検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

ナノテク・材料 (Nanotechnology/Materials) [ナノ材料科学 (Nanomaterials)]
ライフサイエンス (Life sciences) [医療薬学 (Clinical pharmacy)]

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. Yu Ishima, Kragh-Hansen Ulrich and Otagiri Masaki :
S-Nitroso Adducts of Albumin Analogs: Characterization, Categorization, and Possible Future Therapeutic Applications,
Nov. 2016.
(DOI: 10.1007/978-981-10-2116-9_8,   Elsevier: Scopus)

学術論文(審査論文):

1. Kengo Yasuda, Hitoshi Maeda, Ryo Kinoshita, Yuki Minayoshi, Yuki Mizuta, Yuka Nakamura, Shuhei Imoto, Koji Nishi, Keishi Yamasaki, Mina Sakuragi, Teruya Nakamura, Mayumi Ikeda-Imafuku, Yasunori Iwao, Yu Ishima, Tatsuhiro Ishida, Yasuko Iwakiri, Masaki Otagiri, Hiroshi Watanabe and Toru Maruyama :
Encapsulation of an Antioxidant in Redox-Sensitive Self-Assembled Albumin Nanoparticle for the Treatment of Hepatitis,
ACS Nano, Vol.17, No.17, 16668-16681, 2023.
(DOI: 10.1021/acsnano.3c02877,   PubMed: 37579503,   Elsevier: Scopus)
2. Haruka Takata, Taro Shimizu, Rina Yamade, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Sherif Abdallah Emam Emam, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM production induced by PEGylated liposomes as a function of administration route,
Journal of Controlled Release, Vol.360, 285-292, 2023.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2023.06.027,   PubMed: 37355210)
3. Taro Shimizu, Takaaki Matsuzaki, Shoishiro Fukuda, Chihiro Yoshioka, Yuna Shimazaki, Shunsuke Takese, Katsuhiro Yamanaka, Takashi Nakae, Masaki Ishibashi, Hidetoshi Hamamoto, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Ionic liquid-based transcutaneous peptide antitumor vaccine; therapeutic effect in a mouse tumor model,
The AAPS Journal, Vol.25, No.2, 27, 2023.
(DOI: 10.1208/s12248-023-00790-w,   PubMed: 36805860)
4. Mohamed Ibrahim, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima, Helmy Omar Elgarhy, A Hatem Sarhan, K Amal Hussein and Tatsuhiro Ishida :
Investigation of anti-PEG antibody response to PEG-containing cosmetic products in mice,
Journal of Controlled Release, Vol.354, 260-267, 2023.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2023.01.012)
5. Kohki Tachibana, Kohshi Kusumoto, Mai Ogawa, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima, Tatsuhiro Ishida and Keiichiro Okuhira :
FTY720 reduces lipid accumulation by upregulating ABCA1 through liver X receptor and sphingosine kinase 2 signaling in macrophages,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.23, 14617, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 118017,   DOI: 10.3390/ijms232314617)
6. Yu Ishima, Nio Yamazaki, V Chuang, Taro Shimizu, Hidenori ANDO and Tatsuhiro Ishida :
A maleimide-terminally modified PEGylated liposome induced the accelerated blood clearance independent of the production of anti-PEG IgM antibodies,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.10, 1518-1524, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b22-00389,   CiNii: 1390856583390911232)
7. 異島 優, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
アルブミンのボリスルフィドによる新たな生体恒常性維持機構,
人工血液, Vol.30, 59-64, 2022年.
8. Hidenori ANDO, Ai Ikeda, Maho Tagami, Nana Matsuo, Taro Shimizu, Yu Ishima, K Eshima and Tatsuhiro Ishida :
Oral administration of sodium bicarbonate can enhance the therapeutic outcome of Doxil® via neutralizing the acidic tumor microenvironment,
Journal of Controlled Release, Vol.350, 414-420, 2022.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2022.08.031,   PubMed: 35988781)
9. Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Development of a nanocarrier-based splenic B cell-targeting system for loading antigens in vitro,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.7, 926-933, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117224,   DOI: 10.1248/bpb.b22-00222)
10. Taro Shimizu, Yoshino Kawaguchi, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Development of an antigen delivery system for a B cell-targeted vaccine as an alternative to dendritic cell-targeted vaccines,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.70, No.5, 341-350, 2022.
(DOI: 10.1248/cpb.c22-00047)
11. Takaki Nakajima, Kazuya Nagano, Yuka Fukuda, Yu Ishima, Hiroko Shibata, Ryo Isaka, Tian-Qi Zhang, Yuya Haga, Kazuma Higashisaka, Hirofumi Tsujino, Tatsuhiro Ishida, Akiko Ishii-Watabe and Yasuo Tsutsumi :
Subvisible particles derived by dropping stress enhance anti-PEG antibody production and clearance of PEGylated proteins in mice,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.111, No.5, 1363-1369, 2022.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2022.01.023)
12. Marwa Sayed El, Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Emam Emam Abdallah Sherif, Eman Alaaeldin, Amal Kamal, Hatem Sarhan, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A mouse model for studying the effect of blood anti-PEG IgMs levels on the in vivo fate of PEGylated liposomes,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.615, 121539, 2022.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2022.121539,   PubMed: 35124114)
13. Yoshiaki Tanaka, Hitomi Okuyama, Miyu Nishikawa, Shin-ichi Ikushiro, Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Yuichi Ukawa, Kenichi Oe, Junji Terao and Rie Mukai :
8-Prenylnaringenin tissue distribution and pharmacokinetics in mice and its binding to human serum albumin and cellular uptake in human embryonic kidney cells.,
Food Science & Nutrition, Vol.10, No.4, 1070-1080, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117445,   DOI: 10.1002/fsn3.2733,   PubMed: 35432956,   Elsevier: Scopus)
14. M Mostafa Mahmoud, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, H Abdelkader, Yu Ishima, U Aly Farghaly, A H Sarhan and Tatsuhiro Ishida :
Using Bio-Layer Interferometry to evaluate anti-PEG antibody-mediated complement activation,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.1, 129-135, 2022.
(DOI: 10.1248/bpb.b21-00772)
15. Rie Ando-Matsuoka, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Noriyuki Maeda, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
I.p.-injected cationic liposomes are retained and accumulate in peritoneally disseminated tumors,
Journal of Controlled Release, Vol.341, 524-532, 2022.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2021.12.004)
16. Ryo Kinoshita, Yu Ishima, Victor T.G. Chuang, Hiroshi Watanabe, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Keiichiro Okuhira, Masaki Otagiri, Tatsuhiro Ishida and Toru Maruyama :
The therapeutic effect of HSA dimer-doxorubicin complex against human pancreatic tumour,
Pharmaceutics, Vol.13, No.8, 1209, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116618,   DOI: 10.3390/pharmaceutics13081209)
17. Hidenori ANDO, Takashi Mochizuki, Amr Abu Ali Ahmed Selim Lila, Shunsuke Akagi, Kenji Tajima, Kenji Fujita, Taro Shimizu, Yu Ishima, Tokuo Matsushima, Takatomo Kusano and Tatsuhiro Ishida :
Doxorubicin embedded into nanofibrillated bacterial cellulose (NFBC) produces a promising therapeutic outcome for peritoneally metastatic gastric cancer in mice models via intraperitoneal direct injection,
Nanomaterials, Vol.11, 1697, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116603,   DOI: 10.3390/nano11071697)
18. Emam Emam Abdallah Sherif, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Haruka Takata, Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM production and accelerated blood clearance phenomenon after the administration of PEGylated exosomes in mice,
Journal of Controlled Release, Vol.334, 327-334, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2021.05.001,   PubMed: 33957196,   Elsevier: Scopus)
19. Milad Reda Qelliny, Taro Shimizu, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Sherif Abdallah Emam Emam, Haruka Takata, Zeinab M. A. Fathalla, Amal K. Hussein, Khaled A. Khaled, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Incorporating gangliosides into PEGylated cationic liposomes that complexed DNA attenuates anti-PEG antibody production, but not anti-DNA antibody production in mice,
Molecular Pharmaceutics, Vol.18, No.6, 2406-2415, 2021.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.1c00255,   PubMed: 33896187)
20. Hidenori ANDO, Sherif Abdallah Emam Emam, Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Yu Ishima, Kiyoshi Eshima and Tatsuhiro Ishida :
Increasing tumor extracellular pH by an oral alkalinizing agent improves antitumor responses of anti-PD-1 antibody: Implication of relationships between serum bicarbonate concentrations, urinary pH, and therapeutic outcomes,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.6, 844-852, 2021.
(DOI: 10.1248/bpb.b21-00076)
21. Naoki Hirakawa, Yu Ishima, Ryo Kinoshita, Ryuto Nakano, Chuang Tuan Giam Victor, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Toru Maruyama, Masaki Otagiri and Tatsuhiro Ishida :
Reduction-responsive and Multi-drug Deliverable Albumin Nanoparticles: an antitumor drug to Abraxane® against Human Pancreatic Tumor-Bearing Mice,
ACS Applied Bio Materials, Vol.4, No.5, 4302-4309, 2021.
(DOI: 10.1021/acsabm.1c00110)
22. Haruka Takata, Taro Shimizu, Yoshino Kawaguchi, Hiro Ueda, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Nucleic acids delivered by PEGylated cationic liposomes in systemic lupus erythematosus-prone mice: a possible exacerbation of lupus nephritis in the presence of pre-existing anti-nucleic acid antibodies,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.601, 120529, 2021.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2021.120529)
23. Maichi Hama, Yu Ishima, Chuang V, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Evidence for delivery of Abraxane® via a denatured-albumin transport system,
ACS Applied Materials & Interfaces, Vol.13, No.17, 19736-19744, 2021.
(DOI: 10.1021/acsami.1c03065)
24. Shunsuke Akagi, Hidenori ANDO, Kenji Fujita, Taro Shimizu, Yu Ishima, Kenji Tajima, Tokuo Matsushima, Takatomo Kusano and Tatsuhiro Ishida :
Therapeutic efficacy of a paclitaxel-loaded nanofibrillated bacterial cellulose (PTX/NFBC) formulation in a peritoneally disseminated gastric cancer xenograft model,
International Journal of Biological Macromolecules, Vol.174, 494-501, 2021.
(DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2021.01.201)
25. Taro Shimizu, Yuki Watanabe, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Lymphoid follicle antigen (Ag) delivery and enhanced rodent humoral immune responses mediated by Ag-containing PEGylated liposomes,
Vaccine, Vol.39, No.7, 1131-1139, 2021.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2021.01.008)
26. Taro Shimizu, Mizuki Awata, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Chihiro Yoshioka, Yoshino Kawaguchi, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Complement activation induced by PEG enhances humoral immune responses against antigens encapsulated in PEG-modified liposomes,
Journal of Controlled Release, Vol.329, 1046-1053, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2020.10.033)
27. Kenji Tsukigawa, Shuhei Imoto, Keishi Yamasaki, Koji Nishi, Toshihiko Tsutsumi, Shoko Yokoyama, Yu Ishima and Masaki Otagiri :
Synthesis and In Vitro Assessment of pH-Sensitive Human Serum Albumin Conjugates of Pirarubicin,
Pharmaceuticals, Vol.14, No.1, 22, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116466,   DOI: 10.3390/ph14010022,   PubMed: 33396604)
28. Takuma Takayama, Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yuki Kanazawa, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Adjuvant antitumor immunity contributes to the overall antitumor effect of PEGylated liposomal doxorubicin (Doxil®) in C26 tumor-bearing immunocompetent mice,
Pharmaceutics, Vol.12, No.10, 990, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116247,   DOI: 10.3390/pharmaceutics12100990)
29. Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Emam Emam Abdallah Sherif, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-polyethylene glycol (PEG) IgM via a T cell-dependent mechanism,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.9, 1393-1397, 2020.
(DOI: 10.1248/bpb.b20-00345,   PubMed: 32879214)
30. Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Eri Hondoh, Taro Shimizu, Haruka Takata, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Impact of pre-existing or induced anti-PEG IgM on the pharmacokinetics of peginterferon alfa-2a (Pegasys®) in mice,
Molecular Pharmaceutics, Vol.17, No.8, 2964-2970, 2020.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.0c00366,   PubMed: 32519877)
31. M Sayed M El, Haruka Takata, Taro Shimizu, Yoshino Kawaguchi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, E Alaaeldin, Yu Ishima, Hidenori ANDO, A Kamal, A H Sarhan and Tatsuhiro Ishida :
Hepatosplenic phagocytic cells indirectly contribute to anti-PEG IgM production in the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon against PEGylated liposomes: Appearance of an unexplained mechanism in the ABC phenomenon,
Journal of Controlled Release, Vol.323, 102-109, 2020.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2020.04.011,   PubMed: 32278827,   Elsevier: Scopus)
32. Ryota Tanaka, Tadashi Imafuku, Yosuke Suzuki, Kento Nishida, Kotaro Matsusaka, Toshitaka Shin, Yuhki Sato, Yu Ishima, Hiroshi Watanabe, Hiromitsu Mimata, Toru Maruyama and Hiroki Itoh :
Changes in redox state of albumin before and after kidney transplantation in patients with end-stage renal disease,
Clinical Biochemistry, Vol.81, 20-26, 2020.
