検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 看護学系 > 生殖・更年期医療学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 看護学専攻 > 母性·小児看護学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 看護学領域 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 産科婦人科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804028 世界的超高齢先進地域における地域創生を志向した地域住民協働型トータルヘルスプロモーションプログラムモデルの開発と検証 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804025 糖尿病を有する妊婦に看護職が行う簡易口腔保健支援プログラムの開発:慢性炎症性疾患である歯周病の回避と周産期医療の向上に向けて >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704051 徳島県における災害時の周産期医療・母子支援体制の構築 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 安井 敏之, 福岡 美和 :
PCOSが将来の健康状態に与える影響,
金原出版, 2017年7月.
2. 安井 敏之, 福岡 美和 :
経口避妊薬と黄体ホルモン,
金原出版, 2017年5月.
3. 安井 敏之, 福岡 美和 :
女性のエストロゲン/アンドロゲンバランスと骨・カルシウム代謝,
2017年4月.
4. 安井 敏之, 福岡 美和 :
不妊治療での漢方薬を活用する知識とノウハウ,
2017年2月.
5. 安井 敏之, 福岡 美和, 松井 寿美佳, 松崎 和代 :
婦人科領域から 1) 更年期障害とエストロゲン,
2016年8月.
6. 安井 敏之 :
栄養科学シリーズ NEXT 臨床栄養管理学各論, --- 女性,子ども,高齢者の病気 ---,
講談社サイエンティフィク, 東京, 2005年4月.
7. 安井 敏之, 苛原 稔 :
Annual Review 内分泌,代謝 2004, --- プロラクチン ---,
株式会社 中外医学社, 東京, 2004年1月.
8. 安井 敏之, 苛原 稔 :
Annual Review 内分泌,代謝 2003, --- プロラクチン ---,
株式会社 中外医学社, 東京, 2003年1月.
9. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
少産少子と今後の課題 少産少子の医学的側面,
株式会社 中山書店, 東京, 2001年8月.
10. 上村 浩一, 手束 典子, 山田 正代, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
やさしい更年期障害の自己管理,
医薬ジャーナル社, 大阪, 2000年12月.
11. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
排卵障害治療の実際 漢方療法,
株式会社 中山書店, 東京, 2000年1月.
12. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
The Management of the Menopause:The Millennium Review 2000,
The Parthenon publishing Group, ロンドン, 1999年10月.

学術論文(審査論文):

1. Toshiyuki Yasui :
Gneder differences in attitudes regarding complementary and alternative medicine among health care profession students in Japan,
日本補完代替医療学会誌, Vol.11, No.2, 81-88,
2. Uemura Yuko, Toshiyuki Yasui, Horike Kimiyo, Kazuhisa Maeda, Hirokazu Uemura, Mari Haku, Saka Reiko and Matsumura Keiko :
Association of Low Back and Pelvic Pain with Mental Health Condition during Pregnancy and Postpartum,
Health, Vol.10, No.12, 1650-1660, 2018.
(DOI: 10.4236/health.2018.1012124)
3. Uemura Yuko, Toshiyuki Yasui, Horike Kimiyo, Kazuhisa Maeda, Hirokazu Uemura, Mari Haku, Saka Reiko and Matsumura Keiko :
Possible Predictive Factors for Low Back and Pelvic Pain at Three Months Postpartum -Assessed in a Prospective Study from Early Pregnancy until the Postpartum Period,
Open Journal of Nursing, Vol.8, No.8, 552-566, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113279,   DOI: 10.4236/ojn.2018.88041)
4. Yuko Uemura, Toshiyuki Yasui, Kimiyo Horike, Kazuhisa Maeda, Hirokazu Uemura, Mari Haku, Reiko Sakae and Keiko Matsumura :
Association of Low Back and Pelvic Pain at the Second Trimester with that at the Third Trimester and Puerperium in Japanese Pregnant Women,
Journal of Pregnancy and Child Health, Vol.4, No.5, 2017.
(DOI: 10.4172/2376-127X.1000351)
5. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kana Kasai, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Circulating dehydroepiandrosterone-sulphate decreases even with a slight change in oestradiol.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.38, No.2, 231-235, 2017.
(DOI: 10.1080/01443615.2017.1344829,   PubMed: 28903616)
6. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kana Kasai, Kaoru Keyama, Kanako Yoshida, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Sex hormone-binding globulin and antithrombin III activity in women with oral ultra-low-dose estradiol.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.37, No.5, 627-632, 2017.
(DOI: 10.1080/01443615.2017.1285275,   PubMed: 28317410)
7. Yuu Tanaka, Akira Kuwahara, Kenjiro Ushigoe, Yuya Yano, Yuka Taniguchi, Yuri Yamamoto, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Expression of cytokine-induced neutrophil chemoattractant suppresses tumor necrosis factor alpha expression and thereby prevents the follicles from undergoing atresia and apoptosis.,
Reproductive Medicine and Biology, Vol.16, No.2, 157-165, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112964,   DOI: 10.1002/rmb2.12022,   PubMed: 29259464)
8. Kazuyo Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, Miwa Fukuoka and Hirokazu Uemura :
Differences in Associations of Menopausal Symptoms with Job-related Stress Factors in Full-time and Part-time Workers in Japan,
International Journal of Women's Health Care, Vol.2, No.1, 1-6, 2017.
9. Tomoki Tada, Kensaku Aki, Wataru Oboshi, Kazuyoshi Kawazoe, Toshiyuki Yasui and Eiji Hosoi :
Evaluation of effects of various drugs on platelet functions using phorbol 12-myristate 13-acetate-induced megakaryocytic human erythroid leukemia cells,
Drug Design, Development and Therapy, Vol.10, 3099-3107, 2016.
(DOI: 10.2147/DDDT.S115910,   PubMed: 27713620,   Elsevier: Scopus)
10. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kana Kasai, Kaoru Keyama, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Changes of liver enzymes and triglyceride during the menopausal transition in Japanese women.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.36, No.6, 806-811, 2016.
(DOI: 10.3109/01443615.2016.1154516,   PubMed: 27167882)
11. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Sumika Matsui, Altankhuu Tungalagsuvd, Munkhsaikhan Munkhzaya, Eri Takiguchi, Takako Kawakita, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
The sensitivity of adipose tissue visfatin mRNA expression to lipopolysaccharide-induced endotoxemia is increased by ovariectomy in female rats.,
International Immunopharmacology, Vol.35, 243-247, 2016.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2016.04.002,   PubMed: 27083000)
12. Kazuyo Matsuzaki, Hirokazu Uemura and Toshiyuki Yasui :
Differences in coping with menopausal symptoms in nurses and general workers in Japan.,
Maturitas, Vol.86, 45-52, 2016.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2016.01.010,   PubMed: 26921928)
13. Uemura Yuko, Toshiyuki Yasui, Horike Kimiyo, Kazuhisa Maeda, Hirokazu Uemura, Mari Haku, Sakae Reiko and Matsumura Keiko :
Factors related with low back pain and pelvic pain at the early stage of pregnancy in Japanese women.,
International Journal of Nursing and Midwifery, Vol.9, No.1, 1-9, 2016.
(DOI: 10.5897/IJNM2016.0249)
14. Shoko Fuji, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Miki Satoh, Ken Saito, Marguerite J. Purnell, Rozzano De Castro Locsin and Toshiyuki Yasui :
Characteristic Autonomic Nervous Activity of Institutionalized Elders with Dementia,
Open Journal of Psychiatry, Vol.6, No.1, 34-49, 2015.
(DOI: 10.4236/ojpsych.2016.61004)
15. Anna Tani, S Yamamoto, Masahiko Maegawa, Koutaro Kunimi, Sumika Matsui, Kaoru Keyama, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, M Kamada, Takeshi Soeki, Masataka Sata and Minoru Irahara :
Arterial stiffness is increased in young women with endometriosis.,
Journal of Obstetrics and Gynaecology, Vol.35, No.7, 711-715, 2015.
(DOI: 10.3109/01443615.2014.992871,   PubMed: 25543526,   Elsevier: Scopus)
16. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Altankhuu Tungalagsuvd, Munkhsaikhan Munkhzaya, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
The advancement of the onset of vaginal opening in female rats subjected to chronic testosterone treatment occurs independently of hypothalamic Kiss1 and RFRP expression.,
Neuroendocrinology Letters, Vol.36, No.8, 767-770, 2015.
(PubMed: 26921577)
17. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Sumika Matsui, Munkhsaikhan Munkhzaya, Altankhuu Tungalagsuvd, Takako Kawami, Masahiro Murakami, Takeshi Katou, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
The effects of LPS-induced endotoxemia on the expression of adiponectin and its receptors in female rats.,
Endocrine Journal, Vol.61, No.9, 891-900, 2014.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ14-0042,   PubMed: 24974879,   Elsevier: Scopus)
18. Miki Satoh, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Toshiyuki Yasui, Yukie Iwasa and Masafumi Miyake :
Sensitive Test for Screening for Autonomic Neuropathy of Type 2 Diabetes,
Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.17, No.1, 367-372, 2014.
(Elsevier: Scopus)
19. Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Masafumi Miyake, Toshiyuki Yasui, Masahito Tomotake, Haruo Kobayashi and Rozzano De Castro Locsin :
Measuring quality of sleep and autonomic nervous function in healthy Japanese women,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.2014, No.10, 89-96, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106066,   DOI: 10.2147/NDT.S56827,   Elsevier: Scopus)
20. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kaoru Keyama, Anna Tani, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
High adiponectin level in late postmenopausal women with normal renal function.,
Clinica Chimica Acta, Vol.430, 104-108, 2014.
(DOI: 10.1016/j.cca.2013.12.037,   PubMed: 24389055,   Elsevier: Scopus)
21. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, A Tani, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara :
Effect of ultra-low-dose estradiol and dydrogesterone on arterial stiffness in postmenopausal women.,
Climacteric, Vol.17, No.2, 191-196, 2013.
(DOI: 10.3109/13697137.2013.856399,   PubMed: 24164272)
22. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Takeshi Katou, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Difference in the Ratio of High-Molecular Weight (HMW) to Total Adiponectin and HMW Adiponectin in Late Postmenopausal Women.,
Journal of Endocrinological Investigation, 2013.
(DOI: 10.3275/9001,   PubMed: 23765418)
23. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Associations of estrogen and testosterone with insulin resistance in pre- and postmenopausal women with and without hormone therapy.,
International Journal of Endocrinology and Metabolism, Vol.11, No.2, 65-70, 2013.
(DOI: 10.5812/ijem.5333,   PubMed: 23825975,   Elsevier: Scopus)
24. Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Toshiyuki Yasui, Masafumi Miyake, Haruo Kobayashi, Waraporn Kongsuwan and Rozzano C. Locsin :
Changes before and after improvement of subjective sleep state of a man diagnosed with pre-diabetes and sleep disorder,
Health, Vol.5, No.3A, 504-511, 2013.
(DOI: 10.4236/health.2013.53A069)
25. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Masahiro Murakami, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Developmental changes in the responsiveness of hypothalamic ER alpha mRNA levels to food deprivation.,
Neuroendocrinology Letters, Vol.34, No.6, 543-548, 2013.
(PubMed: 24378445)
26. Toshiyuki Yasui and T T Kuramoto M Imamura M Kishida S Yasui Takata :
Differences in knowledge of and attitudes regarding complementary and alternative medicine among health care profession students in Japan,
Japanese Journal of Complementary and Alternative Medicine, Vol.10, No.2, 87-97, 2013.
(DOI: 10.1625/jcam.10.87,   CiNii: 130003383549)
27. Riyo Kinouchi, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Ganbat Gereltsetseg, Hiroshi Nakazawa, Kotaro Kunimi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Prepubertal exposure to glucocorticoid delays puberty independent of the hypothalamic Kiss1-GnRH system in female rats.,
International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.30, No.7, 596-601, 2012.
(DOI: 10.1016/j.ijdevneu.2012.09.001,   PubMed: 22982503)
28. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Takeshi Katou, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Association of circulating adiponectin with testosterone in women during the menopausal transition.,
Maturitas, Vol.73, No.3, 255-260, 2012.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2012.08.003,   PubMed: 22939588)
29. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 山本 哲史, 上村 浩一, 苛原 稔 :
更年期障害 (特集 ホルモン補充療法の最新知識 : リスク・ベネフィットを今,どう考えるか),
産科と婦人科, Vol.79, No.4, 413-419, 2012年.
(CiNii: 40019248936)
30. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Anna Tani, Kotaro Kunimi, Hirokazu Uemura, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Changes in insulin sensitivity during GnRH agonist treatment in premenopausal women with leiomyoma.,
Clinica Chimica Acta, Vol.413, No.11-12, 960-965, 2012.
