検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 放射線治療学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 診療放射線技術学講座 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 放射線科 > 放射線治療科 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine), 放射線腫瘍学

研究テーマ

Imaging biomarkers for radiotherapy (radiotherapy, cancer, imaging biomarker)

著書・論文

著書:

1. 生島 仁史, 古谷 俊介 :
放射線療法概論,
2019年9月.
2. 生島 仁史, 芳賀 昭弘 :
やさしくわかる放射線治療学(担当:編集,放射線治療物理),
秀潤社, 2018年10月.
3. 生島 仁史 :
子宮体がん治療ガイドライン,
金原出版株式会社, 2018年9月.
4. 生島 仁史 :
高線量率密封小線源治療ガイダンス2017,
2018年7月.
5. 生島 仁史 :
がん放射線療法2017ー子宮頸癌術後照射の項ー,
秀潤社, 2017年7月.
6. Minoru Sakama, Shinsaku Takeda, Erika Matsumoto, Tomoki Harukuni, Hitoshi Ikushima, Yukihiko Satou and Keisuke Sueki :
Monte Carlo Evaluation of Internal Dose and Distribution Imaging Due to Insoluble Radioactive Cs-Bearing Particles of Water Deposited Inside Lungs via Pulmonary Inhalation Using PHITS Code Combined with Voxel Phantom Data,
Springer, Feb. 2016.
(DOI: 10.1007/978-4-431-55848-4_19,   Elsevier: Scopus)
7. 生島 仁史 :
放射線治療総論・放射線治療の適応と方法,
日本婦人科腫瘍学会, 東京都, 2015年7月.
8. 生島 仁史 :
骨病変のマネージメント,放射線療法,
医薬ジャーナル社, 2013年3月.
9. 生島 仁史 :
各論,子宮体がん,
南江堂, 2012年10月.
10. 生島 仁史 :
放射線治療計画ガイドライン2012,婦人科,
日本放射線腫瘍学会, 2012年10月.
11. 戸板 孝文, 山下 康行, 生島 仁史, 加藤 真吾, 茶谷 正史 :
子宮体癌取り扱い規約第3版・第1部・臨床的取り扱い・4.治療法b.放射線療法,
金原出版 株式会社, 東京, 2012年4月.
12. 戸板 孝文, 山下 康行, 生島 仁史, 加藤 真吾, 茶谷 正史 :
子宮頸癌取り扱い規約第3版・第1部・臨床的取り扱い・4.治療法c.放射線療法,
2012年4月.
13. 生島 仁史 :
放射線治療が必要な場合とその方法は,
日本医事新報社, 2011年6月.
14. 生島 仁史 :
がん放射線療法2010,第7章,子宮頸癌術後照射,
篠原出版新社, 2010年11月.
15. 生島 仁史, 竹川 佳宏 :
癌·放射線療法 2002, --- 42. 対症療法 a. SVC症候群と神経圧迫症状 ---,
株式会社 篠原出版新社, 東京, 2002年3月.
16. 竹川 佳宏, 生島 仁史, 西本 安雄, 石川 貴之 :
図解 診療放射線技術実践ガイド, --- 第3章 放射線治療技術 疾患と照射術式 5)腹部 6)骨盤 ---,
文光堂, 東京, 2002年3月.
17. 竹川 佳宏, 生島 仁史, 松木 弘量 :
癌の臨床 特集 第29回放射線による制癌シンポジウムー21世紀に向けての放射線治療, --- 放射線治療と漢方 ---,
株式会社 篠原出版新社, 東京, 2000年4月.

学術論文(審査論文):

1. Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Takaharu Kudoh, Takahiro Yoshida, Hiroshi Miyamoto, Masafumi Harada, Tetsuji Takayama and Akira Tangoku :
Clinical outcomes and prognostic factors of definitive radiotherapy for esophageal cancer,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1, 2, 99-105, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113342,   DOI: 10.2152/jmi.66.99,   PubMed: 31064964,   Elsevier: Scopus)
2. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Chisato Tonoiso, Ayaka Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka and Masafumi Harada :
Clinical outcomes of hypofractionated image-guided multifocal irradiation using volumetric-modulated arc therapy for brain metastases.,
Journal of Radiation Research, Vol.60, No.1, 134-141, 2019.
(DOI: 10.1093/jrr/rry091,   PubMed: 30445426)
3. Takashi Asahara, Hiroaki Hayashi, Emi Tomita, Kanako Sakuragawa, Hiroshi Saegusa, Yasufumi Shitakubo, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Yoshiki Mihara, Yoshinori Miyahara, Tohru Okazaki, Takuya Hashizume and Vergil LE Cruz :
Development of Novel Rectum Dosimeter using OSL sheet with the aim of Direct Dose Measurement of Organ Dose during Brachytherapy,
Progress in Nuclear Science and Technology, Vol.6, 30-33, 2019.
(DOI: 10.15669/pnst.6.30)
4. Emi Tomita, Hiroaki Hayashi, Takashi Asahara, Kanako Sakuragawa, Yasufumi Shitakubo, Hiroshi Saegusa, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Sota Goto, Tohru Okazaki, Takuya Hashizume and Vergil LE Cruz :
Direct Radiation Dose Measurement of Rectum during High-Dose-Rate 192Ir Brachytherapy for Cervical Cancer Treatment,
Progress in Nuclear Science and Technology, Vol.6, 39-42, 2019.
(DOI: 10.15669/pnst.6.39)
5. 兼安 祐子, 藤原 久也, 西村 哲夫, 加藤 真吾, 大野 達也, 櫻井 英幸, 猪本 智子, 生島 仁史, 宇野 隆, 徳丸 直郎, 播磨 洋子, 五味 弘道, 喜多 みどり, 野田 真永, 高橋 健夫, 新部 譲, 戸板 孝文 :
子宮頸癌患者に対する日本語版QOL調査票の開発,
日本婦人科腫瘍学会雑誌, Vol.36, No.4, 682-691, 2018年.
6. Takafumi Toita, Tatsuya Ohno, Hitoshi Ikushima, Tetsuo Nishimura, Takashi Uno, Kazuhiko Ogawa, Hiroshi Onishi, Takushi Dokiya and Jun Itami :
National survey of intracavitary brachytherapy for intact uterine cervical cancer in Japan,
Journal of Radiation Research, Vol.59, No.4, 469-476, 2018.
(DOI: 10.1093/jrr/rry035,   PubMed: 29986113,   Elsevier: Scopus)
7. Toshiaki Saito, Tsutomu Tabata, Hitoshi Ikushima, Hiroyuki Yanai, Hironori Tashiro, Hitoshi Niikura, Takeo Minaguchi, Toshinari Muramatsu, Tsukasa Baba, Wataru Yamagami, Kazuya Ariyoshi, Kimio Ushijima, Mikio Mikami, Satoru Nagase, Masanori Kaneuchi, Nobuo Yaegashi, Yasuhiro Udagawa and Hidetaka Katabuchi :
Japan Society of Gynecologic Oncology guidelines 2015 for the treatment of vulvar cancer and vaginal cancer,
International Journal of Clinical Oncology, Vol.23, No.2, 201-234, 2017.
(DOI: 10.1007/s10147-017-1193-z,   PubMed: 29159773,   Elsevier: Scopus)
8. Hitoshi Ikushima, Wakatsuki Masaru, Ariga Takuro, Kaneyasu Yuko, Tokumaru Sunao, Isohashi Fumiaki, Ii Noriko, Uno Takashi, Ohno Yatsuya, Kokichi Arisawa and Toita Takafumi :
Radiotherapy for vaginal cancer: a multi-institutional survey study of the Japanese Radiation Oncology Study Group,
International Journal of Clinical Oncology, 1-7, 2017.
(DOI: 10.1007/s10147-017-1205-z,   PubMed: 29086206)
9. Hidehisa Mori, Tomoharu Fukumori, KEI DAIZUMOTO, MEGUMI TSUDA, Yoshito Kusuhara, Tomoya Fukawa, Yasuyo Yamamoto, Kunihisa Yamaguchi, Masayuki Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiro-omi Kanayama :
Predictive Factors for Prolonged Urination Disorder After Permanent 125I Brachytherapy for Localized Prostate Cancer,
In Vivo, Vol.31, No.4, 755-761, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113626,   DOI: 10.21873/invivo.11127,   PubMed: 28652453,   Elsevier: Scopus)
10. Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Kamomae Takeshi, Hitoshi Ikushima, Kitaoka Motonori, Bando Ryota, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Influence of multi-leaf collimator leaf transmission on head and neck intensity-modulated radiation therapy and volumetric-modulated arc therapy planning.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.35, No.9, 511-525, 2017.
(DOI: 10.1007/s11604-017-0661-8,   PubMed: 28647834,   Elsevier: Scopus)
11. Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima, Keiko Kudoh, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Natsumi Takamaru, Tetsuya Tamatani and Youji Miyamoto :
Effectiveness of Newly Developed Water-Equivalent Mouthpiece during External Beam Radiotherapy for Oral Cancer,
Ann Carcinog, Vol.2, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113606)
12. T Ohno, M Wakatsuki, T Toita, Y Kaneyasu, K Yoshida, S kato, N Li, S Tokumaru, Hitoshi Ikushima, T Uno, SE Noda, T kazumoto and Y harima :
Recommendations for high-risk clinical target volume definition with comp@uted tomography for three-dimensional image-guided brachytherapy in cervical cancer patients.,
Journal of Radiation Research, Vol.58, No.3, 341-350, 2016.
(DOI: 10.1093/jrr/rrw109,   PubMed: 27837120)
13. T Sato, K Hayakawa, M Noda, N Kamikonya, T Wanatabe, D Kato, Y Sakai, M Hiraoka, M Shimada, Hitoshi Ikushima, H Baba, N Oya, K Nemoto-Murofushi, M Takeuchi and M Watanabe :
A multicenter phase I study of preoperative chemoradiotherapy with S-1 and irinotecan for locally advanced lower rectal cancer (SAMRAI-1).,
Radiotherapy and Oncology, Vol.120, No.2, 222-227, 2016.
(DOI: 10.1016/j.radonc.2016.06.002,   PubMed: 27317556)
14. Hirokazu Ogino, Masaki Hanibuchi, Hiromitsu Takizawa, Shoji Sakiyama, Sumitomo Hiroyuki, Seiji Iwamoto, Hitoshi Ikushima, Nakajima Kohei, Shinji Nagahiro, Yamago Taito, Yuko Toyoda, Yoshimi Bando and Yasuhiko Nishioka :
Primary Pulmonary Synovial Sarcoma Showing a Prolonged Survival with Multimodality Therapy,
Internal Medicine, Vol.55, No.4, 381-387, 2016.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.55.5169,   PubMed: 26875964)
15. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, T Kamomae, T Kishi, Masataka Oita and Masafumi Harada :
Dose impact of rectal gas on prostatic IMRT and VMAT,
Japanese Journal of Radiology, Vol.33, No.12, 723-733, 2015.
(DOI: 10.1007/s11604-015-0481-7,   PubMed: 26573828)
16. Tomokazu Senzaki, Tomoharu Fukumori, Hidehisa Mori, Yoshito Kusuhara, Masatsugu Komori, Junichiro Kagawa, Tomoya Fukawa, Yasuyo Yamamoto, Kunihisa Yamaguchi, Masayuki Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiro-omi Kanayama :
Clinical Significance of Neoadjuvant Combined Androgen Blockade for More Than Six Months in Patients with Localized Prostate Cancer Treated with Prostate Brachytherapy.,
Urologia Internationalis, Vol.95, No.4, 457-464, 2015.
(DOI: 10.1159/000439573,   PubMed: 26461847)
17. Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Masanori Takehara, kaizo Kagamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Tatsunao Sueuchi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Sayo Matsumoto, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Yasuhiro Sato, Tamotsu Sagawa, Koji Fujikawa, Yasushi Sato, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama :
A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.3, 615-620, 2015.
(DOI: 10.1007/s00280-015-2835-3,   PubMed: 26220846,   Elsevier: Scopus)
18. D Gomez, R Komaki, J Yu, 生島 仁史, A Bezjak :
Radiation therapy definitions and reporting guidelines for thymic malignancies,
Chinese Journal of Lung Cancer, Vol.17, No.2, 110-115, 2014年.
(DOI: 10.3779/j.issn.1009-3419.2014.02.08,   PubMed: 24581161)
19. Youichi Otomi, Hideki Otsuka, Kaori Terazawa, Hayato Nose, Michiko Kubo, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Ikushima, Yoshimi Bando and Masafumi Harada :
Comparing the performance of visual estimation and standard uptake value of F-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography for detecting malignancy in pancreatic tumors other than invasive ductal carcinoma.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 171-179, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106141,   DOI: 10.2152/jmi.61.171,   PubMed: 24705763)
20. 佐々木 幹治, 富永 正英, t Kamomae, 生島 仁史, T Kishi, T Kawashita, A Tada, M Shigemitsu, 笈田 将皇 :
Clinical evaluation of automatic contours for head and neck region using deformable image registration software,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.11, 1250-1260, 2013年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2013_JSRT_69.11.1250,   PubMed: 24256648,   CiNii: 130003384217,   Elsevier: Scopus)
21. 佐々木 幹治, 生島 仁史, Y Nakaguchi, T Kishi, M Kimura, R Bandou, M Oita :
A comparison of four commercial radiation treatment planning systems for prostate intensity modulated radiation therapy,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.7, 761-772, 2013年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2013_JSRT_69.7.761,   PubMed: 23877154)
22. Bado Ryota, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Taro Kishi, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo and Koichi Tamura :
Changes of tumor and normal structures of the neck during radiation therapy for head and neck cancer requires adaptive strategy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1,2, 46-51, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106041,   DOI: 10.2152/jmi.60.46,   PubMed: 23614911)