(DOI: 10.1016/j.clinbiochem.2020.04.010,   PubMed: 32380091,   Elsevier: Scopus)
33. Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Amr Abu Ali Ahmed Selim Lila, Sherif Abdallah Emam Emam, Taro Shimizu, Haruka Takata, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-PEG IgM in a dose dependent manner and causes the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated administration in mice,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.152, 56-62, 2020.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2020.04.026,   PubMed: 32376372)
34. Kentaro Oniki, Hirofumi Nohara, Ryunosuke Nakashima, Yui Obata, Narumi Muto, Yuki Sakamoto, Keiko Ueno-Shuto, Tadashi Imafuku, Yu Ishima, Hiroshi Watanabe, Toru Maruyama, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Mary Ann Suico, Hirofumi Kai, Tsuyoshi Shuto and Junji Saruwatari :
The DsbA-L gene is associated with respiratory function of the elderly via its adiponectin multimeric or antioxidant properties,
Scientific Reports, Vol.10, 5973, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116252,   DOI: 10.1038/s41598-020-62872-5)
35. Hidenori ANDO, Noriko Saito-Tarashima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Nozomi Kinjoh, Taro Shimizu, Yu Ishima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida :
A unique gene-silencing approach, using an intelligent RNA expression device (iRed), results in minimal immune stimulation when given by local intrapleural injection in malignant pleural mesothelioma,
Molecules, Vol.25, No.7, 1725, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115605,   DOI: 10.3390/molecules25071725,   PubMed: 32283709,   Elsevier: Scopus)
36. Yu Ishima, Ai Minomo, Chuang Tuan Giam Victor, Tetsuya Fukuda, Kohshi Kusumoto, Keiichiro Okuhira, Yoshiaki Suwa, Hiroshi Watanabe, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Morioka, Toru Maruyama and Masaki Otagiri :
Albumin domain mutants with enhanced Aβ binding capacity identified by phage display analysis for application in various peripheral Aβ elimination approaches of Alzheimer's disease treatment,
IUBMB life, Vol.72, No.4, 641-651, 2020.
(DOI: 10.1002/iub.2203,   PubMed: 31794135,   Elsevier: Scopus)
37. Kazuaki Taguchi, Shigeru Ogaki, Taisei Nagasaki, Hiroki Yanagisawa, Kento Nishida, Hitoshi Maeda, Yuki Enoki, Kazuaki Matsumoto, Hidehisa Sekijima, Kazuya Ooi, Yu Ishima, Hiroshi Watanabe, Masafumi Fukagawa, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Carbon Monoxide Rescues the Developmental Lethality of Experimental Rat Models of Rhabdomyolysis-Induced Acute Kidney Injury,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.372, No.3, 355-365, 2020.
(DOI: 10.1124/jpet.119.262485,   PubMed: 31924689)
38. Hitoshi Maeda, Yuki Minayoshi, Shota Ichimizu, Yuki Mizuta, Taisei Nagasaki, Kotaro Matsusaka, Shun Oshiro, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Yu Ishima, Hiroshi Watanabe, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Repeated Administration of Kupffer Cells-Targeting Nanoantioxidant Ameliorates Liver Fibrosis in an Experimental Mouse Model,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.1, 93-101, 2020.
(DOI: 10.1248/bpb.b19-00599)
39. Emam Emam Abdallah Sherif, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, M Mahdy, E Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
Cancer cell-type tropism is one of crucial determinants for the efficient systemic delivery of cancer cell-derived exosomes to tumor tissues,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.145, 27-34, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2019.10.005,   PubMed: 31629787,   Elsevier: Scopus)
40. Hidenori ANDO, M Fukushima, K Eshima, Taichi Hasui, Taro Shimizu, Yu Ishima, C Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
A novel intraperitoneal therapy for gastric cancer with DFP-10825, a unique RNAi therapeutic targeting thymidylate synthase, in peritoneally disseminated xenograft model,
Cancer Medicine, Vol.8, No.17, 7313-7321, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115036,   DOI: 10.1002/cam4.2598,   PubMed: 31609087)
41. 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームに対する免疫応答,
人工血液, Vol.27, 37-43, 2019年.
42. Kotaro Matsusaka, Yu Ishima, Hitoshi Maeda, Ryo Kinoshita, Shota Ichimizu, Kazuaki Taguchi, Victor Chuang Tuan Giam, Koji Nishi, Keishi Yamasaki, Masaki Otagiri, Hiroshi Watanabe and Toru Maruyama :
α1-Acid Glycoprotein Has the Potential to Serve as a Biomimetic Drug Delivery Carrier for Anticancer Agents,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.108, No.11, 3592-3598, 2019.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2019.07.002,   PubMed: 31288036,   Elsevier: Scopus)
43. S Ichimizu, H Watanabe, H Maeda, K Hamasaki, K Ikegami, V Chuang, Ryo Kinoshita, K Nishida, Taro Shimizu, Yu Ishima, Tatsuhiro Ishida, T Seki, H Katsuki, S Futaki, M Otagiri and T Maruyama :
Cell-penetrating mechanism of intracellular targeting albumin: Contribution of macropinocytosis induction and endosomal escape,
Journal of Controlled Release, Vol.304, 156-163, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2019.05.015,   PubMed: 31082432,   Elsevier: Scopus)
44. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, M Fukushima, Rie Matsuoka, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, C Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
A simplified method for manufacturing RNAi therapeutics for local administration,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.564, 256-262, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.054,   PubMed: 31015002,   Elsevier: Scopus)
45. Yusuke Doi, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Long-term storage of PEGylated liposomal oxaliplatin with improved stability and long circulation times in vivo,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.564, 237-243, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.042,   PubMed: 31002935,   Elsevier: Scopus)
46. Ken-Ichiro Tanaka, Mikako Shimoda, Misato Kasai, Mayumi Ikeda, Yu Ishima and Masahiro Kawahara :
Involvement of SAPK/JNK Signaling Pathway in Copper Enhanced Zinc-Induced Neuronal Cell Death,
Toxicological Sciences, Vol.169, No.1, 293-302, 2019.
(DOI: 10.1093/toxsci/kfz043,   PubMed: 30768131)
47. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, VTG Chuang, Maki Sakai, Hiroki Osafune, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, H Watanabe, T Maruyama, M Otagiri, T Akaike and Tatsuhiro Ishida :
Distribution of Polysulfide in Human Biological Fluids and Their. Association with Amylase and Sperm Activities,
Molecules, Vol.24, No.9, 1689, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115606,   DOI: 10.3390/molecules24091689,   PubMed: 31052207,   Elsevier: Scopus)
48. Yu Ishima, Kaori Watanabe, Victor T. G. Chuang, Iyo Takeda, Teruo Kuroda, Wakano Ogawa, Hiroshi Watanabe, Yasunori Iwao, Tatsuhiro Ishida, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
S-Nitrosated alpha-1-acid glycoprotein exhibits antibacterial activity against multidrug-resistant bacteria strains and synergistically enhances the effect of antibiotics,
FASEB BioAdvances, Vol.1, No.3, 137-150, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 116302,   DOI: 10.1096/fba.1018,   PubMed: 32123826)
49. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Mizuki Awata, Yukiyo Kubo, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Hidenori ANDO, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A cell assay for detecting anti-PEG immune response against PEG-modified therapeutics,
Pharmaceutical Research, Vol.35, No.11, 223, 2018.
(DOI: 10.1007/s11095-018-2505-3,   PubMed: 30280273,   Elsevier: Scopus)
50. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yoshino Kawaguchi, Yuna Shimazaki, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Keiichiro Okuhira, G Storm, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A novel platform for cancer vaccines: Antigen-selective delivery to splenic marginal zone B cells via repeated injections of PEGylated liposomes,
The Journal of Immunology, Vol.201, No.10, 2969-2976, 2018.
(DOI: 10.4049/jimmunol.1701351,   PubMed: 30333124)
51. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, M Mahdy, F Ghazy, I Sagawa and Tatsuhiro Ishida :
Liposome co-incubation with cancer cells secreted exosomes (extracellular vesicles) with different proteins expressions and different uptake pathways,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 14493, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114955,   DOI: 10.1038/s41598-018-32861-w,   PubMed: 30262875,   Elsevier: Scopus)
52. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Shinya Kobayashi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Doxorubicin expands in vivo secretion of circulating exosome in mice,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.7, 1078-1083, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00202,   PubMed: 29962402,   Elsevier: Scopus)
53. K Oniki, T Watanabe, M Kudo, T Izuka, T Ono, K Matsuda, Y Sakamoto, K Nagaoka, T Imafuku, Yu Ishima, H Watanabe, T Maruyama, K Otake, Y Ogata and J Saruwatari :
Modeling of the Weight Status and Risk of Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Elderly Individuals: The Potential Impact of the Disulfide Bond-Forming Oxidoreductase A-Like Protein (DsbA-L) Polymorphism on the Weight Status,
CPT: Pharmacometrics & Systems Pharmacology, Vol.7, No.6, 384-393, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115074,   DOI: 10.1002/psp4.12292,   PubMed: 29569850)
54. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Risako Fujita, Mizuki Awata, Munehira Kawanishi, Yosuke Hashimoto, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A hydroxyl PEG version of PEGylated liposomes and its impact on anti-PEG IgM induction and on the accelerated clearance of PEGylated liposomes,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.127, 142-149, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2018.02.019,   PubMed: 29462689,   Elsevier: Scopus)
55. S Ichimizu, H Watanabe, H Maeda, K Hamasaki, Y Nakamura, VTG Chuang, R Kinoshita, K Nishida, R Tanaka, Y Enoki, Yu Ishima, A Kuniyasu, Y Kobashigawa, H Morioka, S Futaki, M Otagiri and T Maruyama :
Design and tuning of a cell-penetrating albumin derivative as a versatile nanovehicle for intracellular drug delivery,
Journal of Controlled Release, Vol.277, 23-34, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2018.02.037,   PubMed: 29530390)
56. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, A M Mahdy, S F Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
A novel strategy to increase the yield of exosomes (extracellular vesicles) for an expansion of basic research,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.5, 733-742, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00919,   PubMed: 29709910,   Elsevier: Scopus)
57. Yuki Minayoshi, Hitoshi Maeda, Hiroki Yanagisawa, Keisuke Hamasaki, Yuki Mizuta, Kento Nishida, Ryo Kinoshita, Yuki Enoki, Tadasi Imafuku, Giam Victor Tuan Chuang, Tomoaki Koga, Yukiko Fujiwara, Motohiro Takeya, Kayoko Sonoda, Tomohiro Wakayama, Kazuaki Taguchi, Yu Ishima, Tatsuhiro Ishida, Yasuko Iwakiri, Motohiko Tanaka, Yutaka Sasaki, Hiroshi Watanabe, Masako Otagiri and Toru Maruyama :
Development of Kupffer cell targeting type-I interferon for the treatment of hepatitis via inducing anti-inflammatory and immunomodulatory actions,
Drug Delivery, Vol.25, No.1, 1067-1077, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115087,   DOI: 10.1080/10717544.2018.1464083,   PubMed: 29688069,   Elsevier: Scopus)
58. M Ikeda, Yu Ishima, R Kinoshita, V Chuang, N Tasaka, N Matsuo, H Watanabe, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, M Otagiri and T Maruyama :
A Novel S-Sulfhydrated Human Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synthesis,
Redox Biology, Vol.14, 354-360, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115707,   DOI: 10.1016/j.redox.2017.10.007,   PubMed: 29040960,   Elsevier: Scopus)
59. S Oshiro, Yu Ishima, M Hitoshi, N Honda, B Jing, Ryo Kinoshita, Mayumi Ikeda, Y Iwao, T Imafuku, K Nishida, S Miyamura, H Watanabe, M Otagiri and T Maruyama :
Dual Therapeutic Effects of an Albumin-based Nitric Oxide Donor on Two Experimental Models of Chronic Kidney Disease,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.107, No.3, 848-855, 2018.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2017.10.023,   Elsevier: Scopus)
60. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Masao Tanaka, Yusuke Doi, Yasuko Terada, Naoto Yagi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Intratumoral visualization of oxaliplatin within a liposomal formulation using X-ray fluorescence spectrometry,
Molecular Pharmaceutics, Vol.15, No.2, 403-409, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.7b00762,   PubMed: 29287147,   Elsevier: Scopus)
61. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Reactivity of IgM antibodies elicited by PEGylated liposomes or PEGylated lipoplexes against auto and foreign antigens,
Journal of Controlled Release, Vol.270, 114-119, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.12.002,   PubMed: 29217175,   Elsevier: Scopus)
62. K Tanaka, M Shimoda, V Chuang, K Nishida, M Kawahara, Tatsuhiro Ishida, M Otagiri, T Maruyama and Yu Ishima :
Thioredoxin-Albumin Fusion Protein Prevents Copper enhanced Zinc-induced Neurotoxicity via Its Antioxidative activity,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.535, No.1-2, 140-147, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2017.11.012,   PubMed: 29122608,   Elsevier: Scopus)
63. Hiroshi Watanabe, Ryusei Sugimoto, Komei Ikegami, Yuki Enoki, Tadashi Imafuku, Rui Fujimura, Jing Bi, Kento Nishida, Yoshiaki Sakaguchi, Michiya Murata, Hitoshi Maeda, Kenshiro Hirata, Sachiko Jingami, Yu Ishima, Motoko Tanaka, Kazutaka Matsushita, Hirotaka Komaba, Masafumi Fukagawa, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Parathyroid hormone contributes to the down-regulation of cytochrome P450 3A through the cAMP/PI3K/PKC/PKA/NF-B signaling pathway in secondary hyperparathyroidism,
Biochemical Pharmacology, Vol.145, 192-201, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bcp.2017.08.016,   PubMed: 28843775,   Elsevier: Scopus)
64. Sadaharu Matsushita, Koji Nishi, Yasunori Iwao, Yu Ishima, Hiroshi Watanabe, Kazuaki Taguchi, Keishi Yamasaki, Toru Maruyama and Masaki Otagiri :
Recombinant Human Serum Albumin Containing 3 Copies of Domain I, Has Significant in Vitro Antioxidative Capacity Compared to the Wild-Type,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1813-1817, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00528,   PubMed: 28966257,   Elsevier: Scopus)
65. Yuki Enoki, Hiroshi Watanabe, Riho Arake, Rui Fujimura, Kana Ishiodori, Tadashi Imafuku, Kento Nishida, Ryusei Sugimoto, Saori Nagao, Shigeyuki Miyamura, Yu Ishima, Motoko Tanaka, Kazutaka Matsushita, Hirotaka Komaba, Masafumi Fukagawa, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Potential therapeutic interventions for chronic kidney disease-associated sarcopenia via indoxyl sulfate-induced mitochondrial dysfunction,
Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle, Vol.8, No.5, 735-747, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114913,   DOI: 10.1002/jcsm.12202,   PubMed: 28608457,   Elsevier: Scopus)
66. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Victor Chuang, Tsuyoshi Ikeda, Ryo Kinoshita, Hiroshi Watanabe, Tatsuhiro Ishida, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Apoptosis induction of Poly-S-nitrosated human serum albumin in resistant solid tumor under hypoxia can be restored by phosphodiesterase 5 inhibition,
Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.69, 28-34, 2017.
