検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 創薬科学系 > 衛生薬学 >
徳島大学 > 薬学部 > 創製薬科学科 > 創薬学講座 > 衛生薬学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704003 血管透過性制御による革新的薬物送達システムの開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1702006 統合的がん創薬研究クラスター >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

生物物理化学 (Biophysical Chemistry), 薬物送達学, 衛生薬学

研究テーマ

1) 抗酸化物質の作用発現機構解明とその誘導体による生活習慣病治療, 微弱電流による細胞生理の制御メカニズムの解明

著書・論文

著書:

1.小暮 健太朗 :
第3章1節 脂質型キャリア,
丸善出版, 2018年12月.
2.濱 進, 板倉 祥子, 小暮 健太朗 :
がん微小環境をターゲットとしたDDS技術開発,
株式会社 技術情報協会, 2017年5月.
3.眞岡 孝至, 小暮 健太朗 :
第22章 アスタキサンチン,
2016年.
4.後藤 了, 小暮 健太朗, 土屋 浩一郎, 尾関 哲也 :
エピソード物理化学,
2011年3月.
5.福澤 健治, 小暮 健太朗, 真鍋 幸恵, 德村 彰 :
ビタミンE研究の進歩 XII, --- α-トコフェロールジカルボン酸誘導体の抗ガン作用 ---,
共立出版株式会社, 東京, 2007年.
6.真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 森田 健之, 德村 彰, 福澤 健治 :
ビタミンE研究の進歩 XI, --- 抗ガン作用の増強を指向したビタミンEコハク酸ベシクル ---,
共立出版株式会社, 東京, 2004年.
7.福澤 健治, 小暮 健太朗, 中島 佐和, 土江 明子, 德村 彰 :
ビタミンE研究の進歩 XI, --- リン脂質酸化二次産物による血管平滑筋細胞のアポトーシス誘導とビタミンEによる抑制作用 ---,
共立出版株式会社, 東京, 2004年.
8.小暮 健太朗, 德村 彰, 福澤 健治 :
ビタミンE研究の進歩 X, --- α-トコフェロールコハク酸誘導アポトーシスの誘導機構 ---,
共立出版株式会社, 東京, 2002年.
9.濱 進, 小暮 健太朗, 森田 元喜, 德村 彰, 福澤 健治 :
ビタミンE研究の進歩 X, --- ラット血管平滑筋細胞におけるα-トコフェロールコハク酸の一酸化窒素(NO)産生促進作用にはプロテインキナーゼCが関与する ---,
共立出版株式会社, 東京, 2002年.

学術論文(審査論文):

