検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 創薬科学系 > 分析科学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704037 高濃度の産業試料を希釈せずに分析できる振幅変調フロー分析法の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704010 種々の構造の決定に対する幾何学的アプローチ >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704063 新規な化学的分離法・濃縮法・検出法の創製に基づく精密分析法の開発(分離と検出の科学クラスター) >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1702001 人類の恒久的繁栄に向けた対枯渇資源対応技術の開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 薬学部 > 創製薬科学科 > 製薬学講座 > 分析科学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704022 ポータブルPM2.5分析システムの開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

分析化学 (Analytical Chemistry)

研究テーマ

流量変化を利用した新規フロー分析法の開発(振幅変調多重化フロー分析法,フィードバック制御フローレイショメトリー), 希少資源リンの化学形態別定量法の開発とリン化合物の物性測定, 各種分光法やケモメトリックスを用いた医用材料や固形医薬品の解析 (気節-振幅変調多重化フロー分析法, フィードバック制御フローレイショメトリー, フローインジェクション分析法, 流れ分析, 自動化分析, リン化学, 環境分析)

著書・論文

著書:

1.田中 秀治, 竹内 政樹 :
わかりやすい機器分析学,第4版,
株式会社 廣川書店, 東京, 2018年3月.
2.田中 秀治 :
リンの事典,
朝倉書店, 東京, 2017年11月.
3.田中 秀治, 近藤 伸一 :
製剤化のサイエンス,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2017年10月.
4.田中 秀治, 竹内 政樹 :
クリスチャンExcelで解く分析化学,
丸善出版, 東京, 2017年3月.
5.田中 秀治, 竹内 政樹 :
クリスチャン分析化学, 原書7版,
丸善出版, 東京, 2017年1月.
6.田中 秀治, 竹内 政樹 :
スタンダード薬学シリーズII 2, 物理系薬学 III. 機器分析・構造決定,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2016年11月.
7.田中 秀治 :
第17改正日本薬局方解説書,
株式会社 廣川書店, 東京, 2016年7月.
8.田中 秀治, 竹内 政樹 :
基礎分析化学, --- 解説と問題 ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2016年1月.
9.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
製剤化のサイエンス,第2版,
株式会社 東京化学同人, 2012年9月.
10.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
薬学用語辞典,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2012年3月.
11.斎藤 博幸, 田中 秀治 :
製剤への物理化学 第2版,
株式会社 廣川書店, 東京, 2012年2月.
12.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第16改正日本薬局方解説書,
株式会社 廣川書店, 東京, 2011年6月.
13.田中 秀治 :
対策と演習 物理化学,
株式会社 廣川書店, 2009年10月.
14.田中 秀治, 竹内 政樹 :
薬学分析科学の最前線, --- 「オンラインエバポレーター」及び「オンライン溶離液発生装置」を竹内政樹・田中秀治が執筆,「流れ系を利用した超ハイスループット滴定」と「振幅変調多重化フロー分析法による同時分析」を田中秀治・竹内政樹が執筆 ---,
(株)じほう, 東京, 2009年3月.
15.嶋林 三郎, 田中 秀治, 植野 哲 :
製剤への物理化学, --- 嶋林:編集,第12章 医薬品としての高分子(嶋林・植野の共著).第5章 溶解現象(田中の単著),第6章 水溶液(田中の単著). ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2006年8月.
16.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第15改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法: 2.47浸透圧測定法(オスモル濃度測定法)(嶋林三郎,田中秀治),2.50滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),2.51導電率測定法(田中秀治,嶋林三郎),2.52熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),2.53粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2006年6月.
17.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
日本薬学会編 薬学教科書シリーズ第7巻 「製剤化のサイエンス」 第I部 製剤材料の性質,第2章 分散系,SBO-5 界面の性質,SBO-6 界面活性剤の性質と種類,SBO-7 乳剤の型と性質,
株式会社 東京化学同人, 東京, 2006年2月.
18.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
「分散技術大全集」,第10章 分散状態の評価方法,第3節 粒度分布(分担),
(株)情報機構 出版部, 東京, 2005年7月.
19.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
わかりやすい分析化学問題集,
株式会社 廣川書店, 東京, 2003年9月.
20.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第14改正日本薬局方第1追補解説書, --- 一般試験法 導電率測定法 ---,
株式会社 廣川書店, 東京都文京区, 2003年3月.
21.田中 秀治, 嶋林 三郎 :
第14改正日本薬局方解説書, --- 一般試験法浸透圧測定法(嶋林三郎,田中秀治),滴定終点検出法(田中秀治,嶋林三郎),熱分析法(嶋林三郎,田中秀治),粘度測定法(嶋林三郎,田中秀治) ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2001年5月.
22.田中 秀治, 中馬 寛 :
薬学の分析化学, --- 4章4節 沈殿滴定法(田中秀治,中馬 寛),4章5節 キレート滴定法(中馬 寛,田中秀治) ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2001年2月.
23.田中 秀治 :
フローインジェクション分析研究懇談会創立15周年記念技術論文集, --- 多孔質PTFE細管を電解隔膜とするフロー式電解装置の開発,三価コバルト前処理/冷蒸気原子蛍光検出を用いるFIAによる掃水銀の定量二価クロムを還元剤とする冷蒸気原子蛍光検出を用いるFIAによるヨウ化物共存下における水銀の定量三価コバルト前処理法を用いるフローインジェクション法による有機リンの定量二価クロム還元分解/原子蛍光法を用いるHPLCを執筆 ---,
日本分析化学会フローインジェクション分析研究懇談会, 岡山, 2000年2月.
24.Hideji TANAKA :
Recent Research Developments in Pure & Applied Analytical Chemistry, --- On-line electrolytic generation of highly redox-reactive ions and its application to pretreatments in flow analysis ---,
Transworld Research Network, Trivandrum, 1998.
25.田中 秀治, 岡本 研作 :
Integurated Essentials 分析化学I, --- 容量分析法総論 ---,
南江堂, 東京, 1997年5月.

学術論文(審査論文):