(DOI: 10.1016/j.niox.2017.04.005,   PubMed: 28414103)
67. Ryo Kinoshita, Yu Ishima, Victor T.G. Chuang, Hideaki Nakamura, Jun Fang, Hiroshi Watanabe, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Maeda, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Improved anticancer effects of albumin-bound paclitaxel nanoparticle via augmentation of EPR effect and albumin-protein interactions using S-Nitrosated Human Serum Albumin Dimer,
Biomaterials, Vol.140, 162-169, 2017.
(DOI: 10.1016/j.biomaterials.2017.06.021,   PubMed: 28651144,   Elsevier: Scopus)
68. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Miho Nishio, Yusuke Doi, Hidenori ANDO, Masami Ukawa, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Modulation of antitumor immunity contributes to the enhanced therapeutic efficacy of liposomal oxaliplatin in mouse model,
Cancer Science, Vol.108, No.9, 1864-1869, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112372,   DOI: 10.1111/cas.13305,   PubMed: 28643902)
69. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Akitomo Shibata, Victor T.G. Chuang, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Hiroshi Watanabe, Ming Xian, Yuya Ouchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Masami Ukawa, Tatsuhiro Ishida, T Akaike, M Otagiri and T Maruyama :
Quantitative determination of polysulfide in albumins, plasma proteins and biological fluid samples using a novel combined assays approach,
Analytica Chimica Acta, Vol.969, 18-25, 2017.
(DOI: 10.1016/j.aca.2017.03.027,   PubMed: 28411626,   Elsevier: Scopus)
70. Ryusei Sugimoto, Hiroshi Watanabe, Komei Ikegami, Yuki Enoki, Tadashi Imafuku, Yoshiaki Sakaguchi, Michiya Murata, Kento Nishida, Shigeyuki Miyamura, Yu Ishima, Motoko Tanaka, Kazutaka Matsushita, Hirotaka Komaba, Masafumi Fukagawa, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Down-regulation of ABCG2, a urate exporter, by parathyroid hormone enhances urate accumulation in secondary hyperparathyroidism,
Kidney International, Vol.91, No.3, 658-670, 2017.
(DOI: 10.1016/j.kint.2016.09.041,   PubMed: 27988213,   Elsevier: Scopus)
71. Yu Ishima :
Albumin-Based Nitric Oxide Traffic System for the Treatment of Intractable Cancers,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.2, 128-134, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b16-00867,   PubMed: 28154250,   Elsevier: Scopus)
72. Akitomo Shibata, Yu Ishima, Mayumi Ikeda, Hirokazu Sato, Tadashi Imafuku, Victor T. G. Chuang, Yuya Ouchi, Takaya Abe, Hiroshi Watanabe, Tatsuhiro Ishida, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
Human serum albumin hydropersulfide is a potent reactive oxygen species scavenger in oxidative stress conditions such as chronic kidney disease,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.479, No.3, 578-583, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.09.113,   PubMed: 27666483,   Elsevier: Scopus)
73. U Kragh-Hansen, L Minchiotti, A Coletta, K Bienk, M Galliano, B Schiøtt, Y Iwao, Yu Ishima and M Otagiri :
Mutants and molecular dockings reveal that the primary L-thyroxine binding site in human serum albumin is not the one which can cause familial dysalbuminemic hyperthyroxinemia,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1860, No.4, 648-660, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.01.001,   PubMed: 26777880,   Elsevier: Scopus)
74. S Miyamura, T Imafuku, M Anraku, K Taguchi, K Yamasaki, Y Tominaga, H Maeda, Yu Ishima, H Watanabe, M Otagiri and T Maruyama :
Comparison of Posttranslational Modification and the Functional Impairment of Human Serum Albumin in Commercial Preparations,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.105, No.3, 1043-1049, 2016.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2015.12.015,   PubMed: 26928399,   Elsevier: Scopus)
75. Yu Ishima and T Maruyama :
Human Serum Albumin as Carrier in Drug Delivery Systems,
Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.136, No.1, 39-47, 2016.
(DOI: 10.1248/yakushi.15-00227-1,   PubMed: 26725666)
76. Yu Ishima, Ryo Kinoshita, Mayumi Ikeda, U Kragh-Hansen, J Fang, H Nakamura, VT Chuang, R Tanaka, H Maeda, A Kodama, H Watanabe, H Maeda, M Otagiri and T Maruyama :
S-Nitrosated human serum albumin dimer as novel nano-EPR enhancer applied to macromolecular anti-tumor drugs such as micelles and liposomes,
Journal of Controlled Release, Vol.217, 1-9, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2015.08.036,   PubMed: 26302904)
77. S Ogaki, K Taguchi, H Maeda, H Watanabe, Yu Ishima, M Otagiri and T Maruyama :
Kupffer cell inactivation by carbon monoxide bound to red blood cells preserves hepatic cytochrome P450 via anti-oxidant and anti-inflammatory effects exerted through the HMGB1/TLR-4 pathway during resuscitation from hemorrhagic shock,
Biochemical Pharmacology, Vol.97, No.3, 310-319, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bcp.2015.07.035,   PubMed: 26232728)
78. K Nishida, H Watanabe, S Ogaki, A Kodama, R Tanaka, T Imafuku, Yu Ishima, VT Chuang, M Toyoda, M Kondoh, Q Wu, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
Renoprotective effect of long acting thioredoxin by modulating oxidative stress and macrophage migration inhibitory factor against rhabdomyolysis-associated acute kidney injury,
Scientific Reports, Vol.5, 14471, 2015.
(DOI: 10.1038/srep14471,   PubMed: 26412311,   Elsevier: Scopus)
79. Yu Ishima, T Narisoko, U Kragh-Hansen, S Kotani, M Nakajima, M Otagiri and T Maruyama :
Nitration of indoxyl sulfate facilitates its cytotoxicity in human renal proximal tubular cells via expression of heme oxygenase-1,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.465, No.3, 481-487, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.08.043,   PubMed: 26277392)
80. Y Enoki, Yu Ishima, R Tanaka, K Sato, K Kimachi, T Shirai, H Watanabe, VT Chuang, Y Fujiwara, M Takeya, M Otagiri and T Maruyama :
Pleiotropic Effects of Levofloxacin, Fluoroquinolone Antibiotics, against Influenza Virus-Induced Lung Injury,
PLoS ONE, Vol.10, No.6, e0130248, 2015.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0130248,   PubMed: 26086073,   Elsevier: Scopus)
81. H Maeda, K Hirata, H Watanabe, Yu Ishima, VT Chuang, K Taguchi, A Inatsu, M Kinoshita, M Tanaka, Y Sasaki, M Otagiri and T Maruyama :
Polythiol-Containing, Recombinant Mannosylated-Albumin Is a Superior CD68+/CD206+ Kupffer Cell-Targeted Nanoantioxidant for Treatment of Two Acute Hepatitis Models,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.352, No.2, 244-257, 2015.
(DOI: 10.1124/jpet.114.219493,   PubMed: 25398242)
82. Yu Ishima, A Inoue, J Fang, R Kinoshita, M Ikeda, H Watanabe, H Maeda, M Otagiri and T Maruyama :
Poly-S-nitrosated human albumin enhances the antitumor and antimetastasis effect of bevacizumab, partly by inhibiting autophagy via the generation of nitric oxide,
Cancer Science, Vol.106, No.2, 194-200, 2015.
(DOI: 10.1111/cas.12577,   PubMed: 25457681)
83. H Watanabe, Y Miyamoto, Y Enoki, Yu Ishima, D Kadowaki, S Kotani, M Nakajima, M Tanaka, K Matsushita, Y Mori, T Kakuta, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
p-Cresyl sulfate, a uremic toxin, causes vascular endothelial and smooth muscle cell damages by inducing oxidative stress,
Pharmacology Research & Perspectives, Vol.3, No.1, e00092, 2015.
(DOI: 10.1002/prp2.92,   PubMed: 25692011)
84. R Tanaka, Yu Ishima, Y Enoki, K Kimachi, T Shirai, H Watanabe, VT Chuang, T Maruyama and M Otagiri :
Therapeutic impact of human serum albumin-thioredoxin fusion protein on influenza virus-induced lung injury mice,
Frontiers in Immunology, Vol.5, 561, 2014.
(DOI: 10.3389/fimmu.2014.00561,   PubMed: 25414704,   Elsevier: Scopus)
85. Y Miyazaki, K Taguchi, K Sou, H Watanabe, Yu Ishima, T Miyakawa, H Mitsuya, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
Therapeutic impact of erythropoietin-encapsulated liposomes targeted to bone marrow on renal anemia,
Molecular Pharmaceutics, Vol.11, No.11, 4238-4248, 2014.
(DOI: 10.1021/mp500453a,   PubMed: 25255196,   Elsevier: Scopus)
86. H Watanabe, Y Sakaguchi, R Sugimoto, KI Kaneko, H Iwata, S Kotani, M Nakajima, Yu Ishima, M Otagiri and T Maruyama :
Human organic anion transporters function as a high-capacity transporter for p-cresyl sulfate, a uremic toxin,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.18, No.5, 814-820, 2014.
(DOI: 10.1007/s10157-013-0902-9,   PubMed: 24185403,   Elsevier: Scopus)
87. Y Kouno, M Anraku, K Yamasaki, Y Okayama, D Iohara, Yu Ishima, T Maruyama, U Kragh-Hansen, F Hirayama and M Otagiri :
N-acetyl-l-methionine is a superior protectant of human serum albumin against photo-oxidation and reactive oxygen species compared to N-acetyl-l-tryptophan,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1840, No.9, 2806-2812, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2014.04.014,   PubMed: 24769178,   Elsevier: Scopus)
88. Yu Ishima, J Fang, U Kragh-Hansen, H Yin, L Liao, N Katayama, H Watanabe, T Kai, A Suenaga, H Maeda, M Otagiri and T Maruyama :
Tuning of poly-s-nitrosated human serum albumin as superior antitumor nanomedicine,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.103, No.7, 2184-2188, 2014.
(DOI: 10.1002/jps.24020,   PubMed: 24846171)
89. S Ogaki, K Taguchi, H Watanabe, Yu Ishima, M Otagiri and T Maruyama :
Carbon Monoxide-Bound Red Blood Cell Resuscitation Ameliorates Hepatic Injury Induced by Massive Hemorrhage and Red Blood Cell Resuscitation via Hepatic Cytochrome P450 Protection in Hemorrhagic Shock Rats,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.103, No.7, 2199-2206, 2014.
(DOI: 10.1002/jps.24029,   PubMed: 24890462)
90. R Tanaka, Yu Ishima, H Maeda, A Kodama, S Nagao, H Watanabe, VT Chuang, M Otagiri and T Maruyama :
Albumin fusion prolongs the antioxidant and anti-inflammatory activities of thioredoxin in mice with acetaminophen-induced hepatitis,
Molecular Pharmaceutics, Vol.11, No.4, 1228-1238, 2014.
(DOI: 10.1021/mp400690v,   PubMed: 24576052,   Elsevier: Scopus)
91. A Kodama, H Watanabe, R Tanaka, M Kondo, VT Chuang, Q Wu, M Endo, Yu Ishima, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
Albumin fusion renders thioredoxin an effective anti-oxidative and anti-inflammatory agent for preventing cisplatin-induced nephrotoxicity,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1840, No.3, 1152-1162, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2013.12.007,   PubMed: 24361613,   Elsevier: Scopus)
92. H Sato, VT Chuang, K Yamasaki, N Yamaotsu, H Watanabe, K Nagumo, M Anraku, D Kadowaki, Yu Ishima, M Otagiri and T Maruyama :
Differential effects of methoxy group on the interaction of curcuminoids with two major ligand binding sites of human serum albumin,
PLoS ONE, Vol.9, No.2, e87919, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0087919,   PubMed: 24498401,   Elsevier: Scopus)
93. K Nagumo, M Tanaka, VT Chuang, H Setoyama, H Watanabe, N Yamada, K Kubota, M Tanaka, K Matsushita, A Yoshida, H Jinnouchi, M Anraku, D Kadowaki, Yu Ishima, Y Sasaki, M Otagiri and T Maruyama :
Cys34-cysteinylated human serum albumin is a sensitive plasma marker in oxidative stress-related chronic diseases,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e85216, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0085216,   PubMed: 24416365,   Elsevier: Scopus)
94. R Tanaka, H Watanabe, A Kodama, VT Chuang, Yu Ishima, K Hamasaki, K Tanaka, T Mizushima, M Otagiri and T Maruyama :
Long-acting human serum albumin-thioredoxin fusion protein suppresses bleomycin-induced pulmonary fibrosis progression,
The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.345, No.2, 271-283, 2013.
(DOI: 10.1124/jpet.112.201814,   PubMed: 23442250)
95. Yu Ishima, T Shinagawa, S Yoneshige, U Kragh-Hansen, Y Ohya, Y Inomata, T Kai, M Otagiri and T Maruyama :
UW solution improved with high anti-apoptotic activity by S-nitrosated human serum albumin,
Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.30, 36-42, 2013.
(DOI: 10.1016/j.niox.2013.01.004,   PubMed: 23402724,   Elsevier: Scopus)
96. H Watanabe, Y Miyamoto, D Honda, H Tanaka, Q Wu, M Endo, T Noguchi, D Kadowaki, Yu Ishima, S Kotani, M Nakajima, K Kataoka, S Kim-Mitsuyama, M Tanaka, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
p-Cresyl sulfate causes renal tubular cell damage by inducing oxidative stress by activation of NADPH oxidase,
Kidney International, Vol.83, No.4, 582-592, 2013.