23. 田中 義浩, 生島 仁史, 近藤 和也, 監﨑 孝一郎, 坂東 良美, 音見 暢一, 前澤 博 :
非小細胞肺癌に対する術前導入化学放射線療法における画像診断の有用性,
(月刊)臨床放射線, Vol.58, No.1, 222-228, 2013年.
(CiNii: 40019562587,   Elsevier: Scopus)
24. Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima and Eiichi Honda :
Shielding Effect of a Customized Intraoral Mold Including Lead Material in High-dose-rate 192-Ir Brachytherapy for Oral Cavity Cancer.,
Journal of Radiation Research, Vol.53, No.1, 130-137, 2012.
(DOI: 10.1269/jrr.11102,   PubMed: 22223463,   CiNii: 10030023834)
25. K Kishi, T Sonomura, S Shirai, Y Noda, M Sato, Hitoshi Ikushima and RJ Oh :
Reirradiation of paraaortic lymph node metastasis by brachytherapy with hyaluronate injection via paravertebral approach: With DVH comparison to IMRT.,
Brachytherapy, Vol.12, No.1, 8-13, 2011.
(DOI: 10.1016/j.brachy.2011.12.004,   PubMed: 22209390)
26. D Gomez, R Komaki, J Yu, Hitoshi Ikushima and A Bezjak :
Radiation therapy definitions and reporting guidelines for thymic malignancies.,
Journal of Thoracic Oncology, Vol.6, No.3, S1743-1748, 2011.
(DOI: 10.1097/JTO.0b013e31821ea60c,   PubMed: 21847057)
27. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 笈田 将皇 :
Impact of multileaf collimator leaf positioning accuracy on intensity modulated radiation therapy,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.5, 497-506, 2011年.
(DOI: 10.6009/jjrt.67.497,   PubMed: 21666373,   CiNii: 10028109603)
28. 福森 知治, 中逵 弘能, 古谷 俊介, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 岸本 大輝, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
中間リスク群,高リスク群前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の治療成績,
Japanese Journal of Endourology, Vol.24, No.1, 131-135, 2011年.
(CiNii: 10030921993)
29. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 下窪 康史, 高志 智, 笈田 将皇 :
マルチリーフコリメータの位置精度が強度変調放射線治療に及ぼす影響,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.5, 497-506, 2011年.
30. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 山田 健二, 笈田 将皇, 西谷 弘 :
強度変調放射線治療におけるradiographic filmと radiochromic filmの比較評価,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.66, No.5, 525-534, 2010年.
(DOI: 10.6009/jjrt.66.525,   CiNii: 10026453315,   Elsevier: Scopus)
31. Hitoshi Ikushima, P Balter, R Komaki, S Hunjun, MK Bucci, Z Liao, MF Mcaleer, ZH Yu, Y Zhang, JY Chang and L Dong :
Daily Alignment Results of In-Room Computed Tomography-Guided Stereotactic Body Radiation Therapy for Lung Cancer,
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.79, No.2, 473-480, 2010.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2009.11.009,   PubMed: 20399032)
32. Hitoshi Ikushima, L Dong, J Erasmus, P Allen, MF Macaleer, Y Zhuang, R Sasaki and R Komaki :
Predictive Value of 18F-Fluorodeoxyglucose Uptake by Positron Emission Tomography for Non-Small Cell Lung Cancer Patients Treated with Radical Radiotherapy,
Journal of Radiation Research, Vol.51, No.4, 465-471, 2010.
(DOI: 10.1269/jrr.10024,   PubMed: 20508373)
33. Y Kishida, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Y Hara, M Oita and Hiromu Nishitani :
Use of a diagnostic positron emission tomography-computed tomography system for planning radiotherapy positioning: distortion of the tabletop.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.2, 143-148, 2010.
(DOI: 10.1007/s11604-009-0398-0,   PubMed: 20182849)
34. Hitoshi Ikushima :
Radiation therapy: state of the art and the future.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1, 2, 1-11, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 66513,   DOI: 10.2152/jmi.57.1,   PubMed: 20299738,   CiNii: 80020865946)
35. Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima, Keiko Kudoh, Reiko Tokuyama, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hiromu Nishitani and Eiichi Honda :
High-dose-rate brachytherapy for patients with maxillary gingival carcinoma using a novel customized intraoral mold technique.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.109, No.2, e102-8, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tripleo.2009.10.019,   PubMed: 20123391)
36. 生島 仁史 :
-state of the art and in the future-,
四国医学雑誌, Vol.65, No.5,6, 155-162, 2009年.
37. Akiko Kubo, Kyosuke Osaki, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiromu Nishitani :
Risk factors for radiation pneumonitis caused by whole breast irradiation following breast-conserving surgery.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 99-110, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111315,   DOI: 10.2152/jmi.56.99,   PubMed: 19763021)
38. Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani :
Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer.,
Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008.
(DOI: 10.1007/s11604-007-0211-x,   PubMed: 18683571)
39. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Toshiaki Sano, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Prognostic significance of HIF-2alpha expression on tumor infiltrating macrophages in patients with uterine cervical cancer undergoing radiotherapy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 78-86, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110842,   DOI: 10.2152/jmi.55.78,   PubMed: 18319549)
40. Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh and Masafumi Harada :
Can Kampo Therapy prolong the life of cancer patients?,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 99-105, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110845,   DOI: 10.2152/jmi.55.99,   PubMed: 18319551)
41. Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Radiation therapy for cervical cancer in the elderly,
Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ygyno.2007.07.058,   PubMed: 17707075)
42. 生島 仁史, 西谷 弘 :
緩和ケアにおける放射線治療の役割,
四国医学雑誌, Vol.61, No.3 4, 71-79, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 65696,   CiNii: 40007059221)
43. Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Pelvic bone complications following radiation therapy of gynecologic malignancies: clinical evaluation of radiation-induced pelvic insufficiency fractures,
Gynecologic Oncology, Vol.103, No.3, 1100-1104, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ygyno.2006.06.038,   PubMed: 16919711)
44. Shunsuke Furutani, Takuya Saze, Hitoshi Ikushima, Masataka Oita, Kyosuke Osaki, Yoshiomi Kishida, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Quality Assurance of I-125 Seed for Prostate Brachytherapy Using an Imaging Plate,
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.66, No.2, 603-609, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2006.05.052,   PubMed: 16966003)
45. Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio,
Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
(DOI: 10.1007/BF02493277,   PubMed: 16715672)
46. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Quality Assurance of I-125 Seed Permanent Implant Therapy Using a Self-color Developing Reflection-type Dosimetry Sheet Film,
Radiation Medicine, Vol.23, No.7, 474-477, 2005.
(PubMed: 16485537)
47. Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Hirokazu Mathuki, Hiroaki Yasuda, Takashi Kawanaka, Atsushi Shiba, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto and Hiromu Nishitani :
Insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancies,
The Official Jpurnal of The Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Vol.14, No.4, 229-232, 2002.
48. Hitoshi Ikushima, Koichi Tokuuye, Minako Sumi, Yoshikazu Kagami, Shigeyuki Murayama, Hiroshi Ikeda, Minoru Tanaka, Hiroshi Oyama, Soichiro Shibui and Kazuhiro Nomura :
Fractionated stereotactic radiation therapy for brain metastasis from renal cell carcinoma,
International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, Vol.48, No.5, 1389-1393, 2000.
(DOI: 10.1016/S0360-3016(00)00804-X)
49. Hirokazu Matsuki, Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kenichi Kashihara and Hiromu Nishitani :
A comparison of the results of radiotherapy and surgical treatment of tangue cancer,
The Official Jpurnal of The Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Vol.12, No.02, 143-152, 2000.
50. Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Hirokazu Mathuki, Kenichi Kashihara and Hiromu Nishitani :
Radiotherapy for Carcinoma of the Uterine Cervix using Low-Dose-Rate Intercavitary Brachytherapy- A Retrospective Analysis of Pretreatment and Treatment Prognostic Factore-,
The Official Jpurnal of The Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Vol.11, No.1, 37-46, 1999.
51. Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Hiroaki Yasuda, Yumi Makimoto, Kenji Matsuzaki, Kenichi Kashihara, Junji Ueno, Mitsunori Sasa, Tadaoki Morimoto and Hiromu Nishitani :
Radiation Complications Following Breast Conserving Therapy,
Breast Cancer, Vol.5, No.4, 395-400, 1998.
52. 田内 美紀, 須井 修, 柏原 賢一, 原田 雅史, 向所 敏文, 橘川 薫, 徳山 教民, 大塚 良一, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
子宮頸癌の骨転移例の検討,
日本放射線腫瘍学会誌, Vol.02, No.02, 111-117, 1990年.
53. 原田 雅史, 大塚 良一, 須井 修, 向所 敏文, 徳山 教民, 橘川 薫, 田内 美紀, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
放射線療法を行った頭蓋内動静脈奇形について,
(月刊)臨床放射線, Vol.35, No.03, 315-319, 1990年.

