検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 連携研究部門(医学域) > 寄附講座系(医学域) > 脊椎関節機能再建外科学 > (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 松浦 哲也, 岩目 敏幸 :
野球・ソフトボールにおける肩肘の障害(成長期),
文光堂, 東京都, 2018年12月.
2. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
成長期野球肘内側障害の現況,
日本臨床スポーツ医学会, 東京都, 2018年8月.
3. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
少年野球選手における肘離断性骨軟骨炎に対する保存療法,
日本整形外科学会, 東京都, 2018年7月.
4. 松浦 哲也 :
学童期野球選手の検診,
2018年5月.
5. 松浦 哲也 :
離断性骨軟骨炎(肘),
2018年1月.
6. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 西良 浩一 :
Ⅱ.こどものスポーツ傷害の早期発見・予防 3.サッカー検診の実際と障害予防への取り組み,
株式会社 全日本病院出版会, 2015年5月.
7. 柏口 新二, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信 :
Ⅱ.こどものスポーツ傷害の早期発見・予防 2.野球肘検診の実際と傷害予防への取り組み,
株式会社 全日本病院出版会, 2015年5月.
8. 松浦 哲也 :
リトルリーグ肘(内側上顆障害),
2013年5月.
9. 松浦 哲也 :
少年の肘を未然に守る━予防と検診━ 究極の治療は予防にある 検診の意義と具体的方法,
2013年4月.
10. 松浦 哲也 :
保存的に治す━無刀流の治療 その極意について━ 保存的対応の実際,
2013年4月.
11. 松浦 哲也 :
画像で見る,診る 単純X線,CTの意義と実際,
2013年.
12. 松浦 哲也 :
成因と病態について いつ,どうして発生するのか,
2013年.
13. 松浦 哲也 :
成長期野球肘内側障害の病態と治療法,
2012年.
14. 松浦 哲也 :
野球肘の診断・治療指針,
2012年.
15. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
肘離断性骨軟骨炎に対する保存療法の有効性と限界,
2012年.
16. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球肘検診の現状,
2012年.
17. 佐藤 充宏, 賀川 昌明, 河上 陽子, 岡山 千賀子, 荒木 秀夫, 松浦 哲也 :
地域スポーツ指導者基礎講習・スポーツスマイルリーダー養成講座テキスト,
徳島県スポーツ振興財団, 徳島, 2009年1月.

学術論文(審査論文):

1. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Tetsuya Okahisa, Joji Iwase, Hirokazu Uemura and Koichi Sairyo :
Factors correlating with recovery of quadriceps strength after double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction with hamstring tendon autografts.,
European Journal of Orthopaedic Surgery & Traumatology, Vol.30, No.2, 307-312, 2020.
(DOI: 10.1007/s00590-019-02580-7,   PubMed: 31612316)
2. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Daisuke Hamada and Koichi Sairyo :
Long-term Outcomes of Arthroscopic Debridement With or Without Drilling for Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Adolescent Baseball Players: A 10-year Follow-up Study.,
Arthroscopy : the Journal of Arthroscopic & Related Surgery, 2020.
(DOI: 10.1016/j.arthro.2020.01.020,   PubMed: 32001276)
3. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Joji Iwase, Hirokazu Uemura and Koichi Sairyo :
Factors Associated With Knee Pain and Heel Pain in Youth Soccer Players Aged 8 to 12 Years.,
Orthopaedic Journal of Sports Medicine, Vol.7, No.11, 2019.
(DOI: 10.1177/2325967119883370,   PubMed: 31799330)
4. Shoji Fukuta, Katsutoshli Miyatake, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Two Cases of Spontaneous Recurrent Hemarthrosis of the Shoulder with Acromial Erosion Associated with Impingement Syndrome.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2019, 2019.
(DOI: 10.1155/2019/3042475,   PubMed: 30918735)
5. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Shoichiro Takao, Susumu Nishio, Kokichi Arisawa and Koichi Sairyo :
Cumulative Incidence of Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Preadolescent Baseball Players.,
Arthroscopy : the Journal of Arthroscopic & Related Surgery, Vol.35, No.1, 60-66, 2019.
(DOI: 10.1016/j.arthro.2018.08.034,   PubMed: 30611367,   Elsevier: Scopus)
6. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Joji Iwase, Shoichiro Takao, Hiroshi Egawa and Koichi Sairyo :
Two Years of Follow-up Magnetic Resonance Imaging for Osteochondral Injury of the Lateral Femoral Condyle in an Adolescent Basketball Player.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 213-217, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113477,   DOI: 10.2152/jmi.66.213,   PubMed: 31064946)
7. Ichiro Tonogai, Fumio Hayashi, Toshiyuki Iwame, Tomoya Takasago, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Platelet-rich plasma does not reduce skeletal muscle fibrosis after distraction osteogenesis.,
Journal of Experimental Orthopaedics, Vol.5, No.1, 26, 2018.
(DOI: 10.1186/s40634-018-0143-7,   PubMed: 30006750,   Elsevier: Scopus)
8. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Shunsuke Tamaki, Kenji Yokoyama and Koichi Sairyo :
Two-year follow-up study of subchondral surface irregularities of the capitellum on ultrasonography in baseball players under the age of 10 years,
Skeletal Radiology, Vol.46, No.11, 1499-1505, 2017.
(DOI: 10.1007/s00256-017-2724-4,   PubMed: 28730294)
9. 松浦 哲也, 岩目 敏幸 :
少年野球選手に生じる障害への対応と予防,
臨床スポーツ医学, Vol.34, No.10, 1078-1081, 2017年.
10. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Jyoji Iwase, Shunsuke Tamaki, Kenji Yokoyama and Koichi Sairyo :
Clinical Outcome of Arthroscopic Treatment for Posteromedial Elbow Impingement in Adolescent Baseball Players.,
Arthroscopy : the Journal of Arthroscopic & Related Surgery, Vol.34, No.1, 105-110, 2017.
(DOI: 10.1016/j.arthro.2017.06.053,   PubMed: 28866343)
11. Tetsuya Matsuura, Keizo Wada, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
Bilateral osteochondritis dissecans of the capitellum in fraternal twins: A case report,
JBJS Case Connector, Vol.7, No.3, e44, 2017.
(DOI: 10.2106/JBJS.CC.16.00203,   PubMed: 29252874,   Elsevier: Scopus)
12. Shingo Hama, Ichiro Tonogai, Toshinori Sakai, Yuichiro Goda, Fumitake Tezuka, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Rui Takahashi, Tomoya Terai, Kousaku Higashino, Shoji Fukuta, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Pediatric isthmic spondylolisthesis showing radiologic evidence of slippage after physis injury.,
Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.26, No.4, 388-392, 2017.
