中村 友紀, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 徳島県内一般事業所排水に対するWET試験と放流先ミキシングゾーン端での毒性影響評価, 第47回環境工学研究フォーラム, 2010年11月.
112) 出口 博之, 芦田 拓弥, 正寶 達也, 加藤 康大, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスのカイラルグラス相における磁気メモリおよびエイジング効果, 2010年11月.
113) 山本 裕史, 安部 香緒里, 池幡 佳織, 安田 侑右, 田村 生弥, 中村 友紀, 鑪迫 典久 : 徳島県内の下水処理施設放流水を対象にしたWET試験, 第47回環境工学研究フォーラム, 2010年11月.
114) 中田 和義, 傳田 正利, 三輪 準二, 浜野 龍夫 : 河川横断構造物における両側回遊種ミゾレヌマエビの遡上行動:物理環境の変化に対する応答, 日本甲殻類学会第48回大会, 2010年11月.
115) 佐藤 高則, 西山 賢一, 石田 啓祐, 遠藤 陽介, 柴垣 明佳, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物の探索, 第11回極限環境生物学会年会, Vol.9, 91-92, 2010年11月.
116) Wolfgang Herbert : Ehrenamtlich im Hospiz., --- Palliativpflege und Sterbebegleitung in Japan. ---, OAG - Deutsche Gesellschaft fuer Natur- und Völkerkunde Ostasiens (OAG Tokyo), Nov. 2010.
117) 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : (字数制限により要約に記載), 第45回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 134-137, 2010年11月.
118) 山本 真由美 : 徳島県幼稚園・小学校・中学校PTA家庭教育研修会, 徳島県立総合教育センター, 2010年11月.
119) 佐藤 征弥, 姜 憲, 瀬田 勝哉 : 『大日本老樹名木誌』と『朝鮮巨樹老樹名木誌』に基づく日本と朝鮮半島の巨樹の比較, 日本植生史学会第25回大会, 2010年11月.
120) 樋口 直人 : 経済危機と在日南米系コミュニティ, --- 何をなすべきか ---, 労働政策フォーラム, 2010年12月.
121) 鍋島 克輔 : CGS計算アルゴリズムのさらなる改良, Computer Algebra -Design of Algorithms, Implementations and Applications, 2010年12月.
122) 鍋島 克輔, 中村 弥生, 田島 慎一 : On an Implementation of Standard Bases and Gröbner Bases Using Algebraic Local Cohomology, 実閉体上の幾何と特異点論への応用, 2010年12月.
123) 鍋島 克輔 : グレブナー基底とその応用--集合制約と共振について--, 徳島数学談話会 (徳島大学), 2010年12月.
124) 三浦 哉, 高橋 良徳 : 男子高校生の身体活動量が動脈スティフネスに及ぼす影響, 体力科学, Vol.59, No.6, 720, 2010年12月.
125) 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 : 変形性膝関節症患者における歩行時の下腿部の酸素動態の特性, 体力科学, Vol.59, No.6, 925, 2010年12月.
126) 佐川 英理, 三浦 哉, 後藤 強 : 異なる加圧による血流制限下での抵抗性運動時の酸素動態の特性, 体力科学, Vol.59, No.6, 937, 2010年12月.
127) 武田 知也, 細尾 綾子, 境 泉洋 : 嫉妬と怒りを喚起した際の嫉妬・怒りを感じる程度,自動思考および生理的変化の関連の検討, 第36回日本行動療法学会, 2010年12月.
128) 佐藤 高則, 西山 賢一, 石田 啓祐, 遠藤 陽介, 柴垣 明佳, 山城 考 : 吉野川流域鉱山跡採掘滓に存在する重金属耐性細菌の探索, 第125回徳島生物学会会報, Vol.63, No.2, 9, 2010年12月.
129) 佐藤 征弥, 阿部 梨沙, 乃村 亜由美, 姜 憲, 瀬田 勝哉 : 大正期の樹木調査から分かる日本と朝鮮半島の巨樹の文化の違い, 徳島生物学会第125回総会, 2010年12月.
130) 山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者の理解困難な感情への対応, 子ども虐待防止ワークショップ, 2010年12月.
131) 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 宮崎 泰彰, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる簡便な代替Grignard 試薬の創製とその発展に関する検討, 第60回 有機合成化学協会関東支部シンポジウム, B14, 2010年12月.
132) Akihiro Marumo, Ayaka Matsunaga, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Yousuke Endoh, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Thymidine kinase gene from Geobacillus genus bacteria., The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,Abstracts, 404, Dec. 2010.
133) Masami Toyoshima, Ayaka Matsunaga, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Yousuke Endoh and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Thymidylate kinase gene from Geobacillus genus bacteria., The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,Abstracts, 404, Dec. 2010.
134) Yousuke Endoh, Ayaka Matsunaga, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of nucleoside diphosphate kinase gene from Geobacillus genus bacteria, The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,Abstracts, 404, Dec. 2010.
135) Takamasa Kageji, Yousuke Endoh, Ayaka Matsunaga, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Thymidylate synthase gane from Geobacillus genus bacteria., The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,Abstracts, 404, Dec. 2010.
136) Ayaka Matsunaga, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of peroxiredoxin gene from Geobacillus genus bacteria, The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,Abstracts, 405, Dec. 2010.
137) Akihiro Marumo, Yousuke Endoh, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : 16SrRNA gene analysis and enzymatic activities of bacteria isolated from cattle compost., The 83rd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and The 33rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,LBA Abstracts, 81, Dec. 2010.
138) 西山 剛司, 有家 翔子, 前高 明典 and Minoru Watanabe : cDNA microarray analysis of Xenopus laevis beta-catenin knock-down embryos by RNAi, 第33回日本分子生物学会年会プログラム, 218, Dec. 2010.
139) Kozue Edo, 中川 秀幸, 酒井 仁美, Tamiko Hashimoto, Jun Kurochi, Masahiro Sakata, Shizuka Satoh, Mitsuko Shinohara, Kiyoshi Ohura, Haruhiko Sakuraba : Biological activities of a novel glycoprotein, Karatoxin, from the dorsal spines of the redfin velvetfish, Hypodytes rubripinnis, 第83回日本生化学会大会プログラム, 380, 2010年12月.
140) 山本 真由美 : 保育の場を地域に活かすには, 事業所内保育施設等保育従事者研修会, 2010年12月.
141) 藤井 健司, 石破 利彦, 大熊 一正, 日置 善郎 : 非標準トップ-グルオン結合を通じてのシングルトップ生成, --- グルオン-グルオン衝突の場合 ---, 研究会「四国セミナー」, 2010年12月.
142) 大熊 一正, 日置 善郎 : TevatronとLHCから探るトップ-グルーオン結合の拡張とその制限付け, 研究会「四国セミナー」, 2010年12月.
143) 豊田 哲也 : 世帯所得の分布と地域格差-人口学的要因と社会経済的要因-, 経済地理学年報, Vol.58, No.1, 2011年.
144) 浮田 健太郎, 新井 公誉, 横井川 久己男 : 酵母の発酵力に対するD-システインの影響, 日本農芸化学会中四国支部第29回講演会要旨集, 34, 2011年1月.
145) 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 昭彦 : 過重力によって生じたアフリカツメガエル初期胚の頭部形成異常の解析II, 第27回宇宙利用シンポジウム, 2011年1月.
146) 片山 真一 : On finite simple groups of power order, Workshop in Number Theory in Saga 2011, 2011年1月.
147) 石田 和之 : 中山間地における孤立集落の事前復興に関する災害復興学的研究, 2011年「復興・減災フォーラム」, 2011年1月.
148) 豊田 哲也, 石田 基広, 小野 公輔, 掛井 秀一, 佐藤 高則, 佐藤 充宏, 内藤 徹, 西山 賢一, 村上 公一, 真岸 孝一, 矢部 拓也, 行實 鉄平, 川野 卓二, 吉田 博, 田中 さやか : 学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究, 平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, 2011年1月.
149) 二宮 恒夫, 山本 真由美, 佐藤 健二, 原 幸一, 境 泉洋, 内海 千種, 福森 崇貴 : 学生の自己評価向上支援のためのFD開発の必要性, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島, 2011年1月.
150) 山本 真由美 : 学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制への課題 ∼テキストマイニング分析を通して∼, 大学教育カンファレンス in 徳島, 36-37, 2011年1月.
151) 大橋 眞, 齊藤 隆仁, 中恵 真理子, 光永 雅子 : 地域社会人を活用した教養教育―地域に広がる地の循環型社会を目指して―, 平成22年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 26-27, 2011年1月.
152) 齊藤 隆仁 : 高校物理復習テストから高大接続を考える, 平成22年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島, 38-39, 2011年1月.
153) 大沼 正樹 : On strong comparison principle of some nonlinear elliptic equations, 第28回九州における偏微分方程式研究集会, 2011年1月.
154) 髙橋 晋一 : 信仰の集落,上勝町の生活文化, かみかつ棚田学講座(上勝環境デザイン研究会・徳島大学上勝学舎), 2011年1月.
155) 鍋島 克輔 : イデアルはいつ安定か?, JST CREST 「現代社会の産業とグレブナ-基底の調和」 若手研究集会, 山口大学, 2011年2月.
156) 山本 真由美 : 青年期の自己中心性について ∼AES尺度日本語版とTSTを用いて∼, 日本発達心理学会第22回大会, 571, 2011年2月.
157) 後藤 強, 三浦 哉 : 変形性膝関節症患者の歩行速度の違いによる酸素動態の特性, 第1回四国体育・スポーツ学会, 2011年2月.
158) 三浦 哉, 小林 麻衣 : 指,手を用いた運動プログラムが前頭部の酸素動態に及ぼす影響, 第1回四国体育・スポーツ学会, 2011年2月.
159) 三浦 哉 : 心筋梗塞から身を守る, --- 生活習慣病を防ぐ運動療法 ---, 第242回徳島医学会学術大会, 2011年2月.
160) 山本 真由美, 二宮 恒夫 : 気になる養育者のアセスメントと子育て支援, 子ども虐待防止ワークショップ, 2011年2月.
161) 平井 松午, 中村 加奈, 宮本 紀子, 安田 拓 : 大学教育におけるGIS実習の実践-吉野川中流域・舞中島の地域調査とGIS分析-, 平成22年度四国GIS研究会(徳島大学), 2011年2月.
162) 髙橋 晋一 : 「巡り」の文化論, --- 四国遍路から聖地巡礼まで ---, 平成22年度徳島大学公開講座「空海と歩く-四国伊予遍路2011」, 2011年2月.
163) 西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 土木学会四国支部平成23年自然災害フォーラム論文集, 27-30, 2011年3月.
164) 伏見 賢一 : PICO-LONプロジェクト報告(薄型NaI(Tl)シンチレーターの開発), 日本物理学会第66回年次大会(新潟大学), 2011年3月.
165) 藤本 彩, 新開 愛美, 中村 光裕, 増田 俊哉 : ロスマリン酸の酸化により生成した特異な7員環物質の化学的性質[抗酸化フェノール物質の酸化生成物の構造と機能Ⅵ], 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
166) 新開 愛美, 藤本 彩, 中村 光裕, 増田 俊哉 : ポリフェノール酸化物のリポキシゲナーゼ阻害活性-レスベラトロール酸化物の解析について-, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
167) 森田 将夫, 西脇 寿, 新開 愛美, 藤本 彩, 増田 俊哉, 山内 聡, 首藤 義博 : セコシクロリグナンの抗酸化活性および殺虫活性, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011年3月.
168) 宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-Ⅲの関連-結果の乖離要因を探る-, 日本発達心理学会第22回大会, 561, 2011年3月.
169) 宮脇 克実, 山本 真由美, 上岡 義典, 椎野 広久 : 幼児におけるDAMとWISC-IIIの関連―結果の乖離要因を探る―, 日本発達心理学会第22回大会, 2011年3月.
170) 中川 秀幸, 江戸 梢, 渡邊 ゆいか, 酒井 仁美, 筿原 光子, 大浦 清 : ハオコゼの背鰭刺棘毒に由来するレクチンの生理活性, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.Suppl. 1, 231p, 2011年3月.
171) 髙橋 晋一 : 伝統文化の現在とこれから, 「発見!ふるさとの伝統文化」シンポジウム, 2011年3月.
172) 鈴木 安里, 港 雅広, 芥川 正武, 吉﨑 和男, 小原 繁, 田中 弘之, 平尾 友二, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 北脇 知己, 岡 久雄, 木内 陽介 : 1次元数値流体シミューレーションを用いた頸動脈血流速度波形の検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.460, 107-111, 2011年3月.
173) 平井 松午, 渡辺 誠, 野積 正吉 : 「金沢町往還筋分間絵図」の, 第29回国絵図研究会・金沢大会(石川四校記念文化交流館), 2011年3月.
174) 日置 善郎, 大熊 一正 : ハドロンコライダーで探るトップクォーク相互作用の拡張とその制限, 研究会「素粒子物理学の進展2011」, 2011年3月.
175) 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月.
176) 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月.
177) 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月.
178) 髙橋 晋一 : 地域文化をフィールドワークする, 平成22年度1・2年次生徒対象進路ガイダンス, 2011年3月.
179) 山本 裕史, 安田 侑右, 米多 佐織, 池幡 佳織, 駕田 啓一郎, 田村 生弥, 中田 典秀, 亀田 豊, 木村 久美子, 鑪迫 典久 : 生活排水によって汚染された河川水中の生活関連汚染化学物質の寄与の評価, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 88, 2011年3月.
180) 安田 侑右, 米多 佐織, 池幡 佳織, 田村 生弥, 駕田 啓一郎, 中田 典秀, 亀田 豊, 木村 久美子, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 生活排水によって汚染された河川水中の短期慢性毒性試験, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 87, 2011年3月.
181) 池幡 佳織, 田村 生弥, 安部 香緒里, 安田 侑右, 米多 佐織, 中村 友紀, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : WET手法による徳島県内事業所排水の評価と毒性削減及び毒性同定評価の検討, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 93, 2011年3月.
182) 駕田 啓一郎, 池幡 佳織, 田村 生弥, 鑪迫 典久, 中田 典秀, 山本 裕史 : 魚類に対する界面活性剤とPPCPsの複合影響評価, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 94, 2011年3月.
183) 行本 みなみ, 田村 生弥, 池幡 佳織, 駕田 啓一郎, 安田 侑右, 葛西 博文, 山田 登志夫, 田中 基博, 山本 裕史 : 新規多孔質材料による雨天時道路流出水中の微量汚染化学物質除去能の評価, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 56, 2011年3月.
184) 米多 佐織, 安田 侑右, 田村 生弥, 池幡 佳織, 中田 典秀, 亀田 豊, 木村 久美子, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : Ceriodaphnia dubiaを用いた生活関連物質の生態リスク評価, 第45回日本水環境学会年会, Vol.45, 729, 2011年3月.
185) 植月 茉梨亜, 河野 光, 河野 良作, 佐野 雅史, 田中 宇輝, 豊崎 浩司, 斉藤 稔, 浜野 龍夫 : 徳島県の美波町立うみがめ博物館における地域の陸産貝類の試験的展示とその社会的効果, 平成23年度四国貝類談話会, 2011年3月.
186) 小野 公輔 : Global solvability and decay estimates for mildly degenerate dissipative wave equations of Kirchhoff type, 日本数学会年会, 2011年3月.
187) 出口 博之, 芦田 拓弥, 正寶 竜也, 首藤 充弘, 加藤 康大, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミクスのカイラルグラス相における磁気メモリおよびエイジング効果, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.1, 577, 2011年3月.
188) 真岸 孝一, 高橋 将央, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菅原 仁, 斉藤 隆志, 瀧岡 翔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : 高圧合成CeFe4Sb12のSb-NQR, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.1, 653, 2011年3月.
189) 大熊 一正, 日置 善郎 : TevatronとLHCによる非標準トップクォーク相互作用への制限, 日本物理学会年次大会, 2011年3月.
190) Gabor SAMJESKÉ, 永松 伸一, 石黒 志, 才田 隆広, 邨 次智, 山本 貞明, 山本 孝, 宇留賀 朋哉, 唯 美津木, 岩澤 康裕 : 酸素還元反応中のPt/C, Pt3Co/C, Pt/C-SO3H, 及びPt/グラフェン固体高分子形燃料電池陽極触媒に関するin situ XAFS及び電気化学研究, 日本化学会第91春季年会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 作品等

