検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 統合医薬創製科学系 > 生物有機化学 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬資源学講座 (医薬創薬教育研究センター) > 生物有機化学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (指定) > 2001004 統合的がん研究創薬クラスター∼多段階発がん関連分子を標的とした中分子創薬の開発∼ >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

薬学 (Pharmacy)

研究テーマ

有機化合物や化学的手法を用いた生体機能の理解と制御 (核酸化学, 創薬化学 (medicinal chemistry), ケミカルバイオロジー (chemical biology))

著書・論文

著書:

1. 田良島 典子, 南川 典昭 :
第16章 化学修飾DNAを利用したRNAi創薬,
2018年8月.
2. Noriaki Minakawa, Akira Matsuda and Noriko Saito-Tarashima :
RNA bioisoster: Chemistry and properties of 4'-thioRNA and 4'-selenoRNA,
Springer, 2018.
3. Noriko Saito-Tarashima, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa :
Four-hydrogen-bonding base pairs in oligonucleotides: design, synthesis and properties,
Springer, 2018.
4. 田良島 典子, 南川 典昭 :
第8章 生物学的等価性を指向した化学修飾 DNA による核酸創薬研究,
シーエムシ-出版, 2017年4月.
5. Noriaki Minakawa and Matsuda Akira :
Design,Characterization,and Application of Imidazopyridopyrimidine:Naphthyridine Base-Pairing Motifs Consisting of Four Hydroren Bonds,
Springer, 2014.

学術論文(審査論文):

