検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 薬物治療学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 薬学専攻 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 生命医療薬学講座 > 薬物治療学 >

研究活動

専門分野

分子細胞生物学 (Molecular and Cellular Biology)

研究テーマ

遺伝子発現調節,生体エネルギー産生機構 (遺伝子発現 (gene expression), U1 snRNA, RNAスプライシング, 褐色脂肪組織 (brown adipose tissue), カルニチン (carnitine))

著書・論文

著書:

1.篠原 康雄, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
ミトコンドリア学(内海耕造・井上正康 監修), --- 3.14 褐色脂肪細胞のミトコンドリア ---,
共立出版株式会社, 東京, 2001年11月.
2.山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ミトコンドリア学(内海耕造・井上正康 監修), --- 1.11 ミトコンドリア溶質輸送担体 ---,
共立出版株式会社, 東京, 2001年11月.
3.山﨑 尚志, 寺田 弘 :
タンパク質と核酸の分離精製(寺田弘 編集), --- 13.cDNAの特殊なクローニング法 ---,
株式会社 廣川書店, 東京, 2001年6月.

学術論文(審査論文):

1.Rahman Ara Sonia Iffat, Tsuboi Kazuhito, Hussain Zahir, Yamashita Ryouhei, Okamoto Yoko, Uyama Toru, Naoshi Yamazaki, Tamotsu Tanaka, Akira Tokumura and Ueda Natsuo :
Calcium-dependent generation of N-acylethanolamines and lysophosphatidic acids by glycerophosphodiesterase GDE7.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1861, No.12 pt A, 1881-1892, 2016.
(DOI: 10.1016/j.bbalip.2016.09.008,   PubMed: 27637550,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
2.Noriko Tarashima, Hirotaka Kira, Tomoya Wada, Kazuya Miki, Shiho Ide, Naoshi Yamazaki, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa :
Groove modification of siRNA duplexes to elucidate siRNA-protein interactions using 7-bromo-7-deazaadenosine and 3-bromo-3-deazaadenosine as chemical probes,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, No.47, 11096-11105, 2016.
(DOI: 10.1039/c6ob01866a,   PubMed: 27714245,   Elsevier: Scopus)
3.Yota Saito, Yosuke Hashimoto, Mai Arai, Noriko Tarashima, Tadashi Miyazawa, Kazuya Miki, Mayumi Takahashi, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Akira Matsuda, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Chemistry, properties, and in vitro and in vivo applications of 2'-O-methoxyethyl-4'-thioRNA, a novel hybrid type of chemically modified RNA.,
ChemBioChem, Vol.15, No.17, 2535-2540, 2014.
(DOI: 10.1002/cbic.201402398,   PubMed: 25314258,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
4.Takuya Hada, Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Kazuto Ohkura, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Yasuo Shinohara :
Comparison of the catalytic activities of three isozymes of carnitine palmitoyltransferase 1 expressed in COS7 cells,
Applied Biochemistry and Biotechnology, Vol.172, No.3, 1486-1496, 2014.
(DOI: 10.1007/s12010-013-0619-y,   PubMed: 24222496,   CiNii: 120005597500,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
5.Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa :
Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2013.06.023,   PubMed: 23871495)
6.Takuya Hada, Yumiko Kato, Eriko Obana, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Mitsuru Hashimoto, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Comparison of two expression systems using COS7 cells and yeast cells for expression of heart/muscle-type carnitine palmitoyltransferase 1,
Protein Expression and Purification, Vol.82, No.1, 192-196, 2012.
(DOI: 10.1016/j.pep.2012.01.006,   PubMed: 22266133)
7.Tomomi Ishido, Naoshi Yamazaki, Mitsuru Ishikawa and Ken Hirano :
Characterization of DNA polymerase from Danio rerio by overexpression in E. coli using the in vivo/in vitro compatible pIVEX plasmid.,
Microbial Cell Factories, Vol.10, 84, 2011.
(DOI: 10.1186/1475-2859-10-84,   PubMed: 22018137)
8.Naoto Okada, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Kazuyoshi Kawazoe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi :
Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation.,
Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011.
(DOI: 10.1016/j.pep.2011.01.011,   PubMed: 21277373,   Thomson Reuters: Web of Science™)
9.Ken Hirano, Yuichiro Yoshida, Tomomi Ishido, Yukihisa Wada, Naoji Moriya, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Mizushina, Yoshinobu Baba and Mitsuru Ishikawa :
Consecutive incorporation of fluorophore-labeled nucleotides by mammalian DNA polymerase beta,
Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.405, No.2, 160-167, 2010.
(DOI: 10.1016/j.ab.2010.06.005,   PubMed: 20570644,   Thomson Reuters: Web of Science™)
10.Taisuke Matsuo, Atsushi Yamamoto, Takenori Yamamoto, Kaoru Otsuki, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Replacement of C305 in heart/muscle-type isozyme of human carnitine palmitoyltransferase I with aspartic acid and other amino acids.,
Biochemical Genetics, Vol.48, No.3-4, 193-201, 2009.
(DOI: 10.1007/s10528-009-9301-z,   PubMed: 19937377,   Elsevier: Scopus)
11.Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2009.07.001,   PubMed: 19616504)
12.Takenori Yamamoto, Atsushi Yamamoto, Masahiro Watanabe, Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Classification of FABP isoforms and tissues based on quantitative evaluation of transcript levels of these isoforms in various rat tissues.,
