検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 医用画像解析学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 診療放射線技術学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 富永 正英, 佐々木 幹治 :
脳・体幹部定位照射 --- 図解 診療放射線技術実践ガイド 第4版 ---,
文光堂, 東京, 2020年2月.
2. Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Mana Futawaka, Hisatsugu Yamada, Masahide Tominaga and Yoshio Endo :
In vivo drug screening method of radiosensitizers using tumor-bearing chick embryo,
Elsevier, Oct. 2019.
3. 富永 正英 :
幾何学的管理項目,
ピラールプレス, 2013年7月.

学術論文(審査論文):

1. Tumenjin Enkhbat, Masaaki Nishi, Kouzou Yoshikawa, Jun Higashijima, Takuya Tokunaga, Chie Takasu, Hideya Kashihara, Daichi Ishikawa, Masahide Tominaga and Mitsuo Shimada :
Epigallocatechin-3-gallate Enhances Radiation Sensitivity in Colorectal Cancer Cells Through Nrf2 Activation and Autophagy.,
Anticancer Research, Vol.38, No.11, 6247-6252, 2018.
(DOI: 10.21873/anticanres.12980,   PubMed: 30396944,   Elsevier: Scopus)
2. Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Risa Kouzaki, Ayaka Hanyu, Kazuki Ueshima, Hisatsugu Yamada, Masaki Suga, Tomohiro Yamashita, Tomoaki Okimoto and Yoshihiro Uto :
Radiosensitizing Effect of 5-Aminolevulinic Acid and Protoporphyrin IX on Carbon-ion Beam Irradiation,
Anticancer Research, Vol.38, No.7, 4313-4317, 2018.
(DOI: 10.21873/anticanres.12730,   PubMed: 29970567,   Elsevier: Scopus)
3. Yusei Shinohara, Yoshio Endo, Chiaki Abe, Ikkyu Shiba, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka, Yutaka Yonemura, Syunichiro Ogura, Masahide Tominaga, Hisatsugu Yamada and Yoshihiro Uto :
Development of a novel Schiff base derivative for enhancing the anticancer potential of 5-aminolevulinic acid-based photodynamic therapy.,
Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, Vol.20, 182-188, 2017.
(DOI: 10.1016/j.pdpdt.2017.10.014,   PubMed: 29056554,   Elsevier: Scopus)
4. Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Kamomae Takeshi, Hitoshi Ikushima, Kitaoka Motonori, Bando Ryota, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Influence of multi-leaf collimator leaf transmission on head and neck intensity-modulated radiation therapy and volumetric-modulated arc therapy planning.,
Japanese Journal of Radiology, Vol.35, No.9, 511-525, 2017.
(DOI: 10.1007/s11604-017-0661-8,   PubMed: 28647834,   Elsevier: Scopus)
5. Masahide Tominaga, Hiroaki Hayashi, Akinori Matsumoto, Natsumi Kimoto, Okazaki Tohru, Hashizume Takuya and Kobayashi Ikuo :
Uncertainty evaluation of absorbed dose measurements by means of small-type OSL dosimeter for radiotherapeutic X-ray region,
Medical Imaging and Information Sciences, Vol.33, No.2, 32-37, 2016.
(DOI: 10.11318/mii.33.32)
6. Tomoko Kaneko, Masahide Tominaga, Yoshio Endo, Kazunori Yaju, Risa Kouzaki, Hisatsugu Yamada, Ikuo Nakanishi, Kenichiro Mastumoto and Yoshihiro Uto :
RADIOSENSITIZING EFFECT OF PROTOPORPHYRIN IX WITH CARBON ION BEAM AGAINST MOUSE MAMMARY BREAST TUMOR CELL.,
Journal of Advanced Manufacturing Technology, 47-51, 2016.
7. Itsumi Maehata, Hiroaki Hayashi, Natsumi Kimoto, Kazuki Takegami, Hiroki Okino, Yuki Kanazawa and Masahide Tominaga :
Practical method for determination of air-kerma by using an ionization chamber toward the construction of secondary X-ray field to be used in clinical examination rooms,
Radiological Physics and Technology, Vol.9, No.2, 193-201, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110812,   DOI: 10.1007/s12194-016-0352-7)
8. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, T Kamomae, T Kishi, Masataka Oita and Masafumi Harada :
Dose impact of rectal gas on prostatic IMRT and VMAT,
Japanese Journal of Radiology, Vol.33, No.12, 723-733, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109667,   DOI: 10.1007/s11604-015-0481-7,   PubMed: 26573828)
9. Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yasuo Hara, Taro Kishi and Hitoshi Hori :
Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells,
Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4621-4626, 2014.
