検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 口腔インプラントセンター >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 口腔顎顔面補綴学 (歯科補綴学第一講座) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

歯学 (Dentistry)
口腔顎顔面補綴学

研究テーマ

口腔インプラント学 (歯科インプラント, 上部構造)

著書・論文

著書:

1.友竹 偉則 :
よくわかる口腔インプラント学,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2017年2月.
2.友竹 偉則, 石田 雄一, 市川 哲雄 :
インプラントとの隣接面コンタクトは喪失するか?,
2012年12月.
3.友竹 偉則, 内藤 禎人, 市川 哲雄 :
力学の基本 -生体に危険な力の理解のために-,
2012年12月.
4.友竹 偉則 :
よくわかる口腔インプラント学,
医歯薬出版, 2011年1月.
5.市川 哲雄, 永尾 寛, 友竹 偉則, 石田 雄一, 石田 修 :
リンガライズドオクルージョン -義歯の咬合・インプラントの咬合-(松本直之,市川哲雄 監著),
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2010年9月.
6.友竹 偉則, 市川 哲雄 :
CT光造形実体モデルとレーザー溶接法を利用した埋入即時負荷インプラント治療,
2008年11月.
7.市川 哲雄, 友竹 偉則, 井上 孝 :
外科 即時埋入,
2008年11月.
8.市川 哲雄, 友竹 偉則, 井上 孝 :
外科 即時荷重,
2008年11月.
9.吉田 有里, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
診断と診断用機器 画像診断-コンピュータガイドシステム,
2008年6月.
10.吉田 有里, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
診断と診断用機器 三次元画像検査用機器,
2008年6月.
11.和田 匡史, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント補綴 インプラントの生物学的幅経,
2008年6月.
12.長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント補綴 負荷の分類,免荷期間.,
2008年6月.
13.内藤 禎人, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント補綴 生体適合性/Biocompatibility,
2008年6月.
14.石田 雄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント補綴 インプラントの治療計画,
2008年6月.
15.友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント補綴 インプラントの成功基準,
2008年6月.
16.市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生 :
特殊義歯の問題点と対策,
2006年1月.
17.Yoritoki Tomotake, Wei Hau, Chen Jianrong and Tetsuo Ichikawa :
Implant supporting retaining cases.,
Oct. 2005.
18.Yoritoki Tomotake, 渋谷 恵子, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Clinical applications. Tissue supporting and implant retaining cases.,
Oct. 2005.
19.友竹 偉則, Hau Wei, Jianrong Chen, 市川 哲雄 :
インプラント支持,インプラント維持の症例,
2005年10月.
20.友竹 偉則, 渋谷 恵子, 長尾 大輔, 市川 哲雄 :
臨床への応用 粘膜支持,インプラント維持の症例,
2005年10月.
21.友竹 偉則, 蟹谷 英生, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
ステリオスインプラント,
2000年1月.

学術論文(審査論文):

1.Eijiro Sakamoto, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Yuichi Ishida and Jun-ichi Kido :
Calprotectin and cross-linked N-telopeptides of type I collagen levels in crevicular fluid from implant sites with peri-implant diseases: a pilot study,
Int J Implant Dent, Vol.2018, No.4, 26,
2.友竹 偉則, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 内藤 禎人, 荒井 安希, 清野 方子, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
歯磨剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への侵入性の調査,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.31, No.4, 309-319, 2018年.
3.Yoshihito Naitou, Hiromichi Yumoto, K Hs Kumar, Takashi Matsuo, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake, R Jimbo and Tetsuo Ichikawa :
Antifungal and Mechanical Properties of Tissue Conditioner Containing Plant-Derived Component, --- An In Vitro Study ---,
Journal of Prosthodontics, Vol.27, No.7, 665-669, 2018.
(DOI: 10.1111/jopr.12546,   PubMed: 28901663)
4.Gantumur Chimeddulam, Keisuke Nishigawa, Yoshihito Naitou, Junhel Dalanon, S Afroz, Rika Hayama, Masamitsu Ohshima, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Yoshizo Matsuka :
Radiographic investigation of the marginal bone loss on dental implants, a retrospective cohort study,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 13-24, 2018.
