検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 放射線治療学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 診療放射線技術学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 富永 正英, 佐々木 幹治 :
脳・体幹部定位照射 --- 図解 診療放射線技術実践ガイド 第4版 ---,
文光堂, 東京, 2020年2月.
2. 今江 禄一, 角谷 倫之, 木藤 哲司, 京谷 勉輔, 黒岡 雅彦, 小玉 卓史, 佐々木 幹治, 武川 英樹, 武村 哲浩, 藤田 幸男, 宮部 結城, 八木 雅司 :
非剛体画像レジストレーション利用のためのガイドライン2018年版,
日本放射線腫瘍学会QA委員会DIRワーキンググループ, 2018年4月.

学術論文(審査論文):

1. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Kanako Sakuragawa, Yokoishi MIchihiro, Tsuzuki Akira and Sugimoto Wataru :
Determination of reproducibility of end-exhaled breath-holding in stereotactic body radiation therapy,
Journal of Radiation Research, Vol.In press, 2020.
(DOI: 10.1093/jrr/rraa079,   PubMed: 32930802)
2. Motoharu Sasaki, Wataru Sugimoto and Hitoshi Ikushima :
Simplification of Head and Neck Volumetric Modulated Arc Therapy Patient-specific Quality Assurance, Using a Delta4 PT,
Reports of Practical Oncology and Radiotherapy, Vol.25, No.5, 793-800, 2020.
(DOI: 10.1016/j.rpor.2020.07.004,   PubMed: 32879621)
3. Motoharu Sasaki and Hitoshi Ikushima :
Impact of Changes in Body Contours on Radiation Therapy Dose Distribution After Uterine Cervical Cancer Surgery,
Japanese Journal of Radiology, Vol.in press, 2020.
(DOI: 10.1007/s11604-020-01011-6,   PubMed: 32617837,   Elsevier: Scopus)
4. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Wataru Sugimoto and Kenta Kitagawa :
Long-term stability of a three-dimensional dose verification system.,
Radiological Physics and Technology, Vol.13, No.1, 83-91, 2020.
(DOI: 10.1007/s12194-020-00554-7,   PubMed: 32006217,   Elsevier: Scopus)
5. Hirokazu Miyoshi, Fumio Kida, Yoshiyasu Kawase, Kenji Yamada, Motoharu Sasaki, Hidenori Shoji and Hitoshi Hase :
Emission image of X-ray-irradiated CR-39 stick doped with methylviologen-encapsulated silica nanocapsules using LED light,
Progress in Nuclear Science and Technology, Vol.6, 91-94, 2019.
(DOI: 10.15669/pnst.6.91)
6. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Chisato Tonoiso, Ayaka Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka and Masafumi Harada :
Clinical outcomes of hypofractionated image-guided multifocal irradiation using volumetric-modulated arc therapy for brain metastases.,
Journal of Radiation Research, Vol.60, No.1, 134-141, 2019.
(DOI: 10.1093/jrr/rry091,   PubMed: 30445426)
7. Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Kamomae Takeshi, Hitoshi Ikushima, Kitaoka Motonori, Bando Ryota, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Influence of multi-leaf collimator leaf transmission on head and neck intensity-modulated radiation therapy and volumetric-modulated arc therapy planning.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.35, No.9, 511-525, 2017.
(DOI: 10.1007/s11604-017-0661-8,   PubMed: 28647834,   Elsevier: Scopus)
8. Noriyuki Kadoya, Yujiro Nakajima, Msahide Saito, Yuki Miyabe, Masahiko Kurooka, Satoshi Kito, Yukio Fujita, Motoharu Sasaki, Kazuhiro Arai, Kensuke Tani, Masashi Yagi, Akihisa Wakita, Naoki Tohyama and Keiichi Jingu :
Multi-institutional Validation Study of Commercially Available Deformable Image Registration Software for Thoracic Images.,
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.96, No.2, 422-431, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2016.05.012,   PubMed: 27475673)
9. Takeshi Kamomae, Masataka Oita, Naoki Hayashi, Motoharu Sasaki, Hideki Aoyama, Hiroshi Oguchi, Mariko Kawamura, Hajime Monzen, Yoshiyuki Itoh and Shinji Naganawa :
Characterization of stochastic noise and post-irradiation density growth for reflective-type radiochromic film in therapeutic photon beam dosimetry.,
Physica Medica, Vol.32, No.10, 1314-1320, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ejmp.2016.07.091,   PubMed: 27473441)
10. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, T Kamomae, T Kishi, Masataka Oita and Masafumi Harada :
Dose impact of rectal gas on prostatic IMRT and VMAT,
Japanese Journal of Radiology, Vol.33, No.12, 723-733, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109667,   DOI: 10.1007/s11604-015-0481-7,   PubMed: 26573828)
11. Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yasuo Hara, Taro Kishi and Hitoshi Hori :
Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells,
Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4621-4626, 2014.
(PubMed: 25075109)
12. 佐々木 幹治, 富永 正英, t Kamomae, 生島 仁史, T Kishi, T Kawashita, A Tada, M Shigemitsu, 笈田 将皇 :
Clinical evaluation of automatic contours for head and neck region using deformable image registration software,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.11, 1250-1260, 2013年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2013_JSRT_69.11.1250,   PubMed: 24256648,   CiNii: 130003384217,   Elsevier: Scopus)
13. 佐々木 幹治, 生島 仁史, Y Nakaguchi, T Kishi, M Kimura, R Bandou, M Oita :
A comparison of four commercial radiation treatment planning systems for prostate intensity modulated radiation therapy,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.7, 761-772, 2013年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2013_JSRT_69.7.761,   PubMed: 23877154)
14. Bado Ryota, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Taro Kishi, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo and Koichi Tamura :
Changes of tumor and normal structures of the neck during radiation therapy for head and neck cancer requires adaptive strategy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1,2, 46-51, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106041,   DOI: 10.2152/jmi.60.46,   PubMed: 23614911)
15. 竹永 枝里子, 中口 裕二, 丸山 雅人, 末永 望, 筧 清孝, 甲斐 祐大, 河野 友宏, 佐々木 幹治, 橋田 昌宏 :
Image guided radiation therapy(IGRT)における位置補正精度と患者スループットの装置間比較,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.10, 1327-1332, 2012年.
16. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 下窪 康史, 高志 智, 笈田 将皇 :
マルチリーフコリメータの位置精度が強度変調放射線治療に及ぼす影響,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.5, 497-506, 2011年.
17. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 山田 健二, 笈田 将皇, 西谷 弘 :
強度変調放射線治療におけるradiographic filmと radiochromic filmの比較評価,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.66, No.5, 525-534, 2010年.
(DOI: 10.6009/jjrt.66.525,   CiNii: 10026453315,   Elsevier: Scopus)
18. Y Kishida, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Y Hara, M Oita and Hiromu Nishitani :
Use of a diagnostic positron emission tomography-computed tomography system for planning radiotherapy positioning: distortion of the tabletop.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.2, 143-148, 2010.
(DOI: 10.1007/s11604-009-0398-0,   PubMed: 20182849)
19. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Quality Assurance of I-125 Seed Permanent Implant Therapy Using a Self-color Developing Reflection-type Dosimetry Sheet Film,
Radiation Medicine, Vol.23, No.7, 474-477, 2005.
(PubMed: 16485537)

