検索:
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

内分泌·代謝学 (Endocrinology and Metabolism), 分子遺伝学 (Molecular Genetics), 薬理学 (Pharmacology), 細胞生物学 (Cell Biology), 栄養学 (Nutrition)
内分泌·代謝学 (Endocrinology and Metabolism), 分子遺伝学 (Molecular Genetics), 薬理学 (Pharmacology), 細胞生物学 (Cell Biology), 栄養学 (Nutrition)
代謝学 (Metabolism)
歯科薬理学 (Dental Pharmacology)

研究テーマ

内分泌腺の腫瘍化機構の研究 (内分泌腫瘍, 家族性腫瘍, 遺伝子異常, ホルモン遺伝子発現, 下垂体, 副甲状腺) (「内分泌腫瘍はなぜ悪性化しにくいのか」,「細胞増殖とホルモン過剰分泌とはどのような関連があるのか」,「遺伝性を示す腫瘍の原因遺伝子」を分子遺伝学の方法を用いて解析している.)
膵島の分子生物学 (膵島, インスリン遺伝子 (insulin gene), グルガゴン遺伝子, 糖尿病性合併症, トランスジェニックマウス, 転写因子 (transcription factor), 膵ベータ細胞特異的遺伝子, インクレチン) (インスリン遺伝子は膵島ベ-タ細胞のみで発現し,しかも細胞外のグルコ-ス濃度に依存して合成·分泌される.これらの発現調節機構を転写因子に焦点を当て解析を進めている.また,膵ベ-タ細胞の増殖,分化,死を規定する遺伝子群の単離およびその機能解析を進めている.)
肥満, アディポカイン (脂肪細胞 (adipocyte), 生理活性物質 (bioactive substance))
唾液におけるバイオマーカー (核酸 (nucleic acid))

著書・論文

著書:

1. 吉本 勝彦 :
28章 ビオチン (訳),
西村書店, 2018年11月.
2. 吉本 勝彦 :
27章 コバラミン(ビタミンB12)(訳),
西村書店, 2018年11月.
3. 吉本 勝彦 :
14章 セレン(訳),
西村書店, 2018年11月.
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男 :
ホルモンの分泌調節:ネガティブフィードバック機構など,
株式会社 診断と治療社, 2018年5月.
5. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
遺伝性・家族性下垂体腫瘍,
株式会社 診断と治療社, 2016年11月.
6. 吉本 勝彦 :
序文,
医歯薬出版 株式会社, 2014年5月.
7. 吉本 勝彦, 赤池 雅史, 苛原 稔, 青田 桂子 :
歯科医師のための医学ハンドブック,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年5月.
8. Katsuhiko Yoshimoto, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Shima Wan Nazatul Shahidan, Shinji Ono and Kyoko Ishimoto :
Pituitary adenomas: role of cyclin-dependent kinase inhibitors,
Springer, Oct. 2013.
9. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
アクロメガリーの病態生理,
メディカルレビュー社, 2013年7月.
10. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
アクロメガリーの発症にかかわる遺伝子異常,
メディカルレビュー社, 2013年7月.
11. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
遺伝性・家族性下垂体腫瘍,
株式会社 診断と治療社, 2012年4月.
12. 吉本 勝彦, 加藤 悦子, 小林 亜由美 :
第5章 疾患別栄養療法 血液疾患 47.貧血,
株式会社 医学書院, 東京, 2009年11月.
13. 吉本 勝彦 :
VI. 特異な疾患概念 6. 多発性内分泌腫瘍症1型など,
株式会社 医学書院, 東京, 2009年10月.
14. 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
II. 下垂体腫瘍の基礎研究 2.下垂体腺腫の分子病理学,
株式会社 医学書院, 東京, 2009年10月.
15. 吉本 勝彦 :
アプドーマ,異所性ホルモン産生腫瘍,異所性ホルモン症候群,遺伝性内分泌腺症,APUD系細胞,家族性甲状腺髄様癌,家族性副甲状腺機能亢進症,胸腺ホルモン,シップル症候群,神経内分泌腫瘍,多発性内分泌腺腫症1型,多発性内分泌腺腫症2A型,多発性内分泌腺腫症2B型,パラニューローマ,プレホルモン,プロホルモン,プロホルモン変換酵素, 副甲状腺機能亢進症ー顎腫瘍症候群, 家族性成長ホルモン産生腺腫,
株式会社 医学書院, 東京, 2009年2月.
16. 吉本 勝彦, 橋本 理恵 :
貧血に対する栄養管理,
メディカルレビュー社, 大阪, 2008年5月.
17. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 長尾 大輔, Hossain Md.Golam, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
【内分泌クリニカル・カンファランス】 副甲状腺 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,
2006年9月.
18. 武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 :
栄養管理のチーム医療,
文光堂, 東京, 2006年4月.
19. 中屋 豊, 桑波田 雅士, 丹黒 章, 土井 俊夫, 竹谷 豊, 野間 喜彦, 武田 英二, 東 博之, 島田 光生, 栗田 信浩, 大森 哲郎, 西 正晴, 青野 純典, 西岡 安彦, 吉本 勝彦, ほか 65名 :
NST用語ハンドブック,
メディカルレビュー社, 東京, 2006年2月.
20. Katsuhiko Yoshimoto, Xu Bing, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Somatic mutations of the CTNNB1 gene in cribriform-morular variant of papillary thyroid carcinoma.,
Transworld Research Network, Kerala, India, 2006.
21. 吉本 勝彦 :
貧血に対する栄養管理,
メディカルレビュー社, 大阪, 2004年9月.
22. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症,
文光堂, 東京, 2003年11月.
23. 吉本 勝彦 :
アプドーマ,異所性ホルモン産生腫瘍,異所性ホルモン症候群,遺伝性内分泌腺症,APUD系細胞,家族性甲状腺髄様癌,家族性副甲状腺機能亢進症,胸腺ホルモン,シップル症候群,神経内分泌腫瘍,多発性内分泌腺腫症1型,多発性内分泌腺腫症2A型,多発性内分泌腺腫症2B型,パラニューローマ,プレホルモン,プロホルモン,プロホルモン変換酵素,
株式会社 医学書院, 東京, 2003年3月.
24. John P Blezikian, Katsuhiko Yoshimoto, Martin R Pollak, Ernestina Schipani, Harold Jupner, Edward M Brown, Andrew Arnold and Rajesh V Thakker :
Genetic Disorders of Parathyroid Hormone Action.,
Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, May 2002.
25. Katsuhiko Yoshimoto and Andrew Arnold :
Disorders Affecting Parathyroid Hormone.,
Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, May 2002.
26. Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Yoko Takahashi, Takeshi Iwabuchi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis Using Internal Fluorescent Labeling of PCR Products,
Eaton Publishing, Natick, Jan. 2000.
27. 吉本 勝彦, 板東 浩, 木村 建彦 :
多発性内分泌腺腫瘍 (MEN),
株式会社 中外医学社, 東京, 1999年1月.
28. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症,
文光堂, 東京, 1999年1月.
29. 吉本 勝彦 :
多発性内分泌腫瘍症,
株式会社 金芳堂, 京都, 1997年1月.
30. 吉本 勝彦 :
異所性PT H産生により高カルシウム血症をきたした肺小細胞癌の一例 p.115-118,
齋藤 史郎教授退官記念事業会, 徳島大学医学部内科学第一講座, 1996年3月.
31. 吉本 勝彦 :
MEN1, MEN2遺伝子,
株式会社 羊土社, 東京, 1996年1月.
32. Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Chikara Hashimoto, Satoshi Otsuka, Toshiaki Sano and Jun-ichi Miyazaki :
Immuno-stimulatory versus Immunosuppressive Roles of IL-10 in Type I Diabetes: Analysis with IL-10-Producing Transgenic Non-Obese Diabetic Mice.,
Birkhauser Boston, Boston, Jan. 1996.
33. 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
differential display,
秀潤社, 東京, 1995年1月.
34. Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Fumi Tashiro, Chikara Hashimoto, Jun-ichi Miyazaki, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Paracrine IL-10 Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes in Transgenic NOD mice,
Elsevier Science Publishers, Amsterdam, Jan. 1995.
35. 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
糖尿病治療-将来の展望 遺伝子治療,
株式会社 診断と治療社, 東京, 1994年1月.
36. 齋藤 史郎, 横越 浩, 吉本 勝彦, 齋藤 晴比古 :
多発性内分泌腫瘍症とその遺伝子異常,
トプコ出版部, 東京, 1990年1月.
37. Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Shiro Saito :
Secretion of Growth Hormone (GH)-Releasing Hormone and GH in Normal and Diseased States.,
Elsevier Science Publishers, Amsterdam, Jan. 1989.
38. Shiro Saito, Haruhiko Saito, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Yokogoshi and Toshiaki Sano :
Production and Secretion of Neuropeptides in Pheochromocytoma.,
Elsevier Science Publishers, Amsterdam, Jan. 1988.

学術論文(審査論文):

