検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 生薬学 >
徳島大学 > 教職教育センター >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704094 抗アレルギーの有効成分,及び,活性を明示した小青竜湯の開発と薬草農業のための基礎研究 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬品探索学講座 > 生薬学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704054 天然物からのAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)活性化作用を目標とした生活習慣病改善薬の開発研究 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704073 徳島県産香酸柑橘の成分プロファイリングによる機能性成分の評価ならびに医薬シードとしての開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 田中 直伸, 小林 淳一 :
アルカロイドの科学(第三章 海洋産アルカロイド),
株式会社 化学同人, 2017年8月.

学術論文(審査論文):

1. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka, Yutaka Tatano, Hideki Yagi and Yoshiki Kashiwada :
Hypascyrins A-E, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum ascyron,
Journal of Natural Products, Vol.82, No.10, 2754-2760, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.jnatprod.9b00354,   PubMed: 31596079,   Elsevier: Scopus)
2. Kazumi Sagayama, Naonobu Tanaka, Fukumoto Takatoshi and Yoshiki Kashiwada :
Lanostane-type triterpnes from the sclerotium of Inonotus obliquus (Chaga mushrooms) as proproliferative agents on human follicle dermal papilla cells,
Journal of Natural Medicines, Vol.73, No.3, 597-601, 2019.
(DOI: 10.1007/s11418-019-01280-0,   PubMed: 30706371)
3. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka, Sang-Yong Kim, Mareshige Kojoma and Yoshiki Kashiwada :
Hyperdioxane A, a conjugate of dibenzo-1,4-dioxane and sesquiterpene from Hypericum ascyron,
Organic Letters, Vol.20, No.18, 5977-5980, 2018.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.8b02739,   PubMed: 30207481,   Elsevier: Scopus)
4. Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada :
Rigenolides D-H, norsecoiridoid and secoiridoids from Gentiana rigescens Franch,
Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.2, 576-581, 2018.
(DOI: 10.1007/s11418-018-1181-2,   PubMed: 29423590,   CiNii: 40021511490)
5. Lee Sanghoon, Naonobu Tanaka, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada :
Agelamasines A and B, diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
Journal of Natural Medicines, Vol.72, No.1, 364-368, 2018.
(DOI: 10.1007/s11418-017-1157-7,   PubMed: 29198066,   Elsevier: Scopus)
6. Naonobu Tanaka, Jia Yuyu, Niwa Kanji, Imabayashi Kiyoshi, Tatano Yutaka, Yagi Hideki and Yoshiki Kashiwada :
Phloroglucinol derivatives and a chromone gluycoside from the leaves of Myrtus communis,
Tetrahedron, Vol.74, No.1, 117-123, 2018.
(DOI: 10.1016/j.tet.2017.11.044,   Elsevier: Scopus)
7. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yuki Tsuchihashi, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Methanol extraction fraction from Citrus Sudachi peel exerts lipid reducing effects in cultured cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 225-230, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.225,   PubMed: 30282865)
8. Higuchi Keiichiro, Tani Yoshimi, Kikuchi Takashi, In Yasuko, Yamada Takeshi, Maruoka Osamu, Naonobu Tanaka and Tanaka Reiko :
Guianolactones A and B, two rearranged pentacyclic limonoids from the seeds of Carapa guianensis,
Chemistry - An Asian Journal, Vol.12, No.23, 3000-3004, 2017.
(DOI: 10.1002/asia.201701298,   PubMed: 28994222,   Elsevier: Scopus)
9. Suyama Yoshihiro, Higashino Yusuke, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka, Yagi Hideki, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Li Shun-Lin, Sun Han-Dong and Yoshiki Kashiwada :
Stereochemical assignments of rubiaquinones A-C, naphthoquinone derivatives from Rubia yunnanensis,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.48, 4568-4571, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.10.051)
10. Suyama Yoshihiro, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Shun-Lin Li, Han-Dong Sun and Yoshiki Kashiwada :
Rigenolides B and C, conjugates of norsecoiridoid and secoiridoid glucoside from Gentiana rigescens Franch.,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1459-1461, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.02.075)
11. Kanji Niwa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Frondhyperins A-D, short ketide-phenylketide conjugates from Hypericum frondosum cv. Sunburst,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.15, 1495-1498, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.02.089)
12. Kim Sang-Yong, Nagashima Hisako, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Kobayashi Jun'ichi and Kojoma Mareshige :
Hitorins A and B, hexacyclic C25 terpenoids from Chloranthus japonicus,
Organic Letters, Vol.18, 5420-5423, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.6b02842,   PubMed: 27718583,   Elsevier: Scopus)
13. Naonobu Tanaka, Yuki Yano, Yutaka Tatano and Yoshiki Kashiwada :
Hypatulins A and B, meroterpenes from Hypericum patulum,
Organic Letters, Vol.18, No.20, 5360-5363, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.6b02725,   PubMed: 27682178)
14. Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Tatano Yutaka and Yoshiki Kashiwada :
Erecricins A-E, prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum,
Fitoterapia, Vol.114, 188-193, 2016.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2016.08.014,   PubMed: 27575327)
15. Kurimoto Shin-ichiro, Sasaki F. Yu, Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Nakamura Takanori :
Acylated triterpene saponins from the stem bark of Acer nikoense,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 924-929, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00146,   PubMed: 27373647,   Elsevier: Scopus)
16. Naonobu Tanaka, Tsuji Eri, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi :
Yezo'otogirins A-H, acylphloroglucinols and meroterpenes from Hypericum yezoense,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 991-995, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00243,   PubMed: 27373661)
17. Naonobu Tanaka, Niwa Kanji and Yoshiki Kashiwada :
Merohyperins A-C, meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense,
Tetrahedron Letters, Vol.57, No.29, 3175-3178, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.06.028)
18. Lu Shuangxin, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Damdinjav Davaadagva, Dorjbal Enkhjargal and Yoshiki Kashiwada :
Tetrahydroxanthones from Mongolian medicinal plant Gentianella amarella ssp. acuta,
Journal of Natural Medicines, Vol.70, No.4, 780-788, 2016.
(DOI: 10.1007/s11418-016-1015-z,   PubMed: 27306440,   Elsevier: Scopus)
19. Kusama Taishi, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadin F and tauroacidin E, bromopyrrole alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.30, 4502-4504, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.05.114,   Elsevier: Scopus)
20. Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Natsuki Kobayakawa, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Miltiorins A-D, diterpenes from Radix Salviae miltiorrhizae,
Fitoterapia, Vol.102, No.C, 49-55, 2015.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2015.01.013,   PubMed: 25644525,   Elsevier: Scopus)
21. Naonobu Tanaka, Miki Asai, Taishi Kusama, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Three new oxylipins from an Okinawan marine sponge Plakortis sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.11, 1388-1391, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.01.137,   Elsevier: Scopus)
22. Atsushi Oya, Naonobu Tanaka, Taishi Kusama, Sang-Yong Kim, Shigeki Hayashi, Mareshige Kojoma, Atsuyuki Hishida, Nobuo Kawahara, Kanae Sakai, Tohru Gonoi and Jun'ichi Kobayashi :
Prenylated benzophenones from Triadenum japonicum,
Journal of Natural Products, Vol.78, No.2, 258-264, 2015.
