検索:
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 安全管理部 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 外科 > 消化器・移植外科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704039 糖尿病の根治を目指す細胞治療プラットフォームの構築 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)
医学

研究テーマ

消化器外科学,肝胆膵外科,細胞移植,再生医療,安全管理学

著書・論文

著書:

1. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 岩橋 衆一, 斎藤 裕 :
腹腔鏡下肝切除術 4.術中・術後のトラブルと回避法 ガス塞栓,
株式会社 南山堂, 2010年.

学術論文(審査論文):

1. Tetsuya Ikemoto, Rui Feng, Shuichi Iwahashi, Shinichiro Yamada, Yu Saitou, Yuji Morine, Satoru Imura, Munehide Matsuhisa and Mitsuo Shimada :
In vitro and in vivo effects of insulin-producing cells generated by xeno-antigen free 3D culture with RCP piece.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 2019.
(DOI: 10.1038/s41598-019-47257-7,   PubMed: 31341242)
2. Shoko Yamashita, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Mayu Saito, Shinichiro Yamada, Toshiaki Yoshimoto, Koichi Tsuneyama and Mitsuo Shimada :
Two cases of non-mucinous cystadenomas of the pancreas with pancreatobiliary phenotype and ovarian-like stroma.,
Surgical Case Reports, Vol.5, No.1, 2019.
(DOI: 10.1186/s40792-019-0673-y,   PubMed: 31338648)
3. Akemi Hara, Yuko Nakagawa, Keiko Nakao, Motoyuki Tamaki, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Munehide Matsuhisa, Hiroki Mizukami, Nobuhiro Maruyama, Hirotaka Watada and Yoshio Fujitani :
Development of monoclonal mouse antibodies that specifically recognize pancreatic polypeptide.,
Endocrine Journal, Vol.66, No.5, 459-468, 2019.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ18-0441,   PubMed: 30842364,   Elsevier: Scopus)
4. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Photobiomodulation with red light emitting diodes accelerates hepatocytes proliferation through reactive oxygen species / extracellular signal-regulated kinase pathway.,
Hepatology Research, Vol.48, No.11, 926-936, 2018.
(DOI: 10.1111/hepr.13182,   Elsevier: Scopus)
5. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Nrf2 activation drive macrophages polarization and cancer cell epithelial-mesenchymal transition during interaction,
Cell Communication & Signaling, Vol.16, No.1, 54, 2018.
(DOI: 10.1186/s12964-018-0262-x,   PubMed: 30180849,   Elsevier: Scopus)
6. 齋藤 裕, 居村 暁, 池本 哲也, 森根 裕二, 杉本 真樹, 島田 光生 :
肝癌手術エキスパートへの道 (特集 癌手術エキスパートになるための道),
臨床外科, Vol.73, No.9, 1108-1114, 2018年.
7. 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
胆道再建を含む肝切除術 (ビギナーズ特集 手術で臓器が「どうなる?」から術後ケアが見える! わかる! イラスト理解 消化器外科の術式・術後ケア),
消化器外科Nursing, Vol.23, No.8, 709-714, 2018年.
(CiNii: 40021644777)
8. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Nab-paclitaxel interrupts cancer-stromal interaction through C-X-C motif chemokine 10-mediated interleukin-6 downregulation in vitro.,
Cancer Science, Vol.109, No.8, 2509-2519, 2018.
(DOI: 10.1111/cas.13694,   PubMed: 29902349,   Elsevier: Scopus)
9. Yu Saitou, Shinichiro Yamada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi and Mitsuo Shimada :
A learning curve for laparoscopic liver resection: an effective training system and standardization of technique.,
Translational Gastroenterology and Hepatology, Vol.3, 45, 2018.
(DOI: 10.21037/tgh.2018.07.03,   PubMed: 30148230,   Elsevier: Scopus)
10. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Nab-paclitaxel interrupts cancer-stromal interaction through C-X-C motif chemokine 10-mediated interleukin-6 downregulation in vitro.,
Cancer Science, Vol.109, No.8, 2509-2519, 2018.
(DOI: 10.1111/cas.13694,   PubMed: 29902349)
11. Youichiro Kawashita, Yuji Morine, Yu Saitou, Chie Takasu, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Satoru Imura, Toshiyuki Yagi and Mitsuo Shimada :
Role of heat shock factor 1 expression in the microenvironment of intrahepatic cholangiocarcinomas.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.33, No.7, 1407-1412, 2018.
(DOI: 10.1111/jgh.14078,   PubMed: 29278438,   Elsevier: Scopus)
12. Tetsuya Ikemoto, Rui Feng, Mitsuo Shimada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine and Satoru Imura :
A new 2-step acceleration protocol using a histone deacetylase inhibitor to generate insulin-producing cells from adipose-derived mesenchymal stem cells,
Pancreas, Vol.47, No.4, 477-481, 2018.
(DOI: 10.1097/MPA.0000000000001017,   PubMed: 29517636,   Elsevier: Scopus)
13. Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Daichi Ishikawa, Shinichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Potential predictive factors for microvascular invasion in hepatocellular carcinoma classified within the Milan criteria.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.23, No.1, 98-103, 2018.
(DOI: 10.1007/s10147-017-1189-8,   PubMed: 28875240,   Elsevier: Scopus)
14. Toshiaki Yoshimoto, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Yoshimi Bando and Mitsuo Shimada :
The Outcome of Sorafenib Therapy on Unresectable Hepatocellular Carcinoma: Experience of Conversion and Salvage Hepatectomy.,
Anticancer Research, Vol.38, No.1, 501-507, 2018.
(DOI: 10.21873/anticanres.12250,   PubMed: 29277815,   Elsevier: Scopus)
15. Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Akira Fukuya, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Naoki Muguruma, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Akiko Yoneda, Yoshimi Bando, Makoto Takishita and Tetsuji Takayama :
Neuroendocrine carcinoma of the pancreas with similar genetic alterations to invasive ductal adenocarcinoma.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.4, 261-265, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0655-6,   PubMed: 27262570)
16. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Hiroki Ishibashi and Toru Utsunomiya :
Detection of Lymph Nodes Metastasis in Biliary Carcinomas:Morphological Criteria by MDCT and the Clinical Impact of DEI-MRI,
Hepato-Gastroenterology, Vol.62, No.140, 777-781, 2015.
(PubMed: 26901999)
17. Chinbold Enkhbold, Yuji Morine, Tohru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shinichiro Yamada, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Dysfunction of liver regeneration in aged liver after partial hepatectomy.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.7, 1217-1224, 2015.
(DOI: 10.1111/jgh.12930,   PubMed: 25682855)
18. Tetsuya Ikemoto, Koji Sugimoto, Mitsuo Shimada, Tohru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Shinichiro Yamada :
Clinical role of Notch signaling pathway in intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.1, 217-222, 2015.
(DOI: 10.1111/jgh.12660,   PubMed: 25041344)
19. Michihito Asanoma, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Yu Saitou, Shinichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
Clinical role of Foxp3+ regulatory T cell in Living donor related liver transplantation for prediction of life-threatening complications.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 37-40, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111243,   DOI: 10.2152/jmi.62.37,   PubMed: 25817281,   Elsevier: Scopus)
20. Kayo Hirose, Shinji Kawahito, Naoji Mita, Kazumi Takaishi, Tomiya Kawahara, Tomohiro Soga, Toshiko Katayama, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Munehide Matsuhisa and Hiroshi Kitahata :
Usefulness of artificial endocrine pancreas during resection of insulinoma.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 421-425, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109597,   DOI: 10.2152/jmi.61.421,   PubMed: 25264066,   Elsevier: Scopus)
21. Chengzhan Zhu, Tohru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, Shinichiro Yamada, Yuji Morine, Satoru Imura, Yusuke Arakawa, Chie Takasu, Daichi Ishikawa, Issei Imoto and Mitsuo Shimada :
Hypomethylation of Long Interspersed Nuclear Element-1 (LINE-1) is Associated with Poor Prognosis via Activation of c-MET in Hepatocellular Carcinoma.,
Annals of Surgical Oncology, Vol.21, No.4, 729-735, 2014.
(DOI: 10.1245/s10434-014-3874-4,   PubMed: 24992910,   Elsevier: Scopus)
22. Yu Saitou, Hiroki Mori, Chie Takasu, Masato Komatsu, Jun Hanaoka, Shin-ichiro Yamada, 淺野間 理仁, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine, Toru Utsunomiya and Mitsuo Shimada :
Beneficial effects of green tea catechin on massive hepatectomy model in rats.,
Journal of Gastroenterology, 2013.
(DOI: 10.1007/s00535-013-0799-9,   PubMed: 23543313,   Elsevier: Scopus)
23. Jun Hanaoka, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Koji Sugimoto, Yu Saitou, Shinichiro Yamada and Michihito Asanoma :
Beneficial effects of enteral nutrition containing with hydrolyzed whey peptide on warm ischemia/reperfusion injury in the rat liver.,
Hepatology Research, Vol.44, No.1, 114-121, 2013.
(DOI: 10.1111/hepr.12097,   PubMed: 23578099,   Elsevier: Scopus)
24. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 池本 哲也, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
手術手技 前区域枝門脈灌流領域が上右肝静脈を包含する症例に対する,下右肝静脈温存,上右肝静脈とドレナージ領域を含む,
手術, Vol.66, No.(12), 1741-1745, 2012年.
(CiNii: 40019481821)
25. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
肝切除支援ソフトによる術前シミュレーション,術中ナビゲーション,部分肝臓機能解析,
JJSCAS, Vol.14, No.(3), 148-149, 2012年.
26. 居村 暁, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 三宅 秀則, 島田 光生 :
[達人こだわりの手術テクニック] II. 肝胆膵領域 3. 肝癌に対する区域切除,
手術, Vol.66, No.(10), 1399-1405, 2012年.
(CiNii: 40019429416)
27. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也 :
「内視鏡外科医のための微細局所解剖アトラス」肝胆膵 肝外側区域切除-脈管処理のコツ,
手術.2012, Vol.66, No.(6), 753-759, 2012年.
28. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Masafumi Harada :
Possible utility of MRI using Gd-EOB-DTPA for estimating liver functional reserve,
Journal of Gastroenterology, Vol.47, No.4, 470-476, 2012.
(DOI: 10.1007/s00535-011-0513-8,   PubMed: 22170416,   Elsevier: Scopus)
29. 池本 哲也, 島田 光生 :
II-4 抗癌剤 「肝胆膵」,
消化器外科レビュー, Vol.2012, 216-221, 2012年.
30. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 三宅 秀則 :
【内視鏡外科手術をめぐる最近のトピックス】 新たな領域への手術適応 保険収載後の腹腔鏡下肝切除術の展開,
消化器外科, Vol.34, No.1, 69-77, 2011年.
31. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也 :
薬物治療学の進歩-この30年-,IX. 肝移植 1)ネオーラル(ノバルティス),
肝·胆·膵, Vol.61, No.6, 1170-1176, 2010年.
32. Tetsuya Ikemoto, Hirofumi Noguchi, Yasutaka Fujita, Morihito Takita, Masayuki Shimoda, Koji Sugimoto, Andrew Jackson, Bashoo Naziruddin, Mitsuo Shimada, Marlon F. Levy and Shinichi Matsumoto :
New stepwise cooling system for short-term porcine islet preservation.,
Pancreas, Vol.39, No.7, 960-963, 2010.
(DOI: 10.1097/MPA.0b013e3181dab19a,   PubMed: 20467350)
33. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 岩橋 衆一, 川田 祐子, 斎藤 裕 :
問題を有するドナーからの生体肝移植 ∼胃癌術後ドナーおよび喘息罹患ドナー∼.,
臨床と研究, Vol.87, No.9, 1282-1283, 2010年.
34. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤 :
急性肝不全に対する肝移植術施行のタイミングに難渋した症例,
臨床と研究, Vol.87, No.9, 118-119, 2010年.
35. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Hisami Okumura and Eiji Takeda :
Impact of splenectomy in patients with liver cirrhosis: Results from 18 patients in a single center experience.,
Hepatology Research, Vol.40, No.9, 894-900, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2010.00688.x,   PubMed: 20887594)
36. Tetsuya Ikemoto, Shinichi Matsumoto, Takeshi Itoh, Hirofumi Noguchi, Yoshiko Tamura, Andrew M. Jackson, Masayuki Shimoda, Bashoo Naziruddin, Nicholas Onaca, Yohichi Yasunami and Marlon F. Levy :
Assessment of islet quality following international shipping of more than 10,000 km.,
Cell Transplantation, Vol.19, No.6, 731-741, 2010.
(DOI: 10.3727/096368910X508834,   PubMed: 20525435)
37. 岩田 貴, 池本 哲也, 栗田 信浩, 西岡 将規, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
手術機器の使い方-基本と応用- 鏡視下手術用機器 5.リトラクター,
手術, Vol.64, No.6, 839-844, 2010年.
(CiNii: 40017137808)
38. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也 :
特集/必読 最新の肝切除—その2 2.Liver hanging maneuver,
外科, Vol.72, No.5, 461-465, 2010年.
(CiNii: 40017098406)
39. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 岩橋 衆一, 斎藤 裕 :
性差による肝胆膵疾患の臨床,病態,治療効果のDiscrepancy I.性差と各種肝疾患 7)肝移植と性差,
肝·胆·膵, Vol.60, No.5, 793-799, 2010年.
40. Mitsuo Shimada, Koji Sugimoto, Shuichi Iwahashi, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura and Tetsuya Ikemoto :
CD133 expression is a potential prognostic indicator in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
Journal of Gastroenterology, Vol.45, No.8, 896-902, 2010.
(DOI: 10.1007/s00535-010-0235-3,   PubMed: 20379837)
41. Hirofumi Noguchi, Bashoo Naziruddin, Andrew Jackson, Masayuki Shimoda, Tetsuya Ikemoto, Yasutaka Fujita, Daisuke Chujo, Morihito Takita, Naoya Kobayashi, Nicholas Onaca, Marlon F. Levy and Shinichi Matsumoto :
Low-temperature preservation of isolated islets is superior to conventional islet culture before islet transplantation.,
Transplantation, Vol.89, No.1, 47-54, 2010.
(DOI: 10.1097/TP.0b013e3181be3bf2,   PubMed: 20061918)
42. 森本 慎也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤 :
肝癌ステージングと予後推定.,
臨床消化器内科, Vol.25, No.4, 399-494, 2010年.
43. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 斎藤 裕 :
肝移植の画像診断ー生体ドナーの安全とレシピエントの予後向上をめざしてー,
肝胆膵画像, Vol.2, No.1, 69-78, 2010年.
44. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森本 慎也, 森 大樹 :
メタボリックシンドロームと肝細胞癌,
G.I.Research, Vol.18, No.3, 224-230, 2010年.
45. 居村 暁, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則, 島田 光生 :
腹腔鏡下肝切除:腹腔鏡下肝切除術における最近の話題 ∼気腹とガス塞栓∼.,
消化器外科, Vol.33, No.9, 1439-1444, 2010年.
46. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也 :
肝・胆道系症候群(Ⅱ)— その他の肝・胆道系疾患を含めて - 肝臓編(下)第2版 XIV 肝細胞癌以外の肝腫瘍 「原発性肝肉腫(Primary hepatic sarcoma)」,
日本臨床2010, 276-280, 2010年.
47. 池本 哲也, 島田 光生, 岩橋 衆一, 川田 祐子, 齋藤 裕, 花岡 潤, 森 大樹, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹 :
乳癌が併存するレシピエント,高度脂肪肝ドナーという組み合わせに施行した生体肝移植.,
臨床と研究, Vol.87, No.9, 1280-1281, 2010年.
48. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹 :
血液型不適合肝移植後interferon治療に難渋したC型肝炎の1例,
臨床と研究, Vol.87, No.9, 1330-1331, 2010年.

学術論文(紀要・その他):

1. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Chie Takasu, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku and Toshiaki Yoshimoto :
A new formula to calculate the resection limit in hepatectomy based on Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging.,
PLoS ONE, Vol.14, No.1, e0210579, 2019.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0210579,   PubMed: 30682046)
2. Yu Saitou, Yuji Morine, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Hisami Yamanaka-Okumura, Akiyoshi Hirayama, Tomoyoshi Soga, Masaru Tomita and Mitsuo Shimada :
Changes of liver metabolites following hepatectomy with ischemia reperfusion towards liver regeneration.,
Annals of Gastroenterological Surgery, Vol.2, No.3, 204-211, 2018.
(DOI: 10.1002/ags3.12058,   PubMed: 29863192)
3. Toshiaki Yoshimoto, Yuji Morine, Chie Takasu, Rui Feng, Tetsuya Ikemoto, Kouzou Yoshikawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Hideya Kashihara, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yosuke Kinouchi and Mitsuo Shimada :
Blue light-emitting diodes induce autophagy in colon cancer cells by Opsin 3.,
Annals of Gastroenterological Surgery, Vol.2, No.2, 154-161, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113689,   DOI: 10.1002/ags3.12055,   PubMed: 29863164)
4. Toshiaki Yoshimoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shinichiro Yamada, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Jun Higashijima, Chie Takasu and Mitsuo Shimada :
Maximum Diameter and Number of Tumors as a New Prognostic Indicator of Colorectal Liver Metastases.,
In Vivo, Vol.31, No.3, 419-423, 2017.
(DOI: 10.21873/invivo.11076,   PubMed: 28438872)
5. Masato Yoshikawa, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Jun Higashijima, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata, Toshiaki Yoshimoto and Mitsuo Shimada :
Elevated Preoperative Serum CEA Level Is Associated with Poor Prognosis in Patients with Hepatocellular Carcinoma Through the Epithelial-Mesenchymal Transition.,
Anticancer Research, Vol.37, No.3, 1169-1175, 2017.
(DOI: 10.21873/anticanres.11430,   PubMed: 28314278)
6. M Davaadorj, Yu Saitou, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa and Mitsuo Shimada :
Loss of Secreted Frizzled-Related Protein-1 expression is associated with poor prognosis in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
EJSO - European Journal of Surgical Oncology, Vol.43, No.2, 344-350, 2017.
(DOI: 10.1016/j.ejso.2016.11.017,   PubMed: 28062160)
7. Daichi Ishikawa, Mitsuo Shimada, Tohru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shinichiro Yamada and Hidenori Miyake :
Effect of Twist and Bmi1 on intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.29, No.12, 2032-2037, 2014.
(DOI: 10.1111/jgh.12652,   PubMed: 24909638)
8. Gizachew Yismaw Wubetu, Tohru Utsunomiya, Daichi Ishikawa, Tetsuya Ikemoto, Shinichiro Yamada, Yuji Morine, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Hideki Arimochi and Mitsuo Shimada :
Branched chain amino acid suppressed insulin-initiated proliferation of human cancer cells through induction of autophagy.,
Anticancer Research, Vol.34, No.9, 4789-4796, 2014.
(PubMed: 25202059)
9. Gizachew Yismaw Wubetu, Tohru Utsunomiya, Daichi Ishikawa, Shinichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Mami Kanamoto, Chengzhan Zhu, Yoshimi Bando and Mitsuo Shimada :
High STAT4 expression is a better prognostic indicator in patients with hepatocellular carcinoma after hepatectomy.,
Annals of Surgical Oncology, Vol.21 Suppl 4, S721-8, 2014.
(DOI: 10.1245/s10434-014-3861-9,   PubMed: 24965572)
10. Noriko Matsumoto, Yuji Morine, Tohru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shiniciro Yamada, Daichi Ishikawa, Chie Takasu, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Role of CD151 expression in gallbladder carcinoma.,
Surgery, Vol.156, No.5, 1212-1217, 2014.
(DOI: 10.1016/j.surg.2014.04.053,   PubMed: 24890568)
11. Chinbold Enkhbold, Tohru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Loss of FBXW7 expression is associated with poor prognosis in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
Hepatology Research, Vol.44, No.14, E346-52, 2014.
(DOI: 10.1111/hepr.12314,   PubMed: 24552289)
12. Shinichiro Yamada, Tohru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusue Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Daichi Ishikawa and Mitsuo Shimada :
Expressions of hypoxia-inducible factor-1 and epithelial cell adhesion molecule are linked with aggressive local recurrence of hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation therapy.,
Annals of Surgical Oncology, Vol.21 Suppl 3, S436-42, 2014.
(DOI: 10.1245/s10434-014-3575-z,   PubMed: 24566861)
13. Akira Nii, Tohru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Toru Ikegami, Hiroki Ishibashi, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hajime Sasaki and Akihiro Kawashima :
A hydrolyzed whey peptide-based diet ameliorates hepatic ischemia-reperfusion injury in the rat nonalcoholic fatty liver.,
Surgery Today, Vol.44, No.12, 2354-2360, 2014.
(DOI: 10.1007/s00595-014-0853-0,   PubMed: 24492979)
14. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹 :
3.肝疾患 ウイルス性肝炎,
日本臨床外科学会誌, Vol.69, No.11, 2014年.
15. 岩橋 衆一, 居村 暁, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 島田 光生 :
肝移植,
日本臨床外科学会誌, Vol.69, No.4, 2014年.
16. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Tohru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi and Yu Saitou :
CXC receptor 4 and stromal cell-derived factor 1 in primary tumors and liver metastases of colorectal cancer.,
The Journal of Surgical Research, Vol.187, No.1, 107-112, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jss.2013.10.030,   PubMed: 24238971)
17. Chie Takasu, Mitsuo Shimada, Hirohiko Sato, Tomohiko Miyatani, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mami Kanamoto, Nobuhiro Kurita, Shohei Eto and Tohru Utsunomiya :
Benefits of simultaneous laparoscopic resection of primary colorectal cancer and liver metastases.,
Asian Journal of Endoscopic Surgery, Vol.7, No.1, 31-37, 2013.
(DOI: 10.1111/ases.12066,   PubMed: 24127772)
18. Lkhagva-Ochir Tovuu, Tohru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Koji Sugimoto, Yu Saitou, Shinichiro Yamada, Michihito Asanoma and Mitsuo Shimada :
The role of Aurora B expression in non-tumor liver tissues of patients with hepatocellular carcinoma.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.19, No.4, 622-628, 2013.
(DOI: 10.1007/s10147-013-0593-y,   PubMed: 23893130)

総説・解説:

1. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 島田 光生 :
【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】がん種別Conversion Surgeryの戦略 転移性肝癌,
臨床外科, Vol.72, No.10, 1211-1216,
2. Yoichiro Kawashita, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Shinichiro Yamada, Jun Higashijima, Satoru Imura, Hirohisa Ogawa, Toshiyuki Yagi and Mitsuo Shimada :
Loss of Fbxw7 expression is a predictor of recurrence in colorectal liver metastasis.,
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, Vol.24, No.10, 576-583, Oct. 2017.
(DOI: 10.1002/jhbp.500,   PubMed: 28846828)
3. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 島田 光生 :
【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】がん種別Conversion Surgeryの戦略 転移性肝癌,
臨床外科, Vol.72, No.10, 1211-1216, 2017年10月.
4. 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
【どこをどう切る?どうつなぐ?なぞって覚える!消化器外科術式理解イラストノート】 肝臓・胆道の手術 肝切除術,
消化器外科Nursing, Vol.22, No.8, 704-708, 2017年10月.
5. 柏原 秀也, 森根 裕二, 東島 潤, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 島田 光生 :
【胆膵進行癌に対する外科治療戦略】 閉塞性黄疸に対する最新の術前減黄戦略,
外科, Vol.79, No.8, 708-713, 2017年8月.
6. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada and Shinichiro Yamada :
Pathophysiology of recurrent hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation.,
Hepatology Research, Vol.47, No.1, 23-30, Jun. 2017.
(DOI: 10.1111/hepr.12705,   PubMed: 26990590)
7. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Chie Takasu, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Toshiaki Yoshimoto and Atsushi Takata :
Effective stepwise training and procedure standardization for young surgeons to perform laparoscopic left hepatectomy.,
Surgical Endoscopy, Vol.31, No.6, 2623-2629, Dec. 2016.
(DOI: 10.1007/s00464-016-5273-3,   PubMed: 27928671)
8. Shinichiro Yamada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku and Mitsuo Shimada :
Liver regeneration after splenectomy in patients with liver cirrhosis.,
Hepatology Research, Vol.46, No.5, 443-449, Oct. 2016.
(DOI: 10.1111/hepr.12573,   PubMed: 26428414)
9. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Tohru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Chie Takasu, Yu Saitou and Shinichiro Yamada :
Epithelial-mesenchymal transition-related genes are linked to aggressive local recurrence of hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation.,
Cancer Letters, Vol.375, No.1, 47-50, Mar. 2016.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2016.02.041,   PubMed: 26940140)
10. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
【最新 肝胆膵高難度外科手術アトラス】 高難度外科手術手技 肝臓 肝下部下大静脈再建を伴う肝切除,
手術, Vol.70, No.4, 431-438, 2016年3月.
11. 齋藤 裕, 濵田 康弘, 安井 苑子, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
【外科領域におけるサルコペニア】 周術期サルコペニア発生の予防法,
外科と代謝·栄養, Vol.50, No.1, 21-28, 2016年2月.
12. Gizachew Yismaw Wubetu, Yuji Morine, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Daichi Ishikawa, Shinichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
High NEK2 Expression Is a Predictor of Tumor Recurrence in Hepatocellular Carcinoma Patients After Hepatectomy.,
Anticancer Research, Vol.36, No.2, 757-762, Feb. 2016.
(PubMed: 26851035,   Elsevier: Scopus)
13. Mandakhnaran Davaadorj, Satoru Imura, Yu Saitou, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shinichiro Yamada, Chie Takasu, Teraoku Hiroki, Masato Yoshikawa and Mitsuo Shimada :
Loss of SFRP1 Expression Is Associated with Poor Prognosis in Hepatocellular Carcinoma.,
Anticancer Research, Vol.36, No.2, 659-664, Feb. 2016.
(PubMed: 26851021,   Elsevier: Scopus)
14. Gizachew Y. Wubetu, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Daichi Ishikawa, Shuichi Iwahashi, Shinichiro Yamada, Yu Saitou, Yusuke Arakawa and Satoru Imura :
Epigallocatechin gallate hinders human hepatoma and colon cancer sphere formation.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.31, No.1, 256-264, Jan. 2016.
(DOI: 10.1111/jgh.13069,   PubMed: 26241688)
15. Hiroki Teraoku, Yusuke Arakawa, Masato Yoshikawa, Shinichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Complication of portal vein thrombosis after right hemihepatectomy in a patient lacking the portal vein bifurcation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 315-318, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111201,   DOI: 10.2152/jmi.63.315,   PubMed: 27644579)
16. 齋藤 裕, 安井 苑子, 濵田 康弘, 髙須 千絵, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝胆膵手術例の術前栄養管理,
外科, Vol.76, No.11, 1201-1209, 2014年11月.
17. C Enkhbold, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Hiroki Ishibashi, S Yamada, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Satoru Imura :
One-stop shop for 3-dimensional anatomy of hepatic vasculature and bile duct with special reference to biliary image reconstruction.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.60, No.128, 1861-1864, Nov. 2013.
(DOI: 10.5754/hge13536,   PubMed: 24088317)
18. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto and Chie Takasu :
Effects of splenectomy on hepatic gene expression profiles after massive hepatectomy in rats.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.10, 1669-1677, Oct. 2013.
(DOI: 10.1111/jgh.12316,   PubMed: 23808869,   Elsevier: Scopus)
19. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
【各種デバイスを応用した私の手術―使用法と工夫】各種デバイスを応用した肝・胆手術,
外科, Vol.75, No.9, 954-959, 2013年9月.
20. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 金本 真美 :
【いつ何が大事かがわかる 消化器外科術後の看護ポイント】 腹腔鏡下胆嚢摘出術後の看護・観察ポイント 0∼12時間,12∼24時間,24∼72時間,
消化器外科Nursing, Vol.18, No.8, 696-704, 2013年8月.
21. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
【大腸癌肝転移up to date】大腸癌肝転移化学療法後の肝障害,
外科, Vol.75, No.8, 828-833, 2013年8月.
22. T Toshima, Mitsuo Shimada, Toru Ikegami, Toru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Tomoharu Yoshizumi, Yuji Soejima, K Shirabe and Y Maehara :
Fairly rare spontaneous disappearance of a hepatic artery aneurysm following living donor liver transplantation.,
Liver Transplantation, Vol.19, No.8, 929-930, Aug. 2013.
(DOI: 10.1002/lt.23676,   PubMed: 23696536,   Elsevier: Scopus)
23. Jun Hanaoka, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto and Hiroki Mori :
Significance of sonic hedgehog signaling after massive hepatectomy in a rat.,
Surgery Today, Vol.43, No.3, 300-307, Jun. 2013.
(DOI: 10.1007/s00595-012-0248-z,   PubMed: 22790641)
24. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 杉本 光司 and Yoshimi Bando :
Oxaliplatin-related sinusoidal obstruction syndrome mimicking metastatic liver tumors.,
Hepatology Research, Vol.43, No.6, 685-689, Jun. 2013.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.01114.x,   PubMed: 23730707,   Elsevier: Scopus)
25. Shuichi Iwahashi, Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Yu Saitou, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Yoshimi Bando :
High expressions of cancer stem cell markers in cholangiolocellular carcinoma.,
Surgery Today, Vol.43, No.6, 654-660, Jun. 2013.
(DOI: 10.1007/s00595-012-0437-9,   PubMed: 23192764,   Elsevier: Scopus)
26. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也 :
【最新 肝胆膵脾手術アトラス】肝臓 右下肝静脈存在下での肝切除術,
手術, Vol.67, No.6, 715-720, 2013年5月.
27. Tetsuya Ikemoto, M Takita, MF Levy, Mitsuo Shimada and B Naziruddin :
CD11b(+) cells in donor-specific transfusion prolonged allogenic skin graft survival through indoleamine 2,3-dioxygenase.,
Cellular Immunology, Vol.283, No.1-2, 81-90, May 2013.
(DOI: 10.1016/j.cellimm.2013.06.004,   PubMed: 23933136,   Elsevier: Scopus)
28. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美 :
【エキスパートが教える内視鏡外科手術・ポイントとなる解剖の理解】 肝・胆・膵・脾の鏡視下手術 肝癌に対する鏡視下手術 腹腔鏡下肝部分切除術,
消化器外科, Vol.36, No.5, 779-785, 2013年4月.
29. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, 山田 眞一郎, Yuji Morine, Satoru Imura, Hiroki Mori, 杉本 光司, Shuichi Iwahashi and 浅野間 理仁 :
The protective effect of adipose-derived stem cells against liver injury by trophic molecules.,
The Journal of Surgical Research, Vol.180, No.1, 162-168, Mar. 2013.
(DOI: 10.1016/j.jss.2012.10.009,   PubMed: 23117122,   Elsevier: Scopus)
30. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
【膵・胆管合流異常診療ガイドラインを巡る残された問題点】 非拡張型膵・胆管合流異常の胆管癌発生頻度を巡る問題点,
胆と膵, Vol.34, No.3, 241-244, 2013年3月.
31. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Mami Kanamoto, Hiroki Mori, Yuji Morine, Satoru Imura and Toru Utsunomiya :
Changes of immunological parameters with administration of Japanese Kampo medicine (Juzen-Taihoto/TJ-48) in patients with advanced pancreatic cancer.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.19, No.1, 81-86, Mar. 2013.
(DOI: 10.1007/s10147-013-0529-6,   PubMed: 23443635,   Elsevier: Scopus)
32. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Regulatory T cells in the blood: a new marker of surgical stress.,
Surgery Today, Vol.43, No.6, 608-612, Jan. 2013.
(DOI: 10.1007/s00595-013-0517-5,   CiNii: 10031176080)
33. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Masato Komatsu, Shinichiro Yamada, Yu Saito, Hiroki Mori, Yuji Morine, Satoru Imura, Yoshimi Bando and Toru Utsunomiya :
Indoleamine 2,3-dioxygenase affects the aggressiveness of intraductal papillary mucinous neoplasms through Foxp3+CD4+CD25+ T cells in peripheral blood.,
Pancreas, Vol.42, No.1, 130-134, Jan. 2013.
(DOI: 10.1097/MPA.0b013e3182575e4a,   PubMed: 22722263,   Elsevier: Scopus)
34. 石川 大地, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Atypically large well-differentiated hepatocellular carcinoma with extensive fatty metamorphosis: report of a case.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 267-271, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106367,   DOI: 10.2152/jmi.60.267,   PubMed: 24190046,   Elsevier: Scopus)
35. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 and Hiroki Ishibashi :
Hepatic epithelioid angiomyolipoma with arterioportal venous shunting mimicking hepatocellular carcinoma : report of a case.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 262-266, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106366,   DOI: 10.2152/jmi.60.262,   PubMed: 24190045)
36. 杉本 光司, Toru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Chie Takasu and Mitsuo Shimada :
Hand-assisted laparoscopic splenectomy for a huge splenic vascular lesion with aneurysms in a patient with impending Kasabach-Merritt syndrome-like phenomenon.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 276-279, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106369,   DOI: 10.2152/jmi.60.276,   PubMed: 24190048,   Elsevier: Scopus)
37. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Hiroki Ishibashi :
Hilar cholangiocarcinoma accompanied by pancreaticobiliary maljunction without bile duct dilatation 20 years after cholecystectomy: report of a case,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1-2, 169-173, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106060,   DOI: 10.2152/jmi.60.169,   PubMed: 23614928)
38. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto and Jun Hanaoka :
Effects of a whey peptide-based enteral formula diet on liver dysfunction following living donor liver transplantation.,
Surgery Today, Dec. 2012.
(DOI: 10.1007/s00595-012-0466-4,   PubMed: 23266751)
39. Hiroki Mori, Mitsuo Shimada, Toru Ikegami, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎 and Hidenori Miyake :
The Impact of Pegylated-Interferon alpha-2b on Partial and Massive Hepatectomy Model in Rats.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.59, No.119, 2300-2304, Oct. 2012.
(DOI: 10.5754/hge10401,   PubMed: 23435145)
40. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 山田 眞一郎 and 淺野間 理仁 :
Prediction of recurrence of hepatocellular carcinoma after curative hepatectomy using preoperative Lens culinaris agglutinin-reactive fraction of alpha-fetoprotein.,
Hepatology Research, Vol.42, No.9, 887-894, Sep. 2012.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.01004.x,   PubMed: 22524419)
41. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi and 齋藤 裕 :
Surgical results of pancreatoduodenectomy in elderly patients.,
Surgery Today, Vol.42, No.9, 857-862, Sep. 2012.
(DOI: 10.1007/s00595-012-0169-x,   PubMed: 22447454)
42. Mami Kanamoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, 齋藤 裕, Shuichi Iwahashi, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto and Yuji Morine :
Impact of a new refrigerator on the preservation of hepatic grafts.,
Hepatology Research, Vol.42, No.8, 798-805, Aug. 2012.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.00987.x,   PubMed: 22469252)
43. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, 齋藤 裕 and Hidenori Miyake :
A Modified liver-hanging maneuver focusing on the ligamentum venosum in left hepatic lobectomy,
Surgery Today, Vol.42, No.8, 720-723, Aug. 2012.
(DOI: 10.1007/s00595-011-0051-2,   PubMed: 22094437)
44. Jun Hanaoka, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto and Hiroki Mori :
Huge focal nodular hyperplasia difficult to distinguish from well-differentiated hepatocellular carcinoma,
Hepatology Research, Vol.42, No.7, 727-731, Jul. 2012.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.00974.x,   PubMed: 22686861)
45. LO Tovuu, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 杉本 光司, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Role of CD44 expression in non-tumor tissue on intrahepatic recurrence of hepatocellular carcinoma.,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.18, No.4, 651-656, Jun. 2012.
(DOI: 10.1007/s10147-012-0432-6,   PubMed: 22706704)
46. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori and Jun Hanaoka :
Role of thymidylate synthase and dihydropyrimidine dehydrogenase mRNA expressions in gallbladder carcinoma,
Surgery Today, Vol.42, No.6, 565-569, Jun. 2012.
(DOI: 10.1007/s00595-012-0118-8,   PubMed: 22270332)
47. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, 齋藤 裕, Shuichi Iwahashi, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Toru Utsunomiya :
Successful case with hemophagocytic syndrome after living donor liver transplantation.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.59, No.115, 863-865, May 2012.
(DOI: 10.5754/hge10081,   PubMed: 22469732)
48. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Hidenori Miyake, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi and 齋藤 裕 :
Outcome of hepatectomy in super-elderly patients with hepatocellular carcinoma.,
Hepatology Research, Vol.42, No.5, 454-458, May 2012.
(DOI: 10.1111/j.1872-034X.2011.00952.x,   PubMed: 22295877)
49. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, 齋藤 裕 and 淺野間 理仁 :
Hepatic screlosed hemangioma which was misdiagnosed as metastasis of gastric cancer: report of a case,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.3-4, 270-274, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106032,   DOI: 10.2152/jmi.59.270,   PubMed: 23037199)
50. 森根 裕二, 藤井 正彦, 居村 暁, 池本 哲也, 島田 光生 :
特集 肝移植の最新の進歩と問題点 選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定 肝細胞癌に対する肝移植,
肝·胆·膵, Vol.50, No.1, 75-84, 2005年1月.

国際会議:

