検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 周産母子センター >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 発生発達医学講座 > 小児医学分野 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 小児科 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

小児科学 (Pediatrics)
小児科学 (Pediatrics)

研究テーマ

極低出生体重児へのビオチン投与の有用性
周産期におけるビオチンの役割の研究

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. 中川 竜二, 須賀 健一, 市原 裕子, 香美 祥二 :
当院NICUにおける過去10年間の晩期循環不全の検討,
第121回日本小児科学会学術集会, 2018年.
2. Ken-ichi Suga, Goji Aya, Inoue Miki, Kawahito Masami and Kazuhiro Mori :
A case of generalized lymphatic anomaly causing skull-base leakage and bacterial meningitis.,
Brain & Development, Vol.39, No.5, 444-447, 2017.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2016.12.007,   PubMed: 28094160)
3. B Maria De, Ken-ichi Suga, T Jager De, C Sattubbi and C Barthsch :
Barber-Say Syndrome and Ablepharon-Macrostomia Syndrome: A Patient's View.,
Molecular Syndromology, Vol.8, No.4, 172-178, 2017.
(DOI: 10.1159/000472408,   PubMed: 28690482)
4. Ken-ichi Suga, Inoue Miki, Ono Akemi, Terada Tomomasa and Kawahito Masami :
Early combined treatment with steroid and immunoglobulin is effective for serious Kawasaki disease complicated by myocarditis and encephalopathy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1-2, 140-143, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111174,   DOI: 10.2152/jmi.63.140,   PubMed: 27040070)
5. Miki Watanabe, Ryuji Nakagawa, Tomohiro Kohmoto, Takuya Naruto, Ken-ichi Suga, Aya Goji, Hideaki Horikawa, Kiyoshi Masuda, Shoji Kagami and Issei Imoto :
Exome-first approach identified a novel gloss deletion associated with Lowe syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16037, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.37,   PubMed: 27867521)
6. Miki Watanabe, Ryuji Nakagawa, Takuya Naruto, Tomohiro Kohmoto, Ken-ichi Suga, Aya Goji, Shoji Kagami, Kiyoshi Masuda and Issei Imoto :
A novel missense mutation of COL5A2 in a patient with Ehlers-Danlos syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16030, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.30,   PubMed: 27656288)
7. Tomohiro Kohmoto, Miki Shono, Takuya Naruto, Miki Watanabe, Ken-ichi Suga, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami, Kiyoshi Masuda and Issei Imoto :
A novel frameshift mutation of CHD7 in a Japanese patient with CHARGE syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, No.7, 16004, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.4,   PubMed: 27081570)
8. Maki Urushihara, T Nagai, Yukiko Kinoshita, S Nishiyama, Ken-ichi Suga, N Ozaki, A Jamba, Shuji Kondo, H Kobori and Shoji Kagami :
Changes in urinary angiotensinogen posttreatment in pediatric IgA nephropathy patients.,
Pediatric Nephrology, Vol.30, No.6, 975-982, 2015.
(DOI: 10.1007/s00467-014-3028-8,   PubMed: 25523477,   Elsevier: Scopus)
9. N Kishi, Ken-ichi Suga, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shuji Kondo, E Kitano, M Hatanaka, H Kitamura, T Sato, A Maeda and Shoji Kagami :
A case of infantile systemic lupus erythematosus with severe lupus nephritis and EBV infection,
CEN Case Reports, Vol.2, No.2, 190-193, 2013.
(DOI: 10.1007/s13730-013-0062-5)
10. Ken-ichi Suga, Shuji Kondo, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Glomerular expression of hydrogen peroxide-inducible clone-5 in human and rat progressive mesangial proliferative glomerulonephritis.,
Nephron. Experimental Nephrology, Vol.120, No.2, 59-68, 2012.
(DOI: 10.1159/000335780,   PubMed: 22286178)
11. Maki Shimizu, Takanori Sekiguchi, Natsuko Kishi, Aya Goji, Tomoko Takahashi, Hiroko Kozan, Zenichi Sakaguchi, Yukiko Kinoshita, Sato Matsuura, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Katsuaki Ohara :
A case of a 6-year-old girl with anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody-negative pauci-immune crescentic glomerulonephritis.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.15, No.4, 596-601, 2011.
(DOI: 10.1007/s10157-011-0423-3,   PubMed: 21360022)
12. Ken-ichi Suga, Shuji Kondo, Sato Matsuura, Yukiko Kinoshita, E Kitano, M Hatanaka, H Kitamura, Y Hidaka, T Oda and Shoji Kagami :
A case of dense deposit disease associated with a group A streptococcal infection without the involvement of C3NeF or complement factor H deficiency,
Pediatric Nephrology, Vol.25, No.8, 1547-1550, 2010.
(DOI: 10.1007/s00467-010-1479-0,   PubMed: 20221776)
13. 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 木下 ゆき子, 香美 祥二, M Christine Sorenson :
腎発生におけるbc1-2の役割,
発達腎研究会誌, Vol.18, No.181, 6-9, 2010年.

