検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部歯学域口腔科学部門基礎歯学系予防歯学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1804012 健康長寿社会の実現に資する高感度歯科口臭検査法の開発
徳島大学病院診療科歯科むし歯科(第一保存科)
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1903003 メタマテリアルを用いた高感度ガスセンシング技術の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (重点)1802001 有機合成化学を起点とするセンシング技術の開発と応用
徳島大学歯学部歯学科基礎口腔科学講座予防歯学
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

予防歯学 (Preventive Dentistry)

研究テーマ

• 口腔常在細菌による全身性感染症の病因と予防, • 細菌付着阻害性分子探索へのコンビナトリアルケミカルライブラリーの応用., • 歯科疾患の予防と治療に関する臨床疫学的研究., • 免疫ネットワーク/免疫学的記憶と母子免疫/粘膜免疫の関連

著書・論文

著書:

1. 伊藤 博夫 :
チェアサイドQ&A予防歯科編 p.72-73, 予防歯科臨床教育協議会編著,, --- Q30歯周病検査における唾液検査の有効性は? ---,
クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2018年12月.
2. 伊藤 博夫 :
デンタルスタッフの口腔衛生学・歯科衛生統計 第1版, --- 第5章 口腔疾患とその関連疾患の予防 ---,
医歯薬出版社, 2018年2月.
3. 伊藤 博夫 :
第2編,・第2章 歯周病予防, 口腔保健・予防歯科学 第1版, p. 142-147, 安井利一ほか編, 医歯薬出版社, 東京, 2017年2月20日.(分担),
2017年2月.
4. 伊藤 博夫 :
第4章 齲蝕とその予防, 新予防歯科学 第4版, p. 73-86, 米満正美ほか編, 医歯薬出版社, 東京, 2010年4月1日.(分担),
2010年4月.
5. 伊藤 博夫, 末高 武彦ほか編 :
新口腔保健学 第1版, --- 第5章 6. 歯周疾患とその予防 ---,
医歯薬出版社, 東京, 2009年.
6. 吉山 昌宏, 伊藤 博夫, 十河 基文 :
プラークコントロール法の現状と課題, MI 時代の歯科知識-プラークコントロール・サイエンス&プラクティス,
永末書店, 京都, 2009年.
7. Kiyoshi Nokihara, Hiro-O Ito, Sakiko Soutome, Takafumi Ohyama, Shizue Yamamoto, Tadashi Yasuhara and Masakazu Inoue :
Application of Combinatorial Peptide Libraries to Prevention of Infectious Endocarditis, as an Example for Infection Control,
The Japanese Peptide Society, Osaka, Mar. 2003.
8. Y Okada, Hiro-O Ito, K Kitada and M Inoue :
Infectivity of nutritionally variant streptococci: capacity of endocarditis induction and extracellular matrix binding. p.653-656, In : Martin, D. R. and Tagg, J. R. (Eds.) Streptococci and streptococcal diseases.,
Proceedings of the XIV Lancefield International, Priura, New Zealand, 2000.

学術論文(審査論文):