学術論文(紀要・その他):

1. 福森 知治, 古谷 俊介, 中逵 弘能, 仙崎 智一, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
限局性前立腺癌に対する密封小線源療法のリスク分類別治療成績,
泌尿器外科, Vol.27, No.8, 1651-1654, 2012年.
2. 竹川 佳宏, 河野 幸子, 八木 浩史, 吉永 純子, 斉藤 博史, 原田 雅史, 生島 仁史, 高橋 雅子, 笹下 薫 :
進行子宮頸癌に対する放射線+化学療法(B-M療法)併用における成績,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.7, 105-110, 1997年.
3. 竹川 佳宏, 八木 浩史, 吉永 純子, 生島 仁史, 高橋 雅子 :
放射線と中医免疫ー臨床面からー,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.6, 175-184, 1996年.

総説・解説:

1. 生島 仁史 :
がん放射線療法,
医用画像情報学会誌, Vol.34, No.1, 7-12, 2017年3月.
2. 富永 正英, 下窪 康史, 生島 仁史, 本田 道隆, 佐々木 幹治 :
Cone-b eam CT 画像を用いた小線源治療計画への応用,
画像通信, Vol.77, No.2, 55-61, 2016年10月.
3. Shinya Morimoto, Mitsuo Shimada, Nobuhiro Kurita, Horohiko Sato, Takashi Iwata, Masanori Nishioka, Kouzou Yoshikawa, Tomohiko Miyatani, H Kashihara, Chie Takasu and Hitoshi Ikushima :
Preoperative radiotherapy combined with S-1 for advanced lower rectal cancer: phase I trial.,
Hepato-Gastroenterology, Vol.59, No.117, 1428-1432, Jul. 2012.
(DOI: 10.5754/hge11699,   PubMed: 22155856)
4. 古谷 俊介, 福森 知治, 生島 仁史, 金山 博臣 :
リアルタイムプランニングによる辺縁配置法の実践,
Interplant ver. 3.3を用いた術中計画ハンドブック, 2012年6月.

国際会議:

1. Tomita Emi, Hayashi Hiroaki, Asahara Takashi, Kimoto Natsumi, Goto Sota, Yuki Kanazawa, Shitakubo Yasufumi, Sakuragawa Kanako, Hitoshi Ikushima, Okazaki Tohru and Hashizume Takuya :
Development of a Clinically Applicable Rectum Dosimeter for Brachytherapy using an Optically Stimulated Luminescence Dosimeter,
19th International Conference on Solid State Dosimetry (SSD19), Hiroshima, Sep. 2019.
2. Emi Tomita, Hiroaki Hayashi, Takashi Asahara, Yasufumi Shitakubo, Kanako Sakuragawa, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Tohru Okazaki and Takuya Hashizume :
Evaluation of dose to risk organ during brachytherapy for cervical cancer using a novel passive rectum dosimeter,
European Congress of Radiology, Wien, Mar. 2019.
3. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-Term Outcome of Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patients: A Propensity Score-Matched Analysis,
RSNA2018, Nov. 2018.
4. Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima, Akihiro Haga, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Masato Nishimura, Akiko Abe, Minoru Irahara and Masafumi Harada :
Investigation of prognostic factors of cervical cancer using pre-treatment MRI images,
The 2018 International Gynecologic Cancer Society Meeting, Sep. 2018.
5. Tomita Emi, Hiroaki Hayashi, Asahara Takashi, Shitakubo Yasufumi, Sakuragawa Kanako, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Okazaki Tohru and Hashizume Takuya :
First Trial of Actual Dose Measurement of Organ at Risk During Brachytherapy for Cervical Cancer in Tokushima University Hospital,
Second International Seminar and Workshop on Technological Competency as Caring in the Health Science, Tokushima, Aug. 2018.
6. Hiroaki Hayashi, Emi Tomita, Takashi Asahara, Yasufumi Shitakubo, Kanako Sakuragawa, Hiroshi Saegusa, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Sota Goto, Natsumi Kimoto, Yoshiki Mihara, Yoshinori Miyahara, Tohru Okazaki, Takuya Hashizume and Vergil Estacio Lorenzo Cruz :
Development of a new in-vivo measurement system by means of OSL dosimeters during brachytherapy for cervical cancer,
RSNA2017 (Radiological Society of North America), Chicago, Nov. 2017.
7. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patient: A Japanese Single Institutional Study,
ASTRO's 59th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2017.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2017.06.1191)
8. Takashi ASAHARA, Hiroaki Hayashi, Emi TOMITA, Kanako SAKURAGAWA, Yasufumi SHITAKUBO, Hitoshi Ikushima and Tohru OKAZAKI :
Development of a Novel Rectum Dosimeter for Evaluation of Organ Dose Exposure during Brachytherapy using High-Dose-Rate Ir-192,
The 3rd International Conference on Radiological Science and Technology, Hiroshima, Oct. 2017.
9. Emi TOMITA, Hiroaki Hayashi, Takashi ASAHARA, Kanako SAKURAGAWA, Yasufumi SHITAKUBO, Hiroshi SAEGUSA, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Sota GOTO, Tohru OKAZAKI, Takuya HASHIZUME and Vergil LE CRUZ :
Direct Radiation Dose Measurement of Rectum during High-Dose-Rate 192Ir Brachytherapy for Cervical Cancer Treatment,
International Symposium On Radiation Safety and Detection Technology (ISORD-9), Nagoya, Jul. 2017.
10. Takashi ASAHARA, Hiroaki Hayashi, Emi TOMITA, Kanako SAKURAGAWA, Hiroshi SAEGUSA, Yasufumi SHITAKUBO, Hitoshi Ikushima, Yuki Kanazawa, Yoshiki MIHARA, Yoshinori MIYAHARA, Tohru OKAZAKI, Takuya HASHIZUME and Vergil CRUZ :
Development of Novel Rectum Dosimeter using OSL sheet with the aim of Direct Dose Measurement of Organ Dose during Brachytherapy,
International Symposium On Radiation Safety and Detection Technology (ISORD-9), Nagoya, Jul. 2017.
11. Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-Term Outcome of Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patients,
2017 ABS Annual Conference, Boston, Apr. 2017.
12. Hitoshi Ikushima, M Wakatsuki, T Ariga, Y Kaneyasu, S Tokumaru, F Isohashi, N Ii, T Uno, T Ono and T Toita :
Current practice and outcomes of radiotherapy for vaginal cancer: A multi-institutional retrospective study of Japan Radiation Oncology Study Group (JROSG),
16th biennial meeting of the international gynecologic cancer society, Oct. 2016.
13. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Ayaka Takahashi, Kanako Miyamoto, Yuta Arai, Saki Nagase and Masafumi Harada :
Clinical Outcomes of Fractionated Stereotactic Radiotherapy using Volumetric Modulated Arc Therapy for Multiple Brain Metastases,
58th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Boston, Sep. 2016.
14. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Impact of Salvage Chemoradiation Therapy With Triple-Drug Combination(Docetaxel,5-FU, and CDDP)for Postoperative Locoregional Recurrence of Esophageal Cancer,
58th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Boston, Sep. 2016.
15. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, 川下 徹也, Takeshi Kamomae, Ryota Bandoh, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Dose impact of rectal gas on prostate VMAT,
AAPM 58th Annual Meeting, Jul. 2016.
16. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-term Outcome of I125 Low-dose-rate Brachytherapy for Clinically Localized Prostate Cancer at Single University Hospital,Which Is One of The Initial Institutions Using I125 Low-dese-rate Brachytherapy in Japan,
2016 ABS Annual Meeting(World Congress of Brachytherapy), San Francisco, Jun. 2016.
17. Minoru Sakama, Hitoshi Ikushima, Shunsuke Furutani, Takaharu Yamada and Teruki Ichiraku :
Compact designed automation device for accurate independent calibration of Brachytherapy seeds of Iodine-125,
MMND-IPCT conference 2014, Oct. 2014.
18. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Salvage chemoradiation therapy with triple-drug combination (Docetaxel, 5-FU and CDDP) for postoperative locoregional recurrence of esophageal cancer,
56th annual meeting of ASTRO, San Francisco, Sep. 2014.
19. Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka and Masafumi Harada :
Contribution of imaging in diagnosis of local recurrence after radiation therapy for cervical cancer,
San Francisco, Sep. 2014.
20. Minoru Sakama, Hitoshi Ikushima, Takuya Saze, 長野 裕介, Takashi Yamada, Teruki Ichiraku, Hisashi Takai, Yoshinori Kuwahara and Shintaro Nakayama :
Development of automated measurement system for radioactive intensities of sealed small radiation sources (Iodine-125 seed source) for brachytherapy,
5th Asia-Pacific symposium on radiochemistry, Sep. 2013.
21. Hitoshi Ikushima :
New technology to support brachytherapy in Japan,
The MD Anderson Radiation Oncology Gilbert H. Fletcher Society 37th Annual Scientific Meeting, Apr. 2013.
22. Hitoshi Ikushima, Kazuya Kondo and Youichi Otomi :
Treatmet effect of eoadjuvat chemoradiatio therapy for osmall cell lug cacer evaluated by multi-modality imaging and histopathological analyses,
ASTRO 54, Sep. 2012.
23. Youichi Otomi, Hideki Otsuka, Hayato Nose, Kaori Terazawa, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
FDG-PET/CT in esophageal lesions other than squamous cell carcinoma and adenocarcinoma,
Miami, Jun. 2012.
24. Youichi Otomi, Hideki Otsuka, Hayato Nose, Kaori Terazawa, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Does the H/M ratio of I-123 MIBG match the cardiac function in Parkinson's disease patients?,
Miami, Jun. 2012.
25. Youichi Otomi, Hideki Otsuka, Hayato Nose, Kaori Terazawa, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
FDG-PET/CT in non-cutaneous malignant melanoma,
Miami, Jun. 2012.
26. Youichi Otomi, Hideki Otsuka, Hayato Nose, Kaori Terazawa, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Muscle FDG accumulation under physiological and non-physiological conditions,
Miami, Jun. 2012.
27. Yoshihiro Tanaka, Hitoshi Ikushima, Hiroshi Maezawa and Kazuya Kondo :
Usefulness of diagnostic imaging in neoadjuvant chemoradiation therapy for non-small cell lung cancer,
ESTRO 31, May 2012.
28. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 原 康男, 福永 有希子, 富永 正英, Hitoshi Ikushima and Masataka Oita :
Impact of MLC positioning accuracy on IMRT,
2011Joint AAPM/COMP meeting, Jul. 2011.
29. Kyo Yamashita, Hirokazu matsuki, Takashi Kawanaka, S Taguchi, Kenichi Kashihara and Hitoshi Ikushima :
Local Graft Irradiation for ABO Mismatched Renal Transplantation,
RSNA2010, Dec. 2010.
30. Hitoshi Ikushima :
Predictive value 18F-Fluorodeoxyglucose uptake by positron emission tomography for non-small cell lung cancer patients treated with radical radiotherapy requires consideration of primary tumor size,
LA, Sep. 2008.
31. Hitoshi Ikushima :
Prognostic Significance of HIF-2 alpha Expression on Tumor Infiltrating Macrophages in Patients with FIGO Stage IIIb Uterine Cervival Cancer undergoing Radiotherapy,
LA, Sep. 2008.
32. Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Osaki Kyohsuke, Furutani Shunsuke, Yamashita Kyoh, Kawanaka Takashi and Takaharu Kudoh :
Can Kampo Therapy (Juzentaihoto) Prolong the Life of Cancer Patients?,
The 14th International Congress of Oriental Medicine, Taipei, Dec. 2007.
33. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Kyo Yamashita, Takashi Kawanaka, Seiji Iwamoto, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Intraarterial chemotherapy and concurrent radiation for locally advanced bladder cancer,
49th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Los Angeles, Oct. 2007.
34. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Takuya Saze, Kyosuke Osaki, Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Quality assurance of Iodine 125 seeds for prostate brachytherapy using an imaging plate,
48th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Philadelphia, Nov. 2006.
35. Kishida Yoshiomi, Masataka Oita, Hitoshi Ikushima, Ozaki Kyousuke, Furutani Shunsuke, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Basic study for radiation treatment planning using PET/CT - Accuracy of a table-,
Sapporo, Jul. 2006.
36. Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Pelvic insufficiency fractures following radiation therapy for gynecologic malignancy,
American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 47th annualmeeting, Denver, Nov. 2005.
37. Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka and Hiromu Nishitani :
Long-term results of radiation therapy for carcinoma of the uterine cervix,
radiological society of north america 91st scientific assembly and annual meeting, Chicago, Nov. 2005.
38. Masataka Oita, Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki and Hiromu Nishitani :
Quality control of FOCAL unit with a micro-multi leaf collimator (mMLC) using new Gafchromic film for non-invasive stereotactic radiotherapy,
8th BIENIAL ESTRO MEETING ON PHYSICS AND RADIATION TECHNOLOGY FOR CLINICAL RADIOTHERAPY, Lisbon, Sep. 2005.
39. Takashi Kawanaka, Hitoshi Ikushima, Hiromu Nishitani, Kyousuke Osaki and Yoshihiro Takegawa :
Myelosuppression which happens in succession to concurrent cisplatin-based chemoradiation therapy to uterine cervical cancer, --- prevention of this side effect ---,
Chicago, Nov. 2003.
40. Takashi Kawanaka, Hitoshi Ikushima, Hiromu Nishitani, Kyousuke Osaki and Yoshihiro Takegawa :
The expression of the hypoxia-inducible factor-2 alpha (HIF-2 alpha) in human cervical cancer, --- relationship between the expression and clinical outcomes ---,
Chicago, Nov. 2003.
41. Yoshihiro Takegawa and Hitoshi Ikushima :
The Long-term Result of Combined Radiotherapy with Immunotherapy using KRESTIN (PSK) in Primary Uterin Cervical Cancer,
Sixth Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society, Fukuoka, Oct. 1997.