1. Hidenori Andou, Noriko Saito-Tarashima, Lila Selim Ahmed Ali Abu Amr, Nozomi Kinjoh, Taro Shimizu, Yu Ishima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida :
A unique gene-silencing approach, using an intelligent RNA expression device (iRed), results in minimal immune stimulation when given by local intrapleural injection in malignant pleural mesothelioma,
Molecules, Vol.25, No.7, 1725, 2020.
(DOI: 10.3390/molecules25071725,   PubMed: 32283709,   Elsevier: Scopus)
2. Kohki Matsumoto, Noriko Saito-Tarashima, Tomoya Wada, Orie Yonaha and Noriaki Minakawa :
Synthesis and properties of oligonucleotides containing a 2,6-diamino-3-deazapurine:furanopyrimidine base pair,
Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids, 1-18, 2020.
(DOI: 10.1080/15257770.2019.1694687,   PubMed: 31994434)
3. Tomoya Wada, Noriko Saito-Tarashima, Mayu Yamada, Yasuko Okamoto and Noriaki Minakawa :
Synthesis of nucleoside units possessing photoreactive diazirine groups on the major and minor groove faces.,
Tetrahedron Letters, Vol.60, No.23, 1530-1533, 2019.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2019.05.008,   Elsevier: Scopus)
4. Yuki Okano, Noriko Saito-Tarashima, Madoka Kurosawa, Ai Iwabu, Masashi Ohta, Tadashi Watanabe, Fumihiro Kato, Hishiki Takayuki, Masahiro Fujimuro and Noriaki Minakawa :
Synthesis and biological evaluation of novel imidazole nucleosides as potential anti-dengue virus agents.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.27, No.11, 2181-2186, 2019.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2019.04.015,   PubMed: 31003866,   Elsevier: Scopus)
5. Naoshi Yamazaki, Keisuke Kanazawa, Maria Kimura, Hironobu Ike, Makiko Shinomiya, Shouko Tanaka, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for rescue from exon 7 skipping caused by 5-splice site mutation of human cathepsin A gene,
Gene, Vol.677, 41-48, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111998,   DOI: 10.1016/j.gene.2018.07.030,   PubMed: 30010039,   Elsevier: Scopus)
6. Yuichi Yoshimura, Hideaki Wakamatsu, Yoshihiro Natori, Yukako Saito and Noriaki Minakawa :
Glycosylation reactions mediated by hypervalent iodine: application to the synthesis of nucleosides and carbohydrates,
Beilstein Journal of Organic Chemistry, Vol.14, 1595-1618, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115011,   DOI: 10.3762/bjoc.14.137,   PubMed: 30013687)
7. Anindita D. Paulina, Sasaki Michihito, Okada Kazuma, Ito Naoto, Sugiyama Makoto, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa, Shuto Satoshi, Otsuguro Satoko, Ichikawa Satoshi, Matsuda Akira, Maenaka Katsumi, Orba Yasuko and Sawa Hirofumi :
Ribavirin-related compounds exert in vitro inhibitory effects toward rabies virus,
Antiviral Research, Vol.154, 1-9, 2018.
(DOI: 10.1016/j.antiviral.2018.03.011,   PubMed: 29601893)
8. Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Unnatural base pairs for synthetic biology,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.66, No.2, 132-138, 2018.
(DOI: 10.1248/cpb.c17-00685,   PubMed: 29386463,   CiNii: 40021446514,   Elsevier: Scopus)
9. 田良島 典子, 石井 和貴, 太田 雅士, 林 弘也, 山本 清義, 南川 典昭 :
生物学的等価性に重点をおいた化学修飾核酸の創製-4'-セレノリボヌクレオシドの合成とオリゴマーへの導入-,
日本核酸医薬学会誌, Vol.21, No.1, 4-13, 2017年.
10. Yohsuke Igata, Noriko Saito-Tarashima, Daiki Matsumoto, Kazuyuki Sagara and Noriaki Minakawa :
A catch and release strategy towards HPLC-free purification of synthetic oligonucleotides using a phosphoramidite unit possessing a photocleavable azide linker,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.25, No.21, 5962-5967, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2017.09.014,   PubMed: 28986115)
11. Kazuto Shiraishi, Noriko Saito-Tarashima, Yohsuke Igata, Keiji Murakami, Yasuko Okamoto, Yoichiro Miyake, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Synthesis and evaluation of c-di-4'-thioAMP as an artificial ligand for c-di-AMP riboswitch,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.25, No.14, 3883-3889, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2017.05.042,   PubMed: 28559057)
12. Takeo Iwata, Kyoko Kuribayashi, Masahiko Nakasono, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa, Noriko Mizusawa, Rie Kido and Katsuhiko Yoshimoto :
The AMPK/mTOR pathway is involved in D-dopachrome tautomerase gene transcription in adipocytes differentiated from SGBS cells, a human preadipocyte cell line,
Cytokine, Vol.96, 195-202, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111466,   DOI: 10.1016/j.cyto.2017.04.017,   PubMed: 28445821,   Elsevier: Scopus)
13. Noriko Saito-Tarashima, Masashi Ohta and Noriaki Minakawa :
Synthesis of 4'-selenoribonucleosides, the building blocks of 4'-selenoRNA, using a hypervalent iodine.,
Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry, Vol.70, 1.40.1-21, 2017.
(DOI: 10.1002/cpnc.34,   PubMed: 28921498)
14. Kazuki Ishii, Noriko Saito-Tarashima, Masashi Ota, Seigi Yamamoto, Yasuko Okamoto, Yoshiyuki Tanaka and Noriaki Minakawa :
Practical synthesis of 4'-selenopurine nucleosides by combining chlorinated purines and 'armed' 4'-selenosugar,
Tetrahedron, Vol.72, No.41, 6589-6594, 2016.
(DOI: 10.1016/j.tet.2016.08.071)
15. Noriko Saito-Tarashima, Hirotaka Kira, Tomoya Wada, Kazuya Miki, Shiho Ide, Naoshi Yamazaki, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa :
Groove modification of siRNA duplexes to elucidate siRNA-protein interactions using 7-bromo-7-deazaadenosine and 3-bromo-3-deazaadenosine as chemical probes,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, No.47, 11096-11105, 2016.
(DOI: 10.1039/c6ob01866a,   PubMed: 27714245,   Elsevier: Scopus)
16. Mahadi Hasan, Noriko Saito-Tarashima, Koki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
The novel functional nucleic acid iRed effectively regulates target genes following cytoplasmic delivery by faint electric treatment,
Science and Technology of Advanced Materials, Vol.17, No.17, 554-562, 2016.
(DOI: 10.1080/14686996.2016.1221726,   PubMed: 27877903,   Elsevier: Scopus)
17. Noriko Saito-Tarashima, Hidenori Andou, Takamitsu Kojima, Nozomi Kinjo, Yosuke Hashimoto, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Gene silencing using 4'-thioDNA as an artificial template to synthesize short-hairpin RNA without inducing a detectable innate immune response,
Molecular Therapy. Nucleic Acids, Vol.5, e274, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110894,   DOI: 10.1038/mtna.2015.48,   PubMed: 26730811,   Elsevier: Scopus)
18. Noriko Saito-Tarashima, Komatsu Yasuo, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Faithful PCR Amplification of an Unnatural Base-Pair Analogue with Four Hydrogen Bond,
Chemistry - A European Journal, Vol.21, No.30, 10688-10695, 2015.
(DOI: 10.1002/chem.201501484,   PubMed: 26177045,   Elsevier: Scopus)
19. Noriko Saito-Tarashima, Tatsuya Sumitomo, Hidenori Andou, Kazuhiro Furukawa, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Synthesis of DNA fragments containing 2-deoxy-4-selenonucleoside units using DNA polymerases: comparison of dNTPs with O, S and Se at the 4-position in replication Org,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.25, 6949-6952, 2015.