1.Misuzu Ishikawa, Shota Hirai, Tatsusada Yoshida, Natsumi Shibuya, Susumu Hama, Yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, Shinzo Hosoi and Kentaro Kogure :
Carotenoid Stereochemistry Affects Antioxidative Activity of Liposomes Co-encapsulating Astaxanthin and Tocotrienol,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.7, 714-720, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113562,   DOI: 10.1248/cpb.c18-00035,   PubMed: 29962454,   Elsevier: Scopus)
2.Tatsuharu Shimokawa, M Yoshida, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, T Inagi and Kentaro Kogure :
Efficacy of high-affinity liposomal astaxanthin on up-regulation of age-related markers induced by oxidative stress in human corneal epithelial cells,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.64, No.1, 27-35, 2018.
(DOI: 10.3164/jcbn.18-27,   PubMed: 30705509,   Elsevier: Scopus)
3.Sheuli Afroz, Ayano Yagi, Kouki Fujikawa, M. Motiur Rahman, Katsuya Morito, Tatsuya Fukuta, Shiro Watanabe, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Taro Shimizu, Tatsuhiro Ishida, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Lysophosphatidic acid in medicinal herbs enhances prostaglandin E2 and protects against indomethacin-induced gastric cell damage in vivo and in vitro,
Prostaglandins & Other Lipid Mediators, Vol.135, 36-44, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112025,   DOI: 10.1016/j.prostaglandins.2018.01.003,   PubMed: 29462674,   Elsevier: Scopus)
4.Kanako Shiota, Susumu Hama, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki and Kentaro Kogure :
Prevention of UV-induced Melanin Production by Accumulation of Redox Nanoparticles in the Epidermal Layer via Iontophoresis,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.6, 941-944, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00155,   PubMed: 28566638,   Elsevier: Scopus)
5.Satoko Suzuki, Shoko Itakura, Ryo Matsui, Kayoko Nakayama, Takayuki Nishi, Akinori Nishimoto, Susumu Hama and Kentaro Kogure :
Tumor microenvironment-sensitive liposomes penetrate tumor tissue via attenuated interaction of the extracellular matrix and tumor cells, and accompanying actin depolymerization,
Biomacromolecules, Vol.18, No.2, 535-543, 2017.
(DOI: 10.1021/acs.biomac.6b01688,   PubMed: 28055201,   Elsevier: Scopus)
6.Kida Takashi, Itoh Aoi, Kimura Akari, Matsuoka Hisatsugu, Imai Hiroyuki, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Distribution of glycosylinositol phosphoceramide-specific phospholipase D activity in plants,
The Journal of Biochemistry, Vol.161, No.2, 187-195, 2017.
(DOI: 10.1093/jb/mvw060,   PubMed: 28175321,   CiNii: 40021133480,   Elsevier: Scopus)
7.Hyunkyung Jung, Yuri Shimatani, Mahadi Hasan, Kohei Uno, Susumu Hama and Kentaro Kogure :
Development of flexible nanocarriers for siRNA delivery into tumor tissue,
International Journal of Pharmaceutics, Vol.516, No.1-2, 258-265, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110902,   DOI: 10.1016/j.ijpharm.2016.11.042,   PubMed: 27871835,   Elsevier: Scopus)
8.S Afroz, Teru Ikoma, Ayano Yagi, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Concentrated phosphatidic acid in cereal brans as potential protective agents against indomethacin-induced stomach ulcer.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.64, No.37, 6950-6957, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.jafc.6b02884,   PubMed: 27561232)
9.Mahadi Hasan, Noriko Tarashima, Koki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
The novel functional nucleic acid iRed effectively regulates target genes following cytoplasmic delivery by faint electric treatment,
Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.17, 554-562, 2016.
(DOI: 10.1080/14686996.2016.1221726,   PubMed: 27877903,   Elsevier: Scopus)
10.Shoko Itakura, Susumu Hama, Ryo Matsui and Kentaro Kogure :
Effective cytoplasmic release of siRNA from liposomal carriers by controlling the electrostatic interaction of siRNA with a charge-invertible peptide, in response to cytoplasmic pH,
Nanoscale, Vol.8, No.20, 10649-10658, 2016.
(DOI: 10.1039/c5nr08365f,   PubMed: 27145993,   Elsevier: Scopus)
11.Chihiro Kamezaki, Ami Nakashima, Asako Yamada, Sachiko Uenishi, Hiroshi Ishibashi, Natsumi Shibuya, Susumu Hama, Shinzo Hosoi, Eiji Yamashita and Kentaro Kogure :
Synergistic antioxidative effect of astaxanthin and tocotrienol by co-encapsulated in liposomes,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.59, No.2, 100-106, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110843,   DOI: 10.3164/jcbn.15-153,   PubMed: 27698536,   Elsevier: Scopus)
12.Mahadi Hasan, Akinori Nishimoto, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Hiromu Kashida, Hiroyuki Asanuma and Kentaro Kogure :
Faint electric treatment-induced rapid and efficient delivery of extraneous hydrophilic molecules into the cytoplasm,
Journal of Controlled Release, Vol.228, 20-25, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110029,   DOI: 10.1016/j.jconrel.2016.02.048,   PubMed: 26944781,   Elsevier: Scopus)
13.Asako Yamada, Asako Mitsueda, Mahadi Hasan, Miho Ueda, Susumu Hama, Shota Warashina, Takashi Nakamura, Hideyoshi Harashima and Kentaro Kogure :
Tri-membrane nanoparticles produced by combining liposome fusion and a novel patchwork of bicelles to overcome endosomal and nuclear membrane barriers to cargo delivery,
Biomaterials Science, Vol.4, No.3, 439-447, 2016.
(DOI: 10.1039/c5bm00327j,   PubMed: 26667208)
14.Keita Takagi, Takashi Ohgita, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Kentaro Kogure :
Transmission of external environmental pH information to the inside of liposomes via pore-forming proteins embedded within the liposomal membrane,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.64, No.5, 432-438, 2016.
(DOI: 10.1248/cpb.c15-00985,   PubMed: 27150475,   Elsevier: Scopus)
15.喜田 孝史, 木村 朱里, 伊藤 葵, 山下 量平, 小暮 健太朗, 德村 彰, 田中 保 :
食品に含まれるグリコシルイノシトールホスホセラミドおよびフィトセラミド-1-リン酸,
脂質栄養学, Vol.25, 75-85, 2016年.
16.Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry,
Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016.
(DOI: 10.1007/s11745-015-4082-0,   PubMed: 26694604,   Elsevier: Scopus)
17.Yuma Yamada, Hidetaka Akita, Hiroyuki Kamiya, Kentaro Kogure, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Kikuji Yamashita, Hideo Kobayashi, Hiroshi Kikuchi and Hideyoshi Harashima :
MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.2, 423-432, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2007.11.002,   PubMed: 18054323)
18.Kentaro Kogure, Sachie Manabe, Ichiro Suzuki, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Cytotoxicity of α-tocopheryl succinate, malonate and oxalate in normal and cancer cells in vitro and their anti-cancer effects on mouse melanoma in vivo,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.51, No.6, 392-397, 2005.
(DOI: 10.3177/jnsv.51.392,   PubMed: 16521697,   Elsevier: Scopus)
19.Kenji Fukuzawa, Yasuaki Saitoh, Kaori Akai, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Tokumura, Masaki Otagiri and Akira Shibata :
Antioxidant effect of bovine serum albumin on membrane lipid peroxidation induced by iron chelate and superoxide,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 145-155, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2004.12.006,   PubMed: 15670740)
20.Kentaro Kogure, Aiko Yamauchi, Akira Tokumura, Kyoko Kondou, Naonobu Tanaka, Yoshihisa Takaishi and Kenji Fukuzawa :
Novel antioxidants isolated from plants of the genera Ferula, Inula, Prangos and Rheum collected in Uzbekistan,
Phytomedicine, Vol.11, No.7-8, 645-651, 2004.
(DOI: 10.1016/j.phymed.2003.09.004,   PubMed: 15636179)
21.Kaori Akai, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Shibata, Toshiaki Tamaki and Kenji Fukuzawa :
Ability of ferric nitrilotriacetate complex with three pH-dependent conformations to induce lipid peroxidation.,
Free Radical Research, Vol.38, No.9, 951-962, 2004.
(DOI: 10.1080/1071576042000261945,   PubMed: 15621713)
22.Mamoru Okasaka, Yoshihisa Takaishi, Kentaro Kogure, Kenji Fukuzawa, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, Gisho Honda, Michiho Ito, Olimjon K. Kodzhimatov and Ozodbek Ashurmetov :
New Stilbene Derivatives from Calligonum leucocladum,
Journal of Natural Products, Vol.67, No.6, 1044-1046, 2004.
(DOI: 10.1021/np0304823,   PubMed: 15217293)
23.Kentaro Kogure, Susumu Hama, Mayumi Kisaki, Hideaki Takemasa, Akira Tokumura, Ichiro Suzuki and Kenji Fukuzawa :
Structural characteristic of terminal dicarboxyric moiety required for apoptogenic activity of α-Tocopheryl esters.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1672, No.2, 93-99, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2004.03.001,   PubMed: 15110091,   Elsevier: Scopus)
24.Ai Suga, Yoshihisa Takaishi, Satoru GOTO, Tatsuo Munakata, Izumi Yamauchi and Kentaro Kogure :
Two lignan dimers from bamboo stems (Phyllostachys edulis),
Phytochemistry, Vol.64, No.5, 991-996, 2003.
(DOI: 10.1016/S0031-9422(03)00422-9,   PubMed: 14561516)
25.Kentaro Kogure, Sawa Nakashima, Akiko Tsuchie, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Temporary membrane distortion of vascular smooth muscle cells is responsible for their apoptosis induced by platelet-activating factor-like oxidized phospholipids and thair degradation product lysophosphatidylcholine.,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.126, No.1, 29-38, 2003.
(DOI: 10.1016/S0009-3084(03)00091-4,   PubMed: 14580708,   Elsevier: Scopus)
26.Kentaro Kogure, Susumu Hama, Satoru GOTO, Tatsuo Munakata, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
alpha-Tocopheryl succinate activates protein kinase C in cellular and cell-free systems,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.49, No.5, 310-314, 2003.
(DOI: 10.3177/jnsv.49.310,   PubMed: 14703304,   CiNii: 10012074064,   Elsevier: Scopus)
27.Kentaro Kogure, Koichiro Tsuchiya, Kazutoyo Abe, Michinori Akasu, Toshiaki Tamaki, Kenji Fukuzawa and Hiroshi Terada :
Direct radical scavenging by the bisbenzylisoquinoline alkaloid cepharanthine.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1622, No.1, 1-5, 2003.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(03)00095-3,   PubMed: 12829254)
28.Kentaro Kogure, Sachie Manabe, Susumu Hama, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Potentiation of anti-cancer effect by intravenous administration of vesiculated α-tocopheryl hemisuccinate on mouse melanoma in vivo.,
Cancer Letters, Vol.192, No.1, 19-24, 2003.
(DOI: 10.1016/S0304-3835(02)00683-3,   PubMed: 12637149,   Elsevier: Scopus)
29.Kentaro Kogure, Susumu Hama, Sachie Manabe, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
High cytotoxicity of α-tocopheryl hemisuccinate to cancer cells is due to failure of their antioxidative defense systems.,
Cancer Letters, Vol.186, No.2, 151-156, 2002.
(DOI: 10.1016/S0304-3835(02)00344-0,   PubMed: 12213284,   Elsevier: Scopus)
30.Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Miki Nishimura, Mina Yasumoto, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Hironori Sassa, Takenori Kusumi and Hiroshi Terada :
Mechanism of potent antiperoxidative effect of capsaicin,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1573, No.1, 84-92, 2002.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(02)00335-5,   PubMed: 12383946)
31.Akira Tokumura, Junya Shinomiya, Seishi Kishimoto, Tamotsu Tanaka, Kentaro Kogure, Takayuki Sugiura, Kiyoshi Satouchi, Keizo Waku and Kenji Fukuzawa :
Human platelets respond differentially to lysophosphatidic acids having a highly unsaturated fatty acyl group and alkyl ether-linked lysophosphatidic acids,
The Biochemical Journal, Vol.365, No.Pt 3, 617-628, 2002.
(DOI: 10.1042/BJ20020348,   PubMed: 11982483,   CiNii: 80015451613,   Elsevier: Scopus)
32.Kentaro Kogure, Motoki Morita, Susumu Hama, Sawa Nakashima, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Enhancement by α-tocopheryl hemisuccinate of nitric oxide production induced by lypopolysaccharide and interferon-γ through up-regulation of protein kinase C in rat vascular smooth muscle cells.,
European Journal of Biochemistry, Vol.269, No.9, 2367-2372, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1432-1033.2002.02894.x,   PubMed: 11985620,   CiNii: 80015568784,   Elsevier: Scopus)
33.Akira Tokumura, Kyoko Tominaga, Yasuda Katsuhiko, Hideharu Kanzaki, Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Lack of significant differences in the corrected activity of lysophospholipase D, producer of phospholipid mediator lysophosphatidic acid, in incubated serum from women with and without ovarian tumors,
Cancer, Vol.94, No.1, 141-151, 2002.
(DOI: 10.1002/cncr.10146,   PubMed: 11815970,   Elsevier: Scopus)
34.Kentaro Kogure, Motoki Morita, Sawa Nakashima, Susumu Hama, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Superoxide is responsible for apoptosis in rat vascular smooth muscle cells induced by α-tocopheryl hemisuccinate.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1528, No.1, 25-30, 2001.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(01)00168-4,   PubMed: 11514094)
35.Satoru GOTO, Kentaro Kogure, Kazutoyo Abe, Yukari Kimata, Katsuhiro Kitahama, Eiji Yamashita and Hiroshi Terada :
Efficient radical trapping at the surface and inside the phospholipid membrane is responsible for highly potent antiperoxidative activity of the carotenoid astaxanthin,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1512, No.2, 251-258, 2001.
(DOI: 10.1016/S0005-2736(01)00326-1,   PubMed: 11406102)
36.Kenji Fukuzawa, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Masahito Iemura, Naoto Gondoh, Masanobu Fujii, Satoru Ueno and Akira Shibata :
A comparative study of the ability of ferric nitrilotriacetate and other iron chelators to assist membrane lipid peroxidation by superoxide radicals,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.110, No.1, 69-84, 2001.
(PubMed: 11245836)
37.Takashi Chikawa, Takaaki Ikata, Shinsuke Katoh, Yoshitaka Hamada, Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Preventive effects of lecithinized superoxide dismutase and methylprednisolone on spinal cord injury in rats, --- Transcriptional regulation of inflammatory and neurotrophic genes ---,
Journal of Neurotrauma, Vol.18, No.1, 93-103, 2001.
(DOI: 10.1089/089771501750055802,   PubMed: 11200253)
38.Akira Tokumura, T. Sumida, M. Toujima, Kentaro Kogure, Kenji Fukuzawa, Y. Takahashi and S. Yamamoto :
Structural identification of phosphatidylcholines having an oxidatively shortened linoleate residue generated through its oxygenation with soybean or rabbit reticulocyte lipoxygenase.,
Journal of Lipid Research, Vol.41, No.6, 953-962, 2000.
(PubMed: 10828088,   Elsevier: Scopus)
39.Kentaro Kogure, Satoru GOTO, Kazutoyo Abe, Chie Ohiwa, Michinori Akasu and Hiroshi Terada :
Potent anti-peroxidation activity of the bisbenzylisoquinoline alkaloid cepharanthine: The amine moiety is responsible for its pH-dependent radical scavenge activity,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1426, No.1, 133-142, 1999.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(98)00146-9,   PubMed: 9878710)
40.Junji Ichihara, Yasuo Shinohara, Kentaro Kogure and Hiroshi Terada :
Nucleotide sequence of the 5'-flanking region of the rat type II hexokinase gene,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Structure and Expression, Vol.1260, No.3, 365-368, 1995.
(DOI: 10.1016/0167-4781(94)00226-S,   PubMed: 7873617)
41.Yasuo Shinohara, Kenji Yamamoto, Kentaro Kogure, Junji Ichihara and Hiroshi Terada :
Steady state transcript levels of the type II hexokinase and type 1 glucose transporter in human tumor cell line,
Cancer Letters, Vol.82, No.1, 27-32, 1994.

