検索:
徳島大学 > 大学開放実践センター >

研究活動

専門分野

教育学(生涯学習・社会教育・高等教育)

研究テーマ

欧州における生涯学習政策及び実践の動向,学習困難者への学習支援方法,高等教育の質保証等

著書・論文

著書:

1.鈴木 尚子 :
「第2章 高齢化と労働の多様化に対応した英国型生涯学習再構築に向けた試みー "Learning Through Life" (2009)の提言とその後の動向よりー」新海英行・松田武雄編著『世界の生涯学習―現状と課題―』大学教育出版,
2016年10月.
2.鈴木 尚子 :
「SD推進に向けた欧州高等教育機関と非営利組織による連携の意義と課題―ファッション産業従事者養成の事例をもとに―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第59集 ESDとしての社会教育:持続可能な地域をつくる』,
東洋館出版社, 東京, 2015年9月.
3.鈴木 尚子 :
「第7章第1節 英国における大学開放の展開と特徴ーイングランドの事例をもとにー」出相泰裕編著『大学開放論ーセンター・オブ・コミュニティ(COC)としての大学ー』,
株式会社 大学教育出版, 岡山, 2014年6月.
4.鈴木 尚子 :
「<就労と学習>双方からの支援アプローチの特徴と意義―スウェーデン北部自治体の支援事業におけるエンパワメントのあり方に注目して―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第57集 労働の場のエンパワメント』,
東洋館出版社, 東京, 2013年9月.
5.鈴木 尚子 :
「欧州における近年の条約改正と生涯学習―リスボン条約による市民権の拡大と教育への示唆―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第54集 教育法体系の改編と社会教育・生涯学習』,
東洋館出版社, 東京, 2010年9月.
6.Naoko Suzuki :
'How to motivate Japanese NEET: Some possible implications for the role of learning' in Merrill, B. & González-Monteagudo, J. (Eds.), Educational Journeys and Changing Lives: Adult Student Experiences, Vol.2,
Digital@Tres: Sevilla, España, Sevilla, España, 2010.
7.鈴木 尚子 :
「欧州におけるグローバル化とローカル化の緊張関係と成人学習への影響―EUレベルでの生涯学習政策の実施過程における諸問題を中心に―」日本社会教育学会編『日本の社会教育第52集 <ローカルな知>の可能性―もうひとつの生涯学習を求めて―』,
東洋館出版社, 東京, 2008年9月.
8.鈴木 尚子 :
「欧州における社会的排除への対抗的教育実践―多国間交流プロジェクトLASIを中心に―」,日本社会教育学会編『日本の社会教育第50集 社会的排除と社会教育』,
東洋館出版社, 東京, 2006年9月.
9.鈴木 尚子 :
「英国における成人教育研究30年の歩み―SCUTREAの研究動向を中心に―」,新海英行・牧野 篤編『現代世界の生涯学習』,
株式会社 大学教育出版, 岡山, 2002年3月.

学術論文(審査論文):

