検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > かみあわせ補綴科(第二補綴科) >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 顎機能咬合管理学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004003 外耳口から得られる音響データを用いた顎関節症・ブラキシズム診断機器の開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

歯科補綴学 (Prosthodontics)

研究テーマ

睡眠時ブラキシズムの測定と解析に関する研究 (ブラキシズム (bruxism), 顎口腔機能 (stomatognathic function), 睡眠 (sleep), 筋活動 (electromyogram activity))

著書・論文

著書:

1. 鈴木 善貴, 松香 芳三, 大倉 一夫, 安陪 晋, 鴨居 浩平 :
徹底解説 ナイトガード -エビデンスに基づいた睡眠時ブラキシズムの診断・治療-,
医歯薬出版 株式会社, 2020年6月.
2. 松香 芳三, 小見山 道, 石垣 尚一, 鳥巣 哲朗, 佐藤 仁, 大倉 一夫, 大野 由夏, 島田 明子, 山﨑 陽子, 峯 篤史, 長縄 拓哉, 佐久間 泰司, 佐々木 啓一, 今村 佳樹 :
顎関節症の原因・治療・リハビリテーション,
真興交易医書出版部, 2018年4月.
3. 大倉 一夫, 加藤 隆史 :
睡眠時ブラキシズム,
株式会社シナジー, 東京, 2013年7月.
4. 大倉 一夫, 加藤 隆史 :
睡眠時ブラキシズム,
株式会社シナジー, 東京, 2012年7月.
5. 大倉 一夫, 安陪 晋, 鈴木 善貴 :
睡眠時ブラキシズム,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2011年9月.
6. 大倉 一夫, 加藤 隆史 :
睡眠時ブラキシズムの基礎知識,
株式会社デンタルダイヤモンド社, 東京, 2011年7月.
7. 加藤 隆史, 大倉 一夫 :
睡眠学, --- 睡眠時ブラキシズム ---,
朝倉出版, 東京, 2009年1月.
8. GJ Lavigne, Kazuo Okura and MT Smith :
Pain Perception - Nociception during Sleep,
Elsevier, Amsterdam, 2007.
9. N Huynh, G Lavigne, Kazuo Okura, D Yao and K Adachi :
Sleep Bruxism,
Elsevier, 2006.

学術論文(審査論文):