Biotechnology Letters, Vol.31, No.11, 1695-1701, 2009.
(DOI: 10.1007/s10529-009-0065-7,   PubMed: 19565192)
13.Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria.,
Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009.
(DOI: 10.1074/mcp.M800377-MCP200,   PubMed: 19218587)
14.Taisuke Matsuo, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Construction of plasmids suitable for in vitro synthesis of full-length mRNAs having a 3'-poly(A)+tail.,
Biotechnology Letters, Vol.31, No.2, 203-207, 2009.
(DOI: 10.1007/s10529-008-9847-6,   PubMed: 18810330,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
15.Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Chie Katsuda, Kanami Niiyama, Atsushi Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kazuto Ohkura, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
Substitution of certain amino acids in a short peptide causes a significant difference in their immunoreactivities with antibodies against different epitopes: evidence for possible folding of the peptide on a nitrocellulose or PVDF membrane.,
Biologicals, Vol.37, No.1, 44-47, 2008.
(DOI: 10.1016/j.biologicals.2008.10.001,   PubMed: 19022683,   Thomson Reuters: Web of Science™)
16.Akihiro Iwahashi, Aoi Ishii, Naoshi Yamazaki, Mutsuru Hashimoto, Kazuto Okura, Masatoshi Kataoka, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Functionally important conserved length of C-terminal regions of yeast and bovine ADP/ATP carriers, identified by deletion mutants studies, and water accessibility of the amino acids at the C-terminal region of the yeast carrier.,
Mitochondrion, Vol.8, No.2, 196-204, 2008.
(DOI: 10.1016/j.mito.2008.01.004,   PubMed: 18313366)
17.Naoshi Yamazaki, Taisuke Matsuo, Miho Kurata, Makiko Suzuki, Takehisa Fujiwaki, Seiji Yamaguchi, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Substitutions of Three Amino Acids in Human Heart/Muscle Type Carnitine Palmitoyltransferase I Caused by Single Nucleotide Polymorphisms,
Biochemical Genetics, Vol.46, No.1-2, 54-63, 2008.
(DOI: 10.1007/s10528-007-9129-3,   PubMed: 17987377)
18.Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Importance of probe location for quantitative comparison of signal intensities among genes in microarray analysis.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.6, 926-931, 2008.
(DOI: 10.1016/j.jprot.2007.12.005,   PubMed: 18241926)
19.Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara :
Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1777, No.1, 104-112, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbabio.2007.10.014,   PubMed: 18036333)
20.Rei Kakuhata, Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rie Akamine, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Satoshi Fukuoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara :
Possible utilization of in vitro synthesized mRNAs specifically expressed in certain tissues as standards for quantitative evaluation of the results of microarray analysis.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.5, 755-760, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jbbm.2007.04.004,   PubMed: 17512601)
21.Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues.,
Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006.
(DOI: 10.1021/pr060291w,   PubMed: 17137335)
22.Rie Akamine, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Mitsuru Ishikawa, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Usefulness of the 5' region of the cDNA encoding acidic ribosomal phosphoprotein P0 conserved among rats, mice, and humans as a standard probe for gene expression analysis in different tissues and animal species.,
Journal of Biochemical and Biophysical Methods, Vol.70, No.3, 481-486, 2006.
(DOI: 10.1016/j.jbbm.2006.11.008,   PubMed: 17196660)
23.Akihiro Iwahashi, Yoshitaka Kihira, Eiji Majima, Hiroshi Terada, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
The structure of the second cytosolic loop of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier AAC2 is dependent on the conformational state,
Mitochondrion, Vol.6, No.5, 245-251, 2006.
(DOI: 10.1016/j.mito.2006.07.007,   PubMed: 16962388)
24.Mari Ogino, Jun-ichi Kido, Mika Bando, Noriko Hayashi, Chie Mihara-Wada, Toshihiko Nagata, Fusanori Nishimura, Y. Soga, Shogo Takashiba, T. Kubota, M. Itagaki, Yasuko Shimada, H. Tai, Hiromasa Yoshie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Alpha 2 integrin +807 polymorphism in drug-induced gingival overgrowth,
Journal of Dental Research, Vol.84, No.12, 1183-1186, 2005.
(DOI: 10.1177/154405910508401217,   PubMed: 16304451,   Thomson Reuters: Web of Science™)
25.Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
PCR-select subtraction for characterization of messages differentially expressed in brown compared with white adipose tissue.,
Molecular Genetics and Metabolism, Vol.80, No.1-2, 255-261, 2003.
(DOI: 10.1016/j.ymgme.2003.08.006,   PubMed: 14567975)
26.Naoshi Yamazaki, Yasuhisa Yamanaka, Yoshiko Hashimoto, Takayuki Hiramatsu, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
