Excel(xlsx) for Microsoft Excel, CSV(UTF-8) for Apple Numbers, CSV for Microsoft Excel, RTF for Microsoft Word
期間: 2013.42014.3

2013年度(平成25年度)

article.{@.date="20130400 20140399" @.organization=\E{261372}}

2013年度(平成25年度) / 著書

1) 2,013 著書 白山 靖彦 : ケアマネしあわせ便利帳2013年度版, 日総研, 2013年4月.
2) 2,013 著書 白山 靖彦 : 介護支援専門員速習テキスト第17版, 日総研, 名古屋, 2013年4月.
3) 2,013 著書 安井 武史 : 第5章 第2節 皮膚(真皮)のコラーゲン量を測定したい, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2013年5月.
4) 2,013 著書 白山 靖彦 : 社会福祉士・精神保健福祉士国試対策白山靖彦教授の熱血授業, 日総研出版, 名古屋, 2013年8月.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (審査論文)

1) 2,013 学術論文 (審査論文) Youichi Sato, Timothy Jinam, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi, Issei Imoto, Ituro Inoue and Atsushi Tajima : Replication study and meta-analysis of human nonobstructive azoospermia in Japanese populations, Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 87, 2013.
2) 2,013 学術論文 (審査論文) Ryosuke Tanaka, Shuichiro Fukushima, Kunihiko Sasaki, Yuji Tanaka, Hiroyuki Murota, Takeshi Matsumoto, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : In vivo visualization of dermal collagen fiber in skin burn by collagen-sensitive second-harmonic-generation microscopy, Journal of Biomedical Optics, Vol.18, No.6, 061231, 2013.
3) 2,013 学術論文 (審査論文) Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Y chromosome haplogroup D2* lineage is associated with azoospermia in Japanese males, Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 107, 2013.
4) 2,013 学術論文 (審査論文) 白山 靖彦, 尾崎 和美, 中野 雅德, 薮内 さつき, 中江 弘美, 那賀川 明美, 伊賀 弘起 : クラウドコンピューティングを活用した口腔保健業務支援システムの有用性に関する検討, 総合リハビリテーション, Vol.41, No.6, 569-572, 2013年.
5) 2,013 学術論文 (審査論文) Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Plasma total homocysteine is associated with DNA methylation in patients with schizophrenia., Epigenetics, Vol.8, No.6, 584-590, 2013.
6) 2,013 学術論文 (審査論文) Tetsuo Iwata, Shuji Yoshioka, Shota Nakamura, Yasuhiro Mizutani and Takeshi Yasui : Prediction of the Thickness of a Thin Paint Film by Applying a Modified Partial-Least-Squares-1 Method to Data Obtained in Terahertz Reflectometry, Journal of Infrared, Millimeter and Terahertz Waves, Vol.34, No.10, 646-659, 2013.
7) 2,013 学術論文 (審査論文) Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi : A Meta-Analysis of PTGS1 and PTGS2 Polymorphisms and NSAID Intake on the Risk of Developing Cancer, PLoS ONE, Vol.8, No.8, e71126, 2013.
8) 2,013 学術論文 (審査論文) Kiyoshi Masuda, Yuki Kuwano, Kensei Nishida, Kazuhito Rokutan and Issei Imoto : NF90 in Posttranscriptional Gene Regulation and MicroRNA Biogenesis., International Journal of Molecular Sciences, Vol.14, No.8, 17111-17121, 2013.
9) 2,013 学術論文 (審査論文) Yoshihiro Suyama, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada : Rigenolide A, a new secoiridoid glucoside with a cyclobutane skeleton, and three new acylated secoiridoid glucosides from Gentiana rigescens Franch., Fitoterapia, Vol.91, 166-172, 2013.
10) 2,013 学術論文 (審査論文) Ayuko Sakane, Ahmed Mahmoud Alamir Abdallah, Kiyoshi Nakano, Kazufumi Honda, Toshio Kitamura, Issei Imoto, Natsuki Matsushita and Takuya Sasaki : Junctional Rab13-binding protein (JRAB) regulates cell spreading via filamins., Genes to Cells, Vol.18, No.9, 810-822, 2013.
11) 2,013 学術論文 (審査論文) Yoshiki Kashiwada, Yuka Omichi, Shin-ichiro Kurimoto, Hirofumi Shibata, Yoshiyuki Miyake, Tsukasa Kirimoto and Yoshihisa Takaishi : Conjugates of a secoiridoid glucoside with a phenolic glucoside from the flower buds of Lonicera japonica Thunb., Phytochemistry, Vol.96, 423-429, 2013.
12) 2,013 学術論文 (審査論文) Shin-ichiro Kurimoto, Yoshihisa Takaishi, Fakhruddin Ali Ahmed and Yoshiki Kashiwada : Triterpenoids from the fruits of Azadirachta indica (Meliaceae)., Fitoterapia, Vol.92, 200-205, 2014.
13) 2,013 学術論文 (審査論文) Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Kiyoshi Masuda, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Novel PAX9 Mutations Cause Non-syndromic Tooth Agenesis., Journal of Dental Research, Vol.93, No.3, 245-249, 2014.
14) 2,013 学術論文 (審査論文) Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiyuki Sakaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Francis Hindle, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Spectrally interleaved, comb-mode-resolved spectroscopy using swept dual terahertz combs, Scientific Reports, Vol.4, 3816, 2014.
15) 2,013 学術論文 (審査論文) Masaya Uno, Yasunori Saitoh, Kanako Mochida, Eri Tsuruyama, Tohru Kiyono, Issei Imoto, Johji Inazawa, Yasuhito Yuasa, Toshiro Kubota and Shoji Yamaoka : NF-κB inducing kinase, a central signaling component of the non-canonical pathway of NF-κB, contributes to ovarian cancer progression., PLoS ONE, Vol.9, No.2, e88347, 2014.
16) 2,013 学術論文 (審査論文) Yuji Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima, Yuki Ogura, Toyonobu Yamashita, Tetsuji Hirao, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Motion-artifact-robust, polarization-resolved second-harmonic-generation microscopy based on rapid polarization switching with electro-optic Pockells cell and its application to in vivo visualization of collagen fiber orientation in human facial skin, Biomedical Optics Express, Vol.5, No.4, 1099-1113, 2014.
17) 2,013 学術論文 (審査論文) F Hosoda, Y Arai, N Okada, H Shimizu Hiroko, M Miyamoto, N Kitagawa, H Katai, H Taniguchi, K Yanagihara, Issei Imoto, J Inazawa, M Ohki and T Shibata : Integrated genomic and functional analyses reveal glyoxalase I as a novel metabolic oncogene in human gastric cancer., Oncogene, Vol.34, No.9, 1196-1206, 2014.

