検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 小児科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704018 ゴーシェ病の発症メカニズムの解明による新規治療標的の同定と治療法の開発 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 発生発達医学講座 > 小児医学分野 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 小児科 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 発生発達医学講座 >

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1.伊藤 弘道, 香美 祥二 :
第2章小児の発達,第17章運動器疾患,
2.森 健治, 東田 好広, 香美 祥二 :
第16章神経・筋疾患,
2016年.
3.香美 祥二 :
シンプル小児科学,
2016年.
4.森 健治, 東田 好広, 香美 祥二 :
シンプル小児科 第16章神経・筋疾患,
2016年.
5.香美 祥二 :
国内における大規模な食中毒事件 血栓性微小血管症(TMA)診断,
2016年.
6.香美 祥二 :

2016年.
7.香美 祥二 :
国内における大規模な食中毒事件,
2016年.
8.香美 祥二 :
小児の慢性腎炎症候群,
2015年.
9.漆原 真樹, 香美 祥二, 近藤 秀治 :

東京医学社, 2014年.
10.香美 祥二 :
学校における腎疾患学童生徒の管理,
2014年.
11.香美 祥二, 近藤 秀治 :
エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013,
2013年10月.
12.Shoji Kagami :
Glomerular renin-angiotensin system activation - Implications in pathological glomerular remodeling. In Renin-Angiotensin System: Physiology, Role in Disease and Health Implications,,
2013.
13.香美 祥二 :
最新育児小児病学,
南江堂, 2012年.
14.香美 祥二 :
検尿システムと腎疾患管理,
株式会社 医学書院, 2012年.
15.香美 祥二 :

株式会社 中外医学社, 2012年.
16.香美 祥二 :
第3章 腎機能と体液の恒常性 1)糸球体機能の発達と生理,
株式会社 診断と治療社, 2012年.
17.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Chapter 5: Mechanical Stretch and Intermediate-Conductance Ca2+-Activated K+ Channels in Arterial Smooth Muscle Cells. In Mechanically Gated Channels and Their Regulatio Mechanosensitivity in Cells and Tissues Vol. 6 p159-188,
2012.
18.香美 祥二 :
降圧薬,
2012年.
19.香美 祥二 :
紫斑病性腎炎,
2012年.
20.香美 祥二 :
慢性腎炎症候群(IgA腎症を中心に),
東京,総合医学社, 2011年.
21.香美 祥二 :
小児の急性腎炎症候群,
東京,医学書院, 2011年.
22.香美 祥二, 二宮 恒夫 :
最新育児小児病学,
2010年9月.
23.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Multidetector-row computed tomography evaluation in congenital heart disease patients, --- Additional information to echocardiography and conventional cardiac catheterization. In Congenital Heart Defects: Etiology, Diagnosis and Treatment ---,
Nova Science Publishers, 2009.
24.香美 祥二, 近藤 秀二, 清水 真樹 :
難治性小児腎疾患に対する治療,
先端医療技術研究所, 2005年6月.

学術論文(審査論文):

