検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 総合薬学教育学系 > 総合薬学研究推進学 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 総合薬学講座 > 総合薬学研究推進学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

生物物理化学 (Biophysical Chemistry)
製剤物理化学

研究テーマ

高分子化合物の膜透過に関する研究, 生体膜に対する膜作用性薬物の作用メカニズムの研究
高分子電解質複合体に関する研究, DNA-脂質二分子膜相互作用に関する研究

著書・論文

著書:

1.嶋林 三郎, 植野 哲 :
辻彰 編集 ''新薬剤学(改訂第2版)'' 第Ⅲ部 物理薬剤学 第4章 界面化学 担当,
南江堂, 東京, 2007年4月.
2.嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 :
製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月.

学術論文(審査論文):

1.Satoru Ueno :
EFFECT OF TRYPTOPHAN RESIDUES ON ADSORPTION OF A CATIONIC ARGININE RICH POLYPEPTIDE BY HYDROXYAPATITE NANOPARTICLES AND FOLLOWING TRANSLOCATION OF THE POLYPEPTIDE THROUGH A LIPID VESICLE MEMBRANE,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.25, No.1, 39-44, 2011.
(DOI: 10.3363/prb.25.39)
2.Satoru Ueno :
Formation of Poly-L-lysine - hydroxyapatite Nanoparticle Complexs and Interactions between These Complexes and Lipid Bilayer Membranes,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.24, No.1, 32-37, 2010.
(DOI: 10.3363/prb.24.32)
3.Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly-L-arginine-Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes Translocate Through Lipidbilayer Membranes,
Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 111-119, 2009.
(DOI: 10.3233/BME-2009-0570,   PubMed: 19581704)
4.Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Formation of Poly-L-Arginine - Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes and Interactions between Complexes and Lipidbilayer Membranes,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.23, No.1, 57-62, 2009.
(DOI: 10.3363/prb.23.57)
5.Takeshi Murata, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi :
Solubility of monoalkyl phosphate in water in the presence of arginine and Triton, and solubilization of methyl yellow through the mixed micelle,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, No.1, 41-47, 2008.
(DOI: 10.3363/prb.22.41)
6.Emiko Motoki, Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Effects of ionic surfactants on the adsorption of bovine serum albumin to the surface of hydroxyapatite,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 9-15, 2007.
(DOI: 10.3363/prb.21.9)
7.Satoru Ueno, Yasuko Yoshioka and Saburo Shimabayashi :
Effects of Phosphate Ions on the Polypeptide-Liposome Membrane Interaction,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 71-77, 2007.
(DOI: 10.3363/prb.21.71)
8.Satoru Ueno, Saburo Shimabayashi and Akira Shibata :
Polyethyleneimine can permeate through a lipid bilayer of a giant liposome,
Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 19-27, 2006.
(CiNii: 10018297941)
9.Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Emiko Motoki :
Effect of Dodecyltrimethylammonium Chloride on the Adsorption of Bovine Serum Albumin to the Surface of Hydroxyapatite,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 135-140, 2006.
(DOI: 10.3363/prb.20.135)
10.Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Kuniomi Warabino :
Preparation and adsorption properties of hydroxyapatite surface-modified by cetylphosphate,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 129-134, 2006.
(DOI: 10.3363/prb.20.129)
11.Liu Shaoqian, Akira Shibata, Satoru Ueno, Huang Ying, Wang Yifan and Li Yuanjian :
Translocation of positively charged copoly(Lys/Tyr) across phospholipid membranes,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.339, No.3, 761-768, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.11.079,   PubMed: 16316626,   Elsevier: Scopus)
12.A. Shibata, K. Maeda, H. Ikema, Satoru Ueno, Y. Suezaki, S. Liu, Y. Baba and I. Ueda :
Local anesthetics facilitate ion transport across lipid planar bilayer membranes under an electric field: Dependence on type of lipid bilayer,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.42, No.3-4, 197-203, 2005.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2005.02.006,   PubMed: 15893219)
