検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部保健学域保健科学部門医用検査学系病理解析学
徳島大学保健科学教育部保健学専攻医用検査学領域
徳島大学医学部保健学科検査技術科学専攻形態系検査学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

臨床病理学 (Clinical Pathology)
臨床病理学 (Clinical Pathology)
医療教育 (Medical Education)

研究テーマ

骨髄病理学と臨床検査医学の相関 (骨髄膠様変性, CAR細胞, 臨床検査値, 人工知能 (artificial intelligence))
胃のHamartomatous inverted polypに関する病理学的研究 (hamartomatous inverted polyp, 胃)
CPC, RCPCを用いた医学教育 (ワークショップ (workshop), 臨床病理検討会(CPC), RCPC)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Mayuko Shimizu, Tsuchiyama Yosuke, Morimoto Yuki, Minoru Matsumoto, Tomoko Kobayashi, Sumida Satoshi, Kakimoto Takumi, Takeshi Oya, Hirohisa Ogawa, Michiko Yamashita, Matsuda Satoru, Omagari Katsuhisa, Taira Shu and Koichi Tsuneyama :
A novel mouse model of non-alcoholic steatohepatitis suggests that liver fibrosis initiates around lipid-laden macrophages,
The American Journal of Pathology,
2. Tomoko Kobayashi, Mayuko Shimizu, Takeshi Oya, Hirohisa Ogawa, Minoru Matsumoto, Yuki Morimoto, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Michiko Yamashita, Mitsuko Sutoh, Shunji Toyohara, Ryoji Hokao, Chunmei Cheng and Koichi Tsuneyama :
Neonatal streptozotocin treatment rapidly causes different subtype of hepatocellular carcinoma without persistent hyperglycemia in 4CS mice fed on a normal diet.,
Pathology, Research and Practice, Vol.225, No.153559, 2021.
(DOI: 10.1016/j.prp.2021.153559,   PubMed: 34325313)
3. Yuki Morimoto, Takeshi Oya, Mayuko Shimizu, Minoru Matsumoto, Hirohisa Ogawa, Tomoko Kobayashi, Satoshi Sumida, Takumi Kakimoto, Michiko Yamashita, Chunmei Cheng and Koichi Tsuneyama :
Applying Probe Electrospray Ionization Mass Spectrometry to Cytological Diagnosis: A Preliminary Study by Using Cultured Lung Cancer Cells.,
Acta Cytologica, Vol.65, No.5, 430-439, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116345,   DOI: 10.1159/000516639,   PubMed: 34098551)
4. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya :
Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity,
Kidney International, Vol.99, No.4, 885-889, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115399,   DOI: 10.1016/j.kint.2020.10.041,   PubMed: 33307103)
5. Mayuko Shimizu, Katsuhisa Omagari, Michiko Yamashita and Koichi Tsuneyama :
Development of a novel mouse model of diet-induced nonalcoholic steatohepatitis-related progressive bridging fibrosis.,
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.85, No.4, 941-947, 2021.
(DOI: 10.1093/bbb/zbaa107,   PubMed: 33620426)
6. 山下 理子, 中園 雅彦, 春藤 譲治, 黒田 直人, 尾矢 剛志 :
2002年以前に報告された日本人胃のHamartomatous inverted polyp (inverted hyperplastic polyp)の臨床病理学的所見の検討,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1,2, 61-68, 2020年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114857,   CiNii: 120006860012)
7. 森 理, 富林 敦司, 江藤 祥平, 松尾 祐太, 常城 宇生, 牧 秀則, 山下 理子 :
根治切除9年以上経過後に上縦隔リンパ節再発した食道癌の1例,
日本臨床外科学会雑誌, Vol.81, No.1, 54-59, 2020年.
(DOI: 10.3919/jjsa.81.54,   CiNii: 130007882544)
8. 山下 理子, 後藤 哲也, 勢井 伸幸, 藤井 義幸, 春川 純一 :
リンパ系腫瘍のGiemsa banding法が検査不能となる要因についての一施設検討,
臨床病理, Vol.67, No.10, 1011-1016, 2019年.
(CiNii: 40022070379)
9. Yoshihiro Matsudate, Michiko Yamashita, Yoshiyuki Fujii and Yoshio Urano :
Contact granulomatous hypersensitivity to indium in a patient with orofacial granulomatosis.,
Contact Dermatitis, Vol.81, No.4, 293-294, 2019.
(DOI: 10.1111/cod.13284,   PubMed: 30957231)
10. 後藤 正和, 沖津 宏, Yasuhiro Yuasa, Yuta Matsuo, Hiroshi Edagawa, Ryotaro Tani, Osamu Mori, Shunsuke Kuramoto, Atsushi Tomibayashi, 山下 理子, Yoshiyuki Fujii :
[A Case of Complete Pathological Response in a Patient with Locally Advanced Sigmoid Colon Cancer after FOLFOX IRI Chemotherapy].,
癌と化学療法, Vol.42, No.11, 1431-1434, 2015年.
(PubMed: 26602406)
11. Michiko Yamashita, Yoshiyuki Fujii, Keiji Ozaki, Yoshio Urano, Masami Iwasa, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Masahiro Abe, Yasuharu Sato and Tadashi Yoshino :