(DOI: 10.1039/c5ob00941c,   PubMed: 26053864,   Elsevier: Scopus)
20. Hideto Maruyama, Kazuhiro Furukawa, Hiroyuki Kamiya, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
Transcription of 4-thioDNA templates to natural RNA in vitro and in mammalian cells,
Chemical Communications, Vol.51, No.37, 7887-7890, 2015.
(DOI: 10.1039/c4cc08862j,   PubMed: 25854199)
21. Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
Practical Syunthesis of 4'-Thioribonucleosides Starting from D-Ribose,
Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry, Vol.59, No.14.12, 1-14, 2014.
(DOI: 10.1002/0471142700.nc1412s59,   PubMed: 25501591,   Elsevier: Scopus)
22. Yota Saito, Yosuke Hashimoto, Mai Arai, Noriko Saito-Tarashima, Tadashi Miyazawa, Kazuya Miki, Mayumi Takahashi, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Akira Matsuda, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Chemistry, properties, and in vitro and in vivo applications of 2'-O-methoxyethyl-4'-thioRNA, a novel hybrid type of chemically modified RNA.,
ChemBioChem, Vol.15, No.17, 2535-2540, 2014.
(DOI: 10.1002/cbic.201402398,   PubMed: 25314258,   Elsevier: Scopus)
23. Noriko Saito-Tarashima, Koya Hayashi, Maki Terasaki, Hirotsugu Taniike, Yusuke Inagaki, Kenji Hirose, Kazuhiro Furukawa, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa :
First Synthesis of Fully Modified 4-SelenoRNA and 2-OMe-4-selenoRNA Based on the Mechanistic Considerations of an Unexpected Strand Break,
Organic Letters, Vol.16, No.18, 4710-4713, 2014.
(DOI: 10.1021/ol502077h,   PubMed: 25181546,   Elsevier: Scopus)
24. Yosuke Higuchi, Kazuhiro Furukawa, Tadashi Miyazawa and Noriaki Minakawa :
Development of a new dumbbell-shaped decoy DNA using a combination of the unnatural base pair ImON:NaNO and a CuAAC reaction.,
Bioconjugate Chemistry, Vol.25, No.7, 1360-1369, 2014.
(DOI: 10.1021/bc500225r,   PubMed: 24965879,   Elsevier: Scopus)
25. Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Allosteric control of a DNA-hydrolyzing deoxyribozyme with short oligonucleotides and its application in DNA logic gates.,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.21, 3344-3348, 2014.
(DOI: 10.1039/c4ob00451e,   PubMed: 24740418,   Elsevier: Scopus)
26. Hiroto Hatakeyama, Manami Murata, Yusuke Sato, Mayumi Takahashi, Noriaki Minakawa, Akira Matsuda and Hideyoshi Harashima :
The systemic administration of an anti-miRNA oligonucleotide encapsulated pH-sensitive liposome results in reduced level of hepatic microRNA-122 in mice.,
Journal of Controlled Release, Vol.173, 43-50, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jconrel.2013.10.023,   PubMed: 24511611,   Elsevier: Scopus)
27. Miyazawa Tadashi, Umezaki Kouhei, Tarashima Noriko, Kazuhiro Furukawa, Takashi Ooi and Noriaki Minakawa :
Synthesis of a novel 1,2-dithianenucleoside via Pummerer-like reaction, followed by Vorbruggen glycosylation between a 1,2-dithiane derivative and uracil,
Chemical Communications, Vol.49, 7851-7853, 2013.
(DOI: 10.1039/C3CC44848G,   PubMed: 23892645,   Elsevier: Scopus)
28. Mayumi Takahashi, Naoki Yamada, Hiroto Hatakeyama, Manami Murata, Yusuke Sato, Noriaki Minakawa, Hideyoshi Harashima and Akira Matsuda :
In vitro optimization of 2'-OMe-4'-thioribonucleoside-modified anti-microRNA oligonucleotides and its targeting delivery to mouse liver using a liposomal nanoparticle.,
Nucleic Acids Research, Vol.41, No.22, 10659-10667, 2013.
(DOI: 10.1093/nar/gkt823,   PubMed: 24030710,   Elsevier: Scopus)
29. Kojima Takamitsu, Kazuhiro Furukawa, Maruyama Hideto, Inoue Naonori, Tarashima Noriko, Matsuda Akira and Noriaki Minakawa :
PCR amplification of 4-thioDNA using 2-deoxy-4-thionucleoside 5-triphosphates,
ACS Synthetic Biology, Vol.2, No.9, 529-536, 2013.
(DOI: 10.1021/sb400074w,   PubMed: 23957635,   Elsevier: Scopus)
30. Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa :
Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 113344,   DOI: 10.1016/j.bmc.2013.06.023,   PubMed: 23871495)
31. N. Tarashima, Y. Higuchi, Y. Komatsu and Noriaki Minakawa :
A practical post-modification synthesis of oligodeoxynucleotides containing 4,7-diaminoimidazo[5,4:4,5]pyrido[2,3-d]pyrimidine nucleosid,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.24, 7095-7100, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2012.10.035,   PubMed: 23142321)
32. M. Takahashi, C. Nagai, H. Hatakeyama, Noriaki Minakawa, H. Harashima and A. Matsuda :
Intracellular stability of 2-OMe-4-thioribonucleoside modified siRNA leads to long-term RNAi effect,
Nucleic Acids Research, Vol.40, No.12, 5787-5793, 2012.
(DOI: 10.1093/nar/gks204,   PubMed: 22411910)
33. Kazuyuki Kuramoto, Noriko Tarashima, Yasuyuki Hirama, Yusaku Kikuchi, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
New imidazopyridopyrimidine:naphthyridine base-pairing motif, ImNN:NaOO, consisting of a DAAD:ADDA hydrogen bonding pattern, markedly stabilize DNA duplexes,
Chemical Communications, Vol.47, No.38, 10818-10820, 2011.
(DOI: 10.1039/c1cc13805g,   PubMed: 21863185)
34. Mayumi Kataoka, Yusuo Kouda, Kousuke Sato, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
Highly efficient enzymatic synthesis of 30-deoxyapionucleic acid (apioNA) having the four natural nucleobases,
Chemical Communications, Vol.47, No.30, 8700-8702, 2011.
(DOI: 10.1039/c1cc12980e,   PubMed: 21725575)
35. Mika Hori, Tetsuya Suzuki, Noriaki Minakawa, Akira Matsuda, Hideyoshi Harashima and Hiroyuki Kamiya :
Mutagenicity of secondary oxidation products of 8-oxo-7,8-dihydro-2-deoxyguanosine 5-triphosphate (8-hydroxy-2- deoxyguanosine 5-triphosphate),
Mutation Research, Vol.714, No.1-2, 11-16, 2011.
(DOI: 10.1016/j.mrfmmm.2011.05.015,   PubMed: 21704046)
36. Hirotsugu Taniike, Yusuke Inagaki, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa :
Practical synthesis of 4'-selenopyrimidine nucleosides using hypervalent iodine,
Tetrahedron, Vol.67, No.41, 7977-7982, 2011.
(DOI: 10.1016/j.tet.2011.08.020)
37. Yasuyuki Hirama, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
Synthesis and characterization of oligodeoxynucleotides containing a novel tetraazabenzo[cd]azulene:naphthyridine base pair,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.19, No.1, 352-358, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2010.11.023,   PubMed: 21129979)
38. Hirama Yasuyuki, Abe Hiroshi, Noriaki Minakawa and Matsuda Akira :
Synthesis and properties of a novel nucleoside derivative possessing a 2,3,5,6-tetraazabenzo[cd]azulene skeleton,
Tetrahedron, Vol.66, No.43, 8402-8406, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tet.2010.08.063)
39. Kota Tomaya, Mayumi Takahashi, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
A convenient RNA synthesis using a phosphoramidite possessing a biotinylated photocleavable group,
Organic Letters, Vol.12, No.17, 3836-3839, 2010.
(DOI: 10.1021/ol101489v,   PubMed: 20695459)