13.Akira Shibata, Ayako Sakata, Satoru Ueno, Tsuguhide Hori, Kazushi Minami, Yoshinobu Baba and Naoki Kamo :
Regeneration and inhibition of proton pumping activity of bacteriorhodopsin blue membrane by cationic amine anesthetics,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1669, No.1, 17-25, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2005.02.002,   PubMed: 15842995)
14.Kenji Fukuzawa, Yasuaki Saitoh, Kaori Akai, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Tokumura, Masaki Otagiri and Akira Shibata :
Antioxidant effect of bovine serum albumin on membrane lipid peroxidation induced by iron chelate and superoxide,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 145-155, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2004.12.006,   PubMed: 15670740)
15.植野 哲, 池間 秀之, 末崎 幸生, 馬場 嘉信, 柴田 瑩 :
局所麻酔薬は小イオンの脂質二分子膜透過を促進する,
麻酔と蘇生, Vol.41, No.1, 9-12, 2005年.
(Elsevier: Scopus)
16.Kaori Akai, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Shibata, Toshiaki Tamaki and Kenji Fukuzawa :
Ability of ferric nitrilotriacetate complex with three pH-dependent conformations to induce lipid peroxidation.,
Free Radical Research, Vol.38, No.9, 951-962, 2004.
(DOI: 10.1080/1071576042000261945,   PubMed: 15621713)
17.Toyoshi Hasegawa, Atsushi Bando, Koichiro Tsuchiya, Shinji Abe, Masumi Okamoto, Kazuyoshi Kirima, Satoru Ueno, Masanori Yoshizumi, Hitoshi Houchi and Toshiaki Tamaki :
Enzymatic and non-enzymatic formation of reactive oxygen species from 6-anilino-5,8-quinolineequinone,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1670, No.1, 19-27, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2003.10.008,   PubMed: 14729138)
18.Akira Shibata, Syuichi Murata, Satoru Ueno, Shaoqiqn Liu, Shiroh Futaki and Yoshinobu Baba :
Synthetic copoly(Lys/Phe) and poly(Lys) translocate through lipid bilayer membranes,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1616, No.2, 147-155, 2003.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2003.08.003,   PubMed: 14561472)
19.Satoru Ueno, Akira Shibata, Yorimitsu Ayako, Yoshinobu Baba and Naoki Kamo :
Redox potentials of the oriented film of the wild-type, the E194Q-, E204Q- and D96N-mutated bacteriorhodopsin,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1609, No.1, 109-114, 2003.
(DOI: 10.1016/S0005-2736(02)00660-0,   PubMed: 12507765)
20.Satoru Ueno and Akira Shibata :
Redox potential of bacteriorhodopsin in oriented purple membrane films,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.23, No.4, 383-390, 2002.
(DOI: 10.1016/S0927-7765(01)00259-4)
21.Akira Shibata, A. Yorimitsu, H. Ikema, K. Minami, Satoru Ueno, E. Muneyuki and Tomihiko Higuti :
Photocurrent of purple membrane adsorbed onto a thin polymer film, --- action characteristics of the local anesthetics ---,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.23, No.4, 375-382, 2002.
(DOI: 10.1016/S0927-7765(01)00272-7)
22.植野 哲, 頼光 絢子, 馬場 嘉信, 柴田 瑩 :
膜蛋白質のプロトンポンプ活性に対するアミン形局所麻酔薬の二相性効果,
麻酔と蘇生, Vol.38, 195-197, 2002年.
23.Akira Shibata, H. Ikema, Satoru Ueno, E. Muneyuki and Tomihiko Higuti :
Alkane derivative-bacteriorhodopsin interaction: proton transport and protein structure,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.22, No.1, 31-38, 2001.
(DOI: 10.1016/S0927-7765(01)00155-2,   PubMed: 11438238,   Elsevier: Scopus)
24.Kenji Fukuzawa, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Masahito Iemura, Naoto Gondoh, Masanobu Fujii, Satoru Ueno and Akira Shibata :
A comparative study of the ability of ferric nitrilotriacetate and other iron chelators to assist membrane lipid peroxidation by superoxide radicals,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.110, No.1, 69-84, 2001.
(PubMed: 11245836)
25.A. Shibata, K. Yamada, H. Ikema, Satoru Ueno, E. Muneyuki and Tomihiko Higuti :