学術論文(紀要・その他):

1. Sato Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Expression of focal adhesion proteins in the developing rat kidney.,
The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.59, No.9, 864-874, 2011.
(DOI: 10.1369/0022155411413929,   PubMed: 21705647)
2. 松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
尿管芽分岐とネフロン形成におけるNADPHオキシダーゼの役割,
発達腎研究会誌, Vol.19, 11-13, 2011年.

総説・解説:

1. 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
SorensonChristine M: bcl-2,
発達腎研究会誌, Vol.18, No.1, 9,
2. 近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 香美 祥二 :
ラット腎発生でのFAKのリン酸化と役割,
発達腎研究会誌, Vol.20, No.1, 874-875, 2012年.
3. 須賀 健一, 香美 祥二 :
V 薬剤による酸塩基平衡異常 Q11 代謝性・呼吸性アシドーシスをきたす薬剤,
小児科学レクチャー1, 65-70, 2011年.

国際会議:

1. M Sato, Shuji Kondo, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, K Natsuko, T Nagai, Jamba Ariunbold and Shoji Kagami :
Reacitve oxygen species generated by NADPH oxidase contribute to ureteric bud branching and nephrogenesis.,
Pediatric Academic societies annual meeting 2012, Dec. 2012.
2. T Nagai, Yukiko Kinoshita, S Matsuura, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
A case of membranous nephropathy with cavernous hemangioma,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
3. S Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, M Takamatsu, M Shimizu, N Kishi and Shoji Kagami :
A case of membranous nephropathy and open angle glaucoma complicated with asymptomatic Sjögrens syndrome,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
4. S Matsuura, Shuji Kondo, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, M Takamatsu, M Shimizu, N Kishi and Shoji Kagami :
The role of NADPH oxidase (Nox) in ureteric bud branching and nephrogenesis,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
5. Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, S Matsuura, Ken-ichi Suga, M Takamatsu, M Shimizu, Shuji Kondo, H Kobori and Shoji Kagami :
Urinary angiotensinogen as a biomarker of the intrarenal status of the renin-angiotensin system in patients with chronic glomerulonephritis,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
6. Shuji Kondo, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, T Nagai, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
The expression of NADPH oxidase and reactive oxygen species (ROS) production contribute to ureteric bud branching and nephrogenesis,
World Congress of Nephrology 2011, Apr. 2011.
7. Matsuura Sato, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Reactive oxygen species (ROS) produced by NADPH oxidase contribute ureteric bud branching and nephrogenesis,
ASN 2010, Colorado, Nov. 2010.
8. 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, Sato Matsuura, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
Candesartan Suppresses Glomerular Renin-Angiotensin System (RAS) Activation, Oxidative Stress and Progressive Glomerular Injury in Rat Anti-GBM GN,
The 15th Congress of the International Pediatric Nephrology Association, 2010年8月.
9. Sato Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Expression and localization of focal adhesion proteins in the developing rat kidney,
The 15th Congress of the International Pediatric Nephrology Association, Aug. 2010.
10. Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, sato Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Enhanced expression of Hic-5 is involved in the development of human and rat mesangioproliferative glomerulonephritis,
ISN-Nexus Kyoto Symposium 2010, Apr. 2010.

