検索:
徳島大学 > 高等教育研究センター > 学修支援部門 >
徳島大学 > 国際センター >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

数値解析学 (Numerical Analysis)

研究テーマ

大規模連立方程式の解法に関する研究 (反復解法)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kuniyoshi Abe, Shao-Liang Zhang, Taketomo Mitsui and Cheng-Hai Jin :
A Variant of the ORTHOMIN(2) Method for Singular Linear Systems,
Numerical Algorithms, Vol.36, No.3, 189-202, 2004.
(DOI: 10.1023/B:NUMA.0000040047.81654.f5)
2. 曽我部 知広, 金 成海, 阿部 邦美, 張 紹良 :
CGS法の改良について,
日本応用数理学会論文誌, Vol.14, No.1, 1-12, 2004年.
(CiNii: 110001878242)
3. Zhi Bai-Zhong and Cheng-Hai Jin :
Column-Decomposed Relaxation Methods for the Overdetermined Systems of Linear Equations,
International Journal of Applied Mathematics, Vol.13, No.1, 71-82, 2003.
4. Toshiki Takeuchi, Hideo Sakaguchi, Cheng-Hai Jin and Hitoshi Imai :
On numerical methods for solving linear systems appearing in infinite precision numerical simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1198, 154-160, 2001.
5. Shao-Liang Zhang, Cheng-Hai Jin and Makoto Natori :
Product-Type Krylov-Subspace Methods for Solving Nonsymmetric Linear Systems,
GAKUTO International Series, Mathematical Science and Applications, Vol.11, 95-106, 1998.
6. 金 成海, 張 紹良, 名取 亮, 櫻井 鉄也, 周 偉東 :
MCGS法:非対称連立一次方程式のための新しい反復解法,
情報処理学会論文誌, Vol.37, No.11, 2138-2141, 1996年.
7. 周 偉東, 今井 仁司, 名取 亮, 金 成海 :
スペクトル選点法における最適パラメータ前処理,
日本応用数理学会論文誌, Vol.6, No.3, 191-204, 1996年.

学術論文(紀要・その他):

1. HoangNam Tran and Cheng-Hai Jin :
International students exposure to Japanese Culture: Results from the field trips to Kyoto,
Kiyo. International Center, The University of Tokushima, 13-16, 2020.
2. HoangNam Tran, KHAN Ahmed Younus and Cheng-Hai Jin :
Motivation for study abroad in Bangladesh: Learning from the Tokushima University Alumni,
Kiyo. International Center, The University of Tokushima, 9-12, 2020.
3. Toshiki Takeuchi, Hideo Sakaguchi, Cheng-Hai Jin and Hitoshi Imai :
On numerical methods for solving linear systems appearing in Infinite Precision Numerical Simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1198, 154-160, 2001.
(CiNii: 110000165244)

学術レター:

1. Kuniyoshi Abe, Zhang S.-L., Mitsui T. and Cheng-Hai Jin :
A New Merhods for Linear Systems Based on the Evalution of Product-Type Iterations,
Preprint Series in Mathematical sciences, Nagoya University, No.29, 1997.

国際会議:

1. Cheng-Hai Jin, Zhang S.-L. and Imai H. :
CGS-like method for solving nonsymmetric linear systems,
proceedings of the fifth China-Japan joint seminar on numerical mathematics, 147-153, Beijing, Nov. 2002.
2. Cheng-Hai Jin, Zhang S.-L. and Imai H. :
A Variant of CGS for the Solution of Nonsymmetric Linear Systems,
RIKEN Symposium Linear Algebra and its Applications, 129-135, Nov. 1999.
3. W Zhou, Hitoshi Imai, M Natori and Cheng-Hai Jin :
Optimal Precondition for Spectral Collocation Methods,
ICIAM95 (Third International Congress on Industrial and Applied Mathematics), 491, Hamburg, Germany, Jul. 1995.

国内講演発表:

1. 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 金 成海, 今井 仁司 :
DDMをIPNSに適用したときに現れる連立一次方程式と反復法について,
日本応用数理学会2002年度年会要旨集, 64, 2002年9月.
2. 菱沼 哲也, 坂口 秀雄, 今井 仁司, 竹内 敏己, 金 成海 :
可視化における任意拡大,
日本応用数理学会2001年度年会講演予稿集, 28-29, 2001年10月.
3. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 金 成海 :
熱伝導方程式に関する逆問題の無限精度計算,
第26回発展方程式研究集会報告集, 81-82, 2000年12月.
4. 竹内 敏己, 菱沼 哲也, 金 成海, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
無限精度計算に現れる連立一次方程式の反復解法について,
日本応用数理学会2000年度年会講演予稿集, 66-67, 2000年10月.
5. 金 成海, 張 紹良, 今井 仁司 :
残差ベクトルの定義による新たな反復解法の導入について,
日本応用数理学会2000年度年会予稿集, 70-71, 2000年10月.
6. 坂口 秀雄, 今井 仁司, 竹内 敏己, 金 成海 :
無限精度数値シミュレーションの並列計算について,
応用数学合同研究集会報告集, 243-246, 1999年12月.
7. 金 成海, 今井 仁司, 張 紹良, 竹内 敏己 :
ディフレション技法を用いたクリロフ部分空間法,
日本応用数理学会1999年度年会予稿集, 188-189, 1999年10月.
8. 金 成海, 張 紹良, 名取 亮, 櫻井 鉄也 :
Modified CGS法について(その2),
日本応用数理学会1996年度年会予稿集, 234-235, 1996年9月.
9. 金 成海, 張 紹良, 名取 亮, 櫻井 鉄也 :
Modified CGS法について,
日本応用数理学会1995年度年会予稿集, 290-291, 1995年9月.

その他・研究会:

1. 金 成海, 張 紹良, 名取 亮, 櫻井 鉄也, 周 偉東 :
CGS法の改良について,
第25回数値解析シンポジウム講演予稿集, 84-85, 1996年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)