1. Masaki GOTO, Akira Kazama, Kensuke Fukuhara, Honami Sato, Nobutake Tamai, Hiro-O Ito and Hitoshi Matsuki :
Membrane fusion of phospholipid bilayers under high pressure: Spherical and irreversible growth of giant vesicles,
Biophysical Chemistry, Vol.277, 106639-1-106639-11, 2021.
(DOI: 10.1016/j.bpc.2021.106639)
2. A Y Usui K Hirata Tominaga, Hiro-O Ito and K Nokihara :
Applications of a novel biodetection system to saliva using protein fingerprints with data processing.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.26, 3210-3216, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113943,   DOI: 10.1016/j.bmc.2018.04.049,   PubMed: 29706528,   Elsevier: Scopus)
3. Michiyasu Nakao, Nanako Nishikiori, Akihito Nakamura, Murasaki Miyagi, Nao Shibata, Syuji Kitaike, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Shigeki Sano :
Synthesis of Sterically Protected Isoindoles from ortho-Phthalaldehyde,
SynOpen, Vol.2, No.1, 50-57, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113941,   DOI: 10.1055/s-0036-1591932)
4. 玉木 直文, 松尾 亮, 水野 昭彦, 正木 文浩, 中川 徹, 鈴木 雅博, 福井 誠, 谷口 隆司, 三宅 達郎, 伊藤 博夫 :
歯肉溝液中の炎症関連バイオマーカーと糖尿病・腎機能マーカーとの関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.66, No.3, 316-321, 2016年.
(DOI: 10.5834/jdh.66.3_316,   CiNii: 130005156679)
5. Naofumi Tamaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Hydrogen-Rich Water Intake Accelerates Oral Palatal Wound Healing via Activation of the Nrf2/Antioxidant Defense Pathways in a Rat Model.,
Oxidative Medicine and Cellular Longevity, Vol.2016, 5679040, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109746,   DOI: 10.1155/2016/5679040,   PubMed: 26798423)
6. S Hayashi, Hirotsugu Yamada, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Masataka Sata :
Correlation between arteriosclerosis and periodontal condition assessed by lactoferrin and [alpha]1-antitrypsin levels in gingival crevicular fluid.,
International Heart Journal, Vol.56, No.6, 639-643, 2015.
(DOI: 10.1536/ihj.15-218,   PubMed: 26549390)
7. Naofumi Tamaki, Fumihiko Yoshino, Makoto Fukui, Hideaki Hayashida, Ayaka Yoshida, Masayasu Kitamura, Takahiro Iwasaki, Reiko Furugen, Koji Kawasaki, Mio Nakazato, Takahiro Maeda, Susumu Kokeguchi, Tatsuo Yamamoto, Chang-Il Masaichi Lee, Hiro-O Ito and Toshiyuki Saito :
Relationship among salivary antioxidant activity, cytokines and periodontitis: the Nagasaki Island study.,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.42, No.8, 711-718, 2015.
(DOI: 10.1111/jcpe.12438,   PubMed: 26227009,   Elsevier: Scopus)
8. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Rie Mukai, Makoto Fukui, Kaname Miki, Junji Terao and Hiro-O Ito :
Biological impacts of resveratrol, quercetin, and N-acetylcysteine on oxidative stress in human gingival fibroblasts.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.3, 220-227, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109399,   DOI: 10.3164/jcbn.14-129,   PubMed: 26060353,   Elsevier: Scopus)
9. Naofumi Tamaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Yuji Inagaki, Makoto Fukui, Toshihiko Nagata and Hiro-O Ito :
Resveratrol improves oxidative stress and prevents the progression of periodontitis via the activation of the Sirt1/AMPK and the Nrf2/antioxidant defense pathways in a rat periodontitis model.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.75, 222-229, 2014.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2014.07.034,   PubMed: 25091897)
10. Naofumi Tamaki, H Hayashida, Makoto Fukui, M Kitamura, K Kawasaki, M Nakazato, T Maeda, T Saito and Hiro-O Ito :
Oxidative stress and antibody levels to periodontal bacteria in adults: the Nagasaki Islands study.,
Oral Diseases, Vol.20, No.3, 49-56, 2014.
(DOI: 10.1111/odi.12127,   PubMed: 23679350,   Elsevier: Scopus)
11. Yoshikazu Fukumoto, Masumi Horibe, Yuji Inagaki, Keiji Oishi, Naofumi Tamaki, Hiro-O Ito and Toshihiko Nagata :
Association of gingival recession and other factors with the presence of dentin hypersensitivity.,
Odontology, 2013.
(DOI: 10.1007/s10266-012-0099-5,   PubMed: 23283584)
12. Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Kosuke Kataoka, Shirish Chodankar, Nobutake Tamai, Makoto Fukui, Joachim Kohlbrecher, Hiro-O Ito and Hitoshi Matsuki :
Study on the Subgel-Phase Formation Using an Asymmetric Phospholipid Bilayer Membrane by High-Pressure Fluorometry,
Langmuir, Vol.28, No.33, 12191-12198, 2012.
(DOI: 10.1021/la3020173,   PubMed: 22823885,   Elsevier: Scopus)
13. Tselmeg Baatarjav, Kosuke Kataoka, Rebekah S. Gilbert, Yutaka Terao, Makoto Fukui, Masaki GOTO, Shigetada Kawabata, Masato Yamamoto, Kohtaro Fujihashi and Hiro-O Ito :
Mucosal immune features to phosphorylcholine by nasal Flt3 ligand cDNA-based vaccination,
Vaccine, Vol.29, No.34, 5747-5757, 2011.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.05.097,   PubMed: 21683111,   Elsevier: Scopus)
14. Kosuke Kataoka, Kohtaro Fujihashi, Keita Oma, Yoshiko Fukuyama, K Susan Hollingshead, Shinichi Sekine, Shigetada Kawabata, Hiro-O Ito, E David Briles and Kazunori Oishi :
Nasal Dendritic Cell Targeting Flt3 Ligand As A Safe Adjuvant Elicits Effective Protection Against Fatal Pneumococcal Pneumonia.,
Infection and Immunity, Vol.79, No.7, 2819-2828, 2011.
(DOI: 10.1128/IAI.01360-10,   PubMed: 21536790)
15. Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka, Kosuke Kataoka and Hiro-O Ito :
Levels of salivary stress markers in patients with anxiety about halitosis,
Archives of Oral Biology, Vol.55, No.11, 842-847, 2010.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2010.07.014,   PubMed: 20807658)
16. Etsuhisa Takahashi, Kosuke Kataoka, Kazuyuki Fujii, Junji Chida, Dai Mizuno, Makoto Fukui, Hiro-O Ito, Kohtaro Fujihashi and Hiroshi Kido :
Attenuation of inducible respiratory immune responses by oseltamivir treatment in mice infected with influenza A virus.,
Microbes and Infection, Vol.12, No.10, 778-783, 2010.
(DOI: 10.1016/j.micinf.2010.04.013,   PubMed: 20452454)
17. Hidetaka Nakagaki, Shinichi Sekine, Yutaka Terao, Masahiro Toe, Muneo Tanaka, Hiro-O Ito, Shigetada Kawabata, Satoshi Shizukuishi, Kohtaro Fujihashi and Kosuke Kataoka :
Fusobacterium nucleatum envelope protein FomA is immunogenic and binds to the salivary statherin-derived peptide.,
Infection and Immunity, Vol.78, No.3, 1185-1192, 2010.
(DOI: 10.1128/IAI.01224-09,   PubMed: 20008529)
18. 横山 正明, 福井 誠, 増田 かなめ, 髙松 夏子, 岡田 寿朗, 武部 裕光, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
リアルタイム定量PCR(qPCR)法による唾液中の総細菌数の測定 口腔清潔度の指標としての試み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.3, 183-189, 2009年.
(CiNii: 110008460531)
19. Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito :
Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy.,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2007.00391.x,   PubMed: 18173799)
20. Mariko Naito, Yoshimi Suzukamo, Hiro-O Ito and Takeo Nakayama :
Development of the Japanese version of the Oral Impacts on Daily Performance (OIDP) scale: a pilot study.,
Journal of Oral Science, Vol.49, No.4, 259-264, 2007.
(DOI: 10.2334/josnusd.49.259,   PubMed: 18195507)
21. N Tanaka, S Fukuyama, T Fukuiwa, M Kawabata, Y Sagara, Hiro-O Ito, Y Miwa, T Nagatake, H Kiyono and Y Kurono :
Intranasal immunization with phosphorylcholine induces antigen specific mucosal and systemic immune responses in mice.,
Vaccine, Vol.25, No.14, 2680-2687, 2007.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2006.10.014,   PubMed: 17270319)
22. E Nagata, H Okayama, Hiro-O Ito, Y Yamashita, M Inoue and T Oho :
Serotype-specific polysaccharide of Streptococcus mutans contributes to infectivity in endocarditis.,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.6, 420-423, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2006.00317.x,   PubMed: 17064403)
23. Hiro-O Ito, K. Nokihara, S. Soutome and T. Ohyama :
Screening of peptides that inhibit bacterial binding to fibronectin using combinatorial peptide libraries.,
International Journal of Peptide Research and Therapeutics, Vol.12, No.3, 275-281, 2006.
(DOI: 10.1007/s10989-006-9030-7,   Elsevier: Scopus)
24. E Nagata, H Okayama, Hiro-O Ito, I Semba, M Inoue and T Oho :
Experimental infective endocarditis induced by human supragingival dental plaque in rats.,
European Journal of Oral Sciences, Vol.113, No.6, 499-504, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1600-0722.2005.00258.x,   PubMed: 16324140)
25. Y Miwa, Hiro-O Ito, M Inoue and T Oho :
Induction of immune response to Streptococcus pneumoniae by administration of oral viridans streptococci via phosphorylcholine determinant.,
FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.43, No.3, 441-448, 2005.
(DOI: 10.1016/j.femsim.2004.11.001,   PubMed: 15708320)
26. Hidehito Okayama, Emi Nagata, Hiro-O Ito, Takahiko Oho and Masakazu Inoue :
Experimental Abscess Formation Caused by Human Dental Plaque,
Microbiology and Immunology, Vol.49, No.5, 399-405, 2005.
(PubMed: 15905601)
27. Hiro-O Ito, Sakiko Soutome, Kiyoshi Nokihara and Masakazu Inoue :
Identification and characterization of bacterial-binding property in the type III repeat domain of fibronectin,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.320, No.2, 347-353, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2004.05.170,   PubMed: 15219833)
28. 水流 和徳, 伊藤 博夫, 富田 浩一, 瀬戸口 尚志, 門川 明彦, 川島 清美, 西原 一秀, 瀬戸上 康子, 重田 浩樹, 佐藤 強志, 石神 哲郎, 長岡 英一 :
