検索:
徳島大学教養教育院
徳島大学デザイン型AI教育研究センター
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

環境生理学 (Environmental Physiology), 体力医学

研究テーマ

レチノイン酸シグナル伝達と睡眠,高次脳機能に関する研究, 頚動脈血流動態の予測的調節機構に関する研究, 極低周波変動磁界による生体応答に関する研究 (レチノイン酸, ビタミンA, 睡眠 (sleep), 老化 (aging), 情動, 頚動脈血流, 予測的調節, 極低周波変動磁界)

著書・論文

著書:

1. 北岡 和義 :
立川渓谷ボルダリングエリアガイド,
2020年3月.
2. 本田 幸夫, 松井 謙二, 北岡 和義, 西應 浩司, 北村 浩, 横山 広充, 古屋 誠一, 黒須 誠治, 吉長 成恭, 八木 雅和, 中山 学之, 横田 幸信, 釜 剛史, 森本 千佳子, 西之坊 穂, :
イノベーションを生み出す 共創・共感のデザイン思考,
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2018年3月.
3. 池原 敏孝, 勢井 宏義, 田中 弘之, 上番増 喬, 北岡 和義, 髙橋 章, 中橋 睦美, 中屋 豊, 藤原 広明 :
人体生理学の基礎 改訂第2版,
医学出版社, 2016年8月.

学術論文(審査論文):