(PubMed: 25075109)
10. 佐々木 幹治, 富永 正英, t Kamomae, 生島 仁史, T Kishi, T Kawashita, A Tada, M Shigemitsu, 笈田 将皇 :
Clinical evaluation of automatic contours for head and neck region using deformable image registration software,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.69, No.11, 1250-1260, 2013年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2013_JSRT_69.11.1250,   PubMed: 24256648,   CiNii: 130003384217,   Elsevier: Scopus)
11. Bado Ryota, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Taro Kishi, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo and Koichi Tamura :
Changes of tumor and normal structures of the neck during radiation therapy for head and neck cancer requires adaptive strategy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1,2, 46-51, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106041,   DOI: 10.2152/jmi.60.46,   PubMed: 23614911)
12. 林 裕晃, 谷内 翔, 神谷 尚武, 西原 貞光, 富永 正英 :
輝尽性蛍光体プレートを用いたピンホールカメラの開発と散乱X線分布および可視光画像の撮影,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.68, No.3, 307-311, 2012年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2012_JSRT_68.3.307,   CiNii: 10030139394)
13. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 木村 雅司, 下窪 康史, 高志 智, 笈田 将皇 :
マルチリーフコリメータの位置精度が強度変調放射線治療に及ぼす影響,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.67, No.5, 497-506, 2011年.
14. Masahide Tominaga, Yoshiki Kawata, Noboru Niki, Noriyuki Moriyama, Kenji Yamada, Junji Ueno and Hiromu Nishitani :
Measurements of multi-detector CT surface dose distributions using a film dosimeter and chest phantom,
Medical Physics, Vol.38, No.5, 2467-2478, 2011.
(DOI: 10.1118/1.3570769,   PubMed: 21776782)
15. 佐々木 幹治, 富永 正英, 生島 仁史, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 福永 有希子, 山田 健二, 笈田 将皇, 西谷 弘 :
強度変調放射線治療におけるradiographic filmと radiochromic filmの比較評価,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.66, No.5, 525-534, 2010年.
(DOI: 10.6009/jjrt.66.525,   CiNii: 10026453315,   Elsevier: Scopus)
16. Takashi Nakae, Yoshihiro Uto, Motoko Tanaka, Haruna Shibata, Eiji Nakata, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Toshihiro Hashimoto, Kenneth L. Kirk, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori :
Design, synthesis, and radiosensitizing activities of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.2, 675-682, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2007.10.035,   PubMed: 18029186)

学術論文(紀要・その他):

1. 荒井 俊也, 井村 裕吉, 八木 浩史, 安友 基勝, 仁木 敦志, 天野 雅史, 富永 正英, 高島 宏輔, 黒田 トクエ :
FUJI AD SYSTEMの基本特性の検討(2), --- 自動現像機依存性 ---,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.4, 191-195, 1994年.
2. 富永 正英, 八木 浩史, 安友 基勝, 天野 雅史, 高島 宏輔, 井村 裕吉, 中尾 健, 黒田 トクエ :
FUJI AD SYSTEMの基本特性の検討(1), --- 現像温度依存性 ---,
徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.3, 185-190, 1994年.

総説・解説:

1. 富永 正英, 下窪 康史, 生島 仁史, 本田 道隆, 佐々木 幹治 :
Cone-b eam CT 画像を用いた小線源治療計画への応用,
画像通信, Vol.77, No.2, 55-61, 2016年10月.
2. 本田 弘文, 笈田 将皇, 富永 正英, 宇都 義浩 :
放射線治療における In Vivo Dosimetryの発展と応用,
放射線生物研究, Vol.51, No.3, 255-267, 2016年9月.
3. 原 毅弘, 富永 正英, 笈田 将皇, 本田 弘文, 宇都 義浩 :
Flattening Filter Free(高線量率)モードを用いた放射線治療の効果,
放射線生物研究, Vol.51, No.3, 230-240, 2016年9月.