Photocurrent of purple membrane adsorbed onto a thin solid film: effects of monovalent and divalent ions,
Studies in Surface Science and Catalysis, Vol.132, 635-638, 2001.
(DOI: 10.1016/S0167-2991(01)82171-6,   Elsevier: Scopus)
26.山田 桂子, 池間 秀之, 植野 哲, 柴田 瑩 :
膜蛋白質 - 麻酔薬相互作用:界面の水の効果,
麻酔と蘇生, Vol.36, 29-31, 2000年.
27.植野 哲, 柴田 瑩, 樋口 富彦 :
揮発性麻酔薬と紫膜の相互作用:セボフルランの作用特性,
麻酔と蘇生, Vol.36, 155-158, 2000年.
28.池間 秀之, 柴田 瑩, 植野 哲, 馬場 嘉信, 樋口 富彦 :
好塩菌紫膜に対する電荷型および非電荷型テトラカインの作用部位,
麻酔と蘇生, Vol.35, 31-34, 1999年.
29.池間 秀之, 柴田 瑩, 植野 哲, 馬場 嘉信 :
バクテリオロドプシンのプロトンポンプ阻害:電荷形及び非電荷形三級アミンの効果,
膜, Vol.11, 65-68, 1999年.
30.Akira Shibata, Satoru Ueno, Yoshihiro Ito and Shinsuke Yamashita :
Monolayer of Poly(L-glutamate) with an n-Dodecyl Group in the Side Chain on the Water Surface and Its Multilayers,
Langmuir, Vol.14, No.26, 7519-7521, 1998.
31.Satoru Ueno, Akira Shibata and Y. Ito :
Redox potential of bacteriorhodopsin in purple membrane determined by differential pulse voltammetry,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.46, 1944-1945, 1998.
32.柴田 瑩, 吉田 淳子, 植野 哲, 福澤 健治, 中条 信義, 上田 一作 :
揮発性麻酔薬と紫膜の相互作用における水の役剤,
麻酔と蘇生, Vol.33, 267-270, 1997年.
33.Akira Shibata, Y. Iizuka, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Effect of water activity on unfolding of adsorbed protein at the interface,
Thin Solid Films, 549-551, 1996.
34.Akira Shibata, F. Ueda, E. Okamoto, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Interaction of neutral and charged local anesthetic with purple membrane,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, 621-623, 1996.
35.Akira Shibata, S. Kawanami, K. Ushio, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Anesthetic-bacteriorhodopsin interaction;alcohol induced biphasic effects,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, 1831-1835, 1995.
36.Akira Shibata, J. Kohara, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Monovalent cations depress the unfolding of the α-helical bacteriorhodopsin at the air-water interface,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.1-4, 1995.
37.Akira Shibata, Y. Iizuka, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Protein surface denaturation and the surface-activated water molecules,
Protein Engineering, Vol.9, 1169, 1995.
38.Akira Shibata, J. Kohara, Satoru Ueno, I. Uchida, T. Mashimo and T. Yamashita :
Monovalent anions stabilize the structure of bacteriorhodopsin at the air-water interface,
Thin Solid Films, Vol.244, No.1-2, 736-739, 1994.
39.Akira Shibata, K. Nakajima, Satoru Ueno and T. Yamashita :
Preparation and characterization of liposomes incorporating hydrophobic poly(amino acid)s with different secondary structure,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, 1151-1153, 1994.
40.Akira Shibata, Ritsuko Tsukamoto, Satoru Ueno and Takuya Yamashita :
Dispersion polar surface free energies of polypeptide films,
Colloids and Surfaces, Vol.78, 189-192, 1993.
41.N. Ueyama, Satoru Ueno, A. Nakamura, K. Wada, H. Matsubara, S. Kumagai, S. Sakakibara and T. Tsukihara :
A synthetic analog for the active site of plant-type ferrodoxin: two different coordination isomers by a four-cys-containing [20]-peptide.,
Biopolymers, Vol.32, 1535-1544, 1992.
42.Akira Shibata, Yuko Hashimura, Satoru Ueno and Takuya Yamashita :
Polymerization and conformation of N-carboxy anhydrides of a L-glutamic acid derivative in monolayer,
Langmuir, Vol.7, No.10, 2261-2265, 1991.
43.Norikazu Ueyama, Satoru Ueno, Takashi Sugawara, Kazuyuki Tatsumi, Akira Nakamura and Noritake Yasuoka :
Synthesis, crystal structure and electronic properties of a 2Fe-2S complex with a bulky thiolato ligand, [NEt4]2[Fe2S2(SC6H2Me3-2,4,6)4],
Journal of the Chemical Society, Dalton Transactions, No.10, 2723-2727, 1991.
44.A. Shibata, K. Arii, Satoru Ueno, Y. Suezaki and T. Yamashita :
Penetration of 1-alkanols into monolayers of α-helical polypeptides with hydrophobic side chains,
Colloids and Surfaces, Vol.39, 281-290, 1989.

