検索:
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医薬品適正使用
医薬品情報学 (Pharmaceutical Information Science)
薬物の代謝および毒性

研究テーマ

薬物療法における医薬品の安全性と適正使用に関する研究 (薬物治療, 医薬品の適正使用)
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて (医薬品情報学 (pharmaceutical information science))
ハロゲン化炭化水素による腎細胞毒性発現機構,ヒト肺非小細胞癌における抗癌剤多剤耐性機構,ラット脳灌流モデルによる薬物の脳脊髄液移行性評価 (薬物代謝·毒性, 化学療法)

著書・論文

著書:

1. Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Data mining approach on clinical/pharmaceutical information accumulatedin the drug safety information community, in "Complex Medical Engineering",
Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.
2. AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mikio Sasaki, Doolin Eiko Nakata, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman and Aiko Yamauchi :
Using computational intelligence methods in a web-based drug safety information community, in "Complex Medical Engineering",
Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2007.
3. 岡野 善郎, 神谷 晃, 松山 賢治, 山内 あい子 :
疾病·病態マニュアル 改訂第二版,
株式会社 南山堂, 東京, 2005年1月.
4. 岡野 善郎, 神谷 晃, 松山 賢治, 山内 あい子 :
疾病·病態マニュアル,
株式会社 南山堂, 東京, 1999年10月.
5. 山内 あい子 :
薬物相互作用の考え方,
兵庫県薬剤師会, 神戸, 1996年3月.
6. 谷村 顕雄, 藤井 正美, 義平 邦利, 伊藤 誉志男, 山内 あい子 :
食品中の食品添加物分析法解説書,
株式会社 講談社, 東京, 1992年5月.
7. 紀氏 武雄, 山内 あい子, 福森 義信 :
第6回神戸学院大学薬学部海外研修セミナーレポート,
神戸学院大学 薬学部, 神戸, 1989年3月.
8. 山内 あい子 :
中枢神経系におけるキニンの役割に関する研究,
東京大学, 東京, 1985年12月.

学術論文(審査論文):

