検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

製剤学, 製剤の物理化学, コロイド及び界面の物理化学, 無機リン化学, 吸着の物理化学

研究テーマ

水中における分子間相互作用と物質の溶解性に関する研究, 固/液および液/液界面における複合体形成と其の製剤への応用に関する研究, ソフトマターとハードコアの水中における相互作用に関する研究 (疎水性相互作用, 懸濁液と乳濁液, ヒドロキシアパタイト粒子表面における界面複合体形成, 尿酸結晶表面の吸着性と複合体形成, コロイド分散系, 塩酸クロルヘキシジンの水中への溶解性, 薬物の水/油分配に及ぼす種々の因子の解析, ソフトマター/ハードコアの相互作用に関する物理化学, 界面化学, 界面活性剤の薬学への応用, 水溶性高分子のレオロジー的界面科学的特性) (水溶性高分子と低分子とは疎水性相互作用,静電的相互作用,水素結合などによって複合体を形成する. また固液界面,液液界面には吸着にともなう複合体が形成される. これらの薬学への応用,製剤分野への応用,コロイドおよび界面化学的研究をおこなっている.)

著書・論文

著書:

1. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
製剤化のサイエンス,第2版,
株式会社 東京化学同人, 2012年9月.
2. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
薬学用語辞典,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2012年3月.
3. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第16改正日本薬局方解説書,
株式会社 廣川書店, 東京, 2011年6月.
4. 嶋林 三郎 :
嶋林三郎・加茂直樹 編集,薬学生のための 生物物理化学入門,
株式会社 廣川書店, 東京, 2008年11月.
5. 嶋林 三郎, 富田 基郎, 他多数 :
薬科学大辞典(第4版・編集代表·富田基郎),
株式会社 廣川書店, 東京, 2007年4月.
6. 嶋林 三郎, 植野 哲 :
辻彰 編集 ''新薬剤学(改訂第2版)'' 第Ⅲ部 物理薬剤学 第4章 界面化学 担当,
南江堂, 東京, 2007年4月.
7. 嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 :
製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月.
8. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第15改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法: 2.47浸透圧測定法(オスモル濃度測定法)(嶋林三郎,田中秀治),2.50滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),2.51導電率測定法(田中秀治,嶋林三郎),2.52熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),2.53粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2006年6月.
9. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
日本薬学会編 薬学教科書シリーズ第7巻 「製剤化のサイエンス」 第I部 製剤材料の性質,第2章 分散系,SBO-5 界面の性質,SBO-6 界面活性剤の性質と種類,SBO-7 乳剤の型と性質,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2006年2月.
10. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
「分散技術大全集」,第10章 分散状態の評価方法,第3節 粒度分布(分担),
(株)情報機構 出版部, 東京, 2005年7月.
11. 嶋林 三郎, 編集委員長 阿部正彦 :
日本油化学会編,油化学辞典, --- 脂質と界面活性剤 ---,
丸善 株式会社, 東京, 2004年3月.
12. 嶋林 三郎, 井上 正敏, 寺田 弘 :
製剤物理化学(第8刷),
株式会社 廣川書店, 東京, 2004年2月.
13. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
わかりやすい分析化学問題集,
株式会社 廣川書店, 東京, 2003年9月.
14. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第14改正日本薬局方第1追補解説書, --- 一般試験法 導電率測定法 ---,
株式会社 廣川書店, 東京都文京区, 2003年3月.
15. 嶋林 三郎 :
新薬剤学,
南江堂, 東京, 2002年4月.
16. 嶋林 三郎 :
廣川 薬科学大辞典(第3版),
株式会社 廣川書店, 東京, 2001年9月.
17. 田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第14改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法浸透圧測定法(嶋林三郎,田中秀治),滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2001年5月.
18. Saburo Shimabayashi, Keiko Furukawa and Tomoaki Hino :
Effect of alkyl phosphates on the formation and crystallization of calcium phosphate in an aqueous phase,
``Advances in crystal growth inhibition technologies'', ed. by Z. Amjad, Kluwer Academic/Plenum Press, New York, Dec. 2000.
19. 嶋林 三郎 :
第13改正日本薬局方第2追補解説書; 26.浸透圧測定法および68.熱分析法,
株式会社 廣川書店, 東京, 2000年1月.
20. 嶋林 三郎 :
物性物理化学 製剤学へのアプローチ(大島広行編集), --- 第7章 分散系とコロイド化学 ---,
南江堂, 東京, 1999年4月.
21. Saburo Shimabayashi, Sawa Nishine, Tadayuki Uno and Tomoaki Hino :
Adsorption of hydroxypropylcellulose on hydroxyapatite via formation of surface complex with sodium dodecylsulfate,
In ``Water soluble polymers --- Solution properties and applications'', ed. by Z. Amjad, Plenum Press, New York, Aug. 1998.
22. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Crystal Growth of Calcium Phosphates in the Presence of Polymeric Inhibitors, in ""Calcium Phosphates in Biological and Industrial Systems, Edited by Z. Amjad"",
Kluwer Academic Publishers, Norwell, Massachusetts, Jan. 1998.
23. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Hydroxyapatite-Biopolymer Interaction, in "Polymeric Materials Encyclopedia, Edited by J.C. Salamone",
CRC Press, Boca Raton, Florida, Jul. 1996.
24. Saburo Shimabayashi and Tdayuki Uno :
Biopolymers(Overview), in ""Polymeric Materials Encyclopedia, Edited by J. C. Salamone"",
CRC Press, Boca Raton, Florida, Apr. 1996.
25. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Formation of Hydroxyapatite in the Presence of Phosphorylated and Sulfated Polymer in an Aqueous Phase, in "Mineral Scale Formation and Inhibition, Edited by Z. Amjad",
Plenum Publishing Corporation, New York, Oct. 1995.
26. 嶋林 三郎 :
井上正敏,寺田弘編集 ''第12改正日本薬局方準拠 製剤物理化学'' 分担執筆(1, 4, 5, 7, 10, 11章担当),
株式会社 廣川書店, 東京, 1992年6月.
27. 嶋林 三郎 :
SI単位と化学計算の実際,
株式会社 廣川書店, 東京, 1990年12月.
28. 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 :
生体コロイド, 基礎と実際,第2巻,
株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月.
29. 嶋林 三郎, 寺田 弘, 岡林 博文 :
生体コロイド,基礎と実際, 第1巻,
株式会社 廣川書店, 東京, 1990年11月.
30. 嶋林 三郎 :
中垣正幸編集 ''物性物理化学'' 第XV章 分散系,
南江堂, 東京, 1986年5月.
31. 嶋林 三郎 :
小畠陽之助,清水博編集 ''薬学のための物理化学実習'' 第2章 物性物理化学,
講談社サイエンテイフク, 東京, 1983年4月.
32. 嶋林 三郎 :
新実験化学講座第18巻 ''界面とコロイド'' 第5章第3節 粒子の大きさおよび形の測定,
丸善 株式会社, 東京, 1977年10月.
33. 嶋林 三郎 :
中垣正幸編集 ''水の構造と物性'', 第8章 コロイド系における水 (執筆担当),
南江堂, 東京, 1974年10月.

