検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 基礎歯学系 > 予防歯学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804012 健康長寿社会の実現に資する高感度歯科口臭検査法の開発 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 基礎口腔科学講座 > 予防歯学 (予防歯科学講座) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

予防歯科学 (Preventive Dentistry)

研究テーマ

天然ハーブを用いた口腔内環境改善に関する研究 (ヒト歯肉線維芽細胞, 天然ハーブ, 歯周病, 慢性炎症, 組織修復)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Rie Mukai, Makoto Fukui, Kaname Miki, Junji Terao and Hiro-O Ito :
Biological impacts of resveratrol, quercetin, and N-acetylcysteine on oxidative stress in human gingival fibroblasts.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.3, 220-227, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109399,   DOI: 10.3164/jcbn.14-129,   PubMed: 26060353,   Elsevier: Scopus)
2. 横山 正明, 福井 誠, 増田 かなめ, 髙松 夏子, 岡田 寿朗, 武部 裕光, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
リアルタイム定量PCR(qPCR)法による唾液中の総細菌数の測定 口腔清潔度の指標としての試み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.3, 183-189, 2009年.
(CiNii: 110008460531)
3. 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 :
フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年.
(CiNii: 10016760398)
4. Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Daniel Grenier :
Effect of female sex hormones on Campylobacter rectus and human gingival fibroblasts,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.20, No.4, 239-243, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2005.00222.x,   PubMed: 15943769)
5. Masami Yoshioka, Nozomi Yokoyama, Kaname Masuda, Honna Tomoaki, Daisuke Hinode, Ryo Nakamura, Rouabhia Mahmoud, Mayrand Denis and Grenier Daniel :
Effect of hydroxamic acid-based MMP inhibitors on human gingival cells and Porphyromonas gingivalis,
Journal of Periodontology, Vol.74, No.8, 1219-1224, 2003.
(DOI: 10.1902/jop.2003.74.8.1219,   PubMed: 14514237)
6. Kaname Masuda, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
Purification and characterization of arginine carboxypeptidase produced by Porphyromonas gingivalis,
Infection and Immunity, Vol.70, No.4, 1807-1815, 2002.
(DOI: 10.1128/IAI.70.4.1807-1815.2002,   PubMed: 11895942)
7. Kaname Masuda, Tomita Koji, Hayashi Hiroyuki, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
Consumption of Peptide-derived Arginine by a Periodontopathogenic Bacterium, Porphyromonas gingivalis,
Anaerobe, Vol.7, No.4, 209-217, 2001.
(DOI: 10.1006/anae.2001.0383,   Elsevier: Scopus)
8. 吉岡 昌美, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 林 裕行, 中村 亮 :
歯周病原性細菌のプロテアーゼに対するモノクローナル抗体を利用した歯周病診断の試み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.49, No.1, 71-78, 1999年.
9. Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Shin-ichi Tanabe, Osamu Miki, Kaname Masuda and Ryo Nakamura :
The GroEL-like protein from Campylobacter rectus: immunological characterization and interleukin-6 and -8 induction in human gingival fibroblast,
FEMS Microbiology Letters, Vol.167, No.1, 1-6, 1998.
10. 吉岡 昌美, 大塚 千亜紀, 玉谷 香奈子, 増田 かなめ, 三木 修, 林 祐行, 中村 亮 :
Porphyromonas gingivalisの産生するアルギニン代謝関連酵素と細胞凝集活性との関連について,
口腔衛生学会雑誌, Vol.47, 83-88, 1997年.
11. Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka, H Hayashi, R Nakamura, D Grenier and D Mayrand :
Biological and antigenic characterization of three BApNA-hydrolyzing proteases from the culture supernatant of Porphyromonas gingivalis,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.11, No.1, 8-14, 1996.
12. Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka, Kiyoko Watanabe, Toshio Umemoto, Daniel Grenier, Denis Mayrand and Ryo Nakamura :
Immunological characterization and localization of a Porphyromonas gingivalis BApNA-hydrolyzing protease possessing hemagglutinating activity,
FEMS microbiology letters, Vol.131, No.2, 211-217, 1995.
13. Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka, Hiroyuki Hayashi and Ryo Nakamura :
Purification of an Extracellular Soluble Protease Possessing BApNA Hydrolytic Activity from Culture Supernatants of Porphyromonas gingivalis,
Journal of Dental Health, Vol.44, No.3, 308-314, 1994.