2013年度(平成25年度) / 学術論文 (紀要その他)

1) 2,013 学術論文 (紀要その他) 村田 明広, 前川 寛和 : 四国西部秩父帯,鳥形山-大野ヶ原石灰岩体と新期伊野変成コンプレックスの地質構造, 徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.27, No.4, 91-100, 2013年.
2) 2,013 学術論文 (紀要その他) 西山 賢一, 中野 晋, 武藤 裕則, 村田 明広, 田村 隆雄 : 平成26年台風12号豪雨による阿南市加茂谷の洪水災害, 阿波学会紀要, No.60, 199-200, 2014年.

2013年度(平成25年度) / 学術レター

(なし)

2013年度(平成25年度) / 総説・解説

1) 2,013 総説・解説 安井 武史, 美濃島 薫 : フェムト秒増幅光カーゲートによる超高速イメージング, 光アライアンス, Vol.24, No.4, 30-35, 2013年4月.
2) 2,013 総説・解説 橋本 守, 福島 修一郎, 荒木 勉, 安井 武史 : SHG顕微断層偏光イメージング, 光アライアンス, Vol.24, No.4, 21-29, 2013年4月.
3) 2,013 総説・解説 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 : 新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, ケミカルバイオロジー, Vol.6, 6-9, 2013年6月.
4) 2,013 総説・解説 安井 武史 : 光源としての光コム(1)~テラヘルツ領域~, 分光研究, Vol.62, No.3, 141-150, 2013年6月.
5) 2,013 総説・解説 安井 武史, 荒木 勉 : 偏光分解SHG顕微鏡による真皮コラーゲン配向のイメージング, レーザー研究, Vol.41, No.8, 601-605, 2013年8月.
6) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み① -女性研究者の現状と必要とされる支援とは?, 文部科学教育通信, Vol.322, No.8/26, 16-17, 2013年8月.
7) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み② -支援するための環境を整える, 文部科学教育通信, Vol.323, No.9/9, 16-17, 2013年9月.
8) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み③ -支援推進の原動力は全学的な意識改革, 文部科学教育通信, Vol.324, No.9/23, 16-17, 2013年9月.
9) 2,013 総説・解説 安井 武史 : ギャップレスTHzコム分光法, OplusE, Vol.35, No.10, 1137-1142, 2013年10月.
10) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み④ -女性研究者のモチベーション向上のために-, 文部科学教育通信, Vol.325, No.10/14, 16-17, 2013年10月.
11) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 徳島大学における女性研究者支援の取り組み⑤ -AWA(OUR)サポートシステム事業の成果-, 文部科学教育通信, Vol.326, No.10/28, 16-17, 2013年10月.
12) 2,013 総説・解説 村田 明広 : 活断層を見に行こう2 徳島県,中央構造線活断層帯の池田断層の地形観察, 季刊 理科の探求, 53-55, 2013年12月.
13) 2,013 総説・解説 山内 あい子 : 30歳代を中心とする女性研究者のエンパワーメント, 共同参画, No.64, 5-6, 2014年1月.
14) 2,013 総説・解説 安井 武史 : SHG(第二高調波発生光)顕微鏡, 光アライアンス, Vol.25, No.3, 46-50, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 国際会議

1) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui, Makoto Fujio, Shuko Yokoyama and Tsutomu Araki : Distance measurement of optically roughobject based on phase slope of tunable CW-THz wave, International Workshop on Terahertz Science and Technology (OTST2013), Kyoto, Apr. 2013.
2) 2,013 国際会議 Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiuyki Sakaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Tsutomu Araki, Francis Hindle and Takeshi Yasui : Gapless terahertz frequency comb spectroscopy of molecular gas, The 2nd Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS'13), Yokohama (Japan), Apr. 2013.
3) 2,013 国際会議 Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Seasonal variation on the reproductive characteristics and sperm concentration of Japanese males, 7th Copenhagen Workshop on Endocrine Disrupters, Copenhagen, May 2013.
4) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui, Yuki Iyonaga, Yi-Da Hsieh, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima, Shuko Yokoyama, Tsutomu Araki and Mamoru Hashimoto : Frequency-swept asynchronous-optical-sampling terahertz time-domain spectroscopy, CLEO: Science & Innovations 2013, San Jose (USA), Jun. 2013.
5) 2,013 国際会議 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein, 23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
6) 2,013 国際会議 Shusuke Numata, Kumiko Kikuchi, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Masahito Tomotake, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Plasma homocysteine and schizophrenia: A gender-specific meta-analysis., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
7) 2,013 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Genome-wide association study of plasma homocysteine and DNA methylation in patients with schizophrenia., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
8) 2,013 国際会議 Shusuke Numata, Makoto Kinoshita, Atsushi Tajima, Shinji Shimodera, Junichi Iga, Shinya Watanabe, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Genome-wide methylation status of human leukocytes in mood disorders., 11th world congress of biological psychiatry, Kyoto, Jun. 2013.
9) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui, Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Yoshiyuki Sajaguchi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Tsutomu Araki : Gapless THz comb spectroscopy, Fourier Transform Spectroscopy 2013 (Imaging and Applied Optics Congress), Arlington (USA), Jun. 2013.
10) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui, Yi-Da Hsieh, Yoshiyuki Sakaguchi, Francis Hindle, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Tsutomu Araki : Gapless THz comb spectroscopy, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Osaka, Jul. 2013.
11) 2,013 国際会議 Yuji Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima, Takeshi Yasui and Tsutomu Araki : Fast Polarization-resolved SHG Microscopy for in vivo Imaging of Collagen Orientation, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Kyoto, Jul. 2013.
12) 2,013 国際会議 Kenta Hayashi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Precise Frequency Measurement of Continuous-Wave Terahertz Radiation Based on THz Comb, Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2013 (CLEO/Pacific Rim 2013), Kyoto, Jul. 2013.
13) 2,013 国際会議 Emanuel Abraham, Mukesh Jewariya, Tetsuo Iwata, Tsutomu Araki and Takeshi Yasui : Fast 3D computed tomography using intense terahertz pulses, 38th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
14) 2,013 国際会議 Yi-Da Hsieh, Yuki Iyonaga, Takeshi Yasui, Keiko Kitagishi and Tsutomu Araki : All-fiber-based, asynchronous-optical-sampling THz time-domain spectroscopy using dual mode-locked fiber lasers and fiber-coupled photoconductive antenna, 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
15) 2,013 国際会議 Kenta Hayashi, Shuko Yokoyama, Hajime Inaba, Kaoru Minoshima and Takeshi Yasui : Precise frequency measurement of continuous-wave terahertz radiation based on THz comb, 38th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves(IRMMW-THz2013), Mainz, Germany, Sep. 2013.
16) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui and Emanuel Abraham : (invited talk) Fast THz computed tomography, 21st International Conference on Applied Electromagnetics and Communications (ICECom2013), Dubrovnik, Croatia, Oct. 2013.
17) 2,013 国際会議 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
18) 2,013 国際会議 Akira Nishi, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Kumiko Kikuchi, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Masahito Tomotake, Issei Imoto and Tetsuro Ohmori : Total plasma homocysteine and schizophrenia: gender and MTHFR C677T genotypes., Neuroscience, San Diego, Nov. 2013.
19) 2,013 国際会議 Makoto Kinoshita, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Shinji Shimodera, Issei Imoto, Masatoshi Takeda and Tetsuro Ohmori : The effect of MTHFR C677T on DNA methylation of peripheral leukocytes in schizophrenia., Neuroscience, San Diego, Nov. 2013.
20) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui, Ryosuke Tanaka, Eiji Hase, Shuichiro Fukushima and Tsutomu Araki : In vivo time-lapse imaging of skin burn wound healing using second-harmonic generation microscopy, Proceedings of SPIE, Vol.8948, 8948-81, San Francisco, USA, Feb. 2014.
21) 2,013 国際会議 Takeshi Yasui : Gapless THz comb spectroscopy, International Workshop on THz Technology (IWOTT2014), 日本・蔵王, Mar. 2014.