国内講演発表:

1. 本間 友佳子, 早渕 康信, 杉本 真弓, 須賀 健一, 香美 祥二, 井本 逸勢 :
肺高血の進行を来した心房中隔欠損(小欠損孔) を伴う Inflammatory skin and bowel disease, neonatal, 1 (NISBD1) 疑いの一例,
PH-CHDミーティング, 2019年8月.
2. 加地 剛, 早渕 康信, 中川 竜二, 祖川 英至, 七條 あつ子, 米谷 直人, 須賀 健一, 稲村 昇, 苛原 稔 :
胎児診断により出生直後の左腕頭動脈肺動脈起始から左腕頭動脈孤立症への経過を観察できた1例,
第30回日本心エコー図学会・学術集会, 2019年5月.
3. 加地 剛, 早渕 康信, 須賀 健一, 中川 竜二, 苛原 稔 :
出生後に高度気管狭窄症状を呈した左肺動脈右肺動脈起始(PA sling)の一例,
第54回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2018年7月.
4. 吉本 夏実, 加地 剛, 早渕 康信, 今泉 絢貴, 七條 あつ子, 米谷 直人, 須賀 健一, 中川 竜二, 苛原 稔 :
出生後に高度気管狭窄症状を呈した左肺動脈右肺動脈起始(PA sling)の一例,
第91回日本超音波医学会学術集会, 2018年6月.
5. 田山 貴広, 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二, 加地 剛, 苛原 稔 :
肺動脈スリングを合併した先天性気管狭窄症の1例,
第69回中国四国小児科学会, 2017年11月.
6. 齋藤 雅子, 須賀 健一, 成戸 卓也, 河本 知大, 高橋 里鶴, 堀内 圭輔, 中山 寛尚, 東山 繁樹, 中川 竜二, 大津 雅信, 丹下 正一朗, 増田 清士, 香美 祥二 :
Compound heterozygous missense mutations in the ADAM17 gene in patient with neonatal inflammatory skin and bowel disease 1,
日本人類遺伝学会, 2017年11月.
7. 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二 :
Townes-Brocks症候群が疑われる多発奇形の一例,
第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月.
8. 田山 貴広, 須賀 健一, 市原 裕子, 中川 竜二 :
栄養ドリンクが原因と考えられた胎児動脈管早期収縮の一例,
第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月.
9. 庄野 実希, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二 :
胎児水腫で発症した新生児血球貪食性リンパ組織症の一例,
第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月.
10. 大隅 敬太, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二 :
臍帯動脈拡張に合併した膀胱底形成,異所性尿管開口,片腎,子宮・膣欠損の一例,
第62回日本新生児成育医学会学術集会, 2017年10月.
11. 小野 朱美, 早渕 康信, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
大動脈弓拡大と動脈管閉塞を目的にステント留置を施行した体重1544gの大動脈縮窄を呈した18トリソミー症例,
第35回中国四国地区小児循環器談話会, 2017年9月.
12. 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 米谷 直人, 苛原 稔 :
早産と正期産の妊婦における血清ビオチン濃度の検討,
第53回日本周産期・新生児学会学術集会, 2017年7月.
13. 李 悦子, 瀧本 朋美, 小田 直輝, 仁木 恵里加, 伊藤 正一, 荻山 佳子, 須賀 健一, 中川 竜二, 三木 浩和, 安倍 正博 :
抗Jra保有妊婦に重症胎児貧血を認め,児のJra抗原発現抑制が疑われた1症例,
第65回日本輸血細胞治療学会総会, 2017年6月.
14. 大津 雅信, 村尾 和俊, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二, 井本 逸勢, 久保 宜明 :
ADAM17欠損症を疑った1例,
第116回日本皮膚科学会総会, 2017年6月.
15. 須賀 健一, 井本 逸勢, 市原 裕子, 庄野 実希, 中川 竜二, 成戸 卓也, 香美 祥二 :
先天異常児の診断における次世代シークエンスの有用性,
第120回日本小児科学会学術集会, 2017年4月.
16. 小野 朱美, 早渕 康信, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
大動脈弓拡大と動脈管閉塞を目的にステント留置を施行した体重1500gの複合型大動脈縮窄を呈した18トリソミーの1例,
第55回 徳島心・血管造影研究会, 2017年3月.
17. 須賀 健一, 井本 逸勢, 市原 裕子, 庄野 実希, 中川 竜二, 成戸 卓也, 香美 祥二 :
先天異常児の診断における次世代シークエンスの有用性,
日本小児科学会雑誌, Vol.121, No.2, 299, 2017年2月.
18. 中川 竜二, 須賀 健一, 郷司 彩, 香美 祥二, 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人 :
先天性サイトメガロウイルス感染症の2例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
19. 大隅 敬太, 早渕 康信, 小野 朱美, 市原 裕子, 木下 ゆき子, 東田 好広, 漆原 真樹, 香美 祥二, 須賀 健一, 中川 竜二, 菅野 幹雄, 北川 哲也, 加地 剛, 苛原 稔, 井本 逸勢 :
心臓腫瘍の診断を契機に胎児期から管理し,多臓器における系統的診療をすすめた結節性硬化症の一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
20. 市原 裕子, 庄野 実希, 須賀 健一, 中川 竜二 :
当院で経験した表現型の異なるMD双胎の2組,
日本新生児成育医学会雑誌, Vol.28, No.3, 541, 2016年11月.
21. 庄野 実希, 須賀 健一, 中川 竜二 :
眼科的異常を伴わず,次世代シークエンス解析にて診断に至ったCHARGE症候群の1例,
日本新生児成育医学会雑誌, Vol.28, No.3, 677, 2016年11月.
22. 須賀 健一, 市原 裕子, 渡辺 典子, 中川 竜二, 成戸 卓也, 井本 逸勢, 香美 祥二 :
染色体Gバンドで5p欠失症候群が疑われたが,次世代シークエンスでWilliams症候群と診断された1例,
第68回中国四国小児科学会, 2016年10月.
23. 市原 裕子, 中川 竜二, 庄野 実希, 渡辺 典子, 須賀 健一, 七條 あつ子, 加地 剛, 香美 祥二 :
当院で経験した表現型の異なるMD双胎の2組,
第68回中国四国小児科学会, 2016年10月.
24. 市原 裕子, 庄野 実希, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 七條 あつ子, 米谷 直人, 加地 剛, 香美 祥二 :
