検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 医用検査学系 > 細胞・免疫解析学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 検査技術科学専攻 > 機能系検査学講座 >

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Tomoki Tada, Kensaku Aki, Wataru Oboshi, Kazuyoshi Kawazoe, Toshiyuki Yasui and Eiji Hosoi :
Evaluation of effects of various drugs on platelet functions using phorbol 12-myristate 13-acetate-induced megakaryocytic human erythroid leukemia cells,
Drug Design, Development and Therapy, Vol.10, 3099-3107, 2016.
(DOI: 10.2147/DDDT.S115910,   PubMed: 27713620,   Elsevier: Scopus)
2.Wataru Oboshi, Kensaku Aki, Tomoki Tada, Toru Watanabe, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Ken Saito and Eiji Hosoi :
Flow Cytometric Evaluation of Surface CD56 Expression on Activated Natural Killer Cells as Functional Marker.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3,4, 199-203, 2016.
(DOI: 10.2152/jmi.63.199,   PubMed: 27644558,   Elsevier: Scopus)
3.Wataru Oboshi, Toru Watanabe, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Kensaku Aki, Tomoki Tada and Eiji Hosoi :
SNPs rs4656317 and rs12071048 located within an enhancer in FCGR3A are in strong linkage disequilibrium with rs396991 and influence NK cell-mediated ADCC by transcriptional regulation.,
Human Immunology, Vol.77, 997-1003, 2016.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2016.06.012)
4.Wataru Oboshi, Toru Watanabe, Yuumi Matsuyama, Kobara Ayana, Nobuyasu Yukimasa, Ichiro Ueno, Kensaku Aki, Tomoki Tada and Eiji Hosoi :
The influence of NK cell-mediated ADCC: Structure and expression of the CD16 molecule differ among FcγRIIIa-V158F genotypes in healthy Japanese subjects,
Human Immunology, Vol.77, No.2, 165-171, 2016.
(DOI: 10.1016/j.humimm.2015.11.001,   PubMed: 26582002,   Elsevier: Scopus)
5.Kensaku Aki, Kazuyoshi Kawazoe, Azusa Izumi, Tomoki Tada, Kazuo Minakuchi and Eiji Hosoi :
Direct Determination of ABO Blood Group Genotypes from Whole Blood Using PCR-Amplification of Specific Alleles Method,
American Journal of BioScience, Vol.2, 49-55, 2014.
(DOI: 10.11648/j.ajbio.20140202.15)
6.細井 英司, 曽根 敦美, 安藝 健作 :
ラベンダー精油とグレープフルーツ精油による自律神経系および免疫系に及ぼす影響,
アロマテラピー学雑誌, Vol.13, No.1, 29-40, 2013年.
(CiNii: 40019668543)
7.Kensaku Aki, Azusa Izumi and Eiji Hosoi :
The evaluation of histo-blood group ABO typing by flow cytometric and PCR Amplification of Specific Alleles analyses and their application in clinical laboratories,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.59, No.1,2, 143-151, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 106016,   DOI: 10.2152/jmi.59.143,   PubMed: 22450003)
8.安藝 健作, 相原 美奈子, 森内 貴子, 森 美和, 細井 英司 :
ゴーヤ種子抽出抗Hレクチンの臨床検査への応用,
四国医学雑誌, Vol.67, No.5, 6, 247-252, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 85231,   CiNii: 40019180094)

国内講演発表:

1.河内 千佳, 三輪 詩佳, 多田 智紀, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
血小板表面抗原解析法を用いた血小板機能に対する薬剤評価法の検討,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
2.三輪 詩佳, 河内 千佳, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いた細胞傷害活性の検討,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
3.山本 真美, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
H遺伝子プローモーター領域におけるメチル化の解析,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
4.上川 千春, 山本 真美, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子プロモーター領域におけるメチル化が抗原発現に及ぼす影響,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
5.酒井 美由希, 小林 沙綾, 多田 智紀, 大星 航, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
血小板モデル細胞を用いた各種薬剤併用における薬剤効果·作用の評価,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
6.小林 沙綾, 酒井 美由希, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いたNK細胞活性評価指標の検討,
第39回 徳島県医学検査学会, 2015年12月.
7.多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 川添 和義, 植木 春香, 川添 和義, 細井 英司 :
血小板モデル細胞を用いた各種薬剤評価の検討,
第10回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2015年8月.
8.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞表面抗原発現解析による新たなNK細胞活性評価法の確立(第3報),
日本輸血・細胞治療学会, 2015年5月.
9.岡本 拓也, 石倉 美月, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
FTAカード血液サンプルを用いたABO遺伝子型判定の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
10.石倉 美月, 岡本 拓也, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
MSP法を用いたABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
11.後藤 里香, 原田 啓, 多田 智紀, 大星 航, 佐藤 瑞樹, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK様細胞KHYG-1を用いたNK細胞活性評価の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
12.原田 啓, 後藤 里香, 多田 智紀, 大星 航, 植木 春香, 川添 和義, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞CMKを用いた抗血小板薬の薬剤評価法の検討,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
13.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞活性化におけるCD16およびCD56発現の変化とその評価,
2014 感染・免疫クラスター・ミニリトリート[徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部], 2014年10月.
14.多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた血小板機能におよぼす薬剤評価法の検討,
2014 感染・免疫クラスター・ミニリトリート[徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部], 2014年10月.
15.多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 川添 和義, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価の検討,
第9回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2014年8月.
16.大星 航, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
NK細胞表面抗原発現解析による新たなNK細胞活性評価法の確立,
第62回日本輸血・細胞治療学会, 2014年5月.
17.牧原 汐里, 宮﨑 渚, 多田 智紀, 大星 航, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系分化誘導細胞を用いた抗血小板薬の評価,
第37回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
18.酒井 絵理, 福田 翔太郎, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討∼融解曲線を用いた解析∼,
第36回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
19.福田 翔太郎, 酒井 絵理, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO遺伝子のプロモーター領域におけるメチル化の検討∼MSP法を用いた解析∼,
第37回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
20.宮﨑 渚, 牧原 汐里, 多田 智紀, 大星 航, 安藝 健作, 細井 英司 :
ストレス状態におけるNK細胞への影響,
第37 回 徳島県医学検査学会, 2013年12月.
21.松本 直貴, 多田 智紀, 安藝 健作, 大星 航, 廣瀬 政雄, 岡田 直人, 川添 和義, 細井 英司, 水口 和生 :
ヒト巨核球系細胞株CMKを用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤評価の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
22.安藝 健作, 多田 智紀, 大星 航, 廣瀬 政雄, 細井 英司 :
血液培養細胞株34 種類のABO 血液型に関する解析,
第58回日本輸血・細胞治療学会中四国支部例会, 2013年9月.
23.多田 智紀, 松本 直貴, 安藝 健作, 大星 航, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた抗血小板薬アスピリンの薬剤評価の検討,
第8回 日本臨床検査学教育学会学術大会, 2013年8月.
24.安藝 健作, 細井 英司, 多田 智紀 :
ABO血液型遺伝子解析法により検出された稀な対立遺伝子,
第61回日本輸血・細胞治療学会, 2013年5月.
25.堀家 由貴, 谷井 菜緒子, 多田 智紀, 泉 あずさ, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
巨核球系培養細胞を用いた薬剤評価の検討,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
26.谷井 菜緒子, 堀家 由貴, 泉 あずさ, 多田 智紀, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 安藝 健作, 細井 英司 :
長期ストレス状態における免疫系への影響,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
27.米田 直美, 小倉 有紀, 泉 あずさ, 多田 智紀, 安藝 健作, 細井 英司 :
ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの生化学的解析,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
28.小倉 有紀, 米田 直美, 泉 あずさ, 多田 智紀, 廣瀬 政雄, 安藝 健作, 細井 英司 :
各種血液培養細胞株のABO血液型に関する検討,
第36回 徳島県医学検査学会, 2012年12月.
29.泉 あずさ, 小倉 有紀, 安藝 健作, 多田 智紀, 廣瀬 政雄, 細井 英司 :
各種血液培養細胞株におけるABO血液型genotypeの確定,
第57回日本輸血・細胞治療学会中国四国地方会, 2012年9月.
30.倍味 宏行, 岸田 真季, 山本 歩実, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
ABO血液型遺伝子のExon6,7領域の各塩基置換におけるPASA法を用いた解析,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
31.岸田 真季, 倍味 宏行, 山本 歩実, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
精油による自律神経系及び免疫系への影響,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
32.山本 歩実, 岸田 真季, 倍味 宏行, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 安藝 健作, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の血液培養細胞を用いた解析,
第35回 徳島県医学検査学会, 2011年12月.
33.足立 麻衣, 安藝 健作, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 細井 英司 :
血液培養細胞を用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の解析,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
34.曽根 淳美, 安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 細井 英司 :
ABO血液型別にみた血清IgG型抗A/B抗体価の検討,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
35.安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
唾液抽出DNAを用いたABO血液型遺伝子解析法の確立,
第44回中国四国医学検査学会, 2011年11月.
36.安藝 健作, 泉 あずさ, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
血液サンプルからの直接PCR法によるABO血液型遺伝子解析の検討,
第56回日本輸血・細胞治療学会, 2011年9月.
37.泉 あずさ, 福良 歌奈恵, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
Direct PCRキットによるPASA法でのABO遺伝子解析,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
38.猪井 紅美子, 平田 有紀奈, 安藝 健作, 曽根 淳美, 足立 麻衣, 細井 英司, 川添 和義, 水口 和生 :
ストレス条件下における免疫パラメータの変動,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
39.福良 歌奈恵, 泉 あずさ, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司 :
非侵襲的サンプルからの抽出DNAを用いたPASA法でのABO遺伝子解析,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
40.平田 有紀奈, 猪井 紅美子, 安藝 健作, 足立 麻衣, 曽根 淳美, 細井 英司, 谷口 友紀, 川添 和義, 水口 和生 :
血小板モデル細胞を用いた薬剤評価測定系の確立,
第34回徳島県医学検査学会, 2010年12月.
41.仁木 朋加, 足立 麻衣, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討2 ∼カルモジュリン(CaM)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
42.足立 麻衣, 仁木 朋加, 安藝 健作, 細井 英司, 真部 裕一, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト血小板機能に及ぼすバルプロ酸Naによる抑制機構の検討1∼プロテインキナーゼC(PKC)系への作用∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
43.藤川 貴弘, 曽根 淳美, 安藝 健作, 細井 英司 :
ABO血液型の遺伝子解析 ∼プライマーの設計変更による非特異的バンドの抑制∼,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
44.曽根 淳美, 藤川 貴弘, 安藝 健作, 細井 英司 :
各血液型におけるIgG型抗A / B抗体価について,
第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月.
45.真部 裕一, 安藝 健作, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司 :
バルプロ酸Naのヒト血小板機能に対する抑制作用,
第54回日本輸血·細胞治療学会中国·四国地方会, 2009年11月.
46.森内 貴子, 安藝 健作, 小林 憲司, 細井 英司 :
ゴーヤ種子由来抗Hレクチンの安定性とその特異性,
第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)