5.市川 哲雄, 友竹 偉則, 田島 登誉子, 内藤 禎人, 清水 裕次, 石田 雄一 :
グラスファイバーで補強された高強度コンポジットレジンを用いた3ユニットブリッジ治療について(原著論文),
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.2, 55-62, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109869,   CiNii: 120005823524)
6.Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Digital assessment of preliminary impression accuracy for edentulous jaws: Comparisons of 3-dimensional surfaces between study and working casts,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.60, No.3, 206-212, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2015.12.007,   PubMed: 26822762,   Elsevier: Scopus)
7.近藤 尚知, 尾澤 昌悟, 澤瀬 隆, 横山 敦郎, 関根 秀志, 舞田 健夫, 鮎川 保則, 中野 環, 久保 隆靖, 細川 隆司, 友竹 偉則, 城戸 寛史, 越智 守生, 塩田 真, 尾関 雅彦, 西村 正宏, 前田 芳信, 會田 英紀, 玉置 勝司, 笛木 賢治, 塚崎 弘明, 小野 高裕, 松下 恭之, 松香 芳三, 水口 一, 桑鶴 利香, 山下 秀一郎, 飯塚 知明, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 古谷野 潔, 矢谷 博文 :
下顎大臼歯欠損に対しインプラント支持固定性補綴装置による治療介入時に付与すべき咬合様式,
日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.1, 1-9, 2016年.
(DOI: 10.2186/ajps.8.1,   CiNii: 130005128732)
8.Yoshihito Naitou and Yoritoki Tomotake :
任意形状の付与が可能なチタン多孔体の生体材料への応用研究. 内藤禎人,友竹偉則.チタン 63(4)52-57 2015.,
チタン, Vol.63, No.4, 52-57, 2015.
9.Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
MiR-494-3p induced by compressive force inhibits cell proliferation in MC3T3-E1 cells.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.120, No.4, 456-462, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jbiosc.2015.02.006,   PubMed: 25795570,   Elsevier: Scopus)
10.Prananingrum Widyasri, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 田島 登誉子, 市川 哲雄 :
モールドレスプロセスによるチタン多孔体のインプラント上部構造への応用,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.28, 305, 2015年.
11.友竹 偉則, 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 西中 英伸, 市川 哲雄 :
インプラント上部構造における前装材破折と主機能部位との関連について,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.28, No.3, 326-333, 2015年.
12.Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of female attachment installation load on movement and resultant forces in implant overdentures,
Journal of Prosthodontics, Vol.24, No.2, 156-163, 2015.
(DOI: 10.1111/jopr.12177,   PubMed: 24975368,   Elsevier: Scopus)
13.Takanori Kawano, Widyasri Prananingrum, Yuichi Ishida, Takaharu Goto, Yoshihito Naitou, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Blue-violet laser modification of titania treated titanium: antibacterial and osteo-inductive effects,
PLoS ONE, Vol.8, No.12, e84327, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0084327,   PubMed: 24358355,   Elsevier: Scopus)
14.市川 哲雄, 後藤 崇晴, 友竹 偉則 :
磁性アタッチメントを用いたミニインプラントオーバーデンチャーにおける力学的解析,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.4, 660-667, 2013年.
(DOI: 10.11237/jsoi.26.660,   CiNii: 130004631899)
15.Hideki Suito, Yuki Iwawaki, Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Oral factors affecting titanium elution and corrosion: an in vitro study using simulated body fluid.,
PLoS ONE, Vol.8, No.6, e66052, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0066052,   PubMed: 23762461,   Elsevier: Scopus)
16.市川 哲雄, 友竹 偉則, 後藤 崇晴 :
インプラントの感覚能に関する文献的考察 天然歯との比較,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.2, 272-280, 2013年.
(CiNii: 10031183800)
17.Yoshihito Naitou, Jiyon Be, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa :
Formability and mechanical properties of porous titanium produced by a moldless process,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.101, No.6, 1090-1094, 2013.
(DOI: 10.1002/jbm.b.32919,   PubMed: 23559484,   Elsevier: Scopus)
18.水頭 英樹, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
磁性アッタチメントを用いたミニインプラントオーバーデンチャーの力学的解析,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.26, No.4, 660-667, 2013年.