1) 河原崎 貴光, 藍染協会 : 徳島阿波おどり空港ロビーでのインスタレーション, 徳島阿波おどり空港, 2010年4月.
2) Kazuto Miyazawa : Versuch uber Fractal for 12 Saxophones, The University of Iowa, West High Auditorium, May 2010.
3) 平木 美鶴 : 木版画作品「二つのベンチ」, 第14回中華民国国際版画ビエンナーレ展, 2010年6月.
4) 平木 美鶴 : 木版画作品「二つのベンチ」, KYOTO版画2010日本・ポーランド国際版画展, 2010年6月.
5) Takamitsu Kawarasaki : anonymous room, Aug. 2010.
6) 河原崎 貴光, 徳島大学 河原崎ゼミ : anonymous room, AUDREY235 2Fギャラリー(徳島), 2010年8月.
7) 平木 美鶴 : 「二つの果実」F150号 絵画, 第64回二紀展, 2010年10月.
8) 平木 美鶴 : 髙島屋大阪店美術画廊にて個展, 2011年1月.
9) 財団法人徳島県文化振興財団, 髙橋 晋一 : 西由岐のうちわ踊り(長編), 財団法人徳島県文化振興財団平成22年度映像記録事業, 2011年3月.
10) 財団法人徳島県文化振興財団, 髙橋 晋一 : 西由岐のうちわ踊り(短編), 財団法人徳島県文化振興財団平成22年度映像記録事業, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / その他・研究会

1) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 271B, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
2) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 271D, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
3) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 272-2, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
4) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 272-3, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
5) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2121A, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
6) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2121B, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
7) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2122A, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
8) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2122B, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
9) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and H. Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2123C1, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
10) Takanori Satoh, KY. Satoh, KI. Satoh and Haruka Shibagaki : Uncultured compost bacterium gene for 16S ribosomal RNA, partial sequence, clone: 2123C2, --- Thermostable bacteria isolated from cattle compost, Minami-soma,Fukushima ---, DDBJ/EMBL/GenBank International Nucleotide Sequence Database., Apr. 2010.
11) 樋口 直人, 鍛治 致 : 移住者と貧困をデータでみる, --- (1)南米出身者の大量失業 ---, Migrant's-ネット, No.129, 2010年5月.
12) 樋口 直人 : ヨーロッパの極右·排外主義を日本から考える, 連続講座移住者のリアリティ「レイシズムを考える」, 2010年5月.
13) 樋口 直人, 矢部 拓也, 松谷 満, 高木 竜輔 : 二元代表制下の住民運動とローカルパーティー, --- 長野,滋賀,徳島,高知の比較を通じて ---, 社会運動論研究会, 2010年7月.
14) 樋口 直人 : 日系人労働者は非正規就労からいかにして脱出できるのか, --- その条件と帰結に関する研究 ---, 全労済協会公募委託研究報告会, 2010年7月.
15) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざ∼安価で効率のよい水辺改善方法の提案∼, 平成22年度兵庫県県土整備部 - 河川講習会, 2010年7月.
16) 浜野 龍夫 : 海辺の小わざ - 安価で効果的に沿岸生物を増やす試み, 三重県伊勢湾漁場環境浄化型漁業推進事業 - 干潟逆さ竹林魚礁講演会, 2010年8月.
17) 浜野 龍夫 : ナマコ増養殖技術の状況とこれからの資源増殖の取組について, 石川県豊かな海づくりに関する現地研修会, 2010年9月.
18) 浜野 龍夫 : 安価に川の生きものを増やす水辺の小わざ, 三重県流域の元気な未来づくりモデル事業研修会, 2010年9月.
19) 山本 孝, 山下 和秀 : ジルコニウム系固体超強酸触媒のナノレベル構造解析, 第10回エンジニアリングフェスティバル, 2010年9月.
20) 佐藤 高則, 石田 啓祐, 西山 賢一, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と酵素機能の調査・研究, 平成21年度学部長裁量経費プロジェクト成果発表会, 2010年9月.
21) 西山 賢一 : 平成21年山口県防府市土石流災害調査報告, 徳島大学環境防災研究センター防災ミニフォーラム「平成21年豪雨災害から学ぶ」, 2010年10月.
22) 上野 加代子 : 書評「内田良著『「児童虐待」へのまなざし ―社会現象はどう語られるのか―』」, ソシオロジ, Vol.55, No.2, 117-125, 2010年10月.
23) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざで魚やカニの道づくり, 河川流域振興活動実践事業 - 全国事務担当者研修会, 2010年10月.
24) 佐藤 高則 : バイオリソースを利用した耐熱性酵素遺伝子ライブラリーの構築と展開, 第3回徳島大学研究者との集い~生き物に優しい化学に取り組む研究者の素顔~, 2010年10月.
25) 井戸 慶治 : フンツィカー牧師の収容所巡回報告, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, No.8, 2010年11月.
26) 中山 慎一 : 台形グラフ,および,そのサブグラフ上におけるc-ランキング問題を解く多項式時間アルゴリズムについて, 日本OR学会中国・四国支部定例シンポジウム, 2010年11月.
27) 浜野 龍夫 : 安価で効率のよい川づくり - 水辺の小わざ, 福井県立大学セミナー, 2010年11月.
28) 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 : 起立に先行する総頸動脈血流速度の予測的変化, 第66回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2010年11月.
29) 浜野 龍夫 : 簡易的な魚道整備技術に係る現場研修会 講演, 三重県内水面漁業協同組合連合会現場研修会, 2010年12月.
30) 山本 孝 : XAFS, 近畿化学協会触媒・表面部会ナノ材料の表面分析講習, 2010年12月.
31) 折戸 玲子, 手嶋 政廣, 他MAGIC/CTA Collaboration : MAGIC/CTAにおける焦点面カメラ光検出器の開発, 第3回次世代光センサーに関するワークショップ, 2010年12月.
32) 浜野 龍夫 : 安価に魚道を改良する水辺の小わざ, 日本水産資源保護協会巡回教室, 2010年12月.
33) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざ, --- 魚類等の移動や増殖を妨げる堰や落差工の改修方法について ---, 京都府内水面漁業協同組合連合会情報交換会議, 2010年12月.
34) 矢部 拓也 : 「日本型まちづくり会社による中心市街地の活性化‐長浜・高松・熊 本‐」 と「都市再生におけるまちづくり組織の比較研究」, 2010年12月.
35) 境 泉洋 : 書評「SSTテクニカルマスターブック」, 精神療法, 353-354, 2011年.
36) 境 泉洋 : WCBCT in Boston 体験記, 日本行動療法学会e-NEWS, 2011年.
37) 樋口 直人 : 地方都市に息づくイスラーム, --- ムスリム・ネットワークが作った徳島モスク ---, Migrant's-ネット, No.136, 2011年1月.
38) 東 潮 : 鳥居龍蔵とアジアの近代, 『地域科学FDフォーラム民族と民俗学から考える地域科学, 20-49, 2011年1月.
39) 佐藤 征弥 : 農作物の病気被害を減らせ, --- 遺伝子検査による病気の診断と予防への応用 ---, 第1回東京編・徳島大学研究者との集い, 2011年2月.
40) 樋口 直人, 移住連貧困プロジェクト : 隠蔽された貧困問題, --- 「貧困」というレンズでみた在日外国人 ---, 貧困研究会, 2011年2月.
41) 浜野 龍夫 : 水辺の小わざで美味しい川づくり, 徳島県水産研究所講演会, 2011年2月.
42) 樋口 直人 : 外国人参政権をめぐる虚構と現実, 世界思想, No.38, 2011年3月.
43) 樋口 直人 : 移住者と貧困, 反貧困集会INあいち, 2011年3月.
44) 浜野 龍夫 : 森と川と海をつなぐ水辺の小わざ, 第4回「森∼川∼海を結ぶ都市型河川の自然再生」報告会・講演会, 2011年3月.

2010年度(平成22年度) / 報告書

1) 真岸 孝一 : カゴ状結晶におけるラットリングの核磁気共鳴による研究, 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 「重い電子系の形成と秩序化」 ニュースレター, Vol.3, No.1, 18-19, 東京, 2010年9月.
2) 片山 真一 : 2次体の類数問題について, Proceedings of the 8th Workshop on Number Theory, 81-96, 2010年9月.
3) 佐藤 高則, 石田 啓祐, 西山 賢一, 山城 考 : 吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と 酵素機能の調査・研究, 平成21年度 学部長裁量経費 報告書, 91-110, 徳島, 2010年10月.
4) 佐藤 高則 : ホタルはなぜ光るのか? ∼生物発光の不思議にせまる∼, 平成21年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト 講座型学習活動プランA 実施報告書, 1-6, 東京, 2010年10月.
5) 神阪京華僑口述記録研究会, 髙橋 晋一 : 聞き書き・関西華僑のライフヒストリー, No.3, 神戸, 2010年12月.
6) 境 泉洋, 堀川 寛, 野中 俊介, 松本 美菜子 : 「引きこもり」の実態に関する調査報告書⑧:全国引きこもりKHJ親の会における実態, 2011年.
7) 仲澤 眞, 原田 宗彦, 藤本 淳也, 高橋 義雄, 永田 秀隆, 福田 拓哉, 荒深 裕規, 元 晶煜, 大野 貴司, 吉田 政幸, 高岡 敦史, 佐藤 充宏, 南 博, 竹田 隆行, 隅野 美砂輝, 岩村 聡 : Jリーグスタジアム観戦者調査2010サマリーレポート, Jリーグスタジアム観戦者調査2010サマリーレポート, 2011年2月.
8) 遠藤 千鶴, 高橋 啓子, 後藤 月江, 有内 尚子, 松下 純子, 長尾 久美子, 武田 珠美, 金丸 芳 : 平成22年度調理科学会特別研究「行事食・儀礼食」調査報告(徳島県), 平成21∼23年度日本調理科学会特別研究「調理文化の地域性と調理科学」報告書 -行事食・儀礼食-, 146-147, 2011年2月.
9) 岸江 信介 : 大都市圏言語の影響による地域言語形成の研究, 1-422, 2011年3月.
10) 岸江 信介, 岡部 修典, 清水 勇吉 : 三重県志摩市のことば, 1-295, 2011年3月.
11) 堤 和博, 岸江 信介, 仙波 光明, 村田 真実, 岡部 修典, 清水 勇吉 : 2010年度日本語力テスト実施報告, 大学教育研究ジャーナル, Vol.8, 138-152, 徳島, 2011年3月.
12) 美馬市教育委員会, 髙橋 晋一 : 徳島県美馬市 舞中島文化的景観保存調査報告書, --- 第3章第3節 信仰・祭り ---, 徳島, 2011年3月.
13) 平井 松午, 山城 考 : 徳島県美馬市舞中島文化的景観保存調査報告書, 113, 2011年3月.

2011年度(平成23年度)

article.{@.date="20110400 20120399" @.organization=\E{186615}}

2011年度(平成23年度) / 著書

1) 行實 鉄平 : 体育指導委員組織の活性化に向けて∼非営利組織のマネジメントに学ぶ∼, (株)日本体育社, 2011年4月.
2) 石川 榮作 : 『ニーベルンゲンの歌』前編ジークフリートの暗殺, 筑摩書房, 東京, 2011年4月.
3) 石川 榮作 : 『ニーベルンゲンの歌』後編クリームヒルトの復讐, 筑摩書房, 東京, 2011年4月.
4) 山本 孝 : WO3/ZrO2 「触媒調製ハンドブック 第2章5節」, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2011年4月.
5) 東 潮 : 高句麗壁画と東アジア, 学生社, 東京, 2011年4月.
6) 上垣 豊, 小山 哲, 長井 伸仁 : 大学で学ぶ西洋史, --- 近現代 ---, ミネルヴァ書房, 京都, 2011年4月.
7) 移住連貧困プロジェクト, 樋口 直人 : 日本で暮らす移住者と貧困――いま,明らかになるその実態, --- 「『移住者と貧困』をめぐる基本視角」「アメリカの大学入試におけるアファーマティブ・アクション」「貧困層へと転落する在日南米人」「新たなボーダーライン層――オズワルド・ヒラモトさんの経験から」「『移住者と貧困』を指標でみる」 ---, 現代人文社, 東京, 2011年5月.
8) 地域社会学会, 矢部 拓也, 渡戸 一郎, 西山 志保 : 新版 キーワード地域社会学, ハーベスト社, 2011年5月.
9) 吉田 敦也 : ホームページを活用する, 東洋館出版, 2011年6月.
10) 吉田 敦也 : ICTを活用した学校支援地域本部コーディネート・システムの開発, 東洋館出版, 2011年6月.
11) 吉田 敦也 : ツールを用いる:多摩川源流探し, 東洋館出版, 2011年6月.
12) 吉田 敦也 : 学校全体の活性化, 東洋館出版, 2011年6月.
13) 杉本 史子, 礒永 和貴, 小野寺 淳, ロナルド トビ, 中野 等, 平井 松午 : 絵図学入門, 東京大学出版会, 東京, 2011年7月.
14) 邵 迎建 : 抗日戰爭時期上海話劇人訪談錄, 秀威資訊, 台北, 2011年7月.
15) ウィッカム H, 石田 基広, 石田 和枝 : グラフィックスのためのRプログラミング, シュプリンガー ジャパン, 東京, 2011年7月.
16) 西山 八重子, 矢部 拓也 : 分断社会と都市ガバナンス, 日本経済評論社, 2011年8月.
17) 日本心理臨床学会 (編), 福森 崇貴 : 心理臨床学事典, 丸善出版, 東京, 2011年8月.
18) 矢部 拓也 : 城市的复活-全球范围内的旧城区改造与更, 2011年8月.
19) 辻井 正次, 原 幸一 : 特別支援教育 実践のコツ, 金子書房, 2011年9月.
20) 谷口 篤, 田村 隆宏, 佐藤 恵美, 伊藤 順子, 堀田 千絵, 長濱 文与, 森田 泰介, 川上 綾子, 鈴木 有美, 原 幸一 : 学校で役立つ教育心理学, 八千代出版, 東京, 2011年9月.
21) 齊藤 隆仁, 小山 晋之 : 基礎物理学実験テキスト (2011年度後期改訂版), 徳島大学生協, 2011年10月.
22) 山口 裕之 : ひとは生命をどのように理解してきたか, 株式会社 講談社, 2011年10月.
23) Donald Sturge : Awa Natural Indigo, Bunka rikken Tokushima suishin kaigi, Oct. 2011.
24) 北川 薫, 三浦 哉 : 健康・スポーツ科学テキストトレーニング科学, --- Ⅱ.体力とトレーニング 3.神経系機能 C. バランス ---, 文光堂, 2011年11月.
25) 樫田 美雄 : 藤村正之編『いのちとライフコースの社会学』, --- I. 第1章 「医療の社会学」 ---, 弘文堂, 東京, 2011年11月.
26) 落合 惠美子, 宫坂 靖子, 周 维宏, 山根 真理, 上野 加代子 : 『亚洲社会的家庭和两性关系』(「新加坡的外國家政勞動者」執筆), 世界知识出版社, 2011年11月.
27) 宮崎 隆義 : イギリス文学のランドマーク―大榎茂行教授喜寿記念論文集―, --- 視線と語りの方法:トマス・ハーディの「羊飼いが見たもの」 ---, 大阪教育図書, 大阪, 2011年11月.
28) 上野 加代子 : 『国境を越えるアジアの著書家事労働者』, --- 女性たちの生活戦略 ---, 世界思想社, 京都, 2011年12月.
29) 邵 迎建 : 上海抗戰時期的話劇, 北京大学出版社, 北京, 2011年12月.
30) イブン イスハーク, 座喜 純, 岡島 稔 : 預言者の生涯 第三巻, ブイツーソリューション, 名古屋, 2011年12月.
31) Hiroshi Sakata and Steve Toshihisa Fukuda : Advising Language Learners in Large Classes to Promote Learner Autonomy, IATEFL (International Association of Teachers of English as a Foreign Language), 2012.
32) 西山 賢一, 地盤工学会 : 全国77都市の地盤と災害ハンドブック, 2012年.
33) 井上健編 他9名共著, 依岡 隆児 : 翻訳文学の視界, --- 近現代日本文化の変容と翻訳 ---, 思文閣出版, 京都, 2012年1月.
34) 石田 基広 : R言語逆引きハンドブック, C&R研究所, 東京, 2012年2月.
35) 落合 恵美子, 赤枝 香奈子, 中谷 文美, 押川 文子, 上野 加代子 : 『アジア女性と親密性の労働』(10章「シンガポールにおける海外出稼ぎ家事労働者の抵抗の諸相」執筆), 京都大学学術出版会, 京都, 2012年2月.
36) 内藤 直樹 : 政治的アイデンティティの人類学 : 21世紀の権力変容と民主化にむけて (太田 好信 編), --- 国家のなかで民族を生きる : 2007年ケニア総選挙後の牧畜社会におけるアイデンティティの出現と消滅 ---, 昭和堂, 京都, 2012年3月.
37) 山本 真由美 : 特別支援教育における学習支援ボランティア学生と派遣校教師との連絡体制について, --- 学習支援ボランティア学生の立場から ---, 徳島市, 2012年3月.
38) Wolfgang Herbert : Buddha, Zen und Achtsamkeit., --- Eine kleine Geschichte des Buddhismus im deutschen Sprachraum ---, Oldib Verlag, Essen, Mar. 2012.
39) 山田 仁子 : 「カテゴリー化を促す2種のべクトルーReal MotherとTrue Mother」大橋浩 他 編『ことばとこころの探求』, 開拓社, 東京, 2012年3月.
40) 川名 隆史, 細田 信輔, 白木 太一, 柴 理子, 山田 朋子, 今井 晋哉, 小林 勝, 仲正 昌樹, 野村 真理, Skirmunt Barbara, 丸山 珪一 : ローザ・ルクセンブルク全集 第1巻:(編集責任者 小林勝), 御茶の水書房, 東京, 2012年3月.
41) HGIS研究協議会編, 平井 松午 : 歴史GISの地平-景観・環境・地域構造の復原に向けて-, --- 第8章「洲本城下絵図のGIS分析」 ---, 勉誠出版, 東京, 2012年3月.
42) 吉田 敦也 : 吉田敦也(訳)「20世紀末のフランスにおける情報, コンピュータ化,医療行為」(ジャン・ドゥ・カーバスドゥーエ著,OECD教育研究革新センター編著 (立田慶裕監訳)「知識の創造・普及・活用(Knowledge Management in the Learning Society)第11章」), 明石書店, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (審査論文)