(DOI: 10.1097/BPB.0000000000000290,   PubMed: 26945344,   Elsevier: Scopus)
13. Ichiro Tonogai, Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Keizo Wada, Tomoya Takasago, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Yohei Kawatani, Eiki Fujimoto, Tetsuya Kitagawa, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Moriaki Yamanaka, Masafumi Harada and Koichi Sairyo :
Pseudoaneurysm of the Anterior Tibial Artery following Ankle Arthroscopy in a Soccer Player.,
Case Reports in Orthopedics, 2017.
(DOI: 10.1155/2017/2865971,   PubMed: 28607785)
14. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Kokichi Arisawa and Koichi Sairyo :
Risk factors for shoulder and elbow pain in youth baseball players.,
The Physician and Sportsmedicine, Vol.45, No.2, 140-144, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111894,   DOI: 10.1080/00913847.2017.1300505,   PubMed: 28277893)
15. 松浦 哲也 :
成長期野球肘の診断と治療,
Monthly Book Orthopaedics, Vol.30, No.4, 43-50, 2017年.
16. Chandra Subash Jha, Toshihiko Nishisho, Tetsuya Matsuura, Makoto Takeuchi, Ryo Miyagi, Shoichiro Takao, Naoto Suzue, Shunichi Toki, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Pigmented villonodular synovitis of the knee joint in a 5-year-old girl treated with combined open and arthroscopic surgery: a case report.,
Journal of Pediatric Orthopaedics. Part B, Vol.25, No.6, 564-569, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111071,   DOI: 10.1097/BPB.0000000000000293,   PubMed: 26919624,   Elsevier: Scopus)
17. Tomoya Takasago, Tomohiro Goto, Keizo Wada, Daisuke Hamada, Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Metallosis after Exchange of the Femoral Head and Liner following Ceramic Acetabular Liner Dissociation in Total Hip Arthroplasty with a Modular Layered Acetabular Component.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2016, 2016.
(DOI: 10.1155/2016/5301451,   PubMed: 27648325)
18. Yuichiro Goda, Kousaku Higashino, Shunichi Toki, Daisuke Suzuki, Takuma Kobayashi, Tetsuya Matsuura, sMineko Fujimiya, C Williams Hutton, Yoshihiro Fukui and Koichi Sairyo :
The Pullout Strength of Pedicle Screws following Re-direction after Lateral Wall Breach or End-plate Breach.,
Spine, Vol.41, No.15, 1218-1223, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109984,   DOI: 10.1097/BRS.0000000000001600,   PubMed: 27046637)
19. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Kokichi Arisawa, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
Epidemiology of shoulder and elbow pain in youth baseball players.,
The Physician and Sportsmedicine, Vol.44, No.2, 97-100, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111893,   DOI: 10.1080/00913847.2016.1149422,   PubMed: 26831221,   Elsevier: Scopus)
20. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Shoji Fukuta, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Takahiko Tsutsui, Keizo Wada, Hiroshi Egawa, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Outcome of an elbow check-up system for child and adolescent baseball players.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 171-174, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111173,   DOI: 10.2152/jmi.63.171,   PubMed: 27644553)
21. Kazuaki Mineta, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Efficacy of Achilles Suture Bridge Technique for Insertional Achilles Tendinosis in an Obese and Athletic Patient.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 310-314, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111200,   DOI: 10.2152/jmi.63.310,   PubMed: 27644578)
22. Shinji Kawaguchi, Shoji Fukuta, Takahiko Tsutsui, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Ryo Miyagi, Keizo Wada, Kenichiro Kita, Shunsuke Tamaki, Toshihiko Matsumura, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Arthroscopic excision of unstable os acromiale associated with impingement syndrome: a case report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1-2, 131-134, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111168,   DOI: 10.2152/jmi.63.131,   PubMed: 27040068,   Elsevier: Scopus)
23. Subash Jha C, Shoji Fukuta, Keizo Wada, Kousaku Higashino, Rui Amari-Kita, Takahiko Tsutsui, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Toshihiko Nishisho, Mitsunobu Abe, Yoichiro Takata, Toshinori Sakai, Akihiro Nagamachi and Koichi Sairyo :
Optimizing baseplate position in reverse total shoulder arthroplasty in small-sized Japanese females: technical notes and literature review.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1-2, 8-14, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111146,   DOI: 10.2152/jmi.63.8,   PubMed: 27040046,   Elsevier: Scopus)
24. Daisuke Hamada, Tetsuya Matsuura, Kosuke Sugiura, Tadahiro Higuchi, Naoto Suzue, Tomohiro Goto, Takahiko Tsutsui, Keizo Wada, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
An Unusual Cause of Posterior Elbow Impingement: Detachment of a Hypertrophied Posterior Fat Pad.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2015, 2015.
(DOI: 10.1155/2015/121646,   PubMed: 26613057)
25. Shoji Fukuta, Takahiko Tsutsui, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto and Koichi Sairyo :
Detached Anterior Horn of the Medial Meniscus Mimicking a Parameniscal Cyst.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2015, 2015.
(DOI: 10.1155/2015/706241,   PubMed: 26550510)
26. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害という病態,
臨床スポーツ医学, Vol.32, No.7, 636-640, 2015年.
27. Koichi Sairyo, Akihiro Nagamachi, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Yoichiro Takata, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Ryo Miyagi, Mitsunobu Abe, Masatoshi Morimoto, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Tadahiro Higuchi, Shingo Hama, Jha C. Subash, Rui Takahashi and Shoji Fukuta :
A review of the pathomechanism of forward slippage in pediatric spondylolysis : The Tokushima theory of growth plate slippage,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1,2, 11-18, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111239,   DOI: 10.2152/jmi.62.11,   PubMed: 25817277,   Elsevier: Scopus)
28. Jha C. Subash, Ichiro Tonogai, Yoichiro Takata, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Takahiko Tsutsui, Yuichiro Goda, Mitsunobu Abe, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Shingo Hama, Tadahiro Higuchi, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy for a Huge Herniated Disc Causing Acute Cauda Equina Syndrome : A Case Report,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1,2, 100-102, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111260,   DOI: 10.2152/jmi.62.100,   PubMed: 25817294,   Elsevier: Scopus)
29. Yoshiji Kanematsu, Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame and Koichi Sairyo :
Radiographic follow-up study of Little Leaguer's shoulder.,
Skeletal Radiology, Vol.44, No.1, 73-76, 2015.