(DOI: 10.1021/np500827h,   PubMed: 25602977,   Elsevier: Scopus)
23. Naonobu Tanaka, Minami Takekata, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Davaadagva Damdinjav, Enkhajargal Dorjbal and Yoshiki Kashiwada :
Algiolide A, secoiridoid glucoside from Mongolian medicinal plant Gentiana algida,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.6, 817-819, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.12.107,   Elsevier: Scopus)
24. Naonobu Tanaka, Shohei Suto, Miki Asai, Taishi Kusama, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Halichonadins M-Q, sesquiterpenes from an Okinawan marine sponge Halichondria sp.,
Heterocycles, Vol.90, No.1, 173-185, 2015.
(DOI: 10.3987/COM-14-S(K)2,   CiNii: 40020330097,   Elsevier: Scopus)
25. Kenta Nakamura, Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
2-Debromoagelamide U, 2-debromomukanadin G, and 2-debromoagelamide P from marine sponge Agelas sp.,
Heterocycles, Vol.90, No.1, 425-431, 2015.
(DOI: 10.3987/COM-14-S(K)38,   Elsevier: Scopus)
26. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadins C-E, Bromopyrrole Alkaloids Comprising Oroidin and 3-Hydroxykynurenine from a Marine Sponge Agelas sp.,
Organic Letters, Vol.16, No.19, 5176-5179, 2014.
(DOI: 10.1021/ol502528m,   PubMed: 25247626)
27. Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Hypelodins A and B, polyprenylated benzophenones from Hypericum elodeoides.,
Journal of Natural Medicines, Vol.68, No.4, 737-742, 2014.
(DOI: 10.1007/s11418-014-0853-9,   PubMed: 25081326)
28. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Kanae Sakai, Tohru Gonoi, Jane Fromont, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Agelamadins A and B, Dimeric Bromopyrrole Alkaloids from a Marine Sponge Agelas sp.,
Organic Letters, Vol.16, No.15, 3916-3918, 2014.
(DOI: 10.1021/ol501664b,   PubMed: 25020256,   Elsevier: Scopus)
29. Naonobu Tanaka, Eri Tsuji, Kanae Sakai, Tohru Gonoi and Jun'ichi Kobayashi :
Hikiokoshins A-I, diterpenes from the leaves of Isodon japonicus.,
Phytochemistry, Vol.102, 205-210, 2014.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2014.03.001,   PubMed: 24702849)
30. Naonobu Tanaka, Rei Momose, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Hyrtimomines, indole alkaloids from Okinawan marine sponges Hyrtios spp.,
Tetrahedron, Vol.70, No.4, 832-837, 2014.
(DOI: 10.1016/j.tet.2013.12.032,   Elsevier: Scopus)
31. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Bromopyrrole alkaloids from a marine sponge Agelas sp.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.62, No.5, 499-503, 2014.
(DOI: 10.1248/cpb.c14-00077,   PubMed: 24789935)
32. Naonobu Tanaka, Taishi Kusama, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Nagelamides X-Z, dimeric bromopyrrole alkaloids from a marine sponge Agelas sp.,
Organic Letters, Vol.15, No.13, 3262-3265, 2013.
(DOI: 10.1021/ol401291n,   PubMed: 23767821)
33. Naonobu Tanaka, Miki Asai, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Manzamenone O, new trimeric fatty acid derivative from a marine sponge Plakortis sp.,
Organic Letters, Vol.15, No.10, 2518-2521, 2013.
(DOI: 10.1021/ol4009975,   PubMed: 23651077)
34. Rei Momose, Naonobu Tanaka, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Hyrtimomines A-C, new heteroaromatic alkaloids from a sponge Hyrtios sp.,
Organic Letters, Vol.15, No.8, 2010-2013, 2013.
(DOI: 10.1021/ol400687b,   PubMed: 23570337)
35. Kohei Nozawa, Masashi Tsuda, Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Eri Fukushi, Jun Kawabata and Jun'ichi Kobayashi :
Stereochemistry of theonezolides A-C,
Tetrahedron Letters, Vol.54, No.8, 783-787, 2013.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2012.11.120,   Elsevier: Scopus)
36. Naonobu Tanaka, Taishi Kusama, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Nagelamides U-W, bromopyrrole alkaloids from a marine sponge Agelas sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.54, No.29, 3974-3976, 2013.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.05.023,   Elsevier: Scopus)
37. Naonobu Tanaka, Rei Momose, Yohei Takahashi, Takaaki Kubota, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Hyrtimomines D and E, bisindole alkaloids from a marine sponge Hyrtios sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.54, No.31, 4038-4040, 2013.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.05.073,   Elsevier: Scopus)
38. Naonobu Tanaka, Shohei Suto, Haruaki Ishiyama, Takaaki Kubota, Akihito Yamano, Motoo Shiro, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Halichonadins K and L, new dimeric sesquiterpenoids from a sponge Halichondria sp.,
Organic Letters, Vol.14, No.13, 3498-3501, 2012.
(DOI: 10.1021/ol3014705,   PubMed: 22721494)
39. Naonobu Tanaka, Shuhei Abe and Jun'ichi Kobayashi :
Biyoulactones D and E, meroterpenoids from Hypericum chinense,
Tetrahedron Letters, Vol.53, No.12, 1507-1510, 2012.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2012.01.052)
40. Yohei Takahashi, Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Haruaki Ishiyama, Azusa Shibazaki, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Heteroaromatic alkaloids, nakijinamines, from a sponge Suberites sp.,
Tetrahedron, Vol.68, No.41, 8545-8550, 2012.
(DOI: 10.1016/j.tet.2012.08.018,   Elsevier: Scopus)
41. Shuhei Abe, Naonobu Tanaka and Jun'ichi Kobayashi :
Prenylated acylphloroglucinols, chipericumins A-D, from Hypericum chinense.,
Journal of Natural Products, Vol.75, No.3, 484-488, 2011.
(DOI: 10.1021/np200741x,   PubMed: 22074257)
42. Naonobu Tanaka, Shuhei Abe, Kimiko Hasegawa, Motoo Shiro and Jun'ichi Kobayashi :
Biyoulactones A-C, new pentacyclic meroterpenoids from Hypericum chinense.,
Organic Letters, Vol.13, No.20, 5488-5491, 2011.
