検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

保健学 (Health Studies)
臨床栄養学 (Clinical Nutrition)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 三島 優奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
侵襲時のオートファジー制御とn‐3系脂肪酸投与,
日本外科代謝栄養学会, 2019年8月.
(DOI: 10.11638/jssmn.53.6_281,   CiNii: 1390846609793694208)
2. 堤 理恵 :
Whey peptide and microbiota,
California, 2019年7月.
3. 堤 理恵 :
柚香本,
徳島, 2019年4月.
4. 武田 英二, 鈴木 佳子, 松村 晃子, 中屋 豊, 堤 理恵, 阪上 浩, 濵田 康弘, 秦 明子, 他42人 :
認定NSTガイドブック2017 改訂第5版,
2017年7月.
5. 堤 理恵, 阪上 浩, 堤 保夫 :

2015年8月.
6. 堤 理恵 :
NEXT臨床栄養学 改訂2版,
講談社サイエンティフィック, 東京, 2015年3月.
7. 堤 理恵, 西村 匡司 :
救急,重症患者での栄養評価,
株式会社 羊土社, 2014年11月.
8. 堤 理恵, 西村 匡司 :
救急,重症患者での栄養評価,
株式会社 羊土社, 2014年.
9. 堤 理恵 :
NSTガイドブック,
メディカルレビュー社, 東京, 2014年.
10. 堤 理恵 :
PICUにおける栄養管理─エネルギー,たんぱく質,脂肪乳剤,特殊栄養素,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2013年.
11. 堤 理恵 :
臨床栄養学,
講談社サイエンティフィック, 東京, 2012年4月.

学術論文(審査論文):