1. Noriaki Fukuhara, Takeo Iwata, Naoko Inoshita, Katsuhiko Yoshimoto, Masanobu Kitagawa, Hirokazu Fukuhara, Keita Tatsushima, Mitsuo Yamaguchi-Okada, Akira Takeshita, Junko Ito, Yasuhiro Takeuchi, Shozo Yamada and Hiroshi Nishioka :
Immunohistochemistry or Molecular Analysis: Which Method Is Better for Subtyping Craniopharyngioma?,
Endocrine Pathology, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115294,   DOI: 10.1007/s12022-020-09644-z,   PubMed: 32965631)
2. P Marques, F Caimari, LC Hernández-Ramírez, D Collier, D Iacovazzo, A Ronaldson, K Magid, CT Lim, K Stals, S Ellard, AB Grossman, M Korbonits, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and Consortium International FIPA The :
Significant benefits of AIP testing and clinical screening in familial isolated and young-onset pituitary tumors,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.105, No.6, 1-14, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114398,   DOI: 10.1210/clinem/dgaa040,   PubMed: 31996917)
3. Hou-Shi Ma, Lu Elaine Wang, Wen-Fei Xu, Shozo Yamada, Katsuhiko Yoshimoto, Zhi-Rong Qian, Long Shi, Li-Li Liu and Xu-Hui Li :
Overexpression of DNA (Cytosine-5)-Methyltransferase 1 (DNMT1) And DNA (Cytosine-5)-Methyltransferase 3A (DNMT3A) Is Associated with Aggressive Behavior and Hypermethylation of Tumor Suppressor Genes in Human Pituitary Adenomas.,
Medical Science Monitor, Vol.24, 4841-4850, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111966,   DOI: 10.12659/MSM.910608,   PubMed: 30002361,   Elsevier: Scopus)
4. Caimari Francisca, Hernández-Ramírez Cristina Laura, Dang N Mary, Gabrovska Plamena, Iacovazzo Donato, Stals Karen, Ellard Sian, Korbonits Márta, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and consortium FIPA International :
Risk category system to identify pituitary adenoma patients with AIP mutations.,
Journal of Medical Genetics, Vol.55, No.4, 254-260, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113266,   DOI: 10.1136/jmedgenet-2017-104957,   PubMed: 29440248,   Elsevier: Scopus)
5. Y Nagata, N Inoshita, N Fukuhara, M Yamaguchi-Okada, H Nishioka, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and Shozo Yamada :
Growth hormone-producing pituitary adenomas in childhood and young adulthood: clinical features and outcomes.,
Pituitary, Vol.21, No.1, 1-9, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112137,   DOI: 10.1007/s11102-017-0836-4,   PubMed: 28849339,   Elsevier: Scopus)
6. Takeo Iwata, Kyoko Kuribayashi, Masahiko Nakasono, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa, Noriko Mizusawa, Rie Kido and Katsuhiko Yoshimoto :
The AMPK/mTOR pathway is involved in D-dopachrome tautomerase gene transcription in adipocytes differentiated from SGBS cells, a human preadipocyte cell line,
Cytokine, Vol.96, 195-202, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111466,   DOI: 10.1016/j.cyto.2017.04.017,   PubMed: 28445821,   Elsevier: Scopus)
7. Otsuka Ryo, Nagakatsu Harada, Aoki Shouhei, Shirai Kanna, Kazuchika Nishitsuji, Nozaki Ayane, Hatakeyama Adzumi, Masayuki Shono, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Nakaya, Hiroshi Kitahata and Hiroshi Sakaue :
C-terminal region of GADD34 regulates eIF2alpha dephosphorylation and cell proliferation in CHO-K1 cells.,
Cell Stress & Chaperones, Vol.21, No.1, 29-40, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110106,   DOI: 10.1007/s12192-015-0633-9,   PubMed: 26318739,   Elsevier: Scopus)
8. Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
MiR-494-3p induced by compressive force inhibits cell proliferation in MC3T3-E1 cells.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.120, No.4, 456-462, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109479,   DOI: 10.1016/j.jbiosc.2015.02.006,   PubMed: 25795570,   Elsevier: Scopus)
9. C Laura Hernández-Ramírez, Plamena Gabrovska, Judit Dénes, Karen Stals, Giampaolo Trivellin, Daniel Tilley, Francesco Ferraù, Jane Evanson, Sian Ellard, B Ashley Grossman, Federico Roncaroli, R Mônica Gadelha, Márta Korbonits, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and Consortium FIPA International :
Landscape of familial isolated and young-onset pituitary adenomas: prospective diagnosis in AIP mutation carriers.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.100, No.9, E1242-E1254, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109656,   DOI: 10.1210/jc.2015-1869,   PubMed: 26186299,   Elsevier: Scopus)
10. Takeo Iwata, T Tamanaha, R Koezuka, M Tochiya, H Makino, I Kishimoto, Noriko Mizusawa, S Ono, N Inoshita, Shozo Yamada, A Shimatsu and Katsuhiko Yoshimoto :
Germline deletion and a somatic mutation of the PRKAR1A gene in a Carney complex-related pituitary adenoma.,
European Journal of Endocrinology, Vol.172, No.1, K5-K10, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109643,   DOI: 10.1530/EJE-14-0685,   PubMed: 25336503,   Elsevier: Scopus)
11. Li Xu-Hui, Wang Lu Elaine, Zhou Hai-Meng, Katsuhiko Yoshimoto and Zhi-Rong Qian :
MicroRNAs in Human Pituitary Adenomas.,
International Journal of Endocrinology, Vol.2014, 435171, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109635,   DOI: 10.1155/2014/435171,   PubMed: 25548562)
12. Omar Maningo Rodis, Edward Barroga, J Patrick Barron, James Hobbs, Jayanetti A. Jayawardena, Ikuo Kageyama, Bukasa Kalubi, Clive Langham, Yoshizo Matsuka, Yoichiro Miyake, Naoko Seki, Hiroko Oka, Martin Peters, Yo Shibata, Roxana Stegaroiu, Kazuyoshi Suzuki, Shigeru Takahashi, Hironori Tsuchiya, Toshiko Yoshida and Katsuhiko Yoshimoto :
A proposed core curriculum for dental English education in Japan.,
BMC Medical Education, Vol.14, 239, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 114762,   DOI: 10.1186/s12909-014-0239-4,   PubMed: 25404383)
13. Takeo Iwata, Shozo Yamada, Junko Ito, Naoko Inoshita, Noriko Mizusawa, Shinji Ono and Katsuhiko Yoshimoto :
A Novel C-terminal Nonsense Mutation, Q315X, of the Aryl Hydrocarbon Receptor-Interacting Protein Gene in a Japanese Familial Isolated Pituitary Adenoma Family.,
Endocrine Pathology, Vol.25, No.3, 273-281, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109644,   DOI: 10.1007/s12022-014-9318-7,   PubMed: 24789813)
14. Tae Nakano-Tateno, Toru Tateno, Maw Maw Hlaing, Lei Zheng, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, L Sylvia Asa and Shereen Ezzat :
FGFR4 polymorphic variants modulate phenotypic features of Cushing disease.,
Molecular Endocrinology, Vol.28, No.4, 525-533, 2014.
(DOI: 10.1210/me.2013-1412,   PubMed: 24625004)
15. Guangfei Xu, Jiao Liu, Katsuhiko Yoshimoto, Gang Chen, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhiqing Duan, Chunhua Wan and Junkang Jiang :
2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) induces expression of p27(kip¹) and FoxO3a in female rat cerebral cortex and PC12 cells.,
Toxicology Letters, Vol.226, No.3, 294-302, 2014.
(DOI: 10.1016/j.toxlet.2014.02.019,   PubMed: 24594276)
16. Guangfei Xu, Yuanye Li, Katsuhiko Yoshimoto, Qiyun Wu, Gang Chen, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Chunhua Wan and Xiaoke Nie :
2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin stimulates proliferation of HAPI microglia by affecting the Akt/GSK-3/cyclin D1 signaling pathway.,
Toxicology Letters, Vol.224, No.3, 362-370, 2013.
(DOI: 10.1016/j.toxlet.2013.11.003,   PubMed: 24231000)
17. Guangfei Xu, Yuanye Li, Katsuhiko Yoshimoto, Gang Chen, Chunhua Wan, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhiqing Duan, Jiao Liu and Junkang Jiang :
2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced inflammatory activation is mediated by intracellular free calcium in microglial cells,
Toxicology, Vol.308, 158-167, 2013.
(DOI: 10.1016/j.tox.2013.04.002,   PubMed: 23583884,   Elsevier: Scopus)
18. 中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育を推進するための教育管理ネットワークシステム導入の有用性,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.4, No.1, 49-54, 2013年.
(CiNii: 40019742142)
19. Kyoko Ishimoto, Takeo Iwata, Hisaaki Taniguchi, Noriko Mizusawa, Eiji Tanaka and Katsuhiko Yoshimoto :
d-Dopachrome tautomerase promotes IL-6 expression and inhibits adipogenesis in preadipocytes.,
Cytokine, Vol.60, 772-777, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 109657,   DOI: 10.1016/j.cyto.2012.07.037,   PubMed: 22951300)
20. Takeo Iwata, Hisaaki Taniguchi, Masamichi Kuwajima, Takako Taniguchi, Okuda Yuko, Akiko Sukeno, Kyoko Ishimoto, Noriko Mizusawa and Katsuhiko Yoshimoto :
The action of D-dopachrome tautomerase as an adipokine in adipocyte lipid metabolism,
PLoS ONE, Vol.7, No.3, e33402, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 109634,   DOI: 10.1371/journal.pone.0033402,   PubMed: 22428043)
21. 中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 竹内 祐子, 吉岡 昌美, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 尾崎 和美, 羽田 勝, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域高齢者との福祉体験学習の教育効果と地域貢献事業としての評価,
大学教育研究ジャーナル, Vol.8, 17-24, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82982,   CiNii: 110008436657)
22. Yohko Hirata, Toshio Hosaka, Takeo Iwata, Le Thi Kim Chung, Bayasgalan Jambaldorj, Kiyoshi Teshigawara, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue, Tohru Sakai, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Vimentin binds IRAP and is involved in GLUT4 vesicle trafficking.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.405, No.1, 96-101, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 113298,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.12.134,   PubMed: 21216232)
23. Setsuko Hatakeyama, Noriko Mizusawa, Reiko Tsutsumi, Katsuhiko Yoshimoto, Harumi Mizuki, Shigeru Yasumoto, Shigehiro Sato and Yasunori Takeda :
Establishment of human dental epithelial cell lines expressing ameloblastin and enamelin by transfection of hTERT and cdk4 cDNAs.,
Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.40, No.3, 227-234, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0714.2010.00950.x,   PubMed: 20923449)
24. Mustafizur Md Rahman, Zhi-Rong Qian, Elaine Wang Lu, Katsuhiko Yoshimoto, Masahiko Nakasono, Razia Sultana, Tomoyuki Yoshida, Toshitetsu Hayashi, Reiji Haba, Mitsuaki Ishida, Hidetoshi Okabe and Toshiaki Sano :
DNA methyltransferases 1, 3a, and 3b overexpression and clinical significance in gastroenteropancreatic neuroendocrine tumors.,
Human Pathology, Vol.41, No.8, 1069-1078, 2010.
(DOI: 10.1016/j.humpath.2010.01.011,   PubMed: 20381114)
25. Lu Elaine Wang, Zhi-Rong Qian, Mustafizur Md Rahman, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Eiji Kudo and Toshiaki Sano :
Increased expression of HMGA1 correlates with tumour invasiveness and proliferation in human pituitary adenomas.,
Histopathology, Vol.56, No.4, 501-509, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1365-2559.2010.03495.x,   PubMed: 20459557)
26. Lu Elaine Wang, Zhi-Rong Qian, Masahiko Nakasono, Toshihito Tanahashi, Katsuhiko Yoshimoto, Yoshimi Bando, Eiji Kudo, Mitsuo Shimada and Toshiaki Sano :
High expression of Toll-like receptor 4/myeloid differentiation factor 88 signals correlates with poor prognosis in colorectal cancer.,
British Journal of Cancer, Vol.102, No.5, 908-915, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 114377,   DOI: 10.1038/sj.bjc.6605558,   PubMed: 20145615,   Elsevier: Scopus)
27. Golam Md Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Nazatul Shahidan Wan Shima, Toru Okutsu, Kyoko Ishimoto and Katsuhiko Yoshimoto :
Compressive force inhibits adipogenesis through COX-2-mediated down-regulation of PPARgamma2 and C/EBPalpha.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.109, No.3, 297-303, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 109655,   DOI: 10.1016/j.jbiosc.2009.09.003,   PubMed: 20159581)
28. Susana Igreja, S Harvinder Chahal, Peter King, B Graeme Bolger, Umasuthan Srirangalingam, Leonardo Guasti, Paul J Chapple, Giampaolo Trivellin, Maria Gueorguiev, Katie Guegan, Karen Stals, Bernard Khoo, V Ajith Kumar, Sian Ellard, B Ashley Grossman, Márta Korbonits, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and 他54名 :
Characterization of aryl hydrocarbon receptor interacting protein (AIP) mutations in familial isolated pituitary adenoma families.,
Human Mutation, Vol.31, No.8, 950-960, 2010.
(DOI: 10.1002/humu.21292,   PubMed: 20506337)
29. Golam M Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Nazatul Shahidan Wan Shima, Toru Okutsu, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Expression of p18(INK4C) is down-regulated in human pituitary adenomas.,
Endocrine Pathology, Vol.20, No.2, 114-121, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 109645,   DOI: 10.1007/s12022-009-9076-0,   PubMed: 19401813)
30. Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Martin Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
YKL-40 secreted from adipose tissue inhibits degradation of type I collagen.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.3, 511-516, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 109641,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.08.024,   PubMed: 19666003)
31. Zhi-Rong Qian, Sylvia L Asa, Haruhiko Siomi, Mikiko Siomi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Elaine Lu Wang, Md Mustafizur Rahman, Hiroshi Inoue, Mitsuo Itakura, Eiji Kudo and Toshiaki Sano :
Overexpression of HMGA2 relates to reduction of the let-7 and its relationship to clinicopathological features in pituitary adenomas.,
Modern Pathology, Vol.22, No.3, 431-441, 2009.
(DOI: 10.1038/modpathol.2008.202,   PubMed: 19136928)
32. Masaki Yoshida, Nagakatsu Harada, Hironori Yamamoto, Yutaka Taketani, Nagakatsu Harada, Yunjie Yin, Atsushi Hattori, Tomoe Zenitani, Sayuri Hara, Haruka Yonemoto, Aki Nakamura, Masayuki Nakano, Kazuaki Mawatari, Kiyoshi Teshigawara, Hidekazu Arai, Toshio Hosaka, Akira Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Identification of cis-acting promoter sequences required for expression of the glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene in mice.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1791, No.1, 39-52, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 113301,   DOI: 10.1016/j.bbalip.2008.09.005,   PubMed: 18983939)
33. 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」(第1報) 高齢者交流学習による教育効果,
四国歯学会雑誌, Vol.22, No.1, 129-131, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109789)
34. Chrysanthia A. Leontiou, Maria Gueorguiev, Jacqueline der Spuy van, Richard Quinton, Francesca Lolli, Sevda Hassan, Harvinder S. Chahal, Susana C. Igreja, Suzanne Jordan, Janice Rowe, Marie Stolbrink, Helen C. Christian, Jessica Wray, David Bishop-Bailey, Dan M. Berney, John A. H. Wass, Vera Popovic, Antônio Ribeiro-Oliveira, Monica R. Gadelha, John P. Monson, Scott A. Akker, Julian R. E. Davis, Richard N. Clayton, Katsuhiko Yoshimoto, Takeo Iwata, Akira Matsuno, Kuniki Eguchi, Mâdâlina Musat, Daniel Flanagan, Gordon Peters, Graeme B. Bolger, J Paul Chapple, Lawrence A. Frohman, Ashley B. Grossman and Márta Korbonits :
The role of the aryl hydrocarbon receptor-interacting protein gene in familial and sporadic pituitary adenomas.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.93, No.6, 2390-2401, 2008.
(DOI: 10.1210/jc.2007-2611,   PubMed: 18381572,   Elsevier: Scopus)
35. Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L Sylvia, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa and Eiji Kudo :
Tumor-specific down-regulation and methylation of the CDH13 (H-cadherin) and CDH1 (E-cadherin) genes correlate with aggressiveness of human pituitary adenomas,
Modern Pathology, Vol.20, No.12, 1269-1277, 2007.
(DOI: 10.1038/modpathol.3800965,   PubMed: 17873891)
36. Asa L Sylvia, DiGiovanni Rebecca, Jiang Jing, Ward L Megan, Loesch Kimberly, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
A Growth Hormone Receptor Mutation Impairs Growth Hormone Autofeedback Signaling in Pituitary Tumors.,
Cancer Research, Vol.67, No.15, 7505-7511, 2007.
(DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-07-0219,   PubMed: 17671221)
37. Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen.,
Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 109649,   DOI: 10.1038/sj.onc.1210445,   PubMed: 17404568)
38. Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, HM Golam, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
The aryl hydrocarbon receptor-interacting protein gene is rarely mutated in sporadic GH-secreting adenomas,
Clinical Endocrinology, Vol.66, No.4, 499-502, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 109642,   DOI: 10.1111/j.1365-2265.2007.02758.x,   PubMed: 17371465)
39. Y Yamashia, T Akiyama, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and M Goto :
A case of hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome found in the treatment of an ossifying fibroma in the maxillary bone,
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.4, 365-369, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ijom.2006.08.007,   PubMed: 17052894)
40. Nagakatsu Harada, S Hara, M Yoshida, T Zenitani, Kazuaki Mawatari, M Nakano, Akira Takahashi, Toshio Hosaka, Katsuhiko Yoshimoto and Yutaka Nakaya :
Molecular cloning of a murine glycerol-3-phosphate acyltransferase-like protein 1 (xGPAT1).,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.297, No.1-2, 41-51, 2007.
(DOI: 10.1007/s11010-006-9321-5,   PubMed: 17013544)
41. Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto :
Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome.,
Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 113299,   DOI: 10.1111/j.1365-2265.2006.02534.x,   PubMed: 16817812,   Elsevier: Scopus)
42. Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and L Sylvia Asa :
Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.4, 464-473, 2005.
(DOI: 10.1038/labinvest.3700248,   PubMed: 15711568)
43. Setsuko Hatakeyama, Syuichiro Hayashi, Y Yoshida, Akiko Otsubo, Katsuhiko Yoshimoto, Yuko Oikawa and Masanobu Sato :
Retinoic acid disintegrated desmosomes and hemidesmosomes in stratified oral keratinocytes,
Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.33, No.10, 622-628, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1600-0714.2004.00245.x,   PubMed: 15482329)
44. 松尾 英男, 山田 正三, 野村 明, 黄 舜範, 高畠 一郎, 陳 祐仁, 土屋 克巳, 阪井 哲男, 吉江 利香, 村田 厚夫, 吉本 勝彦, 脇坂 晟 :
組織形態学的に異なる二種の下垂体腫瘍における遺伝子発現レベルの差異,
杏林医学会雑誌, Vol.35, No.2, 167-175, 2004年.
(CiNii: 110002672219)
45. Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes.,
Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004.
(徳島大学機関リポジトリ: 112035,   DOI: 10.1016/j.gene.2004.01.016,   PubMed: 15094191)
46. Setsuko Ii, Mika Ohta, Eiji Kudo, Takashi Yamaoka, Tomokazu Tachikawa, Maki Moritani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Redox State-Dependent and Sorbitol Accumulation-Independent Diabetic Albuminuria in Mice with Transgene-Derived Human Aldose Reductase and Sorbitol Dehydrogenase Deficiency.,
Diabetologia, Vol.47, No.3, 541-548, 2004.
(DOI: 10.1007/s00125-004-1325-7,   PubMed: 14968292)
47. Masayuki Shimamura, Roy C Brown, Betty E Lemmon, Tomohiro Akashi, Koichi Mizuno, Naohisa Nishihara, Ken-Ichi Tomizawa, Katsuhiko Yoshimoto, Hironori Deguchi, Hiroshi Hosoya, Tetsuya Horio and Yoshinobu Mineyuki :
gamma-Tubulin in Basal Land Plants: Characterization, Localization, and Implication in the Evolution of Acentriolar Microtubule Organizing Centers.,
The Plant Cell, Vol.16, No.1, 45-59, 2004.
(DOI: 10.1105/tpc.016501,   PubMed: 14660802)
48. Soichi Honda, Chisato Kosugi, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Toshio Matsumoto, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Human Pituitary Adenomas Infrequently Contain Inactivation of Retinoblastoma 1 Gene and Activation of Cyclin Dependent Kinase 4 Gene.,
Endocrine Journal, Vol.50, No.3, 309-318, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 111695,   DOI: 10.1507/endocrj.50.309,   PubMed: 12940460)
49. Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
GH-Secreting Pituitary Adenomas Infrequently Contain Inactivating Mutations of PRKAR1A and LOH of 17q23-24.,
Clinical Endocrinology, Vol.58, No.4, 464-470, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1365-2265.2003.01740.x,   PubMed: 12641630)
50. Bing Xu, Akira Miyauchi, Shinya Uchino, Yoshizo Sekihara, Mitsuyoshi Hirokawa, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
A Predominant Increase of APC Gene Isoform with Exon 9a in a Case of Attenuated Familial Adenomatous Polyposis.,
Clinical Genetics, Vol.63, No.1, 71-72, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1399-0004.2003.630111.x,   PubMed: 12519375)
51. Bing Xu, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Noriko Mizusawa, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Cribriform-Morular Variant of Papillary Thyroid Carcinoma: A Pathological and Molecular Genetics Study with Evidence of Frequent Somatic Mutations in exon 3 of the b-catenin Gene.,
The Journal of Pathology, Vol.199, No.1, 58-67, 2003.
(DOI: 10.1002/path.1225,   PubMed: 12474227)
52. Bing Xu, Mitsuyoshi Hirokawa, Katsuhiko Yoshimoto, Hitoshi Miki, Masahiro Takahashi, Seiji Kuma and Toshiaki Sano :
Spindle Epithelial Tumor with Thymus-like Differentiation of the Thyroid: A Case Report with Pathological and Molecular Genetics Study.,
Human Pathology, Vol.34, No.2, 190-193, 2003.
(DOI: 10.1053/hupa.2003.29,   PubMed: 12612889)
53. Zhi-Rong Qian, Chei Chiun Li, Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Takashi Tashiro, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Role of E-cadherin, alpha-, beta-, and gamma-catenins, and p120 (cell adhesion molecules) in prolactinoma behavior.,
Modern Pathology, Vol.15, No.12, 1357-1365, 2002.
(DOI: 10.1097/01.MP.0000039572.75188.1A,   PubMed: 12481018)
54. Chisato Tanaka, Shinya Uchino, Shiro Noguchi, Tetsuya Nishioka, Hiromi Yamasaki and Katsuhiko Yoshimoto :
Biallelic inactivation by somatic mutations of the MEN1 gene in sporadic parathyroid tumors,
Cancer Letters, Vol.175, No.2, 175-179, 2002.
(DOI: 10.1016/S0304-3835(01)00729-7,   PubMed: 11741745)
55. Bing Xu, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Shozo Yamada :
Downregulation of E-cadherin and its Undercoat Proteins in Pituitary Growth Hormone Cell Adenomas with Prominent Fibrous Bodies.,
Endocrine Pathology, Vol.13, No.4, 341-351, 2002.
(DOI: 10.1385/EP:13:4:341,   PubMed: 12665652)
56. Chiun Chei Li, Bing Xu, Mitsuyoshi Hirokawa, Zhi-Rong Qian, Katsuhiko Yoshimoto, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Takashi Tashiro and Toshiaki Sano :
Alterations of E-cadherin, a-catenin and b-catenin expression in neuroendocrine tumors of the gastrointestinal tract.,
Virchows Archiv, Vol.440, No.2, 145-154, 2002.
(DOI: 10.1007/s004280100529,   PubMed: 11964044,   Elsevier: Scopus)
57. Yoshitaka Hosokawa, Alexandros Papanikolau, Robert D Cardiff, Katsuhiko Yoshimoto, Megan Bernstein, Timothy C Wang, Emmet V Schmidt and Andrew Arnold :
In Vivo Analysis of Mammary and Non-mammary Tumorigenesis in MMTV-cyclin D1 Transgenic Mice Deficient in p53.,
Transgenic Research, Vol.10, No.5, 471-478, 2001.
(DOI: 10.1023/A:1012064911751,   PubMed: 11708657,   Elsevier: Scopus)
58. Yasuo Imanishi, Yoshitaka Hosokawa, Katsuhiko Yoshimoto, Ernestina Schipani, Sanjay Mallya, Alexandros Papanikolaou, Olga Kifor, Takehiko Tokura, Marilyn Sablosky, Felicia Ledgard, Gloria Grnowicz, Timothy C Wang, Emmet V Schmidt, Charles Hall, Edward M Brown, Roderick Bronson and Andrew Arnold :
Primary Hyperparathyroidism Caused by Parathyroid-Targeted Overexpression of Cyclin D1 in Transgenic Mice.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.107, No.9, 1093-1102, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 109648,   DOI: 10.1172/JCI10523,   PubMed: 11342573,   Elsevier: Scopus)
59. Kenji Sasahara, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Yasuhiro Kuroda and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning and Tissue-specific Expression of a New Member of the Regenerating Protein Family, Islet Neogenesis-associated Protein-related Protein.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1500, No.1, 142-146, 2000.
(DOI: 10.1016/S0925-4439(99)00095-2,   PubMed: 10564727)
60. Takashi Yamaoka, Kenji Yoshino, Taketo Yamada, Chiyoko Idehara, MO Hoque, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Jun-ichi Hata and Mitsuo Itakura :
Diabetes and tumor formation in transgenic mice expressing reg I.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.278, No.2, 368-376, 2000.
(DOI: 10.1006/bbrc.2000.3813,   PubMed: 11097844,   Elsevier: Scopus)
61. Maki Kondo, Takashi Yamaoka, Soichi Honda, Yoshihiro Miwa, Rumi Katashima, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Yoshio Hayashi and Mitsuo Itakura :
The Rate of Cell Growth is Regulated by Purine Biosynthesis via ATP Production and G1 to S Phase Transition.,
The Journal of Biochemistry, Vol.128, No.1, 57-64, 2000.
62. Takashi Yamaoka, Makiko Yano, Taketo Yamada, Takashi Matsushita, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Junichi Hata and Mitsuo Itakura :
Diabetes and pancreatic tumours in transgenic mice expressing Pax6.,
Diabetologia, Vol.43, No.3, 332-339, 2000.
(PubMed: 10768094)