学術論文(紀要・その他):

1. 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
天然ハーブの有用性ー歯科領域を中心に,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.32, No.1, 16-25, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113665,   DOI: 10.20738/johb.32.1_16)

国際会議:

1. Makoto Fukui, Kaname Miki, Kitamura Masayasu, Hayashida Hideaki, Kawasaki Koji, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Maeda Takahiro, Saito Toshiyuki and Hiro-O Ito :
Porphyromonas gingivalis infection may affect anti-atheroschlerotic antibody to phosphorylcholine.,
The 12th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, May 2016.
2. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Balance is the key: resveratrol revert oxidative stress conditions in gingival fibroblasts,
第93回IADR, Mar. 2015.
3. Makoto Fukui, Kaname Miki, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Relationship between atherosclerosis and anti-phosphorylcholine antibodies in saliva and plasma,
ICAAPD, ウランバートル, Sep. 2012.
4. Masami Yoshioka, Kaname Masuda, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode and Daniel Grenier :
Contribution of Peptostreptococcus Micros proteases in cytokine response by human gingival fibroblasts,
4th General Annual Meeting of the International Conference on Protease Inhibitors, Quebec City, Oct. 2005.
5. Nozomi Yokoyama, Kaname Masuda, Masami Yoshioka, Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
Effect of Hydroxamic Acid-Based MMP Inhibitors on Human Gingival Cells,
80th General session of the International Association for Dental Research, San Diego, Mar. 2002.
6. Kaname Masuda, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
Characterization of Arginine Carboxypeptidase from Porphryomonas gingivalis,
Journal of Dental Research, Vol.78, Vancouver, Mar. 1999.
7. Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Osamu Miki, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura :
Interleukin Secretion by the GroEL-like Protein from Campylobacter rectus.,
Journal of Dental Research, Vol.78, No.Special Issue, 418, Vancouver, Canada, Mar. 1999.
8. Daisuke Hinode, Kaname Masuda, Masami Yoshioka, H Hayashi, R Nakamura, D Grenier and D Mayrand :
Characterization of three BApNA hydrolyzing proteases from Porphyromonas gingivalis,
24th Annual meeting of the American Association for Dental Research, San Antonio, U.S.A, Mar. 1995.

国内講演発表:

1. 三木 かなめ, 福井 誠, 陳 舒, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
天然ハーブ・キャッツクロー抽出物の歯周病原菌に対する抗菌効果,
第29回近畿中国四国口腔衛生学会, 2018年9月.
2. 三木 かなめ :
天然ハーブの有用性ー歯科の領域を中心にー,
第53回例会四国歯学会, 2018年7月.
3. 福井 誠, 陳 舒, 三木 かなめ, 玉木 直文, 福田 功, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の評価における3種の唾液潜血検査の有用性の検討 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会 2017年10月1日 広島大学歯学部(広島市),
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
4. 福井 誠, 陳 舒, 三木 かなめ, 玉木 直文, 福田 功, 玉木 直文 :
歯肉炎症の評価における3種の唾液潜血検査の有用性の検討,
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会, 2017年10月.
5. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液潜血検査の判定を妨害する因子の検索,
第27回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会, 2016年10月.
6. Makoto Fukui, Kaname Miki, K Kitamura, H Hayashida, K Kawasaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, T Maeda, T Saito and Hiro-O Ito :
Atherosclerosis-preventive activity of anti-phosphorylcholine antibody may be interfered by infection with Porphyromonas gingivalis : The Nagasaki Islands study,
63rd Annual Meeting of the Japanese Association of Dental Research, Oct. 2015.
7. 水野 昭彦, 松尾 亮, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 松瀬 亮一, 伊藤 博夫 :
市民検診と糖尿病患者データにおける歯肉溝浸出液バイオマーカーの比較検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
8. 玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
水素水の抗酸化・抗炎症作用の検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
9. 福井 誠, 岡田 寿郎, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
``標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導マニュアル''に基づいた歯科保健事業の効果について,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
10. 松尾 亮, 水野 昭彦, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較検討,
第49回日本成人病(生活習慣病)学会, 2015年1月.
11. Makoto Fukui, Kaname Miki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Levels of various cytokines in human saliva from generally healthy individuals.,
62nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Dec. 2014.
12. 高尾 健二郎, 新居 麻美子, 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の客観的・定量的診断を目指した市販免疫クロマトグラフィー唾液潜血テストの改良,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
13. 水野 昭彦, 松尾 亮, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
14. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three different antioxidants on human gingival fibroblasts exposed to oxidative stress,
2014 Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2014.
15. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカインプロファイルの解析,
第63回 口腔衛生学会総会, 2014年5月.
16. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three antioxidant compounds on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第63回 口腔衛生学会総会, May 2014.
17. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第5回心・血管クラスターミニリトリート, Jan. 2014.
18. 福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液中サイトカインと口腔健康状態の関連性,
第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2013年10月.
19. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on the biological properties of human gingival fibroblasts response toward ROS,
Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2013.
20. Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Real time xCELLigence analysis of antioxidant agents on human gingival fibroblast cells viability,
第62回日本口腔衛生学会総会, May 2013.
21. 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカイン分析,
第62回日本口腔衛生学会・総会, 2013年5月.
22. 福井 誠, 玉木 直文, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
心血管クラスターリトリート, 2013年1月.
23. 福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
第5回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2012年8月.
24. SA Mulyatno, Kosuke Kataoka, Makoto Fukui, Kaname Miki, RC Orihuela-Campos and Hiro-O Ito :
Modulation of Mucosal Immune Response by Bacterial Lipopolysaccharide in Nasal Vaccination Model,
第61回日本口腔衛生学会・総会, May 2012.
25. 福井 誠, SA Mulyatno, 後藤 優樹, 三木 かなめ, RC Orihuela-Campos, 片岡 宏介, 林田 秀明, 北村 雅保, 川崎 浩二, 関田 孝晴, 中里 未央, 前田 隆浩, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性-第二報-,
第61回日本口腔衛生学会・総会, 2012年5月.
26. 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 髙松 夏子, 増田 かなめ, 伊藤 博夫 :
口腔清潔度の指標としての唾液中総細菌数, --- リアルタイムPCR法によるハイスループット測定 ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 692, 2007年10月.
27. 髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
歯根面う蝕のリスクファクター調査,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
28. 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 :
学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月.
29. 福井 誠, 吉岡 昌美, 本那 智昭, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 :
フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果─歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析─,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 423, 2005年8月.
30. 吉岡 昌美, 増田 かなめ, 横山 希実, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔 :
Peptostreptococcus microsのサイトカイン産生誘導能に対する酵素の関与,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 371, 2005年8月.
31. 福井 誠, 増田 かなめ, 玉谷 香奈子, 本那 智昭, 日野出 大輔 :
Relationship between periodontal conditions and sIgA directed to microbial GroEL.,
Journal of Dental Research, 2004年11月.
32. 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 :
歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月.
33. 横山 正明, 増田 かなめ, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
女性ホルモンが歯周病原細菌Campylobacter rectus及びヒト歯肉線維芽細胞に及ぼす影響,
口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 452, 2004年8月.
34. 増田 かなめ, 横山 希実, 吉岡 昌美, 田部 慎一, 本那 智昭, 日野出 大輔, 中村 亮 :
Expression of Bradykiin B1 receptor mRNA in Human Gingival Fibroblast,
Journal of Dental Research, Vol.82, No.Special Issue C, C-436, 2003年12月.
35. 玉谷 香奈子, 増田 かなめ, 横山 正明, 嶋田 順子, 本那 智昭, 日野出 大輔, 中村 亮 :
Bacteroides forsythusの産生するトリプシン様酵素の性質,
口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.4, 548-549, 2001年9月.
36. 増田 かなめ, 吉岡 昌美, 福井 誠, 赤木 毅, 玉谷 香奈子 :
Localization of Arginine Carboxypeptidase in Porphyromonas gingivalis,
Journal of Dental Research, 2000年12月.
37. 赤木 毅, 日野出 大輔, 増田 かなめ, 田部 慎一, 福井 誠, 吉岡 昌美, 中村 亮 :
Campylobacter rectus とHelicobacter pylori の共通抗原,
口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.4, 592-593, 2000年9月.
38. 増田 かなめ, 赤木 毅, 嶋田 順子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 中村 亮 :
Porphyromonas gingivalis の産生するアルギニンカルボキシペプチダーゼの遺伝子解析,
口腔衛生学会雑誌, 1999年11月.

