検索:
徳島大学病院診療科外科消化器・移植外科 (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Shuichi Iwahashi, Feng Rui, Yuji Morine, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Hepatic Stellate Cells Contribute to the Tumor Malignancy of Hepatocellular Carcinoma Through the IL-6 Pathway.,
Anticancer Research, Vol.40, No.2, 743-749, 2020.
(DOI: 10.21873/anticanres.14005,   PubMed: 32014916)
2. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Toru Utsunomiya :
Effect of epigenetic modulation on cancer sphere.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.67, No.1.2, 70-74, 2020.
(DOI: 10.2152/jmi.67.70,   PubMed: 32378621)
3. Shogo Ohta, Tetsuya Ikemoto, Yuma Wada, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
A change in the zinc ion concentration reflects the maturation of insulin-producing cells generated from adipose-derived mesenchymal stem cells.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 18731, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114940,   DOI: 10.1038/s41598-019-55172-0,   PubMed: 31822724)
4. Tetsuya Ikemoto, Rui Feng, Shuichi Iwahashi, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Yuji Morine, Satoru Imura, Munehide Matsuhisa and Mitsuo Shimada :
In vitro and in vivo effects of insulin-producing cells generated by xeno-antigen free 3D culture with RCP piece.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114941,   DOI: 10.1038/s41598-019-47257-7,   PubMed: 31341242)
5. 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
胆道再建を含む肝切除術 (ビギナーズ特集 手術で臓器が「どうなる?」から術後ケアが見える! わかる! イラスト理解 消化器外科の術式・術後ケア),
消化器外科Nursing, Vol.23, No.8, 709-714, 2018年.
(CiNii: 40021644777)
6. Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi and Mitsuo Shimada :
A learning curve for laparoscopic liver resection: an effective training system and standardization of technique.,
Translational Gastroenterology and Hepatology, Vol.3, 45, 2018.
(DOI: 10.21037/tgh.2018.07.03,   PubMed: 30148230,   Elsevier: Scopus)
7. Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Daichi Ishikawa, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Potential predictive factors for microvascular invasion in hepatocellular carcinoma classified within the Milan criteria.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.23, No.1, 98-103, 2018.
(DOI: 10.1007/s10147-017-1189-8,   PubMed: 28875240,   Elsevier: Scopus)
8. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二 :
膵癌・胆道癌 ─基礎・臨床の最新研究動向─,
日本臨牀, 618-621, 2015年.
9. Yu Saitou, Hiroki Mori, Chie Takasu, Masato Komatsu, Jun Hanaoka, Shin-ichiro Yamada, 淺野間 理仁, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine, Toru Utsunomiya and Mitsuo Shimada :
Beneficial effects of green tea catechin on massive hepatectomy model in rats.,
Journal of Gastroenterology, 2013.
(DOI: 10.1007/s00535-013-0799-9,   PubMed: 23543313,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Katsuki Miyazaki, Takuya Tokunaga and Masaaki Nishi :
Significance of frailty in prognosis after surgery in patients with pancreatic ductal adenocarcinoma.,
World Journal of Surgical Oncology, Vol.19, No.1, 94, 2021.
(DOI: 10.1186/s12957-021-02205-6,   PubMed: 33781262)
2. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
【肝胆膵外科における再切除と再手術-最新の治療戦略】肝細胞癌切除後再発に対する再肝切除 適応と治療成績,
手術, Vol.75, No.3, 249-256, 2021年.
(DOI: 10.18888/op.0000002091)
3. Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
Preoperative prognostic nutritional index predicts short- and long-term outcomes after liver resection in patients with hepatocellular carcinoma.,
Oncology Letters, Vol.21, No.2, 153, 2021.
(DOI: 10.3892/ol.2020.12414,   PubMed: 33552271,   Elsevier: Scopus)
4. Kazunori Tokuda, Yuji Morine, Katsuki Miyazaki, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Masaaki Nishi, Takuya Tokunaga, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
The interaction between cancer associated fibroblasts and tumor associated macrophages via the osteopontin pathway in the tumor microenvironment of hepatocellular carcinoma.,
Oncotarget, Vol.12, No.4, 333-343, 2021.
(DOI: 10.18632/oncotarget.27881,   PubMed: 33659044)
5. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Significance of Frailty in Prognosis After Hepatectomy for Elderly Patients with Hepatocellular Carcinoma.,
Annals of Surgical Oncology, Vol.28, No.1, 439-446, 2021.
(DOI: 10.1245/s10434-020-08742-w,   PubMed: 32562115)
6. Hiroki Mori, Yuji Morine, Kazuaki Mawatari, Ayumi Chiba, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Hiroki Ishibashi, Akira Takahashi and Mitsuo Shimada :
Bile Metabolites and Risk of Carcinogenesis in Patients With Pancreaticobiliary Maljunction: A Pilot Study.,
Anticancer Research, Vol.41, No.1, 327-334, 2021.
(DOI: 10.21873/anticanres.14779,   PubMed: 33419827)
7. Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
A Hepatectomy Based on a Hybrid Concept of Portal Perfusion of Anterior Segment and Venous Drainage Area of Superior Right Hepatic Vein.,
The American Surgeon, 3134820984872, 2020.
(DOI: 10.1177/0003134820984872,   PubMed: 33382339)
8. Yuji Morine, Toru Utsunomiya, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Akihiro Kitagawa, Yuta Kobayashi, Seiichiro Takao, Keisuke Kosai, Koshi Mimori, Yasuhito Tanaka and Mitsuo Shimada :
Reduction of T-Box 15 gene expression in tumor tissue is a prognostic biomarker for patients with hepatocellular carcinoma.,
Oncotarget, Vol.11, No.52, 4803-4812, 2020.
(DOI: 10.18632/oncotarget.27852,   PubMed: 33447348)
9. Yuuma Wada, Kazunori Tokuda, Yuji Morine, Shohei Okikawa, Shoko Yamashita, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
The inhibitory effect of TU-100 on hepatic stellate cell activation in the tumor microenvironment.,
Oncotarget, Vol.11, No.49, 4593-4604, 2020.
(DOI: 10.18632/oncotarget.27835,   PubMed: 33346211)
10. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 石橋 広樹, 島田 光生 :
【臨床に役立つ胆と膵の解剖学】膵・胆管合流異常の解剖と病型分類,
胆と膵, Vol.41, No.11, 1085-1092, 2020年.
11. Tetsuya Ikemoto, Kazunori Tokuda, Yuuma Wada, Luping Gao, Katsuki Miyazaki, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Adipose Tissue From Type 1 Diabetes Mellitus Patients Can Be Used to Generate Insulin-Producing Cells.,
Pancreas, Vol.49, No.9, 1225-1231, 2020.
(DOI: 10.1097/MPA.0000000000001663,   PubMed: 32898009)
12. Yuuma Wada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
HIF-1 expression in liver metastasis but not primary colorectal cancer is associated with prognosis of patients with colorectal liver metastasis.,
World Journal of Surgical Oncology, Vol.18, No.1, 241, 2020.
(DOI: 10.1186/s12957-020-02012-5,   PubMed: 32895059)
13. Kazunori Tokuda, Yuji Morine, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Katsuki Miyazaki, Shoko Yamashita, Shohei Okikawa, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Effectiveness of repeat surgery for recurrence after primary hepatectomy in patients with intrahepatic cholangiocarcinoma.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.25, No.12, 2083-2089, 2020.
(DOI: 10.1007/s10147-020-01775-x,   PubMed: 32869120)
14. Toshiaki Yoshimoto, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Katsuki Miyazaki, Yukako Takehara and Mitsuo Shimada :
Impact of using a perioperative artificial endocrine pancreas in pancreatic resection.,
Annals of Gastroenterological Surgery, Vol.4, No.5, 591-596, 2020.