2013年度(平成25年度) / 国内講演発表

1) 2,013 国内講演発表 沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 橋本 亮太, 武田 雅俊, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 統合失調症における末梢血DNAメチル化修飾解析研究, 第8回日本統合失調症学会, 2013年4月.
2) 2,013 国内講演発表 安井 武史, 謝 宜達, 坂口 良幸, 横山 修子, 美濃島 薫, 稲場 肇, 荒木 勉 : ギャップレスTHzコムを用いた低圧ガス分光, 第13回分子分光研究会, 2013年5月.
3) 2,013 国内講演発表 Akira Nishi, Shusuke Numata, Atsushi Tajima, Makoto Kinoshita, Shinji Shimodera, Kazutaka Ohi, Ryota Hashimoto, Issei Imoto, Masatoshi Takeda and Tetsuro Ohmori : Functional variants of the MTHFR gene and schizophrenia in the Japanese population., 第36回日本神経科学大会, Jun. 2013.
4) 2,013 国内講演発表 白山 靖彦 : 知的障がい者支援領域における権利擁護, 第45回日本社会福祉学会中国・四国ブロック徳島大会, Vol.1, No.1, 7, 2013年7月.
5) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 男女共同参画社会の実現と医療の変革, オンリーワンとくしま学講座, 2013年7月.
6) 2,013 国内講演発表 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
7) 2,013 国内講演発表 白山 靖彦 : 人とのつながりを科学する, 日本地域看護学会 第16回学術集会講演集, 20, 2013年8月.
8) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 教育評価手法開発について 「大学から」, 教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
9) 2,013 国内講演発表 島添 隆雄, 山内 あい子 : 教育評価手法開発プログラムG4のアンケートから見えてくるもの, 教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
10) 2,013 国内講演発表 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : インターロイキン遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌リスクに関するメタアナリシス, 第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013年8月.
11) 2,013 国内講演発表 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミをモデルとした常染色体転座にともなうY染色体進化過程の解明, 日本進化学会 第15回大会・つくば, 2013年8月.
12) 2,013 国内講演発表 園田 茂, 白山 靖彦, 田辺 佐知子, 下村 康氏, 鈴木 真 : 高次脳機能障害支援経過手帳によるインテーク時間短縮効果, 第33回日本リハビリテーション医学会中部・東海地方会, 2013年8月.
13) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 『医薬品の正しい使い方』教育と医療の変革, 学校環境衛生・薬事衛生研究協議会, 2013年9月.
14) 2,013 国内講演発表 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(4), 日本生薬学会第60回年会, 78, 2013年9月.
15) 2,013 国内講演発表 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(21) –Gentiana rigescensの成分研究 (3)-, 日本生薬学会第60回年会, 196, 2013年9月.
16) 2,013 国内講演発表 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(20) –Saussurea lanicepsの成分研究 (2)-, 日本生薬学会第60回年会, 195, 2013年9月.
17) 2,013 国内講演発表 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : オキナワトゲネズミの祖先Y染色体およびneo-X,neo-Yの進化過程, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年9月.
18) 2,013 国内講演発表 佐々木 久子, 柴田 洋文, 今林 潔, 高石 喜久, 柏田 良樹 : ミソナオシDesmodium caudatumの成分研究(8)–植物和名の由来に関する科学的検討-, 日本生薬学会第60回年会, 243, 2013年9月.
19) 2,013 国内講演発表 金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重 : センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究, 日本生薬学会第60回年会, 280, 2013年9月.
20) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 食の安全 薬と食べ物の飲み合わせ, 徳島大学大学開放実践センター同窓会六一会 講演会, 2013年9月.