(DOI: 10.1007/s00256-014-2007-2,   PubMed: 25244924,   Elsevier: Scopus)
30. Tetsuya Enishi, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue and Koichi Sairyo :
Fracture of a persistent olecranon physis in an adult,
Trauma Case Reports, Vol.1, No.1,2, 9-12, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tcr.2015.03.001)
31. Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Ryo Miyagi, Mitsunobu Abe, Masatoshi Morimoto, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Tadahiro Higuchi, Shingo Hama, Subash Jha C, Rui Takahashi, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
State-of-the-art ultrasonographic findings in lower extremity sports injuries.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 109-113, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111262,   DOI: 10.2152/jmi.62.109,   PubMed: 26399331,   Elsevier: Scopus)
32. Yoshiji Kanematsu, Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Shoji Fukuta, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto and Koichi Sairyo :
Epidemiology of shoulder injuries in young baseball players and grading of radiologic findings of Little Leaguer's shoulder.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 123-125, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111265,   DOI: 10.2152/jmi.62.123,   PubMed: 26399334,   Elsevier: Scopus)
33. Ichiro Tonogai, Mitsuhiko Takahashi, Takahiko Tsutsui, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Natsuo Yasui and Koichi Sairyo :
Forearm lengthening by distraction osteogenesis: A report on 5 limbs in 3 cases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 219-222, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111282,   DOI: 10.2152/jmi.62.219,   PubMed: 26399351,   Elsevier: Scopus)
34. Mitsunobu Abe, Yoichiro Takata, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Ryo Miyagi, Masatoshi Morimoto, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Shingo Hama, Tadahiro Higuchi, Subash Jha C, Rui Takahashi, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
Foraminoplastic transforaminal percutaneous endoscopic discectomy at the lumbosacral junction under local anesthesia in an elite rugby player.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 238-241, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111291,   DOI: 10.2152/jmi.62.238,   PubMed: 26399355,   Elsevier: Scopus)
35. Takahiko Tsutsui, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Ichiro Tonogai, Kazuaki Mineta, Mitsunobu Abe, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
Successful Outcomes Using Interlocking Prostheses for Periprosthetic Fractures with Loose Femoral Components.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 242-244, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111292,   DOI: 10.2152/jmi.62.242,   PubMed: 26399356,   Elsevier: Scopus)
36. Kosuke Sugiura, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata and Koichi Sairyo :
Ganglion cyst arising from the infrapatellar fat pad in a child.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 245-247, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111293,   DOI: 10.2152/jmi.62.245,   PubMed: 26399357,   Elsevier: Scopus)
37. Shingo Hama, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Revision total knee arthroplasty for unexplained pain after unicompartmental knee arthroplasty: a case report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 261-263, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111297,   DOI: 10.2152/jmi.62.261,   PubMed: 26399361,   Elsevier: Scopus)
38. Yoichiro Takata, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Takahiko Tsutsui, Yuichiro Goda, Masatoshi Morimoto, Mitsunobu Abe, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Shingo Hama, Tadahiro Higuchi, Subash Jha C, Rui Takahashi, Shoji Fukuta and Koichi Sairyo :
State of the art: Intraoperative neuromonitoring in spinal deformity surgery.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 103-108, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111261,   DOI: 10.2152/jmi.62.103,   PubMed: 26399330,   Elsevier: Scopus)
39. Tetsuya Enishi, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Yoshinori Takahashi and Koichi Sairyo :
Cartilage degeneration at symptomatic persistent olecranon physis in adolescent baseball players.,
Advances in Orthopedics, Vol.2014, 545438, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/545438,   PubMed: 25580304)
40. Ichiro Tonogai, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Tomoya Takasago, Takahiko Tsutsui, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Retrograde intramedullary nailing with a blocking pin technique for reduction of periprosthetic supracondylar femoral fracture after total knee arthroplasty: technical note with a compatibility chart of the nail to femoral component.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2014, 856853, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/856853,   PubMed: 25574411)
41. Takeuchi Makoto, Tomohiro Goto, Kiminori Yukata, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Toshihiko Nishisho, Ichiro Tonogai, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Nonunion of the First Sternocostal Synchondrosis Accompanied by Sternoclavicular Joint Synovitis,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2014, 798329, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/798329,   PubMed: 25254128)
42. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Susumu Nishio and Koichi Sairyo :
Prevalence of Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Young Baseball Players: Results Based on Ultrasonographic Findings.,
Orthopaedic Journal of Sports Medicine, Vol.2, No.8, 2014.
(DOI: 10.1177/2325967114545298,   PubMed: 26535356)
43. Kosuke Sugiura, Ichiro Tonogai, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Kenji Kondo, Fumitake Tezuka, Kazuaki Mineta, Makoto Takeuchi, Mitsuhiko Takahashi, Hiroshi Egawa and Koichi Sairyo :
Discoscopic findings of high signal intensity zones on magnetic resonance imaging of lumbar intervertebral discs.,
Case Reports in Orthopedics, Vol.2014, 245952, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/245952,   PubMed: 24963428)
44. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
肘関節スポーツ外傷・障害の画像評価,
臨床スポーツ医学, Vol.31, No.4, 334-339, 2014年.
45. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の病因と病態について,
関節外科, Vol.33, No.11, 20-24, 2014年.