(DOI: 10.1016/j.cca.2012.01.040,   PubMed: 22366120)
31. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 中山 聡一朗, 佐藤 美紀, 加地 剛, 山本 哲史, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 :
単胎妊婦と双胎妊婦におけるカルシウム代謝ならびにビタミンDの動態の比較 (第22回婦人科骨粗鬆症研究会) -- (WORKSHOP 若年女性における骨の管理),
オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, Vol.20, No.3, 517-519, 2012年.
(CiNii: 40019413328)
32. Tomomi Iba, Yuya Yano, Mayumi Umeno, Kenji Hinokio, Akira Kuwahara, Minoru Irahara, Shuji Yamano and Toshiyuki Yasui :
Roscovitine in combination with calcium ionophore induces oocyte activation through reduction of M-phase promoting factor activity in mice.,
Zygote, Vol.20, No.4, 321-325, 2011.
(DOI: 10.1017/S0967199411000591,   PubMed: 22008472)
33. Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Riyo Kinouchi, Shinobu Yoshida, Masahiro Murakami, Ganbat Gereltsetseg, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Fasting reduces the kiss1 mRNA levels in the caudal hypothalamus of gonadally intact adult female rats.,
Endocrine Journal, Vol.58, No.11, 1003-1012, 2011.
(DOI: 10.1507/endocrj.K11E-131,   PubMed: 21979277)
34. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Masahiro Murakami, Hiroshi Nakazawa, Shinobu Fujisawa, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Effect of immune stress on body weight regulation is altered by ovariectomy in female rats.,
Journal of Reproductive Immunology, Vol.91, No.1-2, 41-47, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jri.2011.05.010,   PubMed: 21855150)
35. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Satoshi Yamamoto, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Induction of circulating monocyte chemoattractant protein-1 in women with gonadotropin-releasing hormone agonist.,
Journal of Reproductive Immunology, Vol.90, No.2, 227-234, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jri.2011.04.011,   PubMed: 21726903)
36. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Hiroshi Nakazawa, Satoshi Yamamoto, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Changes in responsiveness of appetite, leptin and hypothalamic IL-1β and TNF-α to lipopolysaccharide in developing rats.,
Journal of Neuroimmunology, Vol.236, No.1-2, 10-16, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jneuroim.2011.04.004,   PubMed: 21621857)
37. Souichiro Nakayama, Toshiyuki Yasui, Masanori Suto, Miki Sato, Takashi Kaji, Hirokazu Uemura, Kazuhisa Maeda and Minoru Irahara :
Differences in bone metabolism between singleton pregnancy and twin pregnancy.,
Bone, Vol.49, No.3, 513-519, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bone.2011.05.016,   PubMed: 21640859)
38. Ayako Kobayashi, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, Natsuyo Ugumori, Yuka Kasai, Anna Tani, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, Hiroyuki Furumoto, Masaharu Kamada and Minoru Irahara :
The role of blood in early endometrial-peritoneal interactions in a syngeneic mouse model of endometriosis,
Reproductive Medicine and Biology, Vol.10, No.1, 15-20, 2011.
(DOI: 10.1007/s12522-010-0065-2,   CiNii: 10029042782)
39. Yuka Kasai, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, Masaharu Kamada, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Ayako Kobayashi, Masayo Kaneyama, Anna Tani, Sumika Matsui, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Effects of raloxifene on the production of cytokines in stimulated whole blood in ex vivo and in vitro studies.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1-2, 110-117, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 80825,   DOI: 10.2152/jmi.58.110,   PubMed: 21372495)
40. Toshiyuki Yasui, Sumika Matsui, S Yamamoto, Hirokazu Uemura, N Tsuchiya, M Noguchi, M Yuzurihara, Y Kase and Minoru Irahara :
Effects of Japanese traditional medicines on circulating cytokine levels in women with hot flashes.,
Menopause, Vol.18, No.1, 85-92, 2011.
(DOI: 10.1097/gme.0b013e3181e5063c,   PubMed: 20647958)
41. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Shinobu Fujisawa, Masahiro Murakami, Machiko Kiyokawa, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Neonatal LPS injection alters the body weight regulation systems of rats under non-stress and immune stress conditions.,
International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.28, No.1, 119-124, 2010.
(DOI: 10.1016/j.ijdevneu.2009.08.015,   PubMed: 19733650)
42. Toshiyuki Yasui, Sumika Matsui, Ayako Saijo, Takashi Kaji, Satoshi Yamamoto, Hirokazu Uemura, Toshiya Matsuzaki and Minoru Irahara :
Association of N-terminal pro B-type natriuretic peptide and sex hormone-binding globulin in non-obese peri- and postmenopausal women.,
Clinica Chimica Acta, Vol.411, No.3-4, 280-284, 2010.
(DOI: 10.1016/j.cca.2009.11.025,   PubMed: 19945451)
43. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Shinobu Fujisawa, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Effects of intrauterine undernutrition on hypothalamic Kiss1 expression and the timing of puberty in female rats.,
The Journal of Physiology, Vol.588, No.Pt 5, 821-829, 2010.
(DOI: 10.1113/jphysiol.2009.183558,   PubMed: 20083512)
44. Rie Ogata, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Machiko Kiyokawa, Naoko Tanaka, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Hypothalamic Ghrelin suppresses pulsatile secretion of luteinizing hormone via beta-endorphin in ovariectomized rats.,
Neuroendocrinology, Vol.90, No.4, 364-370, 2009.
(DOI: 10.1159/000257421,   PubMed: 19907132)
45. Toshiyuki Yasui, Ayako Saijo, Hirokazu Uemura, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Interleukin-7 is associated with monocyte chemoattractant protein-1 and soluble E-selectin levels in peripheral blood of newly post-menopausal women.,
Journal of Reproductive Immunology, Vol.81, No.1, 97-102, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jri.2009.04.006,   PubMed: 19501916)
46. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Reproducibility of luteinizing hormone hypersecretion in different phases of the menstrual cycle in polycystic ovary syndrome.,
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, Vol.35, No.3, 514-519, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1447-0756.2008.00998.x,   PubMed: 19527392,   CiNii: 10025340283)
47. Toshiyuki Yasui, Ayako Saijo, Hirokazu Uemura, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Effects of oral and transdermal estrogen therapies on circulating cytokines and chemokines in postmenopausal women with hysterectomy.,
European Journal of Endocrinology, Vol.161, No.2, 267-273, 2009.
(DOI: 10.1530/EJE-09-0063,   PubMed: 19451213)
48. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Rie Ogata, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Neonatal lipopolysaccharide exposure attenuates the homotypic stress-induced suppression of LH secretion in adulthood in male rat.,
International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.27, No.4, 345-349, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ijdevneu.2009.03.004,   PubMed: 19460628)
49. Toshiyuki Yasui, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Shu-Ichi Ueno, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Naoko Tsuchiya, Masamichi Noguchi, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Changes in circulating cytokine levels in midlife women with psychological symptoms with selective serotonin reuptake inhibitor and Japanese traditional medicine.,
Maturitas, Vol.62, No.2, 146-152, 2009.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2008.12.007,   PubMed: 19179025)
50. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, S Hyodo, M Yamada, Satoshi Yamamoto, M Maegawa, N Tsuchiya, M Noguchi, M Yuzurihara, Y Kase and Minoru Irahara :
Raloxifene reduces circulating levels of interleukin-7 and monocyte chemoattractant protein-1 in postmenopausal women.,
Atherosclerosis, 2009.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2008.09.014,   PubMed: 18976766)
51. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Neonatal immune challenge affects the regulation of estrus cyclicity and feeding behavior in female rats.,
International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.27, No.1, 111-114, 2008.
(DOI: 10.1016/j.ijdevneu.2008.10.003,   PubMed: 18996180)
52. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Minoru Irahara, Makoto Arai, Noriko Kojimahara, Ryugo Okabe, Yasutomo Ishii, Shin-Ichi Tashiro and Hiroshi Sato :
Associations of endogenous sex hormones and sex hormone-binding globulin with lipid profiles in aged Japanese men and women.,
Clinica Chimica Acta, Vol.398, No.1-2, 43-47, 2008.
(DOI: 10.1016/j.cca.2008.08.006,   PubMed: 18755173)
53. Masahiro Murakami, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Tomohiro Osugi and Kazuyoshi Tsutsui :
Hypophysiotropic role of RFamide-related peptide-3 in the inhibition of LH secretion in female rats.,
The Journal of Endocrinology, Vol.199, No.1, 105-112, 2008.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0197,   PubMed: 18653621)
54. Yuka Miyatani, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Masayo Yamada, Toshiya Matsuzaki, Akira Kuwahara, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Associations of circulating adiponectin with estradiol and monocyte chemotactic protein-1 in postmenopausal women.,
Menopause, Vol.15, No.3, 536-541, 2008.
(DOI: 10.1097/gme.0b013e31815c85ed,   PubMed: 18347511)
55. Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Transition of leptin receptor expression during pubertal development in female rat pituitary.,
Endocrine Journal, Vol.55, No.1, 191-198, 2008.
(DOI: 10.1507/endocrj.K07E-029,   PubMed: 18250539)
56. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Miyatani, M Yamada, Mineyoshi Hiyoshi, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara :
Circulating profiles of osteoprotegerin and soluble receptor activator of nuclear factor kappaB ligand in post-menopausal women.,
Journal of Endocrinological Investigation, Vol.31, No.2, 163-168, 2008.
(PubMed: 18362509)
57. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Masayo Yamada, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tsuchiya, Masamichi Noguchi, Mitsutoshi Yuzurihara, Yoshio Kase and Minoru Irahara :
Associations of interleukin-6 with interleukin-1beta, interleukin-8 and macrophage inflammatory protein-1beta in midlife women.,
Cytokine, Vol.41, No.3, 302-306, 2008.
(DOI: 10.1016/j.cyto.2007.12.001,   PubMed: 18226916)
58. Sawako Kinouchi, Junichi Iga, Shu-ichi Ueno, Ken Yamauchi, Shusuke Numata, Hongwei Song, Satsuki Sumitani, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Kyoko Morita, Kazuhito Rokutan and Tetsuro Ohmori :
FKBP5, SERT and COMT mRNA expressions in the peripheral leukocytes during menstruation cycle in healthy reproductive females.,
Neuroscience Letters, Vol.434, No.1, 124-128, 2008.
(DOI: 10.1016/j.neulet.2008.01.039,   PubMed: 18291582)
59. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Mineyoshi Hiyoshi, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara :
Circulating osteoprotegerin is associated with age and systolic blood pressure, but not with lipid profile or fasting glucose, in postmenopausal women.,
Menopause, Vol.15, No.1, 180-184, 2008.
(DOI: 10.1097/gme.0b013e318046369b,   PubMed: 17545921)
60. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Decreased expression of kisspeptin mediates acute immune/inflammatory stress-induced suppression of gonadotropin secretion in female rat.,
Journal of Endocrinological Investigation, Vol.31, No.7, 656-659, 2008.
(PubMed: 18787387)
61. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Minoru Irahara, Makoto Arai, Noriko Kojimahara, Ryugo Okabe, Ishii Yasutomo, Shin-ichi Tashiro and Hiroshi Sato :
Differences in sensitivity to cold in Japanese men and postmenopausal women aged > or =50 years.,
Gender Medicine, Vol.4, No.4, 359-366, 2007.
(DOI: 10.1016/S1550-8579(07)80065-9,   PubMed: 18215727)
62. Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
Estradiol suppresses NMU mRNA expression during sexual maturation in the female rat pituitary.,
International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.26, No.3-4, 381-384, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ijdevneu.2007.11.002,   PubMed: 18258403)
63. 上村 浩一, 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 日吉 峰麗, 有澤 孝吉, 苛原 稔 :
閉経後婦人の血中osteoprotegerin濃度と心血管病変の危険因子との関係の検討,
日本更年期医学会雑誌, Vol.15, No.2, 233-238, 2007年.
(CiNii: 10025755078)
64. Toshiyuki Yasui, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Minoru Irahara, Makoto Arai, Noriko Kojimahara, Ryugo Okabe, Yasutomo Ishii, Shin-ichi Tashiro and Hiroshi Sato :
Associations of adiponectin with sex hormone-binding globulin levels in aging male and female populations.,
Clinica Chimica Acta, Vol.386, No.1-2, 69-75, 2007.
(DOI: 10.1016/j.cca.2007.08.001,   PubMed: 17825805)
65. 加地 剛, 安井 敏之, 須藤 真功, 中山 聡一朗, 森根 幹生, 三谷 龍史, 前田 和寿, 苛原 稔, 上村 浩一 :
切迫早産管理が骨代謝に与える影響の検討(第1報),
Osteoporosis Japan, Vol.15, No.3, 448-451, 2007年.