当院で経験した染色体核型が異なるMD双胎の2例,
第110回徳島周産期研究会, 2016年10月.
25. 七條 あつ子, 加地 剛, 米谷 直人, 髙橋 洋平, 中山 聡一朗, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
異なる性別を呈した一絨毛膜二羊膜双胎の一例,
徳島産婦人科医報, Vol.49, 29, 2016年8月.
26. 須賀 健一, 市原 裕子, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 山上 貴司 :
肝膿瘍・肝芽腫との鑑別を要した肝被膜下出血の新生児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
27. 須賀 健一, 中川 竜二, 庄野 実希, 寺田 知正 :
極低出生体重児にはビオチン補充を行った方がよい・VLBWIの急性期以降の代謝性アシドーシスの原因解明,
日本周産期・新生児医学会雑誌, Vol.52, No.2, 576, 2016年6月.
28. 庄野 実希, 須賀 健一, 中川 竜二 :
重篤な転機をとったGalloway-Mowat症候群の新生児の1例,
日本周産期・新生児医学会雑誌, Vol.52, No.2, 722, 2016年6月.
29. 庄野 実希, 須賀 健一, 渡辺 典子, 中川 竜二, 香美 祥二 :
PIカテーテルを用いた脳室外ドレナージが有効であった出血後水頭症の超低出生体重児の一例,
第33回四国新生児医療研究会, 2016年5月.
30. 庄野 実希, 須賀 健一, 渡辺 典子, 中川 竜二, 香美 祥二, 井本 逸勢 :
9p部分モノソミーモザイクを伴う,4p部分モノソミー8p部分トリソミーの一例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
31. 須賀 健一, 庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
巨大膀胱を呈した潜在性二分脊椎の1例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
32. 古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
33. 古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
34. 松浦 里, 永井 隆, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
レニンアンジオテンシン系阻害薬を投与しているアルポート症候群の3例,
第30回中国四国小児腎臓病学会, 2013年11月.
35. 万野 朱美, 渡邊 浩良, 庄野 実希, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
脳梗塞後に多発脳転移と髄膜播種をきたした進行性横紋筋肉腫の1例,
第65回中国四国小児科学会, 2013年11月.
36. 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 須賀 健一, 森 一博, 香美 祥二 :
横紋筋融解症をきたしたノロウイルス性急性脳症の1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.117, No.3, 655, 2013年.
37. 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 香美 祥二, 須賀 健一, 森 一博 :
横紋筋融解症を合併した急性脳症の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
38. 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 須賀 健一, 森 一博, 香美 祥二 :
横紋筋融解症をきたしたノロウイルス性急性脳症の1例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
39. 永井 隆, 岸 夏子, 木下 ゆき子, 清水 真樹, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
IgA腎症の治療経過中にHenoch-Schönlein紫斑病を発症した2例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
40. 永井 隆, 木下 ゆき子, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発に対してシクロスポリンが奏効した一女児例,
第42回日本腎臓学会学術集会西部大会, 2012年10月.
41. Jamba Ariunbold, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, 松浦 里, 須賀 健一, 岸 夏子, 香美 祥二 :
Enhanced expression of glomerular angiotensinogen in the progressive mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
42. 近藤 秀治, 松浦 里, Jamba Ariunbold, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, 須賀 健一, 岸 夏子, 香美 祥二 :
進行性糸球体腎炎と培養糸球体内皮細胞におけるp63の発現検討,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
43. 木下 ゆき子, 永井 隆, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリンの投与が有効であったブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発例,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
44. Jamba Ariunbold, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 永井 隆, 香美 祥二 :
ラット進行性メサンギウム増殖性糸球体腎炎におけるアンジオテンシノーゲンの発現亢進(glomerular angiotensinogen expression is enhanced in the progressive mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat),
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
45. 近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 永井 隆, 香美 祥二 :
進行性糸球体腎炎でのアンジオテンシンⅡ関連糸球体内皮細胞障害におけるp63の発現,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
46. 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 高松 昌徳, 香美 祥二 :
尿中アンジオテンシノーゲン測定による小児慢性腎炎患者の新たな病態指標,
第115回日本小児科学会学術集会, 2012年4月.