63. Kenji Sasahara, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Masaki Tanaka, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Jun-ichi Miyagawa, Yasuhiro Kuroda and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning and Expression Analysis of a Putative Nuclear Protein, SR-25.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.269, No.2, 444-450, 2000.
(徳島大学機関リポジトリ: 113522,   DOI: 10.1006/bbrc.2000.2301,   PubMed: 10708573,   Elsevier: Scopus)
64. Takumi Abe, Katsuhiko Yoshimoto, Matsuo Taniyama, Kazuo Hanakawa, Hitoshi Izumiyama, Mitsuo Itakura and Kiyoshi Matsumoto :
A Germline Mutation of the Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 (MEN1) Gene in Japanese Prolactinoma Variant.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.85, No.3, 1327-1330, 2000.
65. Akira Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, Noriko Mizusawa, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura :
Differential Regulation of the Human Insulin Gene Transcription by GG1 and GG2 Elements with GG- and C1-binding Factors.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1446, No.3, 233-242, 1999.
(DOI: 10.1016/S0167-4781(99)00096-2,   PubMed: 10524198)
66. Takashi Yamaoka, Makiko Yano, Chiyoko Idehara, Sachiko Tomonari, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Junichi Hata and Mitsuo Itakura :
Apotosis and Remodelling of Beta Cells by Paracrine Interferon-g without Insulitis in Transgenic Mice.,
Diabetologia, Vol.42, 566-573, 1999.
67. Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Miki Moritani, Eiji Shimizu, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Infrequent Detectable Somatic Mutations of the RET and Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor (GDNF) Genes in Human Pituitary Adenomas.,
Endocrine Journal, Vol.46, No.1, 199-207, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 111694,   DOI: 10.1507/endocrj.46.199,   PubMed: 10426588)
68. Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Peng Yang, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Analysis of loss of heterozygosity on chromosome 11 and infrequent inactivation of the MEN1 gene in sporadic pituitary adenomas,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 2631-2634, 1998.
(DOI: 10.1210/jcem.83.8.4888,   PubMed: 9709923)
69. Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Suzan F Wong, Chisato Kosugi, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Junichi Miyazaki, Hitoshi Kikutani and Mitsuo Itakura :
Abrogation of Autoimmune Diabetes in Nonobese Diabetic Mice and Preotection against Effector Lymphocytes by Transgenic Paracrine TGFb-1.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.102, No.3, 499-506, 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 109647)
70. Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Germ-Line Mutations in MEN1 Patients-Authors' Response.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 3005, 1998.
71. Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Peng Yang, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Analysis of Loss of Heterozygosity on Chromosome 11 and Infrequent Inactivation of MEN1 Gene in Sporadic Pituitary Adenomas.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.8, 2631-2634, 1998.
72. Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Hiroshi Nishioka, Setsuko Ii, Maki Moritani, Takashi Yamaoka and Mitsuo Itakura :
Absence of Germline Mutations of the MEN1 Gene in Familial Pituitary Adenoma in Contrast to Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 in Japanese.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.83, No.3, 960-965, 1998.
73. Tetsunari Oyama, Kenji Kashiwabara, Katsuhiko Yoshimoto, Andrew Arnold and Frederick Koerner :
Frequent overexpression of the cyclin D1 oncogene in invasive lobular carcinoma of the breast.,
Cancer Research, Vol.58, No.13, 2876-2880, 1998.
74. Katsuhiko Yoshimoto, Hideko Endo, Masaru Tsuyuguchi, Chisato Kosugi, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Genichi Kato, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Familial Isolated Primary Hyperparathyroidism with Parathyroid Carcinomas: Clinical and Molecular Features.,
Clinical Endocrinology, Vol.48, No.1, 67-72, 1998.
(PubMed: 9509070)
75. Akira Aoki, Toshihiko Tsukada, Hiroko Yasuda, Shinsuke Kayashima, Terumasa Nagase, Teizo Ito, Takashi Suzuki, Susumu Matsukuma, Noriyuki Kuwabara, Katsuhiko Yoshimoto and Ken Yamaguchi :
Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 Presented with Manic-Depressive Disorder: A Case Report with an Identified MEN 1 Gene Mutation.,
Japanese Journal of Clinical Oncology, Vol.27, No.6, 419-422, 1997.
(PubMed: 9438006)
76. Chisato Kosugi, Katsuhiko Yoshimoto, Peng Yang, Takehiko Kimura, Shozo Yamada, Maki Moritani, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Infrequent Mutations of p27Kip1 Gene and Trisomy 12 in a Subset of Human Pituitary Adenomas.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.82, No.9, 3141-3147, 1997.
77. Takashi Yamaoka, Maki Kondo, Soichi Honda, Hiroyuki Iwahana, Maki Moritani, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Amidophosphoribosyltransferase Limits the Rate of Cell Growth-linked de Novo Purine Biosynthesis in the Presence of Constant Capacity of Salvage Purine Biosynthesis.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.272, No.28, 17719-17725, 1997.
78. Hongzhong Min, Eiji Kudo, Akiko Hino, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroshi Iwahana, Mitsuo Itakura and Keisuke Izumi :
p53 Gene Mutation in N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced Urinary Bladder Tumors and N-methyl-N-nitrosourea-induced Colon Tumors of Rats.,
Cancer Letters, Vol.117, No.1, 81-86, 1997.
(徳島大学機関リポジトリ: 113516)
79. Hiroshi Sarui, Katsuhiko Yoshimoto, Shoji Okumura, Masanori Kamura, Hiroshi Takuno, Tatsuo Ishizuka, Hiroshi Takao, Kuniyasu Shimokawa, Mitsuo Itakura, Shigetoyo Saji and Keigo Yasuda :
Cystic Glucagonoma with Loss of Heterozygosity on chromosome 11 in Multiple Endocrine Neoplasia Type 1.,
Clinical Endocrinology, Vol.46, No.4, 511-516, 1997.
(PubMed: 9196616)
80. Yoshihiro Ninomiya, Yoshio Urano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Shiro Sasaki, Seiji Arase and Mitsuo Itakura :
p53 Gene Mutation Analysis in Porokeratosis and Porokeratosis-associated Squamous Cell Carcinoma.,
Journal of Dermatological Science, Vol.14, No.3, 173-178, 1997.
(徳島大学機関リポジトリ: 113521,   DOI: 10.1016/S0923-1811(96)00569-5,   PubMed: 9138474,   Elsevier: Scopus)
81. Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Shozo Yamaza, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Infrequent Mutations of p16INK4A and p15INK4B Genes in Human Pituitary Adenomas.,
European Journal of Endocrinology, Vol.136, No.1, 74-80, 1997.
82. Shozo Yamada, Katsuhiko Yoshimoto, Toshiaki Sano, Kouji Tanaka, Mitsuo Itakura, Mitsuo Usui and Akira Teramoto :
Inactivation of the Tumor Suppressor Gene on 11q13 in Brothers with Familial Acrogigantism without Multiple Endocrine Neoplasia Type 1.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.82, 239-242, 1997.
83. Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii, Maki Kondo, Hiroyuki Iwahana, Takashi Yamaoka, Toshiaki Sano, Naoko Nakano, Hitoshi Kikutani and Mitsuo Itakura :
Prevention of Adoptively Transferred Diabetes in Non-Obese Diabetic Mice with IL-10-Transduced Islet-Specific Th1 Lymphocytes: A Gene Therapy Model for Autoimmune Diabetes.,
The Journal of Clinical Investigation, Vol.98, No.8, 1851-1859, 1996.
(徳島大学機関リポジトリ: 109646)
84. Satoshi Otsuka, Masaki Tanaka, Shiro Saito, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of a cDNA Encoding Human Ribosomal Protein L39.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1308, No.2, 119-121, 1996.
(徳島大学機関リポジトリ: 113514,   DOI: 10.1016/0167-4781(96)00106-6,   PubMed: 8764829)
85. Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Setsuko Ii, Maki Kondo, Maki Moritani, Yoko Takahashi, Takashi Yamaoka, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of a Human cDNA Encoding a Trifunctional Enzyme of Carbamoyl- Phosphate Synthetase-Aspartate Transcarbamoylase-Dihydroorotase in de Novo Pyrimidine Synthesis.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.219, No.1, 249-255, 1996.
86. Chiyo Horie, Hiroyuki Iwahana, Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Katsuhiko Yoshimoto, Shiro Yogita, Seiki Tashiro, Susumu Ito and Mitsuo Itakura :
Detection of Different Quasispecies of Hepatitis C Virus Core Region in Cancerous and Non-cancerous Regions.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.218, No.3, 674-681, 1996.
87. Akira Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, Masaki Tanaka, Hiroyuki Iwahana, Jun-ichi Miyazaki and Mitsuo Itakura :
GGAAT Motifs Play a Major Role in Transcriptional Activity of the Human Insulin Gene in a Pancreatic Islet Beta Cell Line of MIN6.,
Diabetologia, Vol.39, 1462-1468, 1996.
88. Hiroyuki Iwahana, Miwa Fujimura, Yoko Takahashi, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis Using Internal Fluorescent Labeling of PCR Products.,
BioTechniques, Vol.21, No.3, 510-519, 1996.
89. Katsuhiko Yoshimoto, Takehiko Kimura, Chisato Kosugi, Maki Moritani, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura :
Absence of Mutations at Codon 768 of the RET Proto-Oncogene in Sporadic and Hereditary Pheochromocytomas.,
Endocrine Journal, Vol.43, No.1, 109-114, 1996.
(徳島大学機関リポジトリ: 111693,   DOI: 10.1507/endocrj.43.109,   PubMed: 8732460)
90. Takehiko Kimura, Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Yoshihiro Ohkura, Hiroyuki Iwahana, Akira Miyauchi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Obvious mRNA and Protein Expression but Absence of Mutations of the RET Proto-Oncogene in Parathyroid Tumors.,
European Journal of Endocrinology, Vol.134, No.3, 314-319, 1996.
91. Katsuhiko Yoshimoto, Rie Marukami, Maki Moritani, Mika Ohta, Hiroyuki Iwahana, Hiromitsu Nakauchi and Katsuhiko Yoshimoto :
Loss of Ganciclovir Sensitivity by Exclusion of Thymidine Kinase Gene from Transplanted Proinsulin-Producing Fibroblasts as a Gene Therapy Model for Diabetes.,
Gene Therapy, Vol.3, No.3, 230-234, 1996.
(PubMed: 8646554)
92. Yoshio Urano, Takashi Asano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Yoshiaki Kubo, Shoji Kato, Shiro Sasaki, Norifumi Takeuchi, Naoyuki Uchida, Hideki Nakanishi, Seiji Arase and Mitsuo Itakura :
Frequent p53 Accumulation in the Chronically Sun-Exposed Epidermis and Clonal Expansion of p53 Mutant Cells in the Epidermis Adjacent to Basal Cell Carcinoma.,
The Journal of Investigative Dermatology, Vol.104, No.6, 928-932, 1995.
93. Hiroyuki Iwanaha, Soichi Honda, Toshiyuki Tsujisawa, Yoko Takahashi, Kyo Adzuma, Rumi Katashima, Takashi Yamaoka, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Rat Genomic Structure of Amidophosphoribosyltransferase, cDNA Sequence of Aminoimidazole Ribonucleotide Carboxylase, and Cell Cycle-Dependent Expression of These Two Physically Linked Genes.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1261, No.3, 369-380, 1995.
(DOI: 10.1016/0167-4781(95)00036-G,   PubMed: 7742366)
94. Hideo Kaneko, Kiyoko Sugita, Nobutaka Kiyokawa, Koho Iizuka, Koji Takada, Masahiro Saito, Katsuhiko Yoshimoto, Mitsuo Itakura, Yasuo Kokai and Junichiro Fujimoto :
Lack of CD54 Expression and Mutation of p53 Gene Relate to the Prognosis of Childhood Burkitt's Lymphoma.,
Leukemia and Lymphoma, Vol.18, 179-184, 1995.
95. Takehiko Kimura, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Yokogoshi and Shiro Saito :
Mutations in the Cysteine-Rich Region of the RET Proto-Oncogene in Patients Diagnosed as Having Sporadic Medullary Thyroid Carcinoma.,
Endocrine Journal, Vol.42, No.4, 517-525, 1995.
(徳島大学機関リポジトリ: 111692,   DOI: 10.1507/endocrj.42.517,   PubMed: 8556059)
96. Yasumi Shintani, Katsuhiko Yoshimoto, Hideaki Horie, Toshiaki Sano, Yoshiko Kanesaki, Emiko Hosoi, Yutaka Yokogoshi, Hiroshi Bando, Hiroyuki Iwahana, Seiji Kannuki, Keizo Matsumoto, Mitsuo Itakura and Shiro Saito :
Two Different Pituitary Adenomas in a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1Associated with Growth Hormone-Releasing Hormone-Producing Pancreatic Tumor: Clinical and Genetic Features.,
Endocrine Journal, Vol.42, No.3, 331-340, 1995.
(徳島大学機関リポジトリ: 111462,   DOI: 10.1507/endocrj.42.331,   PubMed: 7670561)
97. Chen-Yu Zhang, Yutaka Yokogoshi, Katsuhiko Yoshimoto, Yuichi Fujinaka, Kazuya Matsumoto and Shiro Saito :
Point Mutation of the Somatostatin Receptor 2 Gene in the Human Small Cell Lung Cancer Cell line COR-L103.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.210, No.3, 805-815, 1995.
98. Mika Ohta, Setsuko Ii, Takashi Yamaoka, Kazuo Ono, Yasuo Kokai, Jun-ichiro Fujimoto, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Galactose-Induced Albuminuria in Transgenic Mice Expressing Human Aldose Reductase.,
Nutrition Research, Vol.15, No.9, 1343-1353, 1995.
(DOI: 10.1016/0271-5317(95)02009-K)
99. Hiroyuki Iwahana, Kyo Adzuma, Yoko Takahashi, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis with Postlabeling.,
Genome Research, Vol.4, 275-282, 1995.
100. Katsuhiko Yoshimoto, Chisato Kosugi, Sachiko Hamaguchi, Takehiko Kimura, Hiroyuki Iwahana, Akira Miyauchi and Mitsuo Itakura :
Tumor-Specific Mutations in the Tyrosine Kinase Domain of the RET Proto-Oncogene in Pheochromocytomas of Sporadic Type.,
Endocrine Journal, Vol.42, No.2, 265-270, 1995.
(徳島大学機関リポジトリ: 111690,   DOI: 10.1507/endocrj.42.265,   PubMed: 7627271)
101. Masaki Tanaka, Kyo Adzuma, Miki Iwami, Katsuhiko Yoshimoto, Yasumasa Monden and Mitsuo Itakura :
Human Calgizzarin; One Colorectal Cancer-Related Gene Selected by a Large Scale Random cDNA Sequencing and Northern Blot Analysis.,
Cancer Letters, Vol.89, 195-200, 1995.
(徳島大学機関リポジトリ: 113515)
102. Masaki Tanaka, Rumi Katashima, Daisuke Murakami, Kyo Adzuma, Yoko Takahashi, Akira Tomonari, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of a Group of Mouse Pancreatic Islet B Cell and Glucose Concentration-Related Genes by Random cDNA Sequencing.,
Diabetologia, Vol.38, 381-386, 1995.
103. Chen-Yu Zhang, Yutaka Yokogoshi, Katsuhiko Yoshimoto, Yuichi Fujinaka, Kazuya Matsumoto and Shiro Saito :
Point mutation of the somatostatin receptor 2 gene in the human small cell lung cancer cell line COR-L103,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.210, 805-815, 1995.
104. Yoshiaki Kubo, Yoshio Urano, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Kosaku Fukuhara, Seiji Arase and Mitsuo Itakura :
p53 Gene Mutations in Human Skin Cancers and Precancerous Lesions: Comparison with Immunohistochemical Analysis.,
The Journal of Investigative Dermatology, Vol.102, No.4, 440-444, 1994.
105. Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Fumi Tashiro, Chikara Hashimoto, Jun-ichi Miyazaki, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
Transgenic Expression of IL-10 in Pancreatic Islet A cells Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes in Non-Obese Diabetic Mice.,
International Immunology, Vol.6, No.12, 1927-1936, 1994.
106. Hiroyuki Iwahana, Toshiyuki Tsujisawa, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
PCR with End Trimming and Cassette Ligation: A Rapid Method to Clone Exon-Intron Boundaries and a 5'-Upstream Sequence of Genomic DNA Based on a cDNA Sequence.,
Genome Research, Vol.4, No.1, 19-25, 1994.
107. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Toshiyuki Tsujisawa and Mitsuo Itakura :
T-Cassette Ligation: A Method for Direct Sequencing and Cloning of PCR-Amplified DNA Fragments.,
Genome Research, Vol.3, 219-224, 1994.
108. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Noriko Mizusawa, Eiji Kudo and Mitsuo Itakura :
Multiple Fluorescence-Based PCR-SSCP Analysis.,
BioTechniques, Vol.16, No.2, 296-305, 1994.
109. Hiroyuki Iwahana, Noriko Mizusawa, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
An End-Trimming Method to Amplify Adjacent cDNA Fragments by PCR.,
BioTechniques, Vol.16, No.1, 94-98, 1994.
110. Katsuhiko Yoshimoto and Shiro Saito :
Critical Commentary to "MEN 1 with Mediastinal Carcinoid".,
Pathology, Research and Practice, Vol.189, No.9, 1097-1099, 1993.
111. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura :
Relatively Good Prognosis of Multiple Endocrine Neoplasia Type 2B in Japanese: Review of Cases in Japan and Analysis of Genetic Changes in Tumors.,
Endocrine Journal, Vol.40, No.6, 649-657, 1993.
(徳島大学機関リポジトリ: 111689,   DOI: 10.1507/endocrj.40.649,   PubMed: 7951533)
112. Eiji Kudo, Kunio Ii, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Kazuo Hizawa and Mitsuo Itakura :
PCR-SSCP Screening of b-Amyloid Precursor Protein Mutations in Two Japanese Pedigrees with Familial Early Onset Alzheimer's Disease.,
Biomed Res, Vol.14, No.3, 223-231, 1993.
(徳島大学機関リポジトリ: 111720)
113. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Toshiaki Sano, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Rare Mutation of Gs Alpha Subunit Gene in Human Endocrine Tumors: Mutation Detection by Polymerase Chain Reaction-Primer-Introduced Restriction Analysis.,
Cancer, Vol.72, No.4, 1386-1393, 1993.
(PubMed: 8339229)
114. Hiroyuki Iwahana, Takashi Yamaoka, Masakazu Mizutani, Noriko Mizusawa, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of Rat Amidophosphoribosyltransferase.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.10, 7225-7237, 1993.
115. Hiroyuki Iwahana, Jun Oka, Noriko Mizusawa, Eiji Kudo, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Edward W Holmes and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of Human Amidophosphoribosyltransferase.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.190, No.1, 192-200, 1993.
116. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Toshiaki Sano, Kiyonori Katsuragi, Moritoshi Kinoshita, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Ras Mutations in Endocrine Tumors: Mutation Detection by PCR-SSCP.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.83, No.10, 1057-1062, 1992.
(徳島大学機関リポジトリ: 114361)
117. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Toshio Shigekiyo, Akira Shirakami, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Molecular and Genetic Analysis of a Compound Heterozygote for Dysprothrombinemia of Prothrombin Tokushima and Hypoprothrombinemia.,
American Journal of Human Genetics, Vol.51, 1386-1395, 1992.
118. Akira Tomonari, Hiroyuki Iwahara, Katsuhiko Yoshimoto, Toshio Shigekiyo, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Two New Nonsense Mutations in Type Ia Antithrombin III Deficiency at Leu 140 and Arg 197.,
Thromb Haemostas, Vol.68, No.4, 455-459, 1992.
119. Hiroyuki Iwahana, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Detection of a New Polymorphism of the Human Prothrombin (F2) Gene by Combination of PASA and Mutated Primer-Mediated PCR-RFLP.,
Human Genetics, Vol.90, 325-326, 1992.
120. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Ayumi Fukuda, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Role of p53 Gene Mutations for Endocrine Tumorigenesis: Mutation Detection by Polymerase Chain Reaction-Single Strand Conformation Polymorphism.,
Cancer Research, Vol.52, No.18, 5061-5064, 1992.
121. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Highly Polymorphic Region of the Human Prothrombin (F2) Gene.,
Human Genetics, Vol.89, No.1, 123-124, 1992.
122. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Detection of a Single Base Substitution of the Gene for Prothrombin Tokushima: The Application of PCR-SSCP for the Genetic and Molecular Analysis of Dysprothrombinemia.,
International Journal of Hematology, Vol.55, No.1, 93-100, 1992.
(PubMed: 1349838)
123. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Detection of Point Mutations by SSCP of PCR-Amplified DNA after Endonuclease Digestion.,
BioTechniques, Vol.12, No.1, 64-66, 1992.
124. Shigeki Yamamoto, Isao Morimoto, Takashi Fujihira, Kenichi Watanabe, Kazuya Zeki, Katsuhiko Yoshimoto, Fujio Zese and Sumiya Eto :
A Kindred of Multiple Endocrine Neoplasia Type 2B.,
Endocrinologia Japonica, Vol.39, No.1, 25-30, 1992.
(徳島大学機関リポジトリ: 111687)
125. Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
NcoI RFLP in the Human Prothrombin (F2) Gene.,
Nucleic Acids Research, Vol.19, No.15, 4309, 1991.
126. 高田 幸伸, 板東 浩, 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
胆嚢摘出後に高カルシウム血症性クリーゼを来たした原発性副甲状腺機能亢進症の1例,
臨床雑誌 内科, Vol.68, 183-186, 1991年.
127. 長宅 芳男, 橋本 浩三, 平沢 龍登, 槙野 博史, 太田 善介, 大枝 忠史, 大森 弘之, 小松原 正吉, 村上 正和, 吉野 正, 吉本 勝彦, 脇谷 勇夫, 三宅 淳史 :
MEN 2A (Sipple 症候群) の一例,
腫瘍と感染, Vol.4, No.2, 83-89, 1991年.
128. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
本邦における多発性内分泌腺腫瘍症1型の実態調査,
日本内分泌学会雑誌, Vol.67, No.7, 764-774, 1991年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111696)
129. Katsuyuki Kubo, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Yokogoshi, Masaru Tsuyuguchi and Shiro Saito :
Loss of Heterozygosity on Chromosome 1p in Thyroid Adenoma and Medullary Carcinoma, but not in Papillary Carcinoma.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.82, 1097-1103, 1991.
(徳島大学機関リポジトリ: 114360)
130. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana, Katsuyuki Kubo, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Allele Loss on Chromosome 11 in a Pituitary Tumor from a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type I.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.82, 886-889, 1991.
(徳島大学機関リポジトリ: 114359)
131. 宇野 由佳, 重清 俊雄, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 猪本 亨司 :
先天性anti-thrombin III (ATIII) 欠乏症家系におけるATIII遺伝子のDNA解析,
日本血栓止血会誌, Vol.1, 512-519, 1990年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111697)
132. Yutaka Yokogoshi, Katsuhiko Yoshimoto and Shiro Saito :
Loss of Heterozygosity on Chromosomes 1 and 11 in Sporadic Pheochromocytomas.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.81, 632-638, 1990.
(徳島大学機関リポジトリ: 114358)
133. Katsuhiko Yoshimoto, Ryuichi Yamasaki, Hideki Sakai, Uichiro Tezuka, Masanori Takahashi, Masayoshi Iizuka, Takao Sekiya and Shiro Saito :
Ectopic Production of Parathyroid Hormone by Small Cell Lung Cancer in a Patient with Hypercalcemia.,
The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism, Vol.68, No.5, 976-981, 1989.
134. 松本 直也, 吉本 勝彦, 岡川 和人, 小阪 昌明, 齋藤 史郎 :
Vinca-Alcaloidsにより紅皮症を来したと思われるHodgkin病の一症例,
癌と化学療法, Vol.16, No.6, 2297-2300, 1989年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111704)
135. Katsuhiko Yoshimoto, Masayoshi Iizuka, Hiroyuki Iwahana, Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Shiro Saito and Takao Sekiya :
Loss of the Same Allele of HRAS1 and D11S151 in Two Independent Pancreatic Cancers from a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1.,
Cancer Research, Vol.49, 2716-2721, 1989.
136. Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahara, Yutaka Yokogoshi, Shiro Saito, Masahiro Shiraishi, Takao Sekiya, Michael M Gottesman and Ira Pasitan :
A polymorphic HindIII site within the human multidrug resistance gene 1 (MDR1).,
Nucleic Acids Research, Vol.16, No.24, 11850, 1988.
137. Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Kazuto Kameyama, Katsuhiko Yoshimoto, Eiji Hosoi, Mitsuhiro Matsumura, Kunihiko Harada and Shiro Saito :
Ectopic Growth Hormone-Releasing Hormone (GHRH) Syndrome in a Case with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1.,
Endocrinologia Japonica, Vol.35, No.1, 97-109, 1988.
(徳島大学機関リポジトリ: 111685)
138. Katsuhiko Yoshimoto, Masahiko Shiraishi, Setsuo Hirohashi, Shojiro Morinaga, Yukio Shimosato, Takashi Sugimura and Takao Sekiya :
Rearrangement of the c-myc Gene in Two Giant Cell Carcinoma of the Lung.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.77, 731-735, 1986.
(徳島大学機関リポジトリ: 114357)
139. Katsuhiko Yoshimoto, Setsuo Hirohashi and Takao Sekiya :
Increased Expression of the c-myc Gene without Gene Amplification in Human Lung Cancer and Colon Cancer Cell Lines.,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.77, 540-545, 1986.
(徳島大学機関リポジトリ: 114355)
140. Toshikazu Nakamura, Katsuhiko Yoshimoto, Yasuo Nakayama, Yumiko Tomita and Akira Ichihara :
Reciprocal Modulation of Growth and Differentiated Functions of Mature Rat Hepatocytes in Primary Culture by Cell-Cell Contact and Cell Membranes.,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.80, No.23, 7229-7233, 1983.
141. Katsuhiko Yoshimoto, Toshikazu Nakamura and Akira Ichihara :
Reciprocal Effects of Epidermal Growth Factor on Key Lipogenic Enzymes in Primary Cultures of Adult Rat Hepatocytes., --- Induction of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase and Suppression of Malic Enzyme and Lipogenesis. ---,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.258, No.20, 12355-12360, 1983.
142. Katsuhiko Yoshimoto, Toshikazu Nakamura, Shingo Niimi and Akira Ichihara :
Hormonal Regulation of Translatable mRNA of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase in Primary Cultures of Adult Rat Hepatocytes.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.741, No.1, 143-149, 1983.
(DOI: 10.1016/0167-4781(83)90021-0,   PubMed: 6351922)
143. Toshikazu Nakamura, Katsuhiko Yoshimoto, Kazushi Aoyama and Akira Ichihara :
Hormonal Regulations of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase and Lipogenesis in Primary Cultures of Rat Hepatocytes.,
The Journal of Biochemistry, Vol.91, 681-693, 1982.
(徳島大学機関リポジトリ: 111698)