(CiNii: 40015600641)
66. Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Shu-ichi Ueno, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara :
Association of serum cytokine concentrations with psychological symptoms in midlife women.,
Journal of Reproductive Immunology, Vol.75, No.1, 56-62, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jri.2007.02.004,   PubMed: 17412426)
67. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Minakuchi, Naoko Tanaka, Fumi Shimizu, Yohko Hirata, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara :
Diagnostic performance of serum total testosterone for Japanese patients with polycystic ovary syndrome.,
Endocrine Journal, Vol.54, No.2, 233-238, 2007.
(DOI: 10.1507/endocrj.K06-159,   PubMed: 17283381)
68. Takashi Kaji, Toshiyuki Yasui, Masanori Suto, Ryuji Mitani, Mikio Morine, Hirokazu Uemura, Kazuhisa Maeda and Minoru Irahara :
Effect of bed rest during pregnancy on bone turnover markers in pregnant and postpartum women.,
Bone, Vol.40, No.4, 1088-1094, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bone.2006.11.018,   PubMed: 17229597)
69. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Machiko Kiyokawa, Fumi Shimizu, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara :
The type 2 corticotrophin-releasing hormone receptor mediates orexin A-induced luteinising hormone suppression in ovariectomised rats.,
Journal of Neuroendocrinology, Vol.19, No.9, 732-738, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1365-2826.2007.01583.x,   PubMed: 17680889)
70. Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Toshiya Matsuzaki, Akira Kuwahara, Masaharu Kamada, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara :
Changes in serum cytokine concentrations during the menopausal transition.,
Maturitas, Vol.56, No.4, 396-403, 2006.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2006.11.002,   PubMed: 17164077)
71. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, J Tomita, Y Miyatani, M Yamada, M Miura and Minoru Irahara :
Association of serum undercarboxylated osteocalcin with serum estradiol in pre-, peri- and early post-menopausal women.,
Journal of Endocrinological Investigation, Vol.29, No.10, 913-918, 2006.
(PubMed: 17185901)
72. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Change in serum undercarboxylated osteocalcin concentration in bilaterally oophorectomized women.,
Maturitas, Vol.56, No.3, 288-296, 2006.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2006.09.002,   PubMed: 17030103)
73. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Miyatani, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Naoko Tsuchiya, Mitsutoshi Yuzurihara, Shuichi Takeda and Minoru Irahara :
Association of interleukin-8 with hot flashes in premenopausal, perimenopausal, and postmenopausal women and bilateral oophorectomized women.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.91, No.12, 4805-4808, 2006.
(DOI: 10.1210/jc.2006-1100,   PubMed: 17018658)
74. Toshiyuki Yasui, Yuka Miyatani, Junko Tomita, Masayo Yamada, Hirokazu Uemura, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Effect of vitamin K2 treatment on carboxylation of osteocalcin in early postmenopausal women.,
Gynecological Endocrinology, Vol.22, No.8, 455-459, 2006.
(DOI: 10.1080/09513590600900402,   PubMed: 17012108)
75. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Junko Tomita, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Different effects of oral conjugated equine estrogens and transdermal estrogen on undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women.,
Menopause, Vol.13, No.4, 651-659, 2006.
(DOI: 10.1097/01.gme.0000227334.50867.80,   PubMed: 16837887)
76. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 苛原 稔 :
塩酸ラロキシフェンが骨・脂質代謝と内分泌系に及ぼす作用の検討,
Osteoporosis Japan, Vol.14, No.3, 479-483, 2006年.
(CiNii: 40007361528)
77. 安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一 :
更年期障害に対する漢方治療中のサイトカインの動態. 23, 76-79, 2006.04.,
産婦人科漢方研究のあゆみ, Vol.23, No.., 76-79, 2006年.
78. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masayo Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Undercarboxylated osteocalcin concentration in postmenopausal women receiving hormone therapy daily and on alternate days.,
Menopause, Vol.13, No.2, 314-322, 2006.
(DOI: 10.1097/01.gme.0000177908.40257.cf,   PubMed: 16645545,   Elsevier: Scopus)
79. Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Fumi Shimizu, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Akira Kuwahara and Minoru Irahara :
Comparison and problems of measured values of LH, FSH, and PRL among measurement systems.,
Endocrine Journal, Vol.53, No.1, 101-109, 2006.
(DOI: 10.1507/endocrj.53.101,   PubMed: 16543679,   Elsevier: Scopus)
80. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Umino, M Yamada, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, M Maegawa and Minoru Irahara :
Regulatory factors on parathyroid hormone-related peptide production by primary culture of lactating rat mammary gland.,
Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.8, 463-467, 2005.
(DOI: 10.1055/s-2005-870316,   PubMed: 16138257)
81. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 :
閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(Soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(Osteoprotegerin)の血中動態に関する検討,
Osteoporosis Japan, Vol.13, No.3, 609-612, 2005年.
(CiNii: 40006874100)
82. Hirokazu Uemura, M Kamada, M Maegawa, Y Ohmoto, K Murata, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, T Takeji and Minoru Irahara :
Effect of hormone replacement therapy on the production of bone-resorbing cytokines by peripheral blood cells in postmenopausal women.,
Hormone and Metabolic Research, Vol.37, No.4, 226-230, 2005.
(DOI: 10.1055/s-2005-861382,   PubMed: 15952082)
83. Toshiyuki Yasui, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Effects of postmenopausal hormone therapy every day and every other day on lipid levels according to difference in body mass index,
Menopause, Vol.12, No.2, 223-231, 2005.
(PubMed: 15772571)
84. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Seiichiro Saito, Akira Kuwahara, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Serum estrogen level after hormone replacement therapy and body mass index in postmenopausal and bilaterally ovariectomized women,
Maturitas, Vol.50, No.1, 19-29, 2005.
(DOI: 10.1016/j.maturitas.2004.03.013,   PubMed: 15590210)
85. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 苛原 稔 :
低用量HRT施行中の腰椎骨密度の長期的推移, --- 結合型エストロゲンと酢酸メドロシキプロゲステロンの隔日投与の場合 ---,
産婦人科の実際, Vol.53, No.12, 1951-1955, 2004年.
(CiNii: 40019898343)
86. 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔 :
隔日投与によるホルモン補充療法の再考,
Osteoporosis Japan, Vol.12, No.3, 95-98, 2004年.
87. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Yuka Umino, Masaya Takikawa, Akira Kuwahara, Seiichiro Saito, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Masakazu Miura and Minoru Irahara :
Serum estradiol concentration as measured by HPLC-RIA and bone mineral density in postmenopausal women during hormone replacement therapy,
Hormone Research, Vol.61, No.3, 117-125, 2004.
(DOI: 10.1159/000075523,   PubMed: 14676459,   Elsevier: Scopus)
88. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Yuka Umino, Hirobumi Niki, Masaya Takikawa, Seiichiro Saito, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Circulating osteoprotegerin in women during GnRH-agonist treatment and their relationships with mineral components and biomarkers of bone turnover,
Bone, Vol.33, No.5, 860-866, 2003.
(DOI: 10.1016/j.bone.2003.08.001,   PubMed: 14623063)
89. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Masaya Takikawa and Minoru Irahara :
Hormone replacement therapy in postmenopausal women.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3-4, 136-145, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110688,   PubMed: 13678382)
90. 安井 敏之, 海野 友香, 尾形 理江, 清川 麻知子, 上村 浩一, 滝川 稚也, 桑原 章, 松崎 利也, 前川 正彦, 苛原 稔, 牛越 賢治郎 :
ラット卵巣細胞培養系におけるCINC産生に及ぼす温経湯の作用機序に関する検討,
産婦人科漢方研究のあゆみ, Vol.20, 108-112, 2003年.
91. 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔, 三浦 雅一 :
自然閉経後ならびに両側卵巣摘出後婦人における内因性エストロゲン濃度と腰椎骨密度の比較検討,
Osteoporosis Japan, Vol.11, No.3, 107-110, 2003年.
92. 滝川 稚也, 安井 敏之, 海野 友香, 上村 浩一, 苛原 稔 :
隔日投与によるホルモン補充療法施行中の腰椎骨密度の長期的変化,
Osteoporosis Japan, Vol.11, No.3, 131-133, 2003年.
93. 上村 浩一, 安井 敏之, 滝川 稚也, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移の検討,
Osteoporosis Japan, Vol.11, No.3, 95-98, 2003年.
94. Toshiyuki Yasui, Toshiya Matsuzaki, Kenjiro Ushigoe, Akira Kuwahara, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Toshihiro Aono and Minoru Irahara :
Stimulatory Effect of the Herbal Medicine Keishi-bukuryo-gan on a Cytokine-induced Neutrophil Chemoattractant,in Rat Ovarian Cell Culture,
American Journal of Reproductive Immunology, Vol.50, No.1, 90-97, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0897.2003.00055.x,   PubMed: 14506933)
95. 安井 敏之, 田中 優, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔, 三浦 雅一 :
ホルモン補充療法中の骨密度の増加に必要な血中エストラジオール濃度の検討,
産婦人科の実際, Vol.52, No.5, 631-636, 2003年.
(CiNii: 40019897554)
96. Toshiyuki Yasui, Toshiya Matsuzaki, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Kenjiro Ushigoe, Hirokazu Uemura, Akira Kuwahara, Hiroshi Ikawa, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto, Toshihiro Aono and Minoru Irahara :
The herbal medicine Unkei-to stimulates the secretion of a cytokine-induced neutrophil chemoattractant, CINC/gro, in the rat ovarian cell culture,
American Journal of Reproductive Immunology, Vol.49, No.1, 14-20, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1600-0897.2003.01145.x,   PubMed: 12733590)
97. Masayo Yamada, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Fumi Shimizu, Naoko Tanaka, Rie Ogawa, Machiko Kiyokawa, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara and Toshihiro Aono :
Serum Leptin Levels in Women throughout Life;Relationship to Body Mass Index and Serum Estradiol Levels,
Japanese Journal of Reproductive Endocrinology, Vol.8, 55-60, 2003.
98. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Machiko Kiyokawa, Akira Kuwahara, Hiroshi Ikawa, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara :
Serum osteoprotegerin/osteoclastogenesis-Inhibitory factor during pregnancy and lactation and their relationships with calcium regulating hormones and bone turnover markers,
The Journal of Endocrinology, Vol.174, No.2, 353-359, 2002.
(DOI: 10.1677/joe.0.1740353,   PubMed: 12176675)
99. 安井 敏之, 手束 典子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 青野 敏博, 三浦 雅一 :
閉経後婦人における内因性エストロゲン濃度と腰椎骨密度の検討,
Osteoporosis Japan, Vol.10, No.3, 76(444)-78(446), 2002年.
(CiNii: 40005908724)
100. 上村 浩一, 清川 麻知子, 安井 敏之, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移および骨代謝との関係の検討,
Osteoporosis Japan, Vol.10, No.3, 70-72, 2002年.
101. 尾形 理江, 安井 敏之, 手束 典子, 清川 麻知子, 山田 正代, 上村 浩一, 桑原 章, 井川 洋, 松崎 利也, 青野 敏博, 苛原 稔, 牛越 賢治郎 :
ラット卵巣細胞培養系におけるケモカイン産生に及ぼす温経湯の効果に関する検討,
産婦人科漢方研究のあゆみ, Vol.19, 128-131, 2002年.
102. Mitsuhiro Kimura, Minoru Irahara, Toshiyuki Yasui, Seiichiro Saito, Michiko Tezuka, Shuji Yamano, Masaharu Kamada and Toshihiro Aono :
The Obesity in Bilateral Ovariectomized Rats is Related to a Decrease in the Expression of Leptin Receptors in the Brain,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.290, No.4, 1349-1353, 2002.
(DOI: 10.1006/bbrc.2002.6355,   PubMed: 11812012)
103. Michiko Tezuka, Minoru Irahara, Koji Ogura, Machiko Kiyokawa, Takao Tamura, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui and Toshihiro Aono :
Effects of leptin on gonadotropin secretion in juvenile female rat pituitary cells,
European Journal of Endocrinology, Vol.146, No.2, 261-266, 2002.
(DOI: 10.1530/eje.0.1460261,   PubMed: 11834438)
104. Minoru Irahara, Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Hiromi Kinoshita, Masayo Yamada, Michiko Tezuka, Machiko Kiyokawa, Masaharu Kamada and Toshihiro Aono :
Efficacy of every-other-day administration of conjugated equine estrogen and medroxyprogesterone acetate on gonadotropin-releasing hormone agonists treatment in women with endometriosis,
Gynecologic and Obstetric Investigation, Vol.52, No.4, 217-222, 2001.
(DOI: 10.1159/000052978,   PubMed: 11729332)
105. Keizo Deguchi, Masaharu Kamada, Minoru Irahara, Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto, Yasukazu Ohmoto, Kaoru Murata, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano and Toshihiro Aono :
Postmenopausal changes in production of type 1 and type 2 cytokines and the effects of hormone replacement therapy,
Menopause, Vol.8, No.4, 266-273, 2001.