1. 松香 芳三, 大島 正充, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂 :
インドネシアの歯学部における学部教育,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.33, No.1, 53-57, 2020年.
2. Susumu Abe, Miyagi Akane, Kaoru Yoshinaga, Yoshizo Matsuka, Fumihiro Matsumoto, Uyama Emi, Yoshitaka Suzuki, Masamitsu Ohshima, Kazuo Okura and Eiji Tanaka :
Immediate Effect of Masticatory Muscle Activity with Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation in Muscle Pain of Temporomandibular Disorders Patients,
Journal of Clinical Medicine, Vol.9, No.10, 2020.
(DOI: 10.3390/jcm9103330,   PubMed: 33081336)
3. H Kawahara, Miho Inoue, Kazuo Okura, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Risk factors for tooth loss in patients undergoing mid long-term maintenance: A retrospective study,
International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol.17, No.17, E6258, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115160,   DOI: 10.3390/ijerph17176258,   PubMed: 32867387)
4. Junhel Dalanon, RB Ugalde, LD Catibod, JML Macaso, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Comparative analysis of education, awareness, and knowledge of dentists and physical therapists in the treatment of temporomandibular disorders,
Cranio, 1-8, 2020.
(DOI: 10.1080/08869634.2020.1786332,   PubMed: 32597348,   Elsevier: Scopus)
5. Yoshitaka Suzuki, Pierre Rompré, Pierre Mayer, Takafumi Kato, Kazuo Okura and Gilles Lavigne :
Changes in oxygen and carbon dioxide in the genesis of sleep bruxism:a mechanism study,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.64, No.1, 43-47, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2019.04.012,   PubMed: 31160246,   Elsevier: Scopus)
6. Akiko Shimada, Shoichi Ishigaki, Yoshizo Matsuka, Osamu Komiyama, T Torisu, Yoko Oono, Hitoshi Sato, Takuya Naganawa, Atsushi Mine, Yoko Yamazaki, Kazuo Okura, Yasushi Sakuma and Keiichi Sasaki :
The effects of exercise therapy on painful temporomandibular disorders,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.46, No.5, 475-481, 2019.
(DOI: 10.1111/joor.12770,   PubMed: 30664815,   Elsevier: Scopus)
7. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 大川 敏永, 堀川 恵理子, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
一次性および二次性舌痛症患者における睡眠障害の検討—睡眠質問票を用いた調査—,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.10, No.1, 9-16, 2019年.
(DOI: 10.11264/jjop.10.9,   CiNii: 130007636380)
8. Rika Hayama, Yukari Kanemitsu, Chisato Goda, Susumu Abe, Kazuo Okura, Shaista Afroz, Nami Goto, Resmi Raju, Junhel Dalanon, Masamitsu Ohshima, Omar Maningo Rodis, Yoshihiro Okayama, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Quality of life and job satisfaction among female dentists in Japan,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.2, 79-86, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113013,   DOI: 10.20738/johb.31.2_79,   CiNii: 130007593280)
9. Rika Hayama, Yoshitaka Suzuki, Keisuke Nishigawa, Kazuo Okura, Mayu Miyagi, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
Investigation of behavioural factors which vary occlusal contact in Japanese dental students,
The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.25, No.1, 1-9, 2018.
10. Susumu Abe, Naoto Noguchi, Yoshizo Matsuka, Chihiro Shinohara, Tomoko Kimura, Kenji Oka, Kazuo Okura, Omar Maningo Rodis and Fumiaki Kawano :
Educational effects using a robot patient simulation system for development of clinical attitude,
European Journal of Dental Education, Vol.22, No.3, e327-e336, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111997,   DOI: 10.1111/eje.12298,   PubMed: 29091328,   Elsevier: Scopus)
11. Junhel Dalanon, JG Gabinete, H NainaJavier, KJ Galang, A Perales, C Sorela, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, S Afroz, Takuma Iwasa, Omar Maningo Rodis, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Technology acceptance model in the use of a patient management software in a dental school in the Philippines,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.2, 65-69, 2018.
(DOI: 10.9790/0853-1702086569)
12. Keisuke Nishigawa, Rika Hayama, Ktsushi Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Mayu Miyagi, Miho Inoue, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Validity of peer evaluation for team-based learning in a dental school in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.81, No.12, 1451-1456, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112932,   DOI: 10.21815/JDE.017.106,   PubMed: 29196333,   Elsevier: Scopus)
13. Miho Inoue, Hiroh Kawahara, Kazuo Okura, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Frequency of congenitally missing permanent teeth at a primary dental care clinic in Tokushima, Japan,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.30, No.1, 67-70, 2017.
(CiNii: 40021481734)
14. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiro Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of effect on physical performance and concentration by custom-made mouthguard use,
The International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 22-31, 2017.
15. Keisuke Nishigawa, K Omoto, Rika Hayama, Gantumur Chimeddulam, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, OMM Rodis and Yoshizo Matsuka :
Comparison between flipped classroom and team-based learning in fixed prosthodontic education Journal of Prosthodontic Research,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.2, 217-222, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111995,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.04.003)
16. Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Naoto Noguchi, Katsuhiro Omoto, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
Mandibular movement during sleep bruxism associated with current tooth attrition,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 87-95, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112028,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.003,   PubMed: 27354030,   Elsevier: Scopus)
17. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiko Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of Effect on Physical Performance and Concentration by Custom-made Mouthguard Use,
International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 1-10, 2017.
18. Katsuhiro Omoto, Takuma Iwasa, Shaista Afroz, Mayu Miyagi, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Preliminary study of neural excitation with positron emission tomography after tooth mechanical stimulation,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.29, No.1, 28-34, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113901,   CiNii: 40021090270)
19. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 岩浅 匠真, 福本 美緒, 井上 美穂, 宮城 麻友, 安陪 晋, 松香 芳三 :
スプリントによる睡眠時ブラキシズムに対する治療効果 : 予備的検討,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.29, No.1, 21-27, 2016年.
(CiNii: 40021090255)
20. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの基礎と最新の捉え方,
睡眠口腔医学, Vol.3, No.1, 10-21, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114150)
21. Katsuhiro Omoto, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Mayumi Nakamura, Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Nami Goto, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
A preliminary investigation of reproducibility of EMG signals during daytime masticatory muscle activity using a portable EMG logging device,
Journal of Electromyography and Kinesiology, Vol.25, No.4, 603-611, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jelekin.2015.04.012,   Elsevier: Scopus)
22. K Noda, H Arakawa, A Kimura-Ono, S Yamazaki, ES Hara, W Sonoyama, K Maekawa, Kazuo Okura, A Shintani, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
A longitudinal retrospective study of the analysis of the risk factors of implant failure by the application of generalized estimating equations,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.3, 178-184, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2015.04.003,   PubMed: 26077377,   Elsevier: Scopus)
23. Hisahiro Takeuchi, K Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Motoharu Kori, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, Keisuke Nishigawa, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Effects of team-based learning on fixed prosthodontic education in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.79, No.4, 417-423, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111968,   PubMed: 25838013)
24. 大本 勝弘, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるTeam-Based Learningの導入とその効果,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 81-87, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109857,   CiNii: 120005823512)
25. 重本 修伺, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 井川 知子, 小川 匠, 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の開発 ―測定システムの開発―,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 29-37, 2014年.
(CiNii: 40020380099)
26. 田島 登誉子, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, ロディス Maningo オマー, 松香 芳三 :
歯の6自由度運動を視覚的に理解する手法の開発,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 16-23, 2014年.
(CiNii: 40020380074)
27. Shuji Shigemoto, N Bando, Keisuke Nishigawa, Toyoko Tajima, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Effect of an exclusion range of jaw movement data from the intercuspal position on the estimation of the kinematic axis point,
Medical Engineering & Physics, Vol.36, No.9, 1162-1167, 2014.
(DOI: 10.1016/j.medengphy.2014.06.013,   PubMed: 25051899,   Elsevier: Scopus)
28. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Toyoko Tajima, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Mandibular Movement during Sleep Bruxism: Mandibular Position with Peak Masseter Muscle Activity,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.26, No.1, 35-42, 2013.
(CiNii: 40020028373)
29. Takafumi Kato, Taihiko Yamaguchi, Kazuo Okura, Susumu Abe and J Gilles Lavigne :
Sleep less and bite more: Sleep disorders associated with occlusal loads during sleep.,
Journal of Prosthodontic Research, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2013.03.001,   PubMed: 23601992)
30. Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Yoshitaka Suzuki and Takahumi Kato :
Abstract Symposium: The patterns of close-open jaw movement during sleep in normal subjects,
Sleep and Biological Rhythms, Vol.9, No.4, 351, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1479-8425.2011.00518_2.x)
31. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺 :
睡眠中の咀嚼筋安静状態における垂直的顎位-スプリントの最適な咬合挙上量の検討-,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.17, No.2, 113-124, 2011年.
(DOI: 10.7144/sgf.17.113,   CiNii: 10030435322)
32. Gilles J. Lavigne, Kazuo Okura, Susumu Abe, Roberto Colombo, Nelly Huynh, Jacques Y. Montplaisir, Serge Marchand and Paola A. Lanfranchi :
Gender specificity of the slow wave sleep lost in chronic widespread musculoskeletal pain.,
Sleep Medicine, Vol.12, No.2, 179-185, 2011.
(DOI: 10.1016/j.sleep.2010.07.015,   PubMed: 21256804)
33. N Huynh, G J. Lavigne, Kazuo Okura, D Yao and K Adachi :
Sleep bruxism.,
Handbook of Clinical Neurology, Vol.99, 901-911, 2011.
(DOI: 10.1016/B978-0-444-52007-4.00014-X,   PubMed: 21056235)
34. 重本 修伺, 石川 輝明, 坂東 永一, 野口 直人, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣 :
運動論的顆頭点の検証,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.16, No.2, 130-131, 2010年.
(DOI: 10.7144/sgf.16.130,   CiNii: 10026470580)
35. 舘原 誠晃, 藤澤 健司, 永井 宏和, 重本 修伺, 大倉 一夫, 石丸 直澄, 林 良夫, 宮本 洋二 :
切除からインプラントを維持源としたエピテーゼまで一貫治療を行った上顎洞悪性線維性組織球腫の1例,
四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 179-183, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109796)
36. 野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う顎運動の測定解析法の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.16, No.1, 1-14, 2009年.
(DOI: 10.7144/sgf.16.1,   CiNii: 10025983603)
37. Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi, Shuji Shigemoto, Kazuo Okura, Toyoko Satsuma and Takeshi Yamamoto :
Current status of researches on jaw movement and occlusion for clinical application,
Japanese Dental Science Review, Vol.45, No.2, 83-97, 2009.
(DOI: 10.1016/j.jdsr.2009.04.001,   CiNii: 10025820827)
38. 大倉 一夫 :
ミリングテクニックを用い審美性に配慮した部分欠損補綴の1症例,
日本補綴歯科学会誌, Vol.1, No.1, 117-120, 2009年.
(CiNii: 10029764389)
39. GJ Lavigne, N Huynh, T Kato, Kazuo Okura, K Adachi, D Yao and B Sessle :
Genesis of sleep bruxism: motor and autonomic-cardiac interactions,
Archives of Oral Biology, Vol.52, No.4, 381-384, 2007.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2006.11.017,   PubMed: 17313939)
40. Nelly T. Huynh, Pierre H. Rompré, Jacques Y. Montplaisir, Christiane Manzini, Kazuo Okura and Gilles J. Lavigne :
Comparison of various treatments for sleep bruxism using determinants of number needed to treat and effect size.,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.19, No.5, 435-441, 2006.
(PubMed: 17323720)
41. NT Huynh, T Kato, PH Rompre, Kazuo Okura, PA Lanfranchi, JY Montplaisir and GJ Lavigne :
Sleep bruxism is associated to micro-arousals and an increase in cadiac sympathetic activity,
Journal of Sleep Research, Vol.15, No.3, 339-346, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1365-2869.2006.00536.x,   PubMed: 16911037)
42. Kazuo Okura, Takafumi Kato, Jacques Y. Montplaisir, Barry J. Sessle and Gilles J. Lavigne :
Quantitative analysis of surface EMG activity of cranial and leg muscles across sleep stages in human.,
Clinical Neurophysiology, Vol.117, No.2, 269-278, 2005.
(DOI: 10.1016/j.clinph.2005.10.003,   PubMed: 16376605)
43. 大倉 一夫 :
マルチテレメータシステムを用いた睡眠時ブラキシズムの測定と解析,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.2, 292-301, 1997年.
44. 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う生体信号の解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.3, No.1, 83-93, 1996年.