総説・解説:

1. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
Carney complex (CNC),
臨床画像, Vol.31, No.10, 31-32, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111702)
2. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
副甲状腺-顎腫瘍症候群,
四国歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 35-39, 2014年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109852)
3. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二 :
家族性副甲状腺機能亢進症 (特集 知っておきたい先天性・遺伝性内分泌疾患),
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.37, No.4, 380-386, 2013年10月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111716,   CiNii: 40019847642)
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
AIP遺伝子と下垂体腫瘍 (特集 内分泌腫瘍発症機構に迫る) -- (生殖細胞変異),
ホルモンと臨床, Vol.60, No.8, 627-632, 2012年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114320,   CiNii: 40019975209)
5. 藤本 寛太, 浜本 芳之, 松岡 敦子, 森 可南子, 龍岡 久登, 河崎 祐貴子, 本庶 祥子, 山田 正三, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 越山 裕行 :
家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討,
日本内分泌学会雑誌, Vol.88, No.Suppl. June, 11-14, 2012年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111700)
6. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
【遺伝性内分泌腫瘍の基礎と臨床 遺伝カウンセリングに必要な知識】 家族性副甲状腺機能亢進症の基礎と臨床,
ホルモンと臨床, Vol.57, No.3, 255-261, 2009年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114318)
7. 吉本 勝彦, 山田 正三 :
【遺伝性内分泌腫瘍の基礎と臨床 遺伝カウンセリングに必要な知識】 家族性成長ホルモン産生腫瘍の基礎と臨床,
ホルモンと臨床, Vol.57, No.3, 263-268, 2009年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114319,   CiNii: 40016777783)
8. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
アディポサイトカインと生活習慣病,
四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 261-263, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109771)
9. HM Golam, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Role of cyclin-dependent kinase inhibitors in pituitary tumorigenesis: an update,
Shikoku Acta Medica, Vol.64, 225-231, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110181)
10. 岩田 武男, 水澤 典子, Golam Md Hossain, 吉本 勝彦 :
癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
ホルモンと臨床 増刊号, Vol.56, 147-155, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114317)
11. 吉本 勝彦 :
メタボリックシンドロームって何?,
DENTAL DIAMOND, Vol.32, No.138, 76-79, 2007年1月.
12. 水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 :
HRPT2遺伝子変異を認めた家族性孤発性副甲状腺機能亢進症(FIHP)の一例,
日本内分泌学会雑誌, Vol.82, 42-45, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111701)
13. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 長尾 大輔, Md.Golam Hossain, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,,
ホルモンと臨床, Vol.54, 138-142, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114316)
14. 泉山 肇, 土肥 賢, 山本 満千, 松下 美加, 名和田 久礼, 今井 泰平, 山崎 弘幸, 吉本 勝彦, 平田 結喜緒 :
心房粘液腫による脳塞栓を発症したCarney's complex(CNC)の一例,
ACTH RELATED PEPTIDES, Vol.13, 253-260, 2003年2月.
15. 吉本 勝彦 :
内分泌腫瘍における腫瘍発生機序とホルモン分泌の調節異常,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 221-226, 2003年2月.
16. 吉本 勝彦 :
Multiple endocrine neoplasia, MEN,
日本内科学会雑誌, Vol.91, No.4, 119-123, 2002年4月.
17. 吉本 勝彦 :
副甲状腺ホルモン産生腫瘍,
内分泌·糖尿病科, Vol.14, No.2, 125-131, 2002年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111715)
18. 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 :
痛風·核酸に関わる代謝調節の解析 分子生物学から個体レベルの解析に向けて遺伝子改変動物とゲノム多型解析,
Gout and Nucleic Acid Metabolism, Vol.26, No.2, 151-153, 2002年.
19. 吉本 勝彦 :
家族性下垂体腫瘍の基礎と臨床,
日本内分泌学会雑誌, Vol.77, 13-16, 2001年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111699,   CiNii: 10006806175)
20. Katsuhiko Yoshimoto :
Multiple Endocrine Neoplasia Type 1: From Bedside to Benchside.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.3-4, 108-117, Aug. 2000.
(徳島大学機関リポジトリ: 26954,   PubMed: 11019489)
21. 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
症例解説「 多発性内分泌腫瘍症1型 multiple endocrine neoplasia 1 (MEN1)」,
病理と臨床, Vol.18, No.1, 56-57, 2000年1月.
22. 吉本 勝彦 :
多発性内分泌腫瘍症1型および2A型,
日本内科学会雑誌, Vol.88, No.7, 42-47, 1999年1月.
23. 吉本 勝彦 :
トランスジェニックマウスを用いた副甲状腺腫瘍化機構の解析,
BIOClinica, Vol.14, No.9, 81-84, 1999年1月.
24. 吉本 勝彦 :
先端巨大症,
Molecular Medicine, Vol.35, 417-418, 1998年1月.
25. 吉本 勝彦 :
MENの遺伝子変異と疫学,
臨床検査, Vol.42, No.7, 751-757, 1998年1月.
26. Andrew Arnold and Katsuhiko Yoshimoto :
Gene Defects and Clinical Disorders of the Parathyroids, --- Primary Hyperparathyroidism ---,
Curr Opin Endocrinol Diabetes, Vol.4, No.6, 417-426, Jun. 1997.
27. 青木 晃, 萱嶋 信介, 永瀬 晃正, 大島 智, 伊東 貞三, 安田 浩子, 鈴木 節, 松熊 晋, 桑原 紀之, 塚田 俊彦, 山口 建, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
躁鬱病として治療中に発見されたMEN 1型の1症例,
ホルモンと臨床, Vol.45, 242-246, 1997年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114484)
28. 吉本 勝彦 :
膵内分泌腫瘍の遺伝子異常,
臨床消化器内科, Vol.12, No.9, 1277-1283, 1997年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111722)
29. 吉本 勝彦 :
多発性内分泌腫瘍症,
病理と臨床, Vol.15, 134, 1997年1月.
30. 山田 正三, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 高田 浩次, 板倉 光夫, 臼井 雅昭, 寺本 明 :
家族性下垂体腺腫を呈した1家族の遺伝子解析,
ホルモンと臨床, Vol.45, 30-33, 1997年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114451)
31. 吉本 勝彦, 小杉 知里, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
下垂体腺腫におけるヘテロ接合性消失およびp16遺伝子変異の解析,
ホルモンと臨床, Vol.45, 26-29, 1997年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114315)
32. 吉本 勝彦, 小杉 知里, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
孤発性下垂体腺腫におけるマイクロ サテライト解析による第11染色体のヘテロ接合性消失の検出,
ホルモンと臨床, Vol.44, 73-75, 1996年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114314)
33. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症,
臨床雑誌 内科, Vol.77, No.6, 1505, 1996年1月.
34. 齋藤 史郎, 宮 恵子, 土橋 孝之, 板東 浩, 新谷 保実, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 山岡 孝 :
臨床医学の展望「内分泌学」,
日本医事新報, No.3748, 19-34, 1996年1月.
35. 吉本 勝彦 :
多発性内分泌腫瘍症,
病理と臨床, Vol.14, 43-47, 1996年1月.
36. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
ホルモン合成異常症-ペプチドホルモン,
ホルモンと臨床, Vol.44, No.1, 3-7, 1996年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114313)
37. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
家族性下垂体腫瘍,
日本臨牀, Vol.53, No.11, 71-76, 1995年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111531)
38. 吉本 勝彦 :
褐色細胞腫,
medicina, Vol.32, No.12, 423-424, 1995年1月.
39. 猿井 宏, 奥村 昇司, 嘉村 正徳, 宅野 洋, 石塚 達夫, 安田 圭吾, 鷹尾 博司, 梅本 敬夫, 深田 代造, 下川 邦泰, 吉本 勝彦 :
嚢胞性グルカゴノーマを発症した多発性内分泌腫瘍症I型の1例,
ホルモンと臨床, Vol.43, 183-188, 1995年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114449)
40. 小杉 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 宮内 昭, 板倉 光夫 :
孤発性褐色細胞腫におけるRET遺伝子チロシンキナーゼ部位の変異,
ホルモンと臨床, Vol.43, 164-168, 1995年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114448)
41. 吉本 勝彦 :
G蛋白異常による内分泌疾患,
内分泌·糖尿病科, Vol.1, No.1, 57-63, 1995年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111714)
42. 吉本 勝彦 :
多発性内分泌腫瘍症の遺伝子診断,
医学のあゆみ, Vol.174, No.5, 494-498, 1995年1月.
43. 齋藤 史郎, 宮 恵子, 土橋 孝之, 板東 浩, 新谷 保実, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 山岡 孝 :
臨床医学の展望「内分泌学」,
日本医事新報, No.3698, 3-13, 1995年1月.
44. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
副甲状腺細胞, --- カルシウム受容体の構造 ---,
日本臨牀, Vol.53, No.4, 7-12, 1995年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111530)
45. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症の診断基準·病型分類,
臨床雑誌 内科, Vol.75, No.6, 1625-1628, 1995年1月.
46. 吉本 勝彦 :
PCR-SSCP法,
日本臨牀, 463-466, 1994年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111529)
47. 吉本 勝彦 :
内分泌腺腫瘍の遺伝子異常,
臨床検査, Vol.38, No.11, 221, 1994年1月.
48. 吉本 勝彦 :
多内分泌腫瘍MEN2A型,MEN2B型の分子遺伝学研究の動向,
日本臨牀, Vol.52, No.4, 237-242, 1994年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111528)
49. 吉本 勝彦 :
パラクライン作用を解析するためのトランスジェニックマウス, --- 糖尿病への応用BIO Clinica ---,
BIO Clinica, Vol.9, No.8, 58-61, 1994年1月.
50. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症における遺伝子異常,
medicina, Vol.31, No.2, 416-419, 1994年1月.
51. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
マイクロサテライト解析による多発性内分泌腫瘍症1型(MEN 1)腫瘍における第11染色体の欠失の検出,
ホルモンと臨床, Vol.24, 262-265, 1994年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114312)
52. 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
糖尿病の遺伝子治療,
治療の最前線, Vol.1, No.3, 116-120, 1994年1月.
53. 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
遺伝子治療への展望,
nanoGIGA, Vol.19, No.4, 114-119, 1994年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111723)
54. 吉本 勝彦 :
内分泌腺の腫瘍化に関する遺伝子異常の解析,
BIOmedica, Vol.8, No.11, 45-49, 1993年1月.
55. 吉本 勝彦 :
PCR-SSCPを用いた遺伝子解析,
治療学, Vol.27, No.2, 85-88, 1993年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111718)
56. 齋藤 史郎, 吉本 勝彦 :
異所性PTH産生腫瘍,
CLINICAL CALCIUM, Vol.2, No.5, 74-78, 1992年1月.
57. 吉本 勝彦 :
膵内分泌腫瘍の遺伝子異常,
胆と膵, Vol.13, No.3, 247-251, 1992年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111717)
58. 横井 健治, 吉本 勝彦, 鈴木 まどか, 板東 浩, 張 辰宇, 山崎 柳一, 齋藤 史郎 :
家族性多発性内分泌腺症1型の1家系2症例,
ホルモンと臨床, Vol.40, 180-183, 1992年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114447)
59. 坂本 幸裕, 吉本 勝彦, 横井 健治, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
酢酸オクトレオチドによりカルシトニン分泌が抑制された内分泌腺腫瘍症(MEN)2B型の1例,
ホルモンと臨床, Vol.40, 180-183, 1992年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114310)
60. 吉本 勝彦 :
Single strand conformation polymorphism,
代謝, Vol.28, No.9, 53-61, 1991年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111710)
61. 吉本 勝彦 :
膵内分泌腫瘍の遺伝子異常,
代謝, Vol.28, No.7, 23-30, 1991年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111709)
62. 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 横越 浩, 坂井 秀樹, 手束 卯一郎, 高橋 正倫, 齋藤 史郎 :
異所性PTH産生により高Ca血症を来した肺癌の一例,
ホルモンと臨床, Vol.38, 303-306, 1990年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114309)
63. 板東 浩, 堀江 秀茂, 友成 章, 新谷 保実, 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 齋藤 史郎 :
放射線療法と化学療法の視床下部下垂体に及ぼす影響を検討した鞍上部胚芽腫の1例,
ホルモンと臨床, Vol.37, 73-77, 1989年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114308)
64. 山崎 柳一, 宮崎 修一, 木村 成明, 三ツ井 貴夫, 三橋 信次, 吉本 勝彦, 齋藤 晴比古, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
GHRH産生膵腫瘍により先端巨大症を惹起したと思われるMEN 1型の症例,
ホルモンと臨床, Vol.37, 6-11, 1989年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114414)
65. 齋藤 晴比古, 佐野 壽昭, 山崎 柳一, 細井 英司, 吉本 勝彦, 宮崎 修一, 岩花 弘之, 三橋 信次 :
SomatostatinおよびGHRH産生腫瘍, --- 臨床的ならびに基礎的研究とその意義について ---,
第6回下垂体腫瘍Workshop講演集, 111-117, 1988年5月.
66. 齋藤 史郎, 吉本 勝彦, 齋藤 晴比古 :
腫瘍における異所性ホルモン産生と遺伝子発現,
癌と化学療法, Vol.12, 1-12, 1985年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111703)
67. 吉本 勝彦, 中村 敏一 :
肝細胞におけるリポタンパク合成のホルモン及び細胞内脂質による調節,
最新医学, Vol.37, 833-838, 1982年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111721)

国際会議:

1. Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
Mechanical stress - responsive microRNA,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference, Makassar, Indonesia, Dec. 2014.
2. Katsuhiko Yoshimoto :
Mechanisms of tumorigenesis in GH adenomas,
2nd Pituitary Expert Meeting in Asia (PEMA) Seoul, Aug. 2013.
3. Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Profile of microRNA inhuman saliva,
Asean Plus Tokushima Joint International Conference, Dec. 2012.
4. T Fukui, N Fukuhara, H Nishioka, N Kobayashi, N Inoshita, N Yoshida, H Suzuki, A Takeshita, Y Takeuchi, Shozo Yamada, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Clinical and histological characteristics of giant GH producing pituitary adenomas,
The Joint 15th International Congress of Endocrinology and the 14th European Congress of Endocrinology- ICE/ECE2012, May 2012.
5. Shima Nazatul Wan, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Analysis of microRNA in saliva and submandibular gland cell lines.,
International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, Denpasar, Bali, Dec. 2010.
6. Kyoko Ishimoto, Takeo Iwata, Katsuhiko Yoshimoto and Eiji Tanaka :
Functional analysis of a novel adipokine, D-dopachrome tautomerase, in preadipocytes.,
International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, Denpasar, Bali, Dec. 2010.
7. Katsuhiko Yoshimoto, Md. Golam Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Shima Wan Nazatul Schadan, Toru Okutsu, Kyoko Ishimoto, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Shozo Yamada :
Down-regulated expression of p18INK4C in pituitary adenomas.,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
8. Zhi-Rong Qian, Toshihito Tanahashi, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Sakurako Katsuura, Wang EL, Kazuhito Rokutan and Toshiaki Sano :
MicroRNA Expression Abnormalities in Pituitary Adenomas Are Associated with Distinctive Pathologic Features and May Contribute to Tumorigenesis.,
99th Annual Meeting of United States and Canadian Academy of Pathology, Washington, D.C., Mar. 2010.
9. Zhi-Rong Qian, Wang EL, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada and Toshiaki Sano :
Characterization of estrogen receptor beta 1 in human pituitary adenomas,
99th Annual Meeting of United States and Canadian Academy of Pathology, Washington, D.C., Mar. 2010.
10. Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, M Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
YKL-40 secreted from macrophages infiltrating into adipose tissue inhibits degradation of type I collagen.,
International symposium on diabetes, Tokyo, Mar. 2009.
11. Shima Nazatul Wan, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Effect of Liver X Receptor (LXR) Agonist on GLP-1 Expression.,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
12. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa and Katsuhiko Yoshimoto :
Compressive force-induced inhibition of adipocyte differentiation is mediated through down-regulatioin of PPAR2.,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
13. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Shozo Yamada, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Mutational analysis and gene expression profile of CDKN2C/p18INK4C in pituitary adenomas.,
TThe 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century"-Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Dec. 2007.
14. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Mutation analysis of AIP in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas.,
The 1st International Symposium and Workshop The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century, Awaji, Mar. 2007.
15. Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto and Tetsuo Ichikawa :
Compressing force induces Hsp25 in a mouse osteoblast-like cell line.,
IADR General Session & Exhibition, Brisbane, Jun. 2006.
16. Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Y Yoshijima and Tetsuo Ichikawa :
Gene expression in a mouse osteoblast like cell line in response to compressing force.,
11th International College of Prosthodontists, Crete, Greece, May 2005.
17. Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L. Sylvia, Mitsuyoshi Hirokawa and Hisanori Uehara :
DNA methyltransferase 1 (DNMT1) protein overexpression correlates with tumor invasion and DNA hypermethylation of multiple tumor suppressor genes in human pituitary adenomas.,
96th Annual Meeting of American Association of Cancer Research, Anaheim, Apr. 2005.
18. Shinya Uchino, Hiroyuki Yamashita, Shiro Noguchi, Tsunenori Mizukoshi and Katsuhiko Yoshimoto :
Germline mutation of the HRPT2 gene in Japanese FIHP families,
MEN2004, Bethesda, Jun. 2004.
19. Yamasaki Hiroyuki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
GH-secreting pituitary adenomas infrequently contain inactivating mutations of PRKAR1A and LOH of 2p16 and 17q23-24.,
85th annual meeting of the endocrine society, Philadelphia, Jun. 2003.
20. Toshiaki Sano, Xu Bing, Katsuhiko Yoshimoto, Yamasaki Hiroyuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Shozo Yamada :
Down-regulation of E-cadherin and Catenins in Human Pituitary Growth Hormone Cell Adenomas with Prominent Fibrous Bodies.,
8th International Pituitary Pathology Meeting, Delphi and Athens, Oct. 2001.
21. Toshinori Sakai, Shinsuke Katoh, Koichi Sairyo, Chisato Tanaka, Rumi Katashima, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
An SNP in the 3region of the Collagen11 Alpha 2 Gene is Associated with Susceptibility to OPLL.,
47th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, San Francisco, Feb. 2001.
22. T. Abe, Katsuhiko Yoshimoto, M. Taniyama, K. Hanakawa, H. Izumiyama, Mitsuo Itakura and K. Matsumoto :
A Germline Mutation of the Multiple Endocrine Neoplasia Type 1 (MEN1) Gene in Japanese Prolactinoma Variant of MEN1.,
Annual Meeting of the American Association of Neurological Surgeons, San Francisco, Apr. 2000.
23. Y. Hosokawa, Katsuhiko Yoshimoto, R. Bronson, T. Wang, E.V. Schmidt and A. Arnold :
Mouse Model for Primary Hyperparathyroidism: Parathyroid-targeted Overexpression of Cyclin D1/PRAD1 Oncogene.,
2nd Cold Spring Harbor Meeting on Cancer Genetics & Tumor Suppressor Genes, Cold Spring Harbor, New York, Aug. 1998.
24. Y. Hosokawa, Katsuhiko Yoshimoto, R. Bronson, T. Wang, E.V. Schmidt and A. Arnold :
Chronic Hyperparathyroidism in Transgenic Mice with Parathyroid Targeted Overexpression of CyclinD1/PRAD1.,
The 19th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Cincinnati, Sep. 1997.
25. Y. Imanishi, H. Tahara, I.B. Salusky, W.G. Goodman, R.D. Gaz, M.L. Brandi, E. Sarfati, T.B. Drueke, A.P. Smith, Katsuhiko Yoshimoto and A. Arnold :
Distinct Molecular Pathogenesis in Different Categories of Benign Hyperparathyroidism.,
The 19th Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Cincinnati, Sep. 1997.
26. Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Setsuko Ii, Takashi Yamaoka, Hiroyuki Iwahana and Katsuhiko Yoshimoto :
Approaches to Develop Gene Therapy for Diabetes.,
The 12th International Symposium of Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologists: Gene Regulation of Biological Functions, Tokushima, Jul. 1996.
27. Setsuko Ii, M. Ohta, Y. Takahashi, Y. Tano, Y. Kokai, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Effect of Transgenic Expression of Aldose Reductase (AR) on Diabetic Proteinuria and Retinopathy.,
The 15th International Diabetes Federation Congress, Kobe, Nov. 1994.
28. A. Tomonari, Katsuhiko Yoshimoto, M. Tanaka, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura :
Cis-Elements of Human Insulin Gene Involved in Glucose-Responsive Transcription in a Mouse Islet B Cell Line of MIN6.,
The 15th International Diabetes Federation Congress, Kobe, Nov. 1994.
29. M. Tanaka, Rumi Katashima, D. Murakami, A. Tomonari, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of a Group of Pancreatic Islet B cell- and Glucose Concentration-Specific Genes by Random cDNA Sequencing.,
The 15th International Diabetes Federation Congress, Kobe, Nov. 1994.
30. Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroyuki Iwahana and Mitsuo Itakura :
Effect of IL-10 on Immunological Rejection of Islet B cells by Lymphocytes.,
The 15th International Diabetes Federation Congress, Kobe, Nov. 1994.
31. J. Miyazaki, C. Hashimoto, F. Tashiro, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Early-Onset Diabetes Induced in NOD Mice by Transgenic Expression of IL-10 in A cells or SV40 T antigen in B cells.,
The 15th International Diabetes Federation Congress, Satellite Symposium, "Lessons from Animal Diabetes", Oomiya, Nov. 1994.
32. Kunio Ii, Eiji Kudo, K. Hizawa, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii and Mitsuo Itakura :
Early Onset Familial Alzheimer's Disease (AD) in the Largest Family with AD in Japan. - Histopathological, Immunohistochemical and Amyloid Precursor Protein (APP) Gene Analysis Studies.,
The XIIth International Congress of Neuropathology, Toronto, Sep. 1994.
33. Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, J. Miyazaki, F. Tashiro, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura :
(Workshop) Local Production of IL-10 in Pancreatic Islet A-Cells in Transgenic NOD Mice Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes.,
Combined Meeting of the 8th International Lymphokine Workshop and The 4th International Workshop on Cytokines, Osaka, Oct. 1993.
34. Y. Uno, A. Tomonari, T. Shigekiyo, Katsuhiko Yoshimoto, T. Inoue and Shiro Saito :
DNA Analysis of Antithrombin III Deficiency.,
XIIIth Congress of the International Society on Thrombosis and Haematostasis, Amsterdam, Jun. 1991.
35. Katsuhiko Yoshimoto, K. Kubo, Hiroyuki Iwahana, R. Yamasaki, Shiro Saito and Mitsuo Itakura :
Molecular Basis for Tumorigenesis in Multiple Endocrine Neoplasia (MEN),
FRONTIERS IN MOLECULAR ENDOCRINOLOGY" in GUNMA INTERNATIONAL ENDOCRINE SYMPOSIUM, Maebashi, Jan. 1991.
36. R. Yamasaki, Haruhiko Saito, Katsuhiko Yoshimoto, S. Miyazaki, Hiroshi Bandou, S. Kimura, Eiji Hosoi, Y. Shintani, S. Mitsuhashi, H. Iwahana, Toshiaki Sano and Shiro Saito :
Growth hormone-releasing hormone (GHRH)-secreting pancreatic tumor associated with multiple endocrine neoplasia type 1.,
8th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Jul. 1988.
37. Katsuhiko Yoshimoto, Y. Yokogoshi, H. Iwahana, R. Yamasaki, Haruhiko Saito, M. Iizuka, T. Sekiya and Shiro Saito :
Allelic deletion of the region in the short arm of chromosome 11 in pancreatic tumors from a patient with multiple endocrine neoplasia type 1.,
8th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Jul. 1988.

