検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 医用画像機器工学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 医用放射線科学講座 >

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Ryosuke Kasai, Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Tomographic image reconstruction based on minimization of symmetrized Kullback-Leibler divergence,
Mathematical Problems in Engineering, Vol.2018, No.Article ID 8973131, 9-pages, 2018.
(DOI: 10.1155/2018/8973131)
2.Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga :
Multivalued discrete tomography using dynamical system that describes competition,
Mathematical Problems in Engineering, Vol.2017, No.Article ID 8160354, 9-pages, 2017.
(DOI: 10.1155/2017/8160354)
3.Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Noise reduction in computed tomography using a multiplicative continuous-time image reconstruction method,
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, 2016.
(DOI: 10.1117/12.2216439)
4.Kiyoko Tateishi, Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Continuous analog of multiplicative algebraic reconstruction technique for computed tomography,
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, 2016.
(DOI: 10.1117/12.2214598)

国際会議:

1.Ryosuke Kasai, Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Hybrid algorithm of maximum-likelihood expectation-maximization and multiplicative algebraic reconstruction technique for iterative tomographic image reconstruction,
IWAIT-IFMIA 2019, Singapore, Jan. 2019.
2.Yusaku Yamaguchi, Michiko Mori, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Nonautonomous Nonlinear Dynamical System for Reconstructing Magnetic Resonance Image,
Proc. of NOLTA 2018, Sep. 2018.
3.Takeshi Kojima, Kiyoko Tateishi, Yusaku Yamaguchi and Tetsuya Yoshinaga :
Discretization of Continuous Analog to Accelerated Expectation-Maximization Algorithm for Computed Tomography,
Proc. of NOLTA 2018, Sep. 2018.
4.Nakada Ryosei, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Nonlinear Dynamical System with Order-Preserving Function for Inverse Problem of Intensity-Modulated Radiation Therapy Treatment Planning,
Proc. of NOLTA 2018, Sep. 2018.
5.Masashi Kimura, Akira Kinokiri, Takeshi Kojima, Yusaku Yamaguchi and Tetsuya Yoshinaga :
Total-Variation Minimization with Regularization for Continuous-Time Dynamical Image Reconstruction in Computed Tomography,
Proc. of NOLTA 2018, Sep. 2018.
6.Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Tomographic Image Reconstruction via Chi-Square Minimization,
Proc. of NCSP'18, Honolulu, Mar. 2018.
7.Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta and Tetsuya Yoshinaga :
An attempt to enlarge basin in discrete tomographic dynamics with a competitive term,
Proc. of NCSP'18, Honolulu, Mar. 2018.
8.Keita Nakahama, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Applying dynamical method of discrete tomography to X-ray CT imaging,
Proceedings of International Forum of Medical Imaging in Asia, Okinawa, Jan. 2017.
9.Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Shintaro Harano, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Evaluation of metal artifact reduction using dynamical image reconstruction in X-ray CT,
Proceedings of International Forum of Medical Imaging in Asia, Okinawa, Jan. 2017.
10.Yusaku Yamaguchi, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Noise reduction in computed tomography using a multiplicative continuous-time image reconstruction method,
Proceedings of SPIE, Vol.9783, San Diego, Feb. 2016.
(DOI: 10.1117/12.2216439,   Elsevier: Scopus)
11.Kiyoko Tateishi, Yusaku Yamaguchi, Omar M. Abou Al-Ola, Takeshi Kojima and Tetsuya Yoshinaga :
Continuous analog of multiplicative algebraic reconstruction technique for computed tomography,
Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE, Vol.9783, San Diego, Feb. 2016.
(DOI: 10.1117/12.2214598,   Elsevier: Scopus)

国内講演発表:

1.木ノ桐 瑛, 木村 雅司, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
ヘリンガー距離の全変動に基づく正則化を考慮した連続時間CT画像再構成法,
中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年11月.
2.笠井 亮佑, 山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
期待値最大化法と乗法的代数的再構成法を拡張した新しい逐次CT画像再構成法の特性,
中四国放射線医療技術フォーラム, 2018年11月.
3.工藤 萌, 山口 雄作, アボウ アルオラ M. オマル, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
一般化ヘリンガー距離の最小化に基づく逐次画像再構成法,
Proceedings of the 116th Scientific Meeting of JSMP, Vol.38, No.3, 2018年9月.
4.山口 雄作, 笠井 亮佑, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
連続時間断層画像再構成法の加法的・乗法的及びその混成による離散化,
Proceedings of the 116th Scientific Meeting of JSMP, Vol.38, No.3, 2018年9月.
5.富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二, 兒島 雄志, 芳賀 昭弘, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
Digital Phantomを用いたImage Registrationソフトウェアの性能評価,
第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年2月.
6.工藤 萌, 山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
一般化 Hellinger 距離の最小化に基づくCT画像再構成,
第40回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2017年10月.
7.池田 大輔, 水田 希咲, 山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
ヘリンガー距離の最小化に基づく動的再構成法のX線CT画像への適用,
日本放射線技術学会第73回総会学術大会予稿集, 2017年4月.
8.山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
非自律系非線形微分方程式に基づく磁気共鳴画像再構成,
日本放射線技術学会第73回総会学術大会予稿集, 2017年4月.
9.富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 兒島 雄志, 山田 健二, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
市販Image registrationソフトウェアの評価用Digital Phantomの開発,
日本放射線腫瘍学会第30回高精度外部放射部会学術大会, 2017年3月.
10.水田 希咲, 山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
Hellinger 距離の最小化に基づくCT画像再構成,
第39回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2016年10月.
11.中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
微分方程式を用いた離散トモグラフィのX線CT画像への適用,
第39回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2016年10月.
12.山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
非線形微分方程式を用いた非デカルト・サンプリングのための磁気共鳴画像再構成,
第44回日本磁気共鳴医学会大会, 2016年9月.
13.立石 貴代子, 山口 雄作, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
逐次CT画像再構成アルゴリズム構築の新しいアプローチ,
医用画像情報学会(MII)平成28年度年次(第175回)大会誌, 28, 2016年6月.
14.山口 雄作, 森 美智子, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
非線形微分方程式に基づく磁気共鳴画像再構成,
医用画像情報学会(MII)平成28年度年次(第175回)大会誌, 23, 2016年6月.
15.原野 真太郎, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
連続時間 CT 画像再構成法を用いた金属アーチファクト削減の効果,
第111回日本医学物理学会学術大会, 2016年4月.
16.中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
微分方程式を用いた離散トモグラフィ画像再構成,
第111回日本医学物理学会学術大会, 2016年4月.
17.中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
微分方程式を用いた離散トモグラフィ画像再構成法の数値実験による検討,
島根県診療放射線技師会平成27年度春季学術大会, 2016年3月.
18.原野 真太郎, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
金属アーチファクト削減のための連続時間 CT 画像再構成法,
第38回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2015年11月.
19.中濵 寿太, 兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
非線形微分方程式を用いた離散トモグラフィ,
第38回日本生体医工学会中国四国支部大会プログラム講演抄録, 2015年11月.

その他・研究会:

1.兒島 雄志, 吉永 哲哉 :
競争モデルに基づく離散値トモグラフィ,
電気学会研究会資料, 2015年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)