1. Kazuyoshi Kitaoka, Shiyori Kawata, Tomohiro Yoshida, Fumiya Kadoriku and Mitsuo Kitamura :
Exposure to an Extremely-Low-Frequency Magnetic Field Stimulates Adrenal Steroidogenesis via Inhibition of Phosphodiesterase Activity in a Mouse Adrenal Cell Line,
PLoS ONE, Vol.11, No.4, e0154167, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112306,   DOI: 10.1371/journal.pone.0154167,   PubMed: 27100201,   Elsevier: Scopus)
2. Yuki Hosono, Kazuyoshi Kitaoka, Ryo Urushihara, Hiroyoshi Sei and Yohsuke Kinouchi :
Anxiety affects amplitudes of red and green color-elicited flash visual evoked potentials in humans,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1,2, 79-83, 2014.
(DOI: 10.2152/jmi.61.79,   PubMed: 24705753,   CiNii: 130004822722,   Elsevier: Scopus)
3. Motoshi Masuda, Takahiro Emoto, Asato Suzuki, Masatake Akutagawa, Tomoki Kitawaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyuki Tanaka, Shigeru Obara, Kazuo Yoshizaki, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
Evaluation of blood flow velocity waveform in common carotid artery using multi-branched arterial segment model of human arteries,
Biomedical Signal Processing and Control, Vol.8, No.6, 509-519, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bspc.2013.05.005,   Elsevier: Scopus)
4. Kazuyoshi Kitaoka, Noriyuki Shimizu, Koji Ono, Sachiko Chikahisa, Madoka Nakagomi, Koichi Shudo, Kazunori Ishimura, Hiroyoshi Sei and Kazuo Yoshizaki :
The retinoic acid receptor agonist Am80 increases hippocampal ADAM10 in aged SAMP8 mice,
Neuropharmacology, Vol.72, 58-65, 2013.
(DOI: 10.1016/j.neuropharm.2013.04.009,   PubMed: 23624141,   Elsevier: Scopus)
5. Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Yuina Nishi, Saki Harada, Yohei Iwaki, Hiroaki Fujihara, Kazuyoshi Kitaoka, Tetsuya Shiuchi and Hiroyoshi Sei :
Maternal Dietary Restriction Alters Offspring's Sleep Homeostasis.,
PLoS ONE, Vol.8, No.5, e64263, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106073,   DOI: 10.1371/journal.pone.0064263,   PubMed: 23741310,   Elsevier: Scopus)
6. Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Shun Aoi, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki :
Chronic exposure to an extremely low-frequency magnetic field induces depression-like behavior and corticosterone secretion without enhancement of the hypothalamicpituitaryadrenal axis in mice,
Bioelectromagnetics, Vol.34, No.1, 43-51, 2013.
(DOI: 10.1002/bem.21743,   PubMed: 22753092)
7. Kazuyoshi Kitaoka, Mika Shimizu, Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Madoka Nakagomi, Koichi Shudo, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei :
Retinoic acid receptor antagonist LE540 attenuates wakefulness via the dopamine D1 receptor in mice,
Brain Research, Vol.1423, 10-16, 2011.
(DOI: 10.1016/j.brainres.2011.09.023,   PubMed: 22000589)
8. Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Seiji Nishino and Hiroyoshi Sei :
Refeeding after a 24-hour fasting deepens NREM sleep in a time-dependent manner.,
Physiology & Behavior, Vol.104, No.3, 480-487, 2011.
(DOI: 10.1016/j.physbeh.2011.05.011,   PubMed: 21605579)
9. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Feed-forward changes in carotid blood flow velocity during active standing.,
Neuroscience Letters, Vol.487, No.2, 240-245, 2011.
(DOI: 10.1016/j.neulet.2010.10.030,   PubMed: 20970481)
10. Shinya Ozaki, Kazunori Toida, Motohiko Suzuki, Yoshihisa Nakamura, Nobuaki Ohno, Taku Ohashi, Meiho Nakayama, Yuki Hamajima, Akira Inagaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyoshi Sei and Shingo Murakami :