学術論文(紀要・その他):

1. 大倉 一夫, 大川 周治, 藤澤 政紀, 櫻井 薫, 馬場 一美, 小川 匠, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの簡便な診断法の確立と対処法の検討,
日本歯科医学会雑誌, Vol.34, 79-83, 2015年.
2. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 野口 直人, 中村 真弓, 山本 修史, 久保 吉廣, 中野 雅德 :
睡眠中のRhythmic Masticatory Muscle Activity における咬筋活動と顎運動,
日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 86, 2012年.
3. 中村 真弓, 重本 修伺, 中野 雅德, 郡 元治, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 板東 伸幸, 坂東 永一 :
下顎の動きで操作する代替コンピュータマウスの試作,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 265, 2011年.
4. 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 加藤 隆史, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の顎運動様式,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.17, No.2, 146-149, 2010年.
(DOI: 10.7144/sgf.17.146,   CiNii: 10030435408)
5. 野口 直人, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 中野 雅德, 山本 修史, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う顎運動の解析法の検討,
日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society, Vol.1, No.118, 163, 2010年.
(CiNii: 10026441062)
6. Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Takashi Ikeda and Atsushi Suzuki :
The Relationship between Jaw Movement and Masseter Muscle EMG during Sleep Associated Bruxism,
Dentistry in Japan, Vol.35, 53-56, 1999.

学術レター:

1. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 野口 直人, 中村 真弓, 石川 輝明, 中野 雅德 :
睡眠時ブラキシズムの咬筋活動と顎運動,
歯界展望, 221, 2013年.

総説・解説:

1. 今村 佳樹, 佐々木 啓一, 和嶋 浩一, 矢谷 博文, 松香 芳三, 井川 雅子, 苅部 洋行, 小見山 道, 西須 大徳, 坂本 英治, 佐藤 仁, 土井 充, 鳥巣 哲朗, 野間 昇, 村岡 渡, 飯田 崇, 石垣 尚一, 島田 明子, 長縄 拓哉, 峯 篤史, 山﨑 陽子, 大野 由夏, 大倉 一夫, 安陪 晋 :
非歯原性歯痛の診療ガイドライン 改訂版,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.12, No.1, 39-106, 2019年12月.
2. 大倉 一夫, 松香 芳三 :
解剖学的形態,
聞くに聞けない補綴治療100 デンタルダイヤモンド, 17, 2019年9月.
3. 大倉 一夫, 松香 芳三 :
咬合平面の種類,
聞くに聞けない補綴治療100 デンタルダイヤモンド, 16, 2019年9月.
4. 大倉 一夫, 鴨居 浩平, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
ナイトガードの臨床,
歯界展望, Vol.130, No.6, 1067-1081, 2017年12月.
5. 鈴木 善貴, 安陪 晋, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの対処法,
歯界展望, Vol.130, No.5, 840-853, 2017年11月.
6. 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 板東 伸幸, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ナイトガードの意義,
歯界展望, Vol.130, No.5, 826-839, 2017年11月.
7. 松香 芳三, 重本 修伺, 大倉 一夫 :
私の研究室から 咬合接触様相と感覚情報伝達の解明に向けて,
日本歯科評論, Vol.74, No.8, 9-11, 2014年8月.
(CiNii: 40020158924)
8. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
ブラキシズムの生理学,
力を診る -歯列を守る力のマネジメント-, 66-73, 2012年12月.
9. 大倉 一夫, 加藤 隆史 :
痛みと睡眠の関連,
日本歯科評論, Vol.66, No.2, 182-184, 2006年2月.