1. Tomoko Otani, Yasuko Kase, Kazufumi Kunitomo, Kazumi Shimooka, Mitsugu Naoe, Hiroko Yamamoto, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Novel formula using triceps skinfold thickness to revise the Cockcroft-Gault equation for estimating renal function in Japanese bedridden elderly patients,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3-4, 195-202, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112237,   DOI: 10.2152/jmi.65.195,   PubMed: 30282860,   Elsevier: Scopus)
2. Tomoko Otani, Yasuko Kase, Kazufumi Kunitomo, Kazumi Shimooka, Mitsugu Naoe, Hiroko Yamamoto, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
What is the correct adjustment protocol for serum creatinine value to reflect renal function in bedridden elderly patients?,
The Japanese Journal of Nephrology and Pharmacotherapy, Vol.7, No.1, 3-12, 2018.
(DOI: 10.24595/jjnp.7.1_3)
3. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Takehiro Sato, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Genome-wide association study identifies ERBB4 on 2q34 as a novel locus associated with sperm motility in Japanese men.,
Journal of Medical Genetics, Vol.55, No.6, 415-421, 2018.
(DOI: 10.1136/jmedgenet-2017-104991,   PubMed: 29453196)
4. Youichi Sato, Chise Hasegawa, Atsushi Tajima, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Association of TUSC1 and DPF3 gene polymorphisms with male infertility,
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, Vol.35, No.2, 257-263, 2018.
(DOI: 10.1007/s10815-017-1052-x,   PubMed: 28975488)
5. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Motoki Katsurayama, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
An independent validation study of three single nucleotide polymorphisms at the sex hormone-binding globulin locus for testosterone levels identified by genome-wide association studies,
Human Reproduction Open, Vol.2017, No.1, 1-8, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111006,   DOI: 10.1093/hropen/hox002)
6. Kiyotake Yamamoto, Hiroyuki Mizuguchi, Natsumi Tokashiki, Makoto Kobayashi, Motoyuki Tamaki, Youichi Sato, Hiroyuki Fukui and Aiko Yamauchi :
Protein kinase C- signaling regulates glucagon secretion from pancreatic islets,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 122-128, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111099,   DOI: 10.2152/jmi.64.122,   PubMed: 28373608)
7. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Motoki Katsurayama, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
A replication study of a candidate locus for follicle-stimulating hormone levels and association analysis for semen quality traits in Japanese men,
Journal of Human Genetics, Vol.61, No.11, 911-915, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109999,   DOI: 10.1038/jhg.2016.82,   PubMed: 27357427)
8. Masaya Denda, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, 6244-6251, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111885,   DOI: 10.1039/C6OB01014H)
9. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Kouki Tsunematsu, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Lack of replication of four candidate SNPs implicated in human male fertility traits: a large-scale population-based study,
Human Reproduction, Vol.30, No.6, 1505-1509, 2015.
(DOI: 10.1093/humrep/dev081,   PubMed: 25908655,   Elsevier: Scopus)
10. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Kouki Tsunematsu, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
An association study of four candidate loci for human male fertility traits with male infertility,
Human Reproduction, Vol.30, No.6, 1510-1514, 2015.
(DOI: 10.1093/humrep/dev088,   PubMed: 25908656,   Elsevier: Scopus)
11. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Y chromosome haplogroup D2a1 is significantly associated with high levels of luteinizing hormone in Japanese men,
Andrology, Vol.3, No.3, 520-525, 2015.
(DOI: 10.1111/andr.12026,   PubMed: 25858496,   Elsevier: Scopus)
12. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males,
Anthropological Science, Vol.122, No.3, 131-136, 2014.
(DOI: 10.1537/ase.140709,   Elsevier: Scopus)
13. Youichi Sato, Takanobu Kamada and Aiko Yamauchi :
The role of dipeptidyl peptidase 4 (DPP4) in the preservation of renal function: DPP4 involvement in hemoglobin expression,
The Journal of Endocrinology, Vol.223, No.2, 133-142, 2014.
(DOI: 10.1530/JOE-14-0016,   PubMed: 25122001)
14. Jun Yamamoto, Nami Maeda, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker,
Tetrahedron, Vol.70, No.34, 5122-5127, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111908,   DOI: 10.1016/j.tet.2014.05.110,   Elsevier: Scopus)
15. Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Nozawa Shiari, Yoshiike Miki, Koh Eitetsue, Kanaya Jiro, Namiki Mikio, Matsumiya Kiyomi, Tsujimura Akira, Komatsu Kiyoshi, Itoh Naoki, Eguchi Jiro, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Y chromosome gr/gr subdeletion is associated with lower semen quality in young men from the general Japanese population but not in fertile Japanese men,
Biology of Reproduction, Vol.90, No.6, 116, 2014.
(DOI: 10.1095/biolreprod.114.118810,   PubMed: 24759788,   Elsevier: Scopus)
16. Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Meta-Analysis of Interleukin Polymorphisms and NSAID Usage Indicates Correlations to the Risk of Developing Cancer,
International Journal of Genomic Medicine, Vol.2, No.1, 1000113, 2014.
(DOI: 10.4172/2332-0672.1000113)
17. Nagao Mai, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
A meta-analysis of the association of PPARγ rs1801282 polymorphism and NSAID usage with the risk of developing cancer,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 1062-1067, 2014.
(DOI: 10.1248/bpb.b14-00160,   PubMed: 24882418,   CiNii: 130004147354,   Elsevier: Scopus)
18. Jun Yamamoto, Masaya Denda, Nami Maeda, Miku Kita, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.23, 3821-3826, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111911,   DOI: 10.1039/C4OB00622D,   PubMed: 24806338,   Elsevier: Scopus)
19. Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
A Meta-Analysis of PTGS1 and PTGS2 Polymorphisms and NSAID Intake on the Risk of Developing Cancer,
PLoS ONE, Vol.8, No.8, e71126, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0071126,   PubMed: 23967159)
20. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Y chromosome haplogroup D2* lineage is associated with azoospermia in Japanese males,
Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 107, 2013.
(DOI: 10.1095/biolreprod.112.105718,   PubMed: 23467741)
21. Youichi Sato, Timothy Jinam, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi, Issei Imoto, Ituro Inoue and Atsushi Tajima :
Replication study and meta-analysis of human nonobstructive azoospermia in Japanese populations,
Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 87, 2013.
(DOI: 10.1095/biolreprod.112.106377,   PubMed: 23467743)
22. 坂東 志津子, 高橋 正志, 松下 明, 山内 あい子 :
地域薬局薬剤師による糖尿病自己管理支援におけるポートフォリオ活用の試み,
日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会会誌, Vol.10, No.2, 4-15, 2012年.
23. Shizuko Bando, Masashi Takahashi and Aiko Yamauchi :
A Questionnaire Survey on Medication Adherence at a Community Pharmacy in Okayama to Determine the Requirements for Pharmaceutical Care,
Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.38, No.5, 304-312, 2012.
(DOI: 10.5649/jjphcs.38.304)
24. Yujiro Morioka, Masuhiro Nishimura, Hiroaki Takehara, Kazuhisa Doi, Shinsaku Naito and Aiko Yamauchi :
Intrathecal Disposition of ARTCEREB® Irrigation and Perfusion Solution for Cerebrospinal Surgery in Rats,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.34, No.5, 688-692, 2011.
(DOI: 10.1248/bpb.34.688,   PubMed: 21532158)
25. Masuhiro Nishimura, Kazuhisa Doi, Sanae Kishimoto, Osamu Koshitani, Shinsaku Naito and Aiko Yamauchi :
Pharmacological assessment of ARTCEREB® irrigation and perfusion solution for cerebrospinal surgery using primary cultures of rat brain cells,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.35, No.4, 447-457, 2010.
(DOI: 10.2131/jts.35.447,   PubMed: 20686331)
26. Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara :
Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
(DOI: 10.3892/etm_00000075,   PubMed: 22993564)
27. Doi Kazuhisa, Morioka Yujiro, Nishimura Masuhiro, Kawano Takeshi, Harada Daisuke, Naito Shinsaku and Aiko Yamauchi :
Perfusion fluids used in neurosurgery affect cerebrospinal fluid and surrounding brain parenchyma in the rat ventriculocisternal perfusion model,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.34, No.5, 511-518, 2009.
(DOI: 10.2131/jts.34.511,   PubMed: 19797859)
28. 西村 益浩, 土居 和久, 榎本 理世, 李 英培, 内藤 真策, 山内 あい子 :
アートセレブ®脳脊髄手術用洗浄灌流液:ヒトアストロサイト培養系を用いた薬理学的評価,
薬学雑誌, Vol.129, No.9, 1121-1126, 2009年.
(DOI: 10.1248/yakushi.129.1121,   CiNii: 130000136010)
29. Miyuki Ikeuchi, Masako Ikuta, Miyuki Hariki, Motoki Ikeuchi, Shigeki Muruyama, Mari Nakase, Kumiko Sakamoto, Yasuko Yoshioka, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara :
Synthesis and Pharmacological Evaluation of New 1-Hydroxy-1-phenyl-2, 3,4, 5-tetrahydro-1H-3-benzazepines as NE Potentiators,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.5, 443-445, 2009.
(DOI: 10.1248/cpb.57.443,   PubMed: 19420772)
30. Itokawa Daisuke, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Quantitative Structure-Activity Relationship for Inhibition of CYP2B6 and CYP3A4 by Azole Compounds - Comparison with Their Binding Affinity,
QSAR & Combinatorial Science, Vol.28, No.6-7, 629-639, 2009.
(DOI: 10.1002/qsar.200730115)
31. 山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 谷 真琴, 中馬 寛 :
医薬品安全性情報コミュニティ·データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて,
情報管理, Vol.50, No.3, 135-143, 2007年.
32. Tomoo Aoyama, Junko Kambe, Aiko Yamauchi and Umpei Nagashima :
Construction of a model for water purification mechanisms in a river by using a neural network approach,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 135-144, 2007.
(DOI: 10.2477/jccj.6.135,   CiNii: 130000056905)
33. Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi :
Prescribing patterns during pregnancy at Tokushima University Hospital,
Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.33, No.4, 377-385, 2007.
(DOI: 10.5649/jjphcs.33.377,   CiNii: 110006250034)
34. Kumiko Sakamoto, Aiko Yamauchi, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman :
A structural similarity evaluation by SimScore in a teratogenicity information sharing system,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 117-122, 2007.
(DOI: 10.2477/jccj.6.117,   CiNii: 130000056903)
35. 神部 順子, 長嶋 雲兵, 山内 あい子 :
ニューラルネットワークを用いたドナウ川の水質解析-OECDレポートを用いて-,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.2, 91-102, 2007年.
(DOI: 10.2477/jccj.6.91,   CiNii: 130000056900)
36. Junko Kambe, Tomoo Aoyama, Aiko Yamauchi and Umpei Nagashima :
Extraction of a parameter as an index to assess water quality of the Tamagawa, Tokyo, Japan, by using neural networks and multivariate analysis,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.1, 19-26, 2007.
(DOI: 10.2477/jccj.6.19,   CiNii: 130000056907)
37. 神部 順子, 青山 智夫, 山内 あい子, 長嶋 雲兵 :
線形多変量解析を用いた徳島吉野川の水質の解析,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.6, No.1, 1-18, 2007年.
(DOI: 10.2477/jccj.6.1,   CiNii: 130000056906)
38. Daisuke Itokawa, Tomoki Nishioka, Junji Fukushima, Tomoyo Yasuda, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Quantitative structure - activity relationship study of binding affinity of azole compounds with CYP2B and CYP3A,
QSAR & Combinatorial Science, Vol.26, No.7, 828-836, 2007.
(DOI: 10.1002/qsar.200610136)
39. 坂本 久美子, 神部 順子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 :
「妊娠と薬」に関する意識調査-薬剤師, 薬学生, 研究者の場合,
医療薬学, Vol.32, No.9, 956-963, 2006年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.32.956,   CiNii: 110004809871)
40. Eiko Nakata Doolin, Takao Orii, Kenichirou Sakakibara, Takehiko Yasumizu and Aiko Yamauchi :
Effect of advanced pharmaceutical services for chemotherapy on length of hospital stay,
Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.32, No.8, 849-856, 2006.
(DOI: 10.5649/jjphcs.32.849,   CiNii: 110004781852)
41. Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi :
Prescription drug use during pregnancy in Japan,
Reproductive Toxicology, Vol.22, No.2, 283, 2006.
42. Masuhiro Nishimura, Mari Yamaguchi, Shinsaku Naito and Aiko Yamauchi :
Soybean oil fat emulsion to prevent TPN-induced liver damage:Possible molecular mechanism and clinical implications,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.29, No.5, 855-862, 2006.
(DOI: 10.1248/bpb.29.855,   PubMed: 16651709)
43. 山内 あい子, 坂本 久美子, 日比野 有紀, 中馬 寛, 苛原 稔 :
妊娠期の薬物療法∼その実態と母児への影響∼,
性差と医療, Vol.3, No.5, 27(521)-32(526), 2006年.
44. Motoki Ikeuchi, Miyuki Ikeuchi, Kumiko Inoue, Syuhei Yamamoto, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara :
A new synthesis of phenolic 1-hydroxy-1-phenyl-2,3,4,5-tetrahydro-1H-3-benzazepines,
Heterocycles, Vol.65, No.12, 2925-2935, 2005.
(DOI: 10.3987/COM-05-10554,   CiNii: 40007024104,   Elsevier: Scopus)
45. Xiangli Liu, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman :
Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase,
Journal of Chromatography. A, Vol.1091, No.1-2, 51-59, 2005.
(DOI: 10.1016/j.chroma.2005.07.029,   PubMed: 16395792)
46. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman :
Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk,
Drug Metabolism Reviews, Vol.37, No.suppl2, 330-331, 2005.
47. Masuhiro Nishimura, Aiko Yamauchi, Mari Yamaguchi, Sanae Kishimoto, Nobuhiko Ueda and Sinsaku Naito :
Major role of soybean oil in preventing decrease in CYP4A1 mRNA content relative to PPARαmRNA down-regulation in infant rats,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.8, 1517-1520, 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.1517,   PubMed: 16079505)
48. Masuhiro Nishimura, Aiko Yamauchi, Mari Yamaguchi, Nobuhiko Ueda and Sinsaku Naito :
Soybean oil in total parenteral nutrition maintains albumin and antioxidant enzyme mRNA levels,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.7, 1265-1269, 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.1265,   PubMed: 15997111)
49. Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Masaru Kihara, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi :
Defects in apoptotic signal transduction in cisplatin-resistant non-small cell lung cancer cells,