(DOI: 10.1002/ags3.12374,   PubMed: 33005854)
15. Katsuki Miyazaki, Yuji Morine, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Kazunori Tokuda, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Pancreatoduodenectomy co-morbid with celiac axis compression syndrome: a report of three cases.,
Surgical Case Reports, Vol.6, No.1, 113, 2020.
(DOI: 10.1186/s40792-020-00878-x,   PubMed: 32449014)
16. Shin-ichiro Yamada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Masato Yoshikawa, Katsuki Miyazaki and Mitsuo Shimada :
Prognostic prediction of apparent diffusion coefficient obtained by diffusion-weighted MRI in mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.27, No.7, 388-395, 2020.
(DOI: 10.1002/jhbp.732,   PubMed: 32162483)
17. Yu Saitou, Maki Sugimoto, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
Intraoperative 3D Hologram Support With Mixed Reality Techniques in Liver Surgery.,
Annals of Surgery, Vol.271, No.1, e4-e7, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114184,   DOI: 10.1097/SLA.0000000000003552,   PubMed: 31425293)
18. Kazunori Tokuda, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Katsuki Miyazaki, Shoko Yamashita, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
The Fragility of Cryopreserved Insulin-producing Cells Differentiated from Adipose-tissue-derived Stem Cells.,
Cell Transplantation, Vol.29, 963689720954798, 2020.
(DOI: 10.1177/0963689720954798,   PubMed: 32878465)
19. Shogo Oota, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Yuuma Wada, Shoko Iwahashi, Yoshimi Bando and Mitsuo Shimada :
Carbohydrate Antigen 19-9 Is a Prognostic Factor Which Correlates With HDAC1 and HIF-1 for Intrahepatic Cholangiocarcinoma.,
Anticancer Research, Vol.39, No.11, 6025-6033, 2019.
(DOI: 10.21873/anticanres.13808,   PubMed: 31704828)
20. Yuuma Wada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
The Differences in the Characteristics of Insulin-producing Cells Using Human Adipose-tissue Derived Mesenchymal Stem Cells from Subcutaneous and Visceral Tissues.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 13204, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114942,   DOI: 10.1038/s41598-019-49701-0,   PubMed: 31519950)
21. Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Chie Takasu, Jun Higashijima, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Clinical Impact of FOLFOXIRI Aiming for Conversion Surgery in Unresectable Multiple Colorectal Liver Metastasis.,
Anticancer Research, Vol.39, No.9, 5089-5096, 2019.
(DOI: 10.21873/anticanres.13703,   PubMed: 31519620)
22. Shoko Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Toshiaki Yoshimoto, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada :
Two cases of non-mucinous cystadenomas of the pancreas with pancreatobiliary phenotype and ovarian-like stroma.,
Surgical Case Reports, Vol.5, No.1, 117, 2019.
(DOI: 10.1186/s40792-019-0673-y,   PubMed: 31338648)
23. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Chie Takasu, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku and Toshiaki Yoshimoto :
A new formula to calculate the resection limit in hepatectomy based on Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging.,
PLoS ONE, Vol.14, No.1, e0210579, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113041,   DOI: 10.1371/journal.pone.0210579,   PubMed: 30682046)
24. Toshiaki Yoshimoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Jun Higashijima, Chie Takasu and Mitsuo Shimada :
Maximum Diameter and Number of Tumors as a New Prognostic Indicator of Colorectal Liver Metastases.,
In Vivo, Vol.31, No.3, 419-423, 2017.
(DOI: 10.21873/invivo.11076,   PubMed: 28438872)
25. Masato Yoshikawa, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Jun Higashijima, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata, Toshiaki Yoshimoto and Mitsuo Shimada :
Elevated Preoperative Serum CEA Level Is Associated with Poor Prognosis in Patients with Hepatocellular Carcinoma Through the Epithelial-Mesenchymal Transition.,
Anticancer Research, Vol.37, No.3, 1169-1175, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112034,   DOI: 10.21873/anticanres.11430,   PubMed: 28314278)
26. M Davaadorj, Yu Saitou, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa and Mitsuo Shimada :
Loss of Secreted Frizzled-Related Protein-1 expression is associated with poor prognosis in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
EJSO - European Journal of Surgical Oncology, Vol.43, No.2, 344-350, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110034,   DOI: 10.1016/j.ejso.2016.11.017,   PubMed: 28062160)

総説・解説:

1. Yoichiro Kawashita, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Shin-ichiro Yamada, Jun Higashijima, Satoru Imura, Hirohisa Ogawa, Toshiyuki Yagi and Mitsuo Shimada :
Loss of Fbxw7 expression is a predictor of recurrence in colorectal liver metastasis.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.24, No.10, 576-583, Oct. 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110995,   DOI: 10.1002/jhbp.500,   PubMed: 28846828)
2. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Chie Takasu, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Toshiaki Yoshimoto and Atsushi Takata :
Effective stepwise training and procedure standardization for young surgeons to perform laparoscopic left hepatectomy.,
Surgical Endoscopy, Vol.31, No.6, 2623-2629, Dec. 2016.
(DOI: 10.1007/s00464-016-5273-3,   PubMed: 27928671)
3. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
【最新 肝胆膵高難度外科手術アトラス】 高難度外科手術手技 肝臓 肝下部下大静脈再建を伴う肝切除,
手術, Vol.70, No.4, 431-438, 2016年3月.
4. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
【膵・胆管合流異常の診断基準の改訂をめぐって】 膵・胆管合流異常の診断の最前線 胆汁中アミラーゼ値,
胆と膵, Vol.35, No.10, 921-925, 2014年10月.

国際会議:

1. Hiroki Teraoku, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou and Shin-ichiro Yamada :
Computed Tomography in Patients with Mass-Forming Intrahepatic Cholangiocarcinoma,
IHPBA2020, Melbourne, Nov. 2020.
2. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou and Shin-ichiro Yamada :
Treatment Strategy for Synchronous Liver Metastases from Colorectal Cancer,
IHPBA2020, Melbourne, Nov. 2020.
3. Kazunori Tokuda, Mitsuo Shimada, Tetsuya Ikemoto, Katsuki Miyazaki, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Satoru Imura and Yuji Morine :
The investigation of optimal transplantation site of insulin producing cell differentiated from human adipose derived stem cell.,
ISCT2020, Paris, May 2020.
4. Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Kazunori Tokuda, Shin-ichiro Yamada, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Effective 3D culture of hepatocyte like cells from human adipose derived mesenchymal stem cells.,
ISCT2020, Paris, May 2020.
5. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Kazunori Tokuda, Katsuki Miyazaki, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Satoru Imura and Yuji Morine :
The generation of effective insulin-producing cells from ADSC derived from type 1 diabetes mellitus patients.,
ISCT2020, Paris, May 2020.
6. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Significance of frailty in prognosis after hepatectomy in older patients with hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2020.
7. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Evaluation of the ratio of plasma fibrinogen to platelet in resectable pancreatic cancer.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2020.
8. Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou and Katsuki Miyazaki :
Prognostic prediction of mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma from ADC value of DWI-MRI,
IASGO2019, Bangkok, Oct. 2019.
9. Yu Saitou, Shogo Oota, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
THE NEW ROLE OF ZINC ION IN INSULIN-PRODUCING CELLS DIFFERENTIATION FROM ADIPOSE DERIVED MESENCHYMAL STEM CELLS.,
ESOT2019, Copenhagen, Sep. 2019.
10. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Yu Saitou, Feng Rui, Shin-ichiro Yamada, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine and Satoru Imura :
THE POTNETIALLY CLINICAL APPLICATION OF XENO-ANTIGEN FREE DIFFERENTIATION PROTOCOL FOR INSULINPRODUCING CELLS USING HUMAN RECOMBINANT PEPTIDE PETALOID Μ-PIECE FROM ADIPOSE-TISSUE DERIVED MESENCHYMAL STEM CELL,
ESOT2019, Copenhagen, Sep. 2019.
11. Mitsuo Shimada, Tetsuya Ikemoto, Yuuma Wada, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Shogo Oota :
Characteristic difference of adiposederived mesenchymal stem cells from subcutaneous and visceral fat tissue for generating insulin-producing cell,
ESOT2019, Copenhagen, Sep. 2019.
12. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Shin-ichiro Yamada :
Examination of the VR+AR training for understanding of regional anatomy in the laparoscopic training of the students.,
SAGES 2019, Baltimore, Apr. 2019.
13. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Toshiaki Yoshimoto, Masaaki Nishi and Chie Takasu :
Prognostic Prediction of Mass-Forming Intrahepatic Cholangiocarcinoma from Diffusion Weighted Image of Magnetic Resonance Image,
SSO's 72nd Annual Cancer Symposium, San Diego, Mar. 2019.
14. Shogo Oota, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
The feasibility of hepatectomy for the super-elderly patients with HCC.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
(DOI: 10.1200/JCO.2019.37.4_suppl.274)
15. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and 馮 睿 :
The effect of hepatic stellate cells on hepatocellular carcinoma progression.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
(DOI: 10.1200/JCO.2019.37.4_suppl.265)
16. Satoru Imura, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Validity of hepatic cone-unit resection for hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
(DOI: 10.1200/JCO.2019.37.4_suppl.228)
17. Mitsuo Shimada, Hiroki Teraoku, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu and Shin-ichiro Yamada :
Role of central hypovascularity in the hepatic arterial phase of dynamic CT on mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
(DOI: 10.1200/JCO.2019.37.4_suppl.205)
18. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Shin-ichiro Yamada :
The approach for establishing safe, reliable and rapid pancreatoduodenectomy,
第9回日本・モンゴル国際消化器癌シンポジウム, Aug. 2018.
19. Masato Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Current status and effect of laparoscopic training for young surgeon,
40th World Congress of the International College of Surgeons (ICS 2016), Kyoto, Oct. 2016.
20. Masato Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Elevated preoperative serum CEA levels in patients with HCC is associated with prognosis and EMT,
第8回日本・モンゴル消化器癌国際シンポジウム, ウランバートル, Aug. 2016.
21. Yu Saitou, Atsushi Takata, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
The effect od HDACi in ADSC differentiation in to insulin producing cells.,
Transplantation Science Symposium (TSS) Asian Regional Meeting 2016, Tokyo, Apr. 2016.
22. Satoru Imura, Takuya Tokunaga, Masayuki Sumitomo, Shin-ichiro Yamada, Chie Takasu, Yu Saitou, Jun Higashijima, Kouzou Yoshikawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Usefulness of telementoring system to develop laparoscopic surgery in rural hospital,
Society American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES 2016), Boston, Mar. 2016.
23. Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
Recurrent feature after radiofrequency ablation herapy for hepatocelluar carcinoma : Risk of increasing malignant behavior.,
2016 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco, Jan. 2016.
24. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
Treatment strategy for intrahepatic cholangiocarcinoma: From optimal surgical management to adjuvant therapy.,
2016 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco, Jan. 2016.
25. Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Jun Higashijima and Chie Takasu :
Folfoxiri regimen brings early ``conversion'' and better long-term outcome in patients with initially unresectable colorectal liver metastases,
46th World Congress of Surgery (WCS)2015, Aug. 2015.
26. Shin-ichiro Yamada :
Recurrent feature after radiofrequency ablation therapy for hepatocelluar carcinoma-Risk of increasing malignant behavior,
The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting(APPLE2015), Jul. 2015.
27. Teraoku Hiroki, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Daichi Ishikawa and Yoshikawa Masato :
The expression of Ki-67 is a useful prognostic factor in patients with colorectal liver metastasis,
IASGO 2015 post graduate course, Tokyo, Jun. 2015.
28. Shin-ichiro Yamada :
Successful resected case of hilar cholangiocarcinoma with right-sided round ligament.,
A-PHPBA 2015, Mar. 2015.
29. Shin-ichiro Yamada :
Successful resected case of hilar cholangiocarcinoma with right-sided round ligament.,
A-PHPBA, Mar. 2015.
30. 良元 俊昭, GY Wubetu, Shin-ichiro Yamada, 石川 大地, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Impact of STAT4 expression on cellular immunity and prognosis in hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
31. Shuichi Iwahashi, Yismaw Gizachew, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 and Mitsuo Shimada :
The antitumor effect of epigallocatechin-3-gallate on gastroenterological cancer.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
32. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroshi Shibata and Hidenori Miyake :
Long-term survivors after sorafenib therapy in unresectable hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
33. Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, Jun Higashijima and Chie Takasu :
Impact of FOLFOXIRI regimen on early ``Conversion'' and long-term outcome in patients with initially unresectable colorectal liver metastases,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.

国内講演発表:

1. 徳田 和憲, 池本 哲也, 宮崎 克己, 山下 祥子, 沖川 昌平, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞から作製したインスリン産生細胞の至適保存方法に関する研究,
第20回日本再生医療学会総会, 2021年3月.
2. 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 :
ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞の創出,
第20回日本再生医療学会総会, 2021年3月.
3. 池本 哲也, 徳永 卓哉, 沖川 昌平, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞から分化誘導したSchwann-like cellの基礎的検討,
第20回日本再生医療学会総会, 2021年3月.
4. 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 沖川 昌平, 宮崎 克己, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
徳島大学の肝胆膵外科における若手教育-特に内視鏡手術に焦点をあてて-,
第33回日本内視鏡外科学会, 2021年3月.
5. 齋藤 裕, 池本 哲也, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 :
ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞の創出- 肝不全・代謝性肝疾患に対する肝移植から細胞治療へ -,
第262回徳島医学会学術集会, 2021年3月.
6. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Significance of frailty for elderly patients in HPB surgery,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
7. Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Luping Gao, Shin-ichiro Yamada, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Effective 3D culture of hepatocyte like cells human adipose derived mesenchymal stem cells,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
8. Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa, Katsuki Miyazaki, Maki Sugimoto and Mitsuo Shimada :
Intraoperative support with 3D holographic cholangiography and indocyanine green navigation,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
9. Katsuki Miyazaki, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Kazunori Tokuda, Masato Yoshikawa and Mitsuo Shimada :
The impact of frailty as a prognostic factor of colorectal liver metastasis,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
10. Yusuke Arakawa, Katsuki Miyazaki, Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
The value of CRP albumin ratio in patient with resectable pancreas cancer,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
11. Tetsuya Ikemoto, Kazunori Tokuda, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Basic research for aiming non-clinical PoC acquisition of insulin producing cells from ADSC with Tokushima protocol,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
12. Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa, Katsuki Miyazaki and Mitsuo Shimada :
Optimal surgical treatment including lymph nodes dissection and adjuvant chemotherapy for intrahepatic cholangiocarcinoma,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
13. Satoru Imura, Katsuki Miyazaki, Masato Yoshikawa, Kazunori Tokuda, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Standardization and stepwise training for safe laparoscopic hepatectomy,
第32回日本肝胆膵外科学会学術集会, Feb. 2021.
14. 山田 眞一郎, 高 露泙, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 徳田 和憲, 沖川 昌平, 山下 祥子, 宮崎 克己 :
肝細胞癌におけるSorafenib耐性獲得機序に関する検討,
第23回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年1月.
15. 齋藤 裕, 友成 哲, 山田 眞一郎, 居村 暁, 池本 哲也, 森根 裕二, 高山 哲治, 島田 光生 :
進行肝細胞癌に対する集学的治療-分子標的治療薬使用によるConversion Surgery-,
第23回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年1月.
16. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 徳田 和憲, 宮崎 克己 :
肝胆膵領域悪性腫瘍におけるNrf2・VEGFに着目した腫瘍関連マクロファージ活性化についての検討,
第29回日本癌病態治療研究, 2021年1月.
17. 齋藤 裕, 高 露萍, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
GSK3 inhibitorsを用いた脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞への3次元分化誘導,
第38回日本肝移植学会学術集, 2020年12月.
18. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Hologramを用いた術中手術支援-術中Real-time3D胆管造影を併用した胆道手術-,
第45回日本外科系連合学会学術集会, 2020年12月.
19. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
肝細胞癌に対する肝切除術におけるFrailtyの意義に関する検討,
第56回日本肝癌研究会, 2020年12月.
20. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
DAA治療後SVR症例は発癌Potentialが高く進行病期に関与する,
第56回日本肝癌研究会, 2020年12月.
21. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
大腸癌同時性肝転移に対する治療戦略-肝切除適応基準とConversion Surgery-,
第56回日本肝癌研究会, 2020年12月.
22. 宮崎 克己, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝内胆管癌予後規定因子としてのLymphocyte / CRP ratio (LCR)の意義,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
23. 良元 俊昭, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 武原 悠花子, 島田 光生 :
膵切除周術期における栄養指標からみた人工膵臓の有用性,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
24. 吉川 雅登, 森根 裕二, 山田 眞一郎, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
DWI-MRIのADC値を用いた転移性肝癌の切除後予後予測,抗癌剤効果予測に関する検討,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
25. 徳田 和憲, 森根 裕二, 山田 眞一郎, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
転移性肝癌切除症例におけるFrailの重要性についての検討,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
26. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
胆嚢癌の悪性度評価におけるADCの有用性に関する検討,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
27. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
DAA治療後SVR症例は発癌Potentialが高く進行病期に関与する,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
28. 荒川 悠佑, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
当院の肝胆膵手術症例におけるSSIサーベイランスによる検討,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
29. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
長期予後と患者QoLに着目した膵全摘症例の検討,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
30. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
大腸癌同時性肝転移に対する治療戦略-肝切除適応基準とConversion Surgery-,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
31. 居村 暁, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
腹腔鏡下肝左葉切除の標準化への取り組み ∼手技定型化とstepwise training∼,
第75回日本消化器外科学会総会, 2020年12月.
32. 宮崎 克己, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 沖川 昌平, 山下 祥子, 尾矢 剛志, 常山 幸一, 島田 光生 :
肝内胆管癌予後規定因子としてのリンパ球CRP比の意義と腫瘍浸潤リンパ球との関係,
第31回日本消化器癌発生学会総会, 2020年11月.
33. 山田 眞一郎, 高 露萍, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 宮崎 克己, 島田 光生 :
ソラフェニブ耐性肝癌において,Nrf2は幹細胞性・遊走能・ABCトランスポーター発現を促進する,
第31回日本消化器癌発生学会総会, 2020年11月.
34. 森根 裕二, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 居村 暁, 石橋 広樹, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常の発癌メカニズムに関する基礎研究:徳島大学の場合,
第43回日本膵・胆管合流異常研究会, 2020年11月.
35. 齋藤 裕, 居村 暁, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
医療系学生に対するDonor Action(命の授業)の必要性,
第56回日本移植学会総会, 2020年11月.
36. 宮崎 克己, 齋藤 裕, 高 露萍, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 雅人, 親泊 政一, 島田 光生 :
ヒト脂肪由来間葉系幹細胞から分化誘導した 肝細胞様細胞の遺伝子発現解析,
第56回日本移植学会総会, 2020年11月.
37. 徳田 和憲, 池本 哲也, 宮崎 克己, 沖川 昌平, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞から分化誘導したインスリン産生細胞の凍結保存方法についての検討,
第56回日本移植学会総会, 2020年11月.
38. 池本 哲也, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
移植医から提案する再生医療技術を用いたインスリン産生細胞自家移植による1型糖尿病根治へ向けた戦略,
第56回日本移植学会総会, 2020年11月.
39. 齋藤 裕, 居村 暁, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
医療系学生に対するDonor Action(命の授業)の必要性,
第56回日本移植学会総会, 2020年10月.
40. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 宮崎 克己, 島田 光生 :
膵癌切除症例における,Frailtyの意義に関する検討,
第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月.
41. 池本 哲也, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
再生医療技術による1型糖尿病根治へ向けたシーズの臨床応用に関する検討,
第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月.
42. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 徳田 和憲, 沖川 昌平, 山下 祥子, 宮崎 克己, 島田 光生 :
Microbiome, HSCに着目した大建中湯の消化器癌に対する多面的効果の検討,
第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月.
43. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Hologramを用いた次世代術中手術支援 -術中Real-time 3D胆管造影を併用した胆道手術-,
第82回日本臨床外科学会総会, 2020年10月.
44. 宮崎 克己, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 島田 光生 :
膵頭十二指腸切除術(PD)術後合併症回避に向けた腹腔動脈起始部圧迫症候群の周術期管理,
第56回日本腹部救急医学会総会, 2020年10月.
45. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 宮崎 克己, 島田 光生, 高 露泙 :
ソラフェニブ耐性肝細胞癌において,Nrf2は肝細胞性,遊走能,ABC transporterの発現を上昇させる,
第79回日本癌学会学術集会, 2020年10月.
46. 立木 佐知子, 冨永 誠記, 田中 貴大, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
徳島県における肝炎医療コーディネーターの活動―肝疾患診療連携拠点病院との連携から地域の肝炎医療コーディネーターの活動拡充へ―,
第56回日本肝臓学会総会, 2020年8月.
47. 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 島田 光生 :
肝内胆管癌予後規定因子としてのLymphocyte / CRP ratio (LCR)の意義,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
48. 吉川 雅登, 森根 裕二, 山田 眞一郎, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
DWI-MRIのADC値を用いた転移性肝癌の予後予測に関する検討,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
49. 荒川 悠佑, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
膵癌術後予後予測因子としての術前fibrinogen:血小板比の有用性,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
50. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
切除可能大腸癌限局性肝転移の治療指針,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
51. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 吉川 雅登 :
外科医の視点から開発された皮下脂肪から分離した脂肪由来幹細胞のインスリン産生細胞移植に関する研究,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
52. 徳田 和憲, 池本 哲也, 高 露萍, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
肪由来幹細胞(ADSC)から肝細胞様細胞(HLC)への分化誘導における3D培養の有用性,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
53. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
膵癌切除症例におけるFrailの意義に関する検討,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
54. 齋藤 裕, 島田 光生, 杉本 真樹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
Holographyを用いた次世代術中手術支援とICG蛍光法による肝離断navigation,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
55. 居村 暁, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
小型肝癌に対する肝実質温存肝区画切除は妥当である,
第120回日本外科学会定期学術集会, 2020年8月.
56. 宮崎 克己, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 島田 光生 :
肝内胆管癌予後規定因子としてのLymphocyte/CRP ratio(LCR)の意義,
第113回日本消化器病学会四国支部例会, 2020年6月.
57. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 宮崎 克己, 島田 光生 :
DAA治療後SVR症例は発癌Potentialが高く進行病期に関与する,
第113回日本消化器病学会四国支部例会, 2020年6月.
58. 徳田 和憲, 池本 哲也, 島田 光生, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 荒川 悠佑, 居村 暁, 森根 裕二 :
亜鉛イオンに着目したADSCから製造したInsulin-producing cell 成熟度に関する検討,
第19回日本再生医療学会総会, 2020年5月.
