検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健学域 > 保健科学部門 > 看護学系 > 看護教育学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 看護学専攻 > 基礎看護学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 看護学領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804031 職場におけるハラスメントが生じるメカニズムの検討とその予防プログラムの開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

基礎看護学 (Fundamental Nursing)

研究テーマ

人間の発達過程および発達支援に関する研究 (発達)

著書・論文

著書:

1. 中村 陽子, 熊谷 たまき, 岩佐 幸恵, 佐々木 史乃 :
看護師のための看護記録・カルテ用語辞典,
秀和システム, 2010年3月.

学術論文(審査論文):

1. 奥田 紀久子, 田中 祐子, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 中窪 萌子, 加藤 千代子 :
小学生の喫煙および健康に関する意識,
教育保健研究, No.20, 69-76, 2019年.
2. 中野 沙織, 岩佐 幸恵 :
中堅看護師の職業継続に関する文献検討-「離職」と「職業継続」の理由に焦点を当ててー,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.16, No.1,2, 10-22, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113721,   DOI: 10.32273/jni.16.1-2_10,   CiNii: 130007635088)
3. Miki Satoh, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Toshiyuki Yasui, Yukie Iwasa and Masafumi Miyake :
Sensitive Test for Screening for Autonomic Neuropathy of Type 2 Diabetes,
Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.17, No.1, 367-372, 2014.
(Elsevier: Scopus)
4. Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Masafumi Miyake, Toshiyuki Yasui, Masahito Tomotake, Haruo Kobayashi and Rozzano De Castro Locsin :
Measuring quality of sleep and autonomic nervous function in healthy Japanese women,
Neuropsychiatric Disease and Treatment, Vol.2014, No.10, 89-96, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106066,   DOI: 10.2147/NDT.S56827,   Elsevier: Scopus)
5. Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Masafumi Miyake, Haruo Kobayashi, Rozzano De Castro Locsin, Seizo Kinoshita, Masatoshi Masuda and Hiroshi Shimizu :
The relationship between sleep condition and autonomic nervous function in women in their 70s with type 2 diabetes mellitus,
Health, Vol.5, No.11, 1875-1883, 2013.
(DOI: 10.4236/health.2013.511253)
6. 谷 洋江, 橋本 浩子, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵 :
1型糖尿病をもつ思春期女性における摂食態度に関連する認知や行動と影響要因の特徴,
インターナショナルNursing Care Research, Vol.12, No.2, 25-33, 2013年.
(CiNii: 40019714469)
7. Miki Satoh, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Toshiyuki Yasui, Masafumi Miyake, Haruo Kobayashi, Waraporn Kongsuwan and Rozzano C. Locsin :
Changes before and after improvement of subjective sleep state of a man diagnosed with pre-diabetes and sleep disorder,
Health, Vol.5, No.3A, 504-511, 2013.
(DOI: 10.4236/health.2013.53A069)
8. Shin-ichi Chiba, Narimasa Watanabe, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Fuji Ren, Hiroshi Ogasawara and Kazushi Mifune :
Use of a Dialogue System to Retrieve the Memories of Elderly Individuals with Dementia and Determine the Physiologically Effective Evaluation Indicators,
International Journal of Advanced Intelligence (IJAI), Vol.4, No.1, 43-54, 2012.
9. 奥田 紀久子, 中瀬 勝則, 近藤 和也, 谷 洋江, 岩佐 幸恵, 高橋 裕子, 谷岡 哲也 :
高校生を対象とした喫煙防止教育の効果及び家族への波及効果,