The gene encoding muscle-type carnitine palmitoyltransferase I: comparison of the 5'-upstream region of human and rodent genes,
The Journal of Biochemistry, Vol.133, No.4, 523-532, 2003.
(DOI: 10.1093/jb/mvg069,   PubMed: 12761301)
27.Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Expression profiles of three isoforms of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor in brown adipose tissue of the rat.,
Biochemical Pharmacology, Vol.65, No.6, 995-998, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-2952(02)01664-7,   PubMed: 12623131)
28.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kayo Tanida and Hiroshi Terada :
Structural properties of mammalian mitochondrial ADP/ATP carriers: identification of possible amino acids that determine functional differences in its isoforms.,
Mitochondrion, Vol.1, No.4, 371-379, 2002.
(DOI: 10.1016/S1567-7249(01)00041-1,   PubMed: 16120291)
29.Yasuo Shinohara, Takiko Daikoku, Kazuaki Kajimoto, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Expression of NAD(+)-dependent isocitrate dehydrogenase in brown adipose tissue.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.281, No.3, 634-638, 2001.
(DOI: 10.1006/bbrc.2001.4351,   PubMed: 11237704,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
30.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto, Masayuki Shindou and Hiroshi Terada :
Novel expression of equivocal messages containing both regions of choline/ethanolamine kinase and muscle type carnitine palmitoyltransferase I.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.275, No.41, 31739-31746, 2000.
(DOI: 10.1074/jbc.M006322200,   PubMed: 10918069,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
31.Yasuo Shinohara, Taro Ishida, Mami Hino, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Hiroshi Terada :
Characterization of porin isoforms expressed in tumor cells.,
European Journal of Biochemistry, Vol.267, No.19, 6067-6073, 2000.
(DOI: 10.1046/j.1432-1327.2000.01687.x,   PubMed: 10998068,   Elsevier: Scopus)
32.Takiko Daikoku, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Specific elevation of transcript levels of particular protein subtypes induced in brown adipose tissue by cold exposure.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1457, No.3, 263-272, 2000.
(DOI: 10.1016/S0005-2728(00)00107-9,   PubMed: 10773170)
33.Chieko Aoyama, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Kozo Ishidate :
Structure and characterization of the genes for murine choline/ethanolamine kinase isozymes alpha and beta.,
Journal of Lipid Research, Vol.41, No.3, 452-464, 2000.
(PubMed: 10706593,   Thomson Reuters: Web of Science™)
34.Mitsuru Hashimoto, Yasuo Shinohara, Eiji Majima, Takashi Hatanaka, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Expression of the bovine heart mitochondrial ADP/ATP carrier in yeast mitochondria: significantly enhanced expression by replacement of the N-terminal region of the bovine carrier by the corresponding regions of the yeast carriers.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1409, No.3, 113-124, 1999.
(DOI: 10.1016/S0005-2728(98)00155-8,   PubMed: 9878703)
35.Yasuo Shinohara, Kenji Yamamoto, Katsuyuki Inoo, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Quantitative determinations of the steady state transcript levels of hexokinase isozymes and glucose transporter isoforms in normal rat tissues and the malignant tumor cell line AH130.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1368, No.1, 129-136, 1998.
(DOI: 10.1016/S0005-2736(97)00189-2,   PubMed: 9459591)
36.Takiko Daikoku, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Dramatic enhancement of the specific expression of the heart-type fatty acid binding protein in rat brown adipose tissue by cold exposure.,
FEBS Letters, Vol.410, No.2-3, 383-386, 1997.
37.Naoshi Yamazaki, Yasuhisa Yamanaka, Yoshiko Hashimoto, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima and Hiroshi Terada :
Structural features of the gene encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I.,
FEBS Letters, Vol.409, No.3, 401-406, 1997.
38.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima, Yasuhisa Yamanaka and Hiroshi Terada :
Isolation and characterization of cDNA and genomic clones encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1307, No.2, 157-161, 1996.
(DOI: 10.1016/0167-4781(96)00069-3,   PubMed: 8679700)
39.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Atsushi Shima and Hiroshi Terada :
High expression of a novel carnitine palmitoyltransferase I like protein in rat brown adipose tissue and heart: isolation and characterization of its cDNA clone.,
FEBS Letters, Vol.363, No.1-2, 41-45, 1995.
40.Yasuo Shinohara, Makio Kamida, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Isolation and characterization of cDNA clones and a genomic clone encoding rat mitochondrial adenine nucleotide translocator.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1152, No.1, 192-196, 1993.
(DOI: 10.1016/0005-2736(93)90248-X,   PubMed: 8399300)