学術論文(審査論文):

1. Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly-L-arginine-Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes Translocate Through Lipidbilayer Membranes,
Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2-3, 111-119, 2009.
(DOI: 10.3233/BME-2009-0570,   PubMed: 19581704)
2. Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Formation of Poly-L-Arginine - Hydroxyapatite Nanoparticle Complexes and Interactions between Complexes and Lipidbilayer Membranes,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.23, No.1, 57-62, 2009.
(DOI: 10.3363/prb.23.57)
3. Takeshi Murata, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi :
Solubility of monoalkyl phosphate in water in the presence of arginine and Triton, and solubilization of methyl yellow through the mixed micelle,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.22, No.1, 41-47, 2008.
(DOI: 10.3363/prb.22.41)
4. Emiko Motoki, Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Effects of ionic surfactants on the adsorption of bovine serum albumin to the surface of hydroxyapatite,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 9-15, 2007.
(DOI: 10.3363/prb.21.9)
5. Satoru Ueno, Yasuko Yoshioka and Saburo Shimabayashi :
Effects of Phosphate Ions on the Polypeptide-Liposome Membrane Interaction,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.21, No.1, 71-77, 2007.
(DOI: 10.3363/prb.21.71)
6. Satoru Ueno, Saburo Shimabayashi and Akira Shibata :
Polyethyleneimine can permeate through a lipid bilayer of a giant liposome,
Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 19-27, 2006.
(CiNii: 10018297941)
7. Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Emiko Motoki :
Effect of Dodecyltrimethylammonium Chloride on the Adsorption of Bovine Serum Albumin to the Surface of Hydroxyapatite,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 135-140, 2006.
(DOI: 10.3363/prb.20.135)
8. Saburo Shimabayashi, Chang-chin Kwan and Wen-Hweu Chu :
Effect of polyvinylpyrrolidone and sodium lauruyl isethionate on kaolinite suspension in an aqueous phase,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.8, 1082-1087, 2006.
(DOI: 10.1248/cpb.54.1082,   PubMed: 16880648)
9. Saburo Shimabayashi, Satoru Ueno, Tomoaki Hino and Kuniomi Warabino :
Preparation and adsorption properties of hydroxyapatite surface-modified by cetylphosphate,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.20, No.1, 129-134, 2006.
(DOI: 10.3363/prb.20.129)
10. Kuniomi Warabino and Saburo Shimabayashi :
Preparation and characterization of HAP particles having hydrophobic surface,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 294-299, 2005.
11. Saburo Shimabayashi and Emiko Motoki :
Complex Formation between Na Ch-6-Sulfate and Acidic Aromatic Compounds on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 184-189, 2005.
12. Naoko Oda and Saburo Shimabayashi :
Binding mechanism of Triton X and Triton N to the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.19, No.1, 198-203, 2005.
13. Saburo Shimabayashi, Fukuoka Makiko and Tomoaki Hino :
Intermolecular complex formationbetween methylorange and bovine serum albumin on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.18, No.1, 64-73, 2005.
14. Saburo Shimabayashi, Hoshino Masashi and Tomoaki Hino :
Zeta potential of hydroxyapatite particles in the presence of polyethyleneglycol mono-p-isooctylphenylether and sodium dedecylsulfate in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.17, No.1, 144-151, 2004.
15. Saburo Shimabayashi, Kato Yukari and Tomoaki Hino :
Adsorption mechanism of organic sulfonated compound,PonceauR, to hydroxyapatite in an aqueous phase, --- Effect of sodium chloride on the adsorption amount ---,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.17, No.1, 115-120, 2004.
16. Saburo Shimabayashi, Makiko Kita and Tomoaki Hino :
Formation and adsorption of intermolecular complex between alkyl phosphoric acid and nonionic surfactant on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.16, 47-54, 2003.
17. Saburo Shimabayashi, Yukari Kato, Makiko Fukuoka, Masashi Hoshino and Tomoaki Hino :
Mechanism of the adsorption of organic sulfonated compounds by hydroxyapatite in an aqueous phase ----- Effects of number of sulfonate groups, lateral interaction and complex formation between the adsorbates on the surface,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.16, 55-64, 2003.
18. Tomoaki Hino, Masao Tanimoto and Saburo Shimabayashi :
Change in secondary structure of silk fibroin during preparation of its microspheres by spray-drying and exposure to humid atmosphere,
Journal of Colloid and Interface Science, Vol.266, No.1, 68-73, 2003.
(DOI: 10.1016/S0021-9797(03)00584-8)
19. Tomoaki Hino, Hayato Ishimoto and Saburo Shimabayashi :
Thermal gelation of aqueous curdlan suspension: Preparation of curdlan jelly,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.55, No.4, 435-441, 2003.
(DOI: 10.1211/002235702937,   PubMed: 12803764)
20. Saburo Shimabayashi and Tomoaki Hino :
Formation of intermolecular complex and polymer-drug interaction on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.13, No.1, 21-30, 2002.