(PubMed: 11449084,   Elsevier: Scopus)
106. Koji Ogura, Minoru Irahara, Machiko Kiyokawa, Michiko Tezuka, Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, Masaharu Kamada and Toshihiro Aono :
Effects of leptin on secretion of LH and FSH from primary cultured female rat pituitary cells,
European Journal of Endocrinology, Vol.144, No.6, 653-658, 2001.
(PubMed: 11375800,   Elsevier: Scopus)
107. 安井 敏之, 手束 典子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 青野 敏博, 三浦 雅一 :
ホルモン補充療法中の骨密度の増加にエストロンは関与するか?,
Osteoporosis Japan, Vol.9, No.2, 217-218, 2001年.
108. 上村 浩一, 手束 典子, 山田 正代, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
妊娠·産褥期の血中Osteoprotegerin(OPG)/Osteoclastgenesis Inhibitory Factor(OCIF)濃度の推移及び骨代謝との関係の検討 Osteoporosis Japan,
Osteoporosis Japan, Vol.9, No.2, 174-176, 2001年.
109. Minoru Irahara, Takao Tamura, Toshiya Matsuzaki, Seiichiro Saito, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano, Masaharu Kamada and Toshihiro Aono :
Orexin-A Suppresses the Pulsatile Secretion of Luteinizing Hormone via β-Endorphin,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.281, No.1, 232-236, 2001.
(DOI: 10.1006/bbrc.2001.4328,   PubMed: 11178985,   Elsevier: Scopus)
110. Masaharu Kamada, Minoru Irahara, Masahiko Maegawa, Yasukazu Ohmoto, Takashi Takeji, Toshiyuki Yasui and Toshihiro Aono :
Postmenopausal changes in serum cytokine levels and hormone replacement therapy,
American Journal of Obstetrics and Gynecology, Vol.184, No.3, 309-314, 2001.
(DOI: 10.1067/mob.2001.109940,   PubMed: 11228479,   Elsevier: Scopus)
111. Masaharu Kamada, Minoru Irahara, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano, Masayo Yamada, Mitiko Tezuka, Yuka Kasai, Keiichi Deguchi, Yasukazu Ohmoto and Toshihiro Aono :
B cell subsets in postmenopausal women and the effect of hormone replacement therapy,
Maturitas, Vol.37, No.3, 173-180, 2001.
(DOI: 10.1016/S0378-5122(00)00180-8,   PubMed: 11173179,   Elsevier: Scopus)
112. Hiromi Kinoshita, Toshiyuki Yasui, Kenjiro Ushigoe, Minoru Irahara, Minoru Tanaka, Kunio Nakashima and Toshihiro Aono :
Expression of Ovarian Prolactin Receptor in Relation to Hormonal Changes during Induction of Ovulation in the Rat,
Gynecologic and Obstetric Investigation, Vol.52, No.2, 132-138, 2001.
(DOI: 10.1159/000052958,   PubMed: 11586043,   Elsevier: Scopus)
113. Masaharu Kamada, Minoru Irahara, Masahiko Maegawa, Yasukazu Ohmoto, Kaoru Murata, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano and Toshihiro Aono :
Transient Increase in the Levels of T-Helper 1 Cytokines in Postmenopausal Women and the Effects of Hormone Replacement Therapy,
Gynecologic and Obstetric Investigation, Vol.52, No.2, 82-88, 2001.
(PubMed: 11586033,   Elsevier: Scopus)
114. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Michiko Tezuka, Masayo Yamada, Minoru Irahara, Masakazu Miura and Toshihiro Aono :
Biological Effects of Hormone Replacement Therapy in Relation to Serum Estradiol Levels,
Hormone Research, Vol.56, No.1-2, 38-44, 2001.
(DOI: 10.1159/000048088,   PubMed: 11815726,   Elsevier: Scopus)
115. Minoru Irahara, Toshiyuki Yasui, Michiko Tezuka, Kenjiro Ushigoe, Shuji Yamano, Masahiko Kamada and Toshihiro Aono :
Evidence that Toki-shakuyaku-san and its Ingredients Enhance the Secretion of a Cytokine-Induced Neutrophil Chemoattractant (CINC/gro) in the Ovulatory Process,
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology, Vol.22, No.10, 725-730, 2000.
(DOI: 10.1358/mf.2000.22.10.802288,   PubMed: 11346892,   Elsevier: Scopus)
116. Masaharu Kamada, Minoru Irahara, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Takashi Takeji, Masayo Yamada, Mitiko Tezuka, Yuka Kasai and Toshihiro Aono :
Effect of hormone replacement therapy on post-menopausal changes of lymphocytes and T cell subests,
Journal of Endocrinological Investigation, Vol.23, No.6, 376-382, 2000.
(PubMed: 10908165,   Elsevier: Scopus)
117. Hirokazu Uemura, Minoru Irahara, Naoto Yoneda, Toshiyuki Yasui, Kaori Genjida, Ken-ichi Miyamoto, Toshihiro Aono and Eiji Takeda :
Close correlation between estrogen treatment and renal phosphate reabsorption capacity,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.85, No.3, 1215-1219, 2000.
(DOI: 10.1210/jcem.85.3.6456,   PubMed: 10720065)
118. 安井 敏之, 手束 典子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 青野 敏博, 三浦 雅一 :
ホルモン補充療法中のエストロゲン濃度と骨代謝マーカーに関する検討,
Osteoporosis Japan, Vol.8, No.1, 50-52, 2000年.
119. 安井 敏之, 木下 宏実, 山田 正代, 苛原 稔, 青野 敏博, 上村 浩一, 米田 直人, 砂原 誠司, 三浦 雅一, 栗本 文彦 :
骨減少症ならびに骨粗鬆症に対するエストロゲン·プロゲスチンの連日投与法と隔日投与法の比較, --- 血中エストラジオール濃度との関係 ---,
Osteoporosis Japan, Vol.7, No.2, 166(284)-167(285), 1999年.
120. Toshiyuki Yasui, T Murakami, Toshio Maeda and T Oka :
Involvement of gonadal steroid hormone disturbance in altered prolactin receptor gene expression in the liver of diabetic mice,
The Journal of Endocrinology, Vol.161, No.1, 33-40, 1999.
(DOI: 10.1677/joe.0.1610033,   PubMed: 10194526,   Elsevier: Scopus)
121. Toshiyuki Yasui, M Yamada, H Kinoshita, Hirokazu Uemura, N Yoneda, Minoru Irahara, Toshihiro Aono, S Unahara, Y Mito, F Kuritoto and K Hata :
Combination of automatic HPLC-RIA method for determination of estrone and estradiol in serum,
Journal of Clinical Laboratory Analysis, Vol.13, No.6, 266-272, 1999.
(PubMed: 10633293)
122. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, N Yoneda, Minoru Irahara and T Aono :
Measurement of N- and C-terminal-region fragments of parathyroid hormone-related peptide in milk from lactating women and investigation of the relationship of their concentrations to calcium in milk.,
The Journal of Endocrinology, Vol.153, No.3, 445-451, 1997.
(PubMed: 9203999)
123. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Minoru Irahara and Toshihiro Aono :
Effects of transforming growth factor-β on the production of parathyroid hormone-related peptide in a human ovarian cancer cell line in vitro,
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, Vol.23, No.3, 231-238, 1997.
124. 安井 敏之, 上村 浩一, N Yoneda, 苛原 稔, T Aono, S Sunahara, K Hata :
[Assessment of serum estrogen levels by RIA with HPLC during hormone replacement therapy].,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.47, No.7, 655-661, 1995年.
(PubMed: 7636337)
125. 安井 敏之, 上村 浩一, 米田 直人, 苛原 稔, 青野 敏博, 砂原 誠司, 畠 啓視 :
ホルモン補充療法における血中エストロゲン値の高感度測定法による検討,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.47, No.7, 655-661, 1995年.
126. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博, 高橋 久寿, 猪野 博保, 奈賀 脩, 松下 光彦, 阪口 彰, 吉本 忠弘, 岸 恭也, 山下 明美, 武本 幹彦, 大野 義雄, 高柳 真, 長町 典夫, 竹内 悟, 三宅 敏一 :
排卵障害患者に対するクロミフェン·当帰芍薬散併用療法の有用性の検討,
日本不妊学会雑誌, Vol.40, No.1, 82-91, 1995年.
127. Toshiya Matsuzaki, Toshiyuki Yasui, Keijiro Azuma, Toshihiro Aono and Minoru Irahara :
Mechanism of anovulation in hyperprolactinemic amenorrhea determined by pulsatile gonadotropin-releasing hormone injection combined with human chorionic gonadotropin,
Fertility and sterility, Vol.62, No.6, 1143-1149, 1994.
128. 安井 敏之, 上村 浩一, 梶 博之, 米田 直人, 桑原 章, 横山 裕司, 斉藤 誠一郎, 漆川 敬治, 東 敬次郎, 苛原 稔, 青野 敏博 :
骨粗鬆症に対するホルモン補充療法および活性型ビタミンDの有効性に関する検討,
Osteoporosis Japan, Vol.2, No.1, 37-39, 1994年.
129. 安井 敏之, 米田 直人, 上村 浩一, 梶 博之, 桑原 章, 横山 祐司, 斉藤 誠一郎, 漆川 敬治, 東 敬次郎, 苛原 稔, 青野 敏博 :
中高年婦人および両側卵巣摘出婦人に対するエストロゲン·プロゲスチン持続併用療法の骨および脂質に対する検討,
日本更年期医学会雑誌, Vol.2, No.1, 130-138, 1994年.
130. 安井 敏之, 苛原 稔, 鎌田 正晴, 青野 敏博 :
婦人科癌における小柴胡湯の抗腫瘍効果及び作用機序に関する検討,
和漢医薬学雑誌, Vol.11, No.3, 161-167, 1994年.
131. Toshikazu Miyake, Minoru Irahara, Keiji Shitukawa, Toshiyuki Yasui and Toshihiro Aono :
Interaction of Activin A and Gonadal Steroids on FSH Secretion from Primary Cultured Rat Anterior Pituitary Cells,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.194, No.1, 413-419, 1993.
132. Masaki Q Fujita, Toshiyuki Yasui, Bunzo Sato, Naomi Uchida, Kiyohisa Uchida, Osamu Shiratori, Kenichi Takeda and Keishi Matsumoto :
Maintenance of Androgen-,Glucocorticoid-or Estrogen-responsive Growth in Shionogi Carcinoma 115 Subline Subline Sustained in Castrated Mice with High Dose of Estrogen for 30 Generations(3 Years),
Gann : Japanese Journal of Cancer Research, Vol.83, No.9, 995-1001, 1992.
133. Hiroshi Yamanishi, Norio Nonomura, Akira Tanaka, Toshiyuki Yasui, Yasuko Nishizawa, Keishi Matsumoto and Bunzo Sato :
Roles of Transforming Growth Factor β in Inhibition of Androgen-induced Growth of Shionogi Carcinoma Cellsin Serum-Free Medium,
Cancer Research, Vol.50, No.19, 6179-6183, 1990.
134. Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, K Shisukawa, K Azuma and Toshihiro Aono :
The mechanism of the effect of combination treatment with clomiphene and bromocriptine in patients with normoprolactinemic anovulation,
Journal of Endocrinological Investigation, Vol.13, No.7, 549-554, 1990.
135. 安井 敏之, 青野 敏博, 苛原 稔, 高橋 久寿, 古田 順一, 猪野 博保, 坂本 康紀, 井川 昭, 高橋 弘子, 奈賀 脩, 阪口 彰, 吉本 忠弘, 岸 恭也, 山下 明美, 河野 美香, 高柳 真, 鎌田 正晴, 前川 正彦, 鎌田 敏雄, 長町 典夫, 中郷 吉二郎, 井原 正之, 黒岩 俊一郎, 岡山 哲也, 竹内 悟, 三木 鈴, 藤島 一典 :
クロミフェン無効の正プロラクチン血性排卵障害症例に対するクロミフェンー温経湯併用療法の検討,
日本不妊学会雑誌, Vol.35, No.1, 86-93, 1990年.
136. Akira Tanaka, Jian Lu, Norio Yamanishi, Toshiyuki Yasui, Masataka Maeyama, Yasuko Nishizawa, Keishi Matsumoto and Bunzo Sato :
Effects of Androgen,Fibroblast Growth Factors or Other Various Growth Factors on Growth of Shinogi Carcinoma Cells in a Protein-Free Medium,
Anticancer Research, Vol.10, 1637-1642, 1990.
137. 安井 敏之, 坂本 康紀, 植田 敏弘, 前田 信彦, 漆川 敬治, 古本 博孝, 森 一正, 大頭 敏文, 苛原 稔, 鎌田 正晴, 青野 敏博 :
婦人科悪性腫瘍組織に発現するThomsen-Friedenreich抗原とその血中抗体価に関する臨床的研究,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.40, No.5, 583-587, 1988年.

