検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 看護学系 > メンタルヘルス支援学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 看護学領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704029 世界的超高齢先進地域における地域創生を志向した地域住民協働型トータルヘルスプロモーションプログラムモデルの開発 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 看護学専攻 > 地域·精神看護学講座 >

研究活動

専門分野

保健学 (Health Studies)
メンタルヘルス支援学分野

研究テーマ

Clinical correlates associated with basic ability of social life in schizophrenia inpatients (schizophrenia, inpatient, social life functioning, cognitive function)

著書・論文

著書:

1.谷岡 哲也, 大坂 京子, 安原 由子, 川村 亜以, 有明 晶子, 片岡 睦子, 片岡 三佳, 川田 知子, 川西 千恵美, 佐藤 ミサ子, 篠原 亘広, 高坂 要一郎, 伊達 舞, 千葉 進一, 廣田 多門, 福田 彰, 富士 翔子, 宮川 操, 三好 真佐美 :
PSYCHOMS® 精神科電子アウトカム管理システムの開発,
ふくろう出版, 2012年10月.
2.千葉 進一 :
精神科電子アウトカム管理システムの開発,
ふくろう出版, 2012年.
3.松井 圭三, 田中 幸作, 伊藤 秀樹, 中野 明子, 藤原 幸子, 鄭 秀喆, 村田 篤美, 黒河 英之, 今村 裕紀子, 中 典子, 小林 春男, 今井 慶宗, 谷岡 哲也, 千葉 進一, 篠原 ひとみ, 川上 道子, 谷川 和昭 :

株式会社 大学教育出版, 2009年10月.
4.松井 圭三, 谷岡 哲也, 千葉 進一 :
よくわかる社会福祉概論,
株式会社 大学教育出版, 岡山, 2009年10月.
5.郷木 義子, 岡 京子, 岡久 玲子, 奥田 紀久子, 小倉 和也, 金山 時恵, 斉藤 美智子, 佐々木 純子, 田中 久美子, 千葉 進一, 新沼 正子, 原田 真澄, 人見 裕江, 廣原 紀恵, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 山崎 早苗 :

ふくろう出版, 岡山, 2009年7月.

学術論文(審査論文):

1.堤 理恵, 神野 麻由紀, 宮﨑 久美子, 千葉 進一 :
医療系大学生の学生生活上におけるストレッサーとストレス症状の明確化,
教育保健研究, No.19, 107-113, 2016年.
2.Shin-ichi Chiba, Masahito Tomotake, Masatomo Aono, Hidefumi Toshimitsu and Tetsuro Ohmori :
Clinical correlates associated with basic ability of social life in schizophrenia inpa-tients,
Open Journal of Psychiatry, Vol.6, No.1, 71-75, 2016.
(DOI: 10.4236/ojpsych.2016.61008)
3.Tetsuya Tanioka, Shin-ichi Chiba, Chiemi Onishi, Mika Kataoka, Kawamura Ai, Masahito Tomotake, Williams L. Christine, Yuko Yasuhara and Mifune Kazushi :
Factors associated with discharge of long-term inpatients with schizophrenia in Japan: a retrospective study,
Issues in Mental Health Nursing, Vol.34, No.4, 256-264, 2013.
(DOI: 10.3109/01612840.2012.742602,   PubMed: 23566188,   Elsevier: Scopus)
4.Shin-ichi Chiba, Watanabe Narimasa, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Fuji Ren, Ogasawara Hiroshi and Mifune Kazushi :
Use of a Dialogue System to Retrieve the Memories of Elderly Individuals with Dementia and Determine the Physiologically Effective Evaluation Indicators,
International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.4, No.1, 43-54, 2012.
5.Yuko Yasuhara, Tamayama Chiho, Kikukawa Kana, Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Watanabe Narimasa, Shin-ichi Chiba, Miyoshi Masami, Rozzano De Castro Locsin, Fuji Ren, Fuji Shoko, Ogasawara Hiroshi and Mifune Kazushi :
Required Function of the Caring Robot with Dialogue Ability for Patients with Dementia,
AIA International Advanced Information Institute, Vol.4, No.1, 31-42, 2012.
6.Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka, Mika Kataoka, Masahito Tomotake and Yuko Yasuhara :
PSYCHOMS:COMPUTER MANAGED NURSING-CARE PLANNING SYSTEM AND COMPUTERIZED QUALITY MANAGEMENT OF NURSING OUTCOME,
CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 54, 2011.
7.横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 :
手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化,
日本手術看護学会誌, Vol.6, No.1, 54-57, 2010年.
(CiNii: 40018800020)
8.Yuko Yasuhara, Chiho Tamayama, Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka and Shin-ichi Chiba :
Clarification of Caring Actions of Patients with Dementia:Necessry for the Development of a Caring-Robot with the Ability to Dialogue,
Proceedings of 2010 International Conference on Advanced Intelligence, 76-81, 2010.
9.谷岡 哲也, 川村 亜以, 黒川 奈美, 大坂 京子, 千葉 進一, 片岡 三佳, 友竹 正人, 安原 由子, 大森 美津子, 川田 知子, 三船 和史 :
認知症に伴う行動障害と精神症状(BPSD)の改善および家族支援に焦点をあてた認知症のためのクリニカルパスの検討,
老年精神医学雑誌, Vol.21, No.7, 781-788, 2010年.
(CiNii: 40017223770)
10.Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido and Chiemi Kawanishi :
Literature Study on Affective State Estimation for Human and Robot Interaction Using Physiological Indicators,
INFORMATION, Vol.13, No.3(B), 1099-1103, 2010.
11.Yoshiko Gohgi, Shin-ichi Chiba, Chiaki Moriwaki, Toshie Hirohara and Kikuko Okuda :
Sexual Information and Sexual Education Program for Junior High School Student,
Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.13, No.3(A), 817-822, 2010.
(Thomson Reuters: Web of Science™)
12.Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi :
Estimation methods for the communicatuion between "a robot and a human" using physiological indicators,
Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 431-434, 2009.
13.Masami Miyoshi, Kenichi Mishina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Ai Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals,
Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 387-389, 2009.