1.Ito Akira, Otsuka Yuta, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Mechanochemical synthesis of zinc chloroapatite and evaluation of its crystallinity by attenuated total reflection - infrared spectroscopy and principal component analysis,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.35, 16-22, 2019.
(DOI: 10.3363/prb.35.16)
2.Otsuka Yuta, Ito Akira, Takahashi Toru, Matsumura Saki, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Bilayer tablet dissolution kinetics based on a degassing cyclic flow UV-vis spectroscopy with chemometrics,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.67, No.4, 361-366, 2019.
(DOI: 10.1248/cpb.c18-00867,   PubMed: 30930440,   Elsevier: Scopus)
3.Otsuka Yuta, Ito Akira, Pal Suva, Mitome Hajime, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Prediction of differential scanning calorimetry curve of theophylline direct compression model tablet using Raman spectra,
Journal of Drug Delivery Science and Technology, Vol.49, 254-259, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jddst.2018.11.003,   Elsevier: Scopus)
4.Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Effect of amino acid on calcium phosphate phase transformation: attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemometrics,
Colloid and Polymer Science, Vol.297, No.1, 155-163, 2019.
(DOI: 10.1007/s00396-018-4438-0,   Elsevier: Scopus)
5.Masaki Takeuchi, Miharu Nomura, Maria Shichijo and Hideji TANAKA :
Flow injection analysis of nitrite nitrogen in seawater introducing standard addition method,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.35, No.2, 59-61, 2018.
(CiNii: 40021835117)
6.Sumitomo Takuya, Osaki Mari, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Internal Standard-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis,
Analytical Sciences, Vol.33, No.12, 1363-1368, 2017.
(DOI: 10.2116/analsci.33.1363,   PubMed: 29225225,   Elsevier: Scopus)
7.Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Dry Mechanochemical Synthesis of Caffeine/Oxalic Acid Cocrystals and Their Evaluation by Powder X-Ray Diffraction and Chemometrics,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.106, No.12, 3458-3464, 2017.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2017.07.025,   PubMed: 28797789,   Elsevier: Scopus)
8.Akira Ito, Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Mechanochemical synthesis of chloroapatite and its characterization by powder X-ray diffractometory and attenuated total reflection - infrared spectroscopy,
Colloid and Polymer Science, Vol.295, No.10, 2011-2018, 2017.
(DOI: 10.1007/s00396-017-4177-7,   Elsevier: Scopus)
9.Naoya Kakiuchi, Aiko Miyazaki, Akihiro Fujikawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
High Throughput Titration Based on Variable and Fixed Triangular Wave Controlled Flow Radiometry with LED-Photodiode Detector,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.34, No.1, 11-14, 2017.
10.Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hideji TANAKA, Takaharu Isobe, Hiroshi Okochi and Hiroko Ogata :
High Time-Resolution Monitoring of Free-Tropospheric Sulfur Dioxide and Nitric Acid at the Summit of Mt. Fuji, Japan,
Water, Air, and Soil Pollution, Vol.228, No.9, Article:325, 2017.
(DOI: 10.1007/s11270-017-3514-2,   Elsevier: Scopus)
11.白水 好美, 田中 勝, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
クリーンルーム雰囲気中のアンモニア及びアミンガスを監視するウエットデニューダ方式の自動モニタ,
分析化学, Vol.66, No.7, 503-508, 2017年.
(DOI: 10.2116/bunsekikagaku.66.503)
12.Otsuka Yuta, Akira Ito, Matsumura Saki, Masaki Takeuchi, Pal Suvra and Hideji TANAKA :
Quantification of pharmaceutical compounds based on powder X-ray diffraction with chemometrics,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.8, 1129-1135, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00151,   PubMed: 27477651,   Elsevier: Scopus)
13.富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
2015年冬季の徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンのオンライン分析,
分析化学, Vol.65, No.8, 425-432, 2016年.
(CiNii: 40020936278,   Elsevier: Scopus)
14.Hiroya Kubo, Azumi Miyazaki, Kazunori Kuritani, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Cobalt(III) Pretreatment for Total Phosphorus Determination,
Phosphorus Research Bulletin, Vol.30, No.1, 26-29, 2015.
(DOI: 10.3363/prb.30.26,   CiNii: 130005119063)
15.Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Effect of hydroxypropyl cellulosse and hydroxypropyl methylcellulose on carbamazepine polymorphic transformation; attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemiinformatics analysis,
Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.12, 3471-3478, 2015.
(DOI: 10.1007/s00396-015-3698-1)
16.Yuta Otsuka, Masahiro Yamamoto, Hideji TANAKA and Makoto Otsuka :
Predictive Evaluation of Pharmaceutical Properties of Direct Compression Tablets Containing Theophyline Anhydrate by Near-Infrared Spectroscopy,
Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.25, No.3, 223-236, 2015.
(DOI: 10.3233/BME-151278,   Elsevier: Scopus)
17.Koji Inui, Haruka Yoshida, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Application of Air Segmented Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition to the Determination of Ammonium Ion in Water Samples,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.1, 5-8, 2015.
(CiNii: 40021018850)
18.Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi, Makoto Otsuka, Besim Ben-Nissan, David Grossin and Hideji TANAKA :
Effect of carbon dioxide on self-setting apatite cement formation from tetracalcium phosphate and dicalcium phosphate dihydrate; ATR-IR and chemoinformatics analysis,
Colloid and Polymer Science, Vol.293, No.10, 2781-2788, 2015.
(DOI: 10.1007/s00396-015-3616-6,   Elsevier: Scopus)
19.Masaki Takeuchi, Naoyuki Miki, Kiichi Ishimine and Hideji TANAKA :
Nafion Membrane Tube-Based On-Line Concentrator. Application to Urinary Orotic Acid Determined by Suppressed Ion Chromatography,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 97-100, 2015.
(DOI: 10.24688/jfia.32.2_97,   CiNii: 130006743176)
20.Takeshi Ogusu, Katsuya Uchimoto, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Air Segmented-Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis with Software-Based Phase Recognition. Determination of Phosphate Ion,
Talanta, Vol.118, 123-128, 2014.
(DOI: 10.1016/j.talanta.2013.10.001,   PubMed: 24274279,   Elsevier: Scopus)
21.Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA :
Atmospheric Acid Gases in Tokushima, Japan, Monitored with Parallel Plate Wet Denuder Coupled Ion Chromatograph,
Analytical Sciences, Vol.29, No.1, 165-168, 2013.
(DOI: 10.2116/analsci.29.165,   PubMed: 23303105)
22.Masaki Takeuchi, Masato Izumi, Mizuki Watanabe, Hideji TANAKA, Tomoaki Obata and Kei Toda :
Surface Modified Annular Wet Denuder for the Collection of Water-Soluble Trace Gases,
Analytical Methods, Vol.5, No.21, 6071-6075, 2013.
(DOI: 10.1039/c3ay40680f,   Elsevier: Scopus)
23.Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA :
On-Line Measurement of Perchlorate in Atmospheric Aerosol Based on Ion Chromatograph Coupled with Particle Collector and Post-Column Concentrator,
Talanta, Vol.97, 527-532, 2012.
(DOI: 10.1016/j.talanta.2012.05.009,   PubMed: 22841118)
24.Haruka Yoshida, Koji Inui, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Simultaneous Determination of Nitrite and Nitrate Ions by Air-Segmented Amplitude-Modulated Multiplexed Flow Analysis,
Analytical Sciences, Vol.28, No.5, 523-525, 2012.
(DOI: 10.2116/analsci.28.523,   PubMed: 22687934,   CiNii: 10030757752)
25.Masaki Takeuchi, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA and Yoshimi Shiramizu :
Parallel-Plate Wet Denuder Coupled Ion Chromatograph for Near-Real-Time Detection of Trace Acidic Gases in Clean Room Air,
Analytical Sciences, Vol.27, No.8, 805-810, 2011.
(DOI: 10.2116/analsci.27.805,   PubMed: 21828917)
26.Inui Koji, Uemura Takechi, Ogusu Takechi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Air-Segmented Amplitude-Modulated multiplexed Flow Analysis,
Analytical Sciences, Vol.27, No.3, 305-308, 2011.
(DOI: 10.2116/analsci.27.305,   PubMed: 21415514)
27.Takeshi Uemura, Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Spectrophotometric Determination of Trace Phosphate Ion by Amplitude Modulated Flow Analysis Coupled with Malachite Green Method,
Analytical Sciences, Vol.26, No.7, 797-801, 2010.
(DOI: 10.2116/analsci.26.797,   PubMed: 20631442)
28.Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Analytical Parameters for Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis,
Analytical Sciences, Vol.26, No.7, 791-796, 2010.
(DOI: 10.2116/analsci.26.791,   PubMed: 20631441)
29.Tursunjan Aydan, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Spectrophotometric Determination of Anionic Sufactant Based on Ion-pair Formation with Methylene Blue in Riversed Flow Injection Mode,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.26, No.2, 133-137, 2009.
(CiNii: 40016978258)
30.Hideji TANAKA, Xiangli Liu, Hossam Hefesha and Alfred Fahra :
Lipophilicity Measurement of Drugs by Reversed Phase HPLC over Wide pH Range Using an Alkaline-Resistant Silica-Based Stationary Phase, XBridgeTM Shield RP18,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.10, 1417-1422, 2008.
(DOI: 10.1248/cpb.56.1417,   PubMed: 18827381)
31.Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Application of Feedback-Based Flow Ratiometry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometric Detectors,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.25, No.1, 65-68, 2008.
(CiNii: 40016198352)
32.Hideji TANAKA, Mima Takuto, Masaki Takeuchi and Hitoshi Iida :
Amplitude Modulated multiplexed flow analysis,
Talanta, Vol.77, No.2, 576-580, 2008.
(DOI: 10.1016/j.talanta.2008.03.016)
33.Hideji TANAKA and Tsutomu Baba :
High throughput continuous titration based on a flow ratiometry controlled with feedback-based variable triangular waves and subsequent fixed triangular waves,
Talanta, Vol.67, No.4, 848-853, 2005.
(DOI: 10.1016/j.talanta.2005.04.007,   PubMed: 18970249)
34.Xiangli Liu, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman :
Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography: Influence of 1-octanol in the mobile phase,
Journal of Chromatography. A, Vol.1091, No.1-2, 51-59, 2005.
(DOI: 10.1016/j.chroma.2005.07.029,   PubMed: 16395792)
35.Hideji TANAKA and Arata Shogenji :
Determination of acid dissociation constants by feedback-based flow ratiometry constituted of ramp and hold modes,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.22, No.1, 19-24, 2005.
(CiNii: 40006978961)
36.Hideji TANAKA and Tsutomu Baba :
High-Throughput Photometric Titrimetry Based on a Feedback-based and Subsequent Fixed Triangular Wave-controlled Flow Ratiometry,
Analytical Sciences, Vol.21, No.6, 615-618, 2005.
(DOI: 10.2116/analsci.21.615,   PubMed: 15984193)
37.田中 秀治, Xiangli Liu, Daichi Kawabata, 中馬 寛, Chisako Yamagami :
Application of a Stepwise Flow Ratiometry without Phase Separation to the Determination of the Chloroform/Water Distribution Coefficients of Volatile Diazines,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.4, 374-377, 2005年.
(DOI: 10.1248/cpb.53.374,   PubMed: 15802834)
38.Hideji TANAKA, Takahiro Tachibana, Risa Oda and Purnendu K. Dasgupta :
Determination of acid dissociation constants based on continuous titration by feedback-based flow ratiometry,
Talanta, Vol.64, No.5, 1169-1174, 2004.
(DOI: 10.1016/j.talanta.2004.04.007,   PubMed: 18969725)
39.Hiroshi Chuman, Mori Atsushi, Hideji TANAKA, Yamagami Chisako and Toshio Fujita :
Analyses of the Partition Coefficient, Log P, using Ab Initio MO Parameter and Accessible Surface Area of Solute Molecules,
Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.93, No.11, 2681-2697, 2004.
(DOI: 10.1002/jps.20168,   PubMed: 15389676)
40.Hideji TANAKA and Takahiro Tachibana :
Determination of Acid/Base Dissociation Constants Based on a Rapid Detection of the Half Equivalence Point by Feedback-Based Flow Ratiometry,
Analytical Sciences, Vol.20, No.6, 979-981, 2004.
(DOI: 10.2116/analsci.20.979,   PubMed: 15228123,   CiNii: 10013105206)
41.田中 秀治 :
段階的流量比法/非相分離吸光光度検出による分配係数の測定,
分析化学, Vol.53, No.4, 359-362, 2004年.
(DOI: 10.2116/bunsekikagaku.53.359,   CiNii: 110002905377)
42.Liu Xiangli, Hideji TANAKA, Aiko Yamauchi, Bernard Testa and Hiroshi Chuman :
Lipophilicity measurement by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC): A comparison of two stationary phases based on retention mechanisms,
Helvetica Chimica Acta, Vol.87, No.11, 2866-2876, 2004.
(DOI: 10.1002/hlca.200490258,   Elsevier: Scopus)
43.Hideji TANAKA, Kiriko Aritsuka, Takahiro Tachibana, Hiroshi Chuman and Purnendu K. Dasgupta :
Determination of dissociation constants of weak acids by feedback-based flow ratiometry,
Analytica Chimica Acta, Vol.499, No.1-2, 199-204, 2003.
(DOI: 10.1016/S0003-2670(03)00530-0)
44.Hideji TANAKA, Tachibana Takahiro, Aritsuka Kiriko and Hiroshi Chuman :
Determination of the Chloroform/Water Distribution Coefficient of Weak Acids by a Stepwise Flow Ratiomwtry,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.20, No.1, 43-48, 2003.
45.Hiroshi Chuman, Atsushi Mori and Hideji TANAKA :
Prediction of the 1-Octanol/H2O Partition Coefficient, Log P, by Ab Initio MO Calculations: Hydrogen-Bonding Effect of Organic solutes on Log P,
Analytical Sciences, Vol.18, No.9, 1015-1020, 2002.
(DOI: 10.2116/analsci.18.1015,   PubMed: 12243396,   CiNii: 10011311097)
46.Hideji TANAKA, Yuko Yamamoto and Hiroshi Chuman :
Determination of the Distribution Coefficients of Phenol Derivatives and Others Based on a Volume Ratiometry Coupled with a Shake-Flask Method,
Analytical Sciences, Vol.18, No.4, 485-487, 2002.
(DOI: 10.2116/analsci.18.485,   PubMed: 11999529)
47.Purnendu K. Dasgupta, Hideji TANAKA and Kyoo Dong Jo :
Continuous on-line true titrations by feedback based flow ratiometry: application to potentiometric acid base titrations,
Analytica Chimica Acta, Vol.435, No.2, 289-297, 2001.
(DOI: 10.1016/S0003-2670(01)00864-9,   Elsevier: Scopus)
48.Hideji TANAKA, Takahiro Tachibana and Hiroshi Chuman :
Determination of Distribution Coefficient by Flow Ratiometry,
Anal. Sci., Vol.17, 1403-1406, 2001.
49.Hideji TANAKA, Purnendu K. Dasgupta and Jimin Huang :
Continuous On-Line True Titrations by Feedback-Based Flow Ratiometry. The Principle of Compensating Errors,
Analytical Chemistry, Vol.72, No.19, 4713-4720, 2000.
(DOI: 10.1021/ac000598t,   Elsevier: Scopus)
50.田中 秀治 :
電解調製酸化還元試薬を用いる前処理法の流れ分析への応用,
分析化学, Vol.47, No.2, 79-91, 1998年.
51.岡崎 学, 田中 秀治, 江藤 徹, 松原 道夫, 岡本 研作 :
コバルト内標準法を用いる誘導結合プラズマ質量分析法による微量ガリウムの定量,
分析化学, Vol.47, No.1, 59-62, 1998年.
52.田中 秀治, 三谷 明子, 岡本 研作, 森田 秀芳, 下村 滋 :
タンタル処理黒鉛管を用いる原子吸光法によるガリウムの定量,
分析化学, Vol.46, No.11, 875-880, 1997年.
53.Hideji TANAKA, Hideyoshi Morita, Shigeru Shimomura and Kensaku Okamoto :
Cobalt(III) oxidation of organic compounds and its application to a determination of chemical oxygen demand at room temperatureTomiokanishi High School,
Analytical Sciences, Vol.13, No.4, 607-612, 1997.
54.森田 秀芳, 喜多 知子, 梅野 真由美, 田中 秀治, 岡本 研作 :
血液保存用及び高カロリー輸液用プラスチック容器からの元素の溶出,
分析化学, Vol.45, No.12, 1101-1105, 1996年.
55.北川 晋士, 田中 秀治, 岡本 研作, 江藤 徹, 松原 道夫 :
誘導結合プラズマ質量分析法による生体試料中の微量白金の定量,
分析化学, Vol.45, No.6, 511-516, 1996年.
56.Hideyoshi Morita, Hideji TANAKA and Shigeru Shimomura :
Atomic fluorescence spectrometry of mercury, --- Principles and developments ---,
Spectrochimca Acta, Vol.50B, No.1, 69-84, 1995.

