検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域薬科学部門生命薬学系薬物動態制御学 (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

ライフサイエンス (Life sciences) [医療薬学 (Clinical pharmacy)]
ライフサイエンス (Life sciences) [医療薬学 (Clinical pharmacy)]
ライフサイエンス (Life sciences) [医療薬学 (Clinical pharmacy)]

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 石田 竜弘, 安藤 英紀 :
ドラッグデリバリーシステム(DDS),
京都廣川書店, 2015年.

学術論文(審査論文):

1. Eisaku Ohashi, Sangita Karanjit, Atsushi Nakayama, Kohei Takeuchi, Sherif E Emam, Hidenori ANDO, Tatsuhiro Ishida and Kosuke Namba :
Efficient construction of the hexacyclic ring core of palau'amine: the pKa concept for proceeding with unfavorable equilibrium reactions,
Chemical Science, Vol.12, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116279,   DOI: 10.1039/D1SC03260G)
2. Ryo Kinoshita, Yu Ishima, Victor T.G. Chuang, Hiroshi Watanabe, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Keiichiro Okuhira, Masaki Otagiri, Tatsuhiro Ishida and Toru Maruyama :
The therapeutic effect of HSA dimer-doxorubicin complex against human pancreatic tumour,
Pharmaceutics, Vol.13, No.8, 1209, 2021.
(DOI: 10.3390/pharmaceutics13081209)
3. Keisuke Mogi, Ikumi Kamiya, Aimi Makino, Ayaka Hirao, Reina Abe, Yusuke Doi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Katsuya Morito, Kentaro Takayama, Tatsuhiro Ishida and Kazuki Nagasawa :
Liposomalization of oxaliplatin exacerbates the non-liposomal formulation-induced decrease of sweet taste sensitivity in rats,
Journal of Pharmaceutical Sciences, 2021.
(DOI: 10.1016/j.xphs.2021.07.004)
4. Hidenori ANDO, Takashi Mochizuki, Amr Abu Ali Ahmed Selim Lila, Shunsuke Akagi, Kenji Tajima, Kenji Fujita, Taro Shimizu, Yu Ishima, Tokuo Matsushima, Takatomo Kusano and Tatsuhiro Ishida :
Doxorubicin embedded into nanofibrillated bacterial cellulose (NFBC) produces a promising therapeutic outcome for peritoneally metastatic gastric cancer in mice models via intraperitoneal direct injection,
Nanomaterials, Vol.11, 1697, 2021.
(DOI: 10.3390/nano11071697)
5. Emam Emam Abdallah Sherif, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Haruka Takata, Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM production and accelerated blood clearance phenomenon after the administration of PEGylated exosomes in mice,
Journal of Controlled Release, Vol.334, 327-334, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2021.05.001,   PubMed: 33957196,   Elsevier: Scopus)
6. Milad Reda Qelliny, Taro Shimizu, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Sherif Abdallah Emam Emam, Haruka Takata, Zeinab M. A. Fathalla, Amal K. Hussein, Khaled A. Khaled, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Incorporating gangliosides into PEGylated cationic liposomes that complexed DNA attenuates anti-PEG antibody production, but not anti-DNA antibody production in mice,
Molecular Pharmaceutics, Vol.18, No.6, 2406-2415, 2021.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.1c00255)
7. Hidenori ANDO, Yuta Murakami, Kiyoshi Eshima and Tatsuhiro Ishida :
A novel polyethylene glycol (PEG)-drug conjugate of Venetoclax, a Bcl-2 inhibitor, for treatment of acute myeloid leukemia (AML),
Cancer Reports, e1485, 2021.
(DOI: 10.1002/cnr2.1485)
8. Hidenori ANDO, Sherif Abdallah Emam Emam, Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Yu Ishima, Kiyoshi Eshima and Tatsuhiro Ishida :
Increasing tumor extracellular pH by an oral alkalinizing agent improves antitumor responses of anti-PD-1 antibody: Implication of relationships between serum bicarbonate concentrations, urinary pH, and therapeutic outcomes,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.6, 844-852, 2021.
(DOI: 10.1248/bpb.b21-00076)
9. Naoki Hirakawa, Yu Ishima, Ryo Kinoshita, Ryuto Nakano, Chuang Tuan Giam Victor, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Toru Maruyama, Masaki Otagiri and Tatsuhiro Ishida :
Reduction-responsive and Multi-drug Deliverable Albumin Nanoparticles: an antitumor drug to Abraxane® against Human Pancreatic Tumor-Bearing Mice,
ACS Applied Bio Materials, Vol.4, No.5, 4302-4309, 2021.
(DOI: 10.1021/acsabm.1c00110)
10. Haruka Takata, Taro Shimizu, Yoshino Kawaguchi, Hiro Ueda, Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Nucleic acids delivered by PEGylated cationic liposomes in systemic lupus erythematosus-prone mice: a possible exacerbation of lupus nephritis in the presence of pre-existing anti-nucleic acid antibodies,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.601, 120529, 2021.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2021.120529)
11. Maichi Hama, Yu Ishima, Chuang V, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Evidence for delivery of Abraxane® via a denatured-albumin transport system,
ACS Applied Materials & Interfaces, Vol.13, No.17, 19736-19744, 2021.
(DOI: 10.1021/acsami.1c03065)
12. Shunsuke Akagi, Hidenori ANDO, Kenji Fujita, Taro Shimizu, Yu Ishima, K Tajima, T Matsushima, T Kusano and Tatsuhiro Ishida :
Therapeutic efficacy of a paclitaxel-loaded nanofibrillated bacterial cellulose (PTX/NFBC) formulation in a peritoneally disseminated gastric cancer xenograft model,
International Journal of Biological Macromolecules, Vol.174, 494-501, 2021.
(DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2021.01.201)
13. Taro Shimizu, Yuki Watanabe, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Lymphoid follicle antigen (Ag) delivery and enhanced rodent humoral immune responses mediated by Ag-containing PEGylated liposomes,
Vaccine, Vol.39, No.7, 1131-1139, 2021.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2021.01.008)
14. Hidenori ANDO, Kiyoshi Eshima and Tatsuhiro Ishida :
Neutralization of acidic tumor microenvironment (TME) with daily oral dosing of sodium potassium citrate (K/Na Citrate) increases therapeutic effect of anti-cancer agent in pancreatic cancer xenograft mice model,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.44, No.2, 266-270, 2021.
(DOI: 10.1248/bpb.b20-00825)
15. Taro Shimizu, Mizuki Awata, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Chihiro Yoshioka, Yoshino Kawaguchi, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Complement activation induced by PEG enhances humoral immune responses against antigens encapsulated in PEG-modified liposomes,
Journal of Controlled Release, Vol.329, 1046-1053, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2020.10.033)
16. Takuma Takayama, Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yuki Kanazawa, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Adjuvant antitumor immunity contributes to the overall antitumor effect of PEGylated liposomal doxorubicin (Doxil®) in C26 tumor-bearing immunocompetent mice,
Pharmaceutics, Vol.12, No.10, 990, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116247,   DOI: 10.3390/pharmaceutics12100990)
17. Shota Fuimoto, Naoki Muguruma, Michiyasu Nakao, Hidenori ANDO, Takanori Kashihara, Yoshihiko Miyamoto, Koichi Okamoto, Shigeki Sano, Tatsuhiro Ishida, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Indocyanine green-labeled dasatinib as a new fluorescent probe for molecular imaging of gastrointestinal stromal tumors.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.36, No.5, 1253-1262, 2020.
(DOI: 10.1111/jgh.15281,   PubMed: 32989784)
18. Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Emam Emam Abdallah Sherif, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-polyethylene glycol (PEG) IgM via a T cell-dependent mechanism,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.43, No.9, 1393-1397, 2020.
(DOI: 10.1248/bpb.b20-00345,   PubMed: 32879214)
19. A Nguyen, Hidenori ANDO, R Böttger, K K Viswanadham, E Rouhollahi, Tatsuhiro Ishida and S Li :
Utilization of Click Chemistry to Study the Effect of Poly(ethylene) Glycol Molecular Weight on the Self-Assembly of PEGylated Gambogic Acid Nanoparticles for the Treatment of Rheumatoid Arthritis,
Biomaterials Science, Vol.8, No.16, 4626-4637, 2020.
(DOI: 10.1039/d0bm00711k,   PubMed: 32700691)
20. Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Eri Hondoh, Taro Shimizu, Haruka Takata, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Impact of pre-existing or induced anti-PEG IgM on the pharmacokinetics of peginterferon alfa-2a (Pegasys®) in mice,
Molecular Pharmaceutics, Vol.17, No.8, 2964-2970, 2020.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.0c00366,   PubMed: 32519877)
21. M Sayed M El, Haruka Takata, Taro Shimizu, Yoshino Kawaguchi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, E Alaaeldin, Yu Ishima, Hidenori ANDO, A Kamal, A H Sarhan and Tatsuhiro Ishida :
Hepatosplenic phagocytic cells indirectly contribute to anti-PEG IgM production in the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon against PEGylated liposomes: Appearance of an unexplained mechanism in the ABC phenomenon,
Journal of Controlled Release, Vol.323, 102-109, 2020.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2020.04.011,   PubMed: 32278827,   Elsevier: Scopus)
22. Nehal Ali Emam Elsadek Emam Elhewan, Amr Abu Ali Ahmed Selim Lila, Sherif Abdallah Emam Emam, Taro Shimizu, Haruka Takata, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-PEG IgM in a dose dependent manner and causes the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated administration in mice,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.152, 56-62, 2020.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2020.04.026,   PubMed: 32376372)
23. Hidenori ANDO, Noriko Saito-Tarashima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Nozomi Kinjoh, Taro Shimizu, Yu Ishima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida :
A unique gene-silencing approach, using an intelligent RNA expression device (iRed), results in minimal immune stimulation when given by local intrapleural injection in malignant pleural mesothelioma,
Molecules, Vol.25, No.7, 1725, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115605,   DOI: 10.3390/molecules25071725,   PubMed: 32283709,   Elsevier: Scopus)
24. Tasuku Torao, Miyuki Mimura, Yasufumi Ohshima, Kohki Fujikawa, Mahadi Hasan, Tatsuharu Shimokawa, Naoshi Yamazaki, Hidenori ANDO, Tatsuhiro Ishida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Characteristics of unique endocytosis induced by weak current for cytoplasmic drug delivery,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.576, 119010, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114728,   DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.119010)
25. Emam Emam Abdallah Sherif, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Elhewan Emam Elsadek Emam Ali Nehal, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, M Mahdy, E Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
Cancer cell-type tropism is one of crucial determinants for the efficient systemic delivery of cancer cell-derived exosomes to tumor tissues,
European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics, Vol.145, 27-34, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ejpb.2019.10.005,   PubMed: 31629787,   Elsevier: Scopus)
26. Hidenori ANDO, M Fukushima, K Eshima, Taichi Hasui, Taro Shimizu, Yu Ishima, C Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
A novel intraperitoneal therapy for gastric cancer with DFP-10825, a unique RNAi therapeutic targeting thymidylate synthase, in peritoneally disseminated xenograft model,
Cancer Medicine, Vol.8, No.17, 7313-7321, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115036,   DOI: 10.1002/cam4.2598,   PubMed: 31609087)
27. 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
PEG修飾リポソームに対する免疫応答,
人工血液, Vol.27, 37-43, 2019年.