1.鈴木 尚子 :
北欧の野外博物館における認知症高齢者と介護者を対象とした回想法事業の特徴―生涯学習の観点からみた我が国への示唆―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.27, 1-22, 2018年.
2.鈴木 尚子 :
認知症への教育学的アプローチの可能性に関する試論的考察ー先行研究の資料分析調査をもとにー,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.26, 1-18, 2017年.
3.鈴木 尚子 :
英国における成人寄宿制カレッジの特徴と課題ーイングランド中部の事例をもとにー,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.25, 1-13, 2016年.
4.Naoko Suzuki :
The Necessity of Shifting the Emphasis in Japanese Lifelong Learning: How to Survive in A "Super-Aged Society",
The Asian Conference on Education 2015: Official Conference Proceedings (ISSN 2186-5692), 587-594, 2016.
5.鴨澤 小織, 鈴木 尚子 :
イングランドにおける社会的包摂に向けた支援ーブレア政権の社会的排除対策とボランタリー・セクターの役割ー,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.24, 19-29, 2015年.
6.Naoko Suzuki :
The meaning of culture dissemination in Japanese intergenerational learning / Il senso della disseminazione culturale per l'apprendimento intergenerazionale in Giappone,
FORMAZIONE & INSEGNAMENTO. European Journal of Research on Education and Teaching, No.2, 73-81, 2014.
7.Naoko Suzuki :
New Trends in Learning about Disaster Prevention: Some Lessons from the 2011 Great East Japan Earthquake,
Literacy Information and Computer Education Journal, Vol.5, No.2, 1458-1464, 2014.
(DOI: 10.20533/licej.2040.2589.2014.0206)
8.鈴木 尚子 :
スウェーデン北部における労働市場をめぐる問題と若年者支援に関する一考察―プロジェクト``Kompare''を事例として―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.22, 1-18, 2013年.
(CiNii: 110009574977)
9.Naoko Suzuki :
Changing demands of society and the validity of the training programme for adult educators in Japan: limitations on its present curriculum after the 2011 great eastern Japan earthquake and future possibilities,
Joint Conference Proceedings of ReNAdET & VET & Culture Network, University of Tallinn, Estonia, 43-50, 2012.
10.鈴木 尚子 :
ラトヴィア・ツェーシス市立成人教育センターにおける若年者支援の現状と課題―EUのYouth in Actionプログラムを活用した動機づけに注目して―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 45-63, 2012年.
(CiNii: 110009574886)
11.鈴木 尚子 :
アイルランドにおける若年者支援の特徴と成人のかかわり方に関する一考察―生涯学習の観点からみた活動事例を通して―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 23-44, 2012年.
(CiNii: 110009574873)
12.鈴木 尚子 :
スロヴェニアにおける教育的観点からの若年者支援の特徴と課題―ラドヴリツァ市のPUMにみる生涯学習関係機関としての潜在的可能性―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.21, 1-21, 2012年.
(CiNii: 110009574842)
13.鈴木 尚子 :
欧州における若年者の教育・就労・社会への参加に向けた支援をめぐる諸相-ルーマニアの生涯学習の現状に関する考察を中心に-,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.20, 21-41, 2011年.
(CiNii: 110008462930)
14.鴨澤 小織, 鈴木 尚子 :
若年ホームレス生活者の現状とその支援-イングランドのドロップイン・センターでの経験から-,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.20, 1-19, 2011年.
(CiNii: 110008462920)
15.Naoko Suzuki :
A General Perspective on Religions among the Japanese Public: Some Implications for Understanding the Features and Actualities of Religious Syncretism in Japan,
DIONYSIANA, Vol.4, 277-288, 2010.
16.鈴木 尚子 :
看護学生にとって望ましい教育学のあり方に関する一考察―看護学校における双方向性のある授業づくりの過程からみえてきたもの―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.19, 17-44, 2009年.
17.Naoko Suzuki :
The Changing Role of the University and the Emergence of Quality Assurance in Japan: the Meanings of Cultural Mission in its Reform,
Journal of University Development and Academic Management, Vol.5, No.9-10, 95-108, 2008.
18.鈴木 尚子 :
欧州におけるLearning Region概念の出現と今日的意義―生涯学習ネットワークの構築を通した地域活性化の追求から見えてくるもの―,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.18, 51-64, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 327)
19.鈴木 尚子 :
欧州高等教育政策における生涯学習の位置づけと課題―EUレベルでの生涯学習政策の変遷と国際非営利組織European University Continuing Education Network(EUCEN)の取り組みをもとに―,
大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 35-45, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82673,   CiNii: 110006835845)
20.鈴木 尚子 :
高齢者の心のケアに対する教育学的アプローチの可能性―英国生涯学習における自分史創作活動の意味するもの―,
日米高齢者保健福祉学会紀要, Vol.1, No.1, 275-288, 2005年.
(CiNii: 40007239759)
21.Naoko Suzuki :
Development of National Policy on Evaluation of Research in the UK,
Bulletin of the Graduate School of Education and Human Development. Educational Sciences, Vol.47, No.2, 55-72, 2000.
(CiNii: 110000089569)

学術論文(紀要・その他):

1.鈴木 尚子 :
徳島大学大学開放実践センター公開講座受講生の特徴と今後の課題ー公聴会用アンケート調査(2008-2010)をもとにー,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.23, 21-33, 2014年.
2.鈴木 尚子 :
「第7章第1節 英国大学開放の今日的展開と特徴―イングランドの事例を中心に―」,
国立大学生涯学習系センター有志グループ(代表者 出相泰裕)『大学開放論―国立大学生涯学習系センターによるセンター・オブ・コミュニティ(COC)機能の促進―』大阪教育大学教職教育研究センター, 175-193, 2013年.
3.Pierre Heijmans, Rosemary Dore and Naoko Suzuki :
Glimpses of Art in Basic Education: Some Lessons through Experiences in Brazil and in Europe,
Journal of University Extension, Vol.20, 57-69, 2011.
(CiNii: 110008462950)
4.鈴木 尚子 :
欧州における生涯学習推進の概況と課題,
大学教育研究ジャーナル, No.7, 52-59, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82710,   CiNii: 110007598036)
5.鈴木 尚子 :
英国高等教育機関の生涯学習機関化に向けた萌芽的議論―『1990年代に向けた高等教育』における将来像予測をもとに―,
大学教育研究ジャーナル, Vol.6, 44-57, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82690,   CiNii: 110007591256)
6.香川 順子, 鈴木 尚子, 宮田 政徳, 川野 卓二 :
スコットランドの高等教育における質向上に向けた取り組み : ストラスクライド大学教育学部初等教育課程の実践事例より,
大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 83-92, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 82677,   CiNii: 110006839210)