1) Akira Ohbuchi and Takeshi Harui : On the number of pencils of minimal degree on curves with small gonality, JP Journal of Geometry and Topology, Vol.10, No.3, 191-229, 2011.
2) R. Chitrakar, Takashi Yamamoto, Z.M. Wang, Y. Makita, A. Sonoda and T. Hirotsu : Selective uptake of phosphate ions on nanocomposite of Zr02 and layered double hydroxide, Chemical Engineering Transactions, Vol.24, 1495-1500, 2011.
3) 濱田 治良, 内海 千種, 福士 顥士, 天野 要 : 対称変換群に基づく複合図形の良さ, 心理學研究, Vol.82, No.1, 1-8, 2011年.
4) Yoshiyasu Ichikawa, Yasunori Matsuda, Ken Okumura, Mitsuhiro Nakamura, Toshiya Masuda, Hiyoshizo Kotsuki and Keiji Nakano : Asymmetric synthesis of (+)-geranyllinaloisocyanide: assignment of absolute stereochemistry., Organic Letters, Vol.13, No.10, 2520-2523, 2011.
5) Kaori Kimura, Yumiko Nishimura, Keisuke Oyama, Takuya Kawanai, Erika Hashimoto and Yasuo Oyama : Tetracaine decreases intracellular Zn2+ concentration by inhibiting Zn2+ influx in rat thymocytes, Natural Science Research, Vol.25, No.2, 7-13, 2011.
6) Yosuke Sato, Shutaro Inoue, Akira Suzuki, Katsusuke Nabeshima and Ko Sakai : Boolean Gröbner Bases, Journal of Symbolic Computation, Vol.46, No.5, 622-632, 2011.
7) Takeshi Uno, Katagiri Hideki and Kato Kosuke : A multi-dimensionalization of competitive facility location problems, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.7, No.5(B), 2593-2601, 2011.
8) A Takada, H Kubo, H Nishimura, K Ueno, K Hattori, S Kabuki, S Kurosawa, K Miuchi, E Mizuta, T Nagayoshi, N a Nona, Y Okada, Reiko Orito, H Sekiya, A Takeda and T Tanimori : Observation of Diffuse Cosmic and Atmospheric Gamma Rays at Balloon Altitudes with an Electron-tracking Compton Camera, The Astrophysical Journal, Vol.733, No.1, id13, 2011.
9) 葭森 健介 : 士庶考, --- -対唐宋変革前史的一個考察 ---, 日本中国史研究年刊, 116-159, 2011年.
10) Masao Morita, Hisashi Nishiwaki, Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Toshiya Masuda and Satoshi Yamauchi : Syntheses of Secocyclolignanes and Comparative Antioxidative Activity between Secocyclolignane and the Dibenzyl Type of Lignan., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.5, 939-943, 2011.
11) ヘルベルト ウォルフガング : 外国人からみた「ヤクザと寄せ場」, 寄せ場, No.24, 210-216, 2011年.
12) 豊田 哲也 : 大都市の地域構造と所得格差-東京特別区と大阪市の比較-, 日本都市学会年報, Vol.44, No.0, 219-226, 2011年.
13) Kosuke Ono : On Decay Properties of Solutions for Degenerate Strongly Damped Wave equations of Kirchhoff Type, Journal of Mathematical Analysis and Applications, Vol.381, No.1, 229-239, 2011.
14) Takeshi Uno, Katagiri Hideki and Kato Kosuke : A Competitive Facility Location Problem on a Network with Fuzzy Random Weights, Engineering Letters, Vol.19, No.2, 143-146, 2011.
15) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : MAGIC Observations and multiwavelength properties of the quasar 3C 279 in 2007 and 2009, Astronomy & Astrophysics, Vol.530, No.id.A4, 2011.
16) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Searches for dark matter annihilation signatures in the Segue 1 satellite galaxy with the MAGIC-I telescope, Journal of Cosmology and Astroparticle Physics, Vol.06, 035, 2011.
17) Makiko Tsuji and Kumio Yokoigawa : Acid resistance and verocytotoxin productivity of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 exposed to microwave, Journal of Food Science, Vol.76, No.6, 445-449, 2011.
18) 西山 賢一, 木村 隆行, 磯野 陽子, 井上 弦 : 色彩計を用いた岩石・土壌の色彩測定法, 応用地質, Vol.52, No.2, 62-71, 2011年.
19) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Exploring anomalous top-quark interactions via the final lepton in ttbar productions/decays at hadron colliders, Physical Review D, Particles, Fields, Gravitation and Cosmology, Vol.83, No.11, 114045-1-114045-11, 2011.
20) Kosuke Ono : On sharp decay estimates of solutions for mildly degenerate dissipative wave equations of Kirchhoff type, Mathematical Methods in the Applied Sciences, Vol.34, No.11, 1339-1352, 2011.
21) Steve Toshihisa Fukuda, Hiroshi Sakata and Mitsue Takeuchi : Facilitating Autonomy to Enhance Motivation: Examining the Effects of a Guided-Autonomy Syllabus, Electronic Journal of Foreign Language Teaching, Vol.8, No.1, 71-86, 2011.
22) 矢部 拓也 : 地方政治の変動を考える--首長・議会の対立と地域政党から, 住民と自治, 26-33, 2011年.
23) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : A Search for Very High Energy Gamma-Ray Emission from Scorpius X-1 with the Magic Telescopes, The Astrophysical Journal Letters, Vol.735, No.1, L5, 2011.
24) Hajime Miura, Yoshinori Takahashi and Nao Okumura : Response of peripheral vascular system to cold pressor test measured using near infrared spectroscopy, The Journal of Japanese College of Angiology, Vol.51, No.2, 255-257, 2011.
25) Izumi Ogawa, Tadafumi Kishimoto, Saori Umehara, Go Ito, Kensuke Yasuda, Hidekazu Kakubata, M. Miyashita, Kenji Matsuoka, Masaharu Nomachi, Ken-Ichi Fushimi, Ryuta Hazama, Hideaki Ohsumi, Kenji Okada, Yoichi Tamagawa and Sei Yoshida : Study of 48Ca Double Beta Decay by CANDLES, Journal of Physics: Conference Series, Vol.312, No.7, 072014, 2011.
26) Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Fumiya Kanetake, Hidekazu Mukuda, Yoshio Kitaoka, Kohei M. Itoh and Eugene E. Haller : 73Ge NQR study of superconducting skutterudites MPt4Ge12 (M = Sr, Ba), Journal of the Physical Society of Japan, Vol.80, No.Supplement A, SA028-1-SA028-3, 2011.
27) Akio Kinazaki, Hongqin Chen, Kazuki Koizumi, Takuya Kawanai, Tomohiro Oyama, Masaya Satoh, Shiro Ishida, Yoshiro Okano and Yasuo Oyama : Putative role of intracellular Zn2+ release during oxidative stress: A trigger to restore cellular thiol content that is decreased by oxidative stress, The Journal of Physiological Sciences, Vol.61, No.5, 403-409, 2011.
28) Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Mitsuhiro Nakamura and Toshiya Masuda : Structure and function of the oxidation products of polyphenols and identification of potent lipoxygenase inhibitors from fe-catalyzed oxidation of resveratrol., Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.59, No.15, 8180-8186, 2011.
29) 髙橋 晋一 : 一宇の雨乞い踊り, --- その歴史と伝承 ---, 阿波学会紀要, No.57, 157-163, 2011年.
30) 石田 啓祐, 橋本 寿夫, 本山 茂樹, 阿部 肇, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 小澤 大成 : つるぎ町一宇中野の「ろう石」 -国会議事堂関連石材の調査報告-, 阿波学会紀要, No.57, 197-202, 2011年.
31) 西山 賢一, 本山 茂樹, 石田 啓祐, 橋本 寿夫, 中尾 賢一, 阿部 肇, 辻野 泰之, 小澤 大成 : つるぎ町一宇地域の地質・岩石・地すべり地形, 阿波学会紀要, No.57, 1-9, 2011年.
32) 井上 隆, 木内 晃, 豊田 哲也, 萩原 八郎, 羽山 久男 : つるぎ町「旧一宇村」の限界集落の現状と展望, 阿波学会紀要, No.57, 177-187, 2011年.
33) Yosuke Endo, Zhehao Han, Jun Kurochi, Masahiro Sakata, Akinori Maetaka, Takayasu Yonezawa, Kazuki Koizumi and Yasuo Oyama : Zinc-pyrithione exerts diverse actions on human leukemia K562 cells: A preliminary study on hormetic action, Natural Science Research, Vol.25, No.3, 15-19, 2011.
34) Kosuke Ono : Decay Estimates for Coupled Degenerate Hyperbolic System with Strong Damping, International Journal of Applied Mathematics, Vol.24, No.3, 383-392, 2011.
35) J Aleksic, Reiko Orito and et al (370 coauthors) : Fermi Large Area Telescope Observations of Markarian 421: The Missing Piece of its Spectral Energy Distribution, The Astrophysical Journal, Vol.736, No.2, 131, 2011.
36) 邵 迎建 : ``怒吼吧,中国'', 『中日文化比較研究論集』, Vol.2, 326-335, 2011年.
37) 石田 和之, 岡 重徳, 清水 勇吉 : 主成分分析を用いた歯科医院に対する患者満足度の要因分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.2(106), 91-96, 2011年.
38) 三浦 哉 : 動脈機能を改善するための運動療法, 四国医学雑誌, Vol.67, No.3, 111-116, 2011年.
39) 原 幸一, 神谷 美里, 辻井 正次 : 高機能広汎性発達障害児のバウムテストの発達特徴, 発達障害研究, Vol.33, No.3, 314-321, 2011年.
40) 樋口 直人, 稲葉 奈々子 : 前史でないデカセギ前史, --- 南米から沖縄への帰還移民をめぐって ---, アジア太平洋レビュー, Vol.0, No.8, 23-36, 2011年.
41) Takeshi Uno and Kato Kosuke : An Improvement of Differential Evolution for Nonlinear Optimization, Biomedical Soft Computing and Human Sciences, Vol.17, No.1, 75-81, 2011.
42) 浜野 龍夫 : ハモの巣穴出入行動における日周および季節変化, 日本水産学会誌, Vol.77, No.4, 600-605, 2011年.
43) Hiroyuki Deguchi, T. Shoho, Y. Kato, T. Ashida, M. Mito, S. Takagi, M. Hagiwara and Kuniyuki Koyama : Nonlinear Resistivity in a d-Wave Superconductor YBa2Cu4O8 of Sub-Micron Scale Grains, Journal of Physics: Conference Series, Vol.302, No.1, 012031-1-012031-4, 2011.
44) Hiroyuki Deguchi, T. Ashida, T. Shoho, Y. Kato, M. Mito, S. Takagi, M. Hagiwara and Kuniyuki Koyama : Magnetic Memory Effects in a Chiral-Glass Phase of a Superconductive Ceramic YBa2Cu4O8, Journal of Physics: Conference Series, Vol.320, No.1, 012076-1-012076-5, 2011.
45) M. Hagiwara, A. Fujii, T. Shima, Hiroyuki Deguchi, T. Shoho, Kuniyuki Koyama, and : Anomalous Behavior of Linear Resistivity in the Vanishing Process along the Intergrain Ordering of Weak-Sintered Ceramic Superconductor YBa2Cu4O8, Journal of Physics: Conference Series, Vol.320, No.1, 012075-1-012075-6, 2011.
46) Kuniyuki Koyama, R. Nakashima, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, T. Shima, M. Hagiwara, and : Superconducting Behavours in Reduction-Treated Mixtures of Fine Pr124 and Pr123 Ceramics, Journal of Physics: Conference Series, Vol.320, No.1, 012077-1-012077-6, 2011.
47) 石田 三千雄 : ラヴァーターにおける顔の記号学, --- ラヴァーター観相学の背景とその射程 ---, シェリング年報, No.19, 120-128, 2011年.
48) 高橋 将記, 的場 秀樹, 佐竹 昌之, 前田 健一, 小原 繁 : 中高年者における10㎞走での疲労感と酸化ストレス及び抗酸化能力の関係, ランニング学研究, Vol.23, No.1, 29-36, 2011年.
49) 大橋 眞, 中恵 真理子, 光永 雅子, 齊藤 隆仁 : 地域社会人,学生,教員でつくる学びのコミュニティから創出される新たな視点, 日本生涯教育学会論集, Vol.32, 3-11, 2011年.
50) 濱田 治良, 内海 千種, 福士 顥士, 天野 要 : 対称変換群に規定される円形要素図形の複雑さと良さ, 心理学評論, Vol.54, No.2, 138-152, 2011年.
51) Meredith Anne Stephens : Review of 'Language Management in Contact Situations' (Nekvapil & Sherman Eds., 2009), Japan Journal of Multilingualism and Multiculturalism, Vol.17, 84-88, 2011.
52) Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Asuka Nakajima, Minoru Saito, Kaori Kanemaru, Toshiya Masuda and Yasuo Oyama : Cytotoxic characteristics of two isomeric dimers produced by oxidation of sesamol, an antioxidant in sesame oil, Journal of Health Science, Vol.57, No.5, 425-431, 2011.
53) Wolfgang Herbert : Yakuza im Wandel - Metamorphosen der japanischen Unterwelt., --- Feature ---, OAG Notizen, Vol.2011, No.11, 10-34, 2011.
54) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Observations of the Crab Pulsar between 25 and 100 GeV with the MAGIC I Telescope, The Astrophysical Journal, Vol.742, No.1, id43, 2011.
55) 大和田 攝子, 宮井 宏之, 内海 千種, 加藤 寛 : 緩和ケア病棟で近親者を亡くした遺族の精神健康に関する縦断的研究-複雑性悲嘆,PTSD,抑うつにおける経年的変化とその関連要因-, 心的トラウマ研究, Vol.7, 1-13, 2011年.
56) 宮井 宏之, 内海 千種, 大和田 攝子, 加藤 寛 : 阪神・淡路大震災の遺族における心身の健康状態に関する継続調査, 心的トラウマ研究, Vol.7, 15-23, 2011年.
57) 石田 和之 : 資産保有課税における課税標準の選択:固定資産税(日本)とレイト(香港)の比較分析の視点, 租税資料館賞受賞論文集第20回, 39-63, 2011年.
58) Hiroshi Yamamoto, Ikumi Tamura, Yoshiko Hirata, Jun Kato, Kei-ichiro Kagota, Shota Katsuki, Atsushi Yamamoto, Yoshihiro Kagami and Norihisa Tatarazako : Aquatic Toxicity and Ecological Risk Assessment of Seven Parabens, --- Individual and Additive Approach ---, The Science of the Total Environment, Vol.410-411, 102-111, 2011.
59) 安田 侑右, 米多 佐織, 田村 生弥, 駕田 啓一郎, 中田 典秀, 花本 征也, 亀田 豊, 木村 久美子, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : 生活排水に汚染された河川水に対する短期慢性毒性試験, 土木学会論文集G(環境), Vol.67, No.7, III_249-III_256, 2011年.
60) M Actis, Reiko Orito and et al (675 coauthors) : Design concepts for the Cherenkov Telescope Array CTA: an advanced facility for ground-based high-energy gamma-ray astronomy, Experimental Astronomy, Vol.32, No.3, 193-316, 2011.
61) 大上 梨奈, 樫田 美雄 : 中途診断というカテゴリー変化の中で生きる : 発達障害者の中途診断経験と自己探求の社会学, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, No.0, 1-14, 2011年.
62) 清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析, 日本歯科医療管理学会雑誌, Vol.46, No.3, 138-144, 2011年.
63) 中島 浩二 : Webベース英語ディクテーションテスト・採点集計システムの開発と教育利用, e-Learning教育研究, Vol.6, 1-10, 2011年.
64) Ikuko Ogata, Hakaru Seo, Takuya Kawanai, Erika Hashimoto and Yasuo Oyama : Cytotoxic actions of bisabololoxide A (a constituent of German chamomile extract), 5-fluorouracil, and their combination on human leukemia K562 cells, Phytomedicine, Vol.18, No.5, 362-365, 2011.
65) Kazuki Koizumi, Kawanai Takuya, Erika Hashimoto, Yasuhiro Kanbara, Toshiya Masuda, Kaori Kanemaru, Yoshiro Okano and Yasuo Oyama : Cytometric analysis on cytotoxicity of curcumin on rat thymocytes: Proapoptotic and antiapoptotic actions of curcumin, Toxicology In Vitro, Vol.25, No.4, 985-990, 2011.
66) Takuya Kawanai, Masahiro Fujinaga, Kazuki Koizumi, Isao Kurotani, Erika Hashimoto, Masaya Satoh, Shoji Imai, Norikazu Miyoshi and Yasuo Oyama : Some characteristics of membrane Cd2+ transport in rat thymocytes: An analysis using Fluo-3, Biometals, Vol.24, No.5, 903-914, 2011.
67) Takuya Kawanai : Triclosan, an environmental pollutant from health care products, evokes charybdotoxin-sensitive hyperpolarization in rat thymocytes, Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.32, No.3, 417-422, 2011.
68) Ikumi Tamura, Minoru Saito, Yumiko Nishimura, Masaya Satoh, Hiroshi Yamamoto and Yasuo Oyama : Elevation of intracellular Ca2+ level by triclosan in rat thymic lymphocytes: Increase in membrane Ca2+ permeability and induction of intracellular Ca2+ release, Journal of Health Science, Vol.57, No.6, 540-546, 2011.
69) Kosuke Ono : Global Existence and Decay Rate for a Coupled Degenerate Hyperbolic System with Dissipation, Scientiae Mathematicae Japonicae, Vol.74, No.1, 1-13, 2011.
70) Takefumi Hattori, S Murakami, M Mukai, T Yamada, H Hirochika, S Suzuki, M Sakamoto and T Umezawa : Rapid analysis of transgenic rice straw using near-infrared spectroscopy, Plant Biotechnology, Vol.29, No.4, 359-366, 2012.
71) S Suzuki, F J Ma, N Yamamoto, Takefumi Hattori, M Sakamoto and T Umezawa : Silicon deficiency promotes lignin accumulation in rice, Plant Biotechnology, Vol.29, No.4, 391-394, 2012.
72) Masaomi Yamamura, Takefumi Hattori, Shiro Suzuki, Daisuke Shibata and Toshiaki Umezawa : Microscale thioacidolysis method for the rapid analysis of β-O-4 substructures in lignin, Plant Biotechnology, Vol.29, No.4, 419-423, 2012.
73) 西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年台風10号豪雨により徳島県で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.26, 17-29, 2012年.