国内講演発表:

1. 村田 菜々香, 橋本 真舞, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
マイクロRNAの細胞増殖への影響,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
2. 橋本 真舞, 村田 菜々香, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
唾液マイクロRNAの機能解析,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
3. 水澤 典子, 岩脇 有軌, 吉本 勝彦 :
唾液中に存在するマイクロRNAのプロファイリング,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
4. 福原 紀章, 岩田 武男, 井下 尚子, 吉本 勝彦, 福原 宏和, 辰島 啓太, 岡田 満夫, 竹下 章, 伊藤 純子, 竹内 靖博, 西岡 宏 :
頭蓋咽頭腫の病理亜型診断の方法と意義,
第29回臨床内分泌代謝Update (高知), 2019年11月.
5. 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
マイクロRNAプロファイリングによるヒト顎下腺細胞株での上皮間葉系変換の解析,
第11回日本RNAi研究会, 2019年8月.
6. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
膵beta細胞機能に関与するPrss53の解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
7. 吉本 勝彦 :
シンポジウム1 「がんゲノム医療時代の遺伝性内分泌腫瘍」1. 家族性下垂体腫瘍,
第92回日本内分泌学会学術総会, 2019年5月.
8. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
Prss53は膵ベータ細胞のミトコンドリア機能を介した細胞維持に関与する,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年9月.
9. 本田 壮一, 吉本 勝彦 :
地域での内分泌病理との接点—副甲状腺や副腎腫瘍の症例より,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年9月.
10. 西岡 宏, 井下 尚子, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 御神本 雅亮, 福原 紀章, 岡田 満夫 :
頭蓋咽頭腫・ラトケ嚢胞の病理と外科治療,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年9月.
11. 本田 壮一, 鈴記 好博, 小原 聡彦, 竹田 勝則, 北市 雅代, 小笠原 卓, 清久 泰司, 粟飯原 賢一, 吉本 勝彦 :
地域での内分泌診療∼高カルシウム血症の2症例より∼,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
12. 吉本 勝彦 :
下垂体腫瘍と遺伝子,
第20回後期家族性腫瘍セミナー, 2018年3月.
13. 吉本 勝彦 :
家族性内分泌腫瘍:副甲状腺・下垂体腫瘍を中心に,
第8回 大阪副甲状腺ホルモン研究会学術集会, 2018年1月.
14. 中崎 真理, 小原 聡彦, 鈴記 好博, 竹田 勝則, 北市 雅代, 白川 光雄, 谷 憲治, 吉本 勝彦 :
在宅医療での栄養サポートを考える,
第17回日本プライマリ・ケア学会四国ブロック支部大会/第24回四国地域医学研究会合同学術集会, 2017年11月.
15. 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
脂肪組織におけるD-dopachrome tautomerase遺伝子の転写調節,
第21回日本内分泌病理学会学術総会, 2017年10月.
16. 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
AMPK/mTOR 経路は脂肪組織での D-dopachrome tautomerase 遺伝子の転写を調節する,
第59回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2017年9月.
17. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株 NS-SV-AC における miR-1290 の機能解析,
第59回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2017年9月.
18. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株 NS-SV-AC における miR-1290 の機能解析,
第59回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2017年9月.
19. 吉本 勝彦 :
下垂体腫瘍と遺伝子,
第20回前期家族性腫瘍セミナー, 2017年8月.
20. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 吉本 勝彦 :
非機能性腺腫および ACTH 腺腫における 14q32 領域遺伝子の発現低下,
第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2017年2月.
21. 本田 壮一, 小原 聡彦, 梅本 良雄, 鈴記 好博, 竹田 勝則, 橋本 崇代, 岡 博文, 影治 照喜, 吉本 勝彦 :
地域におけるがん診療の実践,
第254回徳島医学会学術集会, 2017年2月.
22. 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
分化脂肪細胞における D-dopachrome tautomerase 遺伝子の転写調節,
第58回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2016年8月.
23. 大塚 良, 原田 永勝, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 西辻 和親, 高石 和美, 中屋 豊, 阪上 浩, 北畑 洋 :
GADD34のC末端領域を欠損したCHO-K1細胞の樹立,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
24. 本田 壮一, 小原 聡彦, 吉本 勝彦, 佐田 政隆 :
FREED試験に参加する意義を考える,
第114回日本内科学会四国地方会, 2016年5月.
25. 吉本 勝彦 :
教育講演13「家族性下垂体腺腫の病因」,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
26. 加藤 朋子, 波床 朋信, 村上 隆亮, 米光 新, 武呂 誠司, 藤澤 一朗, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 井下 尚子, 山田 尚三, 隠岐 尚吾 :
内分泌異常と線維性骨異形成症の合併から,McCune-Albright症候群と診断した一例,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
27. 吉本 勝彦 :
特別講演:下垂体腺腫の分子病理学,
第61回成長ホルモン研究会, 2016年2月.
28. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
miR-222はRNA-binding protein 24 を標的として顎下腺細胞株NS-SV-ACの細胞増殖に関与する,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
29. 吉本 勝彦 :
下垂体腫瘍発生と原因遺伝子,
第25回 臨床内分泌代謝Update, 2015年11月.
30. 白川 光雄, 本田 壮一, 吉本 勝彦 :
原発性副甲状腺機能亢進症に対する2年間にわたる抗RANKL抗体の投与経験,
第29回日本臨床内科医学会, 2015年10月.
31. 吉本 勝彦 :
下垂体NETのoverview-分子生物学的視点から,
AMED革新的がん医療実用化研究事業 領域1 研究課題名:「希少がんである神経内分泌腫瘍の個別化医療開発に向けたがん抑制遺伝子 PHLDA3 の機能解析」 第1回班会議, 2015年9月.
32. 岩田 武男, 栗林 恭子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomerase 遺伝子転写における FOXO1 と PGC1α の関与,
第57回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2015年9月.
33. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果,
第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
34. 吉本 勝彦 :
シンポジウム「下垂体腺腫の診断と治療Update 2015」下垂体腺腫の腫瘍化機構,
第88回日本内分泌学会学術総会 東京, 2015年4月.
35. 吉本 勝彦 :
シンポジウム「MEN1の基礎と臨床」 腫瘍発生分子機構のoverview,
第88回日本内分泌学会学術総会 東京, 2015年4月.
36. 本田 壮一, 谷 憲治, 白川 光雄, 橋本 崇代, 小原 聡彦, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて(第2報),
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
37. 古屋 S. 玲, 齋藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 吉本 勝彦, 佐々木 奈三江 :
徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み:読書からアカデミック・ライティングへ-,
平成26年度 FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
38. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化,
平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
39. 肥塚 諒, 玉那覇 民子, 菱田 藍, 橡谷 真由, 大畑 洋子, 槇野 久士, 島津 章, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 井下 尚子, 山田 正三, 岸本 一郎 :
PRKAR1A を含む広範な胚細胞性欠失を認めた下垂体性巨人症の一例,
第24回 臨床内分泌代謝Update さいたま市, 2014年11月.
40. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 岩脇 有軌, 吉本 勝彦 :
ACTH 産生腺腫で低発現を認めた miR-551b の腺腫発症への関与,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
41. 岩田 武男, 石本 恭子, 吉本 勝彦 :
前駆脂肪細胞における D-dopachrome tautomerase 遺伝子の転写調節,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
42. 岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
メカニカルストレス応答性 miR-494-3p による FGFR2 発現の抑制,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
43. 白川 光雄, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 松本 俊夫 :
抗ランクル抗体を投与した原発性副甲状腺機能亢進症の1例,
第14回日本内分泌学会四国地方会 徳島, 2014年9月.
44. 本田 壮一, 四宮 秀美, 小原 聡彦, 白川 光雄, 伊藤 祐司, 吉本 勝彦 :
原発性アルドステロン症のスクリーニングの試み,
第14回日本内分泌学会四国地方会 徳島, 2014年9月.
45. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 吉本 勝彦 :
成長ホルモン産生腺腫におけるPRKACA遺伝子活性化変異の検討,
第14回日本内分泌学会四国地方会 徳島, 2014年9月.
46. 水澤 典子, 岩脇 有軌, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株を用いた miRNA 標的遺伝子の解析,
第6回日本RNAi研究会・第1回細胞外小胞学会 広島, 2014年8月.
47. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 星野 由美, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢者交流学習後の歯学部生の高齢者イメージの変化 ・北九州,
日本歯科医学教育学会雑誌, 105, 2014年7月.
48. 本田 壮一, 小原 聡彦, 谷 憲治, 白川 光雄, 赤池 雅史, 吉本 勝彦 :
医学生実習を受け入れて-5年間の経験よりー,
第110回 日本内科学会四国地区支部主催四国地方会 徳島, 2014年6月.
49. 肥塚 諒, 玉那覇 民子, 菱田 藍, 橡谷 真由, 大畑 洋子, 槇野 久士, 島津 章, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 井下 尚子, 山田 正三, 岸本 一郎 :
下垂体腫瘍組織にPRKAR1A遺伝子の体細胞変異を認めた下垂体巨人症の一例,
第86回京都内分泌同好会 京都, 2014年3月.
50. 本田 壮一, 小原 聡彦, 橋本 崇代, 吉本 勝彦 :
地域におけるがん診療のプライマリ・ケア,
第13回 プライマリ・ケア連合学会四国ブロック支部大会 高知, 2013年10月.
51. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseの脂肪細胞への作用,
第17回日本内分泌病理学会学術総会 横浜, 2013年10月.
52. 本田 壮一, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 関谷 剛男 :
国立がんセンターでのリサーチ・レジデントとしての経験を振り返る,
第72回日本癌学会学術集会 横浜, 2013年10月.
53. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseのインスリン抵抗性改善機序に関連する分子の探索,
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 岡山, 2013年9月.
54. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫における miRNA 発現解析,
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 岡山, 2013年9月.
55. 岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
機械的刺激応答性miRNAの同定,
第5回日本RNAi研究会 広島, 2013年8月.
56. 本田 壮一, 小原 聡彦, 橋本 崇代, 吉本 勝彦, 松本 俊夫 :
長期臥床の入院患者の増加—骨粗鬆症—,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
57. 本田 壮一, 小原 聡彦, 新谷 保実, 吉本 勝彦 :
急性冠症候群への糖尿病の関与—「海部プロジェクト」自験例より—,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
58. 吉本 勝彦 :
ホルモンとがん,
第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
59. 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告,
第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
60. 大石 慶二, 竹内 久裕, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
広島大学臨床実習視察報告,
第42回四国歯学会例会, 2013年3月.
61. 吉本 勝彦 :
遺伝性・家族性の下垂体腫瘍の基礎と臨床,
第22回 臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
62. 福井 崇人, 福原 紀章, 西岡 宏, 井下 尚子, 鈴木 尚宣, 竹下 章, 竹内 靖博, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 山田 正三 :
GH産生巨大下垂体腺腫の臨床的および組織学的特徴の検討,
日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012年10月.
63. 福井 崇人, 福原 紀章, 西岡 宏, 井下 尚子, 鈴木 尚宣, 竹下 章, 竹内 靖博, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 山田 正三 :
GH産生巨大下垂体腺腫の臨床的および組織学的特徴の検討,
第8回 アクロメガリー フォーラム, 2012年10月.
64. 河上 真緒, 杉本 明日奈, 杉本 明日奈, 堀川 絵里子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
診療室で行う総合模型実習の試み,
第31回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会, 2012年7月.
65. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 羽田 勝, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育:専門教育終了時の授業アンケートから考察される教育効果,
第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会プログラム・抄録集, 124, 2012年7月.
66. 本田 壮一, 小原 聡彦, 新谷 保実, 吉本 勝彦 :
溺死した糖尿病2症例の検討-津波対策を含めて-,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
67. 安藤 明彦, 長坂 昌一郎, 高橋 仁麗, 野牛 宏晃, 大須賀 淳一, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 石橋 俊 :
原発性アルドステロン症・サブクリニカルCushing症候群を合併した家族性副甲状腺機能亢進症の1例,
第85回日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
68. 竹本 潤哉, 佐久間 一基, 京原 麻由, 滝口 朋子, 橋本 直子, 松澤 陽子, 齋藤 淳, 大村 昌夫, 吉本 勝彦, 山田 正三, 西川 哲男 :
AIP遺伝子変異を認めなかった家族性下垂体腺腫の一例,
第12回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会, 2012年3月.
69. 藤本 寛太, 浜本 芳之, 河崎 祐貴子, 本庶 祥子, 森 可南子, 龍岡 久登, 山田 正三, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 越山 裕行 :
家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討,
第21回 臨床内分泌代謝Update, 2012年1月.
70. 中江 弘美, 薮内 さつき, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
学外体験学習における教育管理システムの運用とその効果,
平成23年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島, 2012年1月.
71. 安藤 明彦, 長坂 昌一郎, 齋藤 芽里, 山崎 智行, 高橋 仁麗, 野牛 宏晃, 大須賀 淳一, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 石橋 俊 :
原発性アルドステロン症・サブクリニカルCushing症候群を合併した家族性副甲状腺機能亢進症の一例,
第39回内分泌代謝研究会, 2011年12月.
72. 藤本 寛太, 浜本 芳之, 河崎 祐貴子, 本庶 祥子, 森 可南子, 龍岡 久登, 山田 正三, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 越山 裕行 :
家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討,
第7回アクロメガリフォーラム, 2011年11月.
73. 吉本 勝彦 :
家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討:コメント発表 家族性下垂体腺腫,
第7回アクロメガリフォーラム, 2011年11月.
74. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは肥満マウスでのインスリン抵抗性を改善する,
第53回歯科基礎医学会学術大会(岐阜), 2011年10月.
75. Nazatul Wan Shima, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Analysis of miRNAs in saliva,
第84回日本生化学会大会, Sep. 2011.
76. 本田 壮一, 新谷 保実, 白川 光雄, 小原 聡彦, 吉本 勝彦 :
高齢者糖尿病の診療の問題点—自験症例からの考察—,
第25回日本臨床内科医学会, 2011年9月.
77. 日野出 大輔, 薮内 さつき, 中江 弘美, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育を推進するための教育管理ネットワークシステムの構築とその活用,
第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会および記念大会, 2011年7月.
78. 細木 秀彦, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
定期健康診断に対する学生の意識調査,
日本歯科医学教育学会, 136, 2011年7月.
79. 水澤 典子, 岩田 武男, 原田 永勝, Shima Nazatul Wan, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
マウス膵島におけるisletasinの機能解析,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月.
80. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは脂肪細胞での脂質代謝を制御する,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月.
81. 本田 壮一, 新谷 保実, 小原 聡彦, 吉本 勝彦 :
高齢者糖尿病の診療の問題点-自験症例よりー,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
82. 永尾 寛, 藤原 奈津美, 木村 智子, 泰江 章博, 吉岡 昌美, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学の臨床実習視察報告,
四国歯学会第38回例会, 2011年3月.
83. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
第38回四国歯学会例会, 2011年3月.
84. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
徳島大学教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」授業アンケートから考察される教育効果,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島, 2011年1月.
85. 木戸 理恵, 水澤 典子, Shima Nazatul Wan, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
マウス膵島の単離,
126回徳島生物学会, 2010年12月.
86. 都島 由希子, 宮 章博, 舛岡 裕雄, 薮田 智範, 福島 光浩, 友田 智哲, 木原 実, 井上 博之, 東山 卓也, 高村 勇貴, 伊藤 康弘, 小林 薫, 吉本 勝彦, 廣川 満良, 宮内 昭 :
再発を来した副甲状腺機能亢進症顎腫瘍症候群の一例,
第43回日本甲状腺外科学会学術集会, 2010年10月.
87. 石本 恭子, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 田中 栄二 :
前駆脂肪細胞における新規アディポカインD-dopachrome tautomeraseの作用解析,
第69回日本矯正歯科学会, 2010年9月.
88. 都島 由希子, 宮 章博, 舛岡 裕雄, 薮田 智範, 福島 光浩, 友田 智哲, 木原 実, 井上 博之, 東山 卓也, 高村 勇貴, 伊藤 康弘, 小林 薫, 吉本 勝彦, 廣川 満良, 宮内 昭 :
再発を来した副甲状腺機能亢進症顎腫瘍症候群の一例,
第94回神戸甲状腺研究会, 2010年9月.
89. Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
唾液microRNAの解析,
第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月.
90. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは脂肪細胞での中性脂肪量を制御する,
第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月.
91. 石本 恭子, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 田中 栄二 :
D -dopachrome tautomeraseが脂肪分化に及ぼす影響,
第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月.
92. 石本 恭子, 岩田 武男, 田中 栄二, 吉本 勝彦 :
新規アディポカインD-dopachrome tautomeraseの抗肥満作用についての検討,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
93. 薮内 さつき, 伊賀 弘起, 中江 弘美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
「人間力の向上」を目指した教育プログラム-「高齢者交流学習」-,
第29回日本歯科医学教育学会, 2010年7月.
94. 岩田 武男, Md. Golam Hossain, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
持続的圧縮力は前駆脂肪細胞からの脂肪細胞への分化を抑制する,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
95. 水澤 典子, 岩田 武男, Shima Nazatul Wan, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニストによるプログルカゴン遺伝子産生への影響,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
96. 銭 志栄, 王 路, 中園 雅彦, 棚橋 俊仁, 吉本 勝彦, 坂東 良美, 工藤 英治, 島田 光生, 佐野 壽昭 :
High Expression of TLR4/MyD88 Signals Correlates with Poor Prognosis in Colorectal Cancer.,
第99回日本病理学会総会, 2010年4月.
97. 伊賀 弘起, 中野 雅德, 日野出 大輔, 尾崎 和美, 竹内 久裕, 吉本 勝彦, 林 良夫 :
口腔保健学を基軸とした国際的社会福祉教育プログラムの構築に向けて,
平成21年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2010年3月.
98. 中江 弘美, 日野出 大輔, 薮内 さつき, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価 -地域福祉体験学習の取り組みを通して-,
平成21年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2010年3月.
99. 銭 志栄, 王 路, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
下垂体性腺腫のER beta1,2の発現とDNAのhypermethylationおよび機能分析について,
第20回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2010年2月.
100. 銭 志栄, 棚橋 俊仁, 吉本 勝彦, 山田 正三, 勝浦 桜子, 六反 一仁, 佐野 壽昭 :
MicroRNA Expression Abnormalities in Pituitary Adenomas are Associated with Distinctive Pathologic Features and May Contribute to Tumorigenesis,
第55回日本病理学会秋期特別総会, 2009年11月.
101. 日野出 大輔, 中江 弘美, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」—地域福祉体験学習の取り組みと教育効果—,
第28回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2009年11月.
102. 銭 志栄, 棚橋 俊仁, 吉本 勝彦, 山田 正三, 勝浦 桜子, 六反 一仁, 佐野 壽昭 :
MicroRNA expression abnormalities in pituitary adenomas are associated with distinctive pathologic features and may contribute to tumorigenesis,
第13回日本内分泌病理学会学術総会, 2009年10月.
103. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 吉本 勝彦 :
脂肪細胞におけるD-dopachrome tautomeraseの機能解析,
第30回日本肥満学会, 2009年10月.
104. 岩田 武男, 石丸 直澄, 林 良夫, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
脂肪組織におけるYKL-40の役割,
第51回歯科基礎医学会学術大会, 2009年9月.
105. Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
Liver X receptorアゴニストによる消化管ホルモン発現調節,
第51回歯科基礎医学会学術大会, 2009年9月.
106. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseの抗肥満作用解析,
第28回分子病理研究会, 2009年7月.
107. 水澤 典子, 岩田 武男, Shima Nazatul Wan, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニスト T0901317によるプログルカゴン遺伝子発現への影響,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
108. 畠山 節子, 堤 玲子, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 安本 茂, 武田 泰典 :
hTERTおよびcdk4遺伝子導入による不死化歯原性上皮細胞の樹立,
日本組織培養学会第82回大会, 2009年5月.
109. 王 路, 銭 志栄, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 :
Overexpression of HMGA1 correlates with tumor invasiveness and proliferation in pituitary adenomas,
第98回日本病理学会年総会, 2009年5月.
110. 銭 志栄, 王 路, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 :
Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER-2 in Human Pituitary Adenomas,
第98回日本病理学会年総会, 2009年5月.
111. 吉本 勝彦 :
メインシンポジウム3 下垂体腺腫:最近の展開 2. 家族性成長ホルモン産生腺腫,
第82回日本内分泌学会学術総会, 2009年4月.
112. 銭 志栄, 王 路, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, Radia Sultana, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 :
Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER- 2 in human pituitary adenomas.,
第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2009年2月.
113. 王 路, 銭 志栄, Mustafizur Md. Rahman, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 佐野 壽昭 :
Increased expression of HMGA1 correlates with tumor invasiveness and proliferation in human pituitary adenomas.,
第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2009年2月.
114. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas.,
第238回 徳島医学会学術集会, 2009年2月.
115. 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 星野 由美, 松本 尚子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育 -初年次教育における達成課題-,
平成20年度 全学FD 徳島大学教育カンファレンス, 2009年1月.
116. 岩田 武男, 水澤 典子, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
YKL-40とMMP-1は脂肪組織のリモデリングに関与する,
第29回日本肥満学会, 2008年10月.
117. 小野 信二, Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
インクレチン発現におけるLXR合成アゴニストの影響,
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
118. 安永 佳世, 水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 :
isletasinの機能解析,
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
119. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas.,
第237回 徳島医学会学術集会, 2008年8月.
120. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニストによるインクレチン発現への影響,,
第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
121. Feng Yun Yuan, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 :
The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis.,
第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
122. 吉本 勝彦, Golam Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 内野 眞也, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 松野 彰, 西岡 宏, 田村 哲郎 :
家族性副甲状腺機能亢進症家系および家族性下垂体腺腫家系におけるp27Kip1遺伝子解析,
第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
123. 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
マクロファージ培養上清が脂肪前駆細胞株SGBSのMMP発現に与える影響,
第28回日本肥満学会, 2007年10月.
124. Yuan Feng Yun, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治 :
The pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) may be a novel tumor suppressor gene in pituitary tumorigenesis.,
第11回日本内分泌病理学会学術総会, 2007年10月.
125. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 山田 正三, Yuan Feng Yun, 吉本 勝彦, 工藤 英治 :
Reduced expression of the let-7 microRNAs in human pituitary adenomas in association with pituitary tumorigenesis through regulating HMGA2.,
第11回日本内分泌病理学会学術総会, 2007年10月.