21. Saburo Shimabayashi, Masashi Hoshino and Tomoaki Hino :
Cooperative adsorption of nonionic and anionic surfactants to the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.14, No.1, 39-46, 2002.
22. Tomoaki Hino, Saburo Shimabayashi, Miyuki Tanaka, Masahiro Nakano and Hideaki Okochi :
Improvement of encapsulation efficiency of water-in-oil-in-water emulsion with hypertonic inner aqueous phase,
Journal of Microencapsulation, Vol.18, No.1, 19-28, 2001.
(DOI: 10.1080/026520401750038575,   PubMed: 11201337)
23. Saburo Shimabayashi, Masashi Hoshino, Takahisa Ohnishi and Tomoaki Hino :
Adsorption of nonionic surfactants, Triton X and Triton N, on hydroxyapatite after surface modification with sodium dodecyl sulfate in an aqueous phase,
Studies in Surface Science and Catalysis, Vol.132, 125-128, 2001.
(Elsevier: Scopus)
24. Saburo Shimabayashi, Akihito Ichimori and Tomoaki Hino :
Interaction and complex formation of pluronic polymers with ionic surfactants,
Studies in Surface Science and Catalysis, Vol.132, 133-136, 2001.
(Elsevier: Scopus)
25. Saburo Shimabayashi, Tomoaki Hino, Masashi Hoshino and Miwa Satomi :
Adsorption characteristics of non-adsorbable nonionic surfactant, TX-100, on the surface of hydroxyapatite in the presence of an anionic surfactant,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.12, 1-6, 2001.
26. Tomoaki Hino, Atsushi Yamamoto, Saburo Shimabayashi, Miyuki Tanaka and Daisuke Tsujii :
Drug Release from w/o/w emulsions prepared with different chitosan salts and concomitant creaming up,
Journal of Controlled Release, Vol.69, No.3, 413-419, 2000.
(DOI: 10.1016/S0168-3659(00)00322-9,   PubMed: 11102681,   Elsevier: Scopus)
27. Tomoaki Hino, Saburo Shimabayashi and Atsushi Nakai :
Silk microspheres prepared by spray-drying of an aqueous system,
Pharmacy and Pharmacology Communications, Vol.6, No.5, 335-339, 2000.
28. Tomoaki Hino, Saburo Shimabayashi, Naozumi Ohnishi, Minoru Fujisaki, Hiroyuki Mori, Osami Watanabe, Katsushi Kawashima and Koji Nagao :
Development of a new type nozzle and spray-drier for industrial production of fine powders,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.49, No.1, 79-85, 2000.
(DOI: 10.1016/S0939-6411(99)00060-0,   PubMed: 10613931)
29. Saburo Shimabayashi, Tomoaki Hino, Keiko Furukawa, Masaki Hoshino and Miwa Satomi :
Effect of adsorption of dodecyl phosphate on the crystal growth and surface modification of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.11, 25-30, 2000.
30. Saburo Shimabayashi, Tomoaki Hino and Takahisa Ohnishi :
Binding of water-insoluble dye methyl yellow on the surface of hydroxyapatite in the presence of sodium dodecylsulfate in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.11, No.1, 31-36, 2000.
31. Tomoaki Hino, Saburo Shimabayashi, Yoshiaki Kawashima, Hirofumi Takeuchi, Hiromitsu Yamamoto, Makiko Isozaki, Satoshi Nakano, Futoshi Yamazaki, Takashi Kumada and Toshi Sassa :
Comparison of lipiodol water-in-oil-in-water emulsion with oil-in-water emulsion : acute toxicity and deposition in liver after hepatic arterial administration in rats,
Pharmacy and Pharmacology Communications, Vol.5, No.5, 355-359, 1999.
32. Saburo Shimabayashi, Koichi Kishimoto and Tomoaki Hino :
Competitive and cooperative adsorption of bovine serum albumin and sodium chondroitin-6-sulfate on hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.9, 23-30, 1999.
33. Kunio Yoneto, William Higuchi and Saburo Shimabayashi :
Influence of the permeation enhancers 1-alkyl-2-pyrrolidones on permeant partitioning into the stratum corneum,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.87, No.2, 209-214, 1998.
(DOI: 10.1021/js970190k,   PubMed: 9519155)
34. Saburo Shimabayashi, Sawa Nishine, Tomoaki Hino and Tadayuki Uno :
Zeta potential of hydroxyapatite in the presence of hydroxypropylcellulose and sodium dodecylsulfate in an aqueous phase (Effect of formation of the surface complex),
Phosphorus Research Bulletin, Vol.8, No.1, 49-54, 1998.
35. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Depurination of Adenosine and deoxyadenosine monophosphates in the hemin- hydroperoxide system,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.12, 2110-2112, 1997.
36. Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi :
Interaction of water-soluble porphyrin with DNA and RNA triplex,
J. Inorg. Biochem., Vol.67, No.1, 116-120, 1997.
37. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Interaction between hydroxypropylcellulose and surfactant and its effect on dispersion stability in an aqueous phase,
Progress in Colloid and Polymer Sciense, Vol.106, 136-140, 1997.
38. Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi :
Binding of meso-tetrakis(N-methylpyrridinium-4-yl)porphyrin to double helical RNA and DNA-RNA hybrids,
Inorganic Chemistry, Vol.36, No.8, 1676-1683, 1997.
39. Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi :
Depurination of adenosine monophosphates in the iron porphyrin-cumene hydroperoxide system,
Journal of Inorganic and Biochemistry, Vol.67, 99-103, 1997.
40. 嶋林 三郎, 宇野 公之 :
ヒドロキシプロピルセルロースと硫酸ドデシルナトりウムとの界面複合体形成がO/W型大豆油エマルジョンの分散・凝集に及ぼす影響,
薬学雑誌, Vol.116, No.11, 892-899, 1996年.
41. 嶋林 三郎, 宇野 公之 :