Oncology Reports, Vol.13, No.6, 1229-1234, 2005.
(PubMed: 15870947)
50. 生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.31.279,   CiNii: 110001240344)
51. Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Kenichi Sasaki, Masaru Kihara, Masuhiro Nishimura, Nobuhiko Ueda, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi :
Expression of multidrug resistance proteins and accumulation of cisplatin in human non-small cell lung cancer cells,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.4, 707-712, 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.707,   PubMed: 15802814)
52. Masuhiro Nishimura, Mari Yamaguchi, Aiko Yamauchi, Nobuhiko Ueda and Sinsaku Naito :
Role of soybean oil fat emulsion in the prevention of hepatic xenobiotic transporter mRNA up-and- down -regulation induced by overdose of fat-free total parenteral nutrition in infant rats,
Drug Metabolism and Pharmacokinetics, Vol.20, No.1, 46-54, 2005.
(DOI: 10.2133/dmpk.20.46,   PubMed: 15770074)
53. Kenji Ikuta, Kazu Takemura, Masaru Kihara, Masuhiro Nishimura, Nobuhiko Ueda, Shinsaku Naito, Eibai Lee, Eiji Shimizu and Aiko Yamauchi :
Overexpression of constitutive signal transducer and activator of transcription 3 mRNA in cisplatin-resistant human non-small cell lung cancer cells.,
Oncology Reports, Vol.13, No.2, 217-222, 2005.
(PubMed: 15643501)
54. Mari Yamaguchi, Aiko Yamauchi, Masuhiro Nishimura, Nobuhiko Ueda and Sinsaku Naito :
Soybean oil fat emulsion prevents cytochrome P450 mRNA down-regulation induced by fat-free overdose total parenteral nutrition in infant rats.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.28, No.1, 143-147, 2005.
(DOI: 10.1248/bpb.28.143,   PubMed: 15635179)
55. Kentaro Kogure, Aiko Yamauchi, Akira Tokumura, Kyoko Kondou, Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi and Kenji Fukuzawa :
Novel antioxidants isolated from plants of the genera Ferula, Inula, Prangos and Rheum collected in Uzbekistan,
Phytomedicine, Vol.11, No.7-8, 645-651, 2004.
(DOI: 10.1016/j.phymed.2003.09.004,   PubMed: 15636179)
56. Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Keisuke Ishizawa, Aiko Yamauchi and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of stereoisomers of N-acetylcysteine (NAC), L-NAC and D-NAC, on angiotensin II-stimulated MAP kinase activation and vascular smooth muscle cell proliferation,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 483-486, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.SC0040061,   PubMed: 15297771)
57. 山内 あい子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 後藤 尋規, 坂本 久美子, 中馬 寛 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて,
薬事, Vol.46, No.9, 1675-1681, 2004年.
(CiNii: 40006358100)
58. Riyo Enomoto, Hiroyuki Tatsuoka, Tomoe Komai, Chiyoko Sugahara, Kazu Takemura, Aiko Yamauchi, Masuhiro Nishimura, Shinsaku Naito, Toshio Matsuda and Eibai Lee :
Involvement of histone phosphorylation in apoptosis of human astrocytes after exposure to saline solution,
Neurochemistry International, Vol.44, No.6, 459-467, 2004.
(DOI: 10.1016/S0197-0186(03)00175-X,   PubMed: 14687611)
59. Aiko Yamauchi, Eiko Nakata Doolin, Kumiko Sakamoto, Hiroki Goto, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman :
Construction of a drug safety information community in Japan,
Drug Metabolism Reviews, Vol.36, No.suppl1, 233, 2004.
60. Liu Xiangli, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman :
Lipophilicity measurement by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC): A comparison of two stationary phases based on retention mechanisms,
Helvetica Chimica Acta, Vol.87, No.11, 2866-2876, 2004.
(DOI: 10.1002/hlca.200490258,   Elsevier: Scopus)
61. 山内 あい子, 中田 栄子, 中馬 寛 :
双方向·成長型薬物催奇形性情報コミュニテイの構築,
Journal of Computer Chemistry, Japan, Vol.2, No.3, 71-78, 2003年.
(DOI: 10.2477/jccj.2.71,   CiNii: 10012456353)
62. Aiko Yamauchi :
Project of the database construction for teratogenic agents-construction of the growing information -community for teratogenic agents,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.27, No.4, 280, 2002.
(CiNii: 110001802693)
63. Riyo Enomoto, Hiroyuki Tatsuoka, Yukari Yoshida, Tomoe Komai, Kaori Node, Rieko Nogami, Aiko Yamauchi and Eibai Lee :
Thymocyte apoptosis induced by phosphorylation of histones is associated with the change in chromatin structure to allow easy accessibility of DNase,
IUBMB life, Vol.54, No.3, 123-127, 2002.
(DOI: 10.1080/15216540214536,   PubMed: 12489639)
64. Yasumasa Iwai, Kumiko Kita, Yoko Matsushita, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara :
New entry of coupling reaction of phenacylamine derivatives with silylstannane,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.3, 441-443, 2002.
(DOI: 10.1248/cpb.50.441,   CiNii: 110003616175)
65. Aiko Yamauchi, Nobuhiko Ueda, Sayuri Hanafusa, Eri Yamashita, Masaru Kihara and Shinsaku Naito :
Tissue Distribution of and Species Differences in Deacetylation of N-Acetyl-L-Cysteine and Immunohistochemical Localisation of Acylase I in the Primate Kidney,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.54, No.2, 205-212, 2002.
(DOI: 10.1211/0022357021778394,   PubMed: 11848284)
66. Nobuhiko Ueda, Aiko Yamauchi, Masaru Kihara and Shinsaku Naito :
Biotransformation of N-acetyl-L-cysteine:Tissue distribution and species difference of its deacetylation,
Drug Metabolism Reviews, Vol.32, No.suppl2, 271, 2000.
67. Eibai Lee, Akira Nakatsuma, Rikako Hiraoka, Eriko Ishikawa, Aiko Yamauchi and Riyo Enomoto :
Involvement of histone phosphorylation in thymocyte apoptosis by protein phosphatase inhibitors,
IUBMB Life, Vol.48, No.1, 79-83, 1999.
68. Nobuya Kusunoki, Kohji Takara, Yusuke Tanigawara, Aiko Yamauchi, Kazumitsu Ueda, Fusao Komada, Yonson Ku, Yoshikazu Kuroda, Yohichi Saitoh and Katsuhiko Okumura :
Inhibitory effects of a cyclosporin derivative, SDZ PSC 833, on transport of doxorubicin and vinblastine via human p-glycoprotein,
Japanese Journal of Cancer Research, Vol.89, No.11, 1220-1228, 1998.
69. Masaru Kihara, Motoki Ikeuchi, Aiko Yamauchi, Mamoru Nukatsuka, Hiroshi Matsumoto and Toshiyuki Toko :
Synthesis and biological evaluation of 7-hydroxy-3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolines as new 4-hydroxytamoxifen analogues,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.45, No.5, 939-943, 1997.
70. Eibai Lee, Taku Furukubo, Takashi Miyabe, Aiko Yamauchi and Kimio Kariya :
Involvement of histone hyperacetylation in triggering DNA fragmentation of rat thymocytes undergoing apoptosis,
FEBS Letters, Vol.395, No.2, 183-187, 1996.
71. 山崎 裕康, 山口 孝子, 山内 あい子, 垣内 靖男 :
食品添加物天然赤色系着色料のウサギ血小板機能に及ぼす影響,
衛生化学, Vol.41, No.5, 375-380, 1995年.
(Elsevier: Scopus)
72. 山口 孝子, 山崎 裕康, 山内 あい子, 垣内 靖男 :
道路近傍における浮遊粒子状物質中のタイヤレッド磨耗粉じん及びゴム添加剤の分析,
衛生化学, Vol.41, No.2, 155-162, 1995年.
(Elsevier: Scopus)
73. Takako Yamaguchi, Hiroshi Uehara, Hiroko Oka, Tsuyoshi Saitou, Hiroyasu Yamazaki, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Mutagenicity and property of airborne particulates in a roadside atmosphere,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.40, No.1, 12, 1994.
(CiNii: 110003642006,   Elsevier: Scopus)
74. Hiroyasu Yamazaki, Megumi Ito, Miho Fujiwara, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Effect of food additives on rabbit platelet function ( II ),
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.40, No.1, 41, 1994.
(Elsevier: Scopus)
75. 山口 孝子, 山崎 裕康, 山内 あい子, 垣内 靖男 :
道路近傍における浮遊粒子状物質の変異原性について,
衛生化学, Vol.40, No.6, 542-549, 1994年.
76. Hiroyasu Yamazaki, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Food additives on acceptable daily intake (ADI) level affect the agonist induced platelet activation I. antioxidants and preservatives,
Chemosphere, Vol.29, No.6, 1293-1299, 1994.
77. 山崎 裕康, 山口 孝子, 山内 あい子, 垣内 靖男 :
食品添加物(赤色系合成着色料)のウサギ血小板機能に及ぼす影響,
衛生化学, Vol.40, No.5, 448-453, 1994年.
78. Hiroyasu Yamazaki, T Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Effect of food additives on rabbit platelet function,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.39, 16, 1993.
79. 山崎 裕康, 山口 孝子, 山内 あい子, 垣内 靖男 :
食品添加物(酸化防止剤)のウサギ血小板機能に及ぼす影響,
衛生化学, Vol.39, No.5, 453-458, 1993年.
80. Aiko Yamauchi, G J Stijintje, J M N Commandeur and N E P Vermeulen :
Purification of glutamine transferase K/cysteine conjugate β-lyase from rat renal cytosol based on hydrophobic interaction HPLC and gelpermeation FPLC,
Protein Expression and Purification, Vol.4, No.6, 552-562, 1992.
(DOI: 10.1006/prep.1993.1073,   PubMed: 8286953)
81. Hiroyasu Yamazaki, Nobuko Take, Kaori Tachibana, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Effect of environmental pollutants on activation of rabbit platelets,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.38, No.1, 18, 1992.
82. Hiroyasu Yamazaki, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Effect of halocarbons and styrene on thrombin and calcium ionophore induced activation of rabbit platelets,
Chemosphere, Vol.25, No.5, 665-673, 1992.
83. 山口 孝子, 山内 あい子, 山崎 裕康, 垣内 靖男 :
タイヤ抽出物の変異原性に対するゴム添加剤の共存効果,
衛生化学, Vol.38, No.6, 506-510, 1992年.
84. Hiroyasu Yamazaki, Masaki Inoi, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi, Yasuo Kakiuchi and Hsin-Hsiung Tai :
Rubber additive inhibit the calcium ionophore and thrombin induced activation of rabbit platelets,
Chemosphere, Vol.22, No.9-10, 859-867, 1992.
85. Hiroyasu Yamazaki, Masaki Inoi, Takako Yamaguchi, Aiko Yamauchi and Yasuo Kakiuchi :
Effect of rubber additives on activation of rabbit platelets,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.37, No.1, 22, 1991.
(Elsevier: Scopus)
86. Aiko Yamauchi, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi :
Changes in the composition of glutathione transferase subunits in rat liver after oral administration of benzo(a)pyrene,
Toxicol.Environ.Chem., Vol.33, No.1-2, 111-119, 1991.
87. 山口 孝子, 山内 あい子, 山崎 裕康, 垣内 靖男 :
タイヤ中に使用されているゴム添加剤の変異原性について,
衛生化学, Vol.37, No.1, 6-13, 1991年.
88. Takako Yamaguchi, Aki Asada, Aiko Yamauchi, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi :
Mutagenicity of tire extracts,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.36, No.1, 16, 1990.
(CiNii: 110003643638,   Elsevier: Scopus)
89. 山崎 裕康, 山内 あい子, 細野 恭平, 垣内 靖男, 藤井 正美 :
水溶性ビタミン安定性に及ぼす赤色系着色料の影響,
生活衛生, Vol.34, No.1, 36-40, 1990年.
90. Hiroyasu Yamazaki, Eiko Imamura, Sumi Kamei, Aiko Yamauchi, Yasuo kakiuchi and Hsin-Hsiung Tai :
Polycyclic aromatic hydrocarbons affect the calcium ionophore induced activation of rabbit platelet,
Chemosphere, Vol.21, No.1-2, 21-28, 1990.
91. Aiko Yamauchi, Takako Ohtsuka, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi :
Regulation of microsomal glutathione transferase activity in benzo(a)pyrene administered rat liver,
Journal of pharmacobio-dynamics, Vol.12, No.3, s-66, 1989.
92. Aiko Yamauchi, Noritake Matsumoto, Hiroyuki Nakagawa, Takako Ohtsuka, Hiroyasu Yamazaki and Yasuo Kakiuchi :
High-performance liquid chromato-graphic analysis of polycyclic aromatic hydrocarbons extracted from river waters,
Japanese Journal of Toxicology and Environmental Health, Vol.35, No.1, 3, 1989.
93. 山内 あい子, 松本 典丈, 中川 博之, 大塚 孝子, 山崎 裕康, 垣内 靖男 :
ブルーコットン吸着法による河川水中の多環芳香族炭化水素の分析,
衛生化学, Vol.35, No.4, 283-290, 1989年.
94. 垣内 靖男, 山内 あい子, 濱志 保子, 山崎 裕康 :
酸敗油脂水抽出-TBA比色法における反応生成物質の分析,
衛生化学, Vol.35, No.4, 291-296, 1989年.
95. Kimio Kariya, M Sasaki and Aiko Yamauchi :
Relationship between central kinin system and hypertensive response in spontaneously hypertensive rat,
Jpn.Heart J., Vol.29, 555, 1988.
96. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi and Eibai Lee :
Sex-related difference of kinin level in rat pituitary gland,
Life Sciences, Vol.40, No.4, 407-412, 1987.
97. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi, M Sasaki and S Ohnishi :
Reactivity to bradykinin of the isolated ileum and duodenum from spontaneously hypertensive rats,
Jpn.Heart J., Vol.28, No.4, 633, 1987.
98. Kimio Kariya and Aiko Yamauchi :
Relationship between hypertensive response and brain kinin level in the rat injected intraventricularly with glandular kallikrein,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.43, No.2, 129-132, 1987.
99. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi and Eibai Lee :
A Study on kinin system in rat pituitary gland,
Neurochemical Research, Vol.11, No.12, 1762, 1986.
100. 山内 あい子, 瀧 敏孝, 仮家 公夫 :
ラット脳Adenosine受容体に及ぼすTaurineの影響,
含硫アミノ酸, Vol.9, 29-34, 1986年.
101. Aiko Yamauchi, Atsumu Nakayama and Kimio Kariya :
Determination of kinin in the rat brain by a sensitive radioimmunoassay,
Journal of pharmacobio-dynamics, Vol.8, No.8, 607-613, 1985.
102. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi and T Sasaki :
Regional distribution and characterization of kinin in the CNS of the rat,
Journal of Neurochemistry, Vol.44, No.6, 1892-1897, 1985.
(DOI: 10.1111/j.1471-4159.1985.tb07185.x,   PubMed: 3989568,   Elsevier: Scopus)
103. 仮家 公夫, 山内 あい子, 李 英培 :
ラット下垂体キニン系に関する研究,
神経化学, Vol.24, No.1, 289-304, 1985年.
104. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi, S Hattori, Yuko Tsuda and Yoshio Okada :
The disappearance rate of intraventricular bradykinin,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.107, No.4, 1461-1466, 1985.
105. Kimio Kariya, Aiko Yamauchi and Y Chatani :
Relationship between central actions of bradykinin and prostaglandins in the conscious rat,
Neuropharmacology, Vol.21, No.3, 267-272, 1982.
(DOI: 10.1016/0028-3908(82)90197-6,   PubMed: 7070602)
106. Kimio Kariya and Aiko Yamauchi :
Effects of intraventricular injection of bradykinin on the EEG and the blood pressure in conscious rats,
Neuropharmacology, Vol.20, No.12, 1221-1224, 1981.
(DOI: 10.1016/0028-3908(81)90068-X,   PubMed: 7322298)
107. Kimio Kariya, Hideo Iwaki, Aiko Yamauchi, Midori Okamoto, Yuko Tsuda and Yoshio Okada :
Central action of bradykinin (II) Separation of bradykinin degrading enzyme from the rat brain,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.31, No.4, 613-619, 1981.
108. Y Okada, Y Tsuchiya, M Yagyu, Aiko Hashimoto and K Kariya :
Effect of bradykinin fragments and their analogs on central nervous system,
Peptide Chemistry, Vol.1978, 79-84, 1979.
109. K Kariya, H Okamoto, H Iwaki, Aiko Hashimoto and M Yagyu :
Studies of the effects of bradykinin and its fragments on the central nervous system,
Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.120, No.b, 487-497, 1979.
110. Aiko Hashimoto and J Kawada :
Effects of oral administration of positively charged insulin liposomes on alloxan diabetic rats,
Endocrinologia Japonica, Vol.26, No.3, 337-344, 1979.