四国医学雑誌, Vol.68, No.3.4, 131-138, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 102834,   CiNii: 40019424348)
10. 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 藤井 智惠子, 宮﨑 久美子, 梶原 京子 :
A県における防煙及び喫煙防止教育の実態と課題,
教育保健研究, No.17, 69-74, 2012年.
11. 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 岩佐 幸恵, 郷木 義子, 谷 洋江 :
大学生男女における体格の自己申告値と実測値及び理想値の関係,
インターナショナルNursing Care Research, Vol.11, No.2, 171-177, 2012年.
(CiNii: 40019304918)
12. 岩佐 幸恵 :
前頭葉機能検査が心拍変動に与える影響‐青年期を対象に‐,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1 2, 28-35, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113180,   CiNii: 40019314767)
13. 岩佐 幸恵, 奥田 紀久子, 谷 洋江 :
喫煙者に対する看護学生の態度に防煙・禁煙教育が及ぼす影響とその構造,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.10, No.1,2, 9-19, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113178,   CiNii: 40019314721)
14. Kyoko Osaka, Tetsuya Tanioka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido and Chiemi Kawanishi :
Literature Study on Affective State Estimation for Human and Robot Interaction Using Physiological Indicators,
INFORMATION, Vol.13, No.3(B), 1099-1103, 2010.
(Elsevier: Scopus)
15. 岩佐 幸恵, 橋本 俊顕, 津田 芳見, 森 健治 :
高機能広汎性発達障害における前頭葉機能検査中の自律神経活動の変化,
自律神経, Vol.47, No.2, 132-137, 2010年.
(DOI: 10.1016/j.autneu.2010.07.023,   CiNii: 10026905418)
16. Tetsuya Tanioka, K Mishina, M Miyoshi, Kyoko Osaka, A Kawamura, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Keiko Sekido, T Kawata, M Satou and K Mihune :
Relation between Electronic Nursing Staffs Daily Records and Nurses Workload in the A Psychiatric Hospital,
Information : an International Interdisciplinary Journal, Vol.13, No.3(A), 789-793, 2010.
17. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子, 中野 和美, 三木 豊子 :
看護学生に対する予防接種推奨の課題, --- SD法によるイメージ調査からの検討 ---,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.7, No.1,2, 30-42, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113148,   CiNii: 40016662571)
18. 神撫 幸子, 中野 真由美, 宮西 由佳梨, 岩佐 幸恵 :
衣服の圧迫による血圧測定への影響, --- コロトコフ法とオシロメトリック法による検討 ---,
第39回日本看護学会論文集‐看護教育‐, Vol.39, 445-447, 2009年.
(CiNii: 40016481007)
19. Kyoko Osaka, Shin-ichi Chiba, Yukie Iwasa, Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi :
Estimation methods for the communicatuion between "a robot and a human" using physiological indicators,
Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 431-434, 2009.
20. Masami Miyoshi, Kenichi Mishina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, Ai Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals,
Proceedings of the Fifth International Conference on Information, 387-389, 2009.
21. Yukie Iwasa, Kimiko Nakayasu, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito and Susumu Ito :
The relationship between autonomic nervous activity and physical activity in children,
Pediatrics International, Vol.47, No.4, 361-371, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1442-200x.2005.02082.x,   PubMed: 16091070)
22. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
気分不良体験の調整方法とその嗜癖的行動化, --- 因果関連図からの検討 ---,
教育保健研究, No.13, 77-85, 2004年.