1. Shin-ichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Toshiaki Yoshimoto, Masaaki Nishi and Chie Takasu :
Prognostic Prediction of Mass-Forming Intrahepatic Cholangiocarcinoma from Diffusion Weighted Image of Magnetic Resonance Image,
SSO's 72nd Annual Cancer Symposium, San Diego, Mar. 2019.
2. Shogo Oota, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and Mitsuo Shimada :
The feasibility of hepatectomy for the super-elderly patients with HCC.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
3. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada and 馮 睿 :
The effect of hepatic stellate cells on hepatocellular carcinoma progression.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
4. Satoru Imura, Shin-ichiro Yamada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Validity of hepatic cone-unit resection for hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
5. Mitsuo Shimada, Hiroki Teraoku, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu and Shin-ichiro Yamada :
Role of central hypovascularity in the hepatic arterial phase of dynamic CT on mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2019.
6. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Shinichiro Yamada :
The approach for establishing safe, reliable and rapid pancreatoduodenectomy,
第9回日本・モンゴル国際消化器癌シンポジウム, Aug. 2018.
7. Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Outcome of left lobe living-donor liver transplantation in Tokushima,
27th International Congress of The Transplantation Society(TTS), Jun. 2018.
8. Yu Saitou, Rui Feng, Chie Takasu, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Hiroki Teraoku, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Establishment of effective differentiation protocols for insulin-producing cells using a new 3D culture system from adipose-tissue derived mesenchymal stem cell,
27th International Congress of The Transplantation Society(TTS), Jun. 2018.
9. Mitsuo Shimada, Rui Feng, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Chie Takasu :
Establishment of insulin producing cells differentiated from human adipose-derived mesenchymal stem cells using a 3D-culture system with xenoantigen free reagents,
27th International Congress of The Transplantation Society(TTS), Jun. 2018.
10. Yuuma Wada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto and Mitsuo Shimada :
Significance of hypoxia inducible factor-1αexpression in colorectal liver metastasis.,
APASL STC2018, Yokohama, May 2018.
11. Toshiaki Yoshimoto, Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Hiroki Teraoku and Mitsuo Shimada :
The Outcome of Sorafenib Therapy on Unresectable Hepatocellular Carcinoma: Experience of Sorafenib therapy combined with surgical resection or TACE,
APASL STC2018, Yokohama, May 2018.
12. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou and Hiroki Teraoku :
Reduced-port laparoscopic cholecystectomy for young surgeons,
SAGES, Seattle, Apr. 2018.
13. Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Laparoscopic hemi-hepatectomy for liver tumor,
SAGES, Seattle, Apr. 2018.
14. Mitsuo Shimada, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Hiroki Teraoku and Jun Higashijima :
Usefulness of one-stop shop simulation for liver surgery using EOB-MRI.,
SAGES, Seattle, Apr. 2018.
15. Yuuma Wada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Hiroki Teraoku, Shogo Oota, Jun Higashijima and Mitsuo Shimada :
Significance of hypoxia inducible factor-1 expression in liver metastasis of colorectal cancer.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2018.
16. Yuji Morine, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Reduction of T-Box 15gene expression in tumor tissue as a prognostic biomarker for patients with heparocellular carcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2018.
17. Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Masato Yoshikawa, Toshiaki Yoshimoto and Mitsuo Shimada :
Preoperative Prognostic Nutritional Index Predicts Both Short-and Long-Term Outcomes after Liver Resection For Hepatocellular Carcinoma,
AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS 2017(ACS), San Diego, Oct. 2017.
18. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Shuichi Iwahashi, Rui Feng, Yu Saitou, Satoru Imura and Yuji Morine :
The establishmenmt of effective differentiation protocols for insulin-producing cells using 3D culture system from rat adipose-tissue derived mesenchymal stem cell,
18th Congress of the European Society for Organ Transplantation(ESOT), Barcelona, Sep. 2017.
19. Masaaki Nishi, Mitsuo Shimada, Tetsuya Ikemoto, Jun Higashijima, Kouzou Yoshikawa, Hideya Kashihara, Chie Takasu and Daichi Ishikawa :
Prognostic impact of neutrophil-to-lymphocyte ratio in patients with rectal cancer after preoperative chemoradiotherapy,
47th World Congress of Surgery(WCS), バーゼル, Aug. 2017.
20. Rui Feng, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Kouzou Yoshikawa, Toshiaki Yoshimoto and Jun Higashijima :
The impact of red LED irradiation on hepatocytes preservation,
18th Congress of the European Society for Organ Transplantation(ESOT)2017, Barcelona, Aug. 2017.
21. Mitsuo Shimada, Rui Feng, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Toshiaki Yoshimoto and Jun Higashijima :
A new 2-step protocol for human adipose derived mesenchymal stem cell differentiation to insulin-producing cells using xeno-antigen free reagents,
18th Congress of the European Society for Organ Transplantation(ESOT), Barcelona, Aug. 2017.
22. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Masaaki Nishi, Jun Higashijima, Satoru Imura and Yuji Morine :
Clinical impact of Tr1 and FOXP3+regulatory Tcell as precise immunological biomarkers for reflecting cancer status,
47th World Congress of Surgery(WCS), バーゼル, Aug. 2017.
23. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou and Masato Yoshikawa :
Reduced-port laparoscopic cholecystectomy with 3mm minute-diameter forceps.,
SAGES, Houston, Mar. 2017.
24. Satoru Imura, Atsushi Takata, Toshiaki Yoshimoto, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Daichi Ishikawa, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Comparative analysis of the outcome between open and laparoscopic partial liver resection for hepatocellular carcinoma.,
SAGES, Houston, Mar. 2017.
25. Mitsuo Shimada, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Jun Higashijima :
New technology of `One-stop shop' liver surgery simulation equipped with assessment of total and regional liver functional reserve.,
SAGES, Houston, Mar. 2017.
26. Yu Saitou, Yuji Morine, Chie Takasu, Shuichi Iwahashi, Jun Higashijima, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Role of HSF1 expression for tumor microenvironment in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2017.
27. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Daichi Ishikawa, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa and Jun Higashijima :
Treatment strategy for colorectal liver metastases:Clinical impact of FOLFOXIRI regimen for unresectable cases.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2017.
28. Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku and Jun Higashijima :
Characteristics of intrahepatic cholangiocarcinoma according to tumor location.,
ASCO-GI, San Francisco, Jan. 2017.
29. Masato Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Current status and effect of laparoscopic training for young surgeon,
40th World Congress of the International College of Surgeons (ICS 2016), Kyoto, Oct. 2016.
30. Daichi Ishikawa, Tetsuya Ikemoto, Toshiaki Yoshimoto, Atsushi Takata, Masato Yoshikawa, Chie Takasu, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Signigficance of CD4+CD49b+regulatory T cells and Foxp3+regulatory T cells in the peripheral blood of cancer patients,
40th World Congress of the International College of Surgeons (ICS 2016), Kyoto, Oct. 2016.
31. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Masato Yoshikawa, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Recurrent feature after radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma,
4th International Conference of FACO, 廈門, Sep. 2016.
32. Masato Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Daichi Ishikawa, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Elevated preoperative serum CEA levels in patients with HCC is associated with prognosis and EMT,
26th World Congress Of the IASGO 2016, Seoul, Sep. 2016.
33. Masato Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroki Teraoku, Atsushi Takata and Toshiaki Yoshimoto :
Elevated preoperative serum CEA levels in patients with HCC is associated with prognosis and EMT,
第8回日本・モンゴル消化器癌国際シンポジウム, ウランバートル, Aug. 2016.
34. Satoru Imura, Masato Yoshikawa, Daichi Ishikawa, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Our strategy for antibody mediated rejection in living donor liver transplantation,
第8回日本・モンゴル消化器癌国際シンポジウム, ウランバートル, Aug. 2016.
35. Atsushi Takata, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Daichi Ishikawa, Kouzou Yoshikawa and Toshiaki Yoshimoto :
The correlation between serum CA19-9 level and the epigenetic alteration in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
IASGO Advanced Post-Graduate Course in Sendai 2016, Sendai, Apr. 2016.
36. Yu Saitou, Atsushi Takata, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
The effect od HDACi in ADSC differentiation in to insulin producing cells.,
Transplantation Science Symposium (TSS) Asian Regional Meeting 2016, Tokyo, Apr. 2016.
37. Satoru Imura, Takuya Tokunaga, Masayuki Sumitomo, Shin-ichiro Yamada, Chie Takasu, Yu Saitou, Jun Higashijima, Kouzou Yoshikawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Usefulness of telementoring system to develop laparoscopic surgery in rural hospital,
Society American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES 2016), Boston, Mar. 2016.
38. Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Yamada Shinichiro, Teraoku Hiroki, Yoshikawa Masato and Chie Takasu :
Effective stepwise training and procedure-standardization for young surgeons to perform laparoscopic left hepatectomy.,
Society American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES 2016), Boston, Mar. 2016.
39. Yoshikawa Masato, Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Yamada Shinichiro, Yoshimoto Toshiaki and Takata Atsushi :
Elevated preoperative serum CEA levels in patients with HCC is associated with prognosis and EMT.,
The Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Tokyo, Feb. 2016.
40. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Teraoku Hiroki, Yoshikawa Masato, Yoshimoto Toshiaki and Takata Atsushi :
High NEK2 expression in hepatocellular carcinoma patients after hepatectomy,
The Asian Pacific Association for the Study of the Liver, Tokyo, Feb. 2016.
41. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
Treatment strategy for intrahepatic cholangiocarcinoma: From optimal surgical management to adjuvant therapy.,
2016 Gastrointestinal Cancers Symposium, San Francisco, Jan. 2016.
42. Tetsuya Ikemoto :
The clinical impact of CD4+CD49b+regulatory T cells addition to Foxp3+regulatory T cells in cancer patients'immunity,
ACS Chicago 2015, Oct. 2015.
43. Tetsuya Ikemoto :
Japanese Kampo medicine TJ-114 prevebts autoimmune diabetes onsets in nod mice through CD4+CD49B+regulatory T cells,
17th Congress of the European Society for Organ Transplantation (ESOT)2015, Sep. 2015.
44. Teraoku Hiroki, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Higashijima, Yu Saitou and Chie Takasu :
The expression of KI-67 is a useful prognostic factor in patients with colorectal liver metastasis.,
46th World Congress of Surgery (WCS)2015, Aug. 2015.
45. Teraoku Hiroki, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu, Shin-ichiro Yamada, Daichi Ishikawa and Yoshikawa Masato :
The expression of Ki-67 is a useful prognostic factor in patients with colorectal liver metastasis,
IASGO 2015 post graduate course, Tokyo, Jun. 2015.
46. 良元 俊昭, GY Wubetu, Shin-ichiro Yamada, 石川 大地, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Impact of STAT4 expression on cellular immunity and prognosis in hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
47. Shuichi Iwahashi, Yismaw Gizachew, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 and Mitsuo Shimada :
The antitumor effect of epigallocatechin-3-gallate on gastroenterological cancer.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
48. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Hiroshi Shibata and Hidenori Miyake :
Long-term survivors after sorafenib therapy in unresectable hepatocellular carcinoma.,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
49. Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, Jun Higashijima and Chie Takasu :
Impact of FOLFOXIRI regimen on early ``Conversion'' and long-term outcome in patients with initially unresectable colorectal liver metastases,
ASCO-GI 2015 Gastrointestinal Cancers Symposium, Jan. 2015.
50. Hisami Okumura, K Sugihara, M Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Satoru Imura, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Sep. 2014.
51. Hisami Okumura, Kohei Sugihara, Momo Yamamoto, Yutaka Taketani, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Mitsuo Shimada and Eiji Takeda :
Recovery of non-protein respiratory quotient and health related quality of life after living-donor liver transplantation.,
36th European Congress for Nutrition and Metabolism, Geneva, Switzerland 2014, September 6-9, Sep. 2014.
52. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto and Shuichi Iwahashi :
Useless of 3D-virtual hepatectomy and intraoperative navigation system in liver resection,
第28回国際コンピュータ支援放射線医学・外科学会議(CARS), Fukuoka, Jun. 2014.
53. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto and Yu Saitou :
Effects of valporic acid as a histone deacetylase inhibitor in combination with S-1 on advanced pancreatobiliary tract cancers:Clinical study phases and .,
Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI), San Francisco, Jan. 2014.
54. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi and Yu Saitou :
Clinical impact of reflection to expression of EMT marker in intraductal papillary mucinous neoplasm.,
Gastrointestial Cancers Symposium(ASCO-GI), Jan. 2014.
55. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, D Ishikawa, Chie Mikami, Z Chengzhan, A Tajima and I Imoto :
Identification of aberrant DNA methylation profiles in non-tumor liver tissues of patients with non-B, non-C hepatocellular carcinoma.,
Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI), San Francisco, Jan. 2014.
56. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto and Yu Saitou :
Effects of valproic acid as a histone deacetylase inhibitor in combination with S-1 on advanced pancreatobiliary tract cancers: Clinical study phases I and II.,
Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI), San Francisco, Jan. 2014.
57. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi and Yu Saitou :
Clinical impact of reflection to expression of EMT marker in intraductal papillary mucinous neoplasm.,
Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI), San Francisco, Jan. 2014.
58. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Daichi Ishikawa, Chie Takasu, Chengzhan Zhu, Tajima A and Imoto I :
Identification of aberrant DNA methylation profiles in non-tumor liver tissues of patients with non-B, non-C hepatocellular carcinoma.,
Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI), San Francisco, Jan. 2014.
59. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Chie Takasu :
Potential Predictive Factors for Microscopic Portal Invasion in Hepatocellular Carcinoma wwithout Macroscopic Vascular Invasion.,
American College of Surgeons 2013(ACS), Washington, D.C., Oct. 2013.
60. Zhu Chengzhan, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, 石川 大地, A Tajima, I Imoto and Mitsuo Shimada :
Hypomethylation of LINE-1 is associated with a poor prognosis after hepatectomy for patients with hepatocellular carcinoma.,
1st International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology(FACO), 中国, Sep. 2013.
61. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, 石川 大地, Zhu Chengzhan, A Tajima and I. Imoto :
Genome-wide analysis of aberrant DNA methylation profiling in non-tumor liver tissues of patients with non-B non-C hepatocellular carcinoma,
1st International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology(FACO), 中国, Sep. 2013.
62. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 石川 大地 and Bat-Erdene Batsaikhan :
Prediction of Recurrence of Hepatocellular Carcinoma after Curative Hepatectomy Using Preoperative lens Culinaris Agglutinin-Reactive Fraction of Alpha-Fetoprotein(AFP-L3).,
第5回 日本・モンゴル消化器がんシンポジウム, モンゴル, Sep. 2013.
63. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, 石川 大地 and Bat-Erdene Batsaikhan :
Recent Advancements in Liver Surgery : Assessment of Functional Reserve, Simulation, and Navigation.,
第5回 日本・モンゴル消化器がんシンポジウム, モンゴル, Sep. 2013.
64. 石川 大地, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Shuichi Iwahashi and 山田 眞一郎 :
Ompact of Expression of Twist1 and Bmi1 in Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
65. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto and Chie Takasu :
Significance of Stem Cell Markers Expression in Cholangiolocellular Carcinoma.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
66. Mami Kanamoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎 and 石川 大地 :
Impact of Bioelectrical Impedance Analysis in Pancreato-Duodenectomy.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
67. Mami Kanamoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎 and 石川 大地 :
Impact of Bioelectrical Impedance Analysis in Pancreato-Duodenectomy.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
68. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, 山田 眞一郎 and 石川 大地 :
Strategy for Intrahepatic Cholangiocarcinoma: From Cancer Stem Cell to Multidisciplinary.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
69. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Chie Takasu and 山田 眞一郎 :
Recent Advancements in Liver Surgery: Assessment of Funcional Reserve, Simulation and Navigation.,
International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2013(IASGO), ルーマニア, Sep. 2013.
70. Yu Saitou, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, 山田 眞一郎 and Chie Takasu :
The homing effect of adipose-derived stem cells to the injured liver: The shift of stromal cellderived factor 1 expressions.,
The 13th Congress of the Asian Society Of Transplantation 2013(CAST), Kyoto, Sep. 2013.
71. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, 石川 大地, 山田 眞一郎, Yu Saitou, Chie Takasu, Shuichi Iwahashi, Mami Kanamoto, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Toru Utsunomiya, Horohiko Sato and Hidenori Miyake :
The gene profile in the spleen under rat small-for-size graft model using cDNA microarray and pathway analaysis.,
The 13th Congress of the Asian Society Of Transplantation 2013(CAST), Kyoto, Sep. 2013.
72. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi and Yu Saitou :
Successfully treated case of liver transplant recipient with donor-specific antibody against human leukocyte antigen.,
The 13th Congress of the Asian Society Of Transplantation 2013(CAST), Kyoto, Sep. 2013.
73. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, 矢田 圭吾 and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maljunction through both epigenetic and genetic regulation,
International Surgical Week 2013(ISW), ヘルシンキ, Aug. 2013.
74. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa and Mami Kanamoto :
ABO incompatible living donor liver transplantation for HCV positive recipients.,
International Surgical Week 2013(ISW), ヘルシンキ, Aug. 2013.
75. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto and Shuichi Iwahashi :
Successful management of liver transplant recipient with strongly positive donor-specific antibody against human leukocyte antigen.,
International Surgical Week 2013(ISW), ヘルシンキ, Aug. 2013.
76. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, 山田 眞一郎 and Hidenori Miyake :
Laparoscopic hepatic resection for metastatic liver tumor of colorectal cancer: comparative analysis of short and long term results.,
Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons 2013(SAGES), Baltimore, Apr. 2013.
77. Mami Kanamoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 and 石川 大地 :
Laparoscopic surgery using vessel sealing systmen for giant liver cysts.,
Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons 2013(SAGES), Baltimore, Apr. 2013.
78. Mitsuo Shimada, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, Yu Saitou, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura, Toru Utsunomiya and Hidenori Miyake :
Laparoscopic hepatectomy could be the first choice of treatment in selected patients with hepatocellular.,
Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons 2013(SAGES), Baltimore, Apr. 2013.
79. Tetsuya Ikemoto :
Usefulmess of peripheral regulatory T-cells induced by Notch signaling pathway-driven indoleamine 2,3-dioxygenase positive dendritic cell as a biomarker for the decision for IPMN surgical indications.,
Gastrointestinal Cancers Symposium 2013(ASCO-GI), Jan. 2013.
80. 淺野間 理仁, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Horohiko Sato, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎 and Hidenori Miyake :
Treatment Strategy for Advanced Biliary Circinomas:Repeat Resection of Biliary Cancers.,
22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists(IASGO2012), Paris, Dec. 2012.
81. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, Horohiko Sato and Hidenori Miyake :
Treatment strategy based on the characteristics of non-tumor liver tissues in patients.,
22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists(IASGO2012), Paris, Dec. 2012.
82. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Horohiko Sato and Hidenori Miyake :
Impact of dendritic cell-induced regulatory T cell as a possible novel biomarker for surgical indication of IPMN.,
22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists(IASGO2012), Paris, Dec. 2012.
83. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 and 石川 大地 :
Recent Advancement of Surgical Treatment Of Liver Cancer.,
22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists(IASGO2012), Paris, Dec. 2012.
84. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine and Hidenori Miyake :
A New Anatomical Resection of the Liver Based on hybrid Concept of Portal Perfusion of Anterior Segment and Venous Drainage of Superior Right Hepatic Vein.,
22nd World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists(IASGO2012), Paris, Dec. 2012.
85. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, 杉本 光司, 齋藤 裕 and 山田 眞一郎 :
Molecular Characteristics of Non-Tumor Liver Tissues May Help to Determine Therapeutic Strategy in Patients with Hepatocellular Carcinoma.,
American College Of Surgeons Annual Crinical Congress(ACS2012), Sep. 2012.
86. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Tomohiko Miyatani, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and Enkhbold Chinbold :
One-Stop Shopping for 3-Dimensional Anatomy of Hepatic Vasculature and Bile Duct with a Special Reference to Biliary Image Reconstruction.,
American College Of Surgeons Annual Crinical Congress(ACS2012), Chicago, Sep. 2012.
87. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Nobuhiro Kurita, Horohiko Sato, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Tomohiko Miyatani, 柏原 秀也 and 淺野間 理仁 :
Simultaneous laparoscopic resection of primary colorectal cancer and metastatic liver tumor.,
4th Japanese-Mongolian International Cancer Joint Symposium, ウランバートル, Sep. 2012.
88. 松本 規子, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka and Hidenori Miyake :
Role of CD151 expression in gallbladder carcinoma.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
89. Tomohiko Miyatani, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori and Jun Hanaoka :
Chemotherapeutic regimen to reduce the liver damage by oxaliplatin-based chemotherapy and to enhance conversion in patients with initially unresectable colorectal liver metastases.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
90. 寺奥 大貴, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mami Kanamoto and Hidenori Miyake :
Active resection for heterochronial triple cholangiocellar carcinomas.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
91. 石川 大地, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto and Hidenori Miyake :
Impact of TJ-137 administration for the prevention of asverse events during chemotherapy in patients with advanced pancreatic cancer patients.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
92. 杉本 光司, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori and Hidenori Miyake :
Usefulness of evaluating functional of the liver using EOB-MRI and indocyanin green fluorescence navigation during operation for safe and curative hepatectomy.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
93. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Jun Hanaoka, Tomohiko Miyatani and Mami Kanamoto :
Impact of human adipose tissue derived regenerative cell for cryopreserved porcine islets.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
94. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 齋藤 裕 and Hidenori Miyake :
Treatment strategy for advanced biliary carcinomas: Aspecial reference to adjuvant chemotherapy and repeated hepatectomy for intrahepatic recurrence.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
95. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Mami Kanamoto, Tomohiko Miyatani, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine and Hidenori Miyake :
A new hepatectomy based on a hybrid concept of portal perfusion of anterior segment and venous drainage area of suoerior right hepatic vein.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
96. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maliunction through both epigenetic and genetic pathway.,
10th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2012), Paris, Jul. 2012.
97. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Tomohiko Miyatani, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 淺野間 理仁 :
Indoleamine 2, 3-dioxygenase (IDO) and jagged 1 expression on dendrtic cells reflect peripheral regulatory T cells in pancreatic neoplasms.,
Digestive Disease Week (DDW2012), San Diego, May 2012.
98. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in the biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maljunction.,
Digestive Disease Week (DDW2012), San Diego, May 2012.
99. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Satoru Imura :
Possible utility of MRI using Gd-EOB-DTPA for estimating liver functional reserve.,
Journal of Gastroenterology, Vol.47, No.4, 470-476, Apr. 2012.
(DOI: 10.1007/s00535-011-0513-8,   PubMed: 22170416,   Elsevier: Scopus)
100. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 :
Specific miRNA expression profiles of non-tumor liver tissues predict the risk for multicentric occurrence of hepatocellular carcinoma.,
American Association for Cancer Research (AACR2012), Chicago, Mar. 2012.
101. 吉川 雅登, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto and Hidenori Miyake :
Laparoscope-assisted hepatic resection for gallbladder cancer.,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2012), San Diego, Mar. 2012.
102. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 杉本 光司 and Hidenori Miyake :
Laparoscopic hepatic resection for hepatocellular carcinoma: comparative analysis of short and long term results.,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2012), San Diego, Mar. 2012.
103. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka and Hidenori Miyake :
Feasibility of laparoscopic hepatectomy for intrahepatic cholangiocarcinoma.,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2012), San Diego, Mar. 2012.
104. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 浅野間 理仁 :
Action of SDF-1/CXCR4 axis in liver metastasis of colorectal cancer.,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2012), San Francisco, Jan. 2012.
105. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Usefulness of gemcitabine combined with 5-fluorouracil and cisplatin (GFP) for patients with advanced biliary carcinoma as a postoperative adjuvant chemotherapy.,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2012), San Francisco, Jan. 2012.
106. Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine, Tomohiko Miyatani, Horohiko Sato and Nobuhiro Kurita :
Effect of bevacizmab on sinusoidal injury in patients receiving oxaliplatin-based chemotherapy and liver damage after massive hepatectomy in rats.,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2012), San Francisco, Jan. 2012.
107. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Beneficial effects of adiose-derived stem cells on severe hepatic damage due to hepatectomy and ischemia reperfusion injury in mice.,
21st World Congress of the International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologigts(IASGO2011), Tokyo, Nov. 2011.
108. Jun Hanaoka, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Bevacizumab ameliorates sinusoidal injury after oxaliplatin-based chemotherapy and enhances liver regeneration after hepatectomy.,
21st World Congress of the International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologigts(IASGO2011), Tokyo, Nov. 2011.
109. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 and Hidenori Miyake :
Application of EOB-MRI as the preoperative simulation for liver surgery: simultaneous evaluation of liver function and volume.,
21st World Congress of the International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologigts(IASGO2011), Tokyo, Nov. 2011.
110. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 and Hidenori Miyake :
Molecular signatures of noncancerous liver tissue can predict the risk for late recurrence of hepatocellular carcinoma.,
21st World Congress of the International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologigts(IASGO2011), Tokyo, Nov. 2011.
(DOI: 10.1007/s00535-009-0164-1,   PubMed: 19997856,   Elsevier: Scopus)
111. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 and Hidenori Miyake :
Effects of gemcitabine combined with 5-fluorouracil and cisplatin (GFP) for patients with unresectable biliary carcinoma and its possible usefulness for postoperative adjuvant chemotherapy.,
21st World Congress of the International Association of surgeons, Gastroenterologists and Oncologigts(IASGO2011), Tokyo, Nov. 2011.
112. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
CD44 Expression Can Predict Prognosis of Intrahepatic Cholangiocarcinoma.,
97th Clinical Congress of American college of Srgeons (ACS), San Francisco, Oct. 2011.
113. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 浅野間 理仁 :
Cytoprotective effect of human adipose tissue derived stem cell on porcine islet cells.,
12th Congress of the Asian Society of Transplantation (CAST2011), Seoul, Sep. 2011.
114. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Tetsuya Ikemoto, 山田 眞一郎, Yuji Morine, Satoru Imura, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司 and 浅野間 理仁 :
The possibility of adipose-derived stem cells for an alternative therapy for liver failure.,
12th Congress of the Asian Society of Transplantation (CAST2011), Seoul, Sep. 2011.
115. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, 岩橋 衆一 and 松本 慎一 :
The role of donor specific regulatory T cells expanded by interferon-gamma inducible indoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)+ plasmacytoid dendritic cell.,
12th Congress of the Asian Society of Transplantation (CAST2011), Seoul, Sep. 2011.
116. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Impact of left lobe graft on adult living donor liver transplantation : small-for-size graft is not a risk factor for short and long outcome.,
12th Congress of the Asian Society of Transplantation (CAST2011), Seoul, Sep. 2011.
117. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 杉本 光司, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Ischemia reperfusion injury enhances SDF1 expressions and hhoming of adipose derived regenerative cells in the liver.,
8th International Smposium on Minimal Residual Cancer (ISMRC2011), Osaka, Sep. 2011.
118. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Peripheral regulatory Tcell induced by Indoleamine 2,3-dioxygenase as a precise biomarker of pancreatic neoplasms.,
8th International Smposium on Minimal Residual Cancer (ISMRC2011), Osaka, Sep. 2011.
119. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Role of histone deacetylase expression in IHCC: A possible epigenetic regulation of cancer stem cell.,
8th International Smposium on Minimal Residual Cancer (ISMRC2011), Osaka, Sep. 2011.
120. 石川 大地, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, Kume Hisae and Sasaki Hajime :
Whey protein isolate,MEIN®, can reduce liver damege early after living donor liver transplantation.,
European Society for Organ Transplantation, glasgow, Sep. 2011.
121. 浅野間 理仁, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 山田 眞一郎 :
Cytoprotective effect of human adipose tissue derived regenerative cell on porcine islet cells.,
European Society for Organ Transplantation, Sep. 2011.
122. Hiroki Mori, Mitsuo Shimada, 齋藤 裕, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 岩橋 衆一, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 :
The possibility of adipose-derived regenerative cells for an alternative therapy for liver failure.,
European Society for Organ Transplantation, glasgow, Sep. 2011.
123. Yusuke Arakawa, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 :
Chance of salvage transplantation after primary hepatectomy for hepatocellular carcinoma: a special reference to up-to-7 criteria.,
European Society for Organ Transplantation, glasgow, Sep. 2011.
124. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 :
Impact of left lobe graft on adult living donor liver transplantation: small-for-size graft is not a risk factor for short and long outcome.,
European Society for Organ Transplantation, glasgow, Sep. 2011.
125. 杉本 光司, 松本 慎一, Tetsuya Ikemoto, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 and Mitsuo Shimada :
The immunological tolerance effects of donor specific regulatory T cells through interferon-gamma inducible indoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)+plasmacytoid dendritic cell.,
European Society for Organ Transplantation, Glasgow, Sep. 2011.
126. Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Hiroki Mori, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 and Toru Utsunomiya :
Regeneration of caudate lobe in extended left lobe graft including caudate lobe after living donor liver transplantation.,
European Society for Organ Transplantation, glasgow, Sep. 2011.
127. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Hidenori Miyake :
Comparison of short-term outcome and surgical stress response to laparoscopic and open hemihepatectomy.,
International Surgical Week, Yokohama, Aug. 2011.
128. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Mami Kanamoto :
Green Tea Catechins Improve Liver Dysfunction Following Massive Hepatectomy Through Anti-Oxidative and Anti-Inflammatory Activities in Rat.,
Digestive Disease Week, Chicago, May 2011.
129. 山田 眞一郎, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 浅野間 理仁 :
Effect of histone deacetylase inhibitor in combination with 5-fluorouracil on pancreas cancer and cholangiocarcinoma cell line.,
102nd American Association for Cancer Research (AACR2011), Orlando, Apr. 2011.
130. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 and Mami Kanamoto :
Role of histone deacetylase expression in intrahepatic cholangiocarcinoma.,
102nd American Association for Cancer Research, Orlando, Apr. 2011.
131. Jun Hanaoka, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Shuichi Iwahashi and Yu Saito :
Utility of hybrid sils with minute diameter forceps in cholecystectomy,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2011), テキサス, Mar. 2011.
132. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Nobuhiro Kurita and Hidenori Miyake :
Minimal Invasiveness of laparoscopic left hepatic lobectomy : A special referece to systemic inflammatory response syndrome,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2011), テキサス, Mar. 2011.
133. Yu Saito, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Shuichi Iwahashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori and Jun Hanaoka :
Role of histone deacetylase expression on regulating cancer stem cells in intrahepatic cholangiocarcinoma,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2011), San Francisco, Jan. 2011.
134. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Yu Saito :
Effect of a histone deacetylase inhibitor on antitumor effect of gemcitabine to focus the gene network of ingenuity pathways analysis,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2011), San Francisco, Jan. 2011.
135. Hiroki Mori, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito and Shinichiro Yamada :
The impact of bevacizumab on liver regeneration following hepatectomy in rats,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2011), San Francisco, Jan. 2011.
136. Mitsuo Shimada, Masanori Nishioka, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Yuji Morine and Toru Utsunomiya :
Impact of FOLFOXIRI plus bevacizumab on resectability and survival in patients with initially unresectable liver metastases from colorectal cancer,
Gastrointestinal Cancers Symposium:Science and Multidiscriplinary Management of GI Malignancies (ASCO-GI 2011), San Francisco, Jan. 2011.
137. Michihito Asanoma, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito and Shinichiro Yamada :
Role of regulatory T cell and IDO as a biomarker for pancreatic IPMN,
20th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO), エジプト, Oct. 2010.
138. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Yu Saito and Michihito Asanoma :
Histone deacetylase inhibitor enhances anti-tumor effect of gemcitabine on pancreatic cancer and cholangiocarcinoma cell line,
20th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO), エジプト, Oct. 2010.
139. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Michihito Asanoma and Shinichiro Yamada :
Role of human adipose tissue-derived stem cells in gastroenterological disorders,
20th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO), エジプト, Oct. 2010.
140. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Yu Saito :
Systematic anatomical hepatic repatic resection under preceding US-guided glissonean control by thermal ablation,
アジアハイパーサーミア腫瘍学会第5回大会・日本ハイパーサーミア学会第27回大会合同大会, Fukuoka, Sep. 2010.
141. Yu Saito, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka and Shuichi Iwahashi :
The correlation between cancer stem like cells and epigenetic alteration in intrahepatic cholangiocarcinoma,
The 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society(ACOS2010), Gifu, Aug. 2010.
142. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saito and Shinichiro Yamada :
Indolamine 2,3-deoxygenase (IDO) has influences for the aggressiveness of IPMN through Foxp3+CD4+CD25+Tcell (Treg) in peripheral blood,
The 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society(ACOS2010), Gifu, Aug. 2010.
143. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi and Yu Saito :
Laparoscopic left liver resection: Technical refinement for standardization of laparoscopic left hepatic lobectomy,
The 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society(ACOS2010), Gifu, Aug. 2010.
144. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi and Yu Saito :
Timing of salvage transplantation after primary hepatectomy for hepatocellular carcinoma: a special reference to recurrence pattern and Up-to-7 criteria,
The 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society(ACOS2010), Gifu, Aug. 2010.
145. Shinichiro Yamada, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Hiroki Mori, Shuichi Iwahashi, Yu Saito, Yuko Kawata and Hidenori Miyake :
Effect Rikkunshito, a kampo medicine, for gastro-intestinal sympotoms after pylorus-preserving pancreto-duodenectomy (PpPD),
9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2010), ブエノスアイレス, Apr. 2010.
146. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Masato Komatu, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Yu Saito and Yuko Kawata :
Effect of humen adipose-tissue derived-mesenchymas stem cell on streptozotocin-induced diabetic nude mice,
9th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association (IHPBA2010), ブエノスアイレス, Apr. 2010.
147. Satoru Imura, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Nobuhiro Kurita and Hidenori Miyake :
Laparoscopic resection of the left liver Technical refinements for standardization-,
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES2010), Washington, D.C., Apr. 2010.

