検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 阿部 彰子 :
再発卵巣がん,再燃卵巣がんの化学療法,
2014年.

学術論文(審査論文):

1. 上田 伊佐子, 太田 浩子, 小野 美穂, 浅野 早苗, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 阿部 彰子 :
女性性からみた女性がんサバイバーの心理的適応の探求,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1-2, 73-82, 2020年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114859,   CiNii: 120006860014)
2. 今井 芳枝, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 阿部 彰子, 村上 好恵, 川崎 優子, 武田 祐子, 浅海 くるみ, 板東 孝枝 :
海外文献における遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングの動向,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1,2, 45-54, 2020年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114855,   CiNii: 120006860010)
3. Ayuka Mineda, Masato Nishimura, Tomohiro Kagawa, Eri Takiguchi, Takako Kawakita, Akiko Abe and Minoru Irahara :
Resveratrol suppresses proliferation and induces apoptosis of uterine sarcoma cells by inhibiting the Wnt signaling pathway.,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.17, No.3, 2242-2246, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113338,   DOI: 10.3892/etm.2019.7209,   PubMed: 30867708)
4. 森本 雅美, 中川 美砂子, 武知 浩和, 阿部 彰子, 大津 雅信, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 桑原 章, 井本 逸勢, 丹黒 章 :
Li-Fraumeni syndromeと診断された若年発症両側多発乳癌の1例,
乳癌の臨床, Vol.34, No.2, 165-170, 2019年.
5. 岩佐 武, 谷口 友香, 中山 聡一朗, 米谷 直人, 吉田 あつ子, 阿部 彰子, 山本 由理, 加地 剛, 桑原 章, 松崎 利也, 苛原 稔 :
徳島大学病院産科婦人科における不育症患者に対する染色体検査の実施状況,
現代産婦人科, Vol.67, No.1, 21-24, 2018年.
(CiNii: 40021769851)
6. Kanako Yoshida, Masato Nishimura, Akiko Abe, Takeshi Katou, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Can systematic lymphadenectomy be omitted for low-risk endometrial cancer?,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3,4, 221-224, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112242,   DOI: 10.2152/jmi.65.221,   PubMed: 30282864)
7. Akiko Abe, Masato Nishimura and Minoru Irahara :
See and treat LEEP biopsy for cervical intraepithelial neoplasia grade 2/3,
European JOURNAL of Gynaecological Oncology, Vol.39, No.6, 958-962, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113734,   DOI: 10.12892/ejgo4391.2018,   Elsevier: Scopus)
8. Eri Takiguchi, Masato Nishimura, Ayuka Mineda, Takako Kawakita, Akiko Abe and Minoru Irahara :
Growth inhibitory effect of the Src inhibitor dasatinib in combination with anticancer agents on uterine cervical adenocarcinoma cells.,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.14, No.5, 4293-4299, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112973,   DOI: 10.3892/etm.2017.5061,   PubMed: 29067110)
9. Takako Kawakita, Masato Nishimura, Eri Takiguchi, Akiko Abe and Minoru Irahara :
Cytotoxic effects of 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 alone and in combination with dasatinib against uterine sarcoma .,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.13, No.6, 2939-2945, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112972,   DOI: 10.3892/etm.2017.4346,   PubMed: 28587364)