4. 芝 一休, 山田 久嗣, 富永 正英, 宇都 義浩 :
低酸素を標的とした抗転移剤による化学放射線療法の可能性,
放射線生物研究, Vol.51, No.3, 216-229, 2016年9月.
5. 西谷 弘, 安友 基勝, 富永 正英, 福居 壽人, 八木 浩史 :
特集:放射線診療における被曝, --- CTにおける被曝 ---,
日本医学放射線学会雑誌, Vol.62, No.7, 347-351, 2002年6月.

国際会議:

1. Hasegawa Yu, Akihiro Haga, Sakata Dousatsu, Yuki Kanazawa, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Imae T. and Nakagawa Keiichi :
Estimation of X-ray energy spectrum for CT scannerfrom percentage depth dose measurement,
2020 JOINT AAPM COMP meeting, Jul. 2020.
2. Honda Hirofumi, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yoshihiro Uto, Masataka Oita, Hamamoto Yasushi, Mochizuki Teruhito, Kido Teruhito, Ishii Y, Yamamoto Ryuji and Omoto K :
Detectability of MLC Stop Position Error During Treatment by Gantry-Mounted Transmission Detector,
AAPM 62th annual meeting (WEB), Jul. 2020.
3. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Kenta Kitagawa, Yohsuke Kanoh, Masahide Tominaga, Hirofumi Honda, Wataru Sugimoto and Masataka Oita :
Impact of Changes in Body Shapes on Radiation Therapy Dose Distribution After Uterine Cervical Cancer Surgery,
AAPM 62th annual meeting (WEB), Jul. 2020.
4. Honda Hirofumi, Kubo Kei, Yamamoto Ryuuji, Ishii Yoshiaki, Kanzaki Hiromitsu, Hmamoto Yasushi, 望月 輝一, Masataka Oita, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga and Yoshihiro Uto :
Feasibility of dose delivery error detection by a transmission detector for patient-specific QA,
Radiotherapy and Oncology, Vol.123, No.1, S787-S788, May 2017.
(DOI: 10.1016/S0167-8140(17)31909-6)
5. Motoharu Sasaki, Hitoshi Ikushima, Masahide Tominaga, 川下 徹也, Takeshi Kamomae, Ryota Bandoh, Kanako Sakuragawa and Masataka Oita :
Dose impact of rectal gas on prostate VMAT,
AAPM 58th Annual Meeting, Jul. 2016.
6. Masataka Oita, Nakata K., Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, 青山 英樹, Hirofumi Honda and Yoshihiro Uto :
Does the Biophysical Modeling for Immunological Aspects in Radiotherapy Precisely Predict Tumor and Normal Tissue Responses?,
AAPM 58th Annual Meeting, Jun. 2016.
7. Masataka Oita, 青山 英樹, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Hirofumi Honda and Yoshihiro Uto :
Application of biophysical modelling for normal tissue response with immunological aspects in radiotherapy,
Radiotherapy and Oncology, Feb. 2016.
8. Takehiro Hara, Masahide Tominaga, Hideaki Endo and Yoshihiro Uto :
The effect of dose rate on radiation-induced in vitro antitumor activity by low-LET radiation.,
15th International Congress of Radiation Research (ICRR2015), May 2015.
9. Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Masahide Tominaga and Motoharu Sasaki :
Effects of Uncertainties of Radiation Sensitivity of Biological Modelling for Treatment Planning,
AAPM 56th Annual Meeting, Jun. 2014.
10. Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori :
Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model,
PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010.

国内講演発表:

1. 浮田 浩行, 畑ケ中 吉鷹, 富永 正英, 笹尾 知世, 寺田 賢治, 吉田 敦也 :
CT 画像からの浄瑠璃人形頭内部の三次元形状復元,
2020年度非破壊検査総合シンポジウム, 56-62, 2020年6月.
2. 佐々木 幹治, 北川 絢太, 加納 洋介, 富永 正英, 生島 仁史 :
体輪郭の変化が子宮頸がん術後照射VMATの線量分布へ及ぼす影響,
第33回高精度放射線外部照射部会学術大会WEB開催, 2020年5月.
3. 長谷川 侑, 芳賀 昭弘, 坂田 洞察, 金澤 裕樹, 富永 正英, 佐々木 幹治, 今江 禄一, 中川 恵一 :
Estimation of X-ray energy spectrum for CT scanner from percentage depth dose measurement,
第119回⽇本医学物理学会学術⼤会WEB開催, 2020年5月.