総説・解説:

1.Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara :
Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008.
(DOI: 10.1248/bpb.31.775,   PubMed: 18451493,   CiNii: 110006663927,   Thomson Reuters: Web of Science™)
2.渡邊 政博, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
バイオマーカーの探索:褐色脂肪組織に関する研究事例,
電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.127, No.2, 198-203, 2007年2月.
(DOI: 10.1541/ieejeiss.127.198,   CiNii: 10018480498)
3.山﨑 尚志 :
筋型カルニチンパルミトイル転移酵素の発見とその遺伝子構造の解析,
薬学雑誌, Vol.124, No.12, 893-908, 2004年12月.
(DOI: 10.1248/yakushi.124.893,   PubMed: 15577262)
4.Naoshi Yamazaki :
Identification of Muscle-Type Carnitine Palmitoyltransferase I and Characterization of Its Atypical Gene Structure,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.27, No.11, 1707-1716, Nov. 2004.
(DOI: 10.1248/bpb.27.1707,   PubMed: 15516711)
5.Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Identification of possible protein machinery involved in the thermogenic function of brown adipose tissue.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.51, No.1-2, 20-28, Feb. 2004.
(DOI: 10.2152/jmi.51.20,   PubMed: 15000252)
6.Yasuo Shinohara, Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Atsushi Shima, Naoshi Yamazaki and Hiroshi Terada :
Bioenergetics in brown adipose tissue.,
Recent Res. Devel.Bioener., Vol.2, 1-14, 2002.
7.山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ミトコンドリア輸送タンパクスーパーファミリー,
生体の科学, Vol.46, No.5, 605-607, 1995年10月.

国際会議:

1.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA,
2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016.
2.Tarashima Noriko, Naoshi Yamazaki, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Enzymatic incorporation of unnatural ImNN:NaOO base pair consisting of four hydrogen bonds,
The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
3.Tarashima Noriko, Kojima Takamitsu, Hashimoto Yosuke, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Kiwada, Tatsuhiro Ishida, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
A novel approach of gene suppression using an intelligent shRNA expressing device (iRed),
9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Naples(Italy), Oct. 2013.
4.Takuya Hada, Yumiko Kato, Eriko Obana, Naoshi Yamazaki, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara :
Comparison of two expression systems using COS7 Cells and yeast cells for expression of heart/muscle-type carnitine palmitoyltransferase 1,
American Society for Cell Biology 2012 Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2012.
5.Y. Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Noriaki Minakawa :
Gene silencing by 2'-modified-4'-thio oligonucleotides via U1i machinery,
第39回国際核酸化学シンポジウム, Nov. 2012.
6.Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Katsuda Chie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Substitution of Certain Amino Acids in a Short Peptide Causes a Significant Difference in Their Immunoreactivities with Antibodies Against Different Epitopes: Evidence for Possible Folding of the Peptide on Nitrocellulose or PVDF Membrane,
International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2008.
7.Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Design, preparation and directional insertion of peptides into lipid bilayer membrane and heir application for the preparation of liposome of which surface could be coated by externally added antibody,
International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2007.
8.Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
9.Akihiro Iwahasi, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Structural analysis of C-terminal region of mitochondrial ADP/ATP carrier by site-directed mutagenesis and chemical modifications,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
10.Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Kazuaki Kajimoto, Fumiyo Kita, Naoshi Yamazaki, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Synchronized changes in the transcript levels of the genes towards activated thermogenesis in brown adipose tissue induced by cold exposure of experimental animals,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
11.Rei Kakuhata, Takenori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba and Yasuo Shinohara :
Possible utilization of synthetic mRNAs as standards for microarray analysis,
Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, Amsterdam, Apr. 2007.
12.Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka :
Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane,
International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2006.
13.Naoshi Yamazaki, Saki Imamura, Hirokazu Sato, Arisa Hironaga, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
cDNA from Rat Brown Adipose Tissue Codes a Novel Protein Containing DH, BAR, and SH3 Domains,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.
14.Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara :
Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N,N'-dicyclohexylcarbodiimide as an inducer of permeability transition,
The 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Cheju, May 2006.
15.Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
Dominant Expression of NAD+-dependent Isocitrate Dehydrogenase in Brown Adipose Tissue,
42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2002.
16.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
High Expression of a Novel Carnitine Palmitoyltransferase I in Brown Adipose Tissue and Muscle: Isolation and Characterization of its cDNA and Genomic Clones,
The 9th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, Seoul, May 2002.
17.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
Isolation and characterization of cDNA and genomic clones encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I,
12th International Symposium of Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologist, Tokushima, Jul. 1996.