10. 赤岩 慶, 四宮 加容, 大串 陽子, 影治 照喜, 阿部 彰子, 三田村 佳典 :
激痛を伴いマイラゲルの合併症と鑑別を要した転移性眼窩腫瘍の1例,
臨床眼科, Vol.70, No.8, 1319-1324, 2016年.
(CiNii: 40020918333,   Elsevier: Scopus)
11. Akiko Abe, Maki Matoda, Sanshiro Okamoto, Eiji Kondo, Kazuyoshi Kato, Kohei Omatsu, Kenji Umayahara, Kuniko Utsugi and Nobuhiro Takeshima :
Resection of the vaginal vault for vaginal recurrence of cervical cancer after hysterectomy and brachytherapy,
World Journal of Surgical Oncology, Vol.13, 137, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113674,   DOI: 10.1186/s12957-015-0495-8,   PubMed: 25889861,   Elsevier: Scopus)
12. Akiko Abe, Kimihiko Sakamoto, Tomoko Taniguchi, Hidetaka Nomura, Akiko Yamamoto, Sansiro Okamoto, Kohei Omatsu, Kazuyoshi Kato, Masami Arai and Nobuhiro Takeshima :
The presentation of an asymptomatic ovarian carcinosarcoma caught by BRCA1 mutation surveillance program,
International Cancer Conference Journal, Vol.3, No.4, 242-246, 2014.
(DOI: 10.1007/s13691-014-0155-9,   Elsevier: Scopus)
13. 阿部 彰子, 杉山 裕子, 野村 秀高, 山本 阿紀子, 的田 真紀, 岡本 三四郎, 近藤 英司, 尾松 公平, 加藤 一喜, 馬屋原 健司, 竹島 信宏 :
卵巣に発生した悪性リンパ腫の1例,
日本婦人科腫瘍学, Vol.32, No.4, 769-775, 2014年.
14. Akiko Abe, Kuniko Utsugi, Hidetaka Nomura, Akiko Yamamoto, Maki Matoda, Sanshiro Okamoto, Kohei Omatsu, Kazuyoshi Kato, Kenji Umayahara and Nobuhiro Takeshima :
Ovarian teratoma with gliomatosis peritonei: 10 case reports,
International Cancer Conference Journal, Vol.3, No.2, 99-103, 2014.
(DOI: 10.1007/s13691-013-0125-7)
15. 阿部 彰子, 野村 秀高, 宇佐美 知香, 山本 阿紀子, 的田 眞紀, 岡本 三四郎, 尾松 公平, 近藤 英司, 加藤 一喜, 竹島 信宏 :
嚢胞状骨盤リンパ節転移を認めた子宮頸癌の1例,
関東連合産科婦人科学会誌, Vol.51, No.4, 577-581, 2014年.
16. 阿部 彰子, 古田 玲子, 荒井 祐司, 野村 秀高, 山本 阿紀子, 的田 眞紀, 岡本 三四郎, 竹島 信宏 :
Lobular endocervical glandular hyperplasia を伴うadenocarcinoma in situ および子宮体癌を認めた重複癌の 1 例,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.53, No.3, 195-199, 2014年.
(DOI: 10.5795/jjscc.53.195,   CiNii: 130004513254)
17. 阿部 彰子, 馬屋原 健司, 山本 阿紀子, 的田 真紀, 尾松 公平, 加藤 一喜, 古田 玲子, 荒井 祐司, 杉山 裕子, 竹島 信宏 :
子宮頸癌同時化学放射線療法後の局所残存再発症例の検討,
日本臨床細胞学会雑誌, Vol.52, No.6, 518-525, 2013年.
(DOI: 10.5795/jjscc.52.518,   CiNii: 10031203524)
18. Akiko Abe, Y Sugiyama, R. Furuta, N. Furuta, M. Matoda and N. Takeshima :
Usefulness of intraoperative imprint cytology in ovarian germ cell tumors,
Acta Cytologica, Vol.57, No.2, 171-176, 2013.
(DOI: 10.1159/000345942,   PubMed: 23406948,   Elsevier: Scopus)
19. 阿部 彰子, 谷口 智子, 宇佐美 知香, 野村 秀高, 山本 阿紀子, 的田 真紀, 尾松 公平, 加藤 一喜, 馬屋原 健司, 竹島 信宏 :
低悪性度子宮内膜間質肉腫が術後5年で急速な進展をきたした1例,
東京産科婦人科学会会誌, Vol.62, No.4, 557-561, 2013年.
(CiNii: 40019903464)
20. 阿部 彰子, 宇津木 久仁子, 野村 秀高, 的田 真紀, 尾松 公平, 加藤 一喜, 竹島 信宏 :
卵巣未熟奇形腫術後化学療法中に生じたgrowing teratoma syndromeを腹腔鏡下手術で診断し得た一例,
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, Vol.28, No.2, 521-525, 2012年.
(DOI: 10.5180/jsgoe.28.521)
21. 東元 あゆか, 加藤 剛志, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 吉田 加奈子, 西村 正人, 古本 博孝, 苛原 稔 :