4. 畑ケ中 吉鷹, 浮田 浩行, 富永 正英, 笹尾 知世, 寺田 賢治, 吉田 敦也 :
CT画像を用いた浄瑠璃人形の頭の三次元形状復元,
電気学会研究会資料(知覚情報・次世代産業システム合同研究会), 2020年3月.
5. 宇都 義浩, 小西 大輔, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 大豆本 圭, 上原 久典 :
リニアックの FFFビームに対する新規増感剤の創製,
第22回癌治療増感シンポジウム, 2020年2月.
6. 小西 大輔, 二若 真菜, 藤原 由莉, 折村 奈美, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史, 上原 久典, 大豆本 圭, 宇都 義浩 :
医療用直線加速器の高線量率モードX線に対するGemcitabineの増感効果,
日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月.
7. 佐々木 幹治, 富永 正英, 櫻川 加奈子, 横石 道寛, 石川 恭平, 北川 絢太, 加納 洋介, 生島 仁史 :
3次元線量検証システムを用いた長期安定性の調査,
第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019年10月.
8. 永安 結花里, 富永 正英, 安友 基勝, 兒島 雄志, 佐々木 幹治, 山田 健二 :
Edge Spread Functionの最適化によるMTF測定精度向上の試み,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
9. 永安 結花里, 富永 正英, 古田 琢哉, 佐々木 幹治 :
モンテカルロシミュレーションを用いた診断用X線の放射線計測における後方散乱線の影響解析,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
10. 富永 正英, 山内 奈緒, 芳賀 昭弘, 佐々木 幹治, 兒島 雄志 :
治療計画用CT画像を用いた非小細胞肺癌の病理分類,
題15回中国四国放射線医療技術フォーラムCSFRT2019, 2019年9月.
11. 宇都 義浩, 羽生 紋佳, 楠橋 由貴, 二若 真菜, 山田 久嗣, 富永 正英, 生島 仁史 :
医療用直線加速器の高線量率モードX線を増感する抗がん剤の探索,
第25回癌治療増感研究会, 2019年6月.
12. 佐々木 幹治, 富永 正英, 川下 徹也, 横石 道寛, 櫻川 加奈子, 生島 仁史 :
VMATにおけるplan normalization valueが線量検証へ及ぼす影響,
第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年3月.
13. 羽生 紋佳, 上﨑 里砂, 上島 一輝, 金子 友子, 山田 久嗣, 富永 正英, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 宇都 義浩 :
5-アミノレブリン酸およびプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用,
日本化学会第98春季年会, 2018年3月.
14. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二, 兒島 雄志, 芳賀 昭弘, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
Digital Phantomを用いたImage Registrationソフトウェアの性能評価,
第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年2月.
15. 福良 亮介, 川下 徹也, 佐々木 幹治, 阿實 翔太, 富永 正英 :
2種類の3次元水ファントムを用いたスキャンデータの比較検討,
第13回中四国放射線医療技術フォーラム(CSFRT2017 ), 2017年12月.
16. 金子 友子, 上﨑 里砂, 羽生 紋佳, 山田 久嗣, 宇都 義浩, 壽賀 正城, 山下 智弘, 沖本 智昭, 富永 正英 :
5-アミノレブリン酸およびその代謝物であるプロトポルフィリンⅨの炭素線増感作用,
第21回バイオ治療法研究会, 2017年12月.
17. 山田 健二, 安友 基勝, 佐々木 幹治, 櫻川 加奈子, 富永 正英, 笠井 亮佑, 井上 直, 鹿重 俊哉 :
確率密度関数を用いたエッジ法におけるMTF測定時のLSF取得法,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年10月.
18. 櫻川 加奈子, 安友 基勝, 山田 健二, 佐々木 幹治, 富永 正英, 笠井 亮佑, 井上 直, 鹿重 俊哉 :
ディジタル乳房撮影装置の焦点のボケ関数から導かれる焦点サイズの推定法,
第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2017年10月.
19. 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 兒島 雄志, 山田 健二, 生島 仁史, 角谷 倫之 :
市販Image registrationソフトウェアの評価用Digital Phantomの開発,
日本放射線腫瘍学会第30回高精度外部放射部会学術大会, 2017年3月.
20. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
21. 佐川 友啓, 富永 正英, 田中 翼, 佐々木 幹治, 本田 道隆, 生島 仁史 :
Computed Radiography を用いた Multi-Leaf collimator の精度管理,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
22. 下窪 康史, 富永 正英, 笠井 亮佑, 佐々木 幹治, 田中 翼, 佐川 友啓, 本田 道隆, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価,
医用画像情報学会(MII), 2016年10月.
23. 松本 晃範, 富永 正英, 佐々木 幹治, 林 裕晃, 岡崎 徹, 橋詰 拓弥, 小林 育夫 :
放射線治療領域における小型OSL線量計の計測値の累積線量に対する依存性,
第72回日本放射線技術学会学術大会, 2016年4月.
24. 佐々木 幹治, 富永 正英, 松本 晃範, 林 裕晃, 岡崎 徹, 橋詰 拓弥, 小林 育夫 :
頭頸部治療における自作ボーラス使用時の入射表面線量の評価,
第72回日本放射線技術学会学術大会, 2016年4月.
25. 富永 正英, 佐々木 幹治, 佐々木 幹治, 田中 健登, 安友 基勝, 山田 健二, 生島 仁史 :
市販Image registrationソフトウェアの画像類似度の比較評価,
日本放射線腫瘍学会第29回高精度外部放射部会学術大会, 2016年2月.
26. 宇都 義浩, 遠藤 秀彰, 八重 和憲, 山田 久嗣, 原 毅弘, 富永 正英 :
TrueBeamを用いた低LET放射線の線量率と生物効果の相関について,
第18回癌治療増感研究シンポジウム, 2016年2月.
27. 田中 健登, 富永 正英, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 山田 健二 :
市販Image registrationソフトウェアの画像類似度の比較評価,
第11回中国四国放射線技術フォーラム, 2015年11月.
28. 富永 正英, 遠藤 秀彰, 原 毅弘, 宇都 義浩 :
細胞を用いた低LET放射線の線量率と抗腫瘍効果の相関,
第11回中国四国放射線技術フォーラム, 2015年11月.
29. 松本 晃範, 富永 正英, 佐々木 幹治, 宇恵 希, 森田 里佳, 林 裕晃, 岡 崎徹, 小林 育夫 :
放射線治療領域における小型OSL線量計における繰り返し読み取りによる計測値の評価,
第43回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2015年10月.
30. 山下 恭, 生島 仁史, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 富永 正英, 仁木 孝明 :
放射線治療に携わるスタッフのストレス状況∼徳島県の場合∼,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
31. 曽我部 翔, 富永 正英, 松本 晃範, 佐々木 幹治, 中川 滉平, 林 裕晃, 岡崎 徹 :
高エネルギーX線における小型 OSL 線量計の基本特性,
第10回中四国放射線医療技術フォーラム, 2014年10月.
32. 松本 晃範, 富永 正英, 曽我部 翔, 林 裕晃, 佐々木 幹治 :
診断領域のX線における後方散乱線についての一考察,
第10回中四国放射線医療技術フォーラム, 2014年10月.
33. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 藤田 明彦, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
頭頸部 VMAT における治療計画装置のバージョンの違いに関する治療計画評価,
中四国放射線医療技術, 2014年10月.
34. 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 :
細胞間放射線感受性の違いを考慮した治療計画技術応用に関する基礎的検討,
第16回癌治療増感研究シンポジウム, 2014年2月.
35. 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 :
細胞間放射線感受性の違いを考慮した最適放射線治療計画法に関する検討,
第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月.
36. 福良 亮介, 富永 正英, 生島 仁史, 増田 圭吾, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
前立腺 IMRT および VMAT 計画評価におけるレトロスペクティブ解析,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
37. 増田 圭吾, 富永 正英, 生島 仁史, 福良 亮介, 岸 太郎, 佐々木 幹治 :
6 軸治療寝台システムを用いた位置精度に関する基礎的検討,
中四国放射線医療技術フォーラム2014, 2013年11月.
38. 原 毅弘, 宇都 義浩, 中島 綾香, 福島 孝士朗, 野口 智帆, 遠藤 良夫, 前澤 博, 富永 正英, 福本 修一, 堀 均 :
発育鶏卵を用いたオオバギ葉抽出物の放射線防護活性の評価,
第19回癌治療増感研究会, 2013年6月.
