Search:
Tokushima University > Graduate School of Technology, Industrial and Social Sciences > Division of Science and Technology > Natural Science > Geological Sciences >
Tokushima University > Faculty of Science and Technology > Department of Science and Technology > Mathematical and Natural Sciences > Geological Sciences >
Tokushima University > Graduate School of Integrated Arts and Sciences > Regional Science > Advanced Studies in Arts and Sciences >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1703010 広域複合災害の軽減に資する防災・減災技術の開発と普及に関する研究 >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704076 自然史・人類史から読み解く巨大地震災害の数学的具象化とコンテンツ発信 >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1704026 大規模広域災害時の地域継続力を飛躍的に向上させる地域継続戦略の構築 >
Tokushima University > Faculty of Integrated Arts and Sciences > Department of Mathematical and Material Sciences > Integrated Material Science Studies >
(CSV files for researchmap) [PDF manual]

Research Activity

Field of Study

Geology

Subject of Study

Environmental Geology (Engineering Geology, Hazard Geology, Quaternary Research) (Processes of rock weathering, Geological features of landslide, Quaternary system in Southwest Japan)

Book / Paper

Book:

1.Ken-ichi Nishiyama and 日本地質学会編 :
はじめての地質学,
ペレ出版, Sep. 2017.
2.Ken-ichi Nishiyama and 日本地形学連合編 :
地形の辞典,
朝倉書店, 東京都, Jan. 2017.
3.日本地質学会 and Ken-ichi Nishiyama :
日本の地質 四国地方,
朝倉書店, Feb. 2016.
4.横田 修一郎 and Ken-ichi Nishiyama :
ノンテクトニック断層,
近未来社, 2015.
5.Ken-ichi Nishiyama and 地盤工学会 :
全国77都市の地盤と災害ハンドブック,
2012.
6.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会中国四国支部 :
中国四国地方の応用地質学,
日本応用地質学会中国四国支部, Oct. 2010.
7.長谷川 修一, 龍一 yatabe, Akitoshi Mochizuki, Ken-ichi Nishiyama and Kouji yamamoto :
四国地域の地盤情報データベースの構築と各沖積地盤の特性,
International Press-in Assciation, Takamatsu, Sep. 2009.
8.Ken-ichi Nishiyama, (名) takemura and Akitoshi Mochizuki :
ボーリングデータベースを用いた徳島平野の地下地質分布,
四国支部, Takamatsu, Mar. 2009.
9.Ken-ichi Nishiyama, Akitoshi Mochizuki, Katsutoshi Ueno and 吉村 洋 :
徳島県における沖積地盤と徳島平野の地盤構造,
The Japanese Geotechnical Society, Takamatsu, Mar. 2008.
10.土木学会 地盤工学研究委員会 斜面工学研究小委員会「知っておきたい斜面の話Q&A」編集委員会 and Ken-ichi Nishiyama :
知っておきたい斜面の話Q&A -斜面と暮らす-,
Japan Society of Civil Engineers, Tokyo, Dec. 2005.
11.Akitoshi Mochizuki, Katsutoshi Ueno, Ken-ichi Nishiyama and 吉村 洋 :
第4章 徳島県における地盤情報DBの構築について,
四国支部, Takamatsu, Mar. 2005.
12.社団法人 砂防学会 and Ken-ichi Nishiyama :
改訂 砂防用語集,
山海堂, Tokyo, Dec. 2004.
13.町田 洋, 太田 陽子, 河名 俊男, 森脇 広, 長岡 信治 and Ken-ichi Nishiyama :
日本の地形7 九州·南西諸島,
University of Tokyo Press, Tokyo, Dec. 2001.

Academic Paper (Judged Full Paper):