21) 2,013 国内講演発表 安井 武史 : (招待講演)応用展開におけるテラヘルツメトロジー, 第74回応用物理学会秋季学術講演会シンポジウム「革新的テラヘルツ技術が加速する応用展開」, 17p-A14-3, 2013年9月.
22) 2,013 国内講演発表 市川 竜嗣, 中村 翔太, 木村 洸仁, 林 建太, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアルTHzコムにおけるコム間ビート信号の抽出, 第74回応用物理学会秋季学術講演会, 18a-A14-10, 2013年9月.
23) 2,013 国内講演発表 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 : キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究, 第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
24) 2,013 国内講演発表 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究, 生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
25) 2,013 国内講演発表 長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10フェムト秒レーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 生体医工学シンポジウム2013, 2-2-06, 2013年9月.
26) 2,013 国内講演発表 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : NSAIDs服用による発癌リスク抑制効果とPPAR 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス, 第23回日本医療薬学会年会, 2013年9月.
27) 2,013 国内講演発表 梶浦 耕一郎, 井本 逸勢, 増田 清士, 田嶋 敦, 近藤 和也, 丹黒 章 : ゲノムワイドな異常DNAメチル化探索によるにおける新規メチル化標的喫煙関連肺腺癌抑制遺伝子の同定, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月.
28) 2,013 国内講演発表 梶浦 耕一郎, 井本 逸勢, 増田 清士, 田嶋 敦, 近藤 和也, 丹黒 章 : ゲノムワイドな異常DNAメチル化探索によるにおける新規メチル化標的喫煙関連肺腺癌抑制遺伝子の同定, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月.
29) 2,013 国内講演発表 宇都宮 徹, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : ゲノムワイドなDNAメチル化解析に基づく非B非C肝癌例の非癌部肝組織におけるDNAメチル化異常の特徴, 第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
30) 2,013 国内講演発表 橋本 敏弘, 吉川 和子, 谷 沙希子, 山下 智子, 井関 賀奈子, 山本 博文, 今川 洋, 柏田 良樹, 高石 喜久, 馬場 正樹, 岡田 嘉仁, 河野 幸子 : シンビジウムグレートフラワー・マリーローランサンの葉に含まれる新規トリテルペン, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2013年10月.
31) 2,013 国内講演発表 増田 清士, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : 選択的スプライシング制御因子SRSF3による大腸がん細胞の悪性形質変化誘導の解明, 第21回日本消化器関連学会週間, 2013年10月.
32) 2,013 国内講演発表 長谷 栄治, 田仲 亮介, 福島 修一郎, 荒木 勉, 安井 武史 : SHG(第二高調波発生)顕微鏡を用いた熱傷治癒過程における真皮コラーゲン動態の可視化, 第36回日本生体医工学会中国四国支部大会, 2013年10月.
33) 2,013 国内講演発表 沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 橋本 亮太, 井本 逸勢, 武田 雅俊, 大森 哲郎 : 治療抵抗性統合失調症のバイオマーカー, 第23回日本臨床精神神経薬理学会, 2013年10月.
34) 2,013 国内講演発表 岩佐 亮佑, 中谷 充志, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : ヒト有機アニオントランスポーター3(hOAT3)新規アイソフォームのクローニングと発現解析, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
35) 2,013 国内講演発表 鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : DPP4欠損ラット及び培養細胞を用いた腎臓におけるDPP4の機能解析, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
36) 2,013 国内講演発表 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 : アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
37) 2,013 国内講演発表 小笠 紗也加, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 高石 喜久, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(2)-Paeonia anomala根の成分研究(1), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 196, 2013年10月.