学術論文(紀要・その他):

1. Kyoko Furuita, Noriko Tarashima, Noriaki Minakawa, Yasuo Komatsu, Akira Matsuda and Chojiro Kojima :
NMR study of the DNA duplex containing a thermally stable base-pairing motif,
Nucleic acids symposium series, Vol.54, 2010.

学術レター:

1. 古川 和寛, 南川 典昭 :
RNAを標的とする低分子創薬の進展,
ファルマシア, Vol.51, No.1, 47-51, 2015年.
(DOI: 10.14894/faruawpsj.51.1_47,   CiNii: 130007447867)

総説・解説:

1. 野村 勇作, 柏木 怜, 佐藤 浩輔, 南川 典昭, 松田 彰 :
4本の水素結合対を持つ核酸塩基の設計(2),
Antisense, Vol.17, No.2, 3-13, 2013年11月.
2. 南川 典昭 :
4'-チオDNAを用いたRNA創薬,
薬学雑誌, Vol.133, No.1, 53-60, 2013年1月.

国際会議:

1. Yusuke Kumanomidoh, Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Synthesis of cyclic-di-ZMP,
The 46th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry / The 3rd Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2019), Oct. 2019.
2. Noriko Saito-Tarashima, Yusuke Kumanomidoh, Mao Kinoshita, Kazuto Shiraishi, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Synthesis and biological evaluation of cyclic dinucleotide analogs.,
Commemorative International Symposium of the Japan Society of Nucleic Acids Chemistry (CISNAC 2019), Jul. 2019.
3. Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Synthesis and biological potential of modified cyclic dinucleotides.,
Asian International Symposium, Mar. 2019.
4. Seigi Yamamoto, Noriko Saito-Tarashima, Naoshi Yamazaki, Tatsuya Fukuta, Kentaro Kogure and Noriaki Minakawa :
Development and Evaluation of Photoresponsive DNA Prism with Nucleic Acid Medicine.,
The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2018), Nov. 2018.
5. Kohki Matsumoto, Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Creation of a puDDD: pyAAA H-bonding base pair in DNA oligonucleotide.,
The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2018), Nov. 2018.
6. Tomoya Wada, Mayu Yamada, Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Elucidating dynamic interactions between siRNA and proteins using a pair of nucleoside chemical probes.,
The 23rd International Roundtable of Nucleosides,Nucleotides and Nucleic Acids(IRT 2018), Aug. 2018.
7. Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
The 43rd FEBS Congress, Praha, Jul. 2018.
8. Noriaki Minakawa :
Development of nucleic acid medicines integrated into DNA nanostructures.,
FIBER International Summit for Nucleic Acids 2018 (FISNA 2018), Jul. 2018.
9. Seigi Yamamoto, Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Development of Photoresponsive DNA Nanostructure Integrated Nucleic Acid Medicine,
The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2017), Nov. 2017.
10. Masashi Ohta, Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Synthesis and properties of 4-selenoRNA,
The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2017), Nov. 2017.
11. Kentaro Kogure, Noriko Saito-Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
The 5th Seminar of pharmaceutial sciences and technology., Sep. 2017.
12. Kentaro Kogure, Noriko Saito-Tarashima, K Fujikawa, Y Oshima, Tasuku Torao, M Mimura, M Hasan, S Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito and Noriaki Minakawa :
Effective cellular delivery of intelligent shRNA expression device by faint electricity.,
6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC), May 2017.
13. Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA,
2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016.
14. Noriko Saito-Tarashima, Koya Hayashi, Tatsuya Sumitomo and Noriaki Minakawa :
Chemical and enzymatic synthesis of 4'-seleno oligonucleotides,
ISNAC 2016 (The 43th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry), Sep. 2016.
15. Noriaki Minakawa :
Development of RNAi Medicine Using chemically-modifide DNA analogs,
FIBER International Summit for Nucleic Acids 2016(FISNA 2016), Kobe, Jul. 2016.
16. Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Generation of RNA medicine using 4-thio DNA,
The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, Osaka, Jan. 2016.
17. Nozomi Kinjoh, Hidenori Andou, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa and Tatsuhiro Ishida :
Targeted gene silencing by introduction of intelligent RNA expression device (iRed),
Liposome Advances 2015, London, Dec. 2015.
18. Noriaki Minakawa :
Development of RNAi Medicine Using4'-ThioDNA,
The 4th International Conference on Biotechnology and Bioengineering, Singapore, Dec. 2015.
19. Noriaki Minakawa and Noriko Saito-Tarashima :
Efficient preparation of a dumbbell-shaped minimal vector for short hairpin RNA expression using on unnatural base pair system,
3rd International Symposium on Nanomedicine Molecular Science, Tokyo, Nov. 2015.
20. Noriaki Minakawa :
A New Approach For Gene Silencing Using 4-ThioDNA,
AIMECS 2015(10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium in 2015, JEJU(Korea), Oct. 2015.
21. Noriko Saito-Tarashima and Noriaki Minakawa :
Development of a Minimally-Sized DNA Vector for Gene Silencing using an Unnatural Base Pair Analog Having Four Hydrogen Bonds,
AIMECS 2015(10th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium in 2015), JEJU(Korea), Oct. 2015.
22. Noriko Saito-Tarashima, Kinjo Nozomi, Kojima Takamitsu, Hidenori Andou, Tatsuhiro Ishida and Noriaki Minakawa :
Gene silencing via RNA interference (RNAi) machinery using 4'-thioDNA as an artificial template,
The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Himeji, Sep. 2015.
23. Noriaki Minakawa :
Gene silencing via RNAi machinery using 4'-thio DNA,
第6回日本-台湾ナノメディシンシンポジウム, 台湾(台北), Jan. 2015.
24. Miyazawa Tadashi, Noriko Saito-Tarashima, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Synthesis and Properties of a novel 1,2-dithianenucleoside,
The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kitakyushu International Conference Center(Kitakyusyu Japan), Nov. 2014.
25. Sagara Kazuyuki, Noriko Saito-Tarashima, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
A convenient RNA purification method with a combination of click chemistry and a photolabile group,
The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kitakyushu International Conference Center(Kitakyusyu Japan), Nov. 2014.
26. Kazuhiro Furukawa, Higuchi Yosuke, Miyazawa Tadashi and Noriaki Minakawa :
A New Dumbbell-Shaped Decoy DNA targeting NF-k B with the unnatural base pair ImON:NaNO,
OTS annual meeting, San Diego California, Oct. 2014.
27. Noriko Saito-Tarashima, Sumitomo Tatsuya, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
ENZYMATIC SYNTHESIS OF 4-SELENODNA,
XXI Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Poznan(Poland), Aug. 2014.
28. Noriaki Minakawa, Noriko Saito-Tarashima, Hayashi Koya, Terasaki Maki, Taniike Hirotsugu, Inagaki Yusuke, Fukuda Shinji, Kazuhiro Furukawa and Matsuda Akira :
How to prepare 4-selenoRNA?,
XXI Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Poznan(Poland), Aug. 2014.
29. Higuchi Yosuke, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Synthesis of circular decoy DNA containing unnatural base pair ImON:NaNO by CuAAC reaction,
The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
30. Hayashi Koya, Tarashima Noriko, Terasaki Maki, Kazuhiro Furukawa, Fukuda Shinji and Noriaki Minakawa :
Consideration of insufficient yield in oligonucleotide synthesis containing 4'-selenonucleosides,
The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
31. Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Allosteric control of DNA-hydrolyzing deoxyribozyme by short oligonucleotides,
The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
32. Tarashima Noriko, Naoshi Yamazaki, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa :
Enzymatic incorporation of unnatural ImNN:NaOO base pair consisting of four hydrogen bonds,
The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013.
33. Noriko Saito-Tarashima, Kojima Takamitsu, Hashimoto Yosuke, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Kiwada, Tatsuhiro Ishida, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi :
A novel approach of gene suppression using an intelligent shRNA expressing device (iRed),
9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Naples(Italy), Oct. 2013.
34. Y. Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Takiguchi and Noriaki Minakawa :
Gene silencing by 2'-modified-4'-thio oligonucleotides via U1i machinery,
第39回国際核酸化学シンポジウム, Nov. 2012.
35. A. Matsuda, M. Takahashi, Noriaki Minakawa, H. Hatakeyama, M. Murata, Y. Sato and H. Harashima :
2'-OMe-4'-thioRNA as a potential use for oligonucleotide therapeutics,
8th Annual Metting of the OTS, Oct. 2012.
36. Mayumi Takahashi, Noriaki Minakawa and Akira Matsuda :
Inhibition of microRNA activity by 2-O-methyl-4-thioribonucleoside modified anti-microRNA oligonucleotides (AMOs),
7th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutic Society, Sep. 2011.
37. M. Takahashi, C. Nagai, H. Hatakeyama, Noriaki Minakawa and H. Harashima :
Highly durable gene-silencing effect by 2´-O-Me-4´-thioribonucleotides modified siRNA,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010, Dec. 2010.
38. N. Tarashima, K. Kuramoto, Y. Komatsu, A. Matsuda and Noriaki Minakawa :
Enzymatic recognition of unnatural imidazopyridopyrimidine:naphthyridine base pair, ImNN:NaOO, by DNA polymerases,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010, Dec. 2010.
39. H. Taniike, Y. Inagaki, A. Matsuda and Noriaki Minakawa :
Synthesis of 4-selenoribonucleosides using hypervalent iodine,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010, Dec. 2010.
40. Y. Saito, M. Takahashi, A. Matsuda and Noriaki Minakawa :
Synthesis and properties of 2-O-MOE-4-thioRNA,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010, Dec. 2010.
41. K. Furuita, N. Tarashima, Noriaki Minakawa, Y. Komatsu, A. Matsuda and C. Kojima :
2)NMR study of the DNA duplex containing a thermally stable base-pairing motif,
The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010, Oct. 2010.
42. M. Takahashi, C. Nagai, H. Hatakeyama, Noriaki Minakawa, H. Harashima and A. Matsuda :
1)Evaluation of potency and duration of gene silencing activity by siRNAs containing 2´-O-Me-4´-thioribonucleosides,
IRT 2010-XIX International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, Aug. 2010.

国内講演発表:

1. 田良島 典子, 熊埜御堂 優介, 南川 典昭 :
イミダゾール型環状ジヌクレオチド誘導体の合成研究,
日本薬学会 第140年会, 2020年3月.
2. 木下 真緒, 田良島 典子, 南川 典昭 :
c-di-4'-thioAMPの合成と自然免疫誘導能の評価,
日本薬学会 第140年会, 2020年3月.
3. 上野 真奈, 田良島 典子, 南川 典昭 :
4'-チオガイドRNAを利用するゲノム編集の試み,
日本薬学会 第140年会, 2020年3月.
4. 河野 滉也, 田良島 典子, 南川 典昭 :
抗デングウイルス活性の増強を目指したイミダゾールヌクレオシド誘導体の合成研究,
日本薬学会 第140年会, 2020年3月.
5. 和田 知也, 山田 真由, 田良島 典子, 南川 典昭 :
siRNA-タンパク質間相互作用解析のための標的捕捉型ケミカルプローブ導入siRNAの創製と性質評価,
日本薬学会 第140年会, 2020年3月.
6. 上野 真奈, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ゲノム編集に利用可能な4'-チオガイドRNAの開発,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
7. 寺内 勝之, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ホスホロチオエート型c-di-AMPプロドラッグの合成研究,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
8. 熊埜御堂 優介, 田良島 典子, 南川 典昭 :
イミダゾール型環状ジヌクレオチドc-di-ZMPの合成,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
9. 木下 真緒, 田良島 典子, 熊埜御堂 優介, 南川 典昭 :
4'-位に硫黄原子を有する環状ジヌクレオチドの合成と自然免疫誘導能の評価,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
10. 中村 元紀, 田良島 典子, 岡野 裕貴, 黒沢 まどか, 岩部 愛, 渡辺 匡史, 加藤 文博, 日紫喜 隆行, 藤室 雅弘, 南川 典昭 :
抗デングウイルス活性を有するイミダゾールヌクレオシド類の開発研究,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
11. 山田 真由, 和田 知也, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ヌクレオシドケミカルプローブ②: 光反応性ケミカルプローブ7dia-deAの改良合成法の開発研究,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
12. 熊埜御堂 優介, 田良島 典子, 南川 典昭 :
環状ジヌクレオチドアナログc-di-ZMPの合成,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
13. 太田 雅士, 田良島 典子, 高橋 宏美, 近藤 次郎, 南川 典昭 :
4種のヌクレオチドがセレノ修飾された完全修飾型4'-セレノRNAの合成と性質解析,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
14. 和田 知也, 山田 真由, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ヌクレオシドケミカルプローブ①: siRNA-タンパク質間相互作用様式の解明に向けた光反応性ケミカルプローブの開発研究,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
15. 松尾 礼子, 田良島 典子, 南川 典昭 :
4'-チオ核酸類によって構成されるセントラルドグマの構築,
日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年7月.
16. 田良島 典子, 松尾 礼子, 南川 典昭 :
4'-チオ核酸により構成されるネオセントラルドグマの確立,
日本薬学会 第139年会, 2019年3月.
17. 山田 真由, 和田 知也, 田良島 典子, 南川 典昭 :
RNA結合タンパク質捕捉のためのヌクレオシド型ケミカルプローブの開発研究,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
18. 熊埜御堂 優介, 田良島 典子, 井形 陽佑, 山口 直記, 南川 典昭 :
亜リン酸の段階的活性化に基づく環状ジヌクレオチド類合成法の開発,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
19. 中村 元紀, 岡野 裕貴, 黒沢 まどか, 田良島 典子, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 渡部 匡史, 藤室 雅弘, 南川 典昭 :
イミダゾールヌクレオシドを基盤とする抗デングウイルス剤の創製研究,
第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
20. 黒澤 まどか, 日紫喜 隆之, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 渡部 匡史, 藤室 雅弘 :
抗デングウイルス化合物の探索,
第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月.
21. 田良島 典子, 井形 陽佑, 白石 和人, 古川 和寛, 南川 典昭 :
mRNAの構造変化を誘起するヌクレオチド誘導体の創製 –c-di-4'-thioAMPの合成とリボスイッチに対する結合親和性評価–,
日本核酸医薬学会 第4回年会, 2018年7月.
22. 田良島 典子, 井形 陽佑, 白石 和人, 古川 和寛, 南川 典昭 :
mRNAの構造変化を誘起する中分子化合物の創製 –c-di-4'-thioAMPの合成とリボスイッチに対する結合親和性評価–,
日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会, 2018年6月.
23. 大島 康史, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
微弱電流処理を利用した機能性核酸の細胞内取り込みの検討,
日本薬学会138年会, 2018年3月.
24. 高橋 知樹, 山本 清義, 江村 智子, 日高 久美, 田良島 典子, 遠藤 政幸, 杉山 弘, 南川 典昭 :
iRedを骨格とした核酸ナノ構造体の開発研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
25. 森田 直道, 田良島 典子, 南川 典昭 :
環状ジヌクレオチドミミックの合成と機能評価,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
26. 黒澤 まどか, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 中山 淳, 難波 康祐, 渡部 匡史, 藤室 雅弘 :
レプリコンアッセイ法を用いた抗デングウイルス化合物の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
27. 山本 清義, 田良島 典子, 南川 典昭 :
Development of nucleic acid medicine delivery system using photo- responsive nucleic acid nanostructure,
日本化学会 第98春季年会, 2018年3月.
28. 田良島 典子, 南川 典昭 :
核酸‐タンパク質間相互作用解析のためのケミカルアプローチ,
2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月.
29. 小暮 健太朗, 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 福田 達也, 田良島 典子, 田中 保, 南川 典昭 :
微弱電流処理による高分子医薬の細胞質送達と機能発現,
第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月.
30. 大島 康史, 虎尾 祐, 三村 美夕紀, Hasan Mahadi, 田良島 典子, 濱 進, 福田 達也, 田中 保, 南川 典昭, 小暮 健太朗 :
ユニークなエンドサイトーシスを誘起する微弱電流を利用した機能性核酸の細胞質送達,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31. 松本 航輝, 与那覇 乙梨恵, 田良島 典子, 南川 典昭 :
DDD:AAA型水素結合様式を持つ人工塩基対の合成と性質解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32. 太田 雅士, 石井 和貴, 田良島 典子, 南川 典昭 :
4'-セレノRNAの合成並びに性質解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
33. 黒澤 まどか, 渡部 匡史, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
Replicon assay法を用いた抗デングウイルス化合物の探索,
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2017年10月.
34. 岩部 愛, 渡部 匡史, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
核酸誘導体を活用した抗デングウイルス剤の開発,
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2017年10月.
35. 田中 里歩, 渡部 匡史, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
核酸誘導体を用いた抗HSV-1化合物の探索,
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2017年10月.
36. Noriaki Minakawa :
Chemiacal and Enzymatic Syntheses of 4'-Selenonucleic Acids,
FISNA2017, Jul. 2017.
37. 山本 清義, 中野 稜平, 田良島 典子, 南川 典昭 :
核酸医薬分子を組み込んだDNAナノ構造体の構築とその性質,
日本核酸医薬学会第3回年会, 2017年7月.
38. 南川 典昭, 田良島 典子, 高橋 知樹, 山本 清義, 金城 望, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 小暮 健太朗 :
化学修飾DNAを利用したRNA創薬,
第33回日本DDS学会学術集会, 2017年7月.
39. 和田 知也, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ケミカルプローブ導入siRNAを用いたパターン認識受容体との相互作用解析,
日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会, 2017年6月.
40. 井形 陽佑, 相良 和幸, 田良島 典子, 南川 典昭 :
核酸分子の簡便精製を可能とする`キャッチ&リリース'タグの開発,
日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会, 2017年6月.
41. 田良島 典子, 和田 知也, 南川 典昭 :
RNA-タンパク質間相互作用解析のためのケミカルアプローチ,
日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会, 2017年6月.
42. 小暮 健太朗, 藤川 昂樹, Hasan Mahadi, 濱 進, 田中 保, 田良島 典子, 南川 典昭 :
微弱電流による新規核酸iRedの細胞内送達と遺伝子発現制御,
遺伝子・デリバリー研究会第17回シンポジウム, 2017年5月.
43. 太田 雅士, 田良島 典子, 石井 和貴, 南川 典昭 :
4'-セレノリボヌクレオシド類の効率的合成とRNAオリゴマー導入の試み,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
44. 和田 知也, 田良島 典子, 吉良 太孝, 南川 典昭 :
siRNA-パターン認識受容体の相互作用解析のためのケミカルアプローチ,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
45. 井形 陽佑, 相良 和幸, 田良島 典子, 南川 典昭 :
核酸分子の簡便精製を可能とする`Catch & Release' 法の開発,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
46. 藤澤 絋希, 太田 智絵, 中村 誠宏, 松田 久司, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 伊藤 早織, 渡部 匡史, 藤室 雅弘 :
ワイン発酵残渣由来化合物と核酸誘導体からの抗デングウイルス化合物の探索,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
47. 伊藤 早織, 藤澤 絋希, 渡部 匡史, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
核酸構造を活用した抗デングウイルス化合物の探索,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