総説・解説:

1.田中 秀治 :
振幅変調多重化フロー分析法,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.33, No.1, 33-38, 2016年6月.
2.田中 秀治 :
フィードバック制御フローレイショメトリーによるハイスループット滴定,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.32, No.2, 101-105, 2015年12月.
3.田中 秀治 :
コーヒーリング現象を利用した分散粒子の分離法,
ぶんせき, Vol.2011, No.11, 672-673, 2011年11月.
4.田中 秀治 :
難水溶性薬物の物性評価と製剤設計の新展開,
ぶんせき, Vol.2010, No.5, 245, 2010年5月.
5.田中 秀治 :
SO2,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.2003, No.1, 36, 2006年6月.
6.田中 秀治, 中野 惠文 :
フロー分析法の滴定への応用,
FIA研究懇談会会誌, Vol.21, No.2, 123-127, 2004年.
7.田中 秀治 :
フローインジェクション分析法による分配係数の測定,
ぶんせき, Vol.2001, No.5, 259-260, 2001年.
8.田中 秀治 :
活量は'活量係数×濃度'か,
ぶんせき, Vol.2001, No.3, 154, 2001年.
9.田中 秀治 :
逆フローインジェクション法を用いるオンライン同位体希釈ICP-MS,
ぶんせき, Vol.1998, No.4, 294, 1998年4月.
10.田中 秀治 :
液滴をWindowless光学セルとする新しい検出法,
ぶんせき, Vol.1997, No.3, 241, 1997年3月.
11.田中 秀治 :
高活性試薬のオンライン調製法と流れ分析への応用,
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.14, No.1, 3-14, 1997年.

国際会議:

1.Masaki Takeuchi, Hideji TANAKA, Hiroshi Okochi and Manabu Igawa :
Dew occurrence and hydroxymethanesulfonate chemistry of dewwater in Yokohama, Japan,
8th International Conference on Fog, Fog Collection and Dew, Taipei, Jul. 2019.
2.Naoki Oka, Masaki Takeuchi, Hideji TANAKA and Tatsusada Yoshida :
Correlation analysis of binding free-energy change due to complex formation of FK506 derivatives with FK506 binding protein: a computational study,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
3.Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Quality analysis and process control of vinegar and drug by feedback-based flow ratiometry,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
4.Hideji TANAKA, Riona Wada, Masatoshi Yanase, Keiro Higuchi and Masaki Takeuchi :
Triangular-wave controlled flow analysis for determination of high-concentration analyte without dilution,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2019, Bangkok, Feb. 2019.
5.Masaki Takeuchi, Yui Shimada, Haruka Yoshikawa and Hideji TANAKA :
Nafion tube-based on-line concentrator: preconcentration of perchlorate for ion chromatography,
Flow Analysis XIV, Bangkok, Dec. 2018.
6.Yuta Otsuka, Satoru Goto, Akira Ito, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Dry mechanochemical synthesis of 2 : 1 caffeine / oxalic acid cocrystals and their evaluation by powder X-ray diffraction and multivariate analysis,
3rd International Symposium on BA/BE of Oral Drug Products, Lisbon, Oct. 2018.
7.Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka, Oka Sawako and Masaki Takeuchi :
Flow titrimetry based on air-segmented flow ratiometry controlled with feedback-based/fixed triangular waves,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
8.Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analyses drugs in Japanese Pharmacopoeia,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2018, Hat Yai, Thailand, Feb. 2018.
9.Masaki Takeuchi, Naoya Tomiyasu, Makoto Namikawa, Shin-Ichi Ohira, Hideji TANAKA, Kei Toda and Hiroshi Okochi :
Online analysis of water-soluble acidic gases and anions in particulate matter at the summit of Mt. Fuji, Japan,
2017 Symposium on Atmospheric Chemistry & Physics at Mountain Sites, Gotenba, Japan, Nov. 2017.
10.Hideji TANAKA, Tomoko Hirasaka and Masaki Takeuchi :
Flow titration by feedback-based flow ratiometry with air segmentation,
Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
11.Naoya Kakiuchi, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
High throughput titration by feedback-based flow ratiometry and its application to analysis of vinegar samples,
Asia/ CJK symposium on analytical science 2017, Tokyo, Japan, Sep. 2017.
12.Hideji TANAKA, Erina Tomiyama, Tomoko Hirasaka, Hiroya Kubo, Sawako Oka, Naoya Kakiuchi, Akihiro Fujikawa and Masaki Takeuchi :
High throughput titration by air-segmented flow ratiometry,
The 13th Asian Conference on Analytical Sciences, Chiang Mai, Thailand, Dec. 2016.
13.Otsuka Yuta, Ito Akira, Masaki Takeuchi, Mitome Hajime and Hideji TANAKA :
Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectromerer,
Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
14.Yuta Otsuka, Akira Ito, Masaki Takeuchi, Hajime Mitome and Hideji TANAKA :
Predictive evaluation of differential scanning calorimetry curve of theophylline tablets using portable Raman spectrometer,
Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium, Awaji, Japan, Dec. 2016.
15.Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Kazuaki Miyata and Hideji TANAKA :
Nitric acid gas generator for air analysis,
20th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Mallorca, Spain, Oct. 2016.
16.Yuta Otsuka, Akira Ito, Saki Matsumura, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Investigation on carbamazepine polymorphic transformation kinetics with attenuated total reflectance-infrared spectra and multivariate curve resolution-alternating least squares analysis,
2016 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry, Wuyishan, China, Aug. 2016.
17.Masaki Takeuchi, Shinya Nakagawa, Hiroki Watanabe, Yuki Miyazaki, Hideji TANAKA, Takaharu Isobe, Hiroko Ogata and Hiroshi Okochi :
Water-soluble atmospheric acid gases at the summit of Mt. Fuji, Japan, monitored with parallel plate wet denuder coupled ion chromatograph,
The 8th Asia Pacific Symposium on Ion Analysis, 2015.
18.Nakagawa Shinya, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Nitric acid gas generator,
The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
19.Hideji TANAKA, Kubo Hiroya and Masaki Takeuchi :
Pretreatment of phosphorus compounds by electrogenerated cobalt(III) ions and its evaluation by flow injection analysis,
The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
20.Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Flow analysis utilizing periodically varying flow rate: feedback-based flow ratiometry and amplitude modulated multiplexed flow analysis,
The International Chemical Congress of Pacific Baisin Societies (PACIFICHEM2015), Honolulu, Dec. 2015.
21.Masaki Takeuchi, Miki Narita, Emako Takano, Kaoru Yoshioka and Hideji TANAKA :
Determination of perchlorate in the atmospheric aerosol by ion chromatography,
Flow Analysis Xlll, Jul. 2015.
22.Masaki Takeuchi, Kiichi Ishimine, Naoyuki Miki, Yuki Miyazaki and Hideji TANAKA :
Nafion tube-based carbonate removal device for ion chromatography,
19 th International Confere0nce on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.
23.Takeshi Ogusu, Takeshi Uemura, Katsuya Uchimoto, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Spectrophotometric determination of phosphate ion by amplitude modulated multiplexed flow analysis,
19 th International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, Fukuoka, Dec. 2014.
24.Yuta Otsuka, Masaki Takeuchi, Makoto Otsuka, B. Ben-Nissan and Hideji TANAKA :
Investigation on relationship between CO2 concentration and self-setting TeCP-DCPD apatite cement formation by ATR-IR and chemoinfomatics,
The 13th Asian BioCeramics Symposium (ABC2013), Kyoto, Japan, Dec. 2013.
25.Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA :
On-line measurement of perchlorate in atmospheric aerosol based on ion chromatograph coupled with particle collector and post-column concentrator,
6th Shanghai International Symposium on Analytical Chemistry, Shanghai, China, Oct. 2012.
26.Hideji TANAKA, Takeshi Ogusu, Katsuya Uchimoto and Masaki Takeuchi :
Determination of phosphate ion in water samples by air segmentation - amplitude modulated multiplexed flow analysis,
6th Shanghai International Symposium on Analytical Chemistry, Shanghai, China, Oct. 2012.
27.Masaki Takeuchi, Masato Izumi, Mizuki Watanabe, Tomoaki Obata, Kei Toda and Hideji TANAKA :
Collection of hydrogen sulfide gas with surface treating annular denuder,
Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
28.Takeshi Ogusu, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Air segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis with no deaeration process. Determination of phosphate ion,
Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
29.Hideji TANAKA, Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Akira Ohbuchi :
Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of multiple analytes. Determination of ferrous and ferric ions,
Flow Analysis Xll, Thessaloniki, Greece, Sep. 2012.
30.Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA :
Acid gas measurement with parallel plate wet denuder coupled ion chromatograph,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2012, Chiang Mai, Thailand, Jan. 2012.
31.Masaki Takeuchi, Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA :
Automated acid gas monitor with parallel plate wet denuder,
JAIMA Discussion on Analytical Science and Technology 2011, Chiba, Japan, Sep. 2011.
32.Hideji TANAKA, Ogusu Takeshi, Inui Koji and Masaki Takeuchi :
Air-segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis,
The 14th Asian Chemical Congress 2011, Bangkok, Thailand, Sep. 2011.
33.Masaki Takeuchi, Hiromichi Tsunoda and Hideji TANAKA :
Nafion membrane tube based concentrator for water soluble acid monitoring system,
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, kyoto, Japan, May 2011.
34.Hideji TANAKA, Kurokawa Yohei and Masaki Takeuchi :
Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination,
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, Kyoto, Japan, May 2011.
35.Hideji TANAKA, Inui Koji and Masaki Takeuchi :
Air segmented amplitude modulated multiplexed flow analysis,
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011, Kyoto, Japan, May 2011.
36.Masaki Takeuchi, Kaoru Yoshioka, Yusuke Toyama, Ai Kagami and Hideji TANAKA :
Automated analysis for perchlorate in atmospheric aerosol,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010.
37.Hideji TANAKA :
Principle and application of amplitude modulated multiplexed flow analysis,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Dec. 2010.
38.Hideji TANAKA, Koji Inui, Takeshi Ogusu, Yohei Kurokawa and Masaki Takeuchi :
Air-segmented amplitude modulated flow analysis.,
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010), Honolulu, Dec. 2010.
39.Masaki Takeuchi, Yoshimi Shiramizu, Masaru Tanaka, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA, Norikazu Namiki and Shuji Fujii :
Parallel plate wet denuder coupled ion chromatography for near real time monitoring of acids, ammonia and amines in clean room and equipments.,
ISSM2010, Tokyo, Oct. 2010.
40.Hideji TANAKA, Takuto Mima, Hirokazu Takayasu, Yohei Kurokawa and Masaki Takeuchi :
Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis. Application to Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions.,
Flow Analysis XI, Sep. 2009.
41.Hideji TANAKA, Takeshi Uemura, Takeshi Ogusu and Masaki Takeuchi :
Determination of Phosphate Ion by Amplitude Modulated Flow Analysis With Lock-In Detection.,
Flow Analysis XI, Sep. 2009.
42.Takuto Mima, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Application of Amplitude Modulated Multiplexed flow Analysis for the Simultaneous Determination of Multiple Analytes,
15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
43.Masaki Takeuchi, Jason V Dyke, Purnendu K Dasgupta, Hideji TANAKA and Kannan Srinivasan :
Postcolumn Concentration in Ion Chromatography,
15th International Conference on Flow Injection Analysis Including Related Techniques (ICFIA 2008) & 25th Anniversary Meeting of Japanese Association for Flow Injection Analysis, Nagoya, Sep. 2008.
44.Hideji TANAKA, Mima Takuto, Iida Hitoshi and Takeuchi Masaki :
Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions,
International Symposium on Flow-Based Analysis VII, Chiang Mai, Dec. 2007.
45.Hideji TANAKA, Takuto Mima, Hitoshi Iida and Masaki Takeuchi :
Application of Multiplex Controlled Flow Ratiometry for the Simultaneous Determination of Ferrous and Ferric Ions,
International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
46.Hideji TANAKA, Tursunjan Aydan, Ayumi Kitagawa, Masahiro Ono and Masaki Takeuchi :
Application of Feedback-Based Flow Ratimetry to Simultaneous Determination of Calcium and Magnesium Ions by Chelatometry Using Photometric and Potentiometic Detectors,
International Symposium on Flow-Based Analysis Vll, Chiang Mai, Dec. 2007.
47.Hideji TANAKA :
A Proposal of Multiplex Controlled Flow Ratiometry,
The 14th International Conference on Flow Injection Analysis, Berlin, Sep. 2007.
48.Hideji TANAKA :
High throughput titration based on a flow ratiomatry controlled with variable and fixed triangular waves,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), Honolulu, Dec. 2005.
49.Hideji TANAKA and Purnendu K. Dasgupta :
Determination of Acid/Base Dissociation Constants by Feedback-Based Flow ratiometry,
12th International Conference on Flow Injection Analysis, Merida, Dec. 2003.
50.Hideji TANAKA and Kiriko Aritsuka :
Determination of dissociation Constants ofweak Acids by Flow ratiometry,
Flow Analysis IX-Australia 2003, Geelong, Feb. 2003.
51.Hideji TANAKA, Takahiro Tachibana and Hiroshi Chuman :
Determination of Distribution Coefficient by Flow Ratiometry,
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2001, Tokyo, Aug. 2001.
52.Hideji TANAKA and Purnendu K. Dasgupta :
Continuous process titration by feedback based flow ratiometry,
CPAC Semiannual Sponsor Meeting, Seattle, Nov. 2000.