38) 2,013 国内講演発表 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(23) –Potentilla freyniana地上部の成分研究(1)-, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
39) 2,013 国内講演発表 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(5), 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 197, 2013年10月.
40) 2,013 国内講演発表 上村 裕明, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : 二重変調方式THzエリプソメータの製作, Optics & Photonics Japan 2013, 12pP17, 2013年11月.
41) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 妊婦授乳婦の薬物治療-精神疾患・てんかん, 第二回妊婦授乳婦薬剤研究会, 2013年11月.
42) 2,013 国内講演発表 増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 桑野 由紀, 西田 憲生, 田嶋 敦, 井本 逸勢 : RNA結合蛋白質HuRによる選択的スプライシング制御機構の解明, 第29回日本ストレス学会学術総会, 2013年11月.
43) 2,013 国内講演発表 謝 宜達, 弥永 祐樹, 中村 翔太, 荒木 勉, 安井 武史 : オール光ファイバー型非同期光サンプリング式THz時間領域分光装置の開発, Optics & Photonics Japan 2013, 12pE1, 2013年11月.
44) 2,013 国内講演発表 林 建太, 横山 修子, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアル・テラヘルツ・コムを用いた連続発振テラヘルツ波のリアルタイム絶対周波数計測, Optics & Photonics Japan 2013, 13aB2, 2013年11月.
45) 2,013 国内講演発表 Takeshi Yasui : (invited talk)Dermatological applications in vivo using second-harmonic-generation microscopy equipped with a 1250-nm mode-locked Cr:Forsterite laser, Optics & Photonics Japan 2013, 13pAS2, Nov. 2013.
46) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 妊娠・授乳期における薬学的ケアの基礎知識, 益田市薬剤師会学術研修会, 2013年11月.
47) 2,013 国内講演発表 佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
48) 2,013 国内講演発表 岡本 伸彦, 長谷川 龍志, 池田 妙, 山崎 藍, 井本 逸勢 : --SENDA, 日本人類遺伝学会58回大会 仙台, 2013年11月.
49) 2,013 国内講演発表 増田 清士, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : 新規RNA結合蛋白質による食堂扁平上皮がんの発がん機構の解明, 第100回日本消化器病学会四国支部例会, 2013年11月.
50) 2,013 国内講演発表 白山 靖彦, 中島 八十一 : 相談支援からみた高次脳機能障害者の就労率に関する検討, 第37回日本高次脳機能障害学会学術総会抄録集, 242, 2013年11月.
51) 2,013 国内講演発表 白山 靖彦 : 高次脳機能障害者支援における医科歯科連携の実態に関する研究, 第37回日本高次脳機能障害学会抄録集, 243, 2013年11月.
52) 2,013 国内講演発表 伊賀上 舞, 白山 靖彦 : 急性期医療機関に対する高次脳機能障害支援拠点機関の啓発に関する有用性についての検討, 第37回日本高次脳機能障害学会学術総会抄録集, 244, 2013年11月.
53) 2,013 国内講演発表 村田 知慧, 黒木 陽子, 井本 逸勢, 山田 文雄, 城ヶ原 貴通, 中田 勝士, 黒岩 麻里 : 大規模ゲノム解析で捉えたオキナワトゲネズミneo-X,neo-Yにおける新しいPARの進化, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
54) 2,013 国内講演発表 増田 清士, 赤池 瑶子, 庄田 勝俊, 村田 知慧, 田嶋 敦, 桑野 由紀, 西田 憲生, 六反 一仁, 井本 逸勢 : HuR stimulates cell growth in colon cancer cells by regulating alternative splicing under oxidative stress, 第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月.
55) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : ワークライフバランスを考える, 徳島大学病院 診療支援部研修会 WLB講演, 2013年12月.
56) 2,013 国内講演発表 山内 あい子 : 自立的取組の成果と課題 ∼意識・組織・財政の面から∼, 第4回四国女性研究者フォーラム, 2013年12月.
57) 2,013 国内講演発表 安井 武史 : (招待講演)第2高調波発生光顕微鏡を用いた真皮コラーゲン線維のin vivo 計測, 応用物理学会・量子エレクトロニクス研究会「バイオ・メディカルフォトニクス:基礎と応用の最前線」, 2013年12月.