国際会議:

1. Junhel Dalanon, R Docor, Rozzano De Castro Locsin, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Increased dental students acceptance of a sculpting software using a pen mouse during COVID-19,
International Association for Dental Research Southeast Asia and Southeast Asian Association for Dental Education, Virtual meeting, Nov. 2020.
2. Kazuo Okura :
Occlusal force control and digital dentistry,
Dentisphere 4 International scientific meeting 5th asean plus & tokushima joint international conference, 16, Nov. 2019.
3. Susumu Abe, Hiroki Mori, Eiji Tanaka, Tachibana Naoko, Murakami Ayu, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Toshinori Okawa and Fumiaki Kawano :
Craniofacial morphology in OSA patients treated by oral appliance with and without sufficient effects,
2019 World Sleep Congress, Sep. 2019.
4. Yoshitaka Suzuki, D Junhel, Kazuo Okura, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional accuracy of resin block through various measurement methods,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
5. Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Treatment effect of four different type splints for sleep bruxism,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
6. Susumu Abe, Hiroki Mori, Eiji Tanaka, N Tachibana, A Murakami, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Toshinori Okawa and Fumiaki Kawano :
Craniofacial morphology in OSA patients treated by oral appliance with and without sufficient effects.,
World Sleep 2019, Vancouver, Jun. 2019.
7. RJ Batirzal, AJ Gimena, AC Arreza, JA Jalbuna, L Salinas, M Tumamac, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Resmi Raju, Yuehui Zhang, Kazuo Okura, Masamitsu Oshima, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Challenges in meeting the demands for future dental faculty: a cross sectional survey,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
8. Yuehui Zhang, Rika Hayama, Yukari Kanemitsu, Chisato Goda, Susumu Abe, Kazuo Okura, S Afroz, Nami Goto, Masamitsu Oshima, OMM Rodis, Yoshihiro Okayama, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Correlation between satisfaction level and life related factors of Japanese female dentists,
Asean plus and Tokushima Joint International Conference, Bali, Dec. 2017.
9. Eriko Horikawa, Susumu Abe, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Toshinori Okawa, Yoshizo Matsuka, Noriko Tachibana and Fumiaki Kawano :
The association between nocturnal trapezius and masseter muscle activity in two female patients with shoulder and neck pain: a case report,
World Sleep, Prague, Oct. 2017.
10. K Omoto, S Tanaka, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, K Maruhama, T Sugimoto and Yoshizo Matsuka :
Relationship between neurotransmitter release within sensory ganglia and pain transmission,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
11. Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Relationship between angle of incisal path and characteristics of bruxism,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
12. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Examination of close-open jaw movement trajectories during sleep bruxism,
International Association for Dental Researc, Boston, Mar. 2015.
13. K Omoto, Shuji Shigemoto, K Iwata, R Kurogoshi, N Goto, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Masseter muscle activity during awake / sleep state with all day EMG recording,
The ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Dec. 2014.
14. Y Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
The pattern of jaw movements in rhythmic masticatory muscle activity,
International Association for Dental Research Asia Pacific Region, Bangkok, Aug. 2013.
15. Susumu Abe, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Shuji Shigemoto, Naoto Noguchi, Yoshizo Matsuka and Fumiaki Kawano :
The quantitative analysis of the jaw lateral movement during sleep related bruxism,
ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, 61-62, Dec. 2012.
16. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto and Yoshizo Matsuka :
The analysis of jaw movements associated with rhythmic masticatory muscle activity (RMMA) during sleep,
Asian Academy of Cranio Mandibular Disorders, Taipei, Oct. 2012.
17. Susumu Abe, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Naoto Noguchi, Masanori Nakano and Eiichi Bando :
Jaw movement patterns of sleep bruxism-tooth grinding during sleep,
平成23年度口腔QOLシンポジウム, Tokushima, Oct. 2011.
18. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe and Takahumi Kato :
Association between jaw position and masseter tone during sleep,
Sleep and Biological Rhythms, Vol.9, No.4, 351, Kyoto, Oct. 2011.
19. Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Yoshitaka Suzuki and Takahumi Kato :
The patterns of close-open jaw movement during sleep in normal subjects,
Sleep and Biological Rhythms, Vol.9, No.4, 351, Kyoto, Oct. 2011.
20. Shuji Shigemoto, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando, Kazuo Okura, Suzuki Y, Fukui M and Masanori Nakano :
Kinematic Reference Condylar Point for Various Mandibular Movement,
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Jul. 2010.
21. Y Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, N Noguchi, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa and Eiichi Bando :
Study of Jaw Position with Maximal Muscle Activity during Sleep,
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Jul. 2010.
22. Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Takeshi Yamamoto, Kazuo Okura, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Keisuke Nishigawa and Motoharu Kori :
Development of an Intra-Oral Sensor Consisting of three Non-Concentric Orthogonal Coils for Measurement of Jaw Movements,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
23. Kazuo Okura, Naoto Noguchi, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Teruaki Ishikawa and Masanori Nakano :
Development of Analysis System for Sleep Associated Bruxism,
86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.
24. Kazuo Okura, GJ Lavigne, JY Montplaisir, PH Rompre, N Huynh and P Lanfranchi :
Slow wave activity and heart rate variation are less dominant in fibromyalgia and chronic pain patients than in controls,
Sleep, Vol.27, A302, Denver, Jun. 2005.
25. Kazuo Okura, GJ Lavigne, C Manzini, PH Rompre, N Huynh and JY Montplaisir :
Controlled study on sleep and cardiac variability of pain patients,
Journal of Dental Research, Vol.84, #2425, Philadelphia, Mar. 2005.
26. Kazuo Okura, S Rompre, C Manzini, PH Rompre, N Huynh, JY Montplaisir and GJ Lavigne :
Sleep duration and quality in chronic pain patients in comparison to the sleep of fibromyalgia, insomnia, RLS and control subjects,
Sleep, Vol.27, A329, Philadelphia, Jun. 2004.
27. Kazuo Okura, T Kato, PH Rompre, JY Montplaisir and GJ Lavigne :
Quantitative analysis of muscle tone between wakefulness and sleep,
Journal of Dental Research, Vol.83, #2461, Honolulu, Mar. 2004.
28. Masanori Nakano, Susumu Abe, Eiichi Bando, Hisahiro Takeuchi and Kazuo Okura :
Relation between occlusal facets of molar and chewing pattern,
Journal of Dental Research, Vol.81, No.1117, A-158, San Diego, Mar. 2002.
29. Hisahiro Takeuchi, Susumu Abe, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto and Kazuo Okura :
Association between Food Texture and Jaw Movement,
JAPANESE ASSOCIATION FOR DENTAL RESEARCH, No.90, 141, Kobe, Nov. 1999.
30. Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, T Ikeda and A Suzuki :
The relationship between jaw movement and masseter muscle EMG during sleep associated bruxism,
Journal of Dental Research, Vol.35, 53-56, Singapore, Jun. 1995.