学術論文(紀要・その他):

1. 中窪 萌子, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵, 森 健治 :
情緒障害児短期治療施設入所児童への性教育の効果と自己肯定感の関連,
小児保健とくしま, No.23, 17-23, 2015年.
2. 奥田 紀久子, 中瀬 勝則, 近藤 和也, 谷 洋江, 岩佐 幸恵, 谷岡 哲也 :
喫煙防止教育前後における高校生の喫煙に対する態度と意識の変化,
四国医学雑誌, Vol.68, No.5.6, 239-244, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110363,   CiNii: 40019553415)
3. 千葉 進一, 渡部 生聖, 谷岡 哲也, 岩佐 幸恵, 大阪 京子, 安原 由子, 友竹 正人, 川西 千恵美, 小笠 原坦, 三船 和史, 大森 美津子 :
対話による認知症高齢者の自律神経系への影響,
香川大学医学部看護学科紀要, Vol.15, No.1, 27-33, 2011年.
(CiNii: 40018799834)
4. Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Tetsuya Tanioka, K Motoki, K Takase, Yukie Iwasa, M Tomotake, S Sato and I Ueta :
Research of the intramusucular injection technique to gulterus medius muscule using an ultrasonograph,
14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), 2011.
5. 關戸 啓子, 安原 由子, 髙井 恵美, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 :
高齢者を対象者とした介護実習の学びが基礎看護学実習へ及ぼす影響,
日本看護学会論文集老年看護, Vol.39, 288-290, 2009年.
(CiNii: 40016543475)