Impaired olfactory function in mice with allergic rhinitis.,
Auris, Nasus, Larynx, Vol.37, No.5, 575-583, 2010.
(DOI: 10.1016/j.anl.2009.12.004,   PubMed: 20346605)
11. Kazuyoshi Kitaoka, Atsuko Sano, Sachiko Chikahisa, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei :
Disturbance of rapid eye movement sleep in senescence-accelerated mouse prone/8 mice is improved by retinoic acid receptor agonist Am80 (Tamibarotene).,
Neuroscience, Vol.167, No.3, 573-582, 2010.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2010.01.059,   PubMed: 20138974)
12. Sachiko Chikahisa, Nobuhiro Fujiki, Kazuyoshi Kitaoka, Noriyuki Shimizu and Hiroyoshi Sei :
Central AMPK contributes to sleep homeostasis in mice,
Neuropharmacology, Vol.57, No.4, 369-374, 2009.
(DOI: 10.1016/j.neuropharm.2009.07.015,   PubMed: 19615388)
13. Kazuyoshi Kitaoka, Kaoru Uchida, Naoko Okamoto, Sachiko Chikahisa, Toshitsugu Miyazaki, Eiji Takeda and Hiroyoshi Sei :
Fermented ginseng improves the first-night effect in humans,
Sleep, Vol.32, No.3, 413-421, 2009.
(PubMed: 19294962)
14. Sachiko Chikahisa, Kumiko Tominaga, Tomoko Kawai, Kazuyoshi Kitaoka, Katsutaka Oishi, Norio Ishida, Kazuhito Rokutan and Hiroyoshi Sei :
Bezafibrate, a PPARs agonist, decreases body temperature and enhances EEG delta oscillation during sleep in mice.,
Endocrinology, Vol.149, No.10, 5262-5271, 2008.
(DOI: 10.1210/en.2008-0285,   PubMed: 18787029)
15. Hiroyoshi Sei, Katsutaka Oishi, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Eiji Takeda and Norio Ishida :
Diurnal amplitudes of arterial pressure and heart rate are dampened in Clock mutant mice and adrenalectomized mice.,
Endocrinology, Vol.149, No.7, 3576-3580, 2008.
(DOI: 10.1210/en.2007-1714,   PubMed: 18403480)
16. Kazuyoshi Kitaoka, Atsushi Hattori, Sachiko Chikahisa, Ken-ichi Miyamoto, Yutaka Nakaya and Hiroyoshi Sei :
Vitamin A deficiency induces a decrease in EEG delta power during sleep in mice,
Brain Research, Vol.1150, 121-130, 2007.
(DOI: 10.1016/j.brainres.2007.02.077,   PubMed: 17400199)
17. Sachiko Chikahisa, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Ken-ichi Miyamoto and Hiroyoshi Sei :
Anxiolytic effect of music depends on ovarian steroid in female mice.,
Behavioural Brain Research, Vol.179, No.1, 50-59, 2007.
(DOI: 10.1016/j.bbr.2007.01.010,   PubMed: 17280725)
18. Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Masaki Morishima, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Yutaka Nakaya and Yusuke Morita :
Exposure to music in the perinatal period enhances learning performance and alters BDNF/TrkB signaling in mice as adults.,
Behavioural Brain Research, Vol.169, No.2, 312-319, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bbr.2006.01.021,   PubMed: 16530277)
19. Ryou Urushihara, Nagako Murase, C John Rothwell, Masafumi Harada, Yuki Hosono, Kotaro Asanuma, Hideki Shimazu, Kazumi Nakamura, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyoshi Sei, Yusuke Morita and Ryuji Kaji :
Effect of repetitive transcranial magnetic stimulation applied over the premotor cortex on somatosensory-evoked potentials and regional cerebral blood flow.,
Neuroimage, Vol.31, No.2, 699-709, 2006.
(DOI: 10.1016/j.neuroimage.2005.12.027,   PubMed: 16466934)
20. Kazuyoshi Kitaoka, Risa Ito, Hideo Araki, Hiroyoshi Sei and Yusuke Morita :
Effect of mood state on anticipatory postural adjustments.,
Neuroscience Letters, Vol.370, No.1, 65-68, 2004.
(DOI: 10.1016/j.neulet.2004.07.088,   PubMed: 15489019)