当院におけるプラチナ耐性再発卵巣癌に対するドキシルの使用経験,
現代産婦人科, Vol.60, No.1, 173-177, 2011年.
(CiNii: 40019163514)
22. Kanako Yoshida, Hiroyuki Furumoto, Akiko Abe, Takeshi Katou, Masato Nishimura and Minoru Irahara :
The possibility of vertical transmission of human papillomavirus through maternal milk,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.31, No.6, 503-506, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 113613,   DOI: 10.3109/01443615.2011.570814,   PubMed: 21823849)
23. 阿部 彰子, 古本 博孝, 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 苛原 稔 :
間質性肺炎を合併した皮膚筋炎に対してTNF拮抗薬使用中に発症した卵巣癌の1例,
日本婦人科腫瘍学会雑誌, Vol.29, No.3, 725-729, 2011年.
(CiNii: 10029412840)
24. 笠井 可菜, 加藤 剛志, 谷口 友香, 田中 優, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 吉田 加奈子, 古本 博孝, 苛原 稔 :
Leiomyomatosis peritonealis desseminata(LPD)の一例,
現代産婦人科, Vol.59, No.2, 271-273, 2011年.
(CiNii: 40018846298)
25. 吉田 加奈子, 七條 あつ子, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 加藤 剛志, 古本 博孝, 苛原 稔 :
外陰のpapillary hidradenomaの1例,
現代産婦人科, Vol.59, No.2, 221-224, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113615,   CiNii: 40018846288)
26. Akiko Abe, Hiroyuki Furumoto, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Yasuyo Saijo and Minoru Irahara :
Gene gun-mediated skin transfection with FL gene suppresses the growth of murine fibrosarcoma.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 39-45, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83931,   DOI: 10.2152/jmi.58.39,   PubMed: 21372485,   Elsevier: Scopus)
27. Akiko Abe, Hiroyuki Furumoto, Minoru Irahara, Hiroyasu Ino, Masaharu Kamada, Osamu Naka, Masaru Sasaki, Toshiaki Kagawa, Osamu Okitsu and Norio Kushiki :
The impact of systematic para-aortic and pelvic lymphadenectomy on survival in patients with optimally debulked ovarian cancer.,
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, Vol.36, No.5, 1023-1030, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1447-0756.2010.01274.x,   PubMed: 21058437,   CiNii: 10031121739)
28. Akiko Abe, Hiroshi Ikawa and Saki Ikawa :
Desensitization treatment with cisplatin after carboplatin hypersensitivity reaction in gynecologic cancer,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1,2, 163-167, 2010.
(DOI: 10.2152/jmi.57.163,   PubMed: 20299757)
29. 阿部 彰子, 山崎 幹雄, 加藤 剛志, 林 子耕, 中川 康 :
当院における過去3年間の腹腔鏡下手術を施行した子宮外妊娠症例の検討,
産婦人科の進歩, Vol.61, No.2, 77-80, 2009年.
30. 阿部 彰子, 古本 博孝, 中山 彩, 西村 正人, 苛原 稔, 生島 仁史 :
子宮頸癌Ⅰb2-Ⅲb期に対する術前化学療法 手術(NAC-S)とConcurrent chemoradiotherapy (CCRT)の比較,
癌と化学療法, Vol.35, No.9, 1535-1539, 2008年.
31. 阿部 彰子, 井川 洋, 六車 博昭, 前田 安弘 :
卵巣癌に対する化学療法中に発症した治療関連骨髄異形成症候群の2 例,
癌と化学療法, Vol.35, No.10, 1795-1798, 2008年.
32. Akiko Abe, H Furumoto, K Yoshida, M Nishimura, M Irahara, E Kudo and T Sano :
A case of ovarian endometrioid adenocarcinoma with a yolk sac tumor component.,
International Journal of Gynecological Cancer, Vol.18, No.1, 168-172, 2007.
(PubMed: 17466041)