19.水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
固定方法からみたインプラント上部構造の臨床的・文献的考察,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 39-46, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109827)
20.Chen Rong Jian, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Telescopic Magnetic Attachment for Implant-Supported Denture: Evaluation of Splint Effect,
The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, Vol.26, No.3, 657-664, 2011.
(PubMed: 21691614)
21.Hideki Suito, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Daisuke Nagao, Yuichi Ishida and Tetsuo Ichikawa :
Survival of immediate implant restoration: A retrospective study through 9-year-observation,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.55, No.3, 141-145, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2010.10.004,   PubMed: 21300587)
22.石田 雄一, 伊藤 照明, 西中 英伸, 佐藤 裕, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 荒井 一生 :
姿勢検出センサを用いたインプラント埋入ナビゲーションシステムの開発,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.23, No.4, 715-722, 2010年.
(CiNii: 10027841773)
23.Jing Li, Yoshihito Naitou, Jian-Rong Chen, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Takanori Kawano, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
New glass polyalkenoate temporary cement for cement-retained implant restoration: Evaluation of elevation and retentive strength,
Dental Materials Journal, Vol.29, No.5, 589-595, 2010.
(DOI: 10.4012/dmj.2009-102,   PubMed: 20877129)
24.Toshiya Kashiwabara, Takaharu Goto, Yutaka Sato, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
A new method to prevent the corrosion of dental materials, during disinfection using functional water: Sacrificial protection,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.54, No.3, 147-149, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2010.01.004,   PubMed: 20189474)
25.友竹 偉則, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁石固定式上部構造におけるインプラント支持歯槽骨の光弾性応力解析,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 39-46, 2010年.
26.吉田 有里, 森田 康彦, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
小照射野歯科用CT撮影における画像測定精度の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, No.1, 3-14, 2009年.
(CiNii: 10025689959)
27.Tetsuo Ichikawa, Osamu Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Hua Wei :
A new retrieval system for cement-retained implant superstructures.,
Journal of Prosthodontics, Vol.17, No.6, 487-489, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1532-849X.2008.00329.x,   PubMed: 18544129)
28.Wei Hau, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Implant prostheses and adjacent tooth migration: preliminary retrospective survey using 3-dimensional occlusal analysis.,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.21, No.4, 302-304, 2008.
(PubMed: 18717086)
29.吉田 有里, 森田 康彦, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
小照射野歯科用CT装置での患者被曝線量の検討.被曝測定用X線フィルムを用いた解析.,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.3, 439-446, 2008年.
30.吉田 有里, 誉田 栄一, 友竹 偉則, 長尾 大輔, 市川 哲雄 :
小照射野歯科用CT装置での患者被曝線量の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.2, 280-286, 2007年.
(CiNii: 10019575094)
31.吉田 有里, 友竹 偉則, 渡邉 恵, 長尾 大輔, 市川 哲雄 :
非接触型共鳴振動周波数分析装置の値に影響を与える因子についての検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.4, 446-452, 2006年.
32.Chen Jianrong, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of a Vent Hole on the Retentive Force of a Cement-retained Superstructure before/after Thermocycling,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.5, No.3, 157-160, 2006.
(DOI: 10.2186/prp.5.157,   CiNii: 10018226093)
33.友竹 偉則 :
上顎両側臼歯部欠損に上顎洞底挙上術を併用してインプラント治療を行った1症例,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.2, 314-317, 2005年.
(DOI: 10.2186/jjps.49.314,   PubMed: 15858330,   CiNii: 10015525024)
34.市川 哲雄, 佐藤 博信, 安田 登, 服部 正巳, 尾関 雅彦, 友竹 偉則, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 窪木 拓男, 和気 裕之, 大山 喬史 :
日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか,
補綴臨床, Vol.37, No.6, 639-645, 2004年.
(CiNii: 50000067194)
35.Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa :
In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
(DOI: 10.2186/prp.3.84,   CiNii: 10013728469)
36.齋賀 明彦, 市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生, 本釜 聖子 :
スクリュー締め付け回転角/トルク計測によるインプラント上部構造の適合性評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.2, 353-360, 2003年.
