検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > かみあわせ補綴科(第二補綴科) >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 咬合管理学(歯科補綴学第二講座) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.松香 芳三, 西山 暁, 湯浅 秀道, 水口 一, 髙野 直久, 羽毛田 匡, 鈴木 善貴, Dalanon Junhel, 久保田 英朗, 杉崎 正志, 木野 孔司, 古谷野 潔 :
特別養護老人ホーム入所者における顎関節脱臼の実態調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.3, 249-254, 2018年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu.30.249)
2.Junhel Dalanon, JG Gabinete, H NainaJavier, KJ Galang, A Perales, C Sorela, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, S Afroz, Takuma Iwasa, Omar Maningo Rodis, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Technology acceptance model in the use of a patient management software in a dental school in the Philippines,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.2, 65-69, 2018.
3.Keisuke Nishigawa, Rika Hayama, Ktsushi Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Mayu Miyagi, Miho Inoue, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Validity of peer evaluation for team-based learning in a dental school in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.81, No.12, 1451-1456, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112932,   DOI: 10.21815/JDE.017.106,   PubMed: 29196333,   Elsevier: Scopus)
4.Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiro Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of effect on physical performance and concentration by custom-made mouthguard use,
The International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 22-31, 2017.
5.Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, Jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Louis Beaumont De and Gilles Lavigne :
Does sleep bruxism contribute to headache-related disability after mild traumatic brain injury? A case-control study.,
Journal of Oral & Facial Pain and Headache, Vol.31, No.4, 306-312, 2017.
(DOI: 10.11607/ofph.1878,   PubMed: 28973052)
6.Yoshitaka Suzuki, Samar Khoury, Hejar El-Khatib, Jean-Marc Chauny, Jean Paquet, Jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Nadia Gosselin, Gilles Lavigne and Caroline Arbour :
Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury.,
Sleep Medicine, Vol.33, 36-42, 2017.
(DOI: 10.1016/j.sleep.2016.06.033,   PubMed: 28449903,   Elsevier: Scopus)
7.Keisuke Nishigawa, K Omoto, Rika Hayama, Gantumur Chimeddulam, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, OMM Rodis and Yoshizo Matsuka :
Comparison between flipped classroom and team-based learning in fixed prosthodontic education Journal of Prosthodontic Research,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.2, 217-222, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111995,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.04.003)
8.Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Naoto Noguchi, Katsuhiro Omoto, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
Mandibular movement during sleep bruxism associated with current tooth attrition,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 87-95, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112028,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.003,   PubMed: 27354030,   Elsevier: Scopus)
9.Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiko Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of Effect on Physical Performance and Concentration by Custom-made Mouthguard Use,
International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 1-10, 2017.
10.大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 岩浅 匠真, 福本 美緒, 井上 美穂, 宮城 麻友, 安陪 晋, 松香 芳三 :
スプリントによる睡眠時ブラキシズムに対する治療効果 : 予備的検討,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.29, No.1, 21-27, 2016年.
(CiNii: 40021090255)
11.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの基礎と最新の捉え方,
睡眠口腔医学, Vol.3, No.1, 10-21, 2016年.
12.Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki and Yoshizo Matsuka :
Masticatory performance alters stress relief effect of gum chewing,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.4, 262-267, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111994,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.07.004,   PubMed: 26342527,   Elsevier: Scopus)
13.Katsuhiro Omoto, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Mayumi Nakamura, Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Nami Goto, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
A preliminary investigation of reproducibility of EMG signals during daytime masticatory muscle activity using a portable EMG logging device,
Journal of Electromyography and Kinesiology, Vol.25, No.4, 603-611, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jelekin.2015.04.012,   Elsevier: Scopus)
14.Hisahiro Takeuchi, K Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Motoharu Kori, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, Keisuke Nishigawa, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Effects of team-based learning on fixed prosthodontic education in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.79, No.4, 417-423, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111968,   PubMed: 25838013)
15.大本 勝弘, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるTeam-Based Learningの導入とその効果,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 81-87, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109857,   CiNii: 120005823512)
16.重本 修伺, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 井川 知子, 小川 匠, 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の開発 ―測定システムの開発―,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 29-37, 2014年.
(CiNii: 40020380099)
17.田島 登誉子, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, ロディス Maningo オマー, 松香 芳三 :
歯の6自由度運動を視覚的に理解する手法の開発,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 16-23, 2014年.
(CiNii: 40020380074)
18.Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Toyoko Tajima, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Mandibular Movement during Sleep Bruxism: Mandibular Position with Peak Masseter Muscle Activity,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.26, No.1, 35-42, 2013.
(CiNii: 40020028373)