学術論文(紀要・その他):

1.福澤 健治, 小暮 健太朗, 中島 佐和, 土江 明子, 德村 彰 :
リン脂質酸化二次作物による血管平滑筋細胞のアポトーシス誘導とビタミンEによる抑制作用,
ビタミンE研究の進歩Ⅺ, 115-127, 2004年.
2.真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 森田 健之, 德村 彰, 福澤 健治 :
抗ガン作用の増強を志向したビタミンEコハク酸ベシクル,
ビタミンE研究の進歩Ⅺ, 45-49, 2004年.
3.德村 彰, 平尾 恵理, 丸山 祐史, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 安田 勝彦, 神崎 秀暢 :
正常および異常妊娠時のヒト血清リゾホスホリパーゼD活性,
脂質生化学研究, Vol.45, No.0, 95-97, 2003年.
(CiNii: 10024570625)
4.德村 彰, 富永 恭子, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 安田 勝彦, 刈谷 優子, 真島 英司 :
生理活性リン脂質LPAを産生するヒト血漿リゾホスホリパーゼDは多機能性ヌクレオチドホスジエステラーゼautotaxinである,
脂質生化学研究, Vol.44, 78-881, 2002年.
5.德村 彰, 富永 恭子, 金谷 由美, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
モルモット腹腔洗浄液のリゾホスホリパーゼD活性,
脂質生化学研究, Vol.43, 82-85, 2001年.
(CiNii: 10013379143)
6.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, M Morita, S Hama, S Nakashima and Akira Tokumura :
Enhancement by α-tocopherol hemisuccinate of nitric oxide production induced by lipopolysaccharide and interferon-γ through up-regulation of protein kinase C in rat vascular smooth muscle cells,
Proc.Of the second China-Japan international Conference on Vitamins, 262-267, 2001.
7.德村 彰, 金谷 由美, 富永 恭子, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 北原 真樹, 安田 勝彦 :
血清リゾホスホリパーゼDによるリゾホスファチジン酸産生の病態下での変動,
脂質生化学研究, Vol.42, 41-44, 2000年.
8.德村 彰, 四宮 淳也, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 田中 保, 里内 清 :
高度不飽和脂肪酸を有するリゾホスファチジン酸:血漿中での生成と血小板凝集活性,
脂質生化学研究, Vol.41, 193-195, 1999年.

総説・解説:

1.小暮 健太朗 :
イオントフォレシスによる核酸医薬の展開-微弱電流による組織細胞生理の制御,
医学のあゆみ, Vol.262, No.2, 153-156, 2017年7月.
2.小暮 健太朗 :
イオントフォレシスによる核酸医薬の展開-微弱電流による組織細胞生理の制御,
医学のあゆみ, Vol.262, 153-156, 2017年6月.
3.小暮 健太朗 :
アスタキサンチンのヘマトコッカス培養による生産と機能性研究,
アグリバイオ, Vol.1, 9-13, 2017年4月.
4.小暮 健太朗, 濱 進 :
ビタミンE コハク酸の多彩な生理作用と薬学への展開,
ビタミン, Vol.91, 182-187, 2017年3月.
5.小暮 健太朗 :
ナノメディシン送達のための微弱電流による組織細胞生理の制御,
化学工業, Vol.67, 14-20, 2016年.
6.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, Motoki Morita, Susumu Hama and Akira Tokumura :
Enhancement of Nitric Oxide and Superoxide Generations by α-Tocopheryl Succinate and Its Apoptotic and Anticancer Effects,
Biochemistry (Moscow), Vol.69, No.1, 50-57, Jan. 2004.
(DOI: 10.1023/B:BIRY.0000016351.77553.74,   PubMed: 14972018,   Elsevier: Scopus)
7.Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Tocopheryl succinate-versatile function due to its unique physicochemical properties,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.35, No.1, 29-34, 2004.
(DOI: 10.3164/jcbn.35.29)
8.小暮 健太朗, 福澤 健治 :
ビタミンEコハク酸 : アポトーシス誘導作用と抗ガン剤としての可能性,
ビタミン, Vol.76, No.4, 224-225, 2002年4月.
9.土江 明子, 德村 彰, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
喫煙が血液中で悪玉リン脂質をつくるー動脈硬化との関連ー,
日本薬学会 第122年会講演ハイライト, 22, 2002年.
10.Akira Tokumura, Tuneki Sumida, Masaoki Toujima, Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Platelet-activating factor (PAF)- like oxidized phospholipids: relevance to atherosclerosis,
BioFactors, Vol.13, No.1-4, 29-33, 2000.
(PubMed: 11237195,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1.Kohki Tachibana, Tamotsu Tanaka, Kentaro Kogure, Tatsuhiro Ishida and Keiichiro Okuhira :
Sphingosine-1-phosphate (S1P) affects the secretion of high density lipoprotein (HDL)-constituent protein,
12th International Symposium on Nanomedicine, Ube, Dec. 2018.
2.Seigi Yamamoto, Noriko Tarashima, Naoshi Yamazaki, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Noriaki Minakawa :
Development and Evaluation of Photoresponsive DNA Prism with Nucleic Acid Medicine.,
The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2018), Nov. 2018.
3.susumu Hama, satoko suzuki, shoko itakura and Kentaro Kogure :
Development of a siRNA Carrier Penetrable into the Deep Region of Tumor,
BIT's 9th World Gene Convention-2018, Nov. 2018.
4.Kentaro Kogure, misuzu Ishikawa, shota Hirai, Tatsusada Yoshida, natsumi Shibuya, susumu Hama, yu Takahashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka, shinzo hosoi and Kentaro Kogure :
Mechanism of Synergistic Antioxidative Effect of Astaxanthin and Tocotrienol by Co-encapsulated in Liposomal membranes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
5.Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Amounts of glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate in vegetables,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
6.Dai Majima, Ryosuke Mitsuhashi, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Tocopheryl succinate liposomes regulate lipid accumulation in 3T3-L1 adipocytes,
The Third International Symposium on Rice Science in Global Health (ISRGH2018), Nov. 2018.
7.susumu Hama, satoko Suzuki, shoko Itakura and Kentaro Kogure :
Tumor-penetrable nanoparticles for delivering drugs into cells in response to tumor microenvironment,
BIT's 8th annual world congress of Nano Science & Technology (Nano-S&T) 2018, Oct. 2018.
8.Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Development of liposomes with leukocyte-like function by intermembrane transfer of leukocyte membrane proteins,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
9.yasufumi Oshima, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of antibody into organ and cytoplasm via faint electricity,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
10.Hinako Mori, Tatsuya Fukuta, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Delivery of nucleic acid medicines into pancreas by faint electricity for treatment of pancreatic diseases,
18th Symposium for GeneDesign and Delivery, Jul. 2018.
11.Kentaro Kogure, Noriko Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
The 5th Seminar of pharmaceutial sciences and technology., Sep. 2017.
12.Kentaro Kogure, K Kigasawa, S Hama and K Kajimoto :
Transdermal delivery of liposomes encapsulating functional proteins by iontophoresis,
ILS/LRD Liposome Advances Combined Conference, Sep. 2017.
13.Tamotsu Tanaka, M Md Rahman, E Iga, R Yamashita, R Shimizu, K Tsuji, A Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Kentaro Kogure :
Plasma level of ceramide 1-phosphate and its anti-apoptotic activity.,
58th International conference on the bioscience of lipids (ICBL), Sep. 2017.
14.Kentaro Kogure, Noriko Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC), May 2017.
15.M Md Rahman, A Shimada, Tohru Miyazaki, K Tsuji, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate.,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2017.
16.Kentaro Kogure, Kohki Fujikawa, M Hasan, S Hama, H Kashida and H Asanuma :
Effective cytoplasmic delivery of functional macromolecules by faint electricity.,
3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo (ICBS2016) (Tokyo, Japan), Nov. 2016.
17.Kohki Fujikawa, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka and Kentaro Kogure :
Faint electric treatment induces cytoplasmic delivery of functional macromolecules via changing endosome property.,
3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo (ICBS2016) (Tokyo, Japan), Nov. 2016.
18.S Hama, S Itakura, R Matsui and Kentaro Kogure :
Development of liposomal siRNA carriers using slightly acidic pH-sensitive peptide SAPSP for cancer therapy.,
3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo (ICBS2016) (Tokyo, Japan), Nov. 2016.
19.S Hama, S Itakura and Kentaro Kogure :
Slightly Acidic pH Sensitive Peptide-Modified Nanoparticles for Nucleic Acid Delivery to Cancer Cells.,
BITs 6th Annual World Congress of Nano Science & Technology (Singapore), Oct. 2016.
20.Kentaro Kogure, Kohki Fujikawa, M Hasan and S Hama :
Effective Cytoplasmic Delivery of Macromolecules by Faint Electric Treatment,
12th France-Japan Drug Delivery Systems Symposium (Cernay-la-Ville, France), Oct. 2016.
21.Kentaro Kogure :
Noninvasive and effective transdermal delivery of macromolecular medicines by faint electric treatment.,
32nd International Annual Meeting in Pharmaceutical Sciences held by the Chulalongkorn University Faculty of Pharmaceutical Sciences., Mar. 2016.
22.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, Sachie Manabe and Akira Tokumura :
In vitro cytotoxicity of alpha-tocopherol succinate, malonate and oxalate on cancer cells and their in vivo anti-cancer effects on mouse melanoma,
XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
23.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, S. Manabe, Ichiro Suzuki and Akira Tokumura :
Selective cytotoxicity to cancer cells of α-tocopheryl succinate analogues in vitro and their anti-cancer effects on mouse melanoma in vivo,
International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors 2005, Awaji, Hyogo, Nov. 2005.
24.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, M. Morita, S. Hama and Akira Tokumura :
Enhancement by alpha-tocopheryl succinate of superoxide and nitric oxide generations in cultured cells,
International Symposium: Reactive Oxygen and Nitrogen Species: Diagnostic,Preventive and Therapeutic Values, St. Petersburg-Kizhi-St.Petersburg Russia, Jul. 2002.
25.Akira Tokumura, A. Tsuchie, Kentaro Kogure and Kenji Fukuzawa :
Cigarette smoking increases plasma level of phosphatidylcholine having an oxidatively shortened fatty acyl group with a carboxyl terminal,
11th Biennial Scientific Meeting of the International Society for Free Radical Research, Paris, Jul. 2002.
26.Kentaro Kogure, S. Hama, S. Manabe, M. Kisaki, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
High toxicity of α-tocopheryl succinate to cancer cells is due to their failed antioxidative deffence system,
11th Biennial Scientific Meeting of the International Society for Free Radical Research, Paris, Jul. 2002.
27.Kenji Fukuzawa, Y. Saitoh, K. Arai, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and A. Shibata :
Antioxidant effect of bovine serum albumin on iron-chelate superoxide-dependent membrane lipid peroxidation,
11th Biennial Scientific Meeting of the International Society for Free Radical Research, Paris, Jul. 2002.
28.Kentaro Kogure, S. Hama, S. Manabe, Ichiro Suzuki, M. Shibuya, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Role of terminal structure of a-tocopheryl esters in nitric oxide production and apoptosis,
The 9th Korea-Japan joint symposium of drug design and development, Seoul, May 2002.
29.S. Hama, Kentaro Kogure, S. Manabe, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Anti-cancer effect of a-tocopheryl succinate mediated by apoptosis,
The 9th Korea-Japan joint symposium of drug design and development, Seoul, May 2002.
30.K. Tominaga, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 德村 彰 :
Property of secretory phospholipase D which generates bioactive lysophosphatidic acid in guinea-pig peritoneal washing,
The 1st Takeda Science Foundation Symposium on Pharma Sciences:Lipids in Signaling and Related Diseases, 東京, 2001年10月.
31.Kentaro Kogure, M. Morita, S. Nakashima, S. Hama, Akira Tokumura and Kenji Fukuzawa :
Superoxide is responsible for apoptosis in rat vascular smooth muscle cells induced by α-tocopheryl hemisuccinate,
2nd China-Japan International Conference on Vitamins, Shanghai, Oct. 2001.
32.Kenji Fukuzawa, Kentaro Kogure, M. Morita, S. Hama, S. Nakashima and Akira Tokumura :
Enhancement by α-tocopheryl hemisuccinate of nitric oxide production indeced by lipopolysaccharide and interferon-γthrough up-regulation of protein kinase C in rat vascular smooth muscle cells,
2nd China-Japan International Conference on Vitamins, Shanghai, Oct. 2001.