74) 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 若松 清江, 伊賀 淳一, 大森 哲郎, 福森 崇貴 : 徳島大学病院におけるがん心理相談の現状と課題について, 四国医学雑誌, Vol.68, No.1-2, 86-87, 2012年.
75) 福田 利久 スティーブ, 坂田 浩 : 学生の視点から見た学習環境の改善のすすめ, --- Self-Access Center利用者の調査結果から ---, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 114-122, 2012年.
76) 柳澤 誠, 古野 伸明, 渡部 稔, 柏木 啓子, 花田 秀樹, 新海 正, 吉留 賢, 久保 英夫, 坂井 雅夫, 藤井 博匡, 鈴木 賢一, 山下 雅道, 柏木 明彦 : 過重力はアフリカツメガエルの頭部形成(特に眼と脳)に特異的に影響を与える, Space Utilization Research, Vol.28, 172-175, 2012年.
77) Ikumi Tamura, Yasuhiro Kanbara, Minoru Saito, Kanna Horimono, Masaya Satoh, Hiroshi Yamamoto and Yasuo Oyama : Triclosan, an antibacterial agent, increases intracellular Zn2+ concentration in rat thymocytes: Its relation to oxidative stress, Chemosphere, Vol.86, No.1, 70-75, 2012.
78) Kozo Mayumi and John Polimeni : Uranium reserve, nuclear fuel cycle delusion, CO2 emissions from the sea, and electricity supply: Reflections after the fuel meltdown of the Fukushima Nuclear Power Units, Ecological Economics, Vol.73, 1-6, 2012.
79) Yoshiyasu Ichikawa, Ken Okumura, Yasunori Matsuda, Tomoyuki Hasegawa, Mitsuhiro Nakamura, Aya Fujimoto, Toshiya Masuda, Ken Nakano and Hiyoshizo Kotsuki : Synthesis of manzacidin A and C: efficient construction of quarternary carbon stereocenters bearing nitrogen substituents, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.10, No.3, 614-622, 2012.
80) Kozo Mayumi and Hiroki Tanikawa : Going beyond energy accounting for sustainability: Energy, fund elements and the economic process, Energy, Vol.37, No.1, 18-26, 2012.
81) Mario Giampietro and Kozo Mayumi : New Narratives for Sustainability:The Red Pill for Economists, Towards an Integrated Paradigm in Heterodox Economics (Julien-Francois Gerby and Rolf Steppacher, eds.), 64-93, 2012.
82) 野中 俊介, 大野 あき子, 境 泉洋 : 行動論的観点からみたひきこもり状態と家族機能の関連, 行動療法研究, Vol.38, 1-10, 2012年.
83) Aya Fujimoto and Toshiya Masuda : Antioxidation Mechanism of Rosmarinic Acid, Identification of an Unstable Quinone Derivative by the Addition of Odorless Thiol, Food Chemistry, Vol.132, No.2, 901-906, 2012.
84) 佐藤 征弥, 阿部 梨沙, 乃村 亜由美, 姜 憲, 瀬田 勝哉 : 日本と朝鮮半島の巨樹 – 樹種および巨樹にまつわる伝承の比較, 植生史研究, Vol.21, No.1, 3-19, 2012年.
85) 星野 由美, 三浦 哉 : 被検食の性状の違いによる咀嚼・嚥下時の咬筋酸素動態の特性, 日本歯科衛生学会雑誌, Vol.6, No.2, 42-48, 2012年.
86) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Performance of the MAGIC stereo system obtained with Crab Nebula data, Astroparticle Physics, Vol.35, No.7, 435-448, 2012.
87) J Aleksic, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Detection of the γ-Ray Binary LS I +61°303 in a Low-flux State at Very High Energy γ-Rays with the MAGIC Telescopes in 2009, The Astrophysical Journal, Vol.746, No.1, id80, 2012.
88) A. Abramowski, Reiko Orito and et al (447 coauthors) : The 2010 Very High Energy -Ray Flare and 10 Years of Multi-wavelength Observations of M 87, The Astrophysical Journal, Vol.746, No.2, id151, 2012.
89) K Abe, Reiko Orito and et al (29 coauthors) : Measurement of the Cosmic-Ray Antiproton Spectrum at Solar Minimum with a Long-Duration Balloon Flight over Antarctica, Physical Review Letters, Vol.108, No.5, id.051102, 2012.
90) Naoji Kondo, Motohiro Sakai, Yasukazu Kuroda, Yoshikazu Kiyota, Yuji Kitabata and Mie Kurosawa : General condition of hikikomori (prolonged social withdrawal) in Japan: Psychiatric diagnosis and outcome in mental health welfare centres., The International Journal of Social Psychiatry, 2012.
91) 佐藤 征弥, 池幡 佳織, 浮田 健太郎, 王 艶, 大粟 美菜, 駕田 啓一郎, 加藤 潤, 木下 悠亮, 杉本 多余, 高橋 将央, 田嶋 孝裕, 原田 克哉, 福本 孝博, 藤永 真大, 藤本 彩, 光永 雅子, 渡邊 ゆいか, 境 泉洋, 宮崎 隆義 : 『阿波名所図会』における眉山の自然と景観, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, No.0, 15-27, 2012年.
92) 邵 迎建 : "出走"与"上楼", --- 女性.时代.政治 ---, 『合肥師範学院学報』, Vol.1, 2-6, 2012年.
93) Naoto Higuchi and Nanako Inaba : Migrant Workers Enchanted with Consumer Society, --- Transnationalism and Global Consumer Culture in Bangladesh ---, Inter-Asia Cultural Studies, Vol.13, No.1, 22-35, 2012.
94) 田中 徳一, 成行 義文, 平井 松午 : 「自らの就業力向上を促す巣立ちプログラム」とそれに基づく初年次キャリア教育の実践, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 141-151, 2012年.
95) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (150 coauthors) : Discovery of VHE γ-ray emission from the BL Lacertae object B3 2247+381 with the MAGIC telescopes, Astronomy & Astrophysics, Vol.539, A118, 2012.
96) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (158 coauthors) : PG 1553+113: Five Years of Observations with MAGIC, The Astrophysical Journal, Vol.748, No.1, id.46, 2012.
97) 大橋 眞, 佐藤 高則, 齊藤 隆仁 : 国際交流による生涯学習と大学教育の融合の意義―韓国珍島の伝統文化を生かしたソウル大学の取り組みから何を学ぶか―, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 59-65, 2012年.
98) J. Aleksić, Reiko Orito and et al (162 coauthors) : Detection of very-high energy γ-ray emission from NGC 1275 by the MAGIC telescopes, Astronomy & Astrophysics, Vol.539, L2, 2012.
99) 石田 三千雄 : 自然との和解とは何を意味するのか, --- 自然倫理学の根拠づけの試み ---, ぷらくしす, No.13, 125-138, 2012年.
100) Kozo Mayumi and Mario Giampietro : Response to ``dimensions and logarithmic function in economics: A comment'', Ecological Economics, Vol.75, 12-14, 2012.
101) 植木 岳雪, 中尾 賢一, 西山 賢一, 森江 孝志 : 地学系専門学協会による一般市民を対象としたアウトリーチ巡検の実践報告, 地学教育, Vol.65, 63-80, 2012年.
102) K Abe, Reiko Orito and et al (36 coauthors) : Search for Antihelium with the BESS-Polar Spectrometer, Physical Review Letters, Vol.108, No.13, id.131301, 2012.
103) 山岡 理恵, 山本 孝, 湯浅 賢俊, 今井 昭二 : 焦電結晶上での二元X線発生機構, X線分析の進歩, Vol.43, 381-389, 2012年.
104) 山内 暁彦 : Gulliver's Travelsに見られる老い—記憶力の衰えを中心に—, ハイペリオン, Vol.58, 1-18, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 西山 賢一, 外山 真, 岡田 憲治 : 2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性, 徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 33-36, 2011年.
2) 衣川 仁 : 訴訟沙汰における宗教性, 日本歴史, No.755, 23-32, 2011年.
3) 西山 賢一 : テフラを用いた九州山地の斜面削剥過程の検討可能性(予報), めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.22, 1-8, 2011年.
4) 有馬 卓也 : 岡本韋庵『北地国防論』『北地海防論』について(上), 東洋古典学研究, No.31, 57-68, 2011年.
5) Yousuke Endoh, Hiroto Itoh, Hayata Sakai, Masami Toyoshima, Akihiro Marumo, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : PCR cloning and Mutagenesis Studies of Nucleoside Diphosphate Kinase From Thermophilic Geobacillus Bacteria, Proceedings of the 3rd Asia Pacific Protein Association Conference in conjunction with the 3rd Symposium of the Chinese Protein Society (APPA-2011)-Protein and Beyond-, 129, 2011.
6) 髙橋 晋一 : 門付け芸のフォークロア, --- 三番叟まわし・えびすまわしの民俗調査に向けて ---, しこく部落史, Vol.0, No.13, 45-56, 2011年.
7) Takanori Satoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Akihiro Marumo, Masami Toyoshima and Yousuke Endoh : Cloning and comparison of genes for dTTP synthesizing enzymes from Geobacillus bacteria, Proceedings of the 8th Intenational Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB2011), 161, 2011.
8) Kohji Nakashima : Text-based Pedagogy Using Twitter in Japanese English Education: A Pilot Study, Monograph on Foreign Language Education 2011, 56-58, 2011.
9) 仙波 光明, 村田 真実 : つるぎ町一宇の方言, 総合学術調査報告阿波市「阿波町・吉野町」 阿波学会紀要第56号, No.57, 165-176, 2011年.
10) 山本 裕史, 浜野 龍夫, 田村 生弥, 池幡 佳織, 加藤 潤, 駕田 啓一郎, 安田 侑右, 行本 みなみ, 米多 佐織, 中村 友紀, 一色 圭佑, 桶川 博教, 山中 亮一, 上月 康則 : つるぎ町を流れる吉野川水系貞光川の水質, 阿波学会紀要, Vol.57, 11-22, 2011年.
11) 鍋島 克輔, 中村 弥生, 田島 慎一 : 代数的局所コホモロジーの計算法とそれを用いたスタンダード基底・グレブナー基底について, 数理解析研究所講究録, Vol.1764, 102-125, 2011年.
12) 上野 加代子, 吉田 耕平 : 子ども虐待の社会学, --- 社会的責務としての子どもの養育 ---, こころの科学, No.159, 81-86, 2011年.
13) Tohru Naito : Environmental Policy and Firms Agglomeration under Mixed Duopoly, Regional Science Research, the University of Tokushima, Vol.1, No.1, 2011.
14) 山本 裕史 : 生物応答を用いた新たな排水管理-WET手法-, 機能紙研究会誌, Vol.50, 35-42, 2011年.
15) 鍋島 克輔 : CGS計算アルゴリズムのさらなる改良'', 数理解析研究所講究録, Vol.1815, 29-40, 2011年.
16) 清水 真人 : 米国投資会社法36条(b)項における信認義務違反の判断基準, 商事法務, No.1948, 53-58, 2011年.
17) 石川 榮作 : R.ヴァーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』における「夜の国」へのあこがれ, 文学における不在, 87-97, 2011年.
18) 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの否定性, --- その現代的意味を考える ---, 『文学における不在 原研二先生追悼論文集』, 213-226, 2011年.
19) Wolfgang Herbert : Yakuza im Wandel. Teil 1: Die Legende vom "edlen Gangster"., --- Metamorphosen der japanischen Unterwelt. ---, Tätowiermagazin. Japan Spezial, No.12, 94-99, 2011.
20) 依岡 隆児 : 旧制高等学校ドイツ人講師の見た四国, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, 39-71, 2011年.
21) 西山 賢一, 田村 俊之 : 四国山地から見いだされたテフラに基づく山地斜面の長期安定性, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, 21-27, 2011年.
22) 西山 賢一 : 日本における地すべり・斜面崩壊の発生頻度に関する編年学的研究, らんどすらいど(日本地すべり学会関西支部会報), No.27, 30-40, 2011年.
23) 宮澤 一人 : デスクトップミュージックによる《展覧会の絵》作成-その1, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.19, 17-52, 2011年.
24) 桂 修治 : 抒情詩の解釈とコンピタンス指向 - 「アビトゥーア試験のための統一的要求事項」の展望と限界, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, 15-38, 2011年.
25) 豊田 哲也 : 都道府県別に見た世帯所得の分布と平均寿命の変化-地域の所得格差は健康を損なうか-, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, No.0, 87-100, 2011年.
26) 荒武 達朗 : 『琿春副都統衙門檔案』より見た18世紀後半の琿春地方の流民, News letter, Vol.0, No.23, 1-16, 2011年.
27) Meredith Anne Stephens and Blight Richard : Attitudes to the Introduction of English into the Primary School Curriculum in Japan, --- A comparative study ---, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.19, 95-107, 2011.
28) 村田 明広, 前川 寛和 : 四国西部,内子-小田地域の御荷鉾緑色岩類の地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, 29-38, 2011年.
29) Shin-ichi Katayama : Generalized Goggins's formula for Lucas and Companion Lucas sequences, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.45, 19-25, 2011.
30) 宮崎 隆義 : 'Old Mrs Chundle'における善意の問題―語りの技法と心理描写―, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, 1-13, 2011年.
31) Eisaku Ishikawa : Tragische Helden im Nibelungenlied und in der Heike-Geschichte, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.19, No.0, 73-93, 2011.
32) Ruishi Kuwabara : Numbers associated to symmetric differential operators and the Bernoulli numbers, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.45, No.0, 27-40, 2011.
33) 李 相揆, 岸江 信介, 瀧口 惠子 : 日本における方言研究の動向と展望, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, No.0, 163-190, 2011年.
34) 清水 勇吉, 石田 基広, 岸江 信介 : 依頼に対する断り表現について, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, 147-162, 2011年.
35) 石田 三千雄 : アレクサンダー・フォン・フンボルトにおける植物観相学について, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.19, No.0, 1-16, 2011年.
36) 堤 和博 : 阿波国文庫旧蔵・徳島県立図書館蔵『拾遺集私抄』翻刻補遺, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, 71-92, 2011年.
37) Kosuke Ono : Energy Decay for a dissipative wave equation with compactly supported data, Journal of Mathematics, The University of Tokushima, Vol.45, 41-47, 2011.
38) 吉村 剛, 竹松 葉子, 山下 聡, 藤田 素子, 服部 武文, 本田 与一, 大村 和香子, 簗瀬 佳之, 土居 修一 : 熱帯人工林の生物多様性, 生存圏研究, No.7, 95-99, 2012年.
39) 西山 賢一 : 紀伊山地・九州山地の地形形成と土砂移動, 日本地すべり学会関西支部報(らんどすらいど), Vol.28, 30-39, 2012年.
40) 石橋 正浩, 牧田 潔, 相澤 直樹, 内海 千種, 中村 有吾, 齋藤 大輔 : fMRI によるロールシャッハ法課題の研究に向けて, 発達人間学論叢, Vol.15, 51-56, 2012年.
41) 荒武 達朗 : 将来につなげる初修外国語教育 : "学びなおし"の基礎形成, 外国語教育ジャーナル, Vol.2012, 28-31, 2012年.
42) Wolfgang Herbert : Yakuza im Wandel. Teil 2: Tattoos und Aktienhandel:, --- Die Yakuza zwischen Tradition und moderner Wirtschaft ---, Tätowiermagazin, No.1, 94-99, 2012.
43) 松本 祥史, 吉田 真由子, 中野 収太, 佐藤 健二 : ネガティブ感情体験の構造化開示が心身機能に及ぼす影響, --- メタ認知の観点からのメカニズム検討 ---, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, 31-48, 2012年.
44) 佐藤 充宏 : スタジアムのサッカー観戦者における視的経験の空間という視座: 徳島のプロサッカー試合による賑わい創出に向けて, 徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.19, 101-120, 2012年.
45) Wolfgang Herbert : Yakuza im Wandel. Teil 3: Big Business:, --- Die Yakuza als Wirtschafts- und Gesellschaftsfaktor ---, Tätowiermagazin, No.2, 82-87, 2012.
46) 西山 賢一, 長岡 信治, 鈴木 惠三, 高谷 精二 : テフロクロノロジーに基づく宮崎県鰐塚山地における深層崩壊の発生頻度, 京都大学防災研究所研究集会「深層崩壊の実態,予測,対応」研究報告書, 77-82, 2012年.
47) 伏見 賢一 : 地球を一周してきた放射性物質, CENTER NEWS, Vol.9, 3-4, 2012年.
48) 清水 真人 : 米国州会社法における事業再編の展開とSECの関与(2), 徳島大学社会科学研究, No.25, 1-24, 2012年.
49) 水島 多喜男 : 『資本論』第3巻10章の市場像について──「規制」の含意と「需要」と「再生産」を手掛かりに──, 徳島大学社会科学研究, No.25, 25-44, 2012年.
50) 饗場 和彦 : ボランティア活動の意味と有用性 -命を捨ててまで外国人を助けるのは偽善か?-, 徳島大学社会科学研究, No.25, 45-52, 2012年.
51) 宮崎 隆義, 佐藤 征弥, 境 泉洋 : モラエスの庭, --- (1)日記文学・随筆文学ということ ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, No.0, 47-56, 2012年.
52) 原田 峻, 高木 竜輔, 松谷 満, 申 琪榮, 樋口 直人, 稲葉 奈々子, 成 元哲 : 政権交代と社会運動, --- 論点整理の試み ---, 中京大学現代社会学部紀要, Vol.5, No.2, 109-141, 2012年.
53) 日置 善郎, 宮田 政徳, 川野 卓二, 香川 順子, 吉田 博, 奈良 理恵 : 2011年度徳島大学全学FD推進プログラムの実施報告, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 152-171, 2012年.
54) 飯尾 有未, 内海 千種, 市井 桃子, 永浦 拡, 富永 良喜 : 大学生におけるソーシャルサポートの互恵性とストレッサーの認知との関連, 発達心理臨床研究, Vol.18, 75-83, 2012年.
55) 鍋島 克輔, 田島 慎一 : パラメータ付き代数的局所コホモロジーの計算について--半擬斉次孤立特異点の場合--, 数理解析研究所講究録, Vol.1785, 111-122, 2012年.
56) 西山 賢一, 蒋 景彩, 岡田 憲治 : 2011年台風12号・15号豪雨により徳島県で発生した斜面崩壊, 平成24年自然災害フォーラム論文集, 75-82, 2012年.
57) Blight Richard and Meredith Anne Stephens : Proficiency scores and classroom performance, Journal of Faculty and Staff Development in Higher Education, Vol.10, 9-14, 2012.
58) 髙橋 晋一 : 描かれた「吉野川の民俗」, --- 阿波市吉野町柿原二条・天満神社の天井絵より ---, 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 1-10, 2012年.
59) 髙橋 晋一 : 吉野川の洪水と地域の対応, --- 美馬市穴吹町・舞中島の事例より ---, 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 11-15, 2012年.
60) 髙橋 晋一 : 那賀町木頭地区(旧那賀郡木頭村)の祭りと民俗芸能(2), 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 81-115, 2012年.
61) 髙橋 晋一 : 吉野川市川島町西出目・八幡神社の「湯神楽」, 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 116-121, 2012年.
62) 髙橋 晋一, 田村 健治 : 板野郡上板町の地神塔, 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 122-131, 2012年.
63) 髙橋 晋一 : 神様に供える本膳料理, --- 三好市西祖谷山村有瀬・三部神社祭礼の事例 ---, 徳島地域文化研究, Vol.-, No.10, 139-141, 2012年.
64) 髙橋 晋一 : 当屋渡しの豆腐, --- 那賀郡那賀町朴野・龍王神社の当屋渡し儀礼 ---, 徳島地域文化研究, No.10, 142-143, 2012年.
65) 田中 智行 : 龍谷大学図書館蔵『玄奘三蔵渡天由来縁起』翻刻(四), 徳島大学国語国文学, No.25, 15-43, 2012年.
66) 山田 仁子 : 「「すごい」ことばの変化」ー現代アメリカ英語賞賛表現の電子媒体による分析ー, ハイペリオン, Vol.58, 19-36, 2012年.
67) 大橋 眞, 佐藤 高則, 斎藤 隆仁 : モンゴル国との学生交流から,何を学ぶのか-International Student Conference と医学系実習体験を通して-, 大学教育研究ジャーナル, No.9, 66-73, 2012年.
68) 坂田 浩, 福田 利久 スティーブ : 継続的英語自律学習を支援するためのワークシート Learning How to Learn と自己評価用紙の作成について, 2011年 徳島大学国際センター 紀要・年報, 14-24, 2012年.
69) 葭森 健介 : 民衆運動から見る中国史の特質, 民衆反乱と中華世界, 37-68, 2012年.
70) 三隅 友子, 大橋 眞 : 交流と対話を通した学内の連携を考える-「異文化交流の体験から何を学ぶのか」と「日本事情Ⅳ」の連携, 徳島大学国際センター紀要, 31-43, 2012年.