総説・解説:

1. 岩佐 幸恵 :
この5年で新しく変わっている手技, --- 注射・採血の方法で変わっていること ---,
エキスパートナース, Vol.22, No.5, 116-118, 2006年5月.

国際会議:

1. Kikuko Okuda, Kyoko Osaka, Yuko Tanaka, Yukie Iwasa, Hiroe Tani, Hokuma Munakata and Rozzano De Castro Locsin :
Influencing Factors in Smoking Prevention Education among Elementary Shool Students in Tokushima Prefecture, Japan,
International Conference Ethics, Esthetics, and Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health, Songkhla,Tailand, Jul. 2017.
2. Nakakubo Moeko, Kikuko Okuda, Yukie Iwasa, Hiroe Tani, Kenji Mori, Kyoko Osaka and Kumiko Miyazaki :
Approach to Development of an Effective Sex Education Program to Improve Self-Efficacy of Battered Children,
10th Asia Pacific Conference on Child Abuse and Neglect, Kuala Lumpur, Oct. 2015.
3. Hiroe Tani, Sachiko Masuya, Kumi Takahashi, Hiroko Hashimoto, Kikuko Okuda, Yukie Iwasa, Kenji Mori and Tsuneo Ninomiya :
The Present Condition and Tasks Related to Child Consultation Center Cases in One Prefecture,
10th Asia Pacific Conference on Child Abuse and Neglect, Kuala Lumpur, Oct. 2015.
4. Kikuko Okuda, Yoshiko Gohgi, Chieko Fujii, Yukie Iwasa, Hiroe Tani, Kazuya Kondo and Tetsuya Tanioka :
Relationship between the Parent's Smoking Habit and the Knowledge/Consciousness after Smoke Prevention Education Targeted at Elementary School Students,
Proceedings of the Sixth International Conference on Information(Info13), 59-66, May 2013.
5. 小倉 和也, Kikuko Okuda, Kaoru Furukawa, Hiroe Tani and Yukie Iwasa :
Relationship between stances for interprofessional work and occupational satisfaction and career identity,
All together better health program&abstract book, 337, Kobe, Oct. 2012.
6. Kaoru Furukawa, 小倉 和也, Kikuko Okuda, Hiroe Tani and Yukie Iwasa :
The Actual Situation of the Recognition about Interprofessional Work of Nurses and Care Workers in One General Hospital,
All together better health program&abstract book, 413, Kobe, Oct. 2012.
7. Chiemi Kawanishi, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Keiko Sekido, Kikuko Okuda, Sachi Kishida and Tetsuya Tanioka :
Screening test using physiological and mental indicators for student nurse who requires special guidance in the clinical practice,
The 1st Cebu International Nursing Conference, Cebu, Apr. 2011.
8. Keiko Sekido, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Yukie Iwasa and Chiemi Kawanishi :
Literature study of the current situation and challences on nursing students' early exposure to clinical practice in Japan,
CEBU INTERNATIONAL NURSING CONFERENCE, 54, Apr. 2011.
9. Tetsuya Tanioka, Mai Date, Keiko Sekido, Yuko Yasuhara, Yukie Iwasa and Chiemi Kawanishi :
Psychoms as a comprehensive electonic nursing management system,
14th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), Feb. 2011.
10. Date Mai, Tetsuya Tanioka, Yuko Yasuhara, Kazuyuki Matsumoto, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Hirai Eri and Fuji Ren :
The present conditions, problems and future direction of the server-controlled clinical pathway system development in psychiatric hospitals,
Proc. IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering, 296,303, Beijing, Aug. 2010.
(DOI: 10.1109/NLPKE.2010.5587812,   Elsevier: Scopus)
11. Tetsuya Tanioka, A Kawamura, M Date, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka, Yukie Iwasa, T Sugiyama, Kazuyuki Matsumoto, T Kawata, M Satou and K Mihune :
Computerized electoronic nursing staffa daily records system in the Apsychiatric hospital: present situation and future prospects,
Proceeding of IEEE2010, Aug. 2010.
12. Shin-ichi Chiba, N Watanabe, Tetsuya Tanioka, Yukie Iwasa, Kyoko Osaka, Yuko Yasuhara, M Date, Chiemi Kawanishi, H Ogasawara and K Mihune :
The attentive-listening based dialogue system for supporting communication and its inflense on demented patients,
Proceeding of 2010 International conference on Advanced intelligence, Aug. 2010.
13. M Miyosi, M MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, A Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
What is the function necessary for the electoronic nursing management system in psychiatric hospitals?,
An International Interdisciplinary Journal Published by International Information Institute, Vol.13, No.3, 801-806, Apr. 2010.
14. Yukie Iwasa, Toshiaki Hashimoto, Tetsuya Tanioka and Chiemi Kawanishi :
Changes in autonomic activity of youn adults with high-functioning autism in the test of frontal lobe in autonomic activity of youn adults with high-functioning autism in the test of frontal lobe function,
Proceedings of the fifth international conference on information, 329-394, Kyoto, Nov. 2009.
15. Tetsuya Tanioka, Kenichi Mishina, Masami Miyosh, Kyoko Osaka, Ai Kawamura, Yukie Iwasa, Yuko Yasuhara, Chiemi Kawanishi, Keiko Sekido, Tomoko Kawata, Misako Satou and Kazushi Mifune :
Consideration on the systematization of an electronic nursing staffs daily records in the psychiatric hospital and its effects based on investigation of the nurses workload,
the Fifth International Conference on Information 2009, 383-386, Nov. 2009.
16. M Miyoshi, K MIshina, Tetsuya Tanioka, Kyoko Osaka, K Kawamura, Yukie Iwasa, Chiemi Kawanishi, Yuko Yasuhara, Mika Kataoka and Shin-ichi Chiba :
Questionnaire survey on the use and the introduction of nursing management system in the psychiatric hospitals,
Proceeding of the Fifth International Conference on Information, 801-806, Nov. 2009.