総説・解説:

1. Fukawasa Hiroshi, Nakagomi Madoka, Yamagata Naoko, Katsuki Hiroshi, Kawahara Kohichi, Kazuyoshi Kitaoka, Miki Takami and Shudo Koichi :
Tamibarotene: a candidate retinoid drug for Alzheimer's disease.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.35, No.8, 1206-1212, Aug. 2012.
(DOI: 10.1248/bpb.b12-00314,   PubMed: 22863914)
2. 勢井 宏義, 北岡 和義, 近久 幸子 :
Sleep regulatory mechanisms,
日本臨牀, Vol.70, No.7, 1133-1138, 2012年7月.
(PubMed: 22844794,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Takayuki Tominaga, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Kazuyoshi Kitaoka and Hiroyuki Tanaka :
A search method of optimal probe position during measurement of carotid artery blood flow velocity using the ultrasonic doppler,
IEEE-EMBS Conference on Biomedical Engineering and Science (IECBES 2018), 302-307, Kuching, Dec. 2018.
(DOI: 10.1109/IECBES.2018.8626707,   Elsevier: Scopus)
2. Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Yohei Iwaki, Kazuyoshi Kitaoka and Hiroyoshi Sei :
Male adult mice with low birth weight show an increased sleep pressure,
Sleep 2012: 26th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies, Boston, Jun. 2012.
3. Motoshi Masuda, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Tomoki Kitawaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyuki Tanaka, Shigeru Obara, Kazuo Yoshizaki, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
Study on blood flow velocity patterns at carotid using one-dimensional computer simulation of humman arteries,
Proceedings of the IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI 2012), 651-654, Shenzhen, Jan. 2012.
(DOI: 10.1109/BHI.2012.6211667,   Elsevier: Scopus)
4. Koki Aoyama, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Motoshi Masuda, Shota Minato, Shigeru Obara, Kazuo Yoshizaki, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyuki Tanaka, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
Evaluating the atherosclerosis based on the blood flow velocity waveform of common carotid artery,
Proceedings of the IEEE-EMBS International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI 2012), 655-658, Shenzhen, Jan. 2012.
(DOI: 10.1109/BHI.2012.6211668,   Elsevier: Scopus)
5. Hiroyoshi Sei, Kazuyoshi Kitaoka, Nobuhiro Fujiki, Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Hiroaki Fujihara, Tetsuya Shiuchi and A Nakai :
Mice lacking heat shock factor 1 show evening-type sleep/wake rhythm,
World sleep 2011, Kyoto, Oct. 2011.
6. Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Yohei Iwaki, Kazuyoshi Kitaoka and Hiroyoshi Sei :
Low birth weight by undernutrition during pregnancy elicits anxiety and depression in male offspring mice,
World sleep 2011, Kyoto, Oct. 2011.
7. Sachiko Chikahisa, Noriyuki Shimizu, Kazuyoshi Kitaoka, Yohei Iwaki, Hiroaki Fujihara, Tetsuya Shiuchi and Hiroyoshi Sei :
Sleep/wake regulation in PPAR knockout mice,
World sleep 2011, Oct. 2011.
8. Noriyuki Shimizu, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka and Hiroyoshi Sei :
Sleep regulation in PPARalpha knockout mice,
Neuroscience 2010, San Diego, USA, Nov. 2010.
9. Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Noriyuki Shimizu and Hiroyoshi Sei :
Hypothalamic AMPK contributes to homeostatic sleep regulation,
Neuroscience 2010, San Diego, USA, Nov. 2010.
10. Kazuyoshi Kitaoka, Shimizu Mika, Shimizu Noriyuki, Sachiko Chikahisa, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei :
Retinoic acid receptors antagonist LE540 atenuates EEG delta power during sleep via dopamine D1 receptor in mice,
Neuroscience 2010, San Diego, Nov. 2010.
11. Kazuyoshi Kitaoka, Shimizu Mika, Sachiko Chikahisa, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei :
Four-week administration of retinoic acid receptors antagonist LE540 attenuates EEG delta power during sleep in mice,
The 6Th Congress of Asian Sleep Research Society, Oct. 2009.
12. Sachiko Chikahisa, Noriyuki Shimizu, Kazuyoshi Kitaoka, Nobuhiro Fujiki and Hiroyoshi Sei :
Central AMPK contributes to sleep regulation,
36th International Union of Physiological Sciences, Kyoto, Aug. 2009.
13. Kazuyoshi Kitaoka, Atsuko Sano, Sachiko Chikahisa, Kazuo Yoshizaki and Hiroyoshi Sei :
Administration of Am80, an agonist of retinoic acid receptor, improves the aging-related decrease of REM sleep in SAMP8 mice,
36th International Congress of Physiological Sciences, Aug. 2009.
14. Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka and Hiroyoshi Sei :
Complex auditory stimuli reduce anxiety level in an ovarian steroid hormone-dependent manner in female mice,
Neuroscience 2008, Washington DC, USA, Nov. 2008.
15. Kazuyoshi Kitaoka :
First-night effect is attenuated by chronic administration of pre-fermented ginseng in human,
The 21th Century COE Program in the University of Tokushima 3rd International Conference, Tokyo, Dec. 2007.
16. Hiroyoshi Sei, Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka and Tomoko Kawai :
Relationship between spontaneous apnea and surge of arterial pressure during REM sleep in ICR mice,
Neuroscience 2007, San Diego, USA, Nov. 2007.
17. Sachiko Chikahisa, Kazuyoshi Kitaoka, Hiroyoshi Sei, Katsutaka Oishi, Shigenobu Shibata and Norio Ishida :
Chronic bezafibrate treatment advances circadian rhythms of sleep and body temperature in mice,
2nd World Congress of Chronobiology, Tokyo, Nov. 2007.
18. Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Masaki Morishima, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka, Yutaka Nakaya and Yusuke Morita :
Exposure to music in the perinatal period enhances learning performance and alters BDNF/TrkB signaling in mice as adults,
Neuroscience 2006, Atlanta, USA, Oct. 2006.
19. Kazuyoshi Kitaoka :
Deficiency of vitamin A induces the decrease of slow-wave activity in mice.,
Neuroscience 2006, Atlanta, Oct. 2006.
20. Sachiko Chikahisa, Hiroyoshi Sei, Atsuko Sano, Kazuyoshi Kitaoka and Yusuke Morita :
Anxiolytic effects of music depend on ovarian steroid in female mice,
International Behavioral Neuroscience Society, Whistler, Canada, May 2006.