(DOI: 10.2186/jjps.47.353,   CiNii: 10010529528)
37.齊賀 明彦, 市川 哲雄, 友竹 偉則, 蟹谷 英生, 本釜 聖子 :
スクリュー締め付け回転角/トルク計測によるインプラント上部構造の適合性評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.2, 353-360, 2003年.
38.Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa, Hideo Kanitani, Masahide Nakao and Naoki Kitaoka :
Dynamics of bone marrow pressure with tapping of titanium and hydroxyapatite implants in rabbit,
Clinical Oral Implants Research, Vol.13, No.2, 221-224, 2002.
(DOI: 10.1034/j.1600-0501.2002.130213.x,   PubMed: 11952743)
39.齋賀 明彦, 市川 哲雄, 北岡 直樹, 友竹 偉則, 浜口 順弘 :
インプラントのスクリュー締結が周囲組織に及ぼす影響, --- 模型実験 ---,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.15, No.1, 1-9, 2002年.
(CiNii: 50001100686)
40.友竹 偉則, 蟹谷 英生, 中尾 雅英, 市川 哲雄 :
インパルス衝撃応答と骨髄圧によるオッセオインテグレーションの評価,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.1, 110-119, 2002年.
(DOI: 10.2186/jjps.46.110,   CiNii: 10007937819)
41.Yoritoki Tomotake, Osamu Ishida, Hideo Kanitani and Tetsuo Ichikawa :
Immediate implant-supported oral rehabilitation using a photocurable plastic skull model and laser welding: A technical Note of Screw Retained type: Part 1,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.15, No.3, 303-306, 2002.
(PubMed: 12066496,   Elsevier: Scopus)
42.Hideo Kanitani, Yoritoki Tomotake, Wigianto Rudi, Naeko Kawamoto and Tetsuo Ichikawa :
Bone changes around hydroxyapatite and titanium implants after abutment placement in rabbits, --- observations using histological and three-dimensional examinations ---,
The Journal of Oral Implantology, Vol.26, No.4, 251-256, 2000.
(DOI: 10.1563/1548-1336(2000)026<0250:BCAHAT>2.3.CO;2,   PubMed: 11831230)
43.齋賀 明彦, 野田 美幸, 市川 哲雄, 川本 苗子, 蟹谷 英生, 友竹 偉則 :
インプラント上部構造のPassive fit適合試験法の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.13, No.3, 522-529, 2000年.
44.蟹谷 英生, 友竹 偉則, 川本 苗子, 野田 美幸, 斎賀 明彦, 市川 哲雄 :
高周波電気メスがインプラント周囲骨組織に及ぼす影響について,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.12, No.3, 343-349, 1999年.
45.野田 美幸, 石川 正俊, 市川 哲雄, 蟹谷 英生, 友竹 偉則, 川本 苗子, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 :
下顎運動時の下顎骨の変形に対するインプラント連結の影響, --- 三次元有限要素法による解析 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.4, 580-585, 1998年.
46.Fumiaki Kawano, Takao Hanawa, Kenji Oka, Yoritoki Tomotake, Kenzo Asaoka, Tetsuo Ichikawa and Naoyuki Matsumoto :
Estimation of residual stress in dental porcelain by Laser-Raman spectroscopy,
Dental Materials Journal, Vol.17, No.1, 41-50, 1998.
47.友竹 偉則, 河野 文昭, 永尾 寛, 川端 修一, 佐藤 修斎, 秋田 一郎, 川田 雄祥, 猪子 寿一, 松本 直之 :
義歯用硬質レジン歯と即時重合レジンとの結合強さについて, --- 各種ボンディング材の比較 ---,
四国歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 115-122, 1997年.
48.Kenji Oka, Takao Hanawa, Masayuki Kon, Hae-Hyoung Lee, Fumiaki Kawano, Yoritoki Tomotake, Matsumoto Naoyuki and Kenzo Asaoka :
Effect of barium in porcelain on bonding strength of titanium-porcelain system,
Dental Materials Journal, Vol.15, No.2, 111-120, 1996.
49.岡 謙次, 河野 文昭, 友竹 偉則, 今 政幸, 塙 隆夫, 淺岡 憲三, 松本 直之 :
焼付用陶材のイオン交換法による強化と破壊力学特性に関する研究,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 598-603, 1996年.