(DOI: 10.1038/ki.2012.448,   Elsevier: Scopus)
97. Yu Ishima, A Minomo, VT Chuang, Y Suwa, U Kragh-Hansen, T Narisoko, H Morioka, T Maruyama and M Otagiri :
Albumin domain II mutant with high bilirubin binding affinity has a great potential as serum bilirubin excretion enhancer for hyperbilirubinemia treatment,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1830, No.4, 2917-2923, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2013.01.006,   PubMed: 23328494,   Elsevier: Scopus)
98. A Kodama, H Watanabe, R Tanaka, H Tanaka, VT Chuang, Y Miyamoto, Q Wu, M Endo, K Hamasaki, Yu Ishima, M Fukagawa, M Otagiri and T Maruyama :
A human serum albumin-thioredoxin fusion protein prevents experimental contrast-induced nephropathy,
Kidney International, Vol.83, No.3, 446-456, 2013.
(DOI: 10.1038/ki.2012.429,   PubMed: 23283135,   Elsevier: Scopus)
99. Yu Ishima, K Watanabe, T Akaike, T Sawa, T Kuroda, W Ogawa, H Watanabe, A Suenaga, T Kai, M Otagiri and T Maruyama :
S-nitrosated _-1-acid glycoprotein kills drug-resistant bacteria and aids survival in sepsis,
The FASEB journal, Vol.27, No.1, 391-398, 2013.
(DOI: 10.1096/fj.12-217794,   PubMed: 23047897)
100. Yu Ishima, M Hara, U Kragh-Hansen, A Inoue, A Suenaga, T Kai, H Watanabe, M Otagiri and T Maruyama :
Elucidation of the therapeutic enhancer mechanism of poly-S-nitrosated human serum albumin against multidrug-resistant tumor in animal models,
Journal of Controlled Release, Vol.164, No.1, 1-7, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2012.10.003,   PubMed: 23063551,   Elsevier: Scopus)
101. Y Miyamoto, Y Iwao, K Mera, H Watanabe, D Kadowaki, Yu Ishima, VT Chuang, K Sato, M Otagiri and T Maruyama :
A uremic toxin, 3-carboxy-4-methyl-5-propyl-2-furanpropionate induces cell damage to proximal tubular cells via the generation of a radical intermediate,
Biochemical Pharmacology, Vol.84, No.9, 1207-1214, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bcp.2012.07.033,   PubMed: 22898098,   Elsevier: Scopus)
102. Yu Ishima, H Hoshino, T Shinagawa, K Watanabe, T Akaike, T Sawa, U Kragh-Hansen, T Kai, H Watanabe, T Maruyama and M Otagiri :
S-guanylation of human serum albumin is a unique posttranslational modification and results in a novel class of antibacterial agents,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.101, No.9, 3222-3229, 2012.
(DOI: 10.1002/jps.23143,   PubMed: 22488009)
103. H Watanabe, T Noguchi, Y Miyamoto, D Kadowaki, S Kotani, M Nakajima, S Miyamura, Yu Ishima, M Otagiri and T Maruyama :
Interaction between two sulfate-conjugated uremic toxins, p-cresyl sulfate and indoxyl sulfate, during binding with human serum albumin,
Drug Metabolism and Disposition, Vol.40, No.7, 1423-1428, 2012.
(DOI: 10.1124/dmd.112.045617,   PubMed: 22513409,   Elsevier: Scopus)
104. Yu Ishima, Y Iwao, J Yamada, T Noguchi, U Kragh-Hansen, K Mera, D Honda, A Suenaga, T Maruyama and M Otagiri :
Quantitative evaluation of the role of cysteine and methionine residues in the antioxidant activity of human serum albumin using recombinant mutants,
IUBMB life, Vol.64, No.5, 450-454, 2012.
(DOI: 10.1002/iub.567,   PubMed: 22351593,   Elsevier: Scopus)
105. Yu Ishima, D Chen, J Fang, H Maeda, A Minomo, U Kragh-Hansen, T Kai, T Maruyama and M Otagiri :
S-Nitrosated human serum albumin dimer is not only a novel anti-tumor drug but also a potentiator for anti-tumor drugs with augmented EPR effects,
Bioconjugate Chemistry, Vol.23, No.2, 264-271, 2012.
(DOI: 10.1021/bc2005363,   PubMed: 22225412,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 池田 真由美, 福田 達也, 岩尾 康範, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘, 異島 優 :
血清アルブミンに存在する超硫黄の解析と創薬応用,
薬学雑誌, Vol.144, No.1, 51-56, 2024年1月.
(DOI: 10.1248/yakushi.23-00162-3)
2. Ibrahim Mohamed, Eslam Mostafa Ramadan Abdelhameed, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Sherif Abdallah Emam Emam, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima, Elgarhy Helmy Omar, Sarhan A Hatem, Hussein K Amal and Tatsuhiro Ishida :
Polyethylene glycol (PEG): The nature, immunogenicity, and role in the hypersensitivity of PEGylated products,
Journal of Controlled Release, Vol.351, 215-230, Nov. 2022.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2022.09.031)
3. Nana Matsuo, Hidenori ANDO, Yusuke Doi, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
The challenge to deliver oxaliplatin (l-OHP) to solid tumors: development of liposomal l-OHP formulations,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.70, No.5, 351-358, May 2022.
(DOI: 10.1248/cpb.c22-00099)
4. Yu Ishima, Toru Maruyama, Masaki Otagiri, G Victor T Chuang and Tatsuhiro Ishida :
The new delivery strategy of albumin carrier utilizing the interaction with albumin receptors,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.70, No.5, 330-333, May 2022.
(DOI: 10.1248/cpb.c21-01024)
5. Yu Ishima, Toru Maruyama, Masaki Otagiri and Tatsuhiro Ishida :
Drug Delivery System for Refractory Cancer Therapy via an Endogenous Albumin Transport System,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.68, No.7, 583-588, Jul. 2020.
(DOI: 10.1248/cpb.c20-00026)
6. 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
タンパクのPEG修飾によるPEG免疫応答の誘導,
薬学雑誌, Vol.140, No.2, 163-169, 2020年2月.
(DOI: 10.1248/yakushi.19-00187-5)
7. 異島 優, 丸山 徹, 石田 竜弘, 小田切 優樹 :
内因性アルブミン輸送システムを利用した腫瘍選択的NO供与によるEPR効果の制御,
Drug Delivery System, Vol.33, No.2, 130-138, 2018年3月.
(DOI: 10.2745/dds.33.130,   CiNii: 1390282763015033344)
8. 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Accelerated blood clearance (ABC) 現象における動物種差,
Drug Delivery System, Vol.32, No.5, 396-401, 2017年11月.
(DOI: 10.2745/dds.32.396,   CiNii: 1390001204641700864)
9. 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノ粒子に対する補体活性化の功罪,
Drug Delivery System, Vol.32, No.3, 199-207, 2017年8月.
(DOI: 10.2745/dds.32.199,   CiNii: 1390282679617948032)
10. Yu Ishima, U Kragh-Hansen, T Maruyama and M Otagiri :
Poly-S-Nitrosated Albumin as a Safe and Effective Multifunctional Antitumor Agent: Characterization, Biochemistry and Possible Future Therapeutic Applications,
BioMed Research International, Vol.2013, 353892, Dec. 2013.
(DOI: 10.1155/2013/353892,   PubMed: 24490156,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Haruka Yamamoto, Hidenori ANDO, Omoto Yasukazu, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Induction of neutralizing antibodies by immunization with inactivated human TNF-alpha in mice,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
2. Shunto Yamamoto, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Development of a novel technique for antibody induction against membrane proteins by spleen immunization with membrane protein-loaded PEG-modified liposomes,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
3. Takaaki Matsuzaki, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima, K Yamanaka, H Hamamoto and Tatsuhiro Ishida :
An ionic liquids-based topical antitumor vaccine: a mechanism for induction of antitumor immunity via topical application of cancer-antigen peptides,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
4. Aiko Hashimoto, Yu Ishima, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Differential organ-specific distribution of human serum albumin denatured by various modifications,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
5. Riku Uehara, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Neutralization of acidic tumor microenvironment by dosing of sodium potassium citrate (K/Na citrate) enhances antitumor effects of Abraxane®,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
6. Shoichiro Fukuda, Hidenori ANDO, Atsuya Maruyama, Takashi Nakae, Noboru Tatsumi, Hidetoshi Hamamoto, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
The mechanism investigation of intestinal absorption enhancement of drugs using ionic liquids,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
7. Eslam Mostafa Ramadan Abdelhameed, Hidenori ANDO, Haruka Yamamoto, Mako Fukumoto, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Preparation, optimization, and evaluation of anionic DPPG-based LNPs for delivery of peptide antigens,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
8. Nana Matsuo, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Oral sodium bicarbonate enhances accumulation and antitumor effects of PEGylated liposomal doxorubicin (Doxil®),
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
9. Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Transfusion of mouse B cells, embedded antigens with hydroxyl PEG-modified liposomes in vitro, induces cellular immune responses in mice,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
10. A S Gaballa, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima, Sherif Abdallah Emam Emam, M Ibrahim, M F Mady, W Y Naguib, A K Khaled and Tatsuhiro Ishida :
Accelerated blood clearance of PEGylated liposomal antitumor agents after topical application of PEG derivatives containing cosmetics in a mouse model,
15th International Symposium on Nanomedicine, Tokushima, Dec. 2022.
11. Takeru Hirai, Nanami Tasaka, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida and Yu Ishima :
Biological roles of supersulfide in human hair,
Redox Week in Sendai 2022, Sendai, Oct. 2022.
12. Yamade Rina, Taro Shimizu, Hirakawa Naoki, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Human serum albumin (HSA)-based nanocarriers efficiently deliver antigens to the spleen and induce antigen-specific humoral immunity,
14th International Symposium on Nanomedicine, Nov. 2021.
13. Haruka Takata, Taro Shimizu, Ueda Hiro, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
The induction level of anti-PEG IgM by PEGylated liposomes depends on the route of administration and the presence of nucleic acids,
14th International Symposium on Nanomedicine, Nov. 2021.
14. Hitomi Okuyama, Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Miyu Nishikawa, Shinichi Ikushiro and Rie Mukai :
Binding profile of quercetin and its derivatives to human serum albumin measured by multiplex drug-site mapping,
ICoFF2019/ISNFF2019/ICPH2019, Kobe, Nov. 2019.
15. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, T Maruyama, T Akaike, M Otagiri and Tatsuhiro Ishida :
A novel S-sulfhydrated human serum albumin suppresses reactive oxygen species induced by kidney injuries,
17th International Symposium on Blood Substitutes & Oxygen Therapeutics, Nara, Nov. 2019.
16. Taro Shimizu, Kohga Miyahara, G Kozma, Hidenori ANDO, Yu Ishima, J Szebeni and Tatsuhiro Ishida :
Pre-treatment with Doxebo suppresses anti-PEG IgM immune responses through PEG-specific immune tolerance,
17th International Symposium on Blood Substitutes & Oxygen Therapeutics, Nara, Nov. 2019.
17. M Otagiri, Yu Ishima, K Taguchi and T Maruyama :
Human albumin based drug delivery: SNO-albumin dimer for cancer therapeutic application,
17th International Symposium on Blood Substitutes & Oxygen Therapeutics, Nara, Nov. 2019.
18. Taro Shimizu, Shunsuke Takese, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Combination of cancer vaccines with liposomal oxaliplatin increased anti-cancer therapeutic efficacy by stimulating antitumor immunity,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
19. Yuna Shimazaki, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Immunization method to obtain antigen-specific antibodies by antigen delivery to splenic marginal zone B cells using PEGylated liposomes,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
20. Yu Ishima :
Quantitative determination of polysulfide in plasma proteins and biological human fluids using a novel Sulfide elimination from polysulfide (SEP) method,
The 1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine, Sendai, Sep. 2019.
21. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, H Watanabe, T Maruyama, M Otagiri and Tatsuhiro Ishida :
Functional Elucidation of Polysulfides In Serum Albumin and Development of Biomimetic Donor of Polysulfides,
2019 CRS Annual Meeting & Exposition, Valencia, Jul. 2019.
22. Mayumi Ikeda, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A Novel S-Sulfhydrated Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synthesis,
AAPS PharmSci 360, Washington, D.C., Nov. 2018.
23. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yu Ishima, A M Mahdy, S F Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
The effect of liposome co-incubation with cancer cells on the secretion, uptake propensity and expression of certain surface proteins of cancer cell-derived exosomes (extracellular vesicles),
2018 CRS Annual Meeting & Exposition, New York, Jul. 2018.
24. Nanami Tasaka, Mayumi Ikeda, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Reactive Sulfur Species in Human Hair Keratin Respond To Oxidative Stress,
5th World Congress on Hydrogen Sulfide in Biology&Medicine, Toronto, Jun. 2018.
25. Mayumi Ikeda, Nanami Tasaka, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A Novel S-Sulfhydrated Human Serum Albumin Preparation Suppresses Melanin Synhtesis,
5th World Congress on Hydrogen Sulfide in Biology&Medicine, Toronto, Jun. 2018.
26. Kinoshita Ryo, Yu Ishima, Ikeda Mayumi, Nakamura Hideaki, Fang Jun, Maeda Hiroshi, Watanabe Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Development of the next-generation nab-paclitaxel therapy by using a novel nano EPR effect accelerator, S-nitrosated human serum albumin dimer,
Controlled Release Society 2017, Boston, Jul. 2017.
27. Ryo Kinoshita, Yu Ishima, Mayumi Ikeda, Jun Fang, Hiroshi Maeda, Masaki Otagiri and Toru Maruyama :
S-Nitrosated human serum albumin dimer as a novel nano EPR enhancer applied to nanotechnology based anticancer drugs,
2016Controlled Release Society Annual Meeting & Exposition, Washington, D.C., Jul. 2016.
28. Yu Ishima, Shinagawa Takuya, Yoneshige Shinji, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
UW SOLUTION IMPROVED WITH HIGH ANTI-APOPTOTIC ACTIVITY BY S-NITROSATED HUMAN SERUM ALBUMIN,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, May 2016.
29. Kinoshita Ryo, Yu Ishima, Ikeda Mayumi, Fang Jun, Maeda Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
S-Nitrosated human serum albumin dimer as a novel nano EPR enhancer applied to nanotechnology-based anticancer drug,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, May 2016.