2011年度(平成23年度) / 学術レター

1) 衣川 仁 : 新刊紹介 石尾和仁著『中世集落景観と生活文化―阿波からのまなざし―』, 日本史研究, No.586, 79, 2011年.
2) Wolfgang Herbert : Who is afraid of foreign texts?, Monograph on Foreign Language Education, Vol.2011, 54-55, 2011.
3) 石田 啓祐 : 名誉会員 須鎗和巳先生を偲ぶ, 地質学会News, Vol.14, No.6, 25-26, 2011年.
4) Meredith Anne Stephens : Why exposure to prosody should precede the teaching of reading, The Language Teacher, Vol.35, No.4, 68-73, 2011.
5) 石田 啓祐 : 国の天然記念物に指定された「坂州不整合」, 地質学会News, Vol.14, No.7, 19-20, 2011年.
6) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(12), --- 沖縄に戻った家族・L一家の場合 ---, 茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.11, 105-111, 2011年.
7) 衣川 仁 : 寺社勢力,二つの力, 別冊太陽 平清盛 王朝への挑戦, 97-99, 2011年.
8) Wolfgang Herbert : Vom Schüler zum Meister. Tätowierer Miyazô aus Osaka., Tätowiermagazin. Japan Spezial, No.12, 86-92, 2011.
9) 矢部 拓也 : 「まちなか研究室」へのインターシップ,登録制度の提案, --- まちづくりの担い手をいかにUターンさせるか ---, 産学官連携ジャーナル, Vol.7, No.12, 26-28, 2011年.
10) 樋口 直人 : 在特会の論理(3), --- 『鬱憤ばらしじゃ続かない』C氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 75-81, 2012年.
11) Norikazu Miyoshi, Asaoka Masashi, Miyazaki Yasuaki, Tajima Takahiro, Makoto Kikuchi and Makoto Wada : The Convenient and Useful Esterification of Bulky Tertiary Alcohols Using Strontium Compounds, Chemistry Letters, Vol.2012, No.41, 35-36, 2012.
12) 渡部 稔, 佐藤 高則, 山城 考, 大橋 眞 : 高大連携事業「高校生の大学研究室への体験入学型学習プログラム」実施報告(第3報), 平成23年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 66-67, 2012年.
13) 原田 愛弓, 永廣 卓哉, 高岡 祐里, 佐藤 高則, 大橋 眞 : モンゴル国における1st International Student Conference開催の意義, 平成23年度全学FD 徳島大学教育カンファレンス in 徳島 発表抄録集, 32-33, 2012年.
14) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(13), --- 沖縄に戻って成功したローストチキン・M一家の場合 ---, 茨城大学人文コミュニケーション学科論集, No.12, 2012年.
15) 樋口 直人 : 『行動する保守』の論理(1), --- 中国が重要というα氏の場合 ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, 71-82, 2012年.
16) 樋口 直人 : 『行動する保守』の論理(2), --- 外国人参政権に反対するβ氏の場合 ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, 83-91, 2012年.
17) 樋口 直人 : 『行動する保守』の論理(3), --- 在特会から学んだγ氏の場合 ---, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, 93-104, 2012年.
18) 樋口 直人 : 在特会の論理(1), --- 拉致問題で『舵が切り換った』A氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 53-63, 2012年.
19) 樋口 直人 : 在特会の論理(2), --- 『心震える歴史』を経験したB氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 65-74, 2012年.
20) 樋口 直人 : 在特会の論理(4), --- 教育勅語を暗記しているD氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 83-89, 2012年.
21) 樋口 直人 : 在特会の論理(5), --- 『普通に生活できる時代』を取りもどしたいE氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 91-95, 2012年.
22) 樋口 直人 : 在特会の論理(6), --- ワールドカップがきっかけとなったF氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 97-104, 2012年.
23) 樋口 直人 : 在特会の論理(7), --- 『自分のなかで問題提起された』G氏の場合 ---, 徳島大学社会科学研究, No.25, 105-107, 2012年.
24) 樋口 直人 : 在特会の論理(8), --- 『嫌韓流』を地で行くH氏の場合 ---, 徳島大学地域科学研究, No.25, 105-111, 2012年.
25) 樋口 直人 : 在特会の論理(9), --- 『創価学会をつぶす』動画に引き込まれたI氏の場合 ---, 徳島大学地域科学研究, No.1, 113-123, 2012年.
26) 稲葉 奈々子, 樋口 直人 : デカセギと家族(14), --- 派遣業の代替わり・N一家の場合 ---, 茨城大学地域総合研究所年報, No.45, 2012年.
27) 樋口 直人 : 『行動する保守』の論理(4), --- 「さらなる右」としての排外主義を実践するδ氏の場合 ---, 茨城大学地域総合研究所年報, No.45, 2012年.
28) 樋口 直人 : 在特会の論理(10), --- 愛国心と排外主義の間・J氏の場合 ---, アジア太平洋研究センター年報, No.8, 2012年.
29) Kayoko Ueno : Life Strategies of Migrant Domestic Workers in Singapore, Gender Perspectives, Vol.3, No.3, 5-8, 2012.

