検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 小児科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 小児·周産·女性科 > 小児科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 発生発達医学講座 > 小児医学分野 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説]

研究活動

専門分野

小児神経学

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 東田 好広, 郷司 彩, 森 達夫, 香美 祥二, 青天目 信, 下野 九理子 :
長期間にわたりケトン食療法を行っているグルコーストランポーター1(GLUT1)欠損症の1例,
特殊ミルク共同安全開発委員会, 東京, 2019年11月.
2. 森 達夫, 高橋 幸利 :
中心側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん(BECT),
株式会社 診断と治療社, 東京, 2019年4月.

学術論文(審査論文):

1. Kentaro Okamoto, Takahiro Motoki, Isao Saito, Risako Urate, Kaori Aibara, Toshihiro Jogamoto, Mitsumasa Fukuda, Hiroyuki Wakamoto, Satoshi Maniwa, Yoichi Kondo, Yoshihiro Toda, Aya Goji, Tatsuo Mori, Tomohiro Soga, Yukihiko Konishi, Shigehiro Nagai, Yoko Takami, Chiho Tokorodani, Ritsuo Nishiuchi, Daisuke Usui, Rina Ando, Satoshi Tada, Yuki Yamanishi, Masahiro Nagai, Reiko Arakawa, Kayoko Saito, Hisahide Nishio, Eiichi Ishii and Mariko Eguchi :
Survey of patients with spinal muscular atrophy on the island of Shikoku, Japan.,
Brain & Development, Vol.42, No.8, 594-602, 2020.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2020.05.004,   PubMed: 32505480)
2. Takahiro Tayama, Tatsuo Mori, Aya Goji, Yoshihiro Toda and Shoji Kagami :
Improvement of epilepsy with lacosamide in a patient with ring chromosome 20 syndrome.,
Brain & Development, Vol.42, No.6, 473-476, 2020.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2020.03.003,   PubMed: 32247529)
3. Tatsuo Mori, Hiromichi Ito, Masafumi Harada, Sonoka Hisaoka, Yuki Matsumoto, Aya Goji, Yoshihiro Toda, Kenji Mori and Shoji Kagami :
Multi-delay arterial spin labeling brain magnetic resonance imaging study for pediatric autism.,
Brain & Development, Vol.42, No.4, 315-321, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114394,   DOI: 10.1016/j.braindev.2020.01.007,   PubMed: 32088024)
4. Tatsuo Mori, Yoshihiro Touda, Hiromichi Ito, Kenji Mori, Tomohiro Kohmoto, Issei Imoto and Shoji Kagami :
A 16q22.2-q23.1 deletion identified in a male infant with West syndrome.,
Brain & Development, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114240,   DOI: 10.1016/j.braindev.2019.07.005,   PubMed: 31353122)
5. 森 健治, 田山 貴広, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広 :
けいれんと間違えやすい生理的運動・異常行動.,
小児内科, No.50, 541-544, 2018年.
6. Hiromichi Ito, Kenji Mori, Masafumi Harada, Sonoka Hisaoka, Yoshihiro Touda, Tatsuo Mori, Aya Gohji, Yoko Abe, Masahito Miyazaki and Shoji Kagami :
A Proton Magnetic Resonance Spectroscopic Study in Autism Spectrum Disorder Using a 3-Tesla Clinical Magnetic Resonance Imaging (MRI) System: The Anterior Cingulate Cortex and the Left Cerebellum.,
Journal of Child Neurology, Vol.32, No.8, 731-739, 2017.
(DOI: 10.1177/0883073817702981,   PubMed: 28420309,   Elsevier: Scopus)
7. Aya Goji, Hiromichi Ito, Kenji Mori, Masafumi Harada, Sonoka Hisaoka, Yoshihiro Touda, Tatsuo Mori, Yoko Abe, Masahito Miyazaki and Shoji Kagami :
Assessment of Anterior Cingulate Cortex (ACC) and Left Cerebellar Metabolism in Asperger's Syndrome with Proton Magnetic Resonance Spectroscopy (MRS).,
PLoS ONE, No.1, e0169288, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112363,   DOI: 10.1371/journal.pone.0169288,   PubMed: 28060873,   Elsevier: Scopus)
8. Tomokazu Kimizu, Yukitoshi Takahashi, Taikan Oboshi, Asako Horino, Takayoshi Koike, Shinsaku Yoshitomi, Tatsuo Mori, Tokito Yamaguchi, Hiroko Ikeda, Nobuhiko Okamoto, Mitsuko Nakashima, Hirotomo Saitsu, Mitsuhiro Kato, Naomichi Matsumoto and Katsumi Imai :
A case of early onset epileptic encephalopathy with de novo mutation in SLC35A2: Clinical features and treatment for epilepsy.,
