検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔保健支援学 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健支援学講座 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

歯周治療学 (Periodontology), 口腔細菌学 (Oral Microbiology)

研究テーマ

新規化合物の口腔細菌に与える影響, 口腔細菌と緑膿菌がもたらす誤嚥性肺炎の重篤化機構の解明, 口腔保健学科生における歯科衛生士臨床実習効果

著書・論文

著書:

1. 松本 厚枝, 岩本 明子, 大前 侑子, 島津 篤, 天野 秀昭, 藤原 奈津美, 柄 俊彦, 足利 奈々, 川野 沙織, 森山 幸奈, 松添 香菜子, 大内 亜由美, 宮迫 志織, 沖田 紗季, 室井 奈央, 室井 茉央, Erusu Nin, 安藤 俊範, 吉本 哲也, 大谷 聡子, 岩本 優子, 児玉 紀子, 角本 法子, 香西 克之, 西村 英紀, 高田 隆 :
カンボジアの小学生における歯科支援活動報告,
広島大学歯学会, 広島, 2011年6月.

学術論文(審査論文):

1. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Kaya Yoshida, Shunsuke Sakurai, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Maiko Suzuki, Yoichiro Miyake and Hiromichi Yumoto :
Suppresive effects of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer on the adherence of Candida species and MRSA to acrylic denture resin.,
Heliyon, Vol.6, e04211, 2020.
(DOI: 10.1016/j.heliyon.2020.e04211,   PubMed: 32577575,   Elsevier: Scopus)
2. Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri, Takaaki Tsunematsu, Shengjian Jin, Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo :
Prognostic value of partial EMT-related genes in head and neck squamous cell carcinoma by a bioinformatic analysis.,
Oral Diseases, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114969,   DOI: 10.1111/odi.13351,   PubMed: 32277532)
3. Mariko Seyama, Kaya Yoshida, Kayo Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kisho Ono, Takanori Eguchi, Hotaka Kawai, Jiajie Guo, Yao Weng, Yuan Haoze, Kenta Uchibe, Mika Ikegame, Akira Sasaki, Hitoshi Nagatsuka, Kuniaki Okamoto, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
Outer membrane vesicles of Porphyromonas gingivalis attenuate insulin sensitivity by delivering gingipains to the liver,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1866, No.6, 165731, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbadis.2020.165731,   PubMed: 32088316)
4. Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Koji Miyamoto, Katsuhiko Hirota, Hiromi Nakae, Saya Tanaka, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-Methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses an increase of oral bacteria: a single-blind, crossover clinical trial,
Clinical Oral Investigations, Vol.23, 739-746, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113011,   DOI: 10.1007/s00784-018-2490-2,   PubMed: 29766378,   Elsevier: Scopus)
5. Hidesuke Tada, Natsumi Fujiwara, Takaaki Tsunematsu, Yoshiko Tada, Rieko Arakaki, Naofumi Tamaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo :
Preventive effects of mouthguard use while sleeping on recurrent aphthous stomatitis: Preliminary interventional study.,
Clinical and Experimental Dental Research, Vol.3, No.5, 198-203, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111727,   DOI: 10.1002/cre2.88,   PubMed: 29744201)
6. Sekita Yasuko, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Antibiofilm and Anti-Inflammatory Activities of+ Houttuynia cordata Decoction for Oral Care,
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine : eCAM, Vol.2017, 2850947, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112956,   DOI: 10.1155/2017/2850947,   PubMed: 29234378,   Elsevier: Scopus)
7. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Antibacterial and antibiofilm effects of Reuterin-Related Compounds to periodontopathic bacteria,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 8-17, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111063,   DOI: 10.20738/johb.30.1_8)
8. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria,
Oral Diseases, Vol.23, No.4, 492-497, 2017.
(DOI: 10.1111/odi.12638,   PubMed: 28083982,   Elsevier: Scopus)
9. 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 :
徳島県内の回復期病院における看護師の口腔ケアに対する認識ーアンケート調査結果からー,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.62, No.1, 95-99, 2017年.
10. Takamura Haruna, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Porphyromonas gingivalis attenuates the insulin-induced phosphorylation and translocation of forkhead box protein O1 in human hepatocytes,
Archives of Oral Biology, Vol.69, 19-24, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111993,   DOI: 10.1016/j.archoralbio.2016.05.010,   Elsevier: Scopus)