1. 川上 歩花, 板東 美香, 髙士 友恵, 杉内 美月, Mizusa Hyodo, 三島 優奈, Masashi Kuroda, 森 博康, 黒田 暁生, 湯本 浩通, 松久 宗英, 阪上 浩, 堤 理恵 :
Umami taste sensitivity is associated with food intake and oral environment in subjects with diabetes,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.70, No.1.2, 241-250, 2023年.
(徳島大学機関リポジトリ: 118208,   DOI: 10.2152/jmi.70.241,   PubMed: 37164729,   Elsevier: Scopus)
2. 阪上 浩, 黒田 雅士, 堤 理恵 :
徳島県民が知っておくべき予防医学∼病気にならないための秘訣∼ 肥満から読み解く高齢者の栄養の問題点と管理,
四国医学雑誌, Vol.78, No.1-2, 3-8, 2022年.
(CiNii: 1050010997647006592)
3. Kana Beppu, Rie Tsutsumi, Satoshi Ansai, Nana Ochiai, Mai Terakawa, Marie Mori, Masashi Kuroda, Kazuki Horikawa, Takumi Tomoi, Joe Sakamoto, Yasuhiro Kamei, Kiyoshi Naruse and Hiroshi Sakaue :
Development of a screening system for agents that modulate taste receptor expression with the CRISPR-Cas9 system in medaka.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.601, 65-72, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116998,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.02.082,   PubMed: 35228123)
4. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Masahiro Hiasa, Yusuke Inoue, Asuka Oda, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoyo Hara, Ryohei Sumitani, Tomoko Maruhashi, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Hiroshi Sakaue, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
TGF-β-activated kinase-1 inhibitor LL-Z1640-2 reduces joint inflammation and bone destruction in mouse models of rheumatoid arthritis by inhibiting NLRP3 inflammasome, TACE, TNF-α and RANKL expression.,
Clinical & translational immunology, Vol.11, No.1, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117260,   DOI: 10.1002/cti2.1371,   PubMed: 35079379)
5. Kana Beppu, Ayuka Kawakami, Yuna Mishima, Rie Tsutsumi, Masashi Kuroda, Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa and Hiroshi Sakaue :
Taste receptor gene expression is associated with decreased eGFR in patients with diabetes.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.1.2, 120-126, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117023,   DOI: 10.2152/jmi.69.120,   PubMed: 35466133)
6. 堤 理恵, 三島 優奈, 川上 歩花, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
生活習慣病と栄養学 : 最近のトピックスを交えて,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 187-192, 2021年.
(CiNii: 1050292251404941184)
7. Atsushi Morio, Rie Tsutsumi, Shiho Satomi, Takashi Kondo, Hirotsugu Miyoshi, Takahiro Kato, Masashi Kuroda, Tadahiro Kitamura, Kenta Hara, Noboru Saeki, Hiroshi Sakaue and Yasuo M. Tsutsumi :
Leucine imparts cardioprotective effects by enhancing mTOR activity and mitochondrial fusion in a myocardial ischemia/reperfusion injury murine model.,
Diabetology & Metabolic Syndrome, Vol.13, No.1, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117442,   DOI: 10.1186/s13098-021-00755-z,   PubMed: 34801078)
8. Rie Tsutsumi, Yuki Yamasaki, Jiro Takeo, Hiroko Miyahara, Mayu Sebe, Masahiro Bando, Yousuke Tanba, Yuna Mishima, Kana Takeji, Nanako Ueshima, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Nagakatsu Harada, Daiju Fukuda, Ryoko Yoshimoto, Yasuo M. Tsutsumi, Ken-ichi Aihara, Masataka Sata and Hiroshi Sakaue :
Long-chain monounsaturated fatty acids improve endothelial function with altering microbial flora,
Translational Research : The Journal of Laboratory and Clinical Medicine, Vol.237, 16-30, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116689,   DOI: 10.1016/j.trsl.2021.03.016,   PubMed: 33775867,   Elsevier: Scopus)
9. Hitoshi Shono, Rie Tsutsumi, Kana Beppu, Rina Matsushima, Suzuno Watanabe, Chisa Fujimoto, Ryo Kanamura, Hiroki Ohnishi, Eiji Kondou, Takahiro Azuma, Gou Satou, Misako Kawai, Hideki Matsumoto, Yoshiaki Kitamura, Hiroshi Sakaue and Noriaki Takeda :
Dietary Supplementation with Monosodium Glutamate Suppresses Chemotherapy-Induced Downregulation of the T1R3 Taste Receptor Subunit in Head and Neck Cancer Patients.,
Nutrients, Vol.13, No.9, 2921, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 117248,   DOI: 10.3390/nu13092921,   PubMed: 34578798)
10. Sachiyo Fukushima, Nobuto Nakanishi, Kazumichi Fujioka, Kenichi Suga, Taku Shirakawa, Kayo Osawa, Kanako Hara, Rie Tsutsumi, Maki Urushihara, Ryuji Nakagawa, Hiroyuki Awano, Jun Oto, Hiroshi Sakaue, Kazumoto Iijima and Masafumi Matsuo :
Assessment of catabolic state in infants with the use of urinary titin N-fragment.,
Pediatric Research, 2021.
(DOI: 10.1038/s41390-021-01658-5,   PubMed: 34274960)
11. Atsushi Morio, Rie Tsutsumi, Takashi Kondo, Hirotsugu Miyoshi, Takahiro Kato, Soshi Narasaki, Shiho Satomi, Erika Nakaya, Masashi Kuroda, Hiroshi Sakaue, Tadahiro Kitamura and Yasuo M. Tsutsumi :
Leucine induces cardioprotection in vitro by promoting mitochondrial function via mTOR and Opa-1 signaling.,
Nutrition, Metabolism, and Cardiovascular Diseases : NMCD, 2021.
(DOI: 10.1016/j.numecd.2021.06.025,   PubMed: 34362635)
12. Manabu Ishihara, Nobuto Nakanishi, Rie Tsutsumi, Kanako Hara, Kyoka Machida, Nobuaki Yamamoto, Yasuhisa Kanematsu, Hiroshi Sakaue, Jun Oto and Yasushi Takagi :
Elevated Urinary Titin and its Associated Clinical Outcomes after Acute Stroke.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.30, No.3, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2020.105561,   PubMed: 33360523)
13. Yasushi Matsuura, Teruhiro Morishita, Michiko Sato, Nami Sumida, Takafumi Katayama, Rie Tsutsumi, Hiroshi Sakaue, Yutaka Taketani, Koichi Sairyo, Akihiko Kawaura and Eiji Takeda :
Effects of daily 1,000-IU vitamin D-fortified milk intake on skeletal muscle mass, power, physical function and nutrition status in Japanese.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.3.4, 249-255, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116490,   DOI: 10.2152/jmi.68.249,   PubMed: 34759139)
14. Nobuto Nakanishi, Jun Oto, Rie Tsutsumi, Yusuke Akimoto, Yuki Nakano and Masaji Nishimura :
Upper limb muscle atrophy associated with in-hospital mortality and physical function impairments in mechanically ventilated critically ill adults: a two-center prospective observational study.,
Journal of Intensive Care, Vol.8, No.1, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116553,   DOI: 10.1186/s40560-020-00507-7,   PubMed: 33292655)
15. Nobuto Nakanishi, Jun Oto, Rie Tsutsumi, Tomoko Yamamoto, Yoshitoyo Ueno, Emiko Nakataki, Taiga Itagaki, Hiroshi Sakaue and Masaji Nishimura :
Effect of Electrical Muscle Stimulation on Upper and Lower Limb Muscles in Critically Ill Patients: A Two-Center Randomized Controlled Trial.,
Critical Care Medicine, Vol.48, No.11, e997-e1003, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115045,   DOI: 10.1097/CCM.0000000000004522,   PubMed: 32897665)
16. Yuko Okamatsu-Ogura, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi, Ayumi Tsubota, Masayuki Saito, Kazuhiro Kimura and Hiroshi Sakaue :
UCP1-dependent and UCP1-independent metabolic changes induced by acute cold exposure in brown adipose tissue of mice.,
Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.113, 154396, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116598,   DOI: 10.1016/j.metabol.2020.154396,   PubMed: 33065161)
17. Nobuto Nakanishi, Rie Tsutsumi, Kanako Hara, Takuya Takashima, Emiko Nakataki, Taiga Itagaki, Masafumi Matsuo, Jun Oto and Hiroshi Sakaue :
Urinary Titin Is a Novel Biomarker for Muscle Atrophy in Nonsurgical Critically Ill Patients: A Two-Center, Prospective Observational Study.,
Critical Care Medicine, Vol.2020, No.48(9), 1327-1333, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115044,   DOI: 10.1097/CCM.0000000000004486,   PubMed: 32706557,   Elsevier: Scopus)
18. Yumiko Miyatake, Yuna Mishima, Rie Tsutsumi, Tamaki Otani, Naoya Suemasa, Saeko Masumoto, Masashi Kuroda and Hiroshi Sakaue :
Assessment of insulin resistance in the skeletal muscle of mice using positron emission tomography/computed tomography imaging.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.528, No.3, 499-505, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 118304,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.05.165,   PubMed: 32513534)
19. Nagakatsu Harada, Yuka Gotoda, Adzumi Hatakeyama, Tadahiko Nakagawa, Yumiko Miyatake, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Differential regulation of Actn2 and Actn3 expression during unfolded protein response in C2C12 myotubes.,
Journal of Muscle Research and Cell Motility, 2020.
(DOI: 10.1007/s10974-020-09582-7,   PubMed: 32451822)
20. Masashi Kuroda, Misa Nishiguchi, Naho Ugawa, Etsuko Ishikawa, Yasuyo Kawabata, Saya Okamoto, Waka Sasaki, Yumiko Miyatake, Mayu Sebe, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Interferon regulatory factor 7 mediates obesity-associated MCP-1 transcription.,
PLoS ONE, Vol.15, No.5, e0233390, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115245,   DOI: 10.1371/journal.pone.0233390,   PubMed: 32437400)
21. Masashi Kuroda, Rumi Onoyama, Waka Sasaki, Mayu Sebe, Tadahiro Kitamura, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
DNA methylation status influences insulin-induced glucose transport in 3T3-L1 adipocytes by mediating p53 expression.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.525, No.1, 39-45, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.02.038,   PubMed: 32070490)
22. Nobuto Nakanishi, Rie Tsutsumi, Yoshihiro Okayama, Takuya Takashima, Yoshitoyo Ueno, Taiga Itagaki, Yasuo Tsutsumi, Hiroshi Sakaue and Jun Oto :
Monitoring of muscle mass in criticaly ill patients: comparison of ultrasound and two bioelectrical impedance analysis devices,
Journal of Intensive Care, Vol.7, 61, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114541,   DOI: 10.1186/s40560-019-0416-y,   PubMed: 31890223,   Elsevier: Scopus)
23. Shiho Satomi, Atsushi Morio, Hirotsugu Miyoshi, Ryuji Nakamura, Rie Tsutsumi, Hiroshi Sakaue, Toshimichi Yasuda, Noboru Saeki and Yasuo M. Tsutsumi :
Branched-chain amino acids-induced cardiac protection against ischemia/reperfusion injury.,
Life Sciences, Vol.245, 2020.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2020.117368,   PubMed: 32001270,   Elsevier: Scopus)
24. Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Takuro Oyama, T Yousuke Horikawa, Yuta Uemura, Nami Kakuta, Yoko Sakai, Atsushi Morio, Hirotsugu Miyoshi, Takashi Kondo, Tomoaki Urabe, Yuko Noda, Satoshi Kamiya, Noboru Saeki, Masashi Kuroda, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Assessment of postoperative nutritional status and physical function between open surgical aortic valve replacement and transcatheter aortic valve implantation in elderly patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1.2, 139-144, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114644,   DOI: 10.2152/jmi.67.139,   PubMed: 32378597)
25. Abhishek Shetty, Thejaswini Venkatesh, Rie Tsutsumi and S Padmanaban Suresh :
Gene expression changes and promoter methylation with the combined effects of estradiol and leptin in uterine tissue of the ovariectomized mice model of menopause.,
Molecular Biology Reports, Vol.47, No.1, 151-168, 2019.
(DOI: 10.1007/s11033-019-05116-8,   PubMed: 31602590,   Elsevier: Scopus)
26. Abhishek Shetty, Thejaswini Venkatesh, Rie Tsutsumi and S Padmanaban Suresh :
Regulated expression of Gemin5, Xrn1, Cpeb and Stau1 in the uterus and ovaries after superovulation and the effect of exogenous estradiol and leptin in rodents.,
Molecular Biology Reports, Vol.46, No.2, 2533-2540, 2019.
(DOI: 10.1007/s11033-019-04606-z,   PubMed: 30689188)
27. Mari Miki, Susumu Yasuoka, Rie Tsutsumi, Yoichi Nakamura, Maeda Hajime, Yukiyasu Takeuchi, Keisuke Miki, Seigo Kitada and Ryoji Maekura :
Human airway trypsin-like protease enhances interleukin-8 synthesis in bronchial epithelial cells by activating protease-activated receptor 2.,
Archives of Biochemistry and Biophysics, Vol.664, 167-173, 2019.
(DOI: 10.1016/j.abb.2019.01.019,   PubMed: 30677406,   Elsevier: Scopus)
28. Masahiro Bando, Saeko Masumoto, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Effect of olive oil consumption on aging in a senescence-accelerated mice-prone 8 (SAMP8) model.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 241-247, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113365,   DOI: 10.2152/jmi.66.241,   PubMed: 31656282,   Elsevier: Scopus)