126. 吉田 将紀, 原田 永勝, 原 小百合, 尹 雲潔, 吉本 勝彦, 中屋 豊 :
新規グリセロール-3-リン酸アシルトランスフェラーゼ(xGPAT1)の遺伝子クローニング,
第28回日本肥満学会, 2007年10月.
127. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第32回日本比較内分泌学会大会, 2007年10月.
128. 水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 :
isletasin遺伝子の膵β細胞特異的発現と細胞内局在,
第49回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2007年8月.
129. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Mutation analysis of AIP gene in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas.,
第235回徳島医学会学術集会, 2007年8月.
130. 岩田 武男, 山田 正三, 水澤 典子, Golam Md. Hossain, 西岡 宏, 松野 彰, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
家族性および孤発性 GH産生腺腫におけるAIP遺伝子解析,
第80回日本内分泌学会学術総会, 2007年6月.
131. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
膵β細胞に高発現するisletasin遺伝子の解析,
第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年5月.
132. 関澤 直子, 神山 隆治, 泉山 肇, 土井 賢, 田中 啓之, 明石 巧, 吉本 勝彦, 平田 結喜緒 :
不明熱を契機に発見されたプロラクチノーマに心粘液腫を合併した一例:carney complex?,
第7回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会, 2007年2月.
133. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第10回日本内分泌病理学会学術総会, 2006年11月.
134. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝 :
副甲状腺機能亢進症-顎腫瘍症候群におけるHRPT2変異,
第6回日本内分泌学会四国地方会, 2006年9月.
135. 吉本 勝彦 :
特別講演 メタボリックシンドローム,
第27回日本歯内療法学会学術大会徳島大会, 2006年7月.
136. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析,
第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年5月.
137. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝, 内野 眞也, 野口 志郎, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 藤澤 正人 :
家族性副甲状腺機能亢進症家系および孤発性副甲状腺腺腫症例におけるHRPT2遺伝子変異,,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
138. 銭 志栄, 佐野 壽昭, Asa L Sylvia, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 :
Tumor suppressor genes methylation analysis and DNA methyltransferase inhibitors treatment in HP75 cell.,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
139. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
140. 水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 :
HRPT2遺伝子変異を認めた家族性孤発性副甲状腺機能亢進症(FIHP)の一例,
第16回臨床内分泌代謝UPDATE, 2006年3月.
141. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 :
Promoter methylation and differential expression of estrogen receptor-beta in pituitary adenomas.,
第16回 日本間脳下垂体腫瘍学会, 2006年2月.
142. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 工藤 英治, 廣川 満良 :
Promoter methylation and differential expression of pi-class glutathione S-transferase (GSTP1) in pituitary adenomas.,
第9回日本内分泌病理学会学術総会, 2005年10月.
143. 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用,
第64回日本癌学会学術総会, 2005年9月.
144. 本田 壮一, 新谷 保実, 中川 洋一, 吉本 勝彦 :
地域での糖尿病予防の経験,
第231回徳島医学会学術集会, 2005年8月.
145. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
146. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 廣川 満良 :
Methylation analysis of the cell cycle control genes in human pituitary tumors.,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
147. 佐藤 絢香, 中山 耕之介, 渡邉 昌樹, 犬飼 浩一, 武市 潔, 澤 貴広, 泉田 太郎, 和田 誠基, 吉本 勝彦, 内野 眞也, 板橋 明, 片山 茂裕 :
原発性副甲状腺機能亢進症姉妹例,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
148. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
149. 水澤 典子, 岩田 武男, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
ヒトインスリン遺伝子発現調節におけるGC2-GC1配列の役割,
第48回日本糖尿病年次学術集会, 2005年5月.
150. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良 :
Analysis of DNA methyltransferase 1 (DNMT1) expression in human pituitary tumors,
第15回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2005年2月.
151. 水越 常徳, 佐藤 裕信, 高橋 裕樹, 今井 浩三, 鈴木 やすよ, 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 吉本 勝彦 :
HRPT2遺伝子変異を認めた家族性副甲状腺機能亢進症の一例,
第4回日本内分泌学会北海道地方会, 2004年11月.
152. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 廣川 満良, Asa L Sylvia :
Methylation and expression of the cell cycle control genes in human pituitary tumors,
第8回日本内分泌病理学会総会, 2004年11月.
153. 内野 眞也, 野口 志郎, 山下 弘幸, 渡辺 紳, 小川 尚洋, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 吉本 勝彦 :
MEN1遺伝子変異陰性の家族性副甲状腺機能亢進症におけるHRPT2遺伝子変異,
第37回甲状腺外科研究会, 2004年10月.
154. 井上 紀子, 石川 康子, 中江 良子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
耳下腺小葉間導管におけるAQP5の細胞内移動に及ぼす糖尿病の影響,
第46回基礎歯科学会学術大会・総会, 2004年9月.
155. 松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 岡田 和子, 中屋 豊, 吉本 勝彦 :
頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理,
徳島NST研究会, 2004年6月.
156. 内野 眞也, 首藤 茂, 野口 志郎, 水越 常徳, 吉本 勝彦 :
家族性副甲状腺機能亢進症におけるHRPT2遺伝子変異,
第10回家族性腫瘍研究会学術集会, 2004年6月.
157. 井上 紀子, 石川 康子, 庄野 正行, 吉本 勝彦 :
糖尿病における唾液分泌低下機序,
第28回例会・第23回総会四国歯学会, 2004年6月.
158. 吉本 勝彦 :
ワ-クショップ「多発性内分泌腫瘍症1・2型の基礎と臨床」遺伝性内分泌腫瘍について,
第16回日本内分泌外科学会総会, 2004年5月.
159. 水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異,
第47回日本糖尿病学会年次学術総会, 2004年5月.
160. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, 石塚 明, 堀口 英久, 廣川 満良 :
Aberrant methylation of the CDH13 gene in pituitary adenomas,
第14回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2004年2月.
161. 松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 佐賀 啓子, 国清 紀子, 山田 静恵, 高橋 保子, 岡久 稔也, 吉本 勝彦, 中屋 豊 :
(シンポジウム) NST導入により何がかわったか: NSTによる頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理,
第7回日本病態栄養学会年次学術集会, 2004年1月.
162. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, Ishizuka Akira, 堀口 英久, 廣川 満良 :
Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter methylation in human pituitary adenomas,
第7回日本内分泌病理学会総会, 2003年10月.
163. 水澤 典子, 原田 永勝, 吉本 勝彦 :
膵β細胞特異的に発現するisletasin遺伝子の解析,
第46回日本糖尿病学会年次学術総会, 2003年5月.
164. 藤井 俊充, 泉山 肇, 土肥 賢, 名和田 久礼, 吉本 貴宣, 今井 泰平, 山崎 弘幸, 吉本 勝彦, 平田 結喜緒 :
心房粘液腫による脳塞栓を発症したCarney's complex (CNC)の遺伝子解析,
第76回日本内分泌学会学術総会, 2003年5月.
165. 吉本 勝彦 :
(シンポジウム) 種々のsyndromeに伴う甲状腺疾患 「基礎のoverview」,
第76回日本内分泌学会学術総会, 2003年5月.
166. 山崎 弘幸, 影治 照喜, 永廣 信治, 山田 正三, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
GH 産生下垂体腺腫におけるPRKAR1A遺伝子異常の解析,
第20回日本脳腫瘍学会, 2002年11月.
167. 山崎 弘幸, 影治 照喜, 永廣 信治, 山田 正三, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
GH 産生下垂体腺腫におけるPRKAR1A遺伝子異常の解析,
第6回日本内分泌病理学会総会, 2002年10月.
168. Katsumi Tsuchiya, Tetsuo Sakai, Hideo Matsuo, Akira Nomura, Shunhan Koh, Seishi Mizuno, Rika Yoshie, 吉本 勝彦, Akira Wakizaka :
Differences of the gene expression with different histological types in the growth hormone-releasing pituitary tumors estimated by the DNA chip technology.,
第75回日本生化学会大会, 2002年10月.
169. 隈 晴二, 徐 冰, 吉本 勝彦, 宮内 昭, 廣川 満良, 佐野 壽昭 :
甲状腺乳頭癌cribriform-morular variantにみられたβ-catenin遺伝子(CTNNB1) exon 3のsomatic mutation,
第92回日本病理学会年総会, 2002年10月.
170. 井上 紀子, 石川 康子, 吉本 勝彦 :
耳下腺に局在するbeta-アドレナリン受容体と細胞内情報伝達系のストレプトゾトシン誘発性糖尿病による動態,
第44回基礎歯科医学会学術大会・総会, 2002年10月.
171. 吉本 勝彦 :
(ワークショップ) 内分泌腫瘍の基礎と臨床:最近の知見「内分泌腫瘍の基礎:内分泌機能と腫瘍発生の機序」,
第2回日本内分泌学会四国地方会, 2002年9月.
172. 本田 壮一, 小杉 知里, 山田 正三, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫におけるRB遺伝子変異とメチル化の解析,
第75回日本内分泌学会学術総会, 2002年6月.
173. 吉本 勝彦 :
内分泌腺腫瘍から学ぶ,
四国歯学会第26回例会・第21回総会, 2002年6月.
174. 水澤 典子, 友成 章, 小杉 知里, 小倉 真琴, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
ヒトインスリン遺伝子のグルコ-ス応答性転写調節に及ぼすGG配列の役割,
第45回日本糖尿病学会年次学術総会, 2002年5月.
175. 隈 晴二, Xu Bing, 廣川 満良, 吉本 勝彦, 三木 仁司, 高橋 正倫, 佐野 壽昭 :
Ki-ras gene mutation in spindle epithelial tumor with thymus-like differenriation of the thyroid,
第91回日本病理学会総会, 2002年3月.
176. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 若槻 真吾, 廣川 満良, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第91回日本病理学会総会, 2002年3月.
177. 板倉 光夫, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 工藤 英治, 日野 聡史, 岩花 弘之, 吉本 勝彦 :
痛風・核酸に関する代謝調節の解析,分子生物学から個体レベルの解析に向けて-遺伝子改変動物とゲノム多型解析,
第35回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2002年2月.
178. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
179. 山崎 弘幸, 水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 本田 壮一, 山田 正三, 佐野 壽昭, 影治 照喜, 永廣 信治, 吉本 勝彦 :
GH下垂体腺腫におけるPRKAR1A遺伝子異常の解析,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
180. 本田 壮一, 小杉 知里, 山田 正三, 木村 敏彦, 原田 永勝, 大東 いずみ, 水澤 典子, 山崎 弘幸, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫における網膜芽細胞腫 (RB)遺伝子異常の解析,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
181. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第224回徳島医学会学術集会 (平成13年度冬期), 2002年2月.
182. 水澤 典子, 友成 章, 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
インスリン遺伝子のグルコース応答性転写調節に及ぼすCG配列の役割,
第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月.
183. 田中 知里, 内野 眞也, 野口 志郎, 吉本 勝彦 :
MEN1遺伝子の体細胞変異による両アレルの不活化,
第60回日本癌学会総会, 2001年9月.
184. 山崎 弘幸, 中嶌 教夫, 影治 照喜, 永廣 信治, 堀口 英久, 関貫 聖二, 兼松 康久, 吉本 勝彦 :
Glioblastomaの一兄弟例,
第15回中国四国脳腫瘍研究会, 2001年8月.
185. 山崎 誠司, 松村 敏信, 田代 征記, 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 板倉 光夫 :
膵α細胞にTGF-β1を発現させた膵島移植モデルにおける免疫寛容の誘導,
第56日本消化器外科学会, 2001年7月.
186. 吉本 勝彦, 田中 知里, Arnold Andrew :
卵巣癌における異所性PTH産生機構の解析,
第74回日本内分泌学会学術総会, 2001年6月.
187. 大東 いずみ, 長谷川 朋子, 原田 永勝, 田中 知里, 吉本 勝彦 :
DNAマイクロアレイを用いた膵島α細胞およびβ細胞に特異的に発現する遺伝子の検索,
第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年4月.
188. 原田 永勝, 大東 いずみ, 田中 知里, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞における発現プロファイルの解析および新規遺伝子のクローニング,
第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年4月.
189. 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
グルカゴン遺伝子の転写調節に関わる新規蛋白の同定とその解析,
第44回日本糖尿病学会年次学術総会, 2001年4月.
190. 西村 有子, 森谷 眞紀, 片島 るみ, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之, 板倉 光夫 :
家族性若年性高尿酸血症性腎症 (FJHN)の疾患遺伝子の解析,
第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年2月.
191. 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 小関 しおり, 多比良 和誠, 板倉 光夫 :
ラットアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ (ATase) のmRNAを標的とするリボザイムを用いたラット線維芽細胞株の細胞増殖についての検討,
第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年2月.
192. 大東 いずみ, 原田 永勝, 田中 知里, 吉本 勝彦 :
cyclin D1の異常は副甲状腺細胞の増殖とホルモン分泌異常を引き起こす,
第222回徳島医学会学術集会 (平成12年度冬期), 2001年1月.
193. 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 :
痛風のゲノム解析,
第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2001年.
194. 笹原 賢司, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 黒田 𣳾弘, 板倉 光夫 :
新規Regファミリ-遺伝子``INGAPrP''のクロ-ニングと組織特異的発現,
日本糖尿病学会 中国四国地方会38回総会, 2000年10月.
195. 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析,
第15回日本整形外科学会基礎学術集会, 2000年9月.
196. 酒井 紀典, 井形 高明, 加藤 真介, 西良 浩一, 田中 知里, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
SNPsを用いたOPLL疾患感受性遺伝子に関する解析,
第12回徳大脊椎外科カンファレンス, 2000年8月.
197. 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
FGF-8による膵島細胞の肝細胞への分化誘導,
第73回日本内分泌学術総会, 2000年6月.
198. 水澤 典子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 清水 新司, 久保田 美子, 平野 浩子, 板倉 光夫, 堀内 三郎 :
ヒトCAD遺伝子上流調節領域の構造決定と解析,
第66回日本生化学会東北支部会例会, 2000年6月.
199. 伊井 節子, 山本 千恵美, 板倉 光夫, 張 春花, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒトアルド-ス還元酵素発現およびソルビト-ル脱水素酵素欠損マウスにおける糖尿病性蛋白尿の解析,
第43回日本糖尿病学会年次学術総会, 2000年5月.
200. 長谷川 朋子, 吉本 勝彦, 大塚 理司, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 :
膵ランゲルハンス島β細胞およびα細胞におけるHOX遺伝子発現の解析,
第43回日本糖尿病学会年次学術総会, 2000年5月.
201. 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
Reg-1トランスジェニックマウスに認められた糖尿病と腫瘍形成,
第43回日本糖尿病学会年次学術総会, 2000年5月.
202. 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松雄, 望月 由武人, 小林 信介, 花川 一郎, 泉山 仁, 板倉 光夫, 松本 清 :
A germline mutation of the multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN 1) gene in Japanese prolactinoma variant of MEN1.,
第10 回日本間脳下垂体腫瘍学会(宮崎), 2000年2月.
203. 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 片島 るみ, YanHui Ying, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 鎌谷 直之 :
痛風のゲノム解析,
第33回日本・核酸代謝学会総会, 2000年2月.
204. 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松男, 望月 由武人, 小林 信介, 花川 一郎, 神保 洋之, 泉山 仁, 板倉 光夫, 松本 清 :
MEN1遺伝子の変異を検出した家族性プロラクチノ-マの一家系,
第58回日本脳神経外科学会総会(東京), 1999年10月.
205. 西岡 達矢, 山崎 弘実, 近沢 宏明, 細川 貴規, 武田 京子, 公文 義雄, 橋本 浩三, 吉本 勝彦, 田中 知里, 板倉 光夫 :
プロラクチン上昇を伴った原発性副甲状腺機能亢進症におけるMEN1遺伝子の解析,
第80回日本内科学会四国地方会(高知), 1999年6月.
206. 阿部 琢巳, 吉本 勝彦, 谷山 松男, 花川 一郎, 泉山 仁, 富田 基郎, 板倉 光夫, 松本 清 :
MEN1遺伝子の変異を検出した家族性プロラクチノ-マの1家系,
第5回家族性腫瘍研究会学術集会(東京), 1999年6月.
207. 吉本 勝彦 :
(シンポジウム)「家族性腫瘍の診断・治療の現状と将来の問題点」多発性内分泌腫瘍症,
第5回家族性腫瘍研究会学術集会(東京), 1999年6月.
208. 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
グルカゴンプロモ-タ-/インタ-フェロン-γ-トランスジェニックマウス(IFN-γ-Tg)に認められたβ細胞のアポト-シスと膵島リモデリング,
第72回日本内分泌学会学術総会(横浜), 1999年5月.
209. 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 伊井 節子, 吉本 勝彦 :
Strategy of SNPs-based discovery of disease-related genes as the possible targets of drug development,,
第73回日本薬理学会(横浜), 1999年5月.
210. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 菊谷 仁, 板倉 光夫 :
膵ラ島A細胞に発現させた活性型 TGF-β1による糖尿痛発症の抑制機構,
第28回日本免疫学会総会・学術集会(神戸), 1998年12月.
211. 吉本 勝彦, 細川 好孝, 板倉 光夫, Andrew Arnold :
副甲状腺にcyclin D1を過剰発現させたトランスジェニックマウスにおける副甲状腺腺腫,
第57回日本癌学会総会(横浜), 1998年9月.
212. 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, Yang Peng, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
MEN1遺伝子の異常:孤発性下垂体腺腫における解析,
第71回日本内分泌学会学術総会(福岡), 1998年6月.
213. 田中 知里, 吉本 勝彦, 山田 正三, 西岡 宏, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 板倉 光夫 :
MEN1遺伝子の異常:「多発性内分泌腫瘍症I型」,「家族性下垂体腺腫」および「家族性副甲状腺機能亢進症」における解析,
第71回日本内分泌学会学術総会(福岡), 1998年6月.
214. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 菊谷 仁, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 板倉 光夫 :
膵ラ島A細胞に発現させた活性型TGF-β1によるNODマウスにおける糖尿病発症の抑制効果,
第27回日本免疫学会総会・学術集会(札幌), 1997年10月.
215. 山岡 孝, 出原 千代子, 近藤 麻木, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
Amidophosphoribosyltransferase(ATase)の細胞密度依存的発現を司るプロモーター領域の同定,
第70回日本生化学会(金沢), 1997年9月.
216. 水澤 典子, 藤村 美和, 岩花 弘之, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 堀内 三郎, 板倉 光夫 :
ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析,
第70回日本生化学会(金沢), 1997年9月.
217. 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦 :
(シンポジウム) 糖尿病の分子機構-多面的アプローチ,Animal Models of Gene Therapy of Diabetes,
第70回日本生化学会(金沢), 1997年9月.
218. 山岡 孝, 松下 隆哉, 出原 干代子, 山田 健人, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
アクチビンのドミナントネガテイブ(優性阻害)受容体を膵β細胞で発現するトランスジェニックマウス(dnActRⅡ-Tg)に認められた膵島形成不全,
第70回日本内分泌学会学術総会(東京), 1997年6月.
219. 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 山田 正三, 板倉 光夫 :
下垂体腺腫における第12番染色体のallelic imbalanceとp27KIP1遺伝子異常の解析,
第70回日本内分泌学会学術総会(東京), 1997年6月.
220. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 宮崎 純一, 板倉 光夫 :
膵ラ島A細胞に活性型TGF-β1を発現させたNODトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の抑制効果,
第40回日本糖尿病学会年次学術集会(東京), 1997年5月.
221. 山岡 孝, 松下 隆哉, 出原 千代子, 山田 健人, 吉本 勝彦, 秦 順一, 板倉 光夫 :
アクチビンのドミナントネガティブ(優性阻害)受容体を膵β細胞で発現するトランスジェニックマウス(dnActRⅡ-Tg)に認められた膵島形成不全,
第40回日本糖尿病学会年次学術集会(東京), 1997年5月.
222. 岩花 弘之, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 菊谷 仁 :
(ワークショップ) 膵島β細胞障害のメカニズムとその予防,5. IL-10遺伝子を導入したNODマウスの膵ラ島特異的Th1リンパ球の養子移入によるNODマウスのⅠ型糖尿病発症抑制,
第40回日本糖尿病学会年次学術集会(東京), 1997年5月.
223. 藤村 美和, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1997年3月.
224. 近藤 麻木, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
プリン体のde novo生合成経路とサルべージ経路:両経路の相互調節機構と細胞増殖に対する寄与,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1997年3月.
225. 岩花 弘之, 藤村 美和, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 石塚 俊治, 喜多 和子, 富永 眞一, 橘 正道, 板倉 光夫 :
ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素39kDa結合蛋白質(PAP39)遺伝子のP1プラスミドとPCRを用いたゲノム構造の解析,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1997年3月.
226. 岩花 弘之, 片島 るみ, 井上 明子, 藤村 美和, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 富永 眞一, 板倉 光夫 :
産生過剰型痛風患者におけるアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の多色蛍光PCR-SSCPを用いた遺伝子解析,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会, 1997年3月.
227. 片島 るみ, 岩花 弘之, 藤村 美和, 山崎 篤子, 石塚 俊治, 喜多 和子, 橘 正道, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素の41kDa結合蛋白質のcDNAクローニング,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1997年3月.
228. 出原 千代子, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
amidophosphoribosyltransferase(ATase)の細胞密度依存的発現を司るプロモーター領域の同定,
第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1997年3月.
229. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 :
IL-10導入膵ラ島特異Th1細胞の養子移入によるIFN-γ抑制を介するⅠ型糖尿病の遺伝子治療の動物モデル,
第26回日本免疫学会総会・学術集会(横浜), 1996年11月.
230. 板東 浩, 齋藤 史郎, 島 健二, 板倉 光夫, 桒島 正道, 齋藤 憲, 齋藤 晴比古, 小松 まち子, 長瀬 教夫, 亀山 和人, 西村 典三, 中西 嘉巳, 山野 利尚, 山崎 正行, 滝下 佳寛, 米田 和夫, 小原 卓爾, 野間 善彦, 吉本 勝彦, 矢木 文和, 吉田 健三, 増田 和彦, 折野 和人, 市川 和佳, 中矢 修一郎 :
徳島県における糖尿病患者の現状,
日本糖尿病学会中国四国地方会第34回総会(宇部), 1996年10月.
231. 山田 正三, 吉本 勝彦, 高田 浩次, 板倉 光夫, 臼井 雅昭 :
下垂体腺腫の遺伝子異常:マイクロサテライト解析によるヘテロ接合性の消失の検討,
第55回日本脳神経外科学会総会(富山), 1996年10月.
232. 岩花 弘之, 藤村 美和, 安田 后希, 伊井 節子, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 石塚 俊治, 喜多 和子, 橘 正道, 板倉 光夫 :
ヒト・ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)合成酵素の39kDa結合蛋白質(PAP39)遺伝子のゲノム構造の解析,
第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), 1996年8月.
233. 山岡 孝, 近藤 麻木, 伊井 節子, 近藤 麻木, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
遺伝子欠損株と導入株を用いた細胞増殖に対するプリン体de novo生合成経路の律速性,
第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), 1996年8月.
234. 藤村 美和, 岩花 弘之, 伊井 節子, 近藤 麻木, 森谷 眞紀, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒトCAD cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング,
第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会(札幌), 1996年8月.
235. 吉本 勝彦 :
(ミニシンポジウム) Ⅲ. 分子生物学の進歩と医療現場の変貌,1.医学に応用できる分子生物学的手法,
第213回徳島医学会(平成8年度夏期総会), 1996年7月.
236. 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
下垂体腺腫におけるp16/CDKN2遺伝子異常の解析,
第69回日本内分泌学会学術総会(大阪), 1996年7月.
237. 吉本 勝彦, 木村 建彦 :
シンポジウムⅢ,MEN1型の臨床像および遺伝子異常,
第69回日本内分泌学会学術総会(大阪), 1996年7月.
238. 笹原 賢司, 東 きよう, 大塚 理司, 田中 正喜, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
Random sequencingにより培養マウス膵ラ島B細胞より得た新規cDNA cloneの全塩基配列と臓器特異的発現,
第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), 1996年5月.
239. 友成 章, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 宮崎 純一, 板倉 光夫 :
GGAAATモチーフ(GG1とGG2)によるヒトインスリン遺伝子(INS)の転写調節,
第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), 1996年5月.
240. 伊井 節子, 田島 織絵, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒトアルドース還元酵素(hAR)を発現するトランスジェニックマウス(hAR-Tg)の糖尿病性蛋白尿と腎組織におけるRedox,
第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), 1996年5月.
241. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 菊谷 仁, 宮崎 純一, 板倉 光夫 :
NOD/scidマウスを用いる膵ラ島B細胞の破壊機序を検討する動物モデルの開発,
第39回日本糖尿病学会年次学術集会(福岡), 1996年5月.
242. 浅原 貴志, 三村 康男, 伊井 節子, 東 きよう, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
S化オリゴデオキシヌクレオチドのマウス硝子体内投与後の網膜組織への移行および安定性,
第100回日本眼科学会総会(京都), 1996年5月.
243. 藤村 美和, 岩花 弘之, 高橋 陽子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ヒトCAD cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング,
第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), 1996年2月.
244. 近藤 麻木, 山岡 孝, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