国内講演発表:

1. 工藤 景子, 里村 一人, 高野 栄之, 中西 宏彰, 工藤 隆治, 生島 仁史, 長山 勝 :
放射線性口内炎に対する蛍光診断の可能性,
第16回日本口腔粘膜学会総会・学術集会,
2. 生島 仁史 :
婦人科小線源治療における鎮静鎮痛,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
3. 久保 亜貴子, 生島 仁史, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 原田 雅史 :
腋か領域を含めた乳癌術後照射における放射線肺臓炎の検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
4. 外礒 千智, 芳賀 昭弘, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部扁平上皮癌における予後因子の検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
5. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院におけるSAVIアプリケータを用いたAPBIの術式と整合性についての検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
6. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
非小細胞肺癌能転移に対する全脳照射の局所制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
7. 小西 大輔, 二若 真菜, 藤原 由莉, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 上原 久典, 大豆本 圭, 宇都 義浩 :
医療用直線加速器の高線量率モードX線に対するGemcitabineの増感効果,
日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月.
8. 佐々木 幹治, 富永 正英, 櫻川 加奈子, 横石 道寛, 石川 恭平, 北川 絢太, 加納 洋介, 生島 仁史 :
3次元線量検証システムを用いた長期安定性の調査,
第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019年10月.
9. 宇都 義浩, 羽生 紋佳, 楠橋 由貴, 二若 真菜, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史 :
医療用直線加速器の高線量率モードX線を増感する抗がん剤の探索,
第25回癌治療増感研究会, 2019年6月.
10. 下窪 康史, 櫻川 加奈子, 冨田 恵美, 林 裕晃, 金澤 裕樹, 生島 仁史 :
子宮頸癌RALSにおける自作直腸線量計を用いた実臨床データとその分析,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第21回学術大会, 2019年5月.
11. 冨田 恵美, 林 裕晃, 淺原 孝, 下窪 康史, 櫻川 加奈子, 金澤 裕樹, 生島 仁史 :
子宮頸癌の腔内照射における直腸線量実測に向けたディスポーザブル型直腸線量計の開発,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第21回学術大会, 2019年5月.
12. 佐々木 幹治, 富永 正英, 川下 徹也, 横石 道寛, 櫻川 加奈子, 生島 仁史 :
VMATにおけるplan normalization valueが線量検証へ及ぼす影響,
第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年3月.
13. 外礒 千智, 芳賀 昭弘, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
治療前MRI画像を用いた子宮頸癌予後因子の検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
14. 工藤 隆治, 高橋 彩加, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
当院における放射線性骨壊死に関する臨床的研究,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
15. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 高橋 彩加, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
ビタミンA含有軟膏を予防的塗布した全乳房照射症例の検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
16. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 阿部 彰子, 西村 正人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部及び腟の異型性・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
17. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 工藤 隆治, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸癌根治的化学放射線治療後の仙骨不全骨折についての検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
18. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部扁平上皮癌放射線治療後局所残存を疑った症例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
19. 外礒 千智, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳房悪性リンパ腫の1例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
20. 外礒 千智, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳房原発悪性リンパ腫の1 例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
21. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頚部扁平上皮癌放射線治療後局所残存を疑った症例,
2018年10月.
22. 高橋 彩加, 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳癌放射線治療後の難治性潰瘍に対して胸壁再建を施行した1 例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
23. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外磯 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 森 英恭, 福森 知治, 阪間 稔, 原田 雅史 :
前立腺癌I-125シード治療におけるセラストランドの使用経験(オンコシードと比較して),
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第20回学術大会, 2018年6月.
24. 久保 亜貴子, 生島 仁史, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介 :
Image registration softwareを用いた子宮頸癌放射線治療の統合線量評価の検討,
2018年6月.
25. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 阿部 彰子, 西村 正人 :
子宮頸部及び膣の異形成・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
2018年6月.
26. 三橋 遼太, 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 高橋 彩加, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頚部小細胞癌に対して放射線治療を行った2症例,
2018年6月.
27. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
放射線治療を施行した乳房原発悪性リンパ腫の1例,
2018年5月.
28. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 川中 妙子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳癌からの転移性腰椎腫瘍に対してVMAT を用いた再照射を行った1例,
第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年5月.
29. TOMITA Emi, Hiroaki Hayashi, SHITAKUBO Yasufumi, SAKURAGAWA Kanako, Yuki Kanazawa, Hitoshi Ikushima, OKAZAKI Tohru, ASAHARA Takashi, HASHIZUME Takuya and MIYAHARA Yoshinori :
Rectum Dose Measurements Using Novel Dosimetric System During High-Dose-Rate 192Ir Brachytherapy Treatment of Cervical Cancer,
第74回日本放射線技術学会総会学術大会, Apr. 2018.
30. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二, 兒島 雄志, 芳賀 昭弘, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
Digital Phantomを用いたImage Registrationソフトウェアの性能評価,
第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年2月.
31. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外磯 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
前立腺癌I-125シード治療におけるセラストランドの使用経験,
第129回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2017年12月.
32. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
肺癌脳転移に対する全脳照射の局所制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
33. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
当院における外耳癌の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
34. 久保 亜貴子, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Image registration softwareを用いた子宮頸がん放射線治療の統合線量評価,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
35. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 外礒 千智, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸癌根治的放射線治療における組織内照射併用腔内照射での線量分布に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
36. 福森 知治, 森 英恭, 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 楠原 義人, 布川 朋也, 山本 恭代, 山口 邦久, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
高リスク限局性前立腺癌に対する I-125 密封小線源療法の治療成績と生化学的再発予測因子の検討,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
37. 下窪 康史, 櫻川 加奈子, 林 裕晃, 冨田 恵美, 浅原 孝, 生島 仁史, 岡崎 徹, 三枝 裕司, 橋詰 拓弥, Vergil LE Cruz :
子宮頸癌に対するイリジウム192を用いた腔内照射における自作直腸線量計を用いたin-vivoドジメトリー,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年10月.
38. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸部小細胞癌の1例,
第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2017年9月.
39. 久保 亜貴子, 外礒 千智, 近藤 和也, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
腋窩・鎖骨上領域を含めた乳癌術後照射における放射線肺臓炎の検討,
第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2017年9月.
40. 生島 仁史 :
Oncological emergencyにおける放射線治療の役割,
日本外科系連合学会学術集会 in Tokushima, 2017年6月.
41. 行重 佐和香, 森本 雅美, 武知 浩和, 中川 美砂子, 鳥羽 博明, 丹黒 章, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
輸血せずに集学的治療により止血せしめた薬剤抵抗性血管浸潤進行副乳癌の1例,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
42. 阪間 稔, 生島 仁史, 松本(川口) 絵里佳, 井本 尚吾, 井原 智也 :
小線源治療におけるリスク臓器の被ばく線量評価を目的とした最新モンテカルロシミュレーション計算コードPHITS ver.2.91,
小線源治療部会第19回学術大会,一般演題(物理),奈良県文化会館, 2017年5月.
43. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 兒島 雄志, 山田 健二, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
市販Image registrationソフトウェアの評価用Digital Phantomの開発,
日本放射線腫瘍学会第30回高精度外部放射部会学術大会, 2017年3月.
44. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院における聴器癌の治療成績,
第127回 日本医学放射線学会 中国・四国地方会, 2016年12月.
45. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Sequential radioactive iodine treatment and intensity modulated radiotherapy:a case repot,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, 2016年11月.
46. 下窪 康史, 生島 仁史 :
Quantitative Evaluation Of Metal Artifact Reduction of CT for treatment planning of brachytherapy,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, 2016年11月.
47. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Presumed abscopal effect of radiation on bone and brain metastases of lung cancer:a case report,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, 2016年11月.
48. 細谷 未来, 佐々木 幹治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Dosimetric comparison of VMAT and 3DCRT in patients with cervical cancer,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation, 2016年11月.
49. 古谷 俊介, 生島 仁史, 川中 崇, 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 宮本 加奈子, 新井 悠太, 長瀬 紗季, 原田 雅史 :
多発性脳転移に対するVMATを用いた分割定位放射線治療の治療成績,
日本放射線腫瘍学会, 2016年11月.
50. 生島 仁史 :
特別企画1,JASTRO将来像,教育委員会の将来展望,
日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月.
51. 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頸部癌に対するIMRTにおける予防的頸部CTV設定の妥当性の検証,
日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月.
52. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
アブスコパル効果と思われる治療経過を示した肺癌の1症例,
第54回 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
53. 川中 崇, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
甲状腺乳頭癌頸部リンパ節転移に対してI-131による内容療法とIMRTを逐次併用した1症例,
第54回 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
54. 生島 仁史, 若月 優, 有賀 拓郎, 兼安 祐子, 徳丸 直郎, 礒橋 文明, 伊井 憲子, 宇野 隆, 大野 達也, 戸板 孝文 :
腟癌の放射線療法―日本放射線腫瘍学研究機構多施設調査―,
第54回日本癌治療学会, 2016年10月.
55. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
56. 佐川 友啓, 富永 正英, 田中 翼, 佐々木 幹治, 本田 道隆, 生島 仁史 :
Computed Radiography を用いた Multi-Leaf collimator の精度管理,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
57. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
58. 生島 仁史 :
画像誘導放射線治療,
第176回医用画像情報学会秋季大会, 2016年10月.
59. 生島 仁史 :
婦人科腫瘍の放射線治療,
日本放射線科専門医会・医会ミッドサマーセミナー2016, 2016年7月.
60. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
癌脳転移に対する放射線治療後のに開頭手術を施行した症例の検討,
第24回 乳癌学会学術総会, 2016年6月.
61. Hitoshi Ikushima :
密封小線源治療をサポートする新たなテクノロジー,
日本放射線腫瘍学会小線源部会題18回学術大会, May 2016.
62. 富永 正英, 佐々木 幹治, 佐々木 幹治, 田中 健登, 安友 基勝, 山田 健二, 生島 仁史 :
市販Image registrationソフトウェアの画像類似度の比較評価,
日本放射線腫瘍学会第29回高精度外部放射部会学術大会, 2016年2月.
63. 生島 仁史 :
婦人科腫瘍の放射線治療,
日本放射線専門医会ミッドウィンターセミナー, 2016年1月.
64. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 工藤 隆治 :
鼻副鼻腔癌に対する強度変調放射線治療の初期経験,
日本医学放射線学会中国四国地方会, 2015年12月.
65. 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
Necessity of postoperative radiation therapy of contralateral neck for later alized oral squamous cell carcinoma,
日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 2015年11月.
66. 生島 仁史 :
ハイブリッドIGRT,
日本放射線腫瘍学会誌, 2015年11月.
67. 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Clinical outcomes of volumetric modulated arc therapy for multiple brain metastases,
日本放射線腫瘍学会, 2015年11月.
68. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 高橋 彩加, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Intensity modulated radiation therapy for cervical cancer: Potential efficacy for reducing the adverse pelvic bone event,
日本放射線腫瘍学会, 2015年11月.
69. 福森 知治, 森 英恭, 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 大豆本 圭, 津田 恵, 楠原 義人, 香川 純一郎, 布川 朋也, 山本 恭代, 山口 邦久, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
I-125密封小線源療法のPSA再発症例の臨床的検討,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
70. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 福森 知治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院におけるI-125シード永久刺入療法を行った前立腺癌の長期成績の検討,
第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2015年10月.
71. 生島 仁史 :
婦人科腫瘍,
日本放射線腫瘍学会夏季セミナー, 2015年8月.
72. 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する強度変調放射線治療,
2015年7月.
73. 阪間 稔, 生島 仁史, 古谷 俊介, 市樂 輝義, 高井 久司, 山田 隆治, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓, 藤本 憲市, 嵯峨山 和美 :
高精度・迅速・簡便な新ヨウ素シード品質管理システム(BS-2000)の開発,
日本放射線腫瘍学会小線源部会, 2015年6月.
74. 小畑 祐太, 三宅 裕司, 佐々木 幹治, 下窪 靖史, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
子宮頸癌腔内照射におけるリンパ節領域の線量評価,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会, 2015年6月.
75. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 福森 知治, 生島 仁史, 金山 博臣, 原田 雅史 :
当院で長期経過観察をした前立腺癌I-125シード永久挿入療法の検討,
日本放射線腫瘍学会小線源部会, 2015年6月.
76. 生島 仁史 :
放射線腫瘍学論文の書き方,
第73回日本医学放射線学会総会, 2015年4月.
77. 宇山 直人, 大塚 秀樹, 音見 暢一, 原田 雅史, 生島 仁史, 山子 泰斗, 豊田 優子, 埴淵 昌毅, 西岡 安彦, 滝沢 宏光, 坂東 良美 :
特異な経過を示した肺原発滑膜肉腫の一例,
第7回呼吸機能イメージング研究会学術集会, 2015年2月.
78. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療に関する検討,
第123回日本放射線学会中国四国地方会, 2014年12月.
79. 兼安 祐子, 西村 哲夫, 藤原 久也, 大野 達也, 櫻井 英幸, 猪本 智子, 生島 仁史, 宇野 隆, 徳丸 直郎, 播磨 洋子, 戸板 孝文, 永田 靖 :
子宮頸癌治療後のQOLに関する多施設共同調査(第3報)-放射線療法群と手術療法群の比較ー,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
80. 山下 恭, 生島 仁史, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 富永 正英, 仁木 孝明 :
放射線治療に携わるスタッフのストレス状況∼徳島県の場合∼,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
81. 工藤 隆治, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頸部癌放射線治療中の転移リンパ節のサイズ変化と制御との関連,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
82. 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 生島 仁史, 福森 知治, 金山 博臣 :
5年以上経過した前立腺癌I-125シード治療症例における線量増加の有効性と安全性の検討,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
83. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性骨腫瘍に対する外部方射線療法と塩化ストロンチウム-89併用に関する検討,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
84. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸癌根治的科学放射線化学療法後のFDG集積と予後との関連,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
85. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性骨腫瘍に対する外部方射線療法と塩化ストロンチウム-89併用に関する検討,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
86. 古谷 俊介, 生島 仁史, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
当院における原発性肺癌に対する定位放射線治療成績,
第122回 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2014年6月.
87. Hitoshi Ikushima :
How to write a scientific paper on radiation oncology,
日本医学放射線学会総会, Apr. 2014.
88. 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
食道癌術後再発に対する放射線治療症例の検討,
第34回 四国食道疾患研究会, 2014年2月.
89. 高橋 直希, 西條 敦郎, 柿内 聡司, 埴淵 昌毅, 滝沢 宏光, 西野 豪志, 森住 俊, 岸 昌美, 木下 勝弘, 後東 久嗣, 音見 暢一, 生島 仁史, 先山 正二, 西岡 安彦 :
PET/CTにて集積を認めなかった嚢胞状縦隔リンパ節腫大を伴う肺腺癌の一例,
第6回呼吸機能イメージング研究会学術集会, 2014年1月.
90. 生島 仁史 :
cone beam CTによる治療計画,
マイクロセレクトロンHDR研究会, 2013年12月.
91. 阪間 稔, 長野 裕介, 桑原 義典, 山田 隆治, 市樂 輝義, 高井 久司, 佐瀬 卓也, 生島 仁史, 古谷 俊介, 中山 信太郎 :
前立腺がん治療用ヨウ素シード品質管理測定システムにおける測定精度の評価,
日本放射線安全管理学会第12回学術大会, 2013年11月.
92. 福良 亮介, 富永 正英, 生島 仁史, 増田 圭吾, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
前立腺 IMRT および VMAT 計画評価におけるレトロスペクティブ解析,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
93. 増田 圭吾, 富永 正英, 生島 仁史, 福良 亮介, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
6 軸治療寝台システムを用いた位置精度に関する基礎的検討,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
94. 工藤 隆治, 藤澤 健司, 工藤 景子, 小林 真左子, 栗林 伸行, 髙丸 菜都美, 大江 剛, 内田 大亮, 髙橋 章, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 生島 仁史, 宮本 洋二 :
当科における強度変調放射線治療(IMRT)の経験,
第12回中国四国口腔癌研究会学術講演会, 2013年11月.
95. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, lto Emma, Liu Fei-Fei :
子宮頸癌細胞でUROD knockdownを用いた放射線化学療法に関する基礎的検討,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
96. 三宅 悠太, 川中 崇, 三枝 裕司, 下窪 康史, 佐々木 幹治, 岸 太郎, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Cone beam CTによる3次元画像誘導小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
97. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
外陰癌大腿鼠径リンパ節転移に関する照射野の検討,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
98. 福森 知治, 仙崎 智一, 川中 崇, 久保 亜貴子, 香川 純一郎, 小森 政嗣, 髙橋 久弥, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
限局性前立腺癌に対するI-125密封小線源療法のPSA再発予測因子の検討,
第48回日本がん治療学会学術集会, 2013年9月.
99. 生島 仁史, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 川中 崇, 古谷 俊介 :
子宮頸癌放射線治療の新展開 子宮頸癌放射線治療後局所再発の診断,
第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2013年7月.
100. 中島 和弥, 岩本 誠司, 川中 崇, 工藤 隆治, 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 音見 暢一, 古谷 俊介, 大塚 秀樹, 生島 仁史 :
頭頸部癌の化学放射線療法における11C-Methionine PETの有用性,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年7月.
101. 生島 仁史, 三枝 裕司, 下窪 康史, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 川下 徹也, 岸 太郎 :