11. Takaaki Tsunematsu, Natsumi Fujiwara, Maki Yoshida, Yukihiro Takayama, Satoko Kujiraoka, Guangying Qi, Masae Kitagawa, Tomoyuki Kondo, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mutsumi Miyauchi, Ikuko Ogawa, Yoshihiro Abiko, Hiroki Nikawa, Shinya Murakami, Takashi Takata, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo :
Human odontogenic epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez possess stem cell properties.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113576,   DOI: 10.1038/labinvest.2016.85,   PubMed: 27479086)
12. Yasuko Sekita, Keiji Murakami, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Natsumi Fujiwara, Shohei Ogata, Takashi Matsuo, Yoichiro Miyake and Yoshiki Kashiwada :
Preventive Effects of Houttuynia cordata Extract for Oral Infectious Diseases.,
BioMed Research International, Vol.2016, 2581876, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112384,   DOI: 10.1155/2016/2581876,   PubMed: 27413739,   Elsevier: Scopus)
13. 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 :
回復期病院職員が抱える口腔ケアについての悩み-他職種へのアンケート調査より-,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 30-34, 2016年.
(CiNii: 40021055764)
14. Mayumi Noguchi, Akira Tagaya, Ayako Sakoda, Hitoshi Komatsuzawa, Natsumi Fujiwara and Motoyuki Sugai :
Effectiveness of Oral Health Education Program on Prevention of Periodontal Disease in Japanese Pregnant Women,
Open Journal of Nursing, Vol.6, No.4, 282-293, 2016.
(DOI: 10.4236/ojn.2016.64029)
15. Natsumi Fujiwara, Keiko Tsuruda, Yuko Iwamoto, Fuminori Kato, Teruko Odaki, Nobuko Yamane, Yuriko Hori, Yuka Harashima, Ayako Sakoda, Akira Tagaya, Hitoshi Komatsuzawa, Motoyuki Sugai and Mayumi Noguchi :
Significant increase of oral bacteria in the early pregnancy period in Japanese women,
Journal of Investigative and Clinical Dentistry, 2015.
(DOI: 10.1111/jicd.12189,   PubMed: 26345599,   Elsevier: Scopus)
16. 湊 晶帆, 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 松山 美和 :
歯科衛生士教育におけるOSCE形式実技試験の環境構築,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.6, No.1, 30-39, 2015年.
(CiNii: 40020499003)
17. 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 中江 弘美, 薮内 さつき, 白山 靖彦, 尾崎 和美 :
歯科衛生士養成臨床実習における学習プロセスに関する質的分析,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.5, No.1, 39-45, 2014年.
(CiNii: 40020121403)
18. Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Tsuyoshi Miyazaki, Nobuyuki Yamamoto, Koji Miyamoto, Keiji Murakami, Natsumi Fujiwara, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake :
Anti-inflammatory and protective effects of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine polymer on oral epithelial cells.,
Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.103, No.2, 555-563, 2014.
(DOI: 10.1002/jbm.a.35201,   PubMed: 24753309)
19. Ishikawa Makoto, Kaya Yoshida, Hirohiko Okamura, Kazuhiko Ochiai, Takamura Haruna, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to the liver and regulates hepatic glycogen synthesis through the Akt/GSK-3b signaling pathway,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular Basis of Disease, Vol.1832, No.12, 2035-2043, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbadis.2013.07.012,   PubMed: 23899607)

学術論文(紀要・その他):

1. 垣内 菜摘, 湊 晶帆, 岡澤 悠衣, 大津 朱里, 藤原 奈津美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 :
ヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学への短期留学における活動報告,
四国歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 49-53, 2014年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109854)

総説・解説:

1. Natsumi Fujiwara, Naoya Kitamura, Kaya Yoshida, Tetsuya Yamamoto, Kazumi Ozaki and Yasusei Kudo :
Species in Oral Cancer Progression: A Literature Review Including Other Types of Cancer.,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.21, No.17, Aug. 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115246,   DOI: 10.3390/ijms21176207,   PubMed: 32867334)
2. Yasusei Kudo, Tada Hidesuke, Natsumi Fujiwara, Tada Yoshiko, Takaaki Tsunematsu, Yoichiro Miyake and Naozumi Ishimaru :
Oral environment and cancer,
Genes and Environment, Vol.38, No.13, Aug. 2016.
(DOI: 10.1186/s41021-016-0042-z,   PubMed: 27482300)