30. Ikeda Mayumi, Yu Ishima, Kinoshita Ryo, Watanabe Hiroshi, Ikeda Tsuyoshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Anti-tumor effect of Poly-S-nitrosated Human Serum Albumin is enhanced by phosphodiesterase 5 inhibitors,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, May 2016.
31. Ikeda Mayumi, Yu Ishima, Shibata Motonori, Watanabe Hiroshi, Xian Ming, Ouchi Yuya, Akaike Takaaki and Maruyama Toru :
Sulfide Anti-Oxidant Buffer Enables Polysulfur to Be Detected by Methylene Blue Assay,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, May 2016.
32. Matsusaka Kotaro, Yu Ishima, Watanabe Kaori, Watanabe Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Therapeutic potential of S-nitrosated 1-acid glycoprotein as a novel antibacterial agent,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Sendai, May 2016.
33. Ikeda Mayumi, Yu Ishima, Kinoshita Ryo, Watanabe Hiroshi, Ikeda Tsuyoshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Anti-tumor effect of Poly-S-nitrosated Human Serum Albumin is enhanced by phosphodiesterase 5 inhibitors,
Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2015, Bangkok, Nov. 2015.
34. Kinoshita Ryo, Yu Ishima, Ikeda Mayumi, Fang Jun, Maeda Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
S-Nitrosated human serum albumin dimer as novel nano EPR enhancer applied to nano-anticancer drugs,
Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2015, Bangkok, Nov. 2015.
35. Maeda Hitoshi, Ichimizu Shota, Watanabe Hiroshi, Yu Ishima, Suenaga Ayaka, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Polythiolated- And Recombinant Mannosylated-Albumin As A Novel Cd68+/Cd206+ Kupffer Cell-Targeted Nano-Antioxidant For The Treatment Of Acute And Chronic Hepatitis Models,
19th North American ISSX Meeting and 29th JSSX Meeting, San Francisco, Oct. 2014.
36. Watanabe Hiroshi, Sakaguchi Yoshiaki, Sugimoto Ryusei, Yu Ishima, Kaneko Ken-ichi, Iwata Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Human organic anion transporters function as a high-capacity transporter for p-cresyl sulfate,
8th International Society on Uremia Research and Toxicity, Okinawa, Mar. 2014.
37. Watanabe Kaori, Yu Ishima, Kuroda Teruo, Ogawa Wakano, Watanabe Hiroshi, Suenaga Ayaka, Kai Toshiya, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
S-nitrosated a-1-acid glycoprotein kills drug-resistant bacteria and aids survival in sepsis,
Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2013, Cheju, Nov. 2013.
38. Tanaka Ryota, Maeda Hitoshi, Kodama Azusa, Watanabe Hiroshi, Yu Ishima, Maruyama Toru and Otagiri Masaki :
Therapeutic impact of human serum albumin-thioredoxin fusion protein, long-acting anti-oxidative and anti-inflammatory modulator, against acetaminophen-induced acute liver failure,
Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2013, Cheju, Nov. 2013.
39. Watanabe Hiroshi, Kodama Azusa, Tanaka Ryota, Tanaka Hisae, Chuang Tuan Giam Victor, Yu Ishima, Fukagawa Masafumi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
A human serum albumin-thioredoxin fusion protein prevents experimental contrast-induced nephropathy,
Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2013, Cheju, Nov. 2013.
40. Yu Ishima, Hara Marie, Watanabe Hiroshi, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Poly-S-nitrosated Human Serum Albumin inhibits the Expression of P-glycoprotein Transporter in Human Multidrug-resistant Tumor,
The 5th Asian Arden conference, 愛知, Aug. 2013.
41. Maeda Hitoshi, Watanabe Hiroshi, Yu Ishima, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
Kupffer cell selective delivery of thiols by genetically engineered mannosylated-albumin as a new therapeutic strategy for hepatitis,
The 5th Asian Arden conference, 愛知, Aug. 2013.

国内講演発表:

1. 橋本 愛子, 異島 優, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
アルブミンを基盤とした臓器特異的移行性を有するDDSキャリアの作製,
第62回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2023年10月.
2. 石田 竜弘, Sherif Armia, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優 :
化粧水の塗布による抗PEG IgMの誘導が抗がん剤封入PEG修飾リポソームの抗腫瘍効果に与える影響,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
3. 田中 晴樹, 安藤 英紀, 山本 舜人, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
がん細胞由来膜タンパク質を搭載したPEG修飾リポソームを脾臓に送達する技術を利用したがんワクチンの開発:細胞性免疫誘導の評価,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
4. 工藤 聡太郎, 安藤 英紀, 川口 桂乃, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
末端構造の異なるPEG修飾リポソームの単独あるいは繰り返し投与における脾臓免疫細胞への移行性評価,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
5. 福本 真子, 安藤 英紀, Sherif Emam Abdallah Emam, 松尾 アモリムクリスティーナ菜々, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
NFBCを新規培養基材として用いた3D培養の有用性に関する研究:得られたエクソソームの細胞増殖と細胞内取り込みに与える影響の評価,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
6. 山本 舜人, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
がん細胞由来膜タンパク質を搭載したPEG修飾リポソームを脾臓に送達する技術を利用したがんワクチンの開発:腫瘍増殖抑制効果の評価,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
7. 上原 陸, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 江島 清, 石田 竜弘 :
アルカリ化剤の経口投与による腫瘍酸性環境改善とアブラキサン®の併用による抗腫瘍効果増強,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
8. 福田 翔一郎, 安藤 英紀, 中江 崇, 辰巳 昇, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体による難吸収性中分子化合物の腸管吸収促進効果の検討,
第39回日本DDS学会学術集会, 2023年7月.
9. Mohamed Ibrahim, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
化粧水塗布時の含有PEGの皮膚透過と抗PEG IgM誘導に関する検討,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
10. 山本 舜人, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
膜タンパク質搭載PEG修飾リポソームの脾臓送達による各種がん細胞上の膜タンパク質に対する抗体誘導,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
11. 山本 遥香, 安藤 英紀, 大本 安一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗ヒトTNFα抗体の生体内誘導を実現するTNFα由来ペプチドの免疫と抗体誘導評価,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
12. 福本 真子, 安藤 英紀, Sherif Emam Abdallah Emam, 松尾 アモリムクリスティーナ菜々, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
NFBCを新規培養基材として用いた3D培養の有用性に関する研究:培養時のエクソソーム分泌性と得られたエクソソームの細胞増殖等に与える影響の評価,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
13. 松尾 アモリムクリスティーナ菜々, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
HPLCとICP-MSを組み合わせたオキサリプラチン遊離型とタンパク結合型の分離評価法の確立,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
14. 福田 翔一郎, 安藤 英紀, 丸山 敦也, 中江 崇, 辰巳 昇, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を基剤とした難吸収性中分子化合物の腸管吸収改善の検討,
日本薬剤学会第38年会, 2023年5月.
15. 平井 傑琉, 長船 裕輝, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
免疫グロブリン中に含まれる超硫黄分子の検出とその機能解明,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
16. 山出 莉奈, 清水 太郎, 平川 尚樹, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
モデル抗原搭載アルブミンナノ粒子とアジュバントの併用によるがん治療効果検討,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
17. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ドキソルビシン封入リポソーム搭載脾臓細胞による抗腫瘍効果の検討,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
18. 川口 桂乃, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
B細胞に搭載されたヒドロキシ末端PEG修飾リポソームは補体受容体を介して他の抗原提示細胞へと受け渡される,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
19. 池田 真由美, 福田 達也, 岩尾 康範, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘, 異島 優 :
血清アルブミンに存在する超硫黄の解析と創薬応用,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
20. 山本 遥香, 安藤 英紀, 大本 安一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗hTNFα抗体を生体内で誘導するhTNFαペプチド配列の探索と抗体誘導評価,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
21. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 土井 祐輔, 清水 太郎, 異島 優, 安倍 正博, 石田 竜弘 :
悪性リンパ腫に対するオキサリプラチン封入PEG修飾リポソームと抗体医薬の併用による抗腫瘍効果の検討,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
22. 異島 優, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
アルブミン受容体の特性を生かしたアクティブターゲティング型DDSキャリアの開発,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
23. 異島 優, 池田 真由美, 岩尾 康範, 丸山 徹, 小田切 優樹, 赤池 孝章, 石田 竜弘 :
内因性超硫黄化タンパク質の発見,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
24. Rina Yamade, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Investigation of the usefulness of human serum albumin nanoparticles as antigen delivery carriers to the spleen,
日本薬剤学会第2回英語セミナー, Feb. 2023.
25. 山本 遥香, 安藤 英紀, 大本 安一, 川口 桂乃, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
不活化ヒト TNFα 誘導体のマウスへの免疫による中和抗体の誘導評価,
第1回日本抗体学会設立記念学術大会, 2022年11月.
26. 松尾 アモリムクリスティーナ菜々, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
白金製剤と血漿タンパク質との相互作用:時間依存性に関する検討,
日本薬物動態学会第37回年会, 2022年11月.
27. 水町 健太, 清水 太郎, 上田 大, 髙田 春風, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
全身性エリテマトーデスモデルマウス由来B細胞の取り込み能についての検討,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
28. 山本 遥香, 安藤 英紀, 大本 安一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Humira®(adalimumab)投与時の抗薬物抗体(ADA)誘導に関する検討:マウス型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体をマウスに投与した際のADA誘導,
第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2022年11月.
29. 髙田 春風, 清水 太郎, 阿部 舜史, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
デキサメタゾンが及ぼすPEG修飾ナノ粒子による抗PEG抗体誘導への影響,
第16回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2022年10月.
30. 山本 舜人, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
膜タンパク質搭載PEG修飾リポソームの脾臓送達による抗膜タンパク質抗体誘導,
第43回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2022年10月.
31. 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームの投与経路がおよぼす抗PEG抗体誘導への影響に関する検討,
第43回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2022年10月.
32. 池田 真由美, 異島 優, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
超硫黄分子のレドックス制御機構の解明と抗酸化剤への応用,
第30回DDSカンファランス, 2022年9月.
33. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 土井 祐輔, 清水 太郎, 異島 優, 安倍 正博, 石田 竜弘 :
オキサリプラチン封入PEG修飾リポソームの悪性リンパ腫治療への展開,
第27回創剤フォーラム若手研究会, 2022年9月.
34. 福田 翔一郎, 安藤 英紀, 丸山 敦也, 中江 崇, 辰巳 昇, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体による薬物の腸管吸収促進メカニズムの検討,
第27回創剤フォーラム若手研究会, 2022年9月.
35. 松尾 アモリムクリスティーナ菜々, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
重曹の経口投与によるDoxil®の腫瘍集積性向上と抗腫瘍効果増強,
第27回創剤フォーラム若手研究会, 2022年9月.
36. 中野 琉人, 平川 尚樹, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘, 異島 優 :
難水溶性薬物に対する溶解補助及び動態改善を企図した新規アルブミンナノ粒子の有用性評価,
日本薬剤学会第3回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2022年9月.
37. 川口 桂乃, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
B細胞に標的化されたヒドロキシ末端PEG修飾リポソームは補体受容体を介して他の免疫細胞へと受け渡される,
日本薬剤学会第3回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2022年9月.
38. 池田 真由美, 岩尾 康範, 異島 優 :
超硫黄を介したヒト血清アルブミンの抗酸化作用,
フォーラム2022:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2022年8月.
39. 立花 洸季, 楠本 嵩志, 前橋 梨花, 樹山 友絵, 永尾 綾菜, 辻田 麻紀, 異島 優, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
ApoA-1 binding proteinの加齢に伴う血清中濃度の変化およびその抗炎症作用,
フォーラム2022:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2022年8月.
40. 平井 傑琉, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
毛髪中に含まれる超硫黄分子の検出および機能解明,
フォーラム2022:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2022年8月.
41. 異島 優, 池田 真由美, 酒井 真紀, 長船 裕輝, 岩尾 康範, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
様々な生体液に含まれる超硫黄分子の生理的意義の解明,
フォーラム2022:衛生薬学・環境トキシコロジー, 2022年8月.
42. 阿部 舜史, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
血中の抗PEG抗体が筋肉内投与後のmRNA搭載LNPのタンパク質発現に与える影響に関する検討,
遺伝子・デリバリー研究会第20回夏期セミナー, 2022年8月.
43. 髙田 春風, 清水 太郎, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾リポソームの投与経路がおよぼす抗PEG抗体誘導への影響に関する検討,
遺伝子・デリバリー研究会第20回夏期セミナー, 2022年8月.
44. 阿部 舜史, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
mRNA搭載LNP構成成分のPEG脂質が示す免疫原性及びアナフィラキシー様反応への影響,
日本核酸医薬学会第7回年会, 2022年8月.
45. 上田 大, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 山吉 麻子, 石田 竜弘 :
核酸搭載リポソームの物理化学的性質が抗核酸抗体の誘導に与える影響の検討,
日本核酸医薬学会第7回年会, 2022年8月.
46. 川口 桂乃, 安藤 英紀, 田島 健次, 長澤 一樹, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロースの経口摂取による腸内細菌叢の変動と肥満抑制効果の評価,
セルロース学会第29回年次大会, 2022年7月.
47. 髙田 春風, 安藤 英紀, 田島 健次, 清水 太郎, 異島 優, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロースを懸濁剤として用いたシクロスポリンA製剤の調製と乾癬治療効果の評価,
セルロース学会第29回年次大会, 2022年7月.
48. 平井 傑琉, 田坂 菜々美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
毛髪中に含まれる超硫黄分子の検出および機能解明,
第49回日本毒性学会学術年会, 2022年7月.
49. 十鳥 有希菜, 平川 尚樹, 木下 遼, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
スルホサリチル酸を用いた新規アルブミンナノ粒子化法の開発と敗血症への応用,
第49回日本毒性学会学術年会, 2022年7月.
50. 向井 愛菜, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
致死性エンドトキシンショックに対するヒト血清アルブミンの治療効果の機序,
第49回日本毒性学会学術年会, 2022年7月.