46. Koichi Sairyo, Hiroshi Egawa, Tetsuya Matsuura, Mitsuhiko Takahashi, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Kenji Kondo, Fumitake Tezuka, Kazuaki Mineta, Kosuke Sugiura, Makoto Takeuchi and Akira Dezawa :
State of the Art: Transforaminal Approach for Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy under Local Anesthesia.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 217-225, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109560,   DOI: 10.2152/jmi.61.217,   PubMed: 25264038,   Elsevier: Scopus)
47. Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Kazuaki Mineta, Ichiro Tonogai, Hiroshi Egawa, Tetsuya Matsuura, Mitsuhiko Takahashi, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Fumitake Tezuka, Kenji Kondo, Makoto Takeuchi, Kousuke Sugiura and Koichi Sairyo :
The state of the art in arthroscopic hip surgery.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 226-232, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109561,   DOI: 10.2152/jmi.61.226,   PubMed: 25264039,   Elsevier: Scopus)
48. Tetsuya Matsuura, Hiroshi Egawa, Mitsuhiko Takahashi, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Ichiro Tonogai, Kenji Kondo, Fumitake Tezuka, Kazuaki Mineta, Kosuke Sugiura, Makoto Takeuchi and Koichi Sairyo :
State of the art: elbow arthroscopy: review of the literature and application for osteochondritis dissecans of the capitellum.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 233-240, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109562,   DOI: 10.2152/jmi.61.233,   PubMed: 25264040,   Elsevier: Scopus)
49. Koichi Sairyo, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Yoichiro Takata, Yuichiro Goda, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Ryosuke Sato, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai and Kazuaki Mineta :
Surgery Related Complications in Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy under Local Anesthesia.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 264-269, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109640,   DOI: 10.2152/jmi.61.264,   PubMed: 25264043,   Elsevier: Scopus)
50. Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Takenobu Iwase and Koichi Sairyo :
Prevalence of childhood and adolescent soccer-related overuse injuries.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 369-373, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109586,   DOI: 10.2152/jmi.61.369,   PubMed: 25264056,   Elsevier: Scopus)
51. Yoichiro Takata, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Takuya Mishiro, Naoto Suzue, Hirofumi Kosaka, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Fumitake Tezuka, Kazuaki Mineta, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta, Tadahiro Higuchi, Shingo Hama and Koichi Sairyo :
Hybrid technique of cortical bone trajectory and pedicle screwing for minimally invasive spine reconstruction surgery: A technical note.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 388-392, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109589,   DOI: 10.2152/jmi.61.388,   PubMed: 25264059,   Elsevier: Scopus)
52. Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Kenji Kato, Shoichiro Takao, Tomohiko Tateishi, Yoshitsugu Takeda, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Plantar fascia rupture in a professional soccer player.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 413-416, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109595,   DOI: 10.2152/jmi.61.413,   PubMed: 25264064,   Elsevier: Scopus)
53. Makoto Takeuchi, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Ichiro Tonogai, Kazuaki Mineta and Koichi Sairyo :
Reconstruction of chronic Achilles tendon rupture using the semitendinosus tendon: a case report.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 417-420, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109596,   DOI: 10.2152/jmi.61.417,   PubMed: 25264065,   Elsevier: Scopus)
54. Kazuaki Mineta, Tomohiro Goto, Daisuke Hamada, Takahiko Tsutsui, Ichiro Tonogai, Naoto Suzue, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Ryousuke Sato, Yuichiro Goda, Tadahiro Higuchi, Shingo Hama, Tetsuya Kimura, Akihiro Nitta and Koichi Sairyo :
Efficacy of hip arthroscopy in the diagnosis and treatment of synovial osteochondromatosis: a case report and literature review.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 436-441, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109602,   DOI: 10.2152/jmi.61.436,   PubMed: 25264069,   Elsevier: Scopus)
55. Koichi Sairyo, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, Toshinori Sakai, Naoto Suzue, Daisuke Hamada, Tomohiro Goto, Yoichiro Takata, Toshihiko Nishisho, Yuichiro Goda, Ryosuke Sato, Ichiro Tonogai, Fumitake Tezuka, Kazuaki Mineta and Akira Dezawa :
Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy for Athletes,
Journal of Spine, 2013.
(DOI: 10.4172/2165-7939.S5-006)
56. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Shinji Kashiwaguchi, Kokichi Arisawa and Natsuo Yasui :
Elbow Injuries in Youth Baseball Players without Prior Elbow Pain : a One-year Prospective Study,
Orthopaedic Journal of Sports Medicine, Vol.1, No.Oct, 1-5, 2013.
(DOI: 10.1177/2325967113509948)
57. Kousaku Higashino, Tetsuya Matsuura, Katsuyoshi Suganuma, Kiminori Yukata, Toshihiko Nishisho and Natsuo Yasui :
Early changes in muscle atrophy and muscle fiber type conversion after spinal cord transection and peripheral nerve transection in rats.,
Journal of Neuroengineering and Rehabilitation, Vol.10, No.1, 46, 2013.
(DOI: 10.1186/1743-0003-10-46,   PubMed: 23687941)
58. Toshihiko Nishisho, Kiminori Yukata, Yoshito Matsui, Tetsuya Matsuura, Kousaku Higashino, K Suganuma, Takeshi Nikawa and Natsuo Yasui :
Angiogenesis and myogenesis in mouse tibialis anterior muscles during distraction osteogenesis: VEGF, its receptors, and myogenin genes expression.,
Journal of Orthopaedic Research, Vol.30, No.11, 1767-1773, 2012.
(DOI: 10.1002/jor.22136,   PubMed: 22528802)
59. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 有澤 孝吉, 安井 夏生 :
少年野球選手の肘関節痛発症に関する前向き調査━危険因子の検討とガイドラインの検証━,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.32, No.3, 38-43, 2012年.
60. 土岐 俊一, 鈴江 直人, 松浦 哲也, 安井 夏生 :
上腕骨小頭離断性骨軟骨と滑車骨軟骨障害を認めた1例,
中国・四国整形外科学会雑誌, Vol.23, No.2, 337-340, 2011年.
61. 岡田 知佐子, 柏口 新二, 石崎 一穂, 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
少年サッカー選手における離断性骨軟骨炎発生率の調査 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の発生因子についての検討,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.3, 219-224, 2011年.
62. 川道 幸司, 鈴江 直人, 田村 靖明, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信 :
成長期サッカー選手の内側縦アーチと下肢疼痛の関係,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.2, 180-184, 2011年.
63. 松浦 哲也 :
少年野球肘に対する検診と予防,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.1, 53-60, 2011年.
64. Naoyoshi Hanaoka, Tomohiro Goto, Tokio Kasai, Tetsuya Matsuura, Toshihiko Nishiryo, Tetsuya Enishi and Natsuo Yasui :
Extraskeletal Ewing's sarcoma in a 67-year-old man.,
Journal of Orthopaedic Science, Vol.16, No.2, 250-252, 2011.
(DOI: 10.1007/s00776-011-0024-8,   PubMed: 21327980)
65. Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Tetsuya Enishi and Natsuo Yasui :
The Value of Using Radiographic Criteria for the Treatment of Persistent Symptomatic Olecranon Physis in Adolescent Throwing Athletes.,
The American Journal of Sports Medicine, Vol.38, No.1, 141-145, 2010.
(DOI: 10.1177/0363546509342677,   PubMed: 19729365)
66. Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Yoshitsugu Takeda and Natsuo Yasui :
Conservative treatment for osteochondrosis of the humeral capitellum.,
The American Journal of Sports Medicine, Vol.36, No.5, 868-872, 2008.
(DOI: 10.1177/0363546507312168,   PubMed: 18219050)
67. Yoshitsugu Takeda, Shinji Kashiwaguchi, Kenji Endo, Tetsuya Matsuura and Takahiro Sasa :
The Most Effective Exercise for Strengthening the Supraspinatus Muscle, --- Evaluation by Magnetic Resonance Imaging ---,
The American Journal of Sports Medicine, Vol.30, No.3, 374-381, 2002.
(PubMed: 12016078)
68. Tetsuya Matsuura, Takaaki Ikata, Shinjiro Takata, Shinji Kashiwaguchi, Mineo Niwa, Takayuki Sogabe and Keiko Koga :
Effect of weight bearing on recovery from nerve injury in skeletal muscle,
Journal of Applied Physiology, Vol.91, No.5, 2334-2341, 2001.
