検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 社会総合科学域 > 公共政策系 > 法律・政治分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会総合科学科 > 公共政策コース >
徳島大学 > 総合科学教育部 > 地域科学専攻 > 基盤科学分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会創生学科 > 公共政策コース >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804013 GIAHS関連地方大学・自治体によるアフリカの食料安全保障・栄養改善にむけた国際協力イニシアティブ >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

国際政治学 (International Politics)

研究テーマ

国際安全保障,平和と戦争,国際協力,民族紛争,人道的介入などに関する研究 (国際安全保障 (international security), 平和と戦争 (peace and war), 国際協力 (international cooperation), 民族紛争 (ethnic conflicts), 人道的介入 (humanitarian intervention))

著書・論文

著書:

1. 饗場 和彦 :
『大量虐殺の社会史 -戦慄の20世紀- (松村 高夫 , 矢野 久 編著 )』, --- 「第八章 ルワンダにおけるジェノサイド(1994年)」 ---,
ミネルヴァ書房, 京都, 2007年12月.
2. 饗場 和彦 :
『いま戦争を問う 平和学の安全保障論(グローバル時代の平和学) ( 磯村 早苗, 山田 康博 編)』, --- 「第4章 人道的介入――''第二のルワンダ''にどう対応するのか」 ---,
株式会社 法律文化社, 京都, 2004年7月.
3. 饗場 和彦 :
『地球が舞台―国際NGO最前線からの活動報告 (津守 滋 編著) 』, --- 「第8章 国際的選挙支援活動を机上と現場で考える:新しい国際協力の分野」 ---,
勁草書房, 東京, 2002年10月.

学術論文(審査論文):

1. 饗場 和彦 :
平和学とは,平和とは : 〈理想と現実〉〈理性と情動〉の交錯,
大阪女学院大学紀要, No.14, 103-120, 2017年.
(CiNii: 40021504585)
2. 饗場 和彦 :
人道的介入に関する理念面および実践面における考察 -内在するジレンマ,正当性,実効性を中心に-,
博士論文, 1-230, 2008年.

学術論文(紀要・その他):

1. 饗場 和彦 :
安田氏解放をめぐる「自己責任論」-背景にある日本の政治・社会の特性-,
徳島大学 大学開放実践センター紀要, Vol.28, 35-48, 2019年.
2. 饗場 和彦 :
「平和安全法制」(安保法制あるいは「戦争法」)の是非を考察するための総論的枠組み -詐欺的手法で立憲主義を破壊し日本の安全は確保できるのか-,
徳島大学社会科学研究, No.30, 1-39, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110002)
3. Kazuhiko Aiba :
An Erosion of Japan's Security Policy: New Security Bills, the Constitution, and Prime Minister ABE,
Journal of University Extension, Vol.25, 15-28, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112215)
4. 饗場 和彦 :
国連PKFが平和構築支援の現場において直面する課題-国連ルワンダ支援団(UNAMIR)司令官の手記を通して-,
徳島大学社会科学研究, No.26, 91-108, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 104990,   CiNii: 110009558965)
5. 饗場 和彦 :
ボランティア活動の意味と有用性 -命を捨ててまで外国人を助けるのは偽善か?-,
徳島大学社会科学研究, No.25, 45-52, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 96253,   CiNii: 110008915699)
6. 饗場 和彦 :
人道的介入における「違法だが正当」とする概念について,
国際公共政策研究, Vol.13, No.1, 1-13, 2008年.
7. 饗場 和彦 :
複合的主体参画による地域・地方発の国際協力 -なぜ「田舎」でまちぐるみの国際協力なのか-,
徳島大学社会科学研究, No.20, 1-17, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 74527)
8. 饗場 和彦 :
「人間の安全保障」-それは本当に人間を救っているのか-,
国連研究(持続可能な開発の新展開), No.7, 277-289, 2006年.
9. 饗場 和彦 :
平和構築支援におけるセキュリティ・マネジメント -援助従事者の安全をどう高めるか-,
大阪女学院短期大学紀要, No.35, 17-35, 2006年.
(CiNii: 110004030804)
10. 饗場 和彦 :
ルワンダにおける1994年のジェノサイド -その経緯,構造,国内的・国際的要因-,
徳島大学社会科学研究, No.19, 35-86, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 74524,   CiNii: 120002932274)
11. 饗場 和彦 :
ジェノサイド概念と「非人間化」に関する一考察(研究ノート),
徳島大学社会科学研究, No.17, 177-198, 2004年.
12. 饗場 和彦 :
人間の安全保障論と人道的介入, --- ルワンダのジェノサイドを事例に方法論的な観点から ---,
国際安全保障, Vol.30, No.3, 42-68, 2002年.
13. 饗場 和彦 :
NATOによるコソボ空爆の実態と人道的介入をめぐる議論, --- マス·キリングに対応する国際社会? ---,
三田学会雑誌, Vol.94, No.4, 101-122, 2002年.
14. 饗場 和彦 :
国際的選挙支援活動としての1998年カンボジア総選挙, --- JIOG(合同国際監視団)の一員による検証 ---,
大阪女学院短期大学紀要, No.29, 1-15, 2000年.
(CiNii: 110000124091)
15. 饗場 和彦 :
国際関係の理論的枠組みからみた人道的介入の一考察, --- ホッブズ的,グロティウス的,カント的,マルクス的視角から ---,
国際公共政策研究, Vol.3, No.2, 85-99, 1999年.
16. 饗場 和彦 :
人道的介入の視点から見た旧ユーゴスラビア紛争, --- ボスニアUNPROFORに関する「正当性」「実効性」の観点からの検証 ---,
国際公共政策研究, Vol.2, No.1, 111-134, 1998年.