1.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 横田 修一郎, 若月 強, 井上 弦, Ken-ichi Nakao, 星出 和裕 and 奥野 充 :
阿蘇カルデラ壁斜面における斜面崩壊の発生頻度,
第四紀研究, Vol.58, No.2, 149-162, 2019.
2.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 橋本 寿夫, 辻野 泰之, Ken-ichi Nakao and 殿谷 梓 :
三好市の地質と地形:その生い立ちと特質,
阿波学会紀要, Vol.62, 1-11, 2019.
3.川村 教一 and Ken-ichi Nishiyama :
四国地方の主要臨海平野における上部更新統および完新統の対比:現状と課題,
Journal of Geological Society of Japan, Vol.125, No.2, 87-105, 2019.
(DOI: 10.5575/geosoc.2018.0063)
4.Ken-ichi Nishiyama :
日本における岩石の風化研究の進展と課題,
Journal of Geological Society of Japan, Vol.124, No.12, 877-888, 2018.
(DOI: 10.5575/geosoc.2018.0057)
5.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 横田 修一郎 and 奥野 充 :
阿蘇火山周辺における斜面崩壊・土石流の発生頻度,
第9回土砂災害に関するシンポジウム論文集, 157-160, 2018.
6.Ken-ichi Nishiyama, 横田 修一郎, 長谷川 修一 and 菅原 大助 :
火山角礫岩からなる急崖に発達するノッチ・タフォニの形成プロセスと岩盤崩落との関係:香川県高松市五剣山の例.,
地学雑誌, Vol.126, No.4, 425-437, 2017.
7.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Ken-ichi Nakao and 辻野 泰之 :
「ドイツ橋」および「ドイツ兵の慰霊碑」撫養石石材の産地と経年風化,
阿波学会紀要, Vol.61, 177-184, 2017.
(Tokushima University Institutional Repository: 112905)
8.Ken-ichi Nishiyama, 瀬部 直之, Keisuke Ishida, Ken-ichi Nakao and 辻野 泰之 :
Formative processes of Naruto straits based on geomorphological and geological features,
阿波学会紀要, Vol.61, 1-10, 2017.
(Tokushima University Institutional Repository: 112904,   CiNii: 40021303697)
9.Masayuki Torii, Mitsuru Okuno, Ken-ichi Nishiyama, Yoshito Kitazono, Toshiaki Hasenaka and Shuichiro Yokota :
Three types of sediment movement in the Sannoudani River, Minamiaso Village, Kumamoto Prefecture, southwestern Japan,
Journal of the Sedimentological Society of Japan, Vol.75, No.2, 64, 2017.
(DOI: 10.4096/jssj.75.64)
10.Ken-ichi Nishiyama :
粗粒砂岩の風化による岩石物性の変化,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.57, No.5, 213-218, 2016.
11.Ken-ichi Nishiyama, 阿部 肇, 辻野 泰之, 中尾 賢一, Keisuke Ishida, 橋本 寿夫 and 森江 孝志 :
阿南市の地質と地形,
阿波学会紀要, No.60, 1-13, 2015.
12.朽津 信明, 森井 順之, 佐藤 円香 and Ken-ichi Nishiyama :
鳥取県・花見潟墓地赤碕塔に見られるハニカム状風化,
保存科学, Vol.54, 1-14, 2015.
13.日本地すべり学会関西支部調査団 and Ken-ichi Nishiyama :
平成26年8月の豪雨により高知県で発生した地すべり災害の状況,
日本地すべり学会誌, Vol.52, No.5, 7-14, 2015.
14.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
日本の山地斜面における豪雨に起因した斜面崩壊・土石流の発生頻度,
応用地質, Vol.55, No.6, 325-333, 2015.
15.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
Frequency of Debris Flow in the Nachi River, Wakayama Prefecture, Japan,
Chikei, Vol.35, No.4, 353-368, 2014.
(CiNii: 110009890768,   Elsevier: Scopus)
16.Ken-ichi Nishiyama, 阿部 肇, Ken-ichi Nakao, 森江 孝志, 橋本 寿夫 and Keisuke Ishida :
東みよし町「旧三加茂町」の地形と地質:地すべり地形と鉱山跡の調査を中心にして,
阿波学会紀要, Vol.59, 1-9, 2013.
17.横田 修一郎, 竹原 和也, 佐藤 路明, 坂田 聖二 and Ken-ichi Nishiyama :
Shape Characteristics of Tafoni Developing on Sandstone Cliff, and the Processes from the Enlargement of Tafoni to the Occurrences of Rock Fall in the Oshihara Gorge, Shimane, Japan,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.53, No.5, 245-256, 2012.
(DOI: 10.5110/jjseg.53.245,   CiNii: 10031126116)
18.Takanori Satoh, Yousuke Endoh, Haruka Shibagaki, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Tadashi Yamashiro :
Exploration for Cu,Fe-resistant bacteria from copper mine spoils in the Yoshino River basin, Shikoku.,
Proceedings of Awagakkai, Vol.58, 187-196, 2012.
19.阿部 肇, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 東明 省三, 森江 孝志, 橋本 寿夫, 阿部 肇 and Takanori Satoh :
吉野川市山川町の地質:段丘堆積物と鉱山の分布と現況,
阿波学会紀要, Vol.58, 1-12, 2012.
20.植木 岳雪, Ken-ichi Nakao, Ken-ichi Nishiyama and 森江 孝志 :
Case Report on a Field Excursion for the General Public as an Outreach Activity by an Academic Society for Quaternary Science,
地学教育, Vol.65, 63-80, 2012.
(CiNii: 10030310976)
21.Ken-ichi Nishiyama, 外山 真 and 岡田 憲治 :
Meteorological, geomorphological and geological features of slope failures caused by heavy rainfall associated with Typhoon 0410, Tokushima, Japan.,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.26, 17-29, 2012.
(Tokushima University Institutional Repository: 104976,   CiNii: 110009517165)
22.Ken-ichi Nishiyama, 本山 茂樹, Keisuke Ishida, 橋本 寿夫, 中尾 賢一, 阿部 肇, 辻野 泰之 and 小澤 大成 :
つるぎ町一宇地域の地質・岩石・地すべり地形,
阿波学会紀要, No.57, 1-9, 2011.
23.Ken-ichi Nishiyama, 木村 隆行, 磯野 陽子 and 井上 弦 :
色彩計を用いた岩石・土壌の色彩測定法,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.52, No.2, 62-71, 2011.
(DOI: 10.5110/jjseg.52.62,   CiNii: 10029128631)
24.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一, 長岡 信治, 高谷 精二 and 鈴木 恵三 :
2005年台風14号豪雨で発生した宮崎県槻之河内地すべりの活動履歴,
Journal of the Japan Landslide Society, Vol.48, No.1, 39-44, 2011.
(DOI: 10.3313/jls.48.39,   CiNii: 10027884594)
25.森江 孝志, Ken-ichi Nishiyama, 古澤 明, Keisuke Ishida and Ken-ichi Nakao :
Description and correlation of tephras found in the Dochu Formation, Yoshinogawa Valley, East Shikoku, Japan,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.24, No.4, 65-73, 2010.
(Tokushima University Institutional Repository: 74536,   CiNii: 110008704949)
26.長岡 信治, Ken-ichi Nishiyama and 井上 弦 :
過去200万年における宮崎平野の地層形成と陸化プロセス-海面変化とテクトニクスに関連して-,
Journal of Georaphy, Vol.119, No.4, 632-667, 2010.
(DOI: 10.5026/jgeography.119.632,   CiNii: 130000427699)
27.Ken-ichi Nishiyama and 横田 修一郎 :
熊本県,天草上島の古第三系砂岩に分布するタフォニの形状,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.51, No.3, 122-129, 2010.
(DOI: 10.5110/jjseg.51.122,   CiNii: 10026569746)
28.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, Ken-ichi Nakao, 辻野 泰之, 森江 孝志 and 東明 省三 :
阿波市の地質と地形 -とくに「阿波の土柱」の成因と景観保全-,
阿波学会紀要, No.56, 1-12, 2010.
29.中尾 賢一, Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama and 森江 孝志 :
Gravels of high-grade metamorphic rocks from the Dochu Formation, Nakaue, Yoshinogawa Valley, East Shikoku, Japan,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.23, No.1, 7-11, 2009.
(Tokushima University Institutional Repository: 62929,   CiNii: 110008703161)
30.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一, 元山 茂樹, 辻野 泰之, 中尾 賢一 and 小澤 大成 :
徳島県穴吹川上流,木屋平の地質と地形,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.22, 29-44, 2008.
(Tokushima University Institutional Repository: 62129)
31.北村 真一, Ken-ichi Nishiyama and 川村 教一 :
テフロクロノロジーによる徳島県神山町の高根地すべり,東大久保地すべりの発生時期の推定,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.22, 1-11, 2008.
(Tokushima University Institutional Repository: 62128,   CiNii: 110008690332)
32.井上 弦, 遠部 慎, 長岡 信治 and Ken-ichi Nishiyama :
島原半島南西部における火山系暗赤色土の性状,
ペドロジスト(日本ペドロジー学会誌), Vol.50, No.2, 2006.
33.横田 修一郎, 妹尾 大輔 and Ken-ichi Nishiyama :
色彩値変化からみた来待石の風化速度,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.47, No.4, 188-195, 2006.
(DOI: 10.5110/jjseg.47.188,   CiNii: 110004823292)
34.Ken-ichi Nishiyama and Yukinori Matsukura :
Weathering rates and mechanisms causing changes in rock properties of sandstone,
Proccedings of the 10th Congress of Inernational Associatoion for Engineering Geology and the environment (IAEG2006), Paper Number 276(CD-ROM), Number-276, 2006.
35.横山 俊治, 村井 政徳, 中屋 志郎, Ken-ichi Nishiyama, 大岡 和俊 and 中野 浩 :
2004年台風10号豪雨で発生した徳島県那賀町阿津江の破砕帯地すべりと山津波,
Journal of Geological Society of Japan, Vol.112, No.Supplement, 137-151, 2006.
(DOI: 10.5575/geosoc.112.S137,   CiNii: 130000068267)
36.KOIKE Katsuaki, YOSHINAGA Touru and Ken-ichi Nishiyama :
Characterization of Weathering Process of Rocks by X-Ray CT and Radiance Spectra Measurements,
X-Ray CT for Geomaterials- Soils, Concrete, Rocks-, Otanim J. and Obara, Y., eds., 353-361, 2004.
37.KOIKE Katsuaki, YOSHINAGA Tohru, MIZUKAMI Yosei and Ken-ichi Nishiyama :
Weathering indexes of rock properties using reflectance and emissivity spectra,
Journal of the Remote Sensing Society of Japan, Vol.24, No.3, 267-281, 2004.
(CiNii: 10013536217)
38.YOKOTA Shuichiro, Ken-ichi Nishiyama, HARAGUCHI Tsuyoshi and INOKUCHI Takashi :
Weathering environments based on rock color changes with depth and the probability of recent sector collapses in the Shirataka Volcano area, Yamagata, Japan,
Journal of the Japan Landslide Society, Vol.40, No.4, 283-292, 2003.
(DOI: 10.3313/jls.40.4_283,   CiNii: 10012529955)
39.Ken-ichi Nishiyama and Matsukura Yukinori :
風化による砂岩礫の物性変化速度,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.43, No.4, 216-225, 2002.
(DOI: 10.5110/jjseg.43.216,   CiNii: 110003335657)
40.Ken-ichi Nishiyama and Matsukura Yukinori :
風化による砂岩の岩石組織の変化:南九州における四万十帯砂岩の例,
Journal of Geological Society of Japan, Vol.108, No.6, 410-413, 2002.
(CiNii: 110003013245)
41.Ken-ichi Nishiyama, Mizukami Yosei, Koike Katsuaki and Matsukura Yukinori :
Temporal Changes in Pore Structure of Sandstone Gravel Due to Weathering,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.42, No.1, 2-14, 2001.
(DOI: 10.5110/jjseg.42.2,   CiNii: 110003335117)
42.Ken-ichi Nishiyama and Yukinori Matsukura :
四万十帯砂岩の風化:色彩および鉱物化学的性質の変化,
Chikei, Vol.22, No.1, 23-42, 2001.
43.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Iwamatsu Akira :
扇状地堆積物における赤色化礫の分布と性状,
Journal of the Japan Society of Enginneering Geology, Vol.40, No.1, 2-13, 1999.

Academic Paper (Unrefereed Paper):