28. Hiroyuki Koide, Tatsuya Fukuta, Anna Okishim, Saki Ariizumi, Chiaki Kiyokawa, Hiroki Tsuchida, Masahiko Nakamoto, Keiichi Yoshimatsu, Hidenori ANDO, Takehisa Dewa, Tomohiro Asai, Naoto Oku, Yu Hoshino and Kenneth J. Shea :
Engineering the binding kinetics of synthetic polymer nanoparticles for siRNA delivery,
Biomacromolecules, Vol.20, No.10, 3648-3657, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.biomac.9b00611,   PubMed: 31518109,   Elsevier: Scopus)
29. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, M Fukushima, Rie Matsuoka, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, C Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
A simplified method for manufacturing RNAi therapeutics for local administration,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.564, 256-262, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ijpharm.2019.04.054,   PubMed: 31015002,   Elsevier: Scopus)
30. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, VTG Chuang, Maki Sakai, Hiroki Osafune, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, H Watanabe, T Maruyama, M Otagiri, T Akaike and Tatsuhiro Ishida :
Distribution of Polysulfide in Human Biological Fluids and Their. Association with Amylase and Sperm Activities,
Molecules, Vol.24, No.9, 1689, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115606,   DOI: 10.3390/molecules24091689,   PubMed: 31052207,   Elsevier: Scopus)
31. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Mizuki Awata, Yukiyo Kubo, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Hidenori ANDO, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
A cell assay for detecting anti-PEG immune response against PEG-modified therapeutics,
Pharmaceutical Research, Vol.35, No.11, 223, 2018.
(DOI: 10.1007/s11095-018-2505-3,   PubMed: 30280273,   Elsevier: Scopus)
32. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, M Mahdy, F Ghazy, I Sagawa and Tatsuhiro Ishida :
Liposome co-incubation with cancer cells secreted exosomes (extracellular vesicles) with different proteins expressions and different uptake pathways,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 14493, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114955,   DOI: 10.1038/s41598-018-32861-w,   PubMed: 30262875,   Elsevier: Scopus)
33. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Shinya Kobayashi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Doxorubicin expands in vivo secretion of circulating exosome in mice,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.7, 1078-1083, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00202,   PubMed: 29962402,   Elsevier: Scopus)
34. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima, A M Mahdy, S F Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
A novel strategy to increase the yield of exosomes (extracellular vesicles) for an expansion of basic research,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.5, 733-742, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00919,   PubMed: 29709910,   Elsevier: Scopus)
35. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Masao Tanaka, Yusuke Doi, Yasuko Terada, Naoto Yagi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Intratumoral visualization of oxaliplatin within a liposomal formulation using X-ray fluorescence spectrometry,
Molecular Pharmaceutics, Vol.15, No.2, 403-409, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.7b00762,   PubMed: 29287147,   Elsevier: Scopus)
36. Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Munehira Kawanishi, Taro Shimizu, Keiichiro Okuhira, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Reactivity of IgM antibodies elicited by PEGylated liposomes or PEGylated lipoplexes against auto and foreign antigens,
Journal of Controlled Release, Vol.270, 114-119, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.12.002,   PubMed: 29217175,   Elsevier: Scopus)
37. 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
放射光施設(SPring-8)における蛍光X線分析法を用いたオキサリプラチン腫瘍内分布解析,
薬剤学, Vol.78, No.1, 28-33, 2018年.
(DOI: 10.14843/jpstj.78.28,   CiNii: 130006301812)
38. Kentaro Nishida, Misaki Kashiwagi, Shunsuke Shiba, Kiwamu Muroki, Akihiro Ohishi, Yusuke Doi, Hidenori ANDO, Tatsuhiro Ishida and Kazuki Nagasawa :
Liposomalization of oxaliplatin induces skin accumulation of it, but negligible skin toxicity,
Toxicology and Applied Pharmacology, Vol.337, 76-84, 2017.
(DOI: 10.1016/j.taap.2017.10.006,   PubMed: 29054682,   Elsevier: Scopus)
39. Taro Shimizu, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Miho Nishio, Yusuke Doi, Hidenori ANDO, Masami Ukawa, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Modulation of antitumor immunity contributes to the enhanced therapeutic efficacy of liposomal oxaliplatin in mouse model,
Cancer Science, Vol.108, No.9, 1864-1869, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112372,   DOI: 10.1111/cas.13305,   PubMed: 28643902)
40. Alaaeldin Eman, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Hidenori ANDO, M Fukushima, C Huang, H Wada, H.A Sarhan, K.A Khaled and Tatsuhiro Ishida :
Co-administration of liposomal l-OHP and PEGylated TS shRNA-lipoplex: A novel approach to enhance anti-tumor efficacy and reduce the immunogenic response to RNAi molecules,
Journal of Controlled Release, Vol.255, 210-217, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.04.040,   PubMed: 28461099)
41. Mayumi Ikeda, Yu Ishima, Akitomo Shibata, Victor T.G. Chuang, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Hiroshi Watanabe, Ming Xian, Yuya Ouchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Masami Ukawa, Tatsuhiro Ishida, T Akaike, M Otagiri and T Maruyama :
Quantitative determination of polysulfide in albumins, plasma proteins and biological fluid samples using a novel combined assays approach,
Analytica Chimica Acta, Vol.969, 18-25, 2017.
(DOI: 10.1016/j.aca.2017.03.027,   PubMed: 28411626,   Elsevier: Scopus)
42. Yu Mima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Hidenori ANDO, Yasuko Kurata and Tatsuhiro Ishida :
Ganglioside inserted into PEGylated liposome attenuates anti-PEG immunity,
Journal of Controlled Release, Vol.250, 20-26, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2017.01.040,   PubMed: 28179196,   Elsevier: Scopus)
43. Takuma Takayama, Masami Ukawa, Yuki Kanazawa, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Hydrodynamic tail vein injection as a simple tool for yielding extended transgene expression in solid tumors.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.9, 1555-1558, 2016.
(DOI: 10.1248/bpb.b16-00283,   PubMed: 27582335,   Elsevier: Scopus)
44. Masami Ukawa, Yukako Fujiwara, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Hepatic tumor metastases cause enhanced PEGylated liposome uptake by Kupffer cells,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 215-220, 2016.