学術論文(紀要・その他):

1.福澤 健治, 権藤 直人, 德村 彰, 植野 哲, 柴田 螢 :
スーパーオキシド依存症の脂質過酸化を誘導する発癌性鉄錯体Fe-NTA(ニトリロ三酢酸)の特性,
フリーラジカルの臨床, Vol.12, 70-76, 1997年.

総説・解説:

1.Satoru Ueno, Akira Shibata and Saburo Shimabayashi :
Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of giant liposome.,
Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 44, Oct. 2006.
(CiNii: 10018297979)
2.嶋林 三郎, 植野 哲 :
アパタイトと生体関連物質とのマイクロ/ナノ結合機構,
バイオマテリアル―生体材料―, Vol.24, No.5, 311-318, 2006年10月.

国際会議:

1.Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes,
International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008); Proceedings - Extended Abstracts, Vol.1, No.1, Sapporo, Jun. 2008.

国内講演発表:

1.植野 哲 :
カチオン性ポリペプチドと脂質二分子膜との相互作用,
日本薬学会第137年会(仙台), 2017年3月.
2.植野 哲 :
環境感受性蛍光色素を利用したカチオン性高分子-脂質二分子膜相互作用 の可視化,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
3.植野 哲 :
環境感受性蛍光色素 laurdanを利用した脂質膜流動性変化の可視化,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
4.植野 哲 :
環境感受性蛍光色素 laurdan利用した脂質二分子膜流動性変化の可視化,
日本薬学会第134年会(大分), 2014年3月.
5.吉井 遼, 中谷 亮介, 植野 哲 :
カチオン性ポリマーによって誘起された脂質二分子膜流動性変化の可視化,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
6.武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 :
膜透過性アルギニンポリペプチドと酸性リン脂質膜の相互作用,
日本膜学会第33年会, 2011年5月.
7.植野 哲, 斎藤 博幸 :
正電荷型ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用に及ぼす疎水性アミノ酸残基の影響,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
8.武知 佑樹, 吉井 遼, 田中 将史, 植野 哲, 川上 徹, 相本 三郎, 斎藤 博幸 :
細胞膜透過ペプチドの物理的膜透過メカニズム解明に向けたアルギニンポリペプチド-脂質二分子膜間相互作用の解析,
第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月.
9.植野 哲, 斎藤 博幸 :
疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性コポリペプチドと脂質二分子膜との相互作用,
膜シンポジウム2010, 2010年11月.
10.植野 哲, 斎藤 博幸 :
疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用,
無機リン化学討論会第20回大会, 2010年10月.
11.植野 哲, 斉藤 博幸 :
疎水性アミノ酸残基を持つカチオン性ポリペプチド-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用,
第20回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.20, No.1, 2010年10月.
12.植野 哲, 斎藤 博幸 :
カーボンナノチューブ-カチオン性ポリペプチド複合体の形成とその脂質との相互作用,
ナノ・バイオメディカル学会第3回大会, 2010年9月.
13.田中 宏和, 植野 哲 :
脂質二分子膜と Poly-L-Lysine の相互作用における Poly-L-Lysine の分子量の影響,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
14.武部 吏, 植野 哲 :
ポリエチレンイミンとタンパク質との複合体形成について,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
15.武知 佑樹, 植野 哲 :
poly-L-arginineの脂質二分子膜透過に与える分子量の影響,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.48, No.1, 2009年11月.
16.植野 哲 :
poly-L-lysine-ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体の形成と脂質二分子膜との相互作用,
第19回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.19, No.1, 2009年10月.
17.植野 哲 :
poly-L-arginine - ヒドロキシアパタイトナノパーティクル複合体と脂質二分子膜との相互作用,
第62回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.62, No.1, 2009年9月.
18.植野 哲 :
mwct -カチオン性ポリペプチド複合体に及ぼすポリペプチド二次構造の影響,
ナノ・バイオメディカル学会講演要旨集, Vol.2, No.1, 2009年7月.
19.植野 哲, 嶋林 三郎 :
Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用,
日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, 2009年3月.
20.Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes.,
日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008.
21.植野 哲, 嶋林 三郎, 山崎 秀朗 :
ポリエチレンイミンとリポソームの相互作用の検討,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.47, No.1, 2008年11月.
22.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過,
第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良), Vol.18, No.1, 2008年10月.
23.植野 哲, 嶋林 三郎 :
ナノパーテイクル複合体の脂質二分子膜透過,
第61回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集(福岡), Vol.61, No.1, 2008年9月.
24.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過,
第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
25.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過,
第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
26.浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
DNA-Liposome複合体Lipoplex形成に対する脂質構成比の影響,
第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
27.谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ポリプレックスの構造と物性に対する分子量の及ぼす影響,
第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
28.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドと結合したタンパク質分子やナノパーティクルの脂質二分子膜透過,
第2回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, No.1, 2008年5月.