国内講演発表:

1.Rumana Hasi Yesmin, Makoto Miyagi, Takashi Kida, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Development of methods for purification of plant sphingolipids, glycosylinositol phosphoceramide and phytoceramide 1-phosphate,
2019, Mar. 2019.
2.森戸 克弥, 島田 明奈, 宮﨑 徹, 清水 良多, 高橋 尚子, 東 桃代, 小山 壱也, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と動物細胞へ作用,
日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月.
3.小暮 健太朗, 福田 達也 :
循環血流を介さない体内臓器への薬物送達,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
4.福田 達也, 小暮 健太朗 :
脳梗塞部位の血液脳関門の能動的突破を目指したDDS開発,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
5.平田 悠真, 福田 達也, 田中 保, 真島 英司, 小暮 健太朗 :
Protein Aを用いた新規抗体修飾リポソーム調製法,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
6.吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
がん親和性付与を目的とした単球膜タンパク質搭載リポソームの構築,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
7.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞における代謝と宿主脂質代謝への影響,
第9回学際的脂質創生研究部会, 2019年2月.
8.濱 進, 岡村 有里子, 高木 玲奈, 福澤 健治, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸の腫瘍血管抑制メカニズムの解析,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
9.真島 大, 三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸リポソームは3T3-L1脂肪細胞の脂肪蓄積を制御する,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
10.小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 福田 達也, 田中 保 :
トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果メカニズム,
第30回ビタミンE研究会, 2019年1月.
11.小暮 健太朗, 三橋 亮介, 真島 大, 福田 達也, 田中 保 :
ビタミンEコハク酸による脂肪蓄積抑制作用,
第360回脂溶性ビタミン総合委員会, 2018年12月.
12.立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
13.宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシスへの影響,
第11回セラミド研究会, 2018年10月.
14.Mahadi Hasan, susumu Hama and Kentaro Kogure :
Mechanistic study of faint electric treatment mediated cytoplasmic delivery of siRNA,
第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, Oct. 2018.
15.田中 保, 宮城 諒, 藤原 美奈, 辻 和樹, 森戸 克弥, Rumana Hasi Yesmin, 福田 達也, 小暮 健太朗, 今井 博行, 石川 寿樹, 川合 真紀 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質,
第11回セラミド研究会 学術集会, 2018年10月.
16.立花 洸季, 西辻 和親, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)による高密度リポプロテイン(HDL)構成タンパク質分泌への影響,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
17.立花 洸季, 田中 保, 小暮 健太朗, 石田 竜弘, 奥平 桂一郎 :
HDL構成タンパク質分泌に対するスフィンゴシン-1-リン酸及びフィンゴリモドの影響,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
18.田中 保, 宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
日本農芸化学会2018年度中四国支部大会, 2018年9月.
19.森戸 克弥, 清水 良多, 高橋 尚子, 下澤 伸行, 東 桃代, 河野 弘, 西岡 安彦, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
ヒト血漿中セラミド及びセラミド1-リン酸の分子種組成と細胞への取り込み,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
20.宮城 諒, 辻 和樹, 藤原 美奈, 森戸 克弥, 石川 寿樹, 今井 博之, 川合 真紀, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
植物に見出されたグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼDの性質,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
21.田中 保, 森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
腸内細菌が産生するヒドロキシ脂肪酸の動物細胞における代謝,
日本脂質栄養学会第27回大会, 2018年8月.
22.森 日向子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
膵臓疾患治療を目指した微弱電流による核酸医薬の膵臓内送達,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
23.大島 康史, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理による抗体の細胞内・皮内デリバリー,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
24.福田 達也, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 中谷 奈津, 田中 保, 小暮 健太朗 :
弱電流による特殊なエンドサイトーシスを利用した高分子送達の機構解析,
第18回遺伝子・デリバリー研究会第18回夏期セミナー, 2018年7月.
25.小暮 健太朗, 田中 太智, 森 日向子, 賀川 真夕子, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保 :
微弱電流処理による体内臓器細胞へのsiRNAの送達,
日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月.
26.小暮 健太朗, 三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保 :
脂肪細胞における脂肪蓄積へのトコフェロールコハク酸リポソームの影響,
日本ビタミン学会第70回大会, 2018年6月.
27.中谷 奈津, 田中 太智, 平田 悠真, 森 日向子, 吉見 真太朗, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理と活性種(NO)とを組み合わせることによる細胞内取り込みの変化,
第34回日本DDS学会学術集会, 2018年6月.
28.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生するリノール酸代謝物の動物細胞への取り込みと代謝,
第59回 日本生化学会 中国・四国支部例会, 2018年5月.
29.小暮 健太朗, 平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の共封入リポソームによる相乗的な抗酸化効果,
71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
30.宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸および極長鎖脂肪酸含有セラミドのアポトーシスへの影響,
第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月.
31.田中 太智, Hasan Mahadi, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
腎臓疾患治療を目指したイオントフォレシスによる核酸医薬の腎臓内送達,
日本薬剤学会第33年会, 2018年5月.
32.福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
脂質膜間移行現象を利用したリポソームへの白血球様機能の付与,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
33.虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 賀川 真夕子, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流による特殊なエンドサイトーシスを介した体内臓器細胞への高分子送達,
日本膜学会40年会, 2018年5月.
34.Tatsuya Fukuta, T Asai, Kentaro Kogure and N Oku :
Treatment of ischemic stroke by combination therapy with liposomal neuroprotectants and tissue plasminogen activator,
日本薬学会138年会, Mar. 2018.
35.M Hasan, S Hama, Hiroyuki Saito and Kentaro Kogure :
Mechanistic analysis of the intracellular delivery of siRNA mediated by faint electric treatment,
日本薬学会138年会, Mar. 2018.
36.賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
イオントフォレシスによる肝臓への核酸医薬送達,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
37.平井 将太, 髙橋 侑, 田中 保, 福田 達也, 吉田 達貞, 小暮 健太朗 :
アスタキサンチンと抗酸化物質の組合せによる相乗的な活性酸素消去活性の向上.,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
38.石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 小暮 健太朗 :
アスタキサンチンとα-トコトリエノールの相乗的抗酸化効果における立体構造の影響,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
39.三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理により誘導される細胞取り込み過程の定量的評価,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
40.大島 康史, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理を利用した機能性核酸の細胞内取り込みの検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
41.三橋 亮介, 梶本 和昭, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積の抑制作用,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
42.虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導に関連する因子の検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
43.森戸 克弥, 清水 良多, 北村 苗穂子, 朴 時範, 岸野 重信, 小川 順, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
乳酸菌が産生する希少脂肪酸のペルオキシソームにおける代謝,
日本農芸化学会 2018年度大会, 2018年3月.
44.石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 小暮 健太朗 :
トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果への立体構造の影響,
第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
45.三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪細胞の脂肪蓄積抑制効果,
第29回ビタミンE研究会, 2018年1月.
46.小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 吉田 達貞, 髙橋 侑, 細井 信造, 福田 達也, 田中 保 :
α-トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的抗酸化効果,