1.Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh :
Isolation and Identification of Cu, Fe-tolerant Bacteria from Myoho Copper Mine Spoils, Wakayama,
Proceedings of 11th International Congress on Extremophiles, 155, 2016.
2.Ken-ichi Nishiyama and 北村 真一 :
徳島県剣山東方地域に分布する地すべり地形の形成年代の推定,
らんどすらいど(日本地すべり学会関西支部会報), Vol.31, 20-40, 2016.
3.鳥井 真之, Ken-ichi Nishiyama, 星出 和裕 and 横田 修一郎 :
テフラから推定される阿蘇カルデラ斜面における土石流の発生頻度 -阿蘇市一の宮町を例として-,
Chikyu Monthly, Vol.429, 228-230, 2015.
4.長岡 信治 and Ken-ichi Nishiyama :
Geologic and geomorphologic evolution of Miyazaki Plain in Southern Japan based on tephrochronology,
Chikyu Monthly, No.418, 210-218, 2014.
(CiNii: 40020152831)
5.Ken-ichi Nishiyama, 宮本 和季 and 長谷川 修一 :
豊島石製石造文化財の風化による物性変化,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.28, 45-53, 2014.
(Tokushima University Institutional Repository: 106382)
6.Ken-ichi Nishiyama, Susumu Nakano, Yasunori Muto, Akihiro Murata and Takao TAMURA :
平成26年台風12号豪雨による阿南市加茂谷の洪水災害,
阿波学会紀要, No.60, 199-200, 2014.
7.鈴木 恵三 and Ken-ichi Nishiyama :
色々な色の風化シラスについて,
宮崎応用地質研究会誌, Vol.25, 68-7610, 2014.
8.Ken-ichi Nishiyama :
テフロクロノロジーに基づく宮崎平野の形成プロセス,
宮崎応用地質研究会誌, Vol.25, 1-10, 2014.
9.Ken-ichi Nishiyama and 長岡 信治 :
Rock property changes of welded tuff due to weathering,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.27, No.4, 61-72, 2013.
(Tokushima University Institutional Repository: 105961,   CiNii: 120005352787)
10.Ken-ichi Nishiyama, Jing-Cai Jiang and 岡田 憲治 :
2011年台風12号・15号豪雨により徳島県で発生した斜面崩壊,
平成24年自然災害フォーラム論文集, 75-82, 2012.
11.Ken-ichi Nishiyama, 長岡 信治, 鈴木 惠三 and 高谷 精二 :
テフロクロノロジーに基づく宮崎県鰐塚山地における深層崩壊の発生頻度,
京都大学防災研究所研究集会「深層崩壊の実態,予測,対応」研究報告書, 77-82, 2012.
12.Ken-ichi Nishiyama :
紀伊山地・九州山地の地形形成と土砂移動,
日本地すべり学会関西支部報(らんどすらいど), Vol.28, 30-39, 2012.
13.Ken-ichi Nishiyama :
日本における地すべり・斜面崩壊の発生頻度に関する編年学的研究,
らんどすらいど(日本地すべり学会関西支部会報), No.27, 30-40, 2011.
14.Ken-ichi Nishiyama and 田村 俊之 :
四国山地から見いだされたテフラに基づく山地斜面の長期安定性,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.25, 21-27, 2011.
(Tokushima University Institutional Repository: 84176)
15.Ken-ichi Nishiyama :
テフラを用いた九州山地の斜面削剥過程の検討可能性(予報),
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.22, 1-8, 2011.
16.Ken-ichi Nishiyama, 外山 真 and 岡田 憲治 :
2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 33-36, 2011.
17.Ken-ichi Nishiyama, 廣田 甫, 竹中 優太 and 岡田 憲治 :
2004年台風21号豪雨により香川県西讃地域で発生した斜面崩壊の地質・地形的特徴,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.24, 75-85, 2010.
(Tokushima University Institutional Repository: 74535)
18.Ken-ichi Nishiyama :
2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.6, 19-28, 2010.
19.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 中尾 賢一, 辻野 泰之, 森永 宏, 森江 孝志, 橋本 寿夫, 伊藤 嘉将 and 山崎 健太 :
美馬市美馬町の地質と古生物,
阿波学会紀要, No.55, 1-12, 2009.
20.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一, 本山 茂樹, 辻野 泰之, 中尾 賢一 and 小澤 大成 :
徳島県穴吹川上流域の地質と地形,
阿波学会紀要, Vol.54, 1-12, 2008.
21.北村 真一 and Ken-ichi Nishiyama :
徳島県那賀川上流域に分布する地すべりの地形的特徴,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.21, 77-88, 2007.
(CiNii: 110006840525)
22.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, 中尾 賢一, 元山 茂樹, 高谷 精二, 香西 武 and 小澤 大成 :
徳島県祖谷川上流域の御荷鉾帯と秩父帯,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.21, No.0, 47-64, 2007.
(CiNii: 110006839871)
23.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, 中尾 賢一, 元山 茂樹, 高谷 精二, 香西 武 and 小澤 大成 :
徳島県祖谷川上流域の御荷鉾帯の地質と地形,
阿波学会紀要, Vol.53, 1-12, 2007.
24.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, Takeomi Sato, Takahiro Takekuma and Shuichi Hasegawa :
Extracting-method of pyrite micrograins as an indicator for mudstone weathering,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.20, 25-33, 2006.
25.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 and 長谷川 修一 :
鉱物組成に基づく黄鉄鉱含有泥岩のスレーキング特性,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.20, No.0, 43-54, 2006.
(CiNii: 110004877017)
26.Ken-ichi Nishiyama, 中尾 賢一, 古田 昇, 橋本 寿夫 and Keisuke Ishida :
藍住町地域の地下地質,
阿波学会紀要, Vol.52, 1-12, 2006.
27.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Akihiro Murata and 岡田 憲治 :
2004年台風10号に伴う豪雨により徳島県那賀川流域で発生した斜面崩壊の地質・地形的特徴,
Natural Science Research, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.19, 49-61, 2005.
28.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
2004年台風10号豪雨により徳島県南部・那賀川流域で発生した斜面崩壊の地質的・地形的特徴,
らんどすらいど(日本地すべり学会関西支部会報), No.21, 52-58, 2005.
29.Ken-ichi Nishiyama, 寺戸 恒夫, Keisuke Ishida, Akihiro Murata and 岡田 憲治 :
2004年台風10号に伴う豪雨で発生した木沢村の斜面災害と地すべり地形,
阿波学会紀要, No.51, 1-8, 2005.
30.Keisuke Ishida, 元山 茂樹, 吉岡 美穂, 岡本 治香, Ken-ichi Nishiyama, 橋本 寿夫, 森江 孝志, 中尾 賢一, 小澤 大成, 香西 武 and 辻野 泰之 :
徳島県木沢村地域の秩父-黒瀬川帯海底火山噴出物の組成と随伴層の微化石年代,
阿波学会紀要, No.51, 9-16, 2005.
31.Ken-ichi Nishiyama, Tsugio Shiota, IWAI Ryohei and TERADO Tsuneo :
美郷村に分布する三波川変成岩の地質学的特徴と地すべり地形,
阿波学会紀要, No.50, 1-9, 2004.
32.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
Disaster Prevention Research Institute Annuals, Vol.46B, 149-158, 2003.
33.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1982年長崎豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
Disaster Prevention Research Institute Annuals, Vol.45B, No.45, 47-59, 2002.
(CiNii: 120002514841)
34.Ken-ichi Nishiyama :
Rates of rock properties changes due to weathering: Sandstone gravel in terrace deposits in the Miyazaki Plain.,
Science Reports of the Insutitute of Geoscience Section A Geographical Science, Vol.23, No.0, 1-40, 2002.
(CiNii: 110000006700)
35.Yamaguchi Hiroko, Oguchi Chiaki, Ken-ichi Nishiyama and Matsukura Yukinori :
阿蘇火砕流堆積物の岩石物性に関する予察的考察,
Bulletin of the Terrestrial Environment resarch Center, The University of Tsukuba, Vol.1, 59-65, 2000.
36.Taikou Mitsushio, Chuwon Park and Ken-ichi Nishiyama :
Quaternary geology around the Izumi Plain, northwestern part of Kagoshima Prefecture,
Reseach Reports of Kochi University, Vol.48, 65-85, 1999.
37.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Iwamatsu Akira :
鹿児島県出水平野の地質構造,
Reports of the Faculty of Science, Kagoshima University, Vol.28, 79-99, 1995.

Review, Commentary:

1.Mutsuki Aoya and Ken-ichi Nishiyama :
眉山の青色片岩と岩盤クリープ,
第18回日本地質学会四国支部総会巡検案内書, 1-15, Dec. 2018.
2.Ken-ichi Nishiyama, 植木 岳雪, 中尾 賢一 and 長谷川 修一 :
東四国の自然を楽しむガイドブック-地形・地質を中心として-,
日本第四紀学会資料, 1-38, Jan. 2012.
3.Ken-ichi Nishiyama, 中尾 賢一, 長谷川 修一 and 植木 岳雪 :
アウトリーチ巡検「百万年前の東四国を探る」資料,
1-45, Sep. 2011.

Proceeding of International Conference:

1.Mitsuru OKUNO, Masayuki TORII, Ken-ichi Nishiyama and Shuichiro YOKOTA :
Failure Process of the Western Slope of Takano-obane Volcano in Aso Caldera Triggered by the 2016 Kumamoto Earthquake, SW Japan, Based on Geomorphological Classification,
The 3rd ASQUA Conference 2017, Jeju Island, Korea, Oct. 2017.
2.Mitsuru OKUNO, Masayuki TORII, Ken-ichi Nishiyama and Shuichiro YOKOTA :
Landslides and earth-flow deposits triggered by the 2016 Kumamoto Earthquake in Aso caldera, SW Japan.,
Geological Society of America Annual Meeting 2016, Nov. 2016.
3.Yui Hamaji, Yurie Ohiwa, Natsumi Yoshioka, Mayu Kanamoto, Kouta Nagai, Daiki Fujimoto, Narumi Maegawa, Kenji Akiyoshi-Hiraoka, Shota Inoue, Ken-ichi Nishiyama and Takanori Satoh :
Isolation and Identification of Cu, Fe-tolerant Bacteria from Myoho Copper Mine Spoils, Wakayama,
11th International Congress on Extremophiles, 155, Kyoto, Sep. 2016.
4.Ken-ichi Nishiyama :
Rates of rock property changes due to weathering: welded tuff gravel in fluvial deposits in the Miyazaki Plain, Japan.,
10th Asian Regional Conference for IAEG, 1-6, 2015.
5.Ken-ichi Nishiyama and MATSUKURA Yukinori :
Weatherig rates and mechanisms causing changes of rock properties of sandstone,
The 10th IAEG Congress (IAEG2006) - Enginerring Geology for Tomorrow's Cities, Nottingham, United Kingdom, Sep. 2006.
6.katsuaki KOIKE, Toru YOSHINAGA and Ken-ichi Nishiyama :
Characterization of weathering process of rocks by X-ray CT and radiance spectra measurements,
International Workshop on X-ray CT for Geomaterials, Kumamoto, Nov. 2003.