国内講演発表:

1. 中野 沙織, 岩佐 幸恵, 岸田 佐智 :
看護師が働き続ける上での「心の強さ」を獲得しながら職業を継続していくプロセス,
第40回 日本看護科学学会学術集会, 2020年12月.
2. 笠戸 竜也, 松本 彩音, 木之下 利恵, 岩佐 幸恵 :
パワーポージングの身体・心理への影響-呼吸法と比較して-,
日本看護研究学会中国・四国地方会第33回学術集会抄録集, 86, 2020年3月.
3. 中野 沙織, 髙橋 亜希, 岩佐 幸恵 :
看護師が働き続ける上での「心の強さ」を獲得していったプロセス, --- ある看護師へのインタビューからー ---,
第39回日本看護科学学会学術集会, 2019年12月.
4. 谷 麻美, 岩佐 幸恵 :
看護師の配置転換における職場適応に関わる要因,
日本看護研究学会中国・四国地方会第32回学術集会抄録集, 49, 2019年3月.
5. 西森 旬恵, 岩佐 幸恵 :
「タクティールケア」に関する研究の動向と課題,
日本看護研究学会中国・四国地方会第32回学術集会抄録集, 47, 2019年3月.
6. 三嶋 友惠, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 前田 樹海 :
リラクセーション技法の効果ー呼吸法とパワーポージングによる比較ー,
日本看護科学学会第38回学術集会講演集, P2-8-52, 2018年12月.
7. 寺田 永遠, 平川 祥子, 岩佐 幸恵 :
リラクセーション技法の効果ー呼吸法とパワーポージングによる比較ー,
日本看護科学学会第38回学術集会講演集, P1-3-52, 2018年12月.
8. 中野 沙織, 岩佐 幸恵 :
中堅看護師の職業継続に関する文献検討‐「離職」と「職業継続」の理由に焦点を当てて‐,
日本看護研究学会雑誌, Vol.41, No.3, 411, 2018年8月.
9. 三嶋 友惠, 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 岸田 佐智 :
隔離予防策実施時の臨床看護師の倫理的ジレンマと倫理的感受性,
日本看護学教育学会第28回学術集会講演集, Vol.28, 137, 2018年8月.
10. 谷 麻美, 丸中 智美, 森 梨絵, 岩佐 幸恵 :
マニキュアが経皮的酸素飽和度の測定に与える影響,
第37回日本看護科学学会学術集会講演集, 2017年12月.
11. 岩佐 幸恵, 髙橋 亜希 :
学習過程におけるポートフォリオの効果-中間評価と最終評価からの分析-,
第48回日本看護学会-看護教育-学術集会抄録集, 141, 2017年8月.
12. 岩佐 幸恵, 髙橋 亜希 :
フィジカルアセスメント技術習得過程におけるポートフォリオの効果,
日本看護研究学会雑誌, Vol.40, No.3, 222, 2017年8月.
13. 髙橋 亜希, 岩佐 幸恵 :
臨床看護師のリフレクション能力と専門職的発達に関する研究,
日本看護学教育学会誌, Vol.27, 147, 2017年8月.
14. 板東 由唯, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵 :
小・中学校のがん教育に対する教員の意識の実態,
第49回中国・四国学校保健学会講演集, 49-50, 2017年6月.
15. 髙橋 亜希, 岩佐 幸恵, 川原 みゆき :
臨床看護師のリフレクション能力と関連要因に関する研究,
日本看護研究学会中国・四国地方会第30回学術集会抄録集, Vol.30, 141, 2017年3月.
16. 源 瑠美子, 岩佐 幸恵 :
保健学科におけるLGBTに関する教員の認識と今後の課題,
大学教育カンファレンス in 徳島, 34-35, 2016年12月.
17. 川原 みゆき, 髙橋 亜希, 岩佐 幸恵 :
看護師の交代勤務型概日リズム睡眠障害の実態と生体リズムを維持するための対処行動,
日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.36, 262, 2016年11月.
18. 川原 みゆき, 高橋 亜希, 岩佐 幸恵 :
看護基礎教育における交代制勤務の危険因子に関する研究の動向,
日本看護学教育学会誌第25回学術集会講演集, Vol.25, 238, 2015年8月.
19. 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 奥田 紀久子 :
自閉症スペクトラムにおける自律神経活動と前頭葉機能発達の特性,
日本発達心理学会第26回大会発表論文集, P6-031, 2015年3月.