国内講演発表:

1.河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 :
ヒトCPT1a mRNAの3 '-UTRに存在する逆向きAlu配列とRNA編集,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
2.齋藤 朱里, 四宮 槙子, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ヒトカテプシンAエクソン7スキッピングにおける3 'スプライスサイトの関与,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
3.山村 桃子, 高田 元太, 冨永 和也, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ヒトカテプシンAスプライス異常修復を目指したトランススプライシング法の確立,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
4.井上 真緒, 高田 元太, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAスプライシング異常修復の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
5.木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
6.坪井 一人, Rahman Ara Sonia Iffat, 岡本 蓉子, 宇山 徹, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, 上田 夏生 :
GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する,
第89回日本生化学会大会, 2016年9月.
7.松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, 山下 量平, Rahman Ara Sonia Iffat, 日高 麻由美, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 :
口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD,
第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
8.Rahman Ara Sonia Iffat, Tsuboi Kazuhito, Okamoto Yoko, Uyama Toru, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, Ueda Natsuo :
Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
9.木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
10.上田 夏瑞, 田良島 典子, 三木 和也, 山村 桃子, 山﨑 尚志, 南川 典昭 :
iRedを利用した持続的microRNA補充法の開発,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
11.池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
12.池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型低分子RNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
13.三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
14.木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
15.松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, Rahman Ara Iffat Sonia, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 :
消化管上皮細胞に存在する新規膜結合型リゾホスホリパーゼD,
第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
16.金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
17.伊藤 優希, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
Carnitine palmitoyltransferase 1アイソフォームのSDS-PAGE移動度に違いをもたらす領域の同定,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
18.金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復,
遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
19.伊藤 優希, 井上 真緒, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
CPTⅠタンパク質のアイソフォーム間におけるSDS-PAGE移動度の違い,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
20.田中 翔子, 金澤 慶祐, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
21.三木 和也, 山﨑 尚志, 吉良 太孝, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
ナノ核酸デバイスを用いたsiRNAオフターゲット効果の抑制,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
22.朝倉 有紀, 三木 和也, 木村 麻里安, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
23.池 啓伸, 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 滝口 祥令, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の修復,
第87回日本生化学会, 2014年10月.
24.田良島 典子, 吉良 太孝, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 :
ナノ核酸デバイスを利用したsiRNA-タンパク質相互作用における分子認識機構の解明,
創薬懇話会2014in岐阜, 2014年7月.
25.山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
26.中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
27.田良島 典子, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 :
人工塩基対ImNN :NaO0 のPCR増幅とRNAi創薬への応用,
日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
28.懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ミトコンドリア透過性遷移におけるシクロフィリンDの挙動解析,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
29.山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
30.藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
31.藤原 裕士, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現制御,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
32.中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
33.門田 美香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
34.秦 拓也, 加藤 弓子, 尾華 絵里子, 山本 篤司, 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄 :
異なる発現系において観察された筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ1(CPT1b)の酵素活性の違い,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 23, 2013年10月.
35.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生 :
機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定,
第85回生化学会, 2012年12月.
36.石戸 健, 近藤 祐未, 橋村 慧, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
37.柳沢 未来, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 :
CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い,
第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
38.阿萬 明, 朝倉 有紀, 南川 典昭, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 :
改変U1snRNAによる遺伝子発現抑制,
第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
39.吉良 太孝, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
ケミカルツールを利用したRNA干渉の発現機構解明,
アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
40.秦 拓也, 加藤 弓子, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄 :
COS7細胞と酵母細胞を用いた筋型CPT1 の発現系の比較,
第50回日本生物物理学会, 2012年9月.
41.懸山 啓太, 篠原 康雄, 山本 武範, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
透過性遷移を誘起したミトコンドリアにおけるシクロフィリンDの挙動の解析,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
42.菊地 優作, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 南川 典昭 :
2'-F-4'-チオヌクレオシドを含むキメラ型オリゴマーの合成と性質,
日本薬学会第132年会(札幌), 2012年3月.
43.Takuya Hada, Yumiko Kato, 尾華 絵里子, Atsushi Yamamoto, 山﨑 尚志, 橋本 満, 山本 武範, 篠原 康雄 :