総説・解説:

1. 饗場 和彦 :
資源と紛争の国に,平和と繁栄は来るか -コンゴ民主共和国で初の民主選挙-,
外交フォーラム, No.219, 60-63, 2006年10月.
2. 饗場 和彦 :
パレスチナ選挙,賞賛と困惑と,
外交フォーラム, No.213, 60-63, 2006年4月.
3. 饗場 和彦 :
日本の平和構築支援に潜む致命的弱点―援助関係者のセキュリティ・マネジメントの強化を,
国際開発ジャーナル, No.590, 8-9, 2006年1月.
4. 饗場 和彦 :
平和構築に自衛隊をどう生かすか -なし崩しでは危うい海外派遣-,
論座, No.119, 232-239, 2005年4月.
5. 饗場 和彦 :
東ティモールの未来は明るいか, --- 制憲議会選挙と国づくりの課題 ---,
軍縮問題資料, No.255, 38-45, 2002年1月.
6. 饗場 和彦 :
虐殺から六年 和解と対立に揺れるルワンダ,
世界, No.680, 263-272, 2000年10月.
7. 饗場 和彦 :
国際NGO監視員が見たインドネシア総選挙,
論座, No.53, 168-177, 1999年9月.
8. 饗場 和彦 :
微光差すか,ボスニアの戦後, --- デイトン和平後3年の経緯と今後 ---,
軍縮問題資料, No.220, 28-35, 1999年1月.

国内講演発表:

1. 古屋 S. 玲, 齋藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 吉本 勝彦, 佐々木 奈三江 :
徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み:読書からアカデミック・ライティングへ-,
平成26年度 FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
2. 古屋 S. 玲, 齊藤 隆仁, 井戸 慶治, 宮崎 隆義, 饗場 和彦, 三好 德和, 荒木 秀夫, 日野出 大輔, 佐々木 奈三江 :
徳島大学における「大学入門講座・読書レポート2014」の試み, --- 読書からアカデミック・ライティングへ ---,
平成26年度全学FD 徳島大学教育カンファレンスin徳島, 14-15, 2014年12月.
3. Kazuhiko Aiba :
Asian Perspectives on Humanitarian Intervention in the 21 Century,
The Doshisya International Conference on Humanitarian Intervention (Doshisya University Graduate School of Global Studies), Jun. 2011.

その他・研究会:

1. Kazuhiko Aiba :
Whither Japan's security policy? -New security bills, the Constitution and PM Abe-,
Conflict and Security Research Cluster Talk, Nov. 2015.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 平和構築支援におけるCIMIC(民軍協力)のあり方と日本の対応 (研究課題/領域番号: 18530112 )
  • イラクと東ティモール、シリアにおける自衛隊の活動の実態と課題 (研究課題/領域番号: 16530109 )
  • 人間の安全保障と国際的な制度化 (研究課題/領域番号: 12420020 )
  • 研究者番号(50314414)による検索