国内講演発表:

1. 寺奥 大貴, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地, 髙須 千絵 :
Epigallocatechin gallateは安全性の高い新規抗腫瘍剤として有用である,
2. 太田 昇吾, 島田 光生, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 岩橋 祥子 :
Insulin-producing cell(IPC)分化成熟と亜鉛イオン濃度相関に関する研究,
第18回日本再生医療学会総会, 2019年3月.
3. 和田 佑馬, 池本 哲也, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 太田 昇吾, 岩橋 祥子, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からのインスリン産生細胞分化誘導に関する研究,
第18回日本再生医療学会総会, 2019年3月.
4. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭 :
肝胆膵領域癌におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第52回制癌剤適応研究会, 2019年3月.
5. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
第33回四国内視鏡外科研究会, 2019年2月.
6. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
Lenvatinib投与中に呼吸不全を併発し急激な悪化の転機をたどった肝細胞癌多発肺転移の1例,
第2回徳島外科医会, 2019年2月.
7. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
2019年2月.
8. 和田 佑馬, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 馮 睿, 島田 光生 :
腫瘍関連マクロファージに着目した肝癌細胞悪性度上昇の検討,
第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月.
9. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月.
10. 和田 佑馬, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 西 正暁, 居村 暁, 島田 光生 :
膵島保護におけるNrf2を介した Epigallocatechin-3-gallate (EGCG)の効果,
第48回創傷治癒学会, 2018年11月.
11. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
肝切除における術中手術支援のブレイクスル- -Virtual Reality & 肝離断Navigation –,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
12. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Evaluation of liver function for safe and radical hepatectomy in elderly patients (高齢者肝切除の安全性・根治性向上のための肝機能評価),
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
13. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
大腸癌切除不能両葉多発肝転移におけるConversion後予後に関する検討-FOLFOXIRI療法の有用性-,
第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月.
14. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
当科における腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化と成績に関する検討,
第10回膵臓内視鏡外科研究会・第12回肝臓内視鏡外科研究会, 2018年11月.
15. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 馮 睿, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
肝癌細胞におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第29回日本消化器癌発生学会総会, 2018年11月.
16. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
肝癌細胞におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
JDDW2018, 2018年11月.
17. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝癌細胞におけるNrf2に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
18. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 良元 俊昭, 太田 昇吾 :
MRI拡散強調画像から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月.
19. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
脳死肝移植ドナー不足解消にむけての取り組み-医療系学生に対するDonor Action(命の授業)の必要性-,
第54回日本移植学会総会, 2018年10月.
20. 和田 佑馬, 池本 哲也, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 居村 暁, 島田 光生 :
Nrf2経路によるEGCGの膵島保護効果,
第54回日本移植学会総会, 2018年10月.
21. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
臨床応用を目指した間葉系幹細胞から創生されるインスリン産生細胞による糖尿病の治療法確立に関する研究,
第54回日本移植学会総会, 2018年10月.
22. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 杉本 真樹, 島田 光生 :
Virtual Realityを用いた肝切除における術中手術支援,
第13回肝癌治療シミュレーション研究会, 2018年9月.
23. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Nrf2ActivationDriveMacrophagesPolarizationAndCancerCellEpithelial-Mesenchymal Transition During Interaction,
第77回日本癌学会学術集会, Sep. 2018.
24. 池本 哲也, 島田 光生, 太田 昇吾, 和田 佑馬, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
膵癌患者における末梢血Tr1細胞が反映するPDL-1発現の意義に関する検討,
第77回日本癌学会学術集会, 2018年9月.
25. 山田 眞一郎, 和田 佑馬, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
造影効果から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第54回日本胆道学会学術集会, 2018年9月.
26. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 良元 俊昭, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
長期予後に着目した膵全摘症例の検討-近年の化学療法の発展に伴う治療選択肢として-,
第27回消化器疾患病態治療研究会, 2018年9月.
27. 良元 俊昭, 島田 光生, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
Nrf2に着目した肝癌細胞における腫瘍関連マクロファージ活性化の検討,
第18回日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年7月.
28. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
EOB-MRIは肝予備能を加味した術前simulationとして有用である,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
29. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 杉本 真樹, 島田 光生 :
肝切除における解剖把握のためのVirtual Reality(VR)によるSimulationと術中手術支援,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
30. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 寺奥 大貴, 太田 昇吾 :
NCDデータからみた地方における消化器外科手術の特色と安全性評価に関する検討,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
31. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
肝内胆管癌に対する総合的治療戦略,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
32. 居村 暁, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
手技定型化とstepwise training による安全な腹腔鏡下肝左葉切除,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
33. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
CT動脈相の造影効果から見た肝内胆管癌の腫瘍悪性度に関する検討,
第73回日本消化器外科学会総会, 2018年7月.
34. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
長期予後に着目した膵全摘症例の検討-近年の化学療法の発展に伴う治療選択肢として-,
第49回日本膵臓学会大会, 2018年6月.
35. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 常山 幸一, 島田 光生 :
症例,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
36. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
肝星細胞はIL-6を介して肝癌細胞の悪性度増強・転移促進に寄与する,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
37. 齋藤 裕, 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 東島 潤 :
同時性大腸癌肝転移に対する治療戦略,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
38. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
肝内胆管癌に対する総合的治療戦略,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
39. 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝癌に対する腹腔鏡肝切除の現状と今後の適応拡大,
第54回日本肝癌研究会, 2018年6月.
40. 岩橋 祥子, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 島田 光生, 常山 幸一 :
自然退縮を認めたInflammatory hepatocellular adenomaの一例,
第109回日本消化器病学会四国支部例会, 2018年6月.
41. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
集学的治療としての膵全摘症例の検討,
第109回日本消化器病学会四国支部例会, 2018年6月.
42. 池本 哲也, 島田 光生, 加藤 真介, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
消化器・移植外科から発信する手術室の医療安全と効率化の両立,
第43回日本外科系連合学会学術集会, 2018年6月.
43. Yu Saitou, Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, 杉本 真樹 and Mitsuo Shimada :
Simulation and intraoperative support with virtual reality (VR)for anatomical grasp in hepatectomy.,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
44. Shuichi Iwahashi, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou and Hiroki Teraoku :
Usefulness of 'one-stop shop' liver surgery simulation including estimation of total and regional liver functional reserve using EOB-MRI,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
45. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Hiroki Teraoku :
Investigations for total pancreatectomy-focused on short-and long-term outcome-,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
46. Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Hiroki Teraoku, Jun Higashijima, Chie Takasu and Mitsuo Shimada :
Treatment guidance in resectable colorectal liver metastasis.,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
47. Satoru Imura, Hiroki Teraoku, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Our educational system for safe and reliable hepatectomy.,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
48. Hiroki Teraoku, Tetsuya Ikemoto, Shogo Oota, Yuuma Wada, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Satoru Imura, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Preoperative care and surgical management for elderly and/or high-risk patients,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
49. Yuuma Wada, Yuji Morine, Hiroki Teraoku, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, shogo ohta and Mitsuo Shimada :
Significance of hypoxia inducible factor-1 expression in liver metastasis of colorectal cancer.,
第30回日本肝胆膵外科学会学術集会, Jun. 2018.
50. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
末梢血Tr1比率はIPMNの悪性度評価に有用である,
第27回日本癌病態治療研究会, 2018年5月.
51. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
発光ダイオード(LED)の波長強度可変装置による肝細胞保護に関する研究,
第36回日本肝移植研究会, 2018年5月.
52. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 寺奥 大貴, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
医療系学生に対するDonor Actionの必要性- 移植医療理解・意思表示率向上にむけての取り組み –,
第36回日本肝移植研究会, 2018年5月.
53. 東島 潤, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 吉川 幸造, 森 大樹, 徳永 卓哉, 西 正暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 矢田 圭吾 :
Academic surgeon 育成のための新たな研修への取り組み―大学病院と市中病院の新たな連携―,
第36回臨床研修研究会, 2018年4月.
54. 池本 哲也, 島田 光生, 髙須 千絵, 和田 佑馬 :
IPMN悪性度診断に関する免疫学的パラメーターとIL-10発現に関する研究,
第104回日本消化器病学会総会, 2018年4月.
55. 宮崎 克己, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 常山 幸一, 島田 光生 :
自然退縮を認めたInflammatory hepatocellular adenomaの一例,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
56. 齋藤 裕, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
Epigallocatechin gallate(EGCG)による脂肪由来間葉系幹細胞(ADSC)からInsulin producing cell(IPC)への効率的な分化誘導に関する研究,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
57. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 杉本 真樹, 島田 光生 :
肝予備能を加味したOne Stop Shop SimulationとMixed realityによる新たなNavigation,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
58. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 東島 潤 :
同時性大腸癌肝転移に対する治療戦略,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
59. 居村 暁, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Lifting methodを駆使した安全・確実な開腹肝切除,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
60. 和田 佑馬, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 太田 昇吾, 島田 光生 :
大腸癌肝転移におけるHypoxia Inducible Factor-1発現の意義 -肝転移巣・原発巣における腫瘍悪性度評価-,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
61. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
肝内胆管癌の造影効果による腫瘍悪性度評価の検討,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
62. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 寺奥 大貴 :
Epigallocatechin-3-gallateはNrf2を介して 膵島保護作用を有する,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
63. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 寺奥 大貴, 太田 昇吾 :
臨床応用を目指した間葉系幹細胞から創生されるインスリン産生細胞による糖尿病の治療法確立に関する研,
第118回日本外科学会定期学術集会, 2018年4月.
64. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
Sorafenib投与症例におけるHCC長期生存例の検討,
第51回 制癌剤適応研究会, 2018年3月.
65. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
肝星細胞はIL-9を介して肝癌細胞増強・転移促進に寄与する,
第51回 制癌剤適応研究会, 2018年3月.
66. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
肝星細胞はIL-6を介して肝癌細胞増強・転移促進に寄与する,
第17回 日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年1月.
67. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
当科における腹腔鏡(補助)下膵体尾部切除術の検討,
第9回膵臓内視鏡外科研究会, 2017年12月.
68. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 杉本 真樹, 島田 光生 :
若手医師による術前術中3Dsimulation画像を用いた腹腔鏡下手術の定型化,
第11回肝臓内視鏡外科研究会, 2017年12月.
69. 居村 暁, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
手技定型化による安全な腹腔鏡下肝左葉切除,
第11回肝臓内視鏡外科研究会, 2017年12月.
70. 和田 佑馬, 池本 哲也, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 太田 昇吾, 居村 暁, 島田 光生 :
Nef2-Keap1経路の膵島保護作用におけるEpigallocatechin-3-gallate(EGCG)の役割,
第47回日本創傷治癒学会, 2017年11月.
71. 岩橋 祥子, 池本 哲也, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
併存疾患多数のStageⅣa膵体部癌に対し集学的補助で化学療法jを導入し長期生存を得た一例,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
72. 太田 昇吾, 和田 佑馬, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
初回切除後再発膵癌に対する再切除の有用性,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
73. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 太田 昇吾 :
超高齢者に対する肝切除の妥当性に関する検討 -85歳以上の超高齢者にも肝切除は安全に施行可能である,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
74. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
Modified de-rotation法による完全動脈先行処理を用いた膵頭十二指腸切除術,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
75. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 髙須 千絵, 東島 潤 :
大腸癌切除不能両葉多発肝転移に対するFOLFOXIRI療法の有用性,
第79回日本臨床外科学会総会, 2017年11月.
76. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾 :
One stop shopを目指したEOB-MRIによる部分切除術肝機能評価,
第26回日本コンピュータ外科学会大会, 2017年10月.
77. 和田 佑馬, 森根 裕二, 吉川 幸造, 東島 潤, 西 正暁, 岩橋 衆一, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
青色LED光は光受容体(opsin3)を介し癌細胞増殖を抑制する,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
78. 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
肝内胆管癌における局在・浸潤形式別悪性度,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
79. 岩橋 衆一, ガイベ アハマド アンマール, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
人工知能を用いた肝細胞癌再発予測因子の検討,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
80. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 太田 昇吾, 寺奥 大貴, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 島田 光生 :
肝切除におけるVirtual Reality(VR) 画像を駆使した胆管解剖把握のための術中Navigation System,
第12回肝癌治療シミュレーション研究会, 2017年9月.
81. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
IL driven IL-10 Tr1細胞による細胞レベルのRO/R1手術達成評価に関する検討,
第76回日本癌学会学術総会, 2017年9月.
82. 寺奥 大貴, 池本 哲也, 和田 佑馬, 太田 昇吾, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生, 常山 幸一 :
単純性嚢胞との鑑別に苦慮したnonmucinous cyctadenoma の1例,
第67回日本消化器画像診断研究会, 2017年9月.
83. 寺奥 大貴, 池本 哲也, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 和田 佑馬, 太田 昇吾, 居村 暁, 島田 光生 :
Nrf2-Keap1制御系を介したEpigallocatechin-3-gallate(EGCG)による膵島保護作用に関する検討,
第53回日本移植学会総会, 2017年9月.
84. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
膵島移植に対するブレイクスルーとしてのAdipose tissue derived stem cellsからの効果的Insulin-producing cells創生,
第53回日本移植学会総会, 2017年9月.
85. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 寺奥 大貴, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するDonor Actionの必要性について,
第53回日本移植学会総会, 2017年9月.
86. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
赤色発光ダイオード(LED)は肝細胞保護作用を有する,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
87. 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 市井 啓仁, 島田 光生 :
転写因子制御による肝虚血再灌流障害の新たな治療法の開発,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
88. 髙田 厚史, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
Epigallocatechin-3-gallate(EGCG)によるNrf2-Keap1制御系を介した膵島保護作用に関する検討,
第72回日本消化器外科学会総, 2017年7月.
89. 齋藤 裕, 島田 光生, 瓜生原 葉子, 居村 暁, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するDonor Actionの必要性について,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
90. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史 :
One stop shopを目指したEOB-MRIによる部分肝機能評価,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
91. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 東島 潤 :
大腸癌肝転移に切除基準と腫瘍悪性度評価,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
92. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登 :
肝胆膵手術における人工膵臓血糖管理の有用性に関する検討,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
93. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
肝内胆管癌における局在・浸潤形式別悪性度,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
94. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
高度門脈侵襲陽性肝癌に対する集学的治療戦略,
第72回日本消化器外科学会総会, 2017年7月.
95. 齋藤 裕, 奥村 仙示, 森根 裕二, 平山 明由, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた肝切除後代謝物解析と肝再生因子の解明,
日本外科代謝栄養学会第54回学術集会, 2017年7月.
96. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 常山 幸一 :
症例,
第53回日本肝癌研究会, 2017年7月.
97. 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 島田 光生 :
術前Prognostic nutritional index(PNI)は肝癌術後短期・長期予後予測因子になる,
第53回日本肝癌研究会, 2017年7月.
98. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
超高齢者に対する肝切除の妥当性に関する検討,
第53回日本肝癌研究会, 2017年7月.
99. 居村 暁, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
ntermediate stage肝癌に対する肝切除の有用性,
第53回日本肝癌研究会, 2017年7月.
100. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登 :
NBNC肝細胞癌における臨床病理学的・分子生物学的特徴の解析,
第53回日本肝癌研究会, 2017年7月.
101. 岩橋 祥子, 池本 哲也, 島田 光生, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二, 常山 幸一 :
単純性嚢胞との鑑別に苦慮した極めて稀な膵嚢胞の1例,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
102. 池本 哲也, 島田 光生, 加藤 真介, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 森根 裕二 :
徳島大学病院GRMからみた手術室安全管理の取り組み,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
103. 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるSFRP1発現低下は予後不良因子となる,
第16回日本肝がん分子標的治療研究会, 2017年6月.
104. 太田 昇吾, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴 :
超高齢者に対する肝切除の妥当性に関する検討-85歳以上の超高齢者にも安全に施行可能である-,
第107回日本消化器病学会四国支部例, 2017年6月.
105. 居村 暁, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Intermediate stageの肝癌に対する切除の有効性の検討,
第53回日本肝臓学会総会, 2017年6月.
106. Yuuma Wada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Mitsuo Shimada :
Treatment outcome for recurrent pancreatic cancer,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
107. Shuichi Iwahashi, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
Predictability of postoperative recurrence on hepatocellular carcinoma through the alternating decision tree,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
108. Rui Feng, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Satoru Imura, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Mitsuo Shimada :
Photobiomodulation with red light emitting diodes accelerates hepatocytes proliferation through ROS/ERK pathway,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
109. Hiroki Teraoku, Mitsuo Shimada, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou and Masato Yoshikawa :
EOB-MRI is useful for `one stop shop` modality based on functional liver volume,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
110. Masato Yoshikawa, Yuji Morine, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Atsushi Takata, Toshiaki Yoshimoto and Mitsuo Shimada :
Stylization of laparoscopic surgery using 3D simulation for young surgeo,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
111. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Daichi Ishikawa, Masato Yoshikawa, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Satoru Imura and Yuji Morine :
Tr1 cells and Foxp3+regulatory T cell as a diagnostic biomarker for reflecting pathological agressiveness of cystic neoplasm of pancreas,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
112. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Shuichi Iwahashi, Yu Saitou, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
Treatment strategy for colorectal liver matastasis-Surgical criteria for initially resectable and assessment toward conversion for unresectable cases-,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会, Jun. 2017.
113. Satoru Imura, Atsushi Takata, Toshiaki Yoshimoto, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Daichi Ishikawa, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine and Mitsuo Shimada :
Liver resection for hepatocellular carcinoma of BCLC intermediate stage,
第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(第6回アジア太平洋肝胆膵学会), Jun. 2017.
114. Yu Saitou, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto and Mitsuo Shimada :
Preoperative prognostic nutritional index (PNI) predicts both short and long-term outcomes after liver resection for hepatocellular carcinoma.,
IASGO Advanced Postgraduate Course in Yokohama, Jun. 2017.
115. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するDonor Actionの必要性について,
第35回日本肝移植研究会, 2017年6月.
116. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞は消化器担癌状態におけるバイオマーカーとして有用である,
第26回日本癌病態治療研究会, 2017年6月.
117. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
肝葉切除術後に施行した膵切除術2例の経験,
第71回手術手技研究会, 2017年5月.
118. 宮崎 克己, 齋藤 裕, 森根 裕二, 常山 幸一, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 島田 光生 :
限局性結節性過形成(FNH)術後に再発増殖し肝不全で死亡した一例,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
119. 太田 昇吾, 森根 裕二, 吉川 雅登, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 髙須 千絵, 東島 潤, 島田 光生 :
膵癌術後残膵再発に対する再切除導入効果の検証,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
120. 良元 俊昭, 吉川 幸造, 森根 裕二, 東島 潤, 西 正暁, 柏原 秀也, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
青色LED光は光受容体(opsin)を介し癌細胞増殖を抑制する,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
121. 寺奥 大貴, 島田 光生, 池本 哲也, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
当科における膵全摘症例の検討-術後短期成績・長期予後の両面に着目して-,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
122. 吉川 雅登, Rui Feng, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 髙須 千絵, 東島 潤, 島田 光生 :
肝細胞に対するROS/ ERK pathwayを介した赤色LED光の細胞増殖促進効果,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
123. 石川 大地, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
大腸癌の発癌・腫瘍進展におけるmicroRNA-449aの意義,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
124. 川下 陽一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 石川 大地, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるHSF1発現の意義,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
125. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史 :
Cancer-associated fibroblastsを介した膵癌細胞におけるnab-paclitaxelの効果,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
126. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞による腫瘍免疫状態を反映する免疫学的バイオマーカー探索,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
127. 居村 暁, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 東島 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝切除シミュレーション・ナビゲーションを駆使した若手教育法の確立,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
128. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
発光ダイオード(LED)の波長強度可変装置による肝細胞保護に関する研究,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
129. 齋藤 裕, 奥村 仙示, 森根 裕二, 平山 明由, 梶浦 大資, 多々納 浩, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 島田 光生 :
メタボローム解析を用いた肝切除後代謝物解析と肝再生因子の解明,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
130. 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 東島 潤, 髙須 千絵 :
大腸癌肝転移における治療指針 - 原発・転移巣の腫瘍悪性度は相関しない?,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
131. 森根 裕二, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 島田 光生 :
「胆道拡張症,膵・胆管合流異常症の標準術式は?-小児外科および成人外科の立場から-」,
第117回日本外科学会定期学術集会, 2017年4月.
132. 池本 哲也, 東島 潤, 島田 光生 :
Tr1細胞を用いた免疫学的側面から見たIPMNの生物学的悪性度評価に関する研究,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
133. 齋藤 裕, 森根 裕二, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるHeat shock factor 1(HSF1)発現の意義,
第50回制癌剤適応研究会, 2017年3月.
134. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
末梢血Tr1細胞とFoxp3陽性調節性T細胞は消化器担癌状態におけるバイオマーカーとして有用である,
第50回制癌剤適応研究会, 2017年3月.
135. 髙田 厚史, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 齋藤 裕, 居村 暁, 島田 光生 :
Epigallocatechin-3-gallate(EGCG)によるNrf2-Keap1制御系を介した膵島保護作用に関する検討,
第44回 日本膵・膵島移植研究会, 2017年3月.
136. 池本 哲也, 島田 光生, 岩橋 衆一, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁 :
8 ADSCによるInsulin-producing cell(IPCs)作成における効果的新規分化誘導方法に関する検討,
第44回 日本膵・膵島移植研究会, 2017年3月.
137. 岩橋 衆一, 島田 光生, 池本 哲也, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