1.A Jamba, Shuji Kondo, Maki Urushihara, T Nagai, JR Kim-Kaneyama, A Miyazaki and Shoji Kagami :
Hydrogen peroxidase-inducible clone-5 regulates mesangial cell proliferation in proliferative glomerulonephritis in mice.,
PLos One, Vol.10, e0122773,
2.Hiroyuki Ono, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumiaki Obata, Kenji Nishimura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshio Doi :
Re-recognition of Age-dependent Reference Range for the Serum Creatinine Level in Teenagers - A Case of Slowly Progressive Tubulointerstitial Nephritis which Occurred in an Adolescent.,
Internal Medicine, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.8599-16,   PubMed: 28781321)
3.T terada, Maki Urushihara, T Saijo, Ryuji Nakagawa and Shoji Kagami :
(Pro)renin and (pro)renin receptor expression during kidney development in neonates.,
European Journal of Pediatrics, Vol.176, No.2, 183-189, 2017.
(DOI: 10.1007/s00431-016-2820-9,   PubMed: 27995362)
4.Akemi Ono, Yasunobu Hayabuchi and Shoji Kagami :
Coil occlusion of aberrant arteries to pulmonary sequestration in a case with pulmonary atresia with intact ventricular septum: successful treatment of repetitive myocardial ischaemic attacks,
Cardiology in the Young, Vol.27, No.1, 193-195, 2017.
(DOI: 10.1017/S1047951116001037,   PubMed: 27702416)
5.M Watanabe, R Nakagawa, T Kohmoto, T Naruto, Ken-ichi Suga, A Goji, H Horikawa, K Masuda, Shoji Kagami and I Imoto :
Exome-first approach identified a novel gloss deletion associated with Lowe syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16037, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.37,   PubMed: 27867521)
6.T Nagai, Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, A Jamba, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Differential regulation of angiotensin II-induced extracellular regulated kiase-1/2 and -5 in progressive glomerulonephritis.,
Nephrology, Vol.21, No.11, 950-958, 2016.
(DOI: 10.1111/nep.12685,   PubMed: 26624246)
7.Kazumi Okamura, Akiko Kitamura, Yoshiteru Sasaki, Hyun Doo Chung, Shoji Kagami, Kazuhiro Iwai and Koji Yasutomo :
Survival of mature T cells depends on signaling through HOIP.,
Scientific Reports, Vol.6, 36135, 2016.
(DOI: 10.1038/srep36135,   PubMed: 27786304)
8.M Watanabe, R Nakagawa, T Naruto, T Kohmoto, Ken-ichi Suga, A Goji, Shoji Kagami, K Masuda and I Imoto :
A novel missense mutation of COL5A2 in a patient with Ehlers-Danlos syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16030, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.30,   PubMed: 27656288)
9.Yasunobu Hayabuchi, Ono Akemi, Homma Yukako and Shoji Kagami :
Noninvasive assessment of pulmonary arterial capacitance by pulmonary annular motion velocity in children with ventricular septal defect.,
Cardiovascular Ultrasound, Vol.14, No.1, 38, 2016.
(DOI: 10.1186/s12947-016-0081-4,   PubMed: 27604100,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Role of the intrarenal renin-angiotensin system in the progression of renal disease.,
Pediatric Nephrology, Vol.32, No.9, 1471-1479, 2016.
(DOI: 10.1007/s00467-016-3449-7,   PubMed: 27380400)
11.Yasunobu Hayabuchi, Ono Akemi, Homma Yukako and Shoji Kagami :
Tricuspid L and L' waves,
International Journal of Cardiology, Vol.211, 64-65, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.02.160,   PubMed: 26974700)
12.M Watanabe, Yasunobu Hayabuchi, A Ono, T Naruto, H Horikawa, T Kohmoto, K Masuda, R Nakagawa, H Ito, Shoji Kagami and I Imoto :
Detection of 1p36 deletion by clinical exome-first diagnostic approach.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16006, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.6,   PubMed: 28428889)
13.Mayumi Sugimoto, Norio Kamemura, Mizuho Nagao, Makoto Irahara, Shoji Kagami, Takao Fujisawa and Hiroshi Kido :
Differential response in allergen-specific IgE, IgGs and IgA levels for predicting outcome of oral immunotherapy.,
Pediatric Allergy and Immunology, Vol.27, No.3, 276-282, 2016.
(DOI: 10.1111/pai.12535,   PubMed: 26764899,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
14.立花 綾香, 加地 剛, 七條 あつ子, 髙橋 洋平, 中山 聡一郎, 中川 竜二, 前田 和寿, 早渕 康信, 香美 祥二, 苛原 稔 :
胎児期から類洞交通を確認できた純型肺動脈閉鎖の一例,
日本周産期・新生児医学会雑誌, Vol.52, No.1, 155-159, 2016年.
15.藤岡 啓介, 清水 真樹, 伊藤 敏恭, 竹廣 敏史, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 幸山 洋子 :
補体の沈着を認めなかったPLA2R陽性特発性膜性腎症の1例,
日本小児腎臓病学会雑誌, Vol.29, No.1, 33-28, 2016年.
16.木下 ゆき子, 近藤 秀治, 藤岡 啓介, 尾崎 夏子, 永井 隆, 漆原 真樹, 坂東 良美, 香美 祥二 :
シクロスポリンが有効であったブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の女児例,
日本小児腎不全学会雑誌, Vol.36, 315-318, 2016年.
17.Yasunobu Hayabuchi, Akemi Ono and Shoji Kagami :
Pulmonary annular motion velocity assessed using Doppler tissue imaging - Novel echocardiographic evaluation of right ventricular outflow tract function-,
Circulation Journal, Vol.80, No.1, 168-176, 2016.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-15-0695,   PubMed: 26511460)
18.Naoto Okada, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Keisuke Ishizawa :
Ifosfamide and etoposide chemotherapy may interact with warfarin, enhancing the warfarin-induced anticoagulant response,
International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.54, No.1, 58-61, 2015.
(DOI: 10.5414/CP202426,   PubMed: 26587904)
19.Yasunobu Hayabuchi, Ono Akemi and Shoji Kagami :
Pulmonary annular motion velocity assessed using Doppler tissue imaging - Novel echocardiographic evaluation of right ventricular outflow tract function-,
Circulation Journal, Vol.80, No.1, 168-176, 2015.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-15-0695,   PubMed: 26511460)
20.本間 友佳子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
正常肺組織を犠牲にすることを前提としてコイル塞栓術を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1 例,
日本小児循環器学会雑誌, Vol.31, No.6, 352-357, 2015年.
(DOI: 10.9794/jspccs.31.352)
21.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Optical coherence tomography can visualize the pulmonary artery in Williams-Beuren syndrome,
European Heart Journal Cardiovascular Imaging, Vol.16, No.9, 967, 2015.
(DOI: 10.1093/ehjci/jev109,   PubMed: 25925219,   Thomson Reuters: Web of Science™)
22.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Reply to To PMID 24814570.,
Echocardiography, Vol.32, No.10, 1603-1604, 2015.
(DOI: 10.1111/echo.13029,   PubMed: 26444453)
23.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Aortic forward flow in aortic atresia via ventriculo-coronary arterial connections.,
European Heart Journal Cardiovascular Imaging, Vol.16, No.8, 847, 2015.
(DOI: 10.1093/ehjci/jev077,   PubMed: 25851321,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
24.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Right ventricular myocardial deformation patterns in children with congenital heart disease associated with right ventricular pressure overload.,
European Heart Journal Cardiovascular Imaging, Vol.16, No.8, 890-899, 2015.
(DOI: 10.1093/ehjci/jev011,   PubMed: 25711349,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
25.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Bronchogenic cyst compressing the pulmonary artery and the left atrium.,
European Heart Journal Cardiovascular Imaging, Vol.16, No.7, 746, 2015.
(DOI: 10.1093/ehjci/jev059,   PubMed: 25750196,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
26.Maki Urushihara, T Nagai, Yukiko Kinoshita, S Nishiyama, Ken-ichi Suga, N Ozaki, A Jamba, Shuji Kondo, H Kobori and Shoji Kagami :
Changes in urinary angiotensinogen posttreatment in pediatric IgA nephropathy patients.,
Pediatric Nephrology, Vol.30, No.6, 975-982, 2015.
(DOI: 10.1007/s00467-014-3028-8,   PubMed: 25523477,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
27.A Jamba, Shuji Kondo, Maki Urushihara, T Nagai, JR Kim-Kaneyama, M Miyazaki and Shoji Kagami :
Hydrogen peroxidase-inducible clone-5 regulates mesangial cell proliferation in proliferative glomerulonephritis in mice,
PLoS ONE, Vol.10, No.4, e0122773, 2015.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0122773,   PubMed: 25835392)
28.Nami Inoue, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Are the equations for the creatinine-based estimated glomerular filtration rate applicable to the evaluation of renal function in Japanese children and adult patients receiving chemotherapy?,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.19, No.2, 298-308, 2015.
(DOI: 10.1007/s10157-014-0976-z,   PubMed: 24792810,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
29.M Suzue, Maki Urushihara, Ryuji Nakagawa, T Saijo and Shoji Kagami :
Urinary angiotensinogen level is increased in preterm neonates.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.19, No.2, 293-297, 2015.
(DOI: 10.1007/s10157-014-0977-y,   PubMed: 24792728,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
30.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Assessment of the Helical Ventricular Myocardial Band Using Standard Echocardiography,
Echocardiography, Vol.32, No.2, 310-318, 2015.
(DOI: 10.1111/echo.12624,   PubMed: 24814570,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
31.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Fibromyxoid excrescence of the aortic valve that manifested after catheterisation and required resection.,
Cardiology in the Young, Vol.25, No.2, 362-364, 2015.
(DOI: 10.1017/S1047951114000092,   PubMed: 24495334,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
32.Kenji Mori, Yoshihiro Touda, Hiromichi Ito, Tatsuo Mori, Keiko Mori, Aya Goji, Hiroko Hashimoto, Hiroe Tani, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
Neuroimaging in autism spectrum disorders: 1H-MRS and NIRS study,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 29-36, 2015.
(DOI: 10.2152/jmi.62.29,   PubMed: 25817280,   Elsevier: Scopus)
33.Masashi Suzue, Kazuhiro Mori, MIki Inoue, Yasunobu Hayabuchi, Ryuji Nakagawa and Shoji Kagami :
Developmental changes in the left ventricular diastolic wall strain on M-mode echocardiography,
Journal of Echocardiography, Vol.12, No.3, 98-105, 2014.
(DOI: 10.1007/s12574-014-0222-4)
34.P Fan, Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Continuing medical education activity in echocardiography.,
Echocardiography, Vol.31, No.7, 814, 2014.
(DOI: 10.1111/echo.12728)
35.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Assessment of Two-Component Ventricular Septum: Functional Differences in Systolic Deformation and Rotation Assessed by Speckle Tracking Imaging.,
Echocardiography, Vol.31, No.7, 815-823, 2014.
(DOI: 10.1111/echo.12484,   PubMed: 24341366)
36.早渕 康信, 阪田 美穂, 小野 朱美, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optical Coherence Tomography)で肺血管病変を観察した特発性肺動脈性肺高血圧症,
日本小児循環器学会雑誌, Vol.30, No.3, 365-370, 2014年.
(DOI: 10.9794/jspccs.30.365)
37.Akemi Ono, Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Yuko Ichihara, Shoji Kagami and Kazuhiro Mori :
Right ventricular thrombosis in two patients with pulmonary atresia with intact ventricular septum,
Journal of Echocardiography, Vol.12, No.2, 62-64, 2014.
(DOI: 10.1007/s12574-014-0210-8)
38.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Miki Inoue, Kazuhiro Mori and Shoji Kagami :
Echocardiographic assessment of anomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary artery,
Journal of Echocardiography, Vol.12, No.2, 60-61, 2014.
(DOI: 10.1007/s12574-014-0207-3)
39.Tatsuo Mori, Kenji Mori, Hiromichi Ito, Aya Goji, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada, Kenji Kurosawa and Shoji Kagami :
Age-related changes in a patient with Pelizaeus-Merzbacher disease determined by repeated 1H-magnetic resonance spectroscopy.,
Journal of Child Neurology, Vol.29, No.2, 283-288, 2014.
(DOI: 10.1177/0883073813499635,   PubMed: 24056155,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
40.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0086335,   PubMed: 24489716,   CiNii: 120005597443,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
41.Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Nuno Asami, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Kobori Hiroyuki, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine Ameliorates the Progression of Type 2 Diabetic Nephropathy by Exerting Antioxidative Effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
42.森 健治, 森 達夫, 郷司 彩, 伊藤 弘道, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
自閉症における表情模倣時の脳血流変化 -NIRSによる検討-,
脳と発達, Vol.46, No.4, 281-286, 2014年.
(DOI: 10.11251/ojjscn.46.281,   CiNii: 130004728676)
43.宮崎 雅仁, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
簡易版就学前幼児(4-6歳)用発達障害チェック・リスト(BCD46) -5歳児検診での有用性の検討-,
外来小児科, Vol.17, No.3, 293-300, 2014年.
44.永井 隆, 富本 亜由美, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
Sept-optic dysplasiaの末期腎不全に対して維持血液透析を導入した1例,
日本小児腎不全学会雑誌, Vol.34, 155-156, 2014年.
45.Maki Urushihara, Yusuke Seki, Takahiro Tayama, Takashi Nagai, Yukiko Kinoshita, Ariunbold Jamba, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Glomerular angiotensin-converting enzyme 2 in pediatric IgA nephropathy,
American Journal of Nephrology, Vol.38, No.5, 355-367, 2013.
(DOI: 10.1159/000355618,   PubMed: 24158104,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
46.Tatsuo Mori, Kenji Mori, Masashi Suzue, Hiromichi Ito and Shoji Kagami :
Effective treatment of a 13-year-old boy with steroid-dependent ocular myasthenia gravis using tacrolimus,
Brain & Development, Vol.35, No.5, 445-448, 2013.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2012.06.012,   PubMed: 22840813,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
47.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi, Inoue Miki and Shoji Kagami :
Ratio of early diastolic tricuspid inflow to tricuspid lateral annulus velocity reflects pulmonary regurgitation severity but not right ventricular diastolic function in children with reparied terralogy of Fallot,
Pediatric Cardiology, Vol.34, No.5, 1112-1117, 2013.
(DOI: 10.1007/s00246-012-0612-1,   PubMed: 23247587,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
48.H Sugiyama, H Yokoyama, H Sato, T Saito, Y Kohda, S Nishi, K Tsuruya, H Kiyomoto, H Iida, T Sakaki, M Higuchi, M Hattori, K Oka, Shoji Kagami, T Kawamura, T Takeda, H Hataya, Y Fukusawa, A Fukatsu, K Morozumi, N Yoshikawa, A Shimizu, H Kitamura, Y Yuzawa, S Matsuo, Y Kiyohara, K Joh, M Nagata, T Tagushi and H Makino :
Committee for standardization of renal Pathological diagnosis; Committee for kidney disease registry; Japanese society of nephrology: Japan renal biopsy registry and japan kidney disease registry: Committee report for 2009 and 2010.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.17, No.2, 155-173, 2013.
(DOI: 10.1007/s10157-012-0746-8,   PubMed: 23385776,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
49.Yasunobu Hayabuchi, Inoue Miki, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Subclavian and pulmonary artery steal phenomenon in a patient with isolated left subclavian artery and right aortic arch.,
Journal of Clinical Ultrasound, Vol.41, No.4, 265-268, 2013.
(DOI: 10.1002/jcu.21874,   PubMed: 22238123,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
50.Miho Sakata, Yasunobu Hayabuchi, Inoue Miki, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Left atrial volume change throughout the cardiac cycle in children with congenital heart disease associated with increased pulmonary blood flow: evaluation using a novel left atrium-tracking method.,
Pediatric Cardiology, Vol.34, No.1, 105-111, 2013.
(DOI: 10.1007/s00246-012-0395-4,   PubMed: 22660522,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
51.Kenji Mori, Yoshihiro Touda, Hiromichi Ito, T Mori, A Goji, Emiko Fujii, M Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
A proton magnetic resonance spectroscopic study in autism spectrum disorders: amygdala and orbito-frontal cortex.,
Brain & Development, Vol.35, No.2, 139-145, 2013.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2012.09.016,   PubMed: 23114054,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
52.S Naruse, T Hashimoto, Kenji Mori, Y Tsuda, M Takahara and Shoji Kagami :
Developmental changes in facial expression recognition in Japanese school-age children.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 114-120, 2013.
(DOI: 10.2152/jmi.60.114,   PubMed: 23614919)
53.N Kishi, Ken-ichi Suga, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shuji Kondo, E Kitano, M Hatanaka, H Kitamura, T Sato, A Maeda and Shoji Kagami :
A case of infantile systemic lupus erythematosus with severe lupus nephritis and EBV infection,
CEN Case Reports, Vol.2, No.2, 190-193, 2013.
(DOI: 10.1007/s13730-013-0062-5)
54.吉川 徳茂, 遠藤 文夫, 香美 祥二, 加藤 光広, 尾𥔎 健次郎, 白石 公, 高木 正稔, 中村 秀文, 野口 篤子, 森 臨太郎, 高橋 孝雄, 井田 博幸, 大薗 恵一, 古島 勢二, 五十嵐 隆 :
日本の小児科学研究の現況,
日本小児科学会雑誌, Vol.116, No.12, 1973-1975, 2012年.
(CiNii: 40019533387)
55.山口 美輪, 黒田 暁生, 小谷 裕美子, 松村 晃子, 釜野 桜子, 上村 浩一, 横田 一郎, 香美 祥二, 有澤 孝吉, 松久 宗英 :
小学校給食の副食に含まれる糖質量の検討,
糖尿病, Vol.55, No.12, 952-956, 2012年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.55.952,   CiNii: 40019559514,   Elsevier: Scopus)
56.伊藤 弘道, 森 健治, 森 達夫, 香美 祥二 :
5歳発症のナルコレプシーの1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.116, No.11, 1728-1732, 2012年.
(CiNii: 40019490350)
57.H Yokoyama, H Sugiyama, H Sato, T Taguchi, T Nagata, S Matsuo, H Makino, T Watanabe, T Saito, Y Kiyohara, S Nishi, H Iida, K Morozumi, A Fukatsu, T Sasaki, K Tsuruya, Y Kohda, M Higuchi, H Kiyomoto, S Goto, M Hattori and Shoji Kagami :
Renal disease in the elderly and the very elderly Japanese: analysis of the Japan Renal Biopsy Registry (J-RBR).,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.16, No.6, 903-920, 2012.
(DOI: 10.1007/s10157-012-0673-8,   PubMed: 23053590)
58.Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Kazuko YORITA, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-Amino acid oxidase-induced oxidative stress, 3-bromopyruvate and citrate inhibit angiogenesis, exhibiting potent anticancer effects,
Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.5, 513-523, 2012.
(DOI: 10.1007/s10863-012-9455-y,   PubMed: 22802136,   Thomson Reuters: Web of Science™)
59.Tatsuo Mori, Kenji Mori, Emiko Fujii, Yoshihiro Touda, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada, Toshiaki Hashimoto and Shoji Kagami :
Evaluation of the GABAergic nervous system in autistic brain: (123)I-iomazenil SPECT study.,
Brain & Development, Vol.34, No.8, 648-654, 2012.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2011.10.007,   PubMed: 22099869,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
60.Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Involvement of the intrarenal renin-angiotensin system in experimental models of glomerulonephritis.,
Journal of Biomedicine & Biotechnology, Vol.2012, 601786, 2012.
(DOI: 10.1155/2012/601786,   PubMed: 22811597,   Thomson Reuters: Web of Science™)
61.N Watanabe, Yasunobu Hayabuchi, Ryuji Nakagawa, T Saijo and Shoji Kagami :
Multidetector-row computed tomography evaluation of bilateral bronchial narrowing associated with increased pulmonary blood flow in children with congenital heart disease.,
Congenital Heart Disease, Vol.7, No.5, 410-416, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1747-0803.2012.00653.x,   PubMed: 22494607)
62.T Oonishi, Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Kenji Mori and Shoji Kagami :
Stent placement in the ductus venosus of a neonate with total anomalous pulmonary venous return.,
Journal of Echocardiography, Vol.10, No.1, 27-29, 2012.
(DOI: 10.1007/s12574-011-0102-0,   CiNii: 10030334527,   Elsevier: Scopus)
63.Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou EL-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Diem Hong Tran, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
3-Bromopyruvate antagonizes effects of lactate and pyruvate, synergizes with citrate and exerts novel anti-glioma effects,
Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.1, 61-79, 2012.
(DOI: 10.1007/s10863-012-9409-4,   PubMed: 22318356,   Thomson Reuters: Web of Science™)
64.Ken-ichi Suga, Shuji Kondo, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Glomerular expression of hydrogen peroxide-inducible clone-5 in human and rat progressive mesangial proliferative glomerulonephritis.,
Nephron. Experimental Nephrology, Vol.120, No.2, 59-68, 2012.
(DOI: 10.1159/000335780,   PubMed: 22286178,   Thomson Reuters: Web of Science™)
65.Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the antiglycolytic effect of 3-bromopyruvate,
Cancer Gene Therapy, Vol.19, No.1, 1-18, 2012.
(DOI: 10.1038/cgt.2011.59,   PubMed: 21921941,   Thomson Reuters: Web of Science™)
66.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
肝機能障害なくボセンタンが奏功した胆道閉鎖を合併した多脾症候群・両方向性グレン術後症例,
モダンフィジシャン, Vol.48, 48-51, 2012年.
67.Kenji Mori, T Mori, Y Toda, Emiko Fujii, M Miyazaki, M Harada and Shoji Kagami :
Decreased benzodiazepine receptor and increased GABA level in cortical tubers in tuberous sclerosis complex.,
Brain & Development, Vol.34, No.6, 478-486, 2012.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2011.09.001,   PubMed: 21959128)
68.Shoji Kagami :
Involvement of glomerular renin-angiotensin system (RAS) activation in the development and progression of glomerular injury.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.16, No.2, 214-220, 2012.
(DOI: 10.1007/s10157-011-0568-0,   PubMed: 22134870)
69.Tatsuo Mori, Kenji Mori, Emiko Fujii, Yoshihiro Touda, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
Neuroradiological and neurofunctional examinations for patients with 22q11.2 deletion.,
Neuropediatrics, Vol.42, No.6, 215-221, 2011.
(DOI: 10.1055/s-0031-1295479,   PubMed: 22131192,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
70.Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Urinary angiotensinogen as a biomarker of nephropathy in childhood.,
International Journal of Nephrology, Vol.2011, 206835, 2011.
(DOI: 10.4061/2011/206835,   PubMed: 21860793)
71.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Consideration of the Pathological Features of Pediatric Congenital Heart Diseases Which Are Ideally Suitable for Diagnosing With Multidetector-row CT.,
Cardiology Research, Vol.2, No.4, 150-159, 2011.
(DOI: 10.4021/cr61w)
72.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
A novel bilayer approach to ventricular septal deformation analysis by speckle tracking imaging in children with right ventricular overload,
Journal of the American Society of Echocardiography, Vol.24, No.11, 1205-1212, 2011.
(DOI: 10.1016/j.echo.2011.06.016,   PubMed: 21820866)
73.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Multidetector-row computed tomography visualized peripheral pulmonary artery patency in a patient with occluded modified Blalock-Taussig shunt,
International Journal of Cardiology, Vol.150, No.2, e57-e58, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2009.10.010,   PubMed: 19897263)
74.Aya Fukumoto, Toshiaki Hashimoto, Kenji Mori, Yoshimi Tsuda, Kokichi Arisawa and Shoji Kagami :
Head circumference and body growth in autism spectrum disorders.,
Brain & Development, Vol.33, No.7, 569-575, 2011.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2010.09.004,   PubMed: 20934821,   CiNii: 10031121954)
75.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Serum concentration of Heart-type fatty acid-binding protein in children and adolescents with congenital heart disease,
Circulation Journal, Vol.75, No.8, 1992-1997, 2011.
(DOI: 10.1253/circj.CJ-10-1256,   PubMed: 21617322,   Thomson Reuters: Web of Science™)
76.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata, Manal Helmy Mohamed Nabo and Shoji Kagami :
Minimum-intensity projection of multidetector-row computed tomography for assessment of pulmonary hypertension in children with congenital heart disease,
International Journal of Cardiology, Vol.149, No.2, 192-198, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2010.01.008,   PubMed: 20144487)
77.Maki Shimizu, Takanori Sekiguchi, Natsuko Kishi, Aya Goji, Tomoko Takahashi, Hiroko Kozan, Zenichi Sakaguchi, Yukiko Kinoshita, Sato Matsuura, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Katsuaki Ohara :
A case of a 6-year-old girl with anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody-negative pauci-immune crescentic glomerulonephritis.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.15, No.4, 596-601, 2011.
(DOI: 10.1007/s10157-011-0423-3,   PubMed: 21360022,   Thomson Reuters: Web of Science™)
78.Helmy Manal Mohamed Nabo, Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata, Tatsuya Ohnishi and Shoji Kagami :
Pulmonary emphysematous changes in patients with congenital heart disease associated with increased pulmonary blood flow, --- Evaluatio using multidetector-row computed tomography ---,
Heart, Lung & Circulation, Vol.20, No.9, 587-592, 2011.
(DOI: 10.1016/j.hlc.2011.04.038,   PubMed: 21621459)
79.Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Kazuaki Mawatari, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Cell membrane stretch activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells,
Heart and Vessels, Vol.26, No.1, 91-100, 2011.
(DOI: 10.1007/s00380-010-0025-0,   PubMed: 21063882)
80.Miki Inoue, Yasunobu Hayabuchi and Shoji Kagami :
Development of systemic-to-pulmonary collateral arteries in a patients with hypoplastic left heart syndrome after bilateral pulmonary artery banding,
Cardiology in the Young, Vol.20, No.4, 465-467, 2010.
(DOI: 10.1017/S1047951110000557,   PubMed: 20426895)
81.Ken-ichi Suga, Shuji Kondo, Sato Matsuura, Yukiko Kinoshita, E Kitano, M Hatanaka, H Kitamura, Y Hidaka, T Oda and Shoji Kagami :
A case of dense deposit disease associated with a group A streptococcal infection without the involvement of C3NeF or complement factor H deficiency,
Pediatric Nephrology, Vol.25, No.8, 1547-1550, 2010.
(DOI: 10.1007/s00467-010-1479-0,   PubMed: 20221776)
82.Maki Urushihara, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Hiroyuki Kobori :
Urinary angiotensinogen accurately reflects intrarenal Renin-Angiotensin system activity.,
American Journal of Nephrology, Vol.31, No.4, 318-325, 2010.
(DOI: 10.1159/000286037,   PubMed: 20160435,   Thomson Reuters: Web of Science™)
83.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata, ManalMH Nabo, Tetsuya Kitagawa, Takashi Kitaichi and Shoji Kagami :
Assessment of systemic-pulmonary collateral arteries in children with cyanotic congenital heart disease using multidetector-row computed tomography: Comparison with conventional angiography,
International Journal of Cardiology, Vol.138, No.3, 266-271, 2010.
(DOI: 10.1016/j.ijcard.2008.08.018,   PubMed: 18790544)
84.Tatsushi Miyazaki, Katsunori Tatara, Kazuhiro Mori, Miki Inoue, Yasunobu Hayabuchi and Shoji Kagami :
Increased mid-left ventricular rotation in patients with Duchenne muscular dystrophy using two-dimensional speckle tracking echocardiography,
Journal of Echocardiography, Vol.8, No.1, 14-24, 2010.
(DOI: 10.1007/s12574-009-0025-1,   CiNii: 10027080092)
85.Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Yukiko Kinoshita, Kenichi Suga, Akiko Kitamura, Sato Matsuura, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hiroshi Kawachi and Shoji Kagami :
ERK5 activation enhances mesangial cell viability and collagen matrix accumulation in rat progressive glomerulonephritis.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.298, No.1, F167-76, 2010.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00124.2009,   PubMed: 19846573)
86.Manal Helmy Mohamed Nabo, Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Assessment of modified Blalock-Taussig shunt in children with congenital heart disease using multidetector-row computed tomography,
Heart and Vessels, Vol.25, No.6, 529-535, 2010.
(DOI: 10.1007/s00380-010-0007-2,   PubMed: 20878166,   CiNii: 120005180066,   Thomson Reuters: Web of Science™)
87.近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 木下 ゆき子, 香美 祥二, M Christine Sorenson :
腎発生におけるbc1-2の役割,
発達腎研究会誌, Vol.18, No.181, 6-9, 2010年.
88.Toshie Saito, Maki Urushihara, Yumiko Kotani, Shoji Kagami and Hiroyuki Kobori :
Increased urinary angiotensinogen is precedent to increased urinary albumin in patients with type 1 diabetes.,
The American Journal of the Medical Sciences, Vol.338, No.6, 478-480, 2009.
(DOI: 10.1097/MAJ.0b013e3181b90c25,   PubMed: 19884815,   Thomson Reuters: Web of Science™)
89.Miki Inoue, Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori, Katsunori Tatara and Shoji Kagami :
Autonomic function in patients with Duchenne muscular dystrophy,
Pediatrics International, Vol.51, No.1, 33-40, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1442-200X.2008.02656.x,   PubMed: 19371275)
90.Noriko Watanabe, Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Miho Sakata, Nabo Mohamed Helmy Manal, Ryuji Nakagawa, Takahiko Saijo and Shoji Kagami :
Tracheal compression due to an elongated aortic arch in patients with congenital heart disease: evaluation using multidetector-row CT,
Pediatric Radiology, Vol.39, No.10, 1048-1053, 2009.
(DOI: 10.1007/s00247-009-1319-1,   PubMed: 19547963)
91.Miho Sakata, Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue and Shoji Kagami :
Stenting of ductus arteriosus in a neonate with truncus arteriosus and interrupted aortic arch associated with a right aortic arch,
Pediatric Cardiology, Vol.30, No.8, 1180-1183, 2009.
(DOI: 10.1007/s00246-009-9522-2,   PubMed: 19705182)
92.Yasuhisa Kanematsu, Kunihisa Yamaguchi, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary doses of nitrite restore circulating nitric oxide level and improve renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.295, No.5, F1457-F1462, 2008.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00621.2007,   PubMed: 18753302)
93.Tatsushi Miyazaki, Katsunori Tatara, Kazuhiro Mori, Miki Inoue, Yasunobu Hayabuchi and Shoji Kagami :
Segmental Myocardial Strain of the Left Ventricle in Patients With Duchenne Muscular Dystrophy Using Two-Dimensional Speckle Tracking Echocardiography,
Journal of Echocardiography, Vol.6, No.4, 100-108, 2008.
(DOI: 10.2303/jecho.6.100,   CiNii: 10025400479)
94.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue and Shoji Kagami :
Rare venous connection causing severe hypoxia after Fontan operation,
Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery, Vol.7, No.4, 718-719, 2008.
(DOI: 10.1510/icvts.2008.175596,   PubMed: 18407962)
95.Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration,
Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
(DOI: 10.1291/hypres.30.1107,   PubMed: 18250560)
96.Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori, Tetsuya Kitagawa, Miki Inoue and Shoji Kagami :
Accurate quantification of pulmonary artery diameter in patients with cyanotic congenital heart diease using multidetector-row computed tomography,
American Heart Journal, Vol.154, No.4, 783-788, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ahj.2007.06.004,   PubMed: 17893009)
97.Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori and Shoji Kagami :
Virtual endoscopy using multidetector-row CT for coil occlusion of patent ductus arteriosus,
Catheterization and Cardiovascular Interventions, Vol.70, No.3, 434-439, 2007.
(DOI: 10.1002/ccd.21108,   PubMed: 17380493)
98.Yasunobu Hayabuchi, Kazuhiro Mori, Tetsuya Kitagawa, Sakata Miho and Shoji Kagami :
Polytetrafluoroethylene graft calcification in patients with surgically repaired congenital heart disease:Evaluation using multidetector-row computed tomography,
American Heart Journal, Vol.153, No.5, 806e1-806e8, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ahj.2007.01.035,   PubMed: 17452157)
99.Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami, Katsunori Tatara, Y Hirayama and Y Abe :
Myocardial strain imaging for early detection of cardiac involvement in patients with Duchenne's progressive muscular dystrophy.,
Echocardiography, Vol.24, No.6, 598-608, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1540-8175.2007.00437.x,   PubMed: 17584199)
100.阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 中川 竜二, 田口 義行, 香美 祥二 :
多源性心房性頻拍症の2乳児例,
小児科臨床, Vol.59, No.10, 2135-2141, 2006年.
(CiNii: 40007475357)
101.Yasunobu Hayabuchi, Yutaka Nakaya, Yasui Sonoko, Kazuaki Mawatari, Kazuhiro Mori, Suzuki Mitsujiro and Shoji Kagami :
Angiotensin II activates intermediate-conductance Ca2+-activated K+ channels in arterial smooth muscle cells.,
Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Vol.41, No.6, 972-929, 2006.
(DOI: 10.1016/j.yjmcc.2006.07.010,   PubMed: 16919291)
102.Shuji Kondo, Maki Shimizu, Maki Urushihara, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T. Mark, Lambeth J. David and Shoji Kagami :
Addition of the antioxidant probucol to angiotensin II type I receptor antagonist arrests progression mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.17, No.3, 783-794, 2006.
(DOI: 10.1681/ASN.2005050519,   PubMed: 16467449)
103.Miki Inoue, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Katsunori Tatara and Shoji Kagami :
Mean heart rate at noght as a predictor for the evaluation of autonomic function in patietns with Duchenne progressive muscular dystrophy,
Eur Heart J, Vol.27, suppl-685, 2006.
104.Sakata Miho, Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Suzuki Mitsujiro, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami and Baba Hirotaka :
Myocardial systolic strain in normal children using a tissue tracking system,
Journal of Echocardiography, Vol.4, No.1, 19-24, 2006.
(DOI: 10.2303/jecho.4.19,   CiNii: 10017422419)
105.Yoshihiro Touda, Kenji Mori, Toshiaki Hashimoto, Masahito Miyazaki, Satoshi Nozaki, Yasuyoshi Watanabe, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami :
Administration of secretin for autism alters dopamine metabolism in the central nervous system.,
Brain & Development, Vol.28, No.2, 99-103, 2005.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2005.05.005,   PubMed: 16168596)
106.Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells,
Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2005.04.028,   PubMed: 15921682)
107.Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Nitrite is an alternative source of NO in vivo,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
(DOI: 10.1152/ajpheart.00525.2004,   PubMed: 15626692)
108.Maki Urushihara, Shoji Kagami, Michinori Ito, Koji Yasutomo, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Akiyoshi Takahashi and Yasuhiro Kuroda :
Transforming growth factor-β in renal disease with glycogen storage disease I,
Pediatric Nephrology, Vol.19, No.6, 676-678, 2004.
(DOI: 10.1007/s00467-004-1456-6,   PubMed: 15064941)
109.Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki :
Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells,
Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
(DOI: 10.1291/hypres.27.433,   PubMed: 15253109)
110.Maki Urushihara, Shoji Kagami, Koji Yasutomo, Michinori Ito, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Dag Malm, Helle Klenow, Oiviind Nilssen and Yasuhiro Kuroda :
Sisters with α-mannosidosis and systemic lupus erythematosus,
European Journal of Pediatrics, Vol.163, No.4-5, 192-195, 2004.
(DOI: 10.1007/s00431-004-1404-2,   PubMed: 14760529,   CiNii: 120004292005,   Thomson Reuters: Web of Science™)
111.Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Akira Nishiyama, Yuichi Ozawa, Moe Kyaw, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
BMK1 is activated in glomeruli of diabetic rats and in mesangial cells by high glucose conditions,
Kidney International, Vol.65, No.5, 1749-1760, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1523-1755.2004.00576.x,   PubMed: 15086914,   CiNii: 120004928751,   Thomson Reuters: Web of Science™)
112.Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Yuki Izawa, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Toshiaki Tamaki :
Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation,
Molecular Pharmacology, Vol.65, No.4, 832-841, 2004.
(DOI: 10.1124/mol.65.4.832,   PubMed: 15044612)
113.Shoji Kagami, M Urushihara, A Kitamura, S Kondo, Tetsuhiro Hisayama, M Kitamura, K Loster, W Reutter and Yasuhiro Kuroda :
PDGF-BB enhances alpha1beta1 integrin-mediated activation of the ERK/AP-1 pathway involved in collagen matrix remodeling by rat mesangial cells.,
Journal of Cellular Physiology, Vol.198, No.3, 470-478, 2004.
(DOI: 10.1002/jcp.10433,   PubMed: 14755552,   CiNii: 80016394322,   Thomson Reuters: Web of Science™)
114.Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yuki Suzaki, Moe Kyaw, Nermin Ali, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki :
Ebselen inhibits tumor necrosis factor-α-induced c-jun N-terminal kinase activation and adhesion molecule expression in endothelial cells,
Experimental Cell Research, Vol.292, No.1, 1-10, 2004.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2003.08.003,   PubMed: 14720501,   CiNii: 80016399784,   Thomson Reuters: Web of Science™)
115.Akira Nishiyama, Li Yao, Y Nagai, K Miyata, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Hideyasu Kiyomoto, T Shokoji, Shoji Kimura, Masakazu Kohno and Youichi Abe :
Possible Contributions of Rerative Oxygen Species and Mitoten-Activated Protein Kinase to Renal Injury in Aldosterone/Salt-Induced Hypertensive Rats,
Hypertension, Vol.43, No.4, 841-848, 2004.
(DOI: 10.1161/01.HYP.0000118519.66430.22,   PubMed: 14769808)
116.Nermin Ali, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Moe Kyaw, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Shinji Abe, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Ebsalen inhibits p38MAP kinase-mediated endothelial cell death by hydrogen peroxide.,
European Journal of Pharmacology, Vol.485, No.1-3, 127-135, 2004.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2003.11.079,   PubMed: 14757132)
117.Akira Nishiyama, Masanori Yoshizumi, Hirofumi Hitomi, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Akira Miyatake, Megumu Fukunaga, Toshiaki Tamaki, Hideyasu Kiyomoto, Masakazu Kohno, Takatomi Shokoji, Shoji Kimura and Abe Youichi :
The SOD mimetic tempol ameliorates glomerular injury and reduces MAPK activity in Dahl salt-sensitive rats.,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.15, No.2, 306-315, 2004.
(DOI: 10.1097/01.ASN.0000108523.02100.E0,   PubMed: 14747377)
118.田村 典子, 近藤 秀治, 清水 真樹, 北村 明子, 香美 祥二, 黒田 𣳾弘 :
早期積極的治療が奏効した半月体形成性 IgA 腎症の1例,
日本小児腎臓病学会雑誌, Vol.16, No.2, 63-67, 2003年.
(DOI: 10.3165/jjpn.16.127,   CiNii: 130000077670)
119.Shuji Kondo, Shoji Kagami, Maki Shimizu, Akiko Kitamura, Maki Urushihara, Nobuo Satake, Keisuke Izumi and Yasuhiro Kuroda :
The role of mast cells in acute tubulo-interstitial nephritis with uveitis,
European Journal of Pediatrics, Vol.162, No.7-8, 496-499, 2003.
(DOI: 10.1007/s00431-003-1232-9,   PubMed: 12733071,   CiNii: 120004253760,   Thomson Reuters: Web of Science™)
120.Akiko Kitamura, Shoji Kagami, Maki Urushihara, Syuji Kondo, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Yasuhiro Kuroda :
Endothelin-1 is a potent stimulator of a1b1 integrin-mediated collagen matrix remodeling by rat mesangial cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.299, No.4, 555-561, 2002.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(02)02693-1,   PubMed: 12459174,   Thomson Reuters: Web of Science™)
121.近藤 秀治, 香美 祥二, 漆原 真樹, 北村 明子, 佐竹 宣法, 泉 啓介, 黒田 𣳾弘 :
肥満細胞浸潤を認めたぶどう膜炎を伴う間質性腎炎症候群の1女児例,
日本小児腎臓病学会雑誌, Vol.15, No.2, 7-10, 2002年.
(DOI: 10.3165/jjpn.15.89,   CiNii: 130000077833)
122.Shoji Kagami, Maki Urushihara, Shuji Kondo, Hayashi Toshihiko, Hiroko Yamano, Loster Kiemens, Vossmeyer Dorte, Reutter Werner and Yasuhiro Kuroda :
Effects of Anti-1 Integrin Subunit Antibody on Anti-Thy-1 Glomerulonephritis,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.82, No.9, 1219-1227, 2002.
(PubMed: 12218083)
123.Shoji Kagami, Maki Urushihara, Shuji Kondo, Hayashi Toshihiko, Hiroko Yamano, Loster Kiemens, Vossmeyer Dorte, Reutter Werner and Yasuhiro Kuroda :
Effects of Anti-α1 Integrin Subunit Antibody on Anti-Thy-1 Glomerulonephritis,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.82, No.9, 1219-1227, 2002.
(PubMed: 12218083,   Elsevier: Scopus)
124.Maki Urushihara, Shoji Kagami, Takeshi Kuhara, Toshiaki Tamaki and Yasuhiro Kuroda :
Glomerular distribution and gelatinolytic activity of natrix metalloproteinases in human glomerulonephritis.,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.17, No.7, 1189-1196, 2002.
(DOI: 10.1093/ndt/17.7.1189,   PubMed: 12105240,   Thomson Reuters: Web of Science™)
125.Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Hajime Koyama, Yutaka Taketani, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya, Eiji Takeda and Toshiaki Tamaki :
Hydrogen Peroxide Stimulates c-Src-mediated Big Mitogen-activated Protein Kinase 1(BMK1) and the MEF2C Signaling Pathway in PC12 Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.277, No.11, 9614-9621, 2002.
(DOI: 10.1074/jbc.M111790200,   PubMed: 11782488,   CiNii: 80015264938,   Thomson Reuters: Web of Science™)
126.Akiko Kitamura, Shoji Kagami, Maki Urushihara, Syuji Kondo, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Yasuhiro Kuroda :
Endothelin-1 is a potent stimulator of a1b1 integrin-mediated collagen matrix remodeling by rat mesangial cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.299, 555-561, 2002.
127.Masanori Yoshizumi, Toshiaki Kogame, Yuki Suzaki, Yoshiko Fujita, Moe Kyaw, Kazuyoshi Kirima, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Ebselen attenuates oxidative styress-induced apoptosis via the inhibition of the c jun N-terminal kinase and activator protein-1 signaling pathway in PC12 cells.,
British Journal of Pharmacology, Vol.136, No.7, 1023-1032, 2002.
128.Shoji Kagami, K Urushihara, K. Loster, W. Reutter, Toshiaki Tamaki, Masanori Yoshizumi and Yasuhiro Kuroda :
Requirement for tyrosine kinase-ERK1/2 signaling in a1b1 integrin-mediated collagen matrix remodeling by rat mesangial cells.,
Experimental Cell Research, Vol.268, No.2, 274-283, 2001.
(DOI: 10.1006/excr.2001.5279,   PubMed: 11478853,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
129.Koji Yasutomo, Horiuchi Takahiko, Shoji Kagami, Hiroshi Tsukamoto, Chinami Hashimura, Maki Urushihara and Yasuhiro Kuroda :
Mutation in DNASE I in people with systemic lupus erythematosus,
Nature Genetics, Vol.28, No.4, 313-314, 2001.
(DOI: 10.1038/91070,   PubMed: 11479590)
130.Shuji Kondo, Shoji Kagami, Hiroshi Kido, Strutz Frank, Muller A. Gerhard and Yasuhiro Kuroda :
Role of Mast Cell Tryptase in Renal Interstitial Fibrosis,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.12, No.8, 1668-1676, 2001.
(PubMed: 11461939)
131.Daisuke Inui, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Effect of Endothelin-1(1-31) on p38 Mitogen-Activated Protein Kinase in Cultured Human Mesangial Cells.,
Life Sciences, Vol.68, No.6, 635-645, 2000.
(DOI: 10.1016/S0024-3205(00)00976-0,   PubMed: 11205878,   Elsevier: Scopus)
132.Shoji Kagami, Shuzi Kondo, Maki Urushihara, Loster Klemens, Reutter Werner, Takahiko Saijo, Akiko Kitamura, Shoko Kobayashi and Yasuhiro Kuroda :
Overexpression of 11 integrin directly affects rat mesangial cell behavior,
Kidney International, Vol.58, No.3, 1088-1097, 2000.
(DOI: 10.1046/j.1523-1755.2000.00266.x,   PubMed: 10972673)
133.Shoji Kagami, Shuzi Kondo, Maki Urushihara, Loster Klemens, Reutter Werner, Takahiko Saijo, Akiko Kitamura, Shoko Kobayashi and Yasuhiro Kuroda :
Overexpression of α1β1 integrin directly affects rat mesangial cell behavior,
Kidney International, Vol.58, No.3, 1088-1097, 2000.
(DOI: 10.1046/j.1523-1755.2000.00266.x,   PubMed: 10972673,   Elsevier: Scopus)
134.Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Yuki Suzaki, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Tetsuhiro Hisayama, Hiroyuki Fukui and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31) on human mesangial cell proliferation,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.84, No.2, 146-155, 2000.
135.Shoji Kagami, Shuji Kondo, Klemens Loster, Werner Reutter, Takashi Kuhara, Koji Yasutomo and Yasuhiro Kuroda :
Alpha1beta1 integrin-mediated collagen matrix remodeling by rat mesangial cells is differentially regulated by transforming growth factor-beta and platelet-derived growth factor-BB,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.10, No.4, 779-789, 1999.
(PubMed: 10203362,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
136.Shoji Kagami, Shuji Kondo, Loster Klemens, Werner Reutter, Maki Urushihara, Akiko Kitamura, Shoko Kobayashi and Yasuhiro Kuroda :
Collagen Type I Modulates the Platelet-Derived Growth Factor (PDGF) Regulation of the Growth and Expression of β1 Integrins by Rat Mesangial Cells,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.252, No.3, 728-732, 1998.
(DOI: 10.1006/bbrc.1998.9733,   PubMed: 9837774,   Thomson Reuters: Web of Science™)
137.Masanori Yoshizumi, Shokei Kim, Shoji Kagami, Akinori Hamaguchi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Hiroshi Iwao, Hiroshi Kido and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31)on extracellular signal-regulated kinase and proliferation of human coronary artery smooth muscle cells.,
British Journal of Pharmacology, Vol.125, No.5, 1019-1027, 1998.
138.Takashi Kuhara, Shoji Kagami and Yasuhiro Kuroda :
Expression of β1-Integrins on Activated Mesangial Cells in Human Glomerulonephritis,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.8, No.11, 1679-1687, 1997.
(PubMed: 9355070)
139.Shoji Kagami, Takashi Kuhara, Kaname Okada, Yasuhiro Kuroda, Border A. Wayne and Noble A. Nancy :
Dual effects of angiotensin 2 on the plasminogen/plasmin system in rat mesangial cells,
Kidney International, Vol.51, 664-671, 1997.
140.Shoji Kagami, Border A. Wayne, Miller E Diane and Noble A. Nancy :
Angiotensin 2 Stimulates Extracellular Matrix Protein Synthesis through Induction of Transforming Growth Factor-β Expression in Rat Glomerular Mesangial Cells,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.93, 2431-2437, 1994.
141.Shoji Kagami, Border A. Wayne, Ruoslahti Erkki and Noble A. Nancy :
Coordinated Expression of β1 Integrins and Transforming Growth Factor-β-Induced Matrix Proteins in Glomerulonephritis,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.69, No.1, 68, 1993.