2011年度(平成23年度) / 総説・解説

1) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第48講)税収の伸張性と安定性のトレード・オフの検証, 税, Vol.66, No.4, 285-307, 2011年4月.
2) 依岡 隆児 : 読書のススメ(121), --- 小宮豊隆編「寺田寅彦随筆集」 ---, 徳島新聞, 2011年4月.
3) 樫田 美雄 : 書評 広瀬 美千代著『家族介護者のアンビバレントな世界-エビデンスとナラティブからのアプローチ-』, 家族社会研究, Vol.23, No.1, 112-113, 2011年4月.
4) 石田 和之 : 地方税務職員のための研究講座市町村の基幹税目である固定資産税の財政学(第49講)大規模災害の発生時における固定資産税の特例, 税, Vol.66, No.5, 206-229, 2011年5月.
5) 樫田 美雄 : 大学院格差問題から考える社会科学系学会の新機能, 書斎の窓, No.604, 54-59, 2011年5月.
6) 石川 榮作 : ニーベルンゲン悲劇の二重構造, --- 「愛」と「権力」の戦い ---, ちくま, No.482, 16-17, 2011年5月.
7) 依岡 隆児 : 読書のススメ(122), --- カミュ「ペスト」 ---, 徳島新聞, 2011年5月.
8) 山本 裕史 : WET手法を利用した排水管理の実際, --- 徳島県内事業所の排水に対するWET試験適用例 ---, 資源環境対策, Vol.47, No.5, 76-82, 2011年5月.
9) Wolfgang Herbert : Gangster mit Edelmut, Der Standard, A1-A2, May 2011.
10) 藤本 彩, 増田 俊哉 : 酸化されるポリフェノール,その安全性と機能, ニューフードインダストリー, Vol.53, No.6, 21-27, 2011年6月.
11) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第1回) シャウプ税制の崩壊と固定資産税における償却資産課税, 税, Vol.66, No.6, 114-131, 2011年6月.
12) 依岡 隆児 : 読書のススメ(123), --- 有川浩「県庁おもてなし課」 ---, 徳島新聞, 2011年6月.
13) 樋口 直人 : 岐路に立つ運動と政策, --- ラテンアメリカ人労働者の現状に寄せて ---, Migrant's-ネット, No.141, 2011年6月.
14) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第2回) 戸数割から住民税へ, 税, Vol.66, No.7, 132-151, 2011年7月.
15) 依岡 隆児 : 読書のススメ(124), --- 小田実「何でも見てやろう」 ---, 徳島新聞, 2011年7月.
16) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第3回) 個人住民税における課税最低限のあり方をめぐる議論, 税, Vol.66, No.8, 162-181, 2011年8月.
17) 依岡 隆児 : 読書のススメ(125), --- 村上春樹「ねむり」 ---, 徳島新聞, 2011年8月.
18) 樋口 直人 : 高校進学をめぐる国籍間格差, --- 2000年国勢調査にみる実態 ---, 解放教育, No.527, 2011年9月.
19) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第4回) 付加価値税の失敗と事業税における外形標準課税の導入, 税, Vol.66, No.9, 142-161, 2011年9月.
20) 西山 賢一, 中尾 賢一, 長谷川 修一, 植木 岳雪 : アウトリーチ巡検「百万年前の東四国を探る」資料, 1-45, 2011年9月.
21) 依岡 隆児 : 読書のススメ(126), --- オーウェル「一九八四年」 ---, 徳島新聞, 2011年9月.
22) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第5回)地方たばこ税をめぐる議論の変化, 税, Vol.66, No.10, 246-265, 2011年10月.
23) 依岡 隆児 : 読書のススメ(127), --- マイヤーフェルスター「アルト=ハイデルベルク」 ---, 徳島新聞, 2011年10月.
24) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第6回)地方基幹税としての法人住民税, 税, Vol.66, No.11, 192-211, 2011年11月.
25) 山本 裕史 : 生物応答手法を用いた排水評価および管理, ぶんせき, No.11, 672, 2011年11月.
26) 依岡 隆児 : 読書のススメ(128), --- 丸谷才一「思考のレッスン」 ---, 徳島新聞, 2011年11月.
27) 佐藤 征弥 : 海軍軍人から外交官への転身, 第2670地区ガバナー月信, 16, 2011年12月.
28) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第7回)複雑化する自動車関係諸税に対する簡素化の要請, 税, Vol.66, No.12, 216-234, 2011年12月.
29) 依岡 隆児 : 読書のススメ(129), --- チャンドラー「かわいい女」 ---, 徳島新聞, 2011年12月.
30) 鑪迫 典久, 山本 裕史, 新野 竜大 : 生物応答を用いた新たな排水評価・管理手法, 環境浄化技術, Vol.11, No.1, 6-14, 2012年1月.
31) 伏見 賢一 : 2012年1月観測指針 (天文回報2012年1月), 天文回報, Vol.834, 1-2, 2012年1月.
32) 西山 賢一, 植木 岳雪, 中尾 賢一, 長谷川 修一 : 東四国の自然を楽しむガイドブック-地形・地質を中心として-, 日本第四紀学会資料, 1-38, 2012年1月.
33) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第8回)都市税源としての事業所税, 税, Vol.67, No.1, 168-187, 2012年1月.
34) 依岡 隆児 : 読書のススメ(130), --- 角野栄子「ファンタジーが生まれるとき」 ---, 徳島新聞, 2012年1月.
35) 山本 孝 : 4d, 5d遷移金属のXANESスペクトルによる化学状態分析, 放射光, Vol.25, No.1, 3-11, 2012年1月.
36) 伏見 賢一 : 2012年2月観測指針 (天文回報2012年2月), 天文回報, Vol.835, 1-3, 2012年2月.
37) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第9回)固定資産税における農地課税の変遷∼税負担の据置と市街化区域農地に対する課税∼, 税, Vol.67, No.2, 285-303, 2012年2月.
38) 依岡 隆児 : 読書のススメ(131), --- ゲーテ「ファウスト」 ---, 徳島新聞, 2012年2月.
39) 樋口 直人 : 排外主義運動の現段階, 外国人・民族的マイノリティ人権白書2012, 63-65, 2012年3月.
40) 移住労働者と連帯する全国ネットワーク, 樋口 直人 : 移住者が暮らしやすい社会に変えていく30の方法, --- 「『派遣切り』の矢面に立たされる移住労働者」「エスニック・ショップへ行こう!」 ---, 2012年3月.
41) 伏見 賢一 : 2012年3月観測指針 (天文回報2012年3月), 天文回報, Vol.836, 1-3, 2012年3月.
42) 石田 和之 : 地方税の震災をめぐる動き, 法律のひろば, No.3, 43-51, 2012年3月.
43) 石田 和之 : 地方税制温故知新(第10回)固定資産税の一環としての都市計画税, 税, Vol.67, No.3, 270-290, 2012年3月.
44) 石川 榮作 : ドイツ中世騎士文学の詩人たちと「愛の本質」, ワーグナー タンホイザー, 19-22, 2012年3月.
45) 髙橋 晋一 : 徳島地域文化関係新聞記事一覧(2011年1月∼12月), 徳島地域文化研究, No.10, 154-165, 2012年3月.
46) 江場 宏美, 篠田 弘造, 高山 透, 永谷 広久, 中野 和彦, 原田 雅章, 前尾 修司, 松林 信行, 森 良弘, 山本 孝 : 2011年X線分析関連文献総合報告, X線分析の進歩, Vol.43, 1-31, 2012年3月.
47) 依岡 隆児 : 読書のススメ(132), --- 姜尚中「姜尚中の青春読書ノート」 ---, 徳島新聞, 2012年3月.
48) 大宮 俊恵 : 子どもたちに伝えたい郷土(徳島)の偉人 指導の手引き, 小学校道徳学習教材, 2012年3月.

2011年度(平成23年度) / 国際会議

1) Naoto Higuchi : Citizenship Interrupted, --- The Debate on Foreigner's Suffrage in Japan ---, Annual Conference of Association for Asian Studies, Honolulu, Apr. 2011.
2) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Studying anomalous top-gluon couplings at Tevatron/LHC, Portoroz 2011: The Role of Heavy Fermions in Fundamental Physics, Portoroz, Apr. 2011.
3) Masaki Takahashi, Katsuhiko Suzuki, Hideki Matoba, Sizuo Sakamoto and Shigeru Obara : Effects of Different Intensities of Endurance Exercise on Oxidative Stress and Leukocyte Activation Markers, --- 2011 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.43, No.5 Suppl, S382, Denver, May 2011.
4) Koichi Yada, Hideki Matoba and Takashi Kitaura : Effect of vitamin C supplementation on training-induced increase in aerobic capacity of rat skeletal muscle, --- 2011 American College of Sports Medicine Annual Meeting ---, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.43, No.5 Suppl, 436, Denver, May 2011.
5) Hajime Miura, Yoshinori Takahashi and Sumitaka Mori : Flow-mediated vasodilation increases during recumbent cycling, Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.43, No.5, s518, May 2011.
6) Yousuke Endoh, Hiroto Itoh, Hayata Sakai, Masami Toyoshima, Akihiro Marumo, Haruka Shibagaki and Takanori Satoh : PCR cloning and Mutagenesis Studies of Nucleoside Diphosphate Kinase From Thermophilic Geobacillus Bacteria, the 3rd Asia Pacific Protein Association Conference in conjunction with the 3rd Symposium of the Chinese Protein Society (APPA-2011)-Protein and Beyond-The Program and Abstracts, 129, Shanghai,China, May 2011.
7) R. Chitrakar, Takashi Yamamoto, Z.-M. Wang, Y. Makita, A Sonoda and T. Hirotsu : Selective Uptake of Phosphate Ions on Nanocomposites of ZrO2 and Layered Double Hydroxide, The Tenth International Conference on Chemical and Process Engineering, Florence, May 2011.
8) Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Saori Yoneda, Ikumi Tamura, Keiichiro Kagota, Norihide Nakada, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Norihisa Tatarazako : Evaluation of Whole Toxicity of the River Waters Sampled in Urbanized Area of Japan, Mainly Contaminated by Treated or Untreated Sewage, SETAC Europe 21st Annual Meeting, May 2011.
9) Ikumi Tamura, Yusuke Yasuda, Saori Yoneda, Keiichiro Kagota, Kumiko Kimura, Yutaka Kameda, Norihisa Tatarazako and Hiroshi Yamamoto : Ecological risk assessment of selected antifungal and antimucrobial agents in small urban creeks in Tokushima, Japan with unsewered drainage area, SETAC Europe 21st Annual Meeting, Milan, Italy, May 2011.
10) Kozo Mayumi : Dimensions, Logarithmic Function, Cobb-Douglas Function and Curve Fitting Practice in Economics: Maintaining Simon Kuznets' Empirical Tradition, International Scientific Symposium for Development devoted to the 110th Anniversary of Simon Kuznets, Kiev, May 2011.
11) Takanori Satoh, Takamasa Kageji, Ayaka Matsunaga, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Akihiro Marumo, Masami Toyoshima and Yousuke Endoh : Cloning and comparison of genes for dTTP synthesizing enzymes from Geobacillus bacteria, Proceedings of the 8th Intenational Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB2011), 161, Nagoya, May 2011.
12) Hajime Miura, 高橋 良徳 and 森 澄孝 : Flow-Mediated Vasodilation Increases During Recumbent Cycling, 55th American College of Sports Medicine, Denver, USA, Jun. 2011.
13) Hajime Miura : Application of NIRS to measure muscle metabolism and vessel function, Britton Chance: His life, Times, & Legacy Molecular Spectroscopy/ Imaging Workshop, Philadelphia, PA, USA, Jun. 2011.
14) Toru Hasunuma and Hiroshi Nagamochi : Improved bounds for minimum fault-tolerant gossip graphs, Proceedings of 37th International Workshop on Graph-Theoretic Concepts in Computer Science (June 21-24, 2011), Lecture Notes in Computer Science, Vol.6986, 203-214, Tepla, Czech Republic, Jun. 2011.
15) Kazuyuki Ishida : The Trade-off between the Growth and Stability of Prefectural Tax Revenue in Japan, The Seventh Annual Conference of the APEA, Korea, Jun. 2011.
16) Takeshi Uno and Kato Kosuke : An Interactive Fuzzy Satisficing Method for Multiobjective Stochastic Defensive Location Problems, Proceedings of 2011 IEEE International Conference On Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE 2011), Vol.USB memory, 879-883, Jun. 2011.
17) Tohru Naito : Mixed Ownership, Environmental Pollution, and Urban Unemployment, Western Economic Association International, Jul. 2011.
18) 葭森 健介 : 漢魏変革的歴史意義, --- 紀念唐長孺先生的百年誕辰 ---, 中国唐史学会2011年年会, 中国武漢, 2011年7月.
19) Hitoko Yamada : Two vectors to form categories: Japanese colour expressions with prefix ma, 12th International Pragmatics Conference, Manchester, Jul. 2011.
20) Atsuya Yoshida : On Practice of Lifelong Learning about ICT Literacy to Use the Virtual Pilgrimage System, Ubiquitous Sugoroku Henro, for Promoting a Daily Walk for Health in the Context of Community Traditional Culture., The 9th ePortfolio & Identity Conference (ePIC), Jul. 2011.
21) IGARASHI Motoko, OKADA Mitsuhiro, Yoshio Kashida and MIYAZAKI Ayako : Teacher's conversational devices for promoting student clinical reasoning:The case for problem-based learning, IIEMCA, Switzerland, Jul. 2011.
22) Chigusa Uchiumi, Masahiro Ishibashi, Naoki Aizawa, Kiyoshi Makita, Yugo Nakamura and Masahiro Iwakiri : NIRS-based hemodynamic changes in frontal lobe during the Rorschach inkblot method., XXInternational Congress of Rorschach and Projective Methods, Jul. 2011.
23) Shigeyuki Suzuki, Keisuke Ishida, Graciano P. Jr. Yumul, Dimalanta B. Carla and Pena Roland : Development of the Philippine Mobile Belt from Eocene to Miocene, Proceedings of AOGS 8TH ANNUAL MEETING, 34-35, Taipei (Taiwan), Aug. 2011.
24) Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Nobuhiro Matsumoto and Shoichi Nagata : NMR Study of Layered Transition Metal Ditelluride (Ir,Pt)Te2, 26th International Conference on Low Temperature Physics (LT26), LT26, Beijing, Aug. 2011.
25) Tohru Naito : Urban-rural migration, unemployment, and privatization:A synthesis of Harris-Todaro model and a mixed duopoly, Institution and Economics International Conference "Institution, Law, and Economic Development", Aug. 2011.