第357回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2017年12月.
47.清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Md. Motiur Rahman, 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるヒト血漿中のセラミド及びセラミド 1-リン酸の解析,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, 2017年12月.
48.Md Motiur Rahman, Erina Iga, Akina Shimada, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, Mina Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Neuroprotective activity of phytoceramide 1-phosphate on serum deprivation-induced apoptosis of Neuro2a cells,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
49.Afroz Sheuli, Katsuya Morito, Kouki Fujikawa, Ayano Yagi, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Kentaro Kogure, Shiro Watanabe, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Antiulcer effect of lysophosphatidic acid-rich medicinal herbs and its mechanism,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 439, Dec. 2017.
50.辻 和樹, 島田 明奈, 宮崎 徹, 高橋 尚子, 伊賀 永里奈, Rahman Md Motiur, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
種々の脂肪酸残基を有するセラミドの化学合成とその生理活性,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 438, 2017年12月.
51.小暮 健太朗, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田良島 典子, 田中 保, 南川 典昭 :
微弱電流処理による高分子医薬の細胞質送達と機能発現,
第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月.
52.平井 将太, 石川 みすず, 高橋 侑, 小暮 健太朗 :
アスタキサンチンとカプサイシンの組合せによる相乗的な抗酸化活性の向上,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
53.石川 みすず, 平井 将太, 濱 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 高橋 侑, 小暮 健太朗 :
相乗的抗酸化効果を示すアスタキサンチンとα-トコトリエノールのリポソーム膜における至適比率の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
54.三橋 亮介, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
トコフェロールコハク酸含有リポソームによる脂肪蓄積減少効果の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
55.虎尾 祐, 大島 康史, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシス誘導機構の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
56.三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理により誘起される細胞内取り込みの評価,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
57.賀川 真夕子, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 2017年10月.
58.大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
ユニークなエンドサイトーシスを誘起する微弱電流を利用した機能性核酸の細胞質送達,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
59.田中 保, 山下 量平, 清水 良多, 森戸 克弥, Md. Motiur Rahman, 伊賀 永里奈, 島田 明奈, 福田 達也, 小暮 健太朗 :
血液中のセラミド 1-リン酸の分子種組成と生物活性,
セラミド研究会 予稿集, 23, 2017年10月.
60.島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性,
セラミド研究会, 2017年10月.
61.Md Motiur Rahman, Erina Iga, Tohru Miyazaki, Naoko Takahashi, MIna Fujiwara, Kazuki Tsuji, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Phytoceramide 1-phosphate in vegetables and its anti-apoptotic effect in animal cells,
日本脂質栄養学会第26回大会 予稿集, 187, Sep. 2017.
62.S Afroz, Katsuya Morito, K Fujikawa, A Yagi, Teru Ikoma, E Kiyokage, K Toida, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Phosphatidic acid-rich cereals as anti-ulcer foods and their mechanisms of action,
日本脂質栄養学会第26回大会, Sep. 2017.
63.大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流が誘起するユニークなエンドサイトーシスによる核酸の細胞質送達,
遺伝子・デリバリー研究会第17回夏期セミナー, 2017年9月.
64.小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 福田 達也, Mahadi Hasan, 濱 進, 田中 保 :
微弱電流による核酸医薬の細胞内送達,
第26回DDSカンファランス, 2017年9月.
65.小暮 健太朗, 賀川 真夕子, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, 福田 達也 :
微弱電流誘導性エンドサイトーシスによるsiRNAの細胞内送達と肝細胞遺伝子発現制御,
日本核酸医薬学会第3回年会, 2017年7月.
66.虎尾 祐, 三村 美夕紀, 大島 康史, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によるユニークなエンドサイトーシスの解析,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
67.南川 典昭, 田良島 典子, 高橋 知樹, 山本 清義, 金城 望, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 小暮 健太朗 :
化学修飾DNAを利用したRNA創薬,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
68.小暮 健太朗 :
微弱電流によるナノ粒子の皮内デリバリー,
第35回物性物理化学研究会, 2017年7月.
69.小暮 健太朗, 石川 みすず, 平井 将太, 濵 進, 細井 信造, 吉田 達貞, 山下 栄次, 髙橋 侑 :
ビタミンEとの相乗的抗酸化効果におけるアスタキサンチン立体構造の影響,
第70回日本酸化ストレス学会学術集会, 2017年6月.
70.宮城 諒, 喜田 孝史, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
グリコシルイノシトールホスホセラミドの抽出と精製,
日本農芸化学会中四国支部第48回公演会 要旨集, 37, 2017年6月.
71.田中 保, Md Motiur Rahaman, 伊賀 永理奈, 山下 量平, 清水 良多, 辻 和樹, 島田 明奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗 :
血液中に存在する極長鎖セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用,
第59回日本脂質生化学会, 講演要旨集, 33-34, 2017年6月.
72.喜田 孝史, 伊藤 葵, 木村 朱里, 松岡 久嗣, 藤原 美奈, 辻 和樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
植物におけるグリコシルイノシトールホスホセラミド特異的ホスホリパーゼD活性の分布と性質,
第59回日本脂質生化学会, 2017年6月.
73.平井 将太, 石川 みすず, 渋谷 菜摘, 濵 進, 細井 信造, 髙橋 侑, 山下 栄次, 小暮 健太朗 :
トコトリエノールとアスタキサンチンの相乗的な抗酸化活性向上における至適比率の検討,
日本ビタミン学会第69回大会, 2017年6月.
74.小暮 健太朗, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 田良島 典子, 南川 典昭 :
微弱電流による新規核酸iRedの細胞内送達と遺伝子発現制御,
遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
75.大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流により誘起されるユニークなエンドサイトーシスの解析,
遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
76.清水 良多, 山下 量平, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 東 桃代, 小暮 健太朗, 田中 保 :
液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析による血漿中のセラミド及びセラミド-1-リン酸の解析,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
77.島田 明奈, 伊賀 永里奈, Rahman Motiur Md., 山下 量平, 清水 良多, 小暮 健太朗, 田中 保 :
セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制活性,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, 2017年5月.
78.三村 美夕紀, 大島 康史, 虎尾 祐, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によって誘起されるユニークなエンドサイトーシス,
日本薬剤学会第32年会, 2017年5月.
79.古曳 泰規, 傳田 将也, 藤川 昴樹, 猪熊 翼, 重永 章, 小暮 健太朗, 大髙 章 :
N-Sulfanylethylanilideを用いた細胞内標的タンパク質ラベル化法の開発,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
80.小暮 健太朗 :
微弱電流による高分子物質皮膚透過促進と組織・細胞生理の変化,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
81.船城 凌, 渋谷 菜摘, 田中 保, 小暮 健太朗, 奥平 桂一郎 :
HepG2細胞でのスフィンゴシン1リン酸(S1P)によるアポリポタンパク質A-I(apoA-I)発現の抑制,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
82.小暮 健太朗, Mahadi Hasan, 田良島 典子, 藤川 昂樹, 濱 進, 田中 保, 樫田 啓, 浅沼 浩之, 斎藤 博幸, 南川 典昭 :
微弱電流による機能性核酸の効率的な細胞質送達,
日本核酸医薬学会第2回年会(東京), 2016年12月.
83.小暮 健太朗, 亀崎 ちひろ, 渋谷 菜摘, 石川 みすず, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次 :
トコトリエノールとの抗酸化併用効果.,
第12回アスタキサンチン研究会(富山), 2016年11月.
84.藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 斎藤 博幸, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理による高分子物質の細胞質送達.,
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(名古屋), 2016年11月.
85.屋宜 亜耶乃, Afroz Sheuli, 生駒 照, 德村 彰, 小暮 健太朗, 田中 保 :
食物中のホスファチジン酸の抗胃潰瘍効果とホスホリパーゼA2活性化作用.,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
86.藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
細胞のエンドソーム物性変化を誘導する微弱電流処理.,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(岡山), 2016年10月.
87.小暮 健太朗, 亀崎 ちひろ, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次 :