学術論文(紀要・その他):

1. 阿部 彰子, 香川 智洋, 祖川 英至, 峯田 あゆか, 西村 正人 :
生殖年齢期に発生した子宮内膜癌・異型内膜増殖症におけるミスマッチ修復蛋白発現に関する検討,
遺伝性腫瘍, Vol.20, No.3, 146-150, 2020年.
(DOI: 10.18976/jsht.20.3_146,   CiNii: 130007964400)
2. 香川 智洋, 阿部 彰子, 乾 宏彰, 峯田 あゆか, 西村 正人 :
嚢胞状帝王切開瘢痕部が着床部結節から成っていた一例,
現代産婦人科, Vol.69, No.1, 2020年.
(CiNii: 40022443276)
3. 門田 友里, 西村 正人, 炬口 恵理, 河北 貴子, 阿部 彰子, 苛原 稔 :
カルチノイド成分を合併した粘液生卵巣癌の1例,
現代産婦人科, Vol.64, No.2, 321-325, 2016年.

総説・解説:

1. 阿部 彰子, 西村 正人, 炬口 恵理, 河北 貴子, 苛原 稔 :
Peutz-Jeghers症候群に合併した若年子宮体癌の1例,
日本婦人科腫瘍学会雑誌, Vol.34, No.4, 640-647, 2016年10月.
(CiNii: 40020998600)

国際会議:

1. Akiko Abe, Akira Kuwahara, Tomohiro Kagawa, Ayuka Mineda and Masato Nishimura :
A survey of germline mutations with epithelial ovarian cancer in Japanese patients.,
ESGO Annual Meeting 2019, Greece, Nov. 2019.
2. Akiko Abe :
A survey of germline mutations with epithelial ovarian cancer in Japanese patients.,
The American Society of Human Genetics, Oct. 2018.
3. Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima, Akihiro Haga, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Masato Nishimura, Akiko Abe, Minoru Irahara and Masafumi Harada :
Investigation of prognostic factors of cervical cancer using pre-treatment MRI images,
The 2018 International Gynecologic Cancer Society Meeting, Sep. 2018.
4. Akiko Abe, Masato Nishimura, Eri Takiguchi, Takako Kawakita, TANIGUCHI Yuka, Yuri Yamamoto, YAMASAKI Mikio, Takeshi Iwasa, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Survey on oncologist and gynecologist concerned with fertility for cancer survivors in reproductive age.,
IFFS/JSRM International Meeting,2015, Yokohama, Apr. 2015.
5. Masato Nishimura, Eri Takiguchi, Takako Kawakita, Akiko Abe, TANIGUCHI Yuka, Yuri Yamamoto, YAMASAKI Mikio, Takeshi Iwasa, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Efficacy and pregnant outcomes of fertility-sparing treatment with medroxyprogesterone acetate for endometrial carcinoma and atypical endometrial hyperplasia in young women.,
IFFS/JSRM International Meeting,2015, Yokohama, Apr. 2015.

国内講演発表:

1. 今井 芳枝, 阿部 彰子, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 板東 孝枝, 髙橋 亜希, 近藤 和也 :
HBOCの乳がん罹患者がリスク低減卵管卵巣摘出術を受けた後の思い,
第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会, 2021年6月.
2. 今井 芳枝, 阿部 彰子, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 近藤 和也, 板東 孝枝, 髙橋 亜希 :
HBOCの乳がん罹患者がリスク低減卵管卵巣摘出術を受けた後の思い,
第27回日本遺伝性腫瘍学会学術集会, 2021年6月.
3. 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 荒堀 広美, 川端 泰枝, 町田 美佳, 徳永 亜希子, 榎本 葵, 森 美樹, 上田 伊佐子, 板東 孝枝, 髙橋 亜希, 阿部 彰子 :
がん治療に対する納得の尺度開発,
第35回日本がん看護学会学術集会, Vol.35, 2020年6月.
4. 山本 由理, 桑原 章, 阿部 彰子, 岩佐 武, 倉橋 浩樹, 苛原 稔 :
徳島大学病院における初めての着床前診断(PGT-M)の経験,
第72回日本産科婦人科学会学術集会, 2020年4月.
5. 前田 崇彰, 西村 正人, 祖川 英至, 吉田 あつ子, 米谷 直人, 河北 貴子, 香川 智洋, 阿部 彰子, 加地 剛, 苛原 稔 :
胎盤病理検査を契機に診断・治療に至った子宮体癌の1例,
第72回日本産科婦人科学会学術集会, 2020年4月.
6. 阿部 彰子, 岩佐 武, 山本 由理, 森本 雅美, 中村 信元, 桑原 章 :
徳島県におけるがん生殖医療の現状と課題,
日本がん·生殖医療学会誌, Vol.3, No.1, 106, 2020年1月.
7. 阿部 彰子 :
遺伝性腫瘍 当事者の意思決定から先制医療に向けた提言 遺伝性婦人科がん予防と女性ヘルスケア,
第64回日本人類遺伝学会, 2019年11月.
8. 阿部 彰子 :
シンポジウム:遺伝性腫瘍 当事者の意思決定から先制医療に向けた提言 遺伝性婦人科がん予防と女性ヘルスケア,
第64回日本人類遺伝学会, 2019年11月.
9. 阿部 彰子 :
がんパネル検査の導入の現状と,連携体制作りの難しさ,
第5回日本産科婦人科遺伝診療学会, 2019年10月.
10. 阿部 彰子 :
徳島大学病院でのがんゲノム医療の実際,
第68回徳島婦人科腫瘍研究会, 2019年10月.
11. 岩佐 武, 松崎 利也, 阿部 彰子, 柳原 理江, 山本 由理, 香川 智洋, 峯田 あゆか, 西村 正人, 桑原 章, 苛原 稔 :
子宮内膜異型増殖症・初期子宮体癌患者に対する黄体ホルモン療法の治療成績,妊娠成績および周産期予後,
第72回中国四国 日本産科婦人科学会学術講演会, 2019年9月.
12. 香川 智洋, 阿部 彰子, 峯田 あゆか, 西村 正人 :
嚢胞状帝王切開瘢痕部が着床部結節からなっていた一例,
第72回中国四国 日本産科婦人科学会学術講演会, 2019年9月.
13. 阿部 彰子 :
がん遺伝子パネル検査のpitfall,
第72回中国四国 日本産科婦人科学会学術講演会, 2019年9月.
14. 阿部 彰子 :
当科における早期子宮体癌に対する腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術導入と短期成績,
第59回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会, 2019年9月.
15. 阿部 彰子 :
婦人科医が取り組むがんゲノム遺伝医療,
Ovarian cancer scientific exchange meeting 2019, 2019年9月.
16. 森本 雅美, 阿部 彰子, 笹 聡一郎, 池内 真由美, 兼松 美幸, 鳥羽 博明, 武知 浩和, 桑原 章, 丹黒 章 :
当院における乳癌患者に対する妊孕性温存の取り組み,
第27回日本乳癌学会学術総会, 2019年7月.
17. 阿部 彰子 :
がんゲノム医療の臨床実装について,
第28回徳島大学病院がん診療連携セミナー, 2019年7月.
18. 阿部 彰子, 井本 逸勢, 香川 智洋, 峯田 あゆか, 西村 正人, 苛原 稔 :
上皮性卵巣癌に対する遺伝学的検査への意識調査とHRD遺伝子変異の検討,
第61回日本婦人科腫瘍学会, 2019年7月.
19. 今井 芳枝, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 村上 好恵, 川崎 優子, 武田 祐子, 浅海 くるみ, 阿部 彰子 :