26) Reiko Orito and CTA-Consortium : Development of PMT Clusters for CTA-LST Camera, 32nd International Cosmic-Ray Conference, ID1091, Aug. 2011.
27) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Model-independent study of neutral Higgs sector via tt productions at muon colliders, Scalars 2011, Warsaw, Aug. 2011.
28) Ko-ichi Magishi, Hitoshi Sugawara, Takahito Saito and Kuniyuki Koyama : 31P NMR Study of of Filled Skutterudite CeOs4P12, International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2011), SCES2011, Cambridge, Aug. 2011.
29) Kazuyuki Ishida : The Local Corporate Tax Independence from the National Corporate Tax in Japan, Congress of Forum For Economists International, Netherland, Sep. 2011.
30) 葭森 健介 : 民衆運動所見唐末以前江南地域社会与文化, 江南地域文化的歴史演進国際学術研討会, 中国 南京, 2011年9月.
31) Hideyuki Nakagawa, Kozue Edo, Hitomi Sakai, Yuika Watanabe, Mitsuko Shinohara and Kiyoshi Ohura : Mining on novel lectins from some venomous fish and sea urchins, Abstract of 9th IST Asia Pacific Meeting on Animal, Plant and Microbial Toxins, 10, Vladivostok, Russia, Sep. 2011.
32) Katsusuke Nabeshima and Shinichi Tajima : On the computation for algebraic local cohomogies associated with semi-quasihomogeneous singularities, The 6th Franco-Japan Symposium on Singularities, Sep. 2011.
33) Takashi Yamamoto, Ayumi Yamashita, Akira Yukumoto and Shoji Imai : Analysis of Leachate Cu from Sediment at an Abandoned Mine Site by Handy-type Liquid Electrode Plasma Atomic Emission Spectrometer, JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Funabashi, Sep. 2011.
34) Takanori Satoh : 3rd HSUM and Tokushima University Joint Research Conference, 5, Ulaanbaatar, Mongolia, Sep. 2011.
35) Kozo Mayumi : Uranium Reserve, Nuclear Fuel Cycle Delusion, CO2 Emission from the Sea, and Electricity Supply: Reflections after the Fuel Meltdown of Fukushima Nuclear Power Units, The Bottom Line on Climate Change: Transitioning to Renewable Energy, New York, Sep. 2011.
36) Kozo Mayumi : Political and Economic Aspects of Nuclear Power Generation in Japan, The Bottom Line on Climate Change: Transitioning to Renewable Energy, New York, Sep. 2011.
37) Atsuya Yoshida, Hiroshi Miyai, Sayaka Mori, Hideo Yamanaka and Tomoko Tamaari : The Roles of University Satellites and Educational Programs for Human Resourses development in Rural Areas, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Oct. 2011.
38) Kenji Sato and Kutara Kie : THE EFFECTS OF STRUCTURED DISCLOSURE TO ENHANCE COGNITIVE RESTRUCTURING OF TRAUMAS ON HEALTH: EXAMINATIONS OF DISCLOSING IN THE PRESENT TENSE, DECENTERING, AND POSTTRAUMATIC GROWTH, 5th international conference on 'The (Non)Expression of Emotions in Health and Disease', 150, Netherlands, Oct. 2011.
39) Zenro Hioki and Kazumasa Ohkuma : Studying anomalous top-gluon interactions at hadron colliders, German-Japanese Workshop: Modern Trends in Quantum Chromodynamics, Zeuthen, Oct. 2011.
40) Murota Masami, Kawai Yuka, Oya Tomoko, Takahashi Hiroko, Fukuyori Asuna, Kato Takami, Hideo Araki and Shoichiro Fujisawa : Study on the Anticpatory Postural Adjustments in Co-ordination Training Project (CTP), Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-37, 1-4, Tokushima, Oct. 2011.
41) Tomoko Tamaari, Atsuya Yoshida, Hideo Yamanaka, Toshiaki Sawada, Sayaka Mori and Hiroshi Miyai : A Study on Elderly Person's Learning Support with Slate Devices for the Community Revitalization, 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), Tokushima, Japan, Oct. 2011.
42) Hidekazu Kakei and Atsuya Yoshida : Development of Applications and Synthetic Science, ACEE2011, PS-50, Tokushima, Oct. 2011.
43) 邵 迎建 : ``行く人''``留まる人'', --- 占領地上海の住民に関する政治 ---, 「文学と政治――二十世紀中国文学経験と理論」国際シンポジュウム, 中国紹興, 2011年10月.
44) Takamitsu Kawarasaki : /art/technology/life, International Conference of Game Design and Interactive Creation, Tainan, Oct. 2011.
45) Kozo Mayumi : The Biofuel Delusion and Granfaloons: Quo Vadis?, Peace as a Global Language 2011, Nishinomiya, Oct. 2011.
46) Kuniyuki Koyama, R. Nakashima, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Tatsuo Shima and Makoto Hagiwara : Superconductivity in Reduction-Treated Mixtures of PrBa2Cu4O8 and PrBa2Cu3O7-δ Ceramics, ISS2011, Tokyo, Oct. 2011.
47) Donald Sturge : The best way to learn English, 2011 International academicforum of cognitive linguistics and English teaching (paper presentation), Oct. 2011.
48) Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Junpei Morita, Keiichiro Kagota, Ikumi Tamura and Norihisa Tatarazako : Control and management of toxic substances in watershed area using the whole effluent/sediment toxicity approach, 14th World Lake Conference, Austin, Oct. 2011.
49) 邵 迎建 : 1 『抵抗地域及び占領地域に関する政治』 2 『新旧文学の分水嶺』に対するコメント, 「現代文学と東アジア」ワークショップ, 東京, 2011年11月.
50) Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Junpei Morita, Ikumi Tamura, Norihide Nakada, Yutaka Kameda, Kumiko Kimura and Norihisa Tatarazako : Ecotoxicity of Sediments Sampled in Urban Rivers and Streams Donimated by Domestic Sewage: Potential Contribution of PPCPs, 32nd SETAC North America Annual Meeting, Boston, Nov. 2011.
51) Keiichiro Kagota, Ikumi Tamura, Kaori Ikebata, Junpei Morita, Yusuke Yasuda, Norihide Nakada and Hiroshi Yamamoto : Combined toxic effects of surfactants and PPCPs on aquatic organisms, 32nd SETAC North America Annual Meeting, Boston, Nov. 2011.
52) Yoshimi Shingai, Aya Fujimoto, Mitsuhiro Nakamura and Toshiya Masuda : Polyphenol Oxidation,Structure and Function of the Product II.LC-MS Investigation of Lipoxygenase Inhibitory Products of Resveratrol Oxidation, International Conference of Food Factor 2011, Taipei, Nov. 2011.
53) Aya Fujimoto, Yoshimi Shingai, Mitsuhiro Nakamura, Tomomi Maekawa, Sone Yoshiaki and Toshiya Masuda : POLYPHENOL OXIDATION, STRUCTURE AND FUNCTION OF THE PRODUCT I.TYROSINASE INHIBITORY OXIDATION PRODUCTS FROM ROSMARINIC ACID, International Conference of Food Factor 2011, Taipei, Nov. 2011.
54) Liping Mi, Fuji Ren and Hideo Araki : Differences of Japanese Kanji and Kana during the Memory Processing, Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 205-208, Tokushima, Nov. 2011.
55) Naoki Naito : Coping with the State and Non-state actors, --- Lessons from Local Peace Building Practices in Kenya ---, First International Forum on Conflict Resolution and Coexistence through Reassessment and Utilization of "African Potentials", Nairobi, Dec. 2011.
56) Keisuke Ishida, Shigeyuki Suzuki, Dimalanta B. Carla and Jr. P .Yumul Graciano : Radiolarian dating of ophiolites and the overlying turbidites in the Philippine Mobile Belt, northern Luzon Island, Proceedings of GEOCON 2011 "Geology Working for a recilient Society", 20-21, Quezon City (Philippines), Dec. 2011.
57) Shigeyuki Suzuki, Keisuke Ishida, Graciano P. Jr. Yumul and Dimalanta B. Carla : Age and correlation of basement geology of Aurora, Rizal and Zambales areas, Luzon, Philippines, Proceedings of GEOCON 2011 "Geology Working for a recilient Society", 22-23, Quezon City (Philippines), Dec. 2011.
58) Koki Aoyama, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Motoshi Masuda, Shota Minato, Shigeru Obara, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyuki Tanaka, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Evaluating the atherosclerosis based on the blood flow velocity waveform of common carotid artery, Proceedings of the IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI 2012), 655-658, Shenzhen, Jan. 2012.
59) Motoshi Masuda, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Tomoki Kitawaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyuki Tanaka, Shigeru Obara, Kazuo Yoshizaki, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi : Study on blood flow velocity patterns at carotid using one-dimensional computer simulation of humman arteries, Proceedings of the IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI 2012), 651-654, Shenzhen, Jan. 2012.
60) Wolfgang Herbert : Will the Yakuza turn into a "Mafia"? The "New Deal" concerning Organized Crime in Japan, Dôshisha University/Eberhard Karls Universität Tübingen, Zentrum für Japanische Sprache in Kyôto, Jan. 2012.
61) Tohru Naito, Tatsuya Omori and Koji Kitaura : Treat the Earth: Natural environment, Fertility, and Government in an overlapping generations economy, Western Regional Science Association Annual Meeting 2012, Kauai, HI, United States, Feb. 2012.
62) Naoki Naito : Voluntary Return, Community Reconstruction and Subsistence: Locating Rural Food Security in the Context of Post-War South Sudan, Workshop on Food Security on Anthropological Perspective (I), Osaka, Feb. 2012.
63) Shin-ichi Katayama : On finite simple groups of square order, 1078th American Mathematical Society Sectional Meeting, Honolulu, Mar. 2012.
64) Shin-ichi Katayama : On finite simple groups of power order, Hawaii Conference in Algebraic Number Theory, Arithmetic Geometry, and Modular Forms, Honolulu, Mar. 2012.
65) Donald Sturge : Tokushima Em Leiria, Mar. 2012.
66) Toru Hasunuma and Ayane Haruna : A linear time algorithm for the queue-numbers of maximal outerplanar graphs, Proceedings of 28th European Workshop on Computational Geometry (March 19-21, 2012), 37-40, Assisi, Italy, Mar. 2012.
67) Tohru Naito, Tatsuya Omori and Koji Kitaura : Treat the Earth: Natural environment, Fertility, and Government in an overlapping generations economy, Southern Regional Science Association Annual Meeting 2012, Charlotte, NC, United States, Mar. 2012.
68) Hisao Hashimoto, Keisuke Ishida, Yasuyuki Tsujino, Takeshi Kozai and Tetsuji Yamasaki : Ammonite and radiolarian zonal correlation revised in the Upper Cretaceous Izumi Inter-arc basin, SW Japan, Radiolarian Newsletter: Proceedings of 13th INTERRAD "A conference on Fossil and Recent Radiolarians", No.28, 168-171, Cadiz (Spain), Mar. 2012.
69) Keisuke Ishida, Shigeyuki Suzuki, Dimalanta B. Carla and Jr. P .Yumul Graciano : Radiolarian evidence for ophiolites and cover turbidites in Philippine Mobile Belt, northern Luzon Island, Radiolarian Newsletter: Proceedings of 13th INTERRAD "A conference on Fossil and Recent Radiolarians", No.28, 224-226, Cadiz (Spain), Mar. 2012.