プリン体de novo生合成経路とサルベージ経路:両経路のkey enzymeとその細胞増殖に対する寄与,
第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), 1996年2月.
245. 高橋 陽子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
PCR法によるヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析,
第29回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(大阪), 1996年2月.
246. 関貫 聖二, 浜崎 房光, 松本 圭三, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 板東 浩 :
下垂体腺腫の増大・再発に影響を及ぼす諸因子の検討,
第6回間脳下垂体腫瘍研究会(東京), 1996年2月.
247. 高田 浩次, 山田 正三, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 臼井 雅昭, 寺本 明 :
(シンポジウム)下垂体腫瘍の分子生物学:Acrogigantismを呈した兄弟例の遺伝子解析,
第6回間脳下垂体腫瘍研究会(東京), 1996年2月.
248. 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, 大倉 敏裕, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
(シンポジウム)下垂体腺腫におけるP16/CDKN2遺伝子変異の解析,
第6回間脳下垂体腫瘍研究会(東京), 1996年2月.
249. 岩花 弘之, 藤村 美和, 高橋 陽子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
内部標識による蛍光PCR-SSCP法を用いた遺伝子解析,
第16回日本分子生物学会年会(名古屋), 1995年12月.
250. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 :
IL-10を発現する膵ラ島B細胞特異的Th1細胞の幼若NODマウスヘの養子移入による糖尿病発症の抑制,
第25回日本免疫学会総会・学術集会(福岡), 1995年11月.
251. 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 大倉 敏裕, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
下垂体腺腫におけるRET遺伝子の変異,
第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), 1995年10月.
252. 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
副腎褐色細胞腫におけるRET遺伝子コドン768の変異,
第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), 1995年10月.
253. 吉本 勝彦, 田中 知里, 木村 建彦, 本田 壮一, 岩花 弘之, 山田 正三, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
孤発性下垂体腺腫におけるマイクロサテライト解析による第11染色体のヘテロ接合性消失の検討,
第68回日本内分泌学会秋期学術大会(山梨), 1995年10月.
254. 岩花 弘之, 片島 るみ, 山岡 孝, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼに対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について,
第54回日本癌学会総会(京都), 1995年10月.
255. 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 宮内 昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
副甲状腺におけるRET遺伝子の変異,
第54回日本癌学会総会(京都), 1995年10月.
256. 山岡 孝, 本田 壮一, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の細胞周期および細胞密度依存性の発現調節,
第68回日本生化学会大会(仙台), 1995年9月.
257. 高橋 陽子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
YACライブラリーを用いたPCR法によるヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析,
第68回日本生化学会大会(仙台), 1995年9月.
258. 吉本 勝彦, 木村 建彦, 新谷 保実, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
多発性内分泌腫瘍症(MEN)における耐糖能異常,
第27回日本内科学会四国地方会(高知), 1995年6月.
259. 木村 建彦, 吉本 勝彦, 田中 知里, 濱口 幸子, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 宮内 昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
副甲状腺腫瘍におけるRET遺伝子の変異,
第68回日本内分泌学会学術総会(東京), 1995年6月.
260. 吉本 勝彦 :
(シンポジウム)「甲状腺細胞制御系とその異常」, 甲状腺髄様癌におけるRET遺伝子の変異,
第68回日本内分泌学会学術総会(東京), 1995年6月.
261. 吉本 勝彦 :
地方自治体における糖尿病教育-徳島市における実施状況-,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
262. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 :
(ワークショップ) 8. 糖尿病-個体レベルの分子生物学的アプローチIL-10遺伝子を導入したリンパ球を用いるI型糖尿病の体細胞遺伝子治療への取り組み,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
263. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 菊谷 仁, 板倉 光夫 :
IL-10を発現する膵ラ島B細胞特異的T細胞の幼若NODマウスヘの養子移入による糖尿病発症の抑制効果,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
264. 濱口 幸子, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 岩花 弘之, 林 良夫, 板倉 光夫 :
IFN-γを膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞で発現するトランスジェニックマウス(IFN-γ Tg)における耐糖能異常の出現,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
265. 友成 章, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
ヒトインスリン遺伝子(INS)のグルコース(Glc)応答性の転写調節に関与するDNAエレメントの検討,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
266. 伊井 節子, 大田 美香, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
ヒトアルドース還元酵素(hAR)を発現するトランスジェニックマウス(hAR-Tg)の糖尿病状態におけるポリオール代謝,
第38回日本糖尿病学会年次学術集会(大宮), 1995年5月.
267. 堀江 千昌, 堀江 貴浩, 安田 貢, 柴 昌子, 横井 孝文, 大黒 隆司, 西角 智子, 鎌村 真子, 松永 裕子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
肝癌組織におけるC型肝炎ウイルス(HCV)ゲノムの高変異性,
第92回日本内科学会総会講演会(名古屋), 1995年4月.
268. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
糖尿病の体細胞遺伝子治療におけるHerpes Simplex Virus-thymidine kinase(HSV-tk)遺伝子を用いた安全装置の開発,
第92回日本内科学会総会講演会(名古屋), 1995年4月.
269. 高橋 陽子, 岩花 弘之, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析,
第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1995年2月.
270. 岩花 弘之, 高橋 陽子, 東 きよう, 片島 るみ, 辻澤 利行, 本田 壮一, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のゲノム構造の解析,
第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1995年2月.
271. 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)に対するアンチセンスオリゴデオキシヌクレオチドの細胞増殖抑制効果について,
第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1995年2月.
272. 山岡 孝, 本田 壮一, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)の細胞周期および細胞密度依存性の発現調節,
第28回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), 1995年2月.
273. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
バイオテクノロジーセミナー「最新技術の分子生物学への応用」,MF-PCR-SSCPによる遺伝子変異の解析,
第17回日本分子生物学会年会 (神戸), 1994年12月.
274. 岩花 弘之, 東 きよう, 高橋 陽子, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
MF-PCR-SSCP:多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いた解析,
第17回日本分子生物学会年会(神戸), 1994年12月.
275. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
膵ランゲルハンス島(膵島)A細胞に発現させたIL-10による膵島炎促進の系統依存性,
第24回日本免疫学会総会・学術集会(京都), 1994年11月.
276. 濱口 幸子, 吉本 勝彦, 小海 康夫, 佐野 壽昭, 岩花 弘之, 林 良夫, 板倉 光夫 :
IFNγを膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞で発現するトランスジェニックマウス(IFNγTg)における耐糖能異常の出現,
第67回日本内分泌学会秋期学術大会(広島), 1994年11月.
277. 田中 知里, 吉本 勝彦, 木村 建彦, 岩花 弘之, 宮内 昭, 板倉 光夫 :
多発性内分泌腫瘍症2B型と孤発性の褐色細胞腫におけるRET遺伝子チロシンキナーゼ部位の変異,
第67回日本内分泌学会秋期学術大会(広島), 1994年11月.
278. 閔 洪中, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 北浦 敬介, 長根 芳文, 泉 啓介 :
ニトロサミンによるラット肝・腎腫瘍のp53遺伝子の変異,
第53回日本癌学会総会(名古屋), 1994年10月.
279. 田中 正喜, 濱口 幸子, 東 きよう, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
Random sequencingによる大腸癌細胞株(colo205)の遺伝子解析,
第53回日本癌学会総会(名古屋), 1994年10月.
280. 吉本 勝彦, 村上 理衣, 森谷 眞紀, 大田 美香, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
糖尿病の体細胞遺伝子治療におけるHerpes Simplex Virus thymidine kinase(HSV-tk)遺伝子を用いた安全装置の開発,
第32回日本糖尿病学会中国四国地方会(出雲), 1994年10月.
281. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
テクニカルセミナー「生化学分析における自動化システムの最新技術」,多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析,
第67回日本生化学会大会 (大阪), 1994年9月.
282. 本田 壮一, 岩花 弘之, 辻澤 利行, 安井 理恵, 森谷 眞紀, 山岡 孝, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)遺伝子のゲノム構造と細胞周期依存性発現,
第67回日本生化学会大会(大阪), 1994年9月.
283. 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 :
ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング,
第67回日本生化学会大会(大阪), 1994年9月.
284. 吉本 勝彦 :
(シンポジウム)「癌とホルモン」,内分泌腺の腫瘍化に関する遺伝子異常,
第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), 1994年6月.
285. 友成 章, 吉本 勝彦, 田中 正喜, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
MIN6におけるヒトインスリン遺伝子(INS) のグルコース(Glc)応答性の転写調節,
第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), 1994年6月.
286. 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
膵ランゲルハンス島A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックNODマウスにおける糖尿病発症の促進,
第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), 1994年6月.
287. 板倉 光夫, 大田 美香, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 高橋 幸男, 田野 保雄 :
(サテライトシンボジウム)ヒトアルドース還元酵素(AR)を発現するトランスジェニックマウス(AR-Tg)における糖尿病性合併症の解析,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
288. 大田 美香, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 高橋 幸男, 田野 保雄 :
ヒトアルドース還元酵素(AR)を発現するトランスジェニックマウス(AR-Tg)における糖尿病性合併症の解析,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
289. 友成 章, 吉本 勝彦, 田中 正喜, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
成長ホルモン(GH)の発現系を用いたヒトインスリン遺伝子の転写調節の検討,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
290. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
インスリノーマにおける遺伝子異常の解析,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
291. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
(膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の促進,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
292. 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭 :
(ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス,
第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), 1994年5月.
293. 本田 壮一, 岩花 弘之, 辻澤 利行, 安井 理恵, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)mRNAの細胞周期依存性の発現とその調節,
第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), 1994年2月.
294. 辻澤 利行, 岩花 弘之, 安井 理恵, 本田 壮一, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase, EC 2.4.2.14)ゲノムDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング,
第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), 1994年2月.
295. 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 :
ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング,
第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), 1994年2月.
296. 柴田 泰伸, 若槻 真紀, 加部 一行, 赤池 雅史, 新谷 保実, 齋藤 史郎, 吉本 勝彦, 川人 智久, 筑後 文雄, 堀 隆樹, 北川 哲也 :
僧帽弁に粘液腫様変性が認められた先端巨大症合併MEN 1型の1例,
第208回徳島医学会(平成5年度冬期総会), 1994年1月.
297. 安井 理恵, 岩花 弘之, 伊井 節子, 辻澤 利行, 本田 壮一, 田中 正喜, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング,
第208回徳島医学会(平成5年度冬期総会), 1994年1月.
298. 田中 正喜, 片島 るみ, 水澤 典子, 村上 大輔, 大塚 理司, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
Random sequencingによるマウス膵ランゲルハンス島B細胞(膵B細胞)の発現遺伝子群の解析,
第16回日本分子生物学会年会(千葉), 1993年12月.
299. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 水澤 典子, 工藤 英治, 板倉 光夫 :
多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析,
第16回日本分子生物学会年会(千葉), 1993年12月.
300. 古味 勝美, 堺 恵理子, 美馬 ミヨコ, 石原 節子, 桜木 照恵, 佐古 多賀子, 井村 由美子, 小笠 恵子, 吉本 勝彦 :
徳島市における糖尿病講座の実施状況,
第31回日本糖尿病学会中国四国地方会(松山), 1993年11月.
301. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 村上 理衣, 濱口 幸子, 板倉 光夫, 久保 克之, 板東 浩 :
インスリノーマにおける遺伝子異常の解析,
第31回日本糖尿病学会中国四国地方会(松山), 1993年11月.
302. 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞からIL-10を分泌するNODトランスジェニックマウス(Tg)における膵ラ島B細胞の自己免疫性破壊の促進,
第23回日本免疫学会総会・学術集会(仙台), 1993年11月.
303. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 :
マイクロサテライト解析による多発性内分泌腫瘍症1型(MEN I型)腫瘍における第11染色体欠失の検出,
第66回日本内分泌学会秋期学術大会(青森), 1993年10月.
304. 閔 洪中, 泉 啓介, 工藤 英治, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
LECラットの自然発生およびニトロサミン誘発肝腫瘍におけるp53およびras遺伝子の解析,
第52回日本癌学会総会(仙台), 1993年10月.
305. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
マイクロサテライト解析による多発性内分泌腫瘍症1型腫瘍でのヘテロ接合性消失の検出,
第52回日本癌学会総会(仙台), 1993年10月.
306. 新谷 保実, 吉本 勝彦, 金崎 淑子, 赤池 雅史, 堀江 秀茂, 細井 恵美子, 横越 浩, 板東 浩, 山崎 柳一, 依田 啓司, 松本 圭蔵, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎 :
MEN I型のGHRH産生膵腫瘍に見い出されたGH分泌下垂体腫瘍,
第66回日本内分泌学会学術総会(金沢), 1993年6月.
307. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫, 佐野 壽昭, 久保 克之, 齋藤 史郎, 露口 勝 :
多発性内分泌腫瘍症2B型(MEN2B)の本邦における実態調査と腫瘍における遺伝子異常の解析,
第66回日本内分泌学会学術総会(金沢), 1993年6月.
308. 村上 理衣, 吉本 勝彦, 大田 美香, 岩花 弘之, 中内 啓光, 板倉 光夫 :
糖尿病の体細胞遺伝子治療法における分子生物学的安全装置の開発,
第36回日本糖尿病学会年次学術集会(仙台), 1993年5月.
309. 岩花 弘之, 山岡 孝, 水谷 正一, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)酵素蛋白のアミノ酸配列とmRNAの組織別発現,
第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), 1993年2月.
310. 岩花 弘之, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング,
第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), 1993年2月.
311. 水澤 典子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング,
第64回日本生化学会大会(福岡), 1992年10月.
312. 福田 あゆみ, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 佐野 壽昭, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
内分泌腫瘍におけるrasおよびp53遺伝子異常の同定,
第65回日本内分泌学会総会(徳島), 1992年6月.
313. 友成 章, 宇野 由佳, 重清 俊雄, 齋藤 史郎, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
先天性Antithrombin(AT)III欠乏症I型2家系におけるATIII遺伝子のLeu140およびArg197からstop codonへの新しい点突然変異,
第54回日本血液学会総会(東京), 1992年4月.
314. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 重清 俊雄, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
プロトロンビン異常症と低下症のダブルヘテロ接合体のPCR-SSCP法による遺伝子解析,
第89回日本内科講演会(東京), 1992年4月.
315. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 重清 俊雄, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
プロトロンビン異常症とプロトロンビン低下症のダブルヘテロ接合体のPCR-SSCP法による遺伝子解析,
第34回日本先天性代謝異常学会(東京), 1991年11月.
316. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
内分泌腺腫瘍におけるras, Gsα, p53遺伝子の解析,
第64回日本内分泌学会秋期学術大会(前橋), 1991年11月.
317. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 久保 克之, 露口 勝, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
甲状腺腫瘍におけるras, gsp, gip2, p53遺伝子の解析,
第50回日本癌学会総会(東京), 1991年9月.
318. 張 辰宇, 吉本 勝彦, 横越 浩, 高田 幸伸, 板東 浩, 齋藤 史郎 :
ヒトACTH産生培養細胞(COR-L103)におけるACTHの分泌動態と各種刺激因子に対する反応,
第64回日本内分泌学会学術総会(東京), 1991年6月.
319. 吉本 勝彦, 久保 克之, 板倉 光夫, 岩花 弘之, 露口 勝, 齋藤 史郎, 板倉 光夫 :
PCR-SSCP法による甲状腺腫瘍におけるras遺伝子の解析,
第64回日本内分泌学会学術総会(東京), 1991年6月.
320. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫, 重清 俊雄, 齋藤 史郎, 白神 あきら :
プロトロンビン・トクシマのPCR-SSCP法による遺伝子解析,
第88回日本内科学会総会(京都), 1991年4月.
321. 長宅 芳男, 橋本 浩三, 平沢 龍登, 鈴木 信也, 太田 善介, 大橋 輝久, 大枝 忠史, 大森 弘之, 小松原 正吉, 村上 正和, 吉本 勝彦, 脇谷 勇夫, 三宅 淳史 :
MEN 2A (Sipple症候群)の一例,
第63回日本内分泌学会秋期学術大会(岐阜), 1990年11月.
322. 横井 健治, 吉本 勝彦, 鈴木 まどか, 板東 浩, 山崎 柳一, 齋藤 史郎, 佐野 壽昭 :
家族性多発性内分泌腫瘍症I型の一家系二症例,
第63回日本内分泌学会秋期学術大会(岐阜), 1990年11月.
323. 久保 克之, 吉本 勝彦, 横越 浩, 齋藤 史郎, 露口 勝 :
甲状腺腫瘍における対立遺伝子の欠失,
第63回日本内分泌学会秋期学術大会(岐阜), 1990年11月.
324. 吉本 勝彦, 坂本 幸裕, 横井 健治, 久保 克之, 板東 浩, 山崎 柳一, 齋藤 史郎 :
ソマトスタチン・アナログによりカルシトニン分泌抑制のみられた多発性内分泌腺腫瘍症(MEN)2B型の一例,
第63回日本内分泌学会秋期学術大会(岐阜), 1990年11月.
325. 河野 宗夫, 大下 和司, 三木 仁司, 井上 洋行, 福井 康雄, 笹 三徳, 門田 康正, 吉本 勝彦, 佐野 壽昭 :
上皮小体機能亢進症の手術を行ったMEN type1の1家系 (母,娘),
第23回甲状腺外科検討会(前橋), 1990年9月.
326. 久保 克之, 横越 浩, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 露口 勝 :
甲状腺腫瘍における遺伝子異常の解析,
第49回日本癌学会総会(東京), 1990年7月.
327. 坂本 幸裕, 吉本 勝彦, 横井 健治, 久保 克之, 板東 浩, 山崎 柳一, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腺腫瘍症(MEN)2B型の一症例,
第62回日本内科学会四国地方会(徳島), 1990年6月.
328. 久保 克之, 横越 浩, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 露口 勝 :
甲状腺腫瘍における遺伝子異常,
第63回日本内分泌学会学術総会, 1990年5月.
329. 吉本 勝彦 :
(シンポジウム) 多発性内分泌腺腫瘍症(MEN)の基礎と臨床 1. MEN I型の臨床,
第63回日本内分泌学会学術総会, 1990年5月.
330. 宇野 由佳, 重清 俊雄, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 猪本 享司 :
先天性plasminogen欠乏症の1家系におけるplasminogenの性状と遺伝子異常に関する検討,
第52回日本血液学会総会(東京), 1990年3月.
331. 吉本 勝彦 :
(ミニシンポジウム)トピックス1 多発性内分泌腺腫瘍症I型における遺伝子異常,
第200回徳島医学会(平成元年度冬期総会), 1990年1月.
332. 大幸 貴美子, 吉本 勝彦, 川井 尚臣, 淡河 洋一, 横田 武彦, 齋藤 史郎 :
血液透析中の患者にみられた筋萎縮性側索硬化症,
第47回日本神経学会中国四国地方会(岡山), 1989年12月.
333. 岩花 弘之, 折田 正人, 林 健志, 金沢 浩, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 関谷 剛男 :
HRAS1遺伝子の新しい繰り返し配列多型,
第47回日本癌学会総会(名古屋), 1989年10月.
334. 井出 真, 板東 浩, 横越 浩, 西田 善彦, 山崎 柳一, 齋藤 史郎, 片上 秀喜, 吉本 勝彦 :
肺転移を伴った卵巣類内膜癌によるHumoral Hypercalcemia of Malignancy (HHM) の一例,
第199回徳島医学会 (平成2年度夏期総会), 1989年7月.
335. 横越 浩, 久保 克之, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
褐色細胞腫における腫瘍化機構,
第62回日本内分泌学会学術総会 (東京), 1989年6月.
336. 久保 克之, 高田 幸伸, 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 住友 正幸, 桧沢 一夫, 中村 由利子, 右見 正夫, 齋藤 史郎 :
異所性ACTH症候群の一剖検例 -POMC遺伝子の解析-,
第60回日本内科学会四国地方会 (高松), 1989年5月.
337. 堀内 宣昭, 岡川 和人, 吉本 勝彦, 小阪 昌明, 齋藤 史郎 :
MDS症例におけるJH, Tcbeta, c-fms遺伝子による腫瘍細胞クロ-ンの解析,
第51回日本血液学会総会(前橋), 1989年4月.
338. 横越 浩, 久保 克之, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
褐色細胞腫における第11番染色体の対立遺伝子のヘテロ接合性の消失,
第86回日本内科学会講演会(京都), 1989年4月.
339. 重清 俊雄, 宇野 由佳, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 藤野 修, 斎藤 誠一郎 :
DNAプロ-ブを用いて保因者診断を行った血友病Aの潜在保因者の1例,
第198回徳島医学会(平成2年度冬期総会), 1989年1月.
340. 溝渕 樹, 小島 章裕, 近藤 由子, 西田 善彦, 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 齋藤 史郎, 三橋 信次 :
部分的尿崩症と考えられる2例,
第198回徳島医学会(平成2年度冬期総会), 1989年1月.
341. 尾崎 修治, 中尾 克之, 堀内 宣昭, 宮本 貴由, 高木 美穂, 吉本 勝彦, 岡川 和人, 小阪 昌明, 齋藤 史郎 :
RA様症状と高gamma-グロブリン血症を合併し,抗核抗体陽性であったT8-CLL症例の末梢血リンパ球性状の検討,
第30回日本臨床血液学会 (岡山), 1988年11月.
342. 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 横越 浩, 山崎 柳一, 坂井 秀樹, 手束 卯一郎, 岡川 和人, 高橋 正倫, 齋藤 史郎 :
異所性PTH産生により高Ca血症をきたしたと考えられる肺癌の1例,
第61回日本内分泌学会秋期学術大会(大阪), 1988年11月.
343. 久保 克之, 吉本 勝彦, 山崎 柳一, 住友 正幸, 桧沢 一夫, 中村 由利子, 右見 正夫, 齋藤 史郎 :
糖尿病を合併した異所性ACTH症候群の一剖検例,
第26回日本糖尿病学会中国四国地方会(広島), 1988年10月.
344. 岩花 弘之, 折田 正人, 金沢 浩, 林 健志, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 関谷 剛男 :
一本鎖DNAの電気泳動における移動度の差を利用したDNA多型の検出,
第46回日本癌学会総会(東京), 1988年9月.
345. 横越 浩, 吉本 勝彦, 関谷 剛男, 齋藤 史郎 :
褐色細胞腫における遺伝子異常の分析,
第46回日本癌学会総会(東京), 1988年9月.
346. 宇野 由佳, 重清 俊雄, 吉本 勝彦, 小阪 昌明, 齋藤 史郎, 仁木 俊介 :
抗けいれん剤を約20年間服用中にサルコイド-シスを発症した一例,
第197回徳島医学会(平成元年度夏期総会), 1988年7月.
347. 吉本 勝彦, 横越 浩, 山崎 柳一, 齋藤 史郎 :
多発性内分泌腫瘍症(MEN)に発生した腫瘍における遺伝子異常について,
第85回日本内科学会講演会(仙台), 1988年3月.
348. 松本 直也, 吉本 勝彦, 岡川 和人, 小阪 昌明, 川井 尚臣, 齋藤 史郎 :
Vindesineにより紅皮症を来したと思われるHodgkin病の一例,
第196回徳島医学会(昭和63年度冬期総会), 1988年1月.
349. 高木 美穂, 西田 善彦, 山崎 柳一, 吉本 勝彦, 川井 尚臣, 齋藤 史郎 :
痴呆を主症状とした multiple endocrine neoplasia (MEN) type 1の一例,
第196回徳島医学会(昭和63年度冬期総会), 1988年1月.
350. 吉本 勝彦, 齋藤 史郎, 山崎 柳一, 齋藤 晴比古 :
GHRH産生腫瘍におけるGHRHの性状と遺伝子発現,
厚生省がん研究助成金:腫瘍におけるホルモン産生遺伝子の発現機構と腫瘍細胞の機能分化に関する研究 昭和61年度班会議, 1987年12月.
351. 板東 浩, 山崎 柳一, 山崎 保寛, 吉本 勝彦, 齋藤 史郎 :
LHRHのパルス投与が有効であった視床下部性性腺機能低下症の一例,
第57回日本内科学会中国四国地方会(出雲), 1987年11月.
352. 吉本 勝彦, 飯塚 真由, 岩花 弘之, 山崎 柳一, 齋藤 晴比彦, 齋藤 史郎, 関谷 剛男 :
多発性内分泌腺腫症(MEN) 1型に発生した膵腫瘍での第11番染色体短腕領域での対立遺伝子欠損,
第46回日本癌学会総会(東京), 1987年9月.
353. 飯塚 真由, 吉本 勝彦, 大木 操, 広橋 説雄, 関谷 剛男 :
ヒト肺巨細胞癌Lu65におけるc-myc遺伝子5'上流の二重の遺伝子再編成,
第46回日本癌学会総会(東京), 1987年9月.
354. 吉本 勝彦, 白石 昌彦, 飯塚 真由, 広橋 説雄, 関谷 剛男 :
ヒト肺巨細胞がん細胞(Lu65)におけるc-myc遺伝子の再編成とその発現,
第58回日本遺伝学会・第9回日本分子生物学会合同年会(名古屋), 1986年12月.
355. 吉本 勝彦, 白石 昌彦, 関谷 剛男, 白石 昌彦, 広橋 説雄, 下里 幸雄, 蒲生 忍, 清水 信義 :
ヒト肺巨細胞癌細胞(Lu65)におけるc-myc遺伝子の再編成,
第45回日本癌学会総会(札幌), 1986年12月.
356. 吉本 勝彦, 白石 昌彦, 関谷 剛男, 広橋 説雄, 下里 幸雄, 蒲生 忍, 清水 信義 :
ヒト肺巨細胞癌細胞(Lu65)におけるc-myc遺伝子の再編成,
第45回日本癌学会総会(札幌), 1986年10月.
357. 吉本 勝彦, 広橋 説雄, 関谷 剛男 :
ヒト肺がんにおけるc-myc mRNA増大,
第8回日本分子生物学会年会(東京), 1985年12月.
358. 関谷 剛男, 金沢 浩, 吉本 勝彦, 白石 昌彦, 伏見 昌子 :
ヒトc-Ha-ras-1遺伝子の発現と細胞のがん化,
第58回日本生化学会大会(仙台), 1985年9月.
359. 吉本 勝彦, 井口 敬一, 星島 康男, 齋藤 芳国, 小阪 昌明, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 桑村 康子, 伊井 邦雄 :
自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の経過中に発症したマクログロブリン血症の一剖検例,
第51回日本内科学会中国四国地方会(高松), 1984年11月.
360. 吉本 勝彦, 中村 敏一, 新見 伸吾, 市原 明 :
成熟ラット初代肝細胞におけるG6PDH mRNAのホルモン調節,
第56回日本生化学会大会(福岡), 1983年9月.
361. 吉本 勝彦, 田村 克也, 小松 まち子, 池田 峰子, 三橋 信次, 伊勢 浩, 重清 俊雄, 川内 茂徳, 白神 あきら, 齋藤 史郎, 吉田 全夫 :
血小板減少症を伴った原発性肺高血圧症の一例,
第187回徳島医学会(昭和58年度夏期総会), 1983年7月.
362. 中村 敏一, 吉本 勝彦, 市原 明 :
初代肝培養細胞を用いた細胞間相互作用の生化学的研究,
第35回日本細胞生物学会(福岡), 1982年11月.
363. 中村 敏一, 吉本 勝彦, 冨田 優美子, 市原 明 :
初代肝培養細胞を用いた細胞間相互作用の生化学的研究:肝細胞の細胞密度依存性調節,
第55回日本生化学会大会(豊中), 1982年10月.
364. 吉本 勝彦, 中村 敏一, 市原 明 :
初代肝培養細胞を用いたEGFによるG6PDH誘導と脂質代謝ならびに細胞増殖との関連,
第55回日本生化学会大会(豊中), 1982年10月.
365. 吉本 勝彦, 中村 敏一, 青山 和司, 市原 明 :
ラット肝初代培養細胞を用いたリポタンパク合成の細胞内脂質による調節について,
第54回日本生化学会大会 (仙台), 1981年9月.
366. 吉本 勝彦, 中村 敏一, 市原 明 :
ラット肝初代培養細胞を用いたglucose-6-phosphate脱水素酵素のホルモン調節,
第53回日本生化学会大会(東京), 1980年10月.