学術論文(紀要・その他):

1.Mika Kataoka, Kazuhiro Ozawa, Tetsuya Tanioka, Kikuko Okuda, Shin-ichi Chiba, Masahito Tomotake and Beth King :
Gender differences of the influential factors on the mental health condition of teachers in the A university.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 56-61, 2015.
(DOI: 10.2152/jmi.62.56,   PubMed: 25817285,   Elsevier: Scopus)
2.片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
医療機関による精神科訪問看護の利用者からみた訪問看護の現状と課題,
日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.43, No.43, 3-6, 2013年.
(CiNii: 40019571413)
3.片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 友竹 正人, 多田 敏子 :
総合大学に勤務する教員・研究者を対象にした職務状況とメンタルヘルスに関する実態調査,
日本社会精神医学会雑誌, Vol.21, No.3, 456, 2012年.
4.大坂 京子, 千葉 進一, 谷岡 哲也, 安原 由子, 任 福継, 川西 千恵美, 高坂 要一郎, 三船 和史, 大森 美津子 :
精神科アウトカム管理システム:PSYCHOMSの開発とその課題,
香川大学看護学雑誌, Vol.16, No.1, 85-91, 2012年.
(CiNii: 40019253812)
5.千葉 進一, 渡部 生聖, 谷岡 哲也, 岩佐 幸恵, 大阪 京子, 安原 由子, 友竹 正人, 川西 千恵美, 小笠 原坦, 三船 和史, 大森 美津子 :
対話による認知症高齢者の自律神経系への影響,
香川大学医学部看護学科紀要, Vol.15, No.1, 27-33, 2011年.
(CiNii: 40018799834)
6.片岡 三佳, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
定型抗精神病薬から非定型抗精神病薬へのスイッチングに対する看護師の認識,
第41回日本看護学会論文集-精神看護, Vol.41, No.0, 99-101, 2011年.
(CiNii: 40018703537)
7.千葉 進一, 安原 由子, 大坂 京子, 谷岡 哲也 :
精神科におけるクリニカルパスとコンピュータによる看護管理システム(PSYCHOMS)によるアウトカムの管理,
日本病院・地域精神医学会総会プログラム・抄録集, 121, 2011年.
8.三好 真佐美, 下垣 内愛, 千葉 進一, 安原 由子, 大坂 京子, 片岡 三佳, 杉山 敏宏, 谷岡 哲也, 友竹 正人, 佐藤 ミサ子, 三船 和史 :
退院支援施設入所後1年が経過した精神障害者の生活能力,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.9, No.1, 13-19, 2010年.
(CiNii: 40017664861)
9.片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
岐阜県下における精神科病院からの訪問看護を行っている看護職の思い,
日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.40, 15-17, 2010年.
(CiNii: 40016960097)
10.村岡 大志, 片岡 三佳, 井手 敬昭, 坂本 由美, 森 康成, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
岐阜県下における精神科病院での訪問看護の実施状況からみた課題,
日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.40, 12-14, 2010年.
(CiNii: 40016960096)
11.片岡 三佳, 西山 ゆかり, 千葉 進一, 市江 和子, 谷岡 哲也 :
看護系大学に勤務する新人教員の教育・研究活動に対する悩み,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 23-29, 2009年.
(CiNii: 40016662570)
12.千葉 進一, 谷口 都訓, 谷岡 哲也, 川村 亜以, 三次 真佐美, 片岡 三佳, 大石 由美 :
地域移行型ホームに入所するための4ヶ月間の退院支援を受けた精神科の長期入院患者の思いの検討,
香川大学看護学雑誌, Vol.13, No.1, 109-115, 2009年.
(CiNii: 40016608484)
13.長尾 多美子, 千葉 進一, 山本 愛 :
脳神経疾患で嚥下障害を残した患者の早期経口摂取訓練の効果,
日本脳神経看護研究学会, Vol.12, No.1, 7-10, 2005年.
14.増岡 利子, 千葉 進一, 橋本 茂 :
退院時患者・家族指導の看護ケア技術,
日本看護学会論文集: 精神看護, Vol.36, 151-153, 2005年.
(CiNii: 40015198909)
15.Shin-ichi Chiba, Fuji Ren, Shingo Kuroiwa and Tetsuya Tanioka :
Analysis of electroencephalographic activity in condition of emotional activation in human,
International Conference on Artificial Intelligence and Soft Computing, Vol.1, No.1, 445-450, 2005.
16.Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi :
Estimating Emotion Changes Using Electroencephalograhic Activities and its Clinatural Lanical Application International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering,
Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 830-834, 2005.