2011年度(平成23年度) / 国内講演発表

1) 松田 春菜, 浜野 龍夫, 長澤 和也 : トクナガヤドリニナの成長および繁殖様式, 日本貝類学会平成23年度大会, 2011年4月.
2) Wolfgang Herbert : Die Yakuza im Wandel:, --- neue Entwicklungen in Japans Unterwelt. ---, OAG - Deutsche Gesellschaft fuer Natur- und Voelkerkunde Ostasiens. Zweigstelle Kobe, Apr. 2011.
3) 矢田 光一, 的場 秀樹 : ビタミンC投与がラット骨格筋の持久性トレーニング効果に及ぼす影響, --- 第66回日本体力医学会中国・四国地方会 ---, 体力科学, Vol.60, No.1, 173, 2011年4月.
4) 藤本 彩, 増田 俊哉 : 反応生成物解析によるロスマリン酸の抗酸化反応機構の解明, 日本農芸化学会中四国支部第30回講演会, 2011年5月.
5) 江戸 梢, 橋本 多美子, 酒井 仁美, 中川 秀幸 : ラッパウニの大型叉棘に由来するレクチンの生物活性と多様性について, (社)日本家政学会第63回大会研究発表要旨集, 141, 2011年5月.
6) Minoru Watanabe and Takeshi Nishiyama : Involvement of the Nk3 class homeobox gene in the regulation of mesoderm gene expression during eraly Xenopus development, 第44回日本発生生物学会年会, May 2011.
7) 内藤 徹 : Environmental Pollution, Urban Unemployment and Privatization, 日本経済学会, 2011年5月.
8) 堤 和博 : 『蜻蛉日記』上巻前半の和歌, --- 桃の節供の翌朝の場合 ---, 和歌文学会5月例会 (於・鶴見大学), 2011年5月.
9) 丸茂 晃裕, 松永 亜也佳, 影治 孝政, 江原 和也, 栗原 健, 松本 千奈美, 豊嶋 政美, 遠藤 陽介, 佐藤 高則 : 中等度好熱性細菌Thymidine kinase遺伝子のPCRクローニングと遺伝子解析, 日本分子生物学会第11 回春季シンポジウム「分子生物学の明日 – 金沢シンフォニー」要旨集, 75, 2011年5月.
10) 槇 幸実, 三浦 哉, 小川 剛司 : 低酸素環境下での持久的運動時の活動筋酸素化レベルの特性, 第67回日本体力医学会中国・四国地方回大会, 2011年5月.
11) 樋口 直人 : 今こそ外国人参政権論を立て直す, --- 東アジアで考える ---, シンポジウム「韓国で実現して5年 いま,外国人地方参政権を考える」, 2011年6月.
12) 吉岡 宏祐 : 現代アメリカ合衆国におけるアファーマティブ・アクション論争分析―経済界と高等教育機関による「多様性」の「相互構築」を中心に―, アメリカ学会・第45回年次大会, 2011年6月.
13) 齊藤 隆仁 : 共創型学習における地域社会人ボランティアの参画, 大学教育学会第33回大会 発表要旨集録, 158-159, 2011年6月.
14) 山本 裕史 : 徳島県内事業所排水を対象としたWET試験∼学術研究者の視点から, 第54回日本環境化学会講演会, 2011年6月.
15) Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ayaka Matsunaga, Yousuke Endoh, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Geobacillus Thymidylate synthase genes, The 11th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 133, Jun. 2011.
16) Yousuke Endoh, Ayaka Matsunaga, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Geobacillus Nucleoside diphosphat e kinase genes, The 11th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 133, Jun. 2011.
17) Ayaka Matsunaga, Yousuke Endoh, Takamasa Kageji, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Masahiro Sakata, Jun Kurochi, Masami Toyoshima and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Geobacillus Peroxiredoxin genes, The 11th Annual Meeting of The Protein Science Society of Japan,Abstracts, 134, Jun. 2011.
18) 宇野 剛史 : 防御配置問題に対するソフトコンピューティング手法の応用, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「不確実性環境下での意思決定科学」第2回研究会, 2011年6月.
19) 平井 松午, 鳴海 邦匡, 塚本 章宏 : 鳥取城下町の歴史GIS分析-鳥取御城下全図・市街実測図をもとに-, 人文地理学会・第273回例会(特別例会)(とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)), 2011年6月.
20) 内藤 徹, 大森 達也, 北浦 嗣司 : 世代重複モデルにおける環境政策と出生率, 日本応用経済学会, 2011年6月.
21) Kazuhiko Aiba : Asian Perspectives on Humanitarian Intervention in the 21 Century, The Doshisya International Conference on Humanitarian Intervention (Doshisya University Graduate School of Global Studies), Jun. 2011.
22) 清水 勇吉, 石田 和之, 岡 重徳 : 患者の歯科医院に対するフリー・コメントのテキストマイニングによる分析(ポスター), 第52回日本歯科医療管理学会総会・学術大会(神奈川県歯科医師会館), 2011年7月.
23) 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : ICPMSを用いる放射性物質吸着材の性能評価,および放射性物質が付着したお茶の簡易浄化方法の検討, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
24) 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 中山 信太郎 : 福島原子力災害の現状と徳島大学の支援活動,今後求められる事, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
25) 中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 阪間 稔 : 福島県内の汚染状況解析と産学官への今後の提言, 第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
26) 髙橋 晋一 : 世界の巡礼と四国遍路, --- なぜ,人は巡るのか? ---, つるぎ町文化協会講演会, 2011年7月.
27) 行實 鉄平 : メディカルフィットネス施設におけるヒューマンサービス組織特性, 日本スポーツ産業学会第20回大会号, 39-40, 2011年7月.
28) 行本 みなみ, 田村 生弥, 池幡 佳織, 駕田 啓一郎, 大比賀 裕希, 山田 登志夫, 葛西 博文, 田中 基博, 山本 裕史 : 短期慢性毒性試験を用いた多孔質担体による道路流出水中の微量汚染化学物質浄化能の評価, 第20回環境化学討論会, 2011年7月.
29) 木村 久美子, 亀田 豊, 山本 裕史, 益永 茂樹 : 化粧品に使用される防腐剤及び紫外線吸収剤の河川中における存在実態調査, 第20回環境化学討論会, 2011年7月.
30) 樫田 美雄 : なぜアウトカム基盤型で考えるのか-社会変容と医学教育-, 医学教育学会パネルディスカッション, 2011年7月.
31) 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : 徳島における福島第一原子力発電所事故で放出された放射性核種の観測, 第243回徳島医学会, 2011年7月.
32) 中島 遼, 小山 晋之, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮, 島 龍夫 : PrBa2Cu4O8と PrBa2Cu4O7-δの混合セラミックスにおけるキャリア制御と超伝導, 日本物理学会中国支部·四国支部 応用物理学会中国四国支部例会 2011年度支部学術講演会講演予稿集, 112, 2011年7月.
33) 西山 賢一 : 徳島で考える地震津波と防災∼東日本大震災からの新たな教訓:趣旨説明, 日本第四紀学会普及講演会資料(日本第四紀学会徳島大会), 2011年8月.
34) 平井 松午 : 棚田の景観を歴史地理的に考える-近世実測図とGISを活用した文化的景観調査-, 2011年度棚田学会シンポジウム(東京・三越劇場), 2011年8月.
35) 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 : 一過性レジスタンス運動時の呼吸法の違いが中心動脈スティフネスに及ぼす影響, 第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
36) 三浦 哉 : エビデンスに基づいた地域住民の健康づくり, --- 中高齢者の動脈機能の維持・改善のための運動プログラム ---, 第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
37) 豊田 哲也, 川田 大樹 : 郊外地域における都市的土地利用の拡大と都市計画制度, 徳島地理学会, 2011年8月.
38) 孫 立民, 掛井 秀一 : スマートフォンアプリによる空間デザインの可能性の検証, --- 場に情報を持たせることによる空間デザインの可能性 その2 ---, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol.A, No.2, 493-494, 2011年8月.
39) 的場 秀樹 : 大会会長講演「身体トレーニング効果の発現メカニズムを探る」, 第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
40) 北岡 和義, 三浦 哉, 吉﨑 和男 : 起立動作に先行する頸動脈血流速度の変動, 第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
41) 浜野 龍夫 : 徳島県沿岸に里海を実現する技術開発, 瀬戸内海研究フォーラム in 徳島 第3セッション「浅場・海浜管理における生態系プロセスの創出と機能性向上」, 2011年8月.
42) 高橋 啓子, 金丸 芳, 後藤 月江, 遠藤 千鶴, 有内 尚子, 長尾 久美子, 松下 純子, 武田 珠美 : 徳島県の行事食の現状についてー正月料理・通過儀礼ー, 日本調理科学会平成23年度大会, 2011年8月.
43) 松下 純子, 武田 珠美, 後藤 月江, 遠藤 千鶴, 高橋 啓子, 有内 尚子, 長尾 久美子, 金丸 芳 : 徳島県における行事食の現状について(2) 人日から大みそかおよび春祭り・秋祭り(正月を除く), 日本調理科学会平成23年度大会, 2011年8月.
44) 中村 光裕 : ホタル発光系を利用したL-ルシフェリンからホタルD-ルシフェリンの生成, 第27回若手化学者のための化学道場(高知2011), 2011年9月.
45) 安田 侑右, 田村 生弥, 駕田 啓一郎, 米多 佐織, 森田 隼平, 中田 典秀, 木村 久美子, 亀田 豊, 鑪迫 典久, 山本 裕史 : Ceriodaphnia dubiaを用いた都市河川に対する短期慢性毒性試験と窒素・りん等栄養塩の及ぼす影響評価, 第17回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 2011年9月.
46) 中村 有吾, 牧田 潔, 相澤 直樹, 内海 千種, 岩切 昌宏, 石橋 正浩 : NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化-反応数に着目して-, 第30回心理臨床学会秋季大会, 2011年9月.
47) 山岡 理恵, 山本 孝, 湯浅 賢俊, 河合 潤, 今井 昭二 : 化学反応への応用を目指した焦電結晶を用いた密封系小型高電場発生ユニットの製作, 触媒学会第5回触媒道場, 2011年9月.
48) 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 : 徳島福島原子力災害によって放出された放射性核種(ストロンチウム,ヨウ素,セシウム,ウラン)に対するシクロデキストリンポリマーの吸着特性, 第28回シクロデキストリンシンポジウム, 2011年9月.
49) 山本 孝, 行本 晃, 山下 歩美, 今井 昭二 : 実験室系X線吸収分光装置を用いた銅廃鉱山排水中堆積物の分析, 第14回XAFS討論会, 2011年9月.
50) 才田 隆広, 石黒 志, 宇留賀 朋哉, 鈴木 基寛, 河村 直己, 水牧 仁一郎, 関澤 央輝, 永松 伸一, Samjeske Gabor, 山本 孝, 岩澤 康裕, 横山 利彦, 唯 美津木 : In-situ空間分解顕微XAFS法を用いた燃料電池実働条件下における白金触媒粒子の観察, 第14回XAFS討論会, 2011年9月.
51) 山本 裕史, 安田 侑右, 駕田 啓一郎, 田村 生弥, 鑪迫 典久 : WET手法を用いた排水・環境水の評価および管理の可能性, 第66回土木学会全国大会, 2011年9月.
52) 髙橋 晋一 : 全国の民俗舞踊と阿波踊り, 第29回郷土文化講座「阿波踊りの歴史と魅力」, 2011年9月.
53) 石田 啓祐, 鈴木 茂之, 山下 真司 : 四国東端蕨石海岸の秩父南帯白亜紀前期付加コンプレックスと前弧海盆堆積物, 日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.118, 93, 2011年9月.
54) 石黒 志, 才田 隆広, 宇留賀 朋哉, 永松 伸一, 関澤 央輝, 新田 清文, 山本 孝, 岩澤 康裕, 大越 慎一, 横山 利彦, 唯 美津木 : In-situ時間分解XAFS法を用いたPt/CおよびPtCo/C燃料電池カソード触媒の触媒構造反応機構解析, 第14回XAFS討論会, 2011年9月.
55) 豊田 哲也 : 都道府県別に見た世帯所得の分布と平均寿命の変化, 日本地理学会発表要旨集, No.80, 2011年9月.
56) 鍋島 克輔, 田島 慎一 : Semi-quasihomogeneous isolated sungularityに付随する代数的局所コホモロジーについて, 第20回日本数式処理学会大会, 神戸大学, 2011年9月.
57) 山本 裕史, 田村 生弥, 平田 佳子, 駕田 啓一郎, 安田 侑右, 中田 典秀, 木村 久美子, 亀田 豊, 鑪迫 典久 : 生活関連化学物質の従来型生態リスク評価における課題と展望, 第14回日本水環境学会シンポジウム, 2011年9月.
58) 宇野 剛史, 加藤 浩介 : 防御対象が複数の場合における確率防御配置問題に対する対話型意思決定, 第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, 1354-1359, 2011年9月.
59) 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : 需要量のあいまい性及び不確実性を考慮した競合施設配置問題, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2011年秋季研究発表会, 328-329, 2011年9月.
60) 三浦 哉 : 酸素の消費・供給に関連するevidenceからのヘルスプロモーション, 第25回呼吸研究会, 2011年9月.
61) 槇 幸実, 三浦 哉 : 一過性の上肢クランク運動が動脈スティフネスに及ぼす影響, 第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
62) 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 : 一過性の短時間インターバル形式の運動が動脈機能に及ぼす影響, 第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
63) 相澤 直樹, 内海 千種, 中村 有吾, 牧田 潔, 岩切 昌宏, 石橋 正浩 : NIRSによるロールシャッハ課題遂行時の前頭葉血流変化-半球機能の非対称性に関する分析-, 第75回日本心理学会, 2011年9月.
64) 牧田 潔, 中村 有吾, 内海 千種, 相澤 直樹, 岩切 昌宏, 石橋 正浩 : ロールシャッハ課題による前頭葉血流変化と主観的抑うつ感・不安感との関連性, 第75回日本心理学会, 2011年9月.
65) 髙橋 晋一 : 宗教景観から見た上勝町棚田地区の生活文化, 上勝町の棚田における価値,保全と活用(上勝学講座 第7回), 2011年9月.
66) 樋口 直人 : 批判的移民理論のために, --- (1)前国家的共生論の試み ---, 日本社会学会, 2011年9月.
67) 成 元哲, 樋口 直人 : 政権交代と社会的イシューのポリティクス, --- (1)全体の問題関心と水俣病問題 ---, 日本社会学会, 2011年9月.
68) 三浦 哉 : 体力医学分野での近赤外分光装置の応用, --- NIRSの臨床応用 ---, 第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
69) 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 : 変形性膝関節症患者の歩行時の下腿部の酸素動態, 第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
70) 三浦 哉 : 一過性運動時の血管拡張反応, 第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
71) 濱田 治良 : 輝度極性が複合図形の良さに及ぼす効果, 日本心理学会第75回大会発表論文集, 565, 2011年9月.
72) 小口 美佳, 島谷 まき子, 佐藤 健二 : 青年期における開示対象者との関係性が自己開示に及ぼす影響, 日本心理学会第75回大会, 207, 2011年9月.
73) 斎藤 隆之, 折戸 玲子, 櫛田 淳子, 齋藤 浩二, 高見 一, 手嶋 政廣, 林田 将明, 宮本 寛子, 他MAGIC Collaboration : MAGIC報告XXVI: かにパルサーからの高エネルギーガンマ線放射2, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
74) 高見 一, 折戸 玲子, 櫛田 淳子, 齋藤 浩二, 齋藤 隆之, 手嶋 政廣, 林田 将明, 宮本 寛子, 他MAGIC Collaboration : MAGIC報告XXIV: MAGIC望遠鏡によるGeV-TeVブレーザーの観測, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
75) 粟根 悠介, 青野 正裕, 折戸 玲子, 他CTA-Japan consortium,オープンソースコンソーシアム : CTA計画に向けたアナログメモリによるPMT波形のGHzサンプリング回路の開発II, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
76) 齋藤 浩二, 折戸 玲子, 櫛田 淳子, 齋藤 隆之, 高見 一, 手嶋 政廣, 林田 将明, 宮本 寛子, 他MAGIC Collaboration : MAGIC報告XXV: MAGIC-I望遠鏡アップグレード, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
77) 大熊 一正, 日置 善郎 : ハドロンコライダーにおける非標準トップクォーク相互作用の観測可能性, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
78) 折戸 玲子, CTA-Japan Consortium : CTA報告24:CTA大口径望遠鏡焦点面検出器の開発, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
79) 手嶋 政廣, 折戸 玲子, CTA-Japan Consortium(約75名) : CTA報告18:全体報告, 日本物理学会秋季大会, 2011年9月.
80) Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Jun Kurochi, Masahiro Sakata, Yousuke Endoh and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Uridine kinase gene from Geobacillus genus bacteria, The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Sep. 2011.
81) Jun Kurochi, Masahiro Sakata, Masami Toyoshima, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Yousuke Endoh and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Uridylate kinase gene from Geobacillus genus bacteria, The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Sep. 2011.
82) Masahiro Sakata, Jun Kurochi, Masami Toyoshima, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Yousuke Endoh and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of Cytidylate kinase gene from Geobacillus genus bacteria, The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Sep. 2011.
83) Yousuke Endoh, Masahiro Sakata, Masami Toyoshima, Kazuya Ebara, Ken Kurihara, Chinami Matsumoto, Jun Kurochi and Takanori Satoh : PCR cloning and genetic analysis of nucleoside diphosphate kinase gene from Geobacillus genus bacteria(2), The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Sep. 2011.
84) 中島 遼, 小山 晋之, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮, 島 龍夫 : PrBa2Cu4 O8 とPrBa2Cu3 O7-δの混合セラミックスにおけるキャリア制御と超伝導Ⅰ, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 515, 2011年9月.
85) 加藤 康大, 吉田 英志, 芦田 拓弥, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミックスのカイラルグラス転移における臨界指数, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 519, 2011年9月.
86) 芦田 拓弥, 首藤 充弘, 加藤 康大, 出口 博之, 美藤 正樹, 高木 精志, 萩原 亮, 小山 晋之 : YBCO超伝導セラミックスのカイラルグラス相における磁気メモリおよびエイジング効果Ⅱ, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 519, 2011年9月.
87) 萩原 亮, 藤井 暁大, 島 龍夫, 出口 博之, 小山 晋之 : フラストレート系Y124超伝導セラミックスのグレイン間秩序化にともなう電気抵抗消失過程の特異な振る舞い, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 520-519, 2011年9月.
88) 下村 直行, 寺西 研二, 原田 勝敏, 浜野 龍夫 : 水産資源増殖機能を持つLED水中灯を使った小型ブイの開発, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 88, 2011年9月.
89) 湊 翔太, 芥川 正武, 乾 繁, 豊栖 康司, 小原 繁, 吉﨑 和男, 田中 弘之, 北岡 和義, Zhong Wang, 小中 信典, 榎本 崇宏, 木内 陽介 : 高精度体表面心電図と血流速度波形の同期測定, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 230, 2011年9月.
90) 青山 弘毅, 増田 基司, 湊 翔太, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 : 頸動脈血流速度波形を用いた動脈硬化の評価, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 231, 2011年9月.
91) 増田 基司, 芥川 正武, 小原 繁, 田中 弘之, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介 : 一次元数値流体シミュレーションを用いた 総頸動脈血流速度波形の再現, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2011年9月.
92) 真岸 孝一, 高橋 将央, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 菅原 仁, 斉藤 隆志, 龍岡 翔, 田中 謙弥, 佐藤 英行 : 高圧合成 ((La,Ce)Fe4 Sb12 のSb-NQR, 日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 596, 2011年9月.
93) 樫田 美雄 : インタビューの仕方とまとめ方の初歩(半構造化面接の場合), 質的心理学研究法セミナー, 2011年9月.
94) 佐藤 征弥 : DNAからみたイチョウの日本への伝来・伝承, 第3回日本北方圏域文化研究会総会, 2011年9月.
95) 平井 松午 : 徳島藩作成による実測分間絵図のGIS分析, 2011年度 日本地理学会秋季学術大会シンポジウム11 近世期の測量絵図と歴史GIS」(大分大学), 2011年9月.
96) 大沼 正樹 : 強比較原理が成立する非線形楕円型方程式のクラスについて, 第9回前橋セミナー, 2011年9月.
97) 行實 鉄平 : 地域におけるアダプテッド・スポーツ環境の構築‐大学・行政・市民団体による連携事業の事例分析‐, 日本体育学会第62回大会予稿集, 167, 2011年9月.
98) 藤永 真大, 石﨑 友梨, 清水 美里, 広田 恵介, 佐藤 征弥 : イチゴ萎黄病に対する低濃度エタノール土壌消毒の効果の検証, --- PCRによる苗及び土壌中の菌量の分析 ---, 平成23年度秋季大会, 2011年9月.
99) 新開 愛美, 藤本 彩, 小山 保夫, 中村 光裕, 前川 智美, 曽根 良昭, 増田 俊哉 : ゴマ抗酸化フェノール・セサモール酸化物の構造と細胞毒性, 第53回天然有機化合物討論会講演要旨集, 277-282, 2011年9月.
100) 宮崎 厚子, 加藤 美玲, 若松 清江, 福森 崇貴, 伊賀 淳一, 大森 哲郎 : 徳島大学病院がん心理相談活動の現状と課題, 日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, Vol.24, No.1, 124, 2011年9月.
101) 矢田 光一, 新居 アユ子, 的場 秀樹 : ビタミンC投与と持久性トレーニングがラットの血中ビタミンC濃度に及ぼす影響, --- 第66回日本体力医学会(山口) ---, 体力科学, Vol.60, No.6, 693, 2011年9月.
102) 鍋島 克輔, 田島 慎一 : 半擬斉次孤立特異点に付随する代数的局所コホモロジーについて, 2011年度日本数学会秋季総合分科会(函数論),信州大学, 2011年10月.
103) 槇 幸実, 三浦 哉, 小川 剛司 : 低酸素環境下での持久的運動時の活動筋酸素化レベルの特性, 体力科学, Vol.60, No.5, 541, 2011年10月.
104) 西山 賢一, 宮本 和季, 長谷川 修一 : 香川県に分布する豊島石製石造物・採掘跡の風化程度の評価, 日本応用地質学会中国四国支部平成23年度研究発表会発表論文集, 45-48, 2011年10月.
105) 石田 和之, 岡 重徳 : 徳島県における患者の受療行動と歯科医療に対する認知・関心(ポスター), 第22回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2011年10月.
106) 江戸 梢, 橋本 多美子, 酒井 仁美, 中川 秀幸 : 徳島産ラッパウニの叉棘に由来するレクチンのサイトカイン産生と遊走活性, 第58会(社)日本家政学会中国・四国支部研究発表会 研究発表要旨集, 12, 2011年10月.
107) 上野 加代子 : 「日本の児童虐待問題の変遷」テーマセッション「親密性を問う - 虐待論の現在」第27回日本社会病理学会大会, 大正大学, 2011年10月.
108) 髙橋 晋一 : 四国遍路のこころ, 平成23年度三好市民大学講座, 2011年10月.
109) 西山 剛司, 麻植 汐那, 水本 菜摘, 山根 真由香, 渡部 稔 : KN3クラスホメオボックス遺伝子のアフリカツメガエル初期発生における機能解析, 第5回日本ツメガエル研究集会要旨集, 20, 2011年10月.
110) 山口 裕之 : 言語学についての哲学的考察序説, 日本フランス語フランス文学会, 2011年10月.
111) 衣川 仁 : 民衆世界と中世仏教, 日本史研究会10月例会, 2011年10月.
112) 山本 孝 : 固体酸触媒のX線吸収分光法による構造解析, 触媒学会第21回キャラクタリゼーション講習会, 2011年10月.
113) 髙橋 晋一 : 上勝町棚田地区の神々, 4地区合同棚田ガイド勉強会, 2011年10月.
114) 田口 太郎 : 市民による主体的な復興ビジョンの策定と近隣専門家の役割, 2011年度経済地理学会徳島地域大会「地域への関わりの新たな戦略と課題」, 2-1-2-6, 2011年10月.
115) 山本 裕史 : 生物応答を用いた新たな排水管理-WET手法-, 第50回機能紙研究会, 2011年10月.
116) 山本 孝 : 遷移金属XANESスペクトルのプリエッジピークに関する研究, 第47回 X線分析討論会, 2011年10月.