本学歯学部における OSCE トライアルの実施方法について,
日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.19, No.1, 160-169, 2003年.
(CiNii: 10011830308)
29. 石川 久美子, 古市 保志, 伊藤 博夫, 四元 幸治, 下津 昭洋, 山下 皓三, 児島 正明, 和泉 雄一 :
歯周病罹患状況と臨床検査値および歯周病原性細菌に対する血清抗体価の変化とその関連, --- 同じ被験者を対象とした3年間の調査結果 ---,
歯周組織,臨床検査値および血清抗体価に関する3年間の追跡調査, 394-401, 2003年.
30. Hiro-O Ito, Sakiko Soutome and Masakazu Inoue :
Inhibition of fibronectin binding of some bacterial cells by subtle pH increase within the physiological range,
Journal of Microbiological Methods, Vol.55, No.1, 29-34, 2003.
(DOI: 10.1016/S0167-7012(03)00111-8,   PubMed: 14499992)
31. Yasushi Furuichi, Akihiro Shimotsu, Hiro-O Ito, Yukari Namariyama, Yukiharu Yotsumoto, Youishi Hino, Yukie Mishige, Masakazu Inoue and Yuichi Izumi :
Associations of Periodontal Status with General Health Conditions and Aerum Antibody Titers for Porphyromonas gingivalis and Actinobacillus actinomycetemcomitans,
Journal of Periodontology, Vol.74, No.10, 1491-1497, 2003.
(DOI: 10.1902/jop.2003.74.10.1491,   PubMed: 14653396)
32. Hiro-O Ito, Toshihiro Nakashima, Takanori So, Masato Hirata and Masakazu Inoue :
Immunodominance of conformation-dependent B-cell epitopes of protein antigens,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.308, No.4, 770-776, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(03)01466-9,   PubMed: 12927785)
33. Takanori So, Hiro-O Ito, Masato Hirata, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
Contribution of conformational stability of hen lysozyme to induction of type 2 T-helper immune responses,
Immunology, Vol.104, No.3, 259-268, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1365-2567.2001.01314.x,   PubMed: 11722640)
34. Yoko Sakai, Hidetoshi Shimauchi, Hiro-O Ito, Masahiro Kitamura and Hiroshi Okada :
Porphyromonas gingivalisspecific lgG subclass antibody levels as immunological risk indicators of periodontal bone loss,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.28, No.9, 853-859, 2001.
(DOI: 10.1034/j.1600-051x.2001.028009853.x,   PubMed: 11493355)
35. Y Furuichi, Hiro-O Ito, Y Izumi, T Matsuyama, Y Yotsumoto, Y Mishige, M Kojima, K Yamashita and M Inoue :
Periodontal status and serum antibody titers for Porphyromonas gingivalis fimbriae in a rural population in Japan,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.28, No.3, 264-269, 2001.
(DOI: 10.1034/j.1600-051x.2001.028003264.x,   PubMed: 11284541,   Elsevier: Scopus)
36. A Yoshida, Y Nakano, Y Yamashita, T Oho, Hiro-O Ito, M Kondo, M Ohishi and T Koga :
Immunodominant Region of Actinobacillus actinomycetemcomitans 40-kilodalton Heat Shock Protein in Patients with Rheumatoid Arthritis,
Journal of Dental Research, Vol.80, No.1, 346-350, 2001.
(DOI: 10.1177/00220345010800010901,   PubMed: 11269727,   Elsevier: Scopus)
37. Hiroko Ito, Kimie Okimoto, 伊藤 博夫, Yoshihiro Terada :
Effect of Denture Application on senile patients,
Dentistry in Japan, Vol.36, 54-58, 2000年.
38. Yasuko Okada, Katsuhiro Kitada, Masaru Takagaki, Hiro-O Ito and Masakazu Inoue :
Endocardiac infectivity and binding to extracellular matrix proteins of oral Abiotrophia species,
FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.27, No.3, 257-261, 2000.
(DOI: 10.1016/S0928-8244(99)00193-5,   PubMed: 10683471,   Elsevier: Scopus)
39. Takanori So, Hiro-O Ito, Yoshiyuki Tsujihata, Masato Hirata, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
The molecular weight ratio of monomethoxypolyethylene glycol (mPEG) to protein determines the immunotolerogenicity of mPEG proteins,
Protein Engineering, Vol.12, No.8, 701-705, 1999.
(DOI: 10.1093/protein/12.8.701,   PubMed: 10469832)
40. T So, Hiro-O Ito, M Hirata, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
Extended blood half-life of monomethoxypolyethylene glycol-conjugated hen lysozyme is a key parameter controlling immunological tolerogenicity,
Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.55, No.8,9, 1187-1194, 1999.
(DOI: 10.1007/s000180050365,   PubMed: 10442096)
41. Manabu Yanagita, Takachika Hiroi, Noriko Kitagaki, Shigeyuki Hamada, Hiro-O Ito, Hidetoshi Shimauchi, Shinya Murakami, Hiroshi Okada and Hiroshi Kiyono :
Nasopharyngeal-Associated Lymphoreticular Tissue (NALT) Immunity: Fimbriae-Specific Th1 and Th2 Cell-Regulated IgA Responses for the Inhibition of Bacterial Attachment to Epithelial Cells and Subsequent Inflammatory Cytokine Production,
The Journal of Immunology, Vol.162, No.6, 3559-3565, 1999.
42. Hiro-O Ito, Takanori So, Masato Hirata, T Koga, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
Tolerogenic activity of polyethylene glycol-conjugated lysozyme distinct from that of the native counterpart,
Immunology, Vol.93, No.2, 200-207, 1998.
43. Toshihiasa Kawai, Hiro-O Ito, Nobuo Sakato and Hiroshi Okada :
A novel approach for detecting an immunodominant antigen of Porphyromonas gingivalis in diagnosis of adult periodontitis,
Clinical and Diagnostic Laboratory Immunology, Vol.5, No.1, 11-17, 1998.
44. Takanori So, Hiro-O Ito, Toshitaka Koga, Sanae Watanabe, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
Depression of T-cell Epitope Generation by Stabilizing Hen Lysozyme,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.272, No.51, 32136-32140, 1997.
45. Hiro-O Ito, T So, T Ueda, T Imoto and T Koga :
Prevention of collagen-induced arthritis (CIA) by treatment with polyethylene glycol-conjugated type II collagen; distinct tolerogenic property of the conjugated collagen from the native one,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.108, No.2, 213-219, 1997.
46. Hiro-O Ito, M Hirata and T Koga :
Hen egg-white lysozyme inhibits biological activities of lipopolysaccharides from periodontopathic bacteria.,
Journal of Periodontal Research, Vol.32, No.3, 295-299, 1997.
47. Yoshiko Murakami, Yoshihisa Yamashita, Yoshio Nakano, Hiro-O Ito, Hao Yu and Toshihiko Koga :
Role of the Charged Tail in Localization of a Surface Protein Antigen of Streptococcus mutans,
Infection and Immunity, Vol.65, No.4, 1531-1535, 1997.
48. Hiro-O Ito, T Ueda, Y Hashimoto, T Imoto and T Koga :
Quaternary structure-dependent idiotope and antigen binding of a monoclonal antibody specific for conformational epitope on type II collagen,
Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.53, No.1, 51-60, 1997.
(DOI: 10.1007/PL00000579,   PubMed: 9117997)
49. Hiro-O Ito, T Shuto, H Takada, T Koga, Y Aida and M Hirata :
Lipopolysaccharides from Porphyromonas gingivalis, prevotella intermedia and Actinobacillus actinomycetemcomitans promote osteoclastic differentiation in vitro,
Archives of Oral Biology, Vol.41, No.5, 439-444, 1996.
(DOI: 10.1016/0003-9969(96)00002-7)
50. Takanori So, Hiro-O Ito, Toshitaka Koga, Tadashi Ueda and Taiji Imoto :
Reduced immunogenicity of monomethoxypolyethylene glycol-modified lysozyme for activation of T cells,
Immunology Letters, Vol.49, No.1,2, 91-97, 1996.
51. 酒井 洋子, 伊藤 博夫, 岡田 宏 :
抗 Porphyromonas gingivalis 抗体の IgG サブクラスと歯周炎の病態,
日本歯周病学会会誌, Vol.36, No.4, 871-883, 1994年.
52. Hiro-O Ito, J Morizet, L Coulombel and M Stanislawski :
T cell depletion of human bone marrow using an oxidase-peroxidase enzyme immunotoxin,
Bone Marrow Transplantation, Vol.6, No.6, 395-398, 1990.
53. Hiro-O Ito, V Rousseau, M Goavec, F Beaujean, J Morizet and M Stanislawski :
Enhanced in vitro cytotoxicity of 1,3-bis-(2-chloroethyl)-1-nitrosourea or buthionine sulfoximine combined with a reactive oxygen-generating enzyme immunotoxin,
Cancer Letters, Vol.49, No.2, 169-173, 1990.
54. 岡田 年似, 原田 泰, 伊藤 博夫, 野崎 剛徳, 恵比須 繁之, 木村 重信, 岡田 宏 :
Actinomyces viscosus T14V 株の示す多クローン性B細胞活性化, --- ヒト末梢血リンパ球の応答性 ---,
日本歯周病学会会誌, Vol.31, No.4, 1072-1080, 1989年.
55. Stanislawski Marc, Rousseau Veronique, Goavec Martine and Hiro-O Ito :
Immunotoxins Containing Glucose Oxidase and Lactoperoxidase with Tumoricidal Properties: in Vitro Killing Effectiveness in a Mouse Plasmacytoma Cell Model,
Cancer Research, Vol.49, No.20, 5497-5504, 1989.
56. Hiro-O Ito, J Morizet, L Coulombel, M Goavec, V Rousseau and A Bernard :
An immunotoxin system intended for bone marrow purging composed of glucose oxidase and lactoperoxidase coupled to monoclonal antibody 097,
Bone Marrow Transplantation, Vol.4, No.5, 519-527, 1989.
57. H Okada, Y Shimabukuro, Y Kassai, Hiro-O Ito, Takashi Matsuo, S Ebisu and Y Harada :
The Function of Gingival Lymphocytes on the Establishment of Human Periodontitis,
Advances in Dental Research, Vol.2, No.2, 364-367, 1988.
58. Yasushi Harada, Hiro-O Ito, Yasuo Miki, Shigeyuki Ebisu and Hiroshi Okada :
Polyclonal induction of IgG antibody forming cells by stimulation with Actinomyces viscosus T14V,
Journal of Periodontal Research, Vol.23, No.2, 122-126, 1988.
59. Hiro-O Ito, Yasushi Harada, Takashi Matsuo, Shigeyuki Ebisu and Hiroshi Okada :
Possible role of T cells in the establishment of IgG plasma cell-rich periodontal lesion--Augmentation of IgG synthesis in the polyclonal B cell activation response by autoreactive T cells,
Journal of Periodontal Research, Vol.23, No.1, 39-45, 1988.
60. Hiroshi Okada, Hiro-O Ito and Yasushi Harada :
T-cell requirement for establishment of the IgG-dominant B-cell lesion in periodontitis,
Journal of Periodontal Research, Vol.22, No.3, 187-189, 1987.
61. 伊藤 博夫 :
T細胞による多クローン性B細胞活性化の修飾, --- 特に,多クローン性 IgG 産生の増強について ---,
日本歯周病学会会誌, Vol.29, No.1, 22-36, 1987年.