学術論文(紀要・その他):

1. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins,
Peptide Science 2013, 205-206, 2014.
2. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman :
Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com,
Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 316, 2007.
3. Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system,
Drug Metabolism Reviews, Vol.39, No.suppl1, 207, 2007.

学術レター:

1. 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 :
セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析,
SAR NEWS, Vol.14, 12-15, 2008年.
2. 山内 あい子, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 中馬 寛 :
薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測-Clinical QSAR,
SAR NEWS, Vol.10, 11-14, 2006年.

総説・解説:

1. 山内 あい子 :
新成長戦略で求められる薬剤師の役割拡大,
徳島県病薬会誌, No.94, 1-2, 2014年8月.
2. 山内 あい子 :
男女共同参画社会への取り組み㊦,
週刊教育資料, Vol.2014/4/28, No.1295, 28-29, 2014年4月.
(CiNii: 40020045906)
3. 山内 あい子 :
男女共同参画社会への取り組み㊤,
週刊教育資料, Vol.2014/4/14, No.1293, 28-29, 2014年4月.
(CiNii: 40020037534)
4. 山内 あい子 :
30歳代を中心とする女性研究者のエンパワーメント,
共同参画, No.64, 5-6, 2014年1月.
5. 山内 あい子 :
徳島大学における女性研究者支援の取り組み⑤ -AWA(OUR)サポートシステム事業の成果-,
文部科学教育通信, Vol.326, No.10/28, 16-17, 2013年10月.
6. 山内 あい子 :
徳島大学における女性研究者支援の取り組み④ -女性研究者のモチベーション向上のために-,
文部科学教育通信, Vol.325, No.10/14, 16-17, 2013年10月.
7. 山内 あい子 :
徳島大学における女性研究者支援の取り組み③ -支援推進の原動力は全学的な意識改革,
文部科学教育通信, Vol.324, No.9/23, 16-17, 2013年9月.
8. 山内 あい子 :
徳島大学における女性研究者支援の取り組み② -支援するための環境を整える,
文部科学教育通信, Vol.323, No.9/9, 16-17, 2013年9月.
9. 山内 あい子 :
徳島大学における女性研究者支援の取り組み① -女性研究者の現状と必要とされる支援とは?,
文部科学教育通信, Vol.322, No.8/26, 16-17, 2013年8月.
10. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 :
新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
ケミカルバイオロジー, Vol.6, 6-9, 2013年6月.
11. 山内 あい子 :
乳汁への薬物移行性の予測,
薬局, Vol.62, No.7, 2766-2771, 2011年6月.
12. 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦と医薬品情報(6) 医薬品安全性情報コミュニティ・サイト anzen-drug comへようこそ,
県薬だより-情報とくしま-, No.47, 34-38, 2007年3月.
13. 山内 あい子 :
催奇形性の情報をネット上で試験公開,
薬事日報, No.10305, 28, 2006年11月.
14. 山内 あい子 :
妊婦·授乳婦と医薬品情報(5),
県薬だより-情報とくしま-, No.42, 10-14, 2006年3月.
15. 山内 あい子 :
妊婦·授乳婦と医薬品情報(4),
県薬だより-情報とくしま-, No.39, 12-15, 2005年9月.
16. 山内 あい子 :
妊婦·授乳婦と医薬品情報(3),
県薬だより-情報とくしま-, No.38, 10-12, 2005年7月.
17. 山内 あい子 :
妊婦·授乳婦と医薬品情報(2),
県薬だより-情報とくしま-, No.37, 1-4, 2005年4月.
18. 山内 あい子 :
妊婦·授乳婦と医薬品情報(1),
県薬だより-情報とくしま-, No.36, 5-8, 2005年1月.
19. 山内 あい子 :
薬学部と病薬 -薬学部情報薬局の始動-,
徳島県病薬会誌, No.75, 19-20, 2005年1月.
20. 山内 あい子 :
食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の算定および将来補正方法の研究Ⅱ,
The San-Ei Gen Foundation For Food Chemical Reserch Annual Report, Vol.8, 56-61, 2002年.
21. 山内 あい子 :
食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の算定および将来補正方法の研究Ⅰ,
The San-Ei Gen Foundation For Food Chemical Reserch Annual Report, Vol.7, 13-24, 2001年.
22. 山内 あい子 :
シンポジウム『薬学領域における情報インフラの構築とその利用』の話題,
薬事日報日本薬学会特集号, 1999年3月.
23. 山内 あい子 :
くすりの相互作用と安全性,
第3回徳島大学薬学部卒後教育公開講座要旨集, 13-32, 1997年12月.
24. 山内 あい子 :
POSと薬剤師,
県薬便り, Vol.14, 24-27, 1997年12月.

国際会議:

1. Soushi Imani, Youichi Sato, Tatsuya Shimozawa, Teruaki Iwamoto and Aiko Yamauchi :
Association analyses between copy numbers of genes in the azoospermia factor c (AZFc) region on the Y chromosome and male infertility,
The 13th International Congress of Human genetics, Kyoto, Apr. 2016.
2. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Katsurayama Motoki, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Iwamoto Teruaki :
A replication study of four candidate loci for sex hormone levels previously identified by genome-wide association studies,
The 13th International Congress of Human Genetics, Kyoto, Apr. 2016.
3. Masaya Denda, Takuya Morisaki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
In Cell Labeling of Target Proteins using ''SEAL-tag'',
American Peptide Symposium 2015, Florida, Jun. 2015.
4. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins,
4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
5. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein,
23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
6. Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Seasonal variation on the reproductive characteristics and sperm concentration of Japanese males,
7th Copenhagen Workshop on Endocrine Disrupters, Copenhagen, May 2013.
7. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Overview of the genetic variations in the Y chromosome in the Japanese population,
The American Society of Human Genetics, 62nd Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2012.
8. Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins,
The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
9. Yukari Shono, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Prediction of drug-induced hepatotoxicity in human using machine learning,
The Second Decennial Meeting Between SeoulNational University and The University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
10. Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi :
Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines,
The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
11. Aiko Yamauchi, Kaori Nakai, Sayako Doi, Kumiko Sakamoto and Masaru Kihara :
Clinical QSAR Study on Placental Drug Transfer and An In Vitro Evaluation Model Using Human Placental JEG-3 Cells,
The 8th China-Japan Joint Syposium on Drug Design and Development, Kobe, Nov. 2008.
12. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Eiko Doolin Nakata, Makoto Tani, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman :
Constructing a web-based drug-teratogenicity information sharing system, anzen-drug com,
8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
13. Hideki Uchimi, Kumiko Sakamoto, Makoto Tani, Mikio Sasaki, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Estimating potential risks of pharmaceuticals human fetuses by SimScore in a teratogenicity information sharing system,
8th INTERNATIONAL ISSX MEETING, Sendai, Oct. 2007.
14. Kumiko Sakamoto, Yuki Hibino, Shuji Yamano, Kazuhisa Maeda, Minoru Irahara and Aiko Yamauchi :
Prescription drug use during pregnancy in Japan,
34th Annual Conference of the European Teratology Society, Abano Terme, Sep. 2006.
15. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto and Hiroshi Chuman :
Clinical QSAR study on the prediction of drug excretion into human breast milk,
13th NA ISSX Meeting/20th JSSX Meeting, Maui, Oct. 2005.
16. Aiko Yamauchi :
Datebase-construction for teratogenic drugs/medicinal products,
Free University , Molecular Toxicology Laboratory meeting, Amsterdam, Sep. 2005.
17. Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Data mining approach on clinical/pharmaceutical information accumulated in the drug safety information community,
The First International Conference on Complex Medical Engineering-CME2005, Takamatsu, May 2005.
18. AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mikio Sasaki, Eiko Doolin Nakata, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman and Aiko Yamauchi :
Using computational intelligence methods in a web-based drug safety information community,
The First International Conference on Complex Medical Engineering-CME2005, Takamatsu, May 2005.
19. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman, Eiko Nakata Doolin and Mikio Sasaki :
Construction of a drug safety information system for pregnant women,
Pharmacy and Pharmaceutical Sciences World Congress 2004, 64th International Congress of FIP, New Orleans, Sep. 2004.
20. Aiko Yamauchi, Eiko Nakata Doolin, Kumiko Sakamoto, Hiroki Goto, Mikio Sasaki and Hiroshi Chuman :
Construction of a drug safety information community in Japan,
7th International ISSX Meeting, Vancouver, Aug. 2004.
21. Aiko Yamauchi, Kumiko Sakamoto, Hiroshi Chuman, Eiko Nakata Doolin, Mikio Sasaki and Hiroki Goto :
Construction of a drug safety information community for drug therapy in pregnancy,
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), Kyoto, May 2004.
22. Daisuke Itokawa, Ryoma Murakami, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
Physicochemical analyses of binding activity between cytochrome P450 and azole fungicides,
The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
23. Takashi Fujiwara, Yuki Hibino, Masaru Kihara, Aiko Yamauchi and Hiroshi Chuman :
QSAR analysis for prediciton drug transfer into human breast milk,
The 10th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Tokushima, Apr. 2004.
24. Aiko Yamauchi, Hiroshi Chuman, Eiko Doolin Nakata, Hiroki Goto and Mikio Sasaki :
Construction of a drug safety information communit,
RISTEX International Workshop, Tokyo, Dec. 2003.
25. Aiko Yamauchi, Takashi Fujiwara, Masaru Kihara and Hiroshi Chuman :
QSAR analysis and prediction of drug excretion into human breast milk,
Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 03), Kyoto, Oct. 2003.
26. Aiko Yamauchi :
Construction of the growing information-community for teratogenic agents,
徳島大学薬学部 ソウル大學薬學大學 学術交流講演会, Seoul, Jan. 2003.
27. Aiko Yamauchi and Eiko Doolin Nakata :
Construction of the growing information-community for teratogenic agents in Japan,
12th International Conference of Women Engineers and Scientists, Ottawa, Jul. 2002.
28. Aiko Yamauchi :
Construction of the growing information community for teratogenic agents,
The eighth GINC Tokyo Meeting "GINC and Capacity Building for Management of Chemicals in Asia-Pacific Countries", Tokyo, Jul. 2002.
29. Nobuhiko Ueda, Aiko Yamauchi, Masaru Kihara and Shinsaku Nito :
Biotransformation of N-acetyl-L-cysteine: tissue distribution and species difference of its deacetylation,
10th North American ISSX Meeting, Indianapolis, Oct. 2000.