国際会議:

1. Kaya Yoshida, Mariko Seyama, Natsumi Fujiwara, Hirohiko Okamura and Kazumi Ozaki :
The effects of outer membrane vesicles delived from Porphyromonas gingivalis on hepatic glucose metabolisms.,
International Society for ExtracellularVesicles 2019 Annual Meeting, Kyoto, Apr. 2019.
2. Natsumi Fujiwara, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Yasusei Kudo, Hiromi Nakae, Katsuhiko Hirota, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
2-methacryloyloxyethyl-phosphorylcholine (MPC)-polymer suppresses the adherence of oral bacteria,
2018 IADR/PER General Session (ExCel London Convention Center, London, England) 25-28th July, 2018, Jul. 2018.
3. Hiromichi Yumoto, Takashi Matsuo, Katsuhiko Hirota, Kouji Hirao, Miyazaki Tsuyoshi, Keiji Murakami, Natsumi Fujiwara and Yoichiro Miyake :
Anti-inflammatory and protective effects of 2-methacryloyloxyethyl-phosphorylcholine-polymer on oral epithelial cells,
92th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (Cape Town, South Africa), Jun. 2014.
4. Kaya Yoshida, Haruna Takamura, Hirohiko Okamura, Natsumi Fujiwara and Kazumi Ozaki :
Oral porphyromonas gingivalis translocates to liver and regulates hepatic glycogen metabolisms by attenuating insulin signaling,
10 th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Japan, Sep. 2013.
5. Daisuke Hinode and Natsumi Fujiwara :
Tongue coating and oral malodor,
Helsinki Metropolia University of Applied Sciences International Meeting, Helsinki, Finland, Mar. 2011.
6. Yumi Hoshimo, Natsumi Fujiwara, Atsuko Nakamichi and Daisuke Hinode :
Introduction of the clinical basic training using new teaching device and evaluation by OSCE for the dental hygienist education in The University of Tokushima,
Helsinki Metropolia University of Applied Sciences International Meeting, Helsinki, Finland, Mar. 2011.

国内講演発表:

1. 吉田 佳世, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 松山 美和, 尾崎 和美 :
ヘッドマウントディスプレイのマイクロスコープへの応用に関する研究,
第10回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会(福岡県福岡市), 2019年12月.
2. 吉田 佳世, 尾崎 和美, 中野 明加里, 藤原 奈津美, 竹内 祐子, 柳沢 志津子 :
ミールラウンドの遠隔支援における一評価指標としての嚥下時産生音の可能性,
日本歯科衛生学会第14回学術大会(愛知県名古屋市), 2019年9月.
3. 久野 恵, 藤原 奈津美, 篠永 晴美, 迎 美榛, 坂本 治美, 田村 真里奈, 渡辺 朱理, 松山 美和, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
摂食・嚥下リハビリテーション臨床実習における歯科衛生士学生の学びと教育的効果,
日本歯科衛生学会第14回学術大会(愛知県名古屋市), 2019年9月.
4. 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 吉田 佳世, 竹内 祐子, 柳沢 志津子 :
口腔体操プログラム実施が自立高齢者の口腔機能および口腔リテラシーに与える効果,
日本歯科衛生学会第14回学術大会(愛知県名古屋市), 2019年9月.
5. 吉田 佳世, 藤原 奈津美, 竹内 祐子, 柳沢 志津子, 尾崎 和美 :
健口体操プログラムは自立高齢者の口腔セルフケア行動と口腔衛生に影響を与える,
第3回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会(徳島県徳島市), 2019年8月.
6. 藤原 奈津美, 吉田 佳世, 竹内 祐子, 柳沢 志津子, 尾崎 和美 :
健口体操プログラムは自立高齢者の口腔機能向上に影響を与える,
第3回徳島県地域包括ケアシステム学会学術集会(徳島県徳島市), 2019年8月.
7. 吉田 賀弥, 吉田 佳世, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 岡村 裕彦 :
感染マクロファージの膜小胞は歯周病関連疾患発症に関与するか?,
第38回分子病理学研究会淡路島シンポジウム, 2019年7月.
8. 藤原 奈津美 :
撥菌効果を有するポリマーを用いた口腔疾患予防への応用について,
2018年度ダイバーシティ推進研究交流発表会及び情報交換会(グランドエクシブ鳴門 ザ・ロッジ, 徳島県鳴門市), 2019年2月.
9. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが由来の膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第61回 秋季日本歯周病学会学術大会 2018年10月26日(大阪市), Vol.60, 115, 2018年10月.
10. 尾崎 和美, 濵田 邦美, 湯浅 雅志, 藤原 奈津美 :
要援護者の個別課題を共有・管理するICTシステムの開発,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 135, 2018年10月.
11. 三浦 久美子, 尾崎 和美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 藤原 奈津美 :
ICTを活用した歯科衛生士による要介護高齢者の口腔健康管理について,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 135, 2018年10月.
12. 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージが産生する膜小胞が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
13. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 吉田 賀弥, 工藤 保誠, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着(撥菌)効果,
第60回 日本歯科基礎医学会学術大会 2018年9月5-7日(九州大学病院キャンパス 百年講堂, 福岡市), 2018年9月.
14. Kaya Yoshida, Natsumi Fujiwara, Kazumi Ozaki, 内部 健太, 池亀 美華 and Hirohiko Okamura :
Extracellular vesicles from Porphyromonas gingivalis-infected macrophages include histone proteins and translocate to the liver,
第10回日本RNAi研究会・第5回日本細胞外小胞学会 (グランドプリンスホテル広島・広島市), Aug. 2018.
15. 瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞は肝臓の糖代謝に影響を与える,
第61回日本歯周病学会学術大会, Vol.60, 128, 2018年6月.
16. 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 柳沢 志津子, 瀬山 真莉子, 松村 祐季, 河野 りか, 白山 靖彦 :
徳島県那賀町における口腔ケア実施の実態調査 と支援職員への口腔ケア研修会の取り組み,
第67回日本口腔衛生学会・総会_平成30年5月18-20日_北海道札幌市, Vol.68, 165, 2018年5月.
17. 藤原 奈津美, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 村上 圭史, 尾崎 和美 :
MPC ポリマーによる口腔細菌の抑制効果,
第59回歯科基礎医学会学術大会 プログラム・抄録集 平成29年9月16-18日(松本歯科大学,長野県塩尻市), 341, 2017年9月.
18. 藤原 奈津美, 土井 登紀子, 中江 弘美, 十川 悠香, 吉岡 昌美, 高橋 侑子, 真杉 幸江, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
本学歯科衛生学生の病棟口腔ケア臨床実習の取り組みとその効果,
第14回 日本口腔ケア学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, 208, 2017年4月.
19. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 :
歯周病原菌に対する新規化合物の効果,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会 平成28年10月15-16日 香川県高松市 かがわ国際会議場, 38, 2016年10月.
20. 池田 真己, 中上 久美子, 三野 聖子, 榎 恵子, 一宮 麗子, 井手口 英章, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 岩田 貴 :
スキルス・ラボを活用した歯科衛生士の教育効果,
日本歯科衛生教育学会, Vol.7, No.2, 197, 2016年10月.
21. 藤原 奈津美, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 高橋 侑子, 田口 侑子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
某大学における周術期口腔機能管理の臨床実習の取り組みとその効果,
日本歯科衛生学会 第11回学術大会 2016年9/17日~19日 広島県広島市 広島国際会議場, Vol.11, No.1, 174, 2016年9月.
22. 藤原 奈津美, 村上 圭史, 湯本 浩通, 弘田 克彦, 尾崎 和美, 三宅 洋一郎 :
歯周病原菌に対する新規化合物の効果,
第58回 歯科基礎医学会学術大会 北海道札幌市 2016年8月24-26日, 2016年8月.