学術論文(紀要・その他):

1. 佐々木 幹治 :
DIRの受入試験,コミッショニング,QA,
放射線治療分科会雑誌, Vol.32, No.2, 30-32, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114006)
2. 佐々木 幹治 :
市販Deformable Image Registration ソフトウェアの臨床における問題点,
放射線治療分科会雑誌, Vol.28, No.2, 27-33, 2014年.
(DOI: 10.18973/curejsrt.28.2_27)

総説・解説:

1. 富永 正英, 下窪 康史, 生島 仁史, 本田 道隆, 佐々木 幹治 :
Cone-b eam CT 画像を用いた小線源治療計画への応用,
画像通信, Vol.77, No.2, 55-61, 2016年10月.

国際会議:

1. Hasegawa Yu, Akihiro Haga, Sakata Dousatsu, Yuki Kanazawa, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Imae T. and Nakagawa Keiichi :
Estimation of X-ray energy spectrum for CT scannerfrom percentage depth dose measurement,
2020 JOINT AAPM COMP meeting, Jul. 2020.
2. Honda Hirofumi, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Uto, Masataka Oita, Hamamoto Yasushi, Mochizuki Teruhito, Kido Teruhito, Ishii Y, Yamamoto Ryuji and Omoto K :
Detectability of MLC Stop Position Error During Treatment by Gantry-Mounted Transmission Detector,
AAPM 62th annual meeting (WEB), Jul. 2020.
3. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Kenta Kitagawa, Yohsuke Kanoh, Masahide Tominaga, Hirofumi Honda, Wataru Sugimoto and Masataka Oita :
Impact of Changes in Body Shapes on Radiation Therapy Dose Distribution After Uterine Cervical Cancer Surgery,
AAPM 62th annual meeting (WEB), Jul. 2020.
4. Hirokazu Miyoshi, Fumio Kida, Yoshiyasu Kawase, Kenji Yamada, Motoharu Sasaki, Hidenori Shoji and Hitoshi Hase :
Emission image of X-ray-irradiated CR-39 stick doped with methylviologen-encapsulated silica nanocapsules using LED light,
The Ninth International Symposium on Radiation Safety and Detection Technology (ISORD-9), 36, Nagoya, Jul. 2017.
5. Honda Hirofumi, Kubo Kei, Yamamoto Ryuuji, Ishii Yoshiaki, Kanzaki Hiromitsu, Hmamoto Yasushi, 望月 輝一, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga and Yoshihiro Uto :
Feasibility of dose delivery error detection by a transmission detector for patient-specific QA,
Radiotherapy and Oncology, Vol.123, No.1, S787-S788, May 2017.
(DOI: 10.1016/S0167-8140(17)31909-6)
6. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, 川下 徹也, Takeshi Kamomae, Ryota Bandoh, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Dose impact of rectal gas on prostate VMAT,
AAPM 58th Annual Meeting, Jul. 2016.
7. Masataka Oita, Nakata K., Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, 青山 英樹, Hirofumi Honda and Yoshihiro Uto :
Does the Biophysical Modeling for Immunological Aspects in Radiotherapy Precisely Predict Tumor and Normal Tissue Responses?,
AAPM 58th Annual Meeting, Jun. 2016.
8. Masataka Oita, 青山 英樹, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Hirofumi Honda and Yoshihiro Uto :
Application of biophysical modelling for normal tissue response with immunological aspects in radiotherapy,
Radiotherapy and Oncology, Feb. 2016.
9. Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Masahide Tominaga and Motoharu Sasaki :
Effects of Uncertainties of Radiation Sensitivity of Biological Modelling for Treatment Planning,
AAPM 56th Annual Meeting, Jun. 2014.
10. Masataka Oita, Motoharu Sasaki, 山田 正雄, 青山 英樹 and 舘岡 邦彦 :
A Comprehensive QA Method of MLC Accuracies for Dynamic IMRT,
AAPM 53th Annual Meeting, Jun. 2011.

国内講演発表:

1. 佐々木 幹治 :
放射線治療計画QAソフトウェアの利活用,
第76回日本放射線技術学会総会学術大会(WEB開催), 2020年5月.
2. 北川 絢太, 佐々木 幹治, 加納 洋介, 生島 仁史 :
頭頸部VMATにおける義歯金属アーチファクト領域の物質変換体積の違いが線量分布に及ぼす影響,
第33回高精度放射線外部照射部会学術大会WEB開催, 2020年5月.
3. 佐々木 幹治, 中口 裕二, 北川 絢太, 生島 仁史 :
治療計画QAソフトウェアを用いた前立腺IMRTおよびVMAT計画のレトロスペクティブ解析,
第33回高精度放射線外部照射部会学術大会WEB開催, 2020年5月.
4. 佐々木 幹治, 北川 絢太, 加納 洋介, 富永 正英, 生島 仁史 :
体輪郭の変化が子宮頸がん術後照射VMATの線量分布へ及ぼす影響,
第33回高精度放射線外部照射部会学術大会WEB開催, 2020年5月.
5. 長谷川 侑, 芳賀 昭弘, 坂田 洞察, 金澤 裕樹, 富永 正英, 佐々木 幹治, 今江 禄一, 中川 恵一 :
Estimation of X-ray energy spectrum for CT scanner from percentage depth dose measurement,
第119回⽇本医学物理学会学術⼤会WEB開催, 2020年5月.
6. 今江 禄一, 渡邉 雄一, 辰己 大作, 藤本 隆広, 佐々木 誠, 佐々木 幹治, 中口 裕二, 阿部 修 :
高精度放射線治療における包括的かつ実用的な投与線量保証法に関する研究班,
第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019年10月.
7. 佐々木 幹治, 富永 正英, 櫻川 加奈子, 横石 道寛, 石川 恭平, 北川 絢太, 加納 洋介, 生島 仁史 :
3次元線量検証システムを用いた長期安定性の調査,
第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019年10月.
8. 永安 結花里, 富永 正英, 安友 基勝, 兒島 雄志, 佐々木 幹治, 山田 健二 :
Edge Spread Functionの最適化によるMTF測定精度向上の試み,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
9. 永安 結花里, 富永 正英, 古田 琢哉, 佐々木 幹治 :
モンテカルロシミュレーションを用いた診断用X線の放射線計測における後方散乱線の影響解析,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
10. 富永 正英, 山内 奈緒, 芳賀 昭弘, 佐々木 幹治, 兒島 雄志 :
治療計画用CT画像を用いた非小細胞肺癌の病理分類,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
11. 佐々木 幹治, 富永 正英, 川下 徹也, 横石 道寛, 櫻川 加奈子, 生島 仁史 :
VMATにおけるplan normalization valueが線量検証へ及ぼす影響,
第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年3月.
12. 鹿重 俊哉, 佐々木 幹治, 山田 健二, 櫻川 加奈子, 笠井 亮佑 :
畳み込み自己符号化器を用いた臨床CT画像におけるノイズ低減,
第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018年10月.
13. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二, 兒島 雄志, 芳賀 昭弘, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
Digital Phantomを用いたImage Registrationソフトウェアの性能評価,
第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年2月.
14. 福良 亮介, 川下 徹也, 佐々木 幹治, 阿實 翔太, 富永 正英 :
2種類の3次元水ファントムを用いたスキャンデータの比較検討,
第13回中四国放射線医療技術フォーラム(CSFRT2017 ), 2017年12月.
15. 笠井 亮佑, 山田 健二, 佐々木 幹治, 櫻川 加奈子, 清水 陸登, 井上 直, 鹿重 俊哉, 湯浅 将生 :
CT 画像におけるDeep Learningと局所特徴量による画像分類精度の検討,
第12回中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT, 2017年12月.
16. 笠井 亮佑, 山田 健二, 佐々木 幹治, 櫻川 加奈子, 清水 陸登, 井上 直, 鹿重 俊哉, 湯浅 将生 :
Convolutional Neural Networkを用いたディープラ ーニングによるCT画像認識精度の検討,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年11月.
17. 山田 健二, 安友 基勝, 佐々木 幹治, 櫻川 加奈子, 富永 正英, 笠井 亮佑, 井上 直, 鹿重 俊哉 :
確率密度関数を用いたエッジ法におけるMTF測定時のLSF取得法,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年10月.
18. 櫻川 加奈子, 安友 基勝, 山田 健二, 佐々木 幹治, 富永 正英, 笠井 亮佑, 井上 直, 鹿重 俊哉 :
ディジタル乳房撮影装置の焦点のボケ関数から導かれる焦点サイズの推定法,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年10月.
19. 鹿重 俊哉, 笠井 亮佑, 山田 健二, 佐々木 幹治, 櫻川 加奈子, 清水 陸登, 井上 直, 湯浅 将生 :
ハミルトニアンモンテカルロ法を用いたCT金属アーチファクト定量評価,
第45回日本放射線技術学会 秋季学術大会, 2017年10月.
20. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 兒島 雄志, 山田 健二, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
市販Image registrationソフトウェアの評価用Digital Phantomの開発,
日本放射線腫瘍学会第30回高精度外部放射部会学術大会, 2017年3月.
21. 細谷 未来, 佐々木 幹治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Dosimetric comparison of VMAT and 3DCRT in patients with cervical cancer,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation, 2016年11月.