20. 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 奥田 紀久子 :
高機能自閉症スペクトラム障害への看護介入のための基礎的研究, --- 自律神経活動の日内変動 ---,
第34回日本看護科学学会学術集会講演集, 644, 2014年11月.
21. 井上 美咲, 河西 あゆみ, 坂口 栄美, 岩佐 幸恵 :
睡眠障害と自律神経機能の関連について,
日本看護研究学会雑誌, Vol.37, No.3, 323, 2014年8月.
22. 岩佐 幸恵, 谷 洋江, 奥田 紀久子, 高橋 亜希 :
高機能広汎性発達障害児の自律神経機能, --- ホルター心電図による24時間心拍変動解析から ---,
日本発達心理学会第25回大会発表論文集, 669, 2014年3月.
23. 岩佐 幸恵, 木田 菊恵, 近藤 佐地子, 加根 千賀子, 谷 洋江, 松下 恭子, 片岡 三佳 :
インシデント事例から学ぶ人間関係,
大学教育カンファレンスin徳島, 74-75, 2013年12月.
24. 佐藤 美樹, 安原 由子, 岩佐 幸恵, 黒川 亜里紗, 谷岡 哲也 :
高齢の女性糖尿病患者における睡眠の質と自律神経活動の特徴,
第37回中国・四国精神保健学会, 2013年12月.
25. 岩佐 幸恵, 木田 菊恵, 高開 登茂子, 近藤 佐地子, 奥田 紀久子, 宮﨑 久美子, 安原 由子 :
看護基礎教育と新人看護職員研修の連携と今後の課題,
平成24年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島発表抄録, 60-61, 2012年12月.
26. 佐藤 美樹, 岩佐 幸恵, 安原 由子, 安井 敏之, 谷岡 哲也, 小林 春男 :
自律神経障害簡易スクリーニング手法の開発に向けた基礎的研究,睡眠障害のある被験者と健常者での症例を比較して,
第36回中国・四国精神保健学会, 104, 2012年11月.
27. 藤本 亜紀, 真鍋 美晴, 池北 侑加, 佐藤 美樹, 安原 由子, 岩佐 幸恵, 谷岡 哲也 :
自律神経活動の簡易測定指標に関する基礎的研究・健常者の結果から,
第36回中国・四国精神保健学会, 104, 2012年11月.
28. 佐藤 美樹(四国大学看護部 徳島大学大学院保健科学研究部), 岩佐 幸恵, 安原 由子, 谷岡 哲也 :
自律神経障害の簡易スクリーニング手法の開発,
第245 徳島医学会学術集会, 53, 2012年7月.
29. 岩佐 幸恵, 奥田 紀久子, 安原 由子 :
グループ・ワーク型授業を活性化させるための取り組み‐コックピット・リソース・マネージメントの授業への応用,
平成23年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島発表抄録集, 76-77, 2012年1月.
30. 安原 由子, 岩佐 幸恵, 關戸 啓子, 谷岡 哲也, 奥田 紀久子, 廣原 紀恵, 芝﨑 恵, 岡久 玲子, 岸田 佐智 :
基礎看護学臨地実習前後の看護学生のストレス変化,
日本看護研究学会中国・四国地方会 第24回学術集会抄録集, 85, 2011年3月.
31. 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 :
夕方からの労働が自律神経活動のサーカディアンリズムに与える影響,
日本看護研究学会, Vol.33, No.3, 337, 2010年8月.
32. 安原 由子, 川西 千恵美, 岩佐 幸恵, 高井 恵美 :
看護学生の看護技術実技自己学習時間と到達度との関係,
日本看護研究学会・中国・四国地方会第23回学術集会, Vol.66, 2010年3月.
33. 清澄 浩子, 平瀬 陽子, 岩佐 幸恵 :
足部温浴が心身に与える影響(その2)-生理的反応からの検討‐,
第29回日本看護科学学会学術集会講演集, 2009年11月.
34. 平瀬 陽子, 清澄 浩子, 岩佐 幸恵 :
足部温浴が心身に与える影響(その1)-主観的反応からの検討‐,
第29回日本看護科学学会学術集会講演集, 2009年11月.
35. 神撫 幸子, 中野 真由美, 宮西 由佳梨, 岩佐 幸恵 :
衣服の圧迫による血圧測定への影響, --- コロトコフ法とオシロメトリック法による検討 ---,
第39回日本看護学会抄録集看護教育, 258, 2008年8月.
36. 岩佐 幸恵, 川西 千恵美, 安原 由子, 髙井 恵美, 奥田 紀久子, 關戸 啓子 :
実習前に保育所実習を体験した学生の基礎看護学実習Ⅰに対する授業評価,
