検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学部門 > 看護学系 > 臨床腫瘍医療学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 看護学専攻 > 成人·高齢者看護学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 看護学領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704029 世界的超高齢先進地域における地域創生を志向した地域住民協働型トータルヘルスプロモーションプログラムモデルの開発 >

研究活動

専門分野

がん看護学 (Oncology Nursing), 周手術期看護

研究テーマ

肺がん患者の術後不快症状に対するセルフケア促進のための看護支援方法, 初期治療として手術療法を受ける肺がん患者の希望を支える看護支援モデルの開発 (がん手術療法,周手術期)

著書・論文

著書:

1.板東 孝枝 :
ナーシングプロセス 肺がん,
株式会社 メヂカルフレンド社, 東京, 2014年6月.
2.板東 孝枝 :
2013 春季増刊 決定版 消化器外科看護 まるわかり, --- 第1章 消化器外科の必須ケア入門 1.清潔ケア ---,
株式会社 メディカ出版, 大阪市, 2013年4月.
3.板東 孝枝 :
B 術中の看護 術中の安全・安楽の確保,
南江堂, 東京, 2013年2月.
4.雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝 :
がん患者の希望を支えるということ,
2012年12月.

学術論文(審査論文):

1.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 :
「納得」の概念分析,
日本看護研究学会誌, Vol.39, No.2, 73-85, 2016年.
2.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝 :
術後肺がん患者の退院時から術後6ヵ月までの身体的不快症状の実態,
日本がん看護学会誌, Vol.29, No.3, 18-28, 2016年.
(DOI: 10.18906/jjscn.2)
3.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 :
転移のある高齢がん患者の治療に対する納得の要素,
日本がん看護学会誌, Vol.30, No.3, 19-28, 2016年.
(DOI: 10.18906/jjscn.24,   CiNii: 130005338058)
4.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
高齢者看護学における学生のセルフケア・エージェンシーのアセスメント,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.13, No.1 2, 12-19, 2015年.
(CiNii: 40020505358)
5.今井 芳枝, 中川 美砂子, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 近藤 和也, 森 恵子, 丹黒 章 :
リンパ浮腫未発症の乳がん術後患者におけるリンパ浮腫予防行動の実態,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.12, No.1, 12-23, 2013年.
(CiNii: 40019850493)
6.板東 孝枝, 当目 雅代 :
全身麻酔で手術を受ける患者の手術前日と手術後1週間以内の心理状態の特徴と対処方略,
日本クリティカルケア看護学会誌, Vol.9, No.3, 13-23, 2013年.
7.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 森 恵子, 多田 敏子, 太田 浩子 :
「がん看護に関するキャリアディベロップメント」に関する実態調査,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 41-51, 2013年.
(CiNii: 40019670957)
8.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 山田 和代, 森 恵子, 市原 多香子, 近藤 和也 :
成人看護学実習における「手術室見学実習観察項目表」を導入した実習の学習効果の検討,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 51-58, 2013年.
(CiNii: 40019670981)
9.森 恵子, 三原 典子, 宮下 茉記, 寺岡 知里, 梅村 知佳, 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 三木 幸代 :
がん化学療法に伴う脱毛体験が患者の日常生活へ及ぼす影響,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.11, No.1,2, 14-23, 2013年.
(CiNii: 40019670898)
10.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 :
手術患者を対象とした成人看護学実習における手術室での学生の学習経験,
日本看護学教育学会誌, Vol.22, No.2, 13-25, 2012年.
(CiNii: 40019508011)
11.Yoshie Imai, Misako Nakagawa, Chiemi Onishi, Keiko Mori, Takae Bando, Kazuya Kondo and Akira Tangoku :
Symptoms and knowledge of lymphedema among postoperative breast cancer patients without lymphedema,
2012.
12.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 :
治療過程にある高齢がん患者の''がんと共に生きる''ことに対する受けとめ,
日本がん看護学会誌, Vol.25, No.1, 14-24, 2011年.
(CiNii: 40018876140)
13.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 市原 多香子 :
受け持ち患者の手術見学実習をより効果的にするための学習環境調整に関する研究,
日本手術看護学会誌, Vol.5, No.1, 39-42, 2009年.
(CiNii: 40016784184)
14.Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro :
Study on factors related to loss of lower extremity muscle mass in elderly acute stroke patients,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 23-27, 2007.
(CiNii: 40015553170)
15.南川 貴子, 田村 綾子, 市原 多香子, 桑村 由美, 近藤 裕子, 板東 孝枝 :
リハビリテーションの必要な患者を受け持った学生の学び,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.6, No.1, 11-17, 2007年.
(CiNii: 40015553168)
16.Ayako Tamura, Takako Minagawa, Shinjiro Takata, Takako Ichihara, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro :
Effects of intervention with back-lying exercises with bent knees pointing upwards to prevent disuse muscle atrophy in patients with post-stroke hemiplegia,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.2, 53-58, 2007.
(CiNii: 40015481320)
17.Ayako Tamura, Takako Ichihara, Shinjiro Takata, Takako Minagawa, Yumi Kuwamura, Takae Bando, Hiroko Kondo, Natsuo Yasui and Shinji Nagahiro :
Changes in lower extremity muscle mass among bedridden patients with post-stroke hemiplegia in the acute post-stroke period,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.5, No.1, 18-21, 2006.
(CiNii: 40015198544)