22. 笠井 亮佑, 清水 陸登, 山田 健二, 鹿重 俊哉, 佐々木 幹治, 井上 直, 櫻川 加奈子, 川田 直伸 :
再構成FOVとCTストリークア ーチファクト低減処理の極値統計学を用いた定量評価,
第12回中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT, 2016年11月.
23. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
24. 佐川 友啓, 富永 正英, 田中 翼, 佐々木 幹治, 本田 道隆, 生島 仁史 :
Computed Radiography を用いた Multi-Leaf collimator の精度管理,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
25. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
26. 松本 晃範, 富永 正英, 佐々木 幹治, 林 裕晃, 岡崎 徹, 橋詰 拓弥, 小林 育夫 :
放射線治療領域における小型OSL線量計の計測値の累積線量に対する依存性,
第72回日本放射線技術学会学術大会, 2016年4月.
27. 佐々木 幹治, 富永 正英, 松本 晃範, 林 裕晃, 岡崎 徹, 橋詰 拓弥, 小林 育夫 :
頭頸部治療における自作ボーラス使用時の入射表面線量の評価,
第72回日本放射線技術学会学術大会, 2016年4月.
28. 富永 正英, 佐々木 幹治, 佐々木 幹治, 田中 健登, 安友 基勝, 山田 健二, 生島 仁史 :
市販Image registrationソフトウェアの画像類似度の比較評価,
日本放射線腫瘍学会第29回高精度外部放射部会学術大会, 2016年2月.
29. 田中 健登, 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二 :
市販Image registrationソフトウェアの画像類似度の比較評価,
第11回中国四国放射線技術フォーラム, 2015年11月.
30. 松本 晃範, 富永 正英, 佐々木 幹治, 宇恵 希, 森田 里佳, 林 裕晃, 岡 崎徹, 小林 育夫 :
放射線治療領域における小型OSL線量計における繰り返し読み取りによる計測値の評価,
第43回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2015年10月.
31. 小畑 祐太, 三宅 裕司, 佐々木 幹治, 下窪 靖史, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
子宮頸癌腔内照射におけるリンパ節領域の線量評価,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会, 2015年6月.
32. 工藤 隆治, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頸部癌放射線治療中の転移リンパ節のサイズ変化と制御との関連,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
33. 磯部 昇, 佐々木 幹治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治 :
子宮頸癌に愛するIMRTの有効性ー骨盤骨線量の検討ー,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
34. 曽我部 翔, 富永 正英, 松本 晃範, 佐々木 幹治, 中川 滉平, 林 裕晃, 岡崎 徹 :
高エネルギーX線における小型 OSL 線量計の基本特性,
第10回中四国放射線医療技術フォーラム, 2014年10月.
35. 松本 晃範, 富永 正英, 曽我部 翔, 林 裕晃, 佐々木 幹治 :
診断領域のX線における後方散乱線についての一考察,
第10回中四国放射線医療技術フォーラム, 2014年10月.
36. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 藤田 明彦, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
頭頸部 VMAT における治療計画装置のバージョンの違いに関する治療計画評価,
中四国放射線医療技術, 2014年10月.
37. 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 :
細胞間放射線感受性の違いを考慮した治療計画技術応用に関する基礎的検討,
第16回癌治療増感研究シンポジウム, 2014年2月.
38. 二宮 樹里, 北岡 幹教, 佐々木 幹治, 中村 譲 :
DMLC-IMRT,VMATにおけるMLCリーフ幅の違いが治療計画に及ぼす影響,
第63回中国・四国放射線治療懇話会, 2013年12月.
39. 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 :
細胞間放射線感受性の違いを考慮した最適放射線治療計画法に関する検討,
第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月.
40. 福良 亮介, 富永 正英, 生島 仁史, 増田 圭吾, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
前立腺 IMRT および VMAT 計画評価におけるレトロスペクティブ解析,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
41. 増田 圭吾, 富永 正英, 生島 仁史, 福良 亮介, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
6 軸治療寝台システムを用いた位置精度に関する基礎的検討,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
42. 三宅 悠太, 川中 崇, 三枝 裕司, 下窪 康史, 佐々木 幹治, 岸 太郎, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Cone beam CTによる3次元画像誘導小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
43. 生島 仁史, 三枝 裕司, 下窪 康史, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 川下 徹也, 岸 太郎 :