日本看護研究学会雑誌, Vol.31, No.3, 210, 2008年8月.
37. 安原 由子, 川西 千恵美, 岩佐 幸恵, 高井 恵美 :
看護師免許をもった上級生の看護技術指導の学び-皮下注射と筋肉注射の演習に焦点を当てて-,
日本看護研究学会・中国・四国地方会第21回学術集会, 2008年3月.
38. 安原 由子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 :
洗髪体位における頸動脈エコー所見の変化,
第27回日本看護科学学会学術集会, 2007年12月.
39. 礒野 壮一郎, 川西 祐子, 岩佐 幸恵 :
就床から翌朝にかけての胃の電気的活動, --- 生活習慣の影響 ---,
第27回日本看護科学学会学術集会講演集, 361, 2007年12月.
40. 岩佐 幸恵 :
身体活動が自律神経活動の生体リズムに与える影響,
第27回日本看護科学学会学術集会講演集, 360, 2007年12月.
41. 安藝 敦子, 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
中高生のめまいの要因から見た自律神経機能の発達支援,
日本養護教諭教育学会第15回学術集会, 50-51, 2007年10月.
42. 岩佐 幸恵 :
生涯発達と自己決定,
日本生活指導学会第25回研究大会発表要旨集録, 16-17, 2007年9月.
43. 牛越 幸子, 安原 由子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 :
洗髪体位における総頸動脈の血流変化(その2), --- 降圧剤を内服中の女性と健常者の比較 ---,
第26回日本看護科学学会学術集会, 2006年12月.
44. 安原 由子, 牛越 幸子, 岩佐 幸恵, 川西 千恵美 :
洗髪体位における総頸動脈の血流変化(その1), --- 健常女性の年代別比較 ---,
第26回日本看護科学学会学術集会, 2006年12月.
45. 安藝 敦子, 中安 紀美子, 野村 昌弘, 香西 理恵, 岩佐 幸恵 :
不整脈の危険因子としての起立性調節障害(OD)の検討,
学校保健研究, Vol.48, No.suppl, 254-255, 2006年11月.
46. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
特別な教育的支援を必要とする子どもの早期発見, --- ストループ・テストの学年変化から ---,
第51回日本学校保健学会学術集会講演集, 152-153, 2004年11月.
47. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
学童期における身体活動の重要性, --- 心拍変動による自律神経活動の測定結果から ---,
第50回日本学校保健学会, 248-249, 2003年11月.
48. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
小学生の前頭葉機能と睡眠時間及び落ち着きのなさの関係,
日本養護教諭教育学会第11回学術集会, 110-111, 2003年10月.
49. 岩佐 幸恵, 三木 豊子, 中野 和美, 中安 紀美子 :
イメージ調査からみた予防接種教育の課題,
第49回日本学校保健学会学術集会講演集, 398-399, 2002年9月.
50. 岩佐 幸恵, 中安 紀美子 :
大学生の気分不良体験とその調整方法, --- 因果関連図からの検討 ---,
第47回日本学校保健学会学術集会講演集, 278-279, 2000年11月.
51. 荒尾 公美子, 岩佐 幸恵, 岡島 真理子, 岡田 久香, 木野 綾子 他 :
学生による授業評価を活用した授業改善,
厚生労働省看護研修研究センター同窓会研究発表会第19回研究発表界集録, 1-4, 1997年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 小中高校生の新型たばこに関する知識や関心等の実態解明と新たな喫煙防止教育の検討 (研究課題/領域番号: 20K10347 )
  • パワーポージングのリラクセーション効果と安全性の検証:クロスオーバー試験 (研究課題/領域番号: 18K10145 )
  • 高機能広汎性発達障害者への看護介入のための基礎的研究‐自律神経活動の日内変動‐ (研究課題/領域番号: 23593441 )
  • 生活支援に関する基礎的研究-身体活動が自律神経活動の生体リズムに与える影響- (研究課題/領域番号: 18890128 )
  • 研究者番号(60432746)による検索