48. 田良島 典子, 和田 知也, 吉良 太孝, 南川 典昭 :
RNA-タンパク質間の動的な相互作用解析のためのケミカルアプローチ―真に医薬応用可能な化学修飾siRNAの理論的設計法の確立へ向けて―,
第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016年12月.
49. 小暮 健太朗, Mahadi Hasan, 田良島 典子, 藤川 昂樹, 濱 進, 田中 保, 樫田 啓, 浅沼 浩之, 斎藤 博幸, 南川 典昭 :
微弱電流による機能性核酸の効率的な細胞質送達,
日本核酸医薬学会第2回年会(東京), 2016年12月.
50. 井形 陽佑, 相良 和幸, 田良島 典子, 南川 典昭 :
`キャッチ&リリース'法を用いたオリゴヌクレオチドの簡便精製法の開発,
日本核酸医薬学会第2回年会, 2016年11月.
51. 南川 典昭 :
RNA-タンパク質間相互作用解析のためのケミカルアプローチ,
日本核酸医薬学会第2回年会, 2016年11月.
52. 和田 知也, 田良島 典子, 吉良 太孝, 南川 典昭 :
RNA-タンパク質間相互作用解明のためのケミカルツールの創製,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・中国四国支部学術大会, 2016年11月.
53. 木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
54. 御牧 夕紀子, 岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 南川 典昭, 川添 和義 :
悪性黒色腫患者における抗PD-1抗体療法の治療効果および免疫関連副作用の発現と血中リンパ球数推移との関連性の検討,
第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
55. 南川 典昭 :
遊び心を持って研究を,
第21回プロセス化学東四国フォーラム, 2016年10月.
56. 和田 知也, 田良島 典子, 南川 典昭 :
ケミカルプローブを利用したsiRNA-タンパク質間相互作用における分子認識機構の解明,
第21回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2016年10月.
57. 藤澤 絋希, 伊藤 早織, 渡部 匡史, 太田 智絵, 中村 誠宏, 松田 久司, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
ワイン発酵残渣と核酸誘導体を用いた抗デングウイルス化合物の探索,
第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
58. 伊藤 早織, 藤澤 絋希, 渡部 匡史, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 岡野 裕貴, 田良島 典子, 南川 典昭, 藤室 雅弘 :
核酸誘導体を骨格とした抗デングウイルス化合物の探索,
第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
59. 太田 雅士, 石井 和貴, 田良島 典子, 南川 典昭 :
超原子価ヨウ素を用いた4'-セレノプリンリボヌクレオシドの効率的合成法の開発研究,
第20回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2016年6月.
60. 頼田 和子, 黒澤 すみれ, 吉田 結理, 大髙 章, 柏田 良樹, 佐野 茂樹, 南川 典昭, 福井 清 :
ヒトD-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索と構造活性相関,
日本ビタミン学会第68回大会, 2016年6月.
61. Hasan Mahadi, Noriko Saito-Tarashima, Kohki Fujikawa, Takashi Ohgita, Susumu Hama, Tamotsu Tanaka, Hiroyuki Saito, Noriaki Minakawa and Kentaro Kogure :
Intracellular delivery of a novel functional nucleic acid iRed by faint electric treatment for effective regulation of target genes,
第32回DDS学術集会, Jun. 2016.
62. 木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討,
第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月.
63. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
悪性胸膜中皮腫治療における新規shRNA発現化学修飾核酸の有用性の検討,
日本薬剤学会第31年会, 2016年5月.
64. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
ホスホジエステラーゼ抵抗性を有する4'-チオ化学修飾型環状ジヌクレオチドの合成と評価,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
65. 谷川 真理, 田良島 典子, 南川 典昭 :
新規蛍光性ヌクレオシドの合成と性質解析,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
66. 高橋 知樹, 田良島 典子, 御牧 夕希子, 南川 典昭 :
新規遺伝子発現抑制デバイスiRedの開発と完全化学合成に向けた検討,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
67. 岡野 裕貴, 伊藤 早織, 渡部 匡史, 田良島 典子, 日紫喜 隆行, 加藤 文博, 藤室 雅弘, 南川 典昭 :
抗RNAウイルス活性の増強を目指したヌクレオシドリン酸プロドラッグの合成,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
68. 上田 夏瑞, 田良島 典子, 三木 和也, 山村 桃子, 山﨑 尚志, 南川 典昭 :
iRedを利用した持続的microRNA補充法の開発,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
69. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent shRNA expression deviceのin vitro, in vivoにおける有用性評価,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
70. 池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
71. 南川 典昭 :
4'-チオDNAを用いた遺伝子発現抑制の新戦略,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
72. 池 啓伸, 山﨑 尚志, 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 南川 典昭, 辻 大輔, 伊藤 孝司 :
改変型低分子RNAを用いたヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
73. 田良島 典子, 南川 典昭 :
人工塩基対の酵素認識に基づくダンベル型遺伝子発現デバイスの創製,
日本核酸医薬学会第1回年会, 2015年12月.
74. 三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
75. 木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復,
BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
76. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expression devise(iRed)による標的遺伝子抑制に関する検討,
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月.
77. 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
78. 南川 典昭 :
化学修飾DNAを利用したRNAi創薬,
核酸化学最前線フォーラム, 2015年7月.
79. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
糖部修飾型環状ジヌクレオチドの合成と評価,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
80. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
新規RNAi分子発現核酸デバイスのin vitro, in vivo有用性評価,
第31回日本DDS学会学術集会, 2015年7月.
81. 白石 和人, 村上 圭史, 田良島 典子, 古川 和寛, 三宅 洋一郎, 南川 典昭 :
Cyclic-di-4'-S-adenosine monophosphate (c-di-SAMP)の合成と評価,
第17回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2015年6月.
82. 頼田 和子, 黒澤 すみれ, 宍戸 裕二, 佐野 茂樹, 柏田 良樹, 南川 典昭, 福井 清 :
ヒト由来D-アミノ酸酸化酵素のエフェクター探索のためのハイスループットクリーニングと構造機能相関,
第56回日本生化学会 中国四国支部例会, 2015年5月.
83. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
新規RNAi分子発現核酸デバイスを用いた標的遺伝子発現抑制効果,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
84. 田良島 典子, 南川 典昭 :
人工塩基対を利用した第2世代intelligent RNA expression device (iRed) の開発研究,
遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
85. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
胸腔内がん治療を目指した新規核酸デバイスの有用性評価,
遺伝子・デリバリー研究会第15回シンポジウム, 2015年5月.
86. 金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復,
遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月.
87. 田良島 典子, 小島 孝光, 金城 望, 古川 和寛, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 南川 典昭 :
New strategy for suppression of gene expresstion using intelligent RNA expressing device (iRed),
日本化学会第95春季年会, 2015年3月.
88. 谷川 真理, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 :
トリアザペンタレン型蛍光核酸の合成とRNAオリゴマーへの導入,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
89. 中野 稜平, 古川 和寛, 南川 典昭 :
化学的アプローチによるc-di-AMPリボスイッチの分子認識機構の解明,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
90. 南川 典昭 :
創薬研究の新展開∼低分子創薬から高分子創薬へ∼,
第5回酵素学講習会(酵素学ウィンタースクール), 2015年1月.
91. 田良島 典子, 小島 孝光, 金城 望, 古川 和寛, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 南川 典昭 :
Intelligent RNA expressing device (iRed)を利用した核酸創薬の新手法,
第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
92. 谷川 真理, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 :
トリアザペンタレン型新規蛍光核酸の合成,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
93. 中野 稜平, 古川 和寛, 南川 典昭 :
リボスイッチを標的としたc-di-AMP誘導体の合成と構造活性相関解析,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
94. 白石 和人, 古川 和寛, 南川 典昭 :
4 '-チオ環状ジヌクレオチド類の合成研究,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
95. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expressing devise(iRed)の細胞内導入による標的遺伝子抑制,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