(DOI: 10.1021/ol2021548,   PubMed: 21923090)
43. Naonobu Tanaka, Takuji Mamemura, Azusa Shibazaki, Tohru Gonoi and Jun'ichi Kobayashi :
Yojironins E-I, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum yojiroanum.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.18, 5393-5397, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2011.07.004,   PubMed: 21802287)
44. Shohei Suto, Naonobu Tanaka, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Halichonadins G-J, new sesquiterpenoids from a sponge Halichondria sp.,
Tetrahedron Letters, Vol.52, No.27, 3470-3473, 2011.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.105,   Elsevier: Scopus)
45. Takuji Mamemura, Naonobu Tanaka, Azusa Shibazaki, Tohru Gonoi and Jun'ichi Kobayashi :
Yojironins A-D, meroterpenoids and prenylated acylphloroglucinols from Hypericum yojiroanum,
Tetrahedron Letters, Vol.52, No.28, 3575-3578, 2011.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.04.106,   Elsevier: Scopus)
46. Naonobu Tanaka, Rei Momose, Azusa Shibazaki, Tohru Gonoi, Jane Fromont and Jun'ichi Kobayashi :
Stelliferins J-N, isomalabaricane-type triterpenoids from Okinawan marine sponge Rhabdastrella cf. globostellata,
Tetrahedron, Vol.67, No.35, 6689-6696, 2011.
(DOI: 10.1016/j.tet.2011.04.095,   Elsevier: Scopus)
47. Naonobu Tanaka, Shohei Suto and Jun'ichi Kobayashi :
Veramadines A and B, New Steroidal Alkaloids from Veratrum maackii var. japonicum.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.7, 909-912, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.909,   PubMed: 21720048,   Elsevier: Scopus)
48. Naonobu Tanaka, Otani Mio, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Shibazaki Azusa, Gonoi Tohru, Shiro Motoo and Kobayashi Junichi :
Petiolins J-M, prenylated acylphloroglucinols from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.20, No.15, 4451-4455, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2010.06.047,   PubMed: 20598881)
49. Naonobu Tanaka, Mamemura Takuji, Abe Shuhei, Imabayashi Kiyoshi, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Suzuki Tetsuro, Takebe Yutaka, Kubota Takaaki and Kobayashi Junichi :
Biyouxanthones A-D, prenylated xanthones from roots of Hypericum chinense,
Heterocycles, Vol.80, No.1, 613-621, 2010.
(DOI: 10.3987/COM-09-S(S)28,   CiNii: 40016900132)
50. Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi and Jun'ichi Kobayashi :
Petiolins F-I, benzophenone rhamnosides from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1171-1173, 2009.
(DOI: 10.1248/cpb.57.1171,   PubMed: 19801884)
51. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang-Yong Kim, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Xanthones from Hypericum chinense and their cytotoxicity evaluation.,
Phytochemistry, Vol.70, No.11-12, 1456-1461, 2009.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2009.08.015,   PubMed: 19766276)
52. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Sang Yong Kim, Waka Hashida, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Acylphloroglucinol, biyouyanagiol, biyouyanagin B, and related spiro-lactones from Hypericum chinense.,
Journal of Natural Products, Vol.72, No.8, 1447-1452, 2009.
(DOI: 10.1021/np900109y,   PubMed: 19606850)
53. Naonobu Tanaka, Kubota Takaaki, Ishiyama Haruaki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Ito Junji, Mikami Yuzuru, Shiro Motoo and Kobayashi Jun'ichi :
Petiolins D and E, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum.,
Heterocycles, Vol.79, No.1, 917-924, 2009.
(DOI: 10.3987/COM-08-S(D)64,   CiNii: 40016543118)
54. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Tatsuro Nakano, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuchi, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Chromone and chromanone glucosides from Hypericum sikokumontanum and their anti-Helicobacter pylori activities.,
Phytochemistry, Vol.70, No.1, 141-146, 2009.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.11.006,   PubMed: 19121528)
55. Naonobu Tanaka, Yuka Kakuguchi, Haruaki Ishiyama, Takaaki Kubota and Jun'ichi Kobayashi :
Yezo'otogirins A-C, tricyclic terpenoids from Hypericum yezoense,
Tetrahedron Letters, Vol.50, No.33, 4747-4750, 2009.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.06.021,   Elsevier: Scopus)
56. Waka Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiki Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Tomoenones A-H, cytotoxic phloroglucinol derivatives from Hypericum ascyron,
Phytochemistry, Vol.69, No.11, 2225-2230, 2008.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2008.04.026,   PubMed: 18556029)
57. Chika Hashida, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Makoto Ogawa and Yoshihisa Takaishi :
Prenylated Phrologrucinol Derivatives from Hypericum perforatum var. angustifolium,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.8, 1164-1167, 2008.
(DOI: 10.1248/cpb.56.1164,   PubMed: 18670119)
58. Naonobu Tanaka, Takaaki Kubota, Haruaki Ishiyama, Atsushi Araki, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Yuzuru Mikami and Jun'ichi Koyayashi :
Petiolins A-C, phloroglucinol derivatives from Hypericum pseudopetiolatum var. kiusianum,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.10, 5619-5623, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2008.03.076,   PubMed: 18430575)
59. Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Michiko Sekiya, Yasumasa Ikeshiro and Yoshihisa Takaishi :
Takaneones A-C, prenylated butylphloroglucinol derivatives from Hypercum shikokumontanum,
Tetrahedron Letters, Vol.49, No.17, 2799-2803, 2008.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2008.02.121)
60. Waka Hashida, Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi :
Prenylated xanthones from Hypericum ascyron,
Journal of Natural Medicines, Vol.61, No.4, 371-374, 2007.
(DOI: 10.1007/s11418-007-0152-9,   CiNii: 10019857204)
61. Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi :
Xanthones from Stems of Hypericum chinense,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.1, 19-21, 2007.
(DOI: 10.1248/cpb.55.19,   PubMed: 17202694)
62. Naonobu Tanaka and Yoshihisa Takaishi :
Xanthones from Hypericum chinense,
Phytochemistry, Vol.67, No.19, 2146-2151, 2006.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2006.05.043,   PubMed: 16884745)
63. Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Naonobu Tanaka, Koichiro Tsuchiya, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti :
Chemical Constituents from the Peels of Citrus sudachi,
Journal of Natural Products, Vol.69, No.8, 1177-1179, 2006.
(DOI: 10.1021/np060217s,   PubMed: 16933871)
64. Naonobu Tanaka, Mamoru Okasaka, Youko Ishimaru, Yoshihisa Takaishi, Mitsunobu Sato, Masato Okamoto, Tetsuya Oshikawa, Sharif Uddin Ahmed, L. Mark Consentino and Kuo-Hsiung Lee :
Biyouyanagin A, an Anti-HIV Agent from Hypericum chinense L. var. salicifolium,
Organic Letters, Vol.7, No.14, 2997-2999, 2005.
(DOI: 10.1021/ol050960w,   PubMed: 15987189)
65. Kentaro Kogure, Aiko Yamauchi, Akira Tokumura, Kyoko Kondou, Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi and Kenji Fukuzawa :
Novel antioxidants isolated from plants of the genera Ferula, Inula, Prangos and Rheum collected in Uzbekistan,
Phytomedicine, Vol.11, No.7-8, 645-651, 2004.
(DOI: 10.1016/j.phymed.2003.09.004,   PubMed: 15636179)
66. Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi, Yasuhiro Shikishima, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow, Kuo-Hsiung Lee, Gisho Honda, Michiho Ito, Yoshio Takeda, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov :
Prenylated Benzophenones and Xanthones from Hypericum scabrum,
Journal of Natural Products, Vol.67, No.11, 1870-1875, 2004.