465nm-LED光照射による癌幹細胞制御に関する研究,
第16回日本再生医療学会総会, 2017年3月.
138. 池本 哲也, 島田 光生, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 良元 俊昭 :
ADSCによるInsulin-producing cell(IPCs)作成における効果的新規分化誘導方法に関する検討,
第16回日本再生医療学会総会, 2017年3月.
139. 良元 俊昭, 齋藤 裕, 森根 裕二, 常山 幸一, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 島田 光生 :
限局性結節性過形成(FNH)術後に再発増殖し肝不全で死亡した一例-切除肝・病理解剖をふまえて-,
第66回日本消化器画像診断研究会, 2017年2月.
140. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
膵腫瘍性病変におけるType1 regulatory T細胞の臨床的有用性の検討-Type1 regulatory T細胞は診断・再発予測バイオマーカーとして有用である-,
第254回徳島医学会学術集会, 2017年2月.
141. 齋藤 裕, 森根 裕二, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
肝門部胆管癌超ハイリスク症例に対して根治術施行し術後管理,
第25回徳島外科術後管理研究会, 2017年2月.
142. Toshiaki Yoshimoto, Masato Yoshikawa, Daichi Ishikawa, Atsushi Takata, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Long-term survivors of HCC using sorafenib,
2nd Eastern &Western Association Liver Tumors(EWALT), Jan. 2017.
143. 吉川 雅登, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 島田 光生 :
肝細胞癌術後再発予後不良因子としてのCEAの意義,
第15回日本肝がん分子標的治療研究会, 2017年1月.
144. 齋藤 裕, 森根 裕二, 川下 陽一郎, 吉川 雅登, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるHeat shock factor1(HSF1)発現の意義,
第15回日本肝がん分子標的治療研究会, 2017年1月.
145. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹 :
小児先天性胆道拡張症の胆道上皮における発癌関連遺伝子発現の検討,
第106回日本消化器病学会四国支部例会, 2016年12月.
146. 吉川 雅登, Rui Feng, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 西 正暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 島田 光生 :
肝細胞に対するROS/ERK pathwayを介した赤色LED光の細胞増殖促進効果,
第46回日本創傷治癒学会, 2016年12月.
147. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
定型化と教育システムがもたらす安全な腹腔鏡下左葉切除,
第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016年12月.
148. 吉川 雅登, 齋藤 裕, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 島田 光生 :
若手医師による術前術中3D simulation画像を用いた腹腔鏡下手術の定型化,
第25回日本コンピュータ外科学会大会, 2016年11月.
149. 良元 俊昭, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除限界予測の可能性,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
150. 吉川 雅登, 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
再発膵癌に対する再切除の有用性の検討,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
151. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
当科における若手医師の腹腔鏡手術トレーニングの現状と効果,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
152. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
若手外科医でも安全・確実に施行できる肝葉切除術,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
153. 齋藤 裕, 森根 裕二, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 石川 大地, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 島田 光生 :
膵頭十二指腸切除術に対するModified de-rotation法を用いた`` Complete artery-f irst approach'',
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
154. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
膵全摘における人工膵臓の有用性における検討,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
155. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 荒川 悠佑, 東島 潤 :
大腸癌切除不能多発肝転移に対する治療戦略,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
156. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
グリソン一括による肝門処理のコツとピットフォール,
第78回日本臨床外科学会総会, 2016年11月.
157. 吉川 雅登, 森根 裕二, 池本 哲也, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 島田 光生 :
当科における切除不能・再発進行膵癌に対する治療成績,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
158. 石川 大地, 川下 陽一郎, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
FBXW7発現は転移性肝癌における切除後再発予測因子となる,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
159. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
末梢血Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞は担癌状態におけるバイオメーカーとして有用である,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
160. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登 :
消化器癌におけるヒストンアセチル化の抗腫瘍効果,
第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月.
161. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1とFoxp3陽性調節性T細胞は担癌患者の腫瘍免疫に関する検討,
第75回日本癌学会学術集会, 2016年10月.
162. 良元 俊昭, 齋藤 裕, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 石川 大地, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するドナーアクションの必要性について,
第52回日本移植学会総会, 2016年9月.
163. 齋藤 裕, 居村 暁, 吉川 雅登, 石川 大地, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
徳島におけるABO不適合生体肝移植の成績,
第52回日本移植学会総会, 2016年9月.
164. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
脂肪由来幹細胞によるInsulin-producing cell作成における新規分化誘導方法に関する検討,
第52回日本移植学会総会, 2016年9月.
165. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
術前診断が困難であった肝偽リンパ腫の1例,
第65回日本消化器画像診断研究会, 2016年9月.
166. 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
若手医師による術前術中3D simulation画像を用いた腹腔鏡下手術の定型化,
第11回肝癌治療シミュレーション研究会, 2016年9月.
167. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史 :
RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する,
第35回Microwave Surgery研究会, 2016年9月.
168. 居村 暁, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
担癌グリソン枝マイクロ波凝固による肝小範囲切除の工夫,
第35回Microwave Surgery研究会, 2016年9月.
169. 馮 睿, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
Cancer-associated fibroblastsに着目した膵癌細胞におけるnab-paclitaxcelの効果,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
170. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
肝細胞癌術後再発予後不良因子としてのCEAの意義,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
171. 石川 大地, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
転移性肝癌における腫瘍悪性度制御因子としてのTHBS-1の役割,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
172. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
消化器癌における末梢血Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞の有用性の検討,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
173. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌の腫瘍悪性度評価と制御の可能性,
第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016年9月.
174. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
胆道癌術後肝内再発に対する肝切除導入効果の検証,
第91回中国四国外科学会総会/第21回中国四国内視鏡外科研究会, 2016年9月.
175. 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 市井 啓仁, 島田 光生 :
転写因子制御による肝虚血再灌流障害の新たな治療法の開発.,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
176. Yu Saitou, Toshiaki Yoshimoto, Atsushi Takata, Masato Yoshikawa, Hiroki Teraoku, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
Boot Camp in Tokushima University.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
177. Yu Saitou, Atsushi Takata, Hiroki Teraoku, Masato Yoshikawa, Shin-ichiro Yamada, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Mitsuo Shimada :
The analysis in non-tumor liver tissue to prevent the recurrence after curative treatment of hepatocellular carcinoma.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
178. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Yu Saitou, Shin-ichiro Yamada, Masato Yoshikawa and Hiroki Teraoku :
A new strategy forachieving effective islet transplantation with adipose tissue derved stem cells.,
第71回日本消化器外科学会総会, Jul. 2016.
179. 森根 裕二, 島田 光生, 石橋 広樹, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登 :
全国集計からみた膵・胆管合流異常症の臨床摘特徴と術式選択の現状.,
第71回日本消化器外科学会総会, 2016年7月.
180. 吉川 雅登, 齋藤 裕, 居村 暁, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 石川 大地, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
ABO不適合生体肝移植後にCMV感染治療に難渋した一例.,
第34回日本肝移植研究会, 2016年7月.
181. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
NO阻害と転写活性制御からの虚血再灌流障害.,
第34回日本肝移植研究会, 2016年7月.
182. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するドナーアクションの必要性について.,
第34回日本肝移植研究会, 2016年7月.
183. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝硬変合併肝切除症例における栄養・免疫状態の特徴,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
184. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙田 厚史 :
症例,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
185. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
Intermediate stageの肝癌に対する肝切除は有効か?,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
186. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌における発生部位別悪性度.,
第52回日本肝癌研究会, 2016年7月.
187. 良元 俊昭, 吉川 幸造, 松本 規子, 髙田 厚史, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 石川 大地, 岩橋 衆一, 島田 光生 :
青色LED光のヒト癌細胞株に対する効果.,
第105回日本消化器病学会 四国支部例会, 2016年6月.
188. 吉川 雅登, 森根 裕二, 池本 哲也, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 居村 暁, 島田 光生 :
切除不能・再発進行膵癌に対する治療成績.,
第105回日本消化器病学会 四国支部例会, 2016年6月.
189. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭 :
HCCに対して初回RFA治療早期にリンパ節再発をきたし外科的切除を施行した症例.,
第41回日本外科系連合学会学術集会, 2016年6月.
190. 齋藤 裕, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
PDに対するModified de-rotationを用いた``Complate artery-firstn approach''.,
第41回日本外科系連合学会学術集会, 2016年6月.
191. 良元 俊昭, C Enkbold, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌における細胞周期調節因子Fbxw7発現低下の臨床病理学的意義.,
第14回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年6月.
192. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 良元 俊昭, 髙田 厚史 :
RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する.,
第14回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年6月.
193. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
EOB-MRIを用いた機能的肝容積による新たな肝切除基準.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
194. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞による膵嚢胞性疾患に関する正確な免疫学的指標探索に関する研究.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
195. 齋藤 裕, 髙田 厚史, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
胆道癌術後肝内再発に対する肝切除導入効果の検証.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
196. 吉川 雅登, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 島田 光生 :
当科における胆道再建における肝管空腸吻合法の工夫.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
197. 寺奥 大貴, 森根 裕二, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 東島 潤, 川下 陽一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 居村 暁, 島田 光生 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin1(THBS)発現の意義とその分子メカニズムの検討.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
198. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 東島 潤 :
大腸癌多発肝転移に対する長期生存を目指した治療戦略.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
199. 居村 暁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
門脈・肝静脈解剖に基づく合理的な系統的肝切除∼副右肝静脈灌流領域切除を伴う拡大前区域切除.,
第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2016年6月.
200. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
徳島におけるABO不適合生体肝移植症例の成績.,
第42回日本急性肝不全研究会, 2016年5月.
201. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
転移性肝癌における腫瘍悪性度制御因子としてのHIF-1の役割.,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
202. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の可能性,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
203. 太田 昇吾, 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 幸造, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
胆道癌術後肝内再発に対する肝切除導入効果の検証,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
204. 岩橋 祥子, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
急速な進展を来したラブドイド様退形成性癌の一例.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
205. 関 勇輔, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
RFA術後にリンパ節再発をきたし外科切除を施行した肝細胞癌の1例 -RFA術後再発におけるEMT誘導を介した悪性度獲得について-.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
206. 川下 陽一郎, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 東島 潤, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 小川 博久 :
転移性肝癌におけるFbxw7低発現は再発予測因子である.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
207. 池本 哲也, 鈴木 伸明, 硲 彰一, 井口 東郎, 田中 浩明, 有賀 淳, 石崎 秀信, 楳田 祐三, 藤原 俊義, 吉松 和彦, 清水 良一, 林 弘人, 坂田 晃一郎, 武田 茂, 上野 富雄, 山本 滋, 吉野 茂文, 島田 光生, 永野 浩昭, 岡 正朗 :
日本発の新規ペプチド療法開発に向けた進行・再発膵癌に対する標準+ペプチド療法第Ⅰ/Ⅱ相医師主導治験.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
208. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
肝細胞癌術後再発予後不良因子としてのCEAの意義,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
209. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 川下 陽一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
転移性肝癌における腫瘍悪性度制御因子としてのThrombospondin-1(THBS-1)の役割- 第2報 THBS-1制御メカニズムについて -,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
210. 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 幸造, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 髙須 千絵 :
EOB-MRIを用いた新たな肝切除基準の可能性.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
211. 齋藤 裕, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
HDAC阻害剤は脂肪由来幹細胞からインスリン分泌細胞への分化誘導を促進する.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
212. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療.,
第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年4月.
213. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 幸造, 寺奥 大貴, 高田 厚史, 良元 俊昭 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現による腫瘍悪性度評価,
第49回制癌剤適応研究会, 2016年3月.
214. 池本 哲也, 鈴木 伸明, 硲 彰一, 井口 東邦, 田中 浩明, 有賀 淳, 島田 光生, 岡 正朗 :
進行・再発膵癌に対する標準+ペプチド療法第I/II相医師主導治験から見た癌免疫療法の展望,
第49回制癌剤適応研究会, 2016年3月.
215. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 良元 俊昭 :
脂肪由来幹細胞による膵島移植・膵島再生に関する新たな戦略,
第43回日本膵・膵島移植研究会, 2016年3月.
216. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
脂肪由来幹細胞による膵島移植・膵島再生に関する新たな戦略,
第43回日本膵・膵島移植研究会, 2016年3月.
217. 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
36.3mm細径鉗子を用いたreduced port Lap-Cに関する検討,
第30回四国内視鏡外科研究会, 2016年2月.
218. 寺奥 大貴, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 高田 厚史, 良元 俊昭 :
消化器担癌状態のバイオマーカーとしての末梢血Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞の有用性に関する検討,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
219. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 高田 厚史 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現による腫瘍悪性度評価,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
220. 良元 俊昭, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 高田 厚史 :
Sorafenib+poly surgeryによるHCC長期生存例∼orafenib投与長期生存条件の検討∼,
第13回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年1月.
221. 寺奥 大貴, 朱 呈瞻, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
加齢肝再生における肝星細胞の役割,
第22回外科侵襲とサイトカイン研究会, 2015年12月.
222. 髙田 厚史, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
HCCに対して初回RFA治療後早期にリンパ節再発をきたし外科的切除を施行した症例,
第41回日本肝臓学会西部会, 2015年12月.
223. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝内胆管癌との鑑別が困難であった原発性放線菌症の一例,
第41回日本肝臓学会西部会, 2015年12月.
224. 吉川 雅登, Wubetu Gizachew Yismaw, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
脂肪由来幹細胞からインスリン分泌細胞への分化誘導におけるバルプロ酸の分化促進,
第45回日本創傷治癒学会, 2015年11月.
225. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 柴田 啓志, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検討∼切除を含む集学的治療の重要性∼,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
226. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 東島 潤, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3D simulationの有用性,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
227. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における免疫指標を加味した新たな周術期栄養評価,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
228. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 髙須 千絵, 東島 潤 :
大腸癌多発肝転移に対する治療戦略,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
229. 居村 暁, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝臓外科における画像シミュレーション,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
230. 居村 暁, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝切除における高齢者の特徴と戦略,
第77回日本臨床外科学会総会, 2015年11月.
231. 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
腹腔鏡下肝切除術の適応拡大と標準化への工夫安全な腹腔鏡下肝切除の標準化に向けて ∼適応拡大に先立つ着実な手技の定型化∼,
第9回肝臓内視鏡外科研究会, 2015年11月.
232. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
分肝機能に着目したEOB-MRIによる肝予備能評価の有用性,
第24回日本コンピュータ外科学会大会, 2015年11月.
233. 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるFbxw7発現低下と臨床病理学的意義 - 細胞増殖・EMT誘導との関連に着目して -,
第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月.
234. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝細胞癌におけるEpigenetic遺伝子制御の可能性,
第26回日本消化器癌発生学会総会, 2015年11月.
235. 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 良元 俊昭, 高田 厚史, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生, 三宅 秀則 :
RFA術後にリンパ節再発をきたし外科切除を施行した肝細胞癌の1例 -RFA術後再発におけるEMT誘導を介した悪性度獲得について-,
日本消化器病学会四国支部第104回例会, 2015年11月.
236. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
肝細胞癌症例におけるNEK2発現の意義に関する検討,
第53回 日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
237. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移症例における肝転移巣のKISS1発現に関する検討,
第53回 日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
238. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 東島 潤, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
239. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 居村 暁, 森根 裕二 :
Tr1細胞と調節性T細胞の坦癌患者における臨床的意義に関する研究,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
240. 池本 哲也, 髙須 千絵, 島田 光生 :
女性外科医を大いに活躍させる教室の医局運営,
JDDW 2015, 2015年10月.
241. 池本 哲也, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Tr1細胞とFoxp3調節性T細胞による消化器担癌状態の正確な診断バイオマーカー探索に関する研究,
JDDW 2015, 2015年10月.
242. 吉川 雅登, 髙須 千絵, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 市井 啓仁, 島田 光生 :
NO阻害と転写活性制御に着目した虚血再灌流傷害治療に向けた基礎的検討,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
243. 山田 眞一郎, 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙田 厚史, 良元 俊昭 :
脳死肝移植を推進するための学生に対するドナーアクションの必要性について,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
244. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
脂肪由来幹細胞が拓く膵島細胞移植成績向上に関する展望と課題,
第51回 日本移植学会総会, 2015年10月.
245. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第51回日本肝癌研究会, 2015年7月.
246. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する脾摘+肝切除の有用性,
第51回日本肝癌研究会, 2015年7月.
247. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現とEpithelial-mesenchymal transitionに関する検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
248. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移における腫瘍内Ki67発現の意義,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
249. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
安全な腹腔鏡下切除の標準化に向けて∼適応拡大に先立つ着実な手技の定型化∼,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
250. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
肝予備能評価におけるEOB-MRI肝細胞相の有用性の検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
251. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 吉川 幸造, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝切除周術期におけるTU-100に関するトランスレーショナルリサーチ,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
252. 荒川 悠佑, 島田 光生, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
小胞体ストレス応対に着目した加齢肝再生不全における肝星細胞の役割についての検討,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
253. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第70回日本消化器外科学会総会, 2015年7月.
254. 齋藤 裕, 安井 苑子, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究-体成分分析装置と主観的包括的アセスメントSGA -,
日本外科代謝栄養学会第52回学術集会, 2015年7月.
255. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, Gizachew Yismaw :
Epigallocatechin gallateはABCトランスポーターを介してstemnessを解除する,
第24 回日本癌病態治療研究会, 2015年6月.
256. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 良元 俊昭, 髙田 厚史, 三宅 秀則 :
肝細胞癌切除症例に対するRFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して予後不良となる,
第103回例会日本消化器病学会総会四国支部, 2015年6月.
257. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 柴田 啓志, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証-切除を含む集学的治療の重要性-,
第103回例会日本消化器病学会総会四国支部, 2015年6月.
258. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術におけるNST介入による周術期栄養評価,
第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015年6月.
259. 良元 俊昭, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
若手外科医にも安全な3mm細径鉗子を用いたreduced port Lap-C,
第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015年6月.
260. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究‐体成分分析装置と主観的包括的アセスメント‐,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
261. 吉川 雅登, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現とEMTに関する検討,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
262. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移肝切除症例におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
263. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する脾摘+肝切除の有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
264. 齋藤 裕, エンヘボルト チンボルト, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝内胆管癌におけるFbxw7発現低下と臨床病理的意義-細胞増殖・EMT誘導との関連-,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
265. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
3mm細径鉗子を用いたreduced port Lap-C,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
266. 荒川 悠佑, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
下右肝静脈温存,上中右肝静脈ドレナージ領域を含む合理的拡大肝前区域切除術,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
267. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
Borderline resectable膵癌に対する治療成績の検討,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
268. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 良元 俊昭 :
指導医の立場から見た若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3Dsimulationの有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
269. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝予備能評価におけるEOB-MRI肝細胞相の有用性,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
270. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
安全な腹腔鏡下肝切除の標準化に向けて-左葉系肝切除における着実な手技の定型化-,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
271. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌に対する至適術式と集学的治療戦略,
第27回日本肝胆膵外科学会, 2015年6月.
272. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
吻合部狭窄のない胆管-胆管吻合手技の工夫-,
第33回日本肝移植研究会, 2015年5月.
273. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
分肝機能に着目したEOB-MRIによる肝予備能評価の有用性,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
274. 岩橋 衆一, 島田 光生, 谷口 達哉, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 楠本 彩子 :
当県肝疾患診療における円滑な地域連携推進のための活動について,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
275. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
脾機能亢進症を合併した肝癌に対する非的+肝切除の有用性,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
276. 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝不全におけるMEIN投与の有用性-基礎から臨床-,
第41回日本急性肝不全研究会, 2015年5月.
277. 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
若手外科医教育のための膵頭十二指腸切除における3D simulationの有用性,
第69回手術手技研究会, 2015年5月.
278. 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
術前3Dシミュレーションを使用した膵頭十二指腸切除におけるmodified de-rotation,
第69回手術手技研究会, 2015年5月.
279. 木村 哲夫, 武原 正典, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 髙岡 遠, 北村 晋志, 木村 雅子, 宮本 弘志, 六車 直樹, 池本 哲也, 島田 光生, 高山 哲治 :
非典型的な画像所見を呈する膵神経内分泌腫瘍(膵NET)の治療方針,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
280. 岩橋 衆一, 島田 光生, 寺奥 大貴, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 東島 潤, 髙須 千絵, 吉川 雅登 :
Epigallocatechin gallateの消化器癌における抗腫瘍効果の検討,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
281. 矢田 圭吾, 森 大樹, 石橋 広樹, 髙須 千絵, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
大建中湯(TU-100)は胆道閉鎖症ラットモデル由来の肝星細胞活性化を抑制する,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
282. 太田 昇吾, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後切除可能となり長期生存が得られたFGF4強発現進行肝細胞癌の症例,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