無定形シリカの粒子表面細孔および1次粒子間間隙に浸入する水によって引き起こされるポリビニルピロリドン共存下でのコンドロイチン-6-硫酸ナトリウムおよびナトリウムカルボキシラトメチルセルロースの見かけの負吸着,
日本化学会誌, Vol.1996, No.2, 121-128, 1996年.
42. Saburo Shimabayashi, Sawa Nishine and Tadayuki Uno :
Formation of intermolecular complex between polyvinylpyrrolidone and sodium dodecyl sulfate through hydrophobic interaction on the surfac e dodecyl sulfate through hydrophobic interaction on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase, --- fllucculation of the HAP particles by the surface complex ---,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.6, 229-232, 1996.
43. Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi :
Effect of imidazoles and pH on the peroxidase activity of the hemine-hydrogen peroxidase system,
Inorganic Chemistry, Vol.34, No.6, 1599-1607, 1995.
44. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Formation of hydroxyapatite in the presence of bovine serum albumin in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.5, 19-24, 1995.
45. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Effect of potasium polyvinylsulfate of various degree of sulfation on the formation of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.5, 13-18, 1995.
46. Saburo Shimabayashi and Kazuyuki Hirao :
Formation of a polymer complex between BSA and Na Chondroitin-6-sulfate in an aqueous phase and on a solid/water interface of kaolin,
Journal of Macromolecular Sciences (A), Vol.31, No.1, 65-81, 1994.
47. 嶋林 三郎, 松本 美穂 :
HAPの非化学量論的溶解に対する硫酸イオンと硫酸ドデシルイオンの影響,
日本化学会誌, Vol.1994, No.1, 26-30, 1994年.
48. Tadayuki Uno and Saburo Shimabayashi :
Hemin binding to DNA with bis-dentate acridine intercalation,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.4, 988-990, 1994.
49. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Complex formation through hydrophobic interaction between PVP and SDS on the surface of HAP, --- Modification to hydrophobic surface by adsorption of SDS ---,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.4, 89-94, 1994.
50. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Increase in the amount of adsorption of NaChs on HAP owing to the volume effect of polymer coil of non-adsorbable polymer,PVP,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.4, 71-76, 1994.
51. 嶋林 三郎, 松本 美穂 :
単純塩の存在下におけるHAPの非化学量論的溶解,
日本化学会誌, Vol.1993, No.10, 1118-1122, 1993年.
52. 嶋林 三郎, 平子 実 :
高分子アニオンの占める領域からの低分子アニオンの排除, --- Chsアニオンと蓚酸アニオンの場合 ---,
日本化学会誌, Vol.1993, No.2, 139-144, 1993年.
53. 嶋林 三郎, 平子 実 :
NaChs 存在下におけるCaイオンと蓚酸イオンの蓚酸カルシウム1水和物に対する吸着と沈殿形成,
日本化学会誌, Vol.1993, No.1, 41-47, 1993年.
54. 嶋林 三郎, 平子 実 :
蓚酸カルシウム1水和物に対するNaChs の吸着とそれにともなう蓚酸カルシウム1水和物の溶解,
日本化学会誌, Vol.1993, No.1, 35-40, 1993年.
55. Saburo Shimabayashi and Miho Matumoto :
Complex formation of BSA with SDS on the surface of HAP,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.2, 57-62, 1993.
56. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Effect of phsphorylated cellulose and BSA on the crystallization of HAP,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.3, 7-12, 1993.
57. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Effect of sulfate group on the formation of HAP in an aqueous phase,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.3, 1-6, 1993.
58. 嶋林 三郎, 原田 千佳子 :
水溶液中におけるモノアセトアセチンの加水分解反応に及ぼすpHと温度の影響,
薬学雑誌, Vol.112, No.9, 669-672, 1992年.
59. Saburo Shimabayashi and Yukihiro Ikeda :
Binding of mequitazine with PVP and NaAlg and its effect on the precipitation formation of mequitazine in an aqueous phase,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.4, 837-842, 1992.
60. Saburo Shimabayashi and Kazumi Nishino :
Aggregation/dispersion of amorphous silica particles by simultaneous adsorption of two polymers in an aqueous phase,
Colloids and Surfaces, Vol.63, No.1, 121-129, 1992.
61. Saburo Shimabayashi and Yoshio Tanizawa :
effect of phosphorylated organic compound on the adsorption of BSA by HAP,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.9, 2183-2188, 1991.
62. Saburo Shimabayashi and Hakim Bangun :
Interaction of alginic acid with organic diacidic base piperazine,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.10, 2623-2626, 1990.
63. Saburo Shimabayashi and Yoshio Tanizawa :
Formation of HAP in the presence of phosphorylated PVA as a simplified model compounds for mineralization regulator phosphoproteins,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.7, 1810-1814, 1990.
64. Saburo Shimabayashi :
Decrease in intrinsic viscosity of PVP in the presence of NaChs or NaCMC in an aqueous phase,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.10, 2811-2813, 1989.
65. Saburo Shimabayashi and Kyouko Itoi :
Interaction of HAP with Na- and CaChondroitin-6-sulfate in an aqueous phase,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 1437-1440, 1989.
66. Saburo Shimabayashi and Masaki Okuda :
Flocculation and formation of open structure of kaolinite suspension in the presence of PVP,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.36, No.4, 1257-1263, 1988.
67. Saburo Shimabayashi and Masaki Okuda :
The effect of PVP and SDS on the dispersity and fluidity of concentrated suspension of kaolinite,
Colloid and Polymer Science, Vol.265, No.12, 1099-1104, 1987.