学術論文(紀要・その他):

1.板東 孝枝, 田村 綾子, 南川 貴子 :
自立度を保ちながら行う転倒・転落予防のための環境整備,
Brain Nursing, Vol.23, No.7, 21-29, 2007年.
2.南川 貴子, 市原 多香子, 板東 孝枝, 田村 綾子 :
転倒・転落の予測のためのアセスメントツール,
Brain Nursing, Vol.23, No.7, 16-21, 2007年.

国際会議:

1.Takae Bando, Chiemi Onishi and Yoshie Imai :
Hope and coping behaviors in lung cancer patients with post-operative adjuvant therapy,
International conference on cancer nursing, 43, Hong Kong, Sep. 2016.
2.Takae Bando, Chiemi Onishi and Yoshie Imai :
The level of hope in lung cancer patients after surgery and factors influencing the same,
19th East Asian Forum of Nursing Scholars, 56, Chiba, Mar. 2016.
3.Takae Bando, Kazuya Kondo, Satou Hiromi and Yoshie Imai :
EVALUATION OF EDUCATIONAL PROGRAM USING SURGERY VIDEO FOR THE NURSES WORKING IN THE OPERATING ROOM,
4th ASIORNA CONFERENCE 2014, 39, Fukuoka, Oct. 2014.
4.Takae Bando, Chiemi Onishi, 山田 和代, Kazuya Kondo, Yoshie Imai, Keiko Mori, Shoji Sakiyama and Hiromitsu Takizawa :
Acute sholder symptoms and related factors in patients undergoing lung cancer surgery,
Prague, Sep. 2012.
5.Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Hiroko Ohta and Takae Bando :
COPING SKILLS OF ELDERLY CANCER SURVIVORS,
SINGAPORE, Aug. 2008.
6.Chiemi Onishi, Masami Satou, Natuko Takahashi, Tatuko Hujimura, Chiemi Kawanishi, Yoshie Imai, Hiroko Ohta and Takae Bando :
Development of a self-care support program centering on providing information for breast cancer patients,
SINGAPORE, Aug. 1.

国内講演発表:

1.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 市原 多香子, 今井 芳枝, 太田 浩子 :
受け持ち患者の手術見学における学生の学習経験について,
日本看護学教育学会 第18回学術集会講演集, Vol.1, No.167,
2.松本 充鈴, 田岡 志津佳, 板東 孝枝, 近藤 和也, 梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 今井 芳枝, 髙橋 亜希, 雄西 智惠美 :
治療過程にある再発・転移肺がん患者の心理的適応,
第58回日本肺癌学会学術集会, Vol.57, No.5, 437, 2017年10月.
3.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝 :
治療に伴う不快症状を抱える時期にある術後肺がん患者のHopeの体験,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.31, 262, 2017年2月.
4.藤村 由紀子, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝 :
初期治療過程にある術後消化器がん患者の退院前と後のセルフケア能力とその関連要因,
第31回日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.31, 264, 2017年2月.
5.岸浜 祐香, 喜多 彩織, 板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝 :
中堅看護師が初期治療段階にあるがん患者のスピリチュアルペインを感じ取るために意識していること,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.30, 268, 2016年2月.
6.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝 :
初発肺がん手術療法後患者のHopeのレベルと対処行動,
第35回日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.35, No.1, 300, 2015年12月.
7.貝出 直文, 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 :
放射線治療を受けるがん患者の放射線治療室におけるストレスの程度とその関連要因,
第29回日本がん看護学会学術集会, Vol.29, 250, 2015年3月.
8.板東 孝枝, 近藤 和也, 劉 環, 今井 芳枝, 梶浦 耕一郎, 川上 行奎, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 先山 正二, 鳥羽 博明, 雄西 智惠美, 丹黒 章 :
手術療法施行した肺がん患者のpatient reported quality of life(PRQOL)及び心理状態のの評価(第2報),
第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月.
9.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 市原 多香子 :
成人看護学実習で手術室見学実習を行った学生が捉えた周手術期看護ケアの視点,
日本看護学教育学会第24回学術集会講演集, Vol.24, 195, 2014年8月.
10.北川 聡美, 尼子 裕弓, 遠藤 世界, 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 近藤 和也 :
外来化学療法を受けている患者が家族に求めるサポート,
第33回日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.1, No.1, 393, 2013年12月.
11.江口 理沙, 河口 由美, 今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 近藤 和也 :
がん性疼痛に対する整体手技療法の疼痛緩和の効果に関する文献レビュー,
第33回日本看護科学学会学術集会講演集, 398, 2013年12月.
12.劉 環, 近藤 和也, 板東 孝枝, 梶浦 耕一郎, 今井 芳枝, 川上 行奎, 中川 靖士, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 先山 正二, 丹黒 章 :
手術療法施行した肺がん患者におけるpatient reported quality of life(PRQOL)の評価,
第54回日本肺癌学会総会, 2013年11月.
13.今井 芳枝, 森 恵子, 雄西 智惠美, 板東 孝枝 :
高齢者看護学実習における学生のセルフケア・エージェンシーに対するアセスメントの実態,
第39回日本看護研究学会学術集会, 2013年8月.
14.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 市原 多香子 :
手術室見学実習体験の学習効果に対する学生の自己評価,
日本看護学教育学会第23回 学術集会, Vol.23, 174, 2013年8月.
15.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
文献の概観によるがん患者の希望に関する介入研究の動向,
第27回日本がん看護学会学術集会, Vol.27, 333, 2013年2月.
16.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 板東 孝枝, 森 恵子 :
がん領域における生活史を活用した文献レビュー∼高齢がん患者ケア視点としての模索∼,
第27回日本がん看護学会学術集会, Vol.27, 399, 2013年2月.
17.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
肺がん患者の術後不快症状経過に関する縦断的調査,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.26, 390, 2013年2月.
18.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 市原 多香子, 近藤 和也 :
手術室見学入室方法別にみた学生の手術室見学実習での見学内容の実態,
第33回日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.1, No.1, 461, 2012年12月.
19.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
成人に対する保健行動理解のためのグループワーク演習の学習効果,
第32回日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.1, No.1, 422-422, 2012年12月.
20.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
オレム理論を基盤とした高齢者看護学実習における看護学生のアセスメント能力の実態調査,
日本看護学教育学会第22回学術集会, Vol.22, 271, 2012年8月.
21.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 :
「手術室見学実習で観察項目表」を導入後3年間の学生の学習内容と指導内容の実態,
日本看護学教育学会 第22回学術集会講演集, Vol.1, No.272, 2012年8月.
22.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
肺がん患者の術後不快症状経過に関する縦断的調査,
第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 258, 2012年2月.
23.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
高齢がんサバイバーの''がんと共に生きる''ことへの受け止めと心理的適応状態との関連,
第26回日本がん看護学会学術集会, Vol.26, 155, 2012年2月.
24.板東 孝枝, 雄西 智惠美 :
肺切除術後に肩部周辺の不快症状が出現した患者の症状の経過と特徴,
第25回日本手術看護学会年次大会 抄録集, Vol.7, No.2, 250, 2011年11月.
25.森 恵子, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝 :
オレムセルフケア理論を基盤とした高齢者看護学実習の学習促進のためのカンファレンスのあり方,
日本看護学教育学会第21回学術集会, Vol.21, 189, 2011年8月.
26.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 :
成人看護学実習における観察項目表を導入した手術室見学実習効果,
日本看護学教育学会第21回学術集会講演集, Vol.21, 199, 2011年8月.
27.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
外来通院中の高齢がん患者の``がんと共に生きる''ことへの受け止めと心理的適応状態の関連,
第25回日本がん看護学会学術集会, Vol.25, 335, 2011年2月.
28.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
治療過程にある肺がん患者の不快症状に関する国内文献レビュー,
第25回日本がん看護学会学術集会, Vol.25, 192, 2011年2月.
29.二宮 恒夫, 芝﨑 恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 郷木 義子, 廣原 紀恵, 板東 孝枝, 奥田 紀久子, 岸田 佐智 :
高校生の授業参加と理解度,授業評価,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島.2011.1.21., 2011年1月.
30.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
高齢者看護学実習における学生のケア姿勢及び実習に関する自己評価との関連,
日本看護学教育学会誌, Vol.20, 264, 2010年7月.
31.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子 :
手術を受けた肺がん患者の退院時と術後1ヵ月後の術後不快症状の検討,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.24, 253, 2010年2月.
32.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 今井 芳枝, 森 恵子, 市原 多香子 :
観察視点を明確にした手術室見学実習における学生の学習の実態,
日本看護学教育学会第19回学術集会講演集, 137, 2009年9月.
33.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝 :
高齢者看護学実習におけるオレム看護理論活用によるセルフケア能力のアセスメントの実態,
日本看護学会抄録集 看護教育, Vol.40, 221, 2009年8月.
34.板東 孝枝, 雄西 智惠美 :
肺切除術患者の術後不快症状とその要因,
日本クリティカルケア看護学会誌, 143, 2009年7月.
35.雄西 智惠美, 今井 芳枝, 板東 孝枝, 太田 浩子 :
がん患者とのコミュニケーションに対する実習前看護学生の関心と不安,
第23回日本がん看護学会学術集会, 257, 2009年2月.
36.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 谷口 啓子 :
高齢がん患者の``がんと共に生きる''ことに対する受け止め,
第23回日本がん看護学会学術集会, 121, 2009年2月.
37.今井 芳枝, 雄西 智惠美, 太田 浩子, 板東 孝枝, 多田 敏子 :
がん看護に関するキャリアデイベロップメントに関する実態調査,
第28回日本看護科学学会学術集会講演集, 555, 2008年12月.
38.板東 孝枝, 雄西 智惠美, 市原 多香子 :
受け持ち患者の手術見学実習をより効果的にするための学習環境調整に関する研究,
日本手術看護学会誌, Vol.4, No.2, 146, 2008年10月.
39.太田 浩子, 今井 芳枝, 板東 孝枝, 雄西 智惠美 :
高齢者看護学実習におけるオレム看護理論活用におけるセルフケア行為力に関する学生のアセスメントの実態,
2008年8月.
40.板東 孝枝, 当目 雅代 :
全身麻酔で手術を受ける患者の手術前日と手術後1週間以内の心理状態の明確化,
日本看護科学学会学術集会講演集27回, Vol.27, No.1, 233, 2007年12月.