(DOI: 10.1248/bpb.b15-00611,   PubMed: 26830481,   Elsevier: Scopus)
45. Noriko Saito-Tarashima, Hidenori ANDO, Takamitsu Kojima, Nozomi Kinjo, Yosuke Hashimoto, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Gene silencing using 4'-thioDNA as an artificial template to synthesize short-hairpin RNA without inducing a detectable innate immune response,
Molecular Therapy. Nucleic Acids, Vol.5, e274, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110894,   DOI: 10.1038/mtna.2015.48,   PubMed: 26730811,   Elsevier: Scopus)
46. Hiroyuki Nakamura, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Miho Nishio, Masao Tanaka, Hidenori ANDO, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida :
Intra-tumor distribution of PEGylated liposome upon repeated injection: No possession by prior dose,
Journal of Controlled Release, Vol.220, 406-413, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2015.11.002,   PubMed: 26548975,   Elsevier: Scopus)
47. Hidenori ANDO, Sakiko Kobayashi, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, N Eldin Essam, Chihiro Katoh, Taro Shimizu, Masami Ukawa, Kazuyoshi Kawazoe and Tatsuhiro Ishida :
Advanced therapeutic approach for the treatment of malignant pleural mesothelioma via the intrapleural administration of liposomal pemetrexed,
Journal of Controlled Release, Vol.220, 29-36, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2015.10.019,   PubMed: 26476173,   Elsevier: Scopus)
48. Taro Shimizu, Yu Mima, Yosuke Hashimoto, Masami Ukawa, Hidenori ANDO, Hiroshi Kiwada and Tatsuhiro Ishida :
Anti-PEG IgM and complement system are required for the association of second doses of PEGylated liposomes with splenic marginal zone B cells,
Immunobiology, Vol.220, No.10, 1151-1160, 2015.
(DOI: 10.1016/j.imbio.2015.06.005,   PubMed: 26095176,   Elsevier: Scopus)
49. Noriko Saito-Tarashima, Tatsuya Sumitomo, Hidenori ANDO, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Synthesis of DNA fragments containing 2-deoxy-4-selenonucleoside units using DNA polymerases: comparison of dNTPs with O, S and Se at the 4-position in replication Org,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.25, 6949-6952, 2015.
(DOI: 10.1039/c5ob00941c,   PubMed: 26053864,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. Hidenori ANDO and Tatsuhiro Ishida :
An RNAi therapeutic, DFP-10825, for intraperitoneal and intrapleural malignant cancers,
Advanced Drug Delivery Reviews, Vol.154-155, 27-36, Aug. 2020.
(DOI: 10.1016/j.addr.2020.08.002,   PubMed: 32781056)
2. 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
臨床応用可能な体腔内投与型RNAi 製剤(DFP-10825)の開発と難治性がんに対する治療,
MEDCHEM NEWS, Vol.30, No.1, 19-24, 2020年2月.
(DOI: 10.14894/medchem.30.1_19)
3. 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
リポソームDDS 製剤開発における免疫系の制御と動態解析の重要性,
オレオサイエンス, Vol.20, No.2, 71-76, 2020年2月.
(DOI: 10.5650/oleoscience.20.71,   CiNii: 130007795350)
4. 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(Fibnano)を用いた腹腔内投与型がん治療製剤への応用,
Cellulose Communications, Vol.26, No.4, 173-177, 2019年12月.
5. 田島 健次, 小瀬 亮太, 松島 得雄, 石田 竜弘, 安藤 英紀 :
フルーツ由来新奇酢酸菌によるナノセルロースの合成とその応用,
日本醸造協会誌, Vol.114, No.9, 540-549, 2019年9月.
(CiNii: 40022026601)
6. Masami Ukawa, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
Pharmaceutics of Nanoparticles,
Nanomaterials in Pharmacology, 219-238, Nov. 2015.
(DOI: 10.1007/978-1-4939-3121-7_11)

国際会議:

1. Taro Shimizu, Kohga Miyahara, G Kozma, Hidenori ANDO, Yu Ishima, J Szebeni and Tatsuhiro Ishida :
Pre-treatment with Doxebo suppresses anti-PEG IgM immune responses through PEG-specific immune tolerance,
17th International Symposium on Blood Substitutes & Oxygen Therapeutics, Nara, Nov. 2019.
2. Sherif Abdallah Emam Emam, Hidenori ANDO, Taro Shimizu and Tatsuhiro Ishida :
The impact of cell-type tropism on the intratumor accumulation of exosomes derived from cancer cells,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
3. Maho Tagami, Hidenori ANDO, Ai Ikeda, K Eshima, C.L Huang, H Wada and Tatsuhiro Ishida :
Enhanced therapeutic efficacy of liposomal weak-base anticancer drugs by daily oral administration of sodium bicarbonate,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
4. Yuna Shimazaki, Hidenori ANDO, Taro Shimizu, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Immunization method to obtain antigen-specific antibodies by antigen delivery to splenic marginal zone B cells using PEGylated liposomes,
Liposome Research Days 2019, Sapporo, Sep. 2019.
5. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Yu Ishima, A M Mahdy, S F Ghazy and Tatsuhiro Ishida :
The effect of liposome co-incubation with cancer cells on the secretion, uptake propensity and expression of certain surface proteins of cancer cell-derived exosomes (extracellular vesicles),
2018 CRS Annual Meeting & Exposition, New York, Jul. 2018.
6. Tatsuhiro Ishida, Hidenori ANDO, M Fukushima, C.L Huang and H Wada :
An industrial method of manufacturing a novel RNAi anticancer drug, DFP-10825, for the treatment of peritoneal disseminated gastric cancer,
AACR Annual Meeting 2017, Washington, D.C., Apr. 2017.
7. Nozomi Kinjoh, Hidenori ANDO, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida :
Targeted gene silencing by introduction of intelligent RNA expression device (iRed),
Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
8. Noriko Saito-Tarashima, Kinjo Nozomi, Kojima Takamitsu, Hidenori ANDO, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Gene silencing via RNA interference (RNAi) machinery using 4'-thioDNA as an artificial template,
The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Himeji, Sep. 2015.