家族性腫瘍を対象とした遺伝カウンセリングの動向に関する後方視的解析,
第25回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2019年6月.
20. 今井 芳枝, 宮本 容子, 吉田 由紀子, 村上 好恵, 川崎 優子, 武田 佑子, 浅海 くるみ, 阿部 彰子 :
家族性腫瘍を対象とした遺伝カウセリングの動向に関する後方視的解析,
第25回日本家族性腫瘍学会学術集会, 170, 2019年6月.
21. 阿部 彰子 :
若年子宮体がん患者の遺伝性腫瘍との関連性についての検討,
第25回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2019年6月.
22. 西村 正人, 峯田 あゆか, 阿部 彰子, 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 苛原 稔 :
若年におけるHPVワクチン接種は子宮頸癌検診における細胞診異常の頻度を低下させる,
第60回日本臨床細胞学会学術講演会, 2019年6月.
23. 阿部 彰子 :
子宮体癌の腹水細胞診陽性症例の検討,
第60回日本臨床細胞学会学術講演会, 2019年6月.
24. 阿部 彰子 :
オラパリブの使用経験,
第67回日本徳島婦人科腫瘍研究会, 2019年5月.
25. Akiko Abe :
The current status of treatment for uterine cervical cancer in our department,
第71回日本産科婦人科学会学術講演会, Apr. 2019.
26. 岩佐 武, 山本 由理, 阿部 彰子, 桑原 章, 西村 正人, 松崎 敏也, 苛原 稔 :
子宮内膜異型増殖症・初期子宮体癌患者に対する黄体ホルモン療法の治療成績,妊娠成績および周産期予後,
第10回日本がん・生殖医療学会, 2019年2月.
27. 阿部 彰子 :
徳島県におけるがん生殖医療の現状と課題,
第10回日本がん・生殖医療学会, 2019年2月.
28. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 阿部 彰子, 西村 正人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部及び腟の異型性・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
29. 森本 雅美, 宮本 容子, 吉田 友紀子, 大津 雅信, 池内 真由美, 中川 美砂子, 阿部 彰子, 鳥羽 博明, 武知 浩和, 桑原 章, 井本 逸勢, 苛原 稔, 丹黒 章 :
当院における遺伝性腫瘍に対する取り組み∼Li-Fraumeni症候群を経験して∼,
第15回日本乳癌学会中国四国地方会, 2018年9月.
30. 阿部 彰子 :
若年性がん患者さんの妊孕性温存について考える,
第32回医療・がん相談支援センター講習会, 2018年8月.
31. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 阿部 彰子, 西村 正人 :
子宮頸部及び膣の異形成・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
2018年6月.
32. 赤岩 慶, 四宮 加容, 大串 陽子, 影治 照喜, 阿部 彰子, 三田村 佳典 :
激痛を伴いマイラゲルの合併症と鑑別を要した転移性眼窩腫瘍の1例,
第69回日本臨床眼科学会/2015.10.22∼25/名古屋, 2015年10月.
33. 吉田 加奈子, 東元 あゆか, 阿部 彰子, 海老沢 桂子, 加藤 剛志, 西村 正人, 古本 博孝, 苛原 稔 :
ワークショップ: 子宮体癌新FIGO分類pTla期に対するリンパ節郭清の必要性について,
第50回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2011年7月.

その他・研究会:

1. 阿部 彰子 :
「HBOC診療の壁」自施設での意識調査により明らかとなった遺伝性腫瘍診療の難しさ,
第7回日本HBOCコンソーシアム学術総会, 2019年1月.
2. 阿部 彰子 :
講演: 徳島大学病院 遺伝カウンセリング外来の診療紹介と連携について,
Tokushima Breast Cancer Seminar 2018, 2018年9月.
3. 阿部 彰子 :
徳島県の子宮癌の死亡率を減少させるために ベセスダシステムによる子宮頸癌検診のすすめかた,他国の状況,
第59回徳島婦人科腫瘍研究会, 2015年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)