国内講演発表:

1. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 大島 正充, 西川 泰史, Resmi Raju, 小澤 彩, 新開 瑞希, Arief Waskitho, Swarna L.Raman, Parimal R.Chavan, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における新型コロナウイルス感染症対策について,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
2. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 井上 美穂, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―オンライン授業とTBL授業の比較―,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
3. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた冠橋義歯学実習の検討,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
4. 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果 ―通常授業,TBL,反転授業の比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
5. 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 大川 敏永, 鴨居 浩平, 安陪 晋, 大倉 一夫, 小澤 彩, 新開 瑞希, 清水 俊也, 清水 さとみ, 河野 文昭, 松香 芳三 :
透明色レジン3次元測定のためのスキャナーと表面処理の選択,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2020年8月.
6. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, Omar Marianito, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
補綴学授業におけるアクティブラーニングによる学修効果-反転授業とTBLの長期比較-,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
7. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 秋田 和也, 安達 聡, 田岡 計久, 笠原 信治, 森 秀司, 宮本 洋二, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界大会2018における徳島大学病院・徳島県歯科医師会の歯科医療活動とマウスガードの使用実態の調査,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
8. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Yuehui Zhang, Huijiao Yan, Arief Waskitho, Ofuchi R.S., 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
9. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―反転授業とTBL,通常授業の比較―,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
10. 大倉 一夫 :
睡眠時ブラキシズムの診断と治療∼ナイトガード作製に注目して∼,
愛知県保険医協会歯科学術研究会, 2019年11月.
11. 松香 芳三, Arief Waskitho, 鈴木 善貴, 大倉 一夫 :
ボツリヌス毒素の効果メカニズム,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2019年10月.
12. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
舌痛が睡眠に及ぼす影響について睡眠質問表を用いての検討,
臨床睡眠医学会, 2019年10月.
13. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 大川 敏永, 鴨居 浩平, 安陪 晋, 大倉 一夫, 秋月 皆人, 河野 文昭, 松香 芳三 :
非接触式3Dスキャナーによる透明レジン測定精度の検証,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
14. 大倉 一夫, 井上 美穂, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
卒前専門基礎教育におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果―反転授業とTBLの比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2019年7月.
15. 秋月 皆人, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 安達 聡, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界選手権大会2018における徳島大学病院・徳島県歯科医師会の歯科活動,
スポーツ歯科医学会, 2019年6月.
16. 細木 眞紀, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 田島 登誉子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 後藤 奈美, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
10年以上が経過した金属アレルギー患者の口腔内からみえてくるもの,
日本補綴歯科学会雑誌, 2019年5月.
17. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 秋田 和也, 安達 聡, 田岡 計久, 笠原 信治, 森 秀司, 宮本 洋二, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界大会におけるスポーツ歯科活動,
四国歯学会第54回例会, 2019年3月.
18. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Zhang Yuehui, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Rodrigo Shigeru Ofuchi, 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討in徳島,
大学教育カンファレンス, 2018年12月.
19. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, ジュネル ダラノン, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果-反転授業とTBLの比較-,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
20. 細木 眞紀, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, Resmi Raju, 岩浅 匠真, 成谷 美緒, ZHANG YUEHUI, 閻 会嬌, Arief Waskitho, Dalanon Junhel Casinillo, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における実習書の改訂とその効果の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
21. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鴨居 浩平, 富永 賢, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズム中に認められる顎運動様式の検討,
日本歯科技工学会 中国・四国支部総会・学術大会, 2018年10月.
22. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 葉山 莉香, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
教育シンポジウム2 PSGの表面筋電図を極める 咬筋表面筋電図の背景にあるもの,
日本臨床睡眠医学会, 2018年10月.
23. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 池田 隆志, 山内 英嗣, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジンブロックの三次元計測方法の違いによる寸法精度の比較,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
24. 川原 博雄, 井上 美穂, 大島 正充, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
一般歯科診療所での長期メインテナンス患者における歯の喪失原因の評価,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
25. 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, Casinilo Junhel Dalanon, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, 松香 芳三 :
三叉神経痛モデルラットにおける炎症性サイトカインの変動解析,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会・日本歯科心身医学会, 2018年7月.
26. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 安田 想, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 富永 賢, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジン片の3次元測定方法による寸法精度の比較,
四国歯学会雑誌, 2018年7月.
27. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 安陪 晋, 細木 眞紀, 大島 正充, 河野 文昭, 松香 芳三 :
徳島大学歯学部学生における咬耗に関連した行動因子による咬合接触の変化,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
28. 冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 陽子, 佐藤 美穂, 大竹 正紀, 齋藤 大嗣, 設樂 仁子, 互野 亮, 山田 蘭子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
不良姿勢,噛みしめ癖と肩こりの関連性の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
29. 冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 洋子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
口腔習癖,不良姿勢と肩こりの検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
30. 鴨居 浩平, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 清水 裕次, 松香 芳三 :
ナイトガードの咬耗面を3次元画像解析装置にて定量評価した症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
31. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 中川 聖子, 岩浅 亮彦, 鴨居 浩平, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田中 栄二, 松香 芳三 :
睡眠衛生指導とパラタルスプリントにより睡眠時ブラキシズムをコントロールした症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
32. 藤枝 創, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
咬耗に関連した生活習慣による咬耗の変動,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
33. 大倉 一夫, 西川 啓介, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
教育カンファレンスin徳島, 2017年12月.
34. 川原 博雄, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, 松香 芳三 :
長期的メインテナンス患者における歯の喪失に関する後ろ向き調査,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, 2017年11月.
35. 安陪 晋, 堀川 恵理子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 河野 文昭 :
因子分析を用いたピッツバーグ睡眠質問票による顎関節症外来患者の睡眠の評価,
日本臨床睡眠医学会, 2017年9月.