学術レター:

1.鈴木 尚子 :
欧州の底力と生涯学習にみる人間への姿勢とまなざし,
小林文人・伊藤長和・李正連編『日本の社会教育・生涯学習』大学教育出版, 191, 2013年.

国際会議:

1.Naoko Suzuki :
Potentials of Fostering Reminiscence Programs in Educational Settings of Local Communities in Japan: Some Positive Effects and Current Limitations,
WEI International Academic Conference on Education, Teaching and Learning, Aug. 2018.
2.Naoko Suzuki :
Creating Networks Among Ex-Students of Lifelong Learning Courses and Supporting Their Volunteer Activities in Japan: A Way of Inspiring the Older Generation?,
Aging and Society: The Seventh Interdisciplinary Conference, Berkeley, USA, Nov. 2017.
3.Naoko Suzuki :
How to support older adults in the process of learning: new challenges in Japanese lifelong learning,
International Conference on Teaching and Education Sciences (ICTES 2016), 22, Jun. 2016.
4.Naoko Suzuki :
Roles of lifelong learning in the life course of Japanese women: Findings from a case study,
Programme Book of the 8th World Conference on Educational Sciences, 24, University of Alcala, Madrid, Spain, Feb. 2016.
5.Naoko Suzuki :
The necessity of shifting the emphasis in Japanese lifelong learning: how to survive in a super-aged society.,
ACE/ACSET/ACEurs2015 Programme, 12, Kobe, Japan, Oct. 2015.
6.Naoko Suzuki :
Positive effects of lifelong learning on older adults with early signs of dementia: Findings from a case study approach,
Proceedings of the 2015 International Symposium on Education and Psychology (ISEP Fall), 30, Kyoto, Japan, Sep. 2015.
7.Naoko Suzuki :
How can the experience of the massive catastrophes be transformed into effective learning? Nationwide challenges for future disaster countermeasures from an educational perspective in Japan,
Proceedings of the London International Conference on Education 2013, 313, London, UK, Nov. 2013.
8.Naoko Suzuki :
(Keynote Speech) The role of 'culture dissemination' through intergenerational learning in the aging Japanese society,
Proceedings of the International Conference: Transforming the educational relationship: internegerational and family learning for the lifelong learning society, 125-126, Bucharest, Romania, Oct. 2013.
9.Naoko Suzuki :
(Opinion Paper) Changing Demands of Society and the Propriety of the Training Programme for Adult Educators in Japan: Limitations on Its Present Curriculum and Future Possibilities,
JOINT NETWORK MEETING 2nd ESREA|ReNAdET meeting & 4th TQF Seminar of the VET & CULTURE NETWORK, The Futures of Adult Educator(s): Agency, Identity and Ethos, Tallinn, Estonia, Nov. 2011.
10.Naoko Suzuki :
The Possible Creation of a New Inter-generational Learning Space between Vulnerable Young Japanese and Older Adults: Some Findings from Personal Experience through a Face-to-Face Instructional Course at the Open University of Japan,
The 6th International Conference on Open and Distance Learning, Loutraki, Greece, Nov. 2011.
11.Naoko Suzuki :
Directions and demands of university continuing education in Japan: The Case of Tokushima University,
Proceedings of International Conference on Lifelong Learning 2010, Kuala Lumpur, Malaysia, Nov. 2010.
12.Naoko Suzuki :
A general perspective on religions among the Japanese public: Some implications for understanding the features and actualities of religious syncretism in Japan,
Conference Proceedings for the international symposium The Monotheistic Religions and the Human Liberties, Constanza, Romania, Jun. 2010.
13.Naoko Suzuki :
How to live with difference in a homogeneous society: findings from a training initiative to combat xenophobic attitudes in Japanese student nurses in the wake of an influx of Indonesian nurses to Japan.,
Conference Proceedings for Migration, Racism and Xenophobia Research Network Conference organised by ESREA, Sheffield, UK, Dec. 2009.
14.Naoko Suzuki :
The Development of Adult Education and Training in Japan: Its Original Features and its Western Influence,
Conference Proceedings for the European Research Conference, History of European Adult Education and Training Network organised by ESREA, Turku, Finland, Jun. 2009.
15.Naoko Suzuki :
How to motivate Japanese NEET: New Challenges for Society and Some Possible Implications for the Role of Learning,
Procrrdings for European Research Conference, Educational Journeys and Learning Identity organised by ESREA, Seville, Spain, Dec. 2008.
16.Naoko Suzuki :
Internationalization of Higher Education: What role should Japanese universities take in Asia?,
Proceedings for 20th International Conference on Higher Education, Bangi,Malaysia, Aug. 2008.
17.Naoko Suzuki :
Recent trends in local knowledge in Japan: An interpretation of locality and knowledge in a global age,
Proceedings for the Second European Seminar, Between Global and Local: Adult Learning and Development, 32-39, Wrocław, Poland, May 2008.
18.Naoko Suzuki :
Changing Role of the University in Japan: the Meanings of Cultural Mission on its Reform,
Proceedings for 19th International Conference on Higher Education, Cluj-Napoca, Romania, Sep. 2007.
19.Naoko Suzuki :
Where is Spirituality placed? Realities of Health and Clinical Care in Japan and Recent Legislative Changes,
Proceedings for the 3rd International Research and Development Conference, Århus University Hospital, Denmark, Aug. 2004.