69. Naoyuki Yoshida, Takaaki Ikata, Koichi Sairyo, Tetsuya Matsuura, Takahiro Sasa, Keiko Koga and Mari Fukunaga :
Evaluation of Disuse Atrophy of Rat Skeletal Muscle Based on Muscle Energy Metabolism Assessed by 31P-MRS,
Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, Vol.20, No.4, 247-252, 2001.
(DOI: 10.2114/jpa.20.247,   PubMed: 11575188,   Elsevier: Scopus)
70. Shinjiro Takata, Takaaki Ikata, Yoshihiro Hayashi, Tetsuya Matsuura and Iwao Miura :
Effect of aging on energy metabolism of rat hindlimb muscles evaluated by phosphorus-31 magnetic resonance spectroscopy,
Journal of Orthopaedic Science, Vol.1, No.4, 286-290, 1996.
(DOI: 10.1007/BF02348788)

学術論文(紀要・その他):

1. Kenji Takagishi, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Shoulder and elbow pain in elementary school baseball players: The results from a nation-wide survey in Japan,
Journal of Orthopaedic Science, Vol.22, No.4, 682-686, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jos.2017.03.016,   PubMed: 28478963)

総説・解説:

1. 松浦 哲也 :
肘のスポーツ外傷・障害への対応①肘離断性骨軟骨炎の実態と対応,
無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療, 170-178, 2017年.
2. 松浦 哲也 :
成長期野球肘の診断と治療,
Monthly Book Orthopaedics, Vol.30, No.4, 43-50, 2017年.
3. 松浦 哲也 :
野球-小学生野球選手の障害予防-,
臨床スポーツ医学, Vol.33, No.11, 1074-1077, 2016年11月.
4. 松浦 哲也 :
子どものスポーツ,
整形外科, Vol.67, No.11, 1146, 2016年10月.
5. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎に対する鏡視下手術,
Monthly Book Orthopaedics, Vol.29, No.5, 149-154, 2016年5月.
6. 松浦 哲也 :
離断性骨軟骨炎,
上肢臨床症候の診かた・考え方, 138-139, 2016年.
7. 松浦 哲也 :
リトルリーグ肘,
上肢臨床症候の診かた・考え方, 136-137, 2016年.
8. 松浦 哲也 :
成長期(骨化進展期)の外傷・障害 治療と対応 内側上顆障害の保存的対応━形態と機能的修復━,
よくわかる野球肘 肘の内側部障害━病態と対応━, 164-170, 2016年.
9. 松浦 哲也 :
成長期(骨化進展期)の外傷・障害 病態と診断 内側上顆障害の症状と診断━検診と外来の違い━,
よくわかる野球肘 肘の内側部障害━病態と対応━, 132-137, 2016年.
10. 松浦 哲也, 岡田 知佐子, 鈴江 直人, 木田 圭重, 岩目 敏幸 :
成長期(骨化進展期)の外傷・障害 病態と診断 先人に学ぶ━内側上顆障害のレビュー━,
よくわかる野球肘 肘の内側部障害━病態と対応━, 112-131, 2016年.
11. 松浦 哲也 :
肘の内側部障害を画像で見る,診る 単純X線,CTで何を見るか,
よくわかる野球肘 肘の内側部障害━病態と対応━, 48-58, 2016年.
12. 松浦 哲也 :
野球肩,野球肘,
今日の治療指針, Vol.58, 1136-1137, 2016年.
13. 松浦 哲也 :
成長期野球検診の意義と実際,
臨床スポーツ医学 臨時増刊号, Vol.32, 250-253, 2015年.
14. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎の治療と予防,
臨床スポーツ医学, Vol.32, No.4, 366-370, 2015年.
15. 松浦 哲也 :
スポーツ障害に対する低出力超音波パルスの応用,
Bone Joint Nerve, Vol.4, No.4, 149-153, 2014年.
16. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
整形外科イメージングの進歩 エコー━野球肘━,
Bone Joint Nerve, Vol.4, No.2, 321-324, 2014年.
17. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
肘離断性骨軟骨炎に対する関節鏡視下手術,
整形・災害外科, Vol.57, No.9, 1076-1079, 2014年.
18. 松浦 哲也, 松浦 哲也 :
リトルリーグ肘,
新版スポーツ整形外科マニュアル, 53-55, 2013年11月.
19. 松浦 哲也 :
画像で見る,診る 単純X線,CTの意義と実際,
よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 62-74, 2013年4月.
20. 松浦 哲也 :
成因と病態について いつ,どうして発生するのか,
よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 42-52, 2013年4月.
21. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
成長期アスリートの野球肘 上腕骨小頭離断性骨軟骨に対する保存療法,
臨床スポーツ医学, Vol.29, No.3, 261-266, 2012年3月.
(CiNii: 40019212432)
22. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
超音波画像診断の実際 野球肘,
臨床スポーツ医学, Vol.28, No.9, 949-953, 2011年9月.
23. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
遊離体に対する手術適応と術式,
スキル関節鏡下手術アトラス 手・肘関節鏡下手術, 185-190, 2011年6月.
24. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
投球障害肘に対する関節鏡診断,
臨床スポーツ医学, Vol.28, No.5, 503-507, 2011年5月.
(CiNii: 40018818706)
25. 松浦 哲也 :
肘頭骨端線障害,肘頭疲労骨折,
肘関節外科の要点と盲点, 240-243, 2011年4月.
26. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
徳島県野球検診の取り組み,
復帰をめざすスポーツ整形外科, 19, 2011年4月.
27. 松浦 哲也, 柏口 新二 :
成長期野球肘の診断,
復帰をめざすスポーツ整形外科, 16-18, 2011年4月.
28. 松浦 哲也 :
少年野球肘の治療に際し,保護者・指導者への説明で注意すること,
肘関節外科の要点と盲点, 220, 2011年4月.
29. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球肘の保存療法,
関節外科, Vol.30, No.3, 78-84, 2011年3月.
30. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存的治療,
整形外科, Vol.61, No.9, 1051-1053, 2010年8月.
(CiNii: 40017230960)
31. 松浦 哲也 :
離断性骨軟骨炎の鏡視下郭清術━術後長期経過例の予後━,
整形外科最小侵襲手術ジャーナル, Vol.56, 29-34, 2010年.
32. 松浦 哲也, 柏口 新二 :
子どものスポーツ障害,
Monthly Book Orthopaedics, Vol.23, No.5, 168-173, 2010年.
33. 松浦 哲也, 柏口 新二, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球肘検診-障害の早期発見・早期治療と予防をめざして-,
関節外科, Vol.27, No.8, 123-129, 2008年.
34. 松浦 哲也, 安井 夏生 :
成長期のスポーツ障害:上肢,
小児整形外科テキスト, 164-168, 2004年.