51. 橋本 怜奈, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 異島 優 :
皮膚角質層に含まれる超硫黄分子の検出,
第49回日本毒性学会学術年会, 2022年7月.
52. 倉本 伶音, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
緑色蛍光タンパク質(EGFP)をモデル抗原として封入したPEG修飾エクソソームの脾臓送達による抗原特異的抗体の誘導,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
53. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 安倍 正博, 石田 竜弘 :
オキサリプラチン封入PEG修飾リポソームの悪性リンパ腫に対する治療効果の検討,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
54. 橋本 愛子, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミンを基盤とした臓器特異的移行性を有するDDSキャリアの作製,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
55. 山出 莉奈, 清水 太郎, 平川 尚樹, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンナノ粒子(HSAnp)を利用したDDSの新規開発とがんワクチンへの展開,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
56. 山本 遥香, 安藤 英紀, 大本 安一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗TNFαモノクローナル抗体(Humira)をマウスに投与した際の抗薬物抗体の誘導評価,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
57. 山本 舜人, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原とオボアルブミンを共封入したPEG修飾リポソームの脾臓送達による抗原特異的抗体誘導の増強効果,
第38回日本DDS学会学術集会, 2022年6月.
58. 髙田 春風, Milad Qelliny, 清水 太郎, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ガングリオシドを用いた抗核酸抗体誘導抑制効果の検討,
日本薬剤学会第37年会, 2022年5月.
59. 阿部 舜史, 髙田 春風, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
mRNA封入脂質ナノ粒子構成成分のPEGに対する抗PEG抗体の誘導及びアナフィラキシー様反応への影響,
日本薬剤学会第37年会, 2022年5月.
60. 山本 舜人, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入PEG修飾リポソームを利用した抗体誘導におけるOVAのアジュバント効果の検証,
日本薬剤学会第37年会, 2022年5月.
61. 異島 優 :
アルブミンの体内動態特性に基づくDDSキャリアの開発に関する研究,
日本薬剤学会第37年会, 2022年5月.
62. 山本 舜人, 安藤 英紀, 冨田 康治, 前田 典之, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
末端構造の異なるPEGで作製した抗原封入リポソームの静脈内投与による抗体誘導に関わる免疫細胞の評価,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
63. 松﨑 隆朗, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 山中 勝弘, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた経皮吸収ワクチンによる皮膚およびリンパ節における免疫細胞の活性化評価,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
64. 川口 桂乃, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓中B細胞は補体受容体介在性に捕捉した抗原キャリアを他の抗原提示細胞へ輸送する,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
65. 別府 拓豪, 西 弘二, 井本 修平, 異島 優, 月川 健士, 小田切 優樹, 山﨑 啓之 :
ヒト膵がん細胞におけるニトロ化フェニル酪酸のオートファジー阻害効果,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
66. 清水 太郎, 山口 雪洲, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
新型コロナウイルスに対する効率的な抗体誘導を目指した脾臓辺縁帯B細胞標的化ワクチン開発に関する検討,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
67. 前田 仁志, 異島 優, 小田切 優樹, 渡邊 博志, 丸山 徹 :
一酸化窒素とチオールを基軸とした新規NASH治療法の開発,
日本薬学会第142年会, 2022年3月.
68. 奥山 仁美, 内村 望空, 坂尾 こず枝, 池田 真由美, 異島 優, 西川 美宇, 生城 真一, 向井 理恵 :
ヒト血清アルブミンに対するケルセチンの結合特性が機能評価実験に及ぼす影響,
第26回 日本フードファクター学会 学術集会, 2021年11月.
69. 山本 舜人, 安藤 英紀, 前田 典之, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫による抗体誘導に関するPEG末端構造の影響,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
70. 高田 正希, 安藤 英紀, 赤木 俊介, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
表面物性の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロースを用いたパクリタキセル製剤の開発と腹膜播種治療評価,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
71. 上原 陸, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
重曹経口投与による腫瘍内微小環境中性化にともなう遺伝子発現解析,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
72. 松尾 菜々, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
Sulfane sulfur付加型HSAを用いた還元ストレス誘導を介するがん治療戦略,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
73. 清水 太郎, Qelliny Milad, 髙田 春風, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
核酸搭載PEG修飾カチオン性リポソームによる抗PEG抗体および抗核酸抗体誘導に及ぼすガングリオシド修飾の影響,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
74. 橋本 愛子, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミンを基盤とした臓器特異的移行性を有するDDSキャリアの作製,
第15回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム, 2021年10月.
75. 異島 優 :
活性硫黄化が織りなすタンパク質の新たな生体防御機構,
第28回日本血液代替物学会年次大会, 2021年10月.
76. 安藤 英紀, 赤木 俊介, 田島 健次, 清水 太郎, 異島 優, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(NFBC)を利用した3次元細胞培養に関する基礎的検討,
セルロース学会第28回年次大会, 2021年9月.
77. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(NFBC)を用いた3次元培養によるヒト肝がんHepG2細胞の機能変動評価,
セルロース学会第28回年次大会, 2021年9月.
78. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
高い抗体産生誘導能を有する抗原搭載アルブミンナノ粒子の開発,
日本薬剤学会第2回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2021年9月.
79. Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Enhancement of the anti-tumor effect of B cell-based vaccines via increasing the loading amount of antigens by utilizing novel antigen carrier system,
2021 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2021.
80. 松尾 菜々, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
活性イオウ付加型ヒト血清アルブミンの腫瘍への送達は小疱形成を介した細胞死を誘導する,
第29回DDSカンファランス, 2021年9月.
81. 安藤 英紀, 山口 雪洲, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規脾臓免疫で誘導した抗体の多様性および結合性の評価,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
82. 清水 太郎, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞を標的としたペプチド封入リポソームによる免疫誘導に関する検討,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
83. 水田 夕稀, 前田 仁志, 皆吉 勇紀, 一水 翔太, 木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
がん間質細胞を二重標的化する抗がん剤送達キャリアの開発と新規がんDDS戦略の構築,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
84. 髙田 春風, 清水 太郎, 川口 桂乃, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
投与経路が及ぼすPEG修飾リポソーム投与時の抗PEG抗体誘導に与える影響に関する検討,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
85. 別府 拓豪, 西 弘二, 井本 修平, 異島 優, 月川 健士, 小田切 優樹, 山崎 啓之 :
ヒト膵がん細胞に対するニトロ化フェニル酪酸の細胞死誘導メカニズムの解明,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
86. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたIL-23 特異的siRNAの経皮送達はイミキモド誘発乾癬モデルマウスの皮膚症状を改善する,
日本核酸医薬学会第6回年会, 2021年6月.
87. 髙田 春風, Milad Reda Qelliny, 清水 太郎, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ガングリオシドによるDNA搭載PEG修飾カチオン性リポソーム投与時のPEG及びDNAに対する抗体の産生への影響の検討,
日本核酸医薬学会第6回年会 サテライト若手シンポジウム, 2021年6月.
88. 安田 健吾, 木下 遼, 前田 仁志, 皆吉 勇紀, 櫻木 美菜, 水田 夕稀, 山崎 啓之, 異島 優, 石田 竜弘, 渡邊 博志, 丸山 徹 :
マクロファージ及び線維芽細胞を標的可能なレドックス応答性ナノラジカルスカベンジャーの開発と肝疾患治療への応用,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
89. 橋本 愛子, 濱 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
様々なヒト血清アルブミン受容体を介した薬物キャリアの開発,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
90. 向井 愛菜, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
致死性エンドトキシンショックに対するヒト血清アルブミンの治療効果の機序解明,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
91. 橋本 怜奈, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
紫外線による皮膚角質中に含まれる活性イオウ分子種の変動,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
92. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 中江 崇, 三輪 泰司, 辰巳 昇, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を基剤としたLixisenatide製剤の開発と腸管吸収評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
93. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 中江 崇, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた難経口吸収性化合物の腸管吸収促進効果の検討,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
94. 上田 大, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
全身性エリテマトーデスモデルマウス由来マイクロパーティクルにおけるプロテオーム解析,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
95. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
細胞ワクチンへの応用を目指した補体受容体標的化キャリアを用いる新規B細胞抗原刺激法の確立,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
96. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
効果的な細胞免疫療法の開発に向けたB細胞への新規抗原刺激法の有用性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
97. Nehal Emam Elsadek Emam Ali Elhewan, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-PEG IgM in a dose dependent manner and causes the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated administer,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
98. 山本 舜人, 山口 雪洲, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫による抗原特異的IgGの誘導とサブクラス多様性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
99. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
効率的な体液性免疫誘導に向けたアルブミンナノキャリアの開発,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
100. 松﨑 隆朗, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
経皮吸収型がんペプチドワクチンによるE.G7-OVA担がんマウスにおける腫瘍成長抑制効果,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
101. 高田 正希, 赤木 俊介, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
菌由来セルロースナノファイバーを用いた細胞の三次元培養と機能性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
102. 上原 陸, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
重曹経口投与による腫瘍酸性環境の中性化とDoxil®の抗腫瘍効果の増強,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
103. 山口 雪洲, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規脾臓免疫法による特異抗体の誘導とその多様性および結合親和性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
104. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
マレイミド-チオール結合を介した抗がん剤封入リポソームの脾臓細胞への搭載とそのがん細胞障害性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
105. 倉本 伶音, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
エクソソームの脾臓免疫で得た抗血清(ポリクローナル抗体)の結合性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
106. 福田 悠花, 中島 祟樹, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 長野 一也, 柴田 寛子, 石田 竜弘 :
PEG修飾タンパクの凝集体形成が及ぼす抗PEG抗体産生・血中滞留性への影響,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
107. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
経皮送達可能なsiRNA含有イオン液体製剤による新規乾癬治療,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
108. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
物性の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロースを用いた新規PTX製剤の開発と腹膜播種治療評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
109. 立花 洸季, 小川 真依, 石田 竜弘, 異島 優, 奥平 桂一郎 :
免疫抑制剤フィンゴリモドによるABCトランスポーターの増加を介した泡沫化マクロファージへの脂質蓄積への影響,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
110. 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
核酸搭載PEG修飾リポソームが全身性エリテマトーデスの発症時期,増悪に与える影響,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
111. 濵 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤AbraxaneⓇの変性アルブミン受容体を介した薬物輸送メカニズム,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
112. Sherif Emam Abdallah Emam, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Cell-type tropism promotes the intratumor accumulation of PEGylated cancer cell-derived exosomes,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
113. 別府 拓豪, 西 弘二, 井本 修平, 異島 優, 月川 健士, 小田切 優樹, 山崎 啓之 :
ヒト膵がん細胞に対するニトロ化フェニル酪酸の細胞死誘導効果,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
114. 中野 琉人, 平川 尚樹, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
難溶性薬物に対する溶解補助及び動態改善を企図した新規アルブミンナノ粒子の開発,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
115. 倉本 伶音, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
エクソソームの脾臓免疫により誘導した抗体のエクソソームタンパク質への結合評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
116. 宮原 康嘉, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, Szebeni Janos, 石田 竜弘 :
高用量PEG修飾リポソーム投与時の抗PEG抗体誘導抑制機序に関する検討,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
117. 川口 桂乃, 島崎 優奈, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓B細胞上の補体受容体を介した抗原送達法を利用する新規細胞免疫療法の開発,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
118. 松尾 菜々, 異島 優, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
活性イオウ付加アルブミンの設計と還元ストレス誘導による抗腫瘍効果の評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
119. 山口 雪洲, 安藤 英紀, 島崎 優奈, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫で誘導された抗体の多様性・親和性評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
120. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミン(HSA)を利用した脾臓への抗原送達による体液性免疫の誘導,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
121. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 丸山 敦也, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたGLP-1受容体作動薬の腸管吸収性検討,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
122. 西 弘二, 別府 拓豪, 井本 修平, 異島 優, 月川 健士, 小田切 優樹, 山崎 啓之 :
ヒト膵がん細胞におけるニトロ化ナテグリニドの細胞死誘導効果,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
123. 立花 洸季, 小川 真依, 石田 竜弘, 異島 優, 奥平 桂一郎 :
免疫抑制剤フィンゴリモドがマクロファージへの脂質蓄積に与える影響,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
124. 山口 雪洲, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓標的化リポソーム技術を用いた短期間で抗体を誘導する抗体産生誘導技術の開発,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
125. 向井 愛菜, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
致死性エンドトキシンショックに対するヒト血清アルブミンの治療効果,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
126. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓細胞搭載抗がん剤封⼊カチオン性リポソームによるがん細胞障害性のin vitro評価,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
127. 橋本 怜奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
皮膚角質中に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
128. 異島 優, 池田 真由美, 澤 智裕, 赤池 孝章, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンにおけるパースルフィド化の生理的意義の解明とその臨床応用,
第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会合同学術集会, 2020年10月.
129. 異島 優, 池田 真由美, 田坂 菜々美, 石田 竜弘 :
酸化型ポリスルフィドタンパク質によるユニークな抗酸化作用機構,
第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会合同学術集会, 2020年10月.
130. 酒井 真紀, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ストレプトゾトシン誘発Ⅰ型糖尿病モデルマウスにおける血清活性イオウ分子の変動,
第93回日本生化学会大会, 2020年9月.
131. 長船 裕輝, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
生体液中の活性イオウ分子種含有タンパク質の同定と生理学的意義の解明,
第93回日本生化学会大会, 2020年9月.
132. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗がん剤搭載脾臓細胞によるがん細胞障害性評価に関する検討,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
133. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたsiRNAの経皮送達による新規乾癬治療法の開発,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
134. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 島崎 優奈, 吉岡 千尋, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームによる抗原刺激を利用した新規B細胞ワクチンの開発,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
135. 異島 優, 池田 真由美, 石田 竜弘 :
ヒト生体液におけるポリスルフィドプールの発見とその生理学的意義,
第47回日本毒性学会学術年会, 2020年6月.