29. 堤 理恵, 瀬部 真由, 別府 香名, 渡辺 涼乃, 尾平 優, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
化学療法に伴う味覚・嗅覚障害への対応 (特集 化学療法時の栄養管理),
日本静脈経腸栄養学会雑誌, Vol.33, No.4, 1019-1024, 2018年.
(DOI: 10.11244/jspen.33.1019,   CiNii: 1390282763059771520)
30. Nagakatsu Harada, Adzumi Hatakeyama, Maiko Okuyama, Yumiko Miyatake, Tadahiko Nakagawa, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Readthrough of ACTN3 577X nonsense mutation produces full-length α-actinin-3 protein.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.502, No.3, 422-428, 2018.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.05.193,   PubMed: 29857001)
31. S Padmanaban Suresh, Rie Tsutsumi and Thejaswini Venkatesh :
YBX1 at the crossroads of non-coding transcriptome, exosomal, and cytoplasmic granular signaling.,
European Journal of Cell Biology, Vol.97, No.3, 163-167, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ejcb.2018.02.003,   PubMed: 29478751)
32. 福永 佳容子, 堤 理恵 :
Q&A 蛋白源としてのペプチドの意義 (特集 エキスパートに学ぶ栄養管理のすべて),
救急·集中治療, Vol.30, No.1, 79-85, 2018年.
(CiNii: 1523388079855579392)
33. Susumu Yasuoka, Mari Miki, Rie Tsutsumi, Masami Yoshioka, Takashi Bando and Fumiko Michishige :
Human airway trypsin-like protease (HAT) is released into saliva.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 258-267, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112270,   DOI: 10.2152/jmi.65.258,   PubMed: 30282870)
34. Chikugo Momoko, Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Iuchi Marina, Jun Kishi, Masashi Kuroda, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Nishioka and Hiroshi Sakaue :
Effect of Janus kinase inhibition by tofacitinib on body composition and glucose metabolism.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 166-170, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112232,   DOI: 10.2152/jmi.65.166,   PubMed: 30282855)
35. Rodrigo Scotini, Ian Skinner, Francesca Racioppi, Virginia Fusé, Oliveira Jonas de Bertucci and Rie Tsutsumi :
Supporting Active Mobility and Green Jobs through the Promotion of Cycling.,
International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol.14, No.12, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113713,   DOI: 10.3390/ijerph14121603,   PubMed: 29257121)
36. Nobuto Nakanishi, Jun Oto, Rie Tsutsumi, Marina Iuchi, Mutsuo Onodera and Masaji Nishimura :
Upper and lower limb muscle atrophy in critically ill patients: an observational ultrasonography study.,
Intensive Care Medicine, Vol.44, No.2, 263-264, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113714,   DOI: 10.1007/s00134-017-4975-x,   PubMed: 29110031,   Elsevier: Scopus)
37. Nagakatsu Harada, Maiko Okuyama, Aya Yoshikatsu, Hironori Yamamoto, Saori Ishiwata, Chikako Hamada, Tomoyo Hirose, Masayuki Shono, Masashi Kuroda, Rie Tsutsumi, Jiro Takeo, Yutaka Taketani, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Endoplasmic Reticulum Stress in Mice Increases Hepatic Expression of Genes Carrying a Premature Termination Codon via a Nutritional Status-Independent GRP78-Dependent Mechanism.,
Journal of Cellular Biochemistry, Vol.118, No.11, 3810-3824, 2017.
(DOI: 10.1002/jcb.26031,   PubMed: 28383761)
38. Yasuo Tsutsumi, Takuro Oyama, Nami Kakuta, YT Horikawa, Katsuyoshi Kume, Yoko Sakai, Rie Tsutsumi and Katsuya Tanaka :
Effect of oral carbohydrate with amino acid solution on serum oxidative/anti-oxidative status in healthy volunteers.,
Journal of Anesthesia, Vol.31, No.3, 472-475, 2017.
(DOI: 10.1007/s00540-017-2355-x,   PubMed: 28421317,   CiNii: 1523669554977281152,   Elsevier: Scopus)
39. Yumiko Miyatake, Tetsuya Shiuchi, Kazuaki Mawatari, Satomi Toda, Yasuko Taniguchi, Akari Futami, Fukiko Sato, Masashi Kuroda, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Yasuhiko Minokoshi, Tadahiro Kitamura, Koro Gotoh, Masaki Ueno, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
Intracerebroventricular injection of ghrelin decreases wheel running activity in rats.,
Peptides, Vol.87, 12-19, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113364,   DOI: 10.1016/j.peptides.2016.11.005,   PubMed: 27825986,   Elsevier: Scopus)
40. 堤 理恵, 阪上 浩, 西村 匡司 :
ARDS患者に投与すべき熱量はどのように決めるのか?, --- ARDS-その常識は正しいか?- ---,
救急·集中治療, Vol.29, No.1-2, 125-1313, 2017年.
(CiNii: 1520291854812347648)
41. Takako Kadota, Nami Kakuta, Yousuke T. Horikawa, Rie Tsutsumi, Takuro Oyama, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi :
Plasma substance P concentrations in patients undergoing general anesthesia: an objective marker associated with postoperative nausea and vomiting,
JA Clinical Reports, Vol.2, No.9, 9, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114557,   DOI: 10.1186/s40981-016-0034-9,   PubMed: 29497664)
42. Sebe Mayu, Rie Tsutsumi, Yamaguchi Sotaro, Horikawa T. Yousuke, Harada Nagakatsu, Takuro Oyama, Nami Kakuta, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi, Yutaka Nakaya and Hiroshi Sakaue :
The synergistic effects of omega-3 fatty acids against 5-fluorouracil-induced mucosal impairment in mice.,
BMC Nutrition, Vol.2, No.17, 1-10, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114371,   DOI: 10.1186/s40795-016-0057-7)
43. Rie Tsutsumi, Masakazu Goda, Chisa Fujimoto, Kyoko Kanno, Misaki Nobe, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Misako Kawai, Hideki Matsumoto, Tohru Sakai and Noriaki Takeda :
Effects of chemotherapy on gene expression of lingual taste receptors in patients with head and neck cancer.,
The Laryngoscope, Vol.126, No.3, E103-E109, 2015.
(DOI: 10.1002/lary.25679,   PubMed: 26422579)
44. Tomohiro Soga, Katsuyoshi Kume, Nami Kakuta, Eisuke Hamaguchi, Rie Tsutsumi, Ryosuke Kawanishi, Kohei Fukuta, Katsuya Tanaka and Yasuo M. Tsutsumi :
Fosaprepitant versus ondansetron for the prevention of postoperative nausea and vomiting in patients who undergo gynecologic abdominal surgery with patient-controlled epidural analgesia: a prospective, randomized, double-blind study.,
Journal of Anesthesia, Vol.29, No.5, 696-701, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109689,   DOI: 10.1007/s00540-015-2006-z,   PubMed: 25801542,   Elsevier: Scopus)
45. Tohru Sakai, Tomoyo Taki, Akiko Nakamoto, Shiho Tazaki, Mai Arakawa, Mariko Nakamoto, Rie Tsutsumi and Emi Shuto :
Dietary ribonucleic Acid suppresses inflammation of adipose tissue and improves glucose intolerance that is mediated by immune cells in C57BL/6 mice fed a high-fat diet.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 73-78, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.73,   PubMed: 25994141,   Elsevier: Scopus)
46. Akiko Nakamoto, Emi Shuto, Rie Tsutsumi, Mariko Nakamoto, Yoshitaka Nii and Tohru Sakai :
Vitamin A Deficiency Impairs Induction of Oral Tolerance in Mice.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.2, 147-153, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.147,   PubMed: 26052145,   Elsevier: Scopus)
47. Thejaswini Venkatesh, S Padmanaban Suresh and Rie Tsutsumi :
New insights into the genetic basis of infertility.,
The Application of Clinical Genetics, Vol.7, 235-243, 2014.
(DOI: 10.2147/TACG.S40809,   PubMed: 25506236)
48. Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yoko Sakai, Eisuke Hamaguchi, Hiroshi Kitahata, Asuka Kasai, Noriko Kambe and Katsuya Tanaka :
Geranylgeranylacetone and volatile anesthetic-induced cardiac protection synergism is dependent on caveolae and caveolin-3.,
Journal of Anesthesia, Vol.28, No.5, 733-739, 2014.
(DOI: 10.1007/s00540-014-1816-8,   PubMed: 24633659)
49. Yasuo Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Eisuke Hamaguchi, Yoko Sakai, Asuka Kasai, Yoshihiro Ishikawa, Utako Yokoyama and Katsuya Tanaka :
Exendin-4 ameliorates cardiac ischemia/reperfusion injury via caveolae and caveolins-3.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.13, 132, 2014.
(DOI: 10.1186/s12933-014-0132-9,   PubMed: 25194961,   Elsevier: Scopus)
50. Rie Tsutsumi, Tomomi Yoshida, Yoshitaka Nii, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Masao Tsukayama, Rei Hashimoto, Yasuko Taniguchi, Hiroshi Sakaue, Toshio Hosaka, Emi Shuto and Tohru Sakai :
Sudachitin, a polymethoxylated flavone, improves glucose and lipid metabolism by increasing mitochondrial biogenesis in skeletal muscle.,
Nutrition & Metabolism, Vol.11, 32, 2014.
(DOI: 10.1186/1743-7075-11-32,   PubMed: 25114710)
51. 堤 保夫, 堤 理恵, 久米 克佳, 角田 奈美, 山崎 理恵, 田中 克哉 :
主観的包括的評価(SGA)の結果よりみる周術期栄養状態の実態,
臨床麻酔, Vol.38, No.5, 745-750, 2014年.
52. Rie Tsutsumi and Yasuo Tsutsumi :
Peptides and proteins in whey and their benefits for human health.,
Austin Journal of Nutrition and Food Sciences, Vol.1, No.1, 1-9, 2014.
53. 堤 理恵, 平田 容子, 中瀧 恵実子, 大藤 純, 堤 保夫, 中屋 豊, 今中 秀光, 西村 匡司 :
ICU患者のエネルギー消費量と病勢との関連の検討.,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.21, 173-174, 2014年.
(DOI: 10.3918/jsicm.21.173,   CiNii: 1390001204445489664)
54. Toshio Hosaka, Sayaka Sasaga, Yukiko Yamasaka, Yoshitaka Nii, Kazuhiro Edazawa, Rie Tsutsumi, Emi Shuto, Naoki Okahisa, Shinya Iwata, Hiroyuki Tomotake and Tohru Sakai :
Treatment with buckwheat bran extract prevents the elevation of serum triglyceride levels and fatty liver in KK-A(y) mice.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 345-352, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109583,   DOI: 10.2152/jmi.61.345,   PubMed: 25264053,   Elsevier: Scopus)
55. 堤 理恵, 堤 保夫 :
ICUにおける消化態栄養剤の効果と使い方の検討,
臨床栄養, Vol.123, 600-605, 2013年.
56. 堤 保夫, 武川 茉莉子, 濵口 英佑, 田中 克哉, 久米 克佳, 中屋 豊, 堤 理恵 :
重症患者の栄養療法に起因する代謝性有害反応―エネルギーの過剰投与による筋タンパク異化と栄養ストレス―,
静脈経腸栄養, Vol.28, No.6, 1251-1257, 2013年.
(DOI: 10.11244/jjspen.28.1251,   CiNii: 1390001204427337472)
57. Tohru Sakai, Tomoyo Taki, Akiko Nakamoto, Emi Shuto, Rie Tsutsumi, Takayuki Toshimitsu, Seiya Makino and Shuuji Ikegami :
Lactobacillus plantarum OLL2712 regulates glucose metabolism in C57BL/6 mice fed a high-fat diet.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.59, No.2, 144-147, 2013.
(DOI: 10.3177/jnsv.59.144,   PubMed: 23727645,   CiNii: 1390282681301114368,   Elsevier: Scopus)
58. 堤 理恵, 武川 茉莉子, 田中 克哉, 堤 保夫 :
整形外科病棟における術前経口補水液の導入とその効果,
栄養-評価と治療, Vol.30, 71-76, 2013年.
59. 堤 理恵, 武川 茉莉子, 山口 想太郎, 堤 保夫 :
早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討,
臨床栄養, Vol.121, 113-117, 2012年.
60. Rie Tsutsumi, Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Yozo Takehisa, Toshio Hosaka, Nagakatsu Harada, Tohru Sakai and Yutaka Nakaya :
Decline in anthropometric evaluation predicts a poor prognosis in geriatric patients.,
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, Vol.21, No.1, 44-51, 2012.
(PubMed: 22374559)
61. Kayo Hirose, Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Masayuki Shono, Erika Katayama, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Role of the O-linked -N-acetylglucosamine in the cardioprotection induced by isoflurane.,
Anesthesiology, Vol.115, No.5, 955-962, 2011.
(DOI: 10.1097/ALN.0b013e31822fcede,   PubMed: 21876430)
62. Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Yutaka Nakaya, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Compound K, a metabolite of ginsenosides, induces cardiac protection mediated nitric oxide via Akt/PI3K pathway.,
Life Sciences, Vol.88, No.15-16, 725-729, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2011.02.011,   PubMed: 21338613,   Elsevier: Scopus)
63. Toshio Hosaka, Yoshitaka Nii, Hiroyuki Tomotake, Takahiro Ito, Aya Tamanaha, Yukiko Yamasaka, Sayaka Sasaga, Kazuhiro Edazawa, Rie Tsutsumi, Emi Shuto, Naoki Okahisa, Shinya Iwata and Tohru Sakai :
Extracts of common buckwheat bran prevent sucrose digestion.,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.57, No.6, 441-445, 2011.
(DOI: 10.3177/jnsv.57.441,   PubMed: 22472288)
64. Rie Tsutsumi, Devendra Mistry and Nicholas J. G. Webster :
Signaling responses to pulsatile gonadotropin-releasing hormone in LbetaT2 gonadotrope cells.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.285, No.26, 20262-20272, 2010.
(DOI: 10.1074/jbc.M110.132662,   PubMed: 20406815)