第120回日本医学放射線学会中国・四国放射線治療懇話会, 2013年6月.
102. 生島 仁史, 前澤 博 :
192-Ir高線量率密封小線源治療における細胞致死効果に対する線量率効果,
日本放射線腫瘍学会小線源部会第15回学術大会, 2013年5月.
103. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後の予後予測因子としてのUROD,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
104. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
口腔癌の放射線治療に用いる新型マウスピースの開発,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
105. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後局所再発の画像診断に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
106. 木村 雅司, 久保 亜貴子, 佐々木 幹治, 原 康男, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
放射線治療期間中に生じる標的の変化,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
107. 生島 仁史, 音見 暢一, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治 :
III期局所進行非小細胞肺癌の術前導入化学放射線療法,
第119回日本医学放射線学会中国四国地方会, 2012年12月.
108. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後局所再発の画像診断に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会, 2012年11月.
109. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
口腔癌の放射線治療に用いる新型マウスピースの開発,
日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会, 2012年11月.
110. 廣田 充宏, 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- DVH 解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
111. 鎌田 真奈, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- 再現性,γ解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
112. 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器の特性に関する検討,
第25回高精度放射線治療研究会, 2012年7月.
113. 古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 山田 隆治, 市楽 輝義, 篠原 敏徳, 高井 久司, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
臨床用全自動型I-125シード放射線強度測定システムの開発,
日本放射線腫瘍学会小線源部会, 2012年5月.
114. 古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 山田 隆治, 市樂 輝義, 篠原 敏徳, 高井 久司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史 :
臨床用全自動型 I-125シード放射線強度測定システムの開発,
日本放射線腫瘍学会第14回小線源治療部会, 2012年5月.
115. 福森 知治, 古谷 俊介, 中逵 弘能, 仙崎 智一, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
限局性前立腺癌に対する密封小線源療法のリスク分類別治療成績,
第27回前立腺シンポジウム, 2011年12月.
116. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頚癌化学放射線治療のリンパ節制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
117. 古谷 俊介, 生島 仁史, 大友 真姫, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 福森 知治, 金山 博臣, 原田 雅史 :
前立腺癌 I-125 シード単独治療における線量増加の有効性と安全性の検討,
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
118. 工藤 隆治, 前澤 博, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する 192-Ir 高線量率照射 in vitro 実験モデルの作成,
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
119. 福森 知治, 中逵 弘能, 古谷 俊介, 津田 恵, 布川 朋也, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
前立腺密封小線源療法前のcombined androgen blockade(CAB)療法の臨床的検討,
日本癌治療学会誌, Vol.46, No.2, 677, 2011年10月.
120. 生島 仁史, 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 近藤 和也 :
胸腺腫の放射線治療,
第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2011年5月.
121. 山崎 浩実, 古谷 俊介, 岩河 早保, 久保 亜貴子, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史 :
神経膠芽腫に対するテモゾロミド併用放射線治療成績,
第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2010年12月.
122. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 村上 千尋, 岩河 早保, 山埼 浩実, 生島 仁史 :
192-Ir モールド照射時の鉛とアクリルによる遮蔽効果の検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
123. 村上 千尋, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対するclinical target volume 設定ガイドラインの検証,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
124. 坂東 良太, 川中 崇, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頚部腫瘍に対する放射線治療中の解剖学的変化に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
125. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 山崎 浩実, 岩河 早保, 工藤 隆治, 川中 崇, 生島 仁史 :
根治的化学放射線治療後再発子宮頸癌に対する救済療法の検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
126. 木村 雅司, 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 下窪 康史, 高志 智, 生島 仁史 :
2次元半導体検出器における線量測定精度について,
第18回(社)日本放射線技師会中四国放射線技師学術大会・第51回日本放射線技術学会中国四国部会学術大会, 2010年10月.
127. 田辺 円花, 湯浅 千尋, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
MUの独立検証, --- 乳腺照射におけるRTPSと独立検証ソフトウェアとの比較 ---,
2010年10月.
128. 湯浅 千尋, 田辺 円花, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
CR装置を用いたMLCのQAについての一考察,
2010年10月.
129. 福森 知治, 中逵 弘能, 二宮 郁, 白戸 玲臣, 橋根 勝義, 古谷 俊介, 生島 仁史, 山本 恭代, 山口 邦久, 岸本 大輝, 井崎 博文, 高橋 正幸, 金山 博臣 :
早期前立腺がんの治療戦略 早期前立腺癌に対する密封小線源療法の臨床的検討,
第48回日本癌治療学会学術集会, 2010年10月.
130. 渡邊 浩良, 岡村 和美, 井上 奈巳, 花岡 尚賢, 遠藤 健次, 先山 正二, 生島 仁史, 安井 夏生, 香美 祥二 :
再発骨軟部腫瘍の3例,
第62 回 中国四国小児科学会, 2010年10月.
131. 古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
シンチレーション式サーベイメーターを用いた簡易的なヨウ素125密封小線源の線源強度測定システムの検討,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第12回研究会, 2010年5月.
132. 監﨑 孝一郎, 生島 仁史, 近藤 和也, 鳥羽 博明, 中川 靖士, 滝沢 宏光, 先山 正二, 丹黒 章 :
原発性肺癌Ⅰ期における消極的肺部分切除と定位放射線治療との比較,
第27回日本呼吸器外科学会総会, 2010年5月.
133. 河淵 聡, 福永 正明, 岸 太郎, 佐々木 幹治, 山田 健二, 富永 正英, 生島 仁史 :
MUの独立検証, --- 独立MU検証ソフトウェアと実測値との比較 ---,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
134. 古谷 俊介, 生島 仁史, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 尾﨑 享祐, 井崎 博文, 高橋 正幸, 福森 知治, 金山 博臣, 西谷 弘 :
膀胱温存を目的とした浸潤性膀胱癌に対するTUR-Bt+動注化学放射線療法の治療成績,
第47回日本癌治療学会学術集会, 2009年10月.
135. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 :
当院における前立腺癌密封小線源療法の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第22回学術大会, 2009年9月.
136. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 :
当院における前立腺癌術後のPSA再発に対する放射線治療成績,
日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年10月.
137. 越智 耕平, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 山下 恭, 中川 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
多発肺転移・骨転移をきたしたWilms腫瘍の治療経験,
第108回日本医学放射線学会中国・四国地方会(岡山), 2007年6月.
138. 尾崎 亨祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 山下 恭, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
徳島大学病院における子宮頸癌の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 231, 2006年11月.
139. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 岩本 誠司, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
前立腺癌に対するI-125密封小線源療法の1年後の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第19回学術集会(仙台)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supplement 1, 201, 2006年11月.
140. 岸田 義臣, 生島 仁史, 岩本 誠司, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 :
PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー,
日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台) 日本放射線腫瘍学会誌, Vol.18, No.Supp. 1, 151, 2006年11月.
141. 岩本 誠司, 生島 仁史, 岸田 義臣, 山下 恭, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 工藤 隆治, 西谷 弘 :
浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法併用放射線治療の検討,
日本放射線腫瘍学会第19回学術大会(仙台)2006.11 (日本放射線腫瘍学会誌), Vol.18, No.Supp. 1, 220, 2006年10月.
142. 岸田 義臣, 生島 仁史, 寺澤 かおり, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 山下 恭, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
放射線治療においてPET/CTが有用であると考えられた症例,
第44回日本癌治療学会総会(東京), 2006年10月.
143. 工藤 景子, 里村 一人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 長山 勝 :
放射線性口内炎に対する蛍光診断の可能性,
2006年6月.
144. 岸田 義臣, 岩本 誠司, 古谷 俊介, 尾崎 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
PET-CTによる放射線治療計画に関する基礎的検討ー寝台についてー,
第106回日本医学放射線学会中国・四国地方会(山口), 2006年6月.
145. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
イメージングプレートを用いたヨウ素125密封小線源の線源強度測定法の検討,
小線源治療部会第8回研究会(栃木), 2006年6月.
146. 尾崎 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 岸田 義臣, 岩本 誠司, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
前立腺癌に対するヨウ素125密封小線源永久挿入療法の急性期有害事象の検討,
日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉), 2005年11月.
147. 笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
QCファントムを用いた自走式CTリニアック装置の精度評価,
日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Supplement 1, 168, 2005年11月.
148. 古谷 俊介, 生島 仁史, 佐瀬 卓也, 尾﨑 享祐, 岩本 誠司, 岸田 義臣, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
IPを用いたヨウ素125密封小線源のQA,
日本放射線腫瘍学会第18回学術大会(埼玉)日本放射線腫瘍学会第18回学術大会報告集, Vol.17, No.Suppl. 1, 158, 2005年11月.
149. 笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
簡易測定ファントムと反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QC,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.61, No.9, 1287, 2005年10月.
150. 辻川 哲也, 上野 淳二, 湊 雅子, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 丹黒 章 :
CT volume dataを用いたセンチネルリンパ節のナビゲーション診断法,
2005年9月.
151. 工藤 隆治, 工藤 景子, 湯淺 哲也, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 長山 勝, 誉田 栄一 :
上歯肉扁平上皮癌に対する高線量率モールド照射の治療経験,
四国歯学会雑誌, Vol.18, No.2, 253, 2005年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 273)
152. 笈田 将皇, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
反射型フィルムを用いたI-125 SeedのQA/QCに関する検討 第1報 反射型フィルムおよびフィルム解析システムの諸特性,
第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本放射線技術学会学雑誌, Vol.61, No.2, 192, 2005年4月.
153. 生島 仁史, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance,
第64回日本医学放射線学会学術総会(横浜)第64回日本医学放射線学会学術集会抄録集, Vol.61, No.2, 228, 2005年4月.
154. 川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 池山 鎮夫, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 :
上顎炎症性偽腫瘍の放射線治療経験と治療成績,
第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
155. 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 村瀬 知也, 王 億, 西谷 弘, 工藤 隆治, 竹内 徹, 誉田 栄一, 竹川 佳宏 :
頬粘膜癌の治療成績,
第101回日本医学放射線学会中国·四国地方会(鳥取)日本医学放射線学会雑誌, Vol.65, No.1, 80, 2005年1月.
156. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾崎 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
反射型線量測定用フイルムを用いたヨウ素125治療用密封小線源のquality assurance,
第103回日本医学放射線学会中国·四国地方会(高知), 2004年12月.
157. 笈田 将皇, 生島 仁史, 富永 正英, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘, 渡辺 良晴 :
マイクロMLC搭載自走式CTリニアック装置のQA/QC,
日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 142, 2004年11月.
158. 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 115, 2004年11月.
159. 生島 仁史, 尾崎 享祐, 古谷 俊介, 川中 崇, 笈田 将皇 :
子宮頸癌に対する化学放射線治療療法の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 2004年11月.
160. 笈田 将皇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 尾﨑 享祐, 八木 浩史, 西谷 弘 :
Quality control of a new CT on rail (CT-Linac) system using a micro-Multi Leaf Collimator (mMLC) unit,
日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉), 142, 2004年11月.
161. 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹脇 弘嗣, 竹川 佳宏, 工藤 隆治 :
木村氏病の治療経験,
第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
162. 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 古谷 俊介, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
III期非小細胞肺癌の放射線治療成績,
第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.65, No.2, 75, 2004年6月.
163. 川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 安田 浩章, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
子宮頸癌いおけるHIF-2αの発現と放射線治療成績,
第63回日本医学放射線学会学術会(横浜)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.64, No.2, 212, 2004年4月.
164. 尾﨑 享祐, 生島 仁史, 川中 崇, 芝 篤志, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
高線量率腔内照射を用いた子宮頸癌の治療成績,
第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 60, 2004年4月.
165. 川中 崇, 生島 仁史, 安田 浩章, 尾﨑 享祐, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
非小細胞肺癌の脳転移に対するstereotactic radiosurgeryの検討,
第100回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山)日本医学放射線学会雑誌, Vol.64, No.5, 58, 2004年4月.
166. 川中 崇, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
高線量率腔内照射を用いた子宮頸癌の放射線治療成績,
日本放射線腫瘍学会第16回学術集会(東京)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.15, No.Suppl. 1, 141, 2003年11月.
167. 川中 崇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
喉頭癌に対する放射線治療の甲状腺機能障害,
第99回日本医学放射線学会中国·四国地方会(島根)日本医学放射線学会雑誌, Vol.63, No.5, 57, 2003年4月.
168. 芝 篤志, 川中 崇, 安田 浩章, 西谷 弘, 生島 仁史, 竹川 佳宏 :
Medulloblastomaの治療成績,
第99回日本医学放射線学会中国·四国地方会(島根), 2002年12月.
169. 芝篤 志, 安田 浩章, 中川 崇, 西谷 弘, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 森本 忠興, 笹 三徳 :
乳房温存療法の長期予後,
第98回日本医学放射線学会中国·四国地方会(岡山) 2002.6. 日本医学放射線学会雑誌, Vol.62, No.14, 54, 2002年12月.
170. 川中 崇, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
放射線治療を施行した中耳癌の3症例,
第97回日本医学放射線学会中国·四国地方会(広島) 2001.12. 日本医学放射線学会雑誌, Vol.62, No.4, 57, 2002年4月.
171. 亀井 誠二, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 田村 公一 :
上咽頭癌の治療成績,
第39回日本頭頸部腫瘍学会(札幌) 2001.6. 頭頸部腫瘍, Vol.27, No.2, 424, 2001年12月.
172. 生島 仁史, 山下 恭, 川中 崇, 亀井 誠二, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
女性骨盤骨の晩期放射線有害事象への対策,
第102回日本医学放射線学会中国·四国地方会放射線談話会(山口), 2001年6月.
173. 塩田 博文, 棚上 彰仁, 生島 仁史, 竹川 佳宏, 田村 公一 :
上咽頭癌の放射線治療成績,
第94回日本医学放射線学会中国·四国地方会(香川) 2000.6. 日本医学放射線学会雑誌, Vol.60, No.12, 51, 2000年12月.
174. 塩田 博文, 棚上 彰仁, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
上咽頭癌の放射線治療成績,
日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(新潟)日本放射線腫瘍学会雑誌, Vol.12, No.Suppl. 1, 267, 2000年11月.
175. 発知 啓子, 松木 弘量, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
外陰部 rhabdoid tumor の 1 治験例,
第93回日本医学放射線学会中国・四国地方会(高知)日本医学放射線学会誌, Vol.60, No.6, 43, 2000年6月.
176. 松木 弘量, 梅林 成憲, 米田 和英, 山口 康男, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
早期声門癌の放射線治療成績,
第92回日本医学放射線学会中国・四国地方会(松山) 1999.6. 日本医学放射線学会誌, Vol.59, No.12, 78, 1999年12月.
177. 松木 弘量, 生島 仁史, 梅林 成憲, 柏原 賢一, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
舌癌の治療成績ー放射線治療と手術成績との比較ー,
日本放射線腫瘍学会第12回学術大会(横浜)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.11, No.Suppl. 1, 128, 1999年11月.
178. 生島 仁史, 松木 弘量, 梅林 成憲, 柏原 賢一, 竹川 佳宏, 西谷 弘 :
要望演題 乳癌に対する乳房温存療法の臨床的評価,
日本放射線腫瘍学会第12回学術大会(横浜)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.11, No.Suppl. 1, 119, 1999年11月.
179. 松木 弘量, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 谷 勇人, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
舌癌の放射線治療成績,
第91回日本医学放射線学会中国・四国地方会放射線談話会(米子)日本医学放射線学会誌, Vol.59, No.3, 47, 1999年6月.
180. 松木 弘量, 生島 仁史, 西谷 弘, 竹川 佳宏, 長山 勝, 佐藤 光信 :
舌癌の放射線治療成績,
第218回徳島医学会, 1999年1月.
181. 竹川 佳宏, 黒川 泰史, 香川 征, 生島 仁史, 松木 弘量, 西谷 弘 :
徳島大学における進行前立腺癌の放射線治療,
第14回前立腺シンポジウム, 1998年12月.
182. 生島 仁史, 松木 弘量, 吉田 秀策, 西谷 弘, 竹川 佳宏, 柏原 賢一, 棚上 彰仁 :
子宮頸癌の放射線治療ー徳島大学における30年間の治療成績ー,
第90回日本医学放射線学会中国・四国地方会(岡山) 1998.5. 日本医学放射線学会誌, Vol.58, No.12, 48, 1998年12月.
183. 生島 仁史, 松木 弘量, 柏原 賢一, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
要望演題 子宮頸癌の放射線治療:治療成績,
日本放射線腫瘍学会第11回学術大会(群馬)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.10, No.Suppl. 1, 207, 1998年11月.
184. 北川 学, 生島 仁史, 山口 康男, 松木 弘量, 吉田 秀策, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
子宮頸癌の放射線治療における動注化学療法併用の意義について,
第12回日本血管造影・インターベンショナルラジオロジー学会(米子), 1998年9月.
185. 牧本 裕美, 生島 仁史, 野田 聡, 渡辺 克介, 吉田 秀策, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
高齢者子宮頸癌の放射線治療成績,
日本医学放射線学会第88回中国・四国地方会(岡山) 1997.6. 日本医学放射線学会誌, Vol.58, No.3, 125, 1998年4月.
186. 竹川 佳宏, 生島 仁史 :
子宮頸癌の放射線治+BM療法(シンポ),
日本医学放射線学会生物部会第27回放射線による制癌シンポジウム(大阪)1979.8.9. 癌の臨床, Vol.44, No.2, 215-216, 1998年2月.
187. 生島 仁史, 牧本 裕美, 吉田 秀策, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
高齢者子宮頸癌の長期放射線治療成績,
第10回日本放射線腫瘍学会学術大会(高松)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.9, No.Suppl. 1, 215, 1997年10月.
188. 生島 仁史, 竹川 佳宏 :
高齢者子宮頸癌の放射線治療成績,
第35回日本癌治療学会(京都), 1997年10月.
189. 生島 仁史, 安田 浩明, 岡田 稔子, 佐藤 和美, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
徳島大学における乳房温存療法の現状,
第29回日本医学放射線学会中国・四国地方会放射線談話会(広島), 1996年12月.
190. 橘川 薫, 生島 仁史, 高橋 雅子, 原田 雅史, 向所 敏文, 須井 修, 山子 勇仁, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
子宮頸癌進行再発症例の治療,
日本医学放射線学会第71回中国・四国地方会(岡山) 1988.11. 日本医学放射線学会雑誌, Vol.49, No.9, 86, 1989年4月.