COS細胞および酵母で発現させた筋型カルニチンパルミトイル基転移酵素(Cpt1b)の性質の比較,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
44.小島 孝允, 森吉 直人, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
4'-チオDNAを利用した遺伝子発現抑制法の開発,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
45.石戸 健, 中本 淳子, 淺木 千佳, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
リゾフォスファチジン酸の血管肥厚形成への関与,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
46.Tomomi Ishido, 山﨑 尚志, 石川 満, Ken Hirano :
Characterization of DNA polymerase b from model fish organisms Medaka and Zebrafish.,
第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月.
47.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 水口 和生, 篠原 康雄 :
機能未同定のタンパク質TMEM45Bに見られた熱凝集と熱凝集を引き起こすアミノ酸領域の同定,
第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月.
48.新田 芳久, 塩田 祐子, 下川 義彦, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
毛髪を用いた肝CYP3A4代謝活性評価に関する基礎的検討,
第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
49.中本 淳子, 板東 由佳, 淺木 千佳, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与,
第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
50.小島 孝充, 丸山 豪斗, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 松田 彰, 南川 典昭 :
PCRによる4'-チオDNAの合成,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム, 2011年9月.
51.岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 水口 和生 :
TMEM45Bのthermal aggregationに関与するアミノ酸配列の同定,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
52.平野 研, 吉田 雄一郎, 石堂 智美, 山﨑 尚志, 水品 善之, 馬場 嘉信, 石川 満 :
蛍光標識ヌクレオチドを連続取り込み可能なDNA polymeraseβの機能解析,
第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同大会, 2010年11月.
53.塩田 祐子, 新田 芳久, 下川 義彦, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
毛髪を用いた肝CYP3A4活性評価に関する基礎的研究,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月.
54.梶 真一朗, 中本 淳子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
PPAR-αおよびγ活性化による心筋虚血再灌流障害抑制効果の比較,
第83回日本薬理学会年会, 2010年3月.
55.秦 拓也, 山本 武範, 森 千尋, 森田 結貴, 新山 加菜美, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
初代培養した脂肪細胞と3T3-L1細胞の遺伝子発現プロファイルの違い,
第130回 日本薬学会, 2010年3月.
56.山本 武範, 吉村 勇哉, 山田 安希子, 合田 俊一, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下において透過性遷移を誘起したミトコンドリアに観察される特徴的なタンパク質の放出様式,
第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2009年12月.
57.梶 真一朗, 中本 淳子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
心筋虚血再灌流障害に対するPPAR-γ及びPPAR-α活性化効果の比較,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
58.田澤 綾香, 木下 綾子, 森 咲子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 :
サリチル酸系薬物の吸収に及ぼすカルバペネム系抗生物質の影響,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2009年11月.
59.新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析,
第129回 日本薬学会, 2009年3月.
60.尾華 絵里子, 山本 武範, 渡邊 政博, 角幡 玲, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 :
マイクロアレイを用いた遺伝子発現の定量的評価におけるプローブ設計領域の重要性,
第129回 日本薬学会, 2009年3月.
61.梶 真一朗, 竹永 葉月, 山﨑 尚志, 德村 彰, 滝口 祥令 :
リゾホスファチジン酸の心筋虚血再灌流障害への影響,
第82回 日本薬理学会年会, 2009年3月.
62.山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析,
日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, 2008年5月.
63.松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析,
2008年3月.
64.山﨑 尚志, 佐藤 裕一, 篠原 康雄 :
Characterization of a Novel Protein from Rat Brown Adipose Tissue, Containing DH, BAR, and SH3 Domains.,
第30回日本分子生物学会・第80回日本生化学会合同大会, 2007年12月.
65.中谷 極, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
プロテオミクス解析による新規ミトコンドリア溶質輸送担体の探索,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
66.吉村 勇哉, 山本 武範, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
呼吸基質非存在下においてミトコンドリアに誘導される透過性遷移の解析,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
67.岩橋 晶洋, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 :
ミトコンドリアADP/ATP透過担体のC末端領域の構造及び機能の解析,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
68.渡邊 政博, 山本 武範, 角幡 玲, 岡田 直人, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 玉置 俊晃, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に関与する新規因子の探索,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
69.森 千尋, 渡邊 政博, 岡田 直人, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
脂肪組織に特異的に発現している機能未知遺伝子の同定とそのキャラクタリゼーション,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
70.角幡 玲, 渡邊 政博, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 :
マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み(2),
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
71.石井 葵, 山本 武範, 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
寒冷暴露した褐色脂肪組織におけるHFABPの免疫学的解析,
第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, 2007年12月.
72.山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析,
第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2007年11月.
73.東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 :
徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
74.岩橋 晶洋, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 :
部位特異的変異法を用いた酵母2型ADP/ATP透過担体のC末側領域の構造解析,
日本分子生物学会フォーラム, 2006年12月.
75.山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques,
第6回ミトコンドリア学会, 2006年12月.
76.山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques,
第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2006年11月.
77.角幡 玲, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
マイクロアレイのデータの規格化,標準化に向けた試み,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
78.赤峰 理恵, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 石川 満, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
組織間や動物種間での遺伝子発現の比較に適した標準遺伝子,
第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
79.松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 :