Human immunodeficiency virus-positive secondary syphilis mimicking cutaneous T-cell lymphoma.,
Diagnostic Pathology, Vol.10, 185, 2015.
(DOI: 10.1186/s13000-015-0419-5,   PubMed: 26449225,   Elsevier: Scopus)
12. 谷口 千尋, 松立 吉弘, 櫻山 ゆう子, 山下 理子, 浦野 芳夫 :
妊娠前期に発症したStevens-Johnson症候群の1例,
皮膚科の臨床, Vol.56, No.9, 1319-1323, 2014年.
(CiNii: 40020204133)
13. 中野 誠一, 秋月 裕則, 岩﨑 英隆, 山下 理子, 藤井 義幸, 近藤 英司, 雫 治彦, 田村 公一, 武田 憲昭 :
感染を繰り返したlaryngocele例,
耳鼻咽喉科臨床, Vol.106, No.5, 439-445, 2013年.
(DOI: 10.5631/jibirin.106.439,   CiNii: 130003374065,   Elsevier: Scopus)
14. Takako Umemoto, Tsutomu Watanabe, Takeshi Ogose, Rieko Kondo, Tadanori Nakatsu, Akiyoshi Sakata, Michiko Yamashita and Tetsuya Gotho :
Capillary leak syndrome: initial presentation in a patient with ALK+anaplastic large cell lymphoma associated with increased levels of serum cytokines.,
Leukemia & Lymphoma, Vol.52, No.6, 1139-1142, 2011.
(DOI: 10.3109/10428194.2011.555893,   PubMed: 21463119)
15. Takeshi Iwasa, Anna Tani, Yuka Miyatani, Shirou Bekku, Michiko Yamashita, Kazuyo Nakanishi, Yoshiyuki Fujii and Hiroyasu Ino :
Lymphangioma of the ovary accompanied by chylous ascites.,
The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, Vol.35, No.4, 812-815, 2009.
(DOI: 10.1111/j.1447-0756.2009.01016.x,   PubMed: 19751350,   CiNii: 10025341437,   Elsevier: Scopus)
16. Kazuhisa Katayama, 沖津 宏, Suguru Kimura, Tomoko Hara, Keiji Ozaki, Tetsuya Goto, 山下 理子, Yoshiyuki Fujii :
S-1によりDIC から離脱し得た胃癌術後播種性骨髄癌症の1 例,
癌と化学療法, Vol.35, No.7, 1201-1204, 2008年.
(PubMed: 18633263)
17. Michiko Yamashita, Toshiaki Sano, Zhi-Rong Qian, Kalman Kovacs and Eva Horvath :
Diversity of ACTH-immunoreactive cells in the human adenohypophysis: an immunohistochemical study with special reference to cluster formation and follicular cell association.,
Endocrine Pathology, Vol.17, No.2, 155-164, 2006.
(DOI: 10.1385/EP:17:2:155,   PubMed: 17159248)
18. Michiko Yamashita, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Eva Horvath and Kalman Kovacs :
immunohistochemical study on so-called follicular cells and folliculostellate cells in the human adenohypophysis.,
Pathology International, Vol.55, No.5, 244-247, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1440-1827.2005.01820.x,   PubMed: 15871721)
19. Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Michiko Yamashita, Toshiki Sudo, Hideki Hayashi, Yoshihisa Yamada, Fuminari Endoh, Mitsunori Fujimura, Tomonori Yoshida, Hiroshi Yamaguchi, Shunji Hashizume, Midori Kato, Kimihiro Yoshimura, Yoko Yamamoto, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Disruption of nuclear vitamin D receptor gene causes enhanced thrombogenicity in mice,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.279, No.34, 35798-35802, 2004.
(DOI: 10.1074/jbc.M404865200,   PubMed: 15205460,   CiNii: 80016878495,   Elsevier: Scopus)
20. Hideko Endo, Mitsuyoshi Hirokawa, Naozumi Ishimaru, Yasushi Tanaka, Michiko Yamashita, Mika Sakaki, Yoshio Hayashi and Toshiaki Sano :
Unique cell membrane expression if topoisomerase-ll alpha as a useful diagnostic marker of liposarcoma,
Pathology International, Vol.54, No.3, 145-150, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1440-1827.2003.01600.x,   PubMed: 14989736)
21. Michiko Yamashita, Mitsuyoshi Hirokawa, Masahiko Nakasone, Hiroshi Kiyoku, Nobuya Sano, Masahiko Fujii, Takashi Koyama, Sadahiro Yoshida and Toshiaki Sano :
Gastric inverted hyperplastic polyp. Report of four cases and relation to gastritis cystica profunda,
APMIS, Vol.110, No.10, 717-723, 2002.
(DOI: 10.1034/j.1600-0463.2002.1101005.x,   PubMed: 12583438,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 戸村 美紀, 庄野 仁志, 秋月 裕則, 山下 理子, 藤井 義幸 :
当院で経験したアレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎例,
徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.25, No.1, 37-43, 2020年.
(CiNii: 120006839705)

