検索:
徳島大学病院診療科脳·神経·精神科麻酔科
徳島大学医学部医学科病態情報医学講座麻酔・疼痛治療医学分野
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kayo Hirose, Yasuo M. Tsutsumi, Rie Tsutsumi, Masayuki Shono, Erika Katayama, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Role of the O-linked -N-acetylglucosamine in the cardioprotection induced by isoflurane.,
Anesthesiology, Vol.115, No.5, 955-962, 2011.
(DOI: 10.1097/ALN.0b013e31822fcede,   PubMed: 21876430)
2. 福田 浩平, 堤 保夫, 曽我 朋宏, 木下 倫子, 田中 克哉, 大下 修造 :
脳血管芽腫摘出術と褐色細胞腫摘出術を緊急で行った von Hippel-Lindau 病の麻酔経験,
日本臨床麻酔学会誌, Vol.31, No.5, 884-887, 2011年.
(DOI: 10.2199/jjsca.31.884,   CiNii: 10029770265)
3. Nami Kakuta, Yasuo M. Tsutsumi, Yousuke T. Horikawa, Hiroaki Kawano, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Shuzo Oshita :
Neurokinin-1 receptor antagonism, aprepitant, effectively diminishes post-operative nausea and vomiting while increasing analgesic tolerance in laparoscopic gynecological procedures.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3-4, 246-251, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83838,   DOI: 10.2152/jmi.58.246,   PubMed: 21921426)

国際会議:

1. Michiko Kinoshita, Yoko Sakai, Kimiko Katome, Tomomi Matsumoto, Yuka Jinnouchi, Noriko Niki, Shizuka Sakurai, Yoshiko Yoshida and Katsuya Tanaka :
The transition in the eye gaze is a helpful predictor of emergence from general anesthesia with sevoflurane combined with remifentanil in children, but not adults, --- A prospective observational study ---,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, WEB, Oct. 2020.
2. Mai Morimoto, Katsuya Tanaka, Michiko Kinoshita, Noriko Kambe, Ryosuke Kawanishi, Katsuyoshi Kume, Naohiro Oshita, Yasuo M. Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Effects of new developed mask for novel mask holding on the quality of mask ventilation and the pressure between face and mask.,
The American Society of Anesthesiologist Annual Meeting, San Francisco, Oct. 2013.
3. Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Role of calcium-activated potassium channel and cAMP-dependent protein kinase on isflurane-induced postconditoning.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
4. Katsuya Tanaka, Michiko Kinoshita, Yasuo Tsutsumi, Kaori Takata and Shuzo Oshita :
Simvastatin restores anesthetic postconditioning in the presence of hyperglycemia in vivo rabbits.,
American Society of Anesthesiologists 2011 Annual Meeting, Chicago, Oct. 2011.
5. Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Yasuo Tsutsumi, Hirose Kayo and Shuzo Oshita :
The effect of the novel mask ventilation technique on airway management.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
6. Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka, Jinnouchi Yuka, Yasuo Tsutsumi and Shuzo Oshita :
Dose dependent effects of remifentanil on perioperative immune-inflammtory response in patients.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.
7. Hirose Kayo, Shuzo Oshita, Michiko Kinoshita, Katsuya Tanaka and Yasuo Tsutsumi :
The role of O-linked -N-acetylglucosamine in the cardiac protection induced by isoflurane.,
The Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists, San Diego, California, Oct. 2010.

国内講演発表:

1. 岩佐 みゆき, 西 京子, 佐藤 功志, 浅井 孝仁, 前田 拓也, 中村 昌史, 門田 宗之, 田中 久美子, 河北 直也, 武田 美佐, 藤永 裕之, 近藤 明男, 木下 倫子, 酒井 陽子, 田中 克哉, 安倍 正博, 西村 匡司, 香美 祥二 :
メディカルゾーン(MZ)重点研修プログラムにおける麻酔化融合研修,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
2. 吉田 佳子, 木下 倫子, 松本 朋美, 香留 希実子, 酒井 陽子, 田中 克哉 :
吸入麻酔薬とレミフェンタニルを用いた小児全身麻酔からの覚醒と眼位の変化の関係,
日本麻酔科学会第67回学術集会, 2020年6月.
3. 曾我部 洋平, 木下 倫子, 陣内 由佳, 箕田 直治, 田中 克哉 :
抗Jra抗体を有する血友病B保因者の乳房部分切除術の麻酔経験,
日本麻酔科学会 中国・四国第54回学術集会, 2017年9月.
4. 堤 保夫, 田中 克哉, 曽我 朋宏, 神邊 紀子, 木下 倫子, 大下 修造 :
敗血症マウスにおける分岐鎖アミノ酸投与がタンパク合成に及ぼす影響,
第59回日本麻酔科学会, 2012年6月.
5. 門田 尚子, 堤 保夫, 大下 修造, 河野 裕明, 笠井 飛鳥, 木下 倫子, 角田 奈美, 田中 克哉 :
術後嘔気・嘔吐に対する選択的ニューロキニン1受容体拮抗薬の有効性,
日本臨床麻酔学会第31回大会, 2011年11月.
6. 角田 奈美, 堤 保夫, 木下 倫子, 田中 克哉, 河野 裕明, 大下 修造, 大下 修造 :
選択的ニューロキニン1受容体拮抗型制吐剤が術後嘔気嘔吐に及ぼす影響,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
7. 金村 朋美, 田中 克哉, 木下 倫子, 門田 尚子, 堤 保夫, 大下 修造, 大下 修造 :
Grip and Lift法とEC法の2種類のマスク換気中にマスクと顔面の間にかかる圧分布の検討,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
8. 木下 倫子, 田中 克哉, 堤 保夫, 福田 浩平, 真鍋 佐和, 大下 修弘 :
ソフルランのポストコンディショニング効果におけるCa2+依存性K+チャネルとcAMP依存性プロテインキナーゼの役割,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
9. 廣瀬 佳代, 田中 克哉, 木下 倫子, 堤 保夫, 大下 修弘 :
イソフルランによる心筋保護効果におけるO-Linked β-N-Acetylglucosamineとミトコンドリア機能,
日本麻酔科学会第58回学術集会, 2011年5月.
10. 堤 保夫, 廣瀬 佳代, 木下 倫子, 角田 奈美, 田中 克哉, 大下 修造 :
吸入麻酔薬による遅延型プレコンディショニングの細胞膜ドメインに及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.
11. 田中 克哉, 河野 崇, 堤 保夫, 木下 倫子, 廣瀬 佳代, 大下 修造 :
麻酔薬が膵臓β細胞のATP感受性K+チャネルに及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.
12. 角田 奈美, 田中 克哉, 木下 倫子, 河野 崇, 堤 保夫, 大下 修造 :
プロポフォールとイソフルランがブドウ糖負荷試験に及ぼす影響,
第57回日本麻酔科学会, 2010年6月.

特許:

1. 田中 克哉, 木下 倫子, 大下 修造 : GL用麻酔用マスク, (2010年8月), (2012年3月), 特許第2010-191931号.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)