国内講演発表:

1. 山本 舜人, 安藤 英紀, 前田 典之, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫による抗体誘導に関するPEG末端構造の影響,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
2. 高田 正希, 安藤 英紀, 赤木 俊介, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
表面物性の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロースを用いたパクリタキセル製剤の開発と腹膜播種治療評価,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
3. 上原 陸, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
重曹経口投与による腫瘍内微小環境中性化にともなう遺伝子発現解析,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
4. 松尾 菜々, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
Sulfane sulfur付加型HSAを用いた還元ストレス誘導を介するがん治療戦略,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
5. 清水 太郎, Qelliny Milad, 高田 春風, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
核酸搭載PEG修飾カチオン性リポソームによる抗PEG抗体および抗核酸抗体誘導に及ぼすガングリオシド修飾の影響,
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2021年11月.
6. 橋本 愛子, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミンを基盤とした臓器特異的移行性を有するDDSキャリアの作製,
第15回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム, 2021年10月.
7. 茂木 啓佑, 平尾 彩香, 阿部 礼奈, 森戸 克弥, 髙山 健太郎, 土井 祐輔, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 長澤 一樹 :
PEG修飾リポソーム製剤化oxaliplatin投与ラットにおいて甘味感受性の低下を誘発するその舌組織への蓄積に対する口腔冷却の影響,
第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月.
8. 安藤 英紀, 赤木 俊介, 田島 健次, 清水 太郎, 異島 優, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(NFBC)を利用した3次元細胞培養に関する基礎的検討,
セルロース学会第28回年次大会, 2021年9月.
9. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(NFBC)を用いた3次元培養によるヒト肝がんHepG2細胞の機能変動評価,
セルロース学会第28回年次大会, 2021年9月.
10. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
高い抗体産生誘導能を有する抗原搭載アルブミンナノ粒子の開発,
日本薬剤学会第2回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2021年9月.
11. Yoshino Kawaguchi, Taro Shimizu, Hidenori ANDO, Yu Ishima and Tatsuhiro Ishida :
Enhancement of the anti-tumor effect of B cell-based vaccines via increasing the loading amount of antigens by utilizing novel antigen carrier system,
2021 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2021.
12. 松尾 菜々, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
活性イオウ付加型ヒト血清アルブミンの腫瘍への送達は小疱形成を介した細胞死を誘導する,
第29回DDSカンファランス, 2021年9月.
13. 安藤 英紀, 山口 雪洲, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規脾臓免疫で誘導した抗体の多様性および結合性の評価,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
14. 清水 太郎, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞を標的としたペプチド封入リポソームによる免疫誘導に関する検討,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
15. 髙田 春風, 清水 太郎, 川口 桂乃, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
投与経路が及ぼすPEG修飾リポソーム投与時の抗PEG抗体誘導に与える影響に関する検討,
第37回日本DDS学会学術集会, 2021年6月.
16. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたIL-23 特異的siRNAの経皮送達はイミキモド誘発乾癬モデルマウスの皮膚症状を改善する,
日本核酸医薬学会第6回年会, 2021年6月.
17. 髙田 春風, Milad Reda Qelliny, 清水 太郎, 上田 大, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ガングリオシドによるDNA搭載PEG修飾カチオン性リポソーム投与時のPEG及びDNAに対する抗体の産生への影響の検討,
日本核酸医薬学会第6回年会 サテライト若手シンポジウム, 2021年6月.
18. 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
実用性の高い腹腔内投与型核酸製剤の開発と腹膜播種治療評価,
日本核酸医薬学会第6回年会 サテライト若手シンポジウム, 2021年6月.
19. 橋本 愛子, 濱 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
様々なヒト血清アルブミン受容体を介した薬物キャリアの開発,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
20. 向井 愛菜, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
致死性エンドトキシンショックに対するヒト血清アルブミンの治療効果の機序解明,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
21. 橋本 怜奈, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
紫外線による皮膚角質中に含まれる活性イオウ分子種の変動,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
22. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 中江 崇, 三輪 泰司, 辰巳 昇, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を基剤としたLixisenatide製剤の開発と腸管吸収評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
23. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 中江 崇, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いた難経口吸収性化合物の腸管吸収促進効果の検討,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
24. 上田 大, 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
全身性エリテマトーデスモデルマウス由来マイクロパーティクルにおけるプロテオーム解析,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
25. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
細胞ワクチンへの応用を目指した補体受容体標的化キャリアを用いる新規B細胞抗原刺激法の確立,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
26. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
効果的な細胞免疫療法の開発に向けたB細胞への新規抗原刺激法の有用性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
27. Nehal Emam Elsadek Emam Ali Elhewan, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
Pegfilgrastim (PEG-G-CSF) induces anti-PEG IgM in a dose dependent manner and causes the accelerated blood clearance (ABC) phenomenon upon repeated administer,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
28. 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
臨床実用を志向した腹腔内投与型核酸製剤の開発,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
29. 山本 舜人, 山口 雪洲, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫による抗原特異的IgGの誘導とサブクラス多様性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
30. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
効率的な体液性免疫誘導に向けたアルブミンナノキャリアの開発,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
31. 松﨑 隆朗, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
経皮吸収型がんペプチドワクチンによるE.G7-OVA担がんマウスにおける腫瘍成長抑制効果,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
32. 高田 正希, 赤木 俊介, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
菌由来セルロースナノファイバーを用いた細胞の三次元培養と機能性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
33. 上原 陸, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
重曹経口投与による腫瘍酸性環境の中性化とDoxil®の抗腫瘍効果の増強,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
34. 山口 雪洲, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
新規脾臓免疫法による特異抗体の誘導とその多様性および結合親和性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
35. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
マレイミド-チオール結合を介した抗がん剤封入リポソームの脾臓細胞への搭載とそのがん細胞障害性の評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
36. 倉本 伶音, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
エクソソームの脾臓免疫で得た抗血清(ポリクローナル抗体)の結合性評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
37. 福田 悠花, 中島 祟樹, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 長野 一也, 柴田 寛子, 石田 竜弘 :
PEG修飾タンパクの凝集体形成が及ぼす抗PEG抗体産生・血中滞留性への影響,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
38. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
経皮送達可能なsiRNA含有イオン液体製剤による新規乾癬治療,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
39. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
物性の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロースを用いた新規PTX製剤の開発と腹膜播種治療評価,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
40. 髙田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
核酸搭載PEG修飾リポソームが全身性エリテマトーデスの発症時期,増悪に与える影響,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
41. 濵 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤AbraxaneⓇの変性アルブミン受容体を介した薬物輸送メカニズム,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
42. Sherif Emam Abdallah Emam, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
Cell-type tropism promotes the intratumor accumulation of PEGylated cancer cell-derived exosomes,
日本薬剤学会第36年会, 2021年5月.