50.河野 文昭, 永尾 寛, 野田 正純, 岡 謙次, 友竹 偉則, 川端 修一, 松本 直之, 今 政幸, 淺岡 憲三 :
軟質裏装材の衝撃緩衝に関する研究, --- 第2報 裏装法の違いが衝撃緩衝能に与える影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 501-507, 1996年.
51.河野 文昭, 永尾 寛, 岡 謙次, 友竹 偉則, 今 政幸, 淺岡 憲三, 松本 直之 :
粘弾性解析による軟質裏装材の有用性に関する研究, --- 第3報 軟質裏装材の粘性が床下組織の応力分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.6, 1004-1009, 1995年.
52.井上 三四郎, 河野 文昭, 永尾 寛, 岡 謙次, 友竹 偉則, 松本 直之 :
全部床義歯床下組織の負担圧分布に関する基礎的研究, --- 第3報 臼歯人工歯の咬合面形態の差が負担圧分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.3, 501-510, 1995年.

総説・解説:

1.津村 希望, 友竹 偉則, 石田 修, 市川 哲雄 :
基本的な歯科技工の``勘どころ'' -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第8回 上顎前歯部のインプラント補綴から``技工操作の総合的な調整''を学ぶ,
歯科技工, Vol.43, No.2, 208-219, 2015年2月.
2.津村 希望, 友竹 偉則, 石田 修, 市川 哲雄 :
基本的な歯科技工の``勘どころ'' -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第3回 上顎片側中間欠損に対するパーシャルデンチャーから``技師の設計''を学ぶ,
歯科技工, Vol.42, No.9, 1000-1009, 2014年9月.

国際会議:

1.Prananingrum Widyasri, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada and Tetsuo Ichikawa :
Sintering Time and Its Influence on Moldless-Processed Porous Titanium's Properties,
94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
2.Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Functional Significance of the Main Occluding Area for Partially Edentulous,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
3.Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
Mechanical stress - responsive microRNA,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference, Makassar, Indonesia, Dec. 2014.
4.Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Clinical significance of the main occluding in prosthodontic treatment,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
5.Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Location of the main occluding area after implant treatment,
38th Annual Conference of The European Prosthodontic Association, Istanbul, Sep. 2014.
6.Yuichi Ishida, Hideki Suito, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Prediction of prosthetic complications in the superstructure by assessing changes in the provisional restoration.,
The 15th Biennnial Meeting of International College of Prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
7.Yuichi Ishida, 水頭 英樹, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Prediction of prosthetic complications in the superstructure by assessing changes in the provisional restoration.,
The 15th Biennnial Meeting of International College of Prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
8.Osamu Isida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
The development of implant superstructures: especially considering the retrievability.,
Programs and Abstracts of Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics., Vol.8, 135, Dec. 2012.
9.Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Systematic literature review on sensation of osseointegrated implants.,
Programs and Abstracts of Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics., Vol.8, 137, Dec. 2012.
10.Yoritoki Tomotake, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
The Relationship between Main Occluding Area and Prosthetic Complains in Implant Superstructure.,
The 8th Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics, Vol.8, 139, Chennai, Dec. 2012.
11.Hideki Suito, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Oral factors affecting titanium elution and corrosion; in vitro study using SBF solution.,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Dec. 2012.
12.Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Sensation of osseointegrated implants: literature review and new neurophysiological approach,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Dec. 2012.
13.Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Attachments On Load Transfer in Implant Overdentures: Effect Of Denture Rigidity,
14th Meeting of International College of Prosthodontists, Hawaii, Sep. 2011.
14.Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka :
Properties of Porous Titanium using Moldless Process,
International Joint Symposium on Oral Science, Denpasar, Dec. 2010.
15.Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoshihito Naitou, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Observation of the Main ccluding Area with Partually bentate, changes before/after Prosthetic Treatments.,
6th Scientific Meeting Asian Academy of Osseointegration, Seoul, Nov. 2010.
16.Yoshihito Naitou, Kenichi Hamada, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Powder-size effect on biocompatibility of porous-titanium produced using moldless-process,
19th Annual Scientific Meeting European Assocoation for Osseintegration, Glasgow, Oct. 2010.