47. 木下 ゆき子, 永井 隆, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリンの投与が有効であったブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発例,
第13回四国腎疾患研究会, 2012年2月.
48. 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎の進展におけるRAS,活性酸素の役割,
第23回腎とフリーラジカル研究会, 2011年10月.
49. 木下 ゆき子, 森 達夫, 須賀 健一, 松浦 里, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 永井 隆, 中川 竜二, 西條 隆彦, 森 健治, 香美 祥二 :
伊藤白斑,滑脳症,難治性てんかんに膀胱尿管逆流(VUR)を合併した一男児例,
第41回日本腎臓学会西部学術大会, 2011年9月.
50. 近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 香美 祥二 :
ラット腎発生でのFAKの発現とそのリン酸化,
第20回発達腎研究会, 2011年8月.
51. 木下 ゆき子, 永井 隆, 森 達夫, 須賀 健一, 松浦 里, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二, 中川 竜二, 西條 隆彦 :
伊藤白斑に VUR を合併した1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
52. 松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
腎発生におけるNADPHオキシダーゼ(Nox)の役割,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
53. 中川 竜二, 西條 隆彦, 須賀 健一, 渡辺 典子, 大西 達也, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 加地 剛, 前田 和寿, 苛原 稔 :
生後早期に静脈管ステント留置術を行った無脾症に伴う下心臓型総肺静脈環流異常症の一例,
第28回四国新生児医療研究会, 2011年5月.
54. 永井 隆, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 須賀 健一, 松浦 里, 香美 祥二 :
海綿状血管腫に膜性腎症を合併した一男児例,
第12回四国小児腎疾患研究会, 2011年3月.
55. 鈴江 真史, 中川 竜二, 西條 隆彦, 須賀 健一, 渡辺 典子, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
右大動脈弓に声帯麻痺を合併した1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
56. 寺田 知正, 西條 隆彦, 中川 竜二, 須賀 健一, 渡辺 典子, 加地 剛, 前田 和寿, 香美 祥二 :
胎盤血管腫により胎児心不全をきたした1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
57. 松浦 里, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
慢性甲状腺炎と開放隅角緑内障を合併した膜性腎症の一例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
58. 苛原 誠, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 高松 昌徳, 湯浅 安人 :
混合性結合組織病と診断された1年半後にSLEに移行した一女児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
59. 永井 隆, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
海綿状血管腫に膜性腎症を合併した一男児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
60. 松浦 里, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
慢性甲状腺炎と開放偶角緑内障を合併した膜性腎症の一例,
第27回中国四国小児腎臓病学会, 2010年10月.
61. 岸 夏子, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
乳児期に発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例,
第40回日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
62. 松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
NADPH oxidase 由来の活性酸素は尿管芽分岐とネフロン形成に関与する,
第19回発達腎研究会, 2010年9月.
63. 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 西山 成, 河内 裕, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎におけるアンジオテンシンII(AngII)の役割,
第45回日本小児腎臓病学会学術集会, 2010年7月.
64. 松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
ラット腎発生における細胞接着斑蛋白の発現,
第45回日本小児腎臓病学会学術集会, 2010年7月.
65. 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎におけるアンジオテンシンII(AngII)の役割,
第53回日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
66. 松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
ラット腎発生における細胞接着斑蛋白の発現,
第53回日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
67. 松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
新型インフルエンザ(A/H1N1)肺炎で人工呼吸管理を要したαマンノシドーシスの姉妹例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
68. 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
乳児期に発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例,
第113回日本小児科学会学術集会, 2010年4月.
69. 松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 高橋 正幸, 市岡 隆男, 香美 祥二 :
後腹膜鏡下リンパ管遮断術を行った特発性乳び尿の1例,
第113回日本小児科学会学術集会, 2010年4月.