43. 茂木 啓佑, 平尾 彩香, 阿部 礼奈, 森戸 克弥, 髙山 健太郎, 土井 祐輔, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 長澤 一樹 :
Oxaliplatinのpolyethylene glycol(PEG)修飾リポソーム製剤化による甘味感受性への影響,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
44. 中野 琉人, 平川 尚樹, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
難溶性薬物に対する溶解補助及び動態改善を企図した新規アルブミンナノ粒子の開発,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
45. 倉本 伶音, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
エクソソームの脾臓免疫により誘導した抗体のエクソソームタンパク質への結合評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
46. 宮原 康嘉, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, Szebeni Janos, 石田 竜弘 :
高用量PEG修飾リポソーム投与時の抗PEG抗体誘導抑制機序に関する検討,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
47. 川口 桂乃, 島崎 優奈, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓B細胞上の補体受容体を介した抗原送達法を利用する新規細胞免疫療法の開発,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
48. 松尾 菜々, 異島 優, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
活性イオウ付加アルブミンの設計と還元ストレス誘導による抗腫瘍効果の評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
49. 山口 雪洲, 安藤 英紀, 島崎 優奈, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗原封入リポソームの脾臓免疫で誘導された抗体の多様性・親和性評価,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
50. 山出 莉奈, 平川 尚樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミン(HSA)を利用した脾臓への抗原送達による体液性免疫の誘導,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
51. 角南 尚哉, 安藤 英紀, 丸山 敦也, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたGLP-1受容体作動薬の腸管吸収性検討,
日本薬学会第141年会, 2021年3月.
52. 安藤 英紀 :
新規3D培養基材を用いたがんスフェロイドの作成と応用評価,
第四回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同オンラインミーティング, 2021年3月.
53. 安藤 英紀 :
抗原の脾臓送達を利用した新規抗体作製技術の基礎的評価,
徳島大学薬学部若手教員講演会, 2021年1月.
54. 安藤 英紀 :
DDS抗がん剤の腫瘍内局在の解明と腫瘍微小環境改善による効果増強,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
55. 山口 雪洲, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓標的化リポソーム技術を用いた短期間で抗体を誘導する抗体産生誘導技術の開発,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
56. 向井 愛菜, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
致死性エンドトキシンショックに対するヒト血清アルブミンの治療効果,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
57. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓細胞搭載抗がん剤封⼊カチオン性リポソームによるがん細胞障害性のin vitro評価,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
58. 橋本 怜奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
皮膚角質中に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2020年12月.
59. 酒井 真紀, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ストレプトゾトシン誘発Ⅰ型糖尿病モデルマウスにおける血清活性イオウ分子の変動,
第93回日本生化学会大会, 2020年9月.
60. 長船 裕輝, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
生体液中の活性イオウ分子種含有タンパク質の同定と生理学的意義の解明,
第93回日本生化学会大会, 2020年9月.
61. 松木 佑樹, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
抗がん剤搭載脾臓細胞によるがん細胞障害性評価に関する検討,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
62. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
イオン液体を用いたsiRNAの経皮送達による新規乾癬治療法の開発,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
63. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 島崎 優奈, 吉岡 千尋, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒドロキシ末端PEG修飾リポソームによる抗原刺激を利用した新規B細胞ワクチンの開発,
第36回日本DDS学会学術集会, 2020年8月.
64. 山口 雪洲, 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓辺縁帯B細胞への抗原送達による抗体産生誘導技術の開発,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
65. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
インドシアニングリーンを用いたイオン液体の腸管吸収促進効果の検討,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
66. 濵 眞壱, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤であるAbraxane®の新たな腫瘍移行機序の発見,
日本薬剤学会第35年会, 2020年5月.
67. 丸山 敦也, 安藤 英紀, 三輪 泰司, 濱本 英利, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
イオン液体によるインドシアニングリーンの経口吸収性改善の検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
68. 川口 桂乃, 粟田 瑞月, 島崎 優奈, 吉岡 千尋, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
細胞ワクチン療法への利用に適したB細胞サブセットの同定に関する検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
69. 濵 眞壱, 異島 優, 安藤 英紀, 清水 太郎, 石田 竜弘 :
アルブミン結合型パクリタキセル製剤であるAbraxane®の新たな腫瘍移行機序の発見,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
70. 酒井 真紀, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
糖尿病患者血清におけるサルフェン硫黄の変動,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
71. 長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
ヒト唾液α-amylase活性に及ぼすサルフェン硫黄の影響,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
72. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 奥平 桂一郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪キューティクルに存在するポリスルフィドの発見とイオウ供給による毛髪損傷抑制効果の検討,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
73. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
新規セルロースナノファイバーゲルを用いた3次元培養法の開発,
第19回日本再生医療学会総会, 2020年3月.