39. 廣田 充宏, 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- DVH 解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
40. 鎌田 真奈, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器システムの特性に関する検討, --- 再現性,γ解析 ---,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
41. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 福永 有希子, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
多発脳転移における VMAT の検討 ∼線量検証∼,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
42. 佐々木 幹治, 岸 太郎, 川下 徹也, 原 康男, 三枝 裕司, 福永 有希子, 下窪 康史, 富永 正英, 多田 章久 :
多発脳転移における VMAT の検討 ∼治療計画∼,
第8回中四国放射線医療技術フォーラム, 2012年10月.
43. 富永 正英, 佐々木 幹治, 鎌田 真奈, 廣田 充宏, 田中 義浩, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元検出器の特性に関する検討,
第25回高精度放射線治療研究会, 2012年7月.
44. 田辺 円花, 湯浅 千尋, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
MUの独立検証, --- 乳腺照射におけるRTPSと独立検証ソフトウェアとの比較 ---,
2010年10月.
45. 湯浅 千尋, 田辺 円花, 富永 正英, 佐々木 幹治, 生島 仁史 :
CR装置を用いたMLCのQAについての一考察,
2010年10月.
46. 宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 :
腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価,
第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月.
47. 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 金園 剛行, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 中田 栄司, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 橋本 敏弘, 増永 慎一郎, 堀 均 :
鶏胚異種移植腫瘍モデルを基盤とした糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の創製,
創薬懇話会2009, 2009年12月.
48. 高志 智, 岸 太郎, 藤田 明彦, 川下 徹也, 原 康男, 佐々木 幹治, 福永 有希子, 山田 健二, 富永 正英 :
前立腺IMRT線量検証の初期経験,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
49. 福永 正明, 河淵 聡, 岸 太郎, 佐々木 幹治, 原 康男, 山田 健二, 富永 正英 :
モニタ線量計の1日安定性,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
50. 河淵 聡, 福永 正明, 岸 太郎, 佐々木 幹治, 山田 健二, 富永 正英, 生島 仁史 :
MUの独立検証, --- 独立MU検証ソフトウェアと実測値との比較 ---,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
51. 富永 正英 :
日本と米国の技師制度の違い,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2009 in SHIMANE, 2009年11月.
52. 宇都 義浩, 中江 崇, 安部 千秋, 新元 優也, 佐野 圭一郎, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 :
腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤の薬物動態解析,
第15回国際癌治療増感研究会, 2009年6月.
53. 金園 剛行, 宇都 義浩, 中江 崇, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 堀 均 :
メチル化グルコース・糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
54. 中江 崇, 宇都 義浩, 安部 千秋, 新元 優也, 金園 剛行, 中島 宏一郎, 佐野 圭一郎, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 :
腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の腫瘍移行性,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
55. 中島 宏一郎, 中江 崇, 柴田 明奈, 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 前澤 博, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 :
がんによるグルコースの高い取り込みを利用した糖ハイブリッド低酸素細胞放射線増感剤の分子設計,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
56. 川上 雄司, 武市 直也, 寺地 拓人, 加藤 久美子, 佐々木 幹治, 富永 正英, 竹川 佳宏 :
放射線治療いおける頭頸部固定用シェルの固定精度に関する検討 第二報 臨床データの解析,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2007 in HIROSHIMA, 2007年11月.
57. 富永 正英, 川上 雄司, 武市 直也, 寺地 拓人, 加藤 久美子, 佐々木 幹治, 竹川 佳宏 :
頭頸部固定用シェルの固定精度に関する検討 第一報 位置照合ソフトウエアについて,
中四国放射線医療技術フォーラム CSFRT2007 in HIROSHIMA, 2007年11月.
58. 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 田中 智子, 村上 綾, 佐々木 有紀, 柴田 明奈, 中島 宏一郎, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 :
低酸素がん選択的ハイブリッド型放射線増感剤の創製,
第13回癌治療増感研究会, 2007年5月.
59. 田中 智子, 宇都 義浩, 富永 正英, 中江 崇, 村上 綾, 永澤 秀子, 堀 均 :
低酸素腫瘍移行性糖ハイブリッド放射線増感剤の創製,
第9回 癌治療増感研究シンポジウム, 2007年2月.