学術論文(紀要・その他):

1. 安井 敏之, 松井 寿美佳, 谷 杏奈, 加藤 剛志, 苛原 稔 :
HRTの慎重投与例への対応 -7.慢性肝疾患,胆嚢炎および胆石症の既往,
産科と婦人科, Vol.80, No.12, 1609-1616, 2013年.
(CiNii: 40019881974)
2. 安井 敏之, 苛原 稔, 鎌田 正晴, 青野 敏博 :
婦人科癌における小柴胡湯の抗腫瘍効果に関する検討,
Journal of Traditional Medicines, Vol.11, 346-347, 1994年.
3. 安井 敏之, 米田 直人, 桑原 章, 横山 裕司, 松崎 利也, 斉藤 誠一郎, 漆川 敬治, 東 敬次郎, 苛原 稔, 青野 敏博 :
ラット下垂体腫瘍細胞のプロラクチン分泌に及ぼす漢方薬の効果に関する検討,
産婦人科漢方研究のあゆみ, No.10, 27-31, 1993年.
4. 安井 敏之, 高木 秀学, 植田 敏弘, 漆川 敬治, 三宅 敏一, 東 敬次郎, 苛原 稔, 青野 敏博 :
モノクロナール抗体を用いた逆受身赤血球凝集反応によるプロラクチン測定法の基礎的検討とその臨床的応用, --- 赤血球凝集反応による新しいプロラクチン測定試薬 ---,
ホルモンと臨床, Vol.36, No.6, 105(605)-101(601), 1988年.
5. 安井 敏之, 苛原 稔, 山野 修司, 中山 孝善, 黒岩 俊一郎, 岸 恭也, 永田 由利子, 後藤 哲也, 重清 俊雄, 齋藤 史郎, 矢野 一郎, 上田 隆 :
治療に抵抗を示し,著明な血小板減少を来した再生不良性貧血合併妊娠の1症例,
産科と婦人科, Vol.55, No.1, 115-118, 1988年.

総説・解説:

1. 安井 敏之 :
更年期障害・うつ病,
産科と婦人科, Vol.80, No.4, 441-446,
2. 安井 敏之 :
今日の治療指針, --- 更年期障害,ホルモン補充療法 ---,
3. 安井 敏之 :
動脈硬化性疾患危険因子の特徴,
女性の動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針, 8-12, 2018年12月.
4. 安井 敏之 :
女性のアンチエイジング 産婦人科学におけるアンチエイジング,
臨床婦人科産科, Vol.72, No.12, 1154-1161, 2018年12月.
5. 安井 敏之 :
性線機能不全に続発する骨粗鬆症,
産婦人科医のための骨粗鬆症診療実践ハンドブック, 37-45, 2018年11月.
6. 安井 敏之 :
子宮内膜症の新たな課題 循環器異常,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.70, No.11, 2312-2318, 2018年11月.
7. 安井 敏之 :
高齢者の臓器別疾患 婦人科疾患 更年期障害,
日本臨床, Vol.76, No.7, 410-415, 2018年8月.
8. 安井 敏之 :
エストロゲンと脂質代謝,動脈硬化症(女性,臨床),
The Lipid, Vol.29, No.3, 263-271, 2018年7月.
9. 安井 敏之 :
産婦人科外来パーフェクトガイド のぼせ/異常発汗/動悸,
臨床婦人科産科, Vol.74, No.4, 24-28, 2018年4月.
10. 安井 敏之 :
ホルモン補充療法ベストプラクティス,
臨床婦人科産科, Vol.72, No.2, 212-220, 2018年2月.
11. 安井 敏之 :
婦人科疾患 5 更年期障害・ホルモン補充療法,
診療ガイドラインup-to date, 913-917, 2018年1月.
12. 安井 敏之 :
HRTにはどんな薬があるの,
ハッピーライフのために女性が知っておきたい30のこと, 116-121, 2018年.
13. 安井 敏之 :
産婦人科漢方Up to Date 更年期におけるサイトカインと漢方,
最新女性医療, Vol.5, No.2, 66-72, 2018年.
14. 安井 敏之 :
ホルモン補充療法における使用薬剤とその特徴,
日本医事新報, 31-38, 2017年7月.
15. 安井 敏之, 松井 寿美佳 :
ホルモン関連症状 ホットフラッシュ,のぼせ,
チームで学ぶ女性癌患者のためのホルモンマネージメント, 169-180, 2017年7月.
16. 安井 敏之 :
QOL向上のための内分泌療法 骨粗鬆症,
Hormone Frontier in Gynecology, Vol.24, No.4, 291-298, 2017年.
17. 松井 寿美佳, 安井 敏之 :
骨粗鬆症最新治療 活性型ビタミンD3製剤,
最新女性医療, Vol.4, No.3, 139-144, 2017年.
18. 石原 留美, 安井 敏之 :
ホルモン胴体の回復過程における女性の健康状態,
香川県保険医療大学雑誌, Vol.8, 5-10, 2017年.
19. 安井 敏之 :
40代女性に対するOC/LEPとHRTを用いたストラテジー,
日本女性医学学会雑誌, Vol.23, No.2, 352-357, 2016年4月.
(CiNii: 40020877143)
20. 安井 敏之 :
骨粗鬆症Q&A,
骨粗鬆症治療, Vol.15, No.1, 67-72, 2016年.
21. 安井 敏之 :
更年期障害とエストロゲン,
Progress in Medicine, Vol.36, No.6, 37-43, 2016年.
22. 安井 敏之 :
JNHSからみた子宮内膜症と女性医学,
日本女性医学学会雑誌, Vol.23, No.2, 305-311, 2016年.
23. 安井 敏之 :
中高年女性に多く見られる症候とその対策,
産科と婦人科, Vol.83, No.4, 393-399, 2016年.
24. 安井 敏之 :
OC・LEPガイドラインポイントの解説,
産科と婦人科, Vol.83, No.2, 153-159, 2016年.
25. 安井 敏之 :
女性のヘルスケア集中講義 HRTか漢方か,
産婦人科の実際, Vol.64, No.11, 1806-1814, 2015年11月.
26. 安井 敏之 :
女性ホルモン補充療法の実際,
アンチエイジング医学の基礎と臨床, 353-355, 2015年9月.
27. 安井 敏之 :
黄体機能不全の診断と治療,
産科と婦人科, Vol.82, No.7, 746-751, 2015年7月.
28. 安井 敏之 :
女性医学外来実践講座 ホルモン補充療法か漢方療法か,
日本女性医学学会雑誌, Vol.22, No.2, 252-257, 2015年4月.
29. 安井 敏之 :
淋菌感染症 よくわかる検査と診断,
産科と婦人科, Vol.82, No.Supple, 386-391, 2015年3月.
30. 安井 敏之 :
HRTで使用できるエストロゲンの種類と特徴,
産科と婦人科, Vol.81, No.12, 1435-1441, 2014年12月.
31. 安井 敏之 :
無月経・排卵障害に対する漢方,
産科と婦人科, Vol.81, No.11, 1333-1340, 2014年11月.
32. 安井 敏之 :
内科医のための更年期症候群診療 HRTの実際,
診断と治療, Vol.102, No.8, 1175-1183, 2014年8月.
33. 安井 敏之 :
周閉経期ならびに閉経後における内分泌とホルモン補充療法,
日本生殖内分泌学会雑誌, Vol.19, 21-30, 2014年.
34. 安井 敏之 :
漢方医学の基礎研究の動向,
産婦人科の実際, Vol.63, No.3, 299-306, 2014年.
35. 安井 敏之 :
今日の診療のために ガイドライン外来診療, --- 更年期障害 ---,
257-268, 2014年.
36. 安井 敏之 :
慢性肝疾患,胆嚢炎および胆石症の既往,
産科と婦人科, Vol.80, No.12, 1609-1616, 2013年12月.
37. 安井 敏之 :
HRTのレジュメと使用される薬剤の特徴,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.65, No.9, N60-70, 2013年9月.
(CiNii: 110009657892)
38. 安井 敏之 :
SERMは乳癌治療中の患者に使用できますか,
ファーマナビゲーター, 308-315, 2013年9月.
39. 安井 敏之 :
閉経後ホルモン補充療法の有害事象とその対策,
産科と婦人科, Vol.80, No.8, 1057-1066, 2013年8月.
(CiNii: 40019756117)
40. 安井 敏之 :
レジメンの選択 投与量はどうやって決めるか?,
今日からできるホルモン補充療法, 100-107, 2013年7月.
41. 安井 敏之 :
生殖内分泌 更年期 HRTにおけるホルモン剤の使い分けは?,
EBM 婦人科疾患の治療, 180-188, 2013年5月.
42. 安井 敏之 :
女性医学におけるHRTの位置付け,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.65, No.5, 1293-1304, 2013年5月.
43. 安井 敏之 :
周閉経期の骨の管理,
日本女性医学学会雑誌, Vol.20, No.3, 469-476, 2013年4月.
(CiNii: 40019734683)
44. 安井 敏之 :

今日の治療指針, 1096-1098, 2013年1月.
45. 安井 敏之 :
今日の治療指針 私はこうしている 骨量減少症,
今日の治療指針, 1096-1098, 2013年1月.
46. 安井 敏之 :
HRTの種類と使用方法,
産科と婦人科, Vol.80, 263-271, 2013年.
47. 安井 敏之 :
更年期障害の病態とホルモン補充療法,
ENTONI, Vol.151, 68-77, 2013年.
48. 安井 敏之 :
女性ホルモンと更年期障害,
更年期と加齢のヘルスケア, Vol.11, No.2, 199-207, 2013年.
49. 安井 敏之 :
骨粗鬆症に対するビスホスホネートおよびSERM,
産科と婦人科, Vol.79, No.12, 1531-1538, 2012年12月.
(CiNii: 40019497632)
50. 安井 敏之 :
ホルモン補充療法ガイドライン2012年度版, --- 薬剤の種類と特徴 ---,
臨床婦人科産科, Vol.66, No.11, 991-1001, 2012年10月.
(CiNii: 40019469315)
51. 安井 敏之 :
不定愁訴に対する薬物療法:その適応と限界, --- HRT ---,
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.64, No.9, 367-372, 2012年6月.
(CiNii: 110009509175)
52. 安井 敏之 :
本邦女性における閉経年齢ならびに閉経に影響を与える要因,
日本女性医学学会雑誌, Vol.20, No.1, 161-165, 2012年4月.
(CiNii: 40019338946)
53. 安井 敏之 :
周閉経期におけるエストロゲンとサイトカイン,
日本女性医学学会雑誌, Vol.20, No.1, 78-85, 2012年4月.
(CiNii: 40019338752)
54. 安井 敏之 :
不妊症治療における漢方の作用機序,
漢方と最新治療, Vol.21, No.2, 135-144, 2012年2月.
(CiNii: 40019323721)
55. 安井 敏之 :
プロラクチンの分泌制御機構,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.34, No.2, 93-100, 2012年2月.
(CiNii: 40019236948)
56. 安井 敏之 :
ワンランク上の漢方診療, --- 女性不妊・排卵障害 ---,
臨床婦人科産科, Vol.66, No.1, 33-41, 2012年1月.
(CiNii: 40019187663)
57. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 加地 剛, 山本 哲史, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期におけるNT-proBNPの意義,
日本女性医学学会雑誌, Vol.19, No.1, 37-41, 2011年4月.
(CiNii: 40019262586)
58. 安井 敏之 :
生涯を通したトータルヘルスケアをめざして,
日本女性医学学会雑誌, Vol.19, No.1, 120-126, 2011年4月.
(CiNii: 40019262700)
59. 安井 敏之 :
閉経年齢と生殖医療,
産科と婦人科, Vol.78, No.3, 359-364, 2011年3月.
(CiNii: 40018719449)
60. 安井 敏之, 松井 寿美佳,山本 哲史 :
更年期におけるホルモン補充療法に必要な検査,
臨床検査, Vol.55, No.3, 293-297, 2011年3月.
(CiNii: 40018721065)
61. 安井 敏之, 松井 寿美佳,山本 哲史 :
性ホルモン製剤の使い分け エストロゲン製剤,
Hormone Frontier in Gynecology, Vol.18, No.2, 11-18, 2011年.
62. 安井 敏之 :
高齢不妊女性における不妊治療の現状と問題点を考える,
日本生殖看護学会, Vol.8, No.1, 65-68, 2011年.
(CiNii: 40020110247)
63. 安井 敏之 :
HRTをいつまで続けるか,
更年期と加齢のヘルスケア, Vol.9, No.2, 316-317, 2011年.
64. 安井 敏之 :
産科婦人科領域でまず使ってみたい漢方薬 不妊症/排卵障害,
漢方医学, Vol.35, No.1, 36-41, 2011年.
(CiNii: 40018271097)
65. 安井 敏之 :
腫瘍とプロラクチン 新たな癌治療戦略,
Hormone Frontier in Gynecology, Vol.18, No.3, 91-99, 2011年.