学術論文(紀要・その他):

1.野口 直人, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 中野 雅德, 山本 修史, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 :
睡眠時ブラキシズム発現に伴う顎運動の解析法の検討,
日本補綴歯科学会誌. 特別号, 社団法人日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集 = Program and abstracts, the ... scientific meeting of Japan Prosthodontic Society, Vol.1, No.118, 163, 2010年.
(CiNii: 10026441062)

学術レター:

1.Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury and Gilles Lavigne :
Response to the letter from Professor Helena Hachul and colleagues.,
Sleep Medicine, Vol.37, 219-220, 2017.
(DOI: 10.1016/j.sleep.2017.07.004,   PubMed: 28774499,   Elsevier: Scopus)
2.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 野口 直人, 中村 真弓, 石川 輝明, 中野 雅德 :
睡眠時ブラキシズムの咬筋活動と顎運動,
歯界展望, 221, 2013年.

総説・解説:

1.大倉 一夫, 鴨居 浩平, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
ナイトガードの臨床,
歯界展望, Vol.130, No.6, 1067-1081, 2017年12月.
2.鈴木 善貴, 安陪 晋, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの対処法,
歯界展望, Vol.130, No.5, 840-853, 2017年11月.
3.鈴木 善貴, 宮城 麻友, 板東 伸幸, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ナイトガードの意義,
歯界展望, Vol.130, No.5, 826-839, 2017年11月.

国際会議:

1.Yoshitaka Suzuki, D Junhel, Kazuo Okura, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional accuracy of resin block through various measurement methods,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
2.Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Treatment effect of four different type splints for sleep bruxism,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
3.Yoshitaka Suzuki, Rompre Pierre, Mayer Pierre and Lavigne Gilles :
Oxgen and carbon dioxide shifts in relation to sleep bruxism - rhythmic masticatory muscle activity (RMMA): An exploratory case series.,
World Sleep, Prague, Oct. 2017.
4.Eriko Horikawa, Susumu Abe, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Toshinori Okawa, Yoshizo Matsuka, Noriko Tachibana and Fumiaki Kawano :
The association between nocturnal trapezius and masseter muscle activity in two female patients with shoulder and neck pain: a case report,
World Sleep, Prague, Oct. 2017.
5.Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, Hejar El-Khatib, Jean-Marc Chauny, Jean Paquet, Francois Giguere, Ronald Denis, Nadia Gosselin and Gilles Lavigne :
Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury (mTBI).,
16th World Congress on Pain, Yokohama, Sep. 2016.
6.Yoshitaka Suzuki, Khoury Samar, Giguère Jean-François, Denis Ronald and Lavigne J. Gilles :
No increase in sleep bruxism or sustained orofacial muscle activity during sleep in mild traumatic brain injury patients: A controlled study,
25th American Academy of Dental Sleep Medicine final program, 49-50, Jun. 2016.
7.Yoshitaka Suzuki, KHOURY Samar, ARBOUR Caroline, CHAUNY Jean-Marc, PAQUET Jean, GIGUÈRE Jean-François, DENIS Ronald and LAVIGNE Gilles :
Sleep need is not higher in mild traumatic brain injury (mild TBI) patients after one year regardless post-trauma pain: An actigraphy study,
The 7th Conference of the Canadian Sleep Society, Sep. 2015.
8.K Omoto, S Tanaka, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, K Maruhama, T Sugimoto and Yoshizo Matsuka :
Relationship between neurotransmitter release within sensory ganglia and pain transmission,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
9.H. Miki, H Minakuchi, Mayu Miyagi, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, K Maekawa, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
Validation study of a modified miniature bruxism detection/analyzing device,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
10.Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Relationship between angle of incisal path and characteristics of bruxism,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
11.S Higashiura, Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, K Omoto and Yoshizo Matsuka :
Does sleep bruxism enlarge occlusal contact area in adolescents?,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
12.Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Examination of close-open jaw movement trajectories during sleep bruxism,
International Association for Dental Researc, Boston, Mar. 2015.
13.K Omoto, Shuji Shigemoto, K Iwata, R Kurogoshi, N Goto, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Masseter muscle activity during awake / sleep state with all day EMG recording,
The ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Dec. 2014.
14.Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, Toyoko Tajima, Motoharu Kori and Yoshizo Matsuka :
Stress relief effects of gum chewing and masticatory performance,
Indonesia Japan Prosthodontic Society Joint Meeting, Bali, Oct. 2014.