学術論文(紀要・その他):

1.本間 友佳子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
正常肺組織を犠牲にすることを前提としてコイル塞栓術を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1 例,
日本小児循環器学会雑誌, Vol.31, No.6, 352-357, 2015年.
2.Hiromichi Ito, Kenji Mori, Tatsuo Mori, A Goji and Shoji Kagami :
Case of early childhood-onset narcolepsy with cataplexy: comparison with a monozygotic co-twin.,
Pediatrics International, Vol.56, No.5, 789-793, 2014.
(DOI: 10.1111/ped.12377,   PubMed: 25336002,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
3.Nami Inoue, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Mika Sakaki, Teruyoshi Kageji, Shinji Nagahiro and Shoji Kagami :
Atypical teratoid rhabdoid tumor in the cavernous sinus of a toddler presenting with oculomotor nerve palsy.,
Child's Nervous System, Vol.30, No.8, 1463-1466, 2014.
(DOI: 10.1007/s00381-014-2407-6,   PubMed: 24682530,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
4.Toshihiro Sawai, Masaomi Nangaku, Akira Ashida, Rika Fujimaru, Hiroshi Hataya, Yoshihiko Hidaka, Shinya Kaname, Hirokazu Okada, Waichi Sato, Takashi Yasuda, Yoko Yoshida, Yoshihiro Fujimura, Motoshi Hattori and Shoji Kagami :
Diagnostic criteria for atypical hemolytic uremic syndrome proposed by the Joint Committee of the Japanese Society of Nephrology and the Japan Pediatric Society.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.18, No.1, 4-9, 2014.
(DOI: 10.1007/s10157-013-0911-8,   PubMed: 24343712,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
5.T Sawai, M Nangaku, A Ashida, R Fujimaru, H Hataya, Y Hidaka, S Kaname, H Okada, W Sato, T Yasuda, Y Yoshida, Y Fujimura, M Hattori and Shoji Kagami :
Diagnostic criteria for atypical hemolytic uremic syndrome proposed by the Joint Committee of the Japanese Society of Nephrology and the Japan Pediatric Society.,
Pediatrics International, Vol.56, No.1, 1-5, 2014.
(DOI: 10.1111/ped.12274,   PubMed: 24548192,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
6.Nami Inoue, Hiroyoshi Watanabe, Hiroo Takehara, M Hamazaki and Shoji Kagami :
Refractory pediatric nonrhabdomyosarcoma soft tissue sarcoma associated with ectopic production of beta hCG and hypercalcemia induced by PTHrP.,
Pediatric Blood & Cancer, Vol.57, No.7, 1244-1246, 2011.
(DOI: 10.1002/pbc.23271,   PubMed: 21898783)
7.Ichiro Yokota, Maki Moritani, K Nishisho, T Miyoshi, Yumiko Kotani and Shoji Kagami :
Detection of glucokinase gene defects in non-obese Japanese children diagnosed with diabetes by school medical examinations.,
Endocrine Journal, Vol.58, No.9, 741-746, 2011.
(DOI: 10.1507/endocrj.K11E-062,   PubMed: 21720051,   Thomson Reuters: Web of Science™)
8.Sato Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Expression of focal adhesion proteins in the developing rat kidney.,
The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.59, No.9, 864-874, 2011.
(DOI: 10.1369/0022155411413929,   PubMed: 21705647,   Thomson Reuters: Web of Science™)
9.H Sugiyama, H Yokoyama, H Sato, Y Kohda, S Nishi, K Tsuruya, H Kiyomoto, H Iida, T Sasaki, M Higuchi, M Hattori, K Oka, Shoji Kagami, M Nagata, T Kawamura, M Honda, Y Fukasawa, A Fukatsu, K Morozumi, N Yoshikawa, Y Yuzawa, S Matsuo, Y Kiyohara, K Joh, T Taguchi and H Makino :
Japan Renal Biopsy Registry: the first nationwide, web-based, and prospective registry system of renal biopsies in Japan.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.15, No.4, 493-503, 2011.
(DOI: 10.1007/s10157-011-0430-4,   PubMed: 21437579)
10.松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
尿管芽分岐とネフロン形成におけるNADPHオキシダーゼの役割,
発達腎研究会誌, Vol.19, 11-13, 2011年.
11.宮崎 雅仁, 森 達夫, 森 健治, 香美 祥二 :
注意欠陥/多動性障害の神経生理学的研究,
外来小児科, Vol.14, 24-28, 2011年.
12.Hiromichi Ito, Kenji Mori, Miho Sakata, Etsuo Naito, M Harada and Shoji Kagami :
Transient left temporal lobe lesion in Menkes disease may influence the generation of tonic spasms.,
Brain & Development, Vol.33, No.4, 345-348, 2011.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2010.05.009,   PubMed: 21382542)
13.Emiko Fujii, Kenji Mori, Masahito Miyazaki, Toshiaki Hashimoto, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
Function of the frontal lobe in autistic individuals: a proton magnetic resonance spectroscopic study,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1,2, 35-44, 2010.
(DOI: 10.2152/jmi.57.35,   PubMed: 20299741)
14.森 一博, 松岡 優, 早渕 康信, 香美 祥二 :
右位心・中位心,
日本臨牀, Vol.7, No.7, 33-36, 2008年.
15.森 一博, 松岡 優, 早渕 康信, 香美 祥二 :
収縮期雑音 心室中隔欠損 大動脈弁下狭窄,
症状と所見から考える心血管エコー, 163-167, 2008年.

学術レター:

1.T Kohmoto, M Shono, T Naruto, M Watanabe, Ken-ichi Suga, Ryuji Nakagawa, Shoji Kagami, K Masuda and I Imoto :
A novel frameshift mutation of CHD7 in a Japanese patient with CHARGE syndrome.,
Human Genome Variation, Vol.3, 16004, 2016.
(DOI: 10.1038/hgv.2016.4,   PubMed: 27081570)
2.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
進行性に3枝ブロックを認め,ペースメーカー治療を要した新生児例,
第18回日本小児心電学会, 2013年.

総説・解説:

1.香美 祥二, 永井 隆, 近藤 秀治 :
非典型溶血性尿毒症症候群とeculizumab (特集 一般内科外来でみる出血傾向 : 「ぶつけてないのにアザ!」にあわてない),
内科, Vol.114, No.2, 285-291,
2.近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
SorensonChristine M: bcl-2,
発達腎研究会誌, Vol.18, No.1, 9,
3.香美 祥二 :
慢性腎臓病とアンジオテンシン受容体拮抗薬 小児日常診療でその薬を使うとき・つかうべきでないとき69,
小児科, Vol.57, No.13, 1652-1653, 2016年.
4.香美 祥二 :
小児aHUS update.,
日本小児腎不全学会雑誌, Vol.36, 15-21, 2016年.
5.香美 祥二 :
小児科から内科への連携transition,
腎臓内科・泌尿器科, Vol.4, No.4, 367-370, 2016年.
6.香美 祥二 :
抗C5抗体療法,
臨床免疫·アレルギー科, Vol.65, No.6, 519-524, 2016年.
7.香美 祥二, 岡田 浩一, 南学 正臣, 要 伸也, 丸山 彰一, 安田 隆, 加藤 秀樹, 吉田 遥子, 服部 元史, 芦田 明, 幡谷 浩史, 日高 義彦, 澤井 俊宏, 伊藤 秀一, 藤丸 季可, 藤村 吉博, 宮川 義隆 :
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド2015,
日本腎臓学会誌, Vol.58, No.2, 62-75, 2016年.
(PubMed: 27169253,   CiNii: 40020813177)
8.香美 祥二 :
慢性腎炎症候群(IgA腎症を中心に),
小児科診療ガイドライン-最新の診療指針-, 377-380, 2016年.
9.香美 祥二 :
小児ネフローゼ症候群,
診療ガイドラインUP-TO-DATE, 909-913, 2016年.
10.香美 祥二 :
溶血性尿毒症症候群,
今日の治療指針2016, 1441-1442, 2016年.
11.香美 祥二 :
非典型溶血性尿毒症症候群,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, Vol.34, 445-449, 2015年11月.
12.漆原 真樹, 香美 祥二 :
腎内レニン-アンジオテンシン系活性酸素種と腎組織リモデリング,
医学のあゆみ レドックスUPDATE-ストレス制御の臨床医学・健康科学, 193-196, 2015年7月.
13.Yasunobu Hayabuchi, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Multidetector Row Computed Tomography Evaluation in Pediatric Heart Diseases -Additional Information to Echocardiography and Conventional Cardiac Catherterization,
International Journal of Pediatric Research, Vol.1, No.1, 1, Feb. 2015.
14.近藤 秀治, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
膜性増殖性糸球体腎炎,
小児内科増刊号, Vol.47, 507-510, 2015年.
15.香美 祥二 :
非典型溶血性尿毒症症候群,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, Vol.34, 445-449, 2015年.
16.木下 ゆき子, 香美 祥二 :
腎疾患と補体,
血液フロンティア, Vol.25, No.9, 71-78, 2015年.
17.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)の最新知識,
医薬ジャーナル, Vol.51, No.5, 101-105, 2015年.
18.漆原 真樹, 香美 祥二 :
腎内レニン-アンジオテンシン系.活性酵素と腎組織モデリング,
医学のあゆみ レドックスUP DATE-ストレス制御の臨床医学・研究健康科学, No.9, 193-196, 2015年.
19.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)の最新知識,
医薬ジャーナル, Vol.51, No.5, 101-105, 2015年.
20.香美 祥二, 永井 隆, 近藤 秀治 :
非典型溶血性尿毒症症候群とeculizumab(特集 一般内科外来でみる出血傾向:「ぶつけてないのにアザ!」にあわてない),
内科, Vol.114, No.2, 285-291, 2014年2月.
21.香美 祥二 :
TTP/HUS/aHUS -序に変えて-,
日本腎臓学会雑誌, Vol.56, No.7, 1029-1030, 2014年.
22.香美 祥二 :
腎臓レニン・アンジオテンシン系(RAS):生命の環を支え,脅かすもの.,
日本小児腎臓病学会雑誌, Vol.26, No.2, 227-231, 2014年.
(DOI: 10.3165/jjpn.26.227,   CiNii: 130004495413)
23.香美 祥二 :
子どもの検尿検査と腎疾患について,
ふたば : mother and child health, No.78, 13-21, 2014年.
24.香美 祥二 :
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の診断基準,
小児科, Vol.55, No.2, 203-210, 2014年.
25.香美 祥二, 岡田 浩一, 要 伸也, 佐藤 和一, 南学 正臣, 安田 隆, 服部 元史, 芦田 明, 藩谷 浩史, 日高 義彦, 澤井 俊宏, 藤丸 季可, 藤村 吉博, 吉田 瑤子 :
非典型溶血性尿毒症症候群 診断基準,
日本腎臓学会誌, Vol.55, No.2, 91-93, 2013年.
(PubMed: 23631293,   CiNii: 40019635064,   Elsevier: Scopus)
26.香美 祥二, 近藤 秀治 :
腎臓専門医研修カリキュラム小児科系,
日本腎臓学会誌, Vol.55, No.8, 1348-1390, 2013年.
(CiNii: 40019898332,   Elsevier: Scopus)
27.香美 祥二, 近藤 秀治 :
エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013,
日本腎臓学会誌, Vol.55, 585-860, 2013年.
28.永井 隆, 香美 祥二 :
急性腎不全. ワンランク上の小児の臨床検査-病態生理に基づく選び方・考え方-,
小児科学レクチャー, Vol.3, No.2, 426-428, 2013年.
29.香美 祥二 :
急性腎炎症候群. いつどのようにしてその治療を打ち切るか —エキスパートに聞くー,
小児科, Vol.54, No.5, 621-625, 2013年.
30.近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 香美 祥二 :
ラット腎発生でのFAKのリン酸化と役割,
発達腎研究会誌, Vol.20, No.1, 874-875, 2012年.
31.Hiromichi Ito, Kenji Mori and Shoji Kagami :
Neuroimaging of stroke-like episodes in MELAS.,
Brain & Development, Vol.33, No.4, 283-288, 2011.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2010.06.010,   PubMed: 20609541)
32.近藤 秀治, 香美 祥二 :
38多発性嚢胞腎(PKD)「50の典型例で学ぶ小児の腎泌尿器疾患」,
診断と治療社, 244-247, 2011年.
33.須賀 健一, 香美 祥二 :
V 薬剤による酸塩基平衡異常 Q11 代謝性・呼吸性アシドーシスをきたす薬剤,
小児科学レクチャー1, 65-70, 2011年.
34.木下 ゆき子, 香美 祥二 :
体重が20kgを超える小児の中等度脱水に際して,第1日目の輸液計画はどのように立てればよいですか,
小児内科, Vol.43, 372-374, 2011年.
35.近藤 秀治, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
特集【腎臓学この一年の進歩】小児腎臓病学,
日本腎臓学会誌, Vol.53, 10-14, 2011年.
36.森 健治, 藤井 笑子, 東田 好広, 伊藤 弘道, 森 達夫, 郷司 彩, 福本 礼, 成瀬 進, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
軽度認知障害と脳核医学,
臨床脳波, Vol.52, No.6, 332-338, 2010年6月.
(CiNii: 40017157563)
37.近藤 秀治, 香美 祥二 :
ACE阻害薬,ARB(アンジオテンシンII拮抗薬),
小児科臨床ピクシス22 小児のネフローゼと腎炎, 192-194, 2010年.
38.香美 祥二 :
レニン・アンジオテンシン系(RAS)の歴史と新展開 from bench to bed 臨床医にとって,なぜ基礎研究が大切なのか,
Vol.23, No.2, 179-182, 2010年.
(CiNii: 130000814261)
39.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Multidector-Row Computed Tomography Evaluation in Congenital Heart Disease Patients - Additional Information to Echocardiology and Conventional Cardiac Characterization,
Congenital Heart Defects: Etiology, Diagnosis and Treatment, 209-229, Dec. 2009.
40.森 一博, 早渕 康信, 香美 祥二, 山田 博胤 :
2Dティッシュトラッキング法の小児科領域への応用,
Medix, Vol.46, 19-23, 2007年.
41.香美 祥二 :
腎疾患と細胞外基質レセプター,
医学のあゆみ, Vol.214, No.7,8, 688-689, 2005年8月.
42.香美 祥二 :
進行性腎炎におけるβ1インテグリンファミリーの役割, --- 細胞生物学的アプローチによる糸球体病変の解析 ---,
日本小児科学会雑誌, Vol.109, No.7, 795-804, 2005年7月.
43.清水 真樹, 香美 祥二 :
特集:合併症としての腎障害の診断と治療 膠原病,
小児科 別冊, Vol.46, No.7, 1119-1126, 2005年6月.
44.近藤 秀治, 香美 祥二 :
臨床編 Ⅶ. その他の主な自己免疫性疾患の臨床免疫学 膜性増殖性糸球体腎炎,
日本臨牀, Vol.63, No.5, 526-529, 2005年5月.
45.香美 祥二, 清水 真樹 :
Integrin-linked kinase (ILK) と腎炎,ネフローゼ,
Annual Review 腎臓 2005, 72-76, 2005年1月.
46.香美 祥二 :
腎病変に果たすインテグリンの役割,
医学のあゆみ, Vol.211, No.8, 825-826, 2004年11月.
47.清水 真樹, 香美 祥二 :
IgG腎症とはどんな疾患ですか?,
小児内科, Vol.36, No.2, 272-273, 2004年2月.
48.Shoji Kagami and Kondo Shuji :
β1-integrins and glomerular injury,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.1,2, 1-13, Feb. 2004.
(DOI: 10.2152/jmi.51.1,   PubMed: 15000250)
49.近藤 秀治, 香美 祥二, 清水 真樹, 北村 明子, Quinn T. Mark, 河内 裕, 清水 不二雄, 黒田 𣳾弘 :
ラット進行性メサンギウム増殖性糸球体腎炎における活性酸素産生系の役割,
日本小児腎臓病学会誌, Vol.16, No.2, 5-8, 2003年11月.
50.香美 祥二 :
ループス腎炎,
小児内科, Vol.35, No.5, 905-908, 2003年5月.
51.漆原 真樹, 香美 祥二 :
紫斑病性腎炎,
小児内科, Vol.34, 729-731, 2002年11月.
52.漆原 真樹, 香美 祥二 :
紫斑病性腎炎,
小児内科, Vol.34, 729-731, 2002年11月.

国際会議:

1.Maki Urushihara, T Nagai, Shuji Kondo, Toshiaki Tamaki, Yasumasa Ikeda and Shoji Kagami :
(Pro)renin receptor-mediated ERK1/2 and Wnt signaling pathway in crescent glomerulonephritis.,
Kidney Week 2016, Nov. 2016.
2.Yukiko Kinoshita, Keisuke Fujioka, T Nagai, N Ozaki, Maki Urushihara, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Transition from MPGN type III to C3 glomerulonephritis in a girl with a prolonged Nephritis-associated plasmin receptor (NAPlr) deposition.,
15th Asian Pacific Congress of Nephrology & 52nd Australian and New Zealand Society of Nephrology Annual Scientific Meeting, Sep. 2016.
3.T Nagai, Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, Ariunbold Jamba, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Extracellular signal regulated kinase-1/2 and -5 signaling pathways via renin angiotensin system activation play differential regulatory roles in progressive glomerulonephritis,
ERA-EDTA 53rd Congress, May 2016.
4.Aya Gohji, Hiromichi Ito, Kenji Mori, S Hisaoka, Yoshihiro Touda, Tatsuo Mori, Y Abe, M Miyazaki and Shoji Kagami :
Metabolic dysfunction in anterior cingulate cortex using a magnetic resonance spectroscopy in Asperger's syndrome.,
Pediatric Academic Societies Meeting, May 2016.
5.Teruyoshi Kageji, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Hiroyoshi Watanabe, Kazumi Okamura, Shoji Kagami and Shinji Nagahiro :
Intensive chemotherapy followed by reduced radiation dose for intracranial non-germinomatous germ cell tumors,
20th Annual Socientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, Nov. 2015.
6.N Miyake, H Tsukaguchi, E Koshimizu, A Shono, S Matsunaga, M Shiina, Y Mimura, S Imamura, T Hirose, K Okudela, K Nozu, Y Akioka, M Hattori, N Yoshikawa, A Kitamura, HI Cheong, Shoji Kagami, M Yamashita, A Fujita, S Miyatake, Y Tsurusaki, M Nakashima, H Saitsu, K Ohashi, N Imamoto, A Ryo, K Ogata, K Iijima and N Matsumoto :
Biallelic Mutations in Nuclear Pore Conplex Subunit NUP107 Cause Early-Childhood-Onset Steroid-Resistant Nephrotic Syndrome,
American Journal of Human Genetics, Vol.97, No.4, 555-566, Sep. 2015.
(DOI: 10.1016/j.ajhg.2015.08.013,   PubMed: 26411495)
7.Shuji Kondo, A Jamba, T Nagai, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara and Shoji Kagami :
Hic-5 Controls Mesangial Cell Proliferation in Proliferative Glomerulonephritis in Mice,
7th Europaediatrics, May 2015.
8.T Terada, M Urushihara, T Saijyo, Ryuji Nakagawa and Shoji Kagami :
The prorenin and soluble (pro)renin receptor may be associated with prenatal renal development in humans,
The 2015 Pediatric Academic Societies Annual Meeting, Apr. 2015.
9.F Watanabe, N Inoue, K Okamura, Shinji Nagahiro, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Teruyoshi Kageji and Shoji Kagami :
Intensive Chemotherapy Followed by Reduced Dose Radiation for Intracranial Non-germinomatous Germ Cell,
The 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Apr. 2015.
10.Teruyoshi Kageji, Shoji Kagami, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi and Shinji Nagahiro :
Strategy and Clinical Results for Intracranial Non-germinomatous Germ Cell Tumors Induced Intensive,
The 4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Apr. 2015.
11.Keiko Miyoshi, Taigo Horiguchi, Ayako Tanimura, Hiroko Hagita, Yoshihiro Touda, Shoji Kagami, Kenji Mori, Daisuke Tsuji, Kouji Itou and Takafumi Noma :
Gaucher disease caused by possible atypical mechanism,
Gordon Research Conference, USA,Texas,Galveston(Hotel Galvez), Mar. 2015.
12.伊藤 弘道, 森 健治, 東田 好広, 藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 影治 照喜, 飯田 幸治, 永廣 信治, 高橋 幸利, 香美 祥二 :
VNSにより発作頻度,認知行動面に改善が認められたAERRPSの1例,
第9回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2015年2月.
13.Shoji Kagami :
Renin angiotensin axis in renal development & disease: The cycle of life,
Plenary lecture at XII Asian Congress of Pediatric Nephrology, Dec. 2014.
14.T Nagai, T Furumoto, A Jamba, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
The case of a 6-year-old boy with systemic lupus erythematosus complicated by membranous lupus nephritis and finger toe necrosis.,
XII Asian Congress of Pedatric Nephrology, Dec. 2014.
15.T Terada, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
The prorenin and soluble (pro)renin receptor may be associated with prenatal renal development in humans.,
Kidney Week 2014, 2014年11月.
16.Jamba Ariunbold, Shuji Kondo, Nagai Takashi, Maki Urushihara, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Hic-5 Regulates Mesangial Cell Proliferation via Altered and Coordinated Expression of Cell Cycle-Related Protein,
American Society of Nephrology (ASN) Kidney Week 2014, Philadelphia, Nov. 2014.
17.Maki Urushihara, Shuji Kondo, Kobori Hiroyuki, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Urinary angiotensinogen as a specific biomarker of intrarenal renin-angiotensin system status associated with glomerular injury in pediatric IgA nephropathy patients,
American Society of Nephrology (ASN) Kidney Week 2014, Philadelphia, Nov. 2014.
18.Shoji Kagami :
Significance of local Renin Angiotensin System (RAS) in renal disease progression,
Educational lecture in Department of Pediatrics, MNUMS, Aug. 2014.
19.Shoji Kagami :
Renal Renin Angiotensin System (RAS)- Supporting and Threatening the Circle of Life -,
Medical Symposium in Mongolian National University of Medical Sciences (MNUMS), Aug. 2014.
20.Mayumi Sugimoto, Norio Kamemura, Suzuki Koichi, Kubota Kenji, Nagao Mizuho, Fujisawa Takao, Shoji Kagami and Hiroshi Kido :
Analysis of Allergen-Specific Immunoglobulin in Rush Oral Immunotherapy for Severe Food Allergy by a Highly Sensitive Allergen Microarray,
European Academy of Allergy and Clinical Immunology Congress 2014, Jun. 2014.
21.A Jamba, Shuji Kondo, Maki Urushihara, 永井 隆, J Kim-Kaneyama, A Miyazaki and Shoji Kagami :
The Role of Hic-5 on Mesangial Cell Proliferation in Proliferative Glomerulonephritis in Mice.,
The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology, May 2014.
22.S Jamba, Shuji Kondo, Maki Urushihara, T Nagai, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Contribution of hydrogen peroxide-inducible clone-5 to the regulation of mesangial cell proliferation in mesangioproliferative glomerulonephritis,
The annual meeting of American society of nephrology Kidney Week 2013, Nov. 2013.
23.Y Seki, Maki Urushihara, T Tayama, T Nagai, Yukiko Kinoshita, A Jamba, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Glomerular ACE2 expression is enhanced in pediatric IgA nephropathy,
The Sixteenth Congress of the International Pediatric Nephrology Association, Aug. 2013.
24.T Tayama, Maki Urushihara, Y Seki, Yukiko Kinoshita, T Nagai, A Jamba, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
Effect of direct renin inhibitor on renal inflammation and (pro)renin receptor in crescentic glomerulonephritis.,
The Sixteenth Congress of the International Pediatric Nephrology Association, Aug. 2013.
25.M Sato, Shuji Kondo, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, K Natsuko, T Nagai, Jamba Ariunbold and Shoji Kagami :
Reacitve oxygen species generated by NADPH oxidase contribute to ureteric bud branching and nephrogenesis.,
Pediatric Academic societies annual meeting 2012, Dec. 2012.
26.Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, T Nagai, Shuji Kondo, A Jamba, T Tamaki and Shoji Kagami :
Effect of aliskiren on renal inflammation and (pro)renin receptor in crescentic glomerulonephritis.,
The American Society of Nephrology Renal Week 2012, Oct. 2012.
27.Shoji Kagami :
Renal Protection with Renin-Angiotensin System Inhibitors in Pediatric CKD,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology2011, Jun. 2011.
28.Shoji Kagami :
Involvement of glomerular renin-angiotensin system(RAS) activation in development and progression of glomerular injury,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology, Jun. 2011.
29.T Nagai, Yukiko Kinoshita, S Matsuura, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, Shuji Kondo and Shoji Kagami :
A case of membranous nephropathy with cavernous hemangioma,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
30.S Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, M Takamatsu, M Shimizu, N Kishi and Shoji Kagami :
A case of membranous nephropathy and open angle glaucoma complicated with asymptomatic Sjögrens syndrome,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
31.S Matsuura, Shuji Kondo, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, M Takamatsu, M Shimizu, N Kishi and Shoji Kagami :
The role of NADPH oxidase (Nox) in ureteric bud branching and nephrogenesis,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
32.Maki Urushihara, Yukiko Kinoshita, S Matsuura, Ken-ichi Suga, M Takamatsu, M Shimizu, Shuji Kondo, H Kobori and Shoji Kagami :
Urinary angiotensinogen as a biomarker of the intrarenal status of the renin-angiotensin system in patients with chronic glomerulonephritis,
11th Asian Congress of Pediatric Nephrology 2011, Jun. 2011.
33.Shuji Kondo, S Matsuura, Yukiko Kinoshita, Ken-ichi Suga, Maki Urushihara, T Nagai, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
The expression of NADPH oxidase and reactive oxygen species (ROS) production contribute to ureteric bud branching and nephrogenesis,
World Congress of Nephrology 2011, Apr. 2011.
34.Masaki Imanishi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Increment intracellular labile iron enhances Angiotensin-induced intracellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression in human glomerular endothelial cells,
World congress of Nephrology 2011, Vancouver, Apr. 2011.
35.Masaki Imanishi, Tajima Soichiro, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
INCREMENT INTRACELLULAR LABILE IRON ENHANCES ANGIOTENSIN II-INDUCED INTRACELLULAR ADHESION MOLECULE-1 (ICAM-1) EXPRESSION IN HUMAN GLOMERULAR ENDOTHELIAL CELLS,
World Congress of Nephrology 2011, 2011.
36.Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Shuhei Tomita :
Global gene expression analyses in renal ischemia-reperfusion injury (IRI) from mice lucking Hif-1a gene,
ASN RENAL WEEK 2010 EXHIBIT, Nov. 2010.
37.Shoji Kagami :
The Roles for Integrins and Local Renin-Angiotensin System in Progressive Glomerulonephritis,
Research-in-Progress Seminar, Pediatrics, Feinberg School of Medicine, Nov. 2010.
38.Matsuura Sato, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Reactive oxygen species (ROS) produced by NADPH oxidase contribute ureteric bud branching and nephrogenesis,
ASN 2010, Colorado, Nov. 2010.
39.Takashi Kaji, Kenji Mori, Souichirou Nakayama, Ryuuji Mitani, Kazuhisa Maeda, Shoji Kagami and Minoru Irahara :
Prenatal diagnosis of total anomalous pulmonary venous connection to the portal vein with absence of ductus venosus : A case report,
20th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology, Prague, Czech, Oct. 2010.
40.Etsuo Naito, Toshiaki Hashimoto, T Kumagai, S Yamashita, Yumiko Kotani and Shoji Kagami :
Thiamine-responsive pyruvate dehydrogenase deficiency in two patients with normal development and muscular symptoms,
The American Society of Human Genetics 60th Annual Meeting, Oct. 2010.
41.木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, Sato Matsuura, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
Candesartan Suppresses Glomerular Renin-Angiotensin System (RAS) Activation, Oxidative Stress and Progressive Glomerular Injury in Rat Anti-GBM GN,
The 15th Congress of the International Pediatric Nephrology Association, 2010年8月.
42.Sato Matsuura, Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, Yukiko Kinoshita, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Expression and localization of focal adhesion proteins in the developing rat kidney,
The 15th Congress of the International Pediatric Nephrology Association, Aug. 2010.
43.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Serum concentration of heart-type fatty acid-binding protein in children and adolescents with congenital heart disease,
The 3rd Congress of Asia-Pacific Pediatric Cardiac Society, Chiba, Jul. 2010.
44.Shuji Kondo, Ken-ichi Suga, sato Matsuura, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Enhanced expression of Hic-5 is involved in the development of human and rat mesangioproliferative glomerulonephritis,
ISN-Nexus Kyoto Symposium 2010, Apr. 2010.
45.Nabo Mohamed Helmy Manal, Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Noriko Watanabe, Miho Sakata and Shoji Kagami :
Assessmentof modified Blalock-Taussig shunt in children with congenital heart disease using multidetector-row computed tomography,
5th China-Korea-Japan Pediatric Heart Forum, Beijing, Sep. 2009.
46.Yasunobu Hayabuchi, Miki Inoue, Miho Sakata, Tetsuya Kitagawa, Takashi Kitaichi and Shoji Kagami :
Assessment of systemic-pulmonary collateral arteries in children with cyanotic congenital heart disease using multidetector-row computed tomography: Comparison with conventional angiography,
5th World Congress of Paediatric Cardiology and Cardiac Surgery, Cairns, Jun. 2009.
47.Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-Inducible Factor-1α ameliorates ischemic acute renal failure and has a relation with a recovery from acute tubular necrosis,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
48.Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya :
Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
49.Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Akiko Kitamura, Yukiko Kinoshita, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
The role of extracellular signal regulated kinase 5 in the accumulation of collagen matrix in rat mesangioproliferative glomerulonephritis,
40th ASN annual meeting, San Francisco, CA, Nov. 2007.
50.Keisuke Ishizawa, Erika Miki, Arisa Hironaga, Koichiro Tsuchiya, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker inhibits PDGF-induced cell migration in rat mesangial cells,
39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
51.Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Maki Shimizu, Shuji Kondo, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Extracellular signal regulated kinase 5 induces mesangial cell survival in rat progressive mesangioproliferative glomerulonephritis,
39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
52.Toshiaki Tamaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Shoji Kagami and Koichiro Tsuchiya :
Chronic oral administration of nitrite restores circulating NO level and improves renal injury in L-NAME treated rats,
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
53.Maki Shimizu, Shuji Kondo, Maki Urushihara, Masanori Takamatsu, Toshiaki Tamaki and Shoji Kagami :
Reactive Oxygen Species (ROS) is Pivotal Mediator for Glomerular Epithelial-Mesenchymal Transition (EMT) in Experimental Progressive Glomerulonephritis (GN),
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
54.Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Dietary dose of nitrite attenuates L-NAME-induced renal injury in rats,
3rd World Congress of Nephrology, Singapore, Jun. 2005.
55.Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Maki Shimizu, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injury in rat kidney,
37th ASN annual meeting, St. Louis, MO, Oct. 2004.
56.Shuji Kondo, Maki Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T Mark, Lambeth J David, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami :
Add-on the antioxidant, probucol to angiotensin II type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive,
St. Louis, MO, Oct. 2004.
57.Shuji Kondo, M Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, H Kawachi, F Shimizu, Quinn MT, Lambeth DJ, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami :
Add-On the antioxidant,probucol to angiotensin 2 Type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive glomerulonephritis (GN) in the rat,
37th Annual meeting of American Society of Nephrology, St. Louis, 2004.
58.A. Kitamura, Hiroyasu Tsukaguchi, Cheong HLL, Shoji Kagami, M Hattori, M Ikeda, K. Nozu, N. Yoshikawa, Toshio Doi, Y Choi and K. Iijima :
Genetic scanning for 12 Asian families with steroid resistant nephrotic syndrome (SRN) based on haplotype analysis and computer simulation approach,
37th Annual meeting of American Society of Nephrology, St. Louis, 2004.
59.M Hattori, Y Kobayashi, H Chikamoto, Koichiro Tsuchiya, S Gao, N Kobayashi, Shoji Kagami, P Mundel and K Ito :
Induction of integrin-linked kinase (ILK) in mouse cultured podocytes after stimulation with plasma from recurrent-focal degmental glomerulosclerosis patients,
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
60.Toshiaki Tamaki, K Kirima, Masato Okamoto, S. Kondo, Shoji Kagami, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Oral nitrite increases the blood oxide and protects L-NAME-induced renal injury in rats,
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
61.S Kondo, Shoji Kagami, M Shimizu, A. Kitamura, Quinn MT, H Kawachi, F Shimizu and Yasuhiro Kuroda :
Role of Gp91phox-containing NADPH oxidase in progressive model of rat mesangioproliferative glomerulonephritis (GN),
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
62.M. Shimizu, Hiroyasu Tsukaguchi, Shoji Kagami, A. Kitamura and Yasuhiro Kuroda :
Enhanced expression of integrin-linked kinase (ILK) in crescent formation in experimental progressive glomerulonephritis (GN),
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
63.A. Kitamura, Hiroyasu Tsukaguchi, Shoji Kagami, M. Hattori, M. Ikeda, M. Honda, K. Nozu, N. Yoshikawa, Yasuhiro Kuroda, Toshio Doi and K. Iijima :
Genetic Iinkage analysis of candidate ioci in Japanese families with steroid resistant nephrotic syndrome,
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
64.Shoji Kagami, S. Kondo, A. Kitamura, Maki Urushihara, H. Kawachi, F. Shimuzu and Yasuhiro Kuroda :
Up-regulation of integrin-linked kinase (ILK) activity in the rat mesangioproliferative glomerulonephritis(GN),
35th Annual meeting of American Society of Nephrology, Philadelphia, 2002.
65.Shoji Kagami, Maki Urushihara, S. Kondo, M Kitamura, K. Loster and Yasuhiro Kuroda :
PDGF-BB enhances α1β1 integrin-mediated activation of ERK/AP-1 pathway involved in collagen matrix remodeling by rat mesangial cells(MCs),
ASN/ISN World Congress of Nephrolpgy, San Francisco, 2001.
66.S. Kondo, Shoji Kagami, Maki Urushihara, Koji Yasutomo, M. Kitamura, A. Kitamura, F. Strutz, G.A. Ler M and Yasuhiro Kuroda :
TGF-b stimulates the collagen matrix remodeling abillity by human renal fibroblasts,
ASN/ISN World Congress of Nephrolpgy, San Francisco, 2001.
67.A. Kitamura, Shoji Kagami, S. Kondo, Maki Urushihara, S. Kobayashi, Koji Yasutomo, E. Yoshimura and Yasuhiro Kuroda :
Endothelin-1 (ET) is a potent stimulator of α1β1 integrin-mediated collagen matrix remodeling by rat mesangial cells (MCs),
ASN/ISN World Congress of Nephrolpgy, San Francisco, 2001.
68.Maki Urushihara, Shoji Kagami, Koji Yasutomo, S. Kondo, A. Kitamura, H. Sugino, K. Tsuchida and Yasuhiro Kuroda :
Expression of activin A and activin A receptor in human glomerulonephritis,
ASN/ISN World Congress of Nephrolpgy, San Francisco, 2001.
69.T Terada, Maki Urushihara, Takahiko Saijyou, Ryuji Nakagawa and Shoji Kagami :
The prorenin and soluble (pro)renin receptor may be associated with prenatal renal development in humans,
4th International CNS Germ Cell Tumor Symposium, Apr. 205.

国内講演発表:

1.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
ファロー四徴症術後患者における肺動脈弁輪運動速度のIVA(isovolumetric acceleration)の有用性に関する検討,
第28回日本心エコー図学会・学術集会, 2017年4月.
2.早渕 康信, 小野 朱美, 本間 友佳子, 香美 祥二 :
肺動脈コンプライアンスの非侵襲的評価 -調和振動子を適用した解析-,
第28回日本心エコー図学会・学術集会, 2017年4月.
3.小野 朱美, 早渕 康信, 市原 裕子, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
大動脈弓拡大と動脈管閉塞を目的にステント留置を施行した体重1500gの複合型大動脈縮窄を呈した18トリソミーの1例,
第55回 徳島心・血管造影研究会, 2017年3月.
4.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
拘束性障害から肺高血圧を来したアントラサイクリン誘発性心筋症の1例,
第31回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2017年3月.
5.須賀 健一, 井本 逸勢, 市原 裕子, 庄野 実希, 中川 竜二, 成戸 卓也, 香美 祥二 :
先天異常児の診断における次世代シークエンスの有用性,
日本小児科学会雑誌, Vol.121, No.2, 299, 2017年2月.
6.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
無脾症候群・単心室症に合併した総肺静脈還流異常の垂直静脈・静脈管にステント留置を施行した6例の検討,
第28回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会, 2017年1月.
7.中川 竜二, 須賀 健一, 郷司 彩, 香美 祥二, 加地 剛, 七條 あつ子, 米谷 直人 :
先天性サイトメガロウイルス感染症の2例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
8.大隅 敬太, 早渕 康信, 小野 朱美, 市原 裕子, 木下 ゆき子, 東田 好広, 漆原 真樹, 香美 祥二, 須賀 健一, 中川 竜二, 菅野 幹雄, 北川 哲也, 加地 剛, 苛原 稔, 井本 逸勢 :
心臓腫瘍の診断を契機に胎児期から管理し,多臓器における系統的診療をすすめた結節性硬化症の一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
9.戸梶 成美, 苛原 誠, 杉本 真弓, 佐々木 亜由美, 寺田 知正, 香美 祥二 :
大豆が原因と考えられた好酸球性胃腸炎の一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
10.郷司 彩, 東田 好広, 武井 美貴子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
発作時99mTc-ECD SPECTが診断に有用であった限局性皮質異形成の乳児例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
11.武井 美貴子, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二, 小林 正夫 :
高用量免疫グロブリンを併用した免疫寛容導入療法がインヒビターの早期根絶に有効であった先天性血友病Aの一例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
12.小谷 裕美子, 香美 祥二, 石橋 広樹, 位田 忍 :
卵巣ヘルニア手術を契機に発見された46,XY性分化異常症の1例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
13.鈴木 智子, 藤岡 啓介, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
眼症状を契機に発見されたTINU症候群の一男児例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
14.小野 朱美, 早渕 康信, 戸梶 成美, 香美 祥二 :
フォンタン術後に蛋白漏出性胃腸症(PLE)を発症した2症例,
第147回日本小児科学会徳島地方会(, 2016年12月.
15.渡邊 浩良, 岡村 和美, 藤岡 啓介, 香美 祥二 :
水痘帯状疱疹ウイルス再活性化によるHLHを合併したT-ALL ~サイトカイン測定による病態の検討~,
第58回日本小児血液・がん学会, 2016年12月.
16.岡村 和美, 渡邊 浩良, 阿部 容子, 香美 祥二, 西條 敦郎, 坂口 暁, 西岡 安彦 :
アレクチニブが奏効したALK陽性肺腺癌の12歳男児例,
第58回日本小児血液・がん学会, 2016年12月.
17.本間 友佳子, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博, 佐田 政隆, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美 :
Left venous valve由来部位の異常自動能が示唆された右房後中隔起源の心房頻拍・頻拍誘発性心筋症の1女児例,
第21回日本小児心電学会 学術集会, 2016年11月.
18.藤岡 啓介, 尾崎 夏子, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
低身長を契機に診断に至ったOligomeganephroniaの一男児例,
第33回中国四国小児腎臓病学会, 2016年11月.
19.須賀 健一, 市原 裕子, 渡辺 典子, 中川 竜二, 成戸 卓也, 井本 逸勢, 香美 祥二 :
染色体Gバンドで5p欠失症候群が疑われたが,次世代シークエンスでWilliams症候群と診断された1例,
第68回中国四国小児科学会, 2016年10月.
20.市原 裕子, 中川 竜二, 庄野 実希, 渡辺 典子, 須賀 健一, 七條 あつ子, 加地 剛, 香美 祥二 :
当院で経験した表現型の異なるMD双胎の2組,
第68回中国四国小児科学会, 2016年10月.
21.苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
多抗原の食物除去が身体発育に与える影響,
第53回日本小児アレルギー学会, 2016年10月.
22.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二, 中村 香絵, 江原 英治, 村上 洋介 :
新生児期から拡張型心筋症の病態を呈した心室中隔欠損・動脈管開存を伴う1p36欠失症候群の1例,
第25回日本小児心筋疾患学会学術集会, 2016年10月.
23.市原 裕子, 庄野 実希, 渡辺 典子, 須賀 健一, 中川 竜二, 七條 あつ子, 米谷 直人, 加地 剛, 香美 祥二 :
当院で経験した染色体核型が異なるMD双胎の2例,
第110回徳島周産期研究会, 2016年10月.
24.木下 ゆき子, 尾崎 夏子, 藤岡 啓介, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
低身長をきっかけに発見されたOligomeganephroniaの一男児例,
第38回日本小児腎不全学会学術集会, 2016年10月.
25.岸 誠司, 小野 広幸, 長井 幸二郎, 村上 太一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二, 土井 俊夫 :
検尿異常を来さずに進行した可能性が考えられた間質性腎炎の小児例,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
26.寺田 知正, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
腎発生におけるProrenin, (Pro)Renin receptorの関与についての検討,
第46回日本腎臓学会西部学術大会, 2016年10月.
27.東田 好広, 森 達夫, 伊藤 弘道, 小林 勝弘, 香美 祥二 :
CSWSに対しスルチアムが著効した症例における棘徐波に伴う高周波成分の変化,
第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月.
28.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
心筋虚血発作を繰り返した純型肺動脈閉鎖症(PAIVS)の一例,
第27回徳島小児循環器談話会, 2016年9月.
29.早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二 :
呼吸停止と心停止を繰り返した1p36欠失症候群に伴う拡張型心筋症の1乳児例,
第34回中国四国地区小児循環器談話会, 2016年9月.
30.鈴木 智子, 郷司 彩, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
フェノバルビタール大量投与が奏功した皮質形成異常を認める難治性てんかんの一例,
第34回四国小児神経症例検討会, 2016年9月.
31.七條 あつ子, 加地 剛, 米谷 直人, 髙橋 洋平, 中山 聡一朗, 須賀 健一, 中川 竜二, 香美 祥二 :
異なる性別を呈した一絨毛膜二羊膜双胎の一例,
徳島産婦人科医報, Vol.49, 29, 2016年8月.
32.早渕 康信, 小野 朱美, 本間 友佳子, 香美 祥二 :
非侵襲的な肺動脈コンプライアンスの評価方法 -組織ドプラ法を用いた肺動脈弁輪部運動速度による新たな解析ー,
第52回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2016年7月.
33.小野 朱美, 早渕 康信, 田中 真波, 本間 友佳子, 香美 祥二 :
組織ドプラ法による肺動脈弁輪部運動速度の正常値の解析 ―右室流出路と流入路における機能の相違に関する解析―,
第52回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2016年7月.
34.本間 友佳子, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optical Coherence Tomography:OCT)を用いた肺血管病変の観察,
第52回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2016年7月.
35.漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 永井 隆, 藤岡 啓介, 香美 祥二 :
ラット半月体形成性腎炎モデルにおける(プロ)レニン受容体を介した病態機序と直接レニン阻害薬による治療効果,
第51回日本小児腎臓病学会学術集会, 2016年7月.
36.清水 真樹, 古本 哲朗, 伊藤 敏恭, 竹廣 敏史, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二, 幸山 洋子 :
シクロスポリン投与を試みたMulticentric Carpal-Tarsal Osteolysisの1例,
第51回日本小児腎臓病学会学術集会, 2016年7月.
37.庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
胎児期から巨大膀胱を呈した潜在性二分脊椎の1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.120, No.7, 1138-1139, 2016年7月.
38.庄野 仁志, 戸田 直紀, 堀 洋二, 佐々木 亜由美, 森 一博, 香美 祥二, 武田 憲昭 :
難治性鼻出血を契機に発見された血小板無力症の1例,
第11回日本小児耳鼻咽喉科学会, 2016年6月.
39.須賀 健一, 市原 裕子, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹, 山上 貴司 :
肝膿瘍・肝芽腫との鑑別を要した肝被膜下出血の新生児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
40.苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
多抗原の食物除去が身体発育に与える影響,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
41.苛原 誠, 佐々木 陽平, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二, 木戸 博 :
0-6ヵ月乳児のアレルゲン特異的抗体価イムノグロブリンクラススイッチの検討,
第65回日本アレルギー学会学術大会, 2016年6月.
42.苛原 誠, 佐々木 陽平, 品原 和加子, 杉本 真弓, 香美 祥二, 木戸 博 :
乳児期の卵白アレルゲン特異的IgE抗体の低から高親和性変化の検討,
第65回日本アレルギー学会学術大会, 2016年6月.
43.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
拘束性障害を呈し肺高血圧を来したアントラサイクリン誘発性心筋症の1例,
第67回徳島心エコー図研究会, 2016年6月.
44.尾崎 夏子, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
低身長をきっかけに発見されたOligomeganephroniaの一男児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
45.岡村 和美, 渡辺 浩良, 市原 裕子, 香美 祥二, 井上 奈巳 :
腸腰筋膿瘍,深部静脈血栓症を合併した急性骨髄性白血病(AML M2)の女児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
46.大隅 敬太, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 香美 祥二, 佐々木 亜由美, 森 一博 :
急性弛緩性麻痺様症状を呈した選択性IgA欠損症の幼児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
47.阿部 容子, 郷司 彩, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
補足運動野発作が疑われるも,発作間欠期に側頭部棘波を示す1例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
48.本間 友佳子, 森 一博, 藤岡 啓介, 佐々木 亜由美, 寺田 知正, 永井 隆, 井上 美紀, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二, 佐田 政隆, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美 :
持続する全身倦怠感を主訴とした異所性心房頻拍に伴う頻拍誘発性心筋症の1女児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
49.早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二 :
成人先天性心疾患診療の現状と展望,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
50.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二, 北川 哲也, 北市 隆, 荒瀬 裕己 :
怠薬による人工弁機能不全を来たし,急性心不全を呈した1例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
51.永井 隆, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
半月体形成性腎炎におけるアンジオテンシンII刺激によるERK1/2およびERK5の病態制御機構,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
52.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optical Coherence Tomography: OCT) を用いたWilliams症候群における肺動脈病変の観察,
徳島肺高血圧症フォーラム2016, 2016年6月.
53.郷司 彩, 伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 久岡 園花, 東田 好広, 森 達夫, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
Metabolic alteration in the brain of Asperger`s syndrome by using a magnetic resonance spectroscopy,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
54.小野 朱美, 伊藤 弘道, 阿部 容子, 森 達夫, 東田 好広, 早渕 康信, 成戸 卓也, 井本 逸勢, 香美 祥二 :
重症蒼白型の憤怒痙攣に対してレベチラセタムが奏効した1p36欠失症候群の1女児例,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
55.森 健治, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 達夫, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
言語活動時の前頭葉血流動態 -NIRSによる黙読・音読時の比較-,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
56.伊藤 弘道, 森 健治, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害におけるてんかん・脳波異常の検討,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
57.伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 久岡 園花, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害における頭部MRI所見の目視的検討,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
58.庄野 実希, 須賀 健一, 渡辺 典子, 中川 竜二, 香美 祥二 :
PIカテーテルを用いた脳室外ドレナージが有効であった出血後水頭症の超低出生体重児の一例,
第33回四国新生児医療研究会, 2016年5月.
59.岡村 和美, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 香美 祥二, 井上 奈巳 :
腸腰筋膿瘍,深部静脈血栓症を合併した急性骨髄性白血病(AML M2)の女児例,
第119回日本小児科学会学術総会, 2016年5月.
60.苛原 誠, 松本 苑美, 杉本 真弓, 森 一博, 香美 祥二 :
著明な体重減少,低蛋白血症,電解質異常を呈したアトピー性皮膚炎の乳児例,
第119回日本小児科学会学術集会, 2016年5月.
61.阿部 容子, 松本 苑美, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二, 高橋 幸利 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の1男児例,
第119回日本小児科学会総会, 2016年5月.
62.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
拘束性障害を呈し肺高血圧を来したアントラサイクリン誘発性心筋症の1例,
第27回日本心エコー図学会学術集会, 2016年4月.
63.早渕 康信, 小野 朱美, 本間 友佳子, 香美 祥二 :
Tissue Doppler法とSpeckle tracking法を用いた右心室収縮様式の解析,
第27回日本心エコー図学会学術集会, 2016年4月.
64.早渕 康信, 小野 朱美, 本間 友佳子, 香美 祥二 :
Tissue Doppler法とSpeckle tracking法を用いた右心室収縮様式の解析,
第27回日本心エコー図学会学術集会, 2016年4月.
65.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 北市 隆, 木下 肇, 荒瀬 裕己, 北川 哲也, 香美 祥二 :
心筋虚血発作を繰り返した純型肺動脈閉鎖症(PAIVS)の一例,
第30回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会, 2016年2月.
66.本間 友佳子, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二 :
正常肺組織を犠牲にすることを前庭としてコイル塞栓術を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1例,
第22回日本小児肺循環研究会, 2016年2月.
67.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
合併した肺分画症に対するコイル塞栓術が著効した心筋虚血発作を繰り返す 純型肺動脈閉鎖(PAIVS)の1新生児例,
第27回JPIC学会学術集会, 2016年1月.
68.阿部 容子, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 佐々木 亜由美, 坂口 暁, 西岡 安彦 :
アレクチニブが奏効したALK陽性肺腺癌の1男児例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
69.本間 友佳子, 井上 美紀, 寺田 知正, 永井 隆, 佐々木 亜由美, 藤岡 啓介, 大西 康裕, 森 一博, 小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
重複大動脈弓の1乳児例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
70.庄野 実希, 須賀 健一, 渡辺 典子, 中川 竜二, 香美 祥二, 井本 逸勢 :
9p部分モノソミーモザイクを伴う,4p部分モノソミー8p部分トリソミーの一例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
71.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 北市 隆, 北川 哲也, 井本 逸勢 :
呼吸停止と心停止を繰り返した1p36欠失症候群に伴う拡張型心筋症の1乳児例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
72.東田 好広, 阿部 容子, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
インフルエンザ罹患後に悪性症候群様の症状を示し,ダントロレンが著効した重症心身障害児の一例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
73.栗原 健士, 岡村 和美, 市原 裕子, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
急性リンパ性白血病の再発時MRD検索は治療方針決定に有用か?,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
74.尾崎 夏子, 木下 ゆき子, 永井 隆, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
メチルプレドニゾロンパルスとシクロスポリン併用療法が効を奏したステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の一男児例,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
75.杉本 真弓, 苛原 誠, 香美 祥二 :
当院における鶏卵負荷試験症例に関する検討,
第145回日本小児科学会徳島地方会, 2015年12月.
76.渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二 :
小児患者における同種造血幹細胞移植後の生着症候群と生着前症候群について,
第57回日本小児血液・がん学会, 2015年11月.
77.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児がん患者の腎機能評価における血清シスタチン C の有用性,
第57回日本小児血液・がん学会, 2015年11月.
78.木下 ゆき子, 永井 隆, 尾崎 夏子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発に対し,シクロスポリンが有効であった女児例,
第37回日本小児腎不全学会学術集会, 2015年11月.
79.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
経皮的心肺補助(PCPS)装着下にカテーテルアブレーションを施行し,救命し得た心室頻拍の男児例,
第20回日本小児心電学会, 2015年11月.
80.苛原 誠, 本間 友佳子, 松崎 苑美, 杉本 真弓, 香美 祥二 :
呼気性喘鳴を伴う急性呼吸不全に対してHigh flow nasal cannulaを使用した3例,
第52回日本小児アレルギー学会, 2015年11月.
81.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
呼吸停止と心停止を繰り返した1p36欠失症候群に伴う拡張型心筋症の1乳児例,
第11回四国小児循環器病研究会学術講演会, 2015年11月.
82.本間 友佳子, 早渕 康信, 小野 朱美, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
持続する低酸素血症の改善のために正常肺を犠牲とするコイル塞栓術を施行した 両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1例,
徳島PHセミナー 2015, 2015年11月.
83.清水 真樹, 古本 哲朗, 伊藤 敏恭, 竹廣 敏史, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二, 幸山 洋子 :
シクロスポリンにより蛋白尿の減少が得られたMulticentric Carpal-Tarsal Osteolysisの1例,
第32回中国四国小児腎臓病学会, 2015年11月.
84.漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, 尾崎 夏子, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリン投与が有効であったぶどう膜炎を伴う再発尿細管間質性腎炎の一女児例,
第32回中国四国小児腎臓病学会, 2015年11月.
85.渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 影治 照喜, 香美 祥二 :
頭蓋内悪性胚細胞腫瘍に対する化学療法の強化による放射線療法の減量の試み,
第67回中国四国小児科学会(, 2015年11月.
86.東田 好広, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
難治てんかん症候群に対するオーファンドラッグ(スティリペントールおよびルフィナミド)の使用経験,
第49回日本てんかん学会, 2015年10月.
87.漆原 真樹, 鈴江 真史, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
腎発生における尿中アンジオテンシノーゲンの臨床的意義の検討,
第45回日本腎臓学会西部学術大会, 2015年10月.
88.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
拡張型心筋症を呈した1p36欠失症候群の1乳児例,
第26回徳島小児循環器談話会, 2015年9月.
89.田中 真波, 早渕 康信, 小野 朱美, 香美 祥二 :
肺動脈弁輪部運動速度を用いた右室流出路機能評価の試み,
第26回徳島小児循環器談話会, 2015年9月.
90.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
拡張型心筋症を呈した1p36欠失症候群の1乳児例,
第26回徳島小児循環器談話会, 2015年9月.
91.阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の一男児例,
第33回四国小児神経症例検討会, 2015年9月.
92.乾 宏彰, 加地 剛, 七條 あつ子, 髙橋 洋平, 中山 聡一朗, 早渕 康信, 香美 祥二, 苛原 稔, 遠藤 聡子 :
妊娠19週から経過を見ることができた胎児大動脈弁狭窄から左心低形成症候群への進行例,
第68回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演, 2015年9月.
93.藤岡 啓介, 清水 真樹, 伊藤 敏恭, 竹廣 敏史, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 幸山 洋子, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
補体の沈着を認めなかったPLA₂R陽性膜性腎症の1例.,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年8月.
94.寺田 知正, 漆原 真樹, 中川 竜二, 香美 祥二 :
腎発生におけるProrenin, (Pro)Renin receptorの関与についての検討,
第9回日本DOHaD研究会学術集会, 2015年8月.
95.鈴江 真史, 漆原 真樹, 中川 竜二, 香美 祥二 :
早産児における尿中アンジオテンシノーゲンの臨床的意義の検討,
第9回日本DOHaD研究会学術集会, 2015年8月.
96.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
新しい指標による右室機能解析 -肺動脈弁輪部運動速度を用いた右室流出路機能評価-,
第51回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2015年7月.
97.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optica1 Coherence Tomography:OCT)を用いた先天性心疾患肺血管病変の観察,
第51回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2015年7月.
98.本間 友佳子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
類洞交通を介した駆出によって上行大動脈順行性血流と冠状動脈貫流を認めた大動脈弁閉鎖の1例,
第51回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2015年7月.
99.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博 :
光干渉断層像(Optica1 Coherence Tomography:OCT)を用いたWilliams症候群における肺動脈病変の観察,
第51回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2015年7月.
100.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
右室圧負荷を有する先天性心疾患症例における手術前後のDWSの変化,
第51回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2015年7月.
101.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
肺分画症にコイル塞栓術によって心筋虚血症状の改善を得た右室低形成,肺動脈閉鎖,冠状動脈異常の1乳児例,
第52回徳島心血管造影研究会, 2015年7月.
102.杉本 真弓, 本間 友佳子, 松崎 苑美, 苛原 誠, 香美 祥二 :
呼気性喘鳴を伴う急性呼吸不全に対するHigh flow nasal cannulaの使用経験,
第27回四国小児アレルギー研究会, 2015年6月.
103.苛原 誠, 杉本 真弓, 香美 祥二, 松本 苑美, 森 一博 :
著明な体重増加不良,低蛋白血症,電解質異常を呈したアトピー性皮膚炎の乳児例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
104.木下 ゆき子, 尾崎 夏子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ステロイド依存性頻回再発型ネフローゼ症候群に対するリツキシマブの使用経験,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
105.岡村 和美, 渡邊 浩良, 本間 友佳子, 井上 奈巳, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
多剤併用化学療法後も全摘出困難であった神経芽細胞腫(中間リスク限局例),
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
106.阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二, 松本 苑美, 吉本 勉 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の一男児例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
107.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
心筋虚血発作を繰り返した純型肺動脈閉鎖症の1例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
108.須賀 健一, 庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 石橋 広樹 :
巨大膀胱を呈した潜在性二分脊椎の1例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
109.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
乳児特発性僧帽弁腱索断裂症術後に進行性の三尖弁閉鎖不全を呈した1女児例,
第65回徳島心エコー図研究会, 2015年6月.
110.永井 隆, 古本 哲朗, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
指趾壊死を合併した全身性エリテマトーデスにおいて膜性ループス腎炎を呈した6歳男児例,
日本小児腎臓病学会学術集会第50回記念大会, 2015年6月.
111.苗代 有鈴, 神田 祥一朗, 金子 直人, 薮内 智朗, 多田 憲正, 菅原 典子, 井 貴之, 石塚 喜世伸, 近本 裕子, 秋岡 祐子, 世川 修, 三浦 健一郎, 張田 豊, 近藤 秀治, 香美 祥二, 服部 元史 :
巨大膵嚢胞を認めた繊毛病の1例.,
第50回日本小児腎臓病学会学術集会, 2015年6月.
112.永井 隆, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
進行性腎炎におけるレニン・アンジオテンシン系活性化とERK1/2,ERK5の病態制御機構.,
第50回日本小児腎臓病学会学術集会, 2015年6月.
113.近藤 秀治, A Jamba, 永井 隆, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
Hic-5は細胞周期タンパク質の発現の変化を介してメサンギウム細胞増殖を制御する,
第50回日本小児腎臓病学会学術集会, 2015年6月.
114.木下 ゆき子, 本間 友佳子, 永井 隆, 尾崎 夏子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
NAPlrの沈着を認めた膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)3型の女児例,
第50回日本小児腎臓病学会学術集会, 2015年6月.
115.寺田 和正, 漆原 真樹, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
腎発生におけるProrenin, (Pro)Renin receptorの関与についての検討,
第50回日本小児腎臓病学会学術集会, 2015年6月.
116.永井 隆, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, Jamba A, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
進行性腎炎におけるレニン・アンジオテンシン系活性化とERK1/2,ERK5の病態制御機構.,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
117.早渕 康信, 阪田 美穂, 小野 朱美, 香美 祥二 :
新生児期から持続する間質性肺炎のために肺高血圧をきたした女児例,
第33回西日本小児呼吸循環HOT研究会, 2015年6月.
118.漆原 真樹, 永井 隆, 木下 ゆき子, A Jamba, 近藤 秀治, 小堀 浩幸, 香美 祥二 :
小児IgA腎症における尿中アンジオテンシノーゲンと腎内RAS活性化および糸球体病変の関係,
第58回日本腎臓学会学術総会 (, 2015年6月.
119.小野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optical Coherence Tomography: OCT) を用いたWilliams症候群における肺動脈病変の観察,
徳島肺高血圧症フォーラム2016, 2015年6月.
120.伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
注意欠如・多動性障害(AD/HD)における頭部1H-MRS所見 左小脳半球について,
第57回日本小児神経学会, 2015年5月.
121.杉本 真弓, 亀村 典生, 長尾 みづほ, 香美 祥二, 藤澤 隆夫, 木戸 博 :
急速経口免疫療法における抗原特異的IgGおよびIgAと予後に関する検討,
第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年5月.
122.乾 宏彰, 加地 剛, 七條 あつ子, 髙橋 洋平, 中山 聡一朗, 苛原 稔, 早渕 康信, 香美 祥二, 遠藤 聡子 :
胎児期に大動脈弁狭窄から左心低形成症候群に進行した1例,
第107回徳島周産期研究会, 2015年5月.
123.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
光干渉断層像(Optica1 Coherence Tomography:OCT)を用いた先天性心疾患肺血管病変の観察,
第118回日本小児科学会学術集会, 2015年4月.
124.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
新しい指標を用いた右室機能解析 -circumferential strain (右室自由壁円周方向収縮)と肺動脈弁輪部運動速度(右室流出路機能)-,
第26回日本心エコー図学会学術集会, 2015年3月.
125.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
新しい指標を用いた右室機能解析 -circumferential strain (右室自由壁円周方向収縮)と肺動脈弁輪部運動速度(右室流出路機能)-,
第26回日本心エコー図学会学術集会, 2015年3月.
126.阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
127.阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 木下 肇, 北市 隆, 北川 哲也 :
急激な循環不全を呈し,慢性期に拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第29回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2015年3月.
128.加地 剛, 七條 あつ子, 髙橋 洋平, 中山 聡一朗, 前田 和寿, 苛原 稔, 早渕 康信, 香美 祥二 :
完全大血管転位における冠動脈走行の出生前評価,
第21回日本胎児心臓病学会学術集会, 2015年2月.
129.東田 好広, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
当院でのDravet症候群に対するスティリペントールの使用経験,
第9回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2015年2月.
130.東田 好広, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
当院でのDravet症候群に対するスティリペントールの使用経験,
第9回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2015年2月.
131.伊藤 弘道, 東田 好弘, 香美 祥二, 森 健司, 藤原 敏孝, 多田 恵曜, 中島 公平, 影治 照喜, 永廣 信治, 飯田 幸治, 高橋 幸利 :
VNSにより発作頻度,認知行動面に改善が認められたAERRPSの1例,
第9回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2015年2月.
132.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
正常肺組織を犠牲にすることを前提としてコイル塞栓術を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1例,
第26回日本Pediatric Interventional Cardiology学会, 2015年1月.
133.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
正常肺組織を犠牲にすることを前提としてコイル塞栓術を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1例,
第26回日本Pediatric Interventional Cardiology学会, 2015年1月.
134.本間 友佳子, 木下 ゆき子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
Nephritis-associated plasmin receptor (NAPlr)の糸球体発現を認めた膜性増殖性糸球体腎炎Ⅲ型の1女児例,
第143回日本小児科学会徳島地方会(, 2014年12月.
135.庄野 実希, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 石橋 広樹, 矢田 圭吾, 香美 祥二 :
胎児期より診断・経過フォローし得た仙尾部奇形腫の1例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
136.本間 友佳子, 東田 好広, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
ルフィナミドが著効したLennox-Gastaut症候群の1例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
137.古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
138.松崎 苑美, 岡村 和美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 小野 朱美, 坂東 良美, 香美 祥二 :
呼吸不全で発症し免疫不全が疑われた多臓器型ランゲルハンス細胞組織球症の乳児例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
139.杉本 真弓, 山田 進一, 市岡 隆男, 榎本 新也, 田口 義行, 田中 宏実, 久原 孝, 七條 光市, 苛原 誠, 田山 正伸, 香美 祥二 :
徳島県における食物アレルギー対応の現状と今後の取り組みについて,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
140.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
正常肺の犠牲を前提としてカテーテル治療を施行した両側肺全区域びまん性肺動静脈瘻の1例,
第143回日本小児科学会徳島地方会, 2014年12月.
141.渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 影治 照喜, 香美 祥二 :
頭蓋内悪性胚細胞性腫瘍に対する化学療法の強化による放射線療法の減量の試み,
第56回日本小児血液・がん学会, 2014年11月.
142.岡村 和美, 渡邊 浩良, 松崎 苑美, 藤岡 啓介, 井上 奈巳, 香美 祥二 :
VZV(水痘帯状疱疹ウイルス)再活性化によりPRES(Posterior Reversible Encephalopathy Syndrome),ARDS(Acute Respiratory Distress Syndrome),HLH(Hemophagocytic Lymphohistiocytosis)を合併したT-ALLの一例,
第56回日本小児血液・がん学会, 2014年11月.
143.香美 祥二 :
小児腎疾患診療 up-to date: -診断・治療法の進歩-,
第123回西讃小児科医会学術講演会, 2014年11月.
144.杉本 真弓, 小野 朱美, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子, 香美 祥二 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断したラテックスアレルギーの1例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
145.古本 哲朗, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
HHV-6の関与が疑われる後天性赤芽球癆の一例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
146.本間 友佳子, 木下 ゆき子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
学校検尿で発見された膜性増殖性糸球体腎炎III型の一女児例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
147.古本 哲朗, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
頭蓋・脊髄内に多発性腫瘍を合併した神経線維腫症Ⅱ型(NF2)の1例,
第66回 中国四国小児科学会, 2014年11月.
148.永井 隆, 古本 哲朗, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
指趾壊死を合併した全身性エリテマトーデスにおいて膜性ループス腎炎を呈した6歳男児例,
第31回中国四国小児腎臓病学会, 2014年11月.
149.杉本 真弓, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 香美 祥二 :
シンポジウム 気道アレルギー発症予防の戦略(AD/FA,鼻炎からの喘息進展阻止),
第51回日本小児アレルギー学会, 2014年11月.
150.香美 祥二 :
小児腎疾患の診断と治療 –最近の進歩-,
日本小児科学会鹿児島地方会, 2014年10月.
151.阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
拡張型心筋症へ移行した急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第23回日本小児心筋疾患学会, 2014年10月.
152.永井 隆, 古本 哲朗, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
指趾壊死を合併した全身性エリテマトーデスにおいて膜性ループス腎炎を呈した6歳男児例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
153.東田 好広, 伊藤 弘道, 香美 祥二, 岡本 伸彦 :
繰り返す痙攣発作にゾニサミドが著効したNicolaides-Baraitser症候群の一例,
第48回日本てんかん学会, 2014年10月.
154.阪田 美穂, 早渕 康信, 苛原 誠, 香美 祥二 :
ボセンタンが奏効した多脾症候群 Bidirectional Glenn術後の1例,
成人先天性心疾患(ACHD)と肺高血圧症(PAH)を考える会 in Tokushima, 2014年9月.
