検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 栄養科学部門 > 医科栄養学系 > 代謝栄養学 >
徳島大学 > 栄養生命科学教育部 > 人間栄養科学専攻 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

栄養生理学 (Nutritional Physiology)

研究テーマ

サルコペニア・フレイルに対する栄養管理法の開発, 心臓リハビリテーション栄養のトランスレーショナルリサーチ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Yuichiro Takei, Otoki Nakahashi, Yuichiroh Adachi, Kohta Ohnishi, Hirokazu Ohminami, Hisami Yamanaka-Okumura, Hiroshi Sakaue, Makoto Miyazaki, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
All-trans retinoic acid reduces the transcriptional regulation of intestinal sodium-dependent phosphate co-transporter gene (Npt2b).,
The Biochemical Journal, Vol.477, No.4, 817-831, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114417,   DOI: 10.1042/BCJ20190716,   PubMed: 32016357)
2. Maiko Sakai, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Taichi Hara and Yutaka Taketani :
Isorhamnetin, a 3'-methoxylated flavonol, enhances the lysosomal proteolysis in J774.1 murine macrophages in a TFEB-independent manner.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2020.
(DOI: 10.1080/09168451.2020.1727309,   PubMed: 32046625,   Elsevier: Scopus)
3. Yuki Niida, Masashi Masuda, Yuichiro Adachi, Aika Yoshizawa, Hirokazu Ohminami, Yuki Mori, Kohta Ohnishi, Hisami Okumura, Takayuki Uchida, Takeshi Nikawa, Hironori Yamamoto, Makoto Miyazaki and Yutaka Taketani :
Reduction of stearoyl-CoA desaturase (SCD) contributes muscle atrophy through the excess endoplasmic reticulum stress in chronic kidney disease,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.67, No.2, 179-187, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114720,   DOI: 10.3164/jcbn.20-24,   PubMed: 33041516,   CiNii: 130007894915)
4. Mari Tajiri, Otoki Nakahashi, Tomohiro Kagawa, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Masayuki Iwano, Eiji Takeda, Yutaka Taketani and Hironori Yamamoto :
Association of increased renal Cyp24a1 gene expression with low plasma 1,25-dihydroxyvitamin D levels in rats with streptozotocin-induced diabetes.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.66, No.1, 49-56, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114242,   DOI: 10.3164/jcbn.19-79,   PubMed: 32001956)

国際会議:

1. Kohta Ohnishi, Moe FUJIMOTO, Maiko SAKAI, Teppei FUKUDA, Aika OHNISHI, Hirokazu Ohminami, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani :
Exploration of bioactive food factors for the control of autophagy flux,
The 7th International Conference on Food Factors, Dec. 2019.
2. Maiko SAKAI, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Taichi HARA and Yutaka Taketani :
Elucidation of the molecular mechanism underlying lysosomal activation in J774.1 cells by isorhamnetin treatment,
The 7th International Conference on Food Factors, Dec. 2019.
3. Oda Naoko, Sugihara Kohei, Miho Ikeda, Yuho Higashimura, Takashi Uebansou, Kohta Ohnishi, Hirokazu Ohminami, Masashi Masuda, Hisami Okumura and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate disturbs of gut microbiome in mice.,
American Society of Nephrolody Kidney Week 2019, Washington, D.C., Nov. 2019.
4. Masashi Masuda, Hironori Yamamoto, Yuichiro Adachi, Kohta Ohnishi, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Makoto Miyazaki, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
All-trans-retinoic-acid reduces intestinal phosphate uptake by the transcriptional regulation of sodium-dependent phosphate co-transporter gene (Npt2b).,
ASBMR 2019 Annual Meeting, Sep. 2019.

国内講演発表:

1. 西川 幸治, 伊勢 孝之, 石井 亜由美, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 八木 秀介, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
TAVI後の認知機能低下に関連する因子の検討,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
2. 門田 宗之, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 石井 亜由美, 西川 幸治, 鈴木 佳子, 大南 博和, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
イハブラジン導入前後の運動耐容能の推移を観察した虚血性心筋症の一例,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
3. 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 本間 友佳子, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 飛梅 威, 八木 秀介, 早渕 康信, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
心配停止をきたしQT延長症候群と診断されS-ICD植込みとなった5歳児に対する心リハの経験,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
4. 大南 博和, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 門田 宗之, 西川 幸治, 石井 亜由美, 鈴木 佳子, 竹谷 豊, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
回復期における運動耐容能の向上は脂質パラメータと相関する,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
5. 石井 亜由美, 伊勢 孝之, 西川 幸治, 本間 友佳子, 鈴木 佳子, 大南 博和, 門田 宗之, 八木 秀介, 早渕 康信, 加藤 真介, 佐田 政隆 :
小児に関する心臓リハビリテーションの取り組みと症例から学んだこと,
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2020年7月.
6. 山本 浩範, 田尻 真梨, 中橋 乙起, 増田 真志, 大南 博和, 大西 康太, 武田 英二, 竹谷 豊 :
糖尿病時におけるビタミンD・カルシウム代謝異常の分子機構の解明,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年4月.
7. 坂井 麻衣子, 大西 康太, 増田 真志, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 竹谷 豊 :
栄養素応答シグナルmTORC2を介したリソソーム活性制御機構の解明,
第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年4月.
8. 福田 哲平, 大西 康太, 増田 真志, 松崎 泰教, 今野 歩, 藤元 萌, 大西 愛花, 坂井 麻衣子, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 平井 宏和, 竹谷 豊 :
近赤外蛍光イメージングを用いたin vivoオートファジー活性評価法の構築,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
9. 坂井 麻衣子, 大西 康太, 増田 真志, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 竹谷 豊 :
J774.1マクロファージ様細胞においてmTORC2シグナルはリソソーム活性を制御する,
日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月.
10. 池田 美萌, 織田 奈央子, 上番増 喬, 大南 博和, 大西 康太, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
高リン食が腸内環境を介して慢性腎臓病に与える影響,
第23回日本病態栄養学会年次集会, 2020年1月.
11. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 大西 康太, 大南 博和, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病による骨格筋の脂肪酸代謝異常を介した脂肪毒性(Liptoxicity)は筋委縮(サルコペニア) を惹起する,
第23回日本病態栄養学会年次集会, 2020年1月.
12. 亀井 優輝, 大南 博和, 大西 康太, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
小児期において血中 Fetuin-A 濃度とリン濃度は相関する,
第52回日本栄養・食糧学会 中国・四国支部会, 2019年10月.
13. 森 優樹, 増田 真志, 吉田 里沙, 青柳 咲紀, 大西 康太, 大南 博和, 奥村 仙示, 二川 健, 濱田 広一郎, 竹谷 豊 :
レチノイン酸によるリポファジーを介した脂肪分解への影響,
第52回日本栄養・食糧学会 中国•四国支部大会, 2019年10月.
14. 坂井 麻衣子, 大西 康太, 大南 博和, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 :
mTORC2シグナルはマクロファージ様細胞において遺伝子発現調節を介してリソソーム活性を制御する,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
15. 新井田 裕樹, 増田 真志, 吉澤 和香, 足立 雄一郎, 大西 康太, 大南 博和, 内田 貴之, 奥村 仙示, 二川 健, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
慢性腎臓病モデルラットの骨格筋における脂肪酸代謝異常が及ぼす筋萎縮への影響,
第66回日本栄養改善学会学術集会, 2019年9月.
16. 佐藤 景子, 増田 真志, 佐々木 晧平, 大南 博和, 大西 康太, 奥村 仙示, 山本 浩範, 竹谷 豊 :
All-trans retinoic acidによるヒストン修飾を介したFGF23発現への影響,
第7回日本腎栄養代謝研究会, 2019年7月.
17. 田村 行識, 堀川 陽子, 川勝 美里, 中原 晴未, 那須 楓, 塩山 佳奈, 内藤 梨都, 松田 夏美, 大南 博和, 佐々木 康人 :
ラットにおける蛋白質摂取量の違いがショ糖嗜好性および糖・脂質代謝に及ぼす影響,
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2018年7月.
18. 田村 行識, 赤木 里衣, 吉本 和樹, 武内 風香, 水野 善教, 森本 満里奈, 堀川 陽子, 大南 博和, 佐々木 康人 :
糖尿病マウスにおける筋骨格系の異常に対する亜鉛投与の効果,
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2018年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 加齢性疾患に対するLipoqualityを利用した新規治療法開発の挑戦 (研究課題/領域番号: 20K21761 )
  • 代謝リモデリングを標的とした心臓リハビリテーション栄養の実現化 (研究課題/領域番号: 20H04038 )
  • 生活習慣病の新たな栄養管理法の基盤となる糖・脂質の相互作用の解明 (研究課題/領域番号: 18K17946 )
  • 研究者番号(90803057)による検索