283. 髙田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
大腸癌肝転移症例における肝転移巣のKiss1発現は独立予後規定因子となる,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
284. 石川 大地, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
大腸癌におけるmicroRNA-449a発現の意義,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
285. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
肝内胆管癌における細胞周期調節因子Fbxw7の発現低下は 独立予後規定因子である,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
286. 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現は無再発予後因子となる,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
287. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登 :
大腸癌肝転移におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
288. 荒川 悠佑, 島田 光生, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 東島 潤 :
加齢肝再生不全における肝星細胞の役割についての検討,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
289. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
Epigallocatechin gallateはABCトランスポーター関連因子を介して抗腫瘍効果を発揮する,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
290. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 東島 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
術前3DシミュレーションおよびVSSを使用した膵頭十二指腸切除における modified de-rotation method,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
291. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 寺奥 大貴, 髙須 千絵, 東島 潤, 三宅 秀則 :
大腸癌多発肝転移に対する長期生存を目指した治療戦略,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
292. 居村 暁, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 三宅 秀則, 島田 光生, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵 :
手技定型化が可能にした門脈·肝静脈解剖に基づく合理的な系統的肝切除-副右肝静脈灌流領域切除を伴う拡大前区域切除術-,
第115回日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
293. 齋藤 裕, 安井 苑子, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 濵田 康弘, 島田 光生 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する研究-体成分分析装置と主観的包括アセスメントSGA-,
第115日本外科学会定期学術集会, 2015年4月.
294. 吉川 雅登, 良元 俊昭, 寺奥 大貴, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
肝門部胆管癌に対する拡大肝右葉切除後,門脈血栓・大量腹水により管理に難渋した1例,
第23回徳島外科術後管理研究会, 2015年2月.
295. 吉川 雅登, 島田 光生, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二 :
肝細胞癌における腫瘍マーカー発現は無再発予後因子となる,
第250回徳島医学会学術集会, 2015年2月.
296. 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証 ∼切除を含む集学的治療の重要性∼,
第11回日本肝がん分子標的治療研究会, 2015年1月.
297. 良元 俊昭, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
ソラフェニブ投与後切除可能となり長期生存が得られたFGF4強発現進行肝細胞癌の症例,
第102回日本消化器病学会四国支部例会, 2014年11月.
298. 吉川 雅登, 島田 光生, 寺奥 大貴, Wubetu Gizchew Yismaw, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は腫瘍免疫を反映し予後因子となる,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
299. 寺奥 大貴, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登 :
肝細胞癌におけるLine1メチル化レベルは肝切除後予後因子となる,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
300. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
立体臓器モデルによる3D virtual hepatectomyと術中navigation systemを駆使した肝切除,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
301. 池本 哲也, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
膵頭十二指腸切除術に対する取り組みと在院期間短縮についての検討,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
302. 森根 裕二, 島田 光生, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 東島 潤, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
切除不能大腸癌肝転移に対する治療戦略,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
303. 居村 暁, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 島田 光生 :
若手肝臓外科医を育成するための取り組み∼3Dプリンターによる術中ナビゲーションと評価シートによるフィードバック∼,
第76回日本臨床外科学会総会, 2014年11月.
304. 山田 眞一郎, 島田 光生, 石川 大地, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第25回日本消化器癌発生学会総会, 2014年11月.
305. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
Epigallocatechin gallateは安全性の高い新規抗腫瘍剤として有用である,
第25回日消化器癌発生学会総会, 2014年11月.
306. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴 :
立体臓器モデルによる3D-virtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第23回日本コンピュータ外科学会, 2014年11月.
307. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者における肝再生不全の肝星細胞からのアプローチ,
第22回日本消化器関連学会週間(JDDW), 2014年10月.
308. 居村 暁, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
根治性からみた進行肝癌初回治療法の選択,
第22回日本消化器関連学会週間(JDDW), 2014年10月.
309. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 髙須 千絵 :
3mm細径鉗子を用いたReduced Port Lap-Cに関する検討,
第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014年10月.
310. 山田 眞一郎, Gizachew Yismaw, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, 島田 光生 :
分枝鎖アミノ酸はオートファジーを介してインスリン存在下の癌細胞増殖を抑制する,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
311. 石川 大地, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 寺奥 大貴, Gizachew Yismaw :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
312. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 石川 大地, 吉川 雅登, 寺奥 大貴, Yismaw Gizachew :
安全な新規抗腫瘍剤としてのエピガロカテキンガレート,
第73回日本癌学会学術総会, 2014年9月.
313. 池本 哲也, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
紫令湯による膵島破壊抑制機序の解明に関する免疫学的検討,
第50回日本移植学会総会, 2014年9月.
314. 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
肝星細胞からみた加齢肝再生不全の検討,
第50回日本移植学会総会, 2014年9月.
315. 岩橋 衆一, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例においてEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する,
第89回中国四国外科学会総会(第19回中国四国内視鏡外科研究会), 2014年9月.
316. 齋藤 裕, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 石川 大地, 寺奥 大貴, 吉川 雅登 :
下右肝静脈温存,上右肝静脈とドレナージ領域を含む合理的拡大肝S8切除術,
第89回中国四国外科学会総会(第19回中国四国内視鏡外科研究会), 2014年9月.
317. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地, 東島 潤 :
肝内胆管癌におけるFBXW7発現低下と臨床病理学的意義,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
318. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 東島 潤 :
肝内胆管癌に対するGFP術後補助療法の有用性,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
319. 居村 暁, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 東島 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証:切除を含む集学的治療の重要性,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
320. 吉川 雅登, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 東島 潤 :
肝細胞癌におけるサルコペニアと臨床病理学的意義,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
321. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
MicroRNA-449a発現低下は大腸癌の腫瘍進展に関与し予後不良因子となる,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
322. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例においてはEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
323. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 東島 潤, 髙須 千絵 :
切除不能大腸癌肝転移に対する肝切除を基軸とした治療戦略,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
324. 寺奥 大貴, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
肝細胞癌における顕微鏡的門脈浸潤(vp)予測因子の検討,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
325. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 :
RFA後肝細胞癌再発例においてEMT誘導を介し腫瘍悪性度が増強する-microRNA発現に着目して-,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
326. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 齋藤 裕 :
肝胆膵外科手術における周術期栄養評価方法としてのInBodyを用いた体組成分析の有用性に関する検討,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
327. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 髙須 千絵 :
肝細胞癌におけるLine1 methylation statusは予後因子となる,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
328. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
安全性の高い新規抗腫瘍剤としてのEpigallocatechin gallate-癌幹細胞治療抵抗性解除をめざして-,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
329. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
80歳以上超高齢者における肝切除の妥当性に関する検討-肝星細胞に着目した加齢再生不全機序の解明-,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
330. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
3D virtual imageと術中navigation systemがもたらした革新的画像技術を用いた安全な肝切除,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
331. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
切除不能転移性肝癌に対する"Early Conversion"を目指したFOLFOXILI療法の可能性,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
332. 居村 暁, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
肝切除を基軸とした進行肝癌にたいする集学的治療戦略,
第69回日本消化器外科学会, 2014年7月.
333. 吉川 雅登, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
予後不良因子を有する進行胆嚢癌における術後補助GFP療法の効果,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年7月.
334. 岩橋 衆一, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して腫瘍悪性度が増強する-RFA後肝細胞癌における肝移植適応に関して-,
第32回日本肝移植研究会, 2014年7月.
335. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝星細胞からみた加齢肝再生不全の検討,
第32回日本肝移植研究会, 2014年7月.
336. 髙須 千絵, 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証,
第10回日本肝がん分子標的治療研究会, 2014年6月.
337. 良元 俊昭, 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠介, 岩橋 衆一 :
術後14年を経過して腹膜藩種再発をきたしたSolid-pseudopap,
第39日本外科系連合学会, 2014年6月.
338. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地 :
3D virtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
339. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
340. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
脂肪由来幹細胞(ADSCs)の膵島細胞保護作用にはIL-6ではなくVEGFシグナルが関与する,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
341. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
RFA後肝細胞癌再発例におけるEMT関連遺伝子発現の意義,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
342. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
Celiac axis compression syndromeにより術後管理に難渋して膵頭十二指腸切除術,
第39回日本外科系連合学会学術集会, 2014年6月.
343. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
肝細胞癌切除症例におけるRFAの影響-EMTマーカー発現に着目して-,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
344. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 齋藤 裕 :
InBodyを用いた体組成分析の肝胆膵外科手術における周術期栄養評価の有用性に関する検討,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
345. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
pT2胆嚢癌術後における予後不良因子陽性例に対する術後GFP療法の有用性,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
346. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
切除不能転移性肝癌に対する"Early Conversion"を目指したFOLFOKILI療法の可能性,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
347. 居村 暁, 石川 大地, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
3D virtual image とNavigation systemがもたらした革新的画像技術を駆使した肝切除,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
348. 宇都宮 徹, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
肝内胆管癌に対する系統系リンパ節郭清の意義と術後補助療法の効果,
第26回日本肝胆膵外科学会学術集会, 2014年6月.
349. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
80歳以上超高齢者における肝切除の妥当性に関する検討-術前栄養評価から見た高齢者の特徴-,
第26回日本肝胆膵外科学科学術集会, 2014年6月.
350. 荒川 悠佑, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地 :
肝内胆管癌に対する系統的リンパ節郭清の意義と術後補助療法の効果,
第50回日本肝癌研究会, 2014年6月.
351. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
切除不能転移性肝癌に対する"Early Conversion"を目指したFOLFOXILI療法の可能性,
第50回日本肝癌研究会, 2014年6月.
352. 居村 暁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
ソラフェニブ投与後長期生存例の検証:切除を含む集学的治療の重要性,
第50回日本肝癌研究会, 2014年6月.
353. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
徳島県におけるより円滑な地域連携・病診連携推進のための活動について,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
354. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝星細胞による加齢肝再生不全機序の検討,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
355. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
356. 居村 暁, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
局所再発させない適確な症例選択がRFA成績向上につながる∼組織学的門脈浸潤(vp)陽性肝癌を予測し,RFA適応外へ∼,
第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.
357. 齋藤 裕, 寺奥 大貴, 吉川 雅登, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 島田 光生 :
高齢者の肝再生不全の機序解明と治療への応用,
第40回日本急性肝不全研究会, 2014年5月.
358. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 石川 大地 :
HCCRFA治療後にリンパ節転移再発を繰り返す症例,
第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.
359. 吉川 雅登, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
若手外科医のための膵頭十二指腸切除における術前3Dsimulationの有用性,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
360. 寺奥 大貴, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
進行胆嚢癌の予後因子と術後補助GFP療法の効果,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
361. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝星細胞からみた加齢肝再生不全の検討,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
362. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
肝細胞癌切除症例に対するRFAの影響(第2報)-RFA後肝細胞癌再発例はEMT誘導を介して予後不良となる-,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
363. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石川 大地, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
脂肪由来幹細胞の細胞保護効果には臓器特異性がある,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
364. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
癌肝細胞治療抵抗性にEpigenetic修飾が関与する(第2報)-Methylation statusと遺伝子発現の変化に着目して-,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
365. 石川 大地, 島田 光生, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
366. 金本 真美, 濵田 康弘, 中屋 豊, 武田 英二, 奥村 仙示, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 島田 光生 :
NST介入による周術期栄養管理の有用性に関する検討,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
367. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
大腸癌肝転移のconversion surgeryを目指した治療戦略,
第114回日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
368. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地 :
柴令湯による膵島破壊抑制機序の解明に関する研究,
第114回 日本外科学会定期学術集会, 2014年4月.
369. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, 石川 大地, Yu Saitou, Shuichi Iwahashi, Mami Kanamoto, Yusuke Arakawa, Tetsuya Ikemoto, Yuji Morine, Satoru Imura and Chie Takasu :
Role of epigenetic modulation in both tumor and non-tumor liver tissues on risk of recurrence after hepatectomy for hepatocellular carcinoma: A possible implication for personalized medicine,
第114回 日本外科学会定期学術集会, Apr. 2014.
370. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
癌幹細胞治療抵抗性におけるEpigenetic修飾の関与-Methylation statusの変化に着目して-,
第47回制癌剤適応研究会, 2014年3月.
371. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
紫令湯による糖尿病発症マウスの膵島破壊抑制機序の免疫学的検討,
第41回日本膵・膵島移植研究会, 2014年3月.
372. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
癌肝細胞治療抵抗性におけるEpigenetic修飾の関与―Methylation statusの変化に着目して―,
第47回 制癌剤適応研究会, 2014年3月.
373. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
紫令湯による糖尿病発症マウスの膵島破壊抑制機序の免疫学的検討,
第41回 日本膵・膵島移植研究会, 2014年3月.
374. 宮崎 克己, 島田 光生, 池本 哲也, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 三宅 秀則 :
経皮的ラジオ波焼灼療法による遅発生横隔膜ヘルニア篏頓(横行結腸)の1例,
第50回日本腹部救急医学会, 2014年3月.
375. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
膵切除後腹腔内出血に対するIVRに関する検討,
第50回日本腹部救急医学会, 2014年3月.
376. 宮崎 克己, 島田 光生, 池本 哲也, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 三宅 秀則 :
経皮的ラジオ波焼灼療法による遅発生横隔膜ヘルニア篏頓(横行結腸)の1例,
第50回 日本腹部救急医学会, 2014年3月.
377. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
膵切除後腹腔内出血に対するIVRに関する検討,
第50回 日本腹部救急医学会, 2014年3月.
378. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者に対する肝切除後の肝再生不全の機序解明とその対策:ベッドサイからベンチへのアプローチ,
第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期), 2014年2月.
379. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
肝細胞癌におけるSTAT4発現は細胞性免疫の制御に関与し予後因子となり得る,
第248回徳島医学会学術集会(平成25年度冬期), 2014年2月.
380. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者に対する肝切除後の肝再生不全の機序解明とその対策:ベッドサイドからベンチへのアプローチ,
第248回 徳島医学会学術集会, 2014年2月.
381. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
進行肝細胞癌に対するソラフェニブと外科治療を組み合わせた治療成績,
第9回日本肝がん分子標的治療研究会, 2014年1月.
382. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
進行肝細胞癌に対するソラフェニブと外科治療を組み合わせた治療成績,
第9回 日本肝がん分子標的治療研究会, 2014年1月.
383. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石川 大地, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
脂肪由来幹細胞の細胞保護効果には臓器特異性がある,
第20回 外科侵襲とサイトカイン研究会, 2013年12月.
384. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
Vessel sealing systemを用いた肝嚢胞に対する単孔式腹腔鏡下嚢胞開窓術の有用性,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
385. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
肝細胞癌における短期・長期予後から見た鏡視下手術の妥当性,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
386. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地, 髙須 千絵 :
3D virtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013年11月.
387. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 吉川 幸造, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
肝胆膵外科領域における漢方製剤使用が周術期管理に与える影響に関する検討,
第23回 外科漢方研究会学術集会, 2013年11月.
388. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 吉川 幸造, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
肝癌切除術施行後における臨床的な役割,
第23回 外科漢方研究会学術集会, 2013年11月.
389. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
IPMNにおける梢血調節性T細胞比率による術前悪性度予測と上皮間葉転換,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
390. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
予後不良因子を有する進行胆嚢癌における術後補助GFP療法の効果,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
391. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 三宅 秀則 :
Borderline resectable膵癌に対する治療成績の検討,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
392. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
肝癌切除例からみた日本に適したステージ分類∼取り扱い規約とUICCの比較から∼,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
393. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
胆道癌切除例における術後補助GFP療法及び,再発症例に対する再肝切除の有用性,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
394. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地, 三宅 秀則 :
大腸癌肝転移のconversion surgeryを目指した治療戦略,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
395. 宇都宮 徹, 島田 光生, 石川 大地, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
高度進行肝癌に対する治療戦略―術後補助IFP療法およびソラフェニブ・手術併用の有用性―,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
396. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地 :
80歳以上超高齢者における肝切・PDの妥当性に関する検討,
第75回 日本臨床外科学会総会, 2013年11月.
397. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 石川 大地 :
術中ヒヤリハットから得た教訓に基づくStep by stepでの手技工夫,
第7回 肝臓内視鏡外科研究会, 2013年11月.
398. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 髙須 千絵, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者の肝再生不全の機序解明と治療への応用,
第43回 日本創傷治癒学会, 2013年11月.
399. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地, 髙須 千絵 :
超高齢者における肝胆膵手術の妥当性に関する検討―癌根治によるQOL向上を目指して―,
第51回 日本癌治療学会学術集会, 2013年10月.
400. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 石川 大地, 三宅 秀則 :
徳島県における肝癌診療連携ネットワークについて,
第51回 日本癌治療学会学術集会, 2013年10月.
401. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
IPMNにおける悪性度予想に関するバイオマーカーとしてのEMT関連因子,
第51回 日本癌治療学会学術集会, 2013年10月.
402. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
進行肝癌に対するソラフェニブの治療成績―Conversionできた著効例の検討とあわせて―,
第51回 日本癌治療学会学術集会, 2013年10月.
403. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
大腸癌肝転移に対する治療戦略―外科切除の適応とconversion surgery―,
第51回 日本癌治療学会学術集会, 2013年10月.
404. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 岩橋 衆一, 宇都宮 徹 :
進行肝細胞癌に対するソラフェニブと外科治療を組み合わせた治療成績,
JDDW 2013 第21回 日本消化器関連学会週間, 2013年10月.
405. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 森 大樹, 矢田 圭吾, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるTwist1,Bmi1発現に関する検討,
第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
406. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 石川 大地 :
癌幹細胞の治療抵抗性獲得におけるepigenetic修飾の意義,
第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
407. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 森根 裕二, 居村 暁, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 浅野間 理仁 :
脂肪由来幹細胞の傷害肝へのホーミング効果―癌幹細胞転移メカニズムへの応用―,
第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
408. 宇都宮 徹, 齋藤 裕, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 田嶋 敦, 井本 逸勢 :
ゲノムワイドなDNAメチル化解析に基づく非B非C肝癌例の非癌部肝組織におけるDNAメチル化異常の特徴,
第72回 日本癌学会学術総会, 2013年10月.
409. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 石川 大地 :
3D virtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第8回 肝癌治療シミュレーション研究会, 2013年9月.
410. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾, 山田 眞一郎, 石川 大地, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
膵・胆管合流異常症例における胆道癌発癌機構に関する研究,
第49回 日本胆道学会学術集会, 2013年9月.
411. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
Stem cell markerに着目した細胆管癌の悪性度に関する検討(肝内胆管癌との比較より),
第49回 日本胆道学会学術集会, 2013年9月.
412. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
3Dvirtual hepatectomyと術中navigation systemを用いた肝切除,
第22回 日本コンピュータ外科学会, 2013年9月.
413. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹 :
ラットsmall-for-size graft modelにおける脾臓内遺伝子発現の変化Ingenuity Pathway Analysisを用いた検討,
第49回 日本移植学会総会, 2013年9月.
414. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 髙須 千絵 :
脂肪由来幹細胞を用いた膵島移植成績向上に関する展望と課題,
第49回 日本移植学会総会, 2013年9月.
415. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
C型肝硬変に対するABO不適合肝移植後の低用量Peg-IFN/RBV療法の有用性,
第49回 日本移植学会総会, 2013年9月.
416. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 石川 大地, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 森 大樹, 森根 裕二, 居村 暁 :
ヒト脂肪由来幹細胞による肝傷害軽減効果に関する基礎的検討,
第49回 日本移植学会総会, 2013年9月.
417. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるTwist1,Bmi1発現の意義,
第24回 日本消化器癌発生学会総会, 2013年9月.
418. 宇都宮 徹, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌の癌部と非癌部の両方におけるFbxw7高発現は術後再発の独立危険因子である,
第24回 日本消化器癌発生学会総会, 2013年9月.
419. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
集学的治療により長期生存がえられた生体肝移植後肝細胞再発症例,
第31回 中国四国臓器移植研究会, 2013年8月.
420. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
Vessel sealing systemを用いた肝嚢胞に対する単孔式内視鏡手術,
2nd Reduced Port Surgery Forum 第9回 Needlescopic Surgery meeting/第7回 単孔式内視鏡手術研究会, 2013年8月.
421. 森 大樹, 島田 光生, 石橋 広樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
膵・胆管合流異常症に対する長期経過中に胆道癌を合併した3症例の検討,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
422. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 髙須 千絵 :
徳島県の施設アンケートから見た膵島移植候補患者の現状と問題点,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
423. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 髙須 千絵 :
IPMNにおける抹消血調節性T細胞比率とEMT誘導に関する検討,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
424. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
肝細胞癌切除症例に対するRFAの影響―遺伝子発現に着目した機序解明へのアプローチ―,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
425. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 :
肝癌に対する肝切除周術期生体侵襲におけるWhey protein含有高機能,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
426. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
部分肝機能を考慮した新たな肝切除シミュレーションの展開,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
427. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
安全・確実な肝葉切除のポイント―術前・術中ナビゲーションと出血制御テクニック―,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
428. 宇都宮 徹, 島田 光生, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝細胞癌の術後再発リスク予測には癌部と非癌部のバイオマーカー(Fbxw7)評価が必要である,
第68回 日本消化器外科学会総会, 2013年7月.
429. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
右側肝円策をと伴う肝門部胆管癌切除例からみた肝区域分類の把握,
第49回 日本肝癌研究会, 2013年7月.
430. 石川 大地, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
肝細胞癌の癌部・非癌部における細胞周期調節因子Fbxw7の発現低下は独立予後規定因子である,
第49回 日本肝癌研究会, 2013年7月.
431. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
肝内胆管癌に対する系統的リンパ節郭清の意義と術後補助療法の効果,
第49回 日本肝癌研究会, 2013年7月.
432. 居村 暁, 石川 大地, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
肝細胞癌における顕微鏡的門脈浸潤(vp)予測因子の検討∼RFAが好ましくない肝癌の特徴∼,
第49回 日本肝癌研究会, 2013年7月.
433. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎 :
ABO不適合およびドナー特異的抗HLA抗体陽性のレシピエントに対する生体肝移植の成功例,
第31回 日本肝移植研究会, 2013年7月.
434. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
高齢ドナー肝再生不全と加齢指標マーカーについての検討,
第31回 日本肝移植研究会, 2013年7月.
435. 居村 暁, 石川 大地, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 岩田 貴, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
脳死肝移植推進のための医学生への啓蒙活動の必要性∼ドナーアクションの一環としての取り組み∼,
第31回 日本肝移植研究会, 2013年7月.
436. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるEMT関連因子(Twist1, Bmi1)発現の意義についての検討,
第99回 日本消化器病学会四国支部例会/第110回 日本消化器内視鏡学会四国支部例会, 2013年6月.
437. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢ドナー肝再生不全と加齢指標マーカーについての検討,
第99回 日本消化器病学会四国支部例会/第110回 日本消化器内視鏡学会四国支部例会, 2013年6月.
438. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるEMT関連因子(Twist1,Bmi1)発現の意義についての検討,
第22回 日本癌病態治療研究会, 2013年6月.
439. 吉川 雅登, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
ミラノ基準内の肝細胞癌に対する肝切除治療成績に関する検討∼亜区域切除と部分切除の比較∼,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
440. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎 :
大腸癌肝転移症例に対する腹腔鏡下同時切除の有用性に関する検討,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
441. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 髙須 千絵, 三宅 秀則 :
癌幹細胞の治療抵抗性獲得と解除におけるEpigenetic修飾の関与,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
442. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
Inbodyを用いた体成分分析と膵臓手術周術期における栄養評価に関する検討,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
443. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則, 髙須 千絵 :
当科における非B非C型初発肝細胞癌切除症例の検討,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
444. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
膵IPMNにおけるNotch signallは調節性T細胞expansionおよび腫瘍EMTを増強する,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
445. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
大腸癌肝転移に対する治療戦略―外科切除の適応とconversion surgery―,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
446. 宇都宮 徹, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 岩橋 衆一, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝門部脈管fusion画像と部分肝機能評価を取り入れた新たな肝切除術前シミュレーションの有用性,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
447. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
安全・確実な肝葉切除のポイント―肝離断における出血制御テクニック―,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
448. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
手技定型化による安全確実な肝葉切除術,
第25回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2013年6月.
449. 金本 真美, 島田 光生, 中屋 豊, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
Inbodyを用いた体成分分析と膵臓手術周術期における栄養評価に関する検討,
第38回 日本外科系連合学会学術集会, 2013年6月.
450. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
肝細胞癌切除例に対するRFAの影響,
第49回 日本肝臓学会総会, 2013年6月.
451. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
分子標薬的Bevacizumabの小胞体ストレス応答を介した肝切除後肝機能障害改善・肝再生促進効果,
第49回 日本肝臓学会総会, 2013年6月.
452. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
Bevacizumabの小胞体ストレス応答を介した肝切除後肝機能障害改善・肝再生促進効果,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
453. 高田 厚史, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
右側肝円索を伴う肝門部胆管癌からみた肝区域分類の把握,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
454. 吉川 雅登, 山田 眞一郎, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるPKCiota発現の意義に関する研究,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
455. 寺奥 大貴, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝内胆管癌におけるEMT関連遺伝子発現,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
456. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
IPMNにおけるEMT関連因子(Twist1, Bmi1)発現の意義についての検討,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
457. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 浅野間 理仁, 石川 大地 :
肝硬変における脾臓の役割と脾摘の有用性,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
458. 浅野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎 :
脾臓内サイトカイン発現が肝硬変合併肝癌に関与する,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
459. 齋藤 裕, 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
肝発癌母地に着目した肝細胞癌の治療戦略―DNA, miRNA, Methylationアレイを用いた非癌部肝組織の解析より―,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
460. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
癌幹細胞の治療抵抗性獲得と喪失にepigenetic修飾が関与している,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
461. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
Whey protein含有高機能流動食を用いた周術期栄養療法の有用性,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
462. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 矢田 圭吾 :
胆道癌発がんモデルの膵・胆管合流異常症での発がん特性の解析,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
463. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高齢者の肝再生不全の機序解明と治療への応用,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
464. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
脂肪由来幹細胞を用いた肝胆膵領域の再生医療に関するimpactと課題,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
465. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 石川 大地, 三宅 秀則 :
上右肝静脈ドレナージ領域切除を伴う拡大前区域切除術∼虚血域と鬱血域を残さない合理的な肝切除∼,
第113回 日本外科学会定期学術集会, 2013年4月.
466. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
NSTによる栄養管理によってQOLと臨床症状の改善を図った糖尿病合併肝硬変の一例,
第15回 四国肝不全研究会, 2013年4月.
467. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
EMT関連因子はIPMNの悪性度,予後に関与する,
第99回 日本消化器病学会総会, 2013年3月.
468. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
原発性肝癌における短期・長期予後から見た鏡視下手術の妥当性,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
469. 池本 哲也, 山田 眞一郎, 島田 光生 :
膵腫瘍におけるNotch signalを通じたIndolamine 2,3-deoxygenase(IDO)陽性樹状細胞から誘導される抹消血中調節性T細胞モニタリングに関する検討,
第99回 日本消化器病学会総会, 2012年12月.
470. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
癌幹細胞の治療抵抗性獲得と解除におけるEpigenetic修飾の関与,
第246回 徳島医学会学術集会, 2012年12月.
471. 寺奥 大貴, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
腹腔内出血に苦しんだ膵体尾部癌の1切除例,
第21回 徳島外科術後管理研究会, 2012年12月.
472. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
脂肪由来幹細胞(ADSC)の膵島細胞保護作用には,VEGFシグナルが関与する,
第19回 外科侵襲とサイトカイン研究会, 2012年12月.
473. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
Bevacizumabの小胞体ストレス応答を介した大量切除後肝機能障害改善・肝再生促進効果,
第19回 外科侵襲とサイトカイン研究会, 2012年12月.
474. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
原発性肝癌における短期・長期予後から見た鏡視下手術の妥当性,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
475. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
2mm細径鉗子を用いたHybrid SILS-Cに関する検討,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
476. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
部分肝機能解析を取り入れた肝切除シミュレーション,
第25回 日本内視鏡外科学会総会, 2012年12月.
477. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
DSA-HLA抗体陽性のレシピエントに対する生体肝移植の治療戦略,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
478. 石川 大地, チンボルト エンヘボルト, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎 :
肝切除前3Dシミュレーション画像による肝動脈,門脈,胆管の同時評価に関する検討,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
479. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 矢田 圭吾, 石川 大地 :
慢性性血液透析患者の肝癌に対する肝切除術の検討,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
480. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
80歳以上超高齢者における肝切除,膵頭十二指腸切除の妥当性に関する検討,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
481. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 宇都宮 徹 :
高度門脈侵襲陽性の進行肝細胞癌に対する集学的治療戦略,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
482. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
2㎜細径鉗子を用いたHybrid SILS-Cに関する検討,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
483. 宇都宮 徹, 島田 光生, 石川 大地, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
膵頭十二指腸切除術における輸血率ゼロのための工夫―郭清操作へのエネルギーデバイス導入による出血量軽減効果―,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
484. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
IPMN手術適応判定における分子マーカーの検討―NotchシグナルはIPMN手術適応判定に有用である―,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
485. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 矢田 圭吾, 石川 大地 :
日本における女性外科医の抱える問題点と対策∼スウェーデン留学の経験から,
第74回 日本臨床外科学会総会, 2012年11月.
486. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎 :
Vessel sealing systemを用いた肝嚢胞に対する外科的治療,
第6回 肝臓内視鏡外科研究会, 2012年11月.
487. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
肝細胞癌における短期・長期予後から見た鏡視下手術の妥当性,
第6回 肝臓内視鏡外科研究会, 2012年11月.
488. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
幹細胞マーカーに着目した細胆管癌の悪性度に関する検討―肝内胆管癌との比較より―,
第23回 日本消化器癌発生学会, 2012年11月.
489. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織における小胞体ストレスマーカーの肝癌再発への関与,
第23回 日本消化器癌発生学会, 2012年11月.
490. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
癌幹細胞の治療抵抗性獲得と解除におけるepigenetic修飾の関与,
第23回 日本消化器癌発生学会, 2012年11月.
491. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
肝切除支援ソフトによる術前シミュレーション,術中ナビゲーション,部分肝臓機能解析,
第21回 日本コンピュータ外科学会大会, 2012年11月.
492. 宮谷 知彦, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
分子標的薬Bevacizumabの小胞体ストレス応答を介した肝切除後肝機能障害改善効果,
第54回 日本消化器病学会大会, 2012年10月.
493. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 佐藤 宏彦 :
IPMNにおけるProtein Kinase Ciota発現の意義,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
494. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
肝内胆管癌と比較した細胆管細胞癌の悪性度に関する検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
495. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 佐藤 宏彦 :
高度進行膵癌に対する治療戦略∼Sytemic GFP療法,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
496. 宇都宮 徹, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 佐藤 宏彦 :
非癌部肝組織におけるmiR-494およびPTEN発現の臨床病理学的意義,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
497. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 石川 大地 :
肝硬変合併肝癌における脾臓の役割,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
498. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 佐藤 宏彦, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織における小胞体ストレスマーカーの肝癌再発への関与,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
499. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
膵胆管合流異常症におけるepigenetic/genetic修飾を介した胆道癌発癌機構に関する検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
500. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
大腸癌肝転移におけるSDF-1/CXCR4 axisの影響に関する研究,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
501. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
肝癌に対する肝切除周術期生体侵襲におけるWhey protein含有高機能流動食投与の検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
502. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
胆道癌切除例に対するGFP補助療法と再発肝切除導入効果の検証,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
503. 宇都宮 徹, 島田 光生, 池本 哲也, 居村 暁, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 森 大樹, 金本 真美 :
若手への``完全相伝式''肝葉切除伝承への工夫:無輸血・胆汁瘻ゼロを目指して,
JDDW, 2012年10月.
504. 荒川 悠佑, 島田 光生, 石川 大地, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 岩橋 衆一, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
下右肝静脈温存,上右肝静脈及びドレナージ領域を含む合理的拡大肝前区域切除術,
第7回 肝癌治療シミュレーション研究会, 2012年10月.
505. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 石橋 広樹 :
膵・胆管合流異常症に胆道癌を合併した3症例についての検討,
第50回 日本癌治療学会学術集会, 2012年10月.
506. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
生体肝移植レシピエント術後肝障害に対するWhey protein含有高機能流動食を用いた周術期栄養療法の有用性,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
507. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
ドナー特異的抗HLA抗体陽性のレシピエントに対する生体肝移植,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
508. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
脂肪由来幹細胞(ADSC)の膵島細胞保護作用には,IL-6シグナルは関与しない,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
509. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 松本 慎一, B Naziruddin, M.F. Levy :
自家膵島移植におけるInstant blood-mediated inflammatory reaction発現の検討,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
510. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 松久 宗英 :
四国地区モデルとしての徳島県の膵島移植待機患者の現状と問題点,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
511. 山田 眞一郎, 島田 光生, 森根 裕二, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一 :
胆嚢摘出術後に胆管癌を発症した胆管非拡張型膵・胆管合流異常の2症例についての検討,
第48回 日本胆道学会学術集会, 2012年9月.
512. Hiroki Mori, Hiroki Ishibashi, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Yusuke Arakawa, Mami Kanamoto, Shuichi Iwahashi, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, Hidenori Miyake and Mitsuo Shimada :
Risk of carcinogenesis in patients with pancreaticobiliary maljunction through both epigenetic and genetic regulation.,
第71回 日本癌学会学術総会, Sep. 2012.
513. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Mami Kanamoto, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 and Hidenori Miyake :
Tumor microenvironment is regulated by tumor Jagged 1 through Indoleamine 2, 3-dioxygenase(IDO) positive dendtric cell.,
第71回 日本癌学会学術総会, Sep. 2012.
514. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
分枝型IPMNの手術適応判定―分子生物学的マーカーによる評価―,
第87回 中国四国外科学会総会, 2012年9月.
515. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
胆嚢摘出後に胆管癌を発症した胆管非拡張型膵・胆管合流異常の2症例についての検討,
第35回 日本膵・胆管合流異常研究会, 2012年9月.
516. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
非拡張型膵・胆管合流異常症の胆道上皮は発癌ポテンシャルを有する,
第35回 日本膵・胆管合流異常研究会, 2012年9月.
517. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
ドナー特異的抗HLA抗体陽性のレシピエントに対する生体肝移植の1例,
第30回 中国四国臨床臓器移植研究会, 2012年8月.
518. 宮谷 知彦, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 三宅 秀則 :
Conversionと化療の肝障害軽減を目指した治療戦略,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
519. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 山田 眞一郎 :
Protein Kinase Cι発現はIPMNの新たな予後予測因子となる,
第245回 徳島医学会学術集会, 2012年7月.
520. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
術前3D-volumetryを用いた下右肝静脈温存,右上肝静脈とドレナージ領域切除を含む合理的拡大肝前区域切除術,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
521. 荒川 悠佑, 島田 光生, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織における小胞体ストレスマーカー発現,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
522. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
初回肝細胞癌切除後の肝移植適応を考慮した再発予測におけるUp-to-seven基準の検討,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
523. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
鏡視下肝切除定型化と肝細胞癌における短期・長期成績―基本手技とアドバンス手技―,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
524. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 森 大樹, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二 :
門脈灌流領域と肝静脈ドレナージ領域の詳細な解析に基づく系統的切除の妥当性,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
525. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
症例,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
526. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁 :
進行肝細胞癌に対するSorafenibの使用経験及び著効例の検討,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
527. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
細胆管細胞癌における肝幹細胞由来原発性肝腫瘍の特徴発現とその予後,
第48回 日本肝癌研究会, 2012年7月.
528. 石川 大地, 池本 哲也, 島田 光生 :
診断に苦慮した高度脂肪化を伴うHCCの1例,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
529. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹 :
肝胆膵外科領域におけるNCD登録システムの確立と術後合併症リスク評価への応用の試み,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
530. 森 大樹, 石橋 広樹, 宇都宮 徹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生 :
膵・胆管合流異常症の胆道上皮における遺伝子異常からみた治療方針,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
531. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 杉本 光司, 三宅 秀則 :
肝臓外科における菌チン蒿湯の有用性,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
532. 荒川 悠佑, 島田 光生, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織における小胞体ストレスマーカーの肝癌再発への関与,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
533. 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 杉本 光司 :
80歳以上超高齢者における肝胆膵手術の是非,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
534. 齋藤 裕, 島田 光生, 淺野間 理仁, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 三宅 秀則 :
肝硬変における脾摘の効果と脾臓の役割,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
535. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 三宅 秀則 :
術式定型化による適応拡大と原発性肝癌の治療成績 ∼短期・長期予後からみた鏡視下手術の妥当性∼,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
536. 宇都宮 徹, 島田 光生, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 金本 真美 :
EOB-MRIによる術前シミュレーションとICG蛍光法による術中ナビゲーション∼肝切除の安全性と根治性の向上∼,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
537. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
上右肝静脈とそのドレナージ領域合併切除を伴う鬱血領域を加味した系統的前区域切除術,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
538. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
肝内胆管癌の長期生存獲得の条件とGFP補助療法の有用性,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
539. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
Jagged発現とIndolamine2,3-deoxygenase陽性細胞により誘導される調節性T細胞のIPMN悪性度反映に関する検討,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
540. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 :
高機能流動食による肝切除周術期管理―基礎的検討からRCTによる有効性評価―,
第67回 日本消化器外科学会総会, 2012年7月.
541. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎 :
分子標的薬Bevacizumabは小胞体ストレス応答を介し肝切除後の肝機能障害を改善する,
第21回 日本癌病態治療研究会, 2012年7月.
542. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 宮谷 知彦, 杉本 光司, 岩橋 衆一, 三宅 秀則 :
ABO不適合肝移植での抗免疫療法の工夫―特に低用量ペグリバHCV療法の有用性について―,
2012年6月.
543. 吉川 雅登, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎 :
大腸癌肝転移におけるSDF-1/CXCR4 axisの影響に関する研究,
第97回 日本消化器病学会四国支部例会, 2012年6月.
544. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 淺野間 理仁, 石川 大地, 三宅 秀則 :
膵・胆管合流異常症における胆道癌発癌機構の解明,
第97回 日本消化器病学会四国支部例会, 2012年6月.
545. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 宮谷 知彦, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
大腸癌肝転移に関する諸問題と新たな治療戦略,
第37回 日本外科系連合学会学術集会, 2012年6月.
546. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 佐藤 宏彦, 三宅 秀則 :
安全確実な肝葉切除術―出血量軽減のための工夫―,
第37回 日本外科系連合学会学術集会, 2012年6月.
547. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 淺野間 理仁 :
進行肝癌術後の肺・肺門リンパ節転移に対してソラフェニブが著効したが,肝内再発を来し肝切除を行った症例,
第6回 日本肝がん分子標的治療研究会, 2012年6月.
548. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
進行肝癌に対する集学的治療∼ソラフェニブ・IFP療法の比較∼,
第6回 日本肝がん分子標的治療研究会, 2012年6月.
549. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 金本 真美, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 淺野間 理仁 :
ヒト脂肪由来幹細胞はVEGFシグナルとは異なる経路で肝細胞傷害を軽減する,
第30回 日本肝移植研究会, 2012年6月.
550. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 荒川 悠佑, 池本 哲也, 森根 裕二, エンヘボルト チンボルト :
高齢者ドナー肝に関する基礎的検討:肝再生及び肝障害に関して,
第30回 日本肝移植研究会, 2012年6月.
551. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 荒川 悠佑, 宮谷 知彦, 岩橋 衆一, 三宅 秀則 :
C型肝硬変に対する肝移植後の抗ウイルス療法の工夫 特に血液型不適合移植後の低用量ペグリバ療法の有用性について,
第30回 日本肝移植研究会, 2012年6月.
552. 荒川 悠佑, 島田 光生, 居村 暁, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝細胞癌切除後の肝移植適応を考慮した再発予測におけるUp-to-seven基準の妥当性の検討,
第30回 日本肝移植研究会, 2012年6月.
553. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 齋藤 裕, 淺野間 理仁 :
大腸癌肝転移におけるSDF-1/CXCR4 axisの影響に関する検討,
第48回 日本肝臓学会総会, 2012年6月.
554. 荒川 悠佑, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 森 大樹, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織におけるSTMN1・miR-223発現の肝癌多中心性再発への関与,
第48回 日本肝臓学会総会, 2012年6月.
555. 宇都宮 徹, 池本 哲也, 花岡 潤, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎 :
肝発癌分子機構におけるがん幹細胞関連DNA・miRNA発現の関与,
第48回 日本肝臓学会総会, 2012年6月.
556. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
肝内胆管癌における癌幹細胞の意義と治療抵抗性克服の可能性,
第48回 日本肝臓学会総会, 2012年6月.
557. 森根 裕二, 島田 光生, 池本 哲也 :
癌幹細胞のepigenetic修飾と癌根治療法への可能性.,
第97回 日本消化器病学会総会, 2012年5月.
558. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
ドナー特異的抗HLA抗体陽性のレシピエントに対して生体肝移植を施行した1症例,
第14回四国肝不全研究会, 2012年5月.
559. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
下右肝静脈温存,上右肝静脈とそのドレナージ領域を含む合理的拡大肝S8切除術の1例,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
560. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
尾側膵切除における膵断端処理の工夫と膵液瘻低減に関する検討,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
561. 宇都宮 徹, 島田 光生, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
門脈灌流領域および肝静脈ドレナージ領域の詳細な解析に基づく合理的な拡大肝前区域切除術,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
562. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
胆嚢癌に対する腹腔鏡補助下肝S4a+S5切除術の有用性についての検討,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
563. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
異時性三重複胆道癌に対する外科治療,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
564. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
分枝型IPMNの手術適応``分子生物学的指標による評価'',
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
565. 荒川 悠佑, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 森 大樹, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
転移性肝癌と鑑別困難であった限局性類洞拡張障害の一例,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
566. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
EOB-MRIによるOne stop shopping肝予備能検査,
第24回 日本肝胆膵外科学会・学術集会, 2012年5月.
567. チンボルト エンヘボルト, 島田 光生, 宇都宮 徹, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 杉本 光司, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
肝切除前3Dシミュレーション画像による肝動脈,門脈,胆管の同時評価,
第66回 手術手技研究会, 2012年5月.
568. 荒川 悠佑, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 花岡 潤, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹 :
下右肝静脈温存,上右肝静脈とドレナージ領域を含む合理的拡大肝S8切除術,
第66回 手術手技研究会, 2012年5月.
569. 矢田 圭吾, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 石川 大地 :
ドナー特異的抗HLA抗体陽性のレシピエントに対して生体肝移植術を施行した1症例,
第14回 四国肝不全研究会, 2012年5月.
570. 松本 規子, 荒川 悠佑, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ラット大量肝切除における脾臓内遺伝子発現の変化(第二報)Ingenuity Pathway Analysisを用いた検討,
第112回 日本外科学会学術集会, 2012年4月.
571. 淺野間 理仁, 森 大樹, 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 金本 真美, 花岡 潤, 杉本 光司, 山田 眞一郎 :
脾臓中TGF-β,IL-6発現が肝線維化,,肝再生に関与する,
第98回 日本消化器病学会総会, 2012年4月.
572. 徳永 卓哉, 島田 光生, 森 大樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
Bevacizumab(Bev)が小胞体ストレス応答を介して肝切除後肝機能障害を改善する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
573. 小笠原 卓, 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 金本 真美, 花岡 潤, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
ヒト脂肪由来幹細胞はVEGFシグナルとは異なる経路で肝細胞傷害を軽減する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
574. 西 正暁, 島田 光生, 森 大樹, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 武田 英二, 奥村 仙示, 佐々木 一, 青沼 広光, 川島 昭浩 :
肝切除周術期の生体侵襲に対するMEIN(R)投与の有用性の検討―基礎的実験と臨床的評価―,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
575. 篠原 永光, 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 淺野間 理仁 :
大腸癌肝転移におけるSDF-1/CXCR4 axisの影響に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
576. 金村 普史, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝転移を有する十二指腸乳頭部癌の外科的切除を中心とした集学的治療,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
577. 三宅 秀則, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
幹細胞マーカーに着目した細胆管癌の悪性度に関する検討―肝内胆管癌との比較より―,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
578. 石川 大地, 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
肝硬変症例に対する脾摘後の肝再生に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
579. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕 :
脂肪由来幹細胞の傷害膵島保護作用に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
580. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 金本 真美, 花岡 潤, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