国内講演発表:

1. 小薬 鈴, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
GWASによる血中inhibin Bレベル関連遺伝子座の探索,
ConBio2017, 2017年12月.
2. 木口 美沙妃, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
GWASによる精子濃度の関連遺伝子座の探索,
ConBio2017, 2017年12月.
3. 長谷川 知世, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
DPF3,TUSC1およびIZUMO3遺伝子上のSNPと男性不妊症との関連解析,
ConBio2017, 2017年12月.
4. 佐藤 陽一, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 野崎 瑞貴, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
家系を対象とした次世代シーケンス解析による新規無精子症原因遺伝子同定の試み,
第62回日本生殖医学会学術講演会, 2017年11月.
5. 福永 千香, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
日本人を対象としたメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素遺伝子C677T多型と男性不妊症との関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
6. 谷垣 雄都, 佐藤 陽一, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
テイコプラニン投与による副作用発現および血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
7. 田島 穂澄, 佐藤 陽一, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
シタラビン投与による副作用発現と代謝経路関連遺伝子多型の関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
8. Matsuoka Koki, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Omura Shiro, Youichi Sato, Hiroki Moriguchi and Aiko Yamauchi :
Integrated analysis for drug toxicities in human using multi-label classification.,
CBI学会2017年大会, Oct. 2017.
9. 山内 あい子 :
くらしに役立つ薬の知識,
徳島県消費者大学校公開講座, 2017年7月.
10. 大森 理央, 佐藤 陽一, 木口 美沙妃, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
ビンクリスチンによる副作用発現とMDR1遺伝子多型との関連性,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
11. 山口 裕大, 佐藤 陽一, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
バンコマイシン投与による副作用発現及び血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
12. 岡島 八千代, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
日本人の食品品目別一日喫食量の将来予測,
日本食品化学学会 第23回総会・学術大会, 2017年6月.
13. 山内 あい子 :
「くすりを正しく安全に使うための基礎知識」,
徳島市消費者協会総会, 2017年5月.
14. 山本 清威, 水口 博之, 渡嘉敷 夏海, 小林 誠, 佐藤 陽一, 藤野 裕道, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に関与するPKCアイソザイムの同定,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
15. 山内 あい子 :
『妊婦・授乳婦への薬学的ケアの基礎知識 その2』,
徳島県薬剤師会 鳴門支部研修会, 2016年12月.
16. 山内 あい子 :
『妊婦・授乳婦への薬学的ケアの基礎知識 その1』,
徳島県薬剤師会 鳴門支部研修会, 2016年11月.
17. 松田 実紗, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 :
DPP4遺伝子多型と肥満との関連解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
18. 山西 愛実, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 :
インクレチンホルモン及びその受容体の遺伝子多型と肥満との関連解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
19. 大村 士朗, 松岡 恒輝, 佐藤 陽一, 山内 あい子, ガイベ アハマド アンマール, 森口 博基 :
Support Vector Machine及び決定木による化合物のヒト発がん性予測モデルの構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
20. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 下岡 和美, 山本 浩子, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
寝たきり高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討,
第24回日本慢性期医療学会, 2016年10月.
21. Matsuoka Koki, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Omura Shiro, Youichi Sato, Hiroki Moriguchi and Aiko Yamauchi :
"Prediction of chemical-induced developmental and reproductive toxicity in human using the machine learning",
CBI学会2016年大会, Oct. 2016.
22. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に対するquercetinの効果,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
23. 今仁 聡志, 佐藤 陽一, 下澤 辰也, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
Y染色体上azoospermia factor c (AZFc) 領域内に存在する遺伝子のコピー数と男性不妊症との関連解析,
第38回日本分子生物学年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
24. 山内 あい子 :
女性研究者のキャリアパスについて考える,自分らしく輝くために!,
講演会 「化学系女子の進路と大学院進学」, 2015年11月.
25. 松岡 恒輝, 佐藤 陽一, 大髙 章, 山内 あい子 :
薬物の胎児毒性に関する機械学習による予測と化学構造特性の解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
26. 辻 弥生, 佐藤 陽一, 川添 和義, 山内 あい子, 石澤 啓介 :
NSAIDsの種類及び服薬期間,頻度と発癌リスクに関するメタ解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
27. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
PKCδシグナル抑制化合物によるグルカゴン分泌抑制効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月.
28. 葛山 元貴, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
性ホルモン関連遺伝子座3 SNPsの日本人男性を対象としたreplication解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月.
29. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
寝たきり高齢者における腎機能評価 ∼Scr補正の検証∼,
第9回 日本腎臓病薬物療法学会 学術大会2015, 2015年10月.
30. 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 :
N-Sアシル基転移反応を基盤としたin cellタンパク質ラベル化法の開発,
第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
31. 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 :
N-Sアシル基転移反応を利用した新規ラベル化試薬の開発,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
32. 松岡 恒輝, 稲山 義高, 大村 士朗, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト胎児に対する薬物の安全性を機械学習により予測する,
第18回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2015年6月.
33. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 山本 浩子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討∼実測Ccr と推定Ccr の比較∼,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
34. 川野 壮一, 新谷 保実, 鈴江 朋子, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
当院での糖尿病治療におけるDPP-4 阻害薬の有効性と安全性の評価,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
35. 山内 あい子 :
中国四国地方から発信する男女共同参画の取組,
第6回中国四国男女共同参画シンポジウム, 2014年11月.
36. 山本 純, 森崎 巧也, 北 未来, 小宮 千明, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とするチオール応答型トレーサブルリンカーの開発,
第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
37. 佐藤 陽一, 常松 晃希, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 山内 あい子, 岩本 晃明 :
男性生殖能力関連候補遺伝子座 4SNPsの日本人男性を対象とした精液パラメータ及び男性不妊症との関連解析,
日本人類遺伝学会第59回大会, 2014年11月.
38. 下澤 辰也, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
日本人男性におけるY染色体上DAZ遺伝子の欠失パターンと精液パラメータとの関連解析,
日本人類遺伝学会第59回大会, 2014年11月.
39. 関屋 諒, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
Hemoglobinの抗酸化作用による腎機能保護に対するDPP4の影響,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
40. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
41. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
炎症関連遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌抑制に関するメタ解析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
42. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
43. 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
44. 山内 あい子 :
自立的取組の成果と課題 ∼意識・組織・財政の面から∼,
第4回四国女性研究者フォーラム, 2013年12月.
45. 山内 あい子 :
ワークライフバランスを考える,
徳島大学病院 診療支援部研修会 WLB講演, 2013年12月.
46. 佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
47. 山内 あい子 :
妊娠・授乳期における薬学的ケアの基礎知識,
益田市薬剤師会学術研修会, 2013年11月.
48. 山内 あい子 :
妊婦授乳婦の薬物治療-精神疾患・てんかん,
第二回妊婦授乳婦薬剤研究会, 2013年11月.
49. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
50. 鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
DPP4欠損ラット及び培養細胞を用いた腎臓におけるDPP4の機能解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
51. 岩佐 亮佑, 中谷 充志, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト有機アニオントランスポーター3(hOAT3)新規アイソフォームのクローニングと発現解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
52. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌リスク抑制効果とPPAR 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第23回日本医療薬学会年会, 2013年9月.
53. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究,
生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
54. 山内 あい子 :
食の安全 薬と食べ物の飲み合わせ,
徳島大学大学開放実践センター同窓会六一会 講演会, 2013年9月.
55. 山内 あい子 :
『医薬品の正しい使い方』教育と医療の変革,
学校環境衛生・薬事衛生研究協議会, 2013年9月.
56. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
インターロイキン遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌リスクに関するメタアナリシス,
第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013年8月.
57. 島添 隆雄, 山内 あい子 :
教育評価手法開発プログラムG4のアンケートから見えてくるもの,
教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
58. 山内 あい子 :
教育評価手法開発について 「大学から」,
教育評価手法開発シンポジウム, 2013年8月.
59. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼,
第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
60. 山内 あい子 :
男女共同参画社会の実現と医療の変革,
オンリーワンとくしま学講座, 2013年7月.
61. 平田 收正, 波多野 力, 山内 あい子 :
先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
62. 島添 隆雄, 家入 一郎, 山内 あい子, 荒井 國光, 上島 悦子, 平田 收正 :
実務実習における教育評価法プログラムとしてのフィードバック事例集の開発,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
63. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌抑制とIL遺伝子多型の影響に関するメタ解析,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
64. 鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
腎機能障害発症におけるDPP4の関わり,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
65. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の精製・選択的ラベル化ツール「トレーサブルリンカー」の開発,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
66. 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦に対する薬学的ケアの基礎知識 -安心した薬物療法を行うために-,
第1回妊婦・授乳婦薬物療法研修会, 2013年3月.
67. 山内 あい子 :
女性研究者支援ネットワーク,
第23回手づくり研修(大塚製薬工場研究開発センター), 2013年2月.
68. 山内 あい子 :
食薬相互作用,
第23回手づくり研修(大塚製薬工場研究開発センター), 2013年2月.