60. 後藤 裕之, 住井 崇浩, 玉亀 壮周, 田中 義浩, 八木 浩史, 西原 貞光, 富永 正英 :
RMI 156ファントム画像の画質に関する検討: 物理特性と視覚評価の比較,
中四国放射線医療技術, No.2, 127, 2007年1月.
61. 田中 義浩, 住井 崇浩, 後藤 裕之, 玉亀 壮周, 八木 浩史, 西原 貞光, 富永 正英 :
一般X線撮影領域における蛍光ガラス線量計の特性,
中四国放射線医療技術, No.2, 94, 2007年1月.
62. 前田 瑞季, 米倉 広宣, 佐々木 幹治, 富永 正英, 竹川 佳宏 :
放射線治療における頭頸部固定用シェルの精度に関する検討,
中四国放射線医療技術フォーラム(香川), 2006年11月.
63. 山田 健二, 安友 基勝, 富永 正英, 宮田 英幸, 上野 淳二 :
Real-ECの特性に関する検討, --- 第二報(臨床使用をふまえたときの特性) ---,
2005年12月.
64. 宮田 英幸, 安友 基勝, 富永 正英, 山田 健二, 上野 淳二 :
Real-ECの特性に関する検討, --- 第一報(水ファントムの表面線量分布と画質の関係) ---,
2005年12月.
65. 富永 正英, 安友 基勝, 山田 健二, 宮田 英幸, 八木 浩史, 上野 淳二, 西谷 弘 :
ファントムにおける線量分布のシミュレーション,
2005年12月.
66. 川野 浩司, 真鍋 理恵, 加茂前 健, 日出山 信, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 佐々木 幹治, 富永 正英, 原 康男, 岸 太郎, 西本 安雄 :
反射型フイルムの諸特性に関する検討, --- エネルギー特性・線量特性・経時特性について ---,
中四国放射線医療技術, Vol.1, No.1, 75, 2005年11月.
67. 真鍋 理恵, 川野 浩司, 加茂前 健, 日出山 信, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 佐々木 幹治, 富永 正英, 原 康男, 岸 太郎, 西本 安雄 :
反射型フイルムの諸特性に関する検討, --- 光学特性・温度特性・スキャナ特性について ---,
中四国放射線医療技術, Vol.1, No.1, 74, 2005年11月.
68. 加茂前 健, 日出山 信, 真鍋 理恵, 川野 浩司, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 佐々木 幹治, 富永 正英, 原 康男, 岸 太郎, 西本 安雄 :
東芝(Siemens)製リニアックのIMRT初期導入に関する検討, --- 反射型フイルムを利用した線量解析 ---,
中四国放射線医療技術, Vol.1, No.1, 73, 2005年11月.
69. 日出山 信, 加茂前 健, 川野 浩司, 真鍋 理恵, 笈田 将皇, 竹川 佳宏, 佐々木 幹治, 富永 正英, 原 康男, 岸 太郎, 西本 安雄 :
東芝(Siemens)製リニアックのIMRT初期導入に関する検討, --- 電離箱とフイルムを用いた解析 ---,
中四国放射線医療技術, Vol.1, No.1, 72, 2005年11月.
70. 八木 浩史, 安友 基勝, 富永 正英, 原 康夫, 佐々木 幹治, 福居 壽人, 西谷 弘 :
MDCTによる被検者の線量分布の推定,
日本放射線技術学会第61回総会学術大会, 2005年4月.
71. 八木 浩史, 富永 正英, 原 康夫, 佐々木 幹治, 安友 基勝, 上野 誉史, 西谷 弘 :
16列MDCTによるファントムの線量分布の測定,
日本放射線技術学会第61回総会学術大会, 2005年4月.
72. 笈田 将皇, 生島 仁史, 富永 正英, 八木 浩史, 尾﨑 享祐, 竹川 佳宏, 西谷 弘, 渡辺 良晴 :
マイクロMLC搭載自走式CTリニアック装置のQA/QC,
日本放射線腫瘍学会第17回学術大会(千葉)日本放射線腫瘍学会誌, Vol.16, No.Suppl. 1, 142, 2004年11月.