96. 田中 翔子, 金澤 慶祐, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
97. 三木 和也, 山﨑 尚志, 吉良 太孝, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
ナノ核酸デバイスを用いたsiRNAオフターゲット効果の抑制,
第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
98. 池 啓伸, 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 滝口 祥令, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の修復,
第87回日本生化学会, 2014年10月.
99. 田良島 典子, 林 弘也, 寺崎 真樹, 古川 和寛, 南川 典昭 :
4'-セレノRNAの化学合成-鎖切断機構の解明とその効率的合成法の開発―,
第15回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2014年9月.
100. 南川 典昭 :
4'-チオ核酸を用いる核酸創薬研究の展望,
第15回NMMSセミナー及び薬品物理化学分野・細胞生物学分野合同ミニシンポ ジウム, 2014年9月.
101. 田良島 典子, 林 弘也, 古川 和寛, 南川 典昭 :
4'-セレノヌクレオシド含有オリゴヌクレオチド合成における鎖切断機構の解明とその解決法,
第44回 複素環化学討論会, 2014年9月.
102. 南川 典昭 :
4'-セレノ核酸の化学‐4'-セレノ核酸は4'-チオ核酸を超えることが出来るか?‐,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014, 2014年9月.
103. 田良島 典子, 齋藤 陽太, 橋本 洋佑, 古川 和寛, 石田 竜弘, 南川 典昭 :
ハイブリッド型化学修飾核酸2´-O-MOE-4´-thioRNAの合成とアンチmiRNAとしてのin vitro/vivo機能評価,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014, 2014年9月.
104. 金城 望, 安藤 英紀, 田良島 典子, 南川 典昭, 石田 竜弘 :
Intelligent RNA expressing devise(iRed)のin vitroにおける標的遺伝子抑制に関する検討,
ナノライフサイエンス・オープンセミナー2014, 2014年8月.
105. 田良島 典子, 吉良 太孝, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 :
ナノ核酸デバイスを利用したsiRNA-タンパク質相互作用における分子認識機構の解明,
創薬懇話会2014in岐阜, 2014年7月.
106. 山﨑 尚志, 田中 翔子, 金澤 慶祐, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み,
第55回日本生化学会 中国・四国支部例会, 2014年6月.
107. 古川 和寛, 児島 貴美子, 南川 典昭 :
リガンドアナログを用いるc-diAMPリボスイッチの構造活性相関解析,
日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
108. 住友 達弥, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 :
2'-デオキシ-4'-セレノピリミジンヌクレオシドの合成とDNAオリゴマーへの導入,
日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
109. 相良 和幸, 松本 大貴, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭 :
クリックケミストリーを用いたRNA簡便精製法の開発,
日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
110. 田良島 典子, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 :
人工塩基対ImNN :NaO0 のPCR増幅とRNAi創薬への応用,
日本薬学会 第134年回, 2014年3月.
111. 山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
112. 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 :
複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制,
第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月.
113. 宮澤 忠, 梅崎 浩平, 田良島 典子, 古川 和寛, 大井 高, 南川 典昭 :
新規1, 2-ジチアンヌクレオシドの合成と性質,
第52回日本薬学会 ・ 薬剤師会 ・ 日本病院薬剤師会 ・ 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
114. 住友 達弥, 古川 和寛, 南川 典昭 :
2'-デオキシ-4'-セレノピリミジンヌクレオシドの合成,
第52回日本薬学会 ・ 薬剤師会 ・ 日本病院薬剤師会 ・ 中国四国支部学術大会, 2013年10月.
115. 田良島 典子, 南川 典昭 :
新規Im:Na塩基対のDNAポリメラーゼによる基質認識,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
116. 新井 真以, 橋本 洋佑, 斎藤 陽太, 古川 和寛, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
新規ハイブリッド型修飾核酸の合成とアンチmiRNA活性の評価,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
117. 吉良 太孝, 山下 ありさ, 山中 直哉, 古川 和寛, 山﨑 哲男, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
ケミカルツールを用いたsiRNA-タンパク質間の相互作用様式解明,
第133年会日本薬学会, 2013年3月.
118. 宮澤 忠, 古川 和寛, 大井 高, 南川 典昭 :
新規含硫ヌクレオシド誘導体の合成,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
119. 林 弘也, 谷池 裕次, 菊池 優作, 古川 和寛, 南川 典昭 :
4'-セレノピリミジンヌクレオシド誘導体を含むオリゴマーの合成研究,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
120. 樋口 陽介, 古川 和寛, 南川 典昭 :
ImON:NaNO塩基対を両末端部に持つ環上DNAの合成研究,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
121. 阿萬 明, 朝倉 有紀, 南川 典昭, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 :
改変U1snRNAによる遺伝子発現抑制,
第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
122. 林 弘也, 谷池 裕次, 菊地 優作, 南川 典昭 :
4'-セレノリボヌクレオシドを含むオリゴマー合成の問題点と解決法,
アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
123. 樋口 陽介, 南川 典昭 :
Huisgen反応を利用したImON:NaNO塩基対を含む環状DNAの合成研究,
アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
124. 吉良 太孝, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
ケミカルツールを利用したRNA干渉の発現機構解明,
アンチセンス,遺伝子,デリバリーシンポジウム2012, 2012年9月.
125. 小島 孝允, 橋本 洋佑, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
4'-チオDNAを利用した新規RNAi法の開発,
バイオ関連化学シンポジウム, 2012年9月.
126. 吉良 太孝, 森吉 直人, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
ケミカルツールを用いたRNA干渉発現の分子認識機構の解明,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
127. 南川 典昭 :
4'-チオDNAを用いたRNA創薬,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
128. 菊地 優作, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 南川 典昭 :
2'-F-4'-チオヌクレオシドを含むキメラ型オリゴマーの合成と性質,
日本薬学会第132年会(札幌), 2012年3月.
129. 小島 孝允, 森吉 直人, 山﨑 尚志, 石田 竜弘, 際田 弘志, 南川 典昭 :
4'-チオDNAを利用した遺伝子発現抑制法の開発,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
130. 田良島 典子, 南川 典昭 :
新規Im:Na塩基対のDNAポリメラーゼによる基質認識,
第133年会日本薬学会, 2012年3月.
131. 吉良 太孝, 井手 志穂, 新井 真衣, 森吉 直人, 石田 竜弘, 際田 弘志, 松田 彰, 南川 典昭 :
RNA干渉機構解明のためのケミカルツールの合成とその応用,
日本薬学会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
132. 梅﨑 浩平, 塩村 昌, 伊藤 芳, 志津里 芳一, 志津里 芳一, 南川 典昭, 大井 高 :
海洋性糸状菌Calonectria sp.の成分研究,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(高松), 2011年11月.
133. 中本 正史, 塩村 昌, 梅﨑 浩平, 伊藤 芳, 志津里 芳一, 南川 典昭, 大井 高 :
海洋性糸状菌Myrothecium sp.の成分研究,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(高松), 2011年11月.
134. 松本 大貴, 南川 典昭 :
シュタウディンガー反応を基軸とした簡便なRNA精製法の開発,
日本薬学会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
135. 丸山 豪斗, 紙谷 浩之, 南川 典昭, 松田 彰 :
4′-thioDNA 修飾型ベクターからの遺伝子発現,
生体関連バイオ化学シンポジウム, 2011年9月.
136. 谷池 裕次, 南川 典昭 :
ヨードシルベンゼンを用いた4'-セレノリボヌクレオシドの 効率的合成法の開発,
反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年9月.
137. 永井 千里, 高橋 真由美, 畠山 浩人, 南川 典昭, 松田 彰, 原島 秀吉 :
持続型siRNA送達システムの構築,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム, 2011年9月.
138. 小島 孝充, 丸山 豪斗, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 滝口 祥令, 松田 彰, 南川 典昭 :
PCRによる4'-チオDNAの合成,
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム, 2011年9月.
139. 松本 大貴, 南川 典昭 :
シュタウディンガーライゲーションと光解離性保護基を 組合せたRNAの簡便精製法の開発,
日本薬学会第132年会(札幌), 2011年3月.
140. 松本 大貴, 南川 典昭 :
シュタウディンガーライゲーションを利用した高純度RNAの簡便合成法の開発,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
141. 谷池 裕次, 南川 典昭 :
超原子価ヨウ素を用いた4'-セレノリボヌクレオシドの効率的合成法の開発,
日本薬学会第131年会(口頭発表), 2011年3月.
142. 徳田 美幸, 辻 大輔, 吉良 太孝, 中村 崇洋, 岡野 和真, 南川 典昭, 伊藤 孝司 :
新規抗がん剤候補化合物探索を目指した構造活性相関研究,
BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会), 2010年12月.
143. 苫谷 晃太, 松本 大貴, 松田 彰, 南川 典昭 :
光解離性保護基を利用した高純度RNAの簡便合成法の開発,
第20回アンチセンスシンポジウム, 2010年12月.
144. 丸山 豪斗, 紙谷 浩之, 南川 典昭, 松田 彰 :
4'-thioDNA修飾によるヌクレアーゼ抵抗性ベクターの開発,
第20回アンチセンスシンポジウム, 2010年12月.
145. 丸山 豪斗, 紙谷 浩之, 南川 典昭, 松田 彰 :
4'-thioDNA修飾型ベクターの創製研究,
日本薬学会北海道支部第135例会, 2010年11月.