Brain & Development, Vol.39, No.3, 256-260, 2016.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2016.09.009,   PubMed: 27743886)
9. Tatsuo Mori, Yukitoshi Takahashi, Nami Araya, Taikan Oboshi, Hirokazu Watanabe, Kazuki Tsukamoto, Tokito Yamaguchi, Shinsaku Yoshitomi, Hirosato Nasu, Hiroko Ikeda, Hideyuki Otani, Katsumi Imai, Hideo Shigematsu and Yushi Inoue :
Antibodies against peptides of NMDA-type GluR in cerebrospinal fluid of patients with epileptic spasms.,
European Journal of Paediatric Neurology, Vol.20, No.6, 865-873, 2016.
(DOI: 10.1016/j.ejpn.2016.07.006,   PubMed: 27515477)
10. Tatsuo Mori, Katsumi Imai, Taikan Oboshi, Yuh Fujiwara, Saoko Takeshita, Hirotomo Saitsu, Naomichi Matsumoto, Yukitoshi Takahashi and Yushi Inoue :
Usefulness of ketogenic diet in a girl with migrating partial seizures in infancy.,
Brain & Development, Vol.38, No.6, 601-604, 2016.
(DOI: 10.1016/j.braindev.2015.12.012,   PubMed: 26785903)
11. Kenji Mori, Yoshihiro Touda, Hiromichi Ito, Tatsuo Mori, Keiko Mori, Aya Goji, Hiroko Hashimoto, Hiroe Tani, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
Neuroimaging in autism spectrum disorders: 1H-MRS and NIRS study,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 29-36, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111242,   DOI: 10.2152/jmi.62.29,   PubMed: 25817280,   Elsevier: Scopus)
12. Tatsuo Mori, Kenji Mori, Hiromichi Ito, Aya Goji, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada, Kenji Kurosawa and Shoji Kagami :
Age-related changes in a patient with Pelizaeus-Merzbacher disease determined by repeated 1H-magnetic resonance spectroscopy.,
Journal of Child Neurology, Vol.29, No.2, 283-288, 2014.
(DOI: 10.1177/0883073813499635,   PubMed: 24056155,   Elsevier: Scopus)
13. 森 健治, 森 達夫, 郷司 彩, 伊藤 弘道, 東田 好広, 藤井 笑子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
自閉症における表情模倣時の脳血流変化 -NIRSによる検討-,
脳と発達, Vol.46, No.4, 281-286, 2014年.
(DOI: 10.11251/ojjscn.46.281,   CiNii: 130004728676)
14. Tatsuo Mori, Kenji Mori, Masashi Suzue, Hiromichi Ito and Shoji Kagami :
Effective treatment of a 13-year-old boy with steroid-dependent ocular myasthenia gravis using tacrolimus,
Brain & Development, Vol.35, No.5, 445-448, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 114873,   DOI: 10.1016/j.braindev.2012.06.012,   PubMed: 22840813,   Elsevier: Scopus)
15. Tatsuo Mori, Kenji Mori, Emiko Fujii, Yoshihiro Touda, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada, Toshiaki Hashimoto and Shoji Kagami :
Evaluation of the GABAergic nervous system in autistic brain: (123)I-iomazenil SPECT study.,
Brain & Development, Vol.34, No.8, 648-654, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 114872,   DOI: 10.1016/j.braindev.2011.10.007,   PubMed: 22099869,   Elsevier: Scopus)
16. Tatsuo Mori, Kenji Mori, Emiko Fujii, Yoshihiro Touda, Masahito Miyazaki, Masafumi Harada and Shoji Kagami :
Neuroradiological and neurofunctional examinations for patients with 22q11.2 deletion.,
Neuropediatrics, Vol.42, No.6, 215-221, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 114871,   DOI: 10.1055/s-0031-1295479,   PubMed: 22131192,   Elsevier: Scopus)
17. 森 達夫, 関口 隆憲, 岡村 和美, 清水 真樹, 高橋 朋子, 幸山 洋子, 坂口 善市, 大原 克明 :
日齢9に難治性痙攣発作にて発症した限局性皮質異形成の1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.114, No.9, 1436-1441, 2010年.
(CiNii: 10027477859)
18. 森 達夫, 関口 隆憲, 岡村 和美, 清水 真樹, 高橋 朋子, 幸山 洋子, 坂口 善市, 大原 克明 :
水痘罹患4か月後に脳梗塞をきたした1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.114, No.3, 510-514, 2010年.
(CiNii: 10026277633)
19. 森 達夫, 関口 隆憲, 岡村 和美 :
臨床研究・症例報告 全身型新生児単純ヘルペスウイルス感染症の1例,
小児科臨床, Vol.62, No.10, 2233-2238, 2009年.
(CiNii: 40016731369)