その他・研究会:

1. 田中 義浩, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 鎌田 真奈, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元線量検出システムを用いたDVHに関する基礎的検討,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.
2. 富永 正英, 佐々木 幹治, 磯部 昇, 生島 仁史, 岸 太郎 :
前立腺癌のIG-IMRTにおいてinter-fractional organ motion errorが線量分布に及ぼす影響,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.
3. 池本 哲也, 西岡 将規, 安藤 勤, 八和田 裕子, 寺嶋 吉保, 生島 仁史, 島田 光生 :
術前放射線化学療法が著効した下部進行直腸癌の1例,
癌と化学療法, Vol.32, No.1, 95-97, 2005年.
4. 生島 仁史, 塩田 博文, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
直線加速器による定位放射線治療,
第26回徳島乳腺疾患談話会, 2000年3月.
5. 松木 弘量, 生島 仁史, 上野 淳二, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
乳癌の骨転移に関する放射線治療,
第24回徳島乳腺疾患懇話会, 1998年8月.
6. 生島 仁史, 安田 浩明, 上野 淳二, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
乳房温存療法における放射線治療,
第21回徳島乳腺疾患懇話会, 1997年1月.
7. 高橋 雅子, 田内 美紀, 須井 修, 柏原 賢一, 生島 仁史, 原田 雅史, 澤田 葉子, 高砂 まき, 吉田 秀策, 西谷 弘, 竹川 佳宏 :
TL-201, SPECTの肺腫瘍例での検討,
第4回徳島肺癌治療研究会, 1990年3月.

報告書:

1. 植野 美彦, 関 陽介, 佐藤 健二, 野間口 雅子, 二川 健, 生島 仁史, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 古部 昭広, 松木 均, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 :
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 徳島, 2019年3月.

特許:

1. 阪間 稔, 生島 仁史, 山田 隆治, 高井 久司, 市樂 輝義 : がん治療用密封小線源の放射線強度測定装置, (2012年10月), (2012年10月), 特許第2012-223836号 (2012年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 放射線性顎骨壊死モデルの確立とスタチンの血管新生・骨形成作用による予防・治療戦略 (研究課題/領域番号: 19K10268 )
  • 放射線治療時のリスク臓器線量のインビボ測定に向けたディスポーザブル線量計の開発 (研究課題/領域番号: 19K08223 )
  • 元素推定と機能推定に基づく医用画像の正規化に関する研究 (研究課題/領域番号: 19K08201 )
  • 分子イメージングを用いた局所進行非小細胞肺癌に対する新規治療戦略 (研究課題/領域番号: 17K10479 )
  • 口腔癌根治を目指した放射線治療の挑戦―分子標的薬と抗癌剤の最適な併用法の追究― (研究課題/領域番号: 26462838 )
  • 分子生物学的手法を用いた進行期子宮頸癌の放射線治療予後予測システムの構築 (研究課題/領域番号: 25293266 )
  • 非小細胞肺癌に対する術前導入化学放射線療法の分子生物学的効果に関する研究 (研究課題/領域番号: 22591386 )
  • 分子生物学的手法を用いた進行期子宮頸癌の放射線治療抵抗性の解明とその克服 (研究課題/領域番号: 22390237 )
  • 研究者番号(90202861)による検索