155.古本 哲朗, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
頭蓋・脊髄内に多発性腫瘍を合併した神経線維腫症Ⅱ型(NF2)の1例,
第32回四国小児神経症例検討会, 2014年9月.
156.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
カテーテル治療後に認められたFibromyxoid excrescence of aortic valveの1例,
第25回徳島小児循環器談話会, 2014年9月.
157.香美 祥二 :
小児科臨床とリサーチマインド,
第14回小児科医のための臨床研修指導医講習会, 2014年7月.
158.Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 永井 隆, 香美 祥二 :
Hic-5 regulates mesangial cell proliferation in proliferative glomerulonephritis in mice,
第57回日本腎臓学会学術総会, 2014年7月.
159.漆原 真樹, 永井 隆, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
小児IgA腎症の病態におけるACE2の役割検討,
第57回日本腎臓学会学術総会, 2014年7月.
160.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
シンポジウム「右室を視る-最新の画像診断-」多方向からの右室機能解析の重要性 -右室自由壁円周方向の収縮(Circumferential strain)と右室流出路の収縮(肺動脈弁輪運動速度)の解析-,
第50回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2014年7月.
161.阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 :
右室圧負荷を有する先天性心疾患症例では心室中隔の心筋伸展性が低下する-DWSを用いた心室中隔のスティフネス測定-,
第50回日本小児循環器学会総会, 2014年7月.
162.早渕 康信, 阪田 美穂, 小野 朱美, 香美 祥二 :
光干渉断層像 (Optical Coherence Tomography: OCT) を用いた特発性肺動脈性肺高血圧症における肺血管病変の観察,
第50回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2014年7月.
163.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
多方向からの右室機能解析の重要性 -右室自由壁円周方向の収縮(Circumferential strain)と右室流出路の収縮(肺動脈弁輪運動速度)の解析-,
第50回 日本小児循環器学会総会・学術集会, 2014年7月.
164.永井 隆, 古本 哲朗, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 藤野 修司, 山上 貴司 :
指趾壊死を合併した全身性エリテマトーデスにおいて膜性ループス腎炎を呈した6歳男児例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
165.庄野 実希, 寺田 知正, 渡辺 典子, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
当院NICU・GCUスタッフの百日咳抗体価の測定結果,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
166.近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 阪田 美穂, 杉本 真弓, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 渡邊 浩良, 早渕 康信, 香美 祥二 :
激症型心筋炎を来した特発性好酸球増多症の一例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
167.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
段階的カテーテル治療によりフォンタン手術が可能となった三尖弁閉鎖症の一例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
168.早渕 康信, 阪田 美穂, 寺田 知正, 香美 祥二 :
治療方針を苦慮した換気不全が増悪する肺動脈弁欠損術後症例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
169.古本 哲朗, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
悪性腫瘍との鑑別を要した神経線維腫症Ⅱ型の一例,
第142回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
170.早渕 康信, 阪田 美穂, 寺田 知正, 香美 祥二 :
持続する換気不全を呈した肺動脈弁欠損術後の1例,
第32回 西日本小児循環器HOT研究会, 2014年6月.
171.鈴江 真史, 漆原 真樹, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
早産児における尿中アンジオテンシノーゲン,
第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014年6月.
172.漆原 真樹, 永井 隆, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
小児IgA腎症における尿中アンジオテンシノーゲンと腎内RAS活性化および糸球体病変の関係,
第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014年6月.
173.永井 隆, 古本 哲朗, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
指趾壊死を合併した全身性エリテマトーデスにおいて膜性ループス腎炎を呈した6歳男児例,
第6回KOCS小児リウマチ研究会, 2014年5月.
174.森 健治, 伊藤 弘道, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 橋本 浩子, 谷 洋江, 香美 祥二 :
注意欠如・多動性障害における近赤外線スペクトロスコピーを用いた前頭葉機能評価,
第56回日本小児神経学会, 2014年5月.
175.伊藤 弘道, 森 健治, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
注意欠如・多動性障害における前頭葉抑制機能不全 近赤外線スペクトロスコピーによる検討,
第56回日本小児神経学会, 2014年5月.
176.阪田 美穂, 早渕 康信, 近藤 朝美, 永井 隆, 岡村 和美, 杉本 真弓, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
経皮的心肺補助が必要であった急性壊死性好酸球性心筋炎の一例,
第63回徳島心エコー図研究会, 2014年5月.
177.杉本 真弓, 亀村 典生, 鈴木 宏一, 窪田 賢司, 長尾 みづほ, 藤澤 隆夫, 香美 祥二, 木戸 博 :
高感度定量測定法による,急速経口免疫療法における抗原特異的免疫グロブリンの検討,
第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014年5月.
178.香美 祥二 :
非典型溶血性尿毒症症候群 Atypical hemolytic uremic syndrome(aHUS) –診断と治療法の進歩-,
第53回倉敷ren楽会, 2014年4月.
179.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
右室圧負荷を有する先天性心疾患症例では心室中隔の心筋伸展性が低下する -DWSを用いた心室中隔のスティフネス測定-,
第25回日本心エコー図学会学術集会, 2014年4月.
180.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
右室自由壁のCircumferential strainは,Longitudinal strainよりも右室機能解析に有用である,
第25回日本心エコー図学会学術集会, 2014年4月.
181.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
成人先天性心疾患術後症例における右室機能解析の問題点 -ファロー四徴症心内修復術後およびラステリ術後患者の右心室-,
第25回日本心エコー図学会学術集会, 2014年4月.
182.香美 祥二 :
小児腎疾患の診断と治療法の進歩,
徳島県小児科医会学術講演会, 2014年3月.
183.早渕 康信, 小野 朱美, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
Optical Coherence Tomography(OCT)で肺動脈を観察した特発性肺動脈性肺高血圧症,
症例から学ぶ肺高血圧症 in Tokushima, 2014年3月.
184.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 北市 隆, 藤本 鋭貴, 神原 保, 黒部 裕嗣, 北川 哲也, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 板東 左知子, 佐田 政隆 :
経皮的心肺補助装置(PCPS)装着下にカテーテルアブレーションを施行し,救命し得た心室頻拍1男児例,
第28回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2014年3月.
185.藤岡 啓介, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロホスファミドが有効であったステロイド依存性ネフローゼ症候群をきたしたC1q腎症の2歳男児例,
第15回四国小児腎疾患研究会, 2014年2月.
186.坂東 左知子, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 佐田 政隆, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博, 木下 学 :
薬剤抵抗性の特発性心室頻拍に対しPCPS下にカテーテルアブレーション治療を施行し,社会復帰に成功した一例,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
187.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
診断時にOptical Coherence Tomography(OCT)で肺動脈を観察した特発性肺動脈性肺高血圧症の1男児例,
第2回中四国肺循環動態フォーラム, 2014年2月.
188.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
カテーテル治療後に出現し,摘出術を要したFibromyxoid excrescence of aortic valve,
第25回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会, 2014年1月.
189.香美 祥二 :
小児科臨床とリサーチマインド,
第11回小児科医のための臨床研修指導医講習会, 2014年1月.
190.香美 祥二 :
特別講演 腎臓レニン・アンジオテンシン系からみた小児慢性腎臓病(CKD)の進展機序 —CKDの新しい診断・治療法の開発に向けて-,
日本医科大学教育セミナー, 2013年11月.
191.岡村 和美, 渡邊 浩良, 近藤 朝美, 井上 奈巳, 西庄 俊彦, 香美 祥二 :
再生不良性貧血に対する同種造血幹細胞移植後に横紋筋肉腫を発症した1例,
第55回日本小児血液・がん学会, 2013年11月.
192.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児がん患者における腎機能評価として,血清クレアチニンによる糸球体濾過率推算式は有用か,
第55回日本小児血液・がん学会, 2013年11月.
193.今田 久美子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 高橋 正幸, 庄野 実希, 藤野 修司, 山上 貴司, 松岡 優, 香美 祥二 :
精神運動発達遅滞と右多趾症を合併した常染色体劣性多発性嚢胞腎(ARPKD)と考えられた1例,
第30回中国四国小児腎臓病学会, 2013年11月.
194.松浦 里, 永井 隆, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
レニンアンジオテンシン系阻害薬を投与しているアルポート症候群の3例,
第30回中国四国小児腎臓病学会, 2013年11月.
195.万野 朱美, 渡邊 浩良, 庄野 実希, 岡村 和美, 井上 奈巳, 須賀 健一, 香美 祥二 :
脳梗塞後に多発脳転移と髄膜播種をきたした進行性横紋筋肉腫の1例,
第65回中国四国小児科学会, 2013年11月.
196.永井 隆, 富本 亜由美, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
Septo-optic dysplasiaの末期腎不全に対して維持血液透析を導入した一例,
第35回日本小児腎不全学会学術集会, 2013年10月.
197.早渕 康信, 阪田 美穂, 近藤 朝美, 香美 祥二 :
乳児白血病治療後に心筋症を呈した1例,
第22回日本小児心筋疾患学会, 2013年10月.
198.近藤 朝美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
左冠状動脈肺動脈起始症の乳児例,
第24回徳島小児循環器談話会, 2013年9月.
199.伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
慢性チック様症状を認め,Sandifer症候群が疑われる1例,
第31回四国小児神経症例検討会, 2013年8月.
200.早渕 康信, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
心室中隔は2層構造を呈し, 異なる収縮運動を有している -Speckle tracking法を用いた2心筋線維層のRotation(回転運動)の検討-,
第49回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2013年7月.
201.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
肺欝血・肺静脈拡大を反映する心エコー検査拡張能指標の検出 -心室中隔欠損による左心前負荷増加群における検討-,
第49回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2013年7月.
202.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
肺うっ血・肺静脈拡大を反映する心エコー検査拡張指標の検出,
第49回日本小児循環器学会総会・学術集会(, 2013年7月.
203.香美 祥二 :
小児科臨床におけるリサーチマインドの重要性,
第10回小児科医のための臨床研修指導医講習会, 2013年7月.
204.近藤 朝美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 木下 肇, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
左冠状動脈肺動脈起始症の乳児例,
第48回徳島心・血管造影研究会, 2013年7月.
205.Ariunbold Jamba, Shuji Kondo, Maki Urushihara, Takashi Nagai, Joo-ri Kim-Kaneyama, Akira Miyazaki and Shoji Kagami :
Hic-5 regulates mesangial cell proliferation in proliferative glomerulonephritis,
第48回日本小児腎臓病学会学術集会, Jun. 2013.
206.永井 隆, 万野 朱美, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二 :
ネフローゼ症候群を呈したCockayne症候群の一例,
第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013年6月.
207.漆原 真樹, 関 勇輔, 田山 貴広, 永井 隆, 木下 ゆき子, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
小児IgA腎症の病態進展におけるACE2の役割検討,
第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013年6月.
208.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
新生児期から持続する間質性肺炎のために肺高血圧をきたした女児例,
第1回徳島肺高血圧フォーラム2013, 2013年5月.
209.宮崎 雅仁, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
簡易版就学前幼児(4-6歳)用発達障害チェック・リスト:5歳児健診での有用性の検討,
第55回日本小児神経学会, 2013年5月.
210.森 健治, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
注意欠如多動性障害における近赤外線スペクトロスコピーを用いた前頭葉機能解析,
第55回日本小児神経学会, 2013年5月.
211.伊藤 弘道, 森 健治, 森 達夫, 香美 祥二 :
ノロウイルス脳症に横紋筋融解症を合併した1例,
第55回日本小児神経学会, 2013年5月.
212.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
著しい右室拡大を呈した乳児例,
, 2013年5月.
213.漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, Ariunbold Jamba, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ラット半月体形成性腎炎モデルにおけるアリスキレンの治療効果.,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
214.東田 好広, 島川 清司, 森 健治, 香美 祥二 :
レベチラセタム中断時に発作群発を来した難治てんかんの一例,
第55回日本小児神経学会, 2013年4月.
215.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
シンポジウム「成人先天性心疾患 Up to Date 先天性心疾患の画像診断-医療画像診断機器(modality)の比較と総合的診断-,
第24回日本心エコー図学会学術集会, 2013年4月.
216.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
肺欝血・肺静脈拡大を反映する心エコー検査指標の検討 -心室中隔欠損による左室前負荷増加群における検討-,
2013年4月.
217.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
心室中隔は2層構造を示し,異なるRotation(回転運動)を示す,
第24回日本心エコー図学会学術集会, 2013年4月.
218.永井 隆, 万野 朱美, 漆原 真樹, 森 健治, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ネフローゼ症候群を呈したCockayne症候群の一例,
第116回日本小児科学会学術集会, 2013年4月.
219.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
Fontan術後遠隔期の肝障害,肝線維症に対するウルソデオキシコール酸の効果,
第116回日本小児科学会学術集会, 2013年4月.
220.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
進行性に3枝ブロックを認め,ペースメーカー治療を要した新生児例,
第27回 日本小児循環器学会 近畿中四国地方会, 2013年3月.
221.森 健治, 東田 好広, 伊藤 弘道, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
結節性硬化症のin vivo 1H-MRSによる検討,
第7回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2013年2月.
222.万野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二, 三河 浩一, 松岡 優 :
徳島県における学校心電図検診 -最近10年間の状況-,
第45回 若年者心疾患生活習慣病対策協議会総会, 2013年1月.
223.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
総肺静脈還流異常症に対するステント留置術の有用性と問題点,
第24回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会, 2013年1月.
224.鈴江 真史, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 菅野 幹雄, 北山 哲也 :
9番染色体部分トリソミー・21番染色体部分モノソミーの1例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年12月.
225.万野 朱美, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二 :
ネフローゼ症候群を呈したCockayne症候群の一例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
226.永井 隆, 富本 亜由美, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 宮崎 雅仁, 香美 祥二, 山口 邦久, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎 :
Septo-optic dysplasiaの末期腎不全に対して維持血液透析を導入した一例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
227.鈴江 真史, 香美 祥二, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 石橋 広樹 :
腹膜透析管理を行っている両側性多嚢胞性異形成腎の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
228.小谷 裕美子, 香美 祥二 :
生活習慣の改善とリラグルチドが著効したIgA腎症に合併した2型糖尿病の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
229.内藤 悦雄, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
新生児タンデムマススクリーニングで発見された中鎖アシルCoA脱水素酵素(MCAD)欠損症の1女児例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
230.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 富本 亜由美, 岡村 和美, 香美 祥二 :
3回目の同種造血幹細胞移植を施行した再発急性リンパ性白血病の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
231.藤岡 啓介, 富田 理絵, 福留 啓祐, 阿部 容子, 木下 ゆき子, 市原 朋子, 藤井 笑子, 坂口 善市, 幸山 洋子, 関口 隆憲, 大原 克明, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
後天性サイトメガロウイルス感染症を契機に発症した治療抵抗性特発性血小板減少性紫斑病の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
232.市原 裕子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 万野 朱美 :
右室内血栓を認めた純型肺動脈閉鎖の2例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
233.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
進行性心臓伝導障害の新生症例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
234.万野 朱美, 早渕 康信, 香美 祥二, 三河 浩一, 松岡 優, 森 一博 :
徳島県における学校心電図検診の10年間のあゆみ,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
235.伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 香美 祥二, 須賀 健一, 森 一博 :
横紋筋融解症を合併した急性脳症の1例,
第139回日本小児科学会徳島地方会, 2012年12月.
236.香美 祥二 :
医学生の臨床実習カリキュラムの在り方-日本小児科学会委員会活動を通じて-,
第12回日本小児医学教育研究会, 2012年12月.
237.渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 香美 祥二 :
小児悪性腫瘍患者における発熱性好中球減少症(FN:febrile neutropenia)の病因や予後に関する検討,
第54回日本小児血液・がん学会, 2012年12月.
238.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大西 達也, 香美 祥二, 影治 照喜 :
尿崩症を合併した鞍上部未熟奇形腫の化学療法中に中枢性塩分喪失症候群を呈した症例,
第54回日本小児血液・がん学会, 2012年12月.
239.宮本 健志, 溝渕 佳史, 影治 照喜, 永廣 信治, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 加地 剛, 苛原 稔 :
胎児期に発見された頭蓋咽頭腫の一例,
第74回㈳日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2012年12月.
240.永井 隆, 万野 朱美, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二 :
ネフローゼ症候群を呈したCockayne症候群の一例,
第29回中国四国小児腎臓病学会, 2012年11月.
241.岡村 和美, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 影治 照喜, 香美 祥二 :
放射線治療を回避しえた退形成性上衣腫の乳児例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
242.伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 須賀 健一, 森 一博, 香美 祥二 :
横紋筋融解症をきたしたノロウイルス性急性脳症の1例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
243.市原 裕子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 万野 朱美, 香美 祥二 :
右室内血栓を認めたPAIVSの2症例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
244.永井 隆, 岸 夏子, 木下 ゆき子, 清水 真樹, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
IgA腎症の治療経過中にHenoch-Schönlein紫斑病を発症した2例,
第64回日本小児科学会中国四国地方会, 2012年11月.
245.永井 隆, 木下 ゆき子, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
ブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発に対してシクロスポリンが奏効した一女児例,
第42回日本腎臓学会学術集会西部大会, 2012年10月.
246.早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 阿部 容子, 香美 祥二 :
Anodal stimulation(陽極刺激)を認め,心室細動を来したCRT施行の1男児例,
第17回日本小児心電学研究会, 2012年10月.
247.木下 ゆき子, 阿部 容子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロホスファミドパルス療法が奏功したNeuropsychiatric SLEの女児例,
第22回日本小児リウマチ学会総会・学術集会, 2012年10月.
248.森 健治, 森 達夫, 郷司 彩, 伊藤 弘道, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
絵本の読み聞かせの脳に及ぼす効果-NIRSによる評価-,
第17回認知神経科学会学術集会, 2012年9月.
249.苛原 誠, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
胸痛から心肺停止を来たした多脾症候群の1例,
第23回徳島小児循環器談話会, 2012年9月.
250.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
心不全の増悪によって交互脈を認めたFontan術後症例,
第23回徳島小児循環器談話会, 2012年9月.
251.市原 裕子, 早渕 康信, 阪田 美穂, 万野 朱美, 香美 祥二 :
右室内血栓を認めたPAIVSの2症例,
第30回中国四国地区小児循環器談話会, 2012年9月.
252.伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
慢性進行性外眼筋麻痺症候群 (CPEO) が疑われる1例,
第30回四国小児神経症例検討会, 2012年9月.
253.東田 好広, 伊藤 弘道, 永井 隆, 阪田 美穂, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 早渕 康信, 森 健治, 香美 祥二 :
West症候群を合併した21番染色体部分異常の1例,
第48回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2012年7月.
254.香美 祥二 :
臨床医におけるリサーチマインドの重要性,
第8回小児科医のための臨床研修指導医講習会, 2012年7月.
255.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 香美 祥二 :
Dual Dopller法を用いた拡張早期左室流入血流と僧帽弁輪運動の時相解析による左室拡張障害診断,
第48回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2012年7月.
256.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
ontan術後患者の肝機能障害・肝線維症に対するウルソデオキシコール酸の効果,
第48回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2012年7月.
257.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
心室中隔は2層に区分され,それらのasynchronyは心室中隔機能低下を惹起する,
第48回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2012年7月.
258.Jamba Ariunbold, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, 松浦 里, 須賀 健一, 岸 夏子, 香美 祥二 :
Enhanced expression of glomerular angiotensinogen in the progressive mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
259.近藤 秀治, 松浦 里, Jamba Ariunbold, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 永井 隆, 須賀 健一, 岸 夏子, 香美 祥二 :
進行性糸球体腎炎と培養糸球体内皮細胞におけるp63の発現検討,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
260.木下 ゆき子, 永井 隆, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリンの投与が有効であったブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発例,
第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012年6月.
261.木下 ゆき子, 阿部 容子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロホスファミドパルス療法が奏効したNeuropsychiatric SLEの一女児例,
第138回日本小児科学会徳島地方会, 2012年6月.
262.藤岡 啓介, 東田 好広, 伊藤 弘道, 永井 隆, 阪田 美穂, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 早渕 康信, 森 健治, 香美 祥二 :
West症候群を合併した21番染色体部分異常の1例,
第138回日本小児科学会徳島地方会, 2012年6月.
263.富本 亜由美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 中川 竜二, 香美 祥二 :
サイトメガロウイルスに関連したITPの一例,
第138回日本小児科学会徳島地方会, 2012年6月.
264.庄野 実希, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 富本 亜由美, 香美 祥二 :
コイル塞栓術とバルーン拡大術に新しいデバイスを用いて工夫を凝らした心室中隔欠損・肺動脈閉鎖の1例,
第138回日本小児科学会徳島地方会, 2012年6月.
265.Jamba Ariunbold, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 永井 隆, 香美 祥二 :
ラット進行性メサンギウム増殖性糸球体腎炎におけるアンジオテンシノーゲンの発現亢進(glomerular angiotensinogen expression is enhanced in the progressive mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat),
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
266.近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 永井 隆, 香美 祥二 :
進行性糸球体腎炎でのアンジオテンシンⅡ関連糸球体内皮細胞障害におけるp63の発現,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
267.宮崎 雅仁, 森 達夫, 森 健治, 香美 祥二 :
アトモキセチンが睡眠関連併存障害に有効であった注意欠陥/多動性障害,
第54回日本小児神経学会総会, 2012年5月.
268.伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
AD/HD脳のおける1H-MRSによる各種代謝物質濃度の検討,
第54回日本小児神経学会総会, 2012年5月.
269.森 健治, 伊藤 弘道, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
絵本の読み聞かせ時の前頭葉活動 -近赤外線スペクトロスコピーによる評価-,
第54回日本小児神経学会総会, 2012年5月.
270.森 達夫, 森 健治, 伊藤 弘道, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 黒澤 健司, 香美 祥二 :
継時的に1H-MRSを施行したPelizaeus-Merzbacher病の1例,
第54回日本小児神経学会総会, 2012年5月.
271.山口 美輪, 小谷 裕美子, 松村 晃子, 横田 一郎, 香美 祥二, 有澤 孝吉, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
学校給食の副食糖質量の検討,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
272.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 庄野 実希, 香美 祥二 :
純型肺動脈閉鎖の新生児症例,
第59回徳島心エコー図研究会, 2012年4月.
273.漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 高松 昌徳, 香美 祥二 :
尿中アンジオテンシノーゲン測定による小児慢性腎炎患者の新たな病態指標,
第115回日本小児科学会学術集会, 2012年4月.
274.森 達夫, 森 健治, 鈴江 真史, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
Tacrolimusが有効でステロイドを中止し得た眼筋型重症筋無力症の1小児例,
第115回日本小児科学会学術集会, 2012年4月.
275.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 香美 祥二 :
先天性心疾患小児症例におけるdual Doppler法を用いた拡張早期左室流入血流と僧帽弁輪運動の時相解析,
第23回日本心エコー図学会学術集会, 2012年4月.
276.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
心室中隔は2層に区別され,心室中隔欠損閉鎖術施行患者ではasynchronyが存在する,
第23回日本心エコー図学会学術集会, 2012年4月.
277.森 達夫, 森 健治, 阿部 容子, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
先天性サイトメガロウイルス感染症によるWest症候群の1男児例,
第42回中国・四国点頭てんかん研究会, 2012年3月.
278.香美 祥二 :
子どものCKD(慢性腎臓病)~その診断と治療について~,
徳島市民公開講座, 2012年3月.
279.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
静脈管にステント留置を施行した下心臓型総肺静脈還流異常の1新生児例,
第45回徳島心血管造影研究会, 2012年3月.
280.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 苛原 誠, 阿部 容子, 香美 祥二 :
陽極刺激を認め,心室細動を来した心臓再同期療法施行の1男児例,
第26回日本小児循環器学会近畿・中四国地方会, 2012年3月.
281.木下 ゆき子, 永井 隆, 岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリンの投与が有効であったブドウ膜炎に伴う尿細管間質性腎炎の再発例,
第13回四国腎疾患研究会, 2012年2月.
282.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)における腎内レニン・アンジオテンシン系(RAS)の役割とRAS阻害薬治療,
第45回大阪小児腎研究会, 2012年2月.
283.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 香美 祥二, 加地 剛, 前田 和寿, 苛原 稔 :
無脾症候群・下心臓型肺静脈還流異常に対する静脈管ステント留置部病変の経胸壁・血管内エコーによる経時的観察,
第23回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会, 2012年1月.
284.山口 美輪, 小谷 裕美子, 黒田 暁生, 横田 一郎, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
徳島市学校給食の副食糖質量の検討,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
285.山口 美輪, 松村 晃子, 小谷 裕美子, 黒田 暁生, 横田 一郎, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
外来栄養指導でカーボカウントの継続が見られた例,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
286.香美 祥二 :
臨床のなかでリサーチマインドを持つことの重要性,
第7回小児科医のための臨床研修指導医講習会, 2012年1月.
287.小谷 裕美子, 香美 祥二 :
小児1型糖尿病に対するインスリン持続皮下注射療法導入の当院での現状,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
288.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 苛原 誠, 阿部 容子, 香美 祥二 :
Anodal stimulation(陽極刺激)を認め,心室細動を来した CRT(心臓再同期療法)施 行の男児例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
289.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 岡部 寛, 香美 祥二, 中川 竜二, 西條 隆彦 :
ステント留置により肺静脈閉塞を回避しえた総肺静脈還流異常の3新生児例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
290.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 香美 祥二 :
肺高血圧症治療薬の使用状況に関する検討,
第137回に本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
291.庄野 実希, 井上 奈巳, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 田山 正伸 :
ループスアンチコアグラント陽性,APTT 延長を一過性に認めた ITP の1例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
292.阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 森 健治, 香美 祥二, 吉本 勉 :
先天性サイトメガロウイルス感染症によるWest症候群の1男児例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
293.森 達夫, 森 健治, 伊藤 弘道, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
小児期に発症した難治性てんかんに対する Levetiracetam の有効性,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
294.木下 ゆき子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロスポリンの投与が有効であった尿細管間質性腎炎の再発例,
第137回日本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
295.富本 亜由美, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 重松 陽介, 矢崎 正英, 内藤 悦夫 :
タンデムマススクリーニングで発見されたシトリン欠損症,
第137回に本小児科学会徳島地方会, 2011年12月.
296.岡村 和美, 渡邊 浩良, 永井 隆, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 関根 和教, 田村 公一, 香美 祥二 :
化学療法が奏功したMPNSTの一例,
第53回日本小児血液・がん学会, 2011年11月.
297.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 大西 敏弘, 香美 祥二, 影治 照喜 :
鞍上部悪性胚細胞性腫瘍の治療中に,副腎皮質機能低下症に伴う高Ca血症を呈した2症例,
第53回日本小児血液・がん学会, 2011年11月.
298.小谷 裕美子, 勢井 雅子, 横田 一郎, 香美 祥二 :
学校検尿について,
第49回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2011年11月.
299.山口 美輪, 小谷 裕美子, 横田 一郎, 黒田 暁生, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
学校給食の副食糖質量の検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
300.苛原 誠, 井上 奈巳, 岡村 和美, 渡邊 浩良, 香美 祥二 :
右動眼神経麻痺で発症した atypical teratoid/rhabdoid tumorの一例,
第63回中国四国小児科学会, 2011年11月.
301.小谷 裕美子, 苛原 誠, 香美 祥二, 森 一博, 山上 貴司, 松岡 優, 横田 一郎, 増江 道哉, 西堀 弘記, 福山 誠介 :
新生児早期発症高インスリン性低血糖症の1例,
第63回中国四国小児科学会, 2011年11月.
302.中川 竜二, 西條 隆彦, 渡辺 典子, 早渕 康信, 香美 祥二 :
過去10年間に当院NICUへ入院した先天性心疾患症例の検討,
第63回中国四国小児科学会, 2011年11月.
303.中川 竜二, 西條 隆彦, 早渕 康信, 香美 祥二 :
過去10年間に当院NICUへ入院した先天性心疾患症例の検討,
第63回中国四国小児科学会, 2011年11月.
304.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
下心臓型総肺静脈還流異常に対する静脈管ステント留置術を施行した無脾症候群の1新生児例,
第7回四国小児循環器病研究会, 2011年10月.
305.森 健治, 森 達夫, 郷司 彩, 東田 好広, 伊藤 弘道, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
潜因性/特発性West症候群におけるsubtraction SPECTによるスパスム発現様式の検討,
第45回日本てんかん学会, 2011年10月.
306.森 達夫, 森 健治, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
小児期に発症した難治性てんかんに対するLevetiracetamの有効性,
第45回日本てんかん学会, 2011年10月.
307.木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎の進展におけるRAS,活性酸素の役割,
第23回腎とフリーラジカル研究会, 2011年10月.
308.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)における腎内レニン・アンジオテンシン系(RAS)の関与とRAS阻害療法,
第41回日本腎臓学会西部学術大会, 2011年9月.
309.木下 ゆき子, 森 達夫, 須賀 健一, 松浦 里, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 永井 隆, 中川 竜二, 西條 隆彦, 森 健治, 香美 祥二 :
伊藤白斑,滑脳症,難治性てんかんに膀胱尿管逆流(VUR)を合併した一男児例,
第41回日本腎臓学会西部学術大会, 2011年9月.
310.Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
Combination of oxidative stress and energy depletion induced significant glioma cell death,