66. 安井 敏之 :
女性医療と漢方 不妊と漢方,
産婦人科治療, Vol.103, No.5, 481-490, 2011年.
67. 安井 敏之, 中山 聡一朗, 加地 剛, 松井 寿美佳, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 :
骨粗鬆症診療における産婦人科医の役割 カルシウム・骨代謝からみた妊娠中および産褥期女性における産婦人科医の役割,
Osteoporosis Japan, Vol.18, No.3, 515-518, 2010年.
(CiNii: 40017270648)
68. 苛原 稔, 上村 浩一, 桑原 章, 松崎 利也, 安井 敏之 :
妊孕能温存の婦人科がん治療】 婦人科がん治療後の妊孕性,
産婦人科の実際, Vol.58, No.3, 317-322, 2009年3月.
(CiNii: 40016539479)
69. 安井 敏之, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 土屋 直子, 譲原 光利, 加瀬 義夫 :
【更年期の女性医学】 ホットフラッシュとサイトカイン,
産婦人科の世界, Vol.59, No.9, 813-819, 2007年9月.
70. 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【中高年女性のトータルヘルスケア】 更年期障害と関連疾患 更年期障害 その実態とケア,
臨床婦人科産科, Vol.61, No.7, 877-881, 2007年7月.
71. 安井 敏之, 加地 剛, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【産婦人科医に必要な骨粗鬆症の知識 とくにSERMについて】 わが教室における骨粗鬆症診療の実際,
産婦人科治療, Vol.94, No.5, 996-1001, 2007年5月.
(CiNii: 40015457699)
72. 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【中高年女性のQOL向上を目指して】 わが教室における更年期障害の治療,
産婦人科治療, Vol.93, No.1, 89-96, 2006年7月.
(CiNii: 40007374536)
73. 安井 敏之, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【SERMを使いこなす】SERMの安全性 心血管系・脂質代謝への影響,
性差と医療, Vol.3, No.7, 735-740, 2006年6月.
74. 安井 敏之, 宮谷 友香, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【女性ホルモンUp to Date】女性ホルモン測定の意義,
性差と医療, Vol.3, No.2, 153-159, 2006年1月.
75. 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 :
【特集】女性の腰痛とその対策 更年期にみられる腰痛とその対策,
産婦人科治療, Vol.92, No.2, 147-151, 2006年.
76. 安井 敏之, 苛原 稔 :
月経異常,排卵障害への漢方治療,
産婦人科の実際, Vol.54, No.9, 1343-1351, 2005年9月.
(CiNii: 40006902882)
77. 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
ホルモン補充療法の効用,
産婦人科治療, Vol.90, No.5, 860-867, 2005年5月.
78. 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
産婦人科領域におけるホルモン補充療法の今後,
骨粗鬆症治療, Vol.4, No.1, 42-49, 2005年1月.
79. 苛原 稔, 上村 浩一, 山田 正代, 安井 敏之 :
【更年期のヘルスケア】更年期に好発する症状·疾患とその対策,
産婦人科治療, Vol.88, No.6, 1296-1301, 2004年.
80. 苛原 稔, 安井 敏之, 上村 浩一, 滝川 稚也, 海野 友香 :
【子宮内膜病変の評価と対策】機能性子宮出血の病態に基づく診断と対策,
産婦人科の世界, Vol.55, No.9, 1005-1010, 2003年9月.
81. 安井 敏之, 苛原 稔 :
不妊症と漢方,
産婦人科治療, Vol.86, No.5, 960-967, 2003年5月.
82. 安井 敏之, 苛原 稔 :
「HRT脱落例を抑えるためのわれわれの工夫」HRTによる副作用を抑えるための投与量の工夫,
日本更年期医学会雑誌, Vol.11, No.1, 125-132, 2003年4月.
83. 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 上村 浩一, 苛原 稔 :
【性ステロイド関連製剤 その臨床的位置付け】エストロゲン関連製剤 (1)経口エストロゲン剤 結合型エストロゲン,
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY, Vol.9, No.4, 327-339, 2002年12月.
84. 苛原 稔, 安井 敏之, 上村 浩一, 清川 麻知子, 田中 優 :
【不正性器出血 その診断から治療まで】機能性出血の診断と治療,
産婦人科治療, Vol.84, No.5, 511-515, 2002年5月.
85. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
プロラクチン系,
ホルモンと臨床, Vol.50, 13-21, 2002年4月.
86. 苛原 稔, 安井 敏之, 上村 浩一 :
【ホルモン補充療法】HRTの副作用,
からだの科学, Vol.219, 69-73, 2001年5月.
87. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
婦人科疾患と漢方,
産婦人科治療, Vol.82, No.3, 284-292, 2001年3月.
88. 安井 敏之, 手束 典子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 青野 敏博 :
更年期女性にみられる精神神経症状,
四国医学雑誌, Vol.56, No.2, 35-39, 2000年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110438)
89. 安井 敏之 :
アポ蛋白,
臨床婦人科産科, Vol.54, No.3, 292, 2000年3月.
90. 安井 敏之 :
遺伝子標的法:ジーンターゲッティング,
臨床婦人科産科, Vol.54, No.2, 1919-191, 2000年2月.
91. 安井 敏之, 山田 正代, 苛原 稔, 青野 敏博, 岡 孝己 :
乳腺のプロラクチンレセプター,
産科と婦人科, Vol.67, No.2, 182-188, 2000年2月.
92. 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
乳腺におけるカルシウム能動運送と母乳量調節,
Clinical Calcium, Vol.9, No.12, 1526-1530, 1999年12月.
93. 安井 敏之, 手束 典子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 青野 敏博 :
冷え·のぼせを現代医学から,
漢方と最新治療, Vol.8, No.4, 295-300, 1999年11月.
94. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
更年期の出血, --- ホルモン異常 3 ---,
臨床婦人科産科, Vol.53, No.11, 1366-1369, 1999年11月.
95. 安井 敏之, 牛越 賢治郎, 苛原 稔, 青野 敏博 :
排卵障害に対する当帰芍薬散の作用,
日経メディカル, No.383, 34-35, 1999年10月.
96. 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
閉経後骨粗鬆症の治療,
四国医学雑誌, Vol.55, 202-206, 1999年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112159)
97. 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
プロラクチン受容体の発現機構,
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY, Vol.5, No.4, 35(343)-42(350), 1998年12月.
98. 安井 敏之, 青野 敏博 :
ホルモン濃度の測定は必要か,
臨床婦人科産科, Vol.52, No.11, 1374-1376, 1998年11月.
99. 安井 敏之, 青野 敏博 :
ホルモン補充療法と高血圧,
血圧, Vol.5, No.9, 35(935)-42(942), 1998年9月.
100. 安井 敏之, 青野 敏博 :
更年期の不定愁とホルモン補充療法,
産婦人科治療, Vol.77, No.1, 78-81, 1998年7月.
101. 安井 敏之, 青野 敏博 :
妊娠と漢方ー概論,
産婦人科の世界, Vol.50, No.4, 1-14, 1998年4月.
102. 安井 敏之, 青野 敏博 :
更年期障害,
検査と技術, Vol.26, No.2, 106-113, 1998年2月.
103. 安井 敏之, 青野 敏博 :
閉経後骨粗鬆症, --- ホルモン補充療法による予防医学的な対応と治療 ---,
Progress in Medicine, Vol.18, No.1, 49-54, 1998年1月.
104. 安井 敏之, 青野 敏博 :
産婦人科疾患, --- 他科で処方される薬剤とその相互作用 ---,
臨床と薬物治療, Vol.13, No.7, 772(44)-775(47), 1994年8月.
105. 安井 敏之, 青野 敏博 :
紹介状,返信状の書き方,他科依頼のタイミング,
臨床婦人科産科, Vol.48, No.4, 562-567, 1994年4月.

国際会議:

1. Sachi Kishida, Yumi Kuwamura, Toshiyuki Yasui, M Tuji, Issei Imoto and Minoru Irahara :
Characteristics of Japanese Pregnant Women Who Had Hereditary Counseling About Noninvasive Prenatal Genetic Testing (NIPT) In Tokushima,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 80, Aug. 2018.
2. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
The Relationship Between the Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool© for Nurses, Self-Efficacy Scale, and Outcome Expectancy Scale for Self-Care of Patients with Periodontal Disease,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 63, Aug. 2018.
3. S Matsui, Toshiyuki Yasui, K Kasai, K Yoshida, T Kato, H Uemura and M Irahara :
Dehydroepiandrosterone sulfate level decreases even with a slight change in estradiol in women.,
The 8th Congress of the International Society for Gender Medicine, Sendai, Sep. 2017.
4. Toshiyuki Yasui and H. Moyo Hayashi K Kurabayashi T Lee JS Kubota T Mizunuma Ri :
Pregnancy induced hypertension as a risk factor in the occurrence of hot flashes among perimenopausal women. 15th World Congress on Menopause,
Prague (Czech Republic), Sep. 2016.
5. Uemura Yuko, Toshiyuki Yasui, Mari Haku and Hirokazu Uemura :
Changes in low back pain during first trimester and second trimester in Japanese pregnant women,
19th East Asian Forum Of Nursing Scholars, Chiba, Mar. 2016.
6. Tomoko Ishibashiri, Yuko Tanaka, Mikiyo Wakamatsu, Miyuki Yukura, Keiko Takebayashi, Mari Haku, Toshiyuki Yasui and kentyo Matsuura :
Survey on Provision of Information to Guardians About Uterine Cancer Screening and Cervical Cancer Prevention,
The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015, 339, Yokohama, Jul. 2015.
7. NAKAYAMA Soichiro, Takashi Kaji, Toshiyuki Yasui, HICHIJO Atsuko, TAKAHASHI Yohei and Minoru Irahara :
Serum 25(OH)D3 concentrations and season-specific correlates in Japanese pregnancy women.,
IFFS/JSRM International Meeting,2015, Yokohama, Apr. 2015.
8. Takashi Kaji, Toshiyuki Yasui, HICHIJO Atsuko, TAKAHASHI Yohei, NAKAYAMA Soichiro, Hirokazu Uemura, Kazuhisa Maeda and Minoru Irahara :
Effect of bed rest during pregnancy on bone turnover markers in pregnant and postpartum women.,
IFFS/JSRM International Meeting,2015, Yokohama, Apr. 2015.
9. Sumika Matsui, Toshiyuki Yasui, Kaoru Keyama, Takeshi Katou, Hirokazu Uemura and Minoru Irahara :
Ultra-low-dose estradiol improves arterial stiffness in postmenopausal women.,
IFFS/JSRM International Meeting,2015, Yokohama, Apr. 2015.
10. MAEGAWA Masahiko, TANI Anna, YAMAMOTO Satoshi, KUNIMI Kotaro, Takeshi Katou, Sumika Matsui, Kaoru Keyama, Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, KAMADA Masaharu, MITANI Ryuji, MIYATANI Yuka and Minoru Irahara :
Arterial stiffness is increased in young women with endometriosis.,
IFFS/JSRM International Meeting 2015, Yokohama, Apr. 2015.
11. Yuko Yasuhara, Rozzano De Castro Locsin, Tetsuya Tanioka and Toshiyuki Yasui :
Objective Determination of Sleep Conditions of Women with Ischemic Heart Disease (IHD) Post- elective Percutaneous Coronary Intervention (Using Actigraphy),
AMERICAN ACADEMY OF NURSING 2014 TRANSFORMING HEALTH, DRIVING POLICY CONFERENCE, Washington,DC, Oct. 2014.
12. Toshiyuki Yasui :
The 5th Scientific Meeting of the Asia Pacific Menopause Federation "Current status of HRT in Japan",
Tokyo, Oct. 2013.
13. Toshiyuki Yasui :
Testosterone in Women,
6th JAPAN-ASEAN Conference on Men's Health & Aging, Kamakura, Jul. 2011.
14. Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Y Miyatani, M Yamada, N Tsuchiya, M Yuzurihara, S Takeda and Minoru Irahara :
Interleukin-8 and hot flushes in pre-, peri- and postmenopausal women and bilateral oophorectomized women.,
The 3rd Scientific Meeting of the Asian Pacific Menopause Federation (APMF), Taipei, Mar. 2007.
15. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Miyatani, M Yamada, Mineyoshi Hiyoshi, Hideo Takeda, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara :
Relationships between circulating osteoprotegerin and the risk factors of vascular disorders in postmenopausal women.,
The 3rd Scientific Meeting of the Asian Pacific Menopause Federation (APMF), Taipei, Mar. 2007.
16. Yuka Kasai, Anna Tani, Ayako Nakajima, Dan Kinoshita, hirokazu Uemura, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Masaharu Kamada and Minoru Irahara :
Pro-Inflammatory Cytokine Changes in Postmenopausal Women Treated with Hormone Replacement Therapy,
IX International Congress of Reproductive Immunology, Vol.52, No.Supplement 1, 57, Kanagawa, Oct. 2004.