36. 野田 千織, 葉山 莉香, 安陪 晋, 大倉 一夫, 本田 常晴, 杉尾 隆夫, 河野 文昭, 大島 正充, 松香 芳三 :
女性歯科医師の幸福度調査,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2017年8月.
37. 岩浅 匠真, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, SHAISTA AFROZ, 松香 芳三 :
口腔顎顔面痛モデル三叉神経節におけるサイトカイン動態,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2017年7月.
38. 鈴木 善貴, ラヴィーン ジル, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の律動性咀嚼筋活動に関連した酸素および二酸化炭素濃度の変動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
39. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
咬合面の運動からみた側方滑走運動と咀嚼運動の関係 -CADシステムを用いた評価方法の検討-,
日本顎口腔機能学会第58回学術大会, 2017年4月.
40. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
咬合小面と顎運動軌跡の関係性について ―CADシステムを用いた評価方法の検討―,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2017年4月.
41. 金光 侑香里, 合田 千里, 葉山 莉香, 安陪 晋, 大倉 一夫, 西川 啓介, 岡山 佳弘, 河野 文昭, 松香 芳三 :
女性歯科医師の生活満足度調査-徳島大学歯学部を卒業した女性歯科医師へのアンケート実態調査-,
四国歯学会雑誌, 2017年3月.
42. 松香 芳三, 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, 大本 勝弘, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達,
徳島大学医歯薬学研究部脳科学クラスター・ミニリトリート, 2017年3月.
43. 大倉 一夫, 西川 啓介, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
大学教育再生加速プログラムシンポジウム, 2016年12月.
44. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ピッツバーグ睡眠質問票を用いて評価した舌痛症患者の睡眠の質-ケースコントロールスタディ-,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2016年9月.
45. 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 重本 修伺, 鴨居 浩平, 宮城 麻友, 藤本 隆広, 山本 伊一郎, 松香 芳三 :
ARCTICA固定用アダプター使用によるCAD/CAMスキャンニングの検討,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
46. 大川 敏永, 安陪 晋, 重本 修伺, 野口 直人, 山内 英嗣, 岡 謙次, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
歯科用CAD/CAMシステムにおける計測精度の検討,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
47. 安陪 晋, 堀川 恵理子, 田中 栄二, 松本 文博, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
徳島大学病院顎関節症外来に来院した顎関節症患者の臨床統計学的調査,
日本顎関節学会雑誌, 2016年7月.
48. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 安陪 晋, 大塩 恭仁, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と連動する顎運動および開閉口筋活動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
49. 松香 芳三, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 井上 美穂, 福本 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達の可能性,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年4月.
50. 西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 重本 修伺, 宮城 麻友, 田島 登誉子, 重本 貴穂, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業において行った反転授業とTBL授業の比較,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
51. 田島 登誉子, 内藤 禎人, 松香 芳三, 大倉 一夫, 友竹 偉則 :
自家骨移植による下顎骨再建症例にリーゲル機構を付与した患者可綴式上部構造を用いて咬合機能を回復した 2 症例,
日本口腔インプラント学会誌, 2015年9月.
52. 岩浅 匠真, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 福本 美緒, 鈴木 温, 清水 俊也, 重本 修伺, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムに対するスプリントの 治療効果,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
53. 安陪 晋, 大倉 一夫, Nelly Huynh, 鈴木 善貴, 堀川 恵理子, 河野 文昭, Gilles Lavigne :
2種類の口腔内装置が睡眠時ブラキシズム患者の心拍変動と睡眠の質に及ぼす影響,
日本臨床睡眠学会, 2015年8月.
54. 安陪 晋, 松本 文博, 田中 栄二, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
顎関節症外来患者におけるアンケートを用いた睡眠の質の実態調査,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会, 2015年7月.
55. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
56. 中川 聖子, 高田 喜基, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
終日の咬筋活動と咬耗の関係,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
57. 大倉 一夫, 大本 勝弘, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 葉山 莉香, Chimeddulam G., 松香 芳三 :
歯科補綴授業におけるチーム基盤型学習の効果,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
58. 大本 勝弘, 丸濱 功太郎, 田中 紗友里, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
神経障害性疼痛における神経伝達物質遊離抑制と鎮痛効果,
補綴若手研究会, 2015年3月.
59. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
補綴若手研究会, 2015年3月.
60. 田島 登誉子, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業へのチーム基盤型学習法(TBL)の導入とその効果,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
61. 西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 郡 元治, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
歯科臨床教育への反転授業の導入,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
62. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 西川 啓介, 松香 芳三 :
顎運動の観点による睡眠時ブラキシズムと嚥下の関連性の検討,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
63. 西川 啓介, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ガム噛みによるストレス回復効果と咀嚼能力,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
64. 大本 勝弘, 丸濱 功太郎, 田中 紗友里, 大倉 一夫, 杉本 朋貞, 松香 芳三 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質遊離抑制による情報伝達の変化,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2014年11月.
65. 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
切歯路と睡眠時ブラキシズムの分類との関係,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年10月.
66. 松香 芳三, 大倉 一夫, 鈴木 善貴 :
睡眠時の顎機能運動解析,
睡眠歯科医学エキスパート講座, 2014年7月.
67. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
咬筋活動・顎運動から分類した睡眠時ブラキシズム,
日本睡眠学会, 2014年7月.
68. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 高橋 陽光, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードの体力テストおよび集中力に対する影響の検討,
日本スポーツ歯科医学会, 2014年6月.
69. 多喜川 紗耶, 鈴木 善貴, 高橋 陽光, 藤枝 創, 大本 勝弘, 宇佐美 英之, 梅宮 秀文, 枝澤 祐馬, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードのパフォーマンスに及ぼす影響の検討,
四国歯学会雑誌, 2014年6月.
70. 田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
71. 田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 上枝 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
72. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
咬筋活動ならびに顎運動から評価した睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
73. 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 上枝 麻友, 松香 芳三 :
歯科補綴学(2)講義へのTBL(チーム基盤学習法)導入,
四国歯学会雑誌, 2014年3月.
74. 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
TBL授業の導入,
大学教育カンファレンスIn徳島, 2013年12月.
75. 小林 真左子, 藤澤 健司, 大江 剛, 大倉 一夫, 安陪 晋, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 :
当科における過去 20 年間のインプラント脱落症例の検討―early failure と late failure の比較―,
第33回口腔インプラント学会中国・四国支部学術集会, 2013年11月.
76. 小林 真左子, 藤澤 健司, 大江 剛, 安陪 晋, 大倉 一夫, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 :
当科における過去 20 年間のインプラント脱落症例の検討―early failure と late failure の比較―,
第33回口腔インプラント学会中国・四国支部学術集会, 2013年11月.
77. 大本 勝弘, 重本 修伺, 高田 奈美, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 神原 佐知子, 松香 芳三 :
日中の咬筋活動様式,
日本補綴歯科学会 中国・四国・九州支部合同学術大会, 2013年8月.
78. 大本 勝弘, 重本 修伺, 高田 奈美, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 神原 佐知子, 松香 芳三 :
日中の咬筋活動様式,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
79. 竹内 久裕, 松本 文博, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 :
医科歯科連携のための基礎調査,
第18回 日本口腔顔面痛学会学術大会, 49, 2013年7月.
80. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺 :
睡眠下顎安静位と習慣性開閉口路における下顎位の前後的位置関係,
日本睡眠学会 第38回学術大会, 191, 2013年6月.
81. 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 大本 勝弘, 神原 佐知子, 高田 奈美, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムのクレンチング時における顎位と咬筋活動の検討,
日本補綴歯科学会, 2013年5月.
82. 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 高田 奈美, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの咬筋活動様式と顎運動,
補綴若手研究会, 2013年3月.
83. 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
Digital Dentistry を活用した睡眠ブラキシズム診断システムの開発,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2013年1月.
84. 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德 :
摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の確立 -測定システムの開発-,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.2, 202-203, 2012年10月.
85. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 中村 真弓, 安陪 晋, 大本 勝弘, 武田 裕也, 池田 隆志, 松香 芳三 :
睡眠中の覚醒反応時における顎運動の観察,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年9月.
86. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 野口 直人, 中村 真弓, 山本 修史, 久保 吉廣, 中野 雅德 :
睡眠中のRhythmic Masticatory Muscle Activity における咬筋活動と顎運動,
日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 86, 2012年5月.
87. 中村 真弓, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 西川 啓介, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
日中の咬筋活動の測定,
第47回日本顎口腔機能学会, 2011年10月.
88. 中村 真弓, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 西川 啓介, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
日中の咬筋活動の測定,
第47回日本顎口腔機能学会, 2011年10月.
89. 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 安陪 晋, 山本 修史, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 中村 真弓, 織田 英正, 上領 哲也 :
睡眠時ブラキシズムを自覚する1被験者の夜間睡眠中の顎運動経路の検討,
日本補綴歯科学会中国四国支部会, 2011年9月.
90. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 中村 真弓, 野口 直人, 安陪 晋, 加藤 隆文 :
健常被験者における睡眠嚥下時の下顎運動,
第3回日本臨床睡眠医学会学術集会, 2011年8月.
91. 中村 真弓, 重本 修伺, 中野 雅德, 郡 元治, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 板東 伸幸, 坂東 永一 :
下顎の動きで操作する代替コンピュータマウスの試作,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 265, 2011年5月.
92. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 山本 修史, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 中村 真弓, 坂東 永一 :
睡眠時下顎安静状態における顎位と咬筋活動,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 156, 2011年5月.
93. 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 加藤 隆史, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の顎運動様式,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.17, No.2, 146-149, 2010年11月.
94. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 野口 直人, 福井 真弓, 薩摩 登誉子, 竹内 久裕, 福田 政司, 宮本 裕司, 坂東 永一 :
起床時の筋症状と睡眠時ブラキシズムとの関係,
平成22年度 日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会, 2010年8月.
95. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺 :
健常者における睡眠安静時の垂直的下顎位,
日本睡眠学会 第35定期学術集会, 2010年7月.
96. 野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 西川 啓介, 竹内 久裕, 石川 輝明, 山本 修史, 坂東 永一 :
下顎偏心位で発現する睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会 第119回学術大会, 2010年6月.
97. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 福井 真弓, 郡 元治, 細木 眞紀, 久保 吉廣, 中野 雅德, 坂東 永一 :
睡眠時の安静状態における垂直的顎位の検証,
㈳日本補綴歯科学会 第119回学術大会, 2010年6月.
98. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 福井 真弓, 中野 雅德, 郡 元治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム中の最大咬筋筋活動時の顎位の検討,
日本顎口腔機能学会 第44回学術大会, 2010年4月.
99. 大倉 一夫 :
睡眠時ブラキシズムと嚥下について,
口腔QOL連続シンポジウム(咀嚼・嚥下カテゴリー), 2010年2月.
100. 大倉 一夫 :
睡眠時ブラキシズムとそれに関連する睡眠疾患,
第12回香川睡眠呼吸障害研究会, 2010年2月.
101. 重本 修伺, 石川 輝明, 坂東 永一, 野口 直人, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣 :
運動論的顆頭点の検証,
日本顎口腔機能学会 第43回学術大会, 2009年11月.
102. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 石川 輝明, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
睡眠中のブラキシズムと嚥下に伴う顎運動の解析,
日本顎口腔機能学会 第42回学術大会, 2009年4月.
103. 野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一 :
睡眠中の6自由度顎運動測定システムの開発,
日本顎口腔機能学会 第41回学術大会, 2008年11月.
104. 鈴木 善貴, 西川 啓介, 野口 直人, 山本 修史, 北村 万里子, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 池田 隆志, 坂東 永一 :
観察方法の違いが咬合接触部位の判定に与える影響,
平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, 27, 2008年8月.
105. 野口 直人, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 大倉 一夫, 中野 雅德, 細木 眞紀, 石川 輝明, 北村 万里子, 西川 啓介, 郡 元治 :
口腔内用偏心三軸コイルを用いた顎運動測定,
日本顎口腔機能学会 第40回記念学術大会, 2008年4月.
106. 山本 修史, 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 北村 万里子, 中野 雅德, 野口 直人, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 大倉 一夫 :
咬合紙検査条件とタッピング運動との関係,
日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, 14-15, 2006年11月.
107. 瀬尾 恭平, 石川 輝明, 山本 修史, 竹内 久裕, 郡 元治, 重本 修伺, 大倉 一夫, 安陪 晋, 佐藤 裕, 坂東 永一, 鈴木 温, 清水 俊也, 清水 さとみ :
下顎運動範囲の計測法に関する検討,
日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会プログラム, 19, 2006年9月.
108. 川口 貴穂, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 郡 元治, 竹内 久裕, 安陪 晋, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 佐藤 裕, 中野 雅德, 重本 修伺 :
6自由度運動測定のための磁気空間とセンサコイルについての検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 87, 2002年.
109. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 大倉 一夫, 山内 英嗣, 郡 元治, 松浦 広輿, 坂東 永一, 池田 隆志 :
眼窩エピテーゼの維持源にオッセオインテグレーティツドインプラントを応用した1例,
第21回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2001年.
110. 大倉 一夫 :
生体現象としてのブラキシズムの把握, --- 徳島大学での研究の紹介 ---,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.2, 139-145, 2000年8月.
111. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 飛梅 悟, 増田 尚子, 長山 勝, 郡 元治, 松浦 広輿, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 日野出 大輔 :
当科におけるブローネマルクインプラントの臨床統計的検討-Osseointegration獲得に関与する因子について-,
第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2000年.
112. 西川 啓介, 坂東 永一, 中野 雅德, 池田 隆志, 竹内 久裕, 大倉 一夫, 芝崎 寿郎, 安陪 晋 :
睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の測定,
日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.41, No.98, 33, 1997年10月.
(CiNii: 10013829732)
113. 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 安陪 晋, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 :
発現頻度による睡眠時ブラキシズムの分類,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.97, 68, 1997年6月.
114. 山本 伊一郎, 近藤 宏治, 池田 隆志, 大倉 一夫, 坂東 永一, 池田 隆志 :
持続咬みしめ時における咬筋筋音の測定,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.93, 43, 1995年6月.
115. 西川 啓介, 中野 雅德, 坂東 永一, 大倉 一夫, 近藤 宏治 :
閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的対応,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.92, 165, 1994年10月.
116. 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 西川 啓介, 池田 隆志, 近藤 一雄 :
マルチテレメータシステムを用いたブラキシズムの解析,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.92, 92, 1994年5月.