国内講演発表:

1.安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
舌痛が睡眠に及ぼす影響について睡眠質問表を用いての検討,
臨床睡眠医学会, 2019年10月.
2.秋月 皆人, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 安達 聡, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界選手権大会2018における徳島大学病院・徳島県歯科医師会の歯科活動,
スポーツ歯科医学会, 2019年6月.
3.細木 眞紀, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 田島 登誉子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 後藤 奈美, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
10年以上が経過した金属アレルギー患者の口腔内からみえてくるもの,
日本補綴歯科学会雑誌, 2019年5月.
4.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 秋田 和也, 安達 聡, 田岡 計久, 笠原 信治, 森 秀司, 宮本 洋二, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界大会におけるスポーツ歯科活動,
四国歯学会第54回例会, 2019年3月.
5.大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, ジュネル ダラノン, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果-反転授業とTBLの比較-,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
6.細木 眞紀, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, Resmi Raju, 岩浅 匠真, 成谷 美緒, ZHANG YUEHUI, 閻 会嬌, Arief Waskitho, Dalanon Junhel Casinillo, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における実習書の改訂とその効果の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
7.吉原 靖智, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鴨居 浩平, 富永 賢, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズム中に認められる顎運動様式の検討,
日本歯科技工学会 中国・四国支部総会・学術大会, 2018年10月.
8.大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 岡 謙次, 松田 岳, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 宮城 栞, 吉﨑 文彦, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 河野 文昭 :
CADシステムを用いた前方・側方滑走運動と咀嚼運動の差異に関する研究,
平成30年度日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
9.松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 池田 隆志, 山内 英嗣, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジンブロックの三次元計測方法の違いによる寸法精度の比較,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
10.松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 安田 想, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 富永 賢, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジン片の3次元測定方法による寸法精度の比較,
四国歯学会雑誌, 2018年7月.
11.吉原 靖智, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 安陪 晋, 細木 眞紀, 大島 正充, 河野 文昭, 松香 芳三 :
徳島大学歯学部学生における咬耗に関連した行動因子による咬合接触の変化,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
12.冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 陽子, 佐藤 美穂, 大竹 正紀, 齋藤 大嗣, 設樂 仁子, 互野 亮, 山田 蘭子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
不良姿勢,噛みしめ癖と肩こりの関連性の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
13.冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 洋子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
口腔習癖,不良姿勢と肩こりの検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
14.鴨居 浩平, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 清水 裕次, 松香 芳三 :
ナイトガードの咬耗面を3次元画像解析装置にて定量評価した症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
15.吉原 靖智, 鈴木 善貴, 中川 聖子, 岩浅 亮彦, 鴨居 浩平, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田中 栄二, 松香 芳三 :
睡眠衛生指導とパラタルスプリントにより睡眠時ブラキシズムをコントロールした症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
16.藤枝 創, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
咬耗に関連した生活習慣による咬耗の変動,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
17.大倉 一夫, 西川 啓介, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
教育カンファレンスin徳島, 2017年12月.
18.安陪 晋, 堀川 恵理子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 河野 文昭 :
因子分析を用いたピッツバーグ睡眠質問票による顎関節症外来患者の睡眠の評価,
日本臨床睡眠医学会, 2017年9月.
19.大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 岡 謙次, 本田 剛, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 藤本 隆広, 松香 芳三, 河野 文昭 :
CADシステムを用いた咀嚼運動時の咬合接触状態の検討(側方滑走運動との比較),
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2017年8月.
20.鈴木 善貴 :
ナイトガードの乱用から脱却する睡眠時ブラキシズムの適切な診断法.,
第12回睡眠歯科医学エキスパートセミナー, 2017年7月.
21.鈴木 善貴, ラヴィーン ジル, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の律動性咀嚼筋活動に関連した酸素および二酸化炭素濃度の変動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
22.大倉 一夫, 西川 啓介, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
大学教育再生加速プログラムシンポジウム, 2016年12月.
23.葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 安陪 晋, 大塩 恭仁, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と連動する顎運動および開閉口筋活動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
24.西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 重本 修伺, 宮城 麻友, 田島 登誉子, 重本 貴穂, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業において行った反転授業とTBL授業の比較,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
25.安藤 健, 佐々木 誠, 鈴木 善貴, 徳田 佳嗣 :
医工連携による実践的医療福祉ロボットの開発,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2015年10月.