総説・解説:

1. 嶋林 三郎, 柏田 良樹 :
<講座:抗菌製品を創る>抗菌剤の種類,特徴とその動向; 天然系抗菌剤,
防菌防黴誌, Vol.36, No.5, 323-333, 2008年5月.
2. Satoru Ueno, Akira Shibata and Saburo Shimabayashi :
Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of giant liposome.,
Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface, Vol.37, No.1, 44, Oct. 2006.
(CiNii: 10018297979)
3. 嶋林 三郎, 植野 哲 :
アパタイトと生体関連物質とのマイクロ/ナノ結合機構,
バイオマテリアル―生体材料―, Vol.24, No.5, 311-318, 2006年10月.
4. 嶋林 三郎 :
日本無機リン化学会創立20周年記念特集・特別寄稿(平成16-17年度役員からのメッセージ), --- 御搭乗のみなさま この飛行機は・・・ ---,
PHOSPHORUS LETTER, Vol.56, No.56, 35-36, 2006年6月.
5. 嶋林 三郎, 日野 知証, 川島 嘉明 :
<総合論文>W/O/Wエマルジョンの安定化,
表面, Vol.43, No.10, 508-523, 2005年10月.
6. 嶋林 三郎 :
<研究室紹介>徳島大学薬学部製剤学研究室,
Phosphorus Letter, Vol.54, No.54, 27, 2005年10月.
7. 嶋林 三郎, 日野 知証 :
硬組織無機成分ヒドロキシアパタイトと生体成分有機化合物との結合(硬組織形成の界面化学),
日本界面医学会誌, Vol.34, No.1, 11-13, 2003年10月.
8. 嶋林 三郎 :
<研究室紹介>徳島大学薬学部製剤学研究室,
コロイドおよび界面化学部会 News Letter, Vol.27, No.2, 14-15, 2002年4月.
9. 嶋林 三郎, 日野 知証 :
ヒドロキシアパタイトの表面処理と製剤への応用,
PHARM TECH JAPAN, Vol.17, No.13, 2079-2090, 2001年12月.
10. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト・水界面における吸着分子間複合体形成,
Phosphorus Letter, Vol.42, No.42, 4-12, 2001年10月.
11. 嶋林 三郎, 日野 知証 :
リンの重要性:生体におけるリンとリン酸,そして骨と歯,
FFIジャーナル, Vol.194, No.194, 37-48, 2001年9月.
12. 嶋林 三郎 :
最近の製剤研究にみる技術評価, --- 製剤設計の新展開 ---,
オレオサイエンス, Vol.1, No.7, 725-733, 2001年7月.
13. 嶋林 三郎, 日野 知証 :
ヒドロキシアパタイト/水界面での複合体形成,
Phosphorus Letter, Vol.40, No.40, 3-9, 2001年2月.
14. 日野 知証, 嶋林 三郎 :
油性造影剤 リピオドール,
表面, Vol.39, No.1, 25-32, 2001年1月.
15. Tomoaki Hino, Yoshiaki Kawashima and Saburo Shimabayashi :
Basic study for stabilization of w/o/w emulsion and its application to transcatheter arterial embolization therapy,
Advanced Drug Delivery Reviews, Vol.45, No.1, 27-45, Dec. 2000.
16. 日野 知証, 嶋林 三郎 :
油性造影剤 リピオドール,
材料技術, Vol.18, 110-117, 2000年5月.
17. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト·水界面における複合体形成,
第2回5大学化学シンポジウム, Vol.2, No.2, 9-10, 1999年12月.
18. 嶋林 三郎, 日野 知証 :
ヒドロキシアパタイト/水界面における吸着と複合体形成,
日本吸着学会誌 Adsorption News, Vol.13, No.4, 8-12, 1999年12月.
19. 嶋林 三郎 :
ドイツ薬学会代表団Ammon教授(ドイツ薬学会会頭)の挨拶,
ファルマシア, Vol.35, No.9, 948-949, 1999年9月.
20. 嶋林 三郎 :
製剤学と物理化学,
日本薬剤学会会報 生命とくすり, Vol.15, No.1, 2, 1999年1月.
21. 嶋林 三郎 :
<巻頭言>深い静かな信頼,
Phosphorus Letter, Vol.33, No.33, 2, 1998年10月.
22. 嶋林 三郎 :
<巻頭言>十年一区切り,
コロイドおよび界面化学部会 ニュースレター, Vol.23, No.1, 1, 1998年2月.
23. 嶋林 三郎 :
日本薬局方一般試験法の記述に関する検討,
医薬品研究, Vol.28, No.11, 850-853, 1997年11月.
24. 嶋林 三郎, 宇野 公之 :
核酸表面における薬物の結合,
表面, Vol.35, No.6, 311-318, 1997年6月.
25. Saburo Shimabayashi and Tadayuki Uno :
Formation of surface complex between polymer and surfactant and its effect on the dispersion of solid particles,
Colloids and Surfaces (A), Vol.123-124, 283-295, May 1997.
26. 嶋林 三郎 :
<寄稿>研究室紹介,
コロイドおよび界面化学部会 News Letter, Vol.22, No.1, 16-17, 1997年1月.
27. 嶋林 三郎 :
日本薬局方における国際単位系の導入に関する調査·研究,
医薬品研究, Vol.27, No.10, 712-716, 1996年10月.
28. 嶋林 三郎 :
第12改正日本薬局方一般試験法26.浸透圧測定法の問題点,
医薬品研究, Vol.26, No.8, 674-678, 1995年8月.
29. 嶋林 三郎 :
生体におけるリン酸化合物の存在意義,
Phosphorus Letter, Vol.22, No.22, 12-18, 1995年1月.
30. 嶋林 三郎 :
SI単位と日本薬局方, --- 第13改正から単位表記はこう変わる ---,
化学と薬学の教室, Vol.115, No.115, 12-21, 1994年10月.
31. 嶋林 三郎 :
<研究室紹介>徳島大学薬学部薬品物理化学研究室,
Phosphorus Letter, Vol.17, No.17, 21-23, 1993年5月.
32. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトによる吸着・イオン交換, --- 有機イオンの吸着とそれによるHAPの結晶成長阻害 ---,
石膏と石灰(Gypsum and Lime), Vol.243, No.3, 33-41, 1993年3月.
33. 嶋林 三郎 :
水中における固体表面への高分子の吸着,
表面, Vol.30, No.12, 1005-1015, 1992年12月.
34. 嶋林 三郎 :
日本薬局方における国際単位系の導入,
日本薬局方フォーラム, Vol.1, No.2, 48-67, 1992年4月.
35. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトと生体高分子との相互作用,
Phosphorus Letter, Vol.13, No.13, 8-13, 1992年1月.
36. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトの溶解と生成,
Phosphorus Letter, Vol.6, No.6, 10-12, 1989年5月.
37. 嶋林 三郎 :
Micellar solubilization in the interface transport of hydrophobic drugs and other solute について,
月刊薬事, Vol.29, No.7, 1401-1406, 1987年7月.
38. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトと生体成分との相互作用に関する物理化学的研究, --- 生体に関するイオンを中心として ---,
月刊薬事, Vol.29, No.6, 1151-1156, 1987年6月.
39. 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトと生体成分との相互作用に関する物理化学的研究,
薬学雑誌, Vol.107, No.5, 323-337, 1985年5月.
40. 嶋林 三郎 :
コンドロイチン硫酸イオンの懸濁粒子に対する吸着とそれによって見られる分散・凝集作用,
表面, Vol.23, No.2, 115-125, 1985年2月.
41. 嶋林 三郎 :
固液界面における協同吸着と複合体形成,
科学と工業(大阪市工研), Vol.55, No.12, 434-440, 1981年12月.
42. 嶋林 三郎 :
歯の無機成分の溶解性,
表面, Vol.14, No.7, 359-371, 1976年7月.
43. 嶋林 三郎 :
ポリビニルピロリドンの複合体形成と水和,
表面, Vol.12, No.1, 1-13, 1974年1月.