学術論文(紀要・その他):

1. 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
天然ハーブの有用性ー歯科領域を中心に,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.32, No.1, 16-25, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113665,   DOI: 10.20738/johb.32.1_16,   CiNii: 130007672857)

総説・解説:

1. 葭原明弘 安細敏弘, 伊藤 博夫, 佐々木健 山本龍生 :
日本人における歯周病のセルフレポートに関する文献レビュー,
口腔衛生学会雑誌, Vol.67, No.3, 196-200, 2017年7月.
2. 片岡 宏介, 土居 貴士, 神光 一郎, 上根 昌子, 伊藤 博夫, 落合(栗田) 智子, 三宅 達郎 :
樹状細胞を活性化する経鼻アジュバントの開発-感染症・NCD制御を目指す粘膜ワクチン-,
口腔衛生学会雑誌, Vol.67, No.2, 2-10, 2017年6月.
(DOI: 10.5834/jdh.67.1_2)
3. 伊藤 博夫 :
歯周病予防と生活習慣,そして生活習慣病予防と歯周病,
四国医学雑誌, Vol.65, No.5,6, 117-122, 2009年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110288,   CiNii: 40017005975)
4. 伊藤 博夫 :
歯科治療と感染性心内膜炎の予防,
四国歯学誌, Vol.20, No.2, 191-198, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109762)
5. Hiro-O Ito :
Infective endocarditis and dental procedures: evidence, pathogenesis, and prevention,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3-4, 189-198, Aug. 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110807,   DOI: 10.2152/jmi.53.189,   PubMed: 16953053)
6. 伊藤 博夫 :
牛乳とむし歯 (う蝕) 予防の関係(2), --- 感染症としてのう蝕に対する受動ワクチン ---,
Milk Science, Vol.51, No.3, 2002年.
7. 伊藤 博夫 :
牛乳とむし歯 (う蝕) 予防の関係(1), --- カゼインホスホペプチドのう蝕抑制作用 ---,
Milk Science, Vol.51, No.2, 2002年.
8. 伊藤 博夫 :
免疫系の抗原認識と特異性,
鹿児島大学歯学部紀要, Vol.19, 23-33, 1999年3月.
9. 北田 勝浩, 伊藤 博夫, 井上 昌一 :
臨床現場でのう蝕予防の実践, --- リスク評価と予防の実際 ---,
歯科医療, Vol.13, No.3, 5-19, 1999年.
10. 井本 泰治, 植田 正, 伊藤 博夫, 古賀 敏生 :
抗原のポリエチレングリコール修飾によるトレランス誘導,
臨床免疫, Vol.27, No.9, 1124-1128, 1995年9月.
11. 伊藤 博夫 :
免疫学からみた歯周病, --- 歯周病患者のT細胞機能 ---,
歯科ジャーナル, Vol.31, No.6, 806-815, 1990年6月.