その他・研究会:

1. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 冨田 洋介 :
作業環境の違いによる咀嚼筋・肩甲帯筋への影響,
第11回顎口腔機能セミナー, 2019年8月.
2. 大倉 一夫 :
歯ぎしり,
徳島大学病院の最新治療がわかる本, 144-145, 2015年8月.

報告書:

1. 松香 芳三, 大倉 一夫, 小見山 道, 石垣 尚一, 鳥巣 哲朗, 大野 由夏, 佐藤 仁, 島田 明子, 山﨑 陽子, 峯 篤史, 長縄 拓哉, 佐久間 泰司, 佐々木 啓一 :
口腔顎顔面痛に対する運動療法,
日本歯科医学会 医療問題関連事業報告書, 2017年.
2. 竹内 久裕, 中野 雅德, 郡 元治, 重本 修伺, 安陪 晋, 森木 裕貴, 大倉 一夫, 石川 輝明 :
咬合面形態評価の定量化に関する研究, --- 平成16年度∼平成19年度科学研究費補助金 ---,
基盤研究(C) 研究成果報告書, 2008年5月.

特許:

1. 坂東 永一, 中野 雅德, 佐藤 裕, 細木 眞紀, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 歯の噛み合わせ測定装置, 特願2008-004891, .
2. 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 野口 直人, 大倉 一夫 : 上下歯列の3次元シミュレーション表示方法及び咬合判定方法, (2012年9月), 特許第2012-212166号.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 顎関節円板前方転位に対してスプリント装着が及ぼす治療効果の定量評価の試み (研究課題/領域番号: 19K11323 )
  • 口腔内湿潤度と睡眠中の呼吸および睡眠時ブラキシズムの関係 (研究課題/領域番号: 19K10248 )
  • 覚醒時ならびに睡眠時ブラキシズムにおける咬筋酸素化動態の検討 (研究課題/領域番号: 18K09700 )
  • 睡眠時ブラキシズムの顎運動を制御する方法の検討 (研究課題/領域番号: 15K11198 )
  • ボツリヌス毒素を用いた咬合感覚異常に対する治療法の開発 (研究課題/領域番号: 25670821 )
  • 睡眠中の咀嚼筋群の活動が頸部筋群に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 25463004 )
  • 睡眠時ブラキシズム発現時の咬合の可視化 (研究課題/領域番号: 25463001 )
  • スプリントの治療効果と睡眠時下顎安静位の関係 (研究課題/領域番号: 23592852 )
  • 下顎運動で操作可能な重度障害者のための効率的な意思伝達装置の開発 (研究課題/領域番号: 22659351 )
  • 睡眠中の下顎の動態 (研究課題/領域番号: 22592153 )
  • エレクトロクロミック材料を用いた簡便なブラキシズム診断用電極の開発 (研究課題/領域番号: 20659300 )
  • 咬合面形態評価の定量化に関する研究 (研究課題/領域番号: 16591955 )
  • 歯髄血流の圧力変化(歯髄脈波)に注目した歯髄診断法の開発研究 (研究課題/領域番号: 13877329 )
  • 簡便なブラキシズム測定装置の臨床応用 (研究課題/領域番号: 13771169 )
  • 6自由度顎運動測定器を用いた睡眠時ブラキシズムの測定解析法の確立 (研究課題/領域番号: 12671887 )
  • 研究者番号(70304540)による検索