(DOI: 10.1021/np040024+,   PubMed: 15568778)
67. Naonobu Tanaka, Nobuyuki Ooba, Hongquan Duan, Yoshihisa Takaishi, Yuka Nakanishi, Kenneth Bastow and Kuo-Hsiung Lee :
Kaurane and abietane diterpenoids from Tripterygium doianum (Celastraceae),
Phytochemistry, Vol.65, No.14, 2071-2076, 2004.
(DOI: 10.1016/j.phytochem.2004.04.032,   PubMed: 15279974)
68. Naonobu Tanaka, Hong-Quan Duan, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Satoru GOTO :
Terpenoids from Tripterygium doianum (Celastraceae),
Phytochemistry, Vol.61, No.1, 93-98, 2002.
(DOI: 10.1016/S0031-9422(02)00219-4,   PubMed: 12165306)

学術論文(紀要・その他):

1. 田中 直伸 :
特異な化学構造をもつ植物由来の生物活性物質の探索-オトギリソウ属植物の成分について-,
和漢薬, Vol.63, 15-18, 2013年.
2. 川添 和義, 伏谷 秀治, 柏田 良樹, 田中 直伸, 岡坂 衛, 石田 俊介, 鎌倉 孝法, 佐藤 昌俊, 橋田 千佳, 西迫 寛隆, 田島 壮一郎, 森 剛志, 鈴木 恭子, 橋田 和佳, 部屋 衣美子, 高田 千絵, 遠藤 友香, 金 尚永, 田岡 寛之, 西村 和也, 高石 喜久, 水口 和生 :
三好市東祖谷地区の民間薬調査,
阿波学会紀要, No.53, 87-98, 2007年.

総説・解説:

1. Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Yoshiki Kashiwada and Kobayashi Jun'ichi :
Bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.7, 691-694, Jul. 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c16-00245,   PubMed: 27373625,   Elsevier: Scopus)
2. 田中 直伸 :
特異な化学構造を有する生物活性天然物質の探索,
薬学雑誌, Vol.135, No.10, 1091-1097, 2015年10月.
(DOI: 10.1248/yakushi.15-00198,   PubMed: 26423863,   Elsevier: Scopus)
3. Naonobu Tanaka and Jun'ichi Kobayashi :
Prenylated acylphloroglucinols and meroterpenoids from Hypericum plants,
Heterocycles, Vol.90, No.1, 23-40, Jan. 2015.
(DOI: 10.3987/REV-14-SR(K)1,   CiNii: 40020329872,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, 許文 てい, ジン 美娜, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮からの抗メタボリックシンドローム活性を有する物質の同定,
日本糖尿病学会, 京都,
2. Sanghoon Lee, Naonobu Tanaka, 小林 淳一 and Yoshiki Kashiwada :
New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponge Agelas spp.,
The 10th KSP-JSP-CSP Joint Symposium, 132, Seoul, Nov. 2018.
3. Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice.,
欧州糖尿病学会, Dec. 2016.
4. Niwa Kanji, Naonobu Tanaka and Yoshiki Kashiwada :
Studies on the constituents Hypericum plants (43): Meroterpenes from the leaves of Hypericum chinense,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
5. Wada Shizuka, Naonobu Tanaka, Chen Chin-Ho, Morris-Natschke L. Susan, Lee Kuo-Hsing and Yoshiki Kashiwada :
Anti-HIV natural products (28): preparation of conjugate for 3-O-acyl betulin derivative and AZT as anti-HIV agents,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
6. Naonobu Tanaka, Kusama Taishi, Kobayashi Jun'ichi and Yoshiki Kashiwada :
Agelamadins, bromopyrrole alkaloids from Okinawan marine sponges Agelas spp.,
Planta Medica, Copenhagen, Jul. 2016.
7. Yoshiki Kashiwada and Naonobu Tanaka :
Studies on Chinese and Mongolian traditional medicinal plants,
International Conference on Conservation of Biodiversity and Sustainable Use of Tropical and Subtropical Plants, 83, Nov. 2015.
8. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, Wenting Xu, Meina Jin, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 重永 章, 大髙 章, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
リモネン誘導体によるsirt1活性化を介した脂質低下作用,
日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
9. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Limonene-derivative Ameliorates Lipid Profiles by Upregulation of Sirt1 Activity and Expression in Cultured Cells and High Fat Diet-Fed Mice,
American diabetes association, Boston, Jun. 2015.
10. Naonobu Tanaka, Eri Tsuji, Yoshiki Kashiwada and Jun'ichi Kobayashi :
Structures of hikiokoshins AI, diterpenes from the leaves of Isodon japonicus,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 96, Fukuoka, Sep. 2014.
11. Taishi Kusama, Naonobu Tanaka and Jun'ichi Kobayashi :
Structures of new bromopyrrole alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 85, Fukuoka, Sep. 2014.
12. Natsuki Kobayakawa, Ai Hirata, Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Hirofumi Shibata and Yoshiki Kashiwada :
Plant-derived anti-influenza A virus agents: Study on the roots of Salvia miltiorrhiza,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 87, Fukuoka, Sep. 2014.
13. Mamiko Ito, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav and Yoshiki Kashiwada :
Study on the constituents of Hypericum plants (38): structures of prenylated coumarins from H. perforatum,
The 8th JSP-CCTCNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 97, Fukuoka, Sep. 2014.
14. Naonobu Tanaka, Jun'ichi Kobayashi and Yoshiki Kashiwada :
Meroterpenoids from Hypericum plants,
Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382456)
15. Sang-Yong Kim, Naonobu Tanaka, Yoshiki Kashiwada, Yoshihisa Takaishi, Jun'ichi Kobayashi and Mareshige Kojoma :
Studies on the constituents of Chloranthus japonicus sieb.,
Planta Medica, Vol.80, 784, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382457)
16. Yoshihiro Suyama, Naonobu Tanaka, Shin-ichiro Kurimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kotarou Murakami, Han-Dong Sun, Shun-Lin Li, Yoshihisa Takaishi and Yoshiki Kashiwada :
Studies on medicinal plants of Yunnan province: constituents of Gentiana rigescens,
Planta Medica, Vol.80, 785, Oxford, Mississipi, USA, Aug. 2014.
(DOI: 10.1055/s-0034-1382458)

国内講演発表:

1. 梶原 聖太, 田中 直伸, Nilufar Mamadalieva, 柏田 良樹 :
ウズベキスタン産薬用植物に関する研究(37)-Perovskia scrophulariifoliaの成分研究(1)-,
第58回日本薬学会中国四国支部学術大会, 130, 2019年11月.
2. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 多田納 豊, 八木 秀樹, Chen Chin-Ho, Lee Kuo-Hsiung, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(51)-Hypericum ascyron根由来のメロテルペンの構造と生物活性-,
第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 96-99, 2019年9月.
3. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional medicines in Guangxi (2): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae) (2),
日本生薬学会第66回年会, 247, 2019年9月.
4. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(4),
日本生薬学会第66回年会, 246, 2019年9月.
5. 楠本 嵩志, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 辻 大輔, 伊藤 孝司, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
天然物による膜トランスポーターABCA7の発現増強機構の解析,
第92回日本生化学会大会, 2019年9月.
6. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional herbal medicines in Guangxi (1): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae),
日本薬学会第139年会, 203, 2019年3月.
7. 任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(12)-オオバコ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究(2)-,
日本薬学会第139年会, 202, 2019年3月.
8. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(3),
日本薬学会第139年会, 202, 2019年3月.
9. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究(2),
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 153, 2018年11月.
10. Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
Boromopyrrole alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 153, 2018年11月.
11. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(50)-トモエソウ根から単離したフロログルシノール誘導体の構造-,
第57回日本薬学会中国四国支部学術大会, 154, 2018年11月.
12. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(49)-H. ascyron(トモエソウ)根の成分研究-,
第22回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 135-137, 2018年10月.
13. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(47)-トモエソウ由来の新規ジベンゾジオキサン誘導体hyperdioxanesA-Cの構造-,
第60回天然有機化合物討論会, 427-432, 2018年9月.
14. 羊 学荣, 田中 直伸, Lu Feng-Lai, Yan Xiao-Jie, Li Dian-Peng, 柏田 良樹 :
Studies on traditional medicines in Guangxi (2): New limonoids from the aerial parts of Munronia pinnata (Meliaceae) (2),
日本生薬学会第66回年会, 247, 2018年9月.
15. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究,
日本生薬学会第66回年会, 246, 2018年9月.
16. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(48)-トモエソウ根由来のphloroglucinol誘導体の構造-,
日本生薬学会第65回年会, 133, 2018年9月.
17. 任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Davaadagva Damjinjv, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(11)-ゴマノハグサ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究-,
日本生薬学会第65回年会, 134, 2018年9月.
18. 田中 藍, 金 尚永, 羊 学荣, 田中 直伸, 李 典鵬, 柏田 良樹, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus elatiorの成分研究,
日本薬学会北海道支部第145回例会, 50, 2018年5月.
19. 金 尚永, 長嶋 絋紗子, 高上馬 希重, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)より単離したHitorin CとDの構造,
日本生薬学会北海道支部第42回例会, 77, 2018年5月.
20. 山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(10)-シソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究(2)-,
日本薬学会第138年会, 205, 2018年3月.
21. 吉野 悠希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
セリ科植物Ferula communis根の成分研究,
日本薬学会第138年会, 203, 2018年3月.
22. 嵯峨山 和美, 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 福本 隆俊, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(9)-「チャーガ」子実体由来の発毛・育毛活性成分の探索研究-,
日本薬学会第138年会, 202, 2018年3月.
23. 矢野 優希, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(46)-キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin Cの構造-,
日本薬学会第138年会, 95, 2018年3月.
24. 楠本 嵩志, 市野 晨人, 西辻 和親, 坂下 直実, 堂前 純子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
膜タンパク質ABCA7の発現を調節する化合物の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
25. 丹羽 莞慈, 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
ギンバイカ由来の新規フロログルシノール誘導体myrtcommunin A-Hの構造,
第7回食品薬学シンポジウム, 116-118, 2017年10月.
26. Lee Sanghoon, 田中 直伸, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
New diterpene alkaloids and bromopyrrole alkaloids from marine sponges Agelas spp.,
第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 177, 2017年10月.
27. 山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Davaadagva Damdinjav, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(8)ーシソ科植物Lophanthus chinensis地上部の成分研究ー,
第56回日本薬学会中国四国支部学術大会, 179, 2017年10月.
28. 洲山 佳寛, 東野 勇佑, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 :
アカネ科植物Rubia yunnanensis根由来の新規ナフトキノン誘導体の構造,
第59回天然有機化合物討論会, 561-566, 2017年9月.
29. 金 尚永, 森岡 諒, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin E-H,
第59回天然有機化合物討論会, 525-529, 2017年9月.
30. 位上 健太郎, 下条 洋輔, 野渕 翠, 小坂 邦男, 宮崎 寿次, 伊藤 久富, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
発酵霊芝の高脂肪食摂取マウスに及ぼす影響,
日本生薬学会第64回年会, 230, 2017年9月.
31. 東野 勇佑, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(28)–アカネ科植物Rubia yunnanensis根の成分研究–,
日本生薬学会第64回年会, 90, 2017年9月.
32. Sanghoon Lee, 田中 直伸, Jun'ichi Kobayashi, 柏田 良樹 :
New diterpene alkaloids from an Okinawan marine sponge Agelas sp.,
日本生薬学会第64回年会, 180, 2017年9月.
33. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科Chloranthus属植物の成分研究(14)–ヒトリシズカ地上部より単離した新規C25テルペノイドHitorin G及びHの構造–,
日本生薬学会第64回年会, 127, 2017年9月.
34. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離した新規C25テルペノイドの構造,
日本生薬学会北海道支部第41回例会, 2017年5月.
35. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(45)—H. pseudohenryi地上部由来の新規phenylketide-short ketide複合体,pseudoherin A–Eの構造—,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
36. 森岡 諒, 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
北海道産ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
37. 賈 玉鈺, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
フトモモ科植物ギンバイカ葉由来の新規フロログルシノール-フラボノイド複合体の構造,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
38. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(13)-テリハボク科植物Mesua ferrea葉由来のプレニル化アシルフロログルシノール誘導体と4-フェニルクマリンの構造-,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
39. 福田 明穂, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(12)-センダン科植物Aphanamixis polystachya樹皮由来の新規鎖状テルペノイドの構造-,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
40. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(44)ーH. pseudohenryi地上部の成分探索ー,
第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 217, 2016年11月.
41. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(11)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究ー,
第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 218, 2016年11月.
42. 東野 勇佑, 田中 直伸, 多田納 豊, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(10)ーテリハボク科植物Mesua ferrea葉由来の4-フェニルクマリン類の構造と生物活性(2)ー,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 139-141, 2016年10月.
43. 田中 直伸, 浅井 美貴, 草間 大志, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Plakortis属海綿から単離した新規オキシリピンmanzamenone OおよびPの構造と生物活性,
第21回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 136-138, 2016年10月.
44. 中谷 愛, 田中 直伸, Fakhruddin Ali Ahmed, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(9)–トウダイグサ科植物Sapoium indicum果実の成分研究(3)–,
日本生薬学会第63回年会, 297, 2016年9月.
45. 森越 祥太, 金 尚永, 坂井 大地, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 295, 2016年9月.
46. 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 294, 2016年9月.
47. 東野 勇佑, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhruddin, 柏田 良樹 :
バングラデシュ産薬用植物に関する研究(8)–テリハボク科植物Mesua ferrea葉の成分研究–,
日本生薬学会第63回年会, 86, 2016年9月.
48. 岩屋 愛美, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
ジンチョウゲ科植物ミツマタEdgeworthia chrysantha樹皮の成分研究,
日本生薬学会第63回年会, 85, 2016年9月.