58) 2,013 国内講演発表 白山 靖彦 : 高次脳機能障害者に対する医科歯科連携ツールの開発, 日本職業リハビリテーション学会中部ブロック実践報告・研究発表会, 2013年12月.
59) 2,013 国内講演発表 山本 真由美, 石本 麻奈, 出口 桜子, 村田 明広, 西山 賢一 : 災害・防災ボランティアへの意識について, --- 授業「災害を知る」を通して ---, 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 4849, 2013年12月.
60) 2,013 国内講演発表 山本 真由美, 徐 暁せい, 張 博, 村田 明広, 西山 賢一 : 中国人留学生の防災意識, 大学教育カンファレンスin徳島, 5051, 2013年12月.
61) 2,013 国内講演発表 謝 宜達, 弥永 祐樹, 坂口 良幸, 横山 修子, 稲場 肇, 美濃島 薫, 荒木 勉, 安井 武史 : テラヘルツ周波数コムの観測と分光計測への応用, レーザー学会学術講演会第34回年次大会, 2014年1月.
62) 2,013 国内講演発表 上村 裕明, 水谷 康弘, 安井 武史, 岩田 哲郎 : 二重変調方式THzエリプソメータによる塗装膜厚測定, 第29回塗料・塗装研究発表会, 2014年3月.
63) 2,013 国内講演発表 木下 誠, 沼田 周助, 土屋 篤司, 村木 翔, 西 晃, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : 血漿ホモシステイン濃度に影響を与える機能性多型の統合失調症遺伝子関連研究, 第9回日本統合失調症学会, 2014年3月.
64) 2,013 国内講演発表 長谷 栄治, 佐藤 克也, 高橋 光彦, 安井 武史 : 10fsレーザーを用いた生体コラーゲンSHG顕微鏡の高感度化, 第61回応用物理学関係連合講演会, 17p-E6-10, 2014年3月.
65) 2,013 国内講演発表 田中 佑治, 長谷 栄治, 福島 修一郎, 安井 武史, 荒木 勉 : 電気光学的偏光分解SHG顕微鏡を用いたヒト真皮コラーゲン配向のin vivo計測, 第61回応用物理学関係連合講演会, 17p-E6-9, 2014年3月.
66) 2,013 国内講演発表 木村 洸仁, 謝 宜達, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : 精密THzシンセサイザーの高周波化とガス分光への応用, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-17, 2014年3月.
67) 2,013 国内講演発表 中村 翔太, 謝 宜達, 安井 武史 : 光ファイバーベース非同期光サンプリング式THz-TDSを用いた動的ガス分光, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-16, 2014年3月.
68) 2,013 国内講演発表 林 建太, 稲場 肇, 美濃島 薫, 安井 武史 : デュアルTHzコムを用いたCW-THz波のリアルタイム絶対周波数計測, 第61回応用物理学関係連合講演会, 18p-E17-15, 2014年3月.
69) 2,013 国内講演発表 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
70) 2,013 国内講演発表 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
71) 2,013 国内講演発表 栗本 慎一郎, 普 建新, 孫 漢董, 高石 喜久, 柏田 良樹 : シソ科植物Scutellaria coleifolia地上部の成分研究(6), 日本薬学会第134年会, Vol.2, 65, 2014年3月.
72) 2,013 国内講演発表 洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(24) –Gentiana rigescensの成分研究 (4)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
73) 2,013 国内講演発表 市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 : 雲南省産伝統薬物に関する研究(25) –Potentilla freyniana地上部の成分研究-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
74) 2,013 国内講演発表 小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(3)-Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
75) 2,013 国内講演発表 武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 : モンゴル民族伝統薬物に関する研究(4)-Gentiana algida地上部の成分研究(1)-, 日本薬学会第134年会, Vol.2, 163, 2014年3月.
76) 2,013 国内講演発表 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 炎症関連遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌抑制に関するメタ解析, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.
77) 2,013 国内講演発表 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 : アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析, 日本薬学会第134年会, 2014年3月.