Proceeding of Domestic Conference:

1.尻労安部洞窟遺跡発掘調査団・慶應義塾大学 and Ken-ichi Nishiyama :
青森県尻労安部洞窟,
第32回 東北日本の旧石器文化を語る会福島大会, Dec. 2018.
2.尻労安部洞窟遺跡発掘調査団 and Ken-ichi Nishiyama :
安部遺跡,
平成30年度青森県埋蔵文化財発掘調査報告会, Dec. 2018.
3.Ken-ichi Nishiyama and 川村 教一 :
徳島平野における電子地盤図の作成,
日本地質学会四国支部講演会資料, 7, Dec. 2018.
4.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会災害調査団四国班 :
平成30年7月豪雨により愛媛県宇和島市で発生した土砂災害,
防災科学技術研究所2018年度土砂災害に関する研究集会発表概要集, 22-23, Nov. 2018.
5.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会災害調査団四国班 :
四国地区で発生した土砂災害,
平成30年7月豪雨災害調査速報会・日本応用地質学会中国四国支部設立25周年記念行事 記念シンポジウム 講演資料集, I-12-I-15, Nov. 2018.
6.撰田 克哉, Ken-ichi Nishiyama and 井口 隆 :
朝倉市妙見川流域で発生した初生岩盤地すべりの地質的特徴,
日本応用地質学会平成30年度研究発表会講演論文集, 143-144, Oct. 2018.
7.Ken-ichi Nishiyama :
福岡県朝倉・大分県日田地域における地すべり・土石流の発生頻度,
日本応用地質学会平成30年度研究発表会講演論文集, 91-92, Oct. 2018.
8.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会災害調査団四国班 :
四国地区で発生した土砂災害,
日本応用地質学会平成30年度研究発表会, Oct. 2018.
9.Ken-ichi Nishiyama and 後 誠介 :
和歌山県大雲取山地に分布する崩壊堆積物の地形・地質的特徴,
日本地質学会第125年学術大会講演要旨集, 148, Sep. 2018.
10.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 横田 修一郎, 奧野 充 and 田近 淳 :
阿蘇カルデラ・高野尾羽根火山北斜面における地すべり移動体の内部構造,
日本地すべり学会第57回研究発表会, Aug. 2018.
11.鳥井 真之, 北園 芳人, 長谷中 利昭, 奥野 充, 遠田 晋次, Ken-ichi Nishiyama and 横田 修一郎 :
南阿蘇村河陽地区における2016年熊本地震とテフラ層との関係,
国際火山噴火史情報研究集会講演要旨集2017-2, 107-109, Feb. 2018.
12.Ken-ichi Nishiyama, 丹野 祥一, 岡林 眞姫, 山上 陽平, Ken-ichi Nakao, 川村 教一 and 田村 俊之 :
ボーリング資料に基づく徳島平野の地下地質,
日本地質学会四国支部講演会資料, 6, Dec. 2017.
13.Ken-ichi Nishiyama :
徳島市の地盤,
地盤工学会・表層地盤の特性抽出と解析手法についてのシンポジウム資料, Oct. 2017.
14.Ken-ichi Nishiyama, 柳田 裕三 and 辻本 裕也 :
長崎県佐世保市に位置する史跡・福井洞窟遺跡の地形・地質的特徴,
日本応用地質学会平成29年度研究発表会講演論文集, 165-166, Oct. 2017.
15.Ken-ichi Nishiyama, 丹野 祥一, 岡林 眞姫, 山上 陽平, Ken-ichi Nakao and 川村 教一 :
ボーリング資料に基づく徳島平野の地下地質,
日本地質学会第124年学術大会講演要旨集, 125, Sep. 2017.
16.Ken-ichi Nishiyama, 柳田 裕三 and 辻本 裕也 :
長崎県佐世保市に位置する史跡・福井洞窟の形成過程,
日本第四紀学会2017年大会講演要旨集, Vol.47, 24, Aug. 2017.
17.鳥井 真之, 長谷中 利昭, 北園 芳人, Ken-ichi Nishiyama, 横田 修一郎 and 奥野 充 :
2016年熊本地震における災害遺産の第四紀地質学,
日本第四紀学会2017年大会講演要旨集, Vol.47, 124-125, Aug. 2017.
18.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 横田 修一郎, 若月 強, 井上 弦, Ken-ichi Nakao and 星出 和裕 :
阿蘇カルデラ斜面における斜面崩壊・土石流の発生頻度の推定,
日本第四紀学会2017年大会講演要旨集, Vol.47, 129-130, Aug. 2017.
19.奧野 充, 鳥井 真之, Ken-ichi Nishiyama and 横田 修一郎 :
阿蘇・高野尾羽根火山西斜面の崩壊過程,
日本地質学会西日本支部第168回例会, Jun. 2017.
20.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之 and 奥野 充 :
2016年熊本地震で流下・堆積した崩壊堆積物,
日本地球惑星科学連合2017年大会講演要旨集, May 2017.
21.奧野 充, 鳥井 真之, Ken-ichi Nishiyama and 横田 修一郎 :
詳細地形区分から見た阿蘇カルデラ・高野尾羽根火山西側斜面の崩壊プロセス,
平成28年度自然災害総合研究班西部地区部会・研究発表会講演論文集, Apr. 2017.
22.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 奥野 充 and 横田 修一郎 :
2016年熊本地震により阿蘇崋山地域で発生した地すべり・斜面崩壊の地形・地質的特徴,
第16回日本地質学会四国支部講演会要旨, 8, Dec. 2016.
23.奥野 充, 鳥井 真之, Ken-ichi Nishiyama, 中西 利典 and 横田 修一郎 :
平成28年熊本地震による阿蘇カルデラ内の斜面崩壊堆積物の地形,
地形, Vol.38, No.1, 56-57, Nov. 2016.
24.Ken-ichi Nishiyama and 横田 修一郎 :
2016年熊本地震で発生した立野地区の斜面崩壊と宇土・御船地区の盛土地すべり,
日本応用地質学会中国四国支部平成28年度研究発表会発表論文集, 33-38, Oct. 2016.
25.朽津 信明, 森井 順之 and Ken-ichi Nishiyama :
風化形態の違いによる砂岩の侵食速度の違い,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 201-202, Oct. 2016.
26.高見 智之, 井口 隆, 加藤 靖郎, Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会九州支部WG斜面災害班 :
2016年熊本地震で生じた斜面災害の特徴と類型化,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 149-150, Oct. 2016.
27.日本応用地質学会2016年熊本・大分地震災害調査団陥没性亀裂調査班 and Ken-ichi Nishiyama :
阿蘇カルデラ内に出現した陥没性亀裂と周辺の地形変位,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 147-148, Oct. 2016.
28.井口 隆, 高見 智之, 加藤 靖郎, Ken-ichi Nishiyama and 山本 茂雄 :
熊本地震による京都大学阿蘇火山センター周辺の斜面災害の特徴,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 145-146, Oct. 2016.
29.田近 淳, 薄井 敏彦, 矢野 寛幸 and Ken-ichi Nishiyama :
2016年熊本地震で発生した崩壊ー土石流:とくに垂玉川の例,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 243-244, Oct. 2016.
30.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 奥野 充, 井口 隆 and 加藤 靖郎 :
2016年熊本地震により熊本県阿蘇地方で発生した斜面崩壊・土石流の地形・地質的特徴,
日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集, 51-52, Oct. 2016.
31.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 奥野 充 and 井口 隆 :
2016年熊本地震で発生した地すべり・斜面崩壊の地形・地質的特徴,
日本地質学会第123年学術大会講演要旨集, 149, Sep. 2016.
32.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 横田 修一郎, 若月 強 and 井上 弦 :
阿蘇カルデラ斜面における斜面崩壊・土石流の発生頻度の推定,
国際火山噴火史情報研究集会講演要旨集, No.2, 83-90, Jan. 2016.
33.鳥井 真之, 稲本 義人, 渡邊 優, 北園 芳人 and Ken-ichi Nishiyama :
災害情報データベースと情報端末を利用した減災型教育システムの開発,
熊本自然災害研究会研究発表会要旨集, 9-12, Nov. 2015.
34.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 星出 和裕, 横田 修一郎 and 井上 弦 :
阿蘇カルデラ東部,坂梨地区における土石流の発生頻度,
熊本自然災害研究会研究発表会要旨集, 73-76, Nov. 2015.
35.朽津 信明, 森井 順之 and Ken-ichi Nishiyama :
砂岩製文化財の表面風化形態について,
日本応用地質学会平成27年度研究発表会講演論文集, 189-1908, Sep. 2015.
36.Ken-ichi Nishiyama :
粒径が異なる砂岩の風化による間隙径の変化,
日本応用地質学会平成27年度研究発表会講演論文集, 7-8, Sep. 2015.
37.Ken-ichi Nishiyama, 辻本 裕也 and 柳田 裕三 :
長崎県佐世保市に分布する史跡・福井洞窟の形成に関与した地すべり,
日本地質学会第122年学術大会講演要旨集, 150, Sep. 2015.
38.Ken-ichi Nishiyama, 辻本 裕也 and 柳田 裕三 :
長崎県佐世保市に位置する史跡・福井洞窟を埋積した地すべり堆積物の特徴,
日本地すべり学会第54回研究発表会講演集, 213-214, Aug. 2015.
39.Yui Hamaji, Masaki Hara, Shota Inoue, Shota Takahashi, Misaki Nakayama, Naoyuki Sebe, Yumiko Makino, Masatoshi Sakaguchi, Yurie Ohiwa, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Takanori Satoh :
Exploration for environmental adaptive bacteria from mine spoils from Tokushima and Wakayama prefectures,
The Joint Meeting of Japanese Environmental Microbiology-related Associations 2014,The Program and abstracts, Oct. 2014.
40.朽津 信明, 森井 順之, 佐藤 円香 and Ken-ichi Nishiyama :
長崎市出島で見られる砂岩石材の風化現象について,
日本応用地質学会平成26年度研究発表会講演論文集, Oct. 2014.
41.Ken-ichi Nishiyama, 鈴木 恵三, 後藤 繁俊, 緒方 一 and 一色 弘充 :
風化程度の異なる非溶結火砕流堆積物の含水比と色彩との関係,
日本応用地質学会平成26年度研究発表会講演論文集, 2014.
42.Ken-ichi Nishiyama, 若月 強, 鳥井 真之, 星出 和裕, Ken-ichi Nakao and 横田 修一郎 :
熊本県阿蘇カルデラ斜面における斜面崩壊・土石流の発生頻度,
日本応用地質学会中国四国支部平成26年度研究発表会講演論文集, 2014.
43.Ken-ichi Nishiyama, 若月 強, 鳥井 真之, 星出 和裕, Ken-ichi Nakao and 横田 修一郎 :
熊本県阿蘇カルデラ斜面における土石流の発生頻度,
日本地質学会第121年学術大会講演要旨集, 2014.
44.Mayumi YAMAMOTO, Xiaojing Xu, Bo Zhang, Akihiro Murata and Ken-ichi Nishiyama :
中国人留学生の防災意識,
大学教育カンファレンスin徳島, 5051, Dec. 2013.
45.Mayumi YAMAMOTO, Mana ISHIMOTO, Sakurako DEGUCHI, Akihiro Murata and Ken-ichi Nishiyama :
災害・防災ボランティアへの意識について,
全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 4849, Dec. 2013.
46.Masaya Satoh, Ken-ichi Nishiyama, Jing-Cai Jiang, 大戸井 義美 and Keisuke Ishida :
国指定天然記念物「阿波の土柱」の保全に向けて ー 土柱の歴史・変遷,植生管理について ー,
第130回徳島生物学会, Dec. 2013.
47.浅田 舞紀, Ken-ichi Nishiyama and 村田 明広 :
徳島県東祖谷地域における三波川帯南縁部の地質構造と地すべり,
第13回日本地質学会四国支部総会・講演会講演要旨集, 125-12, Dec. 2013.
48.Ken-ichi Nishiyama and 朽津 信明 :
凝灰岩・安山岩におけるハニカム状風化の形成速度,
第13回日本地質学会四国支部総会・講演会講演要旨集, 5, Dec. 2013.
49.Ken-ichi Nishiyama, 村尾 英彦 and 釜井 俊孝 :
仙台市に分布する谷埋め盛土材の風化過程,
日本地質学会第120年学術大会講演要旨集, Sep. 2013.
50.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
和歌山県那智川流域における土石流の発生頻度,
土木学会四国支部平成25年自然災害フォーラム論文集, Mar. 2013.
51.Ken-ichi Nishiyama :
宮崎平野の段丘とテフラ,
日本地質学会西日本支部・福岡大学国際火山噴火史情報研究所・シンポジウム「長岡信治:海から山,火山でのフィールドワーク」資料, 2013.
52.Ken-ichi Nishiyama :
テフロクロノロジーに基づく宮崎平野の形成プロセス,
宮崎応用地質研究会談話会資料, 2013.
53.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
和歌山県那智川流域における土石流の発生頻度,
日本地質学会四国支部講演会資料, Dec. 2012.
54.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
和歌山県那智川流域における土石流の発生頻度,
日本応用地質学会中国四国支部平成24年度研究発表会発表論文集, 13-18, Nov. 2012.