変異導入したM-CPTIの安定性および酵素活性の解析,
第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
80.山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 :
Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出,
第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2005年11月.
81.渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析,
第26回日本肥満学会, 2005年10月.
82.山﨑 尚志, 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
Characterization of Novel cDNA from Rat Brown Adipose Tissue: It Codes a Protein Containing Dbl Homology, Bin/Amphiphysin/Rvs and Src Homology 3 Domains,
第78回日本生化学会大会, 2005年10月.
83.今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織から単離された新規タンパク質2-88の解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
84.松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 :
筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の多型の解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
85.立川 愛子, 山本 武範, 片岡 正俊, 山﨑 尚志, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
porin欠損酵母における遺伝子発現のマイクロアレイ解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
86.渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 :
褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析,
第6回長井長義記念シンポジウム, 2005年7月.
87.山﨑 尚志 :
筋型カルニチンパルミトイル転移酵素の発見とその極めて稀な遺伝子構造の解明,
日本薬学会第124年会要旨集, 2004年3月.
88.梶本 和昭, 篠原 康雄, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織に選択的に発現したメッセージの同定とそのキャラクタリゼーション,
第24回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2002年11月.
89.喜多 史代, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織におけるミトコンドリアタンパク質の発現量とミトコンドリア含量との相関性に関する解析,
第75回日本生化学会大会, 2002年10月.
90.山﨑 尚志, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ラット筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の上流領域を含んだmRNAの解析,
日本薬学会 第122年会, 2002年3月.
91.梶本 和昭, 篠原 康雄, 大黒 多希子, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織における心筋型脂肪酸結合タンパク質の発現とその転写調節機構,
第23回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2001年11月.
92.山﨑 尚志, 日野 真美, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
上流に位置する遺伝子領域を介した筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子の転写調節,
第74回日本生化学会大会, 2001年10月.
93.梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織におけるイソクエン酸脱水素酵素の転写レベルの解析,
第74回日本生化学会大会, 2001年10月.
94.谷田 佳代, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
哺乳類のミトコンドリアに発現したADP/ATP透過担体の構造特性,
第74回日本生化学会大会, 2001年10月.
95.梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
イソクエン酸脱水素酵素の褐色脂肪組織におけるドミナントな発現,
日本薬学会 第121年会, 2001年3月.
96.山﨑 尚志, 梶本 和昭, 大黒 多希子, 濱田 祐二, 日野 真美, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織に優位に発現している新規cDNAクローンの解析,
日本薬学会 第121年会, 2001年3月.
97.山﨑 尚志, 新藤 雅之, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ヒト筋型CPTIとCK/EKの2つの遺伝子領域を含んだmRNAのキャラクタリゼーション,
日本薬学会 第120年会, 2000年3月.
98.山﨑 尚志, 新藤 雅之, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子,
第72回日本生化学会大会, 1999年10月.
99.平松 隆之, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析,
第72回日本生化学会大会, 1999年10月.
100.大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織でのエネルギー代謝に関わるタンパク質の発現,
日本薬学会 第119年会, 1999年3月.
101.佐野 友香, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
心筋型脂肪酸結合タンパク質の遺伝子構造と転写調節機構,
日本薬学会 第119年会, 1999年3月.
102.山﨑 尚志, 中村 香織, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子エクソンの存在意義,
日本薬学会 第119年会, 1999年3月.
103.山﨑 尚志, 平松 隆之, 中村 香織, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ヒト,ラット,マウスの筋型carnitine palmitoyltransferase Iをコードする遺伝子の上流領域の構造的特徴,
第71回日本生化学会大会, 1998年10月.
104.大黒 多希子, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織で営まれているエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション,
第3回 アディポサイエンス研究会, 1998年8月.
105.大黒 多希子, 佐野 友香, 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織においてUCPと協調的に発現するH-FABP,
日本薬学会 第118年会, 1998年3月.
106.橋本 良子, 山﨑 尚志, 平松 隆之, 山中 靖久, 寺田 弘 :
筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析,
日本薬学会 第118年会, 1998年3月.
107.山﨑 尚志, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
マウス筋型carnitine palmitoyltransferase IをコードするcDNAおよびゲノムDNAの単離と構造解析,
日本薬学会 第118年会, 1998年3月.
108.橋本 良子, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の構造解析,
第36回日本薬学会・日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1997年11月.
109.大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
寒冷条件下で誘発される褐色脂肪細胞における筋型脂肪酸結合タンパク質の特異的転写レベルの亢進,
第70回日本生化学会大会, 1997年9月.
110.山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 :
ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子とその上流領域の構造解析,
第70回日本生化学会大会, 1997年9月.
111.山中 靖久, 橋本 良子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析,
日本薬学会 第117年会, 1997年3月.
112.山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 :
ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析,
第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, 1996年8月.
113.大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織と白色脂肪組織におけるエネルギー代謝機構の相違,
第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, 1996年8月.
114.山﨑 尚志, 山中 靖久, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 :
ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードするcDNAの単離と構造解析,
日本薬学会 第116年会, 1996年3月.
115.山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析,
第68会日本生化学会大会, 1995年9月.
116.山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析,
日本薬学会 第115年会, 1995年3月.
117.山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードする遺伝子の解析,
日本薬学会 114年会, 1994年3月.
118.紙田 真喜夫, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 :
ラットミトコンドリアADP/ATP透過担体をコードする遺伝子の転写調節機構の解析,
日本薬学会 第112年会, 1992年3月.