国内講演発表:

1.竹内 政樹, 吉川 遥, 島田 祐依, 三木 直之, 石嶺 希一, 田中 秀治 :
ナフィオンチューブを用いた陰イオンのオンライン濃縮,
第26回クロマトグラフィーシンポジウム, 2019年6月.
2.田中 秀治, 和田 莉緒菜, 簗瀬 真利, 竹内 政樹 :
試薬消費量の節減を可能にする三角波制御フロー分析法の開発,
第79回分析化学討論会, 2019年5月.
3.竹内 政樹, 吉川 遥, 島田 祐依, 田中 秀治 :
ナフィオンチューブによる河川水中過塩素酸イオンのオンライン濃縮,
第79回分析化学討論会, 2019年5月.
4.岡 佐和子, 落合 惇也, 岡本 和将, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーの開発と応用,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
5.住友 琢哉, 岡本 和将, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
Visual Basicによる自動連続分析ソフトウェアの開発,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
6.岡本 和将, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
軸方向分散を抑えた陽イオン交換モジュールの開発とイオンクロマトグラフィーへの適用,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
7.並川 誠, 岡本 和将, 小田 達也, 大河内 博, 戸田 敬, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
自由対流圏高度における水溶性酸性ガス及び粒子状物質の連続分析,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
8.野村 未晴, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
標準添加法を取り入れた海水中亜硝酸イオンのフロー分析,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
9.吉川 遥, 岡本 和将, 島田 祐依, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
ナフィオンチューブによる前濃縮を用いた環境試料中過塩素酸イオンの高感度検出,
第55回フローインジェクション分析講演会, 2018年11月.
10.柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
フィードバック制御フローレイショメトリーによるプロセス分析と制御,
日本分析化学会第67年会, 2018年9月.
11.田中 秀治, 和田 莉緒菜, 簗瀬 真利, 樋口 慶郎, 竹内 政樹 :
振幅変調多重化フロー分析法と高濃度試料の非希釈分析,
日本分析化学会第67年会, 2018年9月.
12.柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
フィードバック制御フローレイショメトリーの工程管理への応用,
第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年7月.
13.岡 尚生, 竹内 政樹, 田中 秀治, 吉田 達貞 :
分子科学計算によるFK506結合タンパク質とリガンドとの分子間相互作用解析,
第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年7月.
14.大塚 裕太, 後藤 了, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
徐放性製剤開発を目的としたアミノ酸によるハイドロキシアパタイトの結晶成長制御の研究,
日本薬剤学会第33年会, 2018年6月.
15.岡本 和将, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
イオンクロマトグラフィーにおけるNafionチューブを用いたサプレッサーの開発,
第24回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2018年6月.
16.田中 秀治, 和田 莉緖菜, 竹内 政樹 :
高濃度試料の分析を目的とした三角波制御フロー分析法の開発とFe2+定量による検証,
第78回分析化学討論会, 2018年5月.
17.竹内 政樹, 島田 祐依, 吉川 遥, 石嶺 希一, 三木 直之, 田中 秀治 :
ナフィオンチューブを用いる陰イオンのオンライン濃縮/除去デバイス,
第78回分析化学討論会, 2018年5月.
18.竹内 政樹, 富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 戸田 敬, 大河内 博 :
富士山頂における大気中HNO3, SO2, NO3-及びSO42-の高時間分解観測,
第27回環境化学討論会, 2018年5月.
19.野村 未晴, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
標準添加法を取り入れたフローインジェクション分析法によるリン酸イオンの定量,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
20.並川 誠, 前田 夏穂, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
膜透過を利用する大気中アンモニアガスの測定,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
21.岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合 ∼サプレッサー部の構築∼,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
22.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 佐々木 哲郎, 田中 秀治 :
低温状態におけるカフェイン-シュウ酸共結晶のt高分解能型テラヘルツ測定と密度汎関数理論を用いた振動モード解析の研究,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
23.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
粉末X線回折法と全反射減衰赤外分光法を用いたメカノケミカル合成クロロアパタイトの結晶性評価,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
24.竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 田中 秀治 :
パーミエーションチューブ法による硝酸標準ガスの発生,
第34回イオンクロマトグラフィー討論会, 2017年12月.
25.柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの局方医薬品定量への応用,
第54回フローインジェクション分析講演会, 2017年12月.
26.柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
フィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリーの開発と局方医薬品のハイスループット滴定への応用,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
27.平坂 知子, 岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーの各種酸塩基滴定への応用,
日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
28.富山 絵里奈, 和田 莉緒菜, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
高濃度試料の分析を目的とする三角波制御フロー分析法の開発,
日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
29.島田 祐依, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
ナフィオンチューブを用いる微量陰イオンのオンライン濃縮,
日本分析化学会第66年会, 2017年9月.
30.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
亜鉛クロロアパタイトのメカノケミカル合成と赤外吸収・粉末X線回折データの多変量解析に基づく結晶性評価,
第26回無機リン化学討論会, 2017年8月.
31.和田 莉緖菜, 富山 えりな, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
高濃度試料の分析を目的とした振幅変調フロー分析法の研究,
第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
32.宮崎 愛子, 柿内 直哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
フィードバック制御と固定三角波制御を併用したフローレイショメトリーによるハイスループット滴定,
第23回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2017年7月.
33.柿内 直哉, 宮崎 愛子, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
ハイスループット滴定(43滴定/分)を可能にするフィードバック/固定三角波制御フローレイショメトリー,
第77回分析化学討論会, 2017年5月.
34.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
結晶性評価を目的とした赤外分光法と多変量解析の研究; 亜鉛クロロアパタイトへの応用,
日本薬学会137年会, 2017年3月.
35.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 :
粉末X線回折パターンの予測を目的としたラマン・赤外スペクトルデータの相関解析;テオフィリン結晶多形への応用,
日本薬学会137年会, 2017年3月.
36.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
新規バイオセラミックとしての水酸基置換アパタイトの研究,
第5回日本バイオマテリアル学会 中四国シンポジウム, 2017年1月.
37.富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
徳島市における水溶性酸性ガス及びPM2.5に含まれる陰イオンの高時間分解観測,
第33回イオンクロマトグラフィー討論会, 2016年12月.
38.岡 佐和子, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-非相分離フローレイショメトリーによるハイスループット滴定,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
39.住友 琢哉, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
内標準‐振幅変調多重化フロー分析法の開発とFe2+定量による検証,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
40.岡本 和将, 渡邉 真由, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
イオンクロマトグラフ法におけるサプレッサーと濃縮器の統合,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
41.成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの動態解析,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
42.渡部 裕貴, 大塚 裕太, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
クロマトグラムの多変量解析∼中空キャピラリーカラムを用いたカチオン分析∼,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
43.富安 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
富士山頂における水溶性酸性ガス/粒子状物質の観測,
第53回フローインジェクション分析講演会, 2016年11月.
44.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
全反射減衰赤外分光法と多変量解析を用いるテオフィリン錠剤の示差走査熱量と溶出挙動の予測,
日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
45.柿内 直哉, 竹内 政樹, 藤川 明洋, 田中 秀治 :
フィードバック / 固定三角波制御フローレイショメトリーによる超ハイスループット滴定,
日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
46.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 :
ポータブルラマン分光計とケモメトリックスを用いる医薬品溶出挙動と粉末X線パターンの予測,
日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
47.松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
全反射減衰-赤外分光法および主成分分析法を用いるテオフィリン無水物錠の溶媒介転移に関する研究,
日本分析化学会第65年会, 2016年9月.
48.竹内 政樹, 中川 慎也, 宮田 和明, 渡部 裕貴, 田中 秀治 :
大気分析のための硝酸ガス発生装置の開発,
第57回大気環境学会年会, 2016年9月.
49.伊藤 丹, 松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
紫外吸収スペクトルのフロー測定とケモメトリックスによる二層錠製剤の溶出挙動の評価,
第22回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2016年7月.
50.田中 秀治, 久保 祐哉, 尾崎 真理, 岡 佐和子, 住友 琢哉, 竹内 政樹 :
フィードバック制御フローレイショメトリーと振幅変調多重化フロー分析法,
第76回分析化学討論会, 2016年5月.
51.成田 三紀, 高野 恵万子, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
イオンクロマトグラフィーを用いた河川水中の過塩素酸イオン分析法の検討,
日本薬学会136年会, 2016年3月.
52.髙木 直弥, 並川 誠, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
徳島市内における酸性ガス/PM2.5のオンライン分析,
日本薬学会136年会, 2016年3月.
53.松村 沙季, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
高湿度条件下におけるテオフィリン無水物の溶媒介転移,
日本薬学会136年会, 2016年3月.
54.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 三留 肇, 田中 秀治 :
示差走査熱量曲線の予測を目的としたポータブルラマン分光計によるテオフィリン錠剤の測定,
日本薬学会136年会, 2016年3月.