国際会議:

1. Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes,
International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmental Application of Fine Particles and Nanotubes (ISNT2008); Proceedings - Extended Abstracts, Vol.1, No.1, Sapporo, Jun. 2008.
2. Tomoaki Hino, Koichi Inoue, Hisao Oka, Yoshiho Ogura, Saori Ohchi and Saburo Shimabayashi :
Thermal Gelation of Oil-in-Aqueous Curdlan Emulsions,
Abstract: Particles 2008, Orland Florida USA, May 2008.
3. Saburo Shimabayashi and Emiko Motoki :
Complex Formation between Na Chondroitin-6-sulfate and Acidic Aromatic Compounds on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase,
Abstracts; 5th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials `5, 55, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
4. Saburo Shimabayashi and Kuniomi Warabino :
Praparation and Characterization of Hydroxyapatite Particles Having Hydrophobic Surface,
Abstracts;5th Internationnal Symposium on Inorganic Phosphate Meterials `05, 54, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
5. Saburo Shimabayashi and Naoko Oda :
Binding Mechanism of TritonX-100 and TritonN to the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase,
Abstracts; 5th international symposium on inorganic phosphate materials `5, 42, Kasugai(Japan), Sep. 2005.
6. Saburo Shimabayashi and Tomoaki Hino :
(INVITED) Formation of intermolecular complexes between polymer and low molecular weight substances on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase --- Physicochemical properties and biological significance ---,
International conference on soft matter (ICSM2004), 35, Kolkata, Nov. 2004.
7. Tomoaki Hino, Yoshiaki Kawashima and Saburo Shimabayashi :
Water-in-oil-in-water emulsion for transcatheter arterial embolization therapy for hepatocellular carcinoma,
World conference on dosing of antiinfectives (Ehrlich symposia), A-48, Nurnberg, Sep. 2004.
8. Tomoaki Hino, Masao Tanimoto and Saburo Shimabayashi :
Silk microspheres prepared by spray-drying of an aqueous system,
Proceedings of Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004) (Kyoto), 343, Kyoto, May 2004.
9. Saburo Shimabayashi, Ikuko Okamoto, Tomomi Kojima and Tomoaki Hino :
Adsorption of iodine and organic compound by uric acid and concomitant disintegration of the crystal in water,
8th International Conference on Fundamental of Adsorption, Sedona, 2004.
10. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) Surface Chemistry of Biomineralization: Surface Modification of Hydroxyapatite and Formation of Intermolecular Complex on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase,
The Abstract for International Symposium on "Nano-Technology for Biopharmaceuticals", 129-147, Seoul, Jul. 2003.
11. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) Formation of Intermolecular Complex and Polymer-Drug Interaction on the Surface of Hydroxyapatite in an Aqueous Phase,
The Abstract for the 4th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials, 4, Jena, Germany, Jul. 2002.
12. Tomoaki Hino, Yoshiaki Kawashima and Saburo Shimabayashi :
Water-in-oil-in-water emulsion for transcatheter arterial embolization therapy for hepatocellular carcinoma,
Particles 2002 An interdisciplinary international conference focusing on medical/biochemical diagnostic, pharmaceutical, and drug delivery applications of particle technology, 118-119, Orlando, Apr. 2002.
13. Saburo Shimabayashi, Akihito Ichimori and Tomoaki Hino :
(INVITED) Complex formation between pluronic polymer and ionic surfactant in an aqueous phase,
POLY Millennial 2000 (The Division of Polymer Chemistry, Inc. of the American Chemical Society), 202, Hawaii, Dec. 2000.
14. Miyuki Tanaka, Tomoaki Hino and Saburo Shimabayashi :
Improvement of stability and encapsulation efficiency of w/o/w emulsion with a hypertonic inner aqueous phase,
International conference on colloid and surface science, 496, Tokyo, Nov. 2000.
15. Saburo Shimabayashi, Masashi Hoshino, Takahisa Ohnishi and Tomoaki Hino :
Adsorption of nonionic surfactants, Triton X and Triton N, on hydroxyapatite after surface modification with sodium dodecylsulfate in an aqueous phase,
International conference on colloid and surface science, 258, Tokyo, Nov. 2000.
16. Saburo Shimabayashi, Akihito Ichimori and Tomoaki Hino :
Interaction and complex formation of pluronic polymers with ionic surfactants,
International conference on colloid and surface science, 261, Tokyo, Nov. 2000.
17. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) GORDON Research Conference on Biomineralization: Physicochemical studies on adsorption and complex formation on the surface of hydroxyapatite in an aqueous phase,
Gordon Research Conference on biomineralization, New London, NH, USA, Aug. 2000.
18. Saburo Shimabayashi, Keiko Furukawa and Tomoaki Hino :
(INVITED) Effect of Alkylphosphates on the Formation and Crystallization of Calcium Phosphates in an Aqueous Phase,
The Abstracts; ACS Division of Colloid & Surface Chemistry, Vol.218, 186, New Orleans, LA, Aug. 1999.
19. Saburo Shimabayashi, Sawa Nishine and Tadayuki Uno :
(INVITED) Adsorption of Hydroxyprorylcellulose on Hydroxyapatite via Formation of Surface Complex with Sodium Dodecylsulfate,
The Abstracts; The ACS Division of Colloid and Surface Chemistry, Vol.214, 154, Las Vegas,NV, Sep. 1997.
20. Saburo Shimabayashi, Tadayuki Uno, Noriyoshi Hashimoto and Hitoshi Kawamura :
(INVITED) Formation of Hydroxyapatite in the Presence of Phosphorylated and Sulfated Polymer in an Aqueous Phase,
Washington, the book of Abstracts, Vol.208, 57, Washington, DC, Aug. 1994.
21. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Adsorption of noionic hydrophobic polymer on the surface of hydroxyapatite treated with anionic amphiphilic compound,
Gordon Research Conference on Calcium Phosphates, New Port, RI, USA, Jul. 1994.
22. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Effect of phosphoryrated polyvinyl alcohol on the formation of hydroxyapatite and on the adsorption of bovine serum albumin by hydroxyapatite,
New Port, RI, USA, Jul. 1989.
23. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Incongruent dissolution and solubility product of hydroxyapatite in the presence of organic ion,
Plymouth, NH, USA, Jun. 1987.
24. Saburo Shimabayashi :
(INVITED) GORDON Research Conference on Calcium Phosphates: Adsorption and surface chemistry of hydroxyapatite,
Plymouth,NH,USA, Jun. 1985.