国内講演発表:

1. 芥川 正武, 寺井 優輝, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 山田 博胤, 鳥居 裕太, 木内 陽介 :
動脈硬化症患者の頸動脈血流速度波形に関する検討,
第59回日本生体医工学会学術大会, 2020年5月.
2. 北岡 和義, 武間 亮香, 石原 佑, 橋爪 太, 森松 文毅 :
大学スタートアップスタジオ「U-tera」の設置とその取り組み,
第8回イノベーション教育学会大会, 2020年2月.
3. 森口 茉梨亜, 寺田 賢治, 日下 一也, 浮田 浩行, 金井 純子, , 北岡 和義 :
徳島大学イノベーションプラザにおける学生プロジェクトの活動∼教学IRによる教育の質保証を目指して∼,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2019年12月.
4. 北岡 和義, 玉有 朋子, 宮越 浩子, 堀井 秀之 :
オンライン電子ふせんツール「APISNOTE(エイピスノート)」 を活用したワークショップの体験,
大学教育カンファレンス2019, 2019年12月.
5. 北岡 和義 :
徳島大学における「イノベーション教育のこれまで,そしてこれから」,
イノベーション教育学会第7回年次大会, 2019年11月.
6. 許 淞鈞, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介 :
頸動脈超音波ドプラ法の最大血流速度抽出法の耐雑音性向上に関する研究,
生体医工学シンポジウム2019 (徳島), 2019年9月.
7. , 金井 純子, 北岡 和義, 寺田 賢治 :
デザイン思考の教育効果と企業ニーズの比較,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2018年12月.
8. 北岡 和義, 吉田 博, 伊藤 健太, 金井 純子, , 寺田 賢治, 高石 喜久 :
学生の社会実装を支援する助成金「仁生イノベーショングラント」の実施,課題とその改善,
イノベーション教育学会第6回年次大会, 2018年12月.
9. , 金井 純子, 北岡 和義, 寺田 賢治 :
理工系大学院生対象のデザイン思考教育の試み,
日本教育工学会第34回全国大会(東北大学河内キャンパス), 2018年9月.
10. 許 淞鈞, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介, 小中 信典 :
血流速度波形特徴点の自動抽出と収縮期面積による動脈弾性指標の評価,
平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2018 愛媛大学), 178, 2018年9月.
11. 寺井 優輝, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介, 小中 信典 :
測定装置の違いによる頸動脈血流速度波形の比較,
平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2018 愛媛大学), 177, 2018年9月.
12. 北岡 和義, 金井 純子, 日下 一也, 織田 聡, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 :
イノベーション教育のための全学組織「創新教育センター」の設置と今後の展望,
イノベーション教育学会第5回年次大会, 2017年11月.
13. 富永 隆之, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介, 小中 信典 :
超音波ドプラ法を用いた頸動脈血流速度測定時の最適プローブ位置の探索法,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(2017 愛媛大学), 162, 2017年9月.
14. 金井 純子, 森本 恵美, 井上 貴文, 佐々木 千鶴, 北岡 和義, 日下 一也, 浮田 浩行, 岡本 敏弘, 岸本 豊, 出口 祥啓, 久保 智裕, 安澤 幹人, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 :
学生の自己能力評価アンケート調査からみたイノベーション教育の課題,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年12月.
15. 北岡 和義 :
「ピタゴラ装置」の作成によるデザイン思考の体験,
平成28年度 大学教育カンファレンス in 徳島, 2016年12月.
16. 北岡 和義 :
徳島大学におけるイノベーション教育ワークショッププログラム「徳島大学イノベーションチャレンジ」の企画・運営,
イノベーション教育学会第4回年次大会, 2016年6月.
17. 北岡 和義, 米田 健一 :
誘発電位を用いた運動・感覚パフォーマンスを向上させる機能的照明環境の探索ー予備実験の結果よりー,
第74回日本体力医学会中国・四国地方会, 2015年11月.
18. 北岡 和義, 川田 知代 :
超低周波変動磁界曝露はマウス副腎由来Y-1細胞のホスホジエステラーゼ活性を抑制させる,
第30回日本生体磁気学会大会, 2015年6月.
19. Kazuyoshi Kitaoka and Shiyori Kawata :
The mechanism of intracellular cAMP concentration increase induced by extremely low-frequency magnetic field exposure,
The 92st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2015.
20. 多田 亜梨沙, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 稲垣 明浩, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