26.岩浅 匠真, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 福本 美緒, 鈴木 温, 清水 俊也, 重本 修伺, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムに対するスプリントの 治療効果,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
27.鈴木 善貴 :
ARCUS digma moduleを用いたデンティストリーへの試み,
Kavo CAD/CAM システムユーザー会, 2015年8月.
28.安陪 晋, 大倉 一夫, Nelly Huynh, 鈴木 善貴, 堀川 恵理子, 河野 文昭, Gilles Lavigne :
2種類の口腔内装置が睡眠時ブラキシズム患者の心拍変動と睡眠の質に及ぼす影響,
日本臨床睡眠学会, 2015年8月.
29.三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
健常者における睡眠時の覚醒反応と随伴運動との関連,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
30.葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
31.中川 聖子, 高田 喜基, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
終日の咬筋活動と咬耗の関係,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
32.大倉 一夫, 大本 勝弘, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 葉山 莉香, Chimeddulam G., 松香 芳三 :
歯科補綴授業におけるチーム基盤型学習の効果,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
33.葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
補綴若手研究会, 2015年3月.
34.田島 登誉子, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業へのチーム基盤型学習法(TBL)の導入とその効果,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
35.西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 郡 元治, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
歯科臨床教育への反転授業の導入,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
36.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 西川 啓介, 松香 芳三 :
顎運動の観点による睡眠時ブラキシズムと嚥下の関連性の検討,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
37.西川 啓介, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ガム噛みによるストレス回復効果と咀嚼能力,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
38.鈴木 善貴, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
切歯路と睡眠時ブラキシズムの分類との関係,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年10月.
39.三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置の測定精度の検討,
日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同学術大会, 2014年9月.
40.三浦 茉里子, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 藤枝 創, 宮城 麻友, 葉山 莉香, 細木 眞紀, 松香 芳三 :
咬合接触面積に及ぼすブラキシズムの影響について,
日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同学術大会, 2014年9月.
41.三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置の測定制度の検討,
日本顎関節学会雑誌, 2014年7月.
42.松香 芳三, 大倉 一夫, 鈴木 善貴 :
睡眠時の顎機能運動解析,
睡眠歯科医学エキスパート講座, 2014年7月.
43.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
咬筋活動・顎運動から分類した睡眠時ブラキシズム,
日本睡眠学会, 2014年7月.
44.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 高橋 陽光, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードの体力テストおよび集中力に対する影響の検討,
日本スポーツ歯科医学会, 2014年6月.
45.多喜川 紗耶, 鈴木 善貴, 高橋 陽光, 藤枝 創, 大本 勝弘, 宇佐美 英之, 梅宮 秀文, 枝澤 祐馬, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードのパフォーマンスに及ぼす影響の検討,
四国歯学会雑誌, 2014年6月.
46.水口 一, 鈴木 善貴, 小野 康寛, 飯田 崇 :
ブラキシズムの評価とマネージメント -現状と将来展望-,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
47.大本 勝弘, 重本 修伺, 後藤 奈美, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 髙橋 陽光, 松香 芳三 :
連続 24 時間筋電図記録による覚醒時と睡眠時の咬筋活動の比較,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
48.田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
49.田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 上枝 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
50.大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
咬筋活動ならびに顎運動から評価した睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
51.大本 勝弘, 重本 修伺, 後藤 奈美, 鈴木 善貴, 上枝 麻友, 髙橋 陽光, 松香 芳三 :
連続 24 時間筋電図記録による覚醒時と睡眠時の咬筋活動の比較,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
52.西川 啓介, 鈴木 善貴, 後藤 奈美, 高橋 陽光, 細木 眞紀, 郡 元治, 松香 芳三 :
ガム噛みによるストレス抑制効果と咀嚼能力の関係について,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
53.大本 勝弘, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
携帯型筋電計を用いた終日咬筋活動測定,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年4月.
54.田島 登誉子, 藤村 哲也, 重本 修伺, 松香 芳三, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 中野 雅德, 坂東 永一 :
歯の6自由度運動解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.20, No.2, 152-153, 2013年10月.
55.大本 勝弘, 重本 修伺, 高田 奈美, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 神原 佐知子, 松香 芳三 :
日中の咬筋活動様式,
日本補綴歯科学会 中国・四国・九州支部合同学術大会, 2013年8月.
56.鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺 :
睡眠下顎安静位と習慣性開閉口路における下顎位の前後的位置関係,
日本睡眠学会 第38回学術大会, 191, 2013年6月.
57.薩摩 登誉子, 石川 輝明, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德 :
咀嚼中の下顎頭の運動と咬筋活動,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.20, No.1, 62-63, 2013年4月.
58.重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
Digital Dentistry を活用した睡眠ブラキシズム診断システムの開発,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2013年1月.