29.植野 哲, 嶋林 三郎 :
正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響,
日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月.
30.浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
遺伝子導入ベクターとしてのLiposomeの構造,性質の変化に及ぼす電荷比の影響,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
31.金久 祥史, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
プルロニックによるメチルイエローの特異的な可溶化,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
32.谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
Polyplexの構造と物性に及ぼすPoly-L-lysine分子量の依存性,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
33.水野 智, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
水中におけるアスピリンとグルコース系高分子との相互作用,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
34.小田 奈央子, 村田 武史, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸関与の有機化合物界面複合体形成,
第17回無機リン化学討論会講演要旨集(October 2007,札幌), Vol.17, No.1, 2007年10月.
35.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過,
第4回「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会 講演要旨集, Vol.4, No.1, 2007年8月.
36.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過,
第1回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, 6, 2007年6月.
37.植野 哲, 嶋林 三郎 :
正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
38.濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体形成,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
39.大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月.
40.植野 哲, 嶋林 三郎 :
ポリアミノ酸-リポソーム膜相互作用に対するリン酸イオンの影響,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 78-79, 2006年11月.
41.嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 :
界面活性剤混合ミセルを介したヒドロキシアパタイトへの水溶性および難水溶性色素の吸着,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 84-85, 2006年11月.
42.嶋林 三郎, 植野 哲, 元木 恵美子 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対するイオン性界面活性剤添加の影響,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 86-87, 2006年11月.
43.大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
コポリアミノ酸/タンパク質複合体のリポソーム膜との相互作用,
第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-20, 2006年10月.
44.濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体形成,
第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-30, 2006年10月.
45.植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドと中性リポソームとの相互作用,
第59回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.59, P134, 2006年9月.
46.植野 哲, 嶋林 三郎 :
負電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜の相互作用,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P111, 2006年9月.
47.濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体におけるDNAの構造変化,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P107, 2006年9月.
48.大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性コポリアミノ酸とタンパク質の複合体の膜透過,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P115, 2006年9月.
49.小田 奈央子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P113, 2006年9月.
50.元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対する界面活性剤添加の影響,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P109, 2006年9月.
51.嶋林 三郎, 植野 哲, 鍬塚 理沙, 鵜飼 大 :
低分子量物質の活性炭に対する吸着に及ぼすPVPとの複合体形成の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
52.植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 :
負荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 21, 2006年3月.
53.井上 朋法, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
塩酸クロルヘキシジンの溶解度に及ぼす低分子および高分子量物質の添加の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 20, 2006年3月.
54.元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミン吸着に対する界面活性剤添加の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
55.嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 :
ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
56.植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 :
Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of gigant liposome,
第41回日本界面医学会学術研究会 プログラムおよび抄録, 16, 2005年11月.

その他・研究会:

1.Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate lipidbilayer membrane,
ABSTRACTS: International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmemtal Application of Fine Particles and Nanotubes, Vol.1, No.1, Jun. 2008.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)