国際会議:

1. Makoto Fukui, Kaname Miki, Kitamura Masayasu, Hayashida Hideaki, Kawasaki Koji, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Maeda Takahiro, Saito Toshiyuki and Hiro-O Ito :
Porphyromonas gingivalis infection may affect anti-atheroschlerotic antibody to phosphorylcholine.,
The 12th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, May 2016.
2. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Balance is the key: resveratrol revert oxidative stress conditions in gingival fibroblasts,
第93回IADR, Mar. 2015.
3. Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Kokeguchi Susumu :
Salivary Antioxidant Activity, Cytokines and Periodontitis: The Nagasaki Island Study,
International Association for Dental Research-Asia Pacific Region(IADR-APR), Bangkok, Aug. 2013.
4. Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Relationship between plasma reactive oxygen species and progression of periodontitis,
ICAAPD, ウランバートル, Feb. 2013.
5. Yoshihisa Yamashita and Hiro-O Ito :
Structural shift of microbiota in dental plaque formed on a hydroxyapatite disk surfaces in vivo.,
6th ASM Conference on Biofilms, マイアミシティー, Sep. 2012.
6. Hiro-O Ito :
Periodontal disease as a risk factor for several systemic lifestylerelated diseases. in Symposium 4: Addressing concerns in other oral conditions.,
ICAAPD, ウランバートル, Sep. 2012.
7. Makoto Fukui, Kaname Miki, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Relationship between atherosclerosis and anti-phosphorylcholine antibodies in saliva and plasma,
ICAAPD, ウランバートル, Sep. 2012.
8. Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Relationship between plasma reactive oxygen species and progression of periodontitis,
ICAAPD, ウランバートル, Sep. 2012.
9. Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Levels of Serum Markers of Oxidative Stress and Antibodies against Periodontal Pathogens in Community-dwelling Adults with and without Periodontitis: Goto Study,
International Conference on Porphyromonas gingivalis and Related Bacterial Species, Nagasaki, Aug. 2012.
10. Makoto Fukui, M. Mani, K. Uno, Kosuke Kataoka and Hiro-O Ito :
Cytokine profile in human saliva and its relationship with that in blood.,
9th International Conference Asian Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, Nov. 2010.
11. Kosuke Kataoka, Ke. Fujihashi, R. Kobayashi, S. R. Gilbert, S. Sekine, Makoto Fukui, Y. Fukuyama, S. Kawabata, Hiro-O Ito and Ko. Fujihashi :
Nasal Cholera Toxin Activated Mucosal Densritic Cells, but not CD4+ Cells Elicits TI-IgA Class Switching Recombination by B-1 B Cells.,
14th International Congress of Immunology, Aug. 2010.
12. T. Baatarjav, Kosuke Kataoka, Makoto Fukui, A. S. Mulyatno, K. Fujihashi and Hiro-O Ito :
Nasal Vaccination with Phosphorylcholine plus Flt3 Ligand Gene as a Mucosal Adjuvant Inhibits Streptococcus pneumoniae Colonization.,
14th International Congress of Immunology, Kobe, Aug. 2010.
13. Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito :
Salivary Stress Makers in Patients with Complaint of Halitosis.,
7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
14. Hiro-O Ito, M Fukui and al et :
Salivary stress markers in patients with complaint of halitosis.,
7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
15. Hiro-O Ito :
Prevention of infective endocarditis in dental procedures and combinatorial libraries,
The 2nd HiPep Okinawa International Workshop (Uruma, 沖縄バイオテクノロジー研究開発センター), Uruma, Okinawa, Jun. 2006.
16. H Okada, Y Shimabukuro, Y Kassai, Hiro-O Ito, Takashi Matsuo, S Ebisu and Y Harada :
The Function of Gingival Lymphocytes on the Establishment of Human Periodontitis,
Advances in Dental Research, Vol.2, No.2, 364-367, Kobe, Nov. 1988.

国内講演発表:

1. 王 思淼, 渡辺 朱理, 松山 美和, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
ATP測定法による口腔内細菌数の評価,
第30回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2019年9月.
2. 大毛 健一郎, 野上 幸裕, 玉木 直文, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
口腔内清掃による口臭値と口腔内細菌数指標の変化,
第55回 四国歯学会, 2019年9月.
3. Chen Shu, Naofumi Tamaki, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Preventive effects of resveratrol against 5-fluorouracil induced cytotoxicity in HaCaT cells,
第68回日本口腔衛生学会・総会, May 2019.
4. 伊藤 博夫 :
唾液を用いた口腔の健康診査 :, --- 唾液からわかること,現状と将来展望 ---,
第62回中国四国合同産業衛生学会 産業歯科保健部会研修会, 2018年11月.
5. 三木 かなめ, 福井 誠, 陳 舒, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
天然ハーブ・キャッツクロー抽出物の歯周病原菌に対する抗菌効果,
第29回近畿中国四国口腔衛生学会, 2018年9月.
6. 高野 栄之, 宮本 由貴, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
当院栄養サポートチームにおける歯科医師連携の現況,
四国歯学会第53回例会, 2018年7月.
7. 高野 栄之, 小野 信二, 福井 誠, 玉木 直文, 吉岡 昌美, 桃田 幸弘, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
徳島大学病院NSTにおける歯科医師連携の現況と課題,
第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2018年4月.
8. 福井 誠, 玉木 直文, 福田 功, 伊藤 博夫 :
多項目唾液バイオマーカー検査による歯周組織炎症の評価,
日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月.
9. 福井 誠, 陳 舒, 三木 かなめ, 玉木 直文, 福田 功, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の評価における3種の唾液潜血検査の有用性の検討 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会 2017年10月1日 広島大学歯学部(広島市),
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
10. 伊藤 博夫 :
歯周病唾液検査の現状と将来展望 第66回日本口腔衛生学会総会 シンポジウム7「一次予防を科学する基礎研究の新展開」(山形テルサ), 2017年5月31日∼6月3日,
口腔衛生学会雑誌, Vol.67, No.Suppl, 88-91, 2017年5月.
11. 玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 陳 舒, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
実験的口腔粘膜炎モデルにおけるレスベラトロールの効果の検討,
第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017年5月.
12. 楢崎 史也, 松岡 志織, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
フッ化物洗口の口腔環境に及ぼす効果,
四国歯学会第50回例会, 2017年3月.
13. 松尾亮 水野明彦 鈴木雅春 鈴木章一郎 柳田國雄, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
糖尿病外来患者におおけるHbA1c値の2年間の経過とかかりつけ歯科医の関係,
第51回日本成人病(生活習慣病)学会, 2017年1月.
14. 福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 竹内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 :
歯科検診10年の取り組み,
2016年10月.
15. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液潜血検査の判定を妨害する因子の検索,
第27回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会, 2016年10月.
16. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Polyphenols reduce collateral damage in HGFs induced by oxidative stress,
44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, Nov. 2015.
17. Makoto Fukui, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Influence of infection with Porphyromonas gingivalis on relationship between atherosclerosis and antiphosphorylcholine antibody,
44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, Nov. 2015.
18. Makoto Fukui, Kaname Miki, K Kitamura, H Hayashida, K Kawasaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, T Maeda, T Saito and Hiro-O Ito :
Atherosclerosis-preventive activity of anti-phosphorylcholine antibody may be interfered by infection with Porphyromonas gingivalis : The Nagasaki Islands study,
63rd Annual Meeting of the Japanese Association of Dental Research, Oct. 2015.
19. 岡田 寿郎, 福井 隆夫, 藤村 英二, 大月 陽子, 西 雅子, 豊島 健治, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日本歯科医師会の``生活支援プログラム''による健診事業の参加者の満足度および行動変容への効果,
第26回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2015年9月.
20. 鈴木 雅博, 水野 昭彦, 松尾 亮, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
糖尿病教育入院患者における歯肉溝液中の炎症関連バイオマーカーの経時的変化,
第26回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2015年9月.
21. 橋本 智惠子, 西窪 美波, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
キシリトールガム咀嚼による唾液分泌能と唾液細菌叢の変化,
第45回 四国歯学会, 2015年6月.
22. 水野 昭彦, 松尾 亮, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 松瀬 亮一, 伊藤 博夫 :
市民検診と糖尿病患者データにおける歯肉溝浸出液バイオマーカーの比較検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
23. 玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
水素水の抗酸化・抗炎症作用の検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
24. 福井 誠, 岡田 寿郎, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
``標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導マニュアル''に基づいた歯科保健事業の効果について,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
25. 松尾 亮, 水野 昭彦, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較検討,
第49回日本成人病(生活習慣病)学会, 2015年1月.
26. Makoto Fukui, Kaname Miki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Levels of various cytokines in human saliva from generally healthy individuals.,
62nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Dec. 2014.
27. 福井 隆夫, 小林 弘茂, 渋谷 敦人, 岡田 寿朗, 豊嶋 健, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日歯生活歯援プログラムに基づく平成25年度成人歯科健診事業実施報告,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
28. 高尾 健二郎, 新居 麻美子, 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の客観的・定量的診断を目指した市販免疫クロマトグラフィー唾液潜血テストの改良,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
29. 水野 昭彦, 松尾 亮, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
30. 玉木 直文, 水野 昭彦, 松尾 亮, 正木 文浩, 中川 徹, 鈴木 雅博, 青木 良平, 松瀬 亮一, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液中バイオマーカーと腎機能・糖尿病指標との関連,
第7回 日本口腔検査学会総会・学術大会, 2014年9月.
31. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three different antioxidants on human gingival fibroblasts exposed to oxidative stress,
2014 Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2014.
32. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカインプロファイルの解析,
第63回 口腔衛生学会総会, 2014年5月.
33. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three antioxidant compounds on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第63回 口腔衛生学会総会, May 2014.
34. 玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
口蓋創傷治癒モデルにおける水素水摂取の効果,
第4回分子状水素医学シンポジウム, 2014年2月.
35. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第5回心・血管クラスターミニリトリート, Jan. 2014.
36. 小林 弘茂, 渋谷 敦人, 福井 隆夫, 岡田 寿朗, 豊嶋 健治, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日歯プログラムに基づく成人歯科健診における唾液検査および質問紙調査と歯周状態の関連性について,
第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2013年10月.
37. 福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液中サイトカインと口腔健康状態の関連性,
第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2013年10月.
38. 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液を用いた高齢者の口腔健康状態把握のための基盤的研究,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
39. 伊藤 博夫 :
公衆衛生学的視点から見た歯肉の健康指標の現状と将来展望. 学会主導企画シンポジウム「歯周病の予防戦略」,
第56回秋季日本歯周病学会, 2013年9月.
40. 伊藤 博夫 :
公衆衛生学的視点から見た歯肉の健康指標の現状と将来展望. 学会主導企画シンポジウム「歯周病の予防戦略」,
第56回秋季日本歯周病学会, 2013年9月.
41. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on the biological properties of human gingival fibroblasts response toward ROS,
Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2013.
42. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
第11回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2013年6月.
43. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Real time xCELLigence analysis of antioxidant agents on human gingival fibroblast cells viability,
第62回日本口腔衛生学会総会, May 2013.
44. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカイン分析,
第62回日本口腔衛生学会・総会, 2013年5月.
45. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
46. 福井 誠, 玉木 直文, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