学術論文(紀要・その他):

1. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 黒井 俊哉, 植木 歩夢, 堤 理恵, 阪上 浩, 小瀧 歩, 工藤 千秋 :
認知症超早期発見チェックシート(Q-ESD)と老研式活動能力指標(TMIG-IC)との相関性の検討,
日本早期認知症学会誌, Vol.13, No.1, 42-48, 2020年.
(CiNii: 1523669556040598272)

総説・解説:

1. 庄野 仁志, 堤 理恵, 藤本 知佐, 合田 正和, 金村 亮, 大西 皓貴, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 田村 公一, 阪上 浩, 武田 憲昭 :
頭頸部癌に対する化学療法による味覚障害の分子メカニズムと食事介入による予防 (武田憲昭教授退任記念総説集),
耳鼻咽喉科臨床 補冊, No.158, 138-141, 2022年2月.
(CiNii: 1390855035389806208)
2. 高岡 司, 遠藤 亜紀, 松田 和徳, 上田 千鶴, 猿倉 薫子, 堤 理恵, 阪上 浩, 酒井 徹, 山本 茂, 武田 憲昭 :
新しい亜鉛栄養状態の評価法の開発と亜鉛欠乏性味覚障害の解明 (武田憲昭教授退任記念総説集),
耳鼻咽喉科臨床 補冊, No.158, 133-137, 2022年2月.
(DOI: 10.5631/jibirinsuppl.158.133,   CiNii: 1390573560394202496)
3. 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
【脂肪細胞・アディポサイトカインと糖尿病】脂肪細胞と糖尿病 褐色脂肪細胞と糖尿病,
月刊糖尿病, Vol.14, No.1, 28-34, 2022年1月.
4. 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脂肪細胞分化に対するエピジェネティック制御機構,
実験医学増刊, Vol.39, No.5, 32-38, 2021年3月.
5. 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
【個人差の理解へ向かう肥満症研究 GWAS,エピゲノム,腸内細菌,栄養学的知見から多様な病態を解明し,Precision Medicineをめざす】(第1章)代謝(エネルギー消費)の分子・細胞・個体メカニズム 脂肪細胞分化に対するエピジェネティック制御機構,
実験医学, Vol.39, No.5, 654-660, 2021年3月.
6. 原 加奈子, 堤 理恵, 中西 信人, 三島 優奈, 待田 京香, 黒田 雅士, 大藤 純, 阪上 浩 :
重症患者における筋萎縮と尿中タイチン濃度測定の意義,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 267-272, 2020年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 115785,   CiNii: 1050287363395004928)
7. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
【糖・エネルギー代謝ネットワークupdate】脂肪細胞熱産生機構における転写因子による制御,
糖尿病·内分泌代謝科, Vol.51, No.1, 23-27, 2020年7月.
(CiNii: 1521699229687059584)
8. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 三島 優奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
代謝動態の連関による生体機能制御 骨格筋と代謝調節に注目して,
糖尿病·内分泌代謝科, Vol.51, No.1, 71-77, 2020年7月.
(CiNii: 1520010380610834688)
9. 堤 理恵, Yasuo M. Tsutsumi , 阪上 浩 :

救急・集中治療 重症患者の栄養治療, Vol.27, No.7.8, 585-590, 2015年8月.
10. Tohru Sakai, Emi Shuto and Rie Tsutsumi :
Soy-Derived Compounds and Immune Response,
Soy: Nutrition, consumption and Health, 147-159, 2013.
(Elsevier: Scopus)
11. Rie Tsutsumi and G Nicholas J Webster :
GnRH pulsatility, the pituitary response and reproductive dysfunction.,
Endocrine Journal, Vol.56, No.6, 729-737, Jul. 2009.
(DOI: 10.1507/endocrj.K09E-185,   PubMed: 19609045)

国際会議:

1. Rie Tsutsumi :
The power of whey ; the benefit of whey based enteral nutrition in ICU patients,
2. Masashi Kuroda, Naho Ugawa, Etsuko Ishikawa, Yasuyo Kawabata, Saya Okamoto, Waka Sasaki, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi and Hiroshi Sakaue :
Transcription factor IRF7 and energy metabolism,
The 11th Scientific Meeting of the Asian Association for the Study of Diabetes., May 2019.
3. Rie Tsutsumi, Yasuo Tsutsumi, Roth David, Patel Hemal, Tanaka Katsuya and Sakaue Hiroshi :
Leucine induces cardioprotection by promoting mitochondrial fusion and function via mTOR and Opa-1 signaling in vitro and diet induced obese mice.,
Keystone Symposia Conference, Kyoto, Oct. 2015.
4. Rie Tsutsumi :
Obesity and lowered muscle mass in patients with rheumatoid arthritis,
Nagoya, Oct. 2015.
5. Rie Tsutsumi :
Identifications of chemotherapy-sensitive taste receptors regulatiing dysgeusia in patients with head and nick cancer,
Asian Congress of Dietitian, Aug. 2014.
6. Eisuke Hamaguchi, Shuzo Oshita, Katsuya Tanaka, Rie Tsutsumi and Yasuo M. Tsutsumi :
Glucagon-like peptide-1 induced cardiac protection is dependent on caveolin-3 expression.,
Experimental Biology Annual Meeting, Boston, Illinois, Apr. 2013.
7. Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka and Yasuo Tsutsumi :
Whey protein promppts TCA cycle and increases energy expenditure via mTOR signaling.,
the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
8. Rie Tsutsumi, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi :
Overfeeding induces nutritional stress and protein catabolism,
the 34th European Society for Clinical nutrition and Metabolism Congress, Barcelona, Spain, Sep. 2012.
9. Rie Tsutsumi, Sasaga Sayaka, Takegawa Mariko and Yasuo Tsutsumi :
Whey based formula reduces intestinal atrophy and enhances antioxidant defenses against sepsis.,
Experimental Biology Annual Meeting, San Diego, California, Apr. 2012.
10. Yasuo Tsutsumi, Hirose Kayo, Katayama Erika, Rie Tsutsumi, Kinoshita Michiko, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Role of O-linked -N-acetylglucosamine in isoflurane induced cardiac protection.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
11. Rie Tsutsumi, Kazuaki Mawatari, Katayama Erika, Yutaka Nakaya and Yasuo Tsutsumi :
Compound K produces cardiac protection by activating Akt phosphorylation.,
Experimental Biology Annual Meeting, Anaheim, California, Apr. 2010.
12. E Katayama, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya, K Hirose, K Tanaka, S Oshita and Yasuo Tsutsumi :
Role of mTOR/p70S6K in amino acid-induced caediac protection.,
Experimental Biology 2010(American Siciety for Nutrition), Anaheim,CA, Apr. 2010.

国内講演発表:

1. 堤 理恵 :
重度侵襲下における過剰栄養はタンパク異化をもたらす,
2. 堤 理恵 :
ICUにおける管理栄養士の果たす役割,
3. 橋村 寧々, 十川 竜太朗, 堤 理恵, 瀬川 博子, 小原 亜希子, 大江 健一, 卯川 裕一, 向井 理恵 :
ホップ由来フラボノイドによる 骨格筋でのアミノ酸取り込み促進作用,
第77回日本栄養・食糧学会大会, 2023年5月.
4. 荒瀬 美晴, 中西 信人, 堤 理恵, 待田 京香, 新井 悠太, 阪上 浩, 大藤 純 :
急性心筋梗塞診断における尿中タイチンの有用性評価.,
第49回日本集中治療医学会学術集会, 2022年3月.
5. 和田 安純, 黒田 雅士, 田村 優実, 茶本 凜, 富永 玲奈, 小林 久呂枝, 松村 英里佳, 瀧下 美由紀, 藤田 めい, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脂肪組織由来MFG-E8はNASHでの肝慢性炎症・線維化を促進する,
第42回 日本肥満学会, 2022年3月.
6. 黒田 雅士, 富永 玲奈, 田村 優実, 茶本 凜, 松村 英里佳, 小林 久呂枝, 和田 安純, 瀧下 美由紀, 藤田 めい, 志内 哲也, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝調節機構における転写因子IRF7生理的意義の検討,
第25回アディポサイエンス・シンポジウム, 2022年2月.
7. 田中 寛人, 堤 理恵, 大江 健一, 卯川 裕一, 向井 理恵 :
廃用性筋萎縮からの回復を促進する8-プレニルナリンゲニンがアミノ酸動態に与える影響について,
支部創立20周年記念 日本農芸化学会中四国支部 第61回支部講演会(例会), 2022年1月.
8. 田中 寛人, 堤 理恵, 向井 理恵 :
骨格筋量の調節に寄与するポリフェノールがアミノ酸動態に与える影響について,
第6回メタボローム解析シンポジウム(徳島大学医学部医科栄養学科 メタボローム解析室), 2021年10月.
9. 黒田 雅士, 茶本 凜, 田村 優実, 富永 玲奈, 小林 久呂枝, 松村 英里佳, 和田 安純, 瀧下 美由紀, 藤田 めい, 堤 理恵, 阪上 浩 :
DNAメチル化による熱産生関連遺伝子制御機構の検討,
第 54 回 日本栄養•食糧学会 中国•四国支部大会, 2021年10月.
10. 和田 安純, 茶本 凜, 田村 優実, 富永 玲奈, 小林 久呂枝, 松村 英里佳, 瀧下 美由紀, 藤田 めい, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
NASH病態形成における脂肪組織由来分泌タンパク質MFG-E8の関与,
第263回徳島医学会, 2021年8月.
11. 黒田 雅士, 茶本 凜, 富永 玲奈, 田村 優実, 松村 英里佳, 小川 美季, 堤 理恵, 阪上 浩 :
DNAメチル化による脂肪細胞機能制御についての検討,
第64回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2021年5月.
12. 出葉 祥恵, 山下 果穂, 竹治 香菜, 山崎 幸, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプトゾトシン抵抗性ラットに認められた消化管・膵臓連関,
糖尿病, Vol.64, No.Suppl.1, III-94-6, 2021年5月.
13. 三島 優奈, 堤 理恵, 大谷 環樹, 原 加奈子, 藤本 紗織, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
PET/CTを用いたマウス骨格筋インスリン抵抗性の評価,
第41回 日本肥満学会, 2021年3月.
14. 岡松 優子, 黒田 雅士, 堤 理恵, 坪田 あゆみ, 斉藤 昌之, 木村 和弘, 阪上 浩 :
マウス褐色脂肪組織において寒冷刺激により誘導されるUCP1依存的および非依存的代謝変化,
第41回 日本肥満学会, 2021年3月.
15. 松村 英里佳, 黒田 雅士, 富永 玲奈, 田村 優実, 茶本 凜, 小林 久呂枝, 和田 安純, 瀧下 美由紀, 藤田 めい, 志内 哲也, 堤 理恵, 阪上 浩 :
転写因子IRF7によるエネルギー代謝調節機構の解明,
第42回 日本肥満学会, 2021年3月.
16. 中西 信人, 堤 理恵, 上野 義豊, 田根 なつ紀, 綱野 祐美子, 板垣 大雅 :
「筋萎縮ゼロプロジェクト:PICS予防のための取り組み」,
日本集中治療医学会雑誌, 2021年2月.
17. 原 加奈子, 堤 理恵, 三島 優奈, 待田 京香, 阪上 浩, 中西 信人, 大藤 純 :
重症患者における筋萎縮と尿中タイチン濃度に関する検討,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 341, 2020年12月.
18. 堤 理恵, 阪上 浩, 敷島 康普, 三浦 宏之 :
スダチ果皮エキス末の継続摂取が内臓脂肪に与える影響についてのランダム化二重盲検介入試験,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 341-342, 2020年12月.
19. 三島 優奈, 堤 理恵, 黒田 雅士, 阪上 浩, 大谷 環樹 :
PET/CTを用いたマウス骨格筋インスリン抵抗性の評価,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 342, 2020年12月.
20. 堤 理恵, 福永 佳容子, 阿久根 愛実, 植木 歩夢, 黒井 俊哉, 藤田 智子, 小瀧 歩, 工藤 千秋, 阪上 浩 :
認知症患者の栄養管理の問題点と工夫 早期認知機能低下高齢者に認められる食の変化,
学会誌JSPEN, Vol.2, No.Suppl.1, 153, 2020年11月.
21. 堤 理恵, 山本 智子, 橘高 久未子, 中西 信人, 阪上 浩 :
重症患者の栄養代謝病態と栄養療法の実際 重症病態における糖・アミノ酸代謝動態の解明,
学会誌JSPEN, Vol.2, No.Suppl.1, 187, 2020年11月.
22. 別府 香名, 堤 理恵, 瀬部 真由, 阪上 浩 :
食道がん・頭頸部がん患者における安静時エネルギー消費量と食事摂取量および体組成の関係性,
学会誌JSPEN, Vol.2, No.Suppl.1, 252, 2020年11月.
23. 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀬野浦 聖佳, 岸 潤, 黒田 雅士, 木下 成三, 中屋 豊, 堤 保夫, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
脂質の過剰摂取は関節リウマチ病態の増悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
学会誌JSPEN, Vol.2, No.Suppl.1, 824, 2020年11月.
24. 遠藤 亜紀, 松岡 百百世, 高岡 司, 堤 理恵, 阪上 浩, 武田 憲昭 :
難治性亜鉛欠乏性味覚障害患者に対するツイントース併用亜鉛補充療法の効果,
第121回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会, 2020年10月.
25. 庄野 仁志, 堤 理恵, 金村 亮, 大西 皓貴, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 阪上 浩, 武田 憲昭 :
食事へのグルタミン酸Na 添加が頭頸部癌患者の化学療法による舌粘膜の味覚受容体遺伝子発現に与える影響,
第121回日本耳鼻咽喉科学会学術講演会, 2020年10月.
26. 徳里 望, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 庄野 仁志, 阿部 亮, 大西 皓貴, 佐藤 豪, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 阪上 浩, 武田 憲昭 :
食事へのグルタミン酸Na添加が頭頸部癌患者の化学療法による舌粘膜の味覚受容体遺伝子発現に与える影響,
日本耳鼻咽喉科学会会報, Vol.123, No.4, 1065, 2020年9月.
27. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 河相 舞香, 竹治 香菜, 山崎 幸, 松本 裕華, 堤 理恵, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
ストレプトゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
糖尿病, Vol.63, No.9, 642, 2020年9月.
28. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原 加奈子, 堤 理恵, 三島 優奈, 松本 裕華, 黒田 雅士, 大谷 環樹, 阪上 浩 :
PET/CTを用いた代謝性疾患モデルマウス骨格筋糖取り込みの評価,
糖尿病, Vol.63, No.9, 649, 2020年9月.
29. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 森 万理恵, 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 松久 宗英, 阪上 浩, 神田 彩恵, 堤 理恵, 三島 優奈, 上嶋 奈々子, 松本 裕華, 原 加奈子, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
ロイシンの抗動脈硬化作用の検討,
糖尿病, Vol.63, No.9, 657, 2020年9月.
30. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 岡本 彩椰, 黒田 雅士, 川端 康代, 田村 優実, 富永 玲奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
NASH病態形成における脂肪組織由来分泌タンパク質MFG-E8の関与,
糖尿病, Vol.63, No.9, 668, 2020年9月.
31. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 瀬部 真由, 堤 理恵, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
高脂肪食摂取が関節リウマチ病態に与える影響,
糖尿病, Vol.63, No.9, 668, 2020年9月.
32. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子 :
リンゴ由来プロシアニジンの摂取が老化モデルマウスの肥満・認知機能に及ぼす影響,
糖尿病, Vol.63, No.9, 668, 2020年9月.
33. 堤 理恵, 山本 智子, 中西 信人, 阪上 浩 :
侵襲時における臓器障害連関を科学する~基礎から臨床まで~ 侵襲時における臓器連関による糖・アミノ酸代謝制御機構の解明,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.27, No.Suppl., 277, 2020年9月.
34. 中西 信人, 堤 理恵, 原 加奈子, 山本 智子, 綱野 祐美子, 中瀧 恵実子, 板垣 大雅, 松尾 雅文, 阪上 浩, 大藤 純 :
侵襲時における臓器障害連関を科学する~基礎から臨床まで~ ICU入室患者における筋萎縮と尿中タイチン濃度に関する検討,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.27, No.Suppl., 277, 2020年9月.
35. 堤 理恵, 山本 智子, 中西 信人, 阪上 浩 :
重症患者に対する栄養療法の工夫と実践 重症患者の栄養管理におけるBIAの意義と活用の検討,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.27, No.Suppl., 317, 2020年9月.
36. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原 加奈子, 堤 理恵, 中西 信人, 阪上 浩 :
【重症患者の長期予後を見据えた栄養療法と運動療法】重症病態における代謝変化とアミノ酸代謝の見解,
外科と代謝·栄養, Vol.54, No.3, 143-146, 2020年8月.
37. 堤 理恵, 敷島 康普, 三浦 宏之, 阪上 浩 :
スダチ果皮エキスによるメタボリックシンドローム予防効果のランダム化二重盲検試験,
糖尿病, Vol.63, No.Suppl.1, S-180, 2020年8月.
38. 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀬野浦 聖佳, 岸 潤, 黒田 雅士, 木下 成三, 中屋 豊, 堤 保夫, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチ病態の増悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
糖尿病, Vol.63, No.Suppl.1, S-329, 2020年8月.
39. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 堤 理恵, 瀬部 真由, 岸 潤, 木下 成三, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチ病態の増悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, No.9, 75, 2020年4月.
40. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀬野浦 聖佳, 黒田 雅士, 中屋 豊, 阪上 浩, 岸 潤, 木下 成三, 堤 保夫, 西岡 安彦 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチを増悪させ骨格筋量の減少を引き起こす,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1-2, 120-121, 2020年4月.
41. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 武田 英二, 佐藤 美智子, 隅田 奈美, 久米 寛子, 大前 博司, 森下 照大, 川浦 昭彦, 片山 貴文, 堤 理恵, 阪上 浩, 竹谷 豊 :
骨格筋肉量,機能,栄養素吸収におよぼす1日1000IUのビタミンD摂取効果,
ビタミン, Vol.94, No.4, 277, 2020年4月.
42. 堤 理恵 :
重症患者における栄養療法,
日本集中治療医学会, 2020年3月.
43. 堤 理恵 :
高齢者の認知機能とタンパク質の必要性,
日本臨床栄養代謝学会, 2020年2月.
44. 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀨野浦 聖佳, 岸 潤, 黒田 雅士, 木下 成三, 中屋 豊, 堤 保夫, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチ病態の憎悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
45. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 瀬部 真由, 堤 理恵, 瀬野浦 聖佳, 岸 潤, 黒田 雅士, 木下 成三, 中屋 豊, 堤 保夫, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸の過剰摂取は関節リウマチ病態の増悪・骨格筋量の減少を引き起こす,
日本病態栄養学会誌, Vol.23, No.Suppl., S-1, 2020年1月.
46. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阿久根 愛実, 堤 理恵, 植木 歩夢, 瀬部 真由, 黒井 俊哉, 藤田 智子, 小瀧 歩, 工藤 千秋, 阪上 浩 :
認知機能低下と食事摂取・口腔細菌叢の関連性の検討,
日本病態栄養学会誌, Vol.23, No.Suppl., S-46, 2020年1月.
47. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 三島 優奈, 堤 理恵, 松本 裕華, 原 加奈子, 大谷 環樹, 上嶋 菜々子, 神田 彩恵, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
廃用性筋萎縮モデルにおける骨格筋・肝代謝動態の連関による生体機能制御,
日本病態栄養学会誌, Vol.23, No.Suppl., S-54, 2020年1月.
48. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 橘高 久未子, 山本 智子, 堤 理恵, 中西 信人, 阪上 浩 :
重症病態における血中遊離アミノ酸の意義,
日本病態栄養学会誌, Vol.23, No.Suppl., S-57, 2020年1月.
49. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 竹治 香菜, 山崎 幸, 河相 舞香, 松本 裕華, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプトゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
日本病態栄養学会誌, Vol.23, No.Suppl., S-57, 2020年1月.
50. 竹治 香菜, 山崎 幸, 河相 舞香, 松本 裕華, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプドゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
51. 三島 優奈, 堤 理恵, 松本 裕華, 原 加奈子, 大谷 環樹, 上嶋 菜々子, 神田 彩恵, 黒田 雅士, 阪上 浩 :
廃用性筋萎縮モデルにおける骨格筋・艦隊者動態の連関による生体機能制御,
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 2020年1月.
52. 森万 理江, 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 松久 宗英, 阪上 浩 :
糖尿病および透析患者における味覚障害と舌味覚受容体発言の関連について,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
53. 田中 寛人, 西海 信, 堤 理恵, 向井 理恵 :
筋タンパク質合成時にプレニルナリンゲニンが引き起こす骨格筋内代謝物の変動,
第13回日本ポリフェノール学会・第16回日本カテキン学会合同学術集会, 2019年11月.
54. 堤 理恵, 瀬部 真由, 岸 潤, 瀨野浦 聖佳, 黒田 雅士, 西岡 安彦, 阪上 浩 :
飽和脂肪酸はインスリン抵抗性誘導を介して慢性関節リウマチを増悪させる,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