23. 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 廣島 佑香, 阿部 佳織, 木戸 淳一, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisはSOCS3やIRS-1を制御して肝臓におけるインスリンシグナルを抑制する,
第59回春季日本歯周病学会学術大会, 2016年5月.
24. 中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 :
健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
25. 中江 弘美, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
全人的医療を支援する歯科衛生士教育としての病棟実習の取り組みとその効果,
第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
26. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果,
第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
27. 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 尾崎 和美 :
歯科衛生士学生の自己教育力に関する実態について,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2015年7月.
28. 中江 弘美, 吉岡 昌美, 薮内 さつき, 土井 登紀子, 藤原 奈津美, 伊賀 弘起, 日野出 大輔 :
回復期病院職員が抱える口腔ケアについての悩みー他職種へのアンケート調査よりー,
第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年6月.
29. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化,
平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
30. 星野 由美, 溝部 潤子, 中道 敦子, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 岩城 重次, 菅 武雄 :
口腔ケアシミュレータを応用したリカレント教育の試み -学生実習との比較- ・北九州,
第33回日本歯科医学教育学会, 2014年7月.
31. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 星野 由美, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢者交流学習後の歯学部生の高齢者イメージの変化 ・北九州,
日本歯科医学教育学会雑誌, 105, 2014年7月.
32. 星野 由美, 中道 敦子, 管 武雄, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 松山 美和, 尾崎 和美, 岩城 重次, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 :
歯科衛生士学生を対象とした新しい口腔ケア教育の取り組み-口腔ケアシミュレータを応用したケア実習の効果-,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.14, No.2, 109, 2013年12月.
33. 石川 真琴, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美 :
歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalis感染が肝臓糖代謝に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, 155, 2012年11月.
34. 尾崎 和美, 那賀川 明美, 中野 雅德, 白山 靖彦, 松山 美和, 日野出 大輔, 羽田 勝, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中江 弘美, 薮内 さつき, 伊賀 弘起, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
社会福祉施設での訪問口腔ケアを支援する包括ケア型地域ICTシステムについて,
第22回日本歯科医学会総会プログラム・事前抄録集, 163, 2012年11月.
35. 藤原 奈津美, 白山 靖彦, 中道 敦子, 星野 由美, 尾崎 和美 :
歯科衛生士学生の成長プロセスに着目した臨床実習効果に関する質的研究,
日本歯科衛生教育学会, Vol.3, No.1, 54, 2012年11月.
36. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 羽田 勝, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢社会を担う地域育成型歯学教育:専門教育終了時の授業アンケートから考察される教育効果,
第31回日本歯科医学教育学会総会および学術大会プログラム・抄録集, 124, 2012年7月.
37. 中道 敦子, 松山 美和, 中野 雅德, 星野 由美, 藤原 奈津美 :
一口量が咀嚼回数に及ぼす影響,
日本咀嚼学会雑誌 第22回日本咀嚼学会抄録, Vol.21, No.2, 132-133, 2011年10月.
38. 吉岡 昌美, 横山 正明, 中江 弘美, 一宮 斉子, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 十川 悠香, 真杉 幸江, 武川 香織, 藤原 奈津美, 中道 敦子, 日野出 大輔 :
急性期の脳卒中患者に対する専門的口腔ケアについてのアンケート,
口腔衛生学会雑誌, Vol.61, No.4, 460, 2011年10月.
39. 星野 由美, 中道 敦子, 藤原 奈津美, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
歯科衛生士学生に対するプロービング用顎模型を応用した実習の教育効果について,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.6, No.1, 106, 2011年9月.
40. 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 石川 真琴, 細川 育子, 細川 義隆, 湯本 浩通 :
う蝕関連細菌の家族内伝播と生活習慣による影響に関する研究 ―兄弟姉妹間の差異について―,
134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
41. 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 石川 真琴, 細川 育子, 細川 義隆, 湯本 浩通 :
う蝕関連細菌の家族内伝播と生活習慣による影響に関する研究 ―兄弟姉妹間の差異について―,
134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
42. 永尾 寛, 藤原 奈津美, 木村 智子, 泰江 章博, 吉岡 昌美, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学の臨床実習視察報告,
四国歯学会第38回例会, 2011年3月.
43. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 中野 雅德, 吉田 秀夫, 羽田 勝, 尾崎 和美, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 中道 敦子, 星野 由美, 藤原 奈津美, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
徳島大学教育GP「高齢社会を担う地域育成型歯学教育」授業アンケートから考察される教育効果,
平成22年度全学FD大学教育カンファレンス in 徳島, 2011年1月.