国内講演発表:

1. 嶋林 三郎 :
表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---,
第1回機能性材料勉強会資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.
2. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
Poly-L-arginine-ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体形成と脂質二分子膜との相互作用,
日本薬学会第129年会講演要旨集(京都, 27Q-am158), Vol.129, No.4, 2009年3月.
3. Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg) - nanoparticle complexes translocate through lipid bilayer membranes.,
日本生物物理学会第46回年会講演予稿集(福岡), Vol.48, No.special issue #1, S160, Dec. 2008.
4. 植野 哲, 嶋林 三郎, 山崎 秀朗 :
ポリエチレンイミンとリポソームの相互作用の検討,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.47, No.1, 2008年11月.
5. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチド・ヒドロキシアパタイトナノパーテイクル複合体の脂質2分子膜透過,
第18回無機リン化学討論会講演要旨集(October, 2008 奈良), Vol.18, No.1, 2008年10月.
6. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ナノパーテイクル複合体の脂質二分子膜透過,
第61回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集(福岡), Vol.61, No.1, 2008年9月.
7. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過,
第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
8. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドによるヒドロキシアパタイトナノ粒子の脂質二分子膜透過,
第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
9. 浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
DNA-Liposome複合体Lipoplex形成に対する脂質構成比の影響,
第24回日本DDS学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
10. 谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ポリプレックスの構造と物性に対する分子量の及ぼす影響,
第24回日本DDS 学会学術集会講演要旨集(東京), Vol.24, No.1, 2008年6月.
11. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドと結合したタンパク質分子やナノパーティクルの脂質二分子膜透過,
第2回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, No.1, 2008年5月.
12. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
正荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過に対する2次構造の影響,
日本薬学会第128年会講演要旨集(横浜), Vol.128, No.4, 14, 2008年3月.
13. 浦辻 直幸, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
遺伝子導入ベクターとしてのLiposomeの構造,性質の変化に及ぼす電荷比の影響,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
14. 金久 祥史, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
プルロニックによるメチルイエローの特異的な可溶化,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
15. 谷河 佑城, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
Polyplexの構造と物性に及ぼすPoly-L-lysine分子量の依存性,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
16. 水野 智, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
水中におけるアスピリンとグルコース系高分子との相互作用,
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高知)講演要旨集, Vol.46, No.1, 2007年11月.
17. 小田 奈央子, 村田 武史, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸関与の有機化合物界面複合体形成,
第17回無機リン化学討論会講演要旨集(October 2007,札幌), Vol.17, No.1, 2007年10月.
18. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過,
第4回「ナノトキシコロジーアセスと微粒子・ナノチューブのバイオ応用」研究会 講演要旨集, Vol.4, No.1, 2007年8月.
19. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドの脂質二分子膜透過,
第1回日本生物物理学会四国支部大会講演要旨集, Vol.1, 6, 2007年6月.
20. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
正電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜間の相互作用に対する共存イオンの影響,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
21. 濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体形成,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 22, 2007年3月.
22. 大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
コポリアミノ酸/蛋白質複合体のリポソーム膜との相互作用,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 49, 2007年3月.
23. 日野 知証, 小岡 直美, 嶋林 三郎 :
カードランを用いた薬物封入ゲルビーズの調製,
日本薬学会第127年会(富山)講演要旨集, Vol.127, No.3, 58, 2007年3月.
24. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ポリアミノ酸-リポソーム膜相互作用に対するリン酸イオンの影響,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 78-79, 2006年11月.
25. 嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 :
界面活性剤混合ミセルを介したヒドロキシアパタイトへの水溶性および難水溶性色素の吸着,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 84-85, 2006年11月.
26. 嶋林 三郎, 植野 哲, 元木 恵美子 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対するイオン性界面活性剤添加の影響,
第16回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.16, 86-87, 2006年11月.
27. 大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
コポリアミノ酸/タンパク質複合体のリポソーム膜との相互作用,
第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-20, 2006年10月.
28. 濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体形成,
第45回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, Vol.45, No.1, 28B11-30, 2006年10月.
29. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性ポリペプチドと中性リポソームとの相互作用,
第59回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.59, P134, 2006年9月.
30. 植野 哲, 嶋林 三郎 :
負電荷型ポリアミノ酸とリポソーム脂質2分子膜の相互作用,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P111, 2006年9月.
31. 濱本 拓也, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性リポソームとDNAの複合体におけるDNAの構造変化,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P107, 2006年9月.
32. 大橋 幸太, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
カチオン性コポリアミノ酸とタンパク質の複合体の膜透過,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P115, 2006年9月.
33. 小田 奈央子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P113, 2006年9月.