2013年度(平成25年度) / 作品等

(なし)

2013年度(平成25年度) / その他・研究会

1) 2,013 その他・研究会 山内 あい子 : 女性研究者研究活動支援事業による成果の継続と発展をめざして, 第5回中国四国男女共同参画シンポジウム, 2013年11月.
2) 2,013 その他・研究会 沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 伊賀 淳一, 下寺 信次, 橋本 亮太, 井本 逸勢, 武田 雅俊, 大森 哲郎 : DNAメチル化修飾に着目したクロザピンの薬理作用解明と臨床反応予測の検討, 第46回精神神経系薬物治療研究会報告会, 2013年12月.
3) 2,013 その他・研究会 沼田 周助, 木下 誠, 田嶋 敦, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : One-carbon metabolismに注目した統合失調症のメチル化解析研究, 第46回精神神経系薬物治療研究会報告会, 2013年12月.
4) 2,013 その他・研究会 井下 真利, 沼田 周助, 田嶋 敦, 木下 誠, 下寺 信次, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : C-reactive protein と統合失調症との関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月.
5) 2,013 その他・研究会 木下 誠, 沼田 周助, 田嶋 敦, 西 晃, 村木 翔, 土屋 篤司, 井本 逸勢, 大森 哲郎 : MTHFR遺伝子の機能性多型と統合失調症の遺伝子関連研究, 平成25年度脳クラスターミニリトリート, 2014年2月.

2013年度(平成25年度) / 報告書

(なし)