超音波ドプラ法を用いた血流速度測定装置のディジタル化に関する検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-13, 241, 2014年9月.
21. 北岡 和義 :
血中乳酸測定を用いたスポーツクライミング競技における上肢筋持久力の客観的評価法,
第22回日本運動生理学会大会, 2014年7月.
22. 北岡 和義, 北村 光夫, 吉田 朋広, 角陸 文哉, 川田 知代 :
極低周波変動磁界の曝露はcAMP濃度の上昇を介して副腎皮質由来細胞株のステロイド分泌量を亢進させる,
第29回日本生体磁気学会大会, 2014年5月.
23. Shiyori Kawata, FUmiya Kadoriku, Mitsuo Kitamura and Kazuyoshi Kitaoka :
Exploration of the mechanism for extremely low-frequency magnetic field-indu ced adrenal steroids up-regulation in Y-1 cell,
The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2014.
24. Fumiya Kadoriku, Shiyori Kawata, Mitsuo Kitamura and Kazuyoshi Kitaoka :
Chronic exposure of extremely low-frequency magnetic field stimulates aldost erone secretion in H295R cell,
The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2014.
25. 清水 紀之, 近久 幸子, 志内 哲也, 北岡 和義, 勢井 宏義 :
妊娠期母親マウスの摂餌制限が仔マウスの睡眠調節機構に与える影響,
第65回日本生理学会中国四国地方会, 2013年11月.
26. 北岡 和義 :
頸動脈ドップラー血流速度波形解析による非侵襲的動脈硬化度判定法の開発,
平成25年度課題解決型医療機器等開発事業 医工連携推進支援事業 医工連携推進シンポジウム, 2013年10月.
27. 平野 貴大, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 北岡 和義, 木内 陽介, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
頸動脈血流速度における音圧分布の検討,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 243, 2013年9月.
28. Tomohiro Yoshida, Shun Aoi, Kazuyoshi Kitaoka, Mitsuo Kitamura, Noriyuki Shimizu and Kazuo Yoshizaki :
Chronic exposure to extremely low-frequency magnetic field stimulates corticosteroid secretion in both mice and Y-1 cell line,
The 90th annual meeting of Physiological Society of Japan, Mar. 2013.
29. 北岡 和義, 北村 光夫, 青井 駿, 吉田 朋広, 清水 紀之, 吉﨑 和男 :
極低周波変動磁界慢性暴露による副腎皮質ホルモンの分泌増強作用,
第64回日本生理学会中国四国地方会, 2012年10月.
30. 増田 基司, 芥川 正武, 北脇 知己, 小原 繁, 田中 弘之, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介 :
全身動脈セグメントモデルを用いた総頸動脈血流動態の評価,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 257, 2012年9月.
31. 平野 貴大, 増田 基司, 湊 翔太, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
頸動脈血流速度を用いた動脈弾性指標と性差の関係,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 256, 2012年9月.
32. 湊 翔太, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 田中 弘之, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 小中 信典, 木内 陽介 :
頸動脈血流速度波形抽出の自動閾値選択法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 255, 2012年9月.
33. 北岡 和義, 北村 光夫, 吉﨑 和男 :
スポーツクライマーおよび一般成人における両腕懸垂時の血中乳酸濃度,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
34. 湊 翔太, 増田 基司, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
頚動脈血流速度波形抽出の自動化に関する研究,
平成24年電気学会 電子・情報・システム部門大会, 1104-1108, 2012年9月.
35. 青井 駿, 北岡 和義, 北村 光夫, 清水 紀之, 吉﨑 和男 :
極低周波変動磁界の慢性暴露はマウスにおいて副腎皮質ホルモン分泌を増強させる,
第27回日本生体磁気学会大会, 2012年5月.
36. 北岡 和義, 北村 光夫, 吉﨑 和男 :
スポーツクライマーおよび一般成人における両腕懸垂時の乳酸閾値,
第69回日本体力医学会中国・四国地方会, 2012年5月.