136. 山口 雪洲, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞への抗原送達による抗体産生誘導技術の開発,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
137. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
インドシアニングリーンを用いたイオン液体の腸管吸収促進効果の検討,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
138. 福田 悠花, 中島 祟樹, 長野 一也, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG修飾タンパクのPEG鎖長や修飾数が及ぼす抗PEG抗体産生と血中滞留性低下への影響,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
139. 濵 眞壱, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤であるAbraxane®の新たな腫瘍移行機序の発見,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
140. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体によるインドシアニングリーンの経口吸収性改善の検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
141. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 島崎 優奈, 吉岡 千尋, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
細胞ワクチン療法への利用に適したB細胞サブセットの同定に関する検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
142. 濵 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤であるAbraxane®の新たな腫瘍移行機序の発見,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
143. 酒井 真紀, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
糖尿病患者血清におけるサルフェン硫黄の変動,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
144. 長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒト唾液α-amylase活性に及ぼすサルフェン硫黄の影響,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
145. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 奥平 桂一郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪キューティクルに存在するポリスルフィドの発見とイオウ供給による毛髪損傷抑制効果の検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
146. 異島 優 :
ヒト血清アルブミンに含まれるポリスルフィドの生理機能の解明,
筑波大学 第8回環境生物学セミナー, 2019年12月.
147. Yu Ishima :
Targeting of albumin to pancreatic cancer via endogenous albumin transport system,
日本薬物動態学会第34回年会, Dec. 2019.
148. 福田 悠花, 中島 祟樹, 長野 一也, 異島 優, 石田 竜弘 :
タンパク質へのPEG修飾数やPEG鎖長が及ぼす抗PEG抗体産生への影響,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
149. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
siRNA含有イオン液体製剤の経皮送達による乾癬治療,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
150. 上田 大, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
全身性エリテマトーデス病態時の脾臓免疫細胞によるマイクロパーティクルの取り込み変化の検討,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
151. 丸山 徹, 木下 遼, 前田 仁志, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 異島 優 :
EPR増強剤の併用は膵臓癌に対するnab-パクリタキセルの治療効果を増強する,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
152. 異島 優, 木下 遼, 平川 尚樹, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
難治性膵臓がんにおけるアルブミンナノ粒子のサイズ最適化の検討,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
153. 水田 夕稀, 前田 仁志, 皆吉 勇紀, 一水 翔太, 木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 馬場 秀夫, 丸山 徹 :
Development of a novel tumor microenvironment-targeted drug deliver carrier,
第30回日本消化器癌発生学会総会, 2019年11月.
154. 佐々井 雅樹, 清水 太郎, 奥平 桂一郎, 異島 優, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた新規インスリン含有経皮吸収製剤は糖尿病治療薬になりうる,
第28回DDSカンファランス, 2019年9月.
155. 異島 優 :
アルブミン研究の新展開∼新たな生体防御機構解明へ∼,
九重セミナー第43回西日本薬剤学研究会, 2019年8月.
156. 一水 翔太, 渡邊 博志, 前田 仁志, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘, 二木 史朗, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
細胞膜透過型アルブミンの細胞内移行機序の解明∼マクロピノサイトーシス誘導とエンドソーム脱出経路∼,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
157. 上田 大, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
マイクロパーティクルによる抗体産生誘導は全身性エリテマトーデスの症状進行に関与する,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
158. 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓への抗原デリバリー技術を利用した新規抗体産生技術の開発,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
159. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
抗体医薬を用いたがん治療に対するEPR増強剤SNO-HSA-dimerの効果,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
160. 皆吉 勇紀, 前田 仁志, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
慢性肝障害治療に対する肝クッパー細胞指向性1型インターフェロンの有用性評価,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
161. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪ケラチン中に存在するポリスルフィドの酸化ストレス応答,
第72回日本酸化ストレス学会学術集会, 2019年6月.
162. 田中 健一郎, 下田 実可子, 廣木 美果, 久保田 真帆, 池田 真由美, 異島 優, 川原 正博 :
亜鉛(Zn)/銅(Cu)の神経細胞死におけるSAPK/JNK経路の関与,
第46回日本毒性学会学術年会, 2019年6月.
163. 井上 改, 異島 優, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
細胞培養系における血清アルブミン結合sulfane sulfurの役割,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
164. 池田 真由美, 異島 優, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンに存在するポリスルフィドによるユニークな酸化ストレス応答,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
165. 池田 真由美, 異島 優, 清水 太郎, 安藤 英紀, 奥平 桂一郎, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
血清アルブミンの酸化ストレス応答を模倣した新規抗酸化剤の設計,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
166. 平川 尚樹, 異島 優, 木下 遼, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
難治性膵臓がんへの高い移行性を有するアルブミンナノ粒子の開発,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
167. 田中 健一郎, 下田 実可子, 葛西 美里, 池田 真由美, 異島 優, 久保田 真帆, 川原 正博 :
亜鉛/銅依存の神経細胞死におけるSAPK/JNKシグナルの関与,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
168. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
一酸化窒素を利用した血管透過性制御とがん治療応用,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
169. 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
タンパクのPEG修飾による抗PEG免疫応答の誘導,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
170. 異島 優 :
DDS担体としての血清アルブミンの有用性とがん治療への応用,
第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月.
171. 平川 尚樹, 異島 優, 木下 遼, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
共有結合型アルブミンナノ粒子を用いたセラノスティックナノDDS抗がん剤の開発,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
172. 佐々井 雅樹, 清水 太郎, 異島 優, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた新規インスリン含有経皮吸収製剤の開発,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
173. 宮原 康嘉, 清水 太郎, 異島 優, Janos Szebeni, 石田 竜弘 :
高投与量Doxebo前処置によるABC現象の抑制に関する検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
174. 酒井 真紀, 池田 真由美, 今福 匡司, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
糖尿病患者における血清中サルフェン硫黄と抗酸化能の評価,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
175. 川口 桂乃, 渡辺 優希, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
辺縁帯B細胞標的化抗原デリバリーシステムによる抗腫瘍免疫応答増強効果,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
176. 長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
生体液に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
177. 中見 祥一, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Doxil前処置による養子免疫細胞のがん移行性向上に関する検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
178. 池田 真由美, 異島 優, 渡邊 博志, 赤池 孝章, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
生体液中の活性イオウ分子種の検出と機能解明,
第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2018年10月.
179. 横山 桜子, 笹山 瑞紀, 真田 貴義, 高橋 葉子, 異島 優, 石田 竜弘, 鈴木 亮, 丸山 一雄, 丸山 徹, 根岸 洋一 :
一酸化窒素ガスデリバリーのための超音波応答性ナノバブルの調製と虚血下肢における送達効果,
第62回日本薬学会関東支部大会, 2018年9月.
180. 池田 真由美, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
血清アルブミンに存在するサルフェン硫黄の酸化還元制御の解明と生体模倣的な硫黄送達システムの開発への応用,
第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2018年9月.
181. 木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 清水 太郎, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規ナノEPR増強剤であるNO搭載型アルブミンダイマーと高分子抗がん剤の併用による次世代型難治性がん治療法の構築,
第1回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2018年9月.
182. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ガス状リガンドと相互作用するヒト血清アルブミンの臨床応用,
第1回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2018年9月.
183. 山﨑 仁王, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ABC現象回避における末端マレイミドPEG-リン脂質の有用性に関する検討,
第27回DDSカンファランス, 2018年9月.
184. 竹瀬 俊輔, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
がん化学・免疫併用療法におけるオキサリプラチン封入リポソームの有用性に関する検討,
第27回DDSカンファランス, 2018年9月.
185. 異島 優, 石田 竜弘, 金城 雄樹, 丸山 徹, 小田切 優樹 :
多剤耐性菌および真菌に対するS‐ニトロソ化Alpha1―酸性糖蛋白質の効果,
医療薬学フォーラム 2018, 2018年6月.
186. 異島 優 :
多剤耐性菌および真菌に対するS-ニトロソ化Alpha1-酸性糖蛋白質の効果,
医療薬学フォーラム 2018, 2018年6月.
187. 異島 優 :
アルブミン付加製剤の基礎と未来,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
188. 平川 尚樹, 木下 遼, 異島 優, 清水 太郎, 丸山 徹, 奥平 桂一郎, 石田 竜弘 :
共有結合型アルブミンナノ粒子をキャリアとしたナノDDS抗がん剤の開発及び有用性評価,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
189. 川口 桂乃, 島崎 優奈, 渡辺 優希, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓標的化ワクチンによる免疫誘導における辺縁帯B細胞の役割,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
190. 清水 太郎, 吉岡 千尋, 粟田 瑞月, 川口 桂乃, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームを用いた新規脾臓標的化ワクチンの開発に関する検討,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
191. 異島 優, 渡辺 佳織, 小田切 優樹, 石田 竜弘, 丸山 徹 :
新規抗菌剤SNO-AGPの多剤耐性菌に対する克服効果,
日本薬剤学会第33年会, 2018年6月.
192. 木下 遼, 異島 優, 渡邊 博志, 清水 太郎, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規腫瘍DDSキャリアである共有結合型アルブミンナノ粒子の有用性評価,
日本薬剤学会第33年会, 2018年6月.
193. 笹山 瑞紀, 真田 貴義, 高橋 葉子, 異島 優, 石田 竜弘, 鈴木 亮, 丸山 一雄, 丸山 徹, 根岸 洋一 :
一酸化窒素ガスを内封した超音波応答性ナノバブルのin vivoでの機能性評価,
日本薬剤学会第33年会, 2018年5月.
194. 長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
生物由来健康食品に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
195. 池田 真由美, 清水 太郎, 丸山 徹, 小田切 優樹, 異島 優, 石田 竜弘 :
ポリスルフィド付加血清アルブミンによるメラニン産生の抑制,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
196. 酒井 真紀, 池田 真由美, 今福 匡司, 清水 太郎, 丸山 徹, 小田切 優樹, 異島 優, 石田 竜弘 :
アルブミン製剤中のサルフェン硫黄含有量の差異と抗酸化能の評価,
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会, 2018年5月.
197. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
生理活性ガス運搬体としてのヒト血清アルブミン,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
198. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪ケラチンに存在する活性イオウの発見と酸化ストレス応答,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
199. 望月 啓志, 安藤 英紀, 藤田 研司, 田島 健次, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノファイバーバイオセルロースを用いた新規パクリタキセル製剤の開発,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
200. 久保 幸代, 清水 太郎, 鵜川 真実, 藤本 麻葉, 松本 陽子, 異島 優, 石田 竜弘 :
自然抗体としてのanti-PEG IgMがDoxilの血中濃度に与える影響,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
201. 清水 太郎, 久保 幸代, 異島 優, 石田 竜弘 :
マクロファージによるPEG修飾体のin vitro取り込み量評価によるABC現象の発現予測に関する検討,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
202. 池田 真由美, 異島 優, 清水 太郎, 居原 秀, 赤池 孝章, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ポリスルフィド運搬体としてのヒト血清アルブミン,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
203. 異島 優 :
膵臓癌治療薬の送達性向上を企図した微小環境改善薬の開発,
第5回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会, 2017年11月.
204. 松尾 菜々, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規抗がん剤としての活性イオウ付加アルブミンの設計,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
205. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪中に存在する活性イオウの発見とその生理的意義,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
206. 田神 舞帆, 池田 愛, 高山 拓磨, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
抗PD-1抗体の併用はl-OHP liposomeによる抗腫瘍効果の個体差を減少させる,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
207. 前田 仁志, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
マンノース受容体を標的とするナノ抗酸化剤の開発と急性及び慢性肝疾患への応用,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
208. 清水 太郎, 久保 幸代, 粟田 瑞月, 北山 由佳, 美馬 優, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG特異的細胞測定法を用いた抗PEG免疫反応の評価,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
209. 清水 太郎, 北山 由佳, 異島 優, 石田 竜弘 :
siRNA搭載PEG修飾リポソームの静脈内投与後に腹腔から分泌されるanti-PEG IgM誘導機構の解明に関する検討,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
210. 池田 真由美, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
酸化ストレスに応答するポリスルフィド化血清タンパク質の同定,
第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月.
211. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 中村 秀明, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規ナノEPR増強剤S-ニトロソ化ヒト血清アルブミンダイマーを用いた次世代型Abraxane療法の開発,
第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月.
212. 池田 真由美, 異島 優, 田坂 菜々美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンに存在する活性イオウの検出とその機能解明,
第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月.
213. 清水 太郎, 粟田 瑞月, 吉岡 千尋, 異島 優, 石田 竜弘 :
補体活性化能を持つポリマー修飾リポソームによる脾臓辺縁帯B細胞標的化に関する検討,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
214. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪中における活性イオウの検出とその生物活性評価,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
215. 異島 優, 池田 真由美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
活性酸素スカベンジャーとしての血清アルブミンパースルフィド,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
216. 池田 真由美, 異島 優, 田坂 菜々美, 清水 太郎, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
活性イオウトラフィックタンパク質としてのヒト血清アルブミンの役割,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
217. 前田 仁志, 異島 優, 皆吉 勇紀, 一水 翔太, 柳澤 洋輝, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
NASH病態におけるDDS戦略の限界と一酸化窒素による治療抵抗性の克服,
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2016年11月.
218. 池田 真由美, 異島 優, 渡邊 博志, 石田 竜弘, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規酸化ストレス早期発見に向けた血清パースルフィド定量の有用性評価,
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2016年11月.
219. 山﨑 仁王, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEGリポソームへのアルブミン修飾は,抗PEG抗体の産生を抑制する,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
220. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 中村 秀明, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
ナノEPR増強剤であるNO付加アルブミンダイマーはAbraxane®の腫瘍移行を促進することで治療効果並びに安全性を向上させる,
第31回日本薬物動態学会, 2016年10月.
221. 山﨑 仁王, 異島 優, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
PEGリポソーム頻回投与時の課題であるABC現象は,アルブミン修飾によって克服可能であるか?,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
222. 皆吉 勇紀, 前田 仁志, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
組換え型高マンノース付加アルブミンを担体とした肝クッパー細胞指向性インターフェロンα2bの設計と肝保護効果,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
223. 前田 仁志, 異島 優, 皆吉 勇紀, 一水 翔太, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
NASHモデルの病態生理に基づいた肝指向性ナノ抗酸化剤の有用性評価,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
224. 西田 健人, 宮久 優子, 渡邊 博志, 異島 優, 深川 雅史, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
血中滞留型チオレドキシンは難治性の急性腎・肺障害連関を改善する,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
225. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 中村 秀明, 方 軍, 前田 浩, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
ナノEPR増強剤であるNO付加アルブミンダイマーは 難治性癌における高分子抗癌剤抵抗性を改善する,
日本薬剤学会 第31回年会, 2016年5月.