17.Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoshihito Naitou, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Attachments on Load Transfer in Implant Overdentures,
19th Annual Scientific Meeting European Assocoation for Osseintegration, Glasgow, Oct. 2010.
18.Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka :
Smart process of porous titanium for tailor-made medical and dental devices,
Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2009, Berlin, Aug. 2009.
19.Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Tetsuo Ichikawa :
Bioactivity of porous titanium prodeced by a newly developing moldless process,
2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007.
20.Yoshihito Naitou, Kenichi Hamada, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka :
Bioactivity of porous titanium produced using moldless process,
6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jul. 2007.
21.Kenichi Hamada, Yoshihito Naitou, Daisuke Nagao, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Kenzo Asaoka :
Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications,
6th International Symposium on Titanium in Dentistry, Kyoto, Jun. 2007.
22.Daisuke Nagao, Katsuhiko Yoshimoto, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Y Yoshijima and Tetsuo Ichikawa :
Gene expression in a mouse osteoblast like cell line in response to compressing force.,
11th International College of Prosthodontists, Crete, Greece, May 2005.
23.Takao Hanawa, Fumiaki Kawano, Masayuki Kon, Kenji Oka, Yoritoki Tomotake, Kenzo Asaoka and Matsumoto Naoyuki :
Estimation of residual stress of porcelain by laser Raman spectroscopy,
Journal of Dental Research, Vol.75, No.Spec, 125, San Francisco, Mar. 1996.
24.Kenji Oka, Yoritoki Tomotake, Fumiaki Kawano, Masayuki Kon and Kenzo Asaoka :
Effect of ion exchange on Weibull parameter of dental porcelains,
Journal of Dental Research, Vol.74, No.Spec, 489, Singapore, Jun. 1995.

国内講演発表:

1.Chimeddulam G, 西川 啓介, 内藤 禎人, Dalanon Junhel Casinillo, Shaista Afroz, 葉山 莉香, 大島 正充, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 松香 芳三 :
インプラントシステムの違いによるインプラント周囲骨吸収に関する長期放射線学的検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
2.鴨居 浩平, 安陪 晋, 藤澤 健司, 友竹 偉則, 堀川 恵理子, 山内 英嗣, 宮本 洋二, 河野 文昭 :
着脱を容易にする機構を付与したセメント固定式上部構造を用いた1症例,
第37回公益社団法人日本口腔インプラント学会, 2017年11月.
3.荒井 安希, 清野 方子, 友竹 偉則, 和田 匡史, 高瀬 維彦, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 市川 哲雄 :
臼歯部インプラント補綴のセルフクリーニングに関する研究,
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 第37回中国・四国支部学術大会, 2017年11月.
4.Ch. Gantumur, Keisuke Nishigawa, R. Hayama, Toyoko Tajima, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Tetsuo Ichikawa and Yoshizo Matsuka :
Etiological investigation of the marginal bone loss on the peri-implant area: a retrospective cohort study,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.
5.渡邉 恵, 南 憲一, 高瀬 維彦, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
低周波パルス磁場が骨芽細胞分化に与える影響,
第47回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2017年9月.
6.友竹 偉則, 荒井 安希, 清野 方子, 内藤 禎人, 田島 登誉子, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄 :
歯磨剤に配合された顆粒成分のインプラント周囲溝への侵入性の調査,
第47回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2017年9月.
7.邉見 蓉子, 関根 一光, 神野 洋平, 神保 良, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 浜田 賢一 :
多孔性チタン編物の変形特性の異方性,
日本金属学会2017年春季大会, 2017年3月.
8.堀川 恵理子, 安陪 晋, 藤澤 健司, 高橋 章, 山内 英嗣, 友竹 偉則, 宮本 洋二, 河野 文昭 :
単独歯インプラントの隣在歯の生存率に関する調査,
日本口腔インプラント学会 中国・四国支部学術大会, 45, 2016年11月.
9.邉見 蓉子, 関根 一光, 神野 洋平, 神保 良, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 浜田 賢一 :
高い変形能を示す多孔性チタン織物の骨伝導能,
日本金属学会2016年秋季大会, 2016年9月.
10.檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
咬合力維持における前頭前野の活動と感覚統合:インプラントと天然歯の比較,
第46回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2016年9月.