37. Kazuyoshi Kitaoka, Shimizu Noriyuki, Sachiko Chikahisa, Nakagomi Madoka, Shudo Koichi, Hiroyoshi Sei and Kazuo Yoshizaki :
Chronic administration of retinoic acid receptor agonist Am80 induces the ADAM10 expression in the hippocampus of SAMP8 mice,
The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Mar. 2012.
38. 増田 基司, 芥川 正武, 小原 繁, 田中 弘之, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 榎本 崇宏, 小中 信典, 木内 陽介 :
一次元数値流体シミュレーションを用いた 総頸動脈血流速度波形の再現,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2011年9月.
39. 青山 弘毅, 増田 基司, 湊 翔太, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
頸動脈血流速度波形を用いた動脈硬化の評価,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 231, 2011年9月.
40. 湊 翔太, 芥川 正武, 乾 繁, 豊栖 康司, 小原 繁, 吉﨑 和男, 田中 弘之, 北岡 和義, Zhong Wang, 小中 信典, 榎本 崇宏, 木内 陽介 :
高精度体表面心電図と血流速度波形の同期測定,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 230, 2011年9月.
41. 北岡 和義, 三浦 哉, 吉﨑 和男 :
起立動作に先行する頸動脈血流速度の変動,
第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
42. Kazuyoshi Kitaoka :
Chronic exposure of extremly low-frequency magnetic field induces depression-like behavior via up-regulation of corticosterone in mice,
第88回日本生理学会大会, Mar. 2011.
43. 鈴木 安里, 港 雅広, 芥川 正武, 吉﨑 和男, 小原 繁, 田中 弘之, 平尾 友二, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 北脇 知己, 岡 久雄, 木内 陽介 :
1次元数値流体シミューレーションを用いた頸動脈血流速度波形の検討,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.460, 107-111, 2011年3月.
(CiNii: 110008689293)
44. 北岡 和義, 大西 健, 清水 紀之, 近久 幸子, 小川 眞太朗, 吉﨑 和男, 勢井 宏義 :
HSF1はマウスの睡眠調節に関与する,
第5回臨床ストレス応答学会大会, 2010年11月.
45. 青山 弘毅, 小原 繁, 田中 弘之, 北岡 和義, 平尾 友二, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 稲垣 明浩, 小中 信典, 吉﨑 和男, 木内 陽介 :
頚動脈血流速度パターンの折れ線近似を用いた評価,
第33回日本生体医工学会中国四国支部大会, 22, 2010年9月.
46. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow preceds standing movement.,
第87回日本生理学会大会, May 2010.
47. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow precede standing movement,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S92, 2010.
48. 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 稲垣 明浩, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立動作時における予測的な脳血流量,総頸動脈血流速度の変化,
日本生理学雑誌, Vol.72, No.4, 126-127, 2010年.
49. 北岡 和義 :
起立動作時における予測的な脳血流量,総頸動脈血流速度の変化,
第61回日本生理学会中国四国地方会, 2009年11月.
50. 北岡 和義 :
起立動作に先行する頸動脈血流速度の変化,
第63回日本体力医学会中国・四国地方会, 2009年6月.
51. 北岡 和義 :
起立動作時における予測的血流変動の検討,
第60回日本生理学会中国四国地方会, 2008年11月.
52. 北岡 和義 :
RARアンタゴニストLE540投与による睡眠への影響,
日本睡眠学会第33回定期学術集会, 2008年6月.
53. Kazuyoshi Kitaoka :
Sleep architecture and homeostasis in senescence-accelerated prone (SAMP8) mice.,
第85回 日本生理学会大会, Mar. 2008.
54. 北岡 和義 :
発酵オタネニンジンの経口摂取はヒト睡眠におけるFirst-night effectを軽減させる,
日本睡眠学会第32回定期学術集会, 2007年11月.
55. 北岡 和義 :
Vitamin A欠損はマウスにおいて自発行動量を減少させ睡眠時デルタ波を減弱させる,
題17回日本病態生理学会大会, 2007年1月.