35. 松浦 哲也, 安井 夏生, 柏口 新二, 岩瀬 毅信 :
特集:スポーツ外傷の最新の知見と治療 発育期野球選手の上腕骨小頭障害に対する低出力超音波パルス治療,
整形・災害外科, Vol.46, No.10, 1173-1177, 2003年.
(CiNii: 50000292026)
36. 松浦 哲也, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球選手の肘関節骨軟骨障害の現状,
日本肘関節研究会雑誌, Vol.10, 27-28, 2003年.

国際会議:

1. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue, Jyoji Iwase, Shunsuke Tamaki and Kenji Yokoyama :
Cumulative Incidence of Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Pre-Adolescent Baseball Players,
12th Biennial ISAKOS Congress, May 2019.
2. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura and Koichi Sairyo :
Exceeding pitch count recommendations in youth baseball increases the elbow injuries,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine 2018(July 5-8,2018), San Diego, Jul. 2018.
3. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame and Koichi Sairyo :
Exceeding Pitch Count Recommendatios in Youth Baseball Increase the Elbow Injuries,
American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018 Annual Meeting (March 6-March 10,2018), New Orleans, Mar. 2018.
4. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame and Koichi Sairyo :
Exceeding Pitch Count Recommendatios in Youth Baseball Increase the Elbow Injuries,
American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018 Annual Meeting (March 6-March 10,2018), New Orleans, Mar. 2018.
5. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue and Koichi Sairyo :
Long term results of arthroscopic debridement of osteochondritis dissecans in adolescent athletes,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine Annual Meeting 2017, Jul. 2017.
6. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue and Koichi Sairyo :
Outcome of Asymptomatic Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Adolescent Baseball Players : A 2year Followup Study,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine 2017 Specialty Day, San Diego, Mar. 2017.
7. Tetsuya Matsuura, Toshiyuki Iwame, Naoto Suzue and Koichi Sairyo :
Outcome of Asymptomatic Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Adolescent Baseball Players: A 2-year Follow-up Study,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine 2017 Specialty Day, Mar. 2017.
8. Toshiyuki Iwame, Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue and Koichi Sairyo :
Cumulative Incidence of Osteochondritis Dissecans of the Capitellum in Child and Adolescent Baseball Players,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine Annual Meeting 2016, Jul. 2016.
9. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame and Koichi Sairyo :
Risk factors for osteochondritis dissecans of the capitellum in young baseball players,
The 13th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery, PP6-5, May 2016.
10. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame and Koichi Sairyo :
Prevalence of osteochondritis dissecans of the capitellum in young baseball players based on ultrasonographic findings,
American Orthopaedic Society for Sports Medicine 2015 Specialty Day, Vol.3, No.3, Mar. 2015.
(DOI: 10.1177/2325967115S00021,   Elsevier: Scopus)
11. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, Toshiyuki Iwame, Toshinori Sakai, Kousaku Higashino, Yoichiro Takata, Yuichiro Goda and Koichi Sairyo :
Prevalence of osteochondritis dissevcans of the capitellum in young baseball players on ultrasonographic findings,
The 12th Korean-Japan Joint meeting of Orthopedic Sports Medicine, Sep. 2014.
12. Tetsuya Matsuura :
Elbow check-up system for young baseball players,
12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery, 138, Apr. 2013.
13. Tetsuya Matsuura :
Elbow check-up system for young baseball players,
12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery, 138, Apr. 2013.

国内講演発表:

1. 松浦 哲也 :
多職種が参加する少年野球肘検診の現状,
第7回日本小児多職種研究会, 2018年11月.
2. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
小児の肘離断性骨軟骨炎に対する鏡視下郭清術,
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, Vol.43, No.4, 507, 2018年5月.
3. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 鈴江 直人, 横山 賢二, 西良 浩一 :
検診で早期発見されたのちに手術に至った肘離断性骨軟骨炎の検討,
日本整形外科學會雜誌, Vol.92, No.3, S636, 2018年3月.
4. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 横山 賢二, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
肘離断性骨軟骨炎の診断と保存療法,
日本整形外科學會雜誌, Vol.92, No.2, S476, 2018年3月.
5. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 横山 賢二, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
少年野球肘の予防と対策,
日本整形外科學會雜誌, Vol.92, No.2, S359, 2018年3月.
6. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 鈴江 直人, 柏口 新二, 西良 浩一 :
徳島での少年野球検診の取り組み,
第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2017年6月.
7. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
少年野球選手における肘離断性骨軟骨炎に対する保存療法,
第90回日本整形外科学会学術総会, 2017年5月.
8. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
検診で早期発見されたのちに手術に至った肘離断性骨軟骨炎の検討,
第29回日本肘関節学会, 2017年2月.
9. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 西良 浩一 :
超音波検査による成長期上腕骨小頭軟骨下骨所見の検者間信頼性,
第27回日本臨床スポーツ医学会, 2016年11月.
10. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する保存療法の適応と限界,
第42回日本整形外科スポーツ医学会, 2016年9月.
11. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 松浦 哲也 :
成長期スポーツ選手に生じた大腿骨外顆骨軟骨損傷の1例,
第127回中部日本整形外科災害外科学会, 2016年9月.
12. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
小学生野球選手における肘離断性骨軟骨炎の1年間における発生頻度,
第127回中部日本整形外科災害外科学会, 2016年9月.
13. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
小学生野球選手における肘離断性骨軟骨炎の1年間における発生頻度,
第42回日本整形外科スポーツ医学会, 2016年9月.
14. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 鈴江 直人 :
少年野球選手における肘・肩関節痛発症危険因子の検討,
第42回日本整形外科スポーツ医学会, 2016年9月.
15. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
成長期野球選手を対象とした疫学調査からみた肘離断性骨軟骨炎の実態,
第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2016年7月.
16. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
小学生選手に対する野球肘検診の結果,
第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2016年7月.
17. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
超音波検査による少年野球選手上腕骨小頭の経年的変化,
第126回中部日本整形外科災害外科学会, 2016年4月.
18. 岩目 敏幸, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
小学生選手に対する野球検診の結果,
第126回中部日本整形外科災害外科学会, 2016年4月.
19. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
少年野球検診で発見された肘離断性骨軟骨炎の臨床経過,
日本整形外科學會雜誌, Vol.90, No.3, S583, 2016年3月.
20. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
徳島県における肘離断性骨軟骨炎の早期発見を目的とした少年野球検診,
日本整形外科學會雜誌, Vol.90, No.2, S358, 2016年3月.
21. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
検診にて発見された無症候性肘離断性骨軟骨炎の経過,
第28回日本肘関節学会, 2016年2月.
22. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
超音波検査における小頭軟骨下骨表面不整像の経年的変化,
第26回日本臨床スポーツ医学会, 2015年11月.