国内講演発表:

1.鈴木 尚子 :
博物館の教育事業を通じた認知症疑いの高齢者へのアプローチと課題―国内外の事例にもとづく生涯学習の観点からの比較考察―,
日本比較教育学会第54回大会発表要旨集録, 90, 2018年6月.
2.鈴木 尚子 :
野外歴史博物館の活用による認知症高齢者の記憶想起を促す試みーデンマークとスウェーデンにおける博物館の教育事業よりー,
日本社会教育学会第64回研究大会プログラム要旨集, 92, 2017年9月.
3.鈴木 尚子 :
認知症に優しい地域づくりに向けた生涯学習関連施設の果たしうる役割―英国・ブラッドフォードカレッジを事例として―,
日本比較教育学会第53回大会発表要旨集録, 76, 2017年6月.
4.鈴木 尚子 :
諸外国における認知症高齢者への学習支援に関する先行研究の検討,
日本社会教育学会第63回研究大会要旨集, 68, 2016年9月.
5.鈴木 尚子 :
英国における成人寄宿制カレッジの存在意義と限界―長期・短期の同種機関をめぐる今日的な運営概況からの一考察―,
日本比較教育学会第52回大会発表要旨収録, 63, 2016年6月.
6.鈴木 尚子 :
生涯学習関連施設における学習困難者への支援のあり方をめぐる課題―MCIの兆候を示す受講者への対応をもとに―,
日本社会教育学会第62回研究大会要旨集, 80, 2015年9月.
7.鈴木 尚子 :
欧州における高齢化をめぐる現状と生涯学習の役割―アクティブ・エイジング促進に向けた取り組みに注目して―,
日本比較教育学会第51回大会要旨集録, 126, 2015年6月.
8.鈴木 尚子 :
英国における寄宿制成人教育施設をめぐる動向と今日的役割―フィルクロフト・カレッジを事例として―,
日本社会教育学会第61回研究大会発表要旨集録, 99, 2014年9月.
9.鈴木 尚子 :
ラトヴィアにおける若年者支援事業と成人教育事業の関係性―ツェーシス市の事例をもとに―,
日本比較教育学会第50回大会発表要旨集録, 134, 2014年7月.
10.鈴木 尚子 :
スロヴェニアにおける生涯学習推進に向けた動向と課題―国立成人教育研究所の役割を中心に―,
日本社会教育学会第60回研究大会プログラム発表要旨集録, 110, 2013年9月.
11.鈴木 尚子 :
英国の大学における生涯学習機能の変遷に関する一考察ーウォーリック大学の事例を中心にー,
日本比較教育学会第49回大会発表要旨集録, 47, 2013年7月.
12.鈴木 尚子 :
欧州における移行期の青年に対する支援活動の今日的特徴と課題―成人教育関係機関の関わり方に焦点化した現地調査をもとに―,
日本社会教育学会第59回研究大会プログラム発表要旨集録, 72, 2012年10月.
13.鈴木 尚子 :
スウェーデン・ノールボッテン県における就労に向けた支援の特徴と課題―ピーテオ・コミューンと周辺自治体の取組にみる学習のあり方に注目して―,
日本比較教育学会第48回大会要旨集, 53, 2012年6月.
14.鈴木 尚子 :
アイルランドの生涯学習機関における若年者支援への取組と課題―動機づけへの成人のかかわり方に注目して―,
日本社会教育学会第58回研究大会プログラム発表要旨集録, 146, 2011年9月.
15.鈴木 尚子 :
スロヴェニアの生涯学習機関における若年者支援への取組と課題―ゴレンスカ地方ラドヴリツァ市のPUMを事例として―,
日本比較教育学会第47回大会プログラム, 82, 2011年6月.
16.鈴木 尚子 :
EUレベルの生涯学習政策としての社会参加・就労支援と新規加盟国の課題―ルーマニア・ブルガリアにおける現状と諸問題を中心に―,
日本社会教育学会第57回大会発表要旨集, 110, 2010年9月.
17.鈴木 尚子 :
EUレベルでの生涯学習政策推進の成果と課題―新たな労働需要に見合ったスキルのあり方に焦点化して―,
日本比較教育学会第46回大会発表要旨集録, 89, 2010年6月.
18.鈴木 尚子 :
欧州における教育・訓練政策の概況と課題―「移行期」の若者に対する支援方法に焦点化して―,