The 84th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Sep. 2011.
311.森 達夫, 鈴江 真史, 伊藤 弘道, 森 健治, 香美 祥二 :
Tacrolimusが有効でステロイドを中止し得た眼筋型重症筋無力症の1小児例,
第26回徳島県小児科合同症例検討会, 2011年9月.
312.渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 山田 正 :
乳児期より頭蓋内出血を繰り返した血友病Aの男児例,
第3回 四国血友病研究会, 2011年9月.
313.苛原 誠, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
胸痛から心肺停止を来した多脾症候群の1例,
第29回中国四国地区小児循環器談話会, 2011年9月.
314.エルサイード モハメド サラ, アブ エルマグド モハメド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 :
D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピル ビン酸の解糖系への阻害作用が増強される,
第7回 D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年9月.
315.近藤 秀治, Jamba Ariunbold, 松浦 里, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 香美 祥二 :
ラット腎発生でのFAKの発現とそのリン酸化,
第20回発達腎研究会, 2011年8月.
316.宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
プライマリケア医が利用可能な簡易版就学前幼児(4‐6歳)用発達障害チェックリスト,
第21回日本外来小児科学会年次集会, 2011年8月.
317.漆原 真樹, 小谷 裕美子, 小堀 浩幸, 香美 祥二 :
1型糖尿病では尿中アンジオテンシノーゲン排泄の増加はアルブミン尿より先行する,
第114回日本小児科学会学術集会, 2011年8月.
318.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
心臓カテーテル検査では描出できずMDCTでのみ診断出来る症に循環器疾患に関する考察,
第114回 日本小児科学会学術集会, 2011年8月.
319.森 達夫, 森 健治, 永井 隆, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
難治性の全身性ジストニアを来たしたHyperinsulinism-hyperammonaemia syndromeの1例,
第114回日本小児科学会学術集会, 2011年8月.
320.森 達夫, 森 健治, 永井 隆, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 梶 龍兒, 後藤 惠 :
2次性に難治性の全身性ジストニアを来たしたhyperinsulinism-hyperammonaemia syndrome(HHS)の1女児例,
第22回日本小児神経学会中国・四国地方会, 2011年7月.
321.山口 美輪, 小谷 裕美子, 横田 一郎, 黒田 暁生, 松久 宗英, 香美 祥二 :
小児期発症1型糖尿病患者へのカーボカウント教育の試み,
小児思春期糖尿病学会, 2011年7月.
322.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二 :
先天性心疾患における心不全指標としての赤血球粒度分布幅RDWの有用性,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2011年7月.
323.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 井上 美紀, 香美 祥二 :
ファロー四徴症の術後患者における組織ドプラ法とカテーテル検査指標の関連性の検討,
第47回 日本小児循環器学会総会・学術集会, 2011年7月.
324.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博, 井上 美紀 :
Duchenne型筋ジストロフィー左室後壁外側に認められる非虚血性局所心筋障害と自律神経機能異常との関連,
第47回 日本小児循環器学会総会・学術集会, 2011年7月.
325.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
心室中隔を右室側と左室側に区別したストレイン解析は右室機能評価に有用である,
第47回 日本小児循環器学会総会・学術集会, 2011年7月.
326.香美 祥二 :
小児CKDの発症・進展における組織レニン・アンジオテンシン系(RAS)の関与とRAS阻害療法,
第2回小児腎臓フォーラム, 2011年6月.
327.木下 ゆき子, 永井 隆, 森 達夫, 須賀 健一, 松浦 里, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二, 中川 竜二, 西條 隆彦 :
伊藤白斑に VUR を合併した1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
328.永井 隆, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
視力低下で発見された TINU の1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
329.森 達夫, 森 健治, 藤井 笑子, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 香美 祥二, 原田 雅史, 橋本 俊顕 :
自閉症スペクトラム障害における 123I-IMZ SPECT を用いた GABA 神経系の機能評価,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
330.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 阿部 容子, 寺田 知正, 岡村 和美, 香美 祥二 :
発症時に関節痛,骨量減少,骨形成低下を認めた急性リンパ性白血病の1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
331.岡村 和美, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 香美 祥二, 横田 一郎, 金兼 弘和 :
遺伝子解析にて診断が確定した Shwachman-Diamond 症候群の男児例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
332.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 苛原 誠, 香美 祥二 :
心不全の増悪とともに交互脈を認めた Fontan 術後症例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
333.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 香美 祥二, 渡辺 典子, 中川 竜二, 西條 隆彦, 加地 剛, 前田 和寿, 苛原 稔, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
静脈管ステント留置術を行った無脾症に伴う下心臓型総肺静脈還流異常症の新生児例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
334.苛原 誠, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
著明な低酸素血症による狭心症発作と心肺停止を来した多脾症候群の1例,
第136回日本小児科学会徳島地方会, 2011年6月.
335.松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
腎発生におけるNADPHオキシダーゼ(Nox)の役割,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
336.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 寺田 知正, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二, 北市 隆, 北川 哲也 :
長期のECMO施行と人工呼吸管理を要した肺動脈弁欠損症の1例,
第29回西日本小児循環器HOT研究会, 2011年6月.
337.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 寺田 知正, 中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二, 北市 隆, 北川 哲也 :
長期のECMO施行と人工呼吸管理を要した肺動脈弁欠損症の1例,
第29回西日本小児循環器HOT研究会, 2011年6月.
338.森 健治, 森 達夫, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害におけるミラーニューロンシステムのNIRSによる評価,
第53回日本小児神経学会総会, 2011年5月.
339.宮崎 雅仁, 橋本 俊顕, 西村 美緒, 村川 和義, 森 健治, 香美 祥二 :
プライマリケア医が利用可能な簡易版就学前幼児(4∼6歳)用発達障害チェック・リスト,
第53回日本小児神経学会総会, 2011年5月.
340.森 達夫, 森 健治, 藤井 笑子, 東田 好広, 原田 雅史, 宮崎 雅仁, 橋本 俊顕, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害における123I-iomazenil(IMZ)SPECTを用いたGABA神経系の機能評価,
第53回日本小児神経学会総会, 2011年5月.
341.中川 竜二, 西條 隆彦, 須賀 健一, 渡辺 典子, 大西 達也, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 加地 剛, 前田 和寿, 苛原 稔 :
生後早期に静脈管ステント留置術を行った無脾症に伴う下心臓型総肺静脈環流異常症の一例,
第28回四国新生児医療研究会, 2011年5月.
342.Salah Mohamed El-Sayed, Rabab Mohamed Abou El-Magd, Yuji Shishido, Seongpil Chung, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Kiyoshi Fukui :
D-amino acid oxidase gene therapy sensitizes glioma cells to the anti-glycolytic effect of 3-bromopyruvate,
第52回 日本生化学会中国・四国支部例会・シンポジウム, May 2011.
343.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 香美 祥二, 加地 剛, 前田 和寿, 苛原 稔, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
下心臓型総肺静脈還流異常に対して静脈管にステント留置を施行した1新生児例,
第98回日本循環器学会中国四国合同地方会, 2011年5月.
344.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博, 井上 美紀 :
Duchenne型筋ジストロフィー左室後壁外膜側優位に認められる非虚血性局所心筋障害-自律神経機能異常との関連-,
第22回日本心エコー図学会学術集会, 2011年4月.
345.早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 渡辺 典子, 香美 祥二, 森 一博 :
心室中隔を右室側と左室側に区別したストレイン解析は右室容量及び圧負荷の診断に有用である,
第22回日本心エコー図学会学術集会, 2011年4月.
346.加地 剛, 前田 和寿, 須藤 真功, 佐藤 美紀, 中川 竜二, 西條 隆彦, 苛原 稔, 早渕 康信, 香美 祥二 :
当院における胎児心エコー検査 -保険収載後1年を経て-,
第99回徳島周産期研究会, 2011年4月.
347.永井 隆, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 漆原 真樹, 須賀 健一, 松浦 里, 香美 祥二 :
海綿状血管腫に膜性腎症を合併した一男児例,
第12回四国小児腎疾患研究会, 2011年3月.
348.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二 :
カテーテル治療に成功した純型肺動脈閉鎖の一例,
第41回徳島心血管造影研究会, 2011年3月.
349.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 香美 祥二 :
完全閉塞したBlalock-Taussig shunt(B-T shunt)に対してカテーテル治療で再開通を得た2乳児例,
第43回徳島心血管造影研究会, 2011年3月.
350.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 大西 達也, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
大動脈弁置換術後の遠隔期に上行大動脈瘤を発症した一例,
第25回日本小児循環器学会近畿・中国地方会, 2011年3月.
351.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 大西 達也, 香美 祥二 :
大動脈置換術後の遠隔期に上行大動脈瘤を発症した1例,
第25回日本循環器学会近畿中四国地方会, 2011年3月.
352.森 健治, 森 達夫, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
潜因性/特発性West症候群におけるsubtraction SPECTによるスパスム発現様式の検討,
第41回中国・四国点頭てんかん研究会, 2011年3月.
353.森 健治, 森 達夫, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
潜因性/特発性West症候群におけるsubtraction SPECTによるスパスム発現様式の検討,
第41回中国・四国点頭てんかん研究会, 2011年3月.
354.渡邊 浩良, 苛原 誠, 岡村 和美, 井上 奈巳, 久山 寿子, 嵩原 裕夫, 香美 祥二, 岡田 要 :
劇症型肝障害とSOSを合併したWilms腫瘍の男児例,
平成22年度日本ウイルムス腫瘍スタディ研究会, 2011年1月.
355.岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 阪田 美穂, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 早渕 康信, 清水 真樹, 玉木 克佳, 香美 祥二 :
Fontan術後の肝過形成の2例,
第52回日本小児血液学会・第26回日本小児がん学会, 2010年12月.
356.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 香美 祥二, 影治 照喜 :
頭蓋内悪性胚細胞性腫瘍の治療中に発症し,ボリコナゾールが有効であった中枢神経系アスペルギルス症の1例,
第52回日本小児血液学会・第26回日本小児がん学会, 2010年12月.
357.モハメド エルサイード サラ, モハメド アブ エルマグド ラバブ, 宍戸 裕二, 鄭 丞弼, 頼田 和子, 坂井 隆志, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 福井 清 :
D-アミノ酸酸化酵素の遺伝子導入により,グリオーマ細胞では,3-ブロモピルビン酸の解糖系への阻害作用が増強される,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
358.阪田 美穂, 早渕 康信, 大西 達也, 苛原 誠, 香美 祥二, 北市 隆, 北川 哲也 :
完全閉塞したBlalock-Tauusig shunt (B-T shunt)に対してバルーン拡大術を施行した2乳児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
359.Nabo Mohamed Helmy anal, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
MDCT (multidetector-row CT) の部分肺静脈還流異常の診断に対する有用性,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
360.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 苛原 誠, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也, 眞鍋 哲也 :
著明に拡大した冠状動脈瘻の1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
361.苛原 誠, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二, 森 一博, 松岡 優 :
Afterload mismatchを呈した大動脈縮窄に対してバルーン拡大術を施行した2乳児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
362.寺田 知正, 早渕 康信, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 北市 隆, 北川 哲也, 吉本 勉, 上田 隆 :
28日間のECMO施行を要した肺動脈弁欠損症の1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
363.中川 竜二, 西條 隆彦, 香美 祥二, 前田 和寿, 苛原 稔 :
本県における新生児蘇生法普及事業の現状,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
364.鈴江 真史, 中川 竜二, 西條 隆彦, 須賀 健一, 渡辺 典子, 阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
右大動脈弓に声帯麻痺を合併した1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
365.寺田 知正, 西條 隆彦, 中川 竜二, 須賀 健一, 渡辺 典子, 加地 剛, 前田 和寿, 香美 祥二 :
胎盤血管腫により胎児心不全をきたした1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
366.宮崎 雅仁, 森 達夫, 森 健治, 香美 祥二 :
注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の神経生理学的研究,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
367.森 達夫, 森 健治, 藤井 笑子, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 香美 祥二, 原田 雅史 :
てんかんを合併する22q11.2欠失症候群 -1H-MRSおよび123I-iomazenil (IMZ)SPECTによる検討-,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
368.横田 一郎, 西庄 かほる, 森谷 眞紀, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
学校検診で発見された糖尿病におけるグルコキナーゼ(GCK)遺伝子変異の検討,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
369.山口 美輪, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
1型糖尿病児へのカーボカウント導入の試みとQOLへの影響,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
370.内藤 悦雄, 田久保 憲行, 重松 陽介, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
タンデムマスを用いた新生児マス・スクリーニングにより発見されたシトルリン血症1型軽症例とシトリン欠損症との鑑別,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
371.岡村 和美, 渡邊 浩良, 鈴江 真史, 井上 奈巳, 香美 祥二, 清水 真樹, 玉木 克佳 :
Fontan 術後の肝過形成の1例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
372.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
脳腫瘍経験者の長期フォローアップに関する検討,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
373.松浦 里, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
慢性甲状腺炎と開放隅角緑内障を合併した膜性腎症の一例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
374.苛原 誠, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 高松 昌徳, 湯浅 安人 :
混合性結合組織病と診断された1年半後にSLEに移行した一女児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
375.永井 隆, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
海綿状血管腫に膜性腎症を合併した一男児例,
第135回日本小児科学会徳島地方会, 2010年12月.
376.苛原 誠, 岡村 和美, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 久山 寿子, 嵩原 裕夫, 香美 祥二, 岡田 要 :
劇症型肝障害とSOS を合併したWilms腫瘍の男児例,
第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
377.渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 花岡 尚賢, 遠藤 健次, 先山 正二, 生島 仁史, 安井 夏生, 香美 祥二 :
再発骨軟部腫瘍の3例,
第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
378.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)の診断と治療,
名西郡・名東郡医師会学術講演会, 2010年10月.
379.森 健治, 森 達夫, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
脳室周囲白質軟化症を伴うWest症候群-subtraction SPECTによるスパスム発現様式の検討-,
第44回日本てんかん学会, 2010年10月.
380.森 達夫, 森 健治, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
てんかんを合併する22q11.2欠失症候群-1H-MRSおよび123I-iomazenil(IMZ)SPECTによる検討-,
第44回日本てんかん学会, 2010年10月.
381.松浦 里, 木下 ゆき子, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
慢性甲状腺炎と開放偶角緑内障を合併した膜性腎症の一例,
第27回中国四国小児腎臓病学会, 2010年10月.
382.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
バルーン拡大術によって狭窄血管のRecoilおよびSpasmsを生じ, ステント留置を必要とした腎血管性高血圧の1例,
第14回徳島小児循環器懇話会, 2010年10月.
383.岸 夏子, 木下 ゆき子, 松浦 里, 須賀 健一, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
乳児期に発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例,
第40回日本腎臓学会西部学術大会, 2010年10月.
384.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 大西 達也, 香美 祥二 :
脳血流の盗血が疑われた鎖骨下動脈孤立症の1例,
第20回日本超音波医学会四国地方会, 2010年10月.
385.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博 :
左室後壁外側膜に輝度上昇が認められたDuchennne型筋ジストロフィー患者の局所心筋障害の評価,
第20回日本超音波医学会四国地方会, 2010年10月.
386.松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
NADPH oxidase 由来の活性酸素は尿管芽分岐とネフロン形成に関与する,
第19回発達腎研究会, 2010年9月.
387.工藤 友紀, 榎本 葵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 香美 祥二 :
1型糖尿病患児の学校での療養行動における現状と課題,
第57回日本小児保健学会, 187, 2010年9月.
388.渡邊 浩良, 渡邉 力, 大西 敏弘, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 山田 正, 河野 嘉文 :
FAIBAの継続投与により抗体価が低下した血友病Bインヒビター症例,
ベネフィックス学術講演会 血友病セミナー, 2010年8月.
389.宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の神経生理学的研究,
第20回日本外来小児科学会年次集会, 2010年8月.
390.森 達夫, 井上 奈巳, 久山 寿子, 新居 章, 渡邊 浩良, 嵩原 裕夫, 香美 祥二 :
遷延する運動失調と異常眼球運動を呈した1幼児例,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年8月.
391.森 達夫, 東田 好広, 小谷 裕美子, 藤井 笑子, 森 健治, 横田 一郎, 山上 貴司, 松岡 優, 香美 祥二 :
2次性に難治性の全身性ジストニアを来たした3症例,
第21回日本小児神経学会中国・四国地方会, 2010年7月.
392.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 森 一博, 阪田 美穂, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二 :
Duchenne型筋ジストロフィーの心筋障害における左室心筋の捩れ(Torsion)の異常,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
393.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博 :
左室後壁外側膜に輝度上昇が認められたDuchennne型筋ジストロフィー患者の局所心筋障害の評価,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
394.井上 美紀, 早渕 康信, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
左右両心室の拡張早期流入血流と弁輪部運動開始の時相解析の心室拡張不全に対する有用性 -Dual Dopplerを用いた検討-,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
395.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二 :
左房トラッキングを用いた左房容積曲線の一次微分曲線を用いた左房機能の解析,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
396.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
先天性心疾患におけるHeart-type fatty acid-binding protein (H-FABP)測定の有用性に関する検討,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
397.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
心臓カテーテル検査による血管造影では描出できず,multidetector-row CT (MDCT)でのみ診断できる小児循環器疾患の病態に関する考察,
第46回日本小児循環器学会学術集会, 2010年7月.
398.香美 祥二 :
小児CKDの発症・進展における糸球体レニン・アンジオテンシン系(RAS)の関与とRAS阻害療法 —from bench to bed:臨床医にとって,なぜ基礎研究が大切なのか,
第45回日本小児腎臓病学会 教育講演, 2010年7月.
399.木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 西山 成, 河内 裕, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎におけるアンジオテンシンII(AngII)の役割,
第45回日本小児腎臓病学会学術集会, 2010年7月.
400.松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
ラット腎発生における細胞接着斑蛋白の発現,
第45回日本小児腎臓病学会学術集会, 2010年7月.
401.北市 隆, 吉田 誉, 神原 保, 黒部 裕嗣, 元木 達夫, 菅野 幹雄, 阪田 美穂, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二 :
新生児,乳児期早期開心根治術後の遠隔成績,
第53回 関西胸部外科学会学術集会, 2010年6月.
402.木下 ゆき子, 近藤 秀治, 須賀 健一, 松浦 里, 清水 真樹, 高松 昌徳, 漆原 真樹, 香美 祥二 :
半月体形成性糸球体腎炎におけるアンジオテンシンII(AngII)の役割,
第53回日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
403.松浦 里, 近藤 秀治, 須賀 健一, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
ラット腎発生における細胞接着斑蛋白の発現,
第53回日本腎臓学会学術総会, 2010年6月.
404.井上 奈巳, 藤野 修司, 郷司 彩, 岡村 和美, 大西 敏弘, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 富本 尚子 :
B前駆細胞型急性リンパ性白血病を発症した一卵性双生児例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
405.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 大西 達也, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆 :
大動脈弁置換術後遠隔期に著明な上行大動脈拡張をきたした一例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
406.大西 達也, 早渕 康信, 阪田 美穂, 井上 美紀, 苛原 誠, 香美 祥二, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也 :
心臓再同期療法が有効であった僧帽弁置換術後心不全の一例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
407.松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 木下 ゆき子, 香美 祥二 :
新型インフルエンザ(A/H1N1)肺炎で人工呼吸管理を要したαマンノシドーシスの姉妹例,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
408.寺田 知正, 森 一博, 西岡 理恵, 山上 貴司, 松岡 優, 村上 桂秀, 高橋 正幸, 香美 祥二 :
重症尿路感染症の超早期診断における腹部超音波検査の有用性,
第134回日本小児科学会徳島地方会, 2010年6月.
409.加地 剛, 早渕 康信, 須藤 真功, 佐藤 美紀, 中川 竜二, 西條 隆彦, 前田 和寿, 苛原 稔, 香美 祥二 :
右上大静脈欠損を伴った左上大上静脈左房還流の胎児診断例,
第83回日本超音波医学会学術集会, 2010年5月.
410.内藤 悦雄, 島川 清司, 橋本 俊顕, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
E1αサブユニット遺伝子変異を有したピルビン酸脱水素酵素欠損症32家系の保因者診断,
第52回日本小児神経学会総会, 2010年5月.
411.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 阪田 美穂, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博 :
Duchenne型筋ジストロフィーにおける左室心筋の捻れの異常,
第21回日本心エコー図学会学術集会, 2010年5月.
412.岸 夏子, 松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
乳児期に発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の一例,
第113回日本小児科学会学術集会, 2010年4月.
413.松浦 里, 須賀 健一, 近藤 秀治, 高橋 正幸, 市岡 隆男, 香美 祥二 :
後腹膜鏡下リンパ管遮断術を行った特発性乳び尿の1例,
第113回日本小児科学会学術集会, 2010年4月.
414.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
先天性心疾患症例の肺血管床診断に対するminimun-intensity-projectionの有用性,
第113回日本小児科学会学術集会, 2010年4月.
415.岸 夏子, 早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
拘束型心筋症の1歳女児例,
第24回日本小児循環器学会近畿中四国地方会, 2010年2月.
416.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二, 添木 武 :
川崎病発症7年後にWPW症候群を呈し,15年後に発作性心房細動を呈した1例,
第15回四国心臓病フォーラム, 2009年10月.
417.Manal Helmy Mohamed Nabo, 早渕 康信, Miho Sakata, Miki Inoue, 香美 祥二 :
Stent-in-stenting が著効した完全大血管転換症Jatene術後肺動脈狭窄の1例,
第5回四国小児循環器研究会, 2009年10月.
418.藤野 修司, 早渕 康信, 郷司 彩, 阪田 美穂, 井上 美紀, 香美 祥二 :
多発性肺動静脈瘻にコイル塞栓術を施行した遺伝性出血性毛細管拡張症の1例,
第20回徳島小児循環器談話会, 2009年10月.
419.藤野 修司, 早渕 康信, 郷司 彩, 阪田 美穂, 井上 美紀, 香美 祥二 :
多発性肺動静脈瘻にコイル塞栓術を施行した遺伝性出血性毛細管拡張症の1例,
第40回徳島心・血管造影研究会, 2009年7月.
420.井上 美紀, 早渕 康信, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
組織ドプラ法を用いた先天性心疾患における右室拡張機能評価の有用性に関する検討,
第45回日本小児循環器学会学術集会, 2009年7月.
421.大西 達也, 森 一博, 早渕 康信, 松岡 優, 香美 祥二 :
Speckles tracking法を用いた小児左室長軸収縮の正常値の検討,
第45回日本小児循環器学会学術集会, 2009年7月.
422.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
MDCTを用いたSTS-minIP(sliding-thin-slab minimum intensity projection)は,肺血管抵抗の上昇・肺高血圧を検出できる,
第45回日本小児循環器学会学術集会, 2009年7月.
423.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
左房トラッキング法を用いた肺血流増加型先天性心疾患症例における左房機能・左室拡張能の解析,
第45回日本小児循環器学会学術集会, 2009年7月.
424.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 森 一博, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二 :
Duchenne型筋ジストロフィーにおける左室後壁外膜側のエコー輝度上昇の意義—スペックルトラッキング法による局所心筋ストレイン解析—,
第45回日本小児循環器学会学術集会, 2009年7月.
425.渡辺 典子, 早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
「左右に伸展する大動脈弓(L-malposition + 右大動脈弓)は気管を圧迫し,呼吸不全を惹起する」,
第 27回西日本小児循環器HOT研究会, 2009年6月.
426.早渕 康信, 井上 美紀, 阪田 美穂, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
チアノーゼ性先天性心疾患乳幼児症例における体肺側副血管診断に対するMDCTの有用性,
第112回日本小児科学会学術集会, 2009年6月.
427.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 阪田 美穂, 井上 美紀, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 :
Duchenne型筋ジストロフィーにおける左室後壁外膜側のエコー輝度上昇の意義,
第20回日本心エコー学会学術集会, 2009年4月.
428.井上 美紀, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
三尖弁拡張早期流入血流速度と拡張早期三尖弁運動速度による先天性心疾患症例の右室拡張機能障害診断の有用性に関する検討,
第20回日本心エコー図学会学術集会, 2009年4月.
429.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 近藤 梨恵子, 香美 祥二 :
動脈管にステント留置を施行した総動脈幹遺残,右大動脈弓,大動脈離断の新生児例,
第39回徳島心血管造影研究会, 2009年3月.
430.郷司 彩, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二 :
多発性肺動静脈漊にコイル塞栓術を施行した遺伝性 出血性毛細血管拡張症の1例,
第23回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2009年1月.
431.阪田 美穂, 早渕 康信, 井上 美紀, 香美 祥二 :
動脈管にステント留置を施行した総動脈幹遺残,右大動脈弓, 大動脈離断(Van Praagh A4) の新生児例,
第20回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会, 2009年1月.
432.早渕 康信, 井上 美紀, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
Angiotensin IIによる新生仔および胎仔ラット大動脈平滑筋細胞のCa2+-activated K+ Channelに対する制御,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
433.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博 :
Duchenne型筋ジストロフィ(DMD)の不整脈,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
434.渡辺 典子, 早渕 康信, 井上 美紀, 中川 竜二, 西條 隆彦, 北市 隆, 北川 哲也, 香美 祥二 :
左右に伸展した大動脈弓は気管を圧迫する―Multidetector-row CT (MDCT)による正常例と大動脈弓走行異常症例の気管形態の観察―,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
435.早渕 康信, 井上 美紀, 渡辺 典子, 北市 隆, 北川 哲也, 香美 祥二 :
Multidetector-row CT (MDCT)によるチアノーゼ性先天性心疾患乳幼児症例における肺動脈径の計測,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
436.井上 美紀, 早渕 康信, 渡辺 典子, 香美 祥二, 北市 隆, 北川 哲也 :
三尖弁拡張期早期流入血流と拡張早期三尖弁輪速度の比(E/E')による先天性心疾患症例の右室拡張機能障害診断の有用性に関する検討,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
437.大西 達也, 森 一博, 早渕 康信, 松岡 優, 香美 祥二 :
心エコーautomated functional imaging を用いた新しい小児心機能評価,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
438.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 井上 美紀, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博 :
Duchenne型筋ジストロフィの左室局所ストレイン -2D tissue tracking法を用いた検討―,
第44回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2008年7月.
439.井上 美紀, 早渕 康信, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
両側肺動脈絞扼術後に著明な体肺側副血管が認められた左心低形成症候群の1例,
第22回日本小児循環器学会 近畿・中国四国地方会, 2008年1月.
440.早渕 康信, 森 一博, 渡辺 典子, 来島 敦史, 北市 隆, 北川 哲也, 香美 祥二 :
Multidetector-row CT(MDCT)を用いたexpanded polytetrafluoroethylene (ePTFE) グラフトの石灰化の診断と評価,
第43回日本小児循環器学会総会・学術総会, 2007年7月.
441.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 森 一博, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀 :
心収縮時の「左室心筋のねじれ」は,どの部位でも均一か?, --- Tissue tracking法による検討 ---,
第43回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2007年7月.
442.宮崎 達志, 早渕 康信, 多田羅 勝義, 森 一博, 香美 祥二, 井上 美紀 :
進行性筋ジストロフィ(DMD)の左室心筋のねじれ-乳頭筋レベルでの検討-,
第43回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2007年7月.
443.早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
動脈管開存症コイル塞栓術におけるmultidetector-row CT (MDCT)の有用性,
第110回日本小児科学会総会, 2007年4月.
444.加地 剛, 森 一博, 鈴木 光二郎, 須藤 真功, 中山 聡一郎, 三谷 龍史, 中川 竜二, 早渕 康信, 前田 和寿, 西條 隆彦, 苛原 稔, 香美 祥二 :
総肺静脈還流異常(下心臓型)に静脈管無形成を伴った内臓錯位症候群の一例,
第18回日本心エコー図学会学術集会, 2007年4月.
445.渡辺 典子, 早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 香美 祥二, 中川 竜二, 西條 隆彦, 嵩原 裕夫, 北川 哲也 :
大動脈走行異常による気管狭窄をきたしたVACTERL連合の一例,
第21回日本小児循環器学会 近畿・中四国地方会, 2007年2月.
446.早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
B-T シャント吻合部狭窄に対するバルーン血管形成術4日後に動脈瘤形成が確認された1例,
第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会, 2007年1月.
447.早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 渡辺 典子, 香美 祥二 :
動脈管開存症コイル塞栓術施行前後におけるmultidetector-row CT (MDCT)の有用性,
第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会, 2007年1月.
448.阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 :
多源性心房頻拍(MAT)の2例,
第1回四国小児循環器研究会, 2006年10月.
449.中川 竜二, 西條 隆彦, 阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 :
胎児期に発見された新生児心室頻拍の3例,
第57回中国四国小児科学会, 2006年10月.
450.森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二, 山田 博胤, 馬場 隆博 :
Tissue tracking 法を用いた左室の「捻れ」の研究,
第25回小児循環動態研究会, 2006年10月.
451.阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 :
胎児期から観察された新生児心室性頻拍の3例,
第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
452.阪田 美穂, 森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 香美 祥二, 馬場 隆博 :
Tissue tracking ehoccardiographyによる新生児三尖弁運動の解析,
第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
453.森 一博, 早渕 康信, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二, 多田羅 勝義, 馬場 隆博 :
進行性筋ジストロフィーにおける「左室の捻れ」の研究,
第42回日本小児循環器学会総会・学術集会, 2006年7月.
454.早渕 康信, 森 一博, 鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
Angiotensin II は,PKCを介して intermediate-conductance Ca2+-activated K (IKca) channel を活性化する,
第42回日本小児循環器学会総会, 2006年7月.
455.早渕 康信, 森 一博, 阪田 美穂, 鈴木 光二郎, 香美 祥二 :
MDCTを用いた仮想内視鏡による動脈管の形態的診断,
第42回日本小児循環器学会総会, 2006年7月.
456.加地 剛, 森 一博, 阪田 美穂, 森根 幹生, 中川 竜二, 早渕 康信, 前田 和寿, 西條 隆彦, 苛原 稔, 香美 祥二 :
妊娠14週から胎内経過を追うことができたEbstein奇形の1例,
第12回日本胎児心臓病研究会, 2006年2月.
457.鈴木 光二郎, 阪田 美穂, 早渕 康信, 森 一博, 香美 祥二 :
漏斗胸におる肺の圧迫によって生じた部分肺静脈還流異常の1例,
第20回日本小児循環器学会 近畿中国四国地方会, 2006年2月.