49. 矢野 優希, 田中 直伸, 多田納 豊, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(43)–キンシバイより単離した新規ベンゾフェノン誘導体hypatulin AおよびBの構造–,
日本生薬学会第63回年会, 84, 2016年9月.
50. 金 尚永, 長嶋 紘紗子, 田中 直伸, 高石 喜久, 柏田 良樹, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部より単離したC25テルペノイドの構造,
第58回天然有機化合物討論会, 445-450, 2016年9月.
51. 田中 直伸, 矢野 優希, 大屋 厚, 金 尚永, 高上馬 希重, 小林 淳一, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属およびTriadenum属植物から単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造,
第58回天然有機化合物討論会, 439-444, 2016年9月.
52. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(42)–H. pseudohenryi地上部の成分探索–,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 113, 2016年3月.
53. 金 尚永, 長嶋 絋紗子, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ (Chloranthus japonicus) 地上部の成分研究,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 226, 2016年3月.
54. 田口 響, 栗本 慎一郎, 佐々木 有, 田中 直伸, 柏田 良樹, 中村 隆典 :
メグスリノキ(Acer nikoense)樹皮の成分研究,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 224, 2016年3月.
55. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(27)–Gentiana rigescensの成分研究–,
日本薬学会第136年会, Vol.2, 61, 2016年3月.
56. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, 許 文婷, 靳 美娜, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮における抗メタボリックシンドローム作用を有する物質の同定,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
57. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Identification of an active compound on lipid metabolism from Sudachi peel,
薬理学会(パシフィコ), Mar. 2016.
58. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, Xu Wenting, Jin Meina, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
脂質低下作用を有するスダチ果皮由来化合物の薬理作用,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
59. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(42)–Hypericum chinense葉の成分探索–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
60. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省産伝統薬物に関する研究(26)–Gentiana rigescensの成分研究(6)–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 124, 2015年10月.
61. 中谷 愛, 田中 直伸, Ali Fakhruddin Ahamed, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産薬用植物に関する研究(7) –トウダイグサ科Sapium indicum果実の成分研究(2)–,
第54回日本薬学会中国四国支部学術大会, 123, 2015年10月.
62. 呂 爽欣, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
Studies on the constituents of Hypericum plants (41): Prenylated acylphloroglucinols from the roots of Hypericum erectum,
日本生薬学会第62回年会, 90, 2015年9月.
63. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(40)–Hypericum chinense葉に含まれるメロテルペンの探索–,
日本生薬学会第62回年会, 89, 2015年9月.
64. 中川 翔太, 金 尚永, 長谷川 由季, 佐藤 佳輔, 田中 直伸, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ドクウツギ科植物ドクウツギ(Coriaria japonica)果実の成分研究,
日本生薬学会第62回年会, 135, 2015年9月.
65. 坂井 大地, 金 尚永, 増子 ひとみ, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物フタリシズカ(Chloranthus serratus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第62回年会, 134, 2015年9月.
66. 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 川野辺 弘子, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分研究,
日本生薬学会第62回年会, 133, 2015年9月.
67. 苅舎 里紗, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Enkhjargal Dorjval, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(6)–キク科植物Saussurea pricei花部の成分研究–,
日本生薬学会第62回年会, 132, 2015年9月.
68. 田中 直伸, 辻 依利, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
オトギリソウ科植物エゾオトギリより単離したyezo'otogirin D-Iの構造,
日本生薬学会第62回年会, 119, 2015年9月.
69. 丹羽 莞慈, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(39)–Hypericum chinense由来のメロテルペン–,
第57回天然有機化合物討論会, 333-337, 2015年9月.
70. 田中 直伸, 浅井 美貴, 草間 大志, 石黒 悠一朗, 久保田 高明, 小林 淳一 :
沖縄産Plakortis属海綿から単離した新規オキシリピンの構造,
第57回天然有機化合物討論会, 297-302, 2015年9月.
71. 長嶋 絋紗子, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
72. 中山 翔太, 長谷川 由季, 佐藤 佳輔, 金 尚永, 田中 直伸, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ドクウツギ科植物Coriaria japonicaの成分について,
日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
73. 坂井 大地, 増子 ひとみ, 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus serratusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第39回例会, 68, 2015年5月.
74. 呂 爽欣, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Enkhjargal Dorival, Davaadagva Damdinjav, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(6)–リンドウ科植物Gentianella acuta地上部の成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 129, 2015年3月.
75. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)地上部の成分について,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 228, 2015年3月.
76. 上園 望緒, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorival Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹 :
モンゴル民族伝統薬物に関する研究(5)–ハマビシ科植物Peganum nigellastrumの成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
77. 和田 悠, Chin-Ho Chen, Kuo-Hsiung Lee, 田中 直伸, 柏田 良樹 :
抗HIV天然物に関する研究(27)–アミノ酸を含むリンカーによるベツリン酸誘導体とAZTの縮合体の合成と抗HIV活性–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 226, 2015年3月.
78. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 232, 2015年3月.
79. 松澤 和樹, 田中 直伸, Ahmed Ali Fakhuruddin, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産薬用植物に関する研究(5)–センダン科植物Xylocarpus mekogensis樹皮の成分研究–,
日本薬学会第135年会, Vol.2, 87, 2015年3月.
80. 松澤 和樹, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, Ahmed Fakhruddin Ali, 柏田 良樹 :
バングラディシュ産植物の成分研究(4) -センダン科植物Xylocarpus mekongensis樹皮の成分研究-,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 158, 2014年11月.
81. 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹 :
雲南省伝統薬物に関する研究(25) -Gentiana rigescensの成分研究(5)-,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 157, 2014年11月.
82. 佐藤 寿世, 田中 直伸, 敷島 康普, 酒巻 康明, 柏田 良樹 :
徳島県産ハスNelumbo nucifera可食部の成分研究,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 156, 2014年11月.
83. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドAgelamadins C-Eの構造,
第53回日本薬学会中国四国支部学術大会, 155, 2014年11月.
84. 大屋 厚, 田中 直伸, 金 尚永, 高上馬 希重, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 小林 淳一 :
ミズオトギリTriadenum japonicum由来の新規benzophenone誘導体の構造,
第20回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 2014年11月.
85. 草間 大志, 田中 直伸, 柏田 良樹, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿から単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
第56回天然有機化合物討論会, 235-240, 2014年10月.
86. 武方 みなみ, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 栗本 慎一郎, 柏田 良樹 :
中国ならびにモンゴル産Gentiana属植物の成分研究,
第56回天然有機化合物討論会, 357-362, 2014年10月.
87. 田中 直伸 :
新規な生物活性天然物質の探索研究,
日本生薬学会第61回年会, 45-47, 2014年9月.
88. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 前田 桂, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物ヒトリシズカ(Chloranthus japonicus)の成分について,
日本生薬学会第61回年会, 143, 2014年9月.
89. 長谷川 由季, 佐藤 佳輔, 金 尚永, 田中 直伸, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ドクウツギ科植物ドクウツギ(Coriaria japonica)の成分研究,
日本生薬学会第61回年会, 155, 2014年9月.