国際会議:

1.Masahito Tomotake, Yoshihiro Nakadoi, Shin-ichi Chiba and Mika Kataoka :
Development of a new motivational workbook for the treatment of anorexia nervosa,
15th International Congress of ESCAP(European Society for Child and Adolescent Psychiatry), Ireland, Jul. 2013.
2.Masahito Tomotake, Shin-ichi Chiba, Mika Kataoka, Nishio Nozomi, Hirano Hiroko, Imaizumi Chie, Suemasa Aki, Tokubo Akane and Yoshihiro Nakadoi :
Relation between disordered eating, sense of trust and perceived parenting in young women,
15th International Congress of ESCAP(European Society for Child and Adolescent Psychiatry), Ireland, Jul. 2013.
3.Shin-ichi Chiba, N Watanabe, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, M Date, Chiemi Kawanishi, H Ogasawara and K Mihune :
The attentive-listening based dialogue system for supporting communication and its inflense on demented patients,
Proceeding of 2010 International conference on Advanced intelligence, Aug. 2010.
4.M Miyosi, M MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, A Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
What is the function necessary for the electoronic nursing management system in psychiatric hospitals?,
An International Interdisciplinary Journal Published by International Information Institute, Vol.13, No.3, 801-806, Apr. 2010.
5.Yoshiko Gogi, Shin-ichi Chiba, Chiaki Moriwaki, Toshie Hirohara, Kikuko Okuda and Tokie Knayama :
The relationship between sexual education for junior high school students and effect of the sexual information by the internet,
Proceedings of the International Conference on Information, 427-431, Kyoto, Nov. 2009.
6.M Miyoshi, K MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, K Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals,
Proceeding of the Fifth International Conference on Information, 801-806, Nov. 2009.

国内講演発表:

1.千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 :
入院中の統合失調症患者における認知機能と精神症状,基本的な社会生活機能の関連性の検討,
第255回徳島医学会学術集会プログラム抄録集, 31, 2017年8月.
2.千葉 進一, 友竹 正人, 青野 将知, 利光 秀文, 大森 哲郎 :
入院中の統合失調症患者の基本的な社会生活機能に関連した臨床症状,
第252回徳島医学会学術集会, 2016年2月.
3.片岡 三佳, 小澤 和弘, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 多田 敏子 :
男女別にみた大学教員の精神的健康に影響を及ぼす要因,
日本看護研究学会雑誌, Vol.37, No.3, 335, 2014年8月.
4.千葉 進一, 片岡 三佳 :
看護学生の観察力を高める精神看護学演習の試み,
日本看護研究学会雑誌, Vol.37, No.3, 210, 2014年8月.
5.片岡 三佳, 奥田 紀久子, 小澤 和弘, 千葉 進一, 多田 敏子 :
大学教員のストレス対処行動と個人背景,職務状況,精神的健康との関連,
日本看護研究学会雑誌, Vol.36, No.3, 292, 2013年8月.
6.奥田 紀久子, 片岡 三佳, 藤井 智惠子, 松下 恭子, 岡久 玲子, 宮﨑 久美子, 千葉 進一, 多田 敏子, 梶原 京子 :
小・中学生が喫煙防止教育前にたばこに対して抱いている疑問や思い,
日本地域看護学会第16回学術集会講演集, 134, 2013年8月.
7.片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
医療機関による精神科訪問看護の利用者からみた訪問看護の現状と課題,
第43回日本看護学会抄録集-精神看護-, 12, 2012年7月.
8.片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 多田 敏子, 小澤 和弘 :
総合大学に勤務する教員・研究者の精神的健康および個人背景と職務状況との関連,
日本看護研究学会雑誌, Vol.35, No.3, 356, 2012年7月.
9.千葉 進一, 片岡 三佳, 奥田 紀久子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子, 宮﨑 久美子, 多田 敏子 :
精神科外来の診察を見学した看護学生の学び 2回見学したことの学びに着目して,
日本看護研究学会雑誌, Vol.35, No.3, 194, 2012年7月.
10.片岡 三佳, 奥田 紀久子, 千葉 進一, 友竹 正人, 多田 敏子 :
総合大学に勤務する教員・研究者を対象にした職務状況とメンタルヘルスに関する実態調査,
第31回日本社会精神医学会抄録, 124, 2012年3月.
11.片岡 三佳, 千葉 進一, 奥田 紀久子, 松下 恭子, 藤井 智惠子, 岡久 玲子, 廣原 紀恵, 郷木 義子, 多田 敏子 :
精神科外来での見学実習を通しての学生の学び,
日本看護研究学会雑誌, Vol.34, No.3, 413, 2011年7月.
12.岡久 玲子, 藤井 智惠子, 多田 敏子, 松下 恭子, 千葉 進一 :
看護大学生における体験型演習による保健指導技法の学びの分析,
第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 198-199, 2010年12月.
13.藤井 智惠子, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 片岡 三佳, 千葉 進一 :
看護大学生の地域看護学実習における健康教育からの学びの一例,
第31回全国地域保健師学術研究会講演集, 196-197, 2010年12月.
14.片岡 三佳, 千葉 進一, 桐山 啓一郎 :
わが国の摂食障害を対象にした看護研究の動向,
日本看護研究学会雑誌, Vol.33, No.3, 320, 2010年8月.
15.片岡 三佳, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
非定型抗精神病薬へのスイッチングに対する看護師の認識,
第41回日本看護学会抄録集-精神看護, 81, 2010年7月.
16.大西 由美子, 大石 由美, 高田 裕子, 若月 結花, 佐藤 ミサ子, 三船 和史, 千葉 進一, 片岡 三佳, 谷岡 哲也 :
統合失調症の長期入院者への退院支援と家族の了解の程度および家族状況,
第37回日本精神科病院協会精神医学会, 184, 2009年11月.
17.平賀 恭子, 臼杵 奉子, 宮武 一人, 元木 恵子, 磯沢 波奈子, 杉山 陽子, 渡辺 留里子, 篠原 亘広, 佐藤 ミサ子, 松永 美枝子, 大石 由美, 三船 和史, 千葉 進一, 片岡 三佳, 谷岡 哲也 :
重い能力障害を持つ長期入院統合失調症者への退院支援と生活の質改善への取り組み,
第37回日本精神科病院協会精神医学会抄録, 183, 2009年11月.
18.横谷 知也, 田形 寛治, 千葉 進一, 多田 敏子, 鈴木 元子 :
手術室男性看護師の専門職的自律性に影響する要因の明確化,
日本手術看護学会誌, Vol.5, No.2, 229, 2009年10月.
19.村岡 大志, 片岡 三佳, 井手 敬昭, 坂本 由美, 森 康成, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
岐阜県下における精神科病院での訪問看護の実施状況からみた課題,
第40回日本看護学会抄録集-精神看護-, 14, 2009年7月.
20.片岡 三佳, 村岡 大志, 森 康成, 坂本 由美, 井手 敬昭, 千葉 進一, 谷岡 哲也 :
岐阜県下における精神科病院からの訪問看護を行っている看護職の思い,
第40回日本看護学会抄録集-精神看護-, 15, 2009年7月.

作品:

1.川西 千恵美, 千葉 進一 :
やってはいけない看護ケア,
2008年11月.

報告書:

1.千葉 進一, 片岡 三佳 :
精神看護学演習における看護学生の観察力を高めるための試み:演習終了後の自己評価アンケートの分析より,
第24回日本精神保健看護学会 抄録集, 208-209, 2014年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 医療福祉(看護)ロボットと看護におけるケアリングとしての技術的能力の明確化 (研究課題/領域番号: 24390477 )
  • 長期入院精神障害者の患者の思いにそった退院支援用データベースと検索システム開発 (研究課題/領域番号: 22792269 )
  • クリニカルパスを用いた精神科看護管理支援システムの開発・評価・改良 (研究課題/領域番号: 20390544 )
  • 研究者番号(30515622)による検索