その他・研究会:

1. 藤原 奈津美, 邵 文華, 吉田 賀弥, 新垣 理恵子, 尾崎 和美, 石丸 直澄, 工藤 保誠 :
Fusobacterium nucleatumが与える口腔癌細胞への影響,
第38回 分子病理学研究会 淡路島シンポジウム(兵庫県) 2019年7月19-20日, 2019年7月.
2. 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 吉田 佳世, 竹内 祐子, 柳沢 志津子 :
口腔ケア支援体制づくりを目指した研修会の取り組みと介護関係職員の口腔ケア実施状況,
第54回日本理学療法学術研修大会in徳島2019 総合事業実践報告会 2019年5月25日(徳島県徳島市), 2019年5月.
3. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
歯周病が糖尿病を重症化する機序について,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
4. 藤原 奈津美, 鶴熊 美樹, 吉田 賀弥, 村上 圭史, 尾崎 和美, 藤猪 英樹, 湯本 浩通 :
MPCポリマーコーティングによる義歯用レジンのカンジダ付着抑制効果,
2018 Bioscience retreat in Awaji, 2018年11月.
5. 瀬山 真莉子, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 尾崎 和美 :
Porphyromonas gingivalisの分泌小胞が肝臓インスリンシグナルに及ぼす影響について,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.
6. 吉田 賀弥, 瀬山 真莉子, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 内部 健太, 池亀 美華, 岡村 裕彦 :
Porphyromonas gingivalis感染したマクロファージはインスリンシグナル抑制因子を含むエクソソームを産生する,
2017 Bioscience Retreat in Tosa, 2017年12月.

報告書:

1. 松本 厚枝, 藤原 奈津美, 島津 篤, 天野 秀昭, 森山 幸奈, 松添 香菜子, 川野 沙織, 柄 俊彦, 足利 奈々, 岩本 明子, 大前 侑子, 香西 克之, 西村 英紀, 高田 隆 :
カンボジアの小学校における国際歯科支援活動の報告 口腔保健学科生のかかわりについて,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.5, No.1, 261,
2. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
「ICTシステムを用いた多職種による 遠隔モニタリングがもたらす食支援業務の 質向上および効率化に関する実証研究」 報告書,
公益社団法人全国老人福祉施設協議会(令和元年度調査研究助成事業), 2020年4月.
3. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 市川 哲雄, 松山 美和, 濵田 康弘, 加藤 真介, 濵田 邦美, 影治 照喜, 藤原 真治, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
令和元年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)中山間地域における地域住民との連携によるオーラルフレイル予防のためのICT利活用の強化・進展に関する調査研究事業「とくしま助INTプロジェクト」報告書,
1-94, 2020年3月.
4. 尾崎 和美, 白山 靖彦, 加藤 真介, 市川 哲雄, 濵田 康弘, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 竹内 祐子 :
平成30年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業)中山間地域におけるICT利活用によるフレイル・オーラルフレイル予防のためのベストプラクティス確立・普及に関する調査研究事業「阿波なかつむぎプロジェクト」報告書,
1-92, 2019年3月.
5. 白山 靖彦, 尾崎 和美, 加藤 真介, 市川 哲雄, 岩本 里織, 永廣 信治, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美 :
「那賀イ∼と,つながる・みまもるプロジェクト」報告書,
平成29年度老人保健事業推進費等補助金 中山間地域の地域包括ケアシステム構築における食支援連携促進に資するICT利活用に関する調査研究事業「那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクト」報告書, 1-86, 2018年3月.
6. 尾崎 和美, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 白山 靖彦 :
口腔ケア関連ICTツールを併用した経口摂取支援業務運用ガイドラインの策定に関する研究,
公益財団法人 全国老人福祉施設協議会 平成29年度 全国老人福祉施設研究会議 高知会議 要覧, 247-252, 2017年10月.
7. 藤原 奈津美, 星野 由美, 杉本 真美, 土井 登紀子, 日野出 大輔 :
ヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学主催International Week会議への参加・活動報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 95-98, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109822)

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • エビデンスを備えた口腔ケアの新展開-フゾバクテリウムが及ぼす口腔癌病態への影響- (研究課題/領域番号: 19K19315 )
  • 口腔細菌と緑膿菌がもたらす誤嚥性肺炎の重篤化機構の解明~肺炎予防を目指して~ (研究課題/領域番号: 16K21198 )
  • 複数菌種を用いたオーラルプロバイオティクスの開発 (研究課題/領域番号: 25670886 )
  • 研究者番号(50596913)による検索