心血管クラスターリトリート, 2013年1月.
47. SA Mulyatno, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Mucosal adjuvanticity of bacterial lipopolysaccharide in compared with cholera toxin,
Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2012.
48. 岡田 寿朗, 小林 宏茂, 福井 隆夫, 渋谷 敦人, 武部 裕光, 豊嶋 健治, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成22年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
第22回日本歯科医学会総会, 2012年11月.
49. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
50. 天羽 崇, 日野出 大輔, 平島 美穂, 吉岡 昌美, 横山 正明, 玉谷 香奈子, 福井 誠, 伊藤 博夫, 片岡 宏介 :
舌苔中の歯周病関連細菌と口臭との関連性,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
51. 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
成人歯科健診事業における唾液検査と歯周所見の一致性について,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
52. 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
平成23年度に香川県内で実施した「成人歯科健診モデル事業」における保健行動目標の達成状況について,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
53. 福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
第5回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2012年8月.
54. 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
歯周病進行と酸化ストレス,
四国歯学会雑誌, 2012年6月.
55. SA Mulyatno, Kosuke Kataoka, Makoto Fukui, Kaname Miki, RC Orihuela-Campos and Hiro-O Ito :
Modulation of Mucosal Immune Response by Bacterial Lipopolysaccharide in Nasal Vaccination Model,
第61回日本口腔衛生学会・総会, May 2012.
56. 福井 誠, SA Mulyatno, 後藤 優樹, 三木 かなめ, RC Orihuela-Campos, 片岡 宏介, 林田 秀明, 北村 雅保, 川崎 浩二, 関田 孝晴, 中里 未央, 前田 隆浩, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性-第二報-,
第61回日本口腔衛生学会・総会, 2012年5月.
57. 福井 誠, ムルヤトノ サプタ, バータルジャフ ツェルメグ, 後藤 優樹, 片岡 宏介, 林田 秀明, 川崎 浩二, 前田 隆浩, 中里 未央, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性:五島研究,
2011年10月.
58. ムルヤトノ サプタ, 片岡 宏介, 関根 伸一, バータルジャブ ツェルメグ, 福井 誠, 金川 裕子, 後藤 優樹, 伊藤 博夫 :
経鼻粘膜アジュバントCpG ODNはマクロファージのTLR9発現と歯周病細菌抗原特異的Th1免疫応答を誘導する,
2011年10月.
59. 渋谷 敦人, 小林 弘茂, 福井 隆夫, 岡田 寿朗, 豊嶋 健治, 福井 誠, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成22年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
2011年10月.
60. T. Baatarjav, Kosuke Kataoka, S. Mulyatno, Makoto Fukui, H. Kanagawa and Hiro-O Ito :
Nasal Flt3L gene results in mucosal immune responses to PC through induction of B-1 B cells.,
第59回口腔衛生学会総会, Oct. 2010.
61. 片岡 宏介, 関根 伸一, バータルジャフ ツェルメグ, ムルヤトノ サプタ, 福井 誠, 金川 裕子, 伊藤 博夫 :
遺伝子改変植物による歯周病原菌定着阻害能を有するヒト唾液タンパク質スタセリンペプチドの発現,
第59回口腔衛生学会総会, 2010年10月.
62. 福井 誠, ムルヤトノ サプタ, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 林田 秀明, 川崎 浩二, 斎藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト血中および唾液中の抗ホスホリルコリン抗体の存在実態,
第59回口腔衛生学会総会, 2010年10月.
63. 片岡 宏介, 関根 伸一, 福井 誠, 横山 正明, 伊藤 博夫 :
粘膜アジュバントCpG オリゴヌクレオチドによるPorphyromonas gingivalis 線毛抗原特異的抗体応答の誘導,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会, 2010年9月.
64. 片岡 宏介, 福井 誠, 金川 裕子, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液タンパク質由来ペプチドの歯周病菌定着阻害効果,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
65. 福井 誠, サプタ ムルヤトノ, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
ヒトの唾液中および血中に存在する抗ホスホリルコリン抗体の検出,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
66. 三崎 昌和, 渋谷 敦人, 岡田 寿朗, 阿部 直樹, 豊嶋 健治, 福井 誠, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成21年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
67. 片岡 宏介, 中垣 晴男, 関根 伸一, 福井 誠, 伊藤 博夫, 雫石 聰 :
Fusobacterium nucleatum表層タンパク質FomAと唾液高チロシンタンパク質スタセリンペプチドとの相互作用,
第53回日本歯周病学会春季学術大会, 2010年5月.
68. Kosuke Kataoka, Hiro-O Ito, Makoto Fukui, Baatarjav Tselmeg and 藤橋 浩太郎 :
Induction of PC-specific T15 idiotype Ab in mucosal secretion by Flt3 ligand plasmid as a mucosal adjuvant,
日本免疫学会総会学術集会記録, Vol.39, 193, Dec. 2009.
69. 森本 晃允, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 博夫 :
OPA法ならびにエルマン法を基盤とするチオール捕捉標識反応剤の合成開発,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
70. 高松 夏子, 福井 誠, 片岡 宏介, 泉福 英信, 伊藤 博夫 :
歯根面う蝕発生における唾液中抗PAc (361-386) IgA 抗体の役割,
第59回日本口腔衛生学会総会(岐阜市,長良川国際会議場)2009年10月10日 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.4, 367, 2009年10月.
71. バータルジャフ ツェルメグ, ムルヤトノ サプタ, 金川 裕子, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 福井 誠 :
唾液タンパク質由来ペプチド複合体による歯周病菌定着阻害能の検討,
第59回日本口腔衛生学会総会(岐阜市,長良川国際会議場) 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.4, 349, 2009年10月.
72. 岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された歯科保健指導モデル事業報告,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
73. 金川 裕子, 福井 誠, 米津 隆仁, 横山 正秋, 安達 聡, ツェルメグ B., 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
徳島県民の歯科定期歯科健診受診行動に関する心理的要因の調査,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
74. 福井 誠, 伊藤 博夫 :
フゾバクテリウム反応性唾液sIgA抗体と舌苔との関連性,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
75. 福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
フゾバクテリウム反応性唾液sIgA抗体と舌苔との関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.5, 606-607, 2009年6月.
76. 万井 正章, 宇野 賀津子, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
唾液中サイトカイン測定の健康診査への応用に関する研究,
第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都大学芝蘭会館), 2009年6月.
77. 伊藤 博夫, B. ツェルメグ, 片岡 宏介, 福井 誠 :
肺炎球菌抗原とDNAアジュバント経鼻投与による粘膜免疫応答の解析,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
78. 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 :
メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
79. 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 :
揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究,
第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
80. 岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告,
日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 555, 2008年8月.
81. 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 髙松 夏子, 増田 かなめ, 伊藤 博夫 :
口腔清潔度の指標としての唾液中総細菌数, --- リアルタイムPCR法によるハイスループット測定 ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 692, 2007年10月.
82. 岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 亀井 稔之, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
83. 福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
口臭患者における唾液ストレスマーカーの評価,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 482, 2007年8月.
84. 髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
歯根面う蝕のリスクファクター調査,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
85. 横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
歯周病原細菌Campylobacter rectusと妊娠期の歯周状態との関連性,
日本歯周病学会会誌, Vol.49, 176, 2007年8月.
86. Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito :
Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy,
「魅力ある大学院教育」イニシアティブ・第1回国際シンポジウム, Mar. 2007.
87. 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 :
学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月.
88. 横山 正明, 伊藤 博夫, 他 :
妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性,
第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
89. 吉岡 昌美, 伊藤 博夫, 他 :
学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察,
第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
90. 伊藤 博夫 :
シンポジウム5「口腔保健の免疫学的展開」口腔常在菌のホスホリルコリン抗原決定基に対する免疫応答の誘導と,抗肺炎球菌応答の修飾について,
第55回日本口腔衛生学会総会, 2006年10月.
91. 横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.4, 593, 2006年8月.
92. 伊藤 博夫 :
歯学・歯科医療におけるサイエンスとエビデンスの融合を求めて,
第30回 四国歯学会総会(徳島大学歯学部), 2006年7月.
93. 吉岡 昌美, 伊藤 博夫, 他 :
吉岡昌美ら,学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察,
第17回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (和歌山県歯科医師会館), 2006年6月.