学術論文(紀要・その他):

1. 杉本 明日菜, 河原林 啓太, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 香美 祥二, 岩本 勉 :
口腔筋機能療法の可能性と展望,
小児保健とくしま, Vol.27, No.1, 23-26, 2019年.
2. Narumi Tokaji, Hiromichi Ito, Tomohiro Kohmoto, Takuya Naruto, Rizu Takahashi, Aya Gohji, Tatsuo Mori, Yoshihiro Touda, Masako Saito, Shoichiro Tange, Kiyoshi Masuda, Shoji Kagami and Issei Imoto :
A rare male patient with classic Rett syndrome caused by MeCP2_e1 mutation,
American Journal of Medical Genetics. Part A., Vol.176A, No.3, 699-702, 2018.
(DOI: 10.1002/ajmg.a.38595,   PubMed: 29341476,   Elsevier: Scopus)
3. 森 健治, 森 慶子, 古川 薫, 髙橋 久美, 橋本 浩子, 伊藤 弘道, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 香美 祥二 :
脳科学から読み解く発達障害,
小児保健とくしま, Vol.26, 10-18, 2018年.
4. Hiromichi Ito, Kenji Mori, Tatsuo Mori, A Goji and Shoji Kagami :
Case of early childhood-onset narcolepsy with cataplexy: comparison with a monozygotic co-twin.,
Pediatrics International, Vol.56, No.5, 789-793, 2014.
(DOI: 10.1111/ped.12377,   PubMed: 25336002,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 森 健治, 阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広 :
[てんかん] ピンポイント小児医療 てんかんの診断 青年期以降にみられるてんかん.,
小児内科, Vol.47, No.9, 1468-1470, 2015年.

国際会議:

1. Aya Gohji, Hiromichi Ito, N Tokaji, T Kohmoto, T Naruto, R Takahashi, Tatsuo Mori, Yoshihiro Touda, M Saito, S Tange, K Masuda, Shoji Kagami and I Imoto :
A Rare Male Patient with Classic Rett Syndrome Caused by MeCP2_e1 Mutation.,
ASHG 2017 annual meeting, Oct. 2017.
2. Aya Gohji, Hiromichi Ito, Kenji Mori, S Hisaoka, Yoshihiro Touda, Tatsuo Mori, Y Abe, M Miyazaki and Shoji Kagami :
Metabolic dysfunction in anterior cingulate cortex using a magnetic resonance spectroscopy in Asperger's syndrome.,
Pediatric Academic Societies Meeting, May 2016.

国内講演発表:

1. 中瀧 理仁, 江戸 宏彰, 多田 恵曜, 東田 好広, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 森 健治, 大森 哲郎 :
てんかん発作や精神症状と関連しない生活の質,
第53回日本てんかん学会学術集会, 2019年11月.
2. 多田 恵曜, 東田 好広, 中瀧 理仁, 藤原 敏孝, 森 達夫, 郷司 彩, 飯田 幸治, 森 健治, 髙木 康志 :
徳島県におけるてんかん地域診療連携整備事業の紹介,
第53回日本てんかん学会学術集会, 2019年10月.
3. 宮本 容子, 瓦井 俊孝, 森 達夫, 郷司 彩, 森本 雅美 :
IRUDによりPTEN過誤腫症候群と診断された先天性疾患の児の遺伝カウンセリング,
第43回日本遺伝カウンセリング学会, 2019年8月.
4. 森 達夫 :
IRUDで解析対象となった疾患例 2) 小児科領域,
2019年度 徳島大学 IRUD 講演会, 2019年6月.
5. 森 達夫, 伊藤 弘道, 郷司 彩, 東田 好広, 森 健治, 原田 雅史, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム症におけるArterial Spin Labeling法を用いた脳血流評価,
第61回日本小児神経学会学術集会, 2019年5月.
6. 森 健治, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 伊藤 弘道, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
NIRSを用いた読字課題時の前頭葉機能評価,
第61回日本小児神経学会学術集会, 2019年5月.
7. 森 達夫, 田山 貴広, 郷司 彩, 東田 好広, 香美 祥二 :
均衡型相互転座(46XX t(3;11)(p25;q13.1))を伴ったミオクロニー脱力発作を伴うてんかんの一女児例,
第52回日本てんかん学会学術集会, 2018年10月.
8. 東田 好広, 郷司 彩, 森 達夫, 香美 祥二 :
小児難治性てんかんに対する新規抗てんかん薬の使用経験,
第52回日本てんかん学会学術集会, 2018年10月.
9. 森 健治, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 伊藤 弘道, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
多チャンネルNIRSを用いた表情処理過程の解析,
第60回日本小児神経学会学術集会, 2018年5月.
10. 伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 久岡 園花, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 高見 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉スペクトラム症の頭部1H-MRSによる検討―前部帯状回と左小脳について―,
第60回日本小児神経学会学術集会, 2018年5月.
11. 多田 恵曜, 藤原 敏孝, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 森 健治, 飯田 幸治, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
術前精査中にバルブロ酸の追加が著効したrolandic crtical dysplasiaに1例,
第41回日本てんかん外科学会, 2018年1月.
12. 東田 好広, 郷司 彩, 森 達夫, 木下 ゆき子, 早渕 康信, 香美 祥二, 井本 逸勢 :
バルプロ酸の投与によりてんかん発症を抑制できた結節性硬化症の一例,
第51回日本てんかん学会学術集会, 2017年11月.
13. 古川 薫, 森 健治, 橋本 浩子, 髙橋 久美, 中野 沙織, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラムにおけるNIRSを用いた表情処理過程の評価,
第118回日本小児精神神経学会, 10, 2017年11月.
14. 伊藤 弘道, 森 健治, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
注意欠如・多動症におけるてんかん・脳波異常の検討,
第59回日本小児神経学会学術集会, 2017年6月.
15. 森 健治, 郷司 彩, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 宮崎 雅仁 :
NIRSによる読字能力評価 - 無意味単語速読・単語逆唱課題による検討 -,
第59回日本小児神経学会学術集会, 2017年6月.
16. 多田 恵曜, 藤原 敏孝, 中島 公平, 東田 好広, 伊藤 弘道, 森 達夫, 郷司 彩, 飯田 幸治, 森 謙治, 永廣 信治 :
徳島大学てんかんセンターの取り組みと課題,
全国てんかんセンター協議会総会 JEPICA 2017 in Nara, 2017年2月.
17. 郷司 彩, 東田 好広, 武井 美貴子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 香美 祥二 :
発作時99mTc-ECD SPECTが診断に有用であった限局性皮質異形成の乳児例,
第147回日本小児科学会徳島地方会, 2016年12月.
18. 東田 好広, 森 達夫, 伊藤 弘道, 小林 勝弘, 香美 祥二 :
CSWSに対しスルチアムが著効した症例における棘徐波に伴う高周波成分の変化,
第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月.
19. 森 達夫 :
Clinical conference 眼球偏位を伴う意識低下,脱力転倒を繰り返す生後8か月の男児,
第 34 回四国小児神経症例検討会, 2016年9月.
20. 鈴木 智子, 郷司 彩, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 健治, 香美 祥二 :
フェノバルビタール大量投与が奏功した皮質形成異常を認める難治性てんかんの一例,
第34回四国小児神経症例検討会, 2016年9月.
21. 大隅 敬太, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 香美 祥二, 佐々木 亜由美, 森 一博 :
急性弛緩性麻痺様症状を呈した選択性IgA欠損症の幼児例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
22. 阿部 容子, 郷司 彩, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
補足運動野発作が疑われるも,発作間欠期に側頭部棘波を示す1例,
第146回日本小児科学会徳島地方会, 2016年6月.
23. 郷司 彩, 伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 久岡 園花, 東田 好広, 森 達夫, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
Metabolic alteration in the brain of Asperger`s syndrome by using a magnetic resonance spectroscopy,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
24. 小野 朱美, 伊藤 弘道, 阿部 容子, 森 達夫, 東田 好広, 早渕 康信, 成戸 卓也, 井本 逸勢, 香美 祥二 :
重症蒼白型の憤怒痙攣に対してレベチラセタムが奏効した1p36欠失症候群の1女児例,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
25. 森 健治, 伊藤 弘道, 東田 好広, 森 達夫, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 原田 雅史, 香美 祥二 :
言語活動時の前頭葉血流動態 -NIRSによる黙読・音読時の比較-,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
26. 伊藤 弘道, 森 健治, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害におけるてんかん・脳波異常の検討,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
27. 伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 久岡 園花, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 阿部 容子, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
自閉症スペクトラム障害における頭部MRI所見の目視的検討,
第58回日本小児神経学会学術集会, 2016年6月.
28. 阿部 容子, 松本 苑美, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二, 高橋 幸利 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の1男児例,
第119回日本小児科学会総会, 2016年5月.
29. 森 達夫 :
先天性脈絡膜乳頭腫摘出術後に生じたencephalopathy related to status epilepticus during slow sleep(ESES)の一例,
第3回徳島小児神経科医の会, 2016年4月.
30. 阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の一男児例,
第33回四国小児神経症例検討会, 2015年9月.
31. 阿部 容子, 森 達夫, 伊藤 弘道, 東田 好広, 香美 祥二, 松本 苑美, 吉本 勉 :
非ヘルペス性急性辺縁系脳炎の一男児例,
第144回日本小児科学会徳島地方会, 2015年6月.
32. 伊藤 弘道, 森 健治, 原田 雅史, 東田 好広, 森 達夫, 郷司 彩, 宮崎 雅仁, 香美 祥二 :
注意欠如・多動性障害(AD/HD)における頭部1H-MRS所見 左小脳半球について,
第57回日本小児神経学会, 2015年5月.
33. 伊藤 弘道, 漆原 真樹, 木下 ゆき子, 近藤 秀治, 森 健治, 森 達夫, 須賀 健一, 森 一博, 香美 祥二 :
横紋筋融解症をきたしたノロウイルス性急性脳症の1例,
日本小児科学会雑誌, Vol.117, No.3, 655, 2013年.