55.Ken-ichi Nishiyama, 庄瀬 智大, 川村 教一 and 磯野 陽子 :
徳島平野に分布する海成更新統の層序と物性(予報),
日本応用地質学会平成24年度研究発表会講演論文集, 165-166, Oct. 2012.
56.Ken-ichi Nishiyama and 若月 強 :
和歌山県那智川流域における斜面崩壊の発生頻度,
日本地質学会第119年学術大会講演要旨集, 157, Sep. 2012.
57.Ken-ichi Nishiyama, 長岡 信治, 鈴木 惠三 and 高谷 精二 :
テフロクロノロジーに基づく宮崎県鰐塚山地における深層崩壊の発生頻度,
平成24年度砂防学会研究発表会概要集, 326-327, May 2012.
58.Ken-ichi Nishiyama :
徳島市の地盤と災害,
地盤工学会四国支部講習会資料, 2012.
59.Ken-ichi Nishiyama, 石田 啓祐, 東明 省三, 森江 孝志 and 橋本 寿夫 :
山川町の地質:段丘堆積物と鉱山の分布,
阿波学会平成23年度総合学術調査報告会資料, Dec. 2011.
60.Ken-ichi Nishiyama, 長岡 信治 and 柳田 裕三 :
長崎県佐世保市に分布する史跡・福井洞窟に露出する新第三系砂岩の風化プロセス,
第11回日本地質学会四国支部講演会要旨集, 7, Dec. 2011.
61.Ken-ichi Nishiyama, 長岡 信治 and 柳田 裕三 :
史跡・福井洞窟に露出する新第三系砂岩の風化プロセス,
日本応用地質学会平成23年度研究発表会講演論文集, 189-190, Nov. 2011.
62.Ken-ichi Nishiyama, 宮本 和季 and 長谷川 修一 :
香川県に分布する豊島石製石造物・採掘跡の風化程度の評価,
日本応用地質学会中国四国支部平成23年度研究発表会発表論文集, 45-48, Oct. 2011.
63.Ken-ichi Nishiyama :
徳島で考える地震津波と防災∼東日本大震災からの新たな教訓:趣旨説明,
日本第四紀学会普及講演会資料(日本第四紀学会徳島大会), Aug. 2011.
64.Ken-ichi Nishiyama, 外山 真 and 岡田 憲治 :
2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性,
土木学会四国支部平成23年自然災害フォーラム論文集, 27-30, Mar. 2011.
65.Tetsuya Toyoda, Motohiro Ishida, Kosuke Ono, Hidekazu Kakei, Takanori Satoh, Mitsuhiro Sato, Tohru Naito, Ken-ichi Nishiyama, Kouichi Murakami, Ko-ichi Magishi, Takuya YABE, teppei yukizane, Takuji Kawano, Hiroshi Yoshida and Sayaka Tanaka :
学部共通科目「情報処理の基礎」の授業開発と実施に関する研究,
平成22年度徳島大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 16-17, Jan. 2011.
66.Takanori Satoh, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Yousuke Endoh, Haruka Shibagaki and 山城 考 :
Exploration for Copper,Iron-resistant bacteria from Kotsu and Higashiyama copper mine spoils.,
The 125th Anneal Meeting of Tokushima Biological Society, Abstracts, Vol.63, No.2, 9, Dec. 2010.
67.Takanori Satoh, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Yousuke Endoh, Haruka Shibagaki and 山城 考 :
Exploration for Cu,Fe-resistant bacteria from copper mine spoils in the Yoshino River basin, Shikoku.,
Journal of Japanese Society for Extremophiles, Vol.9, 91-92, Nov. 2010.
68.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会中国四国支部H21山口災害調査団 :
「平成21年中国・九州北部豪雨」で発生した土石流災害調査報告,
日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 345-346, Oct. 2010.
69.Ken-ichi Nishiyama and 日本応用地質学会中国四国支部豊島石研究グループ :
文化遺産・産業遺産としての讃州豊島石,
日本応用地質学会平成22年度研究発表会論文集, 343-344, Oct. 2010.
70.Ken-ichi Nishiyama, 外山 真 and 岡田 憲治 :
2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性,
日本応用地質学会平成22年度研究発表会, 291-292, Oct. 2010.
71.Ken-ichi Nishiyama, 長岡 信治, 高谷 精二, 鈴木 恵三 and 北村 真一 :
宮崎県鰐塚山地に分布する斜面および段丘堆積物のテフラによる編年,
日本地質学会第117年学術大会講演要旨, 155, Sep. 2010.
72.Ken-ichi Nishiyama, 外山 真 and 岡田 憲治 :
2004年徳島豪雨で発生した斜面崩壊に影響する雨量・地形・地質特性,
地球惑星科学関連学会2010年大会予稿集, May 2010.
73.Ken-ichi Nishiyama :
急崖での岩盤崩壊の発生プロセスとその地質的背景,
社団法人土木学会第3期第12回斜面工学研究小委員会・話題提供講演, Mar. 2010.
74.Takanori Satoh, 山城 考, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Haruka Shibagaki :
Oxidase activity of Cu,Fe-resistant bacteria isolated from Shirataki copper mine.,
The 82nd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society,Abstracts, Vol.81, No.9, 3P233, Oct. 2009.
75.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一 and Akihiro Murata :
2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴,
徳島大学環境防災研究センター・岩手宮城内陸地震調査報告会資料, 2009.
76.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一, 高谷 精二, 鈴木 恵三 and 長岡 信治 :
2005年台風14号豪雨で移動した宮崎県槻之河内地すべりの活動履歴,
日本地質学会四国支部第8回講演会講演要旨集, 7, Dec. 2008.
77.北村 真一, Ken-ichi Nishiyama and 川村 教一 :
テフロクロノロジーによる徳島県中部,中尾山地すべりの発生時期の推定,
日本応用地質学会平成20年度研究発表会講演論文集, 5-6, May 2008.
78.Ken-ichi Nishiyama, 千木良 雅弘 and 戸邉 勇人 :
熊本県天草地域に分布する古第三系白嶽砂岩の風化による物性変化,
日本応用地質学会中国四国支部平成20年度研究発表会発表論文集, 23-26, May 2008.
79.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一, 高谷 精二, 鈴木 恵三 and 長岡 信治 :
2005年台風14号豪雨で移動した宮崎県槻之河内地すべりの活動履歴,
日本応用地質学会平成20年度研究発表会講演論文集, 171-172, May 2008.
80.横田 修一郎, 植松 敏, Ken-ichi Nishiyama and 高谷 精二 :
宮崎県双石山に点在する巨大砂岩ブロック群とトップリングによるその形成,
地球惑星科学連合学会2008年合同大会予稿集(CD-ROM), May 2008.
81.北村 真一 and Ken-ichi Nishiyama :
徳島県那賀川上流域に分布する地すべりの地形的特徴,
第7回日本地質学会四国支部講演会講演要旨集, 15, Dec. 2007.
82.Ken-ichi Nishiyama, 木村 隆行 and 磯野 陽子 :
風化による岩石物性変化の指標としての色彩測定法,
第7回日本地質学会四国支部講演会講演要旨集, 5, Dec. 2007.
83.Ken-ichi Nishiyama, 木村 隆行 and 磯野 陽子 :
風化による岩石物性変化の指標としての色彩測定法(予報),
日本応用地質学会中国四国支部平成19年度研究発表会発表論文集, 41-46, Oct. 2007.
84.吾郷 祐輔, Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 高谷 精二, 磯野 陽子, 佐藤 威臣 and 竹熊 隆宏 :
徳島県勝浦川盆地に分布する泥岩の風化による物性変化,
日本応用地質学会中国四国支部平成19年度研究発表会発表論文集, 35-40, Oct. 2007.
85.Ken-ichi Nishiyama, 吾郷 祐輔, 磯野 陽子, 高谷 精二, 佐藤 威臣 and 竹熊 隆宏 :
黄鉄鉱含有泥岩(下部白亜系藤川層)の風化による物性変化,
日本応用地質学会平成19年度研究発表会講演論文集, 237-238, Oct. 2007.
86.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, 中尾 賢一, 元山 茂樹, 高谷 精二, 香西 武 and 小澤 大成 :
徳島県祖谷川上流域の御荷鉾帯と秩父帯,
日本地質学会学術大会講演要旨, 89, Sep. 2007.
87.Ken-ichi Nishiyama, 吾郷 祐輔, 磯野 陽子, 高谷 精二, 佐藤 威臣 and 竹熊 隆宏 :
黄鉄鉱含有泥岩の風化による物性変化,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.114, 199, Sep. 2007.
88.Ken-ichi Nishiyama, 吾郷 祐輔, 高谷 精二, 磯野 陽子, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 and Keisuke Ishida :
黄鉄鉱含有泥岩の風化による物性変化,
日本地球惑星科学連合 2007年大会予稿集(CD-ROM), May 2007.
89.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 and 長谷川 修一 :
鉱物組成に基づく黄鉄鉱含有泥岩(下部白亜系藤川層)のスレーキング特性,
第6回日本地質学会四国支部講演会講演要旨集, 5, Dec. 2006.
90.Ken-ichi Nishiyama, 廣田 甫, 岡田 憲治 and 千木良 雅弘 :
2004年豪雨で発生した香川県西讃地域の斜面崩壊の地質・地形的特徴,
日本応用地質学会平成18年度研究発表会講演論文集, 393-396, Nov. 2006.
91.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 and 長谷川 修一 :
鉱物組成に基づく黄鉄鉱含有泥岩(下部白亜系藤川層)のスレーキング特性,
日本応用地質学会中国四国支部平成18年度研究発表会講演論文集, 69-74, Oct. 2006.
92.Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama, Takeomi Sato, Takahiro Takekuma and Shuichi Hasegawa :
Extracting-method of pyrite micrograins as an indicator for mudstone weathering,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.113, 158, Sep. 2006.
93.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 and 長谷川 修一 :
鉱物組成に基づく黄鉄鉱含有泥岩のスレーキング特性,
日本地質学会第113年大会講演要旨集, 158, Sep. 2006.
94.Ken-ichi Nishiyama and 廣田 甫 :
2004年豪雨で発生した香川県西讃地域の斜面崩壊の地質・地形的特徴,
日本地質学会近畿支部・四国支部・西日本支部合同例会講演要旨集, 6, Jul. 2006.
95.Ken-ichi Nishiyama and 廣田 甫 :
2004年台風15,21,23号に伴う豪雨で発生した香川県西讃地域の斜面崩壊の地質・地形的特徴,
地球惑星科学連合2006年大会予稿集(CD-ROM), May 2006.
96.Ken-ichi Nishiyama :
吉野川平野下流,藍住町地域の地下地質,
阿波学会平成17年度総合学術調査発表会資料, 3, Dec. 2005.
97.Ken-ichi Nishiyama :
2004年豪雨で発生した四国の斜面崩壊の地形的・地質的特徴,
Chikei, Vol.27, No.1, Oct. 2005.
98.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
2004年台風10号による豪雨で発生した徳島県南部・那賀川流域の斜面崩壊,
日本応用地質学会平成17年度研究発表会講演論文集, 37-40, Oct. 2005.
99.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
2004年台風10号による豪雨で発生した徳島県南部・那賀川流域の斜面崩壊,
日本地質学会第112年大会講演要旨, 324, Sep. 2005.
100.Ken-ichi Nishiyama :
2004年台風10号豪雨により徳島県南部・那賀川流域で発生した斜面崩壊の地質的・地形的特徴,
京都大学防災研究所特定共同研究「降雨による崩壊危険度広域評価-崩壊実績と地質・地形に基づいて-」研究会資料, Jul. 2005.
101.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
Slope failures caused by heavy rainfall associated with Typhoon 0410 in Naka-gawa Area, Tokushima Prefecture,
地球惑星科学関連学会合同大会2005年大会予稿集(CD-ROM), May 2005.
102.Ken-ichi Nishiyama, Akira Yoshida and Shuichiro Yokota :
Selective evolution of tafoni in tuff cliffs due to salt weathering and occurrence of rock fall in Wakayama, Japan,
地球惑星科学関連学会合同大会2005年大会予稿集(CD-ROM), May 2005.
103.Ken-ichi Nishiyama, Akira Yoshida and Shuichiro Yokota :
和歌山県古座川地域に分布する凝灰岩の急崖に発達するタフォニと岩盤崩壊,