69. 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験,
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
70. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
薬学部での臨床思考プロセスを取り入れた医薬品情報提供実習,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
71. 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
タンパク質選択的ラベル化法の開発研究,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
72. 鍋島 亜季, 瀧澤 みのり, 土居 沙也子, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト胎盤絨毛細胞培養モデルによる薬物の胎盤通過性評価,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
73. 鍛冶 貴久, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
肥満発症とプロテアソーム活性の関連性,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
74. 山内 あい子 :
未来につなげる女性研究者支援体制,
第3回四国女性研究者フォーラム, 2012年11月.
75. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌抑制とCOX遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月.
76. 岩出 あゆみ, 吉田 奈央, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦の漢方薬治療に関する安全性情報データベースの構築,
第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月.
77. 中島 裕登, 稲山 義高, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
薬物性腎障害に関する医薬品副作用情報の解析と機械学習による安全性予測,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
78. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
COX-2遺伝子多型とNSAIDs服用による発がんリスクに関するメタアナリシス,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
79. 庄野 由佳理, 足立 麻美, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起医薬品の分類と機械学習による安全性予測,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
80. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 :
新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
81. 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製法の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
82. 吉田 奈央, 村上 貴子, 植村 紘子, 小林 理, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦と授乳婦の漢方薬治療における安全性情報データベースの構築,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
83. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs 服用による発癌リスク抑制効果とCOX-2 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
84. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
85. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国支部学術大会, 2011年11月.
86. 山内 あい子 :
「くすりを正しく安全に使って,健やかに」,
薬と健康講演会, 2011年10月.
87. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
薬学部教員が病院実習「情報を正しく使う」を実施して,
第21回日本医療薬学会年会, 2011年10月.
88. 山内 あい子, 坂本 久美子, 佐藤 陽一 :
薬物の乳汁移行性予測について,
第14回 日本医薬品情報学会, 2011年7月.
89. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
第14回 日本医薬品情報学会, 2011年7月.
90. 吉田 奈央, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦のための漢方安全性情報データベースの構築,
第14回日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 2011年7月.
91. 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦への薬学的ケアにおける基礎知識,
山口県病院薬剤師会 薬学研究会 第169回例会特別講演, 2011年6月.
92. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
日本薬学会131年会, 2011年3月.
93. 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
第31回徳島大学卒後教育公開講座, 2010年12月.
94. 石澤 啓介, 中西 智子, 柴田 洋文, 阿部 真治, 杉村 真由美, 奥村 千恵子, 吉村 好之, 佐藤 陽一, 新垣 尚捷, 川添 和義, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
徳島大学における薬学部・薬剤部連携による病院実務実習の実践,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
95. 庄野 由佳理, 足立 麻美, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起医薬品の分類と機械学習による安全性予測,
第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月.
96. 山内 あい子 :
「妊婦・授乳婦に対する薬学的ケアの基礎知識」,
愛媛県病院薬剤師会特別講演会, 2010年5月.
97. 坂東 志津子, 満友 良介, 小川 壮寛, 高橋 正志, 松下 明, 山内 あい子 :
ポートフォリオ導入による地域薬局の糖尿病治療支援活動とその評価,
日本薬学会130年会, 2010年3月.
98. 岡本 崇, 三輪 祐太朗, 坂本 久美子, 山内 あい子 :
化合物の化学構造と代謝情報を用いたヒト発癌性予測のためのSVM モデルの構築,
日本薬学会130年会, 2010年3月.
99. 岡本 崇, 三輪 祐太朗, 坂本 久美子, 山内 あい子 :
In silicoで化学物質のヒト発癌性は予測できるか?,
第29回徳島大学卒後教育公開講座, 2009年12月.
100. Yutarou Miwa, Kumiko Sakamoto and Aiko Yamauchi :
Analysis of carcinogenic compounds and prediction model using Support Vector Machine,
第37回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2009.
101. 三輪 祐太朗, 岡本 崇, 坂本 久美子, 山内 あい子 :
化合物のヒト発癌性に関する情報科学的解析と予測,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
102. 小林 理, 髙田 裕介, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
妊娠・授乳期の漢方薬治療における安全性情報データベースの構築,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
103. 土居 沙也子, 中井 香, 宇髙 沙耶佳, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
薬物の胎盤通過性を評価するヒト胎盤細胞培養モデルの作成,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
104. 三輪 祐太朗, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
Support Vector Machine による化合物のヒト発癌性予測の試み,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
105. 足立 麻美, 菊野 裕介, 髙田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 :
医薬品副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起薬物の解析と分類,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
106. 高田 裕介, 山内 あい子, 木原 勝 :
ノルエピネフリン増強作用を有する化合物の構造活性相関,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
107. 足立 麻実, 菊野 裕介, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 :
薬物性肝障害に関する医薬品副作用情報の解析,
第27回徳島大学卒後教育公開講座, 2008年12月.
108. 小林 理, 高田 裕介, 木原 勝, 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦の漢方治療薬における安全性情報データベースの構築,
第27回徳島大学卒後教育公開講座, 2008年12月.
109. 中井 香, 土居 沙也子, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
薬物の胎盤通過性に関するClinicalQSAR解析とヒト胎盤培養細胞モデルの作成,
第47回日本薬学会,日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
110. Yusuke Kikuno, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Masaru Kihara and Aiko Yamauchi :
Analysis of compounds with developmental toxicity in human and prediction of fetotoxicity using Support Vector Machines,
第36回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2008.
111. 山内 あい子 :
『薬物治療に影響する食薬相互作用を考える-飲食物・嗜好品・健康食品と薬の飲み合わせ-』,
第156回名西郡・名東郡学術講演会, 2008年6月.
112. 高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, 山内 あい子, 木原 勝 :
エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討,
日本薬学会 第128年会, 2008年3月.
113. 山内 あい子 :
社会にも家庭にも活かしたい理系女性の科学的視点,
徳島県医師会女性医師部会講演会「生涯いかそう,あなたの才能とキャリア」, 2007年12月.
114. 菊野 裕介, 坂本 久美子, 内見 秀樹, 木原 勝, 山内 あい子 :
ヒト胎児毒性既知化合物の情報化学的分類,
第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
115. 阿部 覚, 吉田 麻衣, 坂和 園子, 木原 勝, 山内 あい子, 内藤 真策 :
QSAR解析によるセフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価,
第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
116. 中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
情報科学的手法を用いた医薬品の胎児移行性評価,
第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
117. 植村 紘子, 村上 貴子, 堀田 理文, 木原 勝, 山内 あい子 :
妊娠・授乳期の漢方薬療法に関する完全性情報データベース,
第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
118. 坂東 志津子, 増冨 直子, 藤本 浩之, 堀 正二, 高橋 正志, 曽田 高広, 吉井 清治, 山内 あい子 :
地域保険薬局における効果的なファーマシューティカル・ケアの実践:定期来局患者および処方箋調剤に関する実態調査とその解析,
第25回徳島大学卒後教育公開講座, 2007年12月.
119. 竹崎 俊晶, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
IARC 分類に基づく発癌性化合物の解析とSupport Vector Machine によるヒト発癌性予測,
第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
120. 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 :
セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性に関するQSAR解析,
第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
121. 糸川 大祐, 山内 あい子, 中馬 寛 :
アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析 (2),
第35回構造活性相関シンポジウム, 2007年11月.
122. 東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 :
徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
123. 中井 香, 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子 :
薬物のヒト胎盤通過性に関する構造活性相関解析と妊婦に処方された医薬品の胎児移行性評価,
第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
124. 坂東 志津子, 増冨 直子, 末田 芳裕, 藤本 浩之, 堀 正二, 高橋 正志, 曽田 高広, 吉井 清治, 山内 あい子 :
地域保険薬局における定期来局患者および処方箋調剤に関する実態調査とファーマシューティカル・ケアの実践,
第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
125. 吉田 麻衣, 坂和 園子, 阿部 覚, 木原 勝, 内藤 真策, 山内 あい子 :
注射用セフェム系抗生物質のラット脳脊髄腔液移行性評価,
第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月.
126. 山内 あい子 :
薬食相互作用から健康食品を考える,
第235回徳島医学会学術集会シンポジウム講演, 2007年8月.
127. 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 :
3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinoline 2,3-diphenylindole,
日本薬学会第127年会要旨集, 2007年3月.
128. 山口 佳津騎, 山本 敦司, 實光 由香, 山内 あい子, 木原 勝 :
乳癌細胞増殖抑制作用を志向する3,4-diphenyl-1,2-dihydroquinolineおよび2,3-diphenylindole 誘導体の合成,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
129. 矢野 麻衣子, 原田 恵, 生田 雅子, 高田 裕介, 梶谷 育代, 秋本 夏奈, 山内 あい子, 木原 勝 :
ピペリジンおよびエタノールアミン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
130. 山内 あい子 :
妊娠と薬に関する医薬品安全性情報コミュニティの紹介,
第13回徳島大学臨床薬剤師交流ネットワーク研修会, 2007年2月.
131. 佐藤 幸司, 川崎 直美, 坂本 久美子, 山内 あい子, 木原 勝 :
食品品目別,日本人1人1日あたりの平均喫食量に関する検討,
第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
132. 坂本 久美子, 佐々木 幹夫, 中馬 寛, 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティサイトにようこそ!,
第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
133. 堀田 理文, 大恵 眉美, 東 満美, 徳田 あゆみ, 坂本 久美子, 山内 あい子 :