その他・研究会:

1.Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Louis Beaumont De and Gilles Lavigne :
Does sleep bruxism contribute to headache disabilities after mild traumatic brain injury?,
Journée scientifique 2017 de la Faculté de médecine dentaire, Jan. 2017.
2.Yoshitaka Suzuki, KHOURY Samar, GIGUÈRE Jean-François, DENIS Ronald and LAVIGNE J. Gilles :
Absence of secondary sleep bruxism in mild traumatic brain injury patients at one month post trauma,
Journée scientifique 2016 de la Faculté de médecine dentaire, Jan. 2016.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 顎関節円板前方転位に対してスプリント装着が及ぼす治療効果の定量評価の試み (研究課題/領域番号: 19K11323 )
  • 口腔内湿潤度と睡眠中の呼吸および睡眠時ブラキシズムの関係 (研究課題/領域番号: 19K10248 )
  • 覚醒時ならびに睡眠時ブラキシズムにおける咬筋酸素化動態の検討 (研究課題/領域番号: 18K09700 )
  • 睡眠衛生指導による睡眠時ブラキシズムへの効果の検討 (研究課題/領域番号: 17H06909 )
  • 上顎犬歯尖頭・小臼歯頬側咬頭の咬耗と睡眠時ブラキシズムの確定診断に関する研究 (研究課題/領域番号: 25861850 )
  • ボツリヌス毒素を用いた咬合感覚異常に対する治療法の開発 (研究課題/領域番号: 25670821 )
  • 睡眠中の咀嚼筋群の活動が頸部筋群に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 25463004 )
  • 睡眠時ブラキシズム発現時の咬合の可視化 (研究課題/領域番号: 25463001 )
  • 咀嚼能力とストレス (研究課題/領域番号: 24592919 )
  • スプリントの治療効果と睡眠時下顎安静位の関係 (研究課題/領域番号: 23592852 )
  • 研究者番号(40581393)による検索