Chikei, May 2005.
104.Ken-ichi Nishiyama :
木沢村の地質と2004年台風10号に伴う豪雨で発生した斜面災害,
阿波学会平成16年度総合学術調査レジメ集, 2-3, Jan. 2005.
105.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Akihiro Murata and OKADA Kenji :
2004年台風10号で発生した徳島県南部·那賀川流域の斜面災害,
日本地質学会四国支部2003年講演会資料集, 10, Dec. 2004.
106.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida, Akihiro Murata, Takuo Yamagami, Akitoshi Mochizuki, OKADA Kenji, ODAGIRI Shichiro and NAKANO Hiroshi :
2004年台風10号で発生した徳島県那賀川流域の斜面災害,
日本応用地質学会中四国支部平成16年度研究発表会災害報告資料, 5-8, Nov. 2004.
107.Ken-ichi Nishiyama, YOSHIDA Akira and YOKOTA Shuichiro :
Evolution of tafoni in tuff cliffs due to salt weathering and occurrence of rock fall,
日本応用地質学会平成16年度研究発表会講演論文集, Oct. 2004.
108.Ken-ichi Nishiyama :
2004年徳島豪雨災害の事例紹介,
社団法人土木学会地盤工学研究委員会斜面工学研究小委員会資料, Sep. 2004.
109.Ken-ichi Nishiyama, YOSHIDA Akira and YOKOTA Shuichiro :
凝灰岩の急崖におけるタフォニの選択的成長と岩盤崩落,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.111, Sep. 2004.
110.Ken-ichi Nishiyama, HASEGAWA Shuichi, DAISUKE Kanbara and YOKOTA Shuichiro :
Morphologic features of tafoni and notch developed in steep slopes of tuff breccia,
第43回日本地すべり学会研究発表会講演集, Sep. 2004.
111.INOUE Yudzuru, NAGAOKA Shinji, SUGIYAMA Shinji and Ken-ichi Nishiyama :
雲仙火山南麓におけるATを挟在する黒ボク土の成因,
日本第四紀学会講演予稿集, No.34, Aug. 2004.
112.Ken-ichi Nishiyama, NAGAOKA Shinji, AKAGI Isao, FUJIWARA Osamu and ARAI Fsao :
Stratigraphy of Plio-Pleistocene sedimernts in Izumi Plain, Kagoshima Prefecture,
日本第四紀学会講演要旨集, No.34, Aug. 2004.
113.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro, Hasegawa Shuichi and Kanbara Daisuke :
中新世の凝灰岩類に発達するタフォニ·ノッチの形態的特徴と地震動による岩盤崩落,
地球惑星科学合同大会2004年大会予稿集(CD-ROM), May 2004.
114.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Yokoyama Shozo :
砂岩急崖におけるタフォニの成長と岩盤崩落,
Chikei, Vol.25, No.3, 303, Apr. 2004.
115.Yudzuru Inoue, Shin Onbe, Shinji Nagaoka, Shinji Sugiyama, Ken-ichi Nishiyama and Isao Akagi :
島原半島南部における火山系暗赤色土の性状,
日本ペドロジー学会2004年度大会講演要旨集, Apr. 2004.
116.Ken-ichi Nishiyama :
美郷村の基盤岩の地質と地すべり地形の分布,
阿波学会平成15年度総合学術調査発表会資料, 2, Dec. 2003.
117.Ken-ichi Nishiyama, YOKOTA Shuichiro and YOKOYAMA Shozo :
砂岩急崖斜面におけるタフォニの形成プロセス,
日本地質学会四国支部2003年講演会資料集, 3, Nov. 2003.
118.Ken-ichi Nishiyama, YOKOTA Shuichiro and YOKOYAMA Shozo :
砂岩斜面に見られるタフォニの形態とその形成過程,
日本応用地質学会平成15年度研究発表会講演論文集, 271-274, Oct. 2003.
119.shuichiro YOKOTA and Ken-ichi Nishiyama :
岩石風化からみた山形県白鷹火山カルデラの構造と山体崩壊の可能性,
日本応用地質学会中国支部平成15年度研究発表会発表論文集, 93-96, Oct. 2003.
120.Ken-ichi Nishiyama, YOKOTA Shuichiro and YOKOYAMA Shozo :
天草上島·白嶽砂岩に発達するタフォニの産状と岩石物性,
Chikei, Vol.24, No.3, 342, Jul. 2003.
121.Yokota Shuichiro, Ken-ichi Nishiyama and Takehara Kazuya :
塩類風化によるタフォニの形成と岩盤崩落,
地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集, May 2003.
122.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Yokoyama Shozo :
1972年天草豪雨災害被災地の砂岩に見られるタフォニの形態的特徴と水分含有状態,
地球惑星科学2003年合同大会予稿集(CD-ROM), May 2003.
123.Isao Akagi, Ken-ichi Nishiyama, Yuzuru Inoue and Yoshitaka Nagatomo :
形成時期の異なる土壌の遊離酸化鉄の存在形態,
日本ペドロジー学会2003年度大会講演要旨集, 18, Apr. 2003.
124.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
京都大学防災研究所研究発表会, Feb. 2003.
125.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Yokoyama Shozo :
天草上島,白岳砂岩に発達するタフォニの産状と水分含有量,
日本地質学会西日本支部会報, Vol.122, 18, Feb. 2003.
126.Ken-ichi Nishiyama and Masahiro Chigira :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
熊本自然災害研究会第11回研究発表会要旨集, 3-8, Nov. 2002.
127.Takaya Seiji and Ken-ichi Nishiyama :
信楽花崗岩の風化系列について,
日本応用地質学会平成14年度研究発表会講演論文集, 33-36, Oct. 2002.
128.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
日本応用地質学会平成14年度研究発表会講演論文集, 325-328, Oct. 2002.
129.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
第21回日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 7-8, Sep. 2002.
130.Yokota Shuichiro and Ken-ichi Nishiyama :
島根県大田市忍原峡のタフォニーとオーバーハング斜面,
第五回岩石の風化に関するシンポジウム, 8, Jul. 2002.
131.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
熊本県天草上島に分布する白嶽砂岩の風化と崩壊,
第五回岩石の風化に関するシンポジウム, 9, Jul. 2002.
132.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
地球惑星科学関連学会2002年合同大会, May 2002.
133.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1982年長崎豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
京都大学防災研究所研究発表会, Feb. 2002.
134.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1982年長崎豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
日本応用地質学会平成13年度研究発表会講演論文集, 223-226, Oct. 2001.
135.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1972年天草豪雨災害で発生した斜面崩壊の地質的特徴,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.108, 171, Sep. 2001.
136.Ken-ichi Nishiyama :
風化による砂岩の岩石組織の変化,
第四回岩石の風化に関するシンポジウム, 18, Jul. 2001.
137.Yokota Shuichiro, Takehara Kazuya and Ken-ichi Nishiyama :
新第三系砂岩地帯におけるタフォニから不安定オーバーハング斜面の形成,
地球惑星科学関連学会2001年合同大会, May 2001.
138.Ken-ichi Nishiyama :
1982年長崎豪雨災害における斜面崩壊の地質的特徴,
平成12年度砂防学会ワークショップ(若手研究助成)「崩壊発生の予知·予測に関する研究」研究集会, Mar. 2001.
139.Ken-ichi Nishiyama :
風化による砂岩の物性変化速度,
京都大学防災研究所研究発表会, Feb. 2001.
140.Ken-ichi Nishiyama :
四万十帯砂岩の風化:35万年間における物性変化,
日本応用地質学会平成12年度研究発表会講演論文集, 17-20, Oct. 2000.
141.Ken-ichi Nishiyama :
四万十帯砂岩の風化による岩石組織の変化,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.107, 185, Sep. 2000.
142.Ken-ichi Nishiyama and Chigira Masahiro :
1982年長崎豪雨災害における斜面崩壊の地質的特徴,
地球惑星科学関連学会2001年合同大会, May 2000.
143.Ken-ichi Nishiyama, Mizukami Yosei and Koike Katsuaki :
風化による砂岩礫の間隙構造の時間変化,
第三回岩石の風化に関するシンポジウム, 8, Mar. 2000.
144.Ken-ichi Nishiyama :
風化による砂岩礫の間隙構造の時間変化,
日本応用地質学会平成11年度研究発表会講演論文集, 21-24, Oct. 1999.
145.Ken-ichi Nishiyama, Mizukami Yosei and Koike Katsuaki :
CT値からみた風化による砂岩礫の物性変化の特徴,
第34回地盤工学研究発表会論文集, 663-664, Jul. 1999.
146.Ken-ichi Nishiyama, Mizukami Yosei and Koike Katsuaki :
X線CT画像からみた風化による砂岩礫の物性変化,
Chikei, Vol.20, No.4, 502, Jul. 1999.
147.Yosei Mizukami, Toru Yoshinaga, Katsuaki Koike and Ken-ichi Nishiyama :
X線CTと分光放射計を用いた岩石の風化プロセスに関する研究,
資源·素材学会1999年春季大会講演集(Ⅰ,資源編), 214-215, Mar. 1999.
148.Ken-ichi Nishiyama :
風化による砂岩礫の物性·色彩の時間的変化,
第二回岩石の風化に関するシンポジウム, 7, Feb. 1999.
149.Ken-ichi Nishiyama and Matsukura Yukinori :
風化による砂岩礫の物性·色彩の時間的変化,
日本応用地質学会平成10年度研究発表会講演論文集, 105-108, Oct. 1998.
150.Ken-ichi Nishiyama :
風化による礫の色彩·物性変化 -宮崎平野の段丘堆積物の例-,
Chikei, Vol.19, No.4, 301, Oct. 1998.
151.Shinji Nagaoka, Fusao Arai, Yoshitaka Nagatomo, Isao Akagi, Yuzuru Inoue and Ken-ichi Nishiyama :
宮崎平野における更新世海進堆積物の層序,
日本第四紀学会講演要旨集, Vol.28, 168-169, Aug. 1998.
152.Ken-ichi Nishiyama, Shuichiro Yokota and Akira Iwamatsu :
段丘堆積物中における砂岩礫の風化,
第一回岩石の風化に関するシンポジウム, 4, Feb. 1998.
153.Ken-ichi Nishiyama, Yokota Shuichiro and Iwamatsu Akira :
南九州における扇状地礫層中の赤色風化,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.102, 321, Mar. 1995.
154.Ken-ichi Nishiyama, Shuichiro Yokota and Akira Iwamatsu :
鹿児島県出水扇状地の形成過程,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.100, 341, Apr. 1993.
155.Ken-ichi Nishiyama, Shuichiro Yokota and Akira Iwamatsu :
鹿児島県出水平野の地質構造,
日本地質学会西日本支部会報, Vol.101, 11-12, Dec. 1992.
156.Ken-ichi TANAKA, Katsutoshi IEMURA, Ken-ichi Nishiyama, Makiko ADACHI, Koji NAGAHAMA, Kohei SEGAWA, Shuichiro YOKOTA and Akira IWAMATSU :
四万十帯神門地域における``延岡構造線''周辺の地質構造,
日本地質学会西日本支部会報, Vol.97, 12, Apr. 1991.
157.Ken-ichi TANAKA, Katsutoshi IEMURA, Ken-ichi Nishiyama, Makiko ADACHI, Koji NAGAHAMA, Kohei SEGAWA, Shuichiro YOKOTA and Akira IWAMATSU :
九州四万十帯,神門地域における``延岡構造線''周辺の地質構造,
日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.98, 334, Apr. 1991.