その他・研究会:

1.板東 孝枝, 谷崎 圭, 近間 奈津美, 雄西 智惠美, 近藤 和也 :
乳房温存術後の乳房の変容に対する満足度,
徳島乳腺研究会抄録集, 2012年4月.
2.多田 亜沙香, 小西 菜美, 板東 孝枝, 雄西 智惠美, 近藤 和也 :
初めて乳房の手術を受け退院を控えた患者とその家族の今後の生活に対する意識の比較,
徳島乳腺研究会抄録集, 2011年4月.
3.今井 芳枝, 中川 美砂子, 雄西 智惠美, 森 恵子, 板東 孝枝, 近藤 和也, 丹黒 章 :
外来通院中のリンパ浮腫未発症の乳がん術後患者のリンパ浮腫に対する実態調査,
第60回徳島乳腺研究会, 2011年4月.
4.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 経鼻胃カテーテルへの経腸栄養剤の注入時は,気泡等で確認を行わないうちに注入してはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 126, 2008年11月.
5.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 閉鎖式胸腔ドレーンは,絶対に倒してはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 84-85, 2008年11月.
6.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 全身麻酔後,麻酔から覚醒していない(意識のない)患者に枕をしてはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 81, 2008年11月.
7.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- いつもワーファリンを内服している患者に,手術前に確認なしに内服を続けさせてはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 79, 2008年11月.
8.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 血小板は,冷蔵庫で保管してはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 50, 2008年11月.
9.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 途中で抜去し,余った硬膜外麻酔薬は,捨ててはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 48, 2008年11月.
10.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 新鮮凍結血漿(FFP)は,一度溶解して再凍結したものを使用してはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 49, 2008年11月.
11.板東 孝枝 :
やってはいけない看護ケア, --- 混濁する薬剤(フサンなど)は複数ルートがある点滴から投与してはいけない ---,
エキスパートナース, Vol.24, No.14, 37, 2008年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 治療過程にある高齢がん患者の納得を支援する看護介入プログラムの開発 (研究課題/領域番号: 15K11624 )
  • 初期治療として手術療法を受ける肺がん患者の希望を支える看護支援モデルの開発 (研究課題/領域番号: 25862146 )
  • 肺がん患者の術後不快症状に対するセルフケア促進のための看護支援方法の検討 (研究課題/領域番号: 21792219 )
  • 研究者番号(00437633)による検索