作品:

1. 池田 晃輝, 木口 碧, 住田 泰章, 高島 健佑, 平井 悠貴, , 金井 純子, 北岡 和義, 寺田 賢治 :
ヤンマー連携技術経営特論「スピカちゃん」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
2. 吉田 俊太郎, 野内 彩可, 片倉 悠暉, 松本 拓真, 大黒 嵩浩, , 金井 純子, 北岡 和義, 寺田 賢治 :
ヤンマー連携技術経営特論「Raku Raku Mover」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
3. 鵜飼 大将, 田中 智也, 上本 勇希, 宮本 上聖, 程 宝龍, , 金井 純子, 北岡 和義, 寺田 賢治 :
ヤンマー連携技術経営特論「人体強化型ソリューション」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
4. 大西 哲平, 片山 貴裕, 大下 悠, 山本 さくら, 泰地 宏明, 小林 佑莉亜, 細川 丈留, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
YKK連携イノベーションチャレンジクラブ「Co Ombus」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
5. 菊池 和貴, 福本 和生, 朝枝 貴弘, 細井 龍太郎, 政岡 翔, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
パナソニックサイクルテック連携イノベーションチャレンジクラブ「爽快お遍路」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
6. 南川 幸太郎, 石村 太一, 高倉 悠, 並河 沙弥香, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
ヤンマー連携イノベーションチャレンジクラブ「バイバードネット」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
7. 多田 侑生, 小柳 功王, 渡辺 涼太郎, 沖 若奈, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
ヤンマー連携イノベーションチャレンジクラブ「ジバード」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
8. 加藤 歩, 新木 晶士, 立井 裕也, 西川 巧真, 礎 有希, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
ジェイテクト連携イノベーションチャレンジクラブ「ワクワクガチャガチャ」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
9. 毛笠 龍之介, 郭 澤華, 小幡 翼, 藤川 達也, 前田 晏里, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
ジェイテクト連携イノベーションチャレンジクラブ「来るくるさる」,
徳島ビジネスチャレンジメッセ, 2018年10月.
10. 大西 哲平, 片山 貴裕, 大下 悠, 山本 さくら, 泰地 宏明, 細川 丈留, , 北岡 和義, 金井 純子, 寺田 賢治 :
自走式ファスナーの可能性を広げる「Co Ombus」,
YKK FASTENING CREATION for 2019, 2018年9月.

その他・研究会:

1. 許 淞鈞, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介 :
超音波ドプラ法を用いた血流波形の耐雑音性の向上について,
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.119, No.137, 7-11, 2019年7月.
2. 藤澤 正一郎, 日下 一也, 北岡 和義, 織田 聡, 金井 純子, 寺田 賢治 :
世界で活躍する『創新(イノベーション)人材』育成のための「創新教育センター」の概要,
電気学会研究会資料,制御研究会, Vol.CT-18, No.076, 27-30, 2018年3月.
3. 北岡 和義 :
レゴブロックを用いたイノベーションとシステム思考の入門,
平成29年度大学教育カンファレンスin徳島, 2018年1月.
4. 多田 亜梨沙, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 木内 陽介, 小中 信典 :
頸動脈血流速度波形に基づく動脈弾性評価とCAVIとの比較 (MEとバイオサイバネティックス),
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.115, No.147, 19-22, 2015年7月.
(CiNii: 40020557936)
5. 北岡 和義, 青井 瞬, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立に先行する頸動脈血流の変化と血圧との関連,
第63回生理学会中国四国地方会, 2011年10月.
6. 青山 弘毅, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小原 繁, 吉﨑 和男, 北岡 和義, 田中 弘之, 小中 信典, 木内 陽介 :
頸動脈血流速度波形を用いた動脈硬化の評価, --- 収縮期の特徴の抽出について ---,
電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 41-46, 2011年7月.
(CiNii: 110008800826)
7. 北岡 和義 :
レチノイン酸受容体アゴニストAm80の慢性投与はSAMP8マウスの空間学習能に作用する,
第26回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2011年7月.
8. 北岡 和義, 青井 瞬, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立に伴う予測的頸動脈血流速度変化の検討-血流速度と血圧の同時記録による解析-,
第67回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2011年5月.
9. 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立に先行する総頸動脈血流速度の予測的変化,
第66回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2010年11月.
10. 北岡 和義 :
レチノイン酸レセプターアゴニストAm80の投与はSAMP8マウスのREM睡眠減少を改善させる,
第24回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会, 2009年7月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 極低周波変動磁界曝露による副腎皮質ホルモン分泌刺激作用の網羅的検討 (研究課題/領域番号: 25870475 )
  • RARの活性化はトランスサイレチンを誘導しアルツハイマー病を抑制させうるか? (研究課題/領域番号: 21700409 )
  • 研究者番号(50432753)による検索