34. 元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミンの吸着に対する界面活性剤添加の影響,
第7回長井シンポジウム講演要旨集, Vol.7, P109, 2006年9月.
35. 日野 知証, 小倉 良穂, 大地 沙織, 嶋林 三郎 :
油性薬物封入カードランゼリーの調製,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 145, 2006年3月.
36. 嶋林 三郎, 植野 哲, 鍬塚 理沙, 鵜飼 大 :
低分子量物質の活性炭に対する吸着に及ぼすPVPとの複合体形成の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
37. 植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 :
負荷電型ポリアミノ酸のリポソーム脂質2分子膜透過,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 21, 2006年3月.
38. 井上 朋法, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
塩酸クロルヘキシジンの溶解度に及ぼす低分子および高分子量物質の添加の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 20, 2006年3月.
39. 元木 恵美子, 植野 哲, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイト表面へのウシ血清アルブミン吸着に対する界面活性剤添加の影響,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
40. 嶋林 三郎, 植野 哲, 小田 奈央子 :
ヒドロキシアパタイトに対する2種界面活性剤の同時吸着,
第126年会日本薬学会講演要旨集2, 17, 2006年3月.
41. 嶋林 三郎, 井上 朋法 :
塩酸クロルヘキシジンの溶解度に対する添加物の影響,
第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 65, 2005年11月.
42. 嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 :
徳島県産の竹炭の吸着特性,
第44回日本薬学会日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会講演要旨集, 65, 2005年11月.
43. 植野 哲, 柴田 あきら, 嶋林 三郎 :
Polyethyleneimine can permeate the lipid bilayer of gigant liposome,
第41回日本界面医学会学術研究会 プログラムおよび抄録, 16, 2005年11月.
44. 嶋林 三郎, 鵜飼 大, 鍬塚 理沙 :
活性炭に対する色素の吸着に及ぼすポリビニルピロリドンの影響,
第58回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, 446, 2005年9月.
45. 山下 祥子, 岸本 耕一, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
ポリエチレングリコールを用いた溶融混合物調製による核酸塩基の溶解性の改善,
第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 132, 2005年3月.
46. 鵜飼 大, 鍬塚 理沙, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
多孔性粉体に対する薬物の吸着に及ぼす高分子の影響, --- 活性炭・Methyl Orange・PVPについて ---,
第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月.
47. 蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
疎水性表面を持ったヒドロキシアパタイトの調製,
第125年会日本薬学会講演要旨集, Vol.125, No.2, 21, 2005年3月.
48. 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
芳香族化合物-水溶性高分子間の複合体形成に伴う油水分配とエマルション粒子形成への影響,
第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-084, 2004年9月.
49. 蕨野 訓臣, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
疎水性表面を持つヒドロキシアパタイトの調製,
第57回コロイドおよび界面化学討論会, Vol.57, No.1, P-023, 2004年9月.
50. 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
ErythrosineBまたはRose Bengalの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊と結晶成長の阻害,
第57回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.57, No.1, P-022, 2004年9月.
51. 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 :
カードラン懸濁液の加温によるゲル化に及ぼす塩の影響,
第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.4, 93, 2004年3月.
52. 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
薬物ー水溶性高分子間における複合体形成の油水分配とエマルション粒子形成への影響,
第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 14, 2004年3月.
53. 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
Rose BengalおよびErythosineBの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊,
第124年会日本薬学会講演要旨集, Vol.124, No.3, 10, 2004年3月.
54. 加藤 由加里, 福岡 真己子, 星野 昌志, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
ヒドロキシアパタイトに対する有機スルホン酸の吸着機構と界面複合体の形成,
第15回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 29-30, 2003年10月.
55. 嶋林 三郎, 喜多 真希子, 日野 知証 :
ヒドロキシアパタイト・水界面におけるアルキルリン酸と非イオン性界面活性剤の複合体形成と吸着,
第15回無機リン化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 27-28, 2003年10月.
56. 出口 亮, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
有機酸ー水溶性高分子の複合体形成に伴う油水分配への影響,
第56回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 314, 2003年9月.
57. 児嶋 智美, 日野 知証, 嶋林 三郎 :
ErythrosineBの吸着に伴う尿酸結晶の崩壊,
第56回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集, Vol.1, No.1, 287, 2003年9月.
58. 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 :
カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (2)浸漬時間の影響 ---,
第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月.
59. 日野 知証, 石本 隼人, 嶋林 三郎 :
カードラン懸濁液の加温によるゲル化に関する研究, --- (1)高齢者向けゼリー製剤の開発 ---,
第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 87, 2003年3月.
60. 日野 知証, 谷本 政雄, 嶋林 三郎 :
噴霧乾燥法によるシルクマイクロスフェアの調製とその物性の評価,
第123年会日本薬学会講演要旨集, Vol.1, No.4, 95, 2003年3月.

その他・研究会:

1. 嶋林 三郎 :
表面疎水基を持つヒドロキシアパタイトに対する有機物の吸着, --- 吸着による疎水化と合成による疎水化 ---,
第1回機能性材料勉強会講演資料集, Vol.1, No.1, 2009年3月.
2. Satoru Ueno and Saburo Shimabayashi :
Poly(Arg)-nanoparticle complexes translocate lipidbilayer membrane,
ABSTRACTS: International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Environmemtal Application of Fine Particles and Nanotubes, Vol.1, No.1, Jun. 2008.
3. 嶋林 三郎 :
第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座,
第25回徳島大学薬学部卒後教育公開講座 講演要旨集, Vol.25, 2007年12月.
4. 嶋林 三郎 :
第16回無機リン化学討論会,
第16回無機リン化学討論会 講演要旨集, Vol.16, 2006年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 希少資源リンの高度化利用に向けた新規リン戦略 (研究課題/領域番号: 20241020 )
  • 中性pHにおいて尿酸の溶解を促進する薬物の探索に関する基礎研究 (研究課題/領域番号: 14657570 )
  • 疎水性薬物が硬組織に結合する機構の解明 (研究課題/領域番号: 11672143 )
  • 生体硬組織に対する医薬品の親和性に関する物理化学的研究 (研究課題/領域番号: 07672316 )
  • 研究者番号(20025703)による検索