55.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
新規バイオセラミックスとしてのクロロアパタイトのメカノケミカル合成とその評価,
日本薬学会136年会, 2016年3月.
56.田中 秀治 :
流量の周期的変化を利用するフロー分析法の創案,
日本分析化学会中国四国支部 周南地区講演会, 2015年12月.
57.中川 慎也, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
硝酸ガス発生装置,
第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
58.尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法によるFe2+の定量,
第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
59.久保 祐哉, 富山 えりな, 平坂 知子, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-非相分離フィードバック制御フローレイショメトリーによる滴定,
第52 回フローインジェクション分析講演会, 2015年11月.
60.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響,
2015 Tokushima Bioscience Retreat, 2015年9月.
61.田中 秀治, 平坂 知子, 富山 えりな, 竹内 政樹 :
フィードバック制御フローレイショメトリーに基づくフロー滴定法への気節法の導入,
日本分析化学会第64年会, 2015年9月.
62.竹内 政樹, 中川 慎也, 渡部 裕貴, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 磯部 貴陽, 緒方 裕子, 大河内 博 :
ウエットデニューダー法による水溶性酸性ガスの富士山頂定点観測,
第56回大気環境学会年会, 2015年9月.
63.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
カフェイン-シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響,
第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
64.大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究,
第21回分析化学若手セミナー, 2015年7月.
65.大塚 裕太, 松村 沙季, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
医薬品結晶転移制御を目的とした赤外スペクトルと多変量解析に基づく研究,
第3回若手研究者シーズ発表会ー計測と分析ー, 2015年7月.
66.久保 祐哉, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
全リン定量のための各種リン化合物のCo3+による前処理,
第75回分析化学討論会, 2015年5月.
67.尾崎 真理, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
内標準法を導入した振幅変調多重化フロー分析法,
第75回分析化学討論会, 2015年5月.
68.竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 :
イオンクロマトグラフィーに用いる炭酸イオン除去デバイス,
日本分析化学会第64年会, 2015年5月.
69.渡部 裕貴, 杉浦 潤, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
小型溶離液発生装置を用いる低圧イオンクロマトグラフィー,
第75回分析化学討論会, 2015年5月.
70.竹内 政樹, 成田 三紀, 髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治 :
大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの分析,
第75回分析化学討論会, 2015年5月.
71.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
医薬品配合剤原末の赤外スペクトルと粉末X線回折による定量的相関解析,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
72.伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
カフェイン‐シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
73.田中 秀治, 大楠 剛司, 戌亥 孝次, 吉田 悠, 内本 勝也, 竹内 政樹 :
気節-非相分離振幅変調多重化フロー分析法の開発と応用,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
74.竹内 政樹, 石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 :
ミネラル炭酸水に含まれる陰イオンの分析,
日本薬学会135年会, 2015年3月.
75.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
粉末X線回折法とケモメトリックスに基づく医薬品原末中の多成分の同時定量,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
76.大楠 剛司, 尾崎 真理, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
振幅変調多重化フロー分析法; 内標準法の導入の検討,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
77.宮崎 亜珠美, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
縮合リン酸の酸加水分解に対する金属イオンの影響,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
78.内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
ミセル濃縮を利用した振幅変調フロー分析法,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
79.三木 直之, 石嶺 希一, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
Nafion tubeを用いたポストカラム濃縮法による陰イオンの高感度定量,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
80.石嶺 希一, 三木 直之, 宮崎 祐樹, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
Nafion tubeを用いた炭酸イオン除去装置,
日本分析化学会第63年会, 2014年9月.
81.成田 三紀, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
イオンクロマトグラフィーを用いた環境中の過塩素酸イオン分析法の検討,
第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
82.髙木 直弥, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
ウェットデニューダー/ミストチャンバー法による水溶性酸性ガス/PM2.5の連続分析,
第20回分析化学若手セミナー, 2014年7月.
83.大塚 裕太, 松村 沙季, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
ATR-IRスペクトルの多変量解析に基づくヒドロキシプロピルセルロース水溶液による結晶転移抑制の研究,
第74回分析化学討論会, 2014年5月.
84.Emako Takano, Kaoru Yoshioka, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Determination of perchlorate in river water based on ion chromatograph coupled with post-column concentrator,
第51 回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2013.
85.Haruka Yoshida, Koji Inui, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Determination of nitrite and nitrate ions in water samples by air segmented - amplitude modulated multiplexed flow analysis,
第51 回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2013.
86.佐藤 智恵美, 中瀬 真理, 阿部 真治, 柴田 洋文, 土屋 浩一郎, 田中 秀治, 東 満美 :
生涯学習の必要性に目覚めさせる徳島大学の取組∼能動学習制度∼,
第52回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
87.Nakagawa Shinya, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Nitric acid gas generator,
第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
88.Kubo Hiroya, Kuritani Kazunori, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Pritreatment of phosphorus compounds with Co3+ for total phosphorus determination,
第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
89.Takano Emako, Yoshioka Kaoru, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Behavior of perchlorate in atomospheric aerosol at Tokushima city,
第19回分析化学若手セミナー, Aug. 2013.
90.栗谷 和典, 久保 祐哉, 宮崎 亜珠美, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
全リン定量を目的とする電解発生Co3+を用いる各種リン化合物の迅速前処理法の開発,
第73回分析化学討論会, 2013年5月.
91.髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
大気エアロゾル中粗大粒子および微小粒子に含まれる過塩素酸イオンの動態,
第73回分析化学討論会, 2013年5月.
92.大楠 剛司, 内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-振幅変調多重化フロー分析法によるリン酸イオンの定量,
第17回徳島地区分析技術セミナー, 2012年12月.
93.宮崎 祐樹, 磯部 貴陽, 大河内 博, 緒方 裕子, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
富士山南東麓における大気中酸性ガスの連続観測,
第50 回フローインジェクション分析講演会, 2012年11月.
94.宮崎 亜珠美, 栗谷 和典, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
全リン定量のためのCo3+前処理法の開発とFIA による評価,
第50 回フローインジェクション分析講演会, 2012年11月.
95.宮崎 祐樹, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
炭酸除去デバイスの開発,
日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
96.杉浦 潤, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
中空キャピラリーカラムを用いた低圧イオンクロマトグラフィーの開発,
日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
97.大楠 剛司, 内本 勝也, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
リン酸イオンの定量を目的とする気節‐非相分離/振幅変調多重化フロー分析法,
日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
98.戌亥 孝次, 吉田 悠, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節‐非相分離/振幅変調多重化フロー分析法によるアンモニウムイオンの定量,
日本分析化学会第61年会, 2012年9月.
99.竹内 政樹, 宮崎 祐樹, 田中 秀治 :
徳島市における大気中酸性ガスの特徴,
第53回大気環境学会年会, 2012年9月.
100.竹内 政樹, 宮崎 祐樹, 角田 浩道, 田中 秀治 :
徳島市における大気中酸性ガスの高時間分解観測,
第72回分析化学討論会, 2012年5月.
101.Hideji TANAKA, Kurokawa Yohei, Inui Koji, Yoshida Haruka and Masaki Takeuchi :
Simultaneous Determination of Multiple Analytes by Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis,
第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
102.泉 賢人, 渡辺 瑞紀, 小畑 智章, 戸田 敬, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
アニュラーデニューダーを用いた硫化水素ガス分析装置の開発,
第49回フローインジェクション分析講演会, 2011年12月.
103.Yuki Miyazaki, Hiromichi Tsunoda, Hideji TANAKA and Masaki Takeuchi :
Development of Nafion membrane tube based carbonate removal device,
第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
104.Ogusu Takeshi, Inui Koji, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Air Segmented - Amplitude Modulated Multiplexed Flow Analysis without Deaeration,
第49回フローインジェクション分析講演会, Dec. 2011.
105.竹内 政樹, 髙野 恵万子, 吉岡 薫, 田中 秀治 :
大気エアロゾルに含まれる過塩素酸イオンの連続測定,
第52回大気環境学会年会, 2011年9月.
106.大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
気節-非相分離/振幅変調フロー分析法による高感度定量,
日本分析化学会第60年会, 2011年9月.