その他・研究会:

1. Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi :
Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation,
FEBS Open Bio, Vol.8, No.Supplement 1, ShT.35-1, Jul. 2018.
2. 南川 典昭 :
分子内にリン酸基を有する化合物を医薬品にするために-プロドラッグの概念と有機化学‐,
有機合成化学講習会, 2017年11月.
3. Noriaki Minakawa :
Chemistry & Biology of 4'-thioDNA,
Memorial seminor of international academic exchange between Dongguk Univ. & the Univ. of Tokushima, Dec. 2012.
4. 南川 典昭 :
核酸医薬の現状と将来,
プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2012年9月.
5. 南川 典昭 :
化学修飾DNAを利用するRNAi創薬の新展開,
第19回ファーマサイエンスフォーラム, 2012年7月.
6. H. Taniike and Noriaki Minakawa :
Synthesis of 4-selenoribonucleosides using hypervalent iodine,
The Second Decennial Meeting Between Seoul National University and The University of Tokushima, Dec. 2010.
7. Noriaki Minakawa :
Convenient RNA Synthesis Using a Phosphoramidite Possessing a Photocleavable Group,
The Second Decennial Meeting Between Seoul National University and The University of Tokushima, Dec. 2010.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 「食べるマイクロRNAを創る」 ー機能性食品としての核酸ー (研究課題/領域番号: 19K22287 )
  • iRedによる核酸創薬研究を加速させる外部刺激応答型核酸ナノ構造体の創製 (研究課題/領域番号: 18H02108 )
  • 微弱電流によるナノ粒子の腫瘍内浸透・細胞取込み亢進による革新的がん治療技術の確立 (研究課題/領域番号: 17H03976 )
  • 高いスプライス異常修復能を有した改変U1 snRNA発現ベクターの構築と疾病治療 (研究課題/領域番号: 16K08235 )
  • Dドーパクロムトートメラーゼの脂肪組織特異的発現・作用機序 (研究課題/領域番号: 15K11040 )
  • iRed/iPedの完全化学合成を基軸とした実践的対がん創薬基盤研究 (研究課題/領域番号: 15H04656 )
  • 核酸医薬デリバリーにおける自然免疫活性化機構の解明とその制御に関する研究 (研究課題/領域番号: 15H04639 )
  • ナノ核酸デバイスを用いた自然免疫応答発現機構の網羅的解析 (研究課題/領域番号: 26107713 )
  • 細胞環境応答性アプタマー(PARCEL)を用いる新規薬剤放出システムの構築 (研究課題/領域番号: 26630432 )
  • 持続型アンチmiRNA創薬の開発と心疾患治療薬への展開 (研究課題/領域番号: 25293030 )
  • ケミカルデバイスを利用したsiRNAによって誘起される分子反応の発現機構解明 (研究課題/領域番号: 24107518 )
  • shRNA持続発現型人工ミニプラスミドによるRNAi創薬の新展開 (研究課題/領域番号: 24390027 )
  • DNAを利用する重金属イオン除去膜、導電性ワイヤーの開発研究―構造、物性、応用 (研究課題/領域番号: 24245037 )
  • 核酸医薬品創製のための新素子と新戦略の開発 (研究課題/領域番号: 23659054 )
  • "生物学的等価性"に重点をおいた新規4'-セレノRNAの合成と性質・機能解析 (研究課題/領域番号: 20611001 )
  • DNA・mRNAの細胞内高感度可視化情報に基づく高性能人工遺伝子べクターの創製 (研究課題/領域番号: 19021003 )
  • 核酸一蛋白質相互作用様式解明のための化学的手法の確立とsiRNA創薬への展開 (研究課題/領域番号: 18510180 )
  • ヌクレアーゼ抵抗性修飾核酸を搭載した多機能性ナノ構造体による新規核酸医薬の創製 (研究課題/領域番号: 18109001 )
  • 4'-thioRNAによるRNA干渉の基礎研究とがん遺伝子への展開 (研究課題/領域番号: 16023209 )
  • 4'-thioNTPを用いる試験管内選抜法による機能性RNAの創製研究 (研究課題/領域番号: 15510169 )
  • 4-チオ核酸による分子認識の基礎研究 (研究課題/領域番号: 15209003 )
  • 4'-thioRNAによるRNA干渉の基礎研究とがん遺伝子治療への展開 (研究課題/領域番号: 15025203 )
  • Pd触媒を用いた新規環状2本鎖DNAの合成と機能性デコイ分子の創製 (研究課題/領域番号: 13771321 )
  • 核酸の立体配座固定のための新手法の開発と応用 (研究課題/領域番号: 10780348 )
  • リンパ節転移がんに有効な制がん剤ドラッグデリバリーシステムの開発 (研究課題/領域番号: 10153205 )
  • 万能型水素結合能を持つ三環性イミダゾピリドピリミジンヌクレオシドの合成と性質 (研究課題/領域番号: 07780488 )
  • リンパ節転移がんに対する化学療法剤の開発 (研究課題/領域番号: 07274201 )
  • 新規抗腫瘍性ヌクレオシドDMDCおよびCNDACの作用機序の解明 (研究課題/領域番号: 04152006 )
  • DNA鎖自己切断能をもつヌクレオシド系自殺基質の設計 (研究課題/領域番号: 02262201 )
  • 逆転写酵素阻害を基本戦略とする抗HIV剤の開発研究 (研究課題/領域番号: 02235202 )
  • 新しい作用機序を有するヌクレオシド系抗RNAウィルス薬の開発研究 (研究課題/領域番号: 01870091 )
  • 逆転写酵素阻害を基本戦略とする抗HIV剤の開発研究 (研究課題/領域番号: 01653501 )
  • 不合飽和官能基をもつヌクレオシドの制癌活性機序 (研究課題/領域番号: 01614501 )
  • 研究者番号(40209820)による検索