17. Akira Kuwahara, Yu Tanaka, Yukari Tsutsumi, Kenji Hinokio, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano and Minoru Irahara :
Clinical outcomes of "true" unexplainedinfertility after laparoscopy,
The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility, Okinawa, Mar. 2004.
18. R Ogata, Toshiyuki Yasui, Hirokazu Uemura, Machiko Kiyokawa, Masakazu Miura, Toshihiro Aono and Minoru Irahara :
Serum estradiol level that is required to achieve a sufficient increase in bone mineral density during hormone replacement therapy,
9th International Menopause Society World Congress on the Menopause, Berlin, Jun. 2002.
19. Minoru Irahara, Masaharu Kamada, Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Machiko Kiyokawa, Akira Kuwahara, Hiroshi Ikawa, Toshiya Matsuzaki and Toshihiro Aono :
Postmenopausal changes in production of type 1 and type 2 cytokines and the effects of hormone replacement therapy,
9th International Menopause Society World Congress on the Menopause, Berlin, Jun. 2002.
20. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Machiko Kiyokawa, Akira Kuwahara, Hiroshi Ikawa, Toshiya Matsuzaki, Toshihiro Aono and Minoru Irahara :
Changes in the levels of circulating osteoprotegerin in case of estrogen deficiency,
9th International Menopause Society World Congress on the Menopause, Berlin, Jun. 2002.

国内講演発表:

1. 武政 志保, 漆原 南実, 森木 美里, 安井 敏之, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
分娩様式と栄養方法が出生後の腸内菌叢に及ぼす影響について,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
2. 漆原 南実, 武政 志保, 森木 美里, 安井 敏之, 櫻井 明子, 片岡 佳子 :
分娩様式と栄養方法が出生後の腸内環境に及ぼす影響について,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
3. 松本 華穂, 中野 真理, 安井 敏之, 福岡 美和, 奥田 紀久子 :
少子化に対する男子大学生の意識の実態と特別活動の体験との関連,
学校保健研究, Vol.60, 247, 2018年12月.
4. 石原 留美, 永峰 啓子, 上村 浩一, 安井 敏之 :
エストロゲンの変化に伴う産褥期のほてりや寝汗並びにその関連要因の検討,
第33回日本女性医学学会学術集会, 2018年11月.
5. 松崎 和代, 安井 敏之, 松井 寿美佳, 上村 浩一 :
看護師の喫煙者及び非喫煙者更年期症状並びに対処行動の違い,
第33回日本女性医学学会学術集会, 2018年11月.
6. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期におけるコルチゾールの変化と脂質代謝との関連,
第33回日本女性医学学会学術集会, 2018年11月.
7. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期のFSHのばらつきとBMIとの関連,
第33回日本女性医学学会学術集会, 2018年11月.
8. 安井 敏之 :
ホルモン補充療法ルネッサンス Early versus Late Intervension Trial with Estradiol (ELITE)から見えてきたもの,
第18回日本抗加齢医学会, 2018年5月.
9. 安井 敏之 :
子宮内膜症の新たな課題 循環器異常,
第70回日本産科婦人科学会, 2018年5月.
10. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
副腎アンドロゲンはホルモン補充療法中,わずかなエストロゲンの増加でも低下する,
第70回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年5月.
11. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期女性におけるコルチゾールの変化と脂質代謝との関連,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
12. 安井 敏之 :
New Concept of HRT in Japan, --- レジメン ---,
第9回HRT研究会, 2018年2月.
13. 安井 敏之 :
閉経後期(閉経後10年以上)の女性における問題点,
第32回日本女性医学学会ワークショップ, 2017年11月.
14. 松崎 和代, 福岡 美和, 安井 敏之, 上村 浩一 :
タイプA行動パターン及び非タイプA行動パターンによる看護師の更年期症状並びに対処行動の違いの検討,
第32回日本女性医学学会学術集会, 2017年11月.
15. 植村 裕子, 安井 敏之, 上村 浩一 :
妊娠期から産褥期における腰痛の縦断的検討,
第32回日本女性医学学会学術集会, 2017年11月.
16. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 笠井 可菜, 吉田 加奈子, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
ホルモン補充療法中,デヒドロエピアンドロステロンサルフェートは,わずかなエストロゲンの増加でも低下する,
第32回日本女性医学学会学術集会, 2017年11月.
17. 安井 敏之 :
婦人科疾患における漢方治療に関するエビデンスの現状と課題,
第86 回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
18. 福岡 美和, 桑村 由美, 岸田 佐智, 安井 敏之, 増矢 幸子 :
徳島県に住む妊産婦および乳幼児をもつ母親における災害の準備状況,
第255回 徳島医学会学術集会, 25, 2017年8月.
19. 桑村 由美, 福岡 美和, 岸田 佐智, 安井 敏之 :
糖尿病を有する妊婦への口腔ケアについての研究の動向,
第255回 徳島医学会学術集会, 33, 2017年8月.
20. 安井 敏之 :
新しい時代のHRT グローバルコンセンサスをふまえて,
第254回広島県東部産婦人科医会学術講演会, 2017年5月.
21. 松崎 和代, 福岡 美和, 上村 浩一, 安井 敏之 :
フルタイムおよびパートタイム女性労働者における更年期症状と仕事におけるストレスとの関連,
第31回日本女性医学学会学術集会, 2016年11月.
22. 髙橋 久美, 安井 敏之, 上村 浩一 :
交代制勤務を行う女性の月経周期の規則性と睡眠の質や量,および食生活や生活習慣との関係や特性,
第31回日本女性医学学会学術集会, 2016年11月.
23. 安井 敏之 :
女性の元気も男性ホルモンが支える? 更年期後の問題点 抗加齢内分泌研究会,
2016年10月.
24. 安井 敏之 :
新たな時代のHRTを考える 第8回産婦人科内分泌研究会,
2016年9月.
25. Toshiyuki Yasui :
Risk factors and comorbidity for endometriosis: analysis of the Japan Nurses' Health Study baseline survey. The 7th conference of gynecological hormone dependent diseases,
May 2016.
26. 安井 敏之 :
高脂肪食が卵の人工的活性化に及ぼす影響 第57回日本卵子学会,
2016年5月.
27. 安井 敏之 :
ホルモン剤を用いた更年期女性への治療戦略 第5回秋田県女性医学研究会,
2016年4月.
28. 安井 敏之 :
看護師と他の就労女性における更年期症状に対する対処方法の違い 第30回日本女性医学学会,
2015年11月.
29. 安井 敏之 :
エストロゲンの投与ルートによる男性ホルモンの変化の違いについての検討 第30回日本女性医学学会,
2015年11月.
30. 安井 敏之 :
JNHSからみた子宮内膜症と女性医学,
2015年11月.
31. 毛山 薫, 安井 敏之, 笠井 可菜, 松井 寿美佳, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
閉経期女性における脂質代謝と男性ホルモン,
第30回日本女性医学学会学術集会, 2015年11月.
32. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 笠井 可菜, 毛山 薫, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
エストロゲンの投与ルートによる男性ホルモンの変化の違いについての検討,
第30回日本女性医学学会学術集会, 2015年11月.
33. 髙橋 久美, 安井 敏之, 上村 浩一 :
交代勤務制を行う看護師の月経周期の規則性と睡眠,
第30回日本女性医学学会学術集会, 2015年11月.
34. 松崎 和代, 安井 敏之, 上村 浩一 :
看護師と他の就労女性における更年期症状に対する対処方法の違い,
第30回日本女性医学学会学術集会, 2015年11月.
35. 安井 敏之 :
40代女性に対するOC/LEPとHRTを用いたストラテジー,
2015年11月.
36. 毛山 薫, 松井 寿美佳, 安井 敏之, 笠井 可菜, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期女性における脂質代謝と男性ホルモン,
第68中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2015年9月.
37. 安井 敏之 :
卵巣機能不全(月経異常),
2015年5月.
38. 安井 敏之 :
早発卵巣不全におけるホルモン補充療法,
2015年4月.
39. 木野 綾子, 上村 浩一, 安井 敏之 :
女性からみた男性更年期障害に関する認識,
第29回日本女性医学学会学術集会, 2014年11月.
40. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 毛山 薫, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
動脈硬化度に対する超低用量ホルモン補充療法の効果についての検討,
第29回日本女性医学学会学術集会, 2014年11月.
41. 松崎 和代, 上村 浩一, 安井 敏之 :
看護師の更年期症状と仕事におけるストレスとの関連,
第29回日本女性医学学会学術集会, 2014年11月.
42. 安井 敏之 :
第29回日本女性医学学会学術講演会 ホルモン補充療法か漢方療法か,
2014年11月.
43. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 毛山 薫, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
超低用量ホルモン補充療法は動脈硬化度を改善する,
第67回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2014年9月.
44. 松井 寿美佳, 安井 敏之 :
32 ( ),
2014年7月.
45. 谷 杏奈, 安井 敏之, 毛山 薫, 松井 寿美佳, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
P2-31-1 周閉経期において血中monocyte chemoattractant prtein-1とインターロイキン-8は異なる動態を示す(Group 69 更年期・老年期・閉経1,一般演題,第66回学術講演会),
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.66, No.2, 663, 2014年2月.
(CiNii: 110009812207)
46. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 毛山 薫, 谷 杏奈, 加藤 剛志, 上村 浩一, 苛原 稔 :
P2-31-3 閉経後早期の血中スクレロスチンは閉経前よりも低い(Group 69 更年期・老年期・閉経1,一般演題,第66回学術講演会),
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.66, No.2, 663, 2014年2月.
(CiNii: 110009812209)
47. 加藤 剛志, 毛山 薫, 河北 貴子, 谷 杏奈, 松井 寿美佳, 吉田 加奈子, 西村 正人, 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 :
P2-31-8 当院におけるがん患者に対するHRT施行の現状(Group 69 更年期・老年期・閉経1,一般演題,第66回学術講演会),
日本産科婦人科学会雑誌, Vol.66, No.2, 665, 2014年2月.
(CiNii: 110009812214)
48. 安井 敏之 :
第18回日本生殖内分泌学会 周閉経期ならびに閉経後における内分泌とホルモン補充療法,
2013年12月.
49. 安井 敏之 :
第11回 北海道・加齢とホルモン研究会,
2013年6月.
50. 安井 敏之 :
第65回日本産科婦人科学会学術講演会 HRTのレジュメと使用される薬剤の特徴,
2013年5月.
51. 谷 杏奈, 山本 哲史, 松井 寿美佳, 加藤 剛志, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 安井 敏之, 前川 正彦, 鎌田 正晴, 苛原 稔 :
若年子宮内膜症患者では動脈硬化が進んでいる,
第27回日本生殖免疫学会会員・学術集会, 2012年12月.
52. 佐藤 美樹, 岩佐 幸恵, 安原 由子, 安井 敏之, 谷岡 哲也, 小林 春男 :
自律神経障害簡易スクリーニング手法の開発に向けた基礎的研究,睡眠障害のある被験者と健常者での症例を比較して,
第36回中国・四国精神保健学会, 104, 2012年11月.
53. 谷 杏奈, 山本 哲史, 松井 寿美佳, 加藤 剛志, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 :
若年子宮内膜症患者では動脈硬化が進んでいる,
第27回日本女性医学学会学術集会, 2012年10月.
54. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 谷 杏奈, 加藤 剛志, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期におけるアディポネクチンの動態にテストステロンが関与する,
第27回日本女性医学学会学術集会, 2012年10月.
55. 安井 敏之 :
第27回日本女性医学学会学術集会 生涯にわたる女性の骨の管理, --- 周閉経期の骨の管理 ---,
2012年10月.
56. 中山 聡一朗, 安井 敏之, 加地 剛, 上村 浩一, 松井 寿美佳, 前田 和寿, 苛原 稔 :
双胎妊娠と単胎妊娠の母体骨代謝の比較,
第65回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2012年9月.
57. 谷 杏奈, 山本 哲史, 松井 寿美佳, 加藤 剛志, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 安井 敏之, 苛原 稔 :
若年子宮内膜症患者は動脈硬化が進んでいる,
第65回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2012年9月.
58. 安井 敏之 :
第64回日本産科婦人科学会 クリニカルディベート 不定愁訴に対する薬物療法 その適応と限界 HRT,
2012年4月.
59. 中山 聡一朗, 安井 敏之, 加地 剛, 松井 寿美佳, 佐藤 美紀, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 :
多胎妊娠と単胎妊娠における妊娠産褥期の骨代謝の比較,
第64回日本産科婦人科学会学術講演会, 2012年4月.
60. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 谷 杏奈, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 :
Gonadotropin-releasing hormone agonist役与によるインスリン抵抗性の変化,
第64回日本産科婦人科学会学術講演会, 2012年4月.