ヒト脂肪由来幹細胞の傷害肝へのhoming効果に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
581. 岩橋 衆一, 杉本 光司, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生 :
バルプロ酸は膵癌細胞株においてインターフェロンレセプター発現を高め,抗腫瘍効果を増強する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
582. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 髙須 千絵, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
膵・胆管合流異常症の胆道上皮は発癌ポテンシャルを有する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
583. 荒川 悠佑, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則, 島田 光生 :
Small-for-size graftにおける脾摘術は肝内のEGR1およびHO-1関連のpathwayを制御する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
584. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
ドレナージ領域切除を含む合理的拡大肝前区域切除術,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
585. 吉川 雅登, 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 金本 真美, 花岡 潤, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
右肝切除後の尾状葉再生に関する研究―尾状葉付き拡大左葉グラフトとの比較―,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
586. 川下 陽一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎 :
より正確な系統的切除のための3D-volumetryを用いた右肝静脈周囲の門脈灌流領域に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
587. 淺野間 理仁, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
脾臓中マクロファージによるTGF-β発現が肝硬変に関与する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
588. 金本 真美, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
紫苓湯(TJ-114)のislet xenotransolantationにおける異種移植免疫応答の減弱効果に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
589. 杉本 光司, 松本 慎一, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則, 島田 光生 :
ドナー特異的輸血とHistone deacetylase阻害剤の併用は膵島移植において免疫寛容を誘導する,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
590. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁 :
ヒト脂肪由来幹細胞を用いた傷害臓器修復に関する研究,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
591. 開野 友佳理, 島田 光生, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
予後不良因子を有する進行胆道癌切除例に対するGFP補助療法の有用性,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
592. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
過小グラフトの病態における熱ショック蛋白(HSP)低下とその対策,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
593. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
ヒストンアセチル化制御による癌幹細胞を標的とした治療抵抗性克服の可能性,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
594. 宇都宮 徹, 島田 光生, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 三宅 秀則 :
肝発癌母地に着目した肝細胞癌の治療戦略―多中心性再発リスクに基づく治療法選択の可能性―,
第112回 日本外科学会定期学術集会, 2012年4月.
595. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
脂肪由来幹細胞(ADSC)の傷害膵島保護作用に関する研究.,
第39回 日本膵・膵島移植研究会, 2012年3月.
596. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
TJ-114のporcine islet xenotransplantationにおける異種移植免疫応答の減弱効果に関する研究.,
第39回 日本膵・膵島移植研究会, 2012年3月.
597. 宮谷 知彦, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
大腸癌肝転移に対する治療戦略—Conversionと化療の肝障害軽減を目指してー.,
第45回 制癌剤適応研究会, 2012年3月.
598. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 金本 真美, 花岡 潤, 荒川 悠佑, 森 大樹, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 秀則 :
ヒト脂肪由来幹細胞はVEGFシグナルとは異なる経路で肝細胞傷害を軽減する.,
第18回 外科侵襲とサイトカイン研究会, 2011年12月.
599. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
進行肝癌術後の補助療法としてのIFP療法の有用性とソラフェニブの適応提案.,
第39回 日本肝臓学会西部会, 2011年12月.
600. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
胆嚢摘出術における2mm細径鉗子を用いたreduced port surgery.,
第24回 日本内視鏡外科学会総会, 2011年12月.
601. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 三宅 秀則 :
腹腔鏡下肝切除における術式定型化は可能である.,
第24回 日本内視鏡外科学会総会, 2011年12月.
602. 宇都宮 徹, 島田 光生, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
消化器外科領域における単孔式腹腔鏡手術の功罪.,
第24回 日本内視鏡外科学会総会, 2011年12月.
603. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 池本 哲也, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 杉本 光司, 花岡 潤, 森 大樹, 森根 裕二, 居村 暁 :
ヒト脂肪由来幹細胞の傷害肝へのhoming効果に関する研究.,
第96回 日本消化器病学会四国支部例会/第107回日本消化器内視鏡学会四国地方会, 2011年11月.
604. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
IPMNおよび早期膵癌における末梢血中Foxp3測定の意義.,
第22回 日本消化器癌発生学会総会, 2011年11月.
605. 宇都宮 徹, 島田 光生, 池本 哲也, 居村 暁, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 森 大樹, 花岡 潤, 森根 裕二, 金本 真美 :
非癌部肝組織におけるmiRNA発現プロファイルに基づく肝発癌リスク予測の試み.,
第22回 日本消化器癌発生学会総会, 2011年11月.
606. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森 大樹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 石橋 広樹, 浅野間 理仁 :
膵・胆管合流異常における胆道上皮の分子生物学的検討—胆道上皮は発癌ポテンシャルを有するー.,
第22回 日本消化器癌発生学会総会, 2011年11月.
607. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野 間理仁 :
術前3Dシミュレーションが可能にした右肝静脈合併切除とドレナージ領域を含む拡大肝前区域切除術 (第20回 日本コンピュータ外科学会),
日本コンピュータ外科学会誌, Vol.13, No.3, 352-353, 2011年11月.
608. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
癌取扱い規約のあり方 UICCとの歩み寄りは必要か? 肝癌切除例からみた癌取り扱い規約の問題点 UICCとの比較から見えたもの,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 330, 2011年11月.
609. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
経験から学ぶ内視鏡下手術のトラブルシューティング(肝臓・胆道・膵臓) 腹腔鏡下肝切除術の短期治療成績の評価 術中合併症対策を含めて,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 343, 2011年11月.
610. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
分枝型IPMNの治療方針 手術適応,縮小手術の是非 IPMNにおける末梢血中Treg比率と局所IDO陽性細胞発現の関連性の検討,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 360, 2011年11月.
611. 宇都宮 徹, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
大腸癌肝転移における新たな治療戦略 切除不能大腸癌肝転移に対する肝切除へのconversionを目指した治療戦略,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 372, 2011年11月.
612. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
肝胆膵腫瘍病変における内視鏡下手術の適応拡大 腹腔鏡下肝切除の定型化と肝内胆管癌への適応拡大,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 420, 2011年11月.
613. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
安全確実なエネルギーデバイスを駆使した無結紮肝葉切除術,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 434, 2011年11月.
614. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 荒川 悠祐, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
膵頭十二指腸切除におけるVessel Sealing Systemによる安全・迅速な膵神経叢郭清,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 488, 2011年11月.
615. 居村 暁, 島田 光生, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 花岡 潤, 金本 真美, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
高度肉眼的門脈侵襲陽性の進行肝癌に対する治療戦略,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 510, 2011年11月.
616. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
肝葉切除における中肝静脈右側切除領域に関するピットフォール,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 511, 2011年11月.
617. 江藤 祥平, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
右肋骨弓下に挿入する細径鉗子はSILS胆摘導入を容易にする,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 625, 2011年11月.
618. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
肝右葉切除術後の残肝再生率の検討 尾状葉・外側区域・内側区域の再生率の比較,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 817, 2011年11月.
619. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
脾摘後の肝再生に関する検討,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.72, 849, 2011年11月.
620. 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 杉本 光司, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
胆嚢癌に対する腹腔鏡補助下肝S4a+S5切除術.,
第5回 肝臓内視鏡外科研究会, 2011年11月.
621. 居村 暁, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 杉本 光司, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 島田 光生 :
原発性肝癌に対する鏡視下肝切除の短期・長期成績の検討.,
第5回 肝臓内視鏡外科研究会, 2011年11月.
622. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の妥当性に関する検討.,
第49回 日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
623. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
切除不能大腸癌肝転移に対する化療後肝切除のベストタイミングと肝脾腫に与える影響.,
第49回 日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
624. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 森根 裕二, 居村 暁 :
TJ-48,TJ-137併用がStageIVb膵癌化学療法に与える影響に関する研究.,
第49回 日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
625. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
非癌部肝組織における分子遺伝学的特徴と肝発癌リスクに関する検討.,
第49回 日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
626. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
胆道癌術後再発に対する肝切除導入効果の検証,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 673, 2011年10月.
627. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 荒川 悠佑, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 淺野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
Aurora AおよびCD44発現からみた肝癌の臨床病理学的検討,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 686, 2011年10月.
628. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
脂肪由来幹細胞はcell contactを介して肝癌細胞の増殖を増強する,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 777, 2011年10月.
629. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 斎藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
膵胆管合流異常症例における胆道癌発癌機構に関する検討,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 778, 2011年10月.
630. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
胆道癌に対し3度の根治的切除が可能であった1例,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 920, 2011年10月.
631. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 杉本 光司, 斎藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
Bevacizumabの大量肝切除後における肝障害・肝再生改善効果の基礎研究,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 912, 2011年10月.
632. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
IPMNにおいてJagged1は調節性T細胞を介し腫瘍悪性度を増強する.,
JDDW(日本消化器関連学会集会) 【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, 2011年10月.
633. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
後期高齢者の膵・胆道癌に対する膵頭十二指腸切除術の妥当性の検討.,
JDDW(日本消化器関連学会集会)【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, 2011年10月.
634. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
切除不能大腸癌肝転移症例に対する化療後肝切除のベストタイミングと化療の影響.,
JDDW(日本消化器関連学会集会)【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, 2011年10月.
635. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
非切除胆管癌に対する集学的治療—``Conversion''を目指してー.,
JDDW(日本消化器関連学会集会)【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, 2011年10月.
636. 宇都宮 徹, 金本 真美, 花岡 潤, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 森 大樹, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 島田 光生, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
非癌部肝組織の遺伝子発現・miRNA発現パターンに基づく肝発癌のリスクの分子診断.,
JDDW(日本消化器関連学会集会)【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, 2011年10月.
637. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
膵癌における血中調節性T細胞を指標とした早期診断の可能性と理論的根拠,
JDDW(日本消化器関連学会集会) 【第53回日本消化器病学会,第82回日本消化器内視鏡学会総会,第15回日本肝臓学会大会,第9回日本消化器外科学会】, Vol.108, A907, 2011年10月.
638. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 斎藤 裕, 三宅 秀則 :
ヒト脂肪由来幹細胞(ADRCs)の傷害膵島保護作用に関する検討,
第47回 日本移植学会総会, Vol.46, 203, 2011年10月.
639. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 斉藤 裕, 松本 慎一 :
膵島移植におけるdonor specific transfusionとhistone deacetylase inhibitorによる免疫寛容誘導の検討,
第47回 日本移植学会総会, Vol.46, 206, 2011年10月.
640. 池本 哲也, 島田 光生, 松本 慎一, 岩橋 衆一, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, Jacque Banchereau :
各臓器移植における免疫寛容 IFN inducible IDO+形質細胞様樹状細胞による免疫寛容誘導,
第47回 日本移植学会総会, Vol.46, 129, 2011年10月.
641. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 杉本 光司, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
ヒト脂肪由来幹細胞による肝虚血再灌流障害軽減効果に関する基礎的検討,
第47回 日本移植学会総会, Vol.46, 254, 2011年10月.
642. Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕 and 浅野間 理仁 :
Indoleamine 2, 3-dioxygenase (IDO) induced active regulatory Tcells play an important role in pancreatic neoplasms,
Proceedings of the Japanese Cancer Association, 80, Oct. 2011.
643. Yuji Morine, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 岩橋 衆一 and Hidenori Miyake :
Role of CD 151 expression in gallbladde carcinoma,
Proceedings of the Japanese Cancer Association, 122, Oct. 2011.
644. 杉本 光司, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
Valproic acid enhances the anti-tumor effect of pegylated interferon-alpha toward pancreatic cancer cell lines,
Proceedings of the Japanese Cancer Association, 140, Oct. 2011.
645. 齋藤 裕, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, 花 岡潤, 杉本 光司, 浅野間 理仁 and 山田 眞一郎 :
肝虚血再灌流傷害におけるヒト脂肪由来幹細胞ホーミング効果の機序解明 (第70回 日本癌学会学術総会),
Proceedings of the Japanese Cancer Association, 403-404, Oct. 2011.
646. Toru Utsunomiya, Mitsuo Shimada, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Hiroki Mori, Jun Hanaoka, Mami Kanamoto, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 and 浅野間 理仁 :
miRNA expression profiles of non-tumor liver tissues in patients with hepatocellular carcinoma ( 70 ),
Proceedings of the Japanese Cancer Association, 448, Oct. 2011.
647. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
肝葉切除における中肝静脈右側切除領域に関する検討.,
第6回 肝癌治療シミュレーション研究会, 2011年9月.
648. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
非切除胆管癌に対する集学的治療 GFP療法から切除へ,
胆道, Vol.25, No.3, 407, 2011年9月.
649. 森 大樹, 島田 光生, 久山 寿子, 石橋 広樹, 佐藤 宏彦, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
ラット胆管拡張症モデルを用いた膵・胆管合流異常症に関する実験的検討,
胆道, Vol.25, No.3, 499, 2011年9月.
650. 淺野間 理仁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
門脈圧亢進症における臓器相関 肝・肺・腎・脾 肝硬変症の脾臓では肝・脾連関によりTGF-βが高発現する,
日本門脈圧亢進症学会雑誌, Vol.17, No.3, 45, 2011年9月.
651. 森 大樹, 島田 光生, 居村 暁, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 斎藤 裕, 杉本 光司, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
肝硬変に対する外科的治療としての脾摘術の意義,
日本門脈圧亢進症学会雑誌, Vol.17, No.3, 50, 2011年9月.
652. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 森 大樹, 三宅 秀則 :
Major shuntの有無に着目した肝硬変に対する脾摘術の効果,
日本門脈圧亢進症学会雑誌, Vol.17, No.3, 121, 2011年9月.
653. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 石橋 広樹 :
胆嚢摘出術を施行後,20年経過して胆管癌を発症した胆管非拡張型膵・胆管合流異常の1例,
日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス, Vol.34, 46-47, 2011年9月.
654. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
膵頭十二指腸切除術におけるVessel sealing systemを用いた安全かつ迅速な膵背側離断.,
第65回 手術手技研究会, 2011年9月.
655. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美 :
画像上極めて特異な像を示した高度脂肪化を伴うHCCの1症例.,
第55回 日本消化器画像診断研究会, 2011年9月.
656. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 杉本 光司, 齋藤 裕, 山田 眞一郎 :
腹腔鏡下肝切除における術式定型化とその工夫.,
第86回 中国四国外科学会総会/第16回中国四国内視鏡外科研究会, 2011年9月.
657. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
C型肝硬変に対するABO不適合肝移植後の低用量Peg-IFN/RBV療法の有用性.,
第29回 中国四国臨床臓器移植研究会, 2011年8月.
658. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 杉本 光司, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
ヒト脂肪由来幹細胞による肝傷害軽減効果に関する基礎的検討.,
第29回 日本ヒト細胞学会学術集会, 2011年8月.
659. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
脂肪組織由来幹細胞は膵β細胞障害を軽減する.,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
660. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 森 大樹, 三宅 秀則 :
膵癌における調節性T細胞を指標とした早期診断の可能性と理論的根拠.,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
661. Tovuu Lkhagva-Ochir, Mitsuo Shimada, Toru Utsunomiya, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Jun Hanaoka, Syuichi Iwahashi, Yu Saito, Nobuhiro Kurita and Hidenori Miyake :
CD44 expression in the non-tumor tissues is correlated to the prognosis of the patients with hepatocellular carcinoma.,
第47回 日本肝癌研究会, Jul. 2011.
662. 齋藤 裕, 島田 光生, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
肝・胃・肺の同時多発癌で術前鑑別診断及び治療方針が困難であった症例.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
663. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
肝細胞癌切除術後10年以上生存例の臨床病理学的特徴.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
664. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
オキサリプラチン併用レジメンにおけるベバシズマブの肝保護及び脾腫軽減作用に関する検討.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
665. 山田 眞一郎, 島田 光生, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹 :
症例.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
666. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
細胆管細胞癌は肝幹細胞由来の原発性肝腫瘍の特徴を有する.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
667. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 金本 真美, 三宅 秀則 :
肝細胞癌に対する腹腔鏡下手術の標準化と術中合併症対策.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
668. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤 :
左葉グラフト肝移植におけるsmall-for-size graft回避のための工夫.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
669. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
非B非C型肝癌再発に対する分子遺伝学的治療戦略∼遺伝子およびmiRNA発現のハイブリッド解析から∼.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
670. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 森 大樹, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二 :
非癌部肝組織の遺伝子発現とmiRNA発現パターンに基づく肝細胞癌再発のリスク予測と対策.,
第47回 日本肝癌研究会, 2011年7月.
671. 宇都宮 徹, 島田 光生, 居村 暁, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 森 大樹, 花岡 潤, 池本 哲也, 森根 裕二 :
尾状葉付き拡大左葉グラフトの術後尾状葉再生率に関する検討.,
第29回 日本移植研究会, 2011年7月.
672. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
ヒト脂肪由来幹細胞による肝細胞障害軽減効果に関する基礎的検討.,
第29回 日本移植研究会, 2011年7月.
673. 居村 暁, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎 :
左葉グラフトを用いた成人生体肝移植の成績∼Small-for-size graftは術後成績のリスクファクターではない∼.,
第29回 日本移植研究会, 2011年7月.
674. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 森 大樹, 金本 真美, 三宅 秀則 :
EOB-MRIを用いた肝切除術前検査のone stop shopping,
日本消化器外科学会総会, 207, 2011年7月.
675. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 三宅 秀則 :
胆管非拡張型膵・胆管合流異常に対する診断と治療 全国集計からみた膵・胆管合流異常の特徴と当科における症例の発癌関連遺伝子発現の評価,
日本消化器外科学会総会, 260, 2011年7月.
676. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 三宅 秀則 :
消化器癌に対する分子生物学の臨床応用(肝胆膵・上部消化管) 肝発癌における非癌部肝組織miRNA発現の意義,
日本消化器外科学会総会, 268, 2011年7月.
677. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 三宅 秀則 :
最新デバイスを駆使した無結紮肝葉切除術の定型化 若手外科医の習熟のための工夫,
日本消化器外科学会総会, 441, 2011年7月.
678. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 三宅 秀則 :
高度脈管侵襲陽性肝癌術後のSystemic IFN+low-dose FPの有用性 理論的根拠と臨床成績,
日本消化器外科学会総会, 442, 2011年7月.
679. 池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美 :
宿主免疫学反応から見たIPMNの手術適応,
日本消化器外科学会総会, 444, 2011年7月.
680. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 金本 真美, 三宅 秀則 :
腹腔鏡下肝切除術の低侵襲性の検証 開腹vs.補助下vs.完全鏡視下,
日本消化器外科学会総会, 467, 2011年7月.
681. 宇都宮 徹, 島田 光生, 金本 真美, 岩橋 衆一, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
進行大腸癌肝転移例に対する治療のコンセプト 肉眼的根治を目指した化療導入による肝切除へのconversion,
日本消化器外科学会総会, 504, 2011年7月.
682. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 斎藤 裕, 三宅 秀則 :
障害肝に対する肝予備能評価 アシアロシンチグラフィーとEOB-MRIの応用,
日本消化器外科学会総会, 516, 2011年7月.
683. 石川 大地, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
初発および再発細胆管細胞癌に対して外科的切除を施行した1例.,
第95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
684. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
脂肪由来幹細胞(ADRCs)は液性因子による障害膵島保護作用を有する.,
第95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
685. 荒川 悠佑, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
細径鉗子を用いたHybrid SILS-cholecystectomyの有用性に関する検討.,
95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
686. 杉本 光司, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
IPMN悪性度判定においてJagged1発現は有用である.,
95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
687. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁 :
Bevacizumabの大量肝切除後における肝障害・肝再生改善効果の基礎検討.,
第95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
688. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
One stop shoppingに施行可能なEOB-MRIを用いた肝切除術前検査.,
第95回 日本消化器病学会四国支部例会, 2011年6月.
689. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 居村 暁, 森根 裕二, 三宅 秀則 :
再生医療の現状と将来展望 ヒト脂肪由来幹細胞の肝再生における役割,
日本外科系連合学会誌, Vol.36, No.3, 345, 2011年6月.
690. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
肝胆膵悪性腫瘍手術における血行再建 肝細胞癌に対する左葉グラフト肝移植における肝静脈再建 吻合口拡大のための工夫,
日本外科系連合学会誌, Vol.36, No.3, 370, 2011年6月.
691. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
進行肝細胞癌に対するSorafenibの使用経験及び著効例の検討,
日本外科系連合学会誌, Vol.36, No.3, 391, 2011年6月.
692. 居村 暁, 島田 光生, 山田 眞一郎, 淺野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
超高齢者肝細胞癌に対する肝切除術の妥当性の検討,
日本外科系連合学会誌, Vol.36, No.3, 529, 2011年6月.
693. 宇都宮 徹, 島田 光生, 斉藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
肝胆膵外科手術の安全性,根治性を高める画像解析と術前シミュレーション 肝切除術前シミュレーションとしてのEOB-MRIの応用 3D-volumetryの融合による肝機能と肝容積の同時評価,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 157, 2011年6月.
694. 淺野間 理仁, 島田 光生, 山田 眞一郎, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 宇都宮 徹, 三宅 秀則 :
転移性肝癌における手術適応とタイミング 切除不能大腸癌肝転移例に対する化療後肝切除のタイミングと化療の影響,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 178, 2011年6月.
695. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁 :
単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術 従来法との比較(2) 細径鉗子を用いたHybrid SILSの有用性に関する検討,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 206, 2011年6月.
696. 齋藤 裕, 島田 光生, 宇都宮 徹, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁 :
次世代の肝胆膵外科を目指して ヒト脂肪由来幹細胞による肝再生療法に関する基礎的検討,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 222, 2011年6月.
697. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 浅野間 理仁, 山田 眞一郎, 三宅 秀則 :
高度肉眼的門脈侵襲陽性の進行肝癌に対する治療戦略,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 243, 2011年6月.
698. 金本 真美, 島田 光生, 森根 裕二, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
胆膵領域癌における有用な術前,術後補助療法 進行胆道癌に対するGFP療法の有用性,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 248, 2011年6月.
699. 宇都宮 徹, 島田 光生, 斉藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
安全かつ確実な腹腔鏡下肝切除術を目指して(1) 腹腔鏡下肝切除術の短期治療成績の評価および術中合併症対策,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 256, 2011年6月.
700. 森根 裕二, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
肝切除術の新たな工夫(2) 若手にも導入容易なエネルギーデバイスを駆使した無結紮肝葉切除術,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 265, 2011年6月.
701. 山田 眞一郎, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 金本 真美, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕 :
Vessel sealing systemによる神経叢郭清,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 282, 2011年6月.
702. 岩橋 衆一, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
CACS(celiac axis compression syndrome)により術後管理に難渋した膵頭十二指腸切除の1例,
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集, 344, 2011年6月.
703. 居村 暁, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 池本 哲也, 森 大樹, 花岡 潤, 金本 真美, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則 :
非B非C型肝癌再発に対する分子遺伝学的治療戦略 遺伝子およびmiRNA発現のハイブリッド解析から,
肝臓, Vol.52, No.Suppl.1, A62, 2011年6月.
704. 宇都宮 徹, 島田 光生, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
切除不能大腸癌肝転移例に対する肉眼的根治を目指した外科的治療戦略,
肝臓, Vol.52, No.Suppl.1, A131, 2011年6月.
705. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 金本 真美, 三宅 秀則 :
EOB-MRIは肝切除術前検査をone stop shoppingに施行可能である,
肝臓, Vol.52, No.Suppl.1, A441, 2011年6月.
706. 花岡 潤, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 岩橋 衆一, 齋藤 裕, 金本 真美, 三宅 秀則 :
EOB‐MRIは肝切除術前検査をone stop shoppingに施行可能である,
第47回 日本肝臓学会総会, 2011年6月.
707. 宇都宮 徹, 島田 光生, 浅野間 理仁, 齋藤 裕, 岩橋 衆一, 金本 真美, 花岡 潤, 森 大樹, 池本 哲也, 森根 裕二, 居村 暁, 三宅 秀則 :
切除不能大腸癌肝転移例に対する肉眼的根治を目指した外科的治療戦略,
第47回日本肝臓学会総会, 2011年6月.
708. 久山 寿子, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 嵩原 裕夫, 新居 章 :
膵・胆管合流異常症に関する実験的検討:ラット胆管拡張モデル.,
第111回 日本外科学会定期学術集会, 2011年5月.
709. 森 大樹, 島田 光生, 宇都宮 徹, 森根 裕二, 居村 暁, 池本 哲也, 花岡 潤, 岩橋 衆一, 斎藤 裕, 山田 眞一郎, 浅野間 理仁, 三宅 秀則, 坂東 良美 :
SY-2-6 IPMNにおけ