23. 松浦 哲也, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
少年野球選手の肩関節痛発症に関する前向き調査,
第42回日本肩関節学会, 2015年10月.
24. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
検診からみた肘離断性骨軟骨炎の実態と保存療法の意義,
第41回日本整形外科スポーツ医学会, 2015年9月.
25. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, Jha Subash, 西良 浩一 :
野球肘に対する鏡視下手術の現状と課題,
第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2015年6月.
26. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
肘離断性骨軟骨炎の発生危険因子に関する検討,
第88回日本整形外科学会学術総会, 2015年5月.
27. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
肘離断性骨軟骨炎に対するスクリーニング法としての超音波検査の有用性の検討,
第124回中部日本整形外科災害外科学会, 2015年4月.
28. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
少年野球選手の肘関節障害に対する予防と対策,
第27回日本肘関節学会, 2015年2月.
29. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
肘離断性骨軟骨炎の早期発見に対する超音波検査の応用,
第47回中国四国整形外科学会, 2014年11月.
30. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
少年野球選手における肩関節痛と肘関節痛の発症関連因子の比較,
第41回日本肩関節学会, 2014年10月.
31. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 西良 浩一 :
野球肘に対する関節鏡視下手術:有用性と安全性,
第27回日本内視鏡外科学会, 2014年10月.
32. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 西良 浩一 :
成長期野球選手に対する検診の現状,
第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会, 2014年9月.
33. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西良 浩一 :
少年野球選手における肘離断性骨軟骨炎の発生頻度,
第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2014年7月.
34. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西尾 進 :
超音波検査でみた少年野球選手における上腕骨小頭骨軟骨障害の発生頻度,
第87回日本整形外科学会学術総会, 2014年5月.
35. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 有澤 孝吉, 安井 夏生 :
少年野球選手における肩関節痛発症の危険因子に関する検討,
第87回日本整形外科学会学術総会, 2014年5月.
36. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信 :
小学生野球選手の投球障害肩の実態,
日本臨床スポーツ医学会誌, Vol.21, No.4, 123, 2013年10月.
37. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信 :
小学生野球選手の投球障害肩の実態,
日本臨床スポーツ医学会誌, Vol.21, No.4, 123, 2013年10月.
38. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する超音波の有用性について,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.33, No.4, 26, 2013年8月.
39. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する超音波の有用性について,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.33, No.4, 26, 2013年8月.
40. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 西尾 進, 岩目 敏幸, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の病態解明における超音波検査の役割,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.8, 1294, 2013年8月.
41. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 西尾 進, 岩目 敏幸, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の病態解明における超音波検査の役割,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.8, 1294, 2013年8月.
42. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
肘関節亜脱臼に対する関節鏡視下所見と処置,
2013年7月.
43. 松浦 哲也, 鈴江 直人 :
肘関節亜脱臼に対する関節鏡視下所見と処置,
2013年7月.
44. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球選手における肘関節障害の危険因子と対策,
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, Vol.38, No.4, 331, 2013年6月.
45. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球選手における肘関節障害の危険因子と対策,
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, Vol.38, No.4, 331, 2013年6月.
46. 松浦 哲也 :
成長期野球肘に対する検診の意義,
第2回長州スポーツ整形塾, 2013年3月.
47. 松浦 哲也 :
少年野球肘の診断と治療━上腕骨小頭骨軟骨障害を中心に━,
第10回土佐肩・肘関節懇話会, 2013年3月.
48. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 有澤 孝吉, 安井 夏生 :
野球障害予防ガイドラインの検証,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.3, 952, 2013年3月.
49. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 有澤 孝吉, 安井 夏生 :
野球障害予防ガイドラインの検証,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.3, 952, 2013年3月.
50. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西尾 進, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球選手の超音波による上腕骨小頭の経年的変化,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.3, 951, 2013年3月.
51. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西尾 進, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球選手の超音波による上腕骨小頭の経年的変化,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.3, 951, 2013年3月.
52. 松浦 哲也 :
成長期スポーツ障害,
成長期のスポーツ障害予防・指導者講習会, 2013年2月.
53. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の病態と保存療法,
第25回日本肘関節学会(H25.2.8-9), 2013年2月.
54. 松浦 哲也 :
肘関節鏡視下手術の適応と実際,
第2回横浜上肢手術セミナー, 2013年2月.
55. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の早期発見に対する超音波を用いた少年野球検診の意義,
日本整形外科學會雜誌, Vol.87, No.2, 183, 2013年2月.
56. 松浦 哲也 :
スポーツ指導者に必要な医学的知識,
スポーツリーダー養成講習会, 2013年1月.
57. 松浦 哲也 :
徳島県の野球肘検診活動における過去と現状,
平成24年度野球障害ケア新潟ネットワーク研修会, 2012年11月.
58. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 西尾 進, 青木 光広, 射場 浩介, 山下 敏彦, 藤宮 峯子, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の病態,
第40回日本関節病学会(H24.11.8-9), 2012年11月.
59. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎の診断におけるエコーの利便性と限界,
第40回日本関節病学会(H24.11.8-9), 2012年11月.
60. 松浦 哲也 :
スポーツ指導者に必要な医学的知識,
スポーツリーダー養成講習会, 2012年10月.
61. Tetsuya Matsuura, Naoto Suzue, T Iwame, Shinji Kashiwaguchi, T Iwase and Natsuo Yasui :
Prospective study of elbow pain and verification of guideline in schoolchild baseball players,
第61回東日本整形災害外科学会(H24.9.21-22), Sep. 2012.
62. 松浦 哲也 :
投球肘障害の病態と診断,
日本整形外科学会認定スポーツ医資格継続研修会, 2012年9月.
63. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対するLIPUS療法,
第38回日本整形外科スポーツ医学会(H24.9.14-15), 2012年9月.
64. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存療法,
第38回日本整形外科スポーツ医学会(H24.9.14-15), 2012年9月.
65. 松浦 哲也 :
野球による肩,肘の障害,
第12回大学生・高校生のためのスポーツ医学セミナー, 2012年8月.
66. 松浦 哲也 :
中学生のスポーツ傷害,
中学校教育研究会養護部会夏季研修会, 2012年8月.
67. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の病態と診断,
第4回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(H24.7.19-21), 2012年7月.
68. 松浦 哲也 :
少年野球検診の現状と課題,
第145回神奈川整形災害外科研究会, 2012年6月.
69. 松浦 哲也 :
ランニングのスポーツ障害,
いつかはホノルルマラソン2012, 2012年6月.
70. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 岩目 敏幸, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害の早期発見に対する少年野球検診の意義,
第85回日本整形外科学会学術総会(H24.5.17-20), 2012年5月.