(CiNii: 110009583336)
61. 安井 敏之 :
漢方実践セミナー ホットフラッシュのメカニズムの解明に向けた最新知見,
2012年1月.
62. 安井 敏之 :
第3回 HRT研究会 女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---,
2012年1月.
63. 安井 敏之 :
女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---,
2012年1月.
64. 安井 敏之 :
女性のライフステージと骨粗鬆症, --- 周閉経期 ---,
2012年1月.
65. 笠井 由佳, 前川 正彦, 谷 杏奈, 松井 寿美佳, 國見 幸太郎, 山本 哲史, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 :
ラロキシフェンが末梢血全血のサイトカイン産生に及ぼす効果.,
第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
66. 國見 幸太郎, 松井 寿美佳, 谷 杏奈, 上村 浩一, 山本 哲史, 安井 敏之, 苛原 稔 :
骨盤臓器脱治療におけるQOL評価.,
第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
67. 谷 杏奈, 安井 敏之, 松井 寿美佳, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 :
GnRH agonist投与によって血中monocyte chemoattractant protein-1は増加する,
第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
68. 中山 総一朗, 安井 敏之, 上村 浩一, 松井 寿美佳, 谷 杏奈, 佐藤 美紀, 加地 剛, 國見 幸太郎, 山本 哲史, 前田 和寿, 苛原 稔 :
双胎妊娠と単胎妊娠における妊娠産褥期の骨代謝の比較.,
第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
69. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 谷 杏奈, 國見 幸太郎, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 :
Gonadotropin-releasing hormone agonist投与がインスリン抵抗性に与える影響,
第26回日本女性医学学会学術集会, 2011年11月.
70. 安井 敏之 :
周閉経期におけるエストロゲンとサイトカイン,
第26回日本女性医学学会, 2011年11月.
71. 安井 敏之 :
性成熟期におけるbone health,
第13回日本骨粗鬆症学会, 2011年11月.
72. 安井 敏之 :
女性におけるテストステロン,
第11回日本抗加齢医学会, 2011年5月.
73. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 :
GnRH agonistの投与によって血中monocyte chemoattractant protein-1は増加する,
第63回日本産科婦人科学会学術講演会, 2011年4月.
74. 安井 敏之 :
HRT と不眠・うつ,
2011年1月.
75. 上村 浩一, 松井 寿美佳, 山本 哲史, 安井 敏之, 苛原 稔 :
閉経周辺期女性の血管脈派伝播速度に影響を及ぼす因子の検討,
第25回日本更年期医学会学術集会, 2010年10月.
76. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 西條 礼子, 上村 浩一, 山本 哲史, 苛原 稔 :
周閉経期においてNT-proBNPはSHBGと相関する,
第62回日本産科婦人科学会学術講演会, 2010年4月.
77. 松井 寿美佳, 安井 敏之, 西條 礼子, 上村 浩一, 苛原 稔 :
周閉経期女性においてNT-proBNPは性ホルモン結合グロブリンと相関する,
第24回日本更年期医学会学術集会, 2009年10月.
78. 上村 浩一, 安井 敏之, 松井 寿美佳, 西條 礼子, 苛原 稔 :
日本の中高年婦人において,血清クレアチニン低値と軽度耐糖能障害との関連についての検討,
第24回日本更年期医学会学術集会, 2009年10月.
79. 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔, 新井 信, 岡部 竜吾, 小島原 典子, 田代 眞一, 佐藤 弘 :
加齢とともに変化する内因性性ホルモンは脂質・糖代謝に影響するか,
第9回日本抗加齢医学会総会, 2009年5月.
80. 西條 礼子, 安井 敏之, 上村 浩一, 苛原 稔 :
ラロキシフェン投与による血中monocyte chemoattractant protein-1およびインターロイキン7の変化,
第82回日本内分泌学会学術総会, 2009年4月.
81. 安井 敏之, 西條 礼子, 上村 浩一, 苛原 稔 :
ラロキシフェンの投与によって血中monocyte chemoattractant protein-1およびインターロイキン7は減少する,
第61回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2009年4月.
82. 上村 浩一, 安井 敏之, 西條 礼子, 苛原 稔 :
閉経後婦人のメタボリック症候群の有病状況の予測因子としての血中γGTP濃度の有用性の検討,
第23回日本更年期医学会, 2008年11月.
83. 西條 礼子, 安井 敏之, 宮谷 友香, 上村 浩一, 苛原 稔 :
閉経期女性におけるアディポネクチンとサイトカインの検討,
第23回日本更年期医学会, 2008年11月.
84. 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
閉経周辺期女性におけるアデイポネクチンとサイトカインの検討,
第60回日本産科婦人科学会学術講演会および総会, 2008年4月.
85. 上村 浩一, 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 日吉 峰麗, 有澤 孝吉, 苛原 稔 :
閉経後女性に対するビスフォスフォネート投与時の反応性と骨代謝関連因子の検討,
第7回徳島Bone Forum, 2007年11月.
86. 山田 正代, 安井 敏之, 上村 浩一, 譲原 光利, 野口 将道, 土屋 直子, 加藤 義夫, 苛原 稔 :
精神神経症状を有する更年期女性における選択的セロトニン再取込み阻害剤および加味逍遙散によるサイトカインの変化,
第22回日本更年期医学会学術集会, 2007年11月.
87. 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 新井 信, 小島原 典子, 岡部 竜吾, 石井 康智, 田代 眞一, 佐藤 弘 :
高齢男女においてアデイポネクチンと性ステロイドホルモン結合グロブリンは相関する,
第22回日本更年期医学会学術集会, 2007年11月.
88. 上村 浩一, 安井 敏之, 山田 正代, 苛原 稔 :
閉経後の骨量減少症および骨粗鬆症に対するビスフォスフォネート単剤治療における反応不良および反応鈍化の要因の検討,
第22回日本更年期医学会学術集会, 2007年11月.
89. 宮谷 友香, 安井 敏之, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
血中アデイポネクチンは高齢男女とも性ステロイドホルモン結合グロブリンと相関する,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2007年4月.
90. 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 前川 正彦, 苛原 稔 :
閉経周辺期および両側卵巣摘出後女性におけるホットフラッシュとサイトカインに関する検討,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2007年4月.
91. 加地 剛, 安井 敏之, 須藤 真功, 三谷 龍史, 上村 浩一, 前田 和寿, 苛原 稔 :
切迫早産における安静加療は骨代謝に影響を与える,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2007年4月.
92. 上村 浩一, 安井 敏之, 加地 剛, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 須藤 真功, 三谷 龍史, 前田 和寿, 苛原 稔 :
妊娠中の切迫早産によるベッド上安静が母体の骨代謝に与える影響,
第13回徳島骨代謝研究会, 2006年11月.
93. 冨田 純子, 安井 敏之, 宮谷 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 前川 正彦, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一, 苛原 稔 :

第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
94. 山田 正代, 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 上村 浩一, 前川 正彦, 土屋 直子, 譲原 光利, 竹田 秀一, 苛原 稔 :
閉経周辺期および両側卵巣摘出後女性におけるホットフラッシュとサイトカインに関する検討,
第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
95. 上村 浩一, 安井 敏之, 冨田 純子, 宮谷 友香, 山田 正代, 苛原 稔 :
閉経後婦人の血中osteoprotegerin濃度と心血管病変の危険因子との関係の検討,
第21回日本更年期学会学術集会, 2006年10月.
96. 笠井 由佳, 前川 正彦, 小林 文子, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 :
ラロキシフェンが単球由来のサイトカイン産生に及ぼす影響について -エストラジオールとの比較検討,
第2回SERM学術研究会学術集会, 2006年6月.
97. 冨田 純子, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔, 三浦 雅一 :
結合型エストロゲンを用いたホルモン補充療法による非カルボキシル化オステオカルシンと中性脂肪の検討,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
98. 海野 友香, 安井 敏之, 冨田 純子, 山田 正代, 上村 浩一, 苛原 稔 :
高齢者における血中テストステロン濃度とbody mass indexとの関係には性差がある,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
99. 安井 敏之, 山田 正代, 海野 友香, 冨田 純子, 上村 浩一, 前川 正彦, 苛原 稔 :
閉経周辺期女性におけるサイトカインの動態,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
100. 笠井 由佳, 前川 正彦, 小林 文子, 海野 友香, 山田 正代, 上村 浩一, 安井 敏之, 鎌田 正晴, 苛原 稔 :
ラロキシフェンが単球由来のサイトカイン産生に及ぼす影響について エストラジオールとの比較検討,
第59回日本産科婦人科学会総会・学術講演会, 2006年4月.
101. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 :
閉経後婦人の可溶型破骨細胞分化因子(soluble RANKL)と破骨細胞分化抑制因子(osteoprotegerin)の血中動態に関する検討,
第15回婦人科骨粗鬆症研究会, 2004年11月.
102. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 山田 正代, 苛原 稔 :
閉経後婦人のosteoprotegerin(OPG)とフリーおよびOPG結合型可溶性RANKLの血中動態に関する検討,
第19回日本更年期医学会学術集会, 2004年10月.
103. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 :
HRTおよびビスフォスフォネート投与による血中osteoprotegerinおよびsoluble RANKL濃度の変化の検討,
第56回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2004年4月.
104. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 :
骨量減少·骨粗鬆症患者に対するHRTやビスフォスフォネート投与による血中OPG, soluble RANKL濃度の変化の検討,
第18回日本更年期医学会学術集会, 2003年11月.
105. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 稚也, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動にともなう血中osteoprotegerin濃度の推移の検討,
第76回日本内分泌学会学術総会, 2003年5月.
106. 上村 浩一, 安井 敏之, 滝川 雅也, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移の検討,
第13回婦人科骨粗鬆症研究会, 2002年11月.
107. 上村 浩一, 安井 敏之, 海野 友香, 滝川 雅也, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の短期·長期的な変動にともなう血中osteoprotegerin濃度の推移の検討,
第17回日本更年期医学会学術集会, 2002年10月.
108. 上村 浩一, 安井 敏之, 古本 博孝, 苛原 稔 :
当科における乳房外来の現状,
第55回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会·学術集会, 2002年9月.
109. 上村 浩一, 田中 優, 三浦 尚子, 尾形 理江, 清川 麻知子, 桑原 章, 井川 洋, 松崎 利也, 安井 敏之, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移および骨代謝との関係の検討,
第54回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2002年4月.
110. 上村 浩一, 清川 麻知子, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
結合型エストロゲン投与による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移および骨密度,骨代謝との関係の検討,
第16回日本更年期医学会学術集会, 2001年11月.
111. 上村 浩一, 清川 麻知子, 安井 敏之, 苛原 稔 :
血中エストロゲン濃度の変動による血中osteoprotegerin(OPG)濃度の推移および骨代謝との関係の検討,
第12回婦人科骨粗鬆症研究会, 2001年10月.
112. 上村 浩一, 安井 敏之, 古本 博孝, 苛原 稔 :
当科における乳房外来の現状,
第54回日本産科婦人科学会中国四国合同地方部会総会ならびに学術講演会, 2001年9月.
113. 上村 浩一, 手束 典子, 山田 正代, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
妊娠·産褥期の血中osteoprotegerin (OPG)/osteoclastgenesis inhibitory factor(OCIF)濃度の推移および骨代謝との関係の検討,
第53回日本産科婦人科学会総会ならびに学術講演会, 2001年5月.
114. 上村 浩一, 手束 典子, 山田 正代, 安井 敏之, 苛原 稔, 青野 敏博 :
妊娠·産褥期の血中 osteoprotegerin (OPG)/osteoclastgenesis inhibitory factor (OCIF) 濃度の推移および骨代謝との関係の検討,
第11回婦人科骨粗鬆症研究会, 2000年11月.

報告書:

1. 植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 :
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 本邦女性のヘルスケア利用におけるリアル・ワールド・エビデンスの構築 (研究課題/領域番号: 18H04069 )
  • 周閉経期における中枢・卵巣・副腎ネットワークの時間的調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 16K11143 )
  • 周閉経期女性における男性ホルモンの果たす役割についての検討 (研究課題/領域番号: 25462596 )
  • 思春期女子の受診行動影響要因である親への介入研究-HPVワクチン普及の試み- (研究課題/領域番号: 23593297 )
  • 周閉経期の内分泌・免疫学的変化が閉経後の代謝に与える時間的影響についての検討 (研究課題/領域番号: 22591857 )
  • 新しく発見された摂食調節因子の性機能へのクロストークの解明 (研究課題/領域番号: 14571566 )
  • 細胞増殖因子(TGF-beta,プロラクチン,PTH)の腫瘍細胞増殖調節機序に関する研究 (研究課題/領域番号: 05771255 )
  • 多嚢胞卵巣症候群の診断技術の向上と治療法の改善に関する研究 (研究課題/領域番号: 04454421 )
  • 研究者番号(40230205)による検索