その他・研究会:

1. 須賀 健一, 中川 竜二, 吉田 あつ子, 米谷 直人, 加地 剛, 苛原 稔, 庄野 実希, 香美 祥二 :
院周産母子センターの過去5年間での在胎30週未満の早産児の臨床データ解析~全国周産期母子医療センターネットワークデータとの比較~,
第151会日本小児科学会徳島地方会, 2018年12月.
2. 須賀 健一, 大隅 敬太, 市原 裕子, 庄野 実希, 中川 竜二 :
早期カフェイン投与の慢性肺疾患・動脈管開存症に対する効果,
日本新生児成育医学会雑誌, Vol.30, No.3, 714, 2018年10月.
3. 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人, 須賀 健一, 中川 竜二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹 :
鎖肛の胎児超音波所見についての検討,
徳島産婦人科医報, No.51, 33, 2018年8月.
4. 須賀 健一, 市原 裕子, 庄野 実希, 渡辺 典子, 中川 竜二, 香美 祥二 :
肺動脈スリング合併先天性気管狭窄症の早産児2例,
第150回日本小児科学会徳島地方会, 2018年6月.
5. 武田 明日香, 加地 剛, 今泉 絢貴, 七條 あつ子, 米谷 直人, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 苛原 稔 :
出生後に高度気管狭窄症状を呈した左肺動脈右肺動脈起始(PA sling)の一例,
日本周産期・新生児医学会雑誌, Vol.54, No.2, 697, 2018年6月.
6. 須賀 健一, 庄野 実希, 中川 竜二, 香美 祥二 :
フェノバルビタールの早産児黄疸に対する有効性の検討,
第113回徳島周産期研究会, 2018年5月.
7. 吉本 夏実, 加地 剛, 早渕 康信, 今泉 絢貴, 吉田 あつ子, 米谷 直人, 須賀 健一, 中川 竜二, 苛原 稔 :
出生後に高度気管狭窄症状を呈した左肺動脈右肺動脈起始(PA sling)の一例,
超音波医学, Vol.45, 845, 2018年4月.
8. 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二, 七條 あつ子, 加地 剛, 米谷 直人, 苛原 稔 :
Townes-Brocks症候群が疑われる多発奇形の1例,
第112回徳島周産期研究会, 2017年11月.
9. 田山 貴広, 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二, 加地 剛, 苛原 稔 :
栄養ドリンクが原因と考えられた胎児動脈管早期収縮の1例,
第112回徳島周産期研究会, 2017年11月.
10. 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 大隅 敬太, 森 一博, 香美 祥二 :
消化管アレルギーの合併が疑われたHirschsprung 病の一例,
第148回日本小児科学会徳島地方会, 2017年6月.
11. 小野 朱美, 早渕 康信, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
退院・在宅療養を目指し,心臓カテーテル治療・ステント留置を施行した18 トリソミーの2 例,
第148回日本小児科学会徳島地方会, 2017年6月.
12. 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 林 亜紀, 七條 あつ子, 米谷 直人, 加地 剛, 李 悦子, 伊藤 正一, 萩山 佳子 :
抗Jra保有妊婦から出生した新生児貧血の一例,
第34回四国新生児医療研究会, 2017年5月.
13. 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人, 苛原 稔, 須賀 健一, 中川 竜二, 石橋 広樹 :
鎖肛の胎児超音波所見についての検討,
第111回徳島周産期研究会, 2017年5月.
14. 市原 裕子, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 林 亜紀, 七條 あつ子, 米谷 直人, 加地 剛, 李 悦子, 伊藤 正一, 萩山 佳子 :
抗Jra保有妊婦から出生した新生児貧血の一例,
第111回徳島周産期研究会, 2017年5月.
15. 万野 朱美, 岡村 和美, 庄野 実希, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 須賀 健一 :
脳梗塞を合併した進行性横紋筋肉腫の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)