その他・研究会:

1.山﨑 尚志 :
褐色脂肪組織に特徴的なタンパク質の探索,
国立大学法人徳島大学薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, 2006年7月.
2.梶本 和昭, 山﨑 尚志, 島 厚志, 寺田 弘, 篠原 康雄, 馬場 嘉信 :
褐色脂肪組織におけるエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション,
平成14年度産業技術総合研究所四国センターシンポジウム, 2002年12月.
3.Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada :
Novel carnitine palmitoyltransferase I isoform in rat BAT,
The Joint Symposium between Seoul National University and University of Tokushima on Pharmacy (10th Anniversary of Exchange Program), Aug. 2000.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 高いスプライス異常修復能を有した改変U1 snRNA発現ベクターの構築と疾病治療 (研究課題/領域番号: 16K08235 )
  • 核酸医薬品創製のための新素子と新戦略の開発 (研究課題/領域番号: 23659054 )
  • 脂肪細胞の分化を抑制する新規タンパク質の機能解析 (研究課題/領域番号: 22590066 )
  • 腫瘍内微小環境変化を利用した新規DDSの開発 (研究課題/領域番号: 20015033 )
  • 脂肪細胞の分化を抑制する新規タンパク質の解析とこれを標的とした抗肥満戦略 (研究課題/領域番号: 16790055 )
  • エネルギー代謝と細胞死の制御におけるミトコンドリアタンパク質の役割 (研究課題/領域番号: 14370746 )
  • 上流に近接した遺伝子による筋型CPTI遺伝子の発現調節機構の解明と心筋症治療薬 (研究課題/領域番号: 13771413 )
  • 極めて稀な構造をしたヒト筋型CPTI遺伝子の転写調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 11771437 )
  • 細胞のガン化とその悪性化のシグナル伝達とがん細胞に特徴的なエネルギー代謝系の構築 (研究課題/領域番号: 10470496 )
  • 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼIの異常に基づく発症機構 (研究課題/領域番号: 09771985 )
  • エネルギー代謝系のがん細胞特異性を利用した抗がん剤のデザインとその応用 (研究課題/領域番号: 09357020 )
  • 細胞のがん化に伴う特徴的な糖代謝経路の形成とその分子機構 (研究課題/領域番号: 08457609 )
  • 研究者番号(20271083)による検索