73. 八木 浩史, 富永 正英, 原 康男, 佐々木 幹治, 上野 誉史, 福居 壽人, 安友 基勝, 勘野 博明, 西谷 弘 :
16列MDCTによるファントムの線量プロファイルの測定,
日本放射線技術学会中国·四国部会第45回学術大会, 2004年11月.
74. 八木 浩史, 福居 壽人, 富永 正英, 安友 基勝, 勘野 博明 :
CT検査時の患者表面線量分布の測定 第3報, --- 検査時の測定 ---,
日本放射線技術学会第29回秋季学術大会, 2001年11月.
75. 八木 浩史, 富永 正英, 福居 壽人, 安友 基勝, 勘野 博明 :
CT検査時の患者表面線量分布の測定 第2報, --- 装置間の比較 ---,
日本放射線技術学会第29回秋季学術大会, 2001年11月.
76. 八木 浩史, 安友 基勝, 勘野 博明, 福居 壽人, 富永 正英 :
CT検査時の患者表面線量分布の測定 第1報, --- フィルムを用いた測定法の検討 ---,
日本放射線技術学会第29回秋季学術大会, 2001年11月.
77. 天野 雅史, 富永 正英, 安友 基勝, 福井 義治, 高島 宏輔, 八木 浩史, 井村 裕吉 :
距離法によるセンシトメトリの再検討,
日本放射線技術学会第37回中国·四国部会学術大会, 1996年9月.
78. 川下 隆宏, 天野 雅史, 富永 正英, 坂野 啓一, 上野 誉史, 安友 基勝, 高島 宏輔, 福井 義治, 井村 裕吉, 八木 浩史 :
New ortho film, Fuji UR-3についての検討(1), --- UR-1,UR-2との物理特性の比較 ---,
日本放射線技術学会第1回四国支部学術大会, 1996年6月.
79. 高島 宏輔, 安友 基勝, 福井 壽人, 団 英司, 山田 伸一, 天野 雅史, 富永 正英, 井村 裕吉, 八木 浩史 :
スウェーデン製フィルムの検討,
1995年10月.
80. 富永 正英, 福井 義治, 福井 壽人, 安友 基勝, 天野 雅史, 坂野 啓一, 山田 伸一, 団 英司, 小濱 義幸, 井村 裕吉, 八木 浩史, 藤田 一彦, 高島 宏輔 :
新オルソタイプフィルムの検討(第2報), --- 胸部用フィルムの比較 ---,
日本放射線技術学会第36回中国·四国部会学術大会, 1995年9月.
81. 天野 雅史, 福井 義治, 福井 壽人, 安友 基勝, 富永 正英, 坂野 啓一, 山田 伸一, 団 英司, 小濱 義幸, 井村 裕吉, 八木 浩史, 藤田 一彦, 高島 宏輔 :
新オルソタイプフィルムの検討(第1報), --- 物理特性の現像温度依存性 ---,
日本放射線技術学会第36回中国·四国部会学術大会, 1995年9月.
82. 荒井 俊也, 八木 浩史, 富永 正英, 仁木 敦志, 天野 雅史, 高島 宏輔, 安友 基勝, 井村 裕吉 :
ADシステムの基礎的検討(第2報), --- ADシステムの自動現像機依存性 ---,
日本放射線技術学会第35,回中国·四国部会学術大会, 1994年8月.
83. 富永 正英, 安友 基勝, 天野 雅史, 高島 宏輔, 井村 裕吉, 八木 浩史 :
ADシステムの基礎的検討(第1報), --- ADシステムの現像温度依存性 ---,
日本放射線技術学会第35回中国·四国部会学術大会, 1994年8月.

その他・研究会:

1. 田中 義浩, 富永 正英, 佐々木 幹治, 廣田 充宏, 鎌田 真奈, 原 康男, 坂東 良太, 生島 仁史 :
三次元線量検出システムを用いたDVHに関する基礎的検討,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.
2. 富永 正英, 佐々木 幹治, 磯部 昇, 生島 仁史, 岸 太郎 :
前立腺癌のIG-IMRTにおいてinter-fractional organ motion errorが線量分布に及ぼす影響,
第26回高精度放射線治療研究会, 2013年2月.
3. 富永 正英 :
放射線技師を中心とした放射線治療における品質管理の考え方と体制について,
放射線治療研究会雑誌, Vol.24, No.1, 2012年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)