90. 大屋 厚, 田中 直伸, 金 尚永, 高上馬 希重, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 小林 淳一 :
オトギリソウ科植物ミズオトギリより単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造,
日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
91. 中村 健太, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
92. 金 尚永, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
センリョウ科植物Chloranthus japonicusの成分について,
日本生薬学会北海道支部第38回例会, 68, 2014年5月.
93. 長谷川 由季, 佐藤 佳輔, 金 尚永, 田中 直伸, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 小林 淳一, 高上馬 希重 :
ドクウツギ科植物Coriaria japonicaの成分について,
日本生薬学会北海道支部第38回例会, 50, 2014年5月.
94. 田中 直伸, 浅井 美樹, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
沖縄産Plakortis属海綿より単離したオキシリピンmanzamenone Oの構造,
日本薬学会第134年会, 151, 2014年3月.
95. 田中 直伸, 小林 淳一 :
オトギリソウ属植物由来成分の構造と生物活性,
第5回食品薬学シンポジウム, 81-83, 2013年11月.
96. 田中 直伸, 百瀬 嶺, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
沖縄産Hyrtios属海綿SS-305より単離した新規β-カルボリンアルカロイドの構造,
日本生薬学会第60回年会, 217, 2013年9月.
97. 辻 依利, 田中 直伸, 小林 淳一 :
シソ科ヤマハッカ属植物ヒキオコシより単離した新規ジテルペンの構造,
日本生薬学会第60回年会, 79, 2013年9月.
98. 辻 依利, 田中 直伸, 小林 淳一 :
シソ科ヤマハッカ属植物ヒキオコシより単離した新規ジテルペンの構造,
日本生薬学会第60回年会, 79, 2013年9月.
99. 草間 大志, 田中 直伸, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドnagelamide U-Wの構造,
日本生薬学会第60回年会, 107, 2013年9月.
100. 草間 大志, 田中 直伸, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドnagelamide U–Wの構造,
日本生薬学会第60回年会, 107, 2013年9月.
101. 大屋 厚, 田中 直伸, 金 尚永, 高上馬 希重, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
ミズオトギリTriadenum japonicumより単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造,
日本生薬学会第60回年会, 81, 2013年9月.
102. 田中 直伸, 百瀬 嶺, 髙橋 梓, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
沖縄産Hyrtios属海綿より単離した新規ビスインドールアルカロイドの構造,
第55回天然有機化合物討論会, 495-500, 2013年9月.
103. 草間 大志, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
第55回天然有機化合物討論会, 109-114, 2013年9月.
104. 草間 大志, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
第25回札幌万有シンポジウム, 2013年7月.
105. 田中 直伸, 阿部 修平, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギに含まれるメロテルペノイドならびにフロログルシノール誘導体の構造,
日本生薬学会北海道支部第37回年会, 67, 2013年5月.
106. 大屋 厚, 田中 直伸, 金 尚永, 高上馬 希重, 林 茂樹, 菱田 敦之, 川原 信夫, 小林 淳一 :
オトギリソウ科植物ミズオトギリより単離した新規ベンゾフェノン誘導体の構造,
日本生薬学会北海道支部第37回年会, 68, 2013年5月.
107. 辻 依利, 田中 直伸, 小林 淳一 :
シソ科ヤマハッカ属植物ヒキオコシより単離した新規ジテルペンの構造,
日本生薬学会北海道支部第37回年会, 68, 2013年5月.
108. 草間 大志, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Agelas属海綿より単離した新規ブロモピロールアルカロイドの構造,
日本薬学会北海道支部第140回例会, 75, 2013年5月.
109. 田中 直伸, 阿部 修平, 小林 淳一 :
オトギリソウ属植物ビヨウヤナギより単離した新規メロテルペノイドbiyoulactone DおよびEの構造,
日本薬学会第132年会, 199, 2013年3月.
110. 田中 直伸 :
植物および海洋生物由来の特異な構造を有する化合物の探索研究,
第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 15-17, 2012年11月.
111. 百瀬 嶺, 田中 直伸, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, Jane Fromont, 小林 淳一 :
沖縄産Rhabdastrella属海綿由来の新規トリテルペノイドstelliferin J–Nの構造造,
第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム, 173-175, 2012年11月.
112. 田中 直伸, 阿部 脩平, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規フロログルシノール誘導体chipericumin A–Dの構造,
日本生薬学会第59回年会, 170, 2012年9月.
113. 田中 直伸, 阿部 脩平, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規フロログルシノール誘導体chipericumin A–Dの構造,
日本生薬学会第59回年会, 170, 2012年9月.
114. 田中 直伸, 須藤 翔平, 浅井 美貴, 山野 昭人, 城 始勇, 小林 淳一 :
沖縄産Halichondria属海綿より単離した新規セスキテルペノイドの構造,
第54回天然有機化合物討論会, 495-500, 2012年9月.
115. 田中 直伸, 大豆村 拓自, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
ダイセツヒナオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体yojironin E–Iの構造,
日本薬学会第132年会, 192, 2012年3月.
116. 須藤 翔平, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Halichondria属海綿より単離した新規セスキテルペノイドの構造,
日本薬学会北海道支部第137回例会, 33, 2011年12月.
117. 田中 直伸, 大豆村 拓自, 小林 淳一, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透 :
ダイセツヒナオトギリより単離したメロテルペノイドyojironin AおよびBの構造,
日本生薬学会第58回年会, 279, 2011年9月.
118. 田中 直伸, 大豆村 拓自, 小林 淳一, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透 :
ダイセツヒナオトギリより単離したメロテルペノイドyojironin AおよびBの構造,
日本生薬学会第58回年会, 279, 2011年9月.
119. 田中 直伸, 阿部 脩平, 大豆村 拓自, 格口 ゆか, 長谷川 仁子, 城 始勇, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, 小林 淳一 :
オトギリソウ属植物より単離した新規メロテルペノイドの構造,
第53回天然有機化合物討論会, 2011年9月.
120. 百瀬 嶺, 田中 直伸, 小林 淳一 :
沖縄産Jaspis属海綿由来の新規トリテルペノイドstelliferin H–Lの構造,
日本生薬学会北海道支部第35回例会, 64, 2011年5月.
121. 田中 直伸, 百瀬 嶺, 小林 淳一 :
沖縄産海綿Jaspis stelliferaより単離した新規テルペノイドの構造,
日本薬学会第131年会, 64, 2011年3月.
122. 田中 直伸, 大谷 美央, 小林 淳一, 柏田 良樹, 高石 喜久, 芝崎 あずさ, 五ノ井 透, 城始 勇 :
ナガサキオトギリより単離した新規prenylated acylphloroglucinol, petiolin J-Mの構造,
日本生薬学会第57回年会要旨集, 363, 2010年9月.
123. 須藤 翔平, 田中 直伸, 小林 淳一 :
ユリ科植物シュロソウより単離した新規ステロイドアルカロイドveramadine A–Cの構造,
日本生薬学会北海道支部第34回例会, 46, 2010年5月.