107.Yohei Kurokawa, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of chloride ions,
The Secod Decennial Meeting Between The University of Tokuhsima and Soul National University on Pharmaceutical Sciences, Dec. 2010.
108.竹内 政樹, 石嶺 希一, 外山 裕介, 田中 秀治 :
ナフィオンチューブによる前濃縮,
2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
109.上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
振幅変調フロー分析法による微量リン酸イオンの定量,
第20回無機リン化学討論会, 2010年10月.
110.田中 秀治 :
流量変化に基づく分析法;フローレイショメトリーと振幅変調フロー分析法,
日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
111.角田 浩道, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
ウエットデニューダーによるガス成分の捕集 -フィルター法,インピンジャー法,拡散スクラバー法との比較-,
日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
112.吉岡 薫, 外山 裕介, 加々美 愛, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
大気エアロゾル中過塩素酸イオンの連続分析,
日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
113.黒河 洋平, 竹内 政樹, 大渕 朗, 田中 秀治 :
振幅変調多重化フロー分析法の原理と応用. 塩化物イオン, 鉄イオンの定量,
日本分析化学会第59年会, 2010年9月.
114.竹内 政樹, 角田 浩道, 田中 秀治, 田中 傑, 白水 好美 :
ウエットデニューダー/イオンクロマトグラフィーによる大気中酸性ガス成分の連続測定,
第51回大気環境学会年会, 2010年9月.
115.田中 秀治, 戌亥 孝次, 竹内 政樹 :
気節導入による振幅変調フロー分析法の高感度化,
第71回分析化学討論会, 2010年5月.
116.角田 浩道, 田中 傑, 白水 好美, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
クリーンルームにおける酸性ガスの自動モニタリング,
第71回分析化学討論会, 2010年5月.
117.白水 好美, 田中 傑, 並木 則和, 竹内 政樹, 田中 秀治, 藤井 修二 :
ウエットデニューダ方式のアミンアンモニア自動モニタ,
プレISCC2010空気清浄とコンタミネーションコントロール研究発表会, 2010年.
118.田中 秀治, 上村 剛司, 大楠 剛司, 竹内 政樹 :
振幅変調/ロックイン検出フロー分析法によるリン酸イオンの定量,
第48回フローインジェクション分析講演会, 2009年11月.
119.Tursunjan Aydan, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Spectrophotometric Determination of Anionic Surfactant Based on Ion-pair Formation with Methylene Blue in Reversed Flow Injection Mode.,
第48回フローインジェクション分析講演会, Nov. 2009.
120.上村 剛司, 大楠 剛司, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
振幅変調フロー分析法/マラカイトグリーン法による微量リン酸イオンの定量,
第19回無機リン化学討論会, 2009年10月.
121.吉岡 薫, 外山 祐介, 加々美 愛, 田中 秀治, 竹内 政樹 :
エアロゾル中過塩素酸イオンのポストカラム濃縮,
日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
122.美馬 卓人, 高安 宏和, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
振幅変調多重化フロー分析法によるFe(II)及びFe(III)の同時定量,
日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
123.黒河 洋平, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
振幅変調多重化フロー分析法の測定効率向上のための検討,
日本分析化学会第58年会, 2009年9月.
124.竹内 政樹, Qingyang Li, Bingcheng Yang, Purnendu K. Dasgupta, 田中 秀治, Vincent E. Wilde :
容量デジタルコンバータによる非接触型電気伝導度検出,
第70回分析化学討論会, 2009年5月.
125.竹内 政樹, 角田 浩道, 田中 秀治, 田中 傑, 白水 好美 :
ウエットデニューダー方式の酸性ガス自動モニタ,
第27回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会, 2009年4月.
126.田中 秀治, 上村 剛史, 大楠 剛司, 竹内 政樹 :
水中の微量リンの定量を目的とした振幅変調フロー分析法の研究,
日本薬学会第139年会, 2009年3月.
127.竹内 政樹, Rahmat SM Ullah, Purnendu K Dasagupta, 田中 秀治, Allen Williams :
ウエット親水性フィルターによる大気中エアロゾル成分の連続測定,
第49回大気環境学会, 2008年9月.
128.竹内 政樹, Jianzhong Li, Kavin J Morris, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta :
親水性膜デニューダーによる大気中ガス成分の連続測定,
第49回大気環境学会, 2008年9月.
129.田中 秀治, 黒河 洋平, 上村 剛史, 美馬 卓人, 竹内 政樹 :
振幅変調多重化フロー分析法の効率向上のための最適化,
日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
130.竹内 政樹, Bingcheng Yang, 田中 秀治, Purnendu K Dasgupta :
低圧キャピラリーイオンクロマトグラフィー用ガスフリー溶離液発生器,
日本分析化学会第57年会, 2008年9月.
131.田中 秀治, 美馬 卓人, 飯田 仁, 竹内 政樹 :
多重制御流量比法のFe(II)およびFe(III)同時定量への応用,
第69回分析化学討論会, 2008年5月.
132.Xiangli Liu, 田中 秀治, 山内 あい子, Bernard Testa, 中馬 寛 :
Determination of lipophilicity by reversed-phase high-performance liquid chromatography (RP-HPLC),
第33回構造活性相関シンポジウム, 2005年11月.
133.田中 秀治, 馬場 勉, 喜多川 歩 :
Flow ratiometryによる光度滴定,
第46回フローインジェクション分析講演会, 2005年10月.
134.田中 秀治, 馬場 勉 :
ハイスループット光度滴定を目的とする可変および固定三角波制御flow ratiometry,
日本分析化学会第54年会, 2005年9月.
135.田中 秀治, 馬場 勉, 喜多川 歩 :
完全自動ハイスループット滴定を目的とするFLOW RATIOMETRYの研究,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
136.Liu Xiangli, 田中 秀治, 中馬 寛 :
疎水性評価を目的とした逆相高速液体クロマトグラフィーの構造-保持値の定量的相関解析,
第32回構造活性相関シンポジウム, 2004年11月.
137.田中 秀治, 馬場 勉 :
フィードバック制御および固定三角波制御を併用した流量比法によるハイスループット滴定,
第45回フローインジェクション分析講演会, 2004年11月.
138.田中 秀治, Xiangli Liu, 川端 大地, 中馬 寛, 山上 知佐子 :
段階的流量比法/非相分離吸光光度検出による揮発性物質の配分係数の測定,
第45回フローインジェクション分析講演会, 2004年11月.
139.Liu Xiangli, Hideji TANAKA and Hiroshi Chuman :
Quantitative structure-retention relationships on special RP-HPLC stationary phases used for lipophilicity measurement,
第32回構造活性相関シンポジウム, Nov. 2004.
140.田中 秀治, 村田 武史, 中馬 寛, 山上 知佐子 :
Flow ratiometry.原理および分配係数log P,酸解離定数pKa測定への応用,
日本薬学会第 124年会, 2004年3月.
141.田中 秀治 :
Flow ratiometryの原理と分配係数/解離定数測定へのその応用,
第8回徳島地区分析技術セミナー, 2004年3月.
142.田中 秀治, 橘 貴寛, 小田 梨紗 :
フィードバック制御流量比法による酸/塩基解離定数の簡易·迅速測定,
第44回フローインジェクション分析講演会, 2003年11月.
143.森 充史, 山上 知佐子, 赤松 美紀, 藤田 稔夫, 田中 秀治, 中馬 寛 :
分配係数log Pの非経験的予測(4):ペプチドへの適用,
第31回構造活性相関シンポジウム, 2003年11月.
144.田中 秀治, 小田 梨紗, 橘 貴寛, 中馬 寛 :
フィードバック制御流量比法による当量点の自動判定に基づく酸解離定数の測定,
日本分析化学会第52年会, 2003年9月.
145.森 充史, 田中 秀治, 中馬 寛 :
分配係数log Pの非経験的予測(3):log Pを支配する因子の物理化学的解釈,
日本コンピュータ化学会2003春期年会, 2003年5月.
146.橘 貴寛, 有塚 桐子, 田中 秀治, 中馬 寛 :
フィードバック制御流量比法による弱酸の解離定数の測定-システムの改良-,
第64回分析化学討論会, 2003年5月.
147.田中 秀治 :
Flow ratiometryの原理と分配係数等の迅速測定への応用,
神戸薬科大学セミナー, 2003年3月.
148.田中 秀治, 中馬 寛, 有塚 桐子 :
フィードバック制御流量比法による弱酸の解離定数の測定,
第42回フローインジェクション分析講演会, 2002年11月.
149.森 充史, 田中 秀治, 山上 知佐子, 藤田 稔夫, 中馬 寛 :
分配係数log Pの非経験的予測(2):水素結合のlog Pへの影響,
第30回構造活性相関シンポジウム, 2002年11月.
150.橘 貴寛, 有塚 桐子, 田中 秀治, 中馬 寛 :
流量比法に基づくクロロホルム/水分配係数の測定,
日本分析化学会 第51年会講演, 2002年9月.
151.有塚 桐子, 橘 貴寛, 田中 秀治, 中馬 寛 :
流量比法に基づく各種平衡定数の決定,
日本分析化学会 第51年会講演, 2002年9月.
152.田中 秀治, 橘 貴寛, 有塚 桐子, 山本 優子, 中馬 寛 :
流量比法に基づくフェノール置換体の分配係数の測定,
日本分析化学会第50年会, 2001年11月.
153.有塚 桐子, 橘 貴寛, 田中 秀治, 中馬 寛 :
連続フロー分析法によるフェノール置換体の分配係数の測定,
第29回構造活性相関シンポジウム, 2001年11月.
154.山本 優子, 有塚 桐子, 田中 秀治, 中馬 寛 :
体積比変化を利用したフラスコ振とう法による分配係数の測定,
第29回構造活性相関シンポジウム, 2001年11月.
155.森 充史, 田中 秀治, 中馬 寛 :
分配係数logPの非経験的予測,
第29回構造活性相関シンポジウム, 2001年11月.
156.橘 貴寛, 山本 優子, 田中 秀治, 中馬 寛 :
連続フロー分析法(流量比法)に基づく分配係数の測定,
第29回構造活性相関シンポジウム, 2001年11月.
157.田中 秀治, 松村 仁美, 中馬 寛 :
流量比法に基づく分配係数の測定,
第38回フローインジェクション分析研究会, 2000年11月.
158.田中 秀治, 中馬 寛 :
フロー分析法(流量比)に基づく分配係数の測定,
第28回構造活性相関シンポジウム, 2000年10月.
159.田中 秀治, Purnendu K. Dasgupta, Jimin Huang :
フィードバック制御流量比法に基づく自動連続滴定法,
日本分析化学会第49年会, 2000年9月.
160.田中 秀治, Purnendu K. Dasgupta, Jimin Huang :
固定三角波制御流量比法に基づく自動連続滴定法,
日本分析化学会第49年会, 2000年9月.
161.田中 秀治 :
フィードバック制御流量比法によるフロー滴定法,
第6回中国四国支部分析化学若手セミナー, 2000年8月.
162.伊藤 篤史, 熊沢 智, 新関 考高, 最勝寺 俊英, 唐沢 真美, 田中 秀治 :
トリアゾリルメチルシクロペンタノール誘導体の構造活性相関-水酸基の役割-,
日本農薬学会第25回大会, 2000年3月.
163.田中 秀治, 木村 静恵, 馬木 美樹子 :
光誘起化学発光検出を用いるフローインジェクション分析法と局方医薬品定量への応用,
日本薬学会第119年会, 1999年3月.
164.田中 秀治, 木村 静恵 :
光誘起化学発光法のFIAへの応用,
第33回フローインジェクション分析講演会, 1998年12月.
165.森田 秀芳, 田中 秀治 :
黒鉛炉原子吸光法によるカドミウムと鉛の同時定量のための条件検討と市販飲物試料への応用,
日本分析化学会第47年会, 1998年10月.
166.森田 秀芳, 古閑 みゆき, 田中 秀治, 岡本 研作 :
黒鉛炉原子吸光法による鉛およびカドミウムの同時定量,
第59回分析化学討論会, 1998年5月.
167.田中 秀治, 野口 由起子, 森田 秀芳, 下村 滋, 岡本 研作 :
フローインジェクション/Co3+常温酸化分解法に基づくCOD測定,
日本薬学会第118年会, 1998年5月.
168.田中 秀治, 森田 秀芳, 下村 滋, 岡本 研作 :
三価コバルトのオンライン電解発生法をFIAへの応用; COD測定及び有機リン定量,
日本分析化学会 第46年会, 1997年10月.
169.田中 秀治 :
タンタル被膜黒鉛管を用いるガリウムの原子吸光定量,
第3回中国四国支部分析化学若手セミナー, 1997年8月.
170.田中 秀治 :
酸化還元試薬のフロー電解調製法と流れ分析への応用,
中国四国支部分析化学講演会, 1997年1月.
171.北川 晋士, 岡本 研作, 田中 秀治, 江藤 徹, 松原 道夫 :
同位体希釈/ICP質量分析法による生体試料中の微量白金の高精度定量,
日本分析化学会 第45年会, 1996年9月.
172.田中 秀治 :
電解調製酸化還元試薬を用いる前処理法の流れ分析への応用,
日本分析化学会 第45年会, 1996年9月.
173.田中 秀治, 受川 麻紀, 岡本 研作, 森田 秀芳, 下村 滋 :
コバルト(III)イオンを用いる各種有機化合物の常温·迅速酸化前処理,
日本分析化学会 第45年会, 1996年9月.
174.森田 秀芳, 喜多 知子, 梅野 真由美, 北川 晋士, 田中 秀治, 下村 滋 :
医療器具類から溶出してくる元素の分析とその解析,
第57回 分析化学討論会, 1996年5月.
175.田中 秀治, 皿田 直美, 岡本 研作, 森田 秀芳, 下村 滋 :
三価コバルトイオンを用いる各種有機化合物の迅速酸化分解,
第57回 分析化学討論会, 1996年5月.
176.北川 晋士, 田中 秀治, 岡本 研作, 江藤 徹, 松原 道夫 :
ICP質量分析法による生物試料中の微量白金の定量,
第57回 分析化学討論会, 1996年5月.