55. 川端 康代, 黒田 雅士, 岡本 彩椰, 田村 優実, 富永 玲奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝調節機構における転写因子IRF7の役割,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
56. 竹治 香菜, 山崎 幸, 河相 舞香, 松本 裕華, 黒田 雅士, 堤 理恵, 阪上 浩 :
ストレプトゾトシン抵抗性ラットにおける膵β細胞保護因子の探索,
第40回 日本肥満学会, 2019年11月.
57. 武田 憲昭, 高岡 司, 堤 理恵, 阪上 浩 :
難治性亜鉛欠乏性味覚障害患者に対するツイントース併用亜鉛補充療法の効果,
第32回日本口腔咽頭科学会, 2019年9月.
58. 庄野 仁志, 堤 理恵, 阪上 浩, 合田 正和, 武田 憲昭 :
シスプラチンによる舌粘膜の味覚受容体発現低下とグルコサミン酸Naの食事への添加の効果,
第32回日本口腔咽頭科学会, 2019年9月.
59. 川端 康代, 黒田 雅士, 岡本 彩椰, 田村 優実, 富永 玲奈, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝調節機構における転写因子IRF7の役割,
第24回 アディポサイエンス・シンポジウム, 2019年8月.
60. 堤 理恵 :
栄養でがん患者を支える,
日本静脈経腸栄養学会, 2019年6月.
61. 徳里 望, 阪上 浩, 堤 理恵, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阪上 浩, 堤 理恵 :
肥満をもう一度考える:新たな肥満症から治療まで 肥満から読み解く高齢者栄養の問題点と管理の実際,
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, No.9, 137, 2019年6月.
62. 山田 美鈴, 黒田 暁生, 堤 理恵, 冨永 ゆかり, 阪上 浩, 松久 宗英 :
循環血中遊離DNAを標的とした血管内皮細胞傷害の検出,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
63. 堤 理恵 :
小型魚類を用いた味覚感知機序の解明,
日本栄養食糧学会, 2019年5月.
64. 堤 理恵 :
急性期の栄養療法と栄養剤の選択,
関西心不全研究会, 2019年5月.
65. 川端 康代, 黒田 雅士, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 岡本 彩椰, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
66. 三島 優奈, 堤 理恵, 宮武 由実子, 末政 直哉, 大谷 環樹, 兒玉 直子, 丹波 洋介, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阪上 浩 :
PET/CTを用いた代謝異常時の骨格筋における糖取り込みの測定,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
67. 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 岡本 彩椰, 川端 康代, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成における分泌タンパク質MFG-E8の関与,
第62回 日本糖尿病学会, 2019年5月.
68. 堤 理恵 :
急性期栄養療法,
長崎県NST講演会, 2019年4月.
69. 堤 理恵 :
PETCTによる筋代謝評価の確立,
MDF研究会, 2019年4月.
70. 別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 平野 春美, 土田 健司, 松久 宗英, 武田 憲昭, 阪上 浩 :
透析患者における味覚障害と味覚受容体T1R3遺伝子の発現の関連,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
71. 堤 理恵, 山本 智子, 中西 信人, 阪上 浩 :
敗血症における代謝破綻と血中遊離アミノ酸の意義,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.26, No.Suppl., [O75-1], 2019年2月.
72. 堤 理恵 :
がん患者と味覚障害,
日本病態栄養学会学術集会, 2019年1月.
73. 堤 理恵 :
PET-CTによる筋代謝評価,
2019年1月.
74. 佐々木 和佳, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 川端 康代, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
脱メチル化3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
75. 川端 康代, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討,
第39回 日本肥満学会, 2018年10月.
76. 與儀 耕大, 谷口 早紀, 宮崎 厚子, 一宮 由貴, 三木 幸代, 堤 理恵, 大森 哲郎 :
徳島大学病院がんサロンの活動報告と今後の展望,
第31回日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月.
77. 黒田 雅士, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 川端 康代, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩 :
エネルギー代謝における転写因子IRF7の役割,
第23回アディポサイエンス・シンポジウム, 2018年8月.
78. 宇川 菜穂, 黒田 雅士, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子 IRF7 の同定と機能解析,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
79. 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第61回 日本糖尿病学会, 2018年5月.
80. Masashi Kuroda, Etsuko Ishikawa, Naho Ugawa, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada and Hiroshi Sakaue :
Adipose tissue-derived protein, MFG-E8, regulates chronic inflammation and obesity-related liver disease,
第91回 日本内分泌学会, Apr. 2018.
81. 井内 茉莉奈, 堤 理恵, 中西 信人, 山本 智子, 田中 志歩, 大藤 純, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 西村 匡司 :
重症患者におけるエネルギー代謝動態の解析.,
第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年2月.
82. 堤 理恵, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山﨑 幸, 丹波 洋介, 宮原 裕子, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸の上腕動脈内皮機能に与える効果の検討,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
83. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
転写制御領域解析システムを用いた3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性調節因子の探索,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
84. 石川 悦子, 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪組織慢性炎症及びNASH病態形成に対するMFG-E8の関与,
第38回 日本肥満学会, 2017年10月.
85. 庄野 仁志, 武田 憲昭, 合田 正和, 堤 理恵, 阪上 浩 :
食事へのグルタミン酸Na 添加が化学療法による舌の味覚受容体遺伝子発現に与える影響,
第30 回日本口腔・咽頭科学, 2017年9月.
86. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 石川 悦子, 升本 早枝子, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
脂肪細胞における転写因子IRF7の同定及び機能解析,
第22回 アディポサイエンス・シンポジウム, 2017年8月.
87. 庄野 仁志, 合田 正和, 阿部 晃治, 堤 理恵, 酒井 徹, 武田 憲昭 :
頭頸部癌患者に対する化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に与える影響,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
88. 西口 実佐, 黒田 雅士, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と機能解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
89. 小野山 瑠美, 黒田 雅士, 西口 実佐, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
3T3-L1脂肪細胞のインスリン感受性に対するDNAメチル化の制御機構,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
90. 黒田 雅士, 西口 実佐, 小野山 瑠美, 宇川 菜穂, 堤 理恵, 原田 永勝, 阪上 浩 :
新規肥満関連転写因子IRF7によるMCP-1発現制御機構の解析,
第90回 日本内分泌学会学術集会, 2017年4月.
91. 井内 茉莉奈, 堤 理恵, 中西 信人, 大藤 純, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 西村 匡司 :
重症患者における栄養投与開始時期と体組成変化の関連性の検討.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
92. 中西 信人, 堤 理恵, 大藤 純, 井内 茉莉奈, 上野 義豊, 西川 真理恵, 綱野 祐美子, 中瀧 恵実子, 小野寺 睦雄, 西村 匡司 :
超音波によるICU患者の上肢・下肢筋委縮評価.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
93. 堤 理恵, 堤 保夫, 西村 匡司 :
ペプチド栄養剤の最新情報.,
第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年3月.
94. 丹波 洋介, 竹尾 仁良, 板東 正浩, 瀬部 真由, 山崎 幸, 福田 大受, 宮原 裕子, 宮武 由実子, 末政 直哉, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 原田 永勝, 堤 理恵, 佐田 政隆, 阪上 浩 :
魚油由来長鎖モノエン脂肪酸は抗動脈硬化作用を有する,
第21回病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
95. 安井 苑子, 谷村 真優, 松原 あつみ, 堤 理恵, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 阪上 浩, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法において治療開始時のクレアチニン身長係数が有害事象や治療中断にあたえる影響,
第31回日本静脈経腸栄養学会, 2016年2月.
96. 井内 茉莉奈, 大藤 純, 堤 理恵, 小野寺 睦雄, 阪上 浩, 今中 秀光, 西村 匡司 :
重症患者における栄養予後指標としての位相角の有用性.,
第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
97. 堤 理恵, 大藤 純, 井内 茉莉奈, 小野寺 睦雄, 堤 保夫, 今中 秀光, 原田 永勝, 西村 匡司 :
ICU入室中の筋肉量減少と予後の関連性,
第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年2月.
98. 久保 みゆ, 安井 苑子, 谷村 真優, 松原 あつみ, 堤 理恵, 谷 佳子, 松村 晃子, 島田 亜紀, 阪上 浩, 武田 憲昭, 濵田 康弘 :
頭頸部癌化学放射線療法において治療開始時のクレアチニン身長係数が有害事象に与える影響,
第19回日本病態栄養学会, 2016年1月.
99. 坂口 真由香, 秦 明子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 中尾 隆之, 三好 雅士, 船木 真理, 米本 孝二 :
Reduced Rank Regressionにより抽出された食事パターンの一般化可能性に関する検討∼メタボリックシンドローム発症追跡データを用いて∼,
糖尿病, Vol.58, No.Suppl.1, 2015年5月.
100. 堤 理恵, 大藤 純, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
重症患者におけるインピーダンス測定の有効性の検討.,
第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015年2月.
101. 堤 理恵 :
重症患者の栄養療法:日本外科感染症学会,
2014年12月.
102. 合田 正和, 北村 嘉章, 高橋 美香, 島谷 美映, 堤 理恵, 酒井 徹, 武田 憲昭 :
頭頸部癌化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
日本耳鼻咽喉科学会第39回四国四県地方部会連合学会, 2013年12月.
103. 合田 正和, 堤 理恵, 藤本 知佐, 酒井 徹, 武田 憲昭 :
頭頸部癌化学療法が舌の味覚受容体遺伝子発現に及ぼす影響,
第26回日本口腔・咽頭科学会, 2013年9月.
104. 秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 :
徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連,
糖尿病, Vol.Vol.56, No.Suppl.1, S.208, 2013年5月.
105. 秦 明子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 西村 美穂, 阿部 房代, 佐藤 美子, 中奥 真理子, 片山 りか, 赤松 康代, 丹下 幸子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 桑村 由美, 中尾 隆之, 三好 雅士, 森口 博基, 玉木 悠, 松本 俊夫, 船木 真理 :
徳島県におけるadiponectinや高感度CRPとメタボリックシンドロームとの関連,
糖尿病, Vol.56, 2013年4月.
106. 堤 理恵, 酒井 徹, 合田 正和, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭, 藤本 知佐, 河合 美佐, 松本 英希 :
頭頸部癌の放射線・化学療法中における味覚異常と味覚受容体について,
日本耳鼻咽喉科学会徳島県地方部会第70回学術講演会, 2013年3月.
107. 堤 理恵, 堤 保夫, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
救急・集中治療領域の栄養管理:問題点と対策の工夫 ICU患者における免疫修飾栄養投与の効果と使い方の検討,
第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
108. 堤 理恵, 堤 保夫, 武川 茉莉子 :
ICU患者における栄養ストレスの誘導因子の検索とそのメカニズムの解析,
第28回日本静脈経腸栄養学会, 2013年2月.
109. 堤 理恵, 堤 保夫 :
周術期の栄養管理-ERASの観点から-,
第16回日本病態栄養学会, 2013年1月.
110. 堤 理恵, 武川 茉莉子, 小野寺 睦雄, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司 :
過剰栄養がもたらす栄養ストレスとタンパク異化亢進についての検討,
第10回周術期体液・代謝・侵襲研究会, 2012年8月.
111. 吉田 知美, 笹賀 早也香, 三好 まどか, 堤 理恵, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 新居 佳孝, 津嘉山 正夫, 岡久 修己, 岩田 深也, 酒井 徹 :
スダチ抽出物であるスダチチンの肥満および糖尿病予防作用,
第66回日本栄養食糧学会大会, 2012年5月.
112. 小杉 知里, 安藝 菜奈子, 坂東 由記子, 四釜 洋介, 西村 美穂, 片山 りか, 丹下 幸子, 阿部 房代, 赤松 康代, 秦 明子, 木宿 由佳, 篠田 香織, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 堤 理恵, 保坂 利男, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 森川 富昭, 玉木 悠, 船木 真理 :
初期糖代謝異常を発見する指標としてのIL-18測定有用性の検討,
糖尿病, Vol.Vol.55, No.Suppl.1, S.290, 2012年5月.
113. 堤 理恵, 山口 想太郎, 堤 保夫, 田中 克哉 :
高度侵襲下におけるエネルギー平衡とタンパク代謝の検討,
第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
114. 堤 保夫, 堤 理恵 :
早期集中治療におけるPEPTAMEN AFの有効性の検討,
第27回日本静脈経腸栄養学会, 2012年2月.
115. 山口 想太郎, 平田 容子, 堤 理恵, 中瀧 恵実子, 堤 保夫, 田中 克哉, 今中 秀光, 西村 匡司, 中屋 豊 :
ICU患者における消費エネルギー量測定による既存推定算出量の再評価,
第15回日本病態栄養学会, 2012年1月.
116. 首藤 恵泉, 荒川 真衣, 田崎 志保, 中本 真理子, 堤 理恵, 保坂 利男, 酒井 徹 :
食餌誘導性肥満マウスにおける大豆イソフラボンの炎症反応への影響,
第65回日本栄養食糧学会大会, 2011年5月.
117. 堤 理恵 :
徳島大学病院における術前補水食の効果の検討,
日本病態栄養学会, 2011年1月.