医薬品商品名の由来データベースの作成,
第23回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2006年12月.
134. 山内 あい子 :
「妊娠と薬」に関連した医薬品安全性情報コミュニティの始動,
第32回情報処理技術検討交換会, 2006年12月.
135. 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて,
JST・RISTEX領域シンポジウム(平成15年度採択課題研究終了報告), 2006年11月.
136. 山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 :
医薬品安全性情報コミュニティ・データベースシステム:妊娠と薬に関する安全性情報の共有に向けて,
INFOPRO2006, 2006年11月.
137. 谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫, 坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子 :
分子構造類似性に基く催奇形性予測ソフトウェア(Simscore),
SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
138. 糸川 大祐, 西岡 大貴, 福島 淳治, 安田 知世, 山内 あい子, 中馬 寛 :
アゾール系化合物のCYP2B/3Aとの結合および酵素活性阻害様式の解析,
SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
139. 坂本 久美子, 中馬 寛, 山内 あい子, 谷 真琴, ガイベ アハマド アンマール, 佐々木 幹夫 :
構造類似度算出機構(SimScore)を備えた薬物催奇形性情報システム,
SAR2006 第34回構造活性相関シンポジウム, 2006年11月.
140. 山内 あい子 :
妊娠に関連した医薬品安全性情報コミュニティの始動,
JST・RISTEX 『医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて』最終報告講演会, 2006年10月.
141. 山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 :
腫瘍細胞増殖抑制活性を有する2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
142. 山内 あい子, 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛 :
医薬品安全性情報コミュニティの紹介,
第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
143. 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティにおける薬物催奇形性情報データベースの試験公開,
第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
144. 大恵 眉美, 堀田 理文, 東 満美, 徳田 あゆみ, 坂本 久美子, 山内 あい子 :
医薬品商品名の由来データベースの作成と医療薬学教育への応用,
第16回 医療薬学会年会, 2006年9月.
145. 山内 あい子 :
医薬品の安全性,
徳島YUクラブ ミニ9月講演会, 2006年9月.
146. 山口 佳津騎, 山本 敦司, 山内 あい子, 木原 勝 :
抗乳がん剤を志向する3,4-ジフェニル-1,2-ジヒドロキノリンおよび2,3-ジフェニルインドール誘導体の合成,
第7回 長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
147. Kumiko Sakamoto, Eiko Nakata Doolin, Mikio Sasaki, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 :
A Web-Based Drug Safety Information Community,
CBI学会2006年大会, 2006年7月.
148. 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの紹介,
国立大学法人徳島大学 薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, 2006年7月.
149. 山内 あい子 :
薬剤師のためのPOS·SOAP実践講座,
第6回徳島大学臨床薬剤師交流ネットワーク研修会, 2006年5月.
150. 小林 進一, 坂本 久美子, Lepp Zsolt, 山内 あい子, 中馬 寛 :
パターン認識手法による薬物の胎児毒性予測の試み,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
151. 山内 あい子 :
女性のライフサイクルと薬物治療,
JST・RISTEXシンポジウム -女性のライフサイクルと薬物治療-, 2005年12月.
152. 坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子 :
徳島大学病院における妊婦への処方実態調査,
第21回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2005年12月.
153. Xiangli Liu, 田中 秀治, 山内 あい子, Bernard Testa, 中馬 寛 :
Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC),
第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
154. 小林 進一, 坂本 久美子, 山内 あい子, 中馬 寛 :
Support Vector Machine 手法に基づく薬物催奇形性リスク予測の試み,
第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
155. 日比野 有紀, 坂本 久美子, 小林 進一, 木原 勝, 中馬 寛, 山内 あい子 :
薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測-ClinicalQSAR (3),
第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
156. 糸川 大祐, 村上 良真, 西岡 大貴, 福島 淳冶, 山内 あい子, 中馬 寛 :
CYP2B, 3Aおよび51とアゾール系化合物との結合相互作用の解析,
第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
157. 矢野 麻衣子, 原田 恵, 秋本 夏奈, 山内 あい子, 木原 勝 :
フェニルピペリジン誘導体のノルエピネフリン増強作用の検討 2,
第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
158. 山内 あい子 :
食べ物と薬の危険な関係,
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 市民講演会, 2005年10月.
159. 日比野 有紀, 坂本 久美子, 小林 進一, 木原 勝, 中馬 寛, 山内 あい子 :
QSARによるヒトにおける薬物の胎盤通過性と母乳移行性予測:Clinical QSARの試み,
日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
160. 坂本 久美子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, ガイベ アハマド アンマール, 中馬 寛, 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築-薬物催奇形性情報の共有に向けて-,
日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
161. 山内 あい子 :
医薬品安全性予測のための臨床情報解析における情報化学の果たす役割,
日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
162. 坂本 久美子, 日比野 有紀, 木原 勝, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔, 山内 あい子 :
徳島大学病院における妊婦に対する処方医薬品とその胎児危険度評価,
第15回日本医療薬学会年会, 2005年10月.
163. 小林 進一, 坂本 久美子, Zsolt Lepp, 山内 あい子, 中馬 寛 :
Support Vector Machine を用いたヒトにおける薬物催奇形性予測の試み,
日本コンピュータ化学会2005秋季年会, 2005年10月.
164. 生田 賢治, 西村 益弘, 上田 信彦, 内藤 真策, 李 英培, 清水 英治, 木原 勝, 山内 あい子 :
ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤耐性機構-アポトーシスおよびSTATとの関連-,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
165. 山口 佳津騎, 永井 美由紀, 山内 あい子, 木原 勝 :
抗乳がん剤を志向する3,4-ジフェニル-1,2,3,4-テトラヒドロキノリン誘導体の合成,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
166. 山口 真理, 山内 あい子, 西村 益浩, 上田 信彦, 内藤 真策 :
幼若ラットにおける無脂肪TPNによる肝障害の発生機序脂肪配合の効果-糖·脂肪代謝酵素mRNAからの検討-,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
167. 西村 益浩, 山内 あい子, 山口 真理, 上田 信彦, 内藤 真策 :
幼若ラットへの無脂肪TPNによるトランスポーターなどのmRNA発現低下に対する脂肪配合の効果,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
168. 日比野 有紀, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 山野 修司, 前田 和寿, 苛原 稔 :
徳島大学病院における妊婦に対する医薬品使用状況調査,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
169. 坂本 久美子, 神部 順子, 中田 栄子, 佐々木 幹夫, 後藤 尋規, 中馬 寛, 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけた「妊娠と薬」に関する意識調査 -薬剤師,薬学生,研究者の場合-,
第27回 情報化学討論会, 2004年12月.
170. 原田 恵, 秋本 夏奈, 生田 雅子, 永井 美由紀, 久山 哲廣, 山内 あい子, 木原 勝 :
3-および4-フェニルピペリジン誘導体のノルエピネフリン増強作用の検討,
第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会松江, 2004年11月.
171. 日比野 有紀, 藤原 崇, 小林 進一, 木原 勝, 坂本 久美子, 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物の胎盤通過性と母乳移行性のQSAR解析-ClinicalQSAR(2),
第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
172. 糸川 大祐, 村上 良真, 山内 あい子, 中馬 寛 :
CYP2Bおよび3Aとアゾール系化合物との結合相互作用の解析,
第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
173. 岡崎 真由美, 杉 理江, 森岡 雄二朗, 上田 信彦, 木原 勝, 山内 あい子 :
急速静脈内投与後のセフェム系抗生物質のCSF移行性評価,
第14回日本医療薬学会年会, 2004年10月.
174. 日比野 有紀, 藤原 崇, 小林 進一, 坂本 久美子, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物の胎盤通過性に関する情報化学的解析,
CBI学会 2004年大会, 2004年7月.
175. 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて,
JST・RISTEXシンポジウム 医薬品安全性情報の循環する社会システムの構築-新しい薬学,新しい時代の薬剤師養成を目指して-, 2004年6月.
176. 山内 あい子 :
医薬品安全性情報コミュニティの構築にむけて,
第1回「社会システム/社会技術論」領域シンポジウム, 2004年5月.
177. 藤原 崇, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 :
QSAR手法を用いた薬物のヒト母乳移行性予測,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
178. 糸川 大祐, 村上 良真, 山内 あい子, 中馬 寛 :
チトクロームP450とアゾール系抗真菌薬との結合相互作用の解析,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
179. 生田 賢治, 三木 智重子, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培, 西村 益浩, 上田 信彦, 内藤 真策 :
ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤耐性機構におけるSTATファミリータンパクの関与,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
180. 岡崎 真由美, 佐藤 栄梨, 森岡 雄二朗, 上田 信彦, 木原 勝, 山内 あい子 :
ラットを用いたセフェム系抗生物質のCSF動態に関する検討,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
181. 生田 雅子, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 木原 勝 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
182. 山内 あい子, 中馬 寛 :
これからの医薬品情報学:医薬情報コミュニティの構築とClinical-QSARの試み,
日本薬学会第124年会(大阪), 2004年3月.
183. 原田 恵, 福井 伸也, 坂本 充司, 山内 あい子, 木原 勝 :
1 6B 14 -30 ジベンツアゾシン誘導体のα 1 -アドレナリン遮断作用の検討,
第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2003年11月.
184. 岡崎 真由美, 佐藤 栄梨, 木原 勝, 山内 あい子, 上田 信彦, 森岡 雄二朗 :
1 6A 14 -40 実験的髄膜炎モデルラットにおけるセフェム系抗生物質のC SF動態,
第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2003年11月.
185. 藤原 崇, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物の母乳移行性の定量的構造活性相関解析ーClinical QSARの試みー,
第31回構造活性相関シンポジウム, 2003年11月.
186. 大久保 美佐緒, 河野 美代, 東 満美, 寺岡 和彦, 芳地 一, 水口 和生, 田村 祥祐, 仁木 稔, 元木 宏, 玉田 正夫, 山内 あい子, 滝口 祥令, 木原 勝, 原谷 明 :
薬学部学生の薬局実務実習についての意識調査∼薬局薬剤師および学生の立場から∼,
第36回日本薬剤師会学術大会, 2003年10月.
187. 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝 :
抗癌剤耐性ヒト非小細胞肺癌細胞におけるcisplatinによるアポトーシス誘導機構,
第13回日本医療薬学会年会, 2003年9月.
188. 藤原 崇, 日比野 有紀, 木原 勝, 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物の母乳移行性に関する解析と予測(2)-親水性化合物を含めた解析,
CBI学会, 2003年9月.
189. 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝 :
ヒト非小細胞肺癌細胞における抗癌剤感受性とアポトーシスとの関連,
日本薬学会 第123年会, 2003年3月.
190. 中村 佳世, 山内 あい子, 木原 勝 :
ハロゲン化炭化水素による腎細胞毒性に対するN-acetylcysteine の保護作用に関する検討,
日本薬学会 第123年会, 2003年3月.
191. 福井 伸也, 川高 浩, 山内 あい子, 木原 勝 :
新規ジベンツオキサゾニン誘導体の合成,
日本薬学会 第123年会, 2003年3月.
192. 山内 あい子 :
抗癌剤治療と薬物·食物相互作用,
鳥取大学医学部 肺癌学術講演会, 2002年12月.
193. 佐藤 栄梨, 岡崎 真由美, 坂部 成也, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 森岡 雄二朗 :
H.influenzaeによる実験的髄膜炎モデルラットの作成,
第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年11月.
194. 竹村 佳津, 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 :
ヒト非小細胞肺癌細胞におけるシスプラチン耐性とアポトーシス,
第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年11月.
195. 生田 雅子, 梁木 美幸, 山内 あい子, 木原 勝 :
4-フェニルキノリン誘導体および関連化合物のノルエピネフリン増強作用の検討,
第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年11月.