59. 齋藤 裕, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
GSK3 inhibitorsを用いた脂肪由来間葉系幹細胞から肝細胞様細胞への3次元分化誘導,
第19回日本再生医療学会総会, 2020年5月.
60. 池本 哲也, 島田 光生, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 荒川 悠佑, 居村 暁, 森根 裕二 :
T1DM患者から採取された脂肪組織から分離したADSCから製造したInsulin-producing cellに関する検討,
第19回日本再生医療学会総会, 2020年5月.
61. 宮崎 克己, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 島田 光生 :
肝内胆管癌予後規定因子としてのLymphocyte / CRP ratio (LCR)の意義,
第53回制癌剤適応研究会, 2020年2月.
62. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 宮崎 克己, 徳田 和憲, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
転移性肝癌におけるDWI-MRIのADC値を用いた予後予測に関する検討,
第53回制癌剤適応研究会, 2020年2月.
63. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
腫瘍関連マクロファージを介した肝胆膵癌の悪性度獲得に関する検討,
第53回制癌剤適応研究会, 2020年2月.
64. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 島田 光生 :
NBNC肝細胞癌の発癌と進展の分子標的からみた治療戦略,
第53回制癌剤適応研究会, 2020年2月.
65. 吉川 雅登, 池本 哲也, 良元 俊昭, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
膵切除周術期における人工膵臓を用いた血糖管理の有用性,
第260回徳島医学学会学術集会, 2020年2月.
66. 齋藤 裕, 友成 哲, 山田 眞一郎, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 高山 哲治, 島田 光生 :
分子標的治療薬によりConversion Hepatectomyを施行し得た進行肝細胞癌の3例,
第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年1月.
67. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕 :
MRIを利用した肝切除限界予測と,腫瘍悪性度評価に関する検討,
第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月.
68. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 島田 光生 :
肝細胞癌に対する肝切除術におけるFrailtyの意義に関する検討,
JDDW2019, 2019年11月.
69. 吉川 雅登, 池本 哲也, 良元 俊昭, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
膵切除周術期における人工膵臓を用いた血糖管理の有用性,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
70. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 杉本 真樹 :
ホログラムとウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
71. 池本 哲也, 徳田 和憲, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
insulin-producing cell移植の細胞移植治療への臨床応用に向けた研究,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
72. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
肝細胞癌に対する肝切除術におけるFrailtyの意義に関する検討,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
73. 森根 裕二, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 齋藤 裕, 荒川 悠佑, 吉川 雅登, 居村 暁, 島田 光生 :
腸管Microbiome解析を加えた大建中湯の消化器疾患に対する多面的効果の検討,
第81回日本臨床外科学会総会, 2019年11月.
74. 山田 眞一郎 :
肝胆膵領域悪性腫瘍におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化についての検討,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
75. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 宮崎 克己, 島田 光生 :
肝細胞癌に対する肝切除術におけるFrailtyの意義に関する検討,
第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月.
76. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 島田 光生 :
臨床病理学的特徴と腫瘍悪性度解析からみたNBNC肝細胞癌の治療戦略,
第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月.
77. 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 高 露萍, 池本 哲也, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導における赤色LEDの有用性に関する研究,
第55回日本移植学会総会, 2019年10月.
78. 池本 哲也, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 徳田 和憲, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 島田 光生 :
再生医療技術を用いたinsulin-producing cell移植の臨床応用に向けた研究,
第55回日本移植学会総会, 2019年10月.
79. 武原 悠花子, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 岩橋 祥子, 常山 幸一, 島田 光生 :
SSTR2, Bcl2発現からみた肝内胆管癌の組織発生学的分類,
第55回日本胆道学会学術集会, 2019年10月.
80. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 島田 光生 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第55回日本胆道学会学術集会, 2019年10月.
81. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Katsuki Miyazaki :
Prognostic prediction of mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma from ADC value of DWI-MRI,
JSH International Liver Conference, Oct. 2019.
82. 荒川 悠佑, 宮崎 克己, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝癌細胞におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第78回日本癌学会学術総会, 2019年9月.
83. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 宮崎 克己, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Hologramを用いた次世代術前術中手術支援とICG蛍光法による肝離断navigation,
第14回肝癌治療ナビゲーション研究会, 2019年9月.
84. 吉川 雅登, 岩橋 祥子, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 宮崎 克己, 常山 幸一, 島田 光生 :
卵巣様間質を伴う非粘液性嚢胞腺腫の二例,
第71回日本消化器画像診断研究会, 2019年9月.
85. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 宮崎 克己 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の 腫瘍悪性度に関する検討,
第71回日本消化器画像診断研究会, 2019年9月.
86. 岩橋 祥子, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
SSTR2・Bcl2発現による肝内胆管癌組織発生学的特徴に関する検討,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
87. 岩橋 衆一, 島田 光生, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
長期成績に着目した膵全摘症例の検討 -術後QOL評価に着目して-,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
88. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝細胞癌に対する系統的肝区画切除は妥当である,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
89. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
肝細胞癌の肝切除術におけるFrailtyの意義に関する検討,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
90. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
ホログラム術中胆道造影とウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
91. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
肝内胆管癌の治療戦略:至適切除範囲と補助療法の効果,
第74回日本消化器外科学会総会, 2019年7月.
92. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Masao Fuketa, Shinsuke Katoh, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Satoru Imura and Yuji Morine :
The utilization of `Big Data' in gastroenterological surgery,
第74回日本消化器外科学会総会, Jul. 2019.
93. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
ホログラムとウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援,
第55回日本肝癌研究会, 2019年7月.
94. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の有用性,
第55回日本肝癌研究会, 2019年7月.
95. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
肝内胆管癌の治療戦略:至適切除範囲と補助療法の効果,
第55回日本肝癌研究会, 2019年7月.
96. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝癌に対する腹腔鏡肝切除の現状と今後の適応拡大,
第55回日本肝癌研究会, 2019年7月.
97. 吉川 雅登, 和田 佑馬, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 岩橋 祥子, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からのインスリン産生細胞分化誘導に関する研究,
第26回外科侵襲とサイトカイン研究会, 2019年7月.
98. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 島田 光生 :
DWI-MRIのADC値を用いたSorafenibの効果予測に関する検討,
第20回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年6月.
99. 池本 哲也, 島田 光生, 泓田 正雄, 加藤 真介, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
医療安全に関するAI活用と新たなアラートシステム構築,
第44回日本外科系連合学会学術集会, 2019年6月.
100. 宮崎 克己, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
A case of preoperative nutritional and exercise intervention in HCC patient with alcoholic liver cirrhosis,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
101. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Intraoperative support using holographic cholangiography and near-infrared fluorescence imaging,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
102. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
The effect of hepatic stellate cells on hepatocellular carcinoma progression,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
103. 森根 裕二, 山田 眞一郎, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 島田 光生 :
Standardization of surgical technique in laparoscopic distal pancreatectomy,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
104. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 太田 昇吾, 島田 光生 :
Prognostic prediction of apparent diffusion coefficient obtained by diffusion-weighted MRI in mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
105. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
Goal for board certified HBP surgeon,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
106. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
Our scientific approaches and investigation for Japanese Kampo Medicine in hepato-biliary-pancreatic diseases; especially TU-100 and TJ-48,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
107. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Evaluation of liver function using signal intensity of EOB-MRI for safe hepatectomy,
第31回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2019年6月.
108. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
ホログラムとウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援,
第73回手術手技研究会, 2019年5月.
109. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 西山 光恵, 五十嵐 康 :
大建中湯(TU-100)のNASH発癌抑制効果に関する検討,
第105回日本消化器病学会総会, 2019年5月.
110. Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
Usefulness of "one-stop shop" liver surgery simulation using EOB-MRI.,
ILLS2019, May 2019.
111. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi and Yu Saitou :
Standardization of surgical technique in laparoscopic left hemihepatectomy.,
ILLS2019, May 2019.
112. 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 太田 昇吾, 島田 光生 :
大腸癌肝転移における免疫逃避機構は原発巣と異なる可能性がある,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
113. 宮崎 克己, 岩橋 祥子, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
卵巣様間質を伴う非粘液性嚢胞腺腫の2例,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
114. 岩橋 祥子, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 常山 幸一, 島田 光生 :
SSTR2発現からみた肝内胆管癌の組織発生学的分類,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
115. 太田 昇吾, 島田 光生, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 岩橋 祥子 :
Insulin-producing cell(IPC)分化成熟と亜鉛イオン濃度相関に関する研究,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
116. 良元 俊昭, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 太田 昇吾, 岩橋 祥子, 島田 光生 :
青色LED光のOpn3を介した大腸癌抑制効果 (第2報),
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
117. 和田 佑馬, 森根 裕二, 齋藤 裕, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 太田 昇吾, 島田 光生 :
癌微小環境における大建中湯の肝星細胞活性化制御・癌細胞オートファジーを介した癌細胞増殖抑制効果,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
118. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
ホログラム術中胆道造影とウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
119. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 良元 俊昭, 岩橋 祥子, 西山 光恵, 五十嵐 康 :
大建中湯(TU-100)のNASH発癌抑制効果に関する検討,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
120. 岩橋 衆一, 池本 哲也, 和田 佑馬, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 太田 昇吾, 島田 光生 :
臨床応用に向けたインスリン産生細胞分化誘導に関する研究,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
121. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 東島 潤 :
大腸癌肝転移に対する肝切除を中心とした治療戦略 - Upfront肝切除適応基準と切除不能例に対するConversion surgery-,
第119回日本外科学会定期学術集会, 2019年4月.
122. 太田 昇吾, 島田 光生, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 岩橋 祥子 :
Insulin-producing cell(IPC)分化成熟と亜鉛イオン濃度相関に関する研究,
第18回日本再生医療学会総会, 2019年3月.
123. 和田 佑馬, 池本 哲也, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 太田 昇吾, 岩橋 祥子, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からのインスリン産生細胞分化誘導に関する研究,
第18回日本再生医療学会総会, 2019年3月.
124. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭 :
肝胆膵領域癌におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第52回制癌剤適応研究会, 2019年3月.
125. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
第33回四国内視鏡外科研究会, 2019年2月.
126. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
Lenvatinib投与中に呼吸不全を併発し急激な悪化の転機をたどった肝細胞癌多発肺転移の1例,
第2回徳島外科医会, 2019年2月.
127. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
第2回徳島外科医会, 2019年2月.
128. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月.
129. 和田 佑馬, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 西 正暁, 居村 暁, 島田 光生 :
膵島保護におけるNrf2を介した Epigallocatechin-3-gallate (EGCG)の効果,
第48回創傷治癒学会, 2018年11月.
130. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
肝切除における術中手術支援のブレイクスル- -Virtual Reality & 肝離断Navigation –,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
131. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Evaluation of liver function for safe and radical hepatectomy in elderly patients (高齢者肝切除の安全性・根治性向上のための肝機能評価),
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
132. 山田 眞一郎 :
大建中湯は胆道閉鎖症ラットモデルにおけるbacterial translocationと肝線維化を抑制する,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
133. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
第10回膵臓内視鏡外科研究会・第12回肝臓内視鏡外科研究会, 2018年11月.
134. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝癌細胞におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
135. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 太田 昇吾 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
136. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
脳死肝移植ドナー不足解消にむけての取り組み-医療系学生に対するDonor Action(命の授業)の必要性-,
第54回日本移植学会総会, 2018年10月.
137. 和田 佑馬, 池本 哲也, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 居村 暁, 島田 光生 :
Nrf2経路によるEGCGの膵島保護効果,
第54回日本移植学会総会, 2018年10月.
138. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Virtual Realityを用いた肝切除における術中手術支援,
第13回肝癌治療シミュレーション研究会, 2018年9月.
139. 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
造影効果から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第54回日本胆道学会学術集会, 2018年9月.
140. 良元 俊昭, 島田 光生, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
Nrf2に着目した肝癌細胞における腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第18回日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年7月.
141. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 常山 幸一, 島田 光生 :
症例,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
142. 良元 俊昭, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除限界予測の可能性,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
143. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1とFoxp3陽性調節性T細胞は担癌患者の腫瘍免疫に関する検討,
第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月.
144. Yu Saitou, Toshiaki Yoshimoto, Atsushi Takata, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Boot Camp in Tokushima University.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
145. Yu Saitou, Atsushi Takata, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
The analysis in non-tumor liver tissue to prevent the recurrence after curative treatment of hepatocellular carcinoma.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
146. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
A new strategy forachieving effective islet transplantation with adipose tissue derved stem cells.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
147. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するドナーアクションの必要性について.,
第34回日本肝移植研究会, 2016年7月.
148. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝硬変合併肝切除症例における栄養・免疫状態の特徴,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
149. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙田 厚史 :
症例,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
150. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Intermediate stageの肝癌に対する肝切除は有効か?,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
151. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌における発生部位別悪性度.,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
152. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭 :
HCCに対して初回RFA治療早期にリンパ節再発をきたし外科的切除を施行した症例.,
第41回日本外科系連合学会学術集会, 2016年6月.
153. 齋藤 裕, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
PDに対するModified de-rotationを用いた``Complate artery-firstn approach''.,
第41回日本外科系連合学会学術集会, 2016年6月.
154. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
EOB-MRIを用いた機能的肝容積による新たな肝切除基準.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
155. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞による膵嚢胞性疾患に関する正確な免疫学的指標探索に関する研究.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
156. 齋藤 裕, 髙田 厚史, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
胆道癌術後肝内再発に対する肝切除導入効果の検証.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
157. 吉川 雅登, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 島田 光生 :
当科における胆道再建における肝管空腸吻合法の工夫.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
158. 寺奥 大貴, 森根 裕二, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 東島 潤, 川下 陽一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 居村 暁, 島田 光生 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin1(THBS)発現の意義とその分子メカニズムの検討.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
159. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 東島 潤 :
大腸癌多発肝転移に対する長期生存を目指した治療戦略.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
160. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
門脈・肝静脈解剖に基づく合理的な系統的肝切除∼副右肝静脈灌流領域切除を伴う拡大前区域切除.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
161. 山田 眞一郎, 島田 光生, 居村 暁 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の可能性.,
第52回日本肝臓学会総会, 2016年5月.
162. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
徳島におけるABO不適合生体肝移植症例の成績.,
第42回日本急性肝不全研究会, 2016年5月.
163. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
転移性肝癌における腫瘍悪性度制御因子としてのHIF-1の役割.,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
164. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の可能性,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
165. 太田 昇吾, 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 幸造, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
胆道癌術後肝内再発に対する肝切除導入効果の検証,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
166. 岩橋 祥子, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
急速な進展を来したラブドイド様退形成性癌の一例.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
167. 関 勇輔, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
RFA術後にリンパ節再発をきたし外科切除を施行した肝細胞癌の1例 -RFA術後再発におけるEMT誘導を介した悪性度獲得について-.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
168. 川下 陽一郎, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 東島 潤, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 小川 博久 :
転移性肝癌におけるFbxw7低発現は再発予測因子である.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
169. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
肝細胞癌術後再発予後不良因子としてのCEAの意義,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
170. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
転移性肝癌における腫瘍悪性度制御因子としてのThrombospondin-1(THBS-1)の役割- 第2報 THBS-1制御メカニズムについて -,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
171. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 幸造, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の可能性.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
172. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
HDAC阻害剤は脂肪由来幹細胞からインスリン分泌細胞への分化誘導を促進する.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
173. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
174. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 幸造, 寺奥 大貴, 高田 厚史, 良元 俊昭 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現による腫瘍悪性度評価,
第49回制癌剤適応研究会, 2016年3月.
175. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭 :
脂肪由来幹細胞による膵島移植・膵島再生に関する新たな戦略,
第43回日本膵・膵島移植研究会, 2016年3月.
176. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
脂肪由来幹細胞による膵島移植・膵島再生に関する新たな戦略,
第43回日本膵・膵島移植研究会, 2016年3月.
177. 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
36.3mm細径鉗子を用いたreduced port Lap-Cに関する検討,
第30回四国内視鏡外科研究会, 2016年2月.
178. 寺奥 大貴, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 高田 厚史, 良元 俊昭 :
消化器担癌状態のバイオマーカーとしての末梢血Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞の有用性に関する検討,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
179. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 高田 厚史 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現による腫瘍悪性度評価,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
180. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 高田 厚史 :
Sorafenib+poly surgeryによるHCC長期生存例∼orafenib投与長期生存条件の検討∼,
第13回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年1月.
181. 寺奥 大貴, 朱 呈瞻, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
加齢肝再生における肝星細胞の役割,
第22回外科侵襲とサイトカイン研究会, 2015年12月.
182. 髙田 厚史, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
HCCに対して初回RFA治療後早期にリンパ節再発をきたし外科的切除を施行した症例,
第41回日本肝臓学会西部会, 2015年12月.
183. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝内胆管癌との鑑別が困難であった原発性放線菌症の一例,
第41回日本肝臓学会西部会, 2015年12月.
184. 吉川 雅登, Wubetu Gizachew Yismaw, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からインスリン分泌細胞への分化誘導におけるバルプロ酸の分化促進,
第45回日本創傷治癒学会, 2015年11月.
185. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 柴田 啓志, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検討∼切除を含む集学的治療の重要性∼,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
186. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3D simulationの有用性,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
187. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における免疫指標を加味した新たな周術期栄養評価,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
188. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 東島 潤 :
大腸癌多発肝転移に対する治療戦略,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
189. 居村 暁, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝臓外科における画像シミュレーション,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
190. 居村 暁, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝切除における高齢者の特徴と戦略,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
191. 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
腹腔鏡下肝切除術の適応拡大と標準化への工夫安全な腹腔鏡下肝切除の標準化に向けて ∼適応拡大に先立つ着実な手技の定型化∼,
第9回肝臓内視鏡外科研究会, 2015年11月.
192. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
分肝機能に着目したEOB-MRIによる肝予備能評価の有用性,
第24回日本コンピュータ外科学会大会, 2015年11月.
193. 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるFbxw7発現低下と臨床病理学的意義 - 細胞増殖・EMT誘導との関連に着目して -,
第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月.
194. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝細胞癌におけるEpigenetic遺伝子制御の可能性,
第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月.
195. 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 高田 厚史, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生, 三宅 秀則 :
RFA術後にリンパ節再発をきたし外科切除を施行した肝細胞癌の1例 -RFA術後再発におけるEMT誘導を介した悪性度獲得について-,
日本消化器病学会四国支部第104回例会, 2015年11月.
196. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現の意義に関する検討,
第53回 日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
197. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移症例における肝転移巣のKISS1発現に関する検討,
第53回 日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
198. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 東島 潤, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
199. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 居村 暁, 森根 裕二 :
Tr1細胞と調節性T細胞の坦癌患者における臨床的意義に関する研究,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
200. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞による消化器担癌状態の正確な診断バイオマーカー探索に関する研究,
JDDW 2015, 2015年10月.
201. 西尾 進, 鳥居 裕太, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 山田 眞一郎, 岩本 誠司, 山田 博胤, 六車 直樹, 島田 光生, 佐田 政隆 :
正常肝に発症した巨大肝細胞癌の1例,
日本超音波医学会第25回四国地方会学術集会, 2015年10月.
202. 吉川 雅登, 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 市井 啓仁, 島田 光生 :
NO阻害と転写活性制御に着目した虚血再灌流傷害治療に向けた基礎的検討,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
203. 山田 眞一郎, 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するドナーアクションの必要性について,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
204. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
脂肪由来幹細胞が拓く膵島細胞移植成績向上に関する展望と課題,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
205. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第51回日本肝癌研究会, 2015年7月.
206. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する脾摘+肝切除の有用性,
第51回日本肝癌研究会, 2015年7月.
207. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現とEpithelial-mesenchymal transitionに関する検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
208. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移における腫瘍内Ki67発現の意義,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
209. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
安全な腹腔鏡下切除の標準化に向けて∼適応拡大に先立つ着実な手技の定型化∼,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
210. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
肝予備能評価におけるEOB-MRI肝細胞相の有用性の検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
211. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 吉川 幸造, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝切除周術期におけるTU-100に関するトランスレーショナルリサーチ,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
212. 荒川 悠佑, 島田 光生, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
小胞体ストレス応対に着目した加齢肝再生不全における肝星細胞の役割についての検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
213. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
214. 齋藤 裕, 安井 苑子, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究-体成分分析装置と主観的包括的アセスメントSGA -,
日本外科代謝栄養学会第52回学術集会, 2015年7月.
215. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, Gizachew Yismaw :
Epigallocatechin gallateはABCトランスポーターを介してstemnessを解除する,
第24 回日本癌病態治療研究会, 2015年6月.
216. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 三宅 秀則 :
肝細胞癌切除症例に対するRFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して予後不良となる,
第103回例会日本消化器病学会総会四国支部, 2015年6月.
217. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 柴田 啓志, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証-切除を含む集学的治療の重要性-,
第103回例会日本消化器病学会総会四国支部, 2015年6月.
218. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術におけるNST介入による周術期栄養評価,
第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015年6月.
219. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究‐体成分分析装置と主観的包括的アセスメント‐,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
220. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現とEMTに関する検討,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
221. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
222. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する脾摘+肝切除の有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
223. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
3mm細径鉗子を用いたreduced port Lap-C,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
224. 荒川 悠佑, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
下右肝静脈温存,上中右肝静脈ドレナージ領域を含む合理的拡大肝前区域切除術,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
225. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Borderline resectable膵癌に対する治療成績の検討,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
226. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
指導医の立場から見た若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3Dsimulationの有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
227. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝予備能評価におけるEOB-MRI肝細胞相の有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
228. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
安全な腹腔鏡下肝切除の標準化に向けて-左葉系肝切除における着実な手技の定型化-,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
229. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
230. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
吻合部狭窄のない胆管-胆管吻合手技の工夫-,
第33回日本肝移植研究会, 2015年5月.
231. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
分肝機能に着目したEOB-MRIによる肝予備能評価の有用性,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
232. 岩橋 衆一, 島田 光生, 谷口 達哉, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 楠本 彩子 :
当県肝疾患診療における円滑な地域連携推進のための活動について,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
233. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する非的+肝切除の有用性,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
234. 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝不全におけるMEIN投与の有用性-基礎から臨床-,
第41回日本急性肝不全研究会, 2015年5月.
235. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3D simulationの有用性,
第69回手術手技研究会, 2015年5月.
236. 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
術前3Dシミュレーションを使用した膵頭十二指腸切除におけるmodified de-rotation,
第69回手術手技研究会, 2015年5月.