その他・研究会:

1. Chen Shu, Naofumi Tamaki, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Protective effects of resveratrol against 5-FU-induced inflammatory responses in HaCaT cells.,
13, Jan. 2021.
2. Chen Shu, Naofumi Tamaki, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Resveratrol attenuates 5-FU-induced cell damage via activation of Nrf2 antioxidant pathway,
2020 69, Apr. 2020.
3. Chen Shu, Naofumi Tamaki, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Resveratrol attenuates 5-FU-induced cytotoxic reaction by inhibiting NF-kB and promoting f Nrf2 translocation to the nucleus in the HaCaT cell model,
2019 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2019.
4. 玉木 直文, 陳 舒, 工藤 保誠, 三木 かなめ, 石丸 直澄, 伊藤 博夫 :
実験的口腔粘膜モデルにおけるレスベラトロールの抗酸化・抗炎症効果,
第38回分子病理研究会, 2019年7月.
5. 伊藤 博夫 :
徳島県立総合大学校 オンリーワン徳島学講座 「むし歯と歯周病の早期発見と予防,そして成人病(生活習慣病)に罹りにくい全身の健康づくりへ 徳島県立総合教育センター(徳島県板野郡板野町)特別講義,
徳島県立総合大学校 特別講義, 2017年9月.
6. 伊藤 博夫 :
歯周病の予防と治療:健康の地力を高めるために必要なこと 平成28年度 歯周疾患予防管理研修・糖尿病の医科歯科連携研修会 (一社)島根県歯科医師会,島根県健康福祉部健康増進課,島根県歯科医師会館(島根県松江市)特別講演,
島根県歯科医師会 特別講演, 2017年1月.
7. 福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 武内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 :
歯科検診10年の取り組み,
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 51, 2016年9月.

報告書:

1. 山下 喜久, 天野 敦雄, 伊藤 博夫, 友藤 孝明, 久保庭 雅恵 :
口と全身の疾患と健康を評価する唾液検査法の開発, --- (平成29年度採択プロジェクト研究報告) ---,
日本歯科医学会雑誌, Vol.39, 38-43, 2020年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 液性検体含有メルカプタンの定量分析法開発への基礎的研究―口臭の疫学調査へ向けて (研究課題/領域番号: 21K10256 )
  • 疫学研究に適用可能な,唾液の液体分析法による多検体自動処理の口臭検査法の開発 (研究課題/領域番号: 18K09912 )
  • 歯牙喪失における遺伝子環境交互作用に関する研究:ゲノムワイド関連解析を用いた検討 (研究課題/領域番号: 18K09908 )
  • 天然ハーブ・キャッツクローの抗酸化作用と歯周病予防に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 16K11859 )
  • 生体反応の化学的測定に基づく客観的な新規歯周病診断システムの開発 (研究課題/領域番号: 26293442 )
  • ESR法による活性酸素種測定と歯周病との相互連関の解明および抗酸化物の効果 (研究課題/領域番号: 24593155 )
  • ヒト唾液中に含まれるサイトカインの正常範囲の決定 (研究課題/領域番号: 23593091 )
  • 新規ハイスループット口臭検査法の開発を目指した基礎的研究 (研究課題/領域番号: 22592336 )
  • 天然ペプチドライブラリーからのカンジダ菌定着抑制物質の検索 (研究課題/領域番号: 19592406 )
  • 胸腺非依存性抗原特異的唾液IgA抗体誘導のための自然免疫賦活化メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 19592403 )
  • デザインペプチドライブラリー構築による細菌付着阻止分子探索と感染性心内膜炎予防 (研究課題/領域番号: 18390569 )
  • 感染症局所病変の病型決定に関与する宿主遺伝子の探索 (研究課題/領域番号: 17659593 )
  • 細菌の組織定着抑止機序と分子デザインによる感染症予防の研究 (研究課題/領域番号: 16390540 )
  • 歯垢による感染性心内膜炎発症の実験的検証 (研究課題/領域番号: 15592211 )
  • 集団成人健康診断における採血サンプルの歯周疾患診断への応用 (研究課題/領域番号: 12672037 )
  • 抗原エピトープ高次構造に基づく新奇な抗歯周病合成ワクチンの開発 (研究課題/領域番号: 12557188 )
  • コンビナトリアルライブラリーを用いた感染性心内膜炎予防のためのリード化合物探索 (研究課題/領域番号: 12557187 )
  • 口腔レンサ球菌のフィブロネクチン受容体遺伝子の解析と発現タンパクの臨床応用 (研究課題/領域番号: 12470464 )
  • フィブロネクチン分子の細菌体結合エピトープの構造解析 (研究課題/領域番号: 11671873 )
  • Streptococcus milleriの生体付着機構解析ーとくにlamininを介した付着機構についてー (研究課題/領域番号: 09672112 )
  • 咀嚼機能が免疫機能に及ぼす影響 -高齢者について- (研究課題/領域番号: 09671994 )
  • 歯周炎に伴う免疫反応の特異性の解明とその制御 (研究課題/領域番号: 09671924 )
  • タンパク質の高次構造に依存する抗原エピトープ同定法の開発 (研究課題/領域番号: 08877282 )
  • 抗原と抗体の特異的結合に関与する立体構造の同定 (研究課題/領域番号: 07857135 )
  • 細菌内毒素とリゾチームの相互作用 (研究課題/領域番号: 07457448 )
  • 歯周病関連細菌のリポ多糖がは破骨細胞の分化ならびに活性化に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 06771669 )
  • 歯周炎患者の免疫応答の特異性(歯周病原性細菌特異的反応と自己交叉反応の相関について) (研究課題/領域番号: 05671595 )
  • 骨芽細胞ならびに破骨細胞における情報伝達機構 (研究課題/領域番号: 05454511 )
  • 歯周炎患者の体液性免疫応答の特異性(Porphgromonas gingivalisの主要抗原の同定・特に多糖抗原に関して) (研究課題/領域番号: 04671157 )
  • 多変量解析による歯周炎ハイリスク患者の診断 (研究課題/領域番号: 04454471 )
  • 歯周炎における免疫制御機構(歯周炎の病因に関与するT細胞の自己認識能の検討) (研究課題/領域番号: 03404056 )
  • 歯周疾患における線維芽細胞と免疫担当細胞間相互作用に関する研究 (研究課題/領域番号: 01571042 )
  • 研究者番号(40213079)による検索