第120回日本医学放射線学会中国・四国放射線治療懇話会, 2013年6月.
44. 木村 雅司, 久保 亜貴子, 佐々木 幹治, 原 康男, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
放射線治療期間中に生じる標的の変化,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
45. 廣田 充宏, 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- DVH 解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
46. 鎌田 真奈, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- 再現性,γ解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
47. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 福永 有希子, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
多発脳転移における VMAT の検討 ∼線量検証∼,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
48. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 福永 有希子, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
多発脳転移における VMAT の検討 ∼治療計画∼,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
49. 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器の特性に関する検討,
第25回高精度放射線治療研究会, 2012年7月.
50. 田辺 円花, 湯浅 千尋, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
MUの独立検証, --- 乳腺照射におけるRTPSと独立検証ソフトウェアとの比較 ---,
2010年10月.
51. 湯浅 千尋, 田辺 円花, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
CR装置を用いたMLCのQAについての一考察,
2010年10月.

その他・研究会:

1. 田中 義浩, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 鎌田 真奈, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元線量検出システムを用いたDVHに関する基礎的検討,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.
2. 富永 正英, 佐々木 幹治, 磯部 昇, 生島 仁史, 岸 太郎 :
前立腺癌のIG-IMRTにおいてinter-fractional organ motion errorが線量分布に及ぼす影響,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.

報告書:

1. 佐々木 幹治 :
平成23年度前期国際研究集会派遣会員報告書,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.12, 1633-1643, 2011年12月.