74. 坂元 智香, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 小林 勝則, 石橋 賢樹, 三輪 泰司, 濱本 英利, 石田 竜弘 :
siRNA含有イオン液体製剤の経皮送達による乾癬治療,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
75. 上田 大, 高田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
全身性エリテマトーデス病態時の脾臓免疫細胞によるマイクロパーティクルの取り込み変化の検討,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
76. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
物理化学的性質の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロース(NFBC)を用いたPTX製剤の開発とがん治療評価,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
77. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
両親媒性ナノフィブリル化バクテリアセルロース(Fibnano)の放出制御型がん治療製剤への応用,
セルロース学会第26回年次大会, 2019年7月.
78. 安藤 英紀 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロースのがん治療への応用,
産業技術総合研究所ナノセルロースフォーラム第15回セミナー, 2019年7月.
79. 上田 大, 高田 春風, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
マイクロパーティクルによる抗体産生誘導は全身性エリテマトーデスの症状進行に関与する,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
80. 島崎 優奈, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 石田 竜弘 :
脾臓への抗原デリバリー技術を利用した新規抗体産生技術の開発,
第35回日本DDS学会学術集会, 2019年7月.
81. 田坂 菜々美, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
毛髪ケラチン中に存在するポリスルフィドの酸化ストレス応答,
第72回日本酸化ストレス学会学術集会, 2019年6月.
82. 井上 改, 異島 優, 池田 真由美, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
細胞培養系における血清アルブミン結合sulfane sulfurの役割,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
83. 池田 真由美, 異島 優, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
ヒト血清アルブミンに存在するポリスルフィドによるユニークな酸化ストレス応答,
第19回日本NO学会学術集会, 2019年6月.
84. 藤本 将太, 六車 直樹, 中尾 允泰, 安藤 英紀, 宮本 佳彦, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 石田 竜弘, 佐野 茂樹, 高山 哲治 :
新規蛍光プローブIndocyanine green (ICG) 標識Dasatinibを用いた消化管間質腫瘍 (GIST) の近赤外蛍光 イメージング.,
第14回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2019年5月.
85. 赤木 俊介, 安藤 英紀, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
両親媒性ナノフィブリル化バクテリアセルロースを基剤とした放出制御型Paclitaxel製剤の開発,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
86. 池田 真由美, 異島 優, 清水 太郎, 安藤 英紀, 奥平 桂一郎, 渡邊 博志, 丸山 徹, 小田切 優樹, 石田 竜弘 :
血清アルブミンの酸化ストレス応答を模倣した新規抗酸化剤の設計,
日本薬剤学会第34年会, 2019年5月.
87. 田神 舞帆, 池田 愛, 安藤 英紀, 江島 清, 和田 洋巳, 石田 竜弘 :
腫瘍内微小環境の改善によるDDS製剤の治療効果増強,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
88. 安藤 英紀 :
尿アルカリ化を指標とした腫瘍内環境の改善,
第2回徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年2月.
89. 田神 舞帆, 安藤 英紀, Li Shyh-Dar, 石田 竜弘 :
Continuous treatment with immune modulator can uniformize the effect of anti-tumor immunity,
第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月.
90. 島崎 優奈, 清水 太郎, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
Expansion of the delivering technique of PEGylated liposomes to marginal zone B cells for immunization with peptide antigen,
第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月.
91. 酒井 真紀, 池田 真由美, 今福 匡司, 安藤 英紀, 清水 太郎, 異島 優, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
糖尿病患者における血清中サルフェン硫黄と抗酸化能の評価,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
92. 長船 裕輝, 池田 真由美, 酒井 真紀, 清水 太郎, 安藤 英紀, 異島 優, 石田 竜弘 :
生体液に含まれる活性イオウ分子種の検出,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
93. 池田 愛, 安藤 英紀, 江島 清, 和田 洋巳, 石田 竜弘 :
腫瘍内微小環境の改善にともなうDoxilの抗腫瘍効果増強,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
94. 安藤 英紀, 望月 啓志, 藤田 研司, Kenji Tajima, Tokuo Matsushima, Takatomo Kusano, 石田 竜弘 :
Advanced application of nano-fibrillated bacterial cellulose (Fibnano®) to anti-cancer therapy,
第67回高分子討論会, 2018年9月.
95. 異島 優, 木下 遼, 池田 真由美, 安藤 英紀, 清水 太郎, 小田切 優樹, 丸山 徹, 石田 竜弘 :
ガス状リガンドと相互作用するヒト血清アルブミンの臨床応用,
第1回超分子薬剤学FGシンポジウム, 2018年9月.
96. 安藤 英紀, 望月 啓志, 藤田 研司, 田島 健次, 松島 得雄, 草野 貴友, 石田 竜弘 :
ナノフィブリル化バクテリアセルロース(Fibnano)を用いた新規パクリタキセル製剤の開発とがん治療への展開,
セルロース学会第25回年次大会, 2018年7月.
97. 松岡 里英, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種モデルにおいて腹腔内投与したカチオン性リポソームは腫瘍に選択的に集積する,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
98. 池田 愛, 木下 遼, 安藤 英紀, 江島 清, 和田 洋巳, 石田 竜弘 :
がん細胞の代謝特異性を利用したドキソルビシンのがん細胞内送達法の開発,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
99. 望月 啓志, 安藤 英紀, 藤田 研司, 田島 健次, 異島 優, 石田 竜弘 :
ナノファイバーバイオセルロースを用いた新規パクリタキセル製剤の開発,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
100. 石田 竜弘, 安藤 英紀 :
新規RNAi薬剤体腔内投与による難治がん治療法の開発,
遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー, 2017年9月.