226. 松坂 幸太朗, 異島 優, 木下 遼, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
S-ニトロソ化 α1-酸性糖タンパク質による癌治療への応用,
日本薬剤学会 第31回年会, 2016年5月.
227. 柳澤 洋輝, 前田 仁志, 皆吉 勇紀, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
ヘモグロビンを担体とした一酸化炭素デリバリーの非アルコール性脂肪肝炎に対する治療効果,
日本薬剤学会 第31回年会, 2016年5月.
228. 異島 優 :
血清アルブミンによる一酸化窒素トラフィックシステムの解明と難治性癌治療への展開,
日本薬学会 第136年会, 2016年3月.
229. 池田 真由美, 異島 優, 渡邊 博志, 大内 雄也, Xian Ming, 赤池 孝章, 丸山 徹 :
ヒト血清アルブミンにおける活性イオウ分子種の検出と構造・機能への影響,
日本薬学会 第136年会, 2016年3月.
230. 異島 優, 井上 亜希, 小田切 優樹, 渡邊 博志, 丸山 徹 :
Poly-S-二トロソ化ヒト血清アルブミンのHIF-1alpha抑制効果,
第31回 日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
231. 前田 仁志, 一水 翔太, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
急性及び慢性肝炎モデルマウスにおけるCD68+/CD206+クッパ―細胞由来活性酸素種を標的としたナノ抗酸化アルブミンの治療効果,
第31回 日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
232. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規ナノEPR増強剤の一酸化窒素付加アルブミンダイマーによる腫瘍内環境改善作用,
第31回 日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
233. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
高分子抗癌剤治療における新規ナノEPR増強剤としての一酸化窒素付加アルブミン二量体の有用性評価,
第15回 日本NO学会学術集会, 2015年6月.
234. 戸田 翔太, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
遺伝子工学的手法を用いた血中滞留型BMP7の設計と持続的腎保護作用の評価,
第58回 日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
235. 大城 俊, 異島 優, 本田 尚子, 渡邊 博志, 深川 雅史, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
エリスロポエチン産生能を有するS-ニトロソ化アルブミンによる包括的腎疾患治療,
第58回 日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
236. 一水 翔太, 渡邊 博志, 濱崎 慶輔, 前田 仁志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
細胞内アルブミンデリバリーを企図した新規CPPの設計と有用性評価,
日本薬剤学会 第30年会, 2015年5月.
237. 戸田 翔太, 渡邊 博志, 弥永 直樹, 濱崎 慶輔, 國安 明彦, 長谷川 功紀, 後藤 久美子, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
腎指向型アルブミン-BMP7融合体による腎保護効果,
日本薬剤学会 第30年会, 2015年5月.
238. 池田 真由美, 異島 優, 木下 遼, 渡邊 博志, 池田 剛, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
NO付加ヒト血清アルブミンの抗腫瘍活性におけるPDE阻害剤の増強効果,
日本薬剤学会 第30年会, 2015年5月.
239. 皆吉 勇紀, 前田 仁志, 異島 優, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
組換え型高マンノース 付加アルブミンを担体とした 肝指向性インターフェロンα2bの設計と肝保護効果,
日本薬剤学会 第30年会, 2015年5月.
240. 丸山 徹, 異島 優, 成底 徹, 小谷 俊介, 中島 誠, 渡邊 博志, 小田切 優樹 :
尿毒症物質インドキシル硫酸の酸化修飾体に関する構造特性と生物活性,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
241. 異島 優 :
ドラッグデリバリーシステム担体としてのヒト血清アルブミン,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
242. 丸山 徹, 渡辺 佳織, 異島 優, 小川 和加野, 黒田 照夫, 小田切 優樹 :
S-ニトロソ化α1-酸性タンパク質による抗生物質の多剤耐性克服と機序解明,
第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
243. 異島 優, 井上 亜希, 方 軍, 渡邊 博志, 前田 浩, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
ベバシズマブの抗腫瘍活性に及ぼすPoly-S-二トロソ化ヒト血清アルブミンの併用効果,
第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
244. 異島 優 :
血清アルブミンを基盤とした一酸化窒素デリバリーシステムの創製と癌治療や虚血性疾患への応用,
第30回日本DDS学会学術集会, 2014年7月.
245. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 方 軍, 前田 浩, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規EPR増強剤の一酸化窒素付加アルブミンダイマーはDoxilの抗腫瘍効果を向上する,
第30回日本DDS学会学術集会, 2014年7月.
246. 西田 健人, 大柿 滋, 田中 遼大, 小玉 あずさ, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
横紋筋融解症AKIに対するアルブミン‐チオレドキシン融合体の有用性評価,
第30回日本DDS学会学術集会, 2014年7月.
247. 異島 優, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
PEG化や2量体化により増強するS-ニトロソ化ヒト血清アルブミンの抗腫瘍活性,
第30回日本DDS学会学術集会, 2014年7月.
248. 本田 尚子, 異島 優, 宮崎 裕理, 渡邊 博志, 末永 綾香, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
S-ニトロソ化アルブミンは腎性貧血改善と腎保護作用を併せ持つ新規慢性腎臓病治療薬である,
日本薬剤学会 第29年会, 2014年5月.
249. 木下 遼, 異島 優, 池田 真由美, 方 軍, 前田 浩, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
新規EPR増強剤の一酸化窒素付加アルブミンダイマーはDoxil®の抗腫瘍効果を向上する,
日本薬剤学会 第29年会, 2014年5月.
250. 西田 健人, 大柿 滋, 田中 遼大, 小玉 あずさ, 渡邊 博志, 異島 優, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
横紋筋融解症AKIに対するアルブミン‐チオレドキシン融合体の有用性評価,
日本薬剤学会 第29年会, 2014年5月.
251. 異島 優, 井上 亜希, 小田切 優樹, 渡邊 博志, 丸山 徹 :
低酸素誘導オートファジーに対するPoly-S-ニトロソ化ヒト血清アルブミンの抑制効果,
日本薬剤学会 第29年会, 2014年5月.
252. 田中 遼大, 異島 優, 榎木 裕紀, 小田切 優樹, 渡邊 博志, 丸山 徹 :
インフルエンザ肺炎に対するヒト血清アルブミン‐チオレドキシン融合タンパク質の有効性評価,
日本薬剤学会 第29年会, 2014年5月.
253. 異島 優 :
NO付加型ヒト血清アルブミンの臨床応用へのアプローチ,
第14回 日本NO学会学術集会, 2014年5月.
254. 木下 遼, 異島 優, 成底 徹, 小谷 俊介, 中島 誠, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
ニトロインドキシル硫酸による酸化ストレス産生メカニズムの解析,
第14回 日本NO学会学術集会, 2014年5月.
255. 渡邊 佳織, 異島 優, 黒田 照夫, 小川 和加野, 渡邊 博志, 甲斐 俊哉, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
多剤耐性菌に対するS-ニトロソ化α1酸性糖タンパク質の抗菌作用,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
256. 田中 遼大, 異島 優, 前田 仁志, 小玉 あずさ, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
持続的抗酸化・抗炎症モジュレーターであるアルブミンーチオレドキシン融合体のアセトアミノフェン誘発急性肝障害に対する有用性評価,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
257. 異島 優, 田中 遼大, 榎木 裕紀, 小玉 あずさ, 来海 和彦, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
インフルエンザ肺炎モデルマウスに対するヒト血清アルブミンーチオレドキシン融合タンパク質の有用性評価,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
258. 異島 優, 原 茉梨絵, 甲斐 俊哉, 渡邊 博志, 末永 綾香, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
一酸化窒素付加型アルブミンによる抗癌剤耐性克服効果とその機序解明,
第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2013年11月.
259. 前田 仁志, 平田 憲史郎, 渡邊 博志, 異島 優, 末永 綾香, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
遺伝子組換え型糖鎖付加アルブミンによるクッパー細胞選択的チオール送達は急性肝障害を改善する,
第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2013年11月.
260. Watanabe Kaori, Yu Ishima, Kuroda Teruo, Ogawa Wakano, Watanabe Hiroshi, Suenaga Ayaka, Kai Toshiya, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
S-NITROSATED -1-ACID GLYCOPROTEIN KILLS DRUG-RESISTANT BACTERIA AND AIDS SURVIVAL IN SEPSIS,
日本薬物動態学会 第28回年会, Oct. 2013.
261. Tanaka Ryota, Maeda Hitoshi, Kodama Azusa, Watanabe Hiroshi, Yu Ishima, Otagiri Masaki and Maruyama Toru :
THERAPEUTIC IMPACT OF HUMAN SERUM ALBUMIN-THIOREDOXIN FUSION PROTEIN, LONG-ACTING ANTI-OXIDATIVE AND ANTI-INFLAMMATORY MODULATOR, AGAINST ACETAMINOPHEN-INDUCED ACUTE LIVER FAILURE,
日本薬物動態学会 第28回年会, Oct. 2013.
262. 異島 優, 渡辺 佳織, 赤池 孝章, 澤 智裕, 黒田 照夫, 小川 和加野, 渡邊 博志, 甲斐 俊哉, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
S-ニトロソ化により獲得するα1-酸性糖タンパク質(AGP)の抗菌活性,
第24回日本生体防御学会学術集会, 2013年7月.
263. 異島 優, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
高分子抗癌剤の腫瘍集積性を高めるS-ニトロソ化アルブミンダイマーのEPR効果増強作用,
第13回日本NO学会学術集会, 2013年6月.
264. 成底 徹, 異島 優, 小谷 俊介, 中島 誠, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
尿毒症物質インドキシル硫酸の生物活性に及ぼす活性酸化窒素種の影響,
第13回日本NO学会学術集会, 2013年6月.
265. 異島 優, 方 軍, 前田 浩, 渡邊 博志, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
高分子抗癌剤の腫瘍集積性を高めるS-ニトロソ化アルブミンダイマーのEPR効果増強作用,
日本薬剤学会第28年会, 2013年5月.
266. 前田 仁志, 平田 憲史郎, 渡邊 博志, 異島 優, 末永 綾香, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
クッパー細胞選択的チオール送達によるアセトアミノフェン肝障害治療法の開発,
日本薬剤学会第28年会, 2013年5月.
267. 小玉 あずさ, 田中 遼大, 渡邊 博志, 異島 優, 深川 雅史, 小田切 優樹, 丸山 徹 :
アルブミン-チオレドキシン融合体によるシスプラチン腎症予防効果,
日本薬剤学会第28年会, 2013年5月.

特許:

1. 丸山 徹, 池田 真由美, 異島 優, 水田 夕稀 : 美白化粧料,及びそれに含まれるアルブミン系化合物の製造方法, 特願2016-164615 (2016年8月), 特開2017-42617 (2017年3月), 特許第2017-42617号 (2017年3月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 脳腫瘍移行性の高い免疫細胞の探索と免疫細胞への薬物搭載による脳腫瘍治療法の開発 (研究課題/領域番号: 22K19897 )
  • 植物ポリマーを利用した多機能バイオ化成品製造エコリファイナリーシステムの開発 (研究課題/領域番号: 22H00573 )
  • 超硫黄分子in-cellケミストリーの確立とその生命科学研究への応用 (研究課題/領域番号: 21H05259 )
  • 予防医学に貢献する疾患横断的な未病マーカーの開発 (研究課題/領域番号: 21K19716 )
  • 内因的アルブミン輸送システムの理解に基づく革新的アルブミンDDSキャリアの構築 (研究課題/領域番号: 21H02645 )
  • イオン液体を利用した革新的腸管吸収デリバリー技術の開発 (研究課題/領域番号: 20K21898 )
  • 膵がん治療を目的としたアルブミン結合性NOラジカル放出型抗がん剤の開発 (研究課題/領域番号: 20K07193 )
  • イオン液体を利用した革新的経皮デリバリー技術の開発 (研究課題/領域番号: 18K19925 )
  • 内因的アルブミンの膵臓がん取り込み機構に基づく新規多機能ナノ粒子の開発 (研究課題/領域番号: 18H02587 )
  • 加齢性不妊症の克服を目指した生殖機能改善法の開発 (研究課題/領域番号: 16K08239 )
  • S-ニトロソ化蛋白を用いた侵襲性真菌感染症に対する新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 15K15383 )
  • 腫瘍関連マクロファージの標的化による効率的表現型転換を基盤とした革新的癌免疫療法 (研究課題/領域番号: 15K15185 )
  • 血中滞留/骨髄指向型抗酸化アルブミンの創製と包括的放射線防護療法への応用 (研究課題/領域番号: 15K15008 )
  • HSAを基盤としたNOやH2Sの輸送システムの解明とその臨床応用 (研究課題/領域番号: 15K08076 )
  • ハイブリッド化臓器再生因子の腎送達システムの構築と次世代型腎疾患治療薬への応用 (研究課題/領域番号: 15H04758 )
  • 核酸医薬デリバリーにおける自然免疫活性化機構の解明とその制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 15H04639 )
  • 新規抗酸化剤を用いた新しい放射線傷害軽減対策 (研究課題/領域番号: 26670569 )
  • 腫瘍移行制御特性を有するSNO-アルブミン二量体による多角的な新規癌治療戦略 (研究課題/領域番号: 25860118 )
  • 新規抗菌薬S-ニトロソ化α1-酸性糖タンパク質の創製と多剤耐性菌治療への応用 (研究課題/領域番号: 24659076 )
  • アルブミン微粒子を担体としたNOトラフィックナノ医薬の開発と集学的癌治療への応用 (研究課題/領域番号: 23390142 )
  • 革新的虚血性疾患治療薬の開発を目指した一酸化窒素運搬タンパク質の創製 (研究課題/領域番号: 22790162 )
  • 研究者番号(00457590)による検索