アスタキサンチンとビタミンE共存による抗酸化活性の向上.,
第69回日本酸化ストレス学会学術年会(仙台), 2016年9月.
88.中島 采香, 西 貴之, 福澤 健治, 小暮 健太朗, 斎藤 博幸, 濱 進 :
多面的な抗癌作用を有するビタミンE誘導体から構成されるナノ粒子による薬剤耐性の克服.,
第14回 がんとハイポキシア研究会(岐阜), 2016年8月.
89.松井 諒, 鈴木 智子, 板倉 祥子, 小暮 健太朗, 斎藤 博幸, 濱 進 :
微小環境応答性ドラッグデリバリーシステムの腫瘍内透過性の改善.,
第14回 がんとハイポキシア研究会(岐阜), 2016年8月.
90.扇田 隆司, 林 直樹, 上川 翼, 籾山 京子, 福田 昂平, 小暮 健太朗, 後藤 直正, 斎藤 博幸 :
細菌Ⅲ型分泌機構の解明を目指した分泌装置の回転―分泌相関の検討.,
第11回トランスポーター研究会年会(JTRA2016)(京都), 2016年7月.
91.山下 栄次, 小暮 健太朗 :
ビタミンE とアスタキサンチンの相乗的抗酸化作用.,
第30回カロテノイド研究談話会(沖縄), 2016年7月.
92.扇田 隆司, 林 直樹, 福田 昂平, 籾山 京子, 小暮 健太朗, 後藤 直正, 斎藤 博幸 :
細菌Ⅲ型分泌装置のエフェクター輸送機構解明のための回転-分泌相関の検討.,
第14回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム (大阪), 2016年7月.
93.松井 諒, 濱 進, 鈴木 智子, 板倉 祥子, 小暮 健太朗, 斎藤 博幸 :
腫瘍内透過性と微弱低pH応答性を併せ持つ薬物キャリアーの開発.,
第32回日本DDS学会学術集会(静岡), 2016年7月.
94.Hasan Mahadi, Noriko Tarashima, Kohki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
Intracellular delivery of a novel functional nucleic acid iRed by faint electric treatment for effective regulation of target genes,
第32回DDS学術集会, Jun. 2016.
95.小暮 健太朗, 亀崎 ちひろ, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次 :
ビタミンEとアスタキサンチン共存による抗酸化作用の向上効果.,
日本ビタミン学会第68回大会(富山), 2016年6月.
96.西 貴之, 濱 進, 西本 明功, 鈴木 智子, 斎藤 博幸, 福澤 健治, 小暮 健太朗 :
腹腔内貯留型トコフェロールコハク酸含有ナノ粒子の腹膜播種治療への応用.,
日本ビタミン学会第68回大会(富山), 2016年6月.
97.藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理によって誘起されるエンドサイトーシスの解析.,
日本薬剤学会第31年会(岐阜), 2016年5月.
98.T Ohgita, K Fukuda, K Momiyama, N Hayashi, 小暮 健太朗, N Gotoh, 斎藤 博幸 :
Needle-like type III secretion apparatus regulates effector transport by rotational motion.,
第55回日本生物物理学会年会(つくば), 2016年5月.
99.小暮 健太朗, 濵 進 :
ビタミンEコハク酸の多彩な生理作用と薬学への展開,
日本薬学会136年会シンポジウム「ビタミンのケミカルバイオロジー研究」, 2016年3月.
100.M Hasan, A Nishimoto, T Ohgita, S Hama, H Kashida, H Asanuma and Kentaro Kogure :
Faint electric treatment enhances cellular uptake and intracellular delivery into cytoplasm.,
日本薬学会第136年会(横浜), Mar. 2016.
101.扇田 隆司, 上川 翼, 籾山 京子, 林 直樹, 小暮 健太朗 :
細菌Ⅲ型分泌機構の解明を目指したエフェクター分泌の定量評価.,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
102.濱 進, 中島 采香, 西 貴之, 福澤 健治, 斎藤 博幸, 小暮 健太朗 :
薬剤耐性癌の克服を目指したトコフェロールコハク酸ナノベシクルの開発,
第28回ビタミンE研究会(東京), 2016年1月.
103.石川 みすず, 亀崎 ちひろ, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次, 小暮 健太朗 :
α-トコトリエノールとアスタキサンチンのリポソーム膜中における相乗効果の検討.,
第28回ビタミンE研究会(東京), 2016年1月.
104.渋谷 菜摘, 亀崎 ちひろ, 中島 愛美, 石橋 博, 濵 進, 細井 信造, 山下 栄次, 小暮 健太朗 :
OHラジカル細胞傷害へのアスタキサンチン/トコトリエノールリポソームの抑制効果,
第28回ビタミンE研究会(東京), 2016年1月.
105.福澤 健治, 真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 德村 彰 :
マウスに移植した黒色腫瘍に対するα-トコフェロール誘導体の抗ガン効果,
日本ビタミン学会大会, Vol.57, 2005年5月.
106.福澤 健治, 赤井 かおり, 土屋 浩一郎, 小暮 健太朗, 德村 彰, 玉置 俊晃 :
配位構造の異なる3つのタイプのFe-NTA錯体による脂質過酸化の誘導,
日本過酸化脂質フリーラジカル学会27回大会, 2003年10月.
107.赤井 かおり, 土屋 浩一郎, 小暮 健太朗, 德村 彰, 玉置 俊晃, 福澤 健治 :
発癌性鉄錯体Fe3+-ニトリロ三酢酸(Fe3+-NTA)の光およびphに依存した活性酵素の産出と脂質過酸化の誘導,
第25回日本フリーラジカル学会, 2003年6月.
108.德村 彰, 平尾 恵理, 丸山 佑史, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
正常および異常妊娠時のヒト血清リゾホスホリパーゼD活性,
第45回日本脂質生化学会, 2003年6月.
109.真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 浜 進, 森田 健之, 德村 彰, 福澤 健治 :
ビタミンEコハク酸のガン細胞におけるアポトーシス誘導作用へのH2O2の関与,
日本ビタミン学会55回大会, 2003年5月.
110.蔭山 千恵子, 德村 彰, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 土肥 敏博 :
ヒト唾液に存在するリゾホスホファチジン酸産生酵素リゾホスホリパーゼDの症状,
日本薬学会年会, Vol.123, 2003年3月.
111.德村 彰, 平尾 恵理, 丸山 佑史, 小暮 健太朗, 安田 勝彦, 神崎 秀陽, 福澤 健治 :
異常妊娠婦人の血清リゾホスホリパーゼD活性:正常妊娠婦人との価との比較,
日本薬学会年会, Vol.123, 2003年3月.
112.小暮 健太朗, 濱 進, 後藤 了, 德村 彰, 福澤 健治 :
Vitamin Eコハク酸はPKCを直接活性化する,
日本薬学会第123年会, 2003年3月.
113.齋藤 恭章, 赤井 かおり, 小暮 健太朗, 德村 彰, 柴田 瑩, 福澤 健治 :
血清アルブミンの膜脂質過酸化抑制作用,
第24回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2002年11月.
114.土江 明子, 德村 彰, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
ヒト血液中で酸化ストレスを受け生成する短鎖ジカルボン酸含有ホスファチジルコリンの定量,
第41回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年11月.
115.小暮 健太朗, 森田 健之, 德村 彰, 福澤 健治 :
トコフェロールコハク酸のアポトーシス誘導作用と細胞の活性酸素防御能,
日本過酸化脂質フリーラジカル学会26回大会, 2002年10月.
116.小暮 健太朗, 木崎 真弓, 鈴木 一郎, 德村 彰, 渋谷 雅之, 福澤 健治 :
アポトーシス誘導作用におけるトコフェロールコハク酸類縁体の構造活性相関の検討,
日本過酸化脂質フリーラジカル学会26回大会, 2002年10月.
117.德村 彰, 真島 英司, 刈谷 優子, 富永 恭子, 小暮 健太朗, 安田 勝彦, 福澤 健治 :
生理活性リン脂質LPAを産出する血漿リゾホスホリパーゼDの性状,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
118.中島 佐和, 小暮 健太朗, 土江 明子, 德村 彰, 福澤 健治 :
酸化リン脂質によって誘導される血管平滑筋細胞の障害,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
119.蔭山 千恵子, 德村 彰, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 土肥 敏博 :
ヒト唾液中でリゾホスファチジン酸を産出するリゾホスホリパーゼDの性質,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
120.小暮 健太朗, 浜 進, 德村 彰, 福澤 健治 :
ビタミンEコハク酸の作用発現における細胞内シグナル機構の関与,
日本生化学会大会, Vol.75, 2002年10月.
121.浜 進, 小暮 健太朗, 後藤 了, 鈴木 一郎, 德村 彰, 渋谷 雅之, 福澤 健治 :
トコフェロール-コハク酸によるPKCを介したNO産生促進機構,
第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2002年10月.
122.德村 彰, 富永 恭子, 小暮 健太朗, 福澤 健治, 安田 勝彦, 刈谷 優子, 真島 英司 :
生理活性リン脂質LPAを産出するヒト血漿リゾホスホリパーゼDは多機能性ヌクレオチドホスホジエステラーゼautotaxinである,
日本脂質生化学研究会第44回研究集会, 2002年6月.
123.真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 浜 進, 中島 佐和, 德村 彰, 福澤 健治 :
黒色腫瘍に対するα-トコフェロールコハク酸の抗ガン効果,
日本ビタミン学会大会, Vol.54, 2002年4月.
124.浜 進, 小暮 健太朗, 中島 佐和, 真鍋 幸恵, 德村 彰, 福澤 健治 :
トコフェロールコハク酸によるNO産生促進効果の機構解析,
日本ビタミン学会大会, Vol.54, 2002年4月.
125.土江 明子, 德村 彰, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
喫煙者及び非喫煙者血漿に存在する酸化ホスファチジルコリン分子種組成の比較,
日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月.
126.小暮 健太朗, 浜 進, 真鍋 幸恵, 德村 彰, 福澤 健治 :
アポトーシス誘導作用を有するトコフェロールコハク酸の構造的因子の検討,
日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月.
127.德村 彰, 平畠 宏行, 岡山 朋郁, 河上 律子, 小暮 健太朗, 福澤 健治 :
ホスファチジン酸による好中球O2-産出に対するホスホリパーゼA2阻害剤の作用,
日本薬学会年会, Vol.122, 2002年3月.
128.後藤 了, 小暮 健太朗, 安部 一豊, 堀 均, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 :
Cepharanthineの立体構造と非Phenol型Radical消去活性,
第29回構造活性相関シンポジウム, 2001年11月.
129.後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 :
柔らかいCepharanthineと堅いTetrandrineのラジカル消去活性,
日本薬学会第121年会, 2001年3月.
130.西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 :
Capsaicinの特徴的な抗酸化作用機構,
日本薬学会第120年会, 2000年3月.
131.後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 赤須 通範, 寺田 弘 :
セファランチンノラジカル消去活性と化学構造のゆらぎ,
日本薬学会120年会, 2000年3月.
132.西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 :
Capsaicinの特徴的な抗酸化作用への膜物性変化の関与,
第38回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 1999年10月.
133.西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 :
辛味成分Capsaicinの膜系における抗酸化活性について,
第72回日本生化学会, 1999年9月.
134.西村 美紀, 小暮 健太朗, 後藤 了, 寺田 弘 :
辛味成分Capsaicinの抗酸化作用機構,
日本薬学会119年会, 1999年3月.
135.後藤 了, 小暮 健太朗, 中馬 寛, 寺田 弘, 赤須 通範 :
大環状 tetrahydroisoquinoline誘導体の構造とラジカル消去活性の相関,
日本薬学会第119大会, 1999年3月.
136.後藤 了, 小暮 健太朗, 安部 一豊, 赤須 通範, 寺田 弘 :
大環状Bis-benzylisoquinoline誘導体の動的構造の解析とラジカル消去活性,
第26回構造活性相関シンポジウム, 1998年11月.
137.後藤 了, 安部 一豊, 小暮 健太朗, 赤須 通範, 寺田 弘 :
Cepharanthineおよびその誘導体のラジカル消去活性発現における動的構造の影響,
第24回アルカロイド討論会, 1998年6月.