196. 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝 :
ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤感受性と多剤排出トランスポーターの発現,
第12回日本医療薬学会年会, 2002年10月.
197. 山内 あい子, 藤原 崇, 木原 勝, 中馬 寛 :
薬物催奇形性試用データベースの紹介,
CBI学会第3回大会, 2002年9月.
198. 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 細野 恭平, 藤井 正美 :
食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算,
第8回日本食品化学学会総会·学術大会, 2002年6月.
199. 山内 あい子 :
薬物催奇形性データベース構築の試み,
第29回日本トキシコロジー学会学術年会, 2002年6月.
200. 折井 孝男, 山内 あい子 :
医療現場と薬学部との連携,
日本薬学会第122年会, 2002年3月.
201. 竹村 佳津, 生田 賢治, 木原 勝, 清水 英治, 山内 あい子 :
ヒト非小細胞肺癌細胞におけるシスプラチン取り込みと多剤排出トランスポー ターの発現,
日本薬学会第122年会, 2002年3月.
202. 生田 雅子, 梁木 美幸, 松下 陽子, 山内 あい子, 木原 勝 :
4-ヒドロキシ-4-フェニルキノリン誘導体の合成と薬理活性の検討,
日本薬学会第122年会, 2002年3月.
203. 川高 浩, 山内 あい子, 木原 勝 :
薬理活性を有する新規ジベンツオキサゾニン誘導体の合成,
日本薬学会第122年会, 2002年3月.
204. 折井 孝男, 山内 あい子 :
臨床現場が求める情報と薬理学情報の接点を求めて,
第75回日本薬理学会年会, 2002年3月.
205. 中馬 寛, 山内 あい子 :
薬物催奇形性に関する双方向性成長型情報コミュニティの構築,
CBI学会講演会, 2002年2月.
206. 山内 あい子 :
薬物催奇形性に関する成長型情報コミュニティの構築,
中小企業総合事業団 研究開発交流促進事業 平成13年度研究開発交流会, 2002年1月.
207. 海東 千明, 山内 あい子, 木原 勝, 丸山 佐起子 :
乳がん細胞増殖抑制作用を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成,
第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2001年11月.
208. 新藤 雅之, 坂部 成也, 山内 あい子, 木原 勝, 森岡 雄二朗, 内藤 真策 :
ラット脳灌流モデルを用いたセフェム系抗生物質のCSF移行性評価,
第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2001年11月.
209. 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 藤井 正美 :
植物性食品における品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算,
第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2001年11月.
210. 生田 賢治, 竹村 佳津, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 :
ヒト非小細胞肺癌細胞の抗癌剤感受性とシスプラチン核内取り込み量の相関,
第40回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2001年11月.
211. 石井 真吾, 山内 あい子, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 :
薬物催奇形性試用データベースシステムの構築,
第24回情報化学討論会, 2001年11月.
212. 山内 あい子, 石井 真吾, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 :
成長型薬物催奇形性情報コミュニティの構築,
第24回情報化学討論会, 2001年11月.
213. 山内 あい子 :
医薬品催奇形性データベースの提案,
JAPIC「医薬品催奇形性情報に関するシンポジウム」, 2001年10月.
214. 山内 あい子 :
薬品の毒性(催奇形性)情報の共有化,
日本ベーリンガーインゲルハイム(株) 川西医薬研究所講演会, 2001年8月.
215. 山内 あい子 :
薬物催奇形性に関する双方向性成長型情報コミュニティの構築,
JAPIC, 2001年7月.
216. 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物催奇形性に関する成長型情報コミュニティの構築,
第10回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー「医薬品開発における毒性への新しいアプローチ」-計算毒性学·マイクロアレイ·上市後の副作用,相互作用の把握-, 2001年7月.
217. 山内 あい子, 中馬 寛 :
薬物催奇形性に関する双方向性成長型情報コミュニティの構築,
JAPIC部長会議, 2001年6月.
218. 川崎 尚美, 山内 あい子, 木原 勝, 細野 恭平, 藤井 正美 :
食品品目別,日本人の1人1日平均喫食量の試算,
第7回日本食品化学学会総会·学術大会, 2001年6月.
219. 新藤 雅之, 森岡 雄二朗, 内藤 真策, 山内 あい子, 木原 勝 :
ラット側脳室-大槽灌流モデルを用いた抗生物質のCSF移行性評価,
日本薬学会第121年会, 2001年3月.
220. 鎌田 名月, 本山 幸子, 上田 信彦, 内藤 真策, 山内 あい子, 木原 勝 :
尿細管上皮細胞におけるN-アセチル-L-システイン輸送担体に関する検討,
日本薬学会第121年会, 2001年3月.
221. 村上 涼香, 坂本 充司, 前田 育, 山内 あい子, 木原 勝 :
エタノールアミン骨格を有するテトラリン誘導体の合成,
日本薬学会第121年会, 2001年3月.
222. 板東 理恵, 石井 美里, 小野田 陽子, 李 英培, 山内 あい子, 木原 勝 :
ハロゲン化炭化水素による腎尿細管細胞のアポトーシスとミトコンドリア毒性,
日本薬学会第121年会, 2001年3月.
223. 山内 あい子 :
POSに基づく薬剤服用歴管理指導の記録 -SOAP演習-,
高松市薬剤師会 第36回学術研修会, 2000年11月.
224. 松下 陽子, 坂本 充司, 石井 一也, 生田 雅子, 山内 あい子, 木原 勝 :
薬理活性を有する4-Hydroxy-4-phenyl-1,2,3,4,-tetrahydroquinoline誘導体の合成,
第39回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2000年10月.
225. 石井 真吾, 武本 有子, 山内 あい子, 木原 勝 :
双方向性薬物催奇形性データベース·システムの構築,
第39回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2000年10月.
226. 竹内 隆文, 蔵本 和彦, 山内 あい子, 木原 勝 :
多剤併用の肝·腎機能に及ぼす影響 -臨床検査値からの評価-,
第10会日本病院薬学会年会, 2000年10月.
227. 石井 真吾, 山内 あい子, 木原 勝, 中馬 寛, 寺田 弘 :
双方向性薬物催寄性データベース·システム構築の試み,
第23回情報化学討論会, 2000年10月.
228. 山内 あい子 :
問題志向システム(POS)によるファーマシューティカルケアの記録 -POSとSOAPの基礎-,
高松市薬剤師会 第35回学術研修会, 2000年9月.
229. 山内 あい子 :
POSに基づくファーマシューティカルケアの記録-基礎と演習-,
日本女性薬剤師会四国ブロック研修会, 2000年6月.
230. 上田 信彦, 山内 あい子, 木原 勝, 浜村 政夫, 内藤 真策 :
N-Acetyl-L-Cysteineの体内分布と脱アセチル化酵素の臓器分布,
日本薬学会第120年会, 2000年3月.
231. 海東 千明, 山本 修平, 山内 あい子, 木原 勝 :
乳ガン細胞増殖抑制作用を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成,
日本薬学会第120年会, 2000年3月.
232. 海東 千明, 山本 修平, 山内 あい子, 木原 勝 :
α-アドレナリン遮断作用を有する工学活性名ジベンツアゾシン誘導体の合成,
日本薬学会第120年会, 2000年3月.
233. 佐々木 健一, 生田 賢治, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治 :
非詳細某肺癌培養細胞の抗癌剤感受性と多剤耐性関連蛋白質の発現,
日本薬学会第120年会, 2000年3月.
234. 山内 あい子 :
医薬分業と薬剤師,
徳島県薬剤師会研修会, 2000年3月.
235. 山内 あい子 :
くすりと飲食物の相互作用,
山口県健康福祉センター栄養士研修会·市町村栄養士研修会, 1999年11月.
236. 板東 理恵, 高田 友美, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 :
近位および遠位尿細管細胞におけるハロゲン化炭化水素による毒性発現の比較,
第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 1999年10月.
237. 山下 英里, 鎌田 名月, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 :
腎尿細管上皮細胞におけるN-アセチル-L-システインの輸送機構,
第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 1999年10月.
238. 山内 あい子 :
問題解決能力を備えた薬剤師の育成-4年次卒前長期病院実習の現時点での評価,
第9回日本病院薬学会年会, 1999年9月.
239. 山内 あい子 :
POSと薬剤師,
徳島県薬剤師会研修会, 1999年6月.
240. 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 :
腎上皮細胞培養系におけるハロゲン化炭化水素による細胞障害とアポトーシスの発現,
日本薬学会第119年会, 1999年3月.
241. 佐々木 健一, 中野 志保, 武市 佳己, 篠原 ルミ, 山内 あい子, 木原 勝, 清水 英治, 曾根 三郎 :
非小細胞肺癌患者における化学療法の臨床成績と患者由来肺癌細胞培養系における抗癌剤感受性の相関について,
日本薬学会第119年会, 1999年3月.
242. 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 :
哺乳類におけるN-アセチル-L-システイン脱アセチル化酵素の種差と臓器分布,
日本薬学会第119年会, 1999年3月.
243. 山内 あい子, 黒木 保久 :
薬学領域における情報インフラの構築とその利用,
日本薬学会第119年会 シンポジウム6, 1999年3月.
244. 福山 充俊, 嵩原 裕夫, 石橋 広樹, 田代 征記, 滝口 祥令, 岩野 淳子, 山内 あい子 :
小児における血中セレン濃度の検討-第1報新生児について-,
第15回日本静脈経腸栄養学会, 1999年2月.
245. 山内 あい子 :
くすりと飲食物の相互作用,
山口県立大学生活科学部栄養学科特別講演, 1999年1月.
246. 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 :
ハロゲン化炭化水素による腎上皮細胞毒性の発現とアポトーシスの誘導,
徳島生物学会第102回総会, 1998年12月.
247. 山内 あい子 :
薬物と腎障害-薬物性腎障害,
徳島臨床薬学懇話会特別講演, 1998年11月.
248. 北本 亜紀, 板東 理恵, 山内 あい子, 木原 勝, 李 英培 :
培養腎上皮細胞におけるハロゲン化炭化水素システイン抱合体による細胞毒性発現とアポトーシス,
第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, 1998年10月.
249. 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 原田 大輔, 上田 信彦, 内藤 真策 :
N-アセチル-L-システイン脱アセチル化酵素の臓器分布と種,
第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, 1998年10月.
250. 喜田 久美子, 松下 陽子, 岩井 靖賢, 山内 あい子, 木原 勝 :
有機金属試薬を用いる新規二量化反応の開発,
第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, 1998年10月.
251. 山内 あい子 :
腎疾患とその薬物治療,
徳島臨床薬学懇話会特別講演, 1998年7月.
252. 井沢 伸平, 福多 由佳, 岩井 靖賢, 山内 あい子, 木原 勝, 貴田 寛, 久山 哲廣 :
ノルアドレナリン増強作用を有するテトラヒドロイソキノリン誘導体の合成と構造活性相関,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
253. 山内 あい子, 滝口 祥令, 横田 雅之, 木原 勝, 久次米 俊秀, 寺岡 和彦, 水口 和生, 高杉 益充 :
徳島大学大学院薬学研究科医療薬学専攻における初年度臨床薬学実習の評価,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
254. 北本 亜紀, 山内 あい子, 木原 勝, 見田 秋与志, 鎌田 信彦, 李 英培 :
腎上皮細胞におけるハロゲン化炭化水素システイン抱合体による細胞毒性と核のDNA断片化,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
255. 花房 小百合, 山下 英里, 山内 あい子, 木原 勝, 上田 信彦, 内藤 真策 :
N-アセチル-L-システインの体内動態と代謝,
日本薬学会第118年会, 1998年3月.
256. 山内 あい子 :
くすりの相互作用と安全性,
第3回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 1997年12月.
257. 福島 真理, 坂本 充司, 山内 あい子, 木原 勝 :
乳がん細胞増殖抑制作用を有する3,4-ジフェニルイソキノリン誘導体の合成,
第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1997年11月.
258. 合田 真規, 山内 あい子, 木原 勝, 土屋 浩一郎, 水口 和生 :
徳島大·医·病院におけるIVH処方設計支援ソフトを使用してみて,
第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1997年11月.
259. 山内 あい子 :
薬物相互作用の基礎知識,
平成9年度日本女子薬剤師会四国ブロック総会, 1997年9月.
260. 横田 雅之, 木原 勝, 滝口 祥令, 山内 あい子 :
学部および大学院における医療薬学教育の実践-実習カリキュラムと学生対象アンケート調査の結果-,
日本薬学会第117年会, 1997年3月.
261. 李 英培, 北本 亜紀, 松永 直哉, 山内 あい子, 木原 勝 :
ハロゲン化炭化水素システイン抱合体による腎上皮細胞毒性発現時のDNA断片化と核構造変化,
日本薬学会第117年会, 1997年3月.
262. 山内 あい子, 滝口 祥令, 横田 雅之, 木原 勝, 寺岡 和彦, 水口 和生, 高杉 益充 :
薬学部における1ヶ月必修の病院実習を実施して-実習カリキュラムと学生対象アンケート調査の結果-,
日本薬学会第117年会, 1997年3月.
263. 丸山 茂樹, 池内 元樹, 池内 美由紀, 山内 あい子, 木原 勝 :
生物活性を有する3-ベンツアゼピン誘導体の合成,
日本薬学会第117年会, 1997年3月.
264. 木原 勝, 池内 元樹, 山内 あい子, 糠塚 守, 松本 宏, 東岡 俊之 :
乳がん細胞増殖抑制作用を有する3,4-diphenyl-1,2-dihydroisoquinoline誘導体および関連化合物の合成と構造活性相関,
第5回医薬化学部会年会, 1996年11月.
265. 山内 あい子, 木原 勝, 昆陽 朋子, 宮西 紀子, 山崎 裕康 :
ラット腎ハロゲン化炭化水素-システイン抱合体β;-リアーゼの性質,
第35回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1996年10月.
266. 山内 あい子 :
薬学教育改善の現状と方向,
徳島臨床薬学懇話会特別講演, 1996年9月.
267. 山内 あい子 :
薬物相互作用の考え方,
兵庫県薬剤師生涯教育研修会, 1995年10月.

その他・研究会:

1. 山内 あい子 :
大学における男女共同参画を考える なぜ,女性が大学に必要なのか,
愛媛大学女性未来育成センター公開シンポジウム2016, 2016年12月.
2. 山内 あい子 :
くらしの医薬品情報,
徳島県消費者大学校公開講座, 2016年7月.
3. 山内 あい子 :
女性研究者研究活動支援事業による成果の継続と発展をめざして,
第5回中国四国男女共同参画シンポジウム, 2013年11月.
4. 重永 章, 山本 純, 前田 奈美, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の精製およびラベル化を可能とするトレーサブルリンカーの開発,
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第2回若手研究者ワークショップ, 2012年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ (研究課題/領域番号: 26462461 )
  • データマイニング技術でヒトにおける医薬品の安全性を予測し得るか? (研究課題/領域番号: 23590185 )
  • 医薬品安全性情報コミュニティ・知的共有基盤の活用と薬学部情報薬局教育研究への応用 (研究課題/領域番号: 17590126 )
  • 医薬情報コミュニティ中核としての薬学部情報薬局の立ち上げと教育研究への活用 (研究課題/領域番号: 15659039 )
  • 研究者番号(30122253)による検索