11.岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
マウス骨芽細胞におけるストレス誘導性microRNAの解析,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
12.Gantumur Chimeddulam, 西川 啓介, 葉山 莉香, 田島 登誉子, 友竹 偉則, 内藤 禎人, 市川 哲雄, 松香 芳三 :
歯科インプラント周囲の骨吸収に関する臨床疫学研究,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
13.田島 登誉子, 内藤 禎人, 松香 芳三, 大倉 一夫, 友竹 偉則 :
自家骨移植による下顎骨再建症例にリーゲル機構を付与した患者可綴式上部構造を用いて咬合機能を回復した 2 症例,
日本口腔インプラント学会誌, 2015年9月.
14.岩脇 有軌, 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
microRNA -mirR-494-3p,
平成27年度 社団法人日本補綴歯科学会 第124回学術大会, 2015年5月.
15.内藤 禎人, 神保 良, 田島 登誉子, 市川 哲雄, 友竹 偉則 :
ウサギ頭蓋骨におけるシンバスタチン封入徐放型マイクロスフィアの骨形成促進効果,
日本口腔インプラント学会中国・四国支部学術大会, 2014年11月.
16.岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
メカニカルストレス応答性 miR-494-3p による FGFR2 発現の抑制,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
17.渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
周期的低周波磁場が骨芽細胞の分化に与える影響,
第44回 公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2014年9月.
18.岩脇 有軌, 水澤 典子, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
メカニカルストレスに応答するmiR-494-3pはFGFR2の発現を抑制する,
公益社団法人日本補綴歯科学会第123回学術大会, 2014年5月.
19.石田 雄一, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
フルートの演奏を仕事とする患者に対してインプラント治療を行った1 症例,
第33回公益社団法人日本口腔インプラント学会 中国・四国支部総会学術大会, 2013年11月.
20.岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
メカニカルストレスに応答するmicroRNAの同定,
第43回 公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2013年9月.
21.檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 多田 望 :
口腔内刺激が脳機能活動に与える影響,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
22.岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
機械的刺激応答性miRNAの同定,
第5回日本RNAi研究会 広島, 2013年8月.
23.水頭 英樹, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
疑似体液中でのチタン溶出への影響を及ぼす因子の検討,
公益社団法人日本補綴歯科学会設立80周年記念 第122回学術大会, 2013年5月.
24.水頭 英樹, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
疑似体液中でのチタン溶出への影響を及ぼす因子の検討,
公益社団法人日本補綴歯科学会設立80周年記念 第122回学術大会, 2013年5月.
25.水頭 英樹, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントを応用したミニインプラントオーバーデンチャーの負担圧分布と義歯の動揺解析,
第32回日本口腔インプラント学会 中国・四国支部学術大会, 2012年11月.
26.友竹 偉則, 藤本 直樹, 山田 幸夫, 富永 賢, 市川 哲雄 :
歯冠内スライドアタッチメントによる分割式上部構造を用いた症例考察.,
日本口腔インプラント学会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
27.石田 雄一, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント暫間上部構造による最終上部構造の推定.,
日本歯科医学会総会, 2012年11月.
28.後藤 崇晴, 永尾 寛, 石田 雄一, 柏原 稔也, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布と義歯の動揺に関する研究,
第22回日本歯科医学会総会, 2012年11月.
29.後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントを歯冠内・歯冠外アタッチメントとして用いた長期経過症例について,
第22回日本磁気歯科学会学術大会, 2012年11月.
30.水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 西村 良一 :
チタンの溶出に影響を及ぼす因子の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, 292, 2012年9月.
31.岩脇 有軌, 西中 英伸, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント上部構造における主機能部位と補綴学的問題の関連について,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, 295, 2012年9月.
32.水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 西村 良一 :
チタンの溶出に影響を及ぼす因子の検討,
第42回公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2012年9月.
33.後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 宮本 雅司 :
義歯の動揺計測からインプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布を推定できるか,
社団法人日本補綴歯科学会 第121回学術大会, 2012年5月.
34.渡邉 恵, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
ニッケルアレルギーモデルマウス樹状細胞における Rhoファミリー低分子量G蛋白質の動態解析,
日本補綴歯科学会 第121回学術大会, 2012年5月.