124. 田中 直伸, 久保田 高明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリより単離した新規benzophenone rhamnosideの構造,
日本薬学会第130年会, No.2, 233, 2010年3月.
125. 田中 直伸, 格口 ゆか, 石山 玄明, 久保田 高明, 小林 淳一 :
エゾオトギリHypericum yezoenseより単離したyezo'otogirin A–Cの構造,
日本生薬学会第56回年会, 256, 2009年10月.
126. 田中 直伸, 大豆村 拓自, 久保田 高明, 今林 潔, 柏田 良樹, 高石 喜久, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規xanthone誘導体の構造,
日本薬学会第129年会, No.2, 172, 2009年3月.
127. 大豆村 拓自, 田中 直伸, 久保田 高明, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規prenylated xanthone誘導体の構造,
第131回日本薬学会北海道支部例会, 37, 2008年11月.
128. 大豆村 拓自, 田中 直伸, 久保田 高明, 小林 淳一 :
ビヨウヤナギより単離した新規prenylated xanthone誘導体の構造,
第131回日本薬学会北海道支部例会, 37, 2008年11月.
129. 田中 直伸, 久保田 高明, 石山 玄明, 柏田 良樹, 高石 喜久, 伊藤 淳二, 三上 㐮, 城始 勇, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリ由来の新規フロログルシノール誘導体petiolin Dの構造,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 188, 2008年9月.
130. 橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 孫 漢董 :
オトギリソウ科Hypericum属植物に関する研究(19) —遍地金Hypericum elodeoidesの成分について(1)—.,
日本生薬学会第55回(2008)年会, 103, 2008年9月.
131. 田中 直伸, 久保田 高明, 荒木 敦, 柏田 良樹, 高石 喜久, 三上 襄, 小林 淳一 :
ナガサキオトギリより単離した新規フロログルシノール誘導体petiolin A–Cの構造,
日本薬学会第128年会要旨集, 2008年3月.
132. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究 (5),
日本薬学会第128年会要旨集, -, 2008年3月.
133. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究 (4),
第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会要旨集, 2007年11月.
134. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
Hypericum ascyronの成分研究(3),
日本生薬学会第54年会, 2007年9月.
135. 佐藤 昌俊, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
桃花の成分研究,
薬学会第127年会, 2007年3月.
136. 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 :
タカネオトギリ(hypericum sikokumontanum)より得たchromone glycosideについて,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
137. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関田 倫子, 池城 安正 :
トモエソウHypericum ascyron)より得た細胞毒性を有するphloroglucinol誘導体及びxanthone誘導体について,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
138. 田中 直伸, 中川 博之, 橋田 和佳, 佐藤 昌俊, 奥瀬 由惟, 田岡 千明, 岩永 智史, 土屋 浩一郎, 高石 喜久 :
スダチCitrus sudachi)の含有成分並びに血糖値上昇抑制作用について,
第一回食品薬学シンポジウム, 2006年10月.
139. 田中 直伸, 高石 喜久 :
タカネオトギリ(Hypericum sikokumontanumの成分研究,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
140. 橋田 和佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久, 関谷 倫子, 池城 安正 :
トモエソウHypericum ascyron)より得た新規phloroglucinol誘導体の構造と細胞毒性について,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
141. 橋田 千佳, 田中 直伸, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
コゴメバオトギリより得られたhyperforinの類似化合物の構造について,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
142. 佐藤 昌俊, 田中 直伸, Ferddy Ramos, 柏田 良樹, 高石 喜久 :
桃花の成分研究,
日本生薬学会第53回年会, 2006年9月.
143. 田中 直伸, 高石 喜久 :
ビョウヤナギの成分研究,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
144. 橋田 千佳, 田中 直伸, 高石 喜久 :
コゴメバオトギリ (Hypericum perforatum var. angustifolium)の成分研究,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
145. 田中 直伸, 高石 喜久 :
ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究,
第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
146. 田中 直伸, 石丸 陽子, 岡坂 衛, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 三千穂, Kuo-Hsiung Lee :
オトギリソウ科Hypericum属に含まれる生理活性物質の探索,
第47回 天然有機化合物討論会, Vol.P61, 413-418, 2005年10月.
147. 田中 直伸, 高石 喜久 :
ビョウヤナギの成分研究,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
148. 田中 直伸, 石丸 陽子, 高石 喜久 :
ビョウヤナギ(Hypericum chinense)の成分研究,
第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
149. 田中 直伸, 高石 喜久, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 美千穂 :
Hypericum scabrumの成分研究(2),
日本生薬学会第51年会, 2004年9月.
150. 田中 直伸, 敷島 康普, 武田 美雄, 本多 義昭, 伊藤 美千穂, 高石 喜久 :
Hypericum scabrumの成分研究,
日本生薬学会第49回年会, 129, 2002年9月.
151. 田中 直伸, 近藤 京子, 坪内 良子, 高石 喜久, 清水 克英, 永澤 秀子, 堀 均 :
HCT116細胞を用いたin vitroスクリーニングによる抗腫瘍性天然物質の探索,
日本薬学会第122年会, 115, 2002年3月.
152. 田中 直伸, 段 宏泉, 大庭 信行, 敷島 康普, 高石 喜久 :
ニシキギ科コバノクロヅルの成分研究,
日本生薬学会第48回年会, 184, 2001年9月.
153. 田中 直伸, 段 宏泉, 大庭 信行, 高石 喜久 :
ニシキギ科コバノクロヅルの成分研究,
日本薬学会中国四国支部学術大会, 78, 2000年10月.

その他・研究会:

1. 藤野 裕道, 田中 直伸 :
国際交流「東國大学校薬学大学(韓国)との学術交流」,
薬学部だより, Vol.24, 4, 2019年7月.

特許:

1. 福元 隆俊, 柏田 良樹, 田中 直伸, 嵯峨山 和美 : 乳頭細胞増殖促進剤,線維芽細胞増殖因子-7(FGF-7)産生促進剤,血管内皮増殖因子(VEGF)産生促進剤,インシュリン様増殖因子-1(IGF-1)産生促進剤,肝細胞増殖因子(HGF)産生促進剤,および育毛剤, (2017年6月), 特許第2017-129244号 (2017年6月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 植物由来のメロテルペンをテンプレートとした抗HIV薬の開発研究 (研究課題/領域番号: 17K08337 )
  • 抗菌活性天然物質を素材とした新しい眼科感染症治療薬リードの開発 (研究課題/領域番号: 15K18885 )
  • トリテルペンを創薬テンプレートとしたデュアルメカニズムの抗HIV薬創製研究 (研究課題/領域番号: 15K07998 )
  • モンゴル民族の伝統薬物調査とその有効利用に関する研究(第2次) (研究課題/領域番号: 26305003 )
  • 抗HIV活性天然物ビヨウヤナギンAをモチーフとした、新しい抗HIV薬リードの開発 (研究課題/領域番号: 25860074 )
  • ブラシリカルジンAをリード化合物とした新しい抗腫瘍剤および免疫抑制剤の開発 (研究課題/領域番号: 25670043 )
  • 研究者番号(40455598)による検索