その他・研究会:

1. 森 達夫, 郷司 彩, 東田 好広, 武井 美貴子, 伊藤 弘道, 香美 祥二, 瓦井 俊孝 :
GCH1変異を認めた瀬川病の8歳男児例,
第151会日本小児科学会徳島地方会, 2018年12月.
2. 東田 好広, 田山 貴広, 郷司 彩, 森 達夫, 香美 祥二 :
抗てんかん剤の中止により発作が抑制されたWest症候群の男児例,
第36回四国小児神経症例検討会, 2018年9月.
3. 森 達夫, 郷司 彩, 東田 好広, 武井 美貴子, 伊藤 弘道, 瓦井 俊孝, 香美 祥二 :
GCH1遺伝子に変異を認めた瀬川病の8歳男児例,
第29回日本小児神経学会中国四国地方会, 2018年7月.
4. 田山 貴広, 森 達夫, 郷司 彩, 東田 好広, 香美 祥二 :
ラコサミドが著効した環状20番染色体の7歳男児例,
第150回日本小児科学会徳島地方会, 2018年6月.
5. 田山 貴広, 東田 好広, 郷司 彩, 森 達夫, 香美 祥二 :
ヒプスアリスミアを伴わない乳児スパズムの一例,
第48回中国四国点頭てんかん研究会, 2018年3月.
6. 田山 貴広, 森 達夫, 郷司 彩, 東田 好広, 香美 祥二 :
ラコサミドが著効した環状20番染色体の7歳男児例,
第 12 回日本てんかん学会中国・四国地方会, 2018年2月.
7. 田山 貴広, 東田 好広, 郷司 彩, 森 達夫, 香美 祥二 :
ヒプスアリスミアを伴わない乳児スパズムの1 例,
第149回日本小児科学会徳島地方会, 2017年12月.
8. 郷司 彩, 伊藤 弘道, 戸梶 成美, 森 達夫, 東田 好広, 成戸 卓也, 井本 逸勢, 香美 祥二 :
MeCP2-e1遺伝子変異を持つRett症候群の男児例,
第28回日本小児神経学会中国・四国地方会, 2017年7月.
9. 四宮 由貴, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 香美 祥二 :
覚醒時にチアノーゼを伴う複雑部分発作を呈した前頭葉てんかんの一例,
第148回日本小児科学会徳島地方会, 2017年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)