その他・研究会:

1.小暮 健太朗 :
抗酸化粒子による活性酸素消去と組織・細胞生理制御による生体内送達.,
第619回 新潟薬科大学 薬学総合セミナー(新潟), 2016年11月.
2.小暮 健太朗 :
ナノ粒子製剤の構築と微弱電流による非侵襲的投与法の開発,
第53回薬剤学懇談会研究討論会, 2016年6月.
3.小暮 健太朗 :
アスタキサンチンとトコトリエノールの抗酸化併用効果,
アスタリールシンポジウム2016, 2016年2月.
4.福澤 健治, 小暮 健太朗, 真鍋 幸恵, 德村 彰 :
α-トコフェロールジカルボン酸誘導体の抗ガン作用,
第17回ビタミンE研究会, 2006年1月.
5.福澤 健治, 小暮 健太朗, 德村 彰 :
α-トコフェロール・コハク酸の酸化的アポトーシスと抗ガン作用,
第5回AOB(Antioxidant Biofactor)研究会:食品機能と酸化ストレス, 2005年6月.
6.福澤 健治, 真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 德村 彰 :
α-トコフェロール誘導体のアポトーシス誘導作用:構造-活性相関,
第16回ビタミンE研究会, 2005年1月.
7.福澤 健治, 小暮 健太朗, 中島 佐和, 土江 明子, 德村 彰 :
ビタミンEによるリン脂質酸化二次産物誘導血管平滑筋細胞アポトーシスの抑制,
第15回ビタミンE研究会, 2004年1月.
8.福澤 健治, 中島 佐和, 土江 明子, 小暮 健太朗, 德村 彰 :
PAF様リン脂質酸化二次産物とビタミンE,
第300回脂溶性ビタミン総合研究委員会, 2003年6月.
9.真鍋 幸恵, 小暮 健太朗, 森田 健之, 德村 彰, 福澤 健治 :
抗がん剤として製剤化を指向したビタミンEコハク酸ベクシル,
第14回ビタミンE研究会, 2003年1月.
10.小暮 健太朗, 浜 進, 真鍋 幸恵, 德村 彰, 福澤 健治 :
トコフェロールコハク酸のガン細胞に対するアポトーシス誘導作用の検討,
第13回ビタミンE研究会, 2002年1月.
11.浜 進, 小暮 健太朗, 森田 元喜, 中島 佐和, 德村 彰, 福澤 健治 :
α-トコフェロールコハク酸によるNO産出促進にPKCが関与する,
第13回ビタミンE研究会, 2002年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 「食べるマイクロRNAを創る」 ー機能性食品としての核酸ー (研究課題/領域番号: 19K22287 )
  • 微弱電流による細胞質薬物送達の分子機構の解明 (研究課題/領域番号: 18F18097 )
  • iRedによる核酸創薬研究を加速させる外部刺激応答型核酸ナノ構造体の創製 (研究課題/領域番号: 18H02108 )
  • 微弱電流処理による植物の形質制御システムの開発 (研究課題/領域番号: 17K19241 )
  • 微弱電流によるナノ粒子の腫瘍内浸透・細胞取込み亢進による革新的がん治療技術の確立 (研究課題/領域番号: 17H03976 )
  • 腫瘍組織への自走侵入可能なpH感応性べん毛駆動型リポソームの創成 (研究課題/領域番号: 15K14945 )
  • 腫瘍微小環境応答性ペプチド搭載核酸キャリアーの開発と肝転移がん治療への展開 (研究課題/領域番号: 15K07907 )
  • 画像解析による微弱電流依存性の細胞内輸送亢進機構解明と革新的指向性DDSへの展開 (研究課題/領域番号: 26107718 )
  • 細胞の微弱電流環境下における物質取り込み変化の機構解明と革新的薬物送達への展開 (研究課題/領域番号: 24107523 )
  • 痛くないワクチンによる抗がん治療 (研究課題/領域番号: 24650284 )
  • 腫瘍組織内奥へ積極侵入可能なワームライクDDSの創製 (研究課題/領域番号: 23390014 )
  • 抗原提示バランスとアジュバントの制御に基づいたオーダーメイド癌ワクチン (研究課題/領域番号: 20659020 )
  • 糖尿病遺伝子治療を目指した非侵襲的な皮内遺伝子送達システムの開発 (研究課題/領域番号: 20390016 )
  • 幹細胞標的化miRNAの非侵襲的送達による褐色脂肪細胞の生体内分化誘導法の創製 (研究課題/領域番号: 20200064 )
  • シャペロンの糖鎖認識を原理とした新規細胞ストレスセンシング法の開発 (研究課題/領域番号: 19350078 )
  • DNA・mRNAの細胞内高感度可視化情報に基づく高性能人工遺伝子べクターの創製 (研究課題/領域番号: 19021003 )
  • 毛包をターゲットとした多機能性ナノ構造体による遺伝子デリバリー (研究課題/領域番号: 18590134 )
  • SIRNA搭載多重型ナノ構造体の開発と2型糖尿病関連遺伝子群の機能解析 (研究課題/領域番号: 18200032 )
  • 1分子イメージングに基づく細胞内動態・解離制御型デリバリーシステムの創製 (研究課題/領域番号: 18038001 )
  • がん選択的多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とがん遺伝子治療への応用 (研究課題/領域番号: 18015004 )
  • 易分解性を有する脂溶性ジカルボン酸エステルによる抗ガン効果の検討 (研究課題/領域番号: 12771436 )
  • タンパク質の膜間移行現象を応用した新規癌ワクチンの開発 (研究課題/領域番号: 10771269 )
  • 研究者番号(70262540)による検索