その他・研究会:

1. 増田 かなめ, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 中村 亮 :
Purification of Characterization of Arginine Carboxypeptidase Produced by Porphyromonas gingivalis,
2001年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 天然ハーブ・キャッツクローの抗酸化作用と歯周病予防に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 16K11859 )
  • 天然ペプチドライブラリーからのカンジダ菌定着抑制物質の検索 (研究課題/領域番号: 19592406 )
  • デザインペプチドライブラリー構築による細菌付着阻止分子探索と感染性心内膜炎予防 (研究課題/領域番号: 18390569 )
  • 熱ショック蛋白質抗体価の測定による歯周病の病態予測 (研究課題/領域番号: 12557184 )
  • 歯周病原性細菌によるアルギニン代謝とその病原性に対する役割 (研究課題/領域番号: 12470461 )
  • ポルフィロモナス・ジンジバリスのアルギニンカルボキシペプチダーゼの病原性について (研究課題/領域番号: 10771186 )
  • 歯周病原性細菌由来熱ショック蛋白質に対する宿主反応 (研究課題/領域番号: 10470447 )
  • Porphyromonas gingivalisの自己防御機構と歯周病病原性 (研究課題/領域番号: 09470472 )
  • ポルフィロモナス・ジンジバリスの産生するアルギニンカルボキシペプチダーゼ (研究課題/領域番号: 08771958 )
  • 歯周病原菌による歯周組織破壊のメカニズム (研究課題/領域番号: 07457510 )
  • 歯周病原性細菌の産生するトリプシン様プロテアーゼの生物学的・免疫学的特徴 (研究課題/領域番号: 06671887 )
  • 歯周病原性細菌のプロテアーゼに対するモノクロナール抗体を利用した迅速診断法の開発 (研究課題/領域番号: 06557113 )
  • 研究者番号(30243710)による検索