その他・研究会:

1.田中 秀治 :
有効数字と誤差の伝播,
第55回中国四国支部分析化学講習会, 2018年6月.
2.大塚 裕太, 伊藤 丹, 竹内 政樹, 田中 秀治 :
医薬品結晶多形におけるビッグデータ回帰予測,
課題提案型ワークショップ「ビッグデータの利活用について考える」, 2016年6月.
3.田中 秀治 :
Analytical Sciences,
ぶんせき, Vol.2014, No.9, 512, 2014年9月.
4.田中 秀治 :
(巻頭言) FIAの成熟と発展の先に,
Jouranal of Flow Injection Analysis, Vol.29, No.2, 71, 2013年12月.
5.田中 秀治 :
FIAの発展と成熟の先に(巻頭言),
Journal of Flow Injection Analysis, Vol.29, No.2, 71, 2012年12月.
6.田中 秀治 :
分析化学への想い,
日本の分析化学者(創立六十周年記念誌) (第4部「次世代を担う人材」の薬学分野11名の中に選ばれ,執筆), 251, 2012年5月.
7.田中 秀治 :
流量変化を利用するフロー分析法の創案,
HBS交流月例セミナー, 2011年7月.
8.Kurokawa Yohei, Masaki Takeuchi and Hideji TANAKA :
Amplitude modulated multiplexed flow analysis for simultaneous determination of chloride ions,
The Secod Decennial Meeting Between The University of Tokuhsima and Soul National University on Pharmaceutical Sciences, Dec. 2010.

報告書:

1.田中 秀治 :
第50回フローインジェクション分析講演会,
ぶんせき, Vol.2013, No.2, 111-112, 2013年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 三角波制御振幅変調フロー分析法の開発と高濃度試料の非希釈分析への応用 (研究課題/領域番号: 18K05173 )
  • 富士山頂における越境大気汚染物質の高時間分解観測 (研究課題/領域番号: 17K00521 )
  • 超ハイスループット滴定のための気節-フィードバック制御フローレイショメトリー (研究課題/領域番号: 15K07889 )
  • ウエットデニューダー/ミストチャンバー法による越境酸性汚染物質の富士山頂定点観測 (研究課題/領域番号: 26340006 )
  • 気節-非相分離振幅変調多重化フロー分析法の開発と応用 (研究課題/領域番号: 24550101 )
  • 振幅変調多重化フロー分析法とその実用レベルへの発展 (研究課題/領域番号: 21550083 )
  • 希少資源リンの高度化利用に向けた新規リン戦略 (研究課題/領域番号: 20241020 )
  • 新規フロー分析法「多重制御/フーリエ変換flow ratiometry」の提案 (研究課題/領域番号: 19655027 )
  • 完全自動ハイスループット滴定を目的としたflow ratiometryの研究 (研究課題/領域番号: 17590033 )
  • 薬物設計のための疎水相互作用場の構築 (研究課題/領域番号: 14572094 )
  • 流量化法に基づく薬物等の分配係数測定システムの開発 (研究課題/領域番号: 14540560 )
  • トレーサビリティ確立の手段としての安定同位体希釈/質量分析法の評価に関する研究 (研究課題/領域番号: 09650891 )
  • 環境試料中のリンの化学形態別定量を目的とする3価コバルト迅速前処理法の研究 (研究課題/領域番号: 06640789 )
  • 3価コバルトを酸化剤とする有機金属化合物等の連続分解/無毒化フローシステムの開発 (研究課題/領域番号: 05278239 )
  • 研究者番号(40207121)による検索