101. 松岡 里英, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
腹腔内投与カチオン性リポソームの動態評価と胃がん腹膜播種治療における有用性に関する検討,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
102. 望月 啓志, 安藤 英紀, 藤田 研司, 田島 健次, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種治療におけるナノファイバーバイオセルロースの応用に関する検討,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
103. 南川 典昭, 田良島 典子, 高橋 知樹, 山本 清義, 金城 望, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 小暮 健太朗 :
化学修飾DNAを利用したRNA創薬,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
104. Emam Emam Abdallah Sherif, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
A novel strategy to increase the yield of exosomes,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
105. 藤本 将太, 六車 直樹, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 高山 哲治 :
KIT分子を標的としたGISTの分子イメージング,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
106. 望月 啓志, 安藤 英紀, 藤田 研司, 田島 健次, 石田 竜弘 :
ナノファイバーバイオセルロースの腹腔内がん化学療法への応用に関する検討,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
107. 松岡 里英, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種治療における腹腔内投与カチオン性リポソームの有用性に関する検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
108. 小林 真也, 安藤 英紀, Emam Emam Abdallah Sherif, 石田 竜弘, 川添 和義 :
Doxorubicin投与による血清中Exosome分泌変化に関する検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
109. 松岡 里英, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
新規胃がん腹膜播種治療開発のためのカチオン性リポソーム腹腔内投与の有用性探索,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
110. 柏木 美咲, 西田 健太朗, 柴 俊輔, 室木 究, 大石 晃弘, 土井 祐輔, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 長澤 一樹 :
オキサリプラチン封入PEG修飾リポソーム製剤投与ラットの後肢皮膚組織における白金蓄積及び手足症候群様症状の評価,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2016, 2016年9月.
111. 安藤 英紀, 田中 真生, 石田 竜弘 :
大型放射光施設(SPring-8)における蛍光X線分析法を用いたオキサリプラチン腫瘍内分布の分析,
第25回DDSカンファランス, 2016年9月.
112. 安藤 英紀, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, 加藤 千尋, 福島 正和, 黄 政龍, 和田 洋巳, 石田 竜弘 :
核酸複合体(DFP-10825)の胸腔内直接投与を介した悪性胸膜中皮腫治療,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年7月.
113. Emam Emam Abdallah Sherif, Hidenori ANDO, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, M.A. Mahmoud, G.S. Fakhr-eldin and Tatsuhiro Ishida :
Interaction of cancer cells with liposomes; the extent of exsosome release,
第32回日本DDS学会学術集会, Jun. 2016.
114. 松岡 里英, 安藤 英紀, 前田 典之, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種治療のためのDDSキャリア腹腔内投与後の動態検討,
第32回日本DDS学会学術集会, 2016年6月.
115. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
悪性胸膜中皮腫治療における新規shRNA発現化学修飾核酸の有用性の検討,
日本薬剤学会第31年会, 2016年5月.
116. 安藤 英紀, 小林 早紀子, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, 川添 和義, 石田 竜弘 :
ペメトレキセド封入カチオン性リポソームの胸腔内直接投与を介した悪性胸膜中皮腫治療,
日本薬剤学会第31年会, 2016年5月.
117. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent shRNA expression deviceのin vitro, in vivoにおける有用性評価,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
118. 望月 啓志, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
Doxil®及びオキサリプラチン封入リポソームの腹腔内投与の有用性に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2015, 2016年2月.
119. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expression devise(iRed)による標的遺伝子抑制に関する検討,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
120. 望月 啓志, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
抗がん剤徐放性製剤の腹腔内投与の有用性に関する検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
121. 渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種モデルにおけるオキサリプラチン封入リポソーム静脈内投与による腫瘍増殖抑制効果,
第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
122. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
新規RNAi分子発現核酸デバイスのin vitro, in vivo有用性評価,
第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
123. 加藤 千尋, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
悪性胸膜中皮腫治療に向けたリポプレックスの胸腔内投与とその動態,
日本薬剤学会第30年会, 2015年5月.
124. 渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種動物モデルにおけるオキサリプラチン封入リポソームの治療効果に関する検討,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
125. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
新規RNAi分子発現核酸デバイスを用いた標的遺伝子発現抑制効果,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
126. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
胸腔内がん治療を目指した新規核酸デバイスの有用性評価,
遺伝子・デリバリー研究会第15回シンポジウム, 2015年5月.
127. 田良島 典子, 小島 孝光, 金城 望, 古川 和寛, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 南川 典昭 :
New strategy for suppression of gene expresstion using intelligent RNA expressing device (iRed),
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
128. 田良島 典子, 小島 孝光, 金城 望, 古川 和寛, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 南川 典昭 :
Intelligent RNA expressing device (iRed)を利用した核酸創薬の新手法,
第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
129. 加藤 千尋, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 際田 弘志 :
悪性胸膜中皮腫治療のための核酸搭載カチオニックリポソームの胸腔内投与とその動態評価,
第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
130. 渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
胃がん腹膜播種に対するナノキャリアを用いた新規投与経路の検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
131. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expressing devise(iRed)の細胞内導入による標的遺伝子抑制,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
132. 渡邉 奈美, 安藤 英紀, 石田 竜弘 :
腹水を伴う腹膜播種における新規静注型治療法の確立,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.
133. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expressing devise(iRed)のin vitroにおける標的遺伝子抑制に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 高活性抗体の誘導を実現する抗原発現エキソソームの脾臓免疫技術基盤の構築 (研究課題/領域番号: 21H02644 )
  • イオン液体を利用した革新的腸管吸収デリバリー技術の開発 (研究課題/領域番号: 20K21898 )
  • PEG修飾タンパクによるアナフィラキシー誘導機構の解明とその制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 19KK0279 )
  • 尿アルカリ化剤による抗がん剤治療効果の増強と効果予測 (研究課題/領域番号: 19K16415 )
  • 超高アスペクト比ナノセルロースのネットワーク構造を活用した抗がん剤の効率的な送達 (研究課題/領域番号: 19H02549 )
  • 抗がん剤治療による腫瘍関連エキソソームの分泌変化とその創薬応用に関する研究 (研究課題/領域番号: 16K18861 )
  • 核酸医薬デリバリーにおける自然免疫活性化機構の解明とその制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 15H04639 )
  • DDS製剤の体腔内投与を介した新規がん治療法の開発 (研究課題/領域番号: 26893174 )
  • 研究者番号(00735524)による検索