その他・研究会:

1.Y Yuzawa, R Yamamoto, K Takahashi, R Katafuchi, M Tomita, Y Fujigaki, H Kitamura, M Goto, T Yasuda, M Sato, Maki Urushihara, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Y Yasuda, H Komatsu, M Takahara, Y Harabuchi, K Kimura and S Matsuo :
Evidence-based clinical practice guidelines for IgA nephropathy.2014,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.20, No.4, 511-535, Aug. 2016.
(DOI: 10.1007/s10157-015-1223-y,   PubMed: 27095365)
2.H Kato, M Nangaku, H Hataya, T Sawai, A Ashida, R Fujimaru, Y Hidaka, S Kaname, S Maruyama, T Yasuda, Y Yoshida, S Ito, M Hattori, Y Miyakawa, Y Fujimura, H Okada and Shoji Kagami :
Clinical guides for atypical hemolytic uremic syndrome in Japan.,
Pediatrics International, Vol.58, No.7, 549-555, Jul. 2016.
(DOI: 10.1111/ped.13044,   PubMed: 27460397)
3.杉本 真弓, 苛原 誠, 森 一博, 七條 光市, 香美 祥二 :
徳島県における小児の喘息発作入院の状況,
第28回四国小児アレルギー研究会, 2016年6月.
4.H Kato, M Nangaku, H Hataya, T Sawai, A Ashida, R Fujimaru, Y Hidaka, S Kaname, S Maruyama, T Yasuda, Y Yoshida, S Ito, M Hattori, Y Miyakawa, Y Fujimura, H Okada and Shoji Kagami :
Clinical guides for atypical hemolytic uremic syndrome in Japan.,
Clinical and Experimental Nephrology, Vol.20, No.4, 536-543, 2016.
(DOI: 10.1007/s10157-016-1276-6,   Elsevier: Scopus)
5.内藤 悦雄, 小谷 裕美子, 香美 祥二, 井上 奈巳, 重松 陽介 :
新生児タンデムマススクリーニングを契機に診断できたグルタル酸血症Ⅰ型(p.Ser255Leu変異)の母親,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
6.藤岡 啓介, 渡邊 浩良, 市原 裕子, 岡村 和美, 井上 奈巳, 香美 祥二, 郷司 彩 :
腫瘍崩壊症候群の高リスクと考えられたT-ALLの2例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2014年6月.
7.中村 真理, 吉田 友紀, 谷 洋江, 橋本 浩子, 森 健治, 小谷 裕美子, 香美 祥二 :
母親が認識する1型糖尿病患児の療養管理における父親の役割に関する研究,
小児保健とくしま, No.22, 13-19, 2014年.
8.藤岡 啓介, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
シクロホスファミドが有効であったステロイド依存性ネフローゼ症候群をきたしたC1q腎症の2歳男児例,
第141回日本小児科学徳島地方会, 2013年12月.
9.今田 久美子, 永井 隆, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 高橋 正幸, 庄野 実希, 藤野 修司, 山上 貴司, 松岡 優 :
精神発達遅滞と右多趾症を合併した常染色体劣性多発性嚢胞腎と考えられた1例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
10.小野 朱美, 市原 裕子, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
2回目のACTH療法が奏功したWest症候群の一例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
11.井上 奈巳, 渡邊 浩良, 岡村 和美, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
小児がん患者における血清クレアチニンによる糸球体濾過率推算式の有用性に関する検討,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
12.杉本 真弓, 小野 朱美, 香美 祥二, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 神邊 紀子 :
術中のアナフィラキシーショックを契機に診断した,ラテックスアレルギーの1例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
13.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二, 森 一博, 井上 美紀, 添木 武, 飛梅 威, 松浦 朋美, 坂東 佐知子, 佐田 政隆, 北市 隆, 藤本 鋭貴, 神原 保, 黒部 裕嗣, 北川 哲也, 小野寺 睦雄, 今中 秀光, 西村 匡司 :
経皮的心肺補助(PCPS)装着下にカテーテルアブレーションを施行し,救命し得た異所性接合部頻拍の1男児例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
14.近藤 朝美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 木下 肇, 中山 泰介, 菅野 幹雄, 北市 隆, 北川 哲也, 井上 美紀, 森 一博 :
左冠状動脈肺動脈起始症の1乳児例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
15.小野 朱美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博 :
重篤な心不全で診断に至った特発性肺動脈性肺高血圧症の1男児例,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
16.寺田 知正, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 近藤 朝美, 香美 祥二, 加地 剛, 中山 聡一朗, 苛原 稔, 石橋 広樹, 矢田 圭吾 :
完全気管輪を伴った右肺欠損の低出生体重児の管理,
第141回日本小児科学会徳島地方会, 2013年12月.
17.早渕 康信, 阪田 美穂, 近藤 朝美, 香美 祥二 :
左室心筋緻密化障害様の所見を呈した乳児白血病治療後心筋症,
第9回四国小児循環器研究会, 2013年11月.
18.永井 隆, 尾崎 夏子, 木下 ゆき子, 松浦 里, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二 :
重症心身障害児(者)に透析を導入した二症例,
第43回日本腎臓学会学術集会西部大会, 2013年10月.
19.Shoji Kagami :
Invited Lecture;Urinary angiotensinogen as a biomarker of chronic glomerulonephritis in childhood,
Ist International Conference on Urine Omics, Sep. 2013.
20.香美 祥二 :
会頭講演 腎臓レニン・アンジオテンシン系(RAS)—生命の環を支え,脅かすものー,
第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013年6月.
21.永井 隆, 東田 好広, 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 香美 祥二, 高橋 正幸 :
末期腎不全をきたし腹膜透析を導入した伊藤白斑の一例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
22.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 森 一博, 井上 美紀 :
肺高血圧を来した間質性肺炎の女児例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
23.阪田 美穂, 早渕 康信, 香美 祥二 :
先天性QT延長症候群の母児例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
24.近藤 朝美, 早渕 康信, 阪田 美穂, 渡邊 浩良, 井上 奈巳, 岡村 和美, 香美 祥二 :
左室心筋緻密化障害を呈した乳児白血病後アントラサイクリン誘発性心筋症の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
25.市原 裕子, 万野 朱美, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
West症候群を合併した15番染色体部分異常の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
26.鈴江 真史, 阿部 孝典, 中川 竜二, 渡辺 典子, 西條 隆彦, 香美 祥二 :
低出生体重児の難治性低血糖に対するジアゾキシド投与,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
27.万野 朱美, 岡村 和美, 庄野 実希, 井上 奈巳, 渡邊 浩良, 香美 祥二, 須賀 健一 :
脳梗塞を合併した進行性横紋筋肉腫の1例,
第140回日本小児科学会徳島地方会, 2013年6月.
28.香美 祥二 :
小児慢性腎臓病(CKD)における腎内レニン・アンジオテンシン系(RAS)の働きとRAS阻害薬治療,
第75回腎懇話会, 2013年6月.
29.香美 祥二, 井上 奈巳, 渡邊 浩良 :
ワークショップ 小児血液・腫瘍疾患治療と腎障害,
第56回日本腎臓学会学術集会, 2013年5月.
30.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二 :
シンポジウム「成人先天性心疾患 Up to Date」 先天性心疾患の画像診断-医療画像診断機器(modality)の比較と総合的診断-,
第24回日本心エコー図学会学術集会, 2013年4月.
31.香美 祥二 :
シンポジウム 臨床研究を通した臨床レベルの向上 —より良い小児医療のための臨床研究—,
第45回日本小児科学会, 2013年4月.
32.近藤 秀治, Ariunbold Jamba, 漆原 真樹, 永井 隆, 香美 祥二 :
メサンギウム増殖性糸球体腎炎でのHic-5の役割,
第5回四国ネフロロジー研究会, 2013年3月.
33.永井 隆, 万野 朱美, 漆原 真樹, 近藤 秀治, 森 健治, 香美 祥二 :
ネフローゼ症候群を呈したCockayne症候群の一例,
第14回四国小児腎疾患研究会, 2013年2月.
34.宮崎 達志, 多田羅 勝義, 早渕 康信, 香美 祥二, 井上 美紀, 森 一博 :
Duchenne型筋ジストロフィーにおける左室後壁外膜側の エコー輝度上昇の意義-Strainによる局所心筋障害の評価-,
平成22年度筋ジストロフィーの臨床試験実施体制構築に関する研究川井班班 会議, 2010年12月.
35.早渕 康信, 阪田 美穂, 香美 祥二, 森 一博 :
診断から10年を経過した特発性肺動脈性肺高血圧症の1男児例,
徳島肺高血圧症研究会2010, 2010年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 慢性腎臓病の発症・進展におけるADAM17の役割解明 (研究課題/領域番号: 17K10144 )
  • Wntシグナルと(プロ)レニン受容体の制御による糸球体病態機序解明と治療戦略 (研究課題/領域番号: 17K10143 )
  • 糸球体RASのペプチドミクス/プロテオミクス解析と小児慢性腎臓病の診断治療法開発 (研究課題/領域番号: 26461614 )
  • 小児CKD新規治療法開発のための間質線維化での接着分子Hic-5の役割と機能解析 (研究課題/領域番号: 26461613 )
  • 半月体形成性腎炎における(プロ)レニン受容体を介した病態機序の解明と新規治療法 (研究課題/領域番号: 26461612 )
  • 腎発生及びCAKUTでの活性酸素と細胞接着のシグナルクロストークとそ役割解明 (研究課題/領域番号: 23591571 )
  • ANGPTL4の糸球体内皮細胞障害及び小児進行性腎炎における役割解明 (研究課題/領域番号: 23591570 )
  • 尿中アンジオテンシノーゲン測定による小児慢性腎炎の新たなバイオマーカーの開発 (研究課題/領域番号: 23591569 )
  • 小児の進行性腎疾患における活性酸素種(ROS)の役割解明とその治療応用 (研究課題/領域番号: 20591278 )
  • 小児の難治性糸球体腎炎におけるHicー5の役割解明 (研究課題/領域番号: 20591277 )
  • 腎病変形成に関わるインテグリンシグナル経路における活性酸素の役割解明 (研究課題/領域番号: 18591189 )
  • 亜硝酸由来の新しい一酸化窒素産生系の生理的・病態生理的役割の解明 (研究課題/領域番号: 17390066 )
  • インテグリン結合キナーゼ(ILK)の進行性小児腎疾患における役割解明 (研究課題/領域番号: 16591035 )
  • 造血幹細胞移植片中の樹状細胞サブセットの解析とその機能の検討 (研究課題/領域番号: 16591034 )
  • 糖尿病性微小血管障害での新規MAPキナーゼ、BMK1の生理的役割の解明と分子創薬 (研究課題/領域番号: 16590195 )
  • 家族性ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の責任遺伝子探査 (研究課題/領域番号: 16390245 )
  • 腎線維症発症におけるコラーゲン結合インテグリン(IG)レセプターの役割解明 (研究課題/領域番号: 14570748 )
  • 糖尿病性腎症での新規MAPキナーゼ、BMK1の役割解明とそれを標的とした分子創薬 (研究課題/領域番号: 14570078 )
  • 糸球体腎炎におけるインテグリンを介したMAPキナーゼシグナリングの役割解明 (研究課題/領域番号: 12670756 )
  • モノクロナール抗体を用いた新しい糸球体腎炎進行因子の同定 (研究課題/領域番号: 08670894 )
  • 研究者番号(00224337)による検索