Products:

1.Susumu Nakano, (名) Sugimoto.Takuji, (名) Yamamoto.Masato, (名) Saitoh.Tsunenori and Ken-ichi Nishiyama :
豪雨災害に備える,
徳島の環境 防災 まちづくり, No.2, Sep. 2014.

Et cetera, Workshop:

1.Ken-ichi Nishiyama :
2013年伊豆大島豪雨災害調査速報,
徳島大学防災フォーラム「最近の豪雨災害を振り返る」, Jan. 2014.
2.Ken-ichi Nishiyama :
2012年阿蘇豪雨で発生した土砂災害と特別警報,
徳島大学防災フォーラム「最近の豪雨災害を振り返る」, Jan. 2014.
3.Ken-ichi Nishiyama :
阿蘇カルデラの急斜面で発生した土砂災害,
徳島大学環境防災研究センター・九州地区豪雨災害調査報告会資料, Aug. 2012.
4.Ken-ichi Nishiyama :
地震による宅地地盤の地すべり(仙台市と徳島市),
徳島大学環境防災研究センター・東日本大震災被害調査報告会資料, 11-13, Jun. 2012.
5.Ken-ichi Nishiyama :
2011年東北地方太平洋沖地震の発生から約3時間後までのNHK(TV)報道からみる防災情報の伝達と課題,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 39-44, Mar. 2012.
6.Ken-ichi Nishiyama :
2011年東北地方太平洋沖地震により発生した福島第一原子力発電所の事故に関する新聞報道と専門家コメントからみたリスク伝達の課題,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 45-57, Mar. 2012.
7.Ken-ichi Nishiyama :
霧島火山新燃岳2011年噴火活動の推移と噴火対応,ならびに火山噴出物の調査結果,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.7, 76-83, Mar. 2012.
8.Ken-ichi Nishiyama :
台風12号豪雨により田辺市伏菟野・那智勝浦町で発生した深層崩壊の特徴,
和歌山大学・徳島大学合同調査による紀伊半島大水害(和歌山県内)の調査報告会資料, Dec. 2011.
9.Ken-ichi Nishiyama :
平成21年山口県防府市土石流災害調査報告,
徳島大学環境防災研究センター防災ミニフォーラム「平成21年豪雨災害から学ぶ」, Oct. 2010.
10.Takanori Satoh, Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama and 山城 考 :
吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と酵素機能の調査・研究,
平成21年度学部長裁量経費プロジェクト成果発表会, Sep. 2010.
11.Ken-ichi Nishiyama and Keisuke Ishida :
吉野川の水環境と四国山地・阿山山脈の成り立ち,
現代GP「豊饒な吉野川を持続可能とする共生環境教育」授業改善プロジェクト第2回野外巡検資料, 1-35, Dec. 2006.
12.Ken-ichi Nishiyama and Keisuke Ishida :
四国山地の成り立ちと豪雨・斜面災害:那賀川・勝浦川流域の地形・地質の生い立ちと自然環境,
現代GP「豊饒な吉野川を持続可能とする共生環境教育」授業改善プロジェクト第1回野外巡検資料, 1-110, Nov. 2006.
13.Ken-ichi Nishiyama :
出水周辺の地形·地質について,
鹿児島県考古学会平成13年度秋季大会, 32, Nov. 2001.