35.水頭 英樹, 岩脇 有機, 内藤 禎人, 長尾 大輔, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
セメントおよびスクリュー固定を併用するインプラント-上部構造に関する考察,
日本補綴歯科学会誌, Vol.4, No.1, 2012年1月.
36.岩脇 有軌, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント治療に対する認識 -学生・研修医へのアンケート調査-,
第31回 日本口腔インプラント学会 中国四国支部総会学術大会, 2011年10月.
37.長尾 大輔, 内藤 禎人, 水頭 英樹, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント周囲溝滲出液中におけるタンパクの定量的評価,
第41回公益社団法人 日本口腔インプラント学会・学術大会, 2011年9月.
38.石田 雄一, 水頭 英樹, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラント暫間上部構造による最終上部構造の推定:前装部破損と隣接面コンタクトの離開,
第41回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会, 2011年9月.
39.T Goto, H Nishinaka, Toshiya Kashiwabara, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Significance of the Main Occluding Area in Implant Treatment,
社団法人日本補綴歯科学会 第120回記念学術大会, May 2011.
40.石田 雄一, 後藤 崇晴, 渡邉 恵, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
臼歯遊離端欠損症例におけるインプラント上部構造に関する臨床調査,
第30回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2010年11月.
41.友竹 偉則, 木村 英一郎, 河上 雄之介, 加藤 智彦, 陶山 ケイ子, 岸 祐治, 山根 進, 市川 哲雄 :
インプラント治療への患者と歯科医の疑問に関するアンケート調査,
第40回日本口腔インプラント学会・学術大会, 2010年9月.
42.後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
アタッチメントの違いがインプラントオーバーデンチャー床下組織の負担圧に及ぼす影響 -義歯の剛性の影響-,
第40回日本口腔インプラント学会・学術大会, 2010年9月.
43.奥津 達, 吉田 有里, 長尾 大輔, 石田 雄一, 佐藤 裕, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
MC3T3-E1細胞における間欠的な圧縮ストレスに対する反応,
日本口腔インプラント学会・第38回学術大会抄録, Vol.21, 135, 2008年9月.
44.石田 雄一, 佐藤 裕, 吉田 有里, 長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
姿勢検出センサを用いたインプラント埋入システムの開発,
2007年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 歯科インプラント治療の確実性を高める多機能メンブレンの開発 (研究課題/領域番号: 16K11598 )
  • チタン焼結体の歯科補綴への応用 (研究課題/領域番号: 15K11196 )
  • ストレス刺激に応答するmiRNAと口腔内への分泌の解明 (研究課題/領域番号: 25670822 )
  • 温度応答性ポリマーによる口腔ケアに有効な義歯安定剤の開発 (研究課題/領域番号: 24592958 )
  • 放射線療法を受けた顎骨組織のインプラト補綴による力学的反応 (研究課題/領域番号: 21592497 )
  • 患者中心医療に向けた口腔インプラント手術支援システムに関する研究 (研究課題/領域番号: 18300170 )
  • インプラント周囲炎に対する周囲骨再生療法の開発 (研究課題/領域番号: 17659611 )
  • テーラーメイド型機能的生体材料の開発 (研究課題/領域番号: 17390521 )
  • 埋入即時負荷インプラント治療の適正と治療設計の基準についての検討 (研究課題/領域番号: 16791193 )
  • Osseointegrationに影響を及ぼす種々の物理的因子の検討 (研究課題/領域番号: 14370637 )
  • インプラント治療における周囲軟組織増生法(バルーンエクステンション法)の開発 (研究課題/領域番号: 13771170 )
  • 骨質の評価法の開発とチタン表面の改質 (研究課題/領域番号: 12470421 )
  • インプラントの振動,変位特性からみた適切なインプラント骨界面と上部構造材料の推定 (研究課題/領域番号: 11771223 )
  • 各種インプラントに形成された口腔内細菌バイオフィルムが周囲組織に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 11671937 )
  • 義歯用硬質レジン歯と即時重合レジンの結合強さの向上に関する研究 (研究課題/領域番号: 08771795 )
  • 研究者番号(70263853)による検索