特許:

1. 堤 理恵 : .
2. 堤 理恵, 阪上 浩, 武田 憲昭 : グルタミン酸を有効成分とする担がん患者の味覚及び/又は食欲障害の改善剤, .
3. 堤 理恵 : 重症病態によるアミノ酸濃度の予後予測因子, .
4. 堤 理恵, 阪上 浩 : .
5. 堤 理恵, 阪上 浩 : (2018年5月), (2018年11月), 特許第2017-101459 WO2018/216715A1号 (2018年11月).
6. Rie Tsutsumi : (), (Feb. 2018), (Aug. 2019), 2019-137660 (Feb. 2018).
7. 堤 理恵 : ゆこう成分を用いた整腸剤, (2017年2月), .
8. 阪上 浩, 堤 理恵, 武田 憲昭, 松島 里那 : グルタミン酸を有効成分とする担がん患者の味覚及び/又は食欲障害の改善剤, 特願2016-13808 (2016年1月), .
9. 堤 理恵 : スダチチンを有効成分とするメタボリック症候群予防及び改善効果, (2012年4月), 特許第2012005号.
10. Rie Tsutsumi : -, (Apr. 2012), 2012004.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 吸入麻酔薬のSirtを介した心筋保護作用に対して高血糖状態が与える影響 (研究課題/領域番号: 22K09048 )
  • サルコペニアの診断と発症予防法の開発を目指した基盤・応用研究 (研究課題/領域番号: 22H03535 )
  • 敗血症における代謝産物を介した生命維持機構の解明 (研究課題/領域番号: 21K11724 )
  • 抗肥満作用を有する阿波すず香の新規成分の同定とその作用機序の解明 (研究課題/領域番号: 21K05450 )
  • 抗動脈硬化作用を有する極長鎖一価不飽和脂肪酸の基盤・応用研究 (研究課題/領域番号: 19H04055 )
  • 化学療法による味覚障害発症の機序解明及び有効食品のスクリーニングシステムの開発 (研究課題/領域番号: 18K11075 )
  • 細胞膜マイクロドメインを介する心筋保護作用に高血糖が及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 16K10940 )
  • 吸入麻酔薬の心筋保護作用における細胞膜マイクロドメインとオートファジーの役割(国際共同研究強化) (研究課題/領域番号: 15KK0344 )
  • 重症患者におけるBIAに基づいた栄養管理の有効性 (研究課題/領域番号: 15K16207 )
  • 吸入麻酔薬の心筋保護作用における細胞膜マイクロドメインとオートファジーの役割 (研究課題/領域番号: 25462405 )
  • うま味成分による味覚受容体発現の調節―味覚異常患者用治療食への応用― (研究課題/領域番号: 24650489 )
  • 栄養状態が生殖系に与える影響とそのメカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 22700749 )
  • 過栄養が引き起こすインスリン抵抗性分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 20890279 )
  • 研究者番号(80510172)による検索