237. 岩橋 衆一, 島田 光生, 寺奥 大貴, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 東島 潤, 髙須 千絵, 吉川 雅登 :
Epigallocatechin gallateの消化器癌における抗腫瘍効果の検討,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
238. 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 島田 光生 :
肝虚血再灌流障害の発生・進展機序の解明と統合的治療法開発の取り組み,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
239. 森 大樹, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
腹腔鏡下Palomo法術後の陰嚢水瘤予防に対する少数リンパ管温存の妥当性,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
240. 太田 昇吾, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後切除可能となり長期生存が得られたFGF4強発現進行肝細胞癌の症例,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
241. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
大腸癌肝転移症例における肝転移巣のKiss1発現は独立予後規定因子となる,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
242. 石川 大地, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
大腸癌におけるmicroRNA-449a発現の意義,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
243. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌における細胞周期調節因子Fbxw7の発現低下は 独立予後規定因子である,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
244. 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現は無再発予後因子となる,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
245. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
246. 荒川 悠佑, 島田 光生, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 東島 潤 :
加齢肝再生不全における肝星細胞の役割についての検討,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
247. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
Epigallocatechin gallateはABCトランスポーター関連因子を介して抗腫瘍効果を発揮する,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
248. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
術前3DシミュレーションおよびVSSを使用した膵頭十二指腸切除における modified de-rotation method,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
249. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 髙須 千絵, 東島 潤, 三宅 秀則 :
大腸癌多発肝転移に対する長期生存を目指した治療戦略,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
250. 居村 暁, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 三宅 秀則, 島田 光生, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵 :
手技定型化が可能にした門脈·肝静脈解剖に基づく合理的な系統的肝切除-副右肝静脈灌流領域切除を伴う拡大前区域切除術-,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
251. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究-体成分分析装置と主観的包括アセスメントSGA-,
第115日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
252. 吉川 雅登, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝門部胆管癌に対する拡大肝右葉切除後,門脈血栓・大量腹水により管理に難渋した1例,
第23回徳島外科術後管理研究会, 2015年2月.
253. 吉川 雅登, 島田 光生, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現は無再発予後因子となる,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
254. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証 ∼切除を含む集学的治療の重要性∼,
第11回日本肝がん分子標的治療研究会, 2015年1月.
255. 杉原 康平, 奥村 仙示, 和田 宵湖, 山本 モモ, 竹谷 豊, 山田 眞一郎, 居村 暁, 島田 光生, 武田 英二 :
肝細胞癌患者における肝切除術後予後因子としての非蛋白質呼吸商,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 平成27年1月10-11日 国立京都国際会館, 2015年1月.
256. 良元 俊昭, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
ソラフェニブ投与後切除可能となり長期生存が得られたFGF4強発現進行肝細胞癌の症例,
第102回日本消化器病学会四国支部例会, 2014年11月.
257. 吉川 雅登, 島田 光生, 寺奥 大貴, Wubetu Gizchew Yismaw, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は腫瘍免疫を反映し予後因子となる,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
258. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
立体臓器モデルによる3D virtual hepatectomyと術中navigation systemを駆使した肝切除,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
259. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
膵頭十二指腸切除術に対する取り組みと在院期間短縮についての検討,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
260. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 東島 潤, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
切除不能大腸癌肝転移に対する治療戦略,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
261. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
若手肝臓外科医を育成するための取り組み∼3Dプリンターによる術中ナビゲーションと評価シートによるフィードバック∼,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
262. 山田 眞一郎, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第25回日本消化器癌発生学会総会, 2014年11月.
263. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
立体臓器モデルによる3D-virtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第23回日本コンピュータ外科学会, 2014年11月.
264. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者における肝再生不全の肝星細胞からのアプローチ,
第22回日本消化器関連学会週間(JDDW), 2014年10月.
265. 居村 暁, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
根治性からみた進行肝癌初回治療法の選択,
第22回日本消化器関連学会週間(JDDW), 2014年10月.
266. 山田 眞一郎, Gizachew Yismaw, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
分枝鎖アミノ酸はオートファジーを介してインスリン存在下の癌細胞増殖を抑制する,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
267. 石川 大地, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, Gizachew Yismaw :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
268. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
紫令湯による膵島破壊抑制機序の解明に関する免疫学的検討,
第50回日本移植学会総会, 2014年9月.
269. 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝星細胞からみた加齢肝再生不全の検討,
第50回日本移植学会総会, 2014年9月.
270. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例においてEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する,
第89回中国四国外科学会総会(第19回中国四国内視鏡外科研究会), 2014年9月.
271. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
MicroRNA-449a発現低下は大腸癌の腫瘍進展に関与し予後不良因子となる,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
272. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
RFA後肝細胞癌再発例においてEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する-microRNA発現に着目して-,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
273. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は腫瘍免疫を反映し予後因子となる,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
274. 吉川 雅登, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
予後不良因子を有する進行胆嚢癌における術後補助GFP療法の効果,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年7月.
275. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して腫瘍悪性度が増強する-RFA後肝細胞癌における肝移植適応に関して-,
第32回日本肝移植研究会, 2014年7月.
276. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
277. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
脂肪由来幹細胞(ADSCs)の膵島細胞保護作用にはIL-6ではなくVEGFシグナルが関与する,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
278. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
Celiac axis compression syndromeにより術後管理に難渋して膵頭十二指腸切除術,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
279. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
切除不能転移性肝癌に対する"Early Conversion"を目指したFOLFOKILI療法の可能性,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
280. 宇都宮 徹, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
肝内胆管癌に対する系統系リンパ節郭清の意義と術後補助療法の効果,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
281. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
80歳以上超高齢者における肝切除の妥当性に関する検討-術前栄養評価から見た高齢者の特徴-,
第26回日本肝胆膵外科学科学術集会, 2014年6月.
282. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
切除不能転移性肝癌に対する"Early Conversion"を目指したFOLFOXILI療法の可能性,
第50回日本肝癌研究会, 2014年6月.
283. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝星細胞による加齢肝再生不全機序の検討,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
284. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
285. 居村 暁, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
局所再発させない適確な症例選択がRFA成績向上につながる∼組織学的門脈浸潤(vp)陽性肝癌を予測し,RFA適応外へ∼,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
286. 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
高齢者の肝再生不全の機序解明と治療への応用,
第40回日本急性肝不全研究会, 2014年5月.
287. 寺奥 大貴, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
進行胆嚢癌の予後因子と術後補助GFP療法の効果,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
288. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝星細胞からみた加齢肝再生不全の検討,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
289. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
肝細胞癌切除症例に対するRFAの影響(第2報)-RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して予後不良となる-,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
290. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石川 大地, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
脂肪由来幹細胞の細胞保護効果には臓器特異性がある,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
291. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
紫令湯による糖尿病発症マウスの膵島破壊抑制機序の免疫学的検討,
第41回日本膵・膵島移植研究会, 2014年3月.
292. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者に対する肝切除後の肝再生不全の機序解明とその対策:ベッドサイからベンチへのアプローチ,
第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期), 2014年2月.
293. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期), 2014年2月.
294. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
進行肝細胞癌に対するソラフェニブと外科治療を組み合わせた治療成績,
第9回日本肝がん分子標的治療研究会, 2014年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 肝星細胞制御による薬剤耐性肝癌の肝内転移抑制機構の解明 (研究課題/領域番号: 21K08620 )
  • 赤色LEDによる脂肪由来間葉系幹細胞ADSCから肝細胞様細胞HLCへの分化誘導 (研究課題/領域番号: 20K08928 )
  • NASH肝癌切除後における再発促進の機序解明に関する研究 (研究課題/領域番号: 19K09095 )
  • ラジオ波焼灼療法後に局所再発をきたす肝細胞癌の悪性度獲得のメカニズムに関する研究 (研究課題/領域番号: 16K19895 )
  • 膵島移植における脂肪由来幹細胞を用いたIBMIR制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 25462114 )
  • ラット膵・胆管合流異常モデルを用いた胆道癌の発癌機構に関する研究 (研究課題/領域番号: 23791537 )
  • 研究者番号(30579884)による検索