総説・解説:

1. 市島 諒二, 山下 理子, 後藤田 卓志 :
消化管症候群(第3版) II ―その他の消化管疾患を含めて― IV 虫 垂 虫垂内分泌細胞癌,
日本臨牀, Vol.10, 228-231, 2020年2月.
2. 市島 諒二, 山下 理子, 後藤田 卓志 :
日本臨床 別冊消化管症候群II 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】虫垂 腫瘍 虫垂内分泌細胞癌,
日本臨牀, 228-231, 2020年2月.
3. 常山 幸一, 清水 真祐子, 尾矢 剛志, 松本 穣, 小林 智子, 小川 博久, 西辻 和親, 山下 理子 :
肝臓病理所見のとり方とその解釈,
法医病理, Vol.25, No.1, 1-12, 2019年7月.
4. 山下 理子 :
臨床検査専門医がコッソリ教える⋯検査のTips! 第15回.ホルマリン固定すればすべて診断できる?,
レジデントノート, Vol.20, 569-571, 2018年6月.
5. 山下 理子 :
びょうり(顕微鏡)検査と,がんのおくすり.,
四国医学雑誌, Vol.74, No.1, 7-12, 2018年4月.
(CiNii: 120006464484)
6. 山下 理子, 藤井 義幸, 後藤 哲也 :
なるほど わかった!日常診療のズバリ基本講座.∼研修医のためのCPC発表準備のポイント∼,
レジデントノート, Vol.16, 721-728, 2014年6月.

国内講演発表:

1. 山下 理子 :
パネルディスカッション05 「臨床栄養における臨床検査値(体組成も含めて)の理解とRCPC(reversed clinico-pathological conference)の意義を考える」,
学会誌JSPEN, Vol.1, No.supplement, 2021年7月.
2. 山下 理子, 常山 幸一, 尾矢 剛志 :
骨髄膠様変性時の 造血微小環境について,
日本病理学会会誌, Vol.110, No.1, 355, 2021年4月.
3. 六車 京香, 近藤 和也, 副島 志帆, Bilguun tegshee, 山下 理子, 岸渕 麗奈, 坪井 光弘, 梶浦 耕一郎, 川上 行奎, 河北 直也, 鳥羽 博明, 吉田 光輝, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
胸腺上皮性腫瘍におけるMT1A遺伝子のDNAメチル化とmRNA発現,
第40回日本胸腺研究会, 2021年2月.
4. 渡邉 俊介, 宮上 侑子, 山下 理子, 藤井 義幸 :
軟部腫瘍,
第 133 回日本病理学会中国四国支部学術集会(スライドカンファレンス), 2020年11月.
5. 渡辺 力, 高橋 昭良, 七條 光市, 岡田 朝美, 松本 苑美, 武知 敦美, 高見 容子, 藤野 修司, 谷口 多嘉子, 中津 忠則, 山下 理子 :
全身型若年性特発性関節炎の診断時における骨髄検査の意義,
日本小児科学会雑誌, Vol.124, No.11, 1664, 2020年11月.
6. 赤川 洋子, 宇山 直人, 武知 克弥, 木下 光博, 大西 範生, 尾崎 享祐, 谷 勇人, 大塚 秀樹, 石橋 直子, 別宮 浩文, 原 朋子, 尾崎 敬治, 後藤 哲也, 山下 理子 :
子宮原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例,
Japanese Journal of Radiology, Vol.38, No.Suppl, 71, 2020年2月.
7. 湯浅 康弘, 福田 美月, 牧 秀則, 藤本 啓介, 竹内 大平, 常城 宇生, 松尾 祐太, 森 理, 江藤 祥平, 藤原 聡史, 富林 敦司, 石倉 久嗣, 山下 理子, 藤井 義幸 :
胃に穿通し瘻孔形成した横行結腸癌の一例,
日本消化管学会雑誌, Vol.4, No.Suppl, 321, 2020年1月.
8. 尾矢 剛志, 松本 穣, 香川 典子, 山下 理子, 小川 博久, 常山 幸一 :
小腸腫瘍の1例,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第130回スライドカンファレンス, 2019年10月.
9. 久保 美和, 渡邉 俊介, 山下 理子, 尾矢 剛志, 常山 幸一 :
子宮頸部病変,
日本病理学会中国四国支部学術集会 第128回スライドカンファレンス, 2019年2月.
10. 山下 理子, 若槻 真吾, 遠藤 早希子, 佐竹 宣法, 堀口 英久, 小川 博久, 常山 幸一 :
「病理夏の学校in徳島」における,検査値解析を用いた全学年参加CPC,
日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 327, 2017年3月.
11. 町田 未央, 谷口 千尋, 杉野 博崇, 長江 浩朗, 山下 理子, 山本 忠正, 浦野 芳夫 :
乳児に生じた隆起性皮膚繊維肉腫の1例,
第111回日本皮膚科学会総会, 2012年6月.
12. 香川 聖子, 堀口 英久, 山下 理子, 藤井 義幸, 坂下 直実 :
心不全病態における糖質コルチコイド受容体発現の意義:剖検心を用いた人体病理学的研究,
第101回日本病理学会, 2012年4月.
13. 岩﨑 英隆, 武市 充生, 山下 理子, 藤井 義幸, 秋月 裕則 :
頸部リンパ節に発生した胚中心進展性異形成の2症例,
第73回耳鼻咽喉科臨床学会, 2011年6月.
14. 湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 :
TS-1の術前2週投与により著効がえられた進行胃癌の2症例,
第80回日本胃癌学会総会, 2008年2月.
15. 湊 拓也, 沖津 宏, 田中 麻美, 山村 陽子, 片山 和久, 木村 秀, 坂田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 丹黒 章, 伊藤 孝司, 伊崎 俊介, 高野 正志 :
TS-1の術前2週投与によりほぼCRがえられた進行胃癌の1症例,
第82回中国四国外科学会総会, 2007年9月.
16. Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Toshio Matsumoto, Michiko Yamashita, Yoshimura Kimihiro and Imagawa Jun-ichi :
Elevated blood pressure with a cardiovascular remodeling in mice lacking vitamin D receptor,
第66回日本循環器学会総会・学術集会, Apr. 2002.

報告書:

1. 石川 正志, 松岡 裕, 垣本 歩美, 田中 麻美, 湊 拓也, 山村 陽子, 石倉 久嗣, 一森 敏弘, 木村 秀, 阪田 章聖, 山下 理子, 藤井 義幸, 池山 鎮夫, 谷 勇人, 大西 範夫, 城野 良三 :
胆嚢十二指腸瘻を形成した胆石症例の検討,
臨床と研究, Vol.85, No.12, 1765-1768, 福岡, 2008年12月.
2. 岡村 誠介, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 井本 佳孝, 梶 雅子, 青木 利佳, 佐藤 康紀, 宮本 弘志, 六車 直樹, 伊東 進, 山下 理子, 佐野 壽昭, 池本 哲也, 藤井 正彦, 三宅 秀則 :
膵管内発育を主とし特異な形態を呈した膵腺房細胞癌の1例,
消化器画像, Vol.9, No.1, 41-46, 2007年1月.
3. 廣川 満良, 山下 理子, 佐野 壽昭, 加島 健司 :
Ki-67 labeling indexが高値を示す部分が多発性にみられた非浸潤性多形腺腫内癌の1例,
日本唾液腺学会誌, Vol.46, 126, 2005年11月.
4. 米田 亜樹子, 佐野 壽昭, 久元 恵美子, 山下 理子, 山田 正三 :
Folliculostellate cell(FSC)の極めて豊富な下垂体腺腫,
日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.2, 585-586, 2005年9月.
5. 廣川 満良, 山下 理子, 佐野 壽昭, 加島 健司 :
Ki-67 labeling indexが高値を示す部分が多発性にみられた非浸潤性多形腺腫内癌の1例,
日本唾液腺学会抄録集, 36-37, 2004年12月.