Report:

1.Ken-ichi Nishiyama :
越高遺跡A地点 地形・地質調査結果,
熊本大学文学部考古学研究室報告, Vol.54, 35-40, Mar. 2019.
2.Ken-ichi Nishiyama, 田近 淳, 太田 岳洋, 千田 敬二, 長谷川 怜思, 碓井 敏彦, 田村 浩行, 西村 智博 and 松澤 真 :
火山岩地域でおきた特徴的な斜面変動-日田市小野地すべりを中心に,
日本応用地質学会九州北部豪雨災害調査団報告書, 34-42, Mar. 2018.
3.Ken-ichi Nishiyama, 撰田 克哉 and 井口 隆 :
朝倉市妙見川流域で発生した地すべり・斜面崩壊の地形・地質的特徴,
日本応用地質学会九州北部豪雨災害調査団報告書, 70-77, Mar. 2018.
4.Ken-ichi Nishiyama :
越高遺跡B地点 地形・地質調査結果,
熊本大学文学部考古学研究室考古学研究室報告, Vol.53, 43-48, Mar. 2018.
5.Ken-ichi Nishiyama :
徳島市の地盤,
全国電子地盤図の拡張と運用に関する研究報告書, 97-100, Oct. 2017.
6.Ken-ichi Nishiyama :
2016年熊本地震の災害調査報告,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.28, 52-59, May 2017.
7.奧野 充, 鳥井 真之, Ken-ichi Nishiyama, 中西 利典 and 横田 修一郎 :
地震で誘発された阿蘇カルデラ・高野尾羽根火山の西側斜面の崩壊プロセスについて,
日本応用地質学会熊本・大分地震災害調査団調査報告書, 114-119, Apr. 2017.
8.日本応用地質学会 2016年熊本・大分地震災害調査団 陥没性亀裂調査班, Ken-ichi Nishiyama and 井口 隆 :
阿蘇カルデラ内に出現した陥没性亀裂と側方移動,
日本応用地質学会熊本・大分地震災害調査団調査報告書, 64-72, Apr. 2017.
9.高見 智之, 井口 隆, 加藤 靖郎, Ken-ichi Nishiyama and 井口 隆 :
地震で生じた斜面災害の特徴と地形地質条件からの類型化,
日本応用地質学会熊本・大分地震災害調査団調査報告書, 85-95, Apr. 2017.
10.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 井口 隆, 釜井 俊孝 and 田近 淳 :
阿蘇火山研究所周辺で発生した地すべり,
日本応用地質学会熊本・大分地震災害調査団調査報告書, 120-127, Apr. 2017.
11.Ken-ichi Nishiyama, 鳥井 真之, 田近 淳, 奧野 充 and 井口 隆 :
地震で流下・堆積した阿蘇カルデラ西部,山王谷川・垂玉川流域の崩壊堆積物,
日本応用地質学会熊本・大分地震災害調査団調査報告書, 128-138, Apr. 2017.
12.Ken-ichi Nishiyama :
越高遺跡B地点 地形・地質調査結果,
熊本大学 考古学研究室報告, Vol.52, 36-40, Mar. 2017.
13.Ken-ichi Nishiyama :
1972年天草豪雨災害被災地に分布する災害慰霊碑の防災への活用,
徳島大学環境防災研究センター年報, Vol.12, 34-42, 2016.
14.鈴木 恵三 and Ken-ichi Nishiyama :
風化シラスにおける色彩・含水比・土壌硬度の関係について(速報版),
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.26, 49-55, 2015.
15.Ken-ichi Nishiyama :
2014年広島豪雨災害被災地の土地利用の変化からみた防災対策の課題,
徳島大学環境防災研究センター年報, No.11, 27-33, 2015.
16.Ken-ichi Nishiyama and 北村 真一 :
流域の地形計測に基づく鰐塚山地北部の地形的特徴,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), No.26, 13-23, 2015.
17.Ken-ichi Nishiyama and 阿波市教育委員会 :
国指定天然記念物「阿波の土柱」緊急調査報告書,
阿波市教育委員会, 1-132, 2013.
18.Ken-ichi Nishiyama :
西南日本外帯の山地形成と土砂災害(九州山地と紀伊山地),
宮崎応用地質研究会誌(めらんじゅ), Vol.24, 22-33, 2013.
19.Takanori Satoh, Keisuke Ishida, Ken-ichi Nishiyama and 山城 考 :
吉野川流域の鉱山跡周辺における重金属耐性微生物と 酵素機能の調査・研究,
平成21年度 学部長裁量経費 報告書, 91-110, Tokushima, Oct. 2010.
20.Ken-ichi Nishiyama :
2009年7月山口豪雨で発生した土砂災害の地形・地質的特徴,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.21, 59-69, Mar. 2010.
21.Ken-ichi Nishiyama :
福井洞窟の地形・地質と風化程度の評価,
佐世保の洞窟遺跡II,佐世保市文化財調査報告書第3集, 29-34, Mar. 2010.
22.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一 and Akihiro Murata :
2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴,
徳島大学環境防災研究センター年報, Vol.5, 19-28, Mar. 2010.
23.Ken-ichi Nishiyama, 北村 真一 and Akihiro Murata :
2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害の地形・地質的特徴,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.20, 57-65, Miyazaki, Apr. 2009.
24.Ken-ichi Nishiyama :
2007年能登半島地震・新潟県中越沖地震の災害調査報告,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.19, 81-87, Miyazaki, Apr. 2008.
25.Ken-ichi Nishiyama :
四国地盤情報データベースを用いた小松島地域の地盤構造,
四国の自然災害と防災, Vol.7, 67-73, Matsuyama, Mar. 2008.
26.Ken-ichi Nishiyama and 長岡 信治 :
宮崎平野で観察できる主要なテフラ,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.18, 28-41, Miyazaki, Apr. 2007.
27.大橋 眞, 山城 孝, 中鉢 龍一郎, Masaya Satoh, Takanori Satoh, Keisuke Ishida and Ken-ichi Nishiyama :
A practical training in environmental education that meets regional challenges: an educational significance of the first trial, --- GP ---,
Journal of University Education Research, Vol.4, No.4, 62-67, Tokushima, Mar. 2007.
(Tokushima University Institutional Repository: 82414,   CiNii: 110006829306)
28.Ken-ichi Nishiyama :
新潟県中越地震の緊急災害調査・体験記,
めらんじゅ(宮崎応用地質研究会誌), Vol.17, 62-69, Miyazaki, Apr. 2006.
29.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
平成16年台風10号に伴う豪雨で発生した斜面崩壊の地質的・地形的特徴,
平成16年台風災害に関する徳島大学学術調査団報告書, 23-31, Tokushima, Apr. 2005.
30.Ken-ichi Nishiyama, Keisuke Ishida and Akihiro Murata :
2004年台風10号に伴う豪雨で発生した斜面災害の地質・地形的特徴,
社団法人地盤工学会四国地域豪雨災害緊急調査団報告書, 73-82, Tokyo, Apr. 2005.
31.Ken-ichi Nishiyama, Shinji Nagaoka, Isao Akagi, Yoshitaka Nagatomo, Osamu Fujiwara and Fusao Arai :
九州南部,出水平野に分布する火砕流堆積物のフィッショントラック年代とそれに基づく出水山地の隆起時期,
山地形成史の研究 -第四紀火山噴出物を手がかりにして-, 101-114, Tokyo, Mar. 2001.
32.Shinji Nagaoka, Ken-ichi Nishiyama, Hiroyasu Kumahara and Osamu Fujiwara :
第三紀末から第四紀における西南日本外帯の山地形成,
山地形成史の研究 -第四紀火山噴出物を手がかりにして-, 75-100, Tokyo, Mar. 2001.
33.Ken-ichi Nishiyama :
段丘堆積物中の礫を用いた風化による岩石物性変化の速度論的研究,
「平成10年度深田研究助成」研究報告, 1-18, Tokyo, Sep. 1999.

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Experimental study on the luminous environment for reducing lampenflora in limestone caves (Project/Area Number: 19K01132 )
  • Geological study on the slope disaster of the Aso caldera due to the 2016 Kumamoto earthquake (Project/Area Number: 17K05684 )
  • 年代測定に基づく斜面崩壊・地すべりの発生頻度の推定 (Project/Area Number: 16K05580 )
  • Developments of phenomenological approach on dynamic landslides movemnts (Project/Area Number: 23310125 )
  • Geological approach to the evaluation of landslide hazard on the basis of history, geology, and geomorphology (Project/Area Number: 17204044 )
  • Study on rock weathering on steep slopes for prediction of rock fall (Project/Area Number: 14340149 )
  • Lithological and structural control on large landslides in the Chichibu and Shimanto Terranes (Project/Area Number: 13640463 )
  • Search by Researcher Number (60363131)