日本社会教育学会第56回研究大会発表要旨集, 104, 2009年9月.
19.鈴木 尚子 :
英国高等教育機関の生涯学習機関化に向けた議論と背景に関する一考察―政策文書『1990年代に向けた高等教育』にみる将来像予測とその後の軌跡―,
日本比較教育学会第45回大会発表要旨集, 2009年6月.
20.鈴木 尚子 :
欧州における新たな生涯学習ネットワーク構築に向けた試み―Learning Regionの具現化を中心に―,
日本社会教育学会第55回大会発表要旨集, 133, 2008年9月.
21.鈴木 尚子 :
英国高等教育政策における障害者の受け入れに向けた取り組みと課題,
日本比較教育学会第44回大会発表要旨集, 246-247, 2008年6月.
22.鈴木 尚子 :
英国におけるドラマ教育の伝統と授業改善への適用の可能性,
大学教育学会第30回大会発表要旨集, 98-99, 2008年6月.
23.鈴木 尚子 :
欧州高等教育政策における生涯学習の位置づけと課題―European University Continuing Education Network(EUCEN)の取り組みを中心に―,
日本社会教育学会第54回大会発表要旨集, 152, 2007年9月.
24.鈴木 尚子 :
高齢者の心のケアに関する一考察―デンマーク・英国の事例を中心に―,
日本社会教育学会第52回大会発表要旨集録, 75, 2005年9月.

作品:

1.Naoko Suzuki and Angus Alexander McDonald :
Awaodori Exercise (English Version),
Awaodori Exercise (English Version), Mar. 2008.

その他・研究会:

1.Naoko Suzuki :
"An Overview of the Influences caused by the Great Eastern Japan Earthquake and Some Issues surrounding Japanese Young People", Presentation invited by the Guidance Centre in Piteå, Sweden,
Mar. 2012.
2.Naoko Suzuki :
"An Outline of Current Situation of Japan and Its Future Possibilities: Massive Waves for Societal Changes and New Roles of Adult Education Centres", Presentation invited by Adult Education Centre in Cesis, Latvia,
Dec. 2011.
3.Naoko Suzuki :
The development of lifelong learning in Japan: vulnerable groups of people in society and some measurements for them,
Presentation invited by the Slovenian Institute for Adult Education, Ljubljana, Slovenia on 7th of March, 2011, Mar. 2011.

報告書:

1.鈴木 尚子, 香川 順子 :
英国における大学初任者研修視察報告書―ストラスクライド大学教育支援・学習向上センターによる3日間研修をもとに―,
2008年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 認知症疑いの高齢者に対する教育学的観点からの生涯学習の利活用に関する国際比較研究 (研究課題/領域番号: 16K04551 )
  • 欧州生涯学習機関における若者の就労安定化に向けた動機づけのあり方に関する研究 (研究課題/領域番号: 21730627 )
  • 研究者番号(00452657)による検索