その他・研究会:

1. 吉本 勝彦 :
家族性内分泌腫瘍・下垂体腫瘍Update,
徳島県臨床内科医会会報, No.21, 34-37, 2016年11月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109983)
2. 吉本 勝彦 :
下垂体NETのoverview-分子生物学的視点から,
AMED革新的がん医療実用化研究事業 領域1 研究課題名:「希少がんである神経内分泌腫瘍の個別化医療開発に向けたがん抑制遺伝子 PHLDA3 の機能解析」 第1回班会議, 2015年9月.
3. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 85-94, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109821)
4. 永尾 寛, 木村 智子, 泰江 章博, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学歯学部歯学科の臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 79-84, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109820)
5. 吉本 勝彦 :
Multiple Endocrine Neoplasia (MEN) 2型の保因者診断,
平成7年度癌克服10ケ年研究事業 分野6 「新しい治療法の開発」指定研究 「難治がん治療のための新技術開発」研究班, Multiple Endocrine Neoplasia (MEN) 2型の保因者診断と予防的外科手術に関する検討会, 1996年3月.

報告書:

1. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 井下 尚子 :
頭蓋咽頭腫の各タイプにおける遺伝子異常,
成長科学協会研究年報, No.40, 163-166, 2017年9月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114139)
2. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三 :
cAMP-protein kinase Aシグナル異常によるGH細胞腫瘍化機構,
成長科学協会研究年報, No.39, 157-160, 2016年9月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114138)
3. 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫の分子病理学,
Pharma Medica, Vol.34, No.6, 113-115, 2016年6月.
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 西岡 宏, 井下 尚子 :
頭蓋咽頭腫の腫瘍化機構の解析,
成長科学協会研究年報, No.38, 149-152, 2015年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114137)
5. 佐藤 高則, 宮田 政徳, 堤 和博, 福田 利久 スティーブ, 齊藤 隆仁, 古屋 S. 玲, 吉本 勝彦, 三好 德和, 荒木 秀夫 :
全学共通教育センター FDの歴史,
徳島大学FDの歴史, Vol.2, 91-111, 徳島, 2014年12月.
6. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫における14q32.3インプリンティング領域のmiRNA発現増加機構の解析,
成長科学協会研究年報, Vol.37, 177-181, 2014年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114136)
7. 菅 俊行, 野口 直人, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 81-89, 徳島, 2014年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109848)
8. 大石 慶二, 竹内 裕久, 松尾 敬志, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
広島大学歯学部臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 71-79, 2014年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109847)
9. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫および血清におけるmiRNAの解析,
成長科学協会研究年報, No.34, 209-215, 2011年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114135)
10. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫におけるmiRNAの解析,
成長科学協会研究年報, Vol.33, 191-196, 2010年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114134)
11. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫におけるp18INK4C遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.32, 243-247, 2009年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114161)
12. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン(GH)産生腺腫における癌抑制遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.31, 199-202, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114160)
13. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン (GH) 産生腺腫におけるAIP遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.30, 2007年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114159)
14. 吉本 勝彦, Qian Rong Zhi, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン(GH)産生腺腫におけるDNAメチル化異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.29, 279-286, 2006年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114158)
15. 吉本 勝彦, Qian Rong Zhi, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
DNAメチル化による成長ホルモン(GH)産生細胞腫瘍化機構の解析,
成長科学協会研究年報, No.28, 289-295, 2005年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114157)
16. 吉本 勝彦, 佐野 壽昭, 山田 正三, 脇坂 晟 :
形態および機能の異なる2種の成長ホルモン産生腺腫の遺伝子発現プロフィルの解析,
研究年報, No.27, 331-336, 東京, 2004年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114156)
17. 吉本 勝彦, 山崎 弘幸, 山田 正三 :
cAMP産生異常による成長ホルモン(GH)産生細胞腫瘍化機構の解析,
研究年報, No.26, 391-398, 東京, 2003年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114155)
18. 齋藤 史郎, 横越 浩, 吉本 勝彦 :
成長ホルモン分泌下垂体腫瘍における遺伝子異常,
厚生省特定疾患「間脳下垂体機能障害」調査研究班 平成4年度総括研究事業報告書, 68-71, 東京, 1993年1月.
19. 齋藤 史郎, 横越 浩, 吉本 勝彦 :
間脳下垂体疾患長期予後調査報告(第二報),
厚生省特定疾患「間脳下垂体機能障害」調査研究班 平成2年度総括研究事業報告書, 196-199, 東京, 1991年1月.
20. 齋藤 史郎, 吉本 勝彦, 横越 浩 :
MEN 1型の下垂体病変と予後,
厚生省特定疾患「間脳下垂体機能障害」調査研究班 平成2年度総括研究事業報告書, 191-195, 東京, 1991年1月.
21. 齋藤 史郎, 吉本 勝彦, 横越 浩, 斎藤 晴比古, 広瀬 隆則, 佐野 壽昭 :
褐色細胞腫における神経ペプチドの遺伝子発現,
厚生省特定疾患「副腎ホルモン産生異常症」調査研究班 昭和62年度研究報告書, 367-377, 東京, 1988年1月.

特許:

1. 岩田 武男, 吉本 勝彦, 谷口 寿章, 桒島 正道 : D-ドーパクロームトートメラーゼを用いた, 脂肪蓄積異常の検出方法と抗肥満物質のスクリーニング方法, 並びに肥満の治療・予防剤, 特願2008-018866 (2008年1月), .
2. 水澤 典子, 吉本 勝彦 : GLP-1の発現・分泌を指標としたスクリーニング系, 特願2008-075833 (2007年12月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • D-ドーパクロムトートメラーゼに関連する肥満治療薬の開発戦略 (研究課題/領域番号: 18K09520 )
  • 下垂体腺腫におけるインプリント異常を含むDNAメチル化脱制御の解析 (研究課題/領域番号: 18K08481 )
  • 唾液マイクロRNAの加齢変動と機能解析 (研究課題/領域番号: 15K11042 )
  • Dドーパクロムトートメラーゼの脂肪組織特異的発現・作用機序 (研究課題/領域番号: 15K11040 )
  • 下垂体腺腫における14q32インプリンティング領域の遺伝子発現制御機構 (研究課題/領域番号: 15K09435 )
  • ストレス刺激に応答するmiRNAと口腔内への分泌の解明 (研究課題/領域番号: 25670822 )
  • 新たな細胞間情報伝達分子としての唾液miRNAの基盤的研究 (研究課題/領域番号: 24592800 )
  • Dドーパクロムトートメラーゼが関わるインスリン抵抗性発症機序の多角的研究 (研究課題/領域番号: 24592799 )
  • 日本人小児低身長症を対象としたゲノム機能・構造解析 (研究課題/領域番号: 24591514 )
  • 下垂体腺腫におけるマイクロRNA分子ネットワークの解明 (研究課題/領域番号: 24591365 )
  • ヒト唾液腺分泌蛋白サリバチンの機能解析とインクレチン模倣薬としての可能性 (研究課題/領域番号: 21592363 )
  • 癌抑制および癌促進の相反する作用を有するパラフィブロミンの機能解析 (研究課題/領域番号: 21591180 )
  • 成長ホルモン産生細胞腫瘍化におけるAIP遺伝子の役割 (研究課題/領域番号: 19591079 )
  • 副甲状腺の癌化を抑制する新規蛋白パラフィブロミンの機能解析 (研究課題/領域番号: 17590963 )
  • 網羅的cDNA塩基配列決定を基盤とする膵β細胞特異的に発現する遺伝子の解析 (研究課題/領域番号: 15590943 )
  • 膵β細胞およびα細胞の特性を規定する遺伝子獲得のための分子基盤研究 (研究課題/領域番号: 12671115 )
  • TGF-β1遺伝子によるI型糖尿病発症抑制機構の解明と膵β細胞移植応用の基礎研究 (研究課題/領域番号: 11671090 )
  • 下垂体腺腫の発生に関与する癌抑制遺伝子変異およびその遺伝子産物発現異常の解析 (研究課題/領域番号: 09670188 )
  • 甲状腺腫瘍の悪性化に関与する遺伝子の単離および甲状腺未分化癌に対する遺伝子治療 (研究課題/領域番号: 07671143 )
  • トランスジェニックマウスを用いる膵ランゲルハンス島B細胞の免疫学的破壊機構の解析 (研究課題/領域番号: 05454323 )
  • 内分泌腺における腫瘍化機構の分子生物学的解析 (研究課題/領域番号: 04671484 )
  • サイトカイン遺伝子と膵B細胞特異的リンパ球を用いるI型糖尿病の遺伝子治療法の開発 (研究課題/領域番号: 04557132 )
  • インスリン遺伝子の発現量を調節する血糖値感知機構の遺伝子解析 (研究課題/領域番号: 03454518 )
  • GHRH受容体の構造解析、シグナル伝達機構ならびに臨床的意義に関する研究 (研究課題/領域番号: 02454509 )
  • トランスカリョ-ティック法による遺伝子治療における導入遺伝子の発現調節法の開発 (研究課題/領域番号: 01870051 )
  • 本邦初の先天性プロテインS異常症に関する研究 (研究課題/領域番号: 63570573 )
  • 研究者番号(90201863)による検索