71. 松浦 哲也 :
徳島県における少年野球肘検診の現状と課題,
日本小児整形外科学会雑誌, Vol.20, No.3, 545, 2011年12月.
72. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 安井 夏生, 岩瀬 毅信, 柏口 新二 :
徳島県における小学生サッカー検診の実態,
四国医学雑誌, Vol.67, No.5, 282, 2011年12月.
73. 松浦 哲也 :
少年野球肘検診の現状,
日本臨床スポーツ医学会雑誌, Vol.19, No.4, 91, 2011年11月.
74. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎でみられる小頭の扁平化は骨端核の成長障害である,
日本整形外科學會雜誌, Vol.85, No.8, 1343, 2011年10月.
75. 川道 幸司, 鈴江 直人, 田村 靖明, 大和 健史, 松浦 哲也 :
小学生サッカー選手における練習量・試合回数と内側縦アーチの関係,
日本臨床スポーツ医学会誌, Vol.19, No.4, 143, 2011年10月.
76. 松浦 哲也 :
小頭骨端核への栄養血管血流量は肘離断性骨軟骨炎の病巣修復に関与するのか?,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.4, 87, 2011年9月.
77. 川道 幸司, 岩田 織江, 大和 健史, 鈴江 直人, 松浦 哲也 :
成長期サッカー選手における荷重負荷による内側縦アーチの捉え方,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.4, 368, 2011年8月.
78. 岩田 織江, 川道 幸司, 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信 :
小学生サッカー選手における有痛性外脛骨と内側縦アーチの関係について,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.4, 368, 2011年8月.
79. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信, 川道 幸司, 岩田 織江 :
小学生サッカー選手に対するメディカルチェックの実態,
日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.31, No.4, 390, 2011年8月.
80. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎と小頭骨端核の成長過程,
JOSKAS, Vol.36, No.4, 67, 2011年6月.
81. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
肘離断性骨軟骨炎と小頭骨端核の成長過程,
JOSKAS, Vol.36, No.4, 67, 2011年6月.
82. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
投球障害で注意すべき病態"Fibrous Band Syndrome",
JOSKAS, Vol.36, No.4, 90, 2011年6月.
83. 松浦 哲也 :
肘離断性骨軟骨炎の病巣修復と小頭骨端部への栄養血管血流の関係,
日本整形外科學會雜誌, Vol.85, No.2, 625, 2011年5月.
84. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
小頭骨端核の成長過程からみた肘離断性骨軟骨炎,
第23回日本肘関節学会, 2011年2月.
85. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
小頭骨端核の成長過程と肘離断性骨軟骨炎,
第21回日本小児整形外科学会, 2010年11月.
86. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 斎藤 義郎, 安井 夏生 :
徳島県における少年野球検診の現状,
第41回全国学校保健・学校医大会, 2010年11月.
87. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信, 柏口 新二, 安井 夏生 :
徳島県における小学生サッカーメディカルチェックの課題,
第21回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 2010年11月.
88. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球検診におけるエコー検査の意義,
第21回日本臨床スポーツ医学会, 2010年11月.
89. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存療法と予防,
第36回日本整形外科スポーツ医学会, 2010年9月.
90. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
関節鏡による野球肘の診断,
第2回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2010年7月.
91. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信, 柏口 新二, 安井 夏生 :
肘関節鏡視下手術後に瘢痕組織による肘頭外縁の軟骨軟化症を来した1例,
第2回JOSKAS, 2010年7月.
92. 西尾 進, 松浦 哲也, 鈴江 直人, 山田 博胤 :
上腕骨小頭離断性骨軟骨炎における小頭骨端部への栄養血管血流の臨床的意義,
日本超音波医学会第83回学術集会, 2010年5月.
93. 松浦 哲也, 柏口 新二, 鈴江 直人, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
肘離断性骨軟骨炎に対するLIPUS療法,
第83回日本整形外科学会学術総会, 2010年5月.
94. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
少年野球肘検診の意義,
第83回日本整形外科学会学術総会, 2010年5月.
95. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信, 柏口 新二, 安井 夏生 :
スポーツ傷害に対する超音波エコーの有用性,
第83回日本整形外科学会学術総会, 2010年5月.
96. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 安井 夏生 :
徳島県における小学生サッカーメディカルチェックの実態,
第83回日本整形外科学会学術総会, 2010年5月.
97. 鈴江 直人, 松浦 哲也, 岩瀬 毅信, 柏口 新二, 安井 夏生 :
荷重による足部アーチの低下と小学生サッカー選手の下肢障害との関連,
第83回日本整形外科学会学術総会, 2010年5月.
98. 松浦 哲也, 鈴江 直人, 安井 夏生 :
上腕骨小頭部離断性骨軟骨炎の保存療法による病巣修復と小頭骨端部への栄養血管血流の関係について,
第114回中部日本整形外科災害外科学会, 2010年4月.

その他・研究会:

1. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存療法の実際,
2. 松浦 哲也 :
少年野球肘検診の意義と実際,
3. 松浦 哲也 :
少年野球肘検診の意義と実際,
4. 松浦 哲也 :
小学生の野球検診からみた肘離断性骨軟骨炎の病態,
整形・災害外科, Vol.58, No.8, 991-997, 2015年.
5. 松浦 哲也 :
野球検診で発見した上腕骨小頭骨軟骨障害の2例,
第11回神楽坂スポーツ医学セミナー, 2014年12月.
6. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存療法の実際,
2013年8月.
7. 松浦 哲也 :
上腕骨小頭骨軟骨障害に対する保存療法の実際,
野球肘研究会夏合宿in仙台, 2013年8月.
8. 松浦 哲也 :
少年野球肘検診の意義と実際,
中信スポーツ医会, 2013年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 膝離断性骨軟骨炎の病因・病態解明と新検査法の検討 (研究課題/領域番号: 15K10477 )
  • 血行動態に着目した肘離断性骨軟骨炎の病態解明と新治療法の開発 (研究課題/領域番号: 26462300 )
  • 骨格筋萎縮を予防する抗ユビキチン化オリゴペプチドの開発 (研究課題/領域番号: 21659355 )
  • 肘離断性骨軟骨炎は小頭栄養血管の血流障害によって生じるのか? (研究課題/領域番号: 21591947 )
  • 阿波踊りを活用した健康体操の開発とその機能・効用に関する研究 (研究課題/領域番号: 20500597 )
  • 延長仮骨の骨癒合促進法の開発 (研究課題/領域番号: 20390401 )
  • 損傷骨格筋における筋線維タイプ移行のメカニズム解明 (研究課題/領域番号: 18791043 )
  • マウス仮骨延長術における筋・骨格系組